スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



肉の間

今日の昼、中華料理を食べに行くつもりで出かけたんだが、その隣に新しい店ができていた。ここは以前ジャガイモ料理を売る店だった。ちょっと他にはない趣向でそれなりに気に入っていたんだが、ラ・メルセー教会の方に移転してしまった。その後にできた店。日本に行っている間にできたものだと思う。
エントレ・カルネとかいう名前。小さい店だが面白そうなので入ってみた。ペトラは豚の骨付きあばら肉の焼いたもの僕は牛肉のステーキを頼んだ。どちらも45ケツアル(約700円弱)。
豚はスモークしてあると書いてあったが、食べてみると焼いたものにスモーク味のバーベキューソースをかけてあるものだと思う。ステーキは柔らかい。ただ、すごく不思議なことに、肉の味がしない。チミチュリと言うアルゼンチンの肉に付ける調味料に漬け込んであるようで、そのせいかもしれないが、最初は何かの加工肉かと思ったほど。でも、切って断面をよく見てみると、ちゃんとした肉のようだ。ちょっとだが、付け合わせも2種類選べて、値段を考えれば、悪くはないだろう。
小さい店でトイレがないのも不思議。まあ確かに前の店も同じだったが、トイレがなくてレストランの許可が下りるもんだろうか。
今日の日曜定食は魚の照り焼きで22人分売れた。久しぶりだったので、少ないかと思ったが、これだけ来てくれて、ありがたい。夜には少し雨が降ったが、皆が食べ終わったころには止んだようだ。
日中の温度27度、湿度58%。夜23度、69%。
スポンサーサイト

ポテトサラダ

明日は久しぶりに日曜定食を再開する。メカジキは手に入って、材料は問題ないのだが、久しぶりなので、なんだかいつもの手順がぎこちない気がする。こういう時は、どうも何か忘れたりしていないか心配。
1,2回やれば、もういつもの手順が無意識のうちにできるんだが、やっぱり間が空くと、そういうところに不安がある。まあ、いろいろ考えながらやって、ポテトサラダの下拵えも済んだし、とりあえず、今日のうちにやっておく用意はできたと思う。
今週の日曜定食はメカジキの照り焼きなんだが、これはメカジキの方はそれほど手がかからないが、ポテトサラダは量が多いので、それなりに手がかかる。まあ、別物を付け合わせにしても良いかもしれないが、自分がポテトサラダが好きなので、やっぱりこの組み合わせが良いと思っている。
ペトラもポテトサラダは好きだ。日本でも良くスーパーの総菜のところで、ポテトサラダを買う。日本のスーパーの総菜と言うのはかなり便利なものだ。何かちょっと足りない時に、1品買っても良いし、総菜をいくつか組み合わせて、何も作らなくても一食賄うこともできる。
特に今回はマンスリーマンションを借りていたので、台所が小さく、料理がしにくかったので、結構利用した。
今日も天気が良く暑い。夕方から雨が降って、少し涼しくなった。
日中の温度28度、湿度52%。夜23度、64%。


降水量

昨日の晩はかなり雨が降ったようだ。恐らく夜中降っていたんじゃないかと思う。朝起きた時にはまだ少し降っていた。これだけ降ると、かなりの降水量じゃないかと思うんだが、昨日の晩のニュースでは面白いことを言っていた。最初から気にしてみていたわけではないので、おぼろげな記憶なんだが、たしか、グアテマラの気象庁の人だと思う。その人が、グアテマラの年間降水量は昔も今も大体1300ミリと言うことで変わっていないんだと言う。ところが、以前はわりと雨季の間に分散して降っていたのが、今は同じ量でも、降るときにはダーッとたくさんまとまって降って、その代わり雨季でも降らない期間が多いんだそうだ。要するにカニクラが長いってことだろうか。
確かに、僕がこちらに住み始めたころを考えると、雨季には毎日のように雨が夕立のようにザーッと降って、すぐに止んでいたような気がする。カニクラもあったわけだが、今のように長く暑いことはなかったように思う。やっぱり暑い時期は雨が降り始める直前の3月、4月で雨季になると雨が降って涼しくなるという印象があった。ところが、最近は6,7,8月はむしろ3月、4月より暑い日があるような気がする。特にカニクラが長くて暑い気がする。
朝のうち、曇り勝ち。何しろ、起きたときはまだ小雨が降っていたくらいだ。ところが、その後どんどん天気が良くなり、昼過ぎは晴れてきてまた暑い。夜になって雨が降ってくれないものかと思っていたが、今日は降らなかった。
日中の温度28度、湿度54%。夜22度、64%。


値上がり

日本から帰ってきて、やっと通常の毎日に戻りつつあるので、しばらくお休みさせてもらっていた日曜定食も、再開できそうだ。まあ、まだフリアは相変わらず具合が悪く、休んでいるが、娘の方は復活してきているし、ペトラはほぼ回復したと言う感じ。
ただ、これだけ休むと、再開しても人が来てくれるものかどうかと思う。幸い今日市場に行って、魚屋に行ったところメカジキを持ってきていたので、それを買って、今週は魚の照り焼きにする予定。付け合わせはいつも通りイモサラダ。魚はちょっと驚くくらい高くなっていたが、あまりとれないらしいので、仕方がない。
想像するに、以前は魚を買う人が少なかったんじゃないかと思う。やっぱり豊かになって、余裕が出てきたのか、いろいろテレビやネットなどで健康的な食生活といった情報や今までグアテマラの普通の人は食べなかったような魚を使って料理するような情報に触れる機会が増えたのか、何かそういう影響がありそうな気がする。何しろ、以前は1ポンド100円もしなかったような、安い魚だったシイラ(グアテマラではドラードと言うんだが)も、今は気軽に買えないような値段になっている。レストランなどに行くとわざわざドラードだってメニューに書いてあったりするし、マヒマヒ(アメリカではシイラの事をマヒマヒと言うようだ。)と書いてあるのも見たことがある。もちろん、それ以外に輸出したりとか、僕にはわからないような理由があるのかもしれない。
今日は朝から天気が良く日中はものすごく暑かった。これは雨が降らないままかと思っていたら、夜11時を過ぎてからすごい雨。
日中の温度31度、湿度58%。夜23度、68%。

良し悪し

ペトラは喉の炎症で熱が出たと言うことらしいんだが、何とも不思議なのは、喉に炎症があるのに、特に喉が痛くはないらしい。食べ物や飲み物を飲み込んだ時にも特に痛みも違和感も感じないと言っていた。
痛いのは確かに嫌なものだが、こうしてみると痛くないと言うのは大変困ったことだと思う。何しろ特に何にも症状がないまま熱が出ていたので、僕はデング熱なんじゃないかと思ったほど。しかも、その後、抗生物質を処方されて、治ってたんだが、我々素人には本当に治っているんだかがわからない。熱は解熱剤で下がっているだけかもしれないし、痛みがなくなるとか、そういう他の指標がないので、雲をつかむようだ。仕方がないので、処方された薬がなくなる前の日に、別の医者に行って、炎症が治っているのか、診てもらってきた。幸い治っていると言うことで、一安心。
僕はちょっと風邪気味になるとてきめんに喉が痛くなって、タバコが吸えなくなる。その後、喉の痛みが引いて、鼻に来たら、大体風邪も終わりと言うのがいつものパターンだ。これも痛みが知らせてくれるわけで、まあ、そのために痛みと言う物があるのかもしれない。
昨日の晩は、かなり雨が降ったようだ。日付が変わるくらいまでは、降っていなかったように思うが、その後、ぼんやりと目が覚めた時には雨の音がした。朝起きたら道はかなり濡れていたので結構長いこと降っていたものと思う。今日も午後は天気が良く暑い。また夜にちょっと降ってもらいたいものだ。
日中の温度28度、湿度50%。夜22度、64%。

風邪

日本から帰ってきて、暑いと書いたが、日本から来たばかりの人と話をしていても、日本の夏みたいだと言っていた。幸い夜は少し涼しくなるのが救い。何しろ日本の寒さから、こちらの暑さの中に帰ってきたため、ペトラはちょっと具合が悪くなった。風邪なんだと思うが、帰ってきてすぐに発熱して、先週までなんだか続いていた。幸い先週末くらいには熱も下がり元気になった。
ところが、お手伝いさんのフリアとその娘にうつって、先週は親子でお休み。娘の方は、やっと良くなったようで、今週から出てきているが、フリアは未だに調子が悪いようだ。今年の風邪はきついらしい。
そんなこんなで、先週はバタバタしていて、日曜定食を再開するつもりだったのが、できなかった。日曜日の夜は、また電話がかかってきたり人が来るんじゃないかと心配していたが、一人だけだった。それにしても、あまり天気の良くない時に来てもらって、休みですというのは何とも申し訳ない。今週の日曜日はやるつもりでいる。これだけ休んでしまったら、誰か来てくれるのか心配ではあるが、こればかりはまた一からやるくらいのつもりでいないといけないだろう。
今日はここ数日と比べ、天気が良いので、気温がどんどん上がり、ついに30度、しかも昼を過ぎても天気が良い。こんな時こそ雨が降ってくれないものかと思っていたら、幸い夕方5時を過ぎて、パラパラ降ってくれて涼しくなった。
日中の温度30度、湿度53%。夜22度、68%。
[続きを読む]

久しぶり

長いことお休みしてしまったが、日本に行って、ものすごく寒かった。いろんな人に行く前、桜を見るのにはもう遅いと言われたが、幸い寒さのせいか到着した時には桜はまだ咲いていなかった。お陰で一番に咲いたという靖国神社を始めとして、千鳥ヶ淵やら浜離宮など、名所というところをあっちこっち見て歩くことができた。僕としては青山墓地の桜がトンネルのようになっているところが、一番感心した。もちろん、タイミングにもよるのだろうが。
寒さで、桜が遅く咲いたのはありがたかったが、寒いのには参った。しかも、雨が多い。行く前にペトラにどのくらいの気候かと聞かれ。秋と同じくらいだろうなどと言っていたんだが、とんでもない。ペトラはそれでも分厚いコートを一つ持っていたから良いが、僕は薄手のセータ一つ。幸いロサンゼルス滞在中に先に帰っていたジュンさんから、すごく寒いと連絡があり、古着屋に行って、セーターを一つ買ったので、まだ良かった。
春がこんなに寒いなんて、20年以上この時期に帰ってなかったので、驚いた。更に、姉から暖房器具を借りて、何とかなった感じ。しかも、雨が多く、日本の春がこんな感じだったとは、ちょっと記憶と違った。ネットで調べると案外雨の多い時期らしい。菜種梅雨っていうんだと後から教えてもらった。しかも、4月の後半は花粉症になり、ちょっと大変。やっぱり日本に行くのは秋の方が良いと思った。
帰って来てからは逆に暑い。しかも、もう雨期になっているようで、雨が多く、ジトジトしている。今日も昼過ぎに少し降り、その後も暗いまま。夜遅くなってまた雨。
日中の温度26度、湿度56%。夜22度、72%。

日本行とエスタ

明後日24日金曜日からペトラと私はお休みをいただいて、日本に行く予定。この時期に日本に行く事はなかったので、なんだか今一つ勝手がわからない。ペトラと日本に行くのは今年で6年目になるので、先生たちも留守番のフリアも慣れて来ている。移動中以外はSkypeで連絡が取れるようにしてあるので、何かあれば、すぐにアタバルとやり取りができるようになっている。相談があれば、いつでも担当の先生に言ってもらえれば、僕に連絡が来るようになっている。それと、アンティグアに在住の日本の方々にも、いろいろお願いをしているので、問題なく通常通りの授業が続けられるはず。
今年は、途中に寄るロサンゼルスでもSMSが使えるティーゴという携帯電話の会社のSIMカードも入れたので、より連絡が取りやすくなっていると思う。とはいえ、ついつい行く前はいろいろ考えてしまう。
特に昨日はアメリカ入国の際に必要になるエスタの期限が切れているのに気が付いて、夜に慌ててネットで申請をした。以前はごく簡単なものだったが、今は両親の名前やら生まれた場所やら、まあ全部書かなくても良いところはあるようだが、かなり面倒になっている。ニュースでもあったが、フェースブックなどのハンドルネームも書くところがある。結構時間をかけて書いたんだが、申請のボタンを押したら、なんと「あなたの申請は審査中になったので、72時間以内に結果が出ます。」と出てしまった。これは焦る。72時間後にはもうロサンゼルスに着いてないといけない。審査中のまま行ったらどうなるんだろうとか、いろいろ考えてしまった。幸い30分くらいして念のためもう一度審査状況を確認したら受理されていた。以前は前日に気が付いて慌てて申請したこともあるが、今後は少なくとも4,5日前には申請した方が良さそうだ。
日中の温度28度、湿度32%。夜21度、52%。

ご飯とトルティーヤ

グアテマラでは米は主食と言うより、付け合わせの野菜のような扱いだ。それに対して、日本の白いご飯に相当するのは、トルティーヤになる。この違いは結構大きいように思う。もちろん、僕は白いご飯を食べて育ったわけで、だからそう感じるだっ気なのかもしれない。
でも、白いご飯は肉類にも合うし、さっぱりとした漬物のような野菜にも合う。これに比べて、トルティーヤが欲しくなるのは、フリホーレスという、インゲン豆の甘くないあんこのようなものはともかくとして、基本的に肉類が主のおかずにあうように思う。もちろん、トルティーヤもいろいろな食べ方があり、揚げたりするとまた別ものになる。
それだけに、トルティーヤを主食として食べるグアテマラの人は、野菜より肉を好む人が多いのではないかと思ったりする。グアテマラは農業国なので、いろいろな野菜が手に入るし、市場では結構新鮮な野菜が手に入る。
まあ、野菜が日本の野菜のように至れり尽くせりの品種改良がされてないので、固かったりすることはある。また、そうは言っても、地方の人たちは結構野菜を食べているんだと思う。ただ、ご飯を食べる習慣のものからすると、どうしてもトルティーヤを食べながら、そんなことを考えてしまう。
今日は日中天気が良くかなり暑かったが、午後ちょっと雲が出てきて、夜には霧雨も降った。その後、ちょっと肌寒い。
日中の温度28度、湿度38%。夜20度、53%。


突貫工事

今朝はまた寒かった。また、寒波が来ているらしい。この前の寒波が最後の寒波と言っていたんだが、外れたらしい。とはいえ、日中は天気が良く、かなり暑い。昼過ぎに、大急ぎで用事を足しに行ったら、汗をかなりかいたほど。
今年のセマナ・サンタはかなり遅いんだが、昨日の第3日曜日のホコテナンゴのプロセシオンでも相当人が多かった。年々増えている感じがするが、あまり増えたら、アンティグアのような小さい町では限界が来るのではないかとちょっと心配。
アンティグアの町で商売をしている人は、これから頑張って稼ぐ時期と言うことになる。改装したり、新しく作っているところもある。タコベルは、先日やっと看板ができていたと書いたが、どうやら、そろそろ開店してもおかしくないような雰囲気だ。今日前を通った時に、中が見えたんだが、この前はまだいかにも工事中と言う雰囲気だったものが、今日は、もういかにもアンティグアでやるファーストフードといった作りになっていた。相当人数をかけて、セマナ・サンタに間に合うように、急いで工事しているんだと思う。
アンティグアは、町全体が世界遺産に登録されているので、ファーストフードのチェーンといえども、それなりの雰囲気を出さないといけない。マクドナルドなども、日本やアメリカのものやグアテマラの他の町のものとは、明らかに内装も変えている。ウエンディーズやバーガーキングは、内装は割とファーストフード的で、やっぱり違和感を感じる。外から見える部分だけでも、もう少しアンティグアらしい雰囲気にした方が良いのではないかと思う。
日中の温度27度、湿度30%。夜20度、52%。