スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



豆腐

今日も暑い一日。日中30度になるということは、アンティグアではあまりないことなので、かなり暑く感じる。本当に座っていても汗が出る感じだ。
最近市場でワンタンの皮を売っているおばちゃんが、いろいろな中華や韓国の食材を買って来て、売っているという話は以前書いた。これに最近豆腐が加わった。この豆腐は中国の人が作っているもの。
以前から、やはり中国系のグアテマラ人の作っていた豆腐をドニャ・ルイサで売っているんだが、これはかなり硬く、火を通して食べる分にはまあ良いといった程度だった。これは、そこそこ柔らかく、味も良いように思う。
この中国の豆腐屋は、去年くらいに知った。グアテマラシティーに買いに行った人におすそ分けしてもらったことがあった。しかも、ここではおぼろ豆腐も作っているので、これはなかなかおいしい。
そこで、この住所をおばちゃんに教えたところ、豆腐を買ってくるようになった訳だ。しかも、豆腐は結構売れるらしく、かなりの量買って来ている。そのため、恐らく卸値で買ってくるんだろう。こちらにはグアテマラシティーに行って買うのと同じくらいの値段で売ってくれるので助かる。
今週の日曜定食はホイコーロにする予定。
夕方から曇ってきて雨が降るかと思ったが、夜に一瞬小雨が降った程度。
日中の温度30度、湿度48%。夜23度、68%。
スポンサーサイト

タルネッテ

今日もいつもの土曜日通り、市場に行って買い物。明日の掻き揚げの材料などを買っていたら、最近良くハチミツを買うおじさんに会った。市場の中をハチミツを担いで流して歩きながら売っているおじさんだ。最初に会った時に、買ってくれって言われて、まだあるからいいと断ったんだが、その後、外で野菜を買っているときにまた会った。
「今日はまだ全然売れてないから助けると思って買ってくれ。」と言われた。まあ今日はまだ全然売れてないってのは、売る人の常套句なので、流して聞いていたんだが、目の前で商品を広げ始めた。その中に黒いハチミツがあった。「これは何?」と聞いたら、土の中に巣を作る蜂の蜜なんだそうだ。こういう黒いハチミツは以前お土産にもらったことがある。酸味があって、ちょっと黒酢を甘くしたような味がする。同じように酸味のあるものでも、普通のハチミツをちょっと白っぽくしたようなものもある。これは何が違うのかと聞くと、こちらの白っぽいものは、木の幹に巣を作る蜂のもので、蜂の種類が違うんだと言う。おじさんはこの黒いのはタルネッテって言うんだと言って、つづりを書いてくれた。帰ってきてネットで見ると、針のない蜂で、こういう針のない蜂が数百種類いるんだそうだ。ちょっと勉強になった。それでお礼にこの黒いハチミツを買った。タルネッテと言ったらペトラも聞いたことがあると言っていた。薬用として良く知られたものなんだそうだ。
今日も暑い一日。一日中天気が良い。
日中の温度29度、湿度46%。夜23度、62%。

マンサーナ・ロサ

今日いつも通り市場で買い物。日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めにする予定だったので、木曜日に注文をしておいた。幸い予定通りブレドが手に入った。ブレドは今の時期ちょっと少ないので、手に入ってよかった。一度いくら探しても手に入らないことがあって、ほうれん草で代用して、それはそれで悪くないんだが、個人的にはこのブレドの匂いが好きだ。その他の材料はいつも手に入るものなので、心配ない。
買い物を終わったところで、ペトラが、今日は珍しいものを見つけたと言う。マンサーナ・ロサという果物。マンサーナはリンゴで、ロサはバラとかバラ色という意味だ。だが、見たところはリンゴではない。相当小ぶりなザクロのような形をしている。
味は、ちょっとリンゴに似て、控えめな甘さがありおいしい。ただ、味で食べるというよりも、そのほのかなイチゴのようなリンゴのような香りを楽しむ物のような気がする。大きな種があるので食べるところはそれ程ない。
ペトラはこれが大好きだと言う。売ってるおばちゃんはエスキプーラスから持ってきたものだという。そちらの方にも以前は良く行ったものだが、見たことがなかった。いろいろな珍しい食べ物は見たら買って結構食べていると思ったが、まだまだ知らないものがあるもんだ。
今日は比較的天気が良い一日。ただ、夜になってスッと寒くなった。今週末は寒波が来るとニュースで行っていたが、もっと寒くなるんだろうか?
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、58%。

トルティーヤの不思議

昨日ポヨ・カンペロでお昼を食べた話を書いたが、僕がそのとき頼んだ鳥の網焼きは、パンの代わりにトルティーヤが付いてくる。これがごく薄のメキシコ風トルティーヤ。日本の方にはわかりにくいかもしれないが、グアテマラのトルティーヤは手でポンポン叩いて丸く平べったいせんべいのような形にするもので、結構分厚い。それに対してメキシコのトルティーヤは2枚の丸い板状のもの(金属製だったり木製だったりするようだ。)ではさむ様にしてつくるので、ものすごく薄い。
しかも不思議なことに、グアテマラでは首都などでメキシコ風の作り方をしているところがあると聞いたことはあるが、基本的にどこに行っても手作りのもので、メキシコはどこに行っても薄いものを作るらしい。以前はメキシコシティーなどで忙しいから手作りせずに、こんな簡単な作り方をしているだけかと思ったが、テレビで見ているとどこの田舎の映像でもトルティーヤは板で挟んだ薄いものを食べている。グアテマラ人は基本的に厚いトルティーヤが好きで、わざわざピシトンといって、トルティーヤの更に分厚いものを作ったりする。
確かに違う国だとは言え、メキシコの南部なんて昔はグアテマラだったくらいで、文化的にそんなに違いはないと思う。もっと遡ってスペイン人の来る前はそんなところに境はなく、同じトルティーヤを食べていたんじゃないだろうか。この国境は文化的な境というより、政治的な便宜上の境なのかと思っていた。それなのに、ここ境に、この日本人にとっての白米のような、基本的な食べ物の嗜好がコロッと変わるというのはちょっと不思議じゃないだろうか?
昼過ぎから雷が鳴り、その後数回短い雨が降った。
日中の温度27度、57%。夜21度、70%。

辛ラーメン

地震でインスタントラーメンとかがやたら売れている東京などで、「辛ラーメンだけが売れ残っている。」というニュースを見た。これは辛ラーメンが売れ残っているのか、単に在庫がたくさんあったのか、良くわからない。もし売れ残っているんだとしたら、やっぱり辛いからだろう。
この辛ラーメンはこちらでも売っているが、僕はやはり辛くて食べられない。それに、こちらのラーメンに比べると高い(1ドル以上する。)。同じ韓国系のラーメンのオトギラーメン(メキシコで作っていると聞いた。)はアンティグアのスーパーにも大量に入っていて、こちらはかなり安い(先日安売りをしていて約0.5ドルだった。)。しかも、これは鳥味だけは辛くないので、主にこれだけを食べる。ただ、麺がモチモチしていておいしいので、これ以外の辛いものは麺だけ利用して、粉末スープは漬物の辛味付けなどにチビチビ利用している。
このニュースで辛ラーメンを使ったレシピが出ていた。これはなかなか面白い。ちゃんと粉末も一緒に利用するレシピなのがすごい。僕は熱くて辛いスープ状のものがだめなので、辛くても熱くなかったり、スープ状でなければ、結構大丈夫。これで見たレシピをその内試してみようと思う。
昨日の晩からかなり寒かったが、今朝の冷え込みはかなりのもの、朝8時前に16度とはこの時期としてはちょっと珍しい。それでも天気が良いので、昼は暖かくなった。
日中の温度26度、湿度26%。夜19度、54%。

タマルの種類

クリスマスの前はスーパーもすごい人出。こちらのクリスマスの食べ物はタマル、ポンチェといったところが一般的。ポンチェは昨日書いたが、タマルはとうもろこしの粉をゆるく固めたものにソース(トマトベース)と肉(鳥や豚)を入れて、バナナの葉などに包んで蒸したもの。このバリエーションにはタマルのとうもろこしの粉の代わりにジャガイモをつぶしたものや米をつぶしたもので作る場合がある。なぜだかわからないがジャガイモのものは唐辛子が入っていて辛いことが多い。
さらに、このとうもろこしのタマルの甘いものがある。これはメキシコのモレと同じチョコレートなどを入れたソースを混ぜ込んで、さらに干しぶどうと干しプラムを入れるもので、茶褐色をしている。普通のタマルは毎週土曜日にあちこちで売り出されるが、この黒いものはクリスマスだけだ。甘いので、余り手が出ずにほとんど味見程度にぺトラの食べているのをもらって食べたことしかない。
今日はぺトラと買い物に行き、ポンチェの材料を買ってきた。今は我が家も人が少なくなったので、あれこれ果物を買うことはせずに、このポンチェ用に売っている乾燥果物を一袋買って、それ以外に干しプラムと干しぶどう、パイナップル程度。僕はこの干しプラムとぶどうが汁を吸って膨れたものが好きなので、この2つが入っていれば満足。
タマルはたくさん作らないと効率が悪いので、これも買って済ませる。それ以外にぺトラが24日の晩用に豚肉の料理を作るので、こちらが主菜。タマルは夜の12時に食べるのが普通だ。
日中の温度24度、湿度51%。夜16度、68%。

煎餅

食べ物にほとんど好き嫌いはないが、子供の頃からクリーム系のものに目がないので、お菓子だけは洋菓子の方が和菓子より好きだ。アンコとか羊羹とかはぜひとも食べたいと思ったことはない。甘くないものでも煎餅もそれ程興味はない。もちろん手元にあれば齧るが、自分で買って来て食べようと思ったことはない。
という訳で、探していたわけではないんだが、ボデゴナ(アンティグアのスーパー)で
偶然煎餅を売っているのを見つけた。クッキーの棚の中にあった。あまりクッキーを食べる方ではないので、普段はクッキーの棚に近づくことなどまずないんだが、ペトラがクッキーを買おうとして物色しているのに付いて行って、その辺を見ているときに目に止まった。ロランドというごま油やら牡蠣油やら以前書いた缶詰の豆腐やら中国系の食材を売っているメーカーのものだ。この煎餅も中国製のようだ。値段は16ケツアル(約2ドル)弱で海苔の付いたようなものや丸いもの四角いものと結構種類がたくさんある。同じ棚にある他のクッキー類はこれより安いものがほとんどだ。見たこともなくてちょっと高めのものを買う人がいるのかちょっと心配。
それにしてもボデゴナは最近大根も売っていたし(しかも結構安かった。)、これは前からだが白菜も時々売っているし結構便利。
今日は朝のうちこそ晴れていたが、市場で買い物をしていて昼ごろにはもう雨が降り始めた。昨日降らなかった分が今日に回って来たよう。その後も曇り時々雨。やや肌寒い。
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、75%。


炭火焼

今日の昼ご飯はちょっと贅沢に肉を炭火で焼いた。やっぱり肉を普通にガスコンロを使ってフライパンで焼くのと、炭火で直に焼くのとはずいぶん違う。脂が炭に落ち、そこから上がってくる煙で燻されて、香りがつくからか、通常の焼肉以上においしく感じられる。当然そういう時にはちょっと脂身のついた肉が良い。
こちらで普通に手に入る肉はちょっと堅いんだが、それはまあ仕方がないとして、それでも噛むごとに肉汁が出てきて食べていて幸せ。こちらの人は唾液の量が少ないのか、汁気の多いものでないと食べられないので、必ずトマトベースのソースであるチリモルをかけて食べる。もちろんチリモルをかけて食べるとそれはそれでおいしいんだが、僕はまず肉の味を楽しむために、何もかけず食べて、次にチリモルをかけて食べることにしている。このチリモルも作り方はいろいろで、茹でて皮を剥いたトマトを潰してコリアンダー、タマネギなどのみじん切りと混ぜるのが簡単なやり方だと思うが、これもトマトを茹でる代わりに焼いて皮を剥くといっそうおいしくなる。どうしても茹でると水っぽくなるのを避けられないし、やはり焼いた時のちょっと香ばしい味がする方がおいしい。トマトを焼くなんてあまり日本ではお目にかかれない情景だが、さすがにトマトの本家だけあっていろいろな食べ方がある。問題はついつい食べ過ぎてしまうことだ。
今日は天気が良く、一日雨が降らなかった。そのせいで日中はかなり暑く、夜になってもまだ暖かい。
日中の温度29度、湿度56%。夜23度、70%。

ロハ

ロハという炭酸飲料があるんだが、これは日本ではないんじゃないだろうか?ロハとは赤と言う意味だが、文字通り赤い色をしている。味はフルーツポンチ味という感じではないだろうか。どうもロハの味としかいえないんだが、ゲータレードのフルーツポンチ味が、これに近いものがあり、赤い色をしているので、人工的果物味の世界ではフルーツポンチ味というのがこれなんではないかと想像している。強いて言えばドクターペッパーのエグみをちょっと落としたような感じだ。
このロハという炭酸飲料を今まで飲むことが出来なかった。日本でもドクターペッパーを一度試して、全部飲むことが出来ず途中で放棄してしまったんだが、それに近いものがある。こんなにまずいものを一体誰が飲むのか?とずっと思っていた。
ところが、もう3・4ヶ月前のことだと思う。ものすごく暑い日に市場にペトラと買い物に行き、あっちこっちでかなり買い物をして汗だくになり、ペトラと待ち合わせのジュース屋に行った。ペトラはもう既に来ていて、そこでこのロハを飲んでいた。ゲッと思ったが、この時は汗もすごくかいていて、のどもカラカラだった。そこで勧められるままに、このロハを飲んだら、なんと実にすんなり飲めてしまった。これ以降今までのロハ嫌いがなくなり、もちろん大好きになった訳ではないが、普通にペトラが飲んでいたらちょっと貰って飲むようになった。この年になって苦手を克服するとは思わなかった。(別に克服してもたいした意味ないが。)
今日も市場で買い物。午後早めに帰ってきたら、案の定すぐに雨が降り出した。それでも夕方にはやんだ。湿度が高いので、気温はたいしたことなくてもすぐに汗が出てくる。
日中の温度26度、湿度69%。夜20度、75%。


アジの処理

日曜定食のメニューを考えながら、買い物をした。何しろかなり長いこと魚があまり手に入らないので、難しい。一応今日も魚以上に肉に考えの重心が行っていた。魚屋を覗いた時点でも、商品が非常に少なかったので、だめだと思った。ところが試しにアジがあるか聞いてみたら、小降りのアジを持っていた。ここでいきなり思考が急旋回し、今週の日曜定食はアジフライに決定。
ただ、アジが同じくらいの大きさのものが必要なだけ揃うかちょっと心配だったが、何とか足りた。値段はいつもより気持ち高かったが仕方ない。これだけ買うと、今日の午後はアジの処理に追われる。
案の定、午後3時からアジの処理をはじめ、ほとんど休みなくやって、終わったのはほぼ6時。丸3時間かかってしまった。魚は一応腹が裂いてあり、内臓はとってあるんだが、おそらくやる人により癖があり、今日のは横っ腹を切ってあるので、やりにくかった。ちゃんと真下を切ってくれれば良いのにと思う。
明日はパン粉ととんかつソース作り。これで日曜日にキャベツの千切りをすれば、用意は終わる。他の野菜は相変わらず高いが、幸いキャベツは通常通りの値段に戻りつつあるので助かる。
今日も朝のうちは曇りがちだったが、日中は晴れて、夕方から夜にかけても雨は降らなかった。
日中の温度25度、湿度50%。夜20度、69%。