スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



ウエストのサイズ

古着屋の話にヒロシさんからコメントをもらった。確かにズボンは試着が出来ないので困る。(店員さんに行ってそこらの布で即席の囲いを作ってもらって試着してる人もたまにいるが。)大体のサイズで買うので、多少大きかったりするのは覚悟のうえだ。ただ、グアテマラの人に言わせるとズボンのウエストのサイズを測る方法があるんだそうだ。日本でもそうなのかもしれないが、僕は日本にいる時はそんな試着をしないで買う必要がなかったので知らなかった。
僕の聞いたのは2通りの方法。一つはズボンをボタンをかけたまま首の周りにまわしてみると言うもの。要するに首の周りの長さはウエストの長さの半分と言うことになる。もう一つは肘から手の先(指先までなのか掌くらいまでなのかがはっきりしない。)までと言うもの。これまた肘から手の先までの長さがウエストの半分と言うことらしい。
僕の場合比較的首の周りのやり方があってるように思う。ただ、誰でもこれでいけるかというとちょっと自信がない。人によって体型に差があるのでやせてても首が太いとかそんなことがあるんじゃないだろうか。自分自身を考えても学生の頃よりもかなり太ったが、それに比例して首が太くなったと言う感覚はない。
でもこれは比較的グアテマラでは信じられているらしく、ピックアップトラックで売ってる古着屋に行くと、首の周りにズボンを巻きつけてる人を見ることがある。
今日は雨が降らなかった。良い天気で温度も比較的高かったし、湿度もあったようで、市場で買い物をしていても汗をかなりかいた。日中の温度28度、湿度55%。夜21度、70%。
スポンサーサイト

アンティグアに持ってくる服

やっぱり人間にとって暑いことより寒いことのほうが深刻な問題なんだと思う。ここのところ冷え込みがきついので、アタバルの先生たちや雑貨屋の従業員もちょこちょこ温度計を見てるようだ。暑い時にはあんまり今日は何度だったなんていう人はいなかったのに。今朝は12度くらいだったらしい。寒いはずだ。
アンティグアは緯度からするとフィリピンなんかに近いらしい。そういったことも関係するのか、暑いところだと思ってくる人も多いようだ。ところが標高が1500メートルと高いのでこれが意外と寒かったりするわけだ。実際標高の低いティカル遺跡のあたりとか、海岸地方は亜熱帯といった気候のはずだ。今までにも生徒さんから暑いところだと思ってセーターとか持ってこなかったから、こちらで買ったって言う話を良く聞く。
でもそれで良いんじゃないかって気もする。アンティグアでは(というかグアテマラはどこもそうだと思うが)ロパ・アメリカーナという古着屋があちこちにあって、安く服が手に入る。セーターのようなものでも、安いものであれば1ドル、2ドルで買えてしまう。だからといってボロボロというわけでもなく、探して買えば新品かと思うようなものも結構ある。こういうものであればこちらで買って買える時に、誰かにあげたり、捨てたりしてもそんなに惜しくはない。そうすればこちらに来る時も帰るときも荷物が(セーターとかはかさばるし)減る訳だから、その分身軽になったり、お土産買ったりすることができる。
今日は金曜日なので久しぶりに文法の補習をした。第1回の動詞の時制の話をしたんだが、5人くらい来てくれた。スペイン語の勉強はやっぱり動詞が中心になるので、ここが一番大切だとは思う。
日中の気温24度、湿度45%。日中は結構暖かかった。夜は16度、65%。

背広購入

マグロカツの日曜定食に19人来てくれ、自分たちでも食べたので、昨日用意した25人分くらいはほとんどなくなってしまった。しかし、マグロを厚めに切ったので、火を通すのに時間がかかり、ちょっと待たせてしまった。しかしこれだけ揚げ物をすると顔や髪の毛が油っこい感じがして気持ちが悪い。
前にも書いたと思うが、背広を買おうと思い、ペトラに頼んでパカ(ロパ・アメリカーナともいって、古着屋)で探してもらっていたのだが、ついに昨日サイズの合いそうなのを見つけて購入。60ケツアル(8ドル弱)。ちょっと手と足が長いので、サストレ(仕立屋)に頼んでつめてもらわなければならない。ところが着慣れないものなので、どのくらいの長さにしていいんだかまったくわからない。
グアテマラに住んで仕事を始めたときに、働いていた旅行会社のオーナーがブレザーを作ってくれた。ちゃんと仕立屋さんが来て測ってくれたんだが、その測ってる最中に「このくらいでいいか。」とかいろいろ聞かれる。そんなこと聞かれたってこっちは全くわからない。仕立屋はプロだからちゃんとわかってるだろうと思って、適当に返事をしていたら、出来上がったブレザーは袖とかやたら短くて、オーナーも悲しそうな顔をしていた。
そういう記憶があるので、どうも長さを決めるのに自信がなかったので、今日の夕飯の後、キョウタさんやアキコさんがいたので、ちょっと相談してみた。マサ君や木下センセイがわいわい言う中、長さを見てもらい、適当な位置に針で止めてもらった。これで一安心だ。何とか言うブランドで悪くないものらしい。ただ、T-シャツしか着たことのない体にはどうやってもしっくり来ないような気がする。
晴れたり曇ったりの一日。雨は降らなかった。日中の温度は26度、湿度59%。夜21度、湿度68%。

忍者Tシャツ

今日も相変わらず「ぽかぽか地球家族」のおかげかアタバルのブログにもホームページにもアクセスが多い。ありがたいことだ。コメントやメールもいろいろもらって読んでいるのだが、忍者Tシャツが気に入ってもらえたみたい。
あの撮影の前にアタバルの生徒さんなどから「撮影の時はこのTシャツを着るように。」って言われて、日替わりで順番も指定されて、順番のほうはちょっとうろ覚えだったが、大体その通りにTシャツを着た。
あの忍者Tシャツは一昨年日本に帰った時に姉からもらったものだ。他にもいろいろTシャツはあるので、大体順番にまんべんなく着ているので、別に何枚も持ってるわけじゃないけどまだそれほどほころびたりのびたりもしていない。まあTシャツ自体の質も良いんだろう。
他にも横山ヤスシTシャツ、よろしくTシャツ、サザエさんTシャツなど、大体あの撮影の時に着たものは日本に帰った時に姉からもらったもんだ。どこで探してくるのか知らないが、毎回日本に帰るとTシャツを用意しておいてくれる。
以前もTシャツをいろいろ持っていたのだが、火事になった時に全部燃えてしまった。火事になってそれを知った人たちからもらったメールにも、「あのTシャツはどうなったのか?」とかTシャツに関することが多かった。
まあ普段Tシャツしか着てないので、余計印象に残るのかもしれない。Tシャツ以外のものを着てると「どうしたんですか?」とか聞かれる。特に長袖とか着てるとアタバルの先生たちからも「病気か?」とか言われる。夜とかは寒くてTシャツの上に長袖を着てたりすることも多いんだけど、まあ1年を通してTシャツ一枚でいられるアンティグアの気候がそれだけ素晴らしいってことなんだと思う。
曇りがちだったが雨が降らなかった。気がつかなかったが夜に道が濡れてたので、ちょっと降ったのかもしれない。日中の気温25度、湿度67%。夜20度、74%。