スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



グアテマラシティーの中華

もうグアテマラシティーには年に1回行くか行かないかというような状態なので、最近の変化には全くついていけてない。何しろ、新しい商売がたくさんあるし、道路ですら、以前とはかなり変わっていたりするので、以前は良く歩き回っていた、ソナ1,4,9,10辺りでさえ、ちょっと車で動き回るとどこにいるかわからなくなるほど。
ここの所用事があって、ちょこちょこグアテマラシティーに行っているんだが、今日はちょっと良いことがあったので、お祝いに昼、中華料理を食べに行った。大体グアテマラシティーで中華料理はライライという昔からある店に行くことが多いんだが、今日は、ここ数日にたまたま立て続けに美味しいという噂を聞いたビンビンという店に行ってみた。
ここは、ソナ9と10に店があるようだが、ソナ10の店の方が店主(中国の人らしい)が良く厨房に入っているので、美味しいと聞いたので、そちらに行った。
全体的な料金はライライと同じくらい。メニューはライライは飲茶があってちょっと食べられるのが良いんだが、一般のメニューはマーボー豆腐やチンジャオロースがあるビンビンの方が、日本人好みと言う感じ。全体の味は、似た傾向。ビンビンの方がちょっと優しめ。ライライの方が塩味などがガツンと聞いていて、一般のグアテマラ人受けしそう。
フェースブックのページでトンポーローのような写真が載っていたので、それを欲しいと言ったら、メニューには載っていない物だったようだ。それでも、聞いてきてくれて、あるというので、それとシュウマイと野菜炒めを頼んだ。満腹。
今日は朝の冷え込みがだいぶ緩い。日中は天気が良く暑い。
日中の温度27度、湿度54%。夜21度、67%。

スポンサーサイト

オットー

今朝も朝起きた時の気温は14度。14度というとアンティグアでは震えるような寒さだ。ところが、昨日書いた熱帯暴風雨がついにハリケーンに昇格して、パナマでは洪水で被害が出たらしい。
これから北上する予想らしく、コスタリカが危険と言っていた。上陸してしまったようなので、グアテマラまでは来ないんではないかということのようだ。オットーという名前がついているらしい。
まあいくら何でも11月の初めくらいまではハリケーンもあったことがあるが、もう12月になろうかというこんな時期には、珍しい。ハリケーンが来たら少し暖かくなるんだろうか?まあ、洪水になるよりこのくらいだったら寒い方がいいのかもしれない。
なんだかんだ言っても晴れているので、日中は25度だから、昼過ぎに外に用事に出たら、汗をかいた。屋内はひんやりしているが、日差しはかなり強い。外を歩いている白人さんたちは、袖のない服を着ている。彼らはこちらがかなり寒く感じている時でも、そんな恰好をしている人がいるので、やっぱり寒さに慣れているんだろう。
北海道で普通熱帯にいるマンタという魚が発見されたというニュースを今日見たが、まあどこも変な気候になっているんだろう。
午後3時過ぎから断水。なんだか今年は断水が多いような気がする。
夜はやはり冷える。
日中の温度25度、湿度41%。夜18度、54%。

酒好きの人へ

アンティグアからグアテマラシティーに行くとき、グアテマラシティーにはいる手前のところに、リコレーラ・ナシオナルという、ロン・サカパなどを作っている会社の流通センターのようなものがある。この、ロン・サカパはグアテマラを代表するラム酒。
ここで、小売もしていて、かなり安いということを教えてもらったので、グアテマラシティーに行く途中にちょっと寄ってみた。卸売りをするところなので、本当に小売してくれるのか、ちょっと不安だったが、入り口で警備員の人に聞いたところ、中に入れと言う。中に入って受付で聞くと、9時から売ると言う。その時、8時50分を過ぎたくらいだったので、ちょっと待つことにした。
そうしたら、すぐに女性が来て、シャッターを開けてくれた。そうしたら、先に待ってたおじさんがいたらしく、早速いろいろ注文している。僕は知らなかったが、注文が一段落したところで、ペトラが挨拶すると、向こうもビックリして挨拶していた。アンティグアの人で、バーをやっているという。アルコールは全く飲めないので、値段が安いんだか高いんだか僕にはわからなかったが、アンティグアのバーの人がわざわざ買いに来るくらいだから安いんだろう。ラム酒以外にもいろいろ売っているみたいだった。お酒の好きな人は1度行ってみると良いかもしれない。
今日の日曜定食は揚げ魚の豆鼓炒めで、13人来てくれた。
今日は天気が良く、だいぶ暖かい。
日中の温度27度、湿度49%。夜20度、56%。

13バクトゥン

やっとボーナスも払いホッと一息。とにかくこれが終わるといよいよクリスマスという気分になる。ところが今年はもう一つクリスマス前にイベントがあるようだ。これが13バクトゥンというもの。
バクトゥンとはマヤ暦の一つのサイクルらしいが、これが明日で新しいサイクルに入るらしい。要するに今までは12バクトゥンだったものが、これからは13バクトゥンになるんだそうだ。
それだけかと思うんだが、世界的に結構騒ぎになっているんだとか。中国(何でマヤと全く関係のなさそうな中国なのかわからないが)でも、世界が終わるとか言って、騒いだとかで100人拘束したとか、セルビアでは滅亡から逃れられる山があるとかで、そこのホテルが賑わっているとか。理解に苦しむ。
グアテマラでは一般の人は特に騒いでいない。まあ騒いだからってどうするっていうんだという感じか。むしろ観光客を集めるのに、もっとイベントを考えれば良いのにと思っていたが、最近になって観光協会からイベントのお知らせのメールが来たりしている。ちょっと遅いんじゃないだろうか。普通旅行に行く人はもっと先から計画を立てているはずだと思う。
だいぶ前に、グアテマラで最も有名な高級ラム酒のサカパ・センテナリオというのがあるんだが、これが13バクトゥンバージョンを出したという広告を新聞で見た。話題としては良いかと思い、日本に行くときに免税店で聞いてみたんだが、まだこちらには入っていないという返事。これも遅いんじゃないかと呆れてしまった。
日中の温度26度、湿度53%。夜19度、65%。

今年の雨季

先日ニュースを見ていたら、10月の中ごろに雨季が終わると言っていた。ちょっと早くないだろうか?雨季が終わると、傘の心配をしなくて良くなるので、楽といえば楽だが、農業やらこの先の水のことを考えると、もう少し降ってくれた方が、良いように思える。
なんだかんだ言って今年は雨が少ないように思う。別に量っているわけではないので、僕の思い過ごしかもしれないが、今年は雨が続いて鬱陶しいという事はほとんどなかったんじゃないだろうか。特に毎年9月から10月いっぱいは台風シーズンで、あちこちで被害が出るんだが。今年はそういうニュースをほとんど聞かない。
もちろん雨の被害など出ない方が良いに決まっているが、それだけ雨が降っていないということなんじゃないだろうか。なんでもそうだが、多くても困るし、少なくても困るものだ。
とにかく10月の半ばに雨季が終わるのは最近ではかなり早いように思う。大体ここ数年、雨季の終わりころ10月の末から11月の最初の何日かに大きな台風の被害が出ているように記憶している。
アタバルの先生達も家の近い人は別として、雨季の間、何回かは大雨でアタバルまで来るのが大変で、ずぶ濡れになったり、遠回りしてきたりするんだが、これも、今年は雨季の初めのころにちょっとそれらしい日が2,3回あった程度。
朝から雲が多い天気だが雨は降らなかった。でも、グアテマラシティーは大雨で大変だったらしい。
日中の温度28度、湿度52%。夜22度、62%。

鼓笛隊

そろそろ独立記念日が近づいてきているので、町中でピーピーと笛の音がうるさい。独立記念日の前にはあっちこっちの町や村から団体で松明を持って走っることになっている。もちろん誰もがやるわけではなくて、そういうのを好きな人がやるんだが、そういう人が大勢いるわけだ。まあある種の娯楽、行楽になっているんだろう。
そういうわけで、アンティグアだけでなく、グアテマラ中でピーピーやっているわけだと思う。更に、独立記念日の行進のための鼓笛隊の練習の音があっちこっちでする。毎年書くが、これは以前のようにそこら辺の道で勝手にやらなくなっただけ、本当に助かる。
何しろ以前はアタバルも周りを学校(スペイン語学校ではなく、普通の小、中、高校)に囲まれていたので、彼らが鼓笛隊の練習をするこの時期は、その音でゲンナリするほどだった。最近はどうやらこういった学校も特に私立のちょっとお高い学校は郊外に大きな敷地を取得して引っ越していく傾向にあり、今や近くにあるのは公立を除けば、裏にあるロサレスだけになった。これも今年いっぱいで引っ越すと言う噂だ。
学校がなくなると人けが減って、現地の人相手の商売をするのには良くないかもしれないが、店をやめた今となっては、むしろ静かになって良いかと思う。
今日も天気が良い。9月は雨が多いと天気予報で言っていたように思うんだが、あれは聞き違いだったのか?もう中ごろになってきているのに、それ程雨が降っているとは思えない。ペトラは夕方から夜にかけて少し霧雨が降ったと言っているが、僕は気がつかなかった。
日中の温度28度、湿度35%。夜22度、55%。

牛の皮

アンティグアで土産物屋をやっているサトウ君と話をした。彼は皮を使ってバックなどを作るのが得意なんだが、最近牛の皮が値上がりしている上に、なかなか手に入らなくなっていると言う。
何でもメキシコからかなり牛の皮を買い付けに来ているらしい。それがグアテマラの通常の価格よりかなり高く買うので、どうしてもそちらに流れてしまうと言う。それは売る側にしてみれば、高く売れた方が良いだろう。メキシコでも皮不足なんだとか。
さらに、グアテマラでは今牛肉だけが値上がりをしている。豚肉や鳥肉はそれ程変わらないんだが、アンティグアに市場で買う肉も、牛肉は今年に入ってからでも3回くらい値上がりしている。
それで、牛肉が売れなくなっているんだそうだ。まあ当然だ。僕も牛肉は比較的食べない。どうしても固いし、今やエビも安いときは牛肉と同じ値段になるので、肉はブタか鳥で、牛肉を買う代わりにエビを買うことが多い。牛肉が売れないから、さらに牛の皮が出ないんだそうだ。確かに、ニュースでも似たようなことを言っていた記憶がある
アンティグアの近くにパストーレスというブーツで有名な村がある。無数のブーツを作る作業場やら店が立ち並んでいるところなんだが、こういうところも牛の皮がないと困るだろう。
今日の日曜定食は18人。最初9人で止まって、今日はこんなものかと思っていたら、更に9人のグループが来てくれた。もう終わったつもりでいたので、ちょっとビックリしたが、ありがたかった。
今日は午前中少し晴れたが昼前から雨。その後も時々降っていた。
日中の温度24度、湿度65%。夜20度、72%。

銀メダル

今ロンドンでオリンピックをやっている模様。まああまりオリンピックが盛り上がらないグアテマラではその程度の反応。日本の方はサッカーがなんだか活躍しているんだとかで、生徒さんも関心のある人はわざわざ、スポーツバーのようなところを探して見にいったりしている。
ところが、グアテマラでもついにオリンピックの話題が大きくニュースで報じられた。競歩で、グアテマラの人が銀メダルを獲得したんだそうだ。グアテマラスポーツ史上初の、オリンピックのメダルだそうだ。
大統領も電話して祝福したとか、大騒ぎ。前回のオリンピックではテコンドーか何かで、銅メダルの可能性があって、ちょっと騒いだが、結局取れなかったようなので、今回はついにグアテマラからもオリンピックのメダリストが出たということで喜んでいる。
ただ、先頃亡くなった、大昔にボストンマラソンで優勝したグアテマラの人が、晩年インタビューで、栄誉を称えるだけじゃ食べて行けないので、経済的な援助をして欲しいという意味のことを言っていたが、今回はその点も議論されているんだそうだ。
今日は日中やはりものすごく暑かった。夕方に曇ってきて、一瞬パラパラと雨が降ったんだが、本当に一瞬のことで、すぐにやんでしまった。まあ降らないよりましかもしれないが、夜になってもまだ暑い。どうやら熱帯低気圧が近づいているらしいので、これから雨が降るかもしれない。ただ、今日は夜になっても全く降らない。
日中の温度30度、湿度49%。夜23度、69%。

旱魃

今日は暑い一日。天気が良く、昨日も雨が降らなかったので、いよいよカニクラかと思ったりする。ニュースでは今月の初めにカニクラになると言っていたので、そうなってもおかしくない。とはいえ、なんだかカニクラ崩れのような天気が続いていて、今年の雨季はかなり雨量が少ないらしい。雨が少なくて、作物が枯れてしまったというようなニュースを良く見る。
アメリカでも旱魃で、とうもろこしなどへの被害が深刻らしい。この影響で、今年は穀物の価格が上がるんだそうだ。確か数年前にも旱魃でとうもろこしの値段が上がって、メキシコなどで騒ぎになったような記憶がある。でもその時はグアテマラでは特に影響を感じられなかった。何でそんなにメキシコで騒いでいるのか不思議なくらいだった。
まあグアテマラはとうもろこしは主食で沢山作ってるから影響がなかったのか。それとも、我が家はグアテマラにいる割にはとうもろこしの消費量が少ないので、感じなかっただけか。
今日は市場で買い物をしたが、たまねぎの値段がここのところちょっと高くなっているくらいで、やはり特に影響があるようには思えない。まあそんな影響はないに越したことはない。
結局夜まで雨が降らないまま。暑い一日だったが、夜になって急に気温が下がってきた。ちょっと肌寒い。
日中の温度29度、湿度33%。夜21度、62%。

家庭料理

こちらに住んでる日本の人と話しをしていて、日本は家庭料理とレストランの料理が違うと言われた。その点、グアテマラではレストランでも家庭でも同じようなものが同じような感じで出てくる。確かにそうだ。アメリカなどでも似たようなものらしい。
そう言われると確かにそうだ。もちろんアンティグア当たりではイタリア料理とか、中華料理とかがあり、家庭で作らないものも食べることが出来るが、例えば市場の食堂などはもちろん、有名なグアテマラ料理の店などに行っても、出てくるものは普通の家庭で食べるものと変わらない。
この前の日曜日に行ったサン・フェリペの食堂だって、たいていの料理は家でも食べるものだ。だから基本的に僕はそういうところに行くと地鶏を頼む。ペトラが地鶏は硬いというので、家ではまず食べない。それ以外の料理は別に家で良く食べるもので、ヘタすると家で食べるよりおいしくなかったりするので、わざわざ外に行って金を払って食べる気がしない。それなのに不思議なのは、当のグアテマラ人はこういうグアテマラ料理のレストランが好きらしいということだ。いつも行くサン・フェリペの食堂などは大きな店なのに、たいていグアテマラの人でいっぱいだ。料金だって、別に他のレストランに比べすごく安いというわけではない。料理の種類だって世界各国のいろんなものを食べる日本人に比べるとグアテマラ料理はかなり限られている。同じようなものをしょっちゅう食べているわけだが、それ嫌にならないのはどういうわけだろうか?
夕方一瞬雨らしきものが降ったように思うが、天気の良い一日。
日中の温度29度、湿度40%。夜23度、60%。