スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



海外で営業

昨日アタバルの元生徒さんから連絡があり、「海外で営業の仕事をしてみたい人がいないか?」ということだった。貿易アシスタント(こちらは女性らしい。)も募集しているらしい。彼は本当に世界中を飛び回って仕事をしているようだ。中南米に来ることもあるようだ。アタバルの元生徒さんとかでスペイン語を勉強した人だったら、それを生かす機会もあるんではないだろうか?興味のある人はとりあえず私に連絡をください。
こうしてスペイン語学校を20年以上も(ペトラはもう32年になる)やっていると、元生徒さんが世界中のあちこちで活躍している。当然中南米が多い。アンティグアに住んで仕事をしている日本人のほとんどはアタバルの元生徒さんである。時々スペイン語圏ではなく意外なところから消息を聞くこともある。とにかく元気でがんばっている話を聞くのはとても嬉しい。
市場で今週の日曜定食のメニューを考えながら買い物。結局今週はかき揚げに決めたんだが、来週の月曜日は11月1日で死者の日となり祝日。3連休のちょうど中日にどれだけ人が来てくれるものか良く分からない。とはいえ、かき揚げだったら、少なめに野菜を切っておいて、もしそれ以上来てくれたら、野菜を切るくらいは揚げながらでもできる。そういう意味でもちょうど良いだろう。
昨日は結構強い雨が降ったんだが、今朝はまた良い天気。結構暑くなった。それでも昼前から曇り始めて、昼過ぎから何回か風を伴った強い雨が短時間降った。
日中の温度26度、50%。夜20度、70%。

スポンサーサイト

グアテマラでの仕事

日曜定食は魚の甘酢あんかけ。魚が勘違いしていて思ったより少なかったので22人分しか取れなかった。まあ人数的にはちょっと減って来ているので、足りるかと思ったら、3人分ほど足りなかった。1人は訳を話して先週の残りの餃子を食べてもらったが、後2人は先週も来ていたので餃子というわけにも行かず申し訳ないことをしてしまった。
ところで今グアテマラで就職口がいくつかある。大使館の経済協力班の草の根無償援助のコンサルタントと建設会社の通訳・秘書業務だそうだ。詳しいことはここには書かないが大使館の方は2年間。建設会社の方は10ヶ月の契約だとのこと。興味のある方は連絡をください。
まずアタバルの生徒さんで誰かいないかと思ったんだが、何せ今ちょうど生徒さんが少ない時期で希望する人がいない。なんともタイミングが悪い。今まで何度か書いたがグアテマラではやはりメキシコほど仕事がたくさんあるわけじゃないのでいつでもこういう話があるわけではない。
生徒さんの中でアンティグアやグアテマラが気に入ってこちらに住みたいという人は時々いる。実際今もグアテマラでは大使館やJICAでアタバルで勉強してくれた人が何人か働いている。こういうのは僕としても嬉しいことであるので、こういう機会があるときには出来るだけ協力したいと思ってる。というわけでこれを読んで興味を持った方はメールで連絡をください。
今日も晴れていたが、ちょっと雲が多かった。日中の温度23度、湿度57%。夜18度、67%。


昔のお客さん

10年ほど前観光ガイドの仕事をしていたときのお客さんから連絡があった。織物をやる人達のツアーだ。僕自身は織物をするわけではないが、ガイドをしている頃にはグアテマラの織物を見るツアーをいくつか案内していたので、最低限の知識があったので、まあそれなりに喜んでもらえたんだろう。でも10年たっても覚えていてくれたなんてありがたいことだ。
ツアーのガイドをしなくなってもう4・5年になるだろうか。そもそもグアテマラに来て最初にありついた仕事がこのガイドの仕事で、まあかなり長いことやったような気がする。どうも人前でしゃべったりするのはもともと好きじゃないので、基本的に自分には向いてないように思っていたのだが、やってみたらやってみたで面白いもんだ。
ガイドの養成コースみたいなのも受講したが、お客さんへの対処の仕方などの基本的なことは実際に仕事をしながら覚えたような気がする。特にベテランの運転手などは仲良くしておくといろいろ教えてくれて助かった。
ガイドの仕事を何年かしてから通訳の仕事もするようになった。これもまた人前でしゃべる仕事だ。セミナーなどの通訳だと100人からの人がいる前で通訳することもある。事前に内容を教えてもらう時もあるが、そうでない場合の方が多いので、瞬間瞬間で判断してしゃべらなきゃいけないので、もともと「のんびりしてますね。」って言われることの多い自分には良い訓練になったような気がする。まあ向いてなかろうがとりあえず続けてみるとそれなりの面白さがあって、仕事するってのも案外楽しいもんだと思う。それにガイドや通訳でいろんなところに行けて、グアテマラのいろいろな面が見えたのは貴重な体験だったと思う。
なんだか昔のお客さんから連絡があり、思わず今までやってきた仕事を思い出してしまった。
日中の温度26度、湿度40%。暑かったような気がするんだが温度はあんまり高くない。夜18度、60%。


公衆電話

午前中アメリカ人っぽい若い女性が入ってきた。応対に出るとスペイン語の勉強がしたいとのこと。英語のパンフレットを渡し、簡単に説明しようとしたら、ちょっと聞いてすぐ"わかった。明日から勉強する。"ということになった。あまりに簡単だったので、ちょっとビックリ。どこかでATABALの事を聞いてきたのだろうか?
申し込み用紙を書いてもらってたら途中で、"ちょっと待ってくれ。10分ほど考えてくる。"といって出て行ってしまった。これは逃がしたかと思っていたら、ちゃんと10分くらいで戻ってきて明日からの午前中4時間の授業を申し込んで帰って行った。
先生の手配があるので、風邪で休んでいるイングリットに電話をした。最初から本人が出てきて、明日は行けると言ってくれた。これで午前の授業は先生も皆働いて良い感じになる。
先週の土曜日にATABAL入り口の薬屋に新しい公衆電話がついた。Telefonicaの電話だ。今までも公衆電話はおいていたのだが、カード式のもので、普通の電話機のようなものだった。これが今度はコイン式の電話で、いかにも公衆電話らしい外観だ。グアテマラ国内通話は一律1ケツアルだ。国際電話もかけられるらしい。週1回Telefonicaの人が回ってきて、お金を回収していくことになっていて、それが今日来た。設置したばかり、たった3日ほどのことで100ケツアル以上入っていた。ちょっと感心した。
日本では携帯電話が普及し、公衆電話が減ったそうだが、グアテマラでは反対で、携帯が普及し公衆電話が増えた。携帯はほとんどプリペイドカード式で、金額により1週間とか1ヶ月とか期限が決まっているので、普通に使えば1月75ケツアルは使わなければならないような仕組みになっている。ところが期限が切れても更に3・4ヶ月電話を受けることだけはできるようで、一番安いカードを買って、受けるだけに使っている人が多い。要するにポケベルの進化したもののような使い方というのだろうか。これで電話を受けて、どうしてもかける必要があるときは公衆電話を使ってかける人が増えたのだ。携帯が普及することにより、(それまで固定電話を引くのはお金もかかるし、時間もかかるし大変だった。)電話というものに縁のなかった人たちが、電話文化の中にどっと流れ込んできたようなものだと思ってもらいたい。公衆電話、電話屋(普通の電話機を1・2台置いて商売してる人)が雨後のタケノコのごとく出現したのも当然なのかもしれない。
デジカメを探し出した。わがブログの師匠の一人であるチャリダーアキ君からもアドバイスがあり、他の人からも写真を入れた方が良いというメールをもらった。オモアのジュンさんに電話してデジカメの場所を教えてもらってついに発見。ためしにATABAL入り口の公衆電話を撮ってみた。ぼけてたりしたらごめんなさい。
夕がたちょこっとだけ雨が降った。日中は26度で結構暑く感じた。夜になって23度。ちょっと涼しい。
20050531002620.jpg



就職決定

台風台風と騒いでいた時には降らなかった雨が、騒ぎの収まった今日の夕方になって降った。それもかなり強い雨だった。ちょっと外に買い物に出たら傘を持っていたにもかかわらずびしょ濡れになった。昼間は晴れていて、結構暑かったが、夕方から降った雨は夜の9時過ぎまで続いた。
雨がすごかったので、明日の夕飯の支度の手伝いに来てくれるといっていた木下先生に電話して今日は来ないように伝えた。風邪気味なのにこんな雨の中来たら大変だ。アンティグアの道は真ん中に水が集まるようになっているので、場所により川のようになって、どう気をつけても靴の中に水が入ってくる。特にアタバルから出たところのガソリンスタンドの前はあちこちからの水が集まってくるので、水につからずに横切るのは難しいときがある。
朝から市場に行きいつも通り買い物をすました。帰ってきてちょっと休んでいたら、メキシコに就職の面接のために行っていたカズ君が帰ってきて、挨拶に来てくれた。無事就職決定となったようだ。8月1日から仕事で、工事現場の通訳をやることになったらしい。来週からスペイン語をまた勉強して仕事に備えることになった。彼だったら現場に飛び込んでしまえば十分できると思うのだが、やっぱり海外で就職、しかも通訳となるとちょっと構えるのかもしれない。とにかくめでたいことだ。
日中24度、夜21度。


この指とまれ

"この指とまれ"というサイトにアタバルの同窓会が登録された。ホンジュラスから遊びに来てるジュンさんが申し込んでおいてくれたみたいだ。これで"Mixi"についで、もう一つネット上のアタバルの集まりができた。大まかに言ってアタバルには年間120人前後の人がスペイン語を勉強に来てくれている。これで今年で27年間やっているわけだから(僕が学校をやるようになってからも12年になる)延べの人数は相当な数になる。昨日書いたメキシコから来た友人も元生徒さんだ。
彼はメキシコに住んでもう大分なるし、いろいろ顔も広そうなので、こちらでの就職に興味がありそうな人を紹介した。そうしたらその中の一人で建築をやっていた人にぴったりの求人があるという話になった。メキシコでダムを作っている現場の仕事だそうだ。更にそんな話をしているところへ、やはりメキシコで旅行会社に勤めている元生徒さんからメールが入り、彼の会社でも求人があるという情報を送ってくれた。
こちらでスペイン語を学んだ人が語学を活かした職業に就くのは決して簡単ではないようだが、現在中南米で就職している元生徒さんは、ちょっと数えただけでも10人ではきかない。メキシコから来た友人の話では、どうももっといるらしい。それ以外でもアメリカでスペイン語を生かして働いている人なども入れればもっと多くなるだろう。先月にもマイアミでのスペイン語と日本語を生かした営業という求人もやはり元生徒さんがメールで知らせてくれた。
これから上に書いたようなネット上の集まりで、いろいろな人と連絡できれば、そういう情報ももっと入るようになるかもしれない。アタバルでスペイン語を学んだ人が、それをその後活かしてくれれば、それはそれでうれしい話だ。
もちろん、同窓会などの趣旨は元生徒さんがお互いに連絡しあって、楽しく話をできればいいなという事なので、"Mixi"も"この指とまれ"も気楽にどんどん登録してください。
朝起きたときに涼しく感じたので温度計を見ると23度だった。それでも雨が降らなかったので、日中は28度。夜は25度。