スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お通夜

午前の授業中なんだか先生たちが騒いでいるので、何事かと思っていたら、隣の家のビクトルというおじさんが亡くなったとのこと。びっくりした。アタバルの先生のカルロタのお兄さんでもある。つい最近うちの店に買い物に来ているのを見かけたので、病気していることさえ知らなかった。すい臓の腫瘍が体中に広まったらしい。一昨日入院し、今朝亡くなったようだ。命のあっけなさを改めて思う。
夜、お通夜に行った。とても大勢の人が集まっていた。お隣はペトラのおばさんが亡くなった時や火事になった時も、皆来てさっさと手伝ってくれた。大家族なので今日こちらが手伝うことはあまりなかったが、今朝亡くなったというニュースが入った直後は隣の人たちもびっくりして軽いパニック状態だったので、ペトラがレモンを入れた水など(飲むと落ち着くって言ってた)を作って持って行った。こういう隣近所が助け合うって言うのは良い習慣だと思う。
今日から「ぽかぽか地球家族」の撮影が始まる。ちょっとしたインタビューとペトラの授業風景を撮影。ペトラは結構緊張している。授業後のインタビューも意外にぎこちない返事をするので、通訳していてやりにくかった。明日はトレロスというディスコに生徒さん達と行くことになりそうだ。ちょっと恥ずかしい。まあテレビに出るって事自体結構恥ずかしいもんだとは思うが。
午前中小雨が降ったりしていたが、かなり良い天気の一日だった。温度もかなり上がり、日中30度、湿度40%。夜になって温度22度、湿度69%。
スポンサーサイト

英語での問い合わせ

夜メールをチェックしたら久しぶりに英語での問い合わせが来た。今まで英語での問い合わせもいくつか受けて、苦労して返事を書いていたので、たいていの質問には過去の返事を組み合わせてちょっと付け足せば書けるくらいになっていた。ところがこれもまたハードディスクが破損したときにかなりの部分がなくなってしまったので、一から書かなければならない。ちょっとため息が出る。
そこでまず無料のオンラインテキスト翻訳を探す。検索をしていてLivedoorの翻訳を見つけた。結構いろいろな言語に対応しているし、一番必要な英語ースペイン語の翻訳もちゃんとあるので使ってみた。これがなかなかよかった。今まで使っていたaltavistaとかよりちゃんと訳してくれる感じがするのでお気に入りに登録。それといつもお世話になってる英辞郎を使い何とか返事を書く。
この2つを使えば何とか英語の質問にも返事が書ける。よくわかんないまま書いてるが今までもちゃんとやり取りが成り立っているところを見ると、それなりに理解してくれているんだろう。まあ便利な世の中になったもんだ。
まだまだ日本語ー英語の翻訳はうまく行かない感じがするが、英語ースペイン語の翻訳は多少使える。このLivedoorの翻訳で気に入ったのは、3人称で(主語を省いたりして)書いたときに、とりあえずちゃんと訳してくれるところだ。例えばTiene que visitar su familia.というのを入れるとaltavistaはit must visit its family.だがLivedoorはhe/she has to visit their family.となる。自分の感覚にあうって言う程度の事なので、ど
う違うんだと突っ込まれるとなんとも言えないけど。
それよりも、英辞郎はいつも感動する。いろいろなフレーズを適当に入れても、かなりの確率でちゃんとそれなりの例文を出してくれる。すごい量の例文が詰まってるんだろうなとこれを作った人の努力に感謝する。
朝から小雨が降ったりやんだり、午後は結構良い天気で、夜になって一瞬ドバーッと降った。日中気温25度湿度70%。夜20度、75%。


流行の続き

夜シャギー君が到着。もう一人予約していた女の子も到着した。夜だったがホームステイに入りたいとのことだったので、彼女にはマルガリータ家を紹介した。不思議なことに今まで結構人が多いときはウナプー地区のホームステイ先が空いていたのに、生徒さんが減った今はウナプー地区はほぼ満員状態だ。皮肉なもんだ。
ところで昨日書き損ねた流行の話の続きだが、グアテマラの人は流行というものへのスタンスが、どうも日本人と違うような気がする。流行はその時に皆が好んでいるものということで、全く無関心というわけではないようだが、それを自分が取り入れるかどうかということになると、必ずしもそういう目で流行を見ているわけではないような気がする。多分大勢の人が気に入ってるものといった認識なので、それを自分もたまたま気に入ったら取り入れてみるといった程度の他人事度の高いものなんだろう。だから流行遅れとか気にしないし、この次に何が流行るかなんて考えることはまずないんだろうと思う。
その点日本人は流行に無関心でいられず、取り入れるか拒否するかの2択を迫られているようなところがなくもない。ある種自分が流行の担い手といった感じの現場感覚というのか自分事度が高い感覚を持っているんだろう。
もちろんだからどっちが良いとかそういう問題ではない。たまたま一昨日ボーっと音楽ヴィデオを見ていたらSorayaって言う歌手が出てきて、だいぶ昔に友達のグアテマラ人から「彼女は良いからきっとこれから流行るよ。」って言われて、グアテマラ人でもそういうことを言う人がいるんだって、非常に新鮮な感じがしたのを思い出した。結局彼女はあまり売れなかったけど。
雨が降りそうで降らない1日だった。それでも日中は24度、湿度70%。夜21度、湿度74%。夜はT-シャツだとちょっと肌寒い。


中華コンロの威力

夕飯に豚肉のしょうが焼きを作った。19人来てくれた。最初2人しかいなくてどうなるかと思ったが、その後先週に続いて、韓国人の女の子が外人さんをたくさん連れてきてくれた。その一人がシベリアンハスキー?(っていうんだろうか)かなりでっかい犬を連れてきて、ジェシカが大騒ぎをして大変だった。とにかくでっかい犬で、もしそんなのに近づいて喧嘩にでもなったらひとたまりもないと思って、ヒヤヒヤした。ジェシカはかなり怒っていたけど、幸い向こうは全然気にしてないようで、何事もなく助かった。
先日グアテマラに行ったときに思い切って買った中華コンロをはじめて使う。やっぱりすごい威力。バルブが2つ付いてて、真ん中のものと外側のとに別れてるのだが、これを全開にするとすごい火力だ。前回しょうが焼きを作った時はいつもの家庭用のコンロだったので、2人分作るのが精一杯で、それですらしょうが焼きというよりしょうが煮じゃないかと木下センセイに言われるくらいだったのが、今日は4人分くらいいっぺんに作っても問題がない。しょうゆを鍋肌から入れてジューッという感じ、これも家庭用じゃほとんどジューッと言わないがこれだとちゃんとジューッとしてくれる。しかもあっという間に出来る。炒め物系はこういうのがあるとやってて楽しい。火を全開にするとボーって言う中華料理屋のキッチンで聞こえる音が少しするんで感激。ただ中華鍋を持ってる手や混ぜてる手が焼けて熱い。
何年も前から中華コンロにあこがれてて、いつか買いたいと思ってたのが実現して、しかも期待通りに使えたので(使う前は今までこんなに火力の強いものを使ったことないので、焦がしたりして大変なんじゃないかとちょっと不安だった。)、ちょっと感激してるので、今日は昨日の予定を変更して中華コンロについて書いてしまいました。
今日も夕方から降ったりやんだり。コメントを見ていても本当に日本は水不足の不安があって大変そうだけど、こちらは今年は嫌になるくらい降っている。気温も上がらず日中24度、湿度72%。夜20度、湿度78%。

流行

毎週のことで、朝から市場に買い物に行ってきた。曇ったり晴れたりなんだかすっきりしない天気。やはり雨が降り過ぎで野菜類が高い。日本は雨が少ないらしいがその分がグアテマラに来てるんじゃないかという感じでよく降る。市場で昼ごはんを食べて外を見たら、かなりどんよりとして今にも降りそう。急いで買い物を済ませ。さっさと家に帰る。家について5分もしないうちにすごい雷とともに土砂降りになった。雷も3回ほど光ってすぐにドーンと鳴る感じで、ジェシカもびっくりしていた。その後夜まで降ったりやんだり。
雨で外に出られないので、夕方部屋でなんとなしにテレビを見ていた。久しぶりに音楽チャンネルなどを見ていた。あんまり代わり映えがしない。グアテマラでは流行というのが日本とは違う流れ方をする。音楽にしても流行というのがないわけではない。ただ、日本のように情報がいきわたっていないので、流行をはずしていてもあまり気にならないということはあるかもしれない。
それに関係あるのか、一度流行ったものの息が長い。イーグルスのホテルカリフォルニア、アバのダンシングクイーン、チキティータ、バグルズのラジオスターの悲劇などはグアテマラ(必ずしもグアテマラだけでなく中米ではどこも同じような気がするが)の永遠のヒット曲で、今でもラジオでしょっちゅうかかっている。もちろんトリオ・ロス・パンチョスなどに代表される、ラテンヒットは当然繰り返し聞かれている。あまりに息が長すぎで、若い人はむしろ新鮮なんだろうか?こちらに住み始めたころはこれらの曲がリメークされて流行ってるのか、何か映画にでも使わ
れてまた流行りだしたのかと思っていた位だ。
なんだか長くなりそうなので、今日はこの辺にして、また明日にでも。
日中24度、70%。夜21度、80%。


先生の日

グアテマラでは先生の日だとか、大工さんの日だとか、運転手の日だとか、秘書の日だとか、いろいろな日がたくさんあるのでややこしい。6月25日は先生の日だ。今年は土曜日になるので、代わりに今日お祝いをした。皆で昼ごはんを食べた。メニューはペトラが作ってくれたPollo en cebollado(鳥のたまねぎ煮?)にサラダ、ご飯(グアテマラご飯と先日紹介したワチピリンで日本風のきのこご飯を作った。)、デザートがイチジクの甘く煮たものだ。生徒さんも入れて皆でお昼を食べて賑やかで楽しかった。
ご飯もかなり量があったが皆食べてくれてよかった。きのこご飯はグアテマラの人には受けないかなと思ったが、案外そんなことなく、皆お変わりをして食べていた。まあ純粋のきのこご飯にせずに、豚のひき肉などを入れてグアテマラ人受けを狙ったのがうまく行ったのかもしれない。
デザートのイチジクも日本人の生徒さんはあまりイチジクとわからなかった人もいるようだ。確かに日本のイチジクと比べると小さくて青く、しかも甘く煮てあるので、かなり違った感じがするのだろう。日本のイチジクは甘いので、わざわざそれを甘く煮るようなことはしないが、こちらのイチジクはそのままだと甘くないので、生で食べることはしないようだ。あんまり果物を煮たものが好きでない私は遠慮したが、甘い物好きの先生たちはたくさん食べていた。
来週の日程についても話をした。というのも来週は30日が軍隊記念日で祝日だ。ところが30日が木曜日なので、これを金曜日に振り替えて、来週は木曜日までスペイン語の授業をして金曜日から休みということにした。先生たちは大喜びだ。まあ確かに一日休んで、金曜日だけまた来るって言うのはちょっとしんどいかもしれない。
しかし、今日も朝から降ったりやんだり、なんだかげんなりするほど雨が降る。日中24度、湿度70%。夜20度、湿度79%。どうりで夜ヒヤッとすると思った。

大雨

今年は本当に雨が多い。午前中は晴れていて、日曜日に豚のしょうが焼きを作るために、豚肉を買いに市場に行って来たが、午後から土砂降りになった。道が川になるのはいつものことなので、「またか。」と思いつつ見ていただけだが、その後ロッカーの上の樋が詰まったらしく雨水があふれてきたのには慌てた。この樋は曲者で、作りが悪い上、毎年雨季に入ると詰まってあふれてくるので、今年は雨季に入る前に、掃除をして万全と思っていたのだが、雨が多いので、また詰まってしまったようだ。どんどんあふれてきて、ロッカーがびしょびしょになり、先生たちが慌てて、ロッカーの中のものを出していた。ロッカーの上に積んである新聞もびしょびしょだ。
結局大工さんが応急処置で樋をつついて何とか水は止まったが、明日また掃除をしてもらわなければならない。結構厄介なものだ。この樋だけは以前から何とかもっといいものにする方法がないものかと考えているのだが、なかなか難しい。道路に近いので、世界遺産都市のアンティグアでは厳しい町並み保存条例に引っかかる恐れがあり、うっかりいじることが出来ない。
来週はもうこちらに3回目になるダイスケ君が到着する予定。その後はメキシコに住んでいるサトコちゃんも来て、さらに今日ハナちゃんからも夏休みに遊びに来てくれるとメールがあった。嬉しいことだ。7月にはアイコさんもまた来てくれるはずなので、賑やかになりそう。アンティグアはスペイン語留学をして長期滞在していた人が、こうして2度、3度と戻ってきてくれる町だ。特に気に入って3ヶ月、半年と長期滞在していた人がいったん日本に帰ってからまた遊びに来てくれる確率はかなり高いのではないかと思う。
日中24度湿度72%。夜は雨が少し小降りになり、今はやんでいる。21度、湿度80%。

グアテマラシティー

去年11月末に日本から帰ってきてもう半年以上アンティグアから出ていなかった。この重い腰を上げて、グアテマラシティーに行ってきた。本当に久しぶり。パスポートの更新が主な目的でまず日本大使館に行きそれを済ませた。その後アグロチナという中国系のスーパーに行く。ここは以前しょっちゅう買い物に行っていたところなので、懐かしい。以前働いていた中国人のおばさんはもう引退したとかで、店にいなくて、オーナーのおじさんとその息子娘たちが切り盛りしている。ここはグアテマラ人もかなり来てるし、店の表示もスペイン語で書いてあり、わかりやすいし何かあると多分2世の息子、娘が来てアテンドしてくれるので、非常に買いやすい。ぺトラも一緒に行ったので喜んでいろいろ買っていた。ゴーヤと頼まれたうどんなどを買った。
その後今度は韓国系のスーパー2軒に行った。こちらは入り口が閉まってて、東洋系の顔じゃないと簡単に入れてくれない感じ。中の表示もすべてハングルで、何が書いてあるのか全くわからない。しかも店のオーナーも1軒目のほうはスペイン語がほとんど通じない。さらに間の悪いことに、電気の配線をいじってるところだったようで、店内は停電中でますます訳がわからない。もう1軒のほうはちゃんと照明もあり店の人もわりとスペイン語をしゃべるのでよかったが、ハングル表示で何かわからないことには変わりない。結局頼まれたものだけを買って、自分用はイカのキムチみたいなのを買っただけ。中国系のスーパーに比べると品物も多く、たくさん買ってもいいような気がするが、結果的には中国系の店のほうがいろいろ買った。まあ中華料理好きというのが関係あるのかもしれないけど。
それ以上にいろいろ買ったのが、クルブコというグアテマラの会員制スーパーだ。これはペトラが会員になっているのだが大量に売っていて安い(らしい)ということで、なんだかちょこちょこ日常品を買ってしまった。やっぱり15年もグアテマラ人と一緒に住んでると生活がグアテマラ化するのかもしれない。
3時半にはグアテマラシティーから帰ったのだがかなり疲れた。バスを乗り継いだわけでもなく車で移動したので、運動したとか言うわけじゃないのだが、アンティグアのような落ち着いた町からグアテマラシティーのような都会のざわざわしたところに出るとなんとなく疲れる。次は1月後パスポートが出来たら取りに行かなければならない。
グアテマラシティーは結構良い天気だったが、アンティグアに近づくにつれ雨が降ってきた。家に着いた時には結構降っていた。その後降ったりやんだり。日中は25度、湿度72%。夜22度、湿度78%。

タバコ値上げ

この前壊れたPCのハードディスクだが、これに入ってるデータの取り出しを依頼していたのだが、今日だめだったと連絡があった。ディスクが焼け付いていたそうだ。ちょっと悲しい。これでボーナスを払うのも今までのデータを打ち出していたものをすべて入れなおさなければならない。(まあ打ち出したものがあるだけでも良いと思うしかない。)さらにメールアドレスを整理していたものも吹っ飛んでしまった。バックアップもないわけではないが、今までのアドレスで使えなくなったものや変更のあったものを整理していた途中だったので、これはバックアップを取って
いない。もしATABALでスペイン語を勉強した人でこれを見ていたらお手数ですが、「この指とまれ」http://www.yubitoma.or.jp/ に登録をお願いします。これからはバックアップの方法もよく考えておかないといけない。
VSkypeというソフトをインストールした。Skypeをテレビ電話にするソフトだ。まだベータ版だがとりあえず入れてみて、ホンジュラスのジュンさんと連絡を取ってみた。ちゃんとつながる。SkypeOutではじめて一般の固定電話と通話したとき程の感動はないが、なかなか使える。ただ、まだ使い方がよくわからなくて、どうもへんてこなメッセージをチャットで何人かの人に送ってしまったようだ。ごめんなさい。
タバコが値上がりした。ほぼ一律50センタボの値上げだ。まあ微々たる額と言えば言えないこともないが、マルボロなどは12ケツアルだ。1.5ドル強するので、こちらの物価から言うとかなり高いものになると思う。市場の食堂で定食が食べられる値段だ。市場などで売っている一箱5ケツアルの密輸?タバコが売れるはずだ。知らないような銘柄のものばかりだが、半額以下というのは大きい。
朝から雨。昼からちょっとだけ晴れ間が見えたがまたすぐ雨。本当に今年はよく降る。日本の梅雨みたいだ。雨が降るとやはり涼しく、日中25度、湿度60%。夜21度、湿度75%。


パスポートの写真

ずっとペンディングにしていたパスポートの更新を今週にすることに決めた。今私の持っているパスポートは2000年に在グアテマラ日本大使館で更新した10年パスポートで、バーコードが付いてないものだ。これが去年から問題になっていて、今このパスポートだと日本人でもアメリカ入国の際にVISAがいることになっている。今年も日本に帰る必要があるので、その時にまたメキシコ経由で帰ってもいいのだが、値段も安く、選択肢が多いロス経由の可能性も確保しておきたい。
去年はアメリカのVISAをとろうとしたところで、突然日本に帰ることになりとり損ねた。でもその時にアメリカのVISAをとった人から、アメリカのVISAをとるより、パスポートをこちらの大使館からメキシコの日本大使館に送ってもらい、バーコード入りのパスポートに切り替えてもらった方が得だとアドバイスされた。
それを前からやろうやろうと思っていたのだが、グアテマラ市の大使館まで行くのが面倒くさい。しかし、そろそろ何とかしないとならないということで、いろいろな買い物も一編にしてしまおうということで今週出かけることにした。
という訳で、今日パスポート申請用の写真を撮りに行った。こちらのKonicaがデジカメで撮って、コンピュータでチョコチョコ修正してすぐ渡してくれるということだったので、Konicaに行ったのだが、なんだか写真をとる人がいないみたいで、明日来てくれって言われた。別の写真屋ではなんだか日本のパスポートのサイズに合わせられないとか言われ、これまただめ。
アンティグアの写真屋は融通が利かないなとかぶつぶつ言いながらうちに帰ったら、ぺトラが良い写真屋を知ってるとのことで、しばらく休憩してまた出かけた。今度はインスタント写真だったけどすぐ撮って、すぐくれた。なんだか写真一つで午後がつぶれたような感じだ。
でも写真屋から帰ってきたら2人スペイン語の授業を申し込みに来てくれていた。今週はだいぶ人が少なかったので、助かる。私がいなかったので、カズ君、シュウさんがアテンドしてくれていたみたいだ。ありがとうございました。
朝から雨。降ったりやんだりで、それでも昼から夜になるまでは晴れてちょっと暑くなる。26度、湿度60%。夜になってまた雨。しかもすごい降り。どこかで台風でもできたのだろうか?かなり涼しい。21度、湿度76%。

グアテマラのきのこ

カレーは結構ルーなど売っていて、みんな作るので、案外人が少ないことがある。このため今日も人が来るかちょっと心配していた。生徒さんも先週で終わって出た人も結構いるので、これはあんまり大勢こないだろうとは思っていた。そうしたら6時半に食事を出し始めたときに買ったのが5人。こりゃ想像以上に少ないと思ってちょっとがっくりしていた。そうしたらいつも来てくれる韓国人の女の子が友達を大勢連れてきてくれた。おかげで今日も19人売ってほとんどなくなった。カレーも明日朝ごはんに食べたらなくなりそうだ。もうちょっと残ってもよかったな。
昨日市場でワチピリンというきのこを買ってきた。これは毎年雨季になると食べられる旬の味だ。少なくとも私が今まで食べたグアテマラのきのこの中ではこれが一番おいしい。きのこらしい香りも強く、味もしっかりしている。市場ではどこにでも置いているものではないので、なかなか知らないと買えないと思う。写真のは小さい部類に入る。いつも雨季には知り合いのおばちゃんに頼んでおいて、手に入るとこちらに住んでる日本人に配って、皆で季節の味を楽しむことにしている。
雨季には数種類のきのこが出てくるので、きのこ好きには楽しい季節だ。ただ、グアテマラ人には余りきのこを食べる習慣はないらしく、市場の店で普通には売っていない。このためかなり長い間グアテマラできのこといえばマッシュルームしかないものだと思っていた。ところがアンティグアの市場でも雨季に市場の知り合いのおばちゃんに頼んでおくとこのワチピリンをはじめ、サンフアン、アナカテ、名前は忘れてしまったが白いきのこ、などが時々手に入る。今年はどんなきのこが食べられるか楽しみだ。
夕方になり強い雨が一瞬降った。それまですごく良い天気で暑かった。日中30度、湿度50%。夜23度、湿度72%。
20050620004338.jpg



久しぶりに市場で買い物

先週行かなかったので、今日は久しぶりのメルカドでの買い物という感じ。ただ、野菜が高くなってる。どうもここの所続く雨で、キャベツなど葉物に被害が出ているようだ。雨が降らなきゃ降らないで、降ったら降ったでいろいろ大変だ。いろいろなところで「もう大丈夫か?」と声をかけられる。そんな大病じゃなかったのでちょっと気恥ずかしいが、ありがたいことだ。
2階の部屋に机を一つ持って行ってしまったので、その代わりにプラスチックの机を買ってきた。これも本当は先週買うつもりで注文をしておいたものだ。いつもプラスチック関係のものを買う店に行って、先週来れなかった訳を話して謝り一つ買う。緑とベージュの2色ある。緑のほうが汚れが目立たなくていいかと思ってそちらを最初頼んだのだが、ぺトラがベージュのほうがいいというので、後でまた交換してもらった。親切な店で助かる。
夜になって明日のカレーの準備をした。あんまりたくさん作らなかった。それでも20人分以上はあるだろう。どうがんばってもご飯が24人分しか炊けないので、これで十分だと木下センセイが言う。あまったって次の日にでも食べるからいいのに。
その後メールをチェックしたらスペイン語留学の申し込みが一つ入っていた。返信を書いていたら、同じ人からSkypeでもメッセージが入った。すぐに返信のメールを送って、しばらくチャットをした。こうしてすぐに確認が取れると安心で良い。Skypeはやっぱり便利だね。
今朝曇っていたので、こりゃメルカドで買い物している間に雨が降るんじゃないかと心配していたら、その後良い天気になって暑かった。結局今日は雨が降らずじまい。日中28度、湿度60%。夜22度、70%。

日本になくてアンティグアにあるもの。

ハードディスクが壊れてしまった私のコンピュータはとりあえずハードディスクを新しくして復活したが、とにかく過去のデータが消えているので、まだただの箱状態に近い。今日の夕方に壊れたハードディスクからデータを取り出せるかどうか試してみるとビクトル・ウーゴが言っていたので、6時になるのを待って電話してみた。まだやってないとのことだった。どうにもじれったい。今晩やるとかいっていたが、これだったら明日まで待たなければならないだろう。
昨日テレビ会社の人から電話がかかってきて、「ぽかぽか地球家族」という番組に出ることになった。何でも土曜日の夕方6時くらいからの30分番組らしい。テレビの取材のコーディネートは何回かやったとこがあるが、取材されるのは初めてだ。何でも今月28日から6日間くらいやるらしい。30分の番組を作るのに6日間とはずいぶん大変だなと思う。
電話で「日本にはなくてアンティグアにあるおもしろいものはないか?」と聞かれたのだが、なんとも抽象的な質問で、返事に困った。なんだろう?そんなこと改めて考えたことないが、そんなものあるかな?休み時間に生徒さんたちにも聞いてみた。でもみんな結構返事に詰まってた。自分だけじゃないんだとちょっと安心。ぽつぽついろいろな返事もあったが、その中で、そうかなと思った回答は「織物」。そんなこととっさに思いつきもしなかったけど、確かにそうかもしれない。
今日は父の日で、先生達や生徒さん達がミクスタ(アボガドをつぶしたワカモルを入れたホットドック。今日はパンの代わりにトルティーヤだった。)を作ってお祝いをしてくれた。先生、生徒を含め該当するのは佐々木さんと私くらいなので、二人でお礼を言う。休み時間にやるはずだったらしいが、授業時間にかなり食い込んでしまった。すいませんでした。
昨日は久しぶりだったので、温度と湿度を見るのを忘れていた。今日は日中29度、湿度60%、結構暑かった。夕方から時間はそんなに長くなかったが強い雨が降った。夜温度22度、湿度74%。

お腹とコンピュータが壊れる

ずいぶん長いこと休んでしまった。
始まりは木曜日。どうも腹の具合が良くなかった。アメーバかなと思って薬を飲み始めた。金曜日、いつも通り夕方日本語でのスペイン語文法補修をした。この時は特になんということはなかった。その後残ってる生徒さん達と話をしている時に、スースーとした寒気を感じ始めた。ちょっと疲れた気がするので、早めに夕飯を食べてちょっと休憩をしようと思って食事をしてるときに、どっと寒気が来た。食べ終わって、2階の部屋に行って毛布を3枚かぶって寝始めてから次の日の夕方までトイレ以外(トイレはかなり頻繁に行ったが)で起き上がることもなく、途中土曜日の昼前に医者が来てくれて、薬を処方してくれたが、それ以外は食事すらせずにひたすら眠った。自分でもよくこんなに寝られるもんだと思ったほどだ。とにかくたくさん布団をかけて寝ていたので、寒気は取れた。これで熱はないだろうと思って計ったら38度ある。とにかく水分を摂らなければと思い、ペトラが手を変え品を変え作ってくれる様々な飲み物を飲んでみたが、一口くらいしか飲めない。
グアテマラに15年住んでいるがこんなひどい病気になったのは初めてだ。医者はアメーバじゃなくて何かバクテリアだろうというようなことを言ったように思う。(ボーっとしててちゃんと覚えてない。)抗生物質の飲み薬を12時間おきにそれ以外の腸の炎症のため?の甘い液体の薬を6時間おきに飲む。ついに毎週行っている市場への買出しにも行けなかった。木下センセイが来たので日曜定食を頼んだ。
日曜日は少しましになった。それでも熱は37度後半だし、下痢も止まらない。何の病気か分からないので、下手に食べ物に触って感染でもしたらいけないと思って、日曜定食は全く任せきりで近寄りもしなかった。なんと21食作って完売したらしい。とりあえず何か食べようと思い、インスタントラーメンをよく茹でてもらって食べた。結構食べられた。こんなに食べないのに何でやせないんだろうと思う。それでも日曜日はかなり気分はよくなった。
月曜日は新しい生徒さんもいるので、朝起きて、授業が始まるのを見て、何の病気か調べるために検査をしてもらおうと思って、検査所に行った。ところが、ちゃんと検査をするためには、あらかじめ検便をして持っていかなければいけないと言われ(向こうで採ってもらうのでは、あまり詳しいことが調べられないといわれた。)家に帰り、タンピコというオレンジジュースを飲んで、その容器をよく洗ってもらい、検便の準備をしたのだが、そうなると出ない。結局1日何も出ないので、検査はあきらめてしまった。
火曜日にはちょっとふらふらするような気はするがもう大丈夫という感じで、普通の1日を過ごし、夜にSkypeで母親に電話をしながら、来たメールに返事を書いていた。そうしたら突然コンピュータがパッっときえた。停電かと思ったが、他の電気はついている。それからまたコンピュータを立ち上げようとしたのだが、全然立ち上がらない。母親も電話がいきなり途中で切れてビックリしてるだろうと思い、とりあえず別のコンピュータから電話した。
水曜日の朝、しばらくコンピュータを休ませたら立ち上がるかなと思いながら、スイッチを入れてみたのだが、やっぱり立ち上がらない。とりあえずアタバルの時報などは別のコンピュータで鳴らすことにして、ビクトル・ウーゴに連絡をとり、来てもらった。いつも夜にならないと来ないビクトル・ウーゴもさすがに大変な状態だということを理解してくれて、午前中に来てくれた。ちょっと調べて、これはハードディスクがいかれちゃってると言う。ちょっとショック。バックアップをとってないデータもある。特に頻繁に更新しているデータはバックアップがあってもあまり役に立たないものもある。ビクトル・ウーゴに何とかならないもんかと相談。とりあえずやれるだけやってみると言ってくれた。
木曜日。今日は朝からもう普通の体調。ご飯も普通に普通のものを食べた。ビクトル・ウーゴはデータが取り出せる可能性はあると言ってくれた。ちょっと希望が出る。今は予備に借りているコンピュータでメールその他の作業をする。もちろんこの文章も予備のコンピュータからだ。
日曜日くらいからペトラもお腹の具合が悪くなり寝込んだ。ペトラも火曜日くらいから回復してきて、今日は授業もちゃんとして、もう大丈夫そうだ。生徒さんも3人ほどアメーバで、アタバルの先生のリディアもアメーバ。本当に今流行っているようだ。
まあそんな訳で、ずいぶんご無沙汰しましたが、またブログを再開させていただきます。

2階へ引越し

2年前の9月に火事になった。燃えたのは自分たちの寝室だけだったのだが、それを機に家屋部分の天井をすべてはがし、コンクリをひいた。その上で2階に2部屋を増築することにした。とにかく時間がかかり、昨日やっと2階部分が完成し、引越しを始めた。昨日アンティグア市の人たちが燻蒸に来たときにちょうどその引越しの最中だった。その前から少しずつ荷物は移していたので、そんなに大変ではなかったのだが、ベッドが残っていたので、これが重かった。このベッドは前のがやはり火事で焼けてしまったので、新しく大きなベッドにしたものだ。大きさが2m×2mある鉄製だ。とてつもなく重かった。
とにかくこれを2階に上げやっと2階での生活が始まった。なんとも長いことかかったものだ。この後は自分たちが使っていた1階部分の改装を始める。まだまだ工事は終わらない。もう家の工事が日常生活の一部となってしまったような気がする。
苦労して運んだ大きなベッドはジェシカのベッドでもある。ジェシカのベッドは別にあり、我々のベッドの横においてあるのだが、大抵我々のベッドに上がってきて私にくっついて寝ている。当然我々が2階に移動したので、ジェシカも上に来るのだが、なんとなく落ち着かないようだ。ペトラは新しい部屋で大喜びだが、やはりジェシカは慣れた部屋の方が良いようだ。夜寝るときに前を走っていって、元の寝室に入って、何もないので、困ったような顔をしてキョロキョロしていた。
昼過ぎから雨がショボショボ、時々強く降った。朝から曇っていたので、温度は日中でも26度だったが、湿度が70%と高いので、昼から市場に買い物に急いでいって帰ってきたら汗だくになった。夜は温度21度、湿度75%。ちょっと肌寒い。


FUMIGACION

FUMIGACIONというと日本語で、殺虫剤などの散布、燻蒸といったところだろうか。日本では経験したことがなかった。先日書いたがアンティグアでは今町全体を西の方から家の中に入ってしらみつぶしにやっている。
それが今日いきなりATABALにもやってきた。ちょうど午後3時くらいで午後のスペイン語授業中だった。薬を撒くので、全員外に出ないといけない、しかも、撒き終わって20分くらいは中に入らないようにといわれた。授業してる人をいきなり出すわけには行かないと思い、とりあえず、作業員のおじさんと掛け合って、せめて4時からにできないかとか、明日の朝1番でやってくれないかとか、交渉してみた。ところが作業員のおじさんの一存では決められないらしく、別のいろいろチェックをして歩いてるおじさんに掛け合ってみてくれって言われた。そのおじさんにも掛け合ってみたが、これまたらちが明かず、そのおじさんが今度はトランシーバーで更に上の女の人に連絡してお伺いを立てている。だめだって言ってるみたいだ。直接トランシーバーでその人と交渉したかったのだが、それは断られてしまった。なんてこった。前の日にでも、グアテマラではそんな長期的な計画が立たないって言うんだったら、せめて1・2時間前にでも知らせてほしかった。
どうしようもないので、生徒さんと先生たちに理由を説明し、外にでてもらった。先生たちで話をして、近くの公園に行ったみたいだ。中に残って様子を見たかったのだが、ジェシカがついて来てしまうので、自分も外に出て待っていた。午後の生徒さんには申し訳ないことになってしまった。
FUMIGACIONが終わって、中に入り、食器にかぶせておいた新聞などを取って、洗ったりしていたら皆帰ってきた。その後どの位虫が死んでるのか家の中をチェックしたが、蛾とゴキブリが1匹ずつ死んでいるだけだった。あんな大騒ぎしてこれだけかと思って文句を言っていたら、先生たちが"明日になればビックリするほど死んでるから"って慰めてくれた。ただ、夜になってこうしてブログやメールを書いていても、蚊に刺されない。さすがに蚊はいなくなったのかもしれない。それだけでも良しとするべきか。このまま蚊が戻って来ないと良いんだが。
夕方から雨が降ったりやんだり、降るときは結構すごい勢い。日中温度は29度、湿度65%、夜22度、湿度70%。


アメーバ

この間の台風こそどこかへ行ってしまって、訳がわからないうちになくなってしまったが、グアテマラはもう本格的な雨季である。雨季に入るといつものことだが、下痢になる人が増える。湿気が増えて暑いので物が腐りやすくなるからだとか、雨で水量が増えるので水道が濁るんだとか、まことしやかな理由を語るグアテマラの人も多いので、旅行者に限ったことではないようだ。
ATABALの生徒さん、元生徒さんでも今週はちょっと多かった。昨日4人の人がお腹が痛いとか下ってると言っていた。そのうち2人は結構ひどかったので、検査所を教えて検査を勧めた。グアテマラでは医者は全く診察するだけで、必要な検査は指示を書いたものを出して、検査所に持って行き、薬は処方箋をもらい、薬屋で買うことになっている。このため下痢をして医者に行っても大抵検査をするように言われ、検査所に行き、その結果を持ってまた医者に行くことになるので、その手間を省くためにまず検査所に行った方が良い。
今回検査した2人のうち1人は結果でアメーバが出た。アメーバというと皆相当驚くが血便が出たりといった深刻な症状になった人はまだ見たことがない。下痢が続くので、水分をちゃんと取って、薬を飲めば大抵2、3日で症状事態は収まることが多い。(症状が治ってもアメーバが残ってることがあるらしいので、薬はちゃんと規定の期間飲み続けなければいけないようだが。)
それよりもアメーバが出なかった人のほうが困る。原因がはっきりすれば対処の仕方も自然と決まるが、原因がわからないとどうしようもない。医者に行って処方された薬を飲んでいるようだが、それで効かない様だったらもう一度検査だろう。
他の2人は今日はもう普通の状態に戻ってきているということだ。ちょっと安心。
夕方になって少し雨が降った。日中温度は29度、湿度55%。夜になって温度22度、湿度70%。

湿度計

昨日から毎日の温度に湿度が加わったのに気づいてもらえただろうか?ATABALのホームページからリンクしている。アンティグア回想録というのを書いている哲郎さんが金曜日にまたスペイン語留学にきて、そのお土産にもらったものだ。前回の滞在から約5年ぶりになるが、今回も2ヶ月ほど滞在するようだ。
日本でこのブログを読んでいてくれたらしく、そこに毎日温度が書いてあるのを見て、お土産に湿度計つきの温度計を持ってきてくれた。かなり嬉しい。もちろんメールやコメントで読んでいる人がいるのを知ってはいた。でも、こうして日本で読んでるという人を目の前にするとまた別の実感がわいてくる。
今までのように部屋の中においていると、かなり外気との差を感じていたので、場所も考え、今度は廊下の時計の下につるしてみた。これで今までの温度よりも、かなり正確な温度を表すようになったと思っている。湿度計は相対湿度計である。今まで使っていた温度計はご苦労様ということで、感謝しつつ時計として使うことにした。
しかし、これで見ていると最近湿度が異常に高いことに気がつく。日中30度で湿度58%。夜は23度湿度70%だ。毎日のように雨が降っていて、今日も夕方から降ったりやんだり、というのもあるのだろうが、今日の東京の湿度が40%と聞くと、如何に高いかわかる。グアテマラはカラッとしていて日本はジトジトというのが常識だったが、ここ数日は逆転したかのようだ。とにかく日中30度というと非常に暑い。早くいつも通りのカラッとした天候に戻ってほしいもんだ。
20050606235154.jpg



餃子定食

日曜定食には22人来てくれた。餃子は焼くのにちょっと時間がかかるが、6時半にはじめ、8時に大体終わった。餃子の写真を撮ろうと思ってたのだが、焼くのに忙しくて忘れてしまった。やっぱり写真はとる習慣がないとなかなか大変。
食事が餃子だと言うのに昨日の晩からうちの店でビールが売り切れだ。昨日サッカーのW杯の予選で、グアテマラ代表がメキシコ代表に負けたっていうのを書いたが、その試合が終わったあたりから、がんがんビールが売れ始め、昨日5箱仕入れたビールも全部売切れてしまった。ヤケ酒だろうか?
午前中インドの人?(持ってたロンプラの文字がインドっぽかった。)っぽい女性が学校のインフォメーションを聞きに来た。今勉強しているイギリス人の女の人から勧められたといっていた。ありがたいことだ。ただ彼女は明日どこかに出かけるとかで、またちょっと考えて電話すると言っていた。その後に日本人の男の子が来て入学。6時間勉強をすることになった。更に夜になって、餃子を焼いているときに2人申し込みあり。餃子を焼いたり、申し込みの受付をしたり、先生たちに連絡したり、ちょっと忙しかった。でもこれで先生たちもほとんど働いてる状態。ありがたいことである。
しかし、蚊が多い。昨日も書いたが本当に今年は異常に多いような気がする。どうもアンティグアで西の方から家々を回って殺虫剤を撒いているようだ。噂ではそのせいで蚊が東側に逃げてきているらしい。そうだとすると東の端のほうにあるアタバルは大変だ。そのうちアンティグア中の蚊が集まってくるんだろうか?
日中27度、湿度が60%もある。暑いわけだ。むしむししてる。この気候で餃子を焼くのは地獄のようだ。夜になって23度、湿度は73%。まだじとっと暑い。


W杯予選、餃子包み

サッカーのワールドカップの予選のメキシコとグアテマラの試合が今日グアテマラシティーであったようだ。結構話題になっていたようで、昨日はグアテマラが勝てるかどうか議論している人がわりといた。聞いていると、案外グアテマラが引き分けるか勝つと思っている人が多いようだった。夜になって試合がテレビ中継されている時間に、近くの店に夕飯のタマルを買いに行った。タマル以外にもアトルやドブラーダ、タコスなどの飲み物や軽食も売っているところなので、いつもこの時間は人でいっぱいなのだが、今日は一人も客がいなかった。店の人もテレビを一生懸命見ながら応対してくれる。やっぱりグアテマラではサッカー人気は高いんだと改めて思った。試合は結局2対0でグアテマラが負けたようだ。
夕飯の後昨日作っておいた餃子の具を包んだ。包み始めてすぐに蚊が多いことに気づいた。ぱっと見ただけで5匹くらい飛んでいる。手は動かしているので刺されないが、顔や足を狙ってくる。あまり手を休めるわけにも行かないので、追っ払うことままならない。さされ放題って感じだ。そのうち足や顔が猛烈に痒くなってきた。しばらく我慢していたが、足の指の間とか耳たぶとか微妙なところをいくつか刺されて、だんだんイライラしてきた。その時先日書いたCofal Fuerteを思い出した。これだと思って立ち上がり塗ろうとしたところでふと気がついた。 ?今自分は餃子包みをしてたんだ。こんな強力な匂いがするものを手で触って、その後餃子を包んだら明日餃子食べた人がスースーしちゃうかもしれない。" 危うく思いとどまったが、そうなると余計気になり、痒くて痒くてどうしようもない。しばらくがんばってみたがついに我慢しきれず、ペトラに頼んで塗ってもらった。
日中27度。それでも土曜日で市場に行ったので、むちゃくちゃ暑く感じた。夜25度。

餃子の具を作る

アンティグアの市の日は月、木、土だ。市場は常設なので、毎日買い物はできるのだが、やはり市の日は店も多く、普段以上に活気がある。特に野菜は建物の外に露天の売り場があり、そこは市の日だけ店ができる。今度の日曜定食は餃子に決めた。ワンタンの皮屋のおばちゃんに電話をして、餃子用の皮を作ってもらうように注文し、昨日具に必要な材料も買ってきた。
今日はこの材料を刻んで具を作った。これを冷蔵庫で一晩寝かせ、明日包む。以前はこの具を作る作業が結構大変だったのだが、去年フードプロセッサーを買ったので楽になった。一番大変なのは包む作業だ。とにかく一人7個で25人分として、最低175個、余裕を見て200個くらい包むことになる。明日は手伝ってくれる人もいるのでたいしたことないが、一人でやるとなるとちょっと億劫だ。
そんな訳で、こちらに1年くらいいる人で毎週食べに来てくれている人と話をしていたら、まだ1度しか餃子食べてないって言われてしまった。そうかそんなにも間が空いちゃったんだ。ちょっと反省して明日はせっせと包むことにする。
午後日本語によるスペイン語文法講座で前置詞の2回目をやった。9人ほど参加してくれた。説明わかってもらえたかな?前置詞の2回目はporとparaが中心で、他はそれ程難しいものはない。大まかな概念を理解してもらえるといいんだけど。
雨が降ったりやんだりの1日。やはり湿度が高いので日中温度が25度でも、銀行など行って帰ってくると汗が出る。夜は23度で風は涼しいのだが、ちょっとじっとりする感じがする。

蚊に刺されたら

最近蚊が多いようだ。やっぱり雨が降ってくると増える。アンティグアは標高が高いので、マラリアとかは聞いたことがないが、結構暑かったりするので、半袖やサンダルで肌を露出していることが多いので、さされやすい。スペイン語を勉強している生徒さんからも、蚊がいるので蚊取り線香を貸してくれないかと言われる事がある。
グアテマラにも蚊取り線香はある。Autan Espiralという。これは商品名だが、他のメーカーのは見たことがない。日本の蚊取り線香のように、蚊を殺しはしないと言われている。ただ、殺しはしないけど、蚊が来なくはなるらしい。匂いも似ているけどちょっと違う。ただ、グアテマラ人の先生たちの中にはこの匂いが苦手で、気分が悪くなると言う人が多いので、最近は使わないようにしている。
そんな訳で今年も蚊の季節になり、どうしたものかと思っていたのだが、偶然意外といいものを発見した。Cofal Fuerteという塗り薬である。この薬は、もともとは肩こりや筋肉痛などの薬で、実際日本で売ってる冷シップを強力にしたような匂いがする。今までは蚊に刺されても我慢するか、メンタムのようなものを塗っていたのだが、一月ほど前寝てるときに足を刺されて、痒くてたまらなくなった。ちょうど手元にメンタムもなく、起きて探すのも面倒だと思っていたら、ペトラが"これでも塗っとけば。"といって渡してくれたのがCofal Fuerteだった。確かに強力な匂いがするから少なくとも蚊はこなくなるだろうと思い、塗ってみた。これがわりと良くてその後刺されず、しかも塗ってしばらくしたら痒みも止まったような気がする。
肩こりの薬で痒みが止まるってのもにわかに信じられなかったのだが、その後何回も試してもやっぱり効く。そうしているうちに今日午前中の授業をとっている女の子が蚊が多いと言っていたので、Cofal Fuerteを塗ってもらった。彼女の先生は、これは違う用途の薬だと言って笑っていたが、塗った女の子は本当に効くと言って、後で薬屋で買ってくれた。やっぱり刺されなくなり、痒みも止まったそうだ。まだ彼女とペトラと自分の3例しかないので、例としては少ないが、60g入りで13.35ケツアルと高いものではないので、今後蚊に悩まされている生徒さんには勧めてみようと思っている。
昨日もまた夜中に雨が降った。今朝今週の日曜日の定食のためにねぎとひき肉をを買いに市場に行った。良い天気だったので傘も持たずに行ったら、うちの近くまで帰ってきたところで、大粒の雨が降ってきた。軒下を歩いて帰ったので、そんなに濡れなかったが、ちょっと驚いた。その後も降ったりやんだり。湿度が高かったので、日中25度でもかなり暑く感じた。夜は23度。
Cofal.jpg



ケツアルが見たい人は

Sr.Africaが帰ってきた。ATABALで今年の初めくらいから3ヶ月ほどスペイン語を勉強して、その後コバン、ペテンなどに出かけていた人だ。もともとアフリカに5年くらいいたので、ペトラが"Sr.Africa"と呼び始めた。(実は名前を覚えられなかっただけかもしれないけど)その後いつの間にか偉くなってKing Africaになっていたが、今日帰ってきた時にはペトラはまたSr.Africaって呼んでた。
彼の話によると、コバンでエコ・ケツアルって言うNGOの事務所があり、そのNGOが運営している集落にケツアルがたくさんいて、案内もしてもらえてたくさん見られるらしい。
ケツアルはグアテマラの国の鳥で、グアテマラの通貨もケツアルと言う。非常に気位が高いと言われていて、檻に入れて飼おうとすると、絶対えさを食べずに死んじゃうんだそうだ。真偽の程は知らないが手塚治虫の火の鳥のモデルだって聞いたことがある。
と言うわけでSr.Africaの話を要約すると、エコ・ケツアルの事務所で申し込むと、その集落の人が迎えに来てくれる。まずコバンから2時間半くらいトラックに乗り、更に1時間半くらい徒歩で山を歩いて、標高2400メートルくらいの山の中の集落に連れて行ってくれる。そこの集落の一般の家庭にホームステイし、日中はケツアルを見学したり、近くの川などに出かけたりして過すようになっている。ちゃんとそこの村の人がガイドとして案内をしたり、ケツアルを見つけたりしてくれる。ただ、電気はないらしく、夜はろうそくで家の人たちは大抵8時頃には寝てしまい、シャワーを浴びたいと言うと、バケツに水を用意してくれるので、それで水浴びをすることになる。ただ、寒いので冷たいバケツの水を浴びるのはちょっと勇気がいるだろう。料金は2泊3日で350ケツアル。この2泊3日が最低で、延長も可能。観察小屋を作ってずっと観察してる人もいる。
彼はビオトポ・デル・ケツアルの横のエル・ランチートっていう言う有名な宿でもケツアルを見たらしいけど、エコ・ケツアルの方が自然な感じでよかったそうだ。鳴き声もしょっちゅう聞くし結構たくさんいるんじゃないかと言っていた。ケツアルを見たい人はビオトポがだめだったら、そこに行ってみるのもいい方法かもしれない。
昨日一日雨が降らなかったと書いてアップしたら、いきなりすごい勢いで雨が降ってきた。雨は夜中降っていたみたいだ。今日は降らなかった。日中26度だったが、これまた温度以上に暑く感じた。夜は24度で結構涼しい。

月末

昼過ぎに銀行に行った。今日は月末なので、かなり混んでることを覚悟して行ったのだが、意外と空いていて助かった。グアテマラでは給料は毎月15日と月末に払うのが一般的だ。月1回でまとめて払うところもあるようだが、やっぱりグアテマラの人はお金をもらうと使ってしまう人が多いので、月1回だと使ってしまって、残り文無しで過ごさなければならない期間が長すぎるということなんだろう。
スペイン語学校のATABALは週単位の授業で、先生にも週単位で支払う。だが、薬屋兼雑貨屋のほうは店員さんが月給制なので、毎月15日と月末に払う。そんな訳で銀行に行き支払いその他を済ませてきた。
その帰り、生徒さんの一人に会った。週末に英語の勉強をちょっとしたいということだった。今は英語の先生はIrisって言うカナダ人の先生を主に紹介している。先月勉強をしていた人がやはり彼女と午前中勉強し、午後スペイン語を勉強していた。その彼が良い先生ですよと言ってくれたので、紹介しやすい。大体英語の先生は1時間40ケツアルくらいのようだ。
他にもフランス語の勉強をしている人もいた。フランス語はスペイン語と近いので、勉強しやすいのかもしれない。ATABALのそばにはAlianza Francesaというフランス協会?みたいなのがあり、フランス語を教えている。ただ、これはグアテマラ人向けのグループレッスンなので、こういうところで教えている先生に直接交渉して、個人教授を頼んで習っていたようだ。
アンティグアは外国人のたくさん住んでいるところなので、いろいろな外国語を習うのに便利なところなのかもしれない。日本語を教えている日本人もいるくらいだ。
どうも湿気の多い1日だった。雨は降らなかったがかなりじとじとした感じがして暑かった。日中27度。夜25度。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。