スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スカイプの普及度

今日も朝から良い天気。やっぱり天気が良いと気持ちが良い。ただ、昨日完成した噴水の上の屋根はこれだけ天気が良いとものすごく明るい。もちろんまだ新しいのできれいだ、と言うのがあるのだが、一瞬まだ屋根がついてないんじゃないかと思うほどだ。日中の日の強いときは下に座ってると、かなり暑い。それにちょっとまぶしい。直射日光の下にいるようなもんだ。横の事務所の中も反射光がかなり入ってくるので、明るくなった。それでもこんなのはそうは続かないだろう。この波板はわりとすぐに色が変色してくるし、汚れもつく。でもそのくらいでちょうど良いような気もする。
明日は祝日で学校は休み。久しぶりにちょっとゆっくりする。ただ、今日はその分ちょっと慌しい。木曜日で本当は市場に買い物に行きたかったのだが、その時間はなく、朝から銀行に行ったり、電話代の支払いも今日までなので電話局にも行ってきた。文法講座も今日に繰上げ。
夜になってオモアのジュンさんとチャットをしていて、スカイプの話になったのだが、アンティグアでもスカイプを使えるって言う宣伝をしているネット屋さんが増えた。それだけ需要があるんだろう。アタバルでネットを使っている生徒さんを見ても、自分のパソコンとかにスカイプを入れている人が結構いるようになった。スカイプを使ってオンライン授業をしているアタバルとするとスカイプが普及してくれるのはそれだけ敷居が低くなるんだから良いことなんじゃないかと思う。
今日も雨は降らず。日中は暑かった。温度28度、湿度39%。夜22度、67%。
スポンサーサイト

新しい屋根

ずっと長い間懸案だったアタバルの事務所横の噴水の上の屋根を作り変えた。上に張ってある半透明の波板がもともと古いものを使っていたので傷んで、雨が降るとポタポタ漏ってくる上に、見た目も汚くなっていた。最初は開け閉めできるようにしたいと思っていたんだが、いろいろ考えていたら、どうにも面倒そうだったので、固定式にして注文を出していた。
これを今日持って来て取り付けも終わった。新しいのできれいだし、光も良く通る。ものすごく明るくなった感じだ。穴も開いてないので、雨漏りも大丈夫そう。ただ、ちょっとひさしが注文より小さかったので、風を伴った雨の場合吹き込むんじゃないかと心配だ。どうもこちらの人に注文を出すとサイズが小さくなることが多いような気がする。ガス代を作ったときも注文した大きさより3・4センチ低くなった。だいぶ前に食堂の机を作った時も8人用と注文したのに、出来てきたのは6人座ったらギュウギュウといった大きさだった。まあ注文の仕方に工夫がないのが問題なのかもしれない。ただ、今回は文句を言ったら、雨が吹き込んだら、吹き込まないように改造すると言っていたので、だいぶ良心的。取り付けが済んだ後雨が降るかと思っていたら、パラパラっと降ったか降らないか程度の雨で終わってしまい、確認は出来なかった。
今日は朝から良い天気で雨もほとんど降らなかったのでしょうがない。今日降らなくとも明日以降いくらでも確認するチャンスはあるだろう。屋根もちょっと高くしたので風も抜けそうだし、良い感じだ。
日中の温度28度、湿度50%。夜20度、70%。

晴れた日に火山の木が見える

朝起きて、一番にカーテンを開けて、雨が降ってないか確かめた。テラスはかなり濡れていたので夜中にも結構降ったのかもしれないが、幸い今朝は太陽が出ていた。ホッと安心したが、今度は水が出ない。断水してるみたいだ。水があり過ぎて困ったと思った次の日には水がなくて困るってわけだ。どうなってるんだか。しかもかなり長い断水。昼過ぎまでチョロッと出たと思ったら、またでなくなる繰り返しだった。
雨の方は夕方チョコッと降って、「またか。」と思っていたら、後はやんで、一安心。ただ、これだけ良く降るとやっぱり空気中のごみなどが洗い流されるのか、晴れた日にはアンティグアの南にある富士山そっくりのボルカン・デ・アグアが実にきれいに見える。山腹に生えてる木の一本一本がくっきり見えるような感じだ。特に市場の裏の開けたところからから見るボルカン(スペイン語で火山のこと。)は裾野まできれいに見えて、実に良い眺めだと思う。
朝8時に先生たちが来るのを入り口のところに出て見ていたら、イングリットがきた。そしたら隣の家の前にあるマンホールのところでツルッと滑って尻餅をついた。昨日降った雨で滑りやすくなっていたようだ。その時に手とお尻を打ったらしく痛いって言う。この前もバスから降りたときに転んで足をくじいたばっかりだ。つい「合気道か柔道を習ったら良いんじゃないか。」って言ってしまった。「人が転んだのを見て助けにも来ないで馬鹿にする。」って怒られた。助けに行こうとしたらすぐに立ち上がったんで行かなかっただけなんだけど。(痛かったけど恥ずかしかったので急いで立ち上がったんだって。)
晴れたものの温度は余りあがらず日中の温度23度、湿度67%。夜19度、77%。

また大雨

ここのところ天気の話題(と言うか雨の話題)ばかり書いてるような気がするが、今日も朝からどんよりとしていて、嫌な天気だと思っていたら夕方から土砂降り。すごい勢いだった。しかも大抵だとドバーッと降るとすぐやむのに、今日は全然やまない。アタバルの前も道が見る見る川になってきた。普通アタバルの前の道は多少高くなっているので、あまり水が来ないのだが、ここがこうなっていると言うことは、メインの通りの4アベなどはものすごいことになっていることが想像される。窓から覗こうとしたんだがものすごい勢いの雨で、窓を開けただけでびしょぬれになりそうで、見ることも出来ない。
ちょうど4時に授業の終わった先生や生徒さんたちは帰るにも外に出ることも出来ず、立ち往生。しばらく待っていたが、あきらめてトゥクトゥクに電話していたが、道が川になっているのでどのトゥクトゥクも動けないらしい。
アンティグアのラジオ局のニュースを聞いていると、アンティグアとその周辺の町のあちこちで軽度の浸水が報告されている。先生たちは1時間以上待ったがやまないので、あきらめて雨の中帰って行った。傘なんてあまり役に立たなさそうだ。生徒さんたちは7時くらいまで待って小降りになった中を帰って行った。お手伝いさんのエテルはサン・アントニオ・アグアス・カリエンテスというバスで30分ほどの村から来ているんだが、今日は帰るのをあきらめて家に電話して泊まっていった。
夜になってもかなり降っていたが、0時を過ぎてやっと止んだようだ。
日中の温度22度、湿度72%。夜20度、80%。

コルプス・クリスティ

日曜日は大抵昼ごはんを外に行って食べるんだが、今日はその前にメルセー教会に行った。メルセー教会ではコルプス・クリスティをやっている。このコルプス・クリスティと言うのはどうもよくわからないお祭りだ。たぶんラテン語かなんかなんだと思うがキリストの体って言う意味らしい。コルプスはスペイン語のクエルポか。
グアテマラの人に聞いてもあんまりはっきりした答えが返ってこないので、ネットで調べてみると、キリスト教ではキリストの血としてワインを、肉体としてパンを、使うが、これは最後の晩餐でキリストがそういうことを言ったらしい。そのことをあらためて思い起こし確認するためのものっていった感じだと思う。それが何で今の時期にやるのかはなんだかわからない。しかも、今週はこの教会、来週はこの教会、と延々2ヶ月くらいあっちこっちでやる。アンティグアでは先週はエスクエラ・デ・キリスト、今週はメルセー、来週はサンフランシスコ教会らしい。
やっぱりプロセッシオンを出すんだが、これにはキリストとかマリア像は乗らず、代わりにオスティアという教会でキリストの肉体として出されるパンが飾られている。今日もメルセー教会では一応屋台なども出ていたが、かなり人出も少なく、ペトラに言わせると年々人が減っているとのこと。伝統行事もたくさんあり過ぎて、衰退するものもあるということなのかもしれない。
夜は白身魚のフライの日曜定食。雨の中17人来てくれた。今日は朝から曇りで、夕方から降ったりやんだり。日中の温度24度、湿度68%。夜20度、80%。

オタク

朝から雨が降っていた。なんだかバタバタしていたら市場に行くのが遅くなり、ほとんど11時近くに家を出た。銀行にも寄ったりしてたので、市場に着いたのはほとんど昼前。雨は11時ごろにはやんでいたんだが、市場について買い物をしていたらまた降ってきた。市場も中は屋根があるし、雨が降っても問題ないが、場外の野菜売り場などは売り手がそれぞれ簡単な屋根を作っているが、ビニールなどで出来ているので、雨が溜まって、雨漏りは当然、溜まって限界を超えた水がいきなりドーッと滝のように降ってくることがある。このため客はかなり少なかった。
帰りはいつも軽トラックで荷物を運び、僕は荷台に乗って帰って来るんだが、この荷台に屋根がないので雨が降ると自分も濡れるし、荷物が濡れてしまう。野菜とかは濡れてもそんなに問題ないが、トイレットペーパーとか濡れては困るものもあったので、雨がやむのを待って、帰ってきた。それでもアタバルに着く直前にまた降り始めた。
コマサ君からメールでヘンテコなホームページを教えてもらった。Soy un Otakuって書いてあるが、早速みてみた。これの前にやはり友達のブログでスペインのオタクについて書いてあったので、なんとなく納得するものがあった。スペインではアニメは昔から人気があるのは知ってたが、コスプレとかもあるらしい。いよいよオタクも世界語になりつつあるってことか。まあ適当な訳語もないんだろうな。やっぱりスペインは先進国だからって感心してたら、ヒロミさんが「グアテマラにもオタクっぽい人はいる。」って言われた。彼女は大使館で文化関係の仕事をしてるから、そういう人が来たりするみたい。グアテマラも意外とやるな。
日中の温度24度、湿度60%。夜19度、80%。

先生の日の焼肉

昼ごはんはアタバルの先生達、生徒さん、元生徒さんなどが約40人集まり、先生の日のパーティー。昨日買って来た豚肉や、ロンガニサを炭火で焼いて食べた。すごい人数。時々パーティーをするけど、これだけの人が集まるのは珍しい。
肉の付け合せはワカモル、ジャガイモ、トウモロコシ、トルティーヤと白米。すごい量だ。生徒さんたちも手伝ってくれて、料理をした。豚肉はちょっと筋があったけど、おいしかった。まあ大勢でワイワイ言いながら作って食べるのは楽しい。皆さんご苦労様でした。食べた後、生徒さんの一人が持ってきてくれた、先生たちへのプレゼントをあみだくじで選んで渡した。グアテマラではあみだくじってのはないので、皆珍しがっていた。あみだくじって日本でしかしないんだろうか?
2時からは通常通りの授業。4時半からはこれも金曜日恒例の文法講座で再帰動詞を説明した。ところがやっぱり炭で焼いて煙がモクモクしてたので、文法の説明をしながら、焼肉の匂いが気になって仕方がない。たくさん食べたのでお腹が減ってるとかじゃないんだけど、なんとも良い匂いがそこここから漂ってくると、気になるもんだ。もう一つ困るのはこの匂いに引き付けられたのか、ハエがいつも以上に飛んでくる。頭髪や服に匂いがしみこんでるせいか、頭にハエが止まったりしてしゃらくさい。明日は何か撒いて匂いを消すことを考えなきゃいけない。
今日は朝からちょっと曇り気味の一日。夕方雨が結構強く降って、こりゃ大変と思ってたら、わりとすぐにやんだ。日中の温度26度、湿度48%。夜20度、74%。


ブラジルに負けて

日本がブラジルにサッカーで負けたらしい。やっぱりグアテマラでもブラジルの試合は注目度が高いのか、今日町を歩いてて会ったグアテマラ人の知り合いなどに、「今日はブラジルと試合だな。」とか「勝てると思うか?」(そんなこと僕に言われても困るけど)とかいろいろ声をかけられる。今までも試合が終わってから翌日いろいろ感想を言われることはあったが、試合前にこんなにいろいろ言われたのは初めて。明日はもっといろいろ言われるんだろう。僕はそもそも試合を見てないんで、言われても何の事だか良くわからないことが多いんだけど。
今朝は市場に買い物に行った。今度の日曜日(25日)はグアテマラでは先生の日だ。それで明日皆で昼ごはんに肉を焼いて食べることになり、その肉を買いに行った。豚肉を焼くことになり、豚肉を10リブラ(5キロ弱)とロンガニサ(ソーセージ)を45本買ってきた。とんでもない量だ。野菜その他は言いだしっぺのブランカ、カルロタ、イングリットなどが買うことになってる。アンティグアでは月、木、土が市の日なので、市場はそれなりの人出。10時半に休み時間が終わってから行ったので、豚肉がなくなってるんじゃないかとちょっと心配だったが、十分にあった。
肉を夕方からたれに漬け込んで明日の準備は終わり。すごい量だ。何人来るんだかわからないがこれだけあれば結構食べられるだろう。米もたくことになってる。まあたまにはこうしてパーティーをするのもいいだろう。
日中の温度28度、湿度45%。かなり暑い。雨もぱらぱらと降った程度で、良い天気。夜22度、68%。

家庭教師

今グアテマラの中学生に算数?数学を教えている。ほぼ毎日1時間くらいのことなんだが、結構大変。これは別に商売としてやってるわけではなく、純粋にボランティア。グアテマラでは小学校から落第があり、結構大変。特に最近は落第をすると他の学校は受け入れてくれず、2年続けて落第するともう受け入れてくれる学校がない可能性があるらしい。これは結構大変な問題。今数学を教えてる子は去年落第をして、今年もかなり危なそう、と言うことで、ペトラに頼まれて教えている。ただ、今までどうやって落第しないできたのか?と思うくらい、基礎が出来てない。まず九九に問題がある。
ただ、これは今はじめて知ったことではなく、以前フェルナンドが中学の頃試験前に数人友達が集まって、皆にやっぱり数学を教えたことがある。この時もそもそも九九から問題あるのに、試験前のわずかな時間に教えろと言われても無理だって思ったことがある。
それと同時にいつも思うのはこちらの数学の教え方がやり方を暗記させるだけって点だ。この前も宿題を見ていたら、ルート2548の出し方とか、訳のわからないことをやってる。こんなのやった覚えがない。ネットで調べてやり方はわかったが、このやり方を証明するのはかなりややこしく、その説明は彼のノートのどこにも書いてない。先生も説明しなかったらしい。こんなのやってなんになるんだろう?多分教えてる先生も意味を理解しないで教えてる部分が多いんだと推測する。意味もわからず暗記してるだけだから、中学になって去年やったことでも当然忘れてて出来ないわけだから、それを利用して、さらに複雑なことを考えるなんて到底出来ない。かわいそうな子供たちだと思う。
それとやはりいつも思うのは、ノートの書き方がひどい子が多い。同じ問題でも予備の計算をあっちに書いたりこっちに書いたりして、本筋の計算とごっちゃになったり、隣の問題とごっちゃになったりしてるのは当たり前だ。これはなかなか簡単には直らない。
一体この子は今年落第せずに済むんだろうか?(まあ数学だけの問題じゃないみたいだけど。)
今日も良い天気。昼過ぎにちょっと雨が降り、夜にもちょっと降っただけ。この位だと良いお湿りって感じもする。日中の温度28度、湿度43%。夜20度、68%。

夜の縄張り

毎晩店を閉める時にジェシカの散歩に行くんだが、不思議なことがある。まず入り口を出て右手に歩いていくんだが、夜はそちらにあまり行きたがらない。右に行った後戻って今度は左手に歩いていくんだが、こちらはちゃんと角まで歩いていく。最初は単に面倒臭いだけかと思ってた。ところが昼間外に出るとそっちにも良く歩いていく。良くわからないのだが、どうもアタバルから出て左側は隣の家は人も住んでて犬もいるんだが、その先はほとんど人が住んでいない。それに対して右側は結構人が住んでて犬も飼っている。特に右側の角の家は大きな犬がいて、前を通ると吼えられる。それに右側にはなんとなく犬の気配があって吼える声が聞こえたりする。どうもこれに遠慮してるんじゃないかと思う。昼間はそちらに行っても他の人通りが結構あるせいか、別にそちらに行っても吼えられたりしないから気にならないんだろう。そんなことから犬には昼の縄張りと夜の縄張りで多少違いがあるんじゃないかと考える。まあジェシカは遠慮っぽいと言うか、怖がりと言うか特別なのかもしれないけど。
今日は初めてオンライン授業でホワイトボードを使ってみた。まあまあの出来だったようだ。先生もまだ初めてで使い慣れてなかったので、ちょっとぎこちないところがあったようなのと、Webカメラの画像がちょっときごちなくなったりする部分はあったようだが、多分黒板よりは見やすいのではないかと思う。先生達にもちょっと慣れてもらい使いこなせるようになれば、もっと良くなると思う。明日から授業の合間に練習してもらうつもり。
夕方に一瞬雨が降ったが、すぐにやんでしまった。日中の温度26度、湿度60%。夜21度、70%。


チャッカマン入手

朝から眠くて仕方がなかった。「いつものことじゃないか。」と言われそうだが、今日は本当に眠たかった。昨日遅く寝たわけじゃないし、今日特別に早く起きたわけでもない、一体なんだろう?昼寝もしたんだが、午後は余計眠たくなった。あまりに眠たくて、夕方には寝不足のときになる軽い頭痛までしてきた。コーヒーを飲んだら治ったけど。ちゃんと寝てるのに、眠たいなんて、睡眠時無呼吸症候群とか言うのじゃないだろうか?とすら思う。
昨日書いたチャッカマン。今朝アタバルの先生達に聞いてみたところ、アンティグアにあるスーパーのボデゴナで売っているとのこと。早速買いに行った。確かに売ってたけど、意外と高い。約18ケツアル(2ドル強)日本で買うよりだいぶ高い。ちょっと迷ったが、昨日火傷して今朝は白くなっている親指を見てやっぱり買った。持って帰って早速使ってみたが、やたら火の着きが悪い。7回に1回程度しか火がつかない。なんてこった。怒ってたら、ペトラがそれを見て、「こんなの市場で5ケツアルで売ってる。」って言う。なんてこった。最初にもっと身近なところで聞いとけばよかった。まあ着火しなくても着火させるために先端に火花が散るので、それでとりあえずレンジにも火が着くしマッチするより良いかって感じ。お手伝いさんのエテルには、「これはすごく高いんだから、壊したり失くしたりしないように。」と言い含めて渡す。そうしたら真に受けたのか結局彼女はマッチを使ってる。なんだかよくわからないけどまあ良いか。
今日は見事に全く雨の降らない1日。日中温度25度、湿度57%。夜21度、69%。

危ないマッチ

日曜定食は揚げ豆腐の野菜あんかけで22人来てくれた。やっぱり雨がほとんど降らなかったのが影響してるのかもしれない。豆腐を使うのは久しぶり。野菜あんはもうちょっととろみをつけても良かったかもしれない。まあうまく行った方だろう。今日のはベジタリアンメニューなので、ベジタリアンの人が来るとちょうど良かったんだが、こういう時に限って来ないもんだ。外国の人は何人か来てたけど。
食事を作ってて火傷してしまった。豆腐を揚げた訳だがそれで火傷した訳じゃない。グアテマラではガスレンジの自動着火というのは一般的ではなく、マッチを擦って火をつけるのが普通だ。ところがこのマッチが質が悪く、すぐ消えてしまう。まあそれくらいだったら何回かすればいいだけのことなので、たいしたことはないんだが、危ないのは質の悪いマッチだと擦ったときに火花が飛んで、他のマッチに引火することがある。今日はこれでやられた。こっちは火をつけることに集中してるので、引火したのに気がつかなかった。しばらくして、熱いと思ったら、マッチ全部が勢いよく燃えてる。慌てて放り出したが、その時には親指が白くなってた。
もちろんそんな頻繁に起こることではないが、これまでにも数回かこれで火傷してる。しばらくは気をつけてるんだが、やっぱり災難は忘れた頃にやってくるもんらしい。やっぱりチャッカマンみたいなのを買おうかと思う。でもグアテマラでそんなもの売ってるんだろうか?
午後6時前くらいからちょっと雨が降ったが、小雨ですぐやんでしまった。その後も降らず。日中の温度26度、湿度60%。夜20度、68%。12

滞在期限の延長の続き

日本に一時帰国していたジュンさんが先週こちらに戻ってきて、水曜日にはホンジュラスのオモアに戻るはずだった。朝早くまだ僕が寝ている間に出て行ったはずだったのだが、7時半に起きていったら、まだいた。まだいたと言うか、行ったら道が雨で崩れていて戻ってきたらしい。それでバス会社などに問い合わせて、確認を取ってからまた今朝再挑戦。今朝は起きたときにもういなかったので、大丈夫だったようだ。
夜になって連絡があった。無事着いたらしい。道路もかなりえぐれていたらしいが、とりあえず問題なく通れたとのこと。良かった。それと昨日書いたビザの件。プエルトバリオスというグアテマラの東側の港町近くの国境を通ったわけだが、こちらでは以前と同じようにスタンプを押し、ちゃんと90日の滞在をもらえたそうだ。
なんだかよくわからない。この国境はあまり一般的なルートではないので、まだ変更の通知が届いていないのかもしれない。以前もエルサルバドルに行った人がスタンプをもらえなかったようなことを行っていたことがあったので、ホンジュラスに抜ければ大丈夫と言うことなのかもしれない。まあよくわからないので、もうちょっと様子を見てみる必要がある。道の様子、国境の様子は詳しくはジュンさんのブログを見てください。
今日は雨があまり降らなかった。市場で買い物をしているとやはり昨日の雨で下がかなりぬかるんでいる。昼過ぎにまた雨が降りそうになり、急いで帰ってきたら、家に着いた途端に降り始めた。危ないところだった。でもすぐにやんで、そのまま夜も降らなかった。日中の温度26度、湿度58%。夜20度、73%。

滞在期限の延長に関して

朝から良い天気で、夜になっても月が出てる。今日こそ降らないかと思ってたら(ここのところ毎日そう思ってるが)、夜10時を過ぎて降ってきた。それもバケツをひっくり返したようなと言う感じだ。まただめだったか。日本から帰ってきてホンジュラスに戻る予定のジュンさんも途中の道が崩れて足止めを食らっている。本当に今年は雨が多い。と思っていたら、ニュースを聞くとなんとそれはグアテマラの半分ほどで、ペテン、サカパ、プログレッソその他、北部、東部は全く雨が降らず、今年は干害の心配をしているそうだ。なんてこった。こっちに降ってる雨を分けてあげたいくらいだ。
一昨日ニカラグアから帰ってきた木下センセイが、パスポートにスタンプが押してもらえなかったと言っていた。これまでグアテマラでは、まず入国時に90日の滞在期限をもらい、それが切れる前にイミグレーションで延長を申請すると、さらに90日がもらえる。90日+90日=半年後にバスで5時間くらいで行けるエルサルバドルなどに出国し、またグアテマラに戻ってくれば、また90日の滞在期間がもらえる。と言うことで、そうして長期滞在をする人が多かった。ところがこれからはエルサルバドルやホンジュラスなどの中米の国に出国してもスタンプがもらえないと言うことは、滞在期限の延長が出来ないということになる。まあメキシコやベリーズに出て戻ってくればまだ行けそうなので、深刻な問題ではないと思うが。ちょっと面倒になったと言うことか。
日中の温度は26度、湿度55%。良い天気の割には温度は上がらない。まあ午後の方が天気が良かったので、こんなもんなのかもしれない。夜は21度、74%。

高野豆腐

昨日書いた雑誌"ラシン"は送ってもらえるようだ。嬉しい。目立つところにおいて宣伝にしよう。本当にキョウコさんには何から何までお世話になっちゃった。ありがとうございます。それで、その記事の中の長期滞在者のインタビューにアンティグアに住んでる、アキコさんも写真入で載っている。皆さんぜひ読んでみてください。
ってなこともあり、今日ジュンさんがブログのデザインをちょっと変えて、"わたしのマトカ"と一緒に宣伝を入れてくれた。ホームページにも入れてくれた。
夕飯に高野豆腐とナスを煮てみた。高野豆腐は自家製。っていうかこの前冷蔵庫が壊れて冷えなくなって、修理に来てもらって直ったんだが、その後冷えすぎて冷蔵庫に入れてあった豆腐が凍っちゃった。それで中途半端に凍ってるよりはと思い、冷凍庫に入れてちゃんと凍らせてしまった。これを出してきて煮てみた。まあ実際の高野豆腐って言うのは冬に外に豆腐を出したまま忘れて出来たものらしいから、そんなに見当違いな作り方ではなかったみたい。それにしても豆腐を外に出し忘れるってどういう状況なんだろう?それにそのまま置いてて、凍ったり融けたりを繰り返して出来たものだとのことだ。そんなにずっと忘れてたんだろうか?大体そんなに長いことほっといて融けたり凍ったり繰り返したものを良く食べてみようと思ったもんだ。昔の人の知恵と言うか勇気と言うかに感心する。よっぽどひもじかったんだろうか?
今日は朝から雨。と思ったら午前中には晴れてきた。そのまま夜まで降らず、このままでいてくれと言う願いもむなしく、夜になってまた雨。本当に良く降る。しかも雷がかなり強烈。日中の温度26度、湿度52%。夜21度、76%。


「羅針・ラシン」をよろしく

昨日のトイレの不思議は今日先生たちが騒いでいた。実際外からあの内側のカンヌキをかけるのはほぼ不可能に近いので、今日はお化けのせいだって言うことになっていた。しょうがないので、あのトイレに入ったらお化けが出てきて、閉じ込められるんだとか、トイレに引きずり込まれるとか言うことにしておいた。皆奥の方のトイレに行くようになるんだろうか?
今日はイングリットの誕生日だったんだが、ケーキを買おうとしたら、生徒さんの中にケーキは嫌だって言う人がいたようで、ピザになった。最初またこの前のテレピザを注文しようとしたら、やっぱり10時から作り始めるので、11時半にならないとできないと言われた。ファーストフードの割にはかたくなだ。と言うかファーストフードだから融通が利かないだけか。代わりにピカデリーのピザになった。
日本で「羅針・ラシン」という雑誌がある。シニア向けの旅行、海外長期滞在情報の雑誌だが、6月10日最新号(「羅針・ラシン 夏号Vol.13」)が出た。これにアタバルが紹介されています。写真などもいっぱい載っててとても良い感じで紹介してもらっている。ぜひ興味のある方は読んで見てください。今でもシニア世代の生徒さんは2人。そのうち1人はもう3年続けていらして下さっているリピーターだ。こうしてアンティグアやアタバルを気に入ってもらえるととても嬉しい。この記事がきっかけとなり、オンライン授業を組み合わせて、シニア世代の生徒さんがもっと来てくれると良いんだが。キョウコさんありがとうございました。
日中は晴れたり曇ったりで、降りそうでほとんど降らなかった。夜になり今日はついに降らずじまいかと思ったところで、降ってきた。その後はずっと雨。日中の温度24度、湿度65%。20度、78%。

トイレの怪

なんとも不思議なことだった。アタバルには生徒さん用のトイレが2つある。そのうちの一つ階段の下のトイレが午後3時ごろからずっと使用中だった。最初は誰か入ってるんだろう位のことであまり気にしてなかった。ところが4時になり休み時間になっても、まだ入ってる。そのうち4時半になり、生徒さんや先生は皆ちゃんといるのにトイレだけは内から鍵がかかったままだ。ノックをしてみたが、返事はない。電気もついてない。
このトイレは中に入って内側からカンヌキというのか、ピン状のもので閉めるようになっているもので、外から閉めることは基本的にできない。だんだん大騒ぎになったので、もしかしたら、中にいるものの、騒ぎに驚いて外にでてこられなくなったんじゃないか、とも思い、しばらく静かにしてみた。でもやっぱり誰も出てこない。次は中で誰か倒れてるんじゃないか、と言う話になり、ドアを壊すことも検討し始めた。とにかくいるはずの先生と生徒さんが皆いるので、誰が中にいるかわからない。たまに午前中の生徒さんなどが、トイレを使いに来たりするので、そういう人くらいしか可能性がないと言う感じだった。
とにかくもう一つあるもののトイレが使えないってのは困るし、万一誰かが倒れてたりしたら大変と言うことで、ドアの隙間からドライバーを差込み少しずつピンを動かし、やっと開いた。中には幸い誰もいなかった。でも実に不思議だ。一体どうやってあの鍵が閉まったんだろう。何かの偶然に閉まるってこともほとんど考えられない。ほぼ2時間トイレ閉鎖状態だった。
日中は良い天気。夕方から雨。日中の温度28度、湿度42%。夜20度、74%。


サッカーと国民性

いよいよワールドカップで日本の試合があった。こちらでは朝8時からなので、ちょうど午前の授業と一緒に始まる。まあ観戦には悪い時間じゃない。今いる生徒さんはこれまでのようになんとしても見たいと言うほど熱心な人はいないようで、静かなもんだ。試合の結果はここで書くまでもないが、残念なことだ。
その後ネットで記事を読んだり、生徒さんなどと話しをしていたが、日本人はまじめで融通が利かないからチャンスとなると緊張したりして、点を入れ損ねたりするだそうだ。それに点を入れる人は俺が俺がと言う自己主張が強く、他なんかどうでもいいから点を取るって言う人でないといけないんだって言う説を聞いた。そういう国民性を変えていかなきゃならないって言う話もあるらしい。
でも、そうなんだろうか?そんな国民性を変えなきゃサッカーに勝てないんだろうか?それが本当だとしたら別に勝たなくてもいいんじゃないかって気もする。日本のまじめで和を尊ぶような国民性が続いてくれる方が、ワールドカップのサッカーで勝つよりよっぽど良いような気がする。もちろんそれだけが理由で負けたわけじゃないだろうけど。
今日の日中は暑かった。でも昼過ぎ、3時くらいまで良い天気だったので、良い感じだ。この方が普通の雨季って感じ。今までが降りすぎだ。洗濯物もこれだったら乾くし、気分的にもやっぱり太陽が出ると、明るい感じがする。この調子で例年通りの雨季になってくれると良いのだが。それでも3時頃から雨が降り、しばらくしてやんだと思ったら、また夜になって雨が降り出す。かなり降ってまた夜中降るのかと思っていたら、今はやんでる。日中の温度29度、湿度55%。夜21度、76%。

ウエボ・デ・トロ

昨日市場に行ったら、いつも行く(牛)肉屋で牛の睾丸を売っていた。睾丸はスペイン語ではテスティクロというが、俗にウエボ(卵)と言う。切り刻んであるものを見たことはあるが、まるままのものを見たのは初めてだ。卵と言う通り、鶏の卵を一回り大きくしたアヒルの卵くらいの大きさだ。白くて血管が走ってるのが見えて生々しい。ちょっと迷ったがあまりの生々しさと、先週狂牛病の話をしていたことも頭をよぎり、結局買わないで帰ってきてしまった。
グアテマラではこのウエボ・デ・トロ(トロは雄牛のこと)をセビッチェにして食べる。セビッチェは魚介類を使ったものが一般的で、生のものを酢でしめて食べる。ってことはこれも生のまま食べるってことか。さすがに生はちょっと抵抗がある。他にも焼いて食べたりするようだ。まあ食べるんだったら焼いて食べるか。でも肉屋のおじさんは「セビッチェにすると最高。」って言ってた。
今日は久しぶりに太陽を見た。朝から太陽が出ていて、早速懸案のきのこ干しをした。おかげでカラカラになってくれた。ただきのこを干してる人なんて少数派でアンティグアの人たちはみんな一生懸命洗濯物を干してたことだろう。本当に先週は「太陽どこ行ったの?」ってくらい、ご無沙汰だったので、みんな洗濯物が乾かなくて困ってたはずだ。それでも夕方6時過ぎから雨が降り出して、夜はずっと降っている。
日曜定食は魚の漬け焼きで12人。やっぱり雨が降るとちょっと人が少ない感じ。韓国の人も来て久しぶりに作ったキムチを食べて、「韓国のとはちょっと味が違うけど、おいしかった。」って誉めてくれた。ちょっと違うくらいだったら大成功。
日中の温度26度、湿度67%。夜21度、77%。

きゅうりのキムチ

やっとこの前書いたバックアップ電源を買った。ちょうどジュンさんも日本から帰って
きてて、1個買うというので、「2つ買うからまけてくれ。」って言ったら、350ケツアルのところを325ケツアルにしてくれた。「そんな細かいこと言わないで、300ケツアルちょうどにしてよ。」って言ったけど、さすがにそれはだめだった。まあ安いからいいか。
今日も朝雨が降っていて、日中はやんでいたが、また夕方から雨。瞬間的に停電することが多いので、バックアップ電源がないと、おちおちコンピュータで作業してられない。今日から充電して明日にでもつなぐ予定。まあこれでちょっと安心。1年間の保証付って言って、ちゃんと保証書のような紙もつけてくれたのにはびっくりした。ちょっと怪しげな店だと思ってたけど、一応こういう用紙も用意してあるんだ。
明日の日曜定食に久しぶりになんちゃってキムチを作ることにした。まあ直前なんできゅうりのキムチだが、今日漬け汁を作った。きゅうりは明日漬ける予定。最近韓国の人も来るので、本場の人にこんなの食べさせていいのか、って気もするが、まあ以前は韓国の人も喜んでたんだから良いだろう。辛くせずに赤くするのに、ニンジンやら赤いピーマンやら赤いものをいっぱい入れた。
韓国に行った事がないのでわからないが、どうも韓国ではキムチってのはお代わり自由なんじゃないかと思う。前にキムチを出した時も韓国の人が喜んでくれたのは良いけど、お代わりくれって言うのでちょっとビックリした。今日はあんまりたくさん作ってないので、お代わりされたら足りなくなっちゃうかもしれない。
日中は23度、71%。夜20度、80%。


水道管破裂

ワールドカップが開幕したみたいだ。いきなりコスタリカがドイツと試合をして負けたらしい。グアテマラの人だと、中米のよしみでコスタリカを応援するかといったら、必ずしもそうでもないようだ。コスタリカは確かに中米でもちょっと毛色が変わったところがある。基本的に白人っぽく、ちょっと気取った感じを受けるときがある。そんなこともあって、ちょっと反感を持ってる人もいるんだろう。「本当だったらグアテマラがあそこで試合してるはずなんだ。」って言ってた人もいた。何が本当なのか訳わからないが。テレビの各チャンネルも、結構ワールドカップに対応して番組の編成が変えたりしているようだ。いつも昼に見てる、"チェスピリート"という番組も30分遅れて始まったので、ちょっとびっくりした。さすが一大イベントって言うことか。
昨日も1日曇っていたが、今日も朝から曇って昼過ぎから雨。夕方には表でなんかみんなが騒いでいる。何事かと思って外を見たら、アタバルの前を大量の水が流れてる。びっくりして外にでて水の流れてくる方を見たら、1ブロックほど先のところで水が道路から噴出してる。角は水があふれて洪水のようだ。
どうも水道管が破裂したらしい。この水道管は時々破裂するんだが、今日のはかなり派手に水が出てる。これじゃ道を横切ることもできない。しばらくして修理の人たちが来て、管を掘り返して工事を始めた。それはいいんだがおかげで断水。まだ生徒さんがいる時間帯なので屋上のタンクを開けたが、やっぱり不便。困ったもんだ。
日中の温度23度、湿度72%。夜20度、80%。


ワールドカップ開幕

そうなんですよ。昨日のペドロ・レスポンデの話し、なんだか上手く説明できなかったけど、Kasuzakeさんがコメントで整理してくれた。結局そのソフト自体が噂好きのグアテマラの人達によって、オカルトっぽい話になって流れているようだ。
明日はワールドカップ開幕らしい。アタバルの近くの中学校の話だが、明日から教室にテレビを持ち込んで観戦するらしい。授業中にサッカーの観戦ってのもすごい話だと思うが、どうもこれまでワールドカップの時、人気のある国の試合の日は休む生徒がたくさんいて、授業にならないんだそうだ。だから2時間つぶしても、残りの時間授業ができた方がいいってことなんだそうだ。
まあそんなこと言いつつ、実は先生自体が見たくってしょうがないって事なんだろと思う。でもそれで通ってしまうところがなんとも言えないところだ。グアテマラの学校なんてただでさえ午前中だけで授業時間が短いのに、そんな2時間もつぶしちゃったらほとんど授業なんてできないんじゃないかと思うが、そこら辺がラテン気質ってことか。
なんといってもグアテマラはまだワールドカップに出た事ないし、今回も予選落ちしてるのにこれだけ盛り上がるんだから、グアテマラでのサッカー人気のすごさをあらためて感じた。前回は日本との時差が15時間だったので、早朝だったり、深夜だったり見るのが大変だった。その点今回は大抵午前のそんなに早くない時間帯なので、見やすいらしい。
今日は小雨がちらちらと降ったものの、本格的に降りはしなかった。ただずっと曇りで太陽は全くでなかった。買ったり、もらったりしたきのこを干してるのに、これじゃ乾かない。日中の温度23度、湿度70%。夜20度、77%。

ペドロ・レスポンデ

グアテマラ人は噂好きだ。前にもマクドナルドのドナルド人形が動くって話がアンティグアで有名になった話を書いたと思うが、今度はもうちょっと現代風にコンピュータのソフトの話だ。昨日生徒さんの一人が変なもんを見たって言って話してくれた。ホームステイ先の家族の人と一緒にネット屋に行ってそこでペドロ・レスポンデというソフトを教えてもらったらしい。
僕は見たことないので話に聞いたのを想像で書いてるんだが、どうもチャットのような物だと思う。ただ、相手が友達とかでなく、多分それがペドロなんだろう。それで不思議なのが、「私の今着てる服は何色?」とか質問を書くと、ちゃんとその時に着てる服の色を答えるらしい。彼女は「私はどこから来たか?」って聞いたらしい、そうしたらちゃんと「日本から。」って答えたらしい。
なんだかよくわからないので、グアテマラ人の友達に聞いてみたら、ちゃんと知ってた。さらに今日、彼女と一緒に行ったグアテマラ人の人にも会ったので聞いてみたら、彼女は将来についてとか質問をしたらしい。そうしたら、それなりのアドバイスが返ってくるんだって驚いていた。その場に、他の人もいてんだが、なんと彼も「それ知ってる。」という。結構話題になってるらしい。
それでネットで検索してみたら、ちゃんと引っかかる。ただ読んでみると、占いの人の返事の仕方には一定の法則というか答え方があって、それを応用してそれなりの答えを返すようにしてあるらしい。さらになんだかトリックがあるらしいんだが、そこまでは面倒で読まなかった。基本的には占いのようなもので万人に当てはまりそうな抽象的な答えを返して、納得させる技術をソフトにしたものってことだ。作者の意図としては占いなんてその程度のものってことを理解してもらう方にあったみたいだが、それが一人歩きしてみんな不思議で怪しいソフトがあるっていうので有名になってるらしい。
昼過ぎから雨が降り夜まで降り続く。日中の温度24度、湿度71%。夜20度、79%。

水浸し

翻訳ソフトに関してはいろいろコメントをもらった。確かに日本語とスペイン語、英語のようなのはまずうまく行かない。その点英語とスペイン語などは比較的使えることがある。ただ、それでも何回か使ってみて、元の文章を翻訳しやすい文章にしておくなどの工夫をするとより効率が良くなる。例えばスペイン語から英語の場合Ustedを使うと3人称になるのでTuを使った方が良いような気がする。当然主語を省略してしまうと、誤訳の可能性が増える。また、比較的単語単位で訳してるっぽいので、前置詞の使い方などは英語とスペイン語で違ってくるので、そういったものは翻訳した後でチェックをする。こういった点に注意すると結構使えるように思う。
今日はまた昼から雨が降った。しかも、何かの拍子にまた台所の下の排水溝が詰まったらしく、床下から水があふれてきた。びっくり。仕方ないので水をかい出して、ある程度減らしてから、塩酸だか硫酸のようなものを流し込む。これはこちらでは排水溝の詰まった時用に売っているものだ。これを水に流し込むと、ボッ、ボッ、ボッ、っと沸き立つような音がして恐ろしい。しかも跳ねたりして手にかかると熱い。すさまじいものだ。しかも台所の下の排水溝なので食べ物の油とかが溶けるのか、温泉の硫黄のようななんとも言えない臭いがしてくる。
これをやってもしばらく水が流れていく風がなかったので、ちょっと不安だった。いったんこれを入れたら同然もう手を突っ込んだりできない。でも、徐々に効いてきたみたいでだんだん水位が下がりホッとする。最終的にはかなり水位が下がった。これで今晩は安心して眠れる。
日中の温度25度、湿度65%。夜19度、77%。

質問

夜になりちょっと冷える。と言うかここ数日風邪気味なので、なんとなく寒く感じるだけかもしれない。なんといっても昼間からTシャツの上に長袖を着て、足元も靴下は履いてないがタオル地のスリッパを履いているので、みんなが不思議そうに見る。
確かに12月、1月の寒い時期の夜はともかく、Tシャツ、サンダルが決まりの格好なのでそれ以外の物を着ていると変に思われるのかもしれない。まあ1年中ほぼそれでいけるアンティグアの気候は、ずいぶん恵まれているのだろう。
夜になってアメリカの人から問い合わせが来た。スペイン語で書いてあるがとても注文がたくさん書いてある。特に先生への注文が多い。自分の欠点を見つけすぐに修正する方法を知っている人、だとか、長所もすぐに見つけ伸ばしてくれる人、だとか、異文化に興味を持っている人etc....
まあ、もっともなことが書いてあるんだが、ある意味普通に外国人相手の先生を長年続けている人で、全くこういう要素を持ってない人なんかいないんじゃないかと思う。こういうのが全くない人が外国人相手の先生を続けていくことは難しいだろう。後はそれがどの程度のレベルかと言う問題だろう。こういうのに返事を書くのは難しい。幸い以前南米でスペイン語を勉強したことがあるらしく、スペイン語での質問だったので良かった。これに英語で返事を書けって言われたらちょっとげんなりするところだった。以前は英語での質問には英語の得意な人を探して書いてもらっていたが、最近はネット上の翻訳ソフトなども優秀になってきたし(特に西⇔英は結構いける。)、辞書もいろいろできているので、そういったものを利用して、自分で書いて出せるようになった。便利になったものだ。日中の温度25度、湿度68%。夕方から結構激しい雨。夜20度、76%。

ベジタリアン

なんだか気がつかないうちに6月になってた。あっという間だ。今年ももうすぐ半分終わりと言うわけだ。時間がたつのは早い。アンティグアでノーテンキな生活をしてるから早いのかも知れない。
今日は日曜定食初めてのメニュー、豚しゃぶ。15人来てくれた。どうだったんだろう?どうも風邪気味で鼻の通りも悪く、なんとなく疲れる。そのためあんまり来た人と話をしなかったので、感想がわからない。ごまだれにしてみたんだが、これはネットで調べたレシピどおりに作ってみた。脂身の少ない部分を使ったので、ちょっとパサパサしてたかもしれない。
常連の外国人の人がいるんだが、彼が友達を連れてきてくれた。彼女はベジタリアンで、肉抜きにしてくれって言う。豚しゃぶの肉を抜いて一体何を食べるんだろう。肉の下に敷いた野菜の千切りだけか?あまりに申し訳ないので、ちょっとお金を返した。どうも外国の人は日本食と言うと野菜だけと思ってるみたいなところがある。日本でベジタリアンって案外少ないような気がするんだけど。
と思ってたら、彼女は付け合せの切干大根の炒め煮が気に入ったのか(それしかまともに食べるものがなかったからかもしれないけど)、後から来て「もう少しもらっていいか?」と言う、たくさんあるし問題ないので「いいよ。」といったら、ごっそり取っていった。その時は風邪気味でボーっとしてることもあり忘れてたが、あの千切り大根にはちょっと脂っけを出すためにラードをいれたんだけど、大丈夫なんだろうか?
今日は昼から曇りだして夕方からちょっと雨が降った。日中の温度25度、湿度67%。夜20度、75%。

初物

風邪気味で市場に買い物に行ってちょっとボーっとしてたんだが、帰ってきてシャワーを浴びて休憩し、明日の日曜定食の仕度を始めたらしゃっきりしてきた。明日は豚の冷やしシャブシャブという初めてのメニューなので、用意もちょっと余裕を持ってやっている。うまくシャブシャブできるか明日の朝食を兼ねて一度試してみようと思う。
付け合せは野菜の千切りと切干大根の炒め煮。切干大根は自家製だ。乾季に大根が安かったときに大量に買って干しておいたものだ。切干大根はかなり細く切ってあるイメージがあるが、あれは乾かしてあるからで、実際は結構太めに切っても行けることがわかった。ちょっと太目の方が歯ごたえもあり、良い感じだ。それにしても、かなり膨らむ。鍋からこぼれそうになった。
今日市場に行ったら、知り合いのおばちゃんが手招きして呼んでいる。何かと思ったら、ワチピリンというきのこを売っていた。今年の初物だ。このワチピリンは前にも書いたがグアテマラマツタケといった感じで、とっても香りがよく、歯ごたえもあり、グアテマラでも1・2を争うおいしいきのこだ。結構良い値段を言う。まだたくさん出てないから高いんだそうだ。値下げ交渉をしながらちょっと迷ったが、初物だからしょうがないかと思い、適当なところで手を打ち買ってきた。これまた季節の移り変わりを感じさせてくれる貴重な食べ物だ。
ちょうどサトウ君が寄ってくれたので、おすそ分け。やっぱり日本人は季節の食べ物を食べないといけない様な気がする。
日中の温度28度、湿度52%。夕方から雨が降ったりやんだり。夜21度、73%。

ビックマン

昨日季節の変わり目だと書いたが、雨季に入った今は夕方ゴロゴロと雷がなる。雷も単にゴロゴロ言ってる分には、まあ風雅な感じもしなくもないが、停電したりするのには、ちょっと閉口する。昨日も夜寝る前にブログを書いてて、書き終えたとたんにいきなり停電(といっても1瞬のことで、5分とたたないうちに電気がついた。)して、書いた文章が飛んでしまった。ただでさえ風邪気味で早く寝たかったので、昨日は更新せずに寝てしまった。
やっぱりもう一つバックアップ電源を買おうと決心した。今アンティグアのVicmanというコンピュータ屋で安売りしている。このVicmanというのは不思議な名前だ。一体どこからこういう紛らわしい名前をつけたんだろうか?まあそれはいいのだが、この店は意外に安いものを売ってたりするので、最近近くに行くと覗くようにしている。このバックアップ電源もつい最近ネット授業のPC用に買ったものは100ドルしたのだが、ここでは350ケツアルで売ってる。半額以下だ。もちろん容量その他が違うようなので、単純に比較できないが、今まで3つほど買ったバックアップ電源の中では飛びぬけて安い。
以前買ったものは1年ほどで使えなくなったものもあるので、安いから飛びつくのがいいのかどうか思案していたのだが、まあ中途半端な値段のものを買ってだめで悔しい思いをするより、安いこれだったら、だめでも後悔が少ないと思うことにした。
来週には買いに行く予定。それまで在庫が残ってるといいけど。
日中の温度28度、湿度52%。夜になって雨が降り、20度、70%。

季節の変わり目

季節の変わり目といっても、グアテマラでは雨季と乾季しかないので日本のような劇的な変化もないし、いつの間にかと言う感じがする年もある。5月はこの季節の変わり目なので毎年5月になり雨が降ると、そろそろ雨季の到来か、と思い、しばらく晴れてると、いやまだ雨季はちょっと先か、などと思う。そう思ってるうちにいつの間にか本格的な雨季に入ると言うのがパターンだ。
ところが今年はセマナ・サンタが終わって、ちょっと降ったり降らなかったりと思ったら、5月になって迷うほど晴れずに断固として雨季に入ってしまった。まあだからといって雨が1日中降ってると言うわけではないが、1日1回は降るか少なくとも降りそうな気配になる。晴れていると暑く、曇っていると寒い。何度も言うが寒いといっても20度程度の温度はある。ところが温度差を体が感じるのか寒く感じるんだ。
アタバルの飼い犬ジェシカもそろそろ年をとってきたのか、今年はいつもより寒がる。毎年寒い12月、1月には寝るときに布団に潜り込んで僕に引っ付いて寝るんだが、ここ数日立て続けに布団に潜り込んでくる。僕には湯たんぽ代わりで暖かくていいのだが、そう寒くもない今の時期にやられると暑苦しくって、布団をはいで寝てしまい、最近ちょっと風邪気味だ。
店を閉める前にアタバルの前をジェシカを連れてウロウロするのだが、雨が降り始めて道端にたくさん生えてきた雑草を、ジェシカが熱心に食べる。腹の具合が悪いのかと最初は心配したが、様子を見ているとそうでもないようだ。乾季になると乾燥して雑草もあまり生えてこないので、たくさんある今食いだめしてるような感じだ。
日中の温度26度、湿度65%。夜20度、湿度70%。

職業病

夕方からイングリットが元生徒さんからだいぶ前に送られてきたDVDを見た。もう3年位前の映像なので、ずいぶん懐かしい。カリーナやベロニカといった、今は結婚して子供が生まれ、働いてない先生たちも写っている。
僕が直接アタバルを見るようになって、15年ほどになるが、アタバルの先生たちも多少顔ぶれが変わった。ただ、アタバルは比較的先生たちが長いこといるようで、半分くらいの先生が10年程度働いている感じになるだろうか。
時々「どうやって先生をスカウトするんですか?」って聞かれる。以前はいろいろ試してみたが、最近はほとんど固定していることもあり、スカウトといったような事はほとんどしたことがない。ただ、これだけやっているとある程度、他の学校にいても顔見知りの先生というのができてくるし、その中で日本人に教えるのに向いてそうな先生たちはある程度把握している。
日本人に向いた先生って言うのは意外と難しいところがある。文法などの知識はちょっと質問したり持っているノートなどを見れば、ある程度わかる。それと同時に大切なポイントは日本人として、良い印象(とっつきやすさと言ったらいいのか)を受けるかどうかと言う点を見るようにしている。マンツーマンの授業なので、先生から受ける感じというのは大切だと思っている。良い男であるとか美人である必要はないが(美人であっても冷たい感じがしたらやっぱり良くないし)、どちらかと言えば遠慮がちな(特に初対面の人には人見知りしがちな)日本人には、ある程度とっつきやすい感じがしないと、しゃべりにくいだろう。最近はこういう癖がついて先生でない普通のグアテマラ人と知り合っても、ついそういう点をチェックしてたりする自分に気づき苦笑することがある。
朝のうちは良い天気だったが、昼ごろから曇りがちになり、夕方から雨。日中の温度25度、湿度65%。夜20度、75%。