スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



中央公園で

今日の市場もものすごい人だった。僕は先週のよりも今日の方が人が多かったように思ったが、ペトラは先週の方が多かったと言う。いずれにしろすごい人出で歩くのが大変なくらい。明日も日曜定食はお休みなので、家のものだけを買う。それでも結構な量になるんだから不思議だ。
前にこの時期にはプラスチックのたらいとざるをもらうことが多いと書いたが、なんだか今年はたらいは2つもらったものの、ざるが一つももらってなくて不思議に思ってたんだが、今日になって1個もらった。どちらかと言うとざるの方が使うことが多いのでありがたい。
夜は外食をすることにしてペトラと2人で外にでた。アンティグアの中央公園はここ数年クリスマスには大きな木に電球が無数に巻きつけてあり、なかなかきれいにイルミネーションされている。アンティグアにクリスマスの時期に滞在する人は一度夜に中央公園に行ってみると良いと思う。
この中央公園も僕が始めてきた頃に比べるとかなり整備されている。ただ、ベンチだけは以前の方が良かったと思う。今は木のベンチなんだが、これが壊れてたりする。以前はコンクリートで作ったベンチだった。やはりコンクリートの方がしっかりしているし、座りやすい(座った時にヒンヤリするけど。)。ペトラと2人で公園のベンチに座り、ベンチが変わったのはいつの頃だったかなどとちょっと昔話などをする。昨日の夜の天気予報で今日から暖かくなると言った通り、公園に座っててもそんなに寒くない。
日中の温度28度、湿度55%。夜18度、70%。
スポンサーサイト

ちょっと早めにご挨拶

今日で今年のアタバルの授業は全て終わり。今年も無事に終わりあとは新年を迎えるのみ。去年は新年になって結構生徒さんが減ったので、今年もちょっと心配していたが、そういうことはなく一安心。毎年生徒さんの増減の傾向はかなり変わる。特にここ2・3年傾向がわからなくなっているような気がする。
また来年はオンライン授業も更に充実させて先生たちにも安心して働いてもらえるようにしていきたいと思っている。
とにかくおかげさまで今年も何とか無事1年の授業を終わることが出来ました。ありがとうございます。このブログも多少遅れたりはしたものの何とか毎日書き続けることが出来ました。これも毎日の皆さんのアクセスとコメントのおかげです。アクセスは時々チェックしては徐々に増えてきているのを確認して一人で喜んでいます。コメントは励ましていただいたり、勘違いを訂正していただいたり、わからないことや知らなかったことを教えていただいたりして、本当にありがたいことです。他にもメールでこのブログの内容にふれていただいたり、ネタを提供していただいたり、こちらにいらした方がこのブログを読んでくれていたり、ブログを始める前には考えていなかったような反応をいただき、そのおかげで続けることが出来ました。また来年も続けていくつもりですのでぜひお時間のあるときにご覧になってください。
もちろん明日も明後日もブログを書きますが、ちょっと早めにご挨拶させていただきます。
楽しいお正月をお迎えください。そして来年が皆さんにとって更に楽しい良い年になりますように。また、ぜひお時間を作ってアンティグアにいらしてください。
日中の温度26度、湿度54%。夜17度、70%。


通貨不足

23日の土曜日に銀行に並んでずいぶん待たされた話を書いたと思うが、どうも未だグアテマラでは通貨不足の状態が続いているようだ。23日に並んだ時も、1000ケツアル(約130ドル)以上は払えないと並んでる人たちに呼びかけていたが、今も銀行によっては1000ケツアルとか2000ケツアルといったように、引き出したり換金したりする上限の額が決まっているようだ。
クリスマスになると毎年アメリカに出稼ぎに行ってる人たちが一斉に家族に送金する。これでクリスマスを過ごす人も多いわけで、これが一定額しか出せないとなると深刻な人も多いだろう。今テレビではチェックやドルなど他の支払方法がある人はケツアル現金をなるべく銀行で下ろさないようにしてくれっていう公報のようなのをやっている。
何でもお札のデザインをちょっと変更しようとしたら、それに使う紙の供給が間に合わなくなったという噂もあるが、そんな間抜けなことがあるんだろうか?それに今は紙幣だけでなく1ケツアルや50センタボ硬貨も不足していて、ボデゴナやデスペンサなどのアンティグアでは大手のスーパーもつり銭が不足しているようだ。
今日デスペンサで買い物をして「小銭持ってないか?」と聞かれて「ない。」と答えたら、なんと硬貨に切り替わりなくなったはずの50センタボ紙幣でお釣りをくれた。ビックリしてレジの中をのぞいたら、50センタボ紙幣の束があった。もしかしたら硬貨が足りなくなったので回収して残ってた50センタボ紙幣を再び流通させたのかもしれない。
日中の温度25度、湿度50%。夜17度、70%。良い天気。

寒い朝

昨日の晩から急に冷え込んだ。15度なんてこの冬はじめて見た。何でも僕が日本に行っている間寒波が来てずい分寒かったそうだが、幸い帰って来た時にはもう寒波は通り過ぎていたようで、全然暖かかった。
ただ、その寒波がグアテマラを通り過ぎてロスアンゼルスの方に行ってのか、ロスアンゼルスで乗り換えるときにえらい寒い思いをした。何せ温度計がなかったので何度だかわからないが日中でも20度を切ってたのは間違いないと思う。
先生達も寒い寒いと言って、いつも置いてあるコーヒーを飲んで温まってたみたいだ。コーヒーを魔法瓶に入れておいてあるんだが、これがちょっと小さいので大きめのを買いたいと思ってる。ただ、アンティグアでは探したんだが日本の魔法瓶のように押したら出てくる方式のポットはあまり大きいのがない。なんでだろうか?こちらの人はわりと扱いが荒いので壊しちゃうんだろうか?
昨日到着したオーストラリアの生徒さんが今日から授業。何でも3年日本に住んでたことがあって日本語が結構しゃべれる。スキーが好きらしくて札幌に結構長かったみたい。何でもオーストラリアではニセコとかが有名で、オーストラリアの人がいっぱい来てるらしい。なんだか意外な感じ。
今日も夕方から大分冷えてきた。まあ12月としてはこの方が普通なんだろうけどこれまで暖かかったので、なんだかこたえる。
日中の温度24度、湿度44%。夜15度、67%。

1週間の始まり

24,25日と久しぶりに店番をして疲れたので、今朝朝6時過ぎに起きられるかどうかちょっと心配だったんだが、ペトラが起こしてくれて、無事授業も出来た。その後問題なく授業も始まった。ただ、どうも今日が月曜日のような気がしてしょうがない。まあ週の始まりだから月曜日のようなもんだが、昼から市場に行って月曜日で市の日のはずなのに人が少ないと思って良く考えたら火曜日だった。それにしても今日は市場は店もかなり閉まってて、閑散としていた。
年末年始の休みを利用したりして、元の生徒さんが遊びに来てくれている。日本やメキシコから来てくれている。こうしてアンティグアが好きになって戻ってきてくれると言うのは本当に嬉しい。
僕自身は寝不足気味で今日はなんだかボーっとして過ごした。クリスマスで店番している間に暇と言えば暇だけど、店から離れるわけにも行かないのでFinetuneっていうネットのサイトで遊んでた。自分で好きな曲を集めてリストを作るとそれを全部ただで聞けるというもので、マニアックな曲は知らないが普通に有名な曲だったら大抵揃ってる。ただ、一人の歌手の曲を3曲以上選れべない上、全部で45曲以上選ばなければならないので、結構大変。題名を覚えてなかったり覚えてても英語のサイトなので英語の題名がわからないといけないので時間がかかる。いろいろやってやっと50曲くらい集めてリストが出来た。まあ50曲なんて単純に1曲3分としても2時間半かかるわけだから聞くのも大変。
天気は良いものの風が強い一日だった。日中の温度25度、湿度50%。夜15度、59%。

ポンチェがいっぱい

昨日午前2時まで店番をしていたので、今日は朝8時まで寝て遅めに店を開けた。それでもみんな昨日の晩遅くまでおきていたはずで、道には人気がない。午前中はそんな調子で店番も忙しくなく、たまに来るお客さんも買うものは胃薬、整腸剤などが多い。大抵お祭りの後はこういうものが売れる。たまのご馳走で飲み食いしすぎるんだろう。
しかし、昨日胃薬を買いに来たお客さんは「明日のためだ。」って言ってた。明日のことを考えてるのかとちょっと感心したが、ペトラなどは「そんなことわかってるんだったら飲み食いを控えれば良いのに。」って呆れてた。
昼からは順調にお客さんも来てそこそこ売れた。クリスマスの挨拶に来る人もいてなかなか賑やか。ポンチェという熱いフルーツポンチのようなものがクリスマスと正月の伝統的な飲み物で、これはどこのうちでも作る。我が家でも鍋いっぱいに作ってあるんだが、今年はなんだかこのポンチェを持ってきてくれる人が多い。いっぱいあるんで一生懸命飲んでるんだがこれだけもらうと、減るどころか増えてるんじゃないかと心配なくらいだ。
去年も書いたが、僕はこのポンチェの冷めたものにガス入りのミネラルウオーターを入れて飲むのが好きなので、これを作って夜はこればっかり飲んでいた。我が家でもペトラが作ったご馳走が続いているし、ポンチェはいっぱい飲んだし、胃もたれするまではいかなかったが、あまり人のことを笑って入れない状態だ。夕飯はそんな訳で軽く済ました。
明日は朝7時からネットの授業があるので、今晩は通常通り夜11時に閉めてさっさと寝た。一日中良い天気。日中の温度27度、湿度54%。夜20度、67%。

静かなイブ

いよいよクリスマスイブ。昨日は市場もものすごい人出だったが、今日も朝から昨日忘れたものを取りに行った。今日は昨日ほどではないが、かなりの人がクリスマスの前最後の買い物をしに来ていた。
昼にはアタバルに戻り、店の中をチェック。店員は今日の午後から明日1日休みなので、僕が店番。細かいものの位置を確認したり、料金を確認したり、引継ぎをする。今年は結構ちゃんとやっている。
夕方からペトラが夕飯の用意を始める。今日は夕飯は9時頃になるのだが、その前に朝昼兼用の食事を10時半頃にしただけなのでお腹が減ってしょうがない。店番が暇になった時に仕度しているところを覗きに行って、ちょっとつまみ食い。ペトラが気がついて追い払われたがちょっと落ち着いた。夕飯は9時頃。豚の骨付きのあばらのところにこの前中華食材店で買ったチャーシュー用のたれをかけて焼いたものでおいしかった。
その後店番をしていたらあっという間に12時になった。今年はロケット花火の音はこの辺では全く聞こえない。やっぱりあのヒューヒューというちょっと物悲しい音がしないとなんとなくクリスマスらしくない。これは僕だけの感想ではないようで、わりとみんな同じことを言ってる。それと今年不思議だったのがサンタクロースが一人も通らないこと。いつもの年だと頼まれたプレゼントを持って届けに行くサンタクロース屋(と言うのか?)がいくつも走り回ってるのに。どうも静かなクリスマスだ。
一日中良い天気。日中の温度26度、湿度54%。夜18度、65%。

冬に花火

土曜日の市場はいつも以上にすごい人。あっちこっちで押されたり、つっかえていて通れなかったりして歩くのもなかなか大変。それでも明日の日曜日は日曜定食が休みなので買い物はそれほどたくさんしなくてすむ。
市場に行く前にどうしても支払いをしなきゃならないものがあり、銀行に行ったんだがどこもものすごい人。外まで行列してないところがないほど。仕方なく並んだんだが支払いを済ませるまでに40分以上かかった。特に外に並んでる時は直射日光が当たって日陰に入ることも出来ず立ってるだけで汗をかいた。いつも思うんだが番号札(整理券?)を出してくれないもんだろうか。
昨日書いた爆竹とロケット花火のことだが、実はロケット花火の音をこの前聞いた。ポサーダに呼ばれていった日なんだが、去年の残りだとか言ってた。でもさすがに売ってはいない。噂では売るのはもちろん買ってそれを使用した人も罰金だそうだ。その日も数発音は聞いたものの、その後はピタッと音がしなくなった。今日も市場でこれは禁止されていない爆竹を仕入れようと思って探したんだが、多くの店では売ってない。やっぱりトラブルを避けるために仕入れをしてないらしい。
それでも市場の裏のほうに花火専門の売り場を設けてある。毎年市場の入り口からずっと花火を売る店が並ぶんだが、今年は何かあっても良いように人の少ない裏のほうに移したようだ。閑散としている。しかし日本では花火と言うと夏のものと思っていたが、グアテマラでは冬のものってわけだ。
日中の温度27度、湿度52%。夜18度、68%。一日中良い天気。

クリスマスの風景の変化

クリスマス前の最後の授業。無事に終わり、先生達もお互いに「フェリス・ナビダ(楽しいクリスマスをという意味)」と言いながらお互いを抱きしめて挨拶をして帰っていく。これがこちらの習慣だ。
銀行に休みの間の小銭を作っておくために午前中に行ったらものすごく混んでたので、午後にもう一度行く。ここでも挨拶は「フェリス・ナビダ」。さすがに抱きしめたりはしないが皆挨拶をしていく。クリスマスの恒例の風景。
ところが今年は例年のクリスマスとは激しく違うものがある。カンチンフリンとかシルバドーレスと呼ばれる、ロケット花火だ。グアテマラだけではないと思うが、このロケット花火と爆竹は年末年始の風景の一部だ。特にクリスマスイブの夜12時頃にはアンティグアの中央公園やあちこちの道端では、このロケット花火で子供たちが戦争をやっていてこの煙でちょっと先も見えないほどだ。ところが今年はこのロケット花火が禁止になった。この決まりは僕が日本に行っている間に決まったもののようで、詳しい経緯は知らないのだが、何でも11月にこのロケット花火が飛び込んできてグアテマラシティーのターミナルの市場でかなり規模の大きな火災があったらしい。その前後にもあちこちでそれほど大規模でないものの同じような火災や子供が火傷する事故があったようだ。まあ例年の同じようなことがあるんだが、今年はこのターミナルの火災を期に禁止令が出たとのことだ。しかもこの後でも売ってるところを警察が手入れして没収したり、罰金を取ったり、ちゃんと取締りをしている模様で、今この時期ヒューヒュー言うロケット花火の音はほとんど聞かれない。去年までは「うるさいな。」と思っていたが、なくなったらなくなったで、なんだかクリスマスらしくないと思うんだから勝手なもんだ。
今日も一日良い天気。日中の温度27度、湿度51%。夜18度、66%。

落ち着かない1日

朝インターネットの授業をやっている時に突然切れてしまった。ここのところどうも調子が悪い時があったんだがすぐ接続したんであまり気にしてなかったが、今日はちょっと切れると言う程度ではなく、ずっと接続できない。
困ってインターネットのプロバイダーに電話したところ、いろいろ電話であれをやれこれをやれと指示されて、結局こちらの使っているハブに問題があると言われた。確かにハブを介さず直接自分のPCにつないだら、ネットが使える。ただ、これだとネット授業用のコンピュータまで届かない。
それから今度はビクトル・ウーゴという僕のPCをいつも買ったり修理したりしてくれる人に電話し事情を話した。結局ハブだけを介するよりサーバーを使わないと根本的な解決にならないと言われた。それからが大変。彼は「午後の授業に間に合うようにがんばる。」と言うので、こちらもそれを頼りに、待っていたのだが、昼を過ぎても来ない。それから電話して「もうちょっと。」「もうちょっと。」と言うことで、結局午後の時間になってしまった。こればかりはどうしようもないので午後のオンライン授業の生徒さんにそれから1台だけつながっている自分のPCから連絡をして、謝り日を変えてもらう。その後もビクトル・ウーゴに電話し続けて結局修理に来てくれたのが夜9時前。思ったより機材を手に入れるのに手間取ったらしい。こちらでのセッティングはあっという間に終わり、動作を確認し全てが終わったのが夜10時半。まあビクトル・ウーゴはなかなか時間通りに来ないがこちらが本当に困ってると夜遅くなってでも来てくれるのが救いだ。しかし落ち着かない一日でタバコが増えた。
一日良い天気。日中の温度27度、湿度54%。夜19度、66%。

ポサーダに行きたくさん食べる

この前もポサーダの話を書いたが、今日は夜に近所の人のポサーダに呼ばれて行ってきた。去年も呼ばれて行ったので、2年連続と言うことになる。近くと言っても十字架の丘の麓のカンデラリアと言う住宅街のポサーダだ。どこの住宅街もポサーダを出しているようで、今日はあちこちでポサーダの亀の甲羅を叩く音が聞こえてた。
今日呼ばれたポサーダも比較的大勢の人が参加してた。それでも去年に比べるとかなり少ない。今年はポサーダについて歩くのは省略して、ポンチェという暖かいフルーツポンチのような飲み物と、ブニュエロという、ホットケーキの生地を丸くして揚げたものに甘いシロップをかけたものとチュチートというトウモロコシの粉を固めて中にトマトベースのソースと肉片の入ったものと更にトスターダというトルティーヤを揚げたものにフリホーレスをぬって粉チーズをかけたものをご馳走になって帰ってきた。こう書いてみると、ポサーダに参加もしないでずい分いろいろなものをご馳走になったもんだ。行く前に軽く夕飯も食べたので、もうお腹いっぱい。
今年は参加者が少ないとはいえ、ポンチェなんて大きな鍋に次々と運んでいたし、トスターダとかもかなりたくさんあったので、ポサーダを受け入れる家もかなりの出費と労力が必要だろう。セマナ・サンタのときの絨毯作りもやはり全部自前でやるわけだが、やっぱり信仰篤い人がそれだけいるってことなんだろう。
今日は雨が降らず、良い天気だった。その割にはちょっと肌寒いような気がした。日中の温度24度、湿度54%。夜20度、69%。

クリスマスパーティー

アタバルのクリスマスパーティーですき焼きを作った。とはいえ用意はアキちゃんが手伝ってくれたし、実際に作るのはキョウタさんとアキコさんがやってくれた。中華コンロを用意してそれに我が家でもっともでかい浅めの鍋を使って作ったが、ものすごい量だった。肉だけで5キロ以上あったはずだ。これに白菜、春菊、ネギ、クレソン、豆腐、平茸のようなキノコ、こんにゃく、マロニーと入れた。
最初割り下を作っておいて入れたんだが、1回目でほとんど汁がなくなったので2回目は水を足した。これがちょっと誤算で、1回目から2回目までの間ちょっと時間がかかってしまったが、ご飯も炊いておいたので、そこそこ満足するくらいは食べられたんじゃないかと思う。余ったのはご飯だけ。6時に始めて、1回目を食べたのが6時半。2回目を食べたのが7時半。これが食べ終わったのが8時を回った頃か。
その後プレゼント交換をして、なかなか楽しかった。これで冬のボーナスを先生達に渡し、終わったのが9時半くらい。鍋は時間の予想がつかないのでちょっと心配だったが、まあ悪くはない時間だと思う。
酒はいろいろ迷ったものの、ワインを持ってきてくれた人もいるので、こちらで買ったラム酒の1リットルの瓶は結局ちょっと残ってた。ジュースも差し入れ分で全部足りてしまった。とにかくみんなのお陰で無事楽しい会が持ててとてもよかった。ありがとうございます。
夕方からまた小雨が降っていたが、夜にも降っている。なんだかどこが乾季かという感じ。まあ昼間にほとんど降らないのが救いか。日中の温度23度、湿度64%。夜19度、72%。

パーティーの準備

明日はクリスマスパーティー。今年は前にも書いたがすき焼きにすることにして、例年より早く6時から始めることにした。今日は朝から市場に行き、土曜日に買った肉を凍らせたものを、薄く切ってもらってきた。ただ、量が多いので朝から行ってすぐにはやってもらえないのでいったん預けておいて、午後からまた取りに行く。その時に他の野菜や皿なども買ってきた。飲み物はジュースとラム酒。ラム酒は750ミリリットルのものを2本買うか、1リットルのものを1本買うかで迷ったが、次の日も授業もあるし、そんなガバガバ飲むこともないと思って1リットルのもの1本だけ買ってきた。基本的には今年は飲むより食べるパーティーの予定。
これも毎年慣例のプレゼント交換もやる。先生たちはあらかじめくじを引いて交換する相手を決めてからプレゼントを買いたいらしいが、そうすると突然来れなくなった人や突然来た人がいると、ややこしいことになるので、今年も誰でも良いものを買ってきて、直前にくじを引いて、交換の相手を決める。買い物のついでにプレゼントも買ってきた。なんだか去年見て「こんなものも良いな。」と思ってたものを見に行ったのだが、今年は思ったより高くなってる。物価の上昇と関係あるんだろうか?いつもそうだが、プレゼントを買ってから包んでもらってる間に、他のものを見てると、「これでも良かった。」という物が見つかる。またこれは来年にするか。
昼から曇ってきて、小雨が降ったりやんだりしている。本当に今年はヘンテコな天気だ。日中の温度23度、湿度61%。夜19度、74%。

今年最後の日曜定食

今日は今年最後の日曜定食。ホイコーロで30人来てくれた。すごい。来週、再来週を休みにするのが残念なほど。ただ、来週と再来週はクリスマスイブと大晦日で店番もしなきゃならないしさすがに食事は作れない。
しかし、30人分はさすがに用意してなかったので、作りながら野菜を切ったりご飯を炊いたり手伝いの木下センセイも大忙し。ホイコーロのように用意してすぐできる物にしておいて良かった。ただ、作りながらと言ってもご飯だけはそんなにすぐ出来ないので、炊き上がって蒸らしが終わるまで申し訳ないけれどもお客さんにはちょっと待ってもらった。その間に足りなくなりそうだったたれを作り足したり、スープも心細かったのでちょっと作り足したりして、何とか一人も断らずに出すことが出来た。
お客さん用30人前と自分たちの分4人前を作り終わったら、8時半を過ぎていた。作り足したものもたれがちょっと残った以外全て使い切り、実にさっぱり。これだけきれいになると後しばらくお休みなだけにありがたい。
今日のためにカブの漬物を作っておいたんだが、これは最初ネットで見たカブの甘辛漬けというレシピを元に作ろうとしたんだが、あんまり甘くしたくなかったのと、レシピを見て作ろうとしていたら、オモアのジュンさんにもらったホンジュラスのチリソース(酢、唐辛子、塩とその他のスパイスが入ってるらしい。)が目に入ったので、こりゃ砂糖以外のほとんどの材料が入ってると思い、それを使って作ってみた。このチリソースはグアテマラのものよりシャブシャブしているのでこういう時使いやすい。
今日も一日良い天気。日中の温度25度、湿度59%。夜19度、68%。

年の瀬の市場

土曜日は市場の日なので朝から買い物。15日過ぎで給料も出てるはずなのに、意外と人が少ない。それにしては野菜が高くなっている。タマネギは先月から高くなっていて、1リブラ(500g弱)で5ケツアル(約0.7ドル)と高いままとまってるし、今日はトマトが先週の2倍くらいになっていた。グアテマラの食べ物はトマトとタマネギとジャガイモを使うものが多いのでみんな困ってるんじゃないだろうか。ジャガイモだけはほぼ通常通りの値段。ただ、ネギの葉の青いところをたくさん貰ってきた。グアテマラの人はこのネギの葉の青いところを食べない人が多いらしい。青い部分は切って白いところだけ持って行く人がいるようで、仲良くしているタマネギ屋のおじさんに頼んでいつもとっておいてもらっている。これは今のようなネギの高い時は実にありがたい。
牛肉屋に行ったら来年のカレンダーをもらった。年末にお得意さんに自分の店の名前の入ったカレンダーを配る。アタバルの入り口のところでやっている店でも既に配るためのカレンダーを注文した。でもこれは今年もらった第1号。市場の店はカレンダーをくれるところとプラスチックのざるやたらいをくれるところがある。カレンダーは宣伝もかねて配るわけで日本でもあるが、ざるやたらいはなんだかちょっと不思議。年末に市場に行くと結構たまる。一度行水できそうなくらい大きなたらいをもらったことがあり、混んでる市場の中を持って歩くのが大変だった。
今日は雨が降らず比較的良い天気だった。ただ、その割にはあまり暖かくならず市場の中を歩き回ってもほとんど汗をかかない。日中の温度24度、湿度65%。夜18度、76%。


雨の金曜日

朝起きたら雨が降ってた。今年は乾季に入ったはずの今頃でも時々雨が降る。その後やんで暖かくなってきたと思ったら、また昼から雨。夜にはかなり降った。昼から用事をしに外出した時に曇っていたので、傘を持っていったら、案の定小雨が降りだした。それで傘をさして歩いていたんだがそこら辺を歩いている人で傘をさしているのは僕だけだった。本当にグアテマラの人は傘をささない。雨季でさえ傘を持って歩かない人がほとんどなのでこんな時に傘を持ってる人はいないんだろう。なんだか傘を差して歩いている自分の方が変な感じがしてくる。アクセサリーを売っているサトウ君の店の前を通りかかったら、「1人だけ傘をさしてくる人がいるから誰かと思った。」と言われてしまった。雨の時に傘をさしたら目立つなんて変な感じだ。
いよいよ12月も半分が終わってしまった。実に早い。つい先日日本から帰ってきたばっかりのように思うが、もう今年も終わりに近づいてる。サトウ君に教えてもらったんだが、1歳の幼児は1年と言うと生きた年の全てだから長く感じて、20歳になると20分の1だからその分早く感じるんだそうだ。だから人間年をとるほど1年が短く感じるようになっていくものらしい。説得力のある話だ。
夜も雨の合間をぬってジェシカの散歩に出る。もちろん散歩と言ったってアタバルの前を角から角まで歩くだけだが、斜め向かいのカサ・デ・ロス・スエニョスというホテルで盛大な結婚式をやっている。今月になって結婚式が多い。
日中の温度25度、湿度66%。夜19度、76%。

コメントありがとうございます。

この前書いた制汗剤について、Kasuzakeさんからコメントでいろいろ教えていただいた。日本にもあるんだ。あんなに探したのに見つからなかったのはほんとに不思議。形がちょっと違うらしい。マツキヨだって行ったのに。そもそも制汗剤っていう言葉を知らなかったことが敗因だ。
ボーナスについて、グアテマラ人は12月に払うと皆使っちゃうから、1月に払うことになった、と言うのは、知らない。確かに12月に全部払わなくても良いことになっている。12月に半分で、1月に残りを払うと言うことも出来るらしい。でもそんなことしたら皆ブーブー言うだろうな。
ということもあり、クリスマスパーティーは19日に決定。またいろいろ言われると面倒なので「来週の火、水、木のいずれかに相談して決めてくれ。」って言ったら、やっぱり一番早い火曜日に即決した。そんなに買い物があるんだろうか。本当にこれじゃ貯金できないわけだ。
Ronconpasaさんからは英語の教科書にコメントをもらった。彼がこのコピーをくれたんだけど、もう使われてるんですね。10年後が楽しみです。
ベトナムのヨシ君のコメントを見ると、海賊版が跋扈しているのはどこも一緒らしい。グアテマラもベトナムほど安くはないけど、いっぱい売っている。日本でもWinnyの判決が出てニュースで著作権のシステムの問題が取り上げられてたけど、実際今までのシステムではもう全く対応できなくなってるってことなんだろうな。
皆さんコメントをありがとうございます。
今日も良い天気。日中の温度26度、湿度55%。夜19度、70%。

セクスティアール

朝からグアテマラシティーに買い物に行った。グアテマラシティーに行くのは日本に行くために空港に行って以来。その時だってほとんど空港に直接行って近くのレストランに行って食事をしただけだから、実質グアテマラシティーに買い物なんかの用事をしに行ったのは、なんと去年の12月にやはり年末の買い物をしに行って以来じゃないかと思う。全くアンティグア引きこもりでグアテマラシティーでは浦島太郎状態だ。
この前グアテマラシティーの友達が来て話をしていたら、今はソナ1が寂れてどうしようもないという話を聞いた。確かに3・4年前に行った時テナントが抜けたまま新しいところが入っていないところが目立ち、そういう感じを受けたが、これがより顕著になっているようだ。
昔はセクスティアールという動詞があった。これはソナ1の6カジェ(セクスタカジェ)が一番の目抜き通りだったので、ここをウインドショッピングしながら歩くことを意味する言葉だった。ところが今やこの6カジェも店舗の空きが目立つらしい。ペトラもその話を聞いて感慨深げ。以前は店の品物の買い付けや家の買い物でよくペトラとソナ1を歩いたもんだが、今は道が細いので車が渋滞しやすく、駐車場もないので車で買い物に来る人たちには不便で、皆郊外の大型ショッピングモールに行くようだ。その頃よく行っていた店もなくなっているか、郊外に移転しているようだ。どうやら我々がセクスティアールを楽しんだ最後の世代ってことらしい。実際僕らも今日はソナ1のはずれの中国食材店に行ったくらいで、後は郊外に出てショッピングモールに行って買い物。セクスティアールに変わる新しい動詞はあるんだろうか?
とても良い天気で日中は暑いくらい。日中の温度27度、湿度47%。夜18度、64%。


年末の予定

いよいよ年末の雰囲気が町中に充満して来た。今日も市場に買い物に行ったんだが、売ってるものがクリスマス色を帯びている。心なしか買い物に来ている人も多いようだ。そろそろ冬のボーナスが出てるのかもしれない。
アタバルの先生達も冬のボーナスの使い道を算段をしている模様。クリスマスパーティーの時に払うことになっているのでみんないつやるんだって気にしてる。こちらは22日の予定だったんだが、今日そう言ったら「それじゃ遅くってクリスマスの買い物が出来ない。」とブーイング。「その方がお金が残って良いじゃないか。」って言っても聞く耳を持たないようだ。まあ貯金をしない人たちだからしょうがないか。
そんな訳でクリスマスパーティーの日程が宙ぶらりんになっている。金曜日がだめなら来週の火、水、木のいずれかでやりたいんだが、どうなることやら。それに夜遅くなると嫌そうなので、今回はすき焼きにして早くから始めるつもり。先生たちはことあるごとに「日本食の話は聞くけど実際に食べたことないから作ってくれ、」って言うんだが、わりと食に関しては保守的な人たちだから難しい。揚げ物だと受けることはわかってるんだが、こちらの手間が大変で、朝から走り回らなければならないので、鍋物だったら材料だけ用意して後はやってもらおうという算段だ。
今日はまた良い天気で、日中はかなり暖かくなった。市場に大急ぎで買い物に行って帰ってきたら汗が出た。それでも夜はヒンヤリする。
日中の温度26度、湿度48%。夜19度、68%。


今年最初のポサーダがアタバルの前を通る

夕飯を食べてくつろいでいたら、なんだか外が騒がしい。まあ12月は大体パーティーその他が多くって、なんとなくざわざわしているのだが、今日は亀の甲羅をポンポン叩く音がする。ポサーダがアタバルの前を通っているんだ。
ポサーダは早いところではメルセー教会のものが12月1日から始まり、その他は15日かららしい。夜マリアとヨセフの像を担いで行列を作り、毎晩違った家庭に運んで行ってそこでマリアとヨセフが泊まる(ポサーダする)わけだ。要するにイエスが生まれる前マリアとヨセフが生む場所を求めてあっちこっちに行ったということを再現してるんだと思う。
プロテスタント系の宗教が熱心な布教でかなり浸透してきているとはいえ、やはり熱心なカトリックの国であるグアテマラではこのポサーダはアンティグアのような小さな町でもいくつも出て、それぞれにかなりの人が付いて歩く。この人たちがろうそくを持ち賛美歌を歌って亀の甲羅を叩くんだ。
この亀の甲羅がなぜこういうキリスト教の行事に取り入れられたのか良くわからないが、多分もともとはマヤ系の楽器じゃないかと思う。かなり大き目の亀の中身をくりぬいて甲羅だけにしたものだが、これを叩くと木魚のような良い音がする。良い音ではあるがなんとなく物寂しい音だと思うのは僕だけだろうか。
ポサーダを泊める家はボランティアでこの行列を作ってくる人たちにも飲み物とちょっとしたおやつを振舞う。クリスマスの雰囲気を盛り上げる行事といった物か。
今日は朝からきれいに晴れた。日中の温度25度、湿度62%。夜19度、70%。

かき揚げ

日本で買ってきた内蔵DVDを昨日取り付けてもらった。それで今朝時間に少し余裕があったので、日本で貰ってきた「かもめ食堂」のDVDを見た。しかし、フィンランドってきれいで整然とした所だ。もちろん映画に撮るんだからきれいなとこ選んできれいに撮ってるんだろうが、ラテン系の雑多で混沌とした感じとは対照的だ。こういう人たちが「サルミアキ」のように信じられないくらいまずいものを喜んで食べてる訳だからなんとも不思議なもんだ。
日曜定食はかき揚げとキノコご飯。なんと27人来てくれた。断った人も何人かいたようなので30人を超えてたかもしれない。しかし、かき揚げの方は揚げればまだいけたかもしれないが、キノコご飯がなくなったので、打ち切った。ちょっと残念。今年の日曜定食も後は来週1回だけなんだが、それが惜しいくらいだった。ただ、作る方はちょっと慌てた。先週も18人で結構たくさん来てくれたので、今週も20人くらいは予想していたが、ここまでは考えてなかった。でも用意した材料はどれもほぼきれいになくなり気分が良い。ただ自分の分のご飯も大根おろしもなかったので、日本で実家から貰ってきた讃岐うどんを作ってかき揚げうどんにして食べた。これはこれでおいしかった。たれは付いてるし非常に便利。
自分も食べ終わり片付けも終わったら、9時半を過ぎていた。さすがにシャワーは浴びられないかと思いつつ、試しに蛇口をひねったら水が勢い良く出る。大急ぎでシャワーに入る。しかし、雨季が終わってから断水の時間が減るなんて妙な気がする。
雨季が終わったといっても昨日も実は夜中雨が降った。今日も曇りがちのあまりすきっとしない天気。日中の温度22度、湿度64%。夜19度、68%。


遺伝?の不思議

先月日本に滞在中、母親に電話がかかってきた。電話の相手は僕も知っている母親の友人。すぐにわかったので、僕は一応挨拶したのだが、向こうはなんだか妙に焦ってるみたいでヘドモドするばかり、挨拶しても返ってこないし(まあ相手の人の方が年上だし構わないけど)、母親が出ると思っていたところで突然僕が出てあいさつしたからビックリしてるんだ位に思ってた。
ところが今日母親と話をしていて、僕の推測は大筋では当たっているものの肝心なところが違っていたことがわかった。遺伝というのかどうか知らないが、2年前に亡くなった父親と僕とは声や話し方がそっくりなようだ。それでその電話の時相手の人は当然僕が帰ってることなんか知らなかった訳で、母親のところに電話したら、突然僕が出たからビックリしたというより、亡くなったはずの父親が出たと勘違いして腰も抜かさんばかりに驚いたということだったらしい。そりゃビックリするだろう。相手の人は幽霊と話をしてるように思ったわけだ。
しかし声が似てるのはまあそんなに不思議ではないが、話し方なんて意識したことないがやっぱり似るもんなんだ。そういえば、僕は寝る時に右手を額に当ててることがある。特に理由があるわけではなく、自分でもフト気づいて、なんでこんなことしてるんだろうと思うくらいなんだが、たまたま父親が寝てるのを見たら、同じ格好をしてるんで、ビックリしたことがある。そんなことそれ以前に見た覚えもないので、まねをしている訳ではない。遺伝なのかどうか知らないがなんとも不思議な気がした。
晴れたり曇ったりだが雨は降らない。日中の温度25度、湿度56%。夜19度、64%。

サインは大変

ジャケリンという先生がアタバルで働いてる。彼女はもうずい分長いことアタバルにいるんだが、もう3年位前になるだろうか出産をしてその後ずっと休んでいた。そのため今アタバルの先生たちは銀行口座を持っててお金はそちらに振込みになっているんだが、彼女はまだ持っていない。
冬のボーナスを払う前に出来れば彼女も口座を開いて振り込めるようにしたいと思い、先週手続きをしに行った。ところが、銀行の受付で新人の女の子にあたり、全然融通が利かない。グアテマラの銀行は(特にアンティグア支店くらいになると)日本の銀行のようにたくさんの人が働いているわけではないので、良く行く銀行の支店はみんな顔なじみで、いろいろ融通を利かせてくれるんだが、新人の人だけはそういうわけに行かないのでちょっと困る。それで先週は話だけ聞いて、今週出直して顔なじみの人に当たった時に話をしてきた。
それで申請書などを書いて今日持っていったんだが、サインが一致しないといって返されてしまった。一致しないと言ったって全部ジャケリンが書いたちゃんとしたサインなのに。日本では銀行などの手続きはハンコでやるのでこういう問題がないが、グアテマラではサインなので、時々こういう問題に遭遇する。シンプルなサインにしておくのが良いような気がするが、そうだと真似しやすいような気がするし、難しいもんだ。以前も受け取った小切手のサインが違ってるって言われて、使えなかったことがある。ハンコが普及しないもんか。
日中は動き回ってたせいか結構暑かった。日中の温度25度、湿度58%。夜19度、65%。


お祭り多い月

12月7日は悪魔を焼く日。悪魔を焼くって言うと非常のおどろおどろしい感じがするが、なんてことはない、皆で家の前で焚き火をして、アタバルのそばのコンセプシオンという広場で飾ってある悪魔(といってもかわいらしい感じの張りぼて)を焼いて、花火や爆竹をバンバンやってお祝いする。
毎年のことだが、みんな結構楽しみにしてるらしく、かなりの人出がある。夕方の6時に焼くんだが、1時間前くらいから行ってないと、良い場所で見られないらしい。
この日の良いのはおおっぴらに焚き火が出来ることだ。アンティグアでは焚き火がしにくい。家の庭とかでやると隣から苦情が出たりするらしいし、モクモク煙を出してると火事と間違えられるって言われる。まあ1度火事を出してるからまたかと思われるのも困るし、おおっぴらに焚き火をしたことはない。
それで今日はせっかくだからいらない紙類(個人情報とかが書いてあるようなものを)この機会に焼いてしまおうと思ったんだが、そう思ってみるとあまりたくさんない。溜まってくると面倒なので、わりとこまめにこっそり裏の洗濯場で燃やしてるお陰か。せっかくいつもコソコソやってるのをおおっぴらに出来る日なのに。
このお祭りが終わると今度はシウダ・ビエハというアンティグアの隣の町のお祭りがあり、その後はいよいよクリスマス。12月は結構お祭りの多い月だ。子供達も10月はじめから1月のはじめまでの3ヶ月の休みの期間の終わりにいろいろお祭りがあって楽しいことだろう。
曇ったりはしたものの雨は降らず。日中の温度24度、湿度64%。夜19度、68%。

日本にないもの

暖かい一日だった。天気も良く、こんな一日は気分が良い。それでも温度計は余り上がらない。風が冷たいのかもしれない。
昨日は先生たち皆を集めてカリーナに電話した。こちらの10時に電話したので日本時間では午前1時だ。まああらかじめ電話で話をして起きててくれた訳だが、久しぶりに話が出来て、先生たち皆も喜んでいた。
そんなことをして、話をしていて、日本で彼女に会った時のことを思い出した。面白かったのは、彼女が買いたいって探していたもの。チチャロンをお土産で持っていったのは以前書いたが、これはラテン系の人の行くスーパーなどでも売っているようだ。ところがこの時彼女が探していたのは、こちらでデソドランテという脇の下などに塗る消臭剤というか香料というのか、そういうもの。カリーナの話によると日本にもスプレータイプのものはあるらしい。ところがグアテマラではスプレータイプのものよりスティックで塗るタイプのものが多いので、彼女はそういうのを探していたみたいだ。
そう言えば日本でそんなもの見たことなかった。グアテマラではジレットとかニベアとか日本でもあるようなメーカーから出ているので、日本でもあるもんかと思ってたが、浅草などの薬屋に何軒か入って探してみたんだが、見当たらない。店員さんに聞くにもなんて聞いて良いんだかわからない。結局目に付いたドラッグストアーのようなところ4軒くらい回って見つけられなかった。日本では存在しないものなのか、売っているとしたらどういうところでなんと言って探せばよいのか、知ってる人があったら教えてください。
日中の温度25度、湿度58%。夜17度、65%。

秘められたピラミッド

日本に行った時、友達から面白いものをもらった。1枚のコピーなんだが、来年からでる新しい教科書の1部だそうだ。英語の教科書だから中学のものだろう。8行ほどの短い文章だが、面白いのはグアテマラのティカル遺跡を紹介している点だ。
何でも世界遺産をいろいろ紹介したりしているシリーズのようなものが一部としてあってで、その内の一つという事らしいが、教科書の中にグアテマラが出てくるなんてちょっとビックリした。
何せ我々が中学の頃なんて地理でも世界史でもグアテマラなんて出てこなかったような気がする。(実は出てきてたのに、真面目に勉強してなかっただけかもしれない。)内容はグアテマラのジャングルの奥深くに秘められたピラミッドがあるといったような、随分素敵な内容だ。
なんと言っても教科書なんて日本全国(この教科書が採用された学校ではってことになるんだろうけど)の中学生が読むわけで、これを読んでグアテマラに憧れる少年・少女が現れないとも限らない。それから自分で旅行をしてグアテマラまで来るようになるには10年はかかるだろうが、ちょっと楽しみではある。
アンティグアに住んでいるものとしてはグアテマラの世界遺産だったらアンティグアを選んでくれたら良いのにという気もしなくはないが、まあ数ある世界遺産の中から(いくつ選んだのか知らないが)グアテマラのものを一つ選んでくれたわけだから、ちょっと良い気分。
日中の温度22度、湿度62%。夜18度、65%。

来年の授業料のお知らせ

寒い1日。といっても20度以上あるんだから、日本にいる人には怒られそう。でも、先生達もお土産に買ってきたマフラーや手袋をしている。寒いと聞いていたからお土産にしたんだが、とりあえず役に立ってよかった。
アタバルは年末年始、休みは12月25日のクリスマスと1月1日の正月を休むくらいで、後は通常通り授業を行う。ただ、グアテマラも世間一般は休みのあるところも多いようで、入り口のところでやっている店の仕入れなどは今、年末年始分を買い込んでおかなければならないものも多い。
タバコはやはり年末に来ない上、その間に値上げするらしく、これまたたくさん買い込んだ。まあ支払いは来年すれば良いので、できるだけたくさん買って年末年始でその分を売り切れば良いという仕組みだ。しかし、何でも結構値上げしている。
そのためというのもあるりますが、アタバルでは来年1月2日から料金を改定することにしました。先生たちにもある程度上げなくては大変だろうし、あれこれ計算し、必要最低限の値上げにとどめたつもりです。アタバルのホームページの料金表も変えたので、来年の料金はそちらでもご覧いただけます。
念のため書いておくと1週間(月曜日から金曜日までの5日間)の料金は、1日2時間コースで38ドル。1日4時間コースで65ドル。1日6時間コースで97ドル。となります。12月まで様子を見ていたのですが、とにかくドルもむしろ下がり気味なので、やむを得ずの決定です。ご理解していただけると幸いです。
日中の温度22度、湿度61%。夜18度、66%。天気はわりと良かった。

パレード

久しぶりの日曜定食。メニューは豚肉のしょうが焼き。日本に行く前まで来てくれてた人も、来なくなるんじゃないかと思っていたが、アメリカや韓国の人もかなり来てくれて、18人。久しぶりにやると人数が読めないので困るが、これくらい来てくれたら大成功。ありがとうございました。
しかしなんとなく久しぶりだと手順が悪く、ちょっと準備がバタバタした。長いことやっているのに不思議と慣れないもんだ。まあ一度やってしまえば次からは大丈夫だと思うが、行く前にしばらく使わないと思ってしまった道具などを探したりして、普段以上の時間がかかる。
それでも昼はペトラと外に出てみた。公園ではボデゴナというアンティグアで一番大きなスーパーの開店何周年とかのパレードをやっていた。トレーラーとかも飾り付けをして参加しているし、スーパーの主催だけあって、食品メーカーなども車を出して、随分賑やかなパレードだ。
しかし、このスーパーももう10周年以上になるんだろうか。僕が住み始めた頃にはまだなかったと記憶しているが、これが出来てから他のスーパーも出来たが、やっぱり場所が良いのと広くていろいろな商品が置いてあるからか、未だにアンティグアでは最もお客さんが入ってるスーパーと言うことになるだろう。ここのオーナーは昔アタバルで先生をやってて、その後グアテマラシティーの大手のスーパーで働き、仕事を覚えてから、ボデゴナを開店した訳で、アンティグアではちょっとした立志伝中の人ということになるのか。
日中は暑く感じた割には温度は低い。日中の温度24度、湿度56%。夜19度、64%。

市場にも復帰

久しぶりに市場で買い物。世話になってる店にはお土産を配ったり、日本での話などをいろいろ聞かれたり、結構慌しい。そんな訳でちょっと帰りが遅くなり、家に帰ってきたのが2時半だった。
お土産で意外と受けたのが缶入りの日本酒で缶の下になにやらついていて、それを押すと3?5分で暖まって、熱燗になるというもの。これはやり方が当然日本語で書いてあるので、それを見ながら説明して渡さなきゃならないんだが、やはり珍しいのでみんな興味を示してた。
ただ、100円ショップで買った指先なしの手袋は、以前はそんなものはこちらで出回ってなかったので、良いかと思っていたら、なんと最近は市場でも売ってる。ちょっとがっくり。なんだかグアテマラも随分商品の流通が発達したというのか、そういう100円ショップなどでちょっと便利と思うようなもんは結構こちらでも手に入るようになった。こんなんじゃお土産はますます難しくなりそうだ。
もう完全に乾季かと思っていたら、昨日も今日も夕方から夜にかけてちょこっと雨が降った。時間も短いし、小雨だし、傘がいるようなものではないが、これがもうちょっと寒かったら雪になるのかな。と思うような感じの雨。
市場もそろそろクリスマスの仕度で裏の空き地に花火の店を出す場所が白線で区画してあり、早いところはそろそろ小屋を建てている。
日中の温度24度、湿度62%。夜20度、69%。

師走

眠気は大分おさまった。まあよる良く眠れるんで、時差ぼけだけではなく家に帰ってホッとしてるだけじゃないかという感じはある。今日は朝6時半からオンライン授業。金曜日なので午前と午後に文法講座。更に先生の支払いなど、することがわりとたくさんあったのも眠気を撃退するのに良かったのかもしれない。
しかし、もう12月。来年のことも考えなきゃならないし、慌しくなってきた。朝12月であることに気づいて慌ててカレンダーをめくってて、思い出した。もう年末に店で配るカレンダーを注文しないといけない。これは年に一回のことなので、毎年ついつい忘れてぎりぎりになる。一昨年はあまりギリギリだったのでアタバルの近くの印刷屋で、「もう締め切りました。」と断られて、ペトラの知り合いのやってる印刷屋に頼み込んで刷ってもらった。
そんなこと考えていたら、ちょうど印刷屋の店員さんが店に買い物に来ていたので、聞いてみると、まだ大丈夫とのこと。早速注文しに行った。100部注文してホッと一息。
午後にはペトラがクリスマスの飾り付けを始めた。クリスマスツリーを出して、その他の飾りをアタバルの教室部分などにかけて、大体出来上がった模様。後はピカピカ光る電飾をちょっと飾れば完成か。
昨日は温度が高い割には風が冷たく、日陰などは肌寒い気がしたが、今日は温度が低い割には暖かいような気がする。どういうことだろう。生徒さんとかに聞くと昨日の方が暖かかったって言うので単に体がこちらの気候に慣れてきたとかそういう問題かもしれない。日中の温度23度、湿度62%。夜19度、75%。