スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



大統領選続き

先日の新聞にまた大統領選挙の支持率調査の結果が載っていた。順位自体は相変わらずだが、1位のコロンがちょっと支持率を下げ、2位のペレス・モリーナがちょっと上げていた。まあ今のところ選挙のキャンペーンを見ていると、ちょっと納得するものがある。
そもそも、キャッチフレーズとしてパッと思いつくのはやはりペレス・モリーナの「マノ・ドゥーラ」。1位のコロンにしても、3位以下の候補にしてもパッとキャッチフレーズを思い浮かべられるのはない。
厳しくやるといわれても何が厳しいのか、どうやるのか、実際には具体的なことはあまりわからないのだが、やっぱりキャッチフレーズがパッと浮かべられるっていうのは、キャンペーンとして上手いんじゃないかという気がする。実際テレビでやっているコマーシャルというのかそういうのは気のせいかマノ・ドゥーラのが良く出来ているように思う。
グアテマラで今や独占的なビール会社の一族の人がこのマノ・ドゥーラの政党の副大統領候補になっているだけあって、キャンペーン上手という前評判はうなずけるように思う。ただ、まだまだ1位とは差があるので簡単にはひっくり返せないだろうし、グアテマラも地方に行くと、テレビやら新聞やら見てないような人もたくさんいるので、そんなところにキャンペーンが浸透するかどうかという問題もあるだろう。まあ半年近く先のことなのでこの後どうなって行くか、ちょっと興味のあるところ。
今日も午前中はとても良い天気で暑くなってきたものの、昼から曇りまた夜まで降ったりやんだり。日中の温度28度、湿度58%。夜21度、75%。

スポンサーサイト

ミス・ユニバース

今朝たまたまアタバルの生徒さんを受け入れているホームステイ先に用事があり電話した。そこのおばさんからいきなり「おめでとう。」といわれて面食らった。とっさにお祝いを言われるようなことを思いつかない。ただ、ちょっと話をしていてやっと思い当たった。ミス・ユニバースのことを言ってるらしい。
そういえば昨日のネットのニュースでそういう見出しだけは見た覚えがある。ただ、正直言って興味がなかったので、それ程意識していなかった。ましてやグアテマラでその模様がテレビで流れていたなんて、全く知らなかった。
グアテマラの新聞で、ヌエストロ・ディアリオという女性の水着姿や、スキャンダルなどを大きく扱う、柔らかめ?の新聞があるのだが、そこには1面にでかでかと写真が載ってる。元々ミス・ユニバースというと、ベネズエラとかコロンビアは国を挙げて参加する行事で、皆かなり興味を持っている、といった程度の知識はあった。だけど、グアテマラでは上位に入ったという話も聞いたことないし(僕が知らないだけかもしれないけど)、あまり感心をもたれていないもんだとばっかり思ってた。ところが、その後登校してきた先生たちも結構知ってて、「日本人が優勝した。」とか言ってる。
ラテン・アメリカでは何かこういう女性の美しさを殊更に尊ぶ感覚があるんだろうか?ちょっと以外で不思議な気がする出来事だった。
今日は午前中良い天気でぐんぐん温度も上がり、また以前の天気に戻ったのかと思っていたら、昼から一転にわかに掻き曇りという感じで、その後雨が降ったりやんだり。日中の温度29度、湿度62%。夜21度、73%。

上海出店

以前ポヨ・カンペロがインドネシアに出店したという話題を書いたが、今度はついに上海にも進出したようだ。なかなかすごい勢いだ。先日何気なく新聞を読んでいたら、その記事が載っていた。写真もついていて、中国の人たちが、グアテマラではおなじみのポヨ・カンペロを食べている。記事によると開店してから地元の人たちでかなり賑わっている模様。まあ噂によるとポヨ・カンペロの味は最初中国系の人が作ったということなので、中国人にも受ける味なのかもしれない。グアテマラの新聞にも載るくらいで、やっぱりグアテマラ人には直接関係なくとも誇らしいというか嬉しいニュースなんだろう。日本にも進出しないんだろうか?
この前書いたニュートラルという雑誌が届いた。なかなか厚くって、2冊入ってるのかと思ったほど。ほぼ前頁カラー。非常にカラフルできれい。中米カリブの特集なので、ジャマイカ、トリニダード・トバコ、ハイチなど、こちらではあまりおなじみではない国も多く。中米はグアテマラとコスタリカくらいで、ホンジュラスはあまり記事にはなっていないよう。日本から見るとやはりこういう感じなのかなと思った。こちらで中米カリブというと、むしろ、ホンジュラス、ベリーズ、ニカラグアなども当然のように頭に浮かぶのだが、やはりこのまだまだ日本ではマイナーな感じなんだろう。
今日は朝のうちスカッと晴れていて、久しぶりにいい天気と思ったら、昼前から曇りだし昼過ぎにはちょっと雨が降った。いよいよ雨季か。夜まで降ったりやんだりだったが、夜にはあがってしまった。日中の温度は24度であまり高くないが湿度が66%と高いので外を歩くと汗だくになった。夜21度、湿度72%。


勘違い

5月23日付のブログでグアテマラの太平洋岸には日本人の子孫がかなりいるという話を書いたが、ここで紹介した中公新書の上野久著「メキシコ榎本殖民」の本を読み返していて、僕の勘違いがあることに気づいた。
この太平洋岸にいた日本人の人たちは榎本殖民が散らばってこちらに来た人の子孫と書いたのだが、この本を読んでいるとそれ以前にハワイでの契約労働を終えた人たちが130人ほど高賃金を求めてグアテマラ北部のサポーテ・コーヒー園に渡ったんだそうだ。ところが契約条件よりはるかに劣悪な条件で働かされ、グアテマラを出るに出れないような状態だったようだ。この中からメキシコに行ったり、榎本殖民が崩壊した後出来た日墨協同会社に入ったりした人がいたようで、書いたこととは反対だった。
それにしても130人とはなかなかの人数だ。現在だってグアテマラ在住(大使館、日本企業などから2・3年の期限で来ている人を含めても。)の日本人は200人いるかいないかといった程度だろう。またこの本にはそれ以前に1人でメキシコやグアテマラに来ていた日本人のことなども書いてあるので、明治時代の日本人は思ったよりずっと海外に出ていたようだ。
今日の日曜定食は餃子。朝から曇っていて、雨が降るかと思ったら降らずに助かった。そのおかげか27人分売り、更に5人前持ち帰りもあったので260個以上作っておいた餃子が、自分らも食べたらちょうどなくなった。
日中の温度25度、湿度55%。夜20度、70%。


ヘンな停電

今朝枕元に置いてある電話がピーっとなったので目が覚めた。時計を見ると7時15分。土曜日なのでもうちょっとゆっくりと寝ていたかったが、電話の音が普通の呼び出し音ではなく、なんだか聞きなれない音だったので、何事か確認するために起きた。
なんと停電。停電はそれ程珍しいことではない。ただ、5分と立たずに直ることが多い。ところが今日は1時間たってもまだ電気が来ない。どうもおかしいと思い、外を見たりしていたのだが、なんか様子が変だ。いつもだったら、停電すると同時に角のガソリンスタンドの発電機が音を立てて動き出すのだが、今日はその音が聞こえない。振り替え授業で来ていたカルロタも、家では電気がついてたという。それで周りの家に電気がつくか聞きに行った。やはりガソリンスタンドは停電していない。なんと向かいと北隣は電気がつくという。でも南隣はつかないようだ。
その後店に買い物に来た人に聞いたりしていると、どうやらアタバルから南が停電しているが、隣のブロックは西側はついていて、東側は停電。なんとも不思議な現象だ。とにかくあまり長くなると明日の日曜定食用に今週暇な時間を見つけて作り溜めておいた餃子が融けてくっついちゃいそうだ。ペトラに言ってガンガン電気会社に電話する。10回位したら出なくなっちゃった。カルロタが家の冷凍庫が空いてると言うので、頼んで餃子を一部避難させる。市場に買い物に行くのも気がかりだったが、家でイライラしててもしょうがないので、11時前に出かける。帰ってきたら幸い電気はついていた。昼過ぎにやっと直ったようだ。餃子は幸い無事。しかし、どこをどうするとこういうややこしい部分的な停電が起こるんだろうか?
日中の温度27度、湿度54%。夕方ついに雨が降る。夜21度、72%。

西和辞典の変遷

先日書いた榎本殖民の本を読んでいたら日本で最初の西和辞典の話が出てきた。これが大正14年に発行された日墨協同会社編纂のものなんだそうだ。つまりこの辞書は榎本殖民の人たちが作ったと言うことらしい。この殖民をした人たちは辞書もなく実地でスペイン語を覚えて行ったわけだから大変だったろう。
それはともかくとして、同じ項目に「現在、大学や語学学校、スペイン語圏諸国で生活する人々の座右には昭和33年に初版が世に出た高橋正武編の『西和辞典』があると思われるが、」と書いてある。この白水社の西和辞典には随分お世話になった。今から見ると随分薄く小さくてポケット版に毛が生えたような感じに見えるが、我々がスペイン語を勉強した頃でも、これに勝る辞書はなかった。
今は1990年に初版が発行されている小学館の「西和中辞典」を始め、三省堂の「クラウン西和辞典」、同じ白水社からも「現代スペイン語辞典」などいくつもの良い辞書が出ている。これを見ると最初のスペイン語辞典から約30年たち勉強に十分耐えうる西和辞典が出て、更にその約30年後に更にレベルの高い辞書が出たということだ。辞書を作るにはそれなりに時間がかかるんだろうし、大体30年周期になるのが妥当なところなのかもしれない。今や電子辞書の時代なので、大きな辞書を抱えて勉強ってことはあまりないようだ。個人的には簡単に引けてしまう電子辞書より、引くのが面倒で、引く前に前後の文章を読んで、判じ物のように意味を想像したり、出てこない記憶を振り絞ってみたりする普通の辞書の方がスペイン語習得には良いんじゃないかと思ったりするんだが。
今日も暑い1日だったが、夜になってちょっと雨が降った。日中の温度29度、湿度48%。夜22度、58%。

カードのトラブル

このブログでも繰り返しお金の管理の仕方について書いているように思うが、これは結構大事だと思うので、今日もちょっとその話しを書きたい。もちろんそんなこともうわかってるという人も多いと思うが。
最近は旅行資金のほとんどをカードに頼っている人が多い。確かにカードは便利だし、ある意味で安心なんだろう。ただ、最近カードに関するトラブルが立て続けに2件あったので、ちょっと気になる。
1つは名前は忘れちゃったがあまり聞いたことのないマイナーなカードを持ってきた人が、こちらで全然使えないというもの。こちらはカードだけに頼っていたわけではないのでとりあえず手持ちのお金で何とかしつつ、カード会社と連絡を取りカード会社が別の銀行のカードを送ってくれて、何とかなりそう。
もう1つはシティーバンクのカード。これが使えずほとんど現金、T/Cも持っていないので、困ってアタバルに来た。彼女の話ではメキシコでも全く使えず(メキシコでは他にも使えない人が何人かいたらしい。)、グアテマラに来て使えるかと思ったら、やっぱりだめだったので、手持ちのお金も底をついたらしい。こちらは連絡しても使えるはずだと言われてらちがあかないと言う。
どちらもキャッシュカード(デビットカードと言うのか?)。クレジットカードは機械だけでなく銀行の窓口でも使えるので、使えないというのはあまり聞いたことがないが、何でも、清算をする期間とかその他ややこしいことがあり、場合によってはかなり金利がかかるんだと言う人もいる。こうして見ていてもやはり昔ながらのドルT/Cで十分に資金を持ちカードは補助的に使うような形の方が安心なんじゃないだろうか。
今日も暑い。日中の温度30度、湿度46%。夜22度、58%。


チャンネル変更

インターネットのニュースを見ていると、アルゼンチンでのケーブルテレビの普及率が高いという記事があった。グアテマラでも都市部ではかなり普及率が上がってきているのではないかと思う。もちろん地方ではテレビがあれば良い方というところが多いんだろう。利用料は月々約15ドルとかなり高いように思うが、アンティグアあたりではかなり普及している。まあこれもまたそれだけ景気が良いってことの表れなんだと思う。
ところが昨日久しぶりに休暇でアンティグアに来ていた人から、「泊まってるホテルのテレビの具合が悪い。」っていう話を聞いた。どう具合が悪いのかというと、前の日に29チャンネルでESPNのスポーツ番組が映っていたのに、今日29チャンネルをつけたら映画をやってた、というような話だった。テレビが壊れて映らなくなるということはあっても、チャンネルが変わるようなことはないんじゃないかと、笑って聞いていたんだが、なんと夜になってよく見る40チャンネルのHBOを見ようとしたら、全然違うのをやっている。
ビックリしてチャンネルを回していろいろ調べてみた。かなり変わっている。ただ、これは故障ではなく、ケーブル会社がチャンネルの振り分けを変えているだけだ。こちらでは時々予告もなくこういうことがあるので面食らう。時には見ていたチャンネルがなくなっちゃったりするので悲しい。今回はどうもチャンネル数が増えたような気がするし、よく見るチャンネルもちゃんと残されているので、まあ問題はない。
今日も天気が良く暑い1日。日中の温度30度、湿度50%。夜22度、湿度58%。夜になると涼しくなるのが救い。


榎本殖民

今日生徒さんやアンティグア在住の人と雑談をしていて、グアテマラの太平洋岸には結構日本の苗字を持っている人がいるという話がでた。ナカムラとかそういう人がいるらしい。しかもニホン村というのもあるんだそうだ。
こちらのそういう日本人の苗字を持っている人たちが、日本語をしゃべったりはしないらしい。アンティグアの市場で鳥屋さんをしているアカサキさんのように、日本の血を引いていても見た目はもう完全にこちらの人だ(といっても、こちらの人で日本人そっくりの人もかなりいるので、ちょっと肌の色が変わればわからなくなるんじゃないかという気もする。)。
こういう人たちは明治時代の榎本移民の人たちの子孫である可能性が高いんだそうだ。榎本移民は中公新書から上野久著「メキシコ榎本殖民」という本が出ている。メキシコのチアパス州というグアテマラと隣接している州に殖民したようだ。これが失敗して離散する過程でグアテマラに来た人もいるらしい。
それ以外にもサーカス団で来て体を壊してグアテマラに残った人だとか、船員さんでこちらに住み着いたとか、昔から結構いろいろな日本人がいたようだ。また久しぶりに榎本殖民の本を読む気になった。
今日はものすごく暑い1日。日中の温度31度、湿度50%。厳密に言うと30.5度くらいだがとにかく日中30度を超えてる。アフリカの砂の雲がなくなったのか、天気も良く、夜雷が光ってるのが見えたが雨は降らない。夜22度、60%。

復帰

今日は午前中の生徒さんが11人。今まで机が10人分しかなかったので、急遽水とか生徒さん用のコーヒーを置いていた場所を移動させて、新しい机を一つ置いた。明かりもちゃんとあるし、悪い場所ではないと思う。
午前中はそんな訳でかなり盛況。先生方も皆来ているので、やっている方としては非常に嬉しい。ブランカも出てきて、午前、午後と授業をしている。
3年間産休を取っていた、ベロニカと言う先生も復活。3年の産休とは随分長い感じがするが、彼女も最初の子供が生まれて、初めてだしゆっくりかわいい時期を楽しみたいと言うことで、それでは気が済むまで休むと言うことになった。
先日たまたま会って話をしたら、子供ももう3歳になり、大分手が離せるようになったので、彼女もそろそろ働きたいと思っていたと言うことだったので、この機会に出てきてもらうことにした。まあまだ子供が小さいので当面午前中だけになるが、良く知っている先生だし安心だ。
しかし、今日は午前中かなり良い天気。もうサハラ砂漠から来た砂も通り過ぎたんだろうか。これも生徒さんたちとちょっとこの話になったんだが、結局なんだか良くわからない。グアテマラの人に言わせると、実はそんなの毎年いくらかは飛んできてるけど、今年は結構多いということで騒いでいるんだとか。まあ前にも書いたようにそういう意味でも黄砂のようなものか。
日中の温度29度、湿度50%。夜22度、60%。

アンティグアのサンドイッチ

日曜定食は白身魚のフライ。久しぶりだ。ここのところ6時半の出し始める時間には大勢いるのだが、今日は最初7人。久しぶりに少ない日曜定食になるかと思ったら、その後ぽつぽつ来てくれて結局22人。ここの所20人を切らないんだからすごい。
今日も昼を食べにちょっと外に出たんだが、日曜日にしては人が少ないような気がした。いつも結構入ってる喫茶店でサンドイッチを食べたんだが、庭に面しているところの客は我々のみ。ちょっと珍しい。
アンティグアではサンドイッチが手軽でよく売れるのか、サンドイッチ系の食べ物は大抵どこの店でも出し、そこそこ間違いがない。この中で最近わりと気に入ってるのはアタバルのすぐ近くにある、パングチョンという店。なんだか営業時間が短いのが玉に瑕だが、たまに食べに行ったりする。
サンドイッチ30ケツアル前後(約4ドル)と決して安くはないが、ものすごく大きいので2人で1つ頼み、サラダかなんかを付けるとちょうどいい。1人では男の人ならまあ食べられるが、女性だとちょっと持て余すだろう。サラダも25ケツアル程度(3ドル強)で安くないが、これもそれなりの量なので、2人で分けるとちょうど良い感じ。まあそういう意味で1人で行くのはお勧めできないが、2人以上で行って簡単に食べるんだったらそれなりに良いかも知れない。
今日も朝から曇ってた。その割には結構暑く感じた。雨は降らず。日中の温度27度、湿度45%。夜21度、61%。

お客さん

昨日アタバルの先生をしているブランカのお姉さんが亡くなった。それで今日は市場に行く前にホコテナンゴの教会に行き、お葬式に出た。いつも良く笑うブランカが今日は大泣き。お姉さんが亡くなったわけだから当然ではあるが、こんなブランカは始めてみる。
いつも通り市場で買い物をして帰ってきたが、今日は午前中から曇ってた。やっぱり昨日書いたアフリカから来た砂の雲の影響だろうか?まあもういくらなんでも雨季に入っていい頃なのでそのせいということなんだろうと思うが。
アタバルの入り口でやっている店もそろそろ8年になるが、近所の常連のお客さんも多い。その中に近くに住んでいるゲイのお兄さんがいる。この人が店員のヘルベルを気に入ったようで電話番号を教えてくれってうるさいらしい。先日面倒臭くなったヘルベルが、もう1人の店員のセルヒオの携帯番号を教えたら、今日早速お誘いの電話がかかってきたってセルヒオが怒ってた。
そのお兄さんが夜友達と酔っ払って買い物に来た。いきなり入り口のところでつまずいて転んだので大騒ぎ。何事かとペトラが覗き込んだら、「キャー、ブルッハ(魔女)が覗いてる。」ってまた大騒ぎしてビールを買って帰っていった。ペトラは大喜び。いろいろな客がいるもんだ。
曇ってはいるものの雨は降らず、ただ温度はちょっと低かった。それでも市場の中は人いきれでかなり暑い。
日中の温度27度、湿度42%。夜21度、59%。

お客さん

昨日アタバルの先生をしているブランカのお姉さんが亡くなった。それで今日は市場に行く前にホコテナンゴの教会に行き、お葬式に出た。いつも良く笑うブランカが今日は大泣き。お姉さんが亡くなったわけだから当然ではあるが、こんなブランカは始めてみる。
いつも通り市場で買い物をして帰ってきたが、今日は午前中から曇ってた。やっぱり昨日書いたアフリカから来た砂の雲の影響だろうか?まあもういくらなんでも雨季に入っていい頃なのでそのせいということなんだろうと思うが。
アタバルの入り口でやっている店もそろそろ8年になるが、近所の常連のお客さんも多い。その中に近くに住んでいるゲイのお兄さんがいる。この人が店員のヘルベルを気に入ったようで電話番号を教えてくれってうるさいらしい。先日面倒臭くなったヘルベルが、もう1人の店員のセルヒオの携帯番号を教えたら、今日早速お誘いの電話がかかってきたってセルヒオが怒ってた。
そのお兄さんが夜友達と酔っ払って買い物に来た。いきなり入り口のところでつまずいて転んだので大騒ぎ。何事かとペトラが覗き込んだら、「キャー、ブルッハ(魔女)が覗いてる。」ってまた大騒ぎしてビールを買って帰っていった。ペトラは大喜び。いろいろな客がいるもんだ。
曇ってはいるものの雨は降らず、ただ温度はちょっと低かった。それでも市場の中は人いきれでかなり暑い。
日中の温度27度、湿度42%。夜21度、59%。

アフリカの砂

今日の新聞の1面の記事は「アフリカから砂埃が来て中米を覆う。」というもの。何事かと思うが、要するにサハラ砂漠で嵐が起こり、これが非常に細かい砂を巻き上げてそれが雲となって中米まで飛んでくるということらしい。この雲の長さが1200メートルあるというのだから、たいしたものだ。要するに黄砂みたいなもんか。
それにしても中国から日本くらいだとまだ近い気がするが、アフリカから中米までって随分遠いような気がするが、そんなことないんだろうか?医者も出てきて呼吸器関係に問題のある人は外に出ないほうが良いとかいうコメントをしている。そんなに飛ぶんだったら、風向きによってはヨーロッパなんてかなり大変なことになりそうだが。
呼吸器だけでなく、何らかのバクテリアも含まれてるんじゃないかとかそんなことまで心配してるらしい。アフリカって言うとなんだか訳のわからない細菌とかがいると思うんだろうか。まあそういう点では日本で一般の人にラテンアメリカと言っても、似たような連想をされることが多いような気がする。
とにかく今日から3・4日この茶褐色の砂の雲に中米は覆われるらしい。今日は午前中は良い天気でぐんぐん温度が上がって、暑い1日になりそうだと思っていたら、昼から曇ってむしろ温度が下がった。これはこの雲の影響か?といってもここのところ午後に曇るのは毎日のことで、それがちょっと今日は早かったという程度。まあ明日市場に行くのでちょっと曇って涼しいと歩きやすい。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、55%。


進展

競争がないというのは悲しいことで、今アンティグアでインターネットに常時接続しようとすると、実質的に一つの会社しか使えない。一応他にもアンテナを使った接続をするサービスをしているところはあるんだが、これはどうも速度が十分ではないようで、まだ選択肢に入れることは出来ない。
このネットのスピードが上がったという話は前書いたと思うが、この時に今までのキロバイトの世界からメガバイトに上がったので、少しは快適になると期待した。ところが実際はそうも行かなくて、調子が悪くて切れたりする日もあったり、速度ががくっと落ちたりすることもある。
大分前からクレームをつけて、いろいろ原因を探してはいた。ただ、なかなか相手が対応してくれないので全然らちが明かなかった。さすがに最近頭に来てストーカー並の電話攻撃をかけて毎日数回「何とかしろ。」と電話をした。
その結果やっと今日ちょっとした進展があった。ルーターを変えてくれた。これも大分前から文句を言っていたのだが、「問題ないのに変える必要はない。」の一点張りで全く変えてくれなかった。更にその後いろいろ調べて、電話線も確認した方が良いということになった。実は電話線は今までに3回調べに来ているんだが電話線は電話会社の担当になるので、来ても電話をかけて雑音が混ざらなければ「問題ない。」といって帰ってしまう。これも今日はネット側のエンジニアの電話番号など聞いて、今度来た時、問題ないといって帰ろうとしたら、文句を言えるようにした。明日か明後日には来る予定。まあグアテマラでは一大進展といえるかもしれない。
今日は曇りもせず良い天気。日中の温度27度、湿度43%。夜21度、59%。

お医者さん

生徒さんがお腹が痛いという。もう大分前から病院に行ったほうが良いって皆に言われているのだが、なかなかウンと言わない。まあこれは彼に限ったことでなく、日本人は医者好きでわりとすぐ行きたがる人と、よっぽど悪くなっても我慢しようとする人に分かれるようだ。まあ自分自身がどちらかというと医者に行きたくない方なので、気持ちは良くわかる。
特に日本から来た人の場合、こちらの医者に対する不安というのもあるんだろう。確かにこちらの普通の個人医院に行くと、ほとんど検査の機械とかはない。これはグアテマラでは医者は基本的に診断だけで、薬は薬屋で買い、検査は検査所に行ってやることになっているからなんだが、全く普通の家の一部屋って感じの所もあるので、ちょっとビックリするかもしれない。
今日はどうも胃腸の病気っぽいので、胃腸の専門のお医者さんに行った。このお医者さんは普段はグアテマラシティーにいるのだが、週1回アンティグアに来て診察するようだ。元々うちのかかりつけのお医者さんの息子でずっと日本に行って奨学金で勉強していた人だ。僕が一度診てもらった時にはスペイン語でしゃべったので、日本語がどのくらいしゃべれるのかはわからないが、まあ外国で医者に行くのが不安な人には良いかもしれない。今日もかなり昼から曇っていたので、温度は余り上がらなかった。それでも湿度が高いのでちょっと歩くと汗が出る。雨は降りそうで降らない。
日中の温度27度、60%。夜22度、66%。

向かいのおじさん

アンティグアの町は端から端まで歩いても20?30分くらいの町なんだがその西側がどちらかというと商業地。市場やスーパーも西側にある。アタバルは東側で公園から3ブロックほどのところなのでわりと良い立地だと思ってる。
このアタバルの向かいは、ガヨというグアテマラ資本のビール会社のオーナーの別荘。このガヨはグアテマラ資本の唯一のビール会社でグアテマラでビールというとガヨというくらい良く売れている。当然一族はグアテマラを代表するお金持ちといえる。
今度の大統領選挙で、この一族の1人が副大統領候補となっている。オットー・ペレス・モリーナという元将軍が大統領候補で、前にも書いたマノ・ドゥーラ(厳しくやります。)というのを売り物にしている政党だ。新聞の調査では第2位の支持率を取っている。
この副大統領候補のおじさんも時々向かいの家に遊びに来ていて見かけるが、ペトラに言わせると比較的家の管理人をしている人とか従業員から評判が良いらしい。じゃあ良いじゃないかと思うが、こちらの感覚ではそういう人はだめだとのこと。マノ・ドゥーラを実践してる人だったら絶対そんな従業員から良く言われたりはしないんだとのこと。
なるほどという感じもする。やっぱり大統領になってこういうまとまりにくそうな国を統べていくには良い人じゃだめらしい。なかなか難しいものだ。
今日も暑い。日中の温度28度、湿度54%。昨日雨が降ったので、今日も夕方から曇り、また雨かと思っていたら、結局降らなかった。どうも天気というのは良くわからない。夜 23度、60%。


水蒸気

相変わらず猛烈に暑い。まあ日本に比べると寒さにしても暑さにしても、「何言ってんだ。」といわれるくらいなのかもしれないが、もうこちらの気候に慣れてしまってるんだからどうしようもない。そう考えると日本の冬や夏に帰るなんて恐ろしくてとってもじゃないけど無理そうだ。
今日は日曜定食がかき揚げとキノコご飯で24人来てくれた。相変わらず大勢の人が来てくれて嬉しい限りなんだが、かき揚げを作るのに火を全開にしていると、全く暑い。釜茹でにされてるような感じ。しかもなんだか今日は時間がかかった。今まで炒め物などで、すぐに終わってたからそう感じるだけかもしれないが全部終わって片付け終えたら9時だった。幸いまだお湯が出たので、シャワーを浴びれて良かった。今日は油で体がベトベトしてるのか、汗でベトベトしているのかわからない。
午後はやっぱり曇り気味。ただ、噂ではこの曇っている天気というのも、あまりの暑さに地上から湧き上がってくる水蒸気が溜まって曇ってるように見えるだけなんだそうだ。だから雨が降るわけではなく、曇ってるだけなんだという。そんなことあるんだろうか?確かにアンティグアは周りが山に囲まれて、盆地状の地形だし、曇ってて雨が降るかと思うと一向に降らないし、雨季になったら毎日のようにある雷も聞かない。ってことはまだまだ雨季にはならないってことか。まあどちらかというと寒いのより暑い方が好きなんだが、こう暑いのが続くと考えてしまう。
日中の温度29度、湿度51%。夜22度、55%。


冬のソナタ

今テレビのグアテビシオンという、グアテマラのチャンネルで「冬のソナタ」をやっている。なんだか以前にもやっていて、再放送のようなんだが、全然知らなかった。今日夕方にたまたまテレビをつけてチャンネルをあっちこっちに回していたら、その番組をやっていた。日本で話題になったのはネットのニュースなどで知っていたが、一度も実物を見たことはなかったのでしばらく見ていた。途中から見たわけだし、なんだか良くわからなかったが、皆制服を着ていてどうやら高校が舞台のようであった。ところが、それにしては登場人物が老けてる。どう見ても高校生じゃなく普通の成人した大人が制服着てやってる。これがなんだかグアテマラの高校のように見えて面白かった。
グアテマラでは小学校から落第があるので、高校くらいになると随分老けた人も勉強してる。もちろん勉強をしないというだけでなく、家庭の経済的事情などからいったん勉強を中断してその後働いてお金をためて勉強をしていたりする苦学生もいる。そういう人がいっぱいいるので日本のように肩身の狭い感じはしないようだ。
先日の母の日、アタバルの先生と一緒にその先生の子供の行っている学校の行事に参加した人がいた。母の日でお母さんに捧げる詩の朗読や歌を歌ったりしたらしいが、高校生くらいになると発育がいいのと、そういう大人の学生がいるのとで、日本の学校の行事に比べて随分色っぽい感じがしたと感想を聞かせてくれた。そんな訳でこの話を思い出しながらしばらく「冬のソナタ」を見ていた。
今日も夕方になってかなり曇ったんだが雨は降らず。日中の温度28度、湿度55%。夜23度、63%。


回復

以前にも書いたがグアテマラの蛍は小さなゴキブリと同じような大きさと形をしている。昨日も台所でゴキブリが居ると思い、石鹸水をぶっかけたら何とピカピカ光ってる。蛍だった。慌てて水をかけて石鹸水を流してから外に放したがどうなったことか。
もうそろそろ雨季になる頃なので蛍もかなり飛んでいるようだ。残念ながら今年は後ろの庭と隣との壁を高くされたせいかあまり蛍にはお目にかからないので、蛍の存在を忘れてて、とっさにゴキブリと思ってしまった。
ゴキブリは石鹸水をかけるとわりと簡単に死んでしまうが、蛍はどうなんだろうか?ちょっと心配。
昨日でジェシカの手術から1週間。薬も全部終わったし、もう元気でいつも通り、夜は近くの猫の鳴き声や遠くの犬の吼え声に反応して走り回っている。いくらなんでももう大丈夫だろうと思う。薬を飲ませるのは簡単だったが、結構大変なのは前にも書いたように腹巻。すぐずれてくるのでいつもジェシカの尻を追いかけて引っ張り上げなければならない。昨日獣医さんが来てもう大丈夫ということなので、やっと開放された。幸いジェシカも腹巻を特に嫌がるそぶりは見せないがゴロゴロするわけだから決して気分は良くなかっただろう。手術の後も非常に小さくてほとんどわからないし、やっぱり良い獣医さんなんじゃないかと思う。
日中はやはり暑い。湿度も高いので、なんだかぐったり。最近昼ごはんがどうもあまり食べられないんだが、一種の夏バテか。日中の温度29度、湿度54%。夜22度、60%。

母の日

母の日の今日は休んだりする学校もあるようだが、アタバルは関係なし。通常通り授業。日本では5月の第2土曜日だが、グアテマラでは5月10日と決まってる。何しろアタバルの先生たちは"母"がほとんどなので、毎年この日はケーキなどを買って10時の休み時間に食べることにしている。特に今年は生徒さんの中でも"母"が多い。
ただ、これも毎年のことだがケーキもピザも皆が買いに行くので買えなかったり、とんでもない時間待たされたりするので大変。今年は何にしようかと思ったが、ちょうど木曜日でうちの近くのドミノピザが2つのピザを1つの値段で買える日だ。それは良いがますます込み合いそうなので、昨日の夕方に注文しに行った。大型のピザを頼んで、今日も10時10分前に配達してくれるように頼んでおいた。
おかげで今年はケーキやピザを探してウロウロする必要もなく余裕。ちゃんと10時10分前に持ってきてくれた。ただ、12等分してくれって頼んでおいたのは忘れたのか8等分してある。足りないんじゃないかと思ったが、幸い食べられないという生徒さんがいたりしたのでちょうど足りた。
とにかくグアテマラはお父さんが頼りない人が多いせいか、母親が大切にされ、母の日は皆盛大に祝う。バラの花なども通常の倍くらいの値段でかなり売れるようだ。
今日も1日良い天気。気のせいかここ数日と比較するとすごしやすかったような気がするんだが、温度はわりと高い。体が暑さに慣れてきたんだろうか?
日中の温度29度、湿度48%。夜22度、63%。

ニュートラル

今日はまたちょっと宣伝。ニュートラルという雑誌を知っているでしょうか?正直言って全然知らなかった。まあ今や日本の雑誌で知ってるのは文芸春秋とか週刊朝日とかいうレベルの人間が知らなくても不思議はないけど。
旅行関係の雑誌らしいのだが、このニュートラルの4月26日発売の第10号が「美しき十字路中米カリブ」という題名だけではなんだか良くわからない特集をしていて、この中に「片桐はいりのグアテマラ物語」というのがある。1500円と結構高いがそれなりに分厚い本らしく、他にも「中米カリブの料理大全」とか「中米カリブ大地図」とかがあるらしいので、興味のある方はぜひご覧になってください。
送ってくれることになっているので楽しみに待ってる状態で、まだ自分で実際に読んだわけじゃないが、アンティグアのことも載っているらしく、写真もいくつか載っているようだ。アタバルにきたことのある方であれば、先生のブランカの写真も載っているようなのでぜひ手にとってみてください。
このホームページ(http://www.neutralmag.com/)を見ると特に出版社名とかが書いてないんだが、この雑誌を専門に出してるってことなんだろうか?ちなみにうちの地元の本屋でも結構目に付くところに積んであるそうなので、わりと手に入りやすいんじゃないかと思う。
今日も雨が降らず暑い。湿気も多くじっとりする。日中の温度29度、湿度53%。夜21度、60%。


メルカデオ・ポリティコ

夜テレビを見ていたら今年のグアテマラ大統領選挙のマーケティングという特集をしていた。ちょっと面白そうなので最後まで見ていた。
何でも今支持率が一番高いアルバロ・コロンは背が高く、インテリっぽい感じがするので良いが、声と発音が悪いのと、体の動きを使った表現が下手なのがマイナス要因なんだそうだ。それで最初の投票ではまず1位になりそうだが、そこで過半数を取れず決選投票になったら選挙参謀にかけるので、逆転される恐れがあるんだとか。
面白かったのはグアテマラで1986年に民政移管してビニシオ・セレソ大統領が就任してから現在まで全ての大統領は口ひげをたくわえていたのに、今回大統領選に出る候補で有力な人は皆ひげがないんだそうだ。今回はこのひげのないのがむしろ新しいイメージをかもし出すということになってるらしい。実にビミョウな話だ。
リゴベルタ・メンチュウに関しては、今回は彼女が出馬するタイミングじゃないとのこと。今度のアメリカの大統領選挙でヒラリー候補が勝ったら、その後中南米で大統領選に女性候補がたくさん出てくるらしい。その時こそ彼女にもチャンスがあるということか。ただ、今回彼女と組んでいるニネス・モンテネグロもその時は候補になる可能性もある。この2人は左よりと言われているがこれは過去にそういう活動をしたというだけで、今はあまり左よりの政策を主張しないだろうというのもちょっと面白い。今中南米はわりと左よりの政権が誕生して一つの流れがあるが、グアテマラはそれとはちょっと違う位置にいるということか。
日中の温度27度、湿度54%。夜21度、62%。

マンタ

アンティグアの市場の日は月曜日、木曜日、土曜日。やはり土曜日が最も人が多いような気がするが、今日も朝からそれなりに混んでいる。今週母の日があるので、ペトラが豚肉を食べたいと言うのでそれを注文しに行く。ついでに切れている蛍光灯を買ったりして、市場の中をちょっとウロウロしていたんだが、時々冷やかす魚屋のおばちゃんに呼び止められて話をしていたら、変わったのを売っていた。
白身の魚なんだが、普通の魚に比べてひれのように筋が入っている。一体何かと思いおばちゃんに聞くとマンタだと言う。マンタとはエイのことか?これは食べたこともないし、食べるって話も聞いたことがない。匂いをかいでみたら特に変な感じでもなかったので、試しに1ポンド買ってきた。
自分1人で食べて判断するにはちょっと不安だったので、午後に半分ほどアンティグア在住のキョウタさんに分けて食べてもらうことにした。自分は今日は食べる機会がないので明日食べることにした。特に臭みとかがないようであれば、使えるかもしれない。最近いつも買ってた白身の魚が高くなって手が出ないので白身の魚がなく、ちょっと寂しかったところだ。
しかし、今日も暑い1日。雨は降らなかった。それでも湿度が高く、日本の夏のよう。まあ毎年のように異常気象と言っているので、何が以上で何が正常なんだか訳がわからなくなっているがこんなに暑い年も久しぶりな気がする。
日中の温度30度、湿度53%。夜22度、65%。

カルディナル

日中は非常に暑く、湿度も高いのでじっとしてても汗が出た。昼ごはんを近くのパパシートというピザ屋さんでピザを食べたんだが、生地は薄くて良いがチーズがぎりぎりに引き伸ばして薄く覆ったという感じで、それでもチーズのないところがあちこちに見えるような実にせこいピザ。値段は中型で約12ドルと決して安くないのに何なんだろう。しかも店が締め切った構造で中でピザを焼いてるからか以上に暑く、ペトラと2人で半分も食べられなかった。大分以前に食べた時はまあまあだったような記憶があるんだが、ひどくなったもんだ。外に出て涼しい風に当たった時にはホッとした。
でもその頃から曇りだし、夕方から雨。これじゃ日曜定食はあまり人が来ないかと思ったが幸い21人来てくれた。雨の中これだけ来てくれると嬉しい。ホイコーロだったのだが、やっぱり作ってる間はずっと火をつけっぱなしなので暑い。比較的早く8時半には皆が帰ったのでシャワーを浴びて一息。
前からペトラが鳥が来るように毎日鳥の餌をまいているのだが、どうもここの所鳥の数も種類も増えているような気がする。今まで聞かなかったような鳥の声が聞こえる。ペトラに聞いたらカルディナルじゃないか、といっていた。これは英語で言うとカージナル。大リーグの野球チームの名前にもなってるらしい。コウカンチョウ族でスズメの仲間らしいが、なかなかさわやかな鳴き声だ。実際は違うかもしれないが鳥が来てさわやかな鳴き声を聞かせてくれるのは悪い気がしない。
日中の温度28度、湿度53%。夜21度、70%。

コーヒー飴

今日も朝からジェシカの腹巻と格闘。しょっちゅう下がってくるので、始終追いかけて引っ張り上げるのを繰り返さなければならない。まあ1週間がんばればいいという期限があるので良いが、なかなか大変。特に今日はもうほとんど普通に動いているので余計ずり下がる。ちょっと目を離すとどっかに落っことしてきちゃうので、うかうかしてられない。市場に行き更に小さいサイズのものを買ってきたんだがやっぱりずり落ちる。まあ安物だからすぐ伸びてしまうので、どうにも仕様がない。
市場ではいつもの土曜日通り買い物。トマトは安くなったが、キャベツやブロッコリーが高くなった。お昼ごはんもいつも通り市場のサン・バルトロという食堂で食べた。昼を食べていると、6歳くらいの女の子が飴を売りに来た。ペトラが呼んで買っているので、見たら手首から先がない。コーヒー味の飴を売ってるんだが、3つで1ケツアルらしい。お金を払うとちゃんと3つずつ飴を机の上に出して置いている。その後サン・バルトロで、お昼を貰って食べていた。
親に言われてやってるんだろけど、良くやるなと感心する。市場ではこうしてお昼を貰ったりして親切にしてもらってるみたいだから、ちょっと安心。このコーヒー飴はわりと好きだし、自分の分も買ってみた。
今日も暑い1日。やはり湿度が高く市場では人も多いので汗だくになる。昼過ぎから曇りがちだったが雨は降らず。
日中の温度29度、湿度49%。夜23度、70%。

おしめ

昨日書いたジェシカの手術のブログにコメントをいろいろいただきありがとうございました。まあ昨日はなかなか麻酔からさめないような感じで、ずっとぐったりして食べ物も見向きもしないし、水も飲まないし、ちょっと心配したが、夜中になって店を閉めるときに散歩について来て、オシッコもウンチもしたので、安心した。
今日はわりと歩くようになったし、食事もいつもより量は少ないが普通に食べたのでもう問題ないだろう。ただ、首につけるエリザベス・カラーはだめそうなので、腹巻をさせている。ところがこの腹巻がちょっとゆるいのですぐずり落ちてくる。一応気をつけていて、わりとコマめに引っ張り上げてるつもりなんだが、気がつくと腹からお尻のところにずれている。まあそれだけ元気になって動いているということなんだろうが、生徒さんの何人かから「オシメしてるんですか?」って聞かれた。横になっていると引っ張り上げられないのでその度に呼んで立たせてからやっている。もうあんまりしょっちゅうやるのでジェシカも慣れてきて、引っ張り上げてる間じっとしてるようになったので、大分やりやすい。今日から抗生物質のカプセルを1日2回飲ませてるが、これは肉に切れ目を入れて中に挟みこみ食べさせている。飼い主に似てろくすっぽ噛まずに飲み込むので実に簡単。まあその点手がかからないのは非常に助かる。
しかし、エリザベス・カラーってのは一体どこからそんなたいそうな名前がついたんだろうか。
今日は雨が降らず良い天気だったが湿度が高く、蒸し暑い。日中の温度30度、湿度50%。夜23度、70%。

手術

今日はジェシカの手術の日。9時に先生が迎えに来てくれるということで、その前にどうしても市場に行って豚肉を買ってこなければならなかったので8時に授業が始まったのを見届け小走りで行って来た。豚肉を買ってすぐに帰ってきたのだが、やっぱり30分はかかる。先生も9時ちょっと過ぎには来てくれた。なかなか時間に正確。
安定剤を注射して10分ほど待ち、ちょっと静かになったところで抱えて車に乗せて病院に行った。ジェシカは外にほとんど出ないし、怖がりなのでこうでもしないと連れて行けない。病院では今度は麻酔を打って寝てしまい手術台に乗せられたところでいったんアタバルに帰る。
その後は10時半に手術が終わり、11時くらいには目が覚めるというので、11時をめどに病院に行った。半分目を開けてまだ夢うつつという感じ。先生は今朝だけで避妊手術を3つやることになっているらしく、待っている間にも次に終わった犬や、その次の犬が運ばれてくる。ジェシカの次に終わった犬はわりと直ぐに目が覚めて立ち上がったりしてるのに、ジェシカはまだ目を開けてちょっと前足を動かすくらいで起き上がらない。ちょっと不安。12時になり先生が来たので聞いてみたら、大丈夫、あと4時間もすれば普通になると言うのでホット一息。手術した犬が首につけるアンテナみたいなのも貰って帰ってきた。しかし、「首輪つけただけでビックリするのにこんなたいそうなもんはつけられない。」と先生に相談したら、腹巻をしても良いということで、午後ペトラが赤ん坊用のシャツを買ってきて、これを切って腹巻にした。夜になってちょっと元気になり、いつもの散歩には出たし、食事もレバーを小さく切ったものを一切れ食べた。これで大丈夫だろう。
天気は良く、日中は暑かったが、夜になって時々雨が降る。日中の温度29度、湿度43%。夜22度、70%。

鳴き声

この前グアテマラでせみはチキリンといい、「チキリーン、チキリーン。」って鳴くんだって書いたが、こちらに住んでる日本人の人たちに、「そんな風には聞こえない。」って言われた。何かの間違いじゃないかと確かに自分でも思ったが、先日公園を歩いていたら、子供を連れたお母さんが、「ほら聞いてご覧。チキリンが鳴いているよ。」って子供に言っていた。その時には他の虫や鳥は鳴いてなかった。ちなみにこのせみの"鳴いている"はスペイン語ではカンタールという動詞を使う。歌ってるという訳だ。ついでに書いておくと鳥もカンタール。猿や狼はアウヤール、猫はマウヤール、犬はラドラールっていったところが代表的な鳴く、吼える系統の動詞か。
このチキリン、なんと真昼間の最も暑いときは歌わない。先週たまたま公園を昼過ぎの暑い時ばかり通っていたので、なんだかせみの季節は終わったのかと思っていたら、午前中や夕方の涼しい時にはやっぱり鳴いてる。どうもせみなんて夏の暑い時分にしかも暑い時間帯に鳴くものと思っていたらグアテマラのはそうじゃないみたいだ。日本でいうとヒグラシみたいなもんか。
明日はジェシカの避妊手術。今日からあまり夕飯を食べさせないように言われてる。いつもの時間に欲しがってるのにあげないのはなんだかかわいそうな気がするんだが、獣医さんの指示だから仕方がない。
今日も1日中良い天気で昼間はとっても暑い。せみが鳴きたくない気分も良くわかる。日中の温度29度、湿度38%。夜21度、65%。


メーデー

いよいよ5月。セマナサンタも終わり、今年はそれからむしろ生徒さんが増えてきた。何月頃が混んでる時期なんですか?ときかれるが、結局毎年傾向が違うので、なんとも言えなくなっている。はっきりとはわからないが、どうもグアテマラでスペイン語を勉強しようと言うような人は、基本的に1週間以上の滞在になるので、どうも日本の海外旅行のピークシーズンは航空運賃が上がるので、むしろその時期を避けて、航空運賃が下がった時期にそういう人たちが出てくるような傾向があるんじゃないかと思ったりもする。
そういう意味ではゴールデンウイークの今はどちらかと言うと新しい人が来ないのかもしれない。もちろん陸路で来る人もいるわけだから、そうはっきり分かれるわけではないんだと思うが。
いずれにしろ今日は祝日なので静か。毎日生徒さんと先生を合わせれば20人くらいの人がいる環境からすると、なんだかあっけないほどに静かだ。天気も良いのでジェシカを風呂に入れたりして、休日なりのすごし方と言う感じ。
グアテマラシティーでは、デモ行進などがあったようだが、夕方公園に行ってみたがアンティグアでは特にイベントがある雰囲気でもなかった。ただ、グアテマラシティーなどから来ている人たちは相変わらず多く、夕方にはアンティグアの出口に向かう車がたくさん並んでいた。
日中はやはり暑く、じっとしてても汗が出るような感じだったが、夜になると少し涼しくなった。日中の温度30度、湿度36%。夜21度、60%。