スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



信じられない

何と書いて良いのかわからない。とにかく信じられない。
どうも訃報が続いて、そういうことばかりを書くのが躊躇われるが、アタバルの生徒さんもかなりお世話になっていたので、ここに書いて知らせた方がいいと思い直した。
今日の昼過ぎ、アタバルの生徒さんも受け入れてくれていた、ステイ先のカロリーナさんが亡くなった。脳溢血だったようだ。あまりに突然のことで、しかも先週の水曜日レストラン「歌舞伎」のオープニングで会って、挨拶をしたばかりだ。
今日も午前中は特に代わったこともなく、昼ご飯の後、明日帰るアメリカ人の人と夜出かけるために、お金を銀行に下ろしに行くといって出かけたそうだ。その途中で倒れて、運ばれた病院で亡くなったそうだ。こんな事はスペイン語学校に携わって20年近くになるが初めてのこと。ジョークの好きな人だったので、いたずらなんじゃないかと今ですら思ったりするくらいだ。
カロリーナさんは何かあると電話をかけてきて、ひとしきり(といってもそんなにだらだらはしゃべらず、さっと話して切るんだが)しゃべって、電話が終わった後、何の用だったんだろう?と思うこともしばしばあった。きっと何か思いついたりしたら、誰かに話したくて電話をしたんだと思う。
夜大急ぎで仕事を片付け、お通夜に行って来た。
午前中天気が良く、暑くなったが、午後また雨が降ったりやんだりで、夜は結構涼しい。日中の温度27度、湿度58%。夜20度、70%。
スポンサーサイト

フェスティバル・デ・カフェ

アタバルの入り口のところには掲示板が作ってあり、いろんな人がチラシを貼っていくんだが、先日なんだか大きなポスターを持ってきて貼っていった人がいた。何かと思い後で見たら、フェスティバル・デ・カフェと書いてある。協賛にはグアテマラの国立コーヒー協会とかも書いてある。日付を見たら昨日と今日の2日間。
昨日はブログにも書いたとおり遊び歩いていたので行けず。今日昼ご飯を食べに行くついでにペトラと会場になっているカプチーナスに行ってみた。ぞろぞろと白人さんの団体やらグアテマラ人と思しき人たちが出入りしている。これはと思い入ってみると、カプチーナスの中庭の周囲に簡単なブースを作り、アンティグアの周辺の農場などが店を出しているようだ。ただ、数は思ったより少なく、しかも、コーヒーと何の関係があるんだかわからない銀行のやってる保険の勧誘のような物やLGの携帯電話のブースなどもあり、ちょっとがっくり。
農園はサン・ルーカス、チクワ、フィラデルフィア、アソテアと後もう1つ(名前を忘れた)だけだった。それにコーヒー協会とアンティグアのはずれの焙煎をする店の物があった。それぞれに試飲できるようになっているので、あれこれ試してみて、せっかくなのでその焙煎をする店のウエウエテナンゴのものを買ってみた。ちょっと酸味がある。コーヒーの有名な産地に住んでいながら、そんなコーヒー好きでもないので、あまり飲まなかったんだが、せっかくなので、これから朝はコーヒーを飲むようにしようかと思う。
日曜定食は餃子で15食売れた。それまで良い天気だったのに、夜の8時くらいから土砂降り。食べに来てくれた人達も、帰れなくてしばらく話をしながら雨が通り過ぎるのを待っていた。その後降ったりやんだり。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、70%。

パーティーのハシゴ

いつもだと土曜日は市場に買い物に行く日だ。ところが今日は行くには行ったが、朝8時に大急ぎで行って、頼んでおいた物を買ってきただけで、9時過ぎには家に戻った。
今日はアタバルでメンテナンスなどをして働いている大工のダニエルのお姉さんの結婚式に招待されている。これが彼らの住んでいるサン・マテオ・ミルパス・アルタスという村であるので、そこに行かなければならない。サン・マテオには行ったことがないので、ちょっと楽しみ。帰ってすぐに着替えて、頼んでおいた車に乗って出発。かなり急な上り坂だったが、15分程度で着いた。アンティグアの標高が大体1500mなので、ここは軽く2000mは超えてるだろう。このミルパス・アルタスというのは高いトウモロコシ畑といった程度の意味で、この名前の付いた地名がこの辺ではいくつかあり、どこも標高の高いところにある。日中で晴れていたこともあり、暖かかったのでペトラは大喜び。ここに引っ越したいくらいだと言っていた。実際見晴らしは良いし、気分が良い。ダニエルの家はこの村の周囲にいくつか畑を持っているようで、そこにも行ってみたかったんだが、今日は結婚式があるのでまたの機会という事で、断念した。結婚式は村のサロンで弁護士さんが来て行われ、シンプルだけど、これで十分だと思った。その後花婿の家でお昼をご馳走になり、帰って来た。
ところが今日はこれで終わりでなく、夜には隣の家のパーティーに出かけた。マリンバも入った賑やかなパーティーで、夕飯を食べ、マリンバでちょっと踊り、9時には家に帰る。最近あまりパーティーに行かなかったんだが、行く時には重なるもんだ。
朝天気が良かったが、昼から雨が降ったりやんだり。日中の温度26度、湿度62%。夜20度、74%。

慙愧の塊

ジェシカはこの前避妊手術をしてから以前に比べずっと腹が減るらしく、やたらと食べ物を欲しがる。これは手術をした後で獣医さんにも言われていた。ホルモンの関係だろうか?とにかくだからといって食べさせて太らせたらいけないと言われたので、こちらが食べている時に物欲しそうな顔でじっと見つめられても、無視してあまりあげない様にしている。
更に、以前よりもいろいろな物を食べるようになった。以前は肉以外のものには、ほとんど見向きもしなかったんだが、今はパンとかちょっと肉の汁をかけたご飯とかを食べるようになった。ご飯なんて肉と混ぜても以前は器用によけて食べてたのに。
物欲しそうな顔に負けないようにこちらががんばっているおかげか、目立つほどには太っていないと思う。これと見てると、犬というのは案外良い身分だと思う。人間である我々はあまり太らないようにしようと思っても、小腹が減ったと思うと、冷蔵庫の残り物を探したり、簡単な物を作ったりして、ついつい食べてしまう。自分との戦いというか、これにはなかなか勝てないもんだ。その点犬は人が管理してくれるんだから、わざわざ自分と戦ったりする必要がないわけだ。
今晩も夕飯を腹八分目でやめたつもりが、その後、9時くらいになって、思わず残ってたジャガイモの揚げたものをつまんでしまった。慙愧の塊。
今日は雨が降らず、一日中良い天気。こうなると日中は結構暑い。
日中の温度28度、湿度60%。夜21度、66%。

迷惑メール

今日到着した人が、直前にこちらに確認のメールを送ったといっていた、ところがこれをまた受け取っていない。更にネットの授業を受けている人からもメールをもらっていたようだが、届いていなかった。
実に不思議。ここのところネットの具合もよくなり、メールも問題なく動いていると思っていたんだが、やっぱりこんなことがあるとは、ちょっとショック。質問や申し込みのメールをもらったら、間違いなくその日の内に何らかの返信を書くので、翌日にこちらから何も反応がない場合は、お手数ですが、もう一度連絡をお願いします。
後で良く見ると迷惑メールの中に入っている。今まで問題なくやり取りしてきたのに、一体なんで今回迷惑メールに入ってしまうのか不思議だ。どういうことになってるんだろう。とにかくこれから迷惑メールも毎日チェックするようにしないといけない。
休み明けの今日はなんとなくけだるい。しかももう明日は金曜日だ。なんだか1週間たったという気がしない。この前からやってる、翻訳の仕事はやっと今日全て訳し終わり、後は確認のみ。今月中には終わらせることができるだろう。とにかくこれで一段落。ちょうどオモアから来ていたジュンさんに手伝ってもらって、助かった。なんだかこのために来たみたいになって申し訳ない。
今日は夕方から夜にかけ雨が降ったりやんだり。ただ、昼は結構良い天気で、久しぶりにちょっと暑い感じがした。
日中の温度26度、湿度55%。夜21度、71%。

サンティアゴの日

7月25日はサンティアゴの日。アンティグアとその他サンティアゴを守護聖人にしている町だけが祝日になる。という訳で、今日は朝からちょっとゆっくり。この前からやっている翻訳の仕事の仕上げ段階なので、そちらをやっった。
夕方から用意をして、今日開店した日本食レストラン「歌舞伎」に夕飯を食べに行く。雨が降るんじゃないかと心配していたが、幸いレストランに着くまでは降らなかった。
この歌舞伎はアタバル卒業生のカズ君が始めた店で、場所は公園から1ブロック、もとマサラのあった場所だ。ちょっと早く行き過ぎて閉まっていたが、戸を叩き開けてもらった。2ヶ月近くかけて改修しただけあり、店はきれいにできていて、ペトラも大喜び。トイレも感じよくできていた。
トンカツ、カツ丼、豆腐、砂肝、麻婆豆腐などを、5人で食べてきた。上品な味。値段も一品20ケツアルから30ケツアル(3ドル前後)とかなり安く、これだったらバックパッカーもグアテマラ人も気軽に入れるだろう。さすがに日本人が作ってるだけあって、飾りつけもきれいにしてあり、感心した。
この後は生ビールを売るとか、まだいろいろ計画があるようだ。今日は初日で、店主の カズ君も汗かいて、大変そうだったが、慣れてくれば余裕もできてくるだろう。アンティグアに来た人は、ぜひ一度寄ってみると良いと思う。
歌舞伎で食事をしている間、雷が鳴りかなり雨が降った見たい。でも食べ終わって出る頃にはやんでいた。日中の温度25度、湿度57%。夜20度、73%。

40R

今40Rのバスが便利らしい。これはグアテマラシティーの話。グアテマラシティーの市内バスは、路線ごとに番号がついていて、バスの正面の上のほうに表示してある。行き先もいろいろ書いてあるが、土地勘がないと全然わからないし、表示の仕方も非常に見にくいので、旅行者は番号に頼るしかないだろう。
この40Rのバスは以前からグアテマラシティーに行く時には、良く使うバスであったが、今日聞いた話では以前とちょっと路線が変わり、更に便利になったようだ。
アンティグアから普通の旅行者がグアテマラシティーに行くのは、別の土地に行くために通ることを除いては、韓国の食材を買うか、イミグレーションに滞在期間の延長に行くか、飛行機のチケットの変更などに行くかといった程度だと思う。そして今はこれらが全部このバスの路線上にあるようだ。
アンティグアからのバスでイーペル・パイス、もしくはティカル・フトゥーラなどの大きなスーパー、モールの前で降りて、そこでこのバスに乗り換えれば大概の用は済ませられる。帰りも、(一方通行のところが多いので全く同じではないが)、同じ40Rがほぼ同じ道を反対方向にむけて走ってもいるので、やっぱりこれに乗れば、アンティグアまでのバスに乗れるところまで帰ってこれる。これでグアテマラシティーに行く人に、バスの乗り方などを聞かれて、説明するのも簡単になった。
これとは別に40番のバスもあり、これはまた違った路線を走るので、これは間違ったら大変。
今日は12時頃にザーッと降ってすぐやんで、後はわりと良い天気だった。日中の温度25度、湿度60%。夜20度、72%。

午後から雨

午前中から曇っていたが、午後から降り出した雨がかなり強く、しかも多少は弱くなるものの、やまないでずっと夜まで続いている。
ニュースなどで見るとアンティグアはまだましらしく、グアテマラシティーとかでは、もっと強く降っているらしい。とにかくグアテマラ全土が雨なんだそうだ。メキシコのグアダラハラとかでもかなり降っているということだ。
相変わらず雨季になると雨が降り、水害が起こる。ただ、アンティグアは高地にあるせいか、あまり被害にあっていない。もちろん周りの村などで毎年被害が出るが、原因を見ていると、ほとんどが人災だ。今まで一番身近に感じたのは、アタバルから3ブロック程度離れたペンサティーボ川が氾濫した時。もう10年近く前になるんだろうか。
このペンサティーボ川は普段水がなくて涸れてる川で、そこへどんどんごみを掘り投げたりしていて、更に上流で工事をして、そこから土と木などが流れてきて、川が詰まって、洪水を起こしたものだ。
さすがにその後市が、河床の土などを掘削したりして、相変わらずごみはたくさん捨ててあるものの、その後同じ被害は出ていない。
しかし、その洪水の時にはアタバルのそばの道も川のようになっていて、そこにテレビや家具がぷかぷか浮いて流れていて、なんともすごい物だと思った。
今年はそういう被害が出ないといいんだ。
日中の温度24度、湿度65%。夜20度、72%。

残念なニュース

日曜定食はホイコーロ。今日は雨が直前まで降っていたが、幸いあがってくれたので12人来てくれた。ただ、ここのところいつもそうだが、最初2人で止まり。その後3人。その後2人。というように実にポツポツと来て、そのたびに今日はこれで終わりかと思った。少ない事はある程度予想の範囲内だったので、ちょっと多めに出して、12人に我々が食べて、ちょうどなくなった。
昨日ちょっとショックを受けるニュースが入った。ここのところ日曜定食に、時には日本人以上にアメリカ人などが来てくれていたんだが、このアメリカ人の人たちが来るきっかけは一人のアメリカ人の人が友達に声を掛けてくれたのが始まりだ。
この人は自分でも毎週来てくれた。日本に行きたかったようで、日本語も勉強したりして、食べ終わるといつも日本語で「ありがとう。」といって帰っていった。この英語の先生のジョンさんはアタバルの生徒さんも何人か英語を習っている。しかもウナプーのアナの家にも住んでいたので、知ってる人も多いと思う。
このジョンさんがなんと一昨日の晩突然亡くなった。心筋梗塞だそうだ。先週も来てペトラとおしゃべりをして、いつも通り「ありがとう。」といって帰っていったのを、まざまざと思い出し、最初全く信じられなかった。
ペトラも大変悲しんでいる。本当に残念なことだ。
今日も天気はあまり良くなく、夕方から雨がちょっと降った。
日中の温度26度、湿度57%。夜20度、72%。

平均寿命

朝から市場に買い物。これはいつも通りだが、今はトマトが安い。ジャガイモも安くなっている。トマトは一時のすごく高い時期があったんだが、大分下がってきたようで、真っ赤できれいなトマトが、わりと大ぶりの物でも1ポンド1ケツアルだ。
グアテマラ料理にはトマトは欠かせないので、トマトが安くなるとやはりかなり助かる。もともとトマトは好きであったが、日本に居たときはこんなに毎日のようにトマトを食べたことなんかない。こちらにいると1日1回はトマトが食卓に並ぶ。というか下手をすると3食トマトが出てくることだって結構ある。
ジャガイモも安くなっていて、これまた食卓に良く登場する物なので、ありがたい。ただ、タマネギはまた値段が上がって来た。
毎日いろいろな物を食べる方が健康に良いのかもしれないが、グアテマラの人達はトルティーヤとフリホーレスばっかり食べてても結構長生きしている人がいるので、なんともいえない。グアテマラの平均寿命は確か60歳に行かないのではなかったか。ただ、これは乳幼児死亡率が高いので、これが平均寿命を押し下げているわけで、必ずしも実態を反映していない部分があると思う。
実際住んでて周りを見ても元気なお年よりは結構いる。医療事情その他を考えると、結構すごいことだと思う。
今日も市場から帰ってきてすぐに雨が降り始めた。危ないところだった。
日中の温度26度、湿度58%。夜20度、72%。

中古の机

昨日書いたコーラ依存症の話にはコメントをもらって、意外とコーラ依存症というのがあるってことを知った。
なんといってもコーラを飲みすぎると血糖値があがる心配があるようだ。しかし、コーラに限るんだろうか?昨日のお兄さんはコーラじゃないとだめだって言っていた。どのメーカーの物かは特に言ってなかったが。
確かにアメリカとかに行ってファーストフードを頼むと一緒についてくるコーラなどの炭酸飲料のでっかさに驚く。元々食事をしながら飲み物を取る習慣がないので、あんな大量の飲み物なんて持て余すだけだ。
しかも、安っぽい容器の場合があり、ホテルなどに持って帰ってチョビチョビ飲んでるとだんだんそこの糊がはがれてきて、漏れて来たりするので、実に厄介。要するにあれはチョビチョビ飲むなんてことを前提にはされていないということだ。
ところでこの鉄工屋の兄ちゃんが今日また来て、「机を買わないか?」という。見ると結構頑丈そうな鉄の机だ。どこから持って来たのかわからないが、中古のものだ。かなり迷ったが、上の板を替えれば使えそうだったので、4つ買った。上に作った軒の下で勉強をするときに使えるだろう。
今日は午後に雨がちょっと降った程度。その割には温度は余りあがらず、涼しい1日だった。
日中の温度27度、湿度52%。夜20度、67%。

コーラ依存症

やっと作りかけの2階の庇というのか軒というのかが形ができてきた。骨組みを組んだ鉄工屋がきて、今日仕上げをしていった。これで屋根も一応全部ついたし、後は床と壁ををちょっときれいにして、色を塗り、窓を入れれば出来上がり。そんな大変な工事ではないつもりだったのに、かなり時間がかかった。まあ基本的に大工1人で作ってるんで、仕方がないが。
この鉄工屋のお兄さんと窓枠について交渉し、とりあえずちょっと値切り、来週の土曜日に持ってくるということで決めた。
その後に夕飯食べながら話をしていたんだが、なんと彼は心臓が苦しくなるときがあるという。それで聞くと、彼は一時かなり酒を飲んでいたらしい。まあ週末だけだったらしいが、それでも酔いつぶれるまで飲んでたんだそうだ。それで、子供の教育も考え去年の暮れくらいから酒をやめたんだそうだ。
ところが、そうしたらコーラ依存症になったという。1日に5リットルくらい飲むって言う。ものすごい量だ。しかもキンキンに冷やして、飲み込んだ時に冷たさと炭酸で喉が焼けるような感じならないとだめらしい。これも最近やめようとしてるんだが、時々どうしても我慢できなくて、夜中でも買いに出たりするんだそうだ。
それって明らかに依存症状だと思う。いろいろな依存症の人を見たことがあるが、コーラ依存症ってのは始めてだ。
日中の温度26度、湿度52%。夜19度、63%。その割に昼間は暑く感じた、

悲しいサーカス

昼間は降ったりやんだりで、そんなに強くは降らなかったんだが、夜遅くになってかなり強い雨が長いこと降っている。ちょうど後1週間後、今月の25日はアンティグアの守護聖人である、サンティアゴの日に当たり、アンティグアは祝日。当然グアテマラシティーなどは祝日ではないので、カレンダーは赤くなっていない。
もう先週くらいからアンティグアの中央公園では、本の市が開かれているし、週末には音楽が演奏されたり、いろいろな催しがある。ちょうど去年の今頃姉が遊びに来て、筋肉マン大会とかを見に行っていたのを思い出す。
市場の裏の空き地には移動遊園地が来ている。サーカスはちょっと良く見てないんでわからないが、もう来てるか、そのうち来るかって感じだ。これは毎年の慣例。ただ、最近良くニュースに出ているが、このグアテマラのサーカスがピンチなんだそうだ。どうも良く理解できないんだが、外国からのサーカスとかの公演を簡単に出来るようにするとか言うことらしい。今これに抗議してグアテマラシティーの国家宮殿前にグアテマラのサーカス組合?見たいな人たちが、集まってるらしい。ライオンやら象がウロウロしてるのを昨日のニュースでもやっていた。
以前グアテマラのサーカスを見に行った生徒さんが泣いて帰ってきて、何事かと思ったら、サーカスの団員さんの衣装がところどころほころびててとってもかわいそうな感じがしたんだということだった。これだとメキシコやアメリカのサーカスに来て公演されたら太刀打ちできないだろう。ただ、彼らは田舎の村なんかも回るんで、そういうところにマメに行けばやって行けるんじゃないかと思うんだが。
日中の温度26度、湿度57%。夜20度、71%。


引きこもり

なんだか停電の多い1日だ。特に夜になって、時間はそれぞれが1分たつかたたないかの内についてしまうようなもんなので、たいした事はないが、6・7回は停電したと思う。まあコンピュータはバックアップの電源で、特に影響もないが、ちょうど今翻訳の仕事をしてるところなのでその度にあわてる。ここまでやってるのがもしこれで消えたら、目も当てられない。
ペトラに言わせると今雨季なので、太平洋岸の方で雨がたくさん降っているのが影響しているんだそうだ。そちらの方で雨が降って送電線とかに影響が出るんだという。どこまで本当かどうかわからないが、あまりついたり消えたりでは家電製品にだってよくないだろう。
その割にアンティグアでは今日は雨は降らなかった。昼間の湿度が高かったので、夕方には降るだろうと思っていたが、結局そんなこともなく結構暑いまま。今日はなんだかんだ言って翻訳の仕事をして1日家に引きこもっていた。ここのところ意識して1日1回くらいは外に出て歩いてくるようにしているので、こういう日も珍しい。
夜になってちょっと肌寒くなってきた。まあ夜はちょっと涼しいくらいの方が寝やすくてよい。これがアンティグアのような高原の良い所か。日中ものすごく暑くても夜になるととりあえず布団を羽織って寝るくらいの温度に下がってくれる。熱帯夜なんて3年前に7月に日本に居た時に実に何年ぶりに経験し、その後幸いその時期に日本にいる必要がないので、今は縁がない。
日中の温度28度、湿度54%。夜21度、67%。

到着

「グアテマラの弟」をやっと読んだ。出たときに送ってもらったんだが、グアテマラの郵便事情のせいで、全然届かない。以前DVDを2回送ってもらって、2回とも着かなかったことを思い出して、今回も着かないんじゃないかと心配していた。
そうしたら金曜日の昼過ぎに一枚の郵便局からの通知が届いた。アンティグアの郵便局まで取りに来るようにと書いてある。それ以外、内容も差出人も何も書いてないが、他に送ってくるような物には心当たりはないので、これはやっと本が届いたんだとホット一安心した。ところが、これを持ってきた郵便局の兄ちゃんは、「今日中に取りに行かないと、送り返す。」という。午後の3時に、今日中って言われったって、どうしようもない。郵便局は夕方5時半まで。送り返しはしないだろうとたかをくくりつつも、捨てられたりするんじゃないかと思い、ちょっと不安。幸いホンジュラスから来ていたジュンさんが代わりに取りに行ってくれて、やっと手に入った。そもそも今日中なんて、きっとこちらの郵便局に着いてから通知を出すのを忘れてて、期限ギリギリになって、気がついて慌てて通知を持ってきたんだと思う。
読みながら、あの時姉はこんなことを考えてたのかとか、親は自分のいないところでこんなことを言ってたのかというのが、まず興味深かった。というか過去を自分の外からの見方で再構成したようなもんで、なんとも不思議な感じがした。
今日は雨は降らなかったが風は冷たかった。
日中の温度27度、湿度39%。夜19度、61%。


降ったりやんだり

朝から雨が降ったりやんだり、なんだか肌寒い。間が悪いことにちょうど日曜定食を始める6時半前になって、結構雨が降り始める。なんと5時半に時間を間違えたアメリカ人らしい女性が2人来てくれた以外誰も来ない。アメリカ人女性も後で来るっていったん帰ってしまったので、6時半の開始時間にお客さんは0。ちょっとボーゼンとする。今日のメニューは揚げ豆腐の野菜あんかけ。今またホンジュラスから来ているジュンさんに、「豆腐10人前食べて。」とお願いした。それでもその後雨の中傘をさして10人来てくれた。ありがたいことだ。ホット一息。ジュンさんは豆腐10人前から解放されて、ホット一息ついてたみたい。
雨で外に出るのも大変だし、今日の昼はペトラが海老のセビッチェを作り、皆で食べた。久しぶり。隣のパブロ君も招待し、結構賑やかな昼ごはん。家で作るとセビッチェも大量に食べられる。頭つきの海老約1.5キロ買ったので、からと頭の分を引いても1キロ近くの海老が入ってる計算になるから、大勢で食べても大丈夫。トマトも一杯入ってて満腹になった。
ただ、こういうものは消化が良いのか、午後にもそんなに動き回ったわけでもないのに、夕飯を作る時間になると結構腹が減っている。人も少ないので豆腐もたくさん食べて、良く食べた1日。
雨は夜になっても降っている。ちょっと憂鬱。
日中の温度24度、湿度64%。夜19度、75%。寒いわけだ。


市場のコルプス

いつもの土曜日と同じで今日も朝から市場に買い物に行った。ただ、今日は市場に入ったときからいつもと違う。通路に松の葉っぱがたくさんまいてあるし、天井にはヒラヒラした紙とか風船とかいろいろな、色とりどりの飾りがぶら下がっている。
何事かと思うが、今日は市場のコルプスのお祭りの日。コルプスは前にも書いたと思うがキリストの聖体のことらしく、理由は良くわからないが6・7月はそれぞれの教会が持ち回りのように順番に、毎週このお祭りをする。
市場の中にも教会とはいえない規模だが小さなお祈りをするようなところがあるので、これのコルプスの祭りということなんだと思う。しばらくしたらなんだかブラスバンドの音がして行列が通った。いろいろな像を持って練り歩いている。それにしてもただでさえ土曜日の市の日で、人が多くて歩くのが大変なのに、そんな中を行列作って楽隊連れて練り歩くっていうのは、すごい発想だと思う。そこの通路は詰まって大混雑。後ろにも人が一杯で、戻るにも戻れないので、じっと行列を見ながら、通り過ぎるのを待つ。
しかも、周りの店の人がこの行列が通る時に線香(といっても日本の物のようなか細い物でなく、太い葉巻みたいなごっつい物)を焚くので、ものすごく煙たい。燻製になりそう。まあ実に大変なお祭りだ。
今日も早めに買い物を済ませ、帰ろうとしたところでまた雲行きが怪しくなってきた。幸い帰り着いてから振り出した。その後も降ったりやんだり。
日中の温度25度、湿度60%。夜20度、72%。


撤去

入り口のところでやってる店に、公衆電話を置いてあるというのは以前にも書いたと思う。結構需要があって、時々コインが一杯になってしまって、使えなくなることがあるくらいだ。
ところがこの電話、昨日撤去されてしまった。何でもこの公衆電話のサービスをしてた会社が割に合わないということで、撤去を決めたんだそうだ。それにしても事前の連絡とかそういうのは一切なく、いきなり来て、台とかもはずして持って帰っちゃった。どうなってるんだろう?
割に合わないってのも良くわからない。無線の電話なので、確かに通話のコストは高いのかもしれないが、1分1ケツアルなので、十分なはずだ。もちろん大儲けって訳には行かないのかもしれないが。
それにしてもちょっと困った。普通の電話で店員に時間を計らせてお金を取るってのが一番手っ取り早いが、お客さんが多い時にそんなことしてられない。
グアテマラシティーに住んでる知り合いが、以前普通の優先の電話でコインを入れてかけられるようにする電話機を売っていると言っていったのを思い出し、早速電話をかけて、値段など調べてもらうように頼んだ。どんなシステムなのかも興味がある。あとは値段しだいか。
今日は昼から雨が降ったりやんだり。それでも時々太陽が出ていた。日中の温度25度、湿度55%。夜20度、71%。

風の強い1日

ここのところまた2階の工事をしている。まあ我々の部屋はできて、満足しているんだが、今度はその我々の部屋の前にちょっとした軒を作ろうとしている。これはかなり前から考えていたんだが、なかなか時間もお金もかかりそうだったんで、何とか安く上げる方法はないかとかいろいろ考えて迷ってるうちに今になってしまった。
5月、6月とありがたいことに生徒さんが非常に多かったので、ちょっと授業をするのが皆くっついた感じになって、窮屈そうだったので、踏ん切りをつけた。
作り方にしても、当初はテントのように骨組みを組んで取り外しができるようにしようかと思っていたんだが、以前ペトラと昼ご飯を食べに行ったレストランの中庭に良い感じの軒が作ってあったのを見て、まあこれだったら部屋の前にあってもそんなに悪くないと思い直して、ブロックで土台を作り、上に柱を立てて作ることにした。
もう慣れてきたけど、時間がかかる。特に今は屋根を張っていて、この材質が結構重いので大工1人では大変そう。そこで話をして土曜日にもう一人連れてきてもらって一気に張ってしまうことにした。それで今日はその材料を全て買い揃えるなくてはいけない。電話で注文をするんだが、意外とこれが時間がかかり、1つの店では全部が揃わない。とりあえず最も大変そうなところに必要な物だけ注文した。後は明日ちゃんと届けてくれるかどうかが心配。
今日は風がものすごく強く、1日中吹いてた。温度は高いのに結構冷たい風がピューピュー吹いているので、皆寒いという。日中の温度28度、湿度37%。夜22度、58%。

複雑な昼ごはん

7月中に夏のボーナスを支払わなければならない。いつも早いうちに払ってしまうんだが、今年はなんだかボーっとしている間に7月になってしまい、第1週は準備不足で何もしないまま終わってしまった。そんなことしているうちに、ちょっと量の多い翻訳の仕事を引き受けてしまったので、今週はなんだかバタバタしている。
だからといってあんまり先送りしては、楽しみにしているアタバルの先生たちや入り口の店の従業員がかわいそうだなので、今日の昼ご飯を皆で食べて、ボーナスも払ってしまうことにした。
昼ごはんはとんかつと魚のフライとカレー。フライは作って凍らせてあるのをお手伝いさんに揚げてもらえばいいし、カレーはまだルーを持ってるからこれを入れればすぐできる。先生たちは以外に好き嫌いが多く面倒なので、カレーの嫌いな人はフライを食べればいいし、魚の嫌いな人はとんかつを食べればいいし、脂っこいものがだめだったらご飯を多めにしてカレーを食べて、そうでない人はカツカレーという複雑なコンビネーションとなった。
かなり大量に作ったつもりだが、幸いほとんどなくなり、カレーがちょっと余っただけ。ボーナスも何とか無事に払い終わり、ホット一息。
今日は1日外に出なかったので良くわからないが、多分雨が降らなかったとおもう。もしかしたら夜ちょっと降った程度。
日中の温度26度、湿度42%。夜21度、58%。

肉の食べ方

時々ホームステイ先の状況を生徒さんに聞くんだが、今日は食事の話になった。その時に1人の生徒さんが、「グアテマラでは付け合せのものには基本的に肉が入ってない。」という。ちょっと始め意味がわからなかったが、良く聞くと例えば日本ではスープとかにも、ちょっとひき肉を入れてみたり、和え物、おひたしなどのちょっとした付け合わせにも、オジャコが入ったりなんだかんだとたんぱく質系のものがちょっと入ってることが割とある。
確かにその点、グアテマラでは付け合わせというと基本的に野菜をソテーしたものとか米と野菜とか、たんぱく質系のものがちょっと入れるという発想がないような感じがある。肉類はメインでガツッと食べて、後は付け合わせをちょっと食べるというのが一般的か。もちろん豚の子袋をラディッシュと酢であわせたようなものとか、全くないわけではないが、スープにしてもメインで食べる肉団子スープとか、ポトフのようなものとか以外には肉が入っていることはあまりない。
小さく切った肉がないというのも、そういう傾向と関係があるんじゃないかと思う。ひき肉も普通に市場で売っているのは牛肉のみのことが多いし、薄切り肉なんてない。鳥も骨付きで基本は丸ごとが単位になる。
強いて小単位で食べるたんぱく質系のものを探すと、ハム(これはサラダなどに入ってることがある)などの腸詰系のものとなる。という訳で、そのステイ先の人は決してケチってるんじゃないんだということで一段落。
今日は昼から雨が降ったりやんだり。日中の温度25度、湿度48%。夜21度、69%。

警察の引越し

以前アンティグアの中央公園に面した総督のいた宮殿跡を修理するために今中に入っている警察や観光局を1次的に移動するっていう話を書いた。何でもユネスコだかなんかからお金がいくらか出たらしい。
これが5月には始まるって聞いていたんだが、公園を通っても特にトンカンやってるわけでもなし、どうなってるんだろうと思いながら、いつの間にか忘れていた。ところが今日通ってよく見たら、警察の入り口が閉まってる。
いよいよだと思ってアタバルに戻ってセルヒオに、ついに工事が始まったのか?って聞いたら、何をいってるんだって感じで、「そんなのもうとっくに警察なんてあそこから出てる。」って言う。なんと5月くらいにはもういなかったらしい。
しかし、あの前をそう頻繁ではない物の何回か通っているはずなんだが、さっぱり気がつかなかった。まあ工事自体はまだ始まっていないようで、観光局などはまだそのままやっている。
警察はパノラマというアンティグアの隣の住宅地に移動したらしい。こうなるとなんかあって警察に行くのもちょっと遠い。修復が終わっても警察は戻ってこないはずってことは、警察はパノラマに行ったままってことか。まああまりお世話になりたくはないが、ちょっと不便な感じはする。
今日は昼から天気雨が少し降ったくらいで後は良い天気。
日中の温度26度、湿度45%。夜20度、66%。

警察の引越し

以前アンティグアの中央公園に面した総督のいた宮殿跡を修理するために今中に入っている警察や観光局を1次的に移動するっていう話を書いた。何でもユネスコだかなんかからお金がいくらか出たらしい。
これが5月には始まるって聞いていたんだが、公園を通っても特にトンカンやってるわけでもなし、どうなってるんだろうと思いながら、いつの間にか忘れていた。ところが今日通ってよく見たら、警察の入り口が閉まってる。
いよいよだと思ってアタバルに戻ってセルヒオに、ついに工事が始まったのか?って聞いたら、何をいってるんだって感じで、「そんなのもうとっくに警察なんてあそこから出てる。」って言う。なんと5月くらいにはもういなかったらしい。
しかし、あの前をそう頻繁ではない物の何回か通っているはずなんだが、さっぱり気がつかなかった。まあ工事自体はまだ始まっていないようで、観光局などはまだそのままやっている。
警察はパノラマというアンティグアの隣の住宅地に移動したらしい。こうなるとなんかあって警察に行くのもちょっと遠い。修復が終わっても警察は戻ってこないはずってことは、警察はパノラマに行ったままってことか。まああまりお世話になりたくはないが、ちょっと不便な感じはする。
今日は昼から天気雨が少し降ったくらいで後は良い天気。
日中の温度26度、湿度45%。夜20度、66%。

シューコ

シューコというとグアテマラでは汚い、腐っているという意味。ところがこのシューコと呼ばれる食べ物がある。簡単に言うとホットドックの一種なんだが、ヘンテコなネーミングの割には人気がある。
ちなみにホットドックはペロ・カリエンテと直訳でいわれることもあり、チェベレといわれる事もある。さまざまな呼び方があるわけだが、それだけ良く食べられているということなんだろう。最もグアテマラの喫茶店などで一般的にはホットドックと書いてあるのが多いように思う。
それでこのシューコだが、このホットドックにアボガドの潰したもの(いわゆるワカモルといわれるもの)が入ってる。どうしてこんな名前にしたのか知らないがこのワカモルが見た目に汚いからか、食べるとこのワカモルがはみ出してきて汚いからか、とにかくその辺から来た名前じゃないかと想像している。
発祥の地もどこだか知らないが、少なくともグアテマラにおいてはグアテマラシティーのソナ4の一角で有名になったものと思う。僕が始めて食べたのはもう10年以上前になると思うがやはりこのソナ4の有名な一角に行って食べた。この地区にはもう既に店や屋台が何軒もあり、道路の脇で激しく呼び込みをしていて、車で食べに来たり持ち帰りで買っていく人で昼時にはかなりの混雑をしていた。このシューコも最近アンティグアで食べられるようになった。だんだん広がってきているのかもしれない。
今日も1日良い天気。日曜定食は豚肉のしょうが焼き、21人来てくれた。日中の温度30度、湿度37%。夜21度、62%。


サンバルトロ

やっぱりカニクラなんだろうか?今日も雨が降らず1日非常に良い天気。市場で買い物をしていても先週帰り際に土砂降りになったことが頭にあるので、つい急いで、早めに帰ってきたが、全然関係なかった。
いつも土曜日の市場ではかなりの量を買うので、ピックアップトラックで帰ってくる。ピックアップの運転手さんはちゃんと荷物を運んでくれるし、タクシーほど高くないので実にありがたい。
今日もいつものお兄さんに頼んで帰ってきたのだが、我々が頼んだ後でまた別口のお得意さんに声をかけられたらしく、一緒に乗ってもらえないかと言われた。こちらとしては雨は降りそうにないし、別に一刻を争うほど急いでいるわけではないのでOKした。別口のお客さんはサンバルトロの人らしく、そちらに先に行くという。サンバルトロはアンティグアの隣村だが、もう何年も行っていない。本当に久しぶりに行ったんだが、なんとなく村が拡大しているような気がする。グアテマラもどんどん人口が増えていて、当然アンティグアも例外ではないと思うが、アンティグアの町中は規制もあるし、土地も異常に高いので、住人が増えるというより、むしろいろいろな商売をする人に家を貸したり売ったりして、アンティグアの外のこういう村に移り住む人が多い。一種のドーナッツ化現象か。
しかし、これだけ暑くて天気の良い時にトラックの荷台にしばらく乗ってると、鼻の頭とかがジリジリしてくる。
日中の温度29度、湿度35%。夜22度、63%。

ナランハーダ・コン・ソーダ

グアテマラではご飯の時にジュースを飲む。今ではあまりに普通の光景なので全く気にならないが、最初は甘いものを飲みながらご飯を食べるってのに違和感を感じた。でも良く考えてみると、マクドナルドなどにいってもハンバーガーとコーラとかを一緒に食べるんでもしかしたらアメリカ大陸の習慣か。ロスアンゼルスで吉野家に行くと牛丼とコーラが出てくるんで結構困る。牛丼なんてそもそも甘い味がついてるのに。前にも書いたようにアジアでは食べ物に砂糖を入れるので、飲み物は甘くないものがついてくるんだと思っていたので甘いものばっかりはかなりつらい。
そんなグアテマラのお昼ご飯についてくる飲み物の定番はリモナーダ。要するにレモネードだ。もちろん他にもオルチャータ、タマリンドなど定番といえる飲み物はあるが、レモネードはどこのレストランに行ってもある。
最近アタバル入り口の店に見慣れない缶ジュースを売りに来た。これがレモネードとナランハーダ(レモネードのオレンジ版)。缶入りのものは始めてみた。どちらもコン・ソーダなので炭酸入り。仕入れておいてみたら結構売れる。
どんなものかと思って昨日暑くて喉が渇いたので試しにナランハーダを飲んでみた。なんて事はないファンタオレンジと大して変わらない味だった。(気のせいかあれほど甘ったるくないように思ったが)まああらためて考えてみたら、どちらもオレンジ味の炭酸飲料なんだから同じで不思議はない。
今日も雨は降らず。ただ天気が良いわりには涼しかった。日中の温度26度、湿度47%。夜20度、66%。


一月はやい

毎年花粉症の話題を書くんだが、大抵8月くらいのことだと思う。実際花粉症なんてアレルギーの元となる花粉さえ飛んでなければ、全く忘れているようなものなので、日本では春、こちらでは8月の後半から9月くらいというのが時期だ。というかだったはずだ。
ところがここ1週間くらいどうもくしゃみが出る。とにかく普段は忘れているようなものなので風邪でもひいたかと思って、夜にちょっと暖かい格好をしたりしていた。何せこの時期に花粉症になった事はないので、花粉症というのがとっさに思い浮かばなかった。
ただ、朝のうちなんともないのに夕方から夜になり、更に不思議と雨が降っている時にひどくなる。それとこの鼻の痒さはやっぱり花粉症のものだと思いついた。一体どうなってるんだろう。今年はやっぱりちょっと気候が変なのではないだろうか。
今日は雨が降らず、夜になってもほとんどなんともない。たぶん間違いなく花粉が飛んでいるようだ。雨の降っている夜に花粉が飛ぶ花って言うのはなんだろう?
しかも今日雨が降らないのでペトラはそろそろカニクラかとか言っている。カニクラなんて7月の後半か8月のことだと思っていた。まあ1日だけのことなので、カニクラかどうかこれだけで判断は出来ないが、やっぱり変な気候ってことか。
そういうわけで非常に天気の良い1日だった。ただ日差しは強いが湿度が低いので歩いてきても大汗はかかない。ただ、夕方にアタバルのそばで水道管が破裂した模様で道が川のようになっていたらしい。その後断水。夜にも水が出ないのでシャワーを浴びれず。
日中の温度28度、湿度37%。夜20度、66%。

道路でスケート

昨日書いた国際オリンピック委員会での2014年の冬季オリンピックの開催地の件は、結局ロシアに決まったらしい。グアテマラでは冬季オリンピックなんてほとんど参加する事もないので関心がなく、大抵の人は知らないうちに始まって知らないうちに終わってしまうような感じなんだが、これはグアテマラでやっているだけにニュースでもかなりの時間を割いて放送されていた。
開催の決まったロシアの人たちが大喜びしている様子と、落選した韓国の人たちががっかりして泣いている様子が映されている。ロシアはかなり熱心に誘致していたようで、一時はシャラポワとかいうテニスの選手もくると言われていて、グアテマラ男性の期待を集めていたらしい。(結局来なかったみたいだけど)
ちょっとビックリしたのはグアテマラシティーのソナ10(だと思う)の道の一部を封鎖してそこに氷をはって、スケートができるようになっている。こんな設備グアテマラにはないはずで、どこかの国の人が持ってきたんだろうけど、(ロシアか?)この昼間はくそ暑いグアテマラシティーで、たいそうなもんだ。電気代大変だろうなとついくだらない心配をしてしまう。(冷蔵庫が古いから電気代がこんなに高いんじゃないかと疑っているもんで、ついそれと関連付けて考えてしまう。)
今日も日中はかなり暑かった。最近夕立というより昼過ぎ立ちで、今日も昼過ぎに降り始めて夕方にはやんだ。
日中の温度28度、湿度62%。夜20度、71%。


国際オリンピック委員会

昼過ぎにまた雨が降る。かなり強い雨がザーッと降ってすぐにやんでまたちょっと日が照る。雨が降って涼しくなるかと思ったら、暖まった地面に雨が降って、湿気が上がってきてかえって暑苦しく感じる。ちょっと外に用事に出ただけで大汗をかく。
今グアテマラでは国際オリンピック委員会の総会が開かれているらしい。この前書いた空港の新しい施設が1部使用され始めたのもこれにあわせたものだとのこと。昨日はロシアのプーチン大統領も来たとか。ロシアの大統領がグアテマラに来たのは初めてのことらしい。何でも2014年の冬季オリンピックの開催地を決めるらしくて、ソチというロシアの都市が候補になっているらしい。
オリンピック委員会の人たちは大体首都のソナ9、ソナ10といった繁華街のホテルに泊まって会議をしたりしているようだが、その辺はかなり警戒が厳しい模様。ただ、いくつかの道路でいろいろなスポーツ関係の催しも行われているようで、いろいろな国からいろいろな競技の選手も来ていて、(オリンピックでメダルを取ったような選手もいるんだとか)子供たちにサインをしたり、柔道その他の実演も行われている様子がニュースで流れている。ちょっとしたお祭り騒ぎだ。
韓国も候補になっているようで、こちらも大統領が来ているみたいだ。ロシアのプーチン大統領の陰に隠れているようで、ニュースの扱いも小さい。ただ、今まで韓国の人はグアテマラの入国の際にビザが必要(当然グアテマラ人も韓国に入国するのにビザが必要)だったのが今後必要なくなるようだ。
日中の温度27度、湿度65%。夜21度、73%。

「マヤの衣装が語るもの」

今日は7月の最初の授業。2007年もいよいよ後半が始まった。
今日は関西方面の催しのお知らせ。
7月5日より29日まで東大阪市民美術センターというところで「マヤの衣装が語るもの」という展示会が行われるそうだ。国立民族学博物館のマヤ衣装コレクションの中から伝統的な衣装から新しいものまで約180点を選んで見ることが出来るということ。
更に7月8日日曜日の午後1時半から4時まで「マヤの魅力?古代文明から現代マヤへ」というテーマで記念講演会と織物のワークショップも行われるそうだ。せっかくの機会なのでぜひ機会を作って行ってみて下さい。このブログをリンクしてもらっているグァテヒードにも詳しい案内が出てるのでこちらもどうぞ。
細かい作業は苦手なので、織物を習ったりした事はないが、アタバルで勉強に来た人はついでに織物を習っていく人もいる。そのうち熱心にやるようになる人もいれば、小さいものを短期間で作ってお土産にするだけの人もいる。まあランチョンマットサイズの小さいものでも教えてもらって先生にかなりの部分やってもらったりしながら1週間とかかかるんだから大変。今の世の中にこういう時間と手間のかかることをやって、それを普段の生活の中で使っている人がまだかなりの人数いる訳だから、結構すごいことなんじゃないかと思う。
今日も午前中は良い天気で暑かったが、昼過ぎにかなり雨が降り、これで温度が下がるかと思ったら夕方になって、また晴れてきた。
日中の温度28度、湿度61%。夜21度、71%。