スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1週間たって

日本から戻ってきてから明日でちょうど一週間。あっという間だ。幸い帰ってきてすぐに週末でゆっくりしたので、特にひどい時差ぼけにもならず過ごせた。今週末はもう休んでもいられないので日曜定食も再開する。
メニューを考えないといけないので、木曜日の今日は市の日なので、朝から市場に様子を見に行った。魚屋はあまりたいした物がなかったので、今日は豚肉を買ってきた。しょうが焼きとかにする予定。今晩もう一度メニューを考えて、明日は黒板に発表。
明日は金曜日で文法補修も再開。これで、通常通りの週に戻ったわけだ。幸い新しい生徒さんも来てくれて、アタバルもかなり賑やか。自分がいない時に生徒さんが増えるので、帰ってきて生徒さんが減ってしまったら先生たちから何を言われるかわからない。
ここ数年生徒さんの増減に決まったパターンがないので、もう基本的にあまり先の予定は立てないようにしている。以前はやはり休みのシーズンには大勢来たものだが、最近では少なかったりする。その時期は航空券が高いからじゃないかと思う。むしろ、休みのシーズンをはずして、航空券が安くなってから出てくる人が増えたような感じがする。短期で観光だけの人はその限りにないのかもしれないが、アタバルの場合、どちらかというと複数週勉強する人が多いので、そういう傾向になってきているんじゃないだろうか。まあ海外に出る人も増えていろいろなパターンの旅行をする人が出てきたということか。
今日は朝から良い天気で、その分温度も上昇。
日中の温度26度、湿度38%。夜19度、63%。
スポンサーサイト

技術革新

グアテマラでは元スペイン領ということもあり、多くの町では中心に公園があり、休みの日など人がそこに集まり憩うような場所になっている。そうなるとアンティグアなど町の外からの人たちも集まるような大きな町では、当然公園の近くにはそういう人たちを目当てにした飲食店などの店ができる。
更にそこにはそこに来ている人の写真を撮って売る商売をする人が大抵いる。日本では皆がカメラを持っているし、携帯電話にカメラの付いたものを持っている人も多いようで、もはやそういう商売はあまり見かけなくなったが、グアテマラではまだカメラを持っていない人も多く、休日などに記念に写真を撮ってもらっているカップルなどを良く見る。
この写真屋の必携の道具は当然ポラロイドカメラだった。ところが最近それがポラロイドじゃなくデジカメになってきているという話を今日教えてもらった。写真屋によってはデジカメで撮り、それを近くの自分の店などに持って行きプリントアウトして売ったりするようだし、更に携帯用のプリンターを持ってて、その場でプリントアウトしてくれる人までいるんだそうだ。
ちょっと稼ぎの少ない人たちはカメラも買えないこの国にも技術革新は確実に浸透しているという、不思議な感じのする話だった。
今日は今のところ雨は降っていない。ただ、ずっと曇りで日中もなんとなく肌寒い。更に夜もちょっと寒くなってきた。
日中の温度23度、湿度65%。夜18度、69%。


技術料

うちに戻ってみたらシャワーのお湯が熱くない。熱いお湯がふんだんに出る日本と比べると随分な違いだ。せっかくの給湯器もこうなると全然意味をなさない。
このままでは夜結構温度が下がる12月には辛いと思い、修理するおじさんを呼んだ。おじさんは「これはガスのバルブが古くてもうだめなんだ。」という。そこで早速換えてもらったところ、一発で直った。
おじさんは得意になって小話を一つしてやると言う。ある会社で作ったエンジンがなかなか思うように動かない。大きな会社なので学歴の高いエンジニアが寄ってたかっていろいろいじってみたがどうにもならない。そこへ掃除のおじさんが町の修理屋のおじさんを連れてきてこの人に見せてみろと言うのだが、誰も相手にしなかった。何日たっても進展がないので物は試しとそのおじさんをもう一度呼んで見せたところ、しばらく見ていたおじさんが、ネジを1つ締めなおしたら、エンジンは正常に動き出した。そこでおじさんは修理代として1万ドルを請求する。皆たったネジ1つ締めただけなのに1万ドルは高いと文句を言ったが、仕方ないので払った。その領収書におじさんは「ネジ締め代1ドル、どのネジを締めればいいかを知る知識料として9999ドル。」と書いたというもの。
これを聞いたときに不安がよぎったが、案の定175ケツアル(約24ドル)とられた。まあバルブ代込みなので、法外とまでは言わないが、妙な小話で文句を封じておくなんて、その技術に脱帽。
昨日の夜中少し雨が降った。こんな時期に珍しい。今日は曇っていて日中の温度23度、湿度62%。夜19度、70%。

ボビー

通常の生活に戻り、無事1週間が始まる。やはり週末にゆっくりしたので、今日はそれほど眠たいこともなく、調子が良い。トイレの時間だけは未だ日本時間のようだが。
アタバルの隣の家でも犬を飼っている。ボビーという。なんて種類なのかは知らないが、小さくて毛がモジャモジャの犬だ。うちのジェシカとは違い一人でどんどん外に出てあっちこっちに行く犬で、時々家の人が忘れて閉めてしまうらしく夜外で寝ている。雄犬なのでそんな時にジェシカと散歩に行くと追っかけて来る。日中にもよくアタバルの入り口のところまで来てオシッコをして行く。やはり縄張り意識があるんだろうか。それと関係あるのか、小さな犬なのに家の前をでっかい見知らぬ犬が通ると飛んで行って追い払う。体が3倍くらいあるでかい犬を追っかけてるところも見たことがある。ただ、その更に隣の家にでかい雌犬がいるんだが、この犬とボビーは外を放浪する仲間のようでよく一緒にウロウロしていた。
ジェシカは外でボビー会うと一目散に家に入ってしまうんだが、中にいる時に来るとクンクン言う。それで皆からボビーはジェシカのノビオだと言われていた。このボビーが土曜日に死んでしまったそうだ。朝は元気に外に出て行ったらしいが、帰ってきた時にぐったりとしていて翌朝まで持たなかったんだそうだ。どこかで喧嘩でもしのかもしれない。
ペトラはジェシカのノビオが死んじゃったと言って悲しんでいる。ジェシカは気がついているのかいないのか、散歩の時などボビーの家の前の一生懸命嗅いでいる。
日中の温度26度、湿度60%。夜20度、68%。

のんびり

アンティグアに戻ってきて最初の週末はちょっとゆっくり。今日は日曜定食も休みにしたので、随分ゆっくりした。時差ぼけなんだか良くわからないがとにかく眠たい。いつものことだが普通の時差ぼけと違い昼間眠たいだけでなく、夜も眠たい。
とはいえ寝てばかりもいられないので、午前中はたまってた雑用を少し整理する。留守にしてる間も特に大きな用事はなかったものの、細かい雑用はなんだかんだたまるものだ。昼はちょっと出かけて外食。その後いったん戻り、一休みしてシャワーなどに入り、夕方にまた出かけた。
しかし、なんとなく日曜日に何もないと違和感がある。アタバルに戻りテレビを見ながらペトラとしばらく話をしてると何曜日なんだかわからなくなってくる。長い間の習慣というのは恐ろしい物だ。
それはともかく明日からはもう通常の週が始まる。少し気分を切り替えて、また日常生活に戻るようにしなくちゃいけない。
それにしても日本は最期の1週間くらいかなり寒かったので、こちらに帰ってくるとなんだか暑い気がする。温度自体は日中25度前後でアンティグアの標準からすると決して高くはないのだが、何せ日本で暖房を入れていたときに設定してた温度が20度とか21度程度だったので、それ以上というわけだ。夕方公園で座っていたら、知り合いに会い、「日本は寒かった。」と言うと、「そうだろう。アンティグアの気候に勝る物はない。」と嬉しそうにだった。
日中の温度25度、湿度56%。夜20度、68%。

爆睡

昨日は朝に帰ってきて、なんだかんだバタバタしているまに終わってしまった。さすがに疲れてたのか、夜はあっという間に寝てしまい、朝5時ごろに一度目が覚めたが、時計を見ただけでまたすぐに寝てしまって、8時半にペトラが起こしてくれなかったらまだずっと寝てるところだった。
まあ今日は休みだからそれでも良いと言えば良いんだが、市場に行くつもりだったので、このくらいに起きればちょうど良い。市場ではあちこち行きつけの店などで挨拶をして、100円ショップで買った物などをお土産に渡す。100円ショップはこういうとき本当に便利。特にここ数年毎年年末に帰ってくるのでカレンダーなどは、男でも女でも問題ないし、去年同じ物を渡したとかそういう心配もないし、実に便利。
明日はまだ日曜定食を休むので、買い物は家の物ばかり。買い物の方はそれ程時間もかからない。ただ、昨日あれだけ寝たのにまだ眠たくてしょうがない。やはり機内や空港で椅子に座って寝るんでは、あまり寝たことにはなってないと言うことなんだろう。
市場から帰ってきて、また爆睡。我ながら良く眠れると思う。夕飯の時間になり起きた。夕飯を食べていたら、いつもコンピュータの修理を頼むビクトル・ウーゴがひょっこりやってきた。なんでも別の用事でこちらに来たら寄ってみたとのこと。ちょうど良いので日本から持ってきたコンピュータを見せた。「これは安いな。」と感心していた。
持ってきたコンピュータは無事ネットもつながり、その他動作も問題ないようだ。預け荷物に入れてちょっと心配だったが、こちらもこれで一安心。
日中の温度25度、湿度57%。夜20度、69%。

帰宅到着

やっとグアテマラに帰ってきた。ロスからのスピリット航空は相変わらずというか、とにかくサービスが食べ物も映画も何にもないので、変りようもない。まあこれで安いんだから十分だと思う。機内は満席ではなかったが9割程度は埋まっていた。こういう会社にがんばってもらいたいところなので、ちょっと安心。
グアテマラの空港は当然まだ改装中。3週間程度ではどこが変わったんだかわからない。ちょっと心配していた税関も荷物が遅く出てきて、税関のところに行った時には、既に人でいっぱいだったので、細かく検査する方に行かされずに、すぐ出て良いと言われた。ついてる。
外に出るとペトラが1番前で待っててくれたのですぐに見つかったが、なんだか出たところがまだ全然整備されていないので、ごった返していて、そこまで来ている迎えの車がなかなかこちらまで来られない。これは何とかして欲しいもんだ。
とにかくやっとのことで空港を離れ、アンティグアに帰ってきた。やっぱりアンティグアに入る手前の坂を下りるとやっと帰ってきたとホッとする。
ATABALに戻るとこれはもう日常そのもの。休み時間にいない間に来てくれた生徒さんに挨拶し、日本に行く前から勉強してくれていた生徒さんの中でもちょうど今週で終わりの人がいるので、これまた挨拶をした。
とにかく日本に行っている間、ペトラも大変だったようだが、なんだかんだ生徒さん達も協力してくれたようで、感謝感謝。


ウトウトして過ごす

ロスアンゼルスまではあっという間だった。良くわからないが、ロスから日本は10時間以上かかるのに、日本からロスは8時間ちょっとでついてしまうようだ。風の具合だとか地球の自転の具合と聞いたことがあるが、2時間近く違うと随分早く感じる。
とにかく飛行機に乗ったときからウトウトしていたので、お絞りをもらい損ねたが、あっという間だった。更に帰りの便は、行きと同じように、ちゃんと一人一人にモニターがついて映画とかが見られるのだが、メニューの構成が変わっていて、使いやすかった。ちゃんとそれぞれの映画の題とちょっとした内容を見て選べるようになってるので、なんだかわからないままあっちこっちチャンネルを変えなくてすむのでとても便利。おかげで2つくらい映画を見た。ウトウトしながらだったのでなんだか良くわからなかったが。
ロスアンゼルスに朝9時頃月着いて荷物を取り、外に出る。荷物が多いが、カートがあるので助かる。すぐにスピリット航空に荷物を預けようと思ったが、さすがにまだカウンターには誰もいない。真夜中の便なので当然か。
仕方ないので、空港から出るのはあきらめ、家から持ってきた弁当を食べた。外に出られないとなると弁当を持ってきて本当に良かったと思う。空港内のレストランはろくな物がなく、値段も高く美味しくない。
このカートに荷物を積みその上に足を乗せてベンチに座って寝た。これだと一応荷物も安心だし足を上げると寝やすいし、なかなか便利。しかもロスの空港はトイレがカートを持ったまま入れるようになっているので助かる。これまたベンチでウトウトしながら夜まで過ごし、7時過ぎにやっとスピリット航空のカウンターが開いたので、チェックインし中に入る。


帰国

いよいよ日本を出発。今回は荷物を先に宅配で空港に送ったので実に楽。成田空港までは成田エクスプレスを使い、あっという間に着いてしまった。とにかく荷物はリュック1つなので駅でもいちいちエレベータを探す必要もなく、スタスタ行ける。
家を出たのはちょうど昼ごろ。朝ごはんを多めに食べて、昼は食べないで出かけた。成田に着いたのはちょうど2時。荷物がどうなってるかはちょっと心配だったが、カウンターに行き問題なく受け取った。
ただ、そこからリュックに詰めていった荷物を再びスーツケースとバックに分けて詰める。ここでは量ることができないので大丈夫そうな重さに適当に詰めた。それをアメリカン航空のカウンターに持って行き、チェックイン。まだ重さは余裕があった。
残念ながら今回は預けた荷物をスルーで流してもらえない。前回もだめって言われたんだが、いつもそうしてくれる、と粘ったらスルーにしてもらえた。今回も粘ろうかと思ったが、中にコンピュータが入っているので、ちょっと心配で、ロスで一応確認しようと思い、粘るのはよした。
相変わらずチェックインの際にはグアテマラからの出国チケットがないと不審がられる。でもグアテマラのヴィザを持ってるというと、今日の人は一生懸命読んでる。スペイン語がわかる人だったんだろうか。
空港には元生徒さんが来てくれたので、いろいろ手伝ってもらい助かる。一緒に昼ごはんを食べ、その後ゲートに入る。

荷物を送る

朝一段と寒かったが、昼前から天気が良いので、日向は暖かくなってきた。ところがまた夜は冷え込む。外に出てタバコを吸うのがいやになるくらい寒い。
もう明日は日本を発ってグアテマラに帰る。買い物に出て、お土産を買い足した。ただしスーツケースとバックは荷造りを済ませ、どちらも宅急便の超過料金が取られないぎりぎり20キロにしてあるので、もう、そちらに入れることは出来ない。これはリュックに入れ成田空港まで持って行きそちらでスーツケースなどに入れる予定。
取りに来るのは午後4時から8時までの間ということで、一体何時に来るんだかわからない。念のため昼から母親に頼まれたものだけ買いに出かけ、3時には家に戻った。4時前に電話があり、「これから集荷に伺います。」とのこと。ちょうど4時に取りに来た。さすが日本だ。実に時間に正確。お金は着払いで空港で受け取るときに払うので、今日は払わなくて良い。
それにしても結構年配の人が取りに来たので心配してしまった。この家から外に出るには階段を使うしかなく、この階段がかなり幅の狭い階段で、大きな荷物を持つとつっかえたりして歩きにくい。しかも20キロの荷物2つとなるとかなり重い。まあだからこんなサービスを使おうと思ったんだが、自分よりかなり年配の人に持って行ってもらうことになると、なんとなく複雑な気持ちがする。
ところがこちらが心配して、出て行った後、テラスに走って出て、影から覗いてみたら、もういなかった。オジさんかなり力持ちだったみたいだ。
とにかく荷物を送ってしまったのでホッとした。これで今晩はゆっくり出来る。ただ、なんだかホッとして忘れ物をしないかが心配。

空港宅配

いよいよ日本滞在も残すところ明日1日。急に寒くなってきたところでまあいいタイミングかもしれない。ただ、ペトラによるとアンティグアも結構寒くなってきている模様。
今日はいろいろ迷った末荷物を空港に宅急便で送るのを頼んだ。これで荷物を持って移動しなくて良いので助かる。
ただ、ビミョウなのは航空会社の荷物の重量制限は23キロなのに、宅急便は20キロを越えると追加料金となるらしい。どこまで厳密なのかわからないが、この3キロの差が何とも面倒臭い。今日は荷物を持って体重計に乗り、一生懸命重さを量ってみた。なんとスーツケースは一杯に入れると20キロは完全に超えてしまう。何回か荷物を持って量り何とか20キロちょうどくらいにしてみた。しかし、体重計の秤がどこまで正確なのかちょっと心配。今晩にでもちょっと荷物を出して、それは自分で空港まで持って行き、空港で荷物を受け取った後、スーツケースにつめて、23キロ以内に収める予定。面倒だが仕方がない。
今回はコンピュータを買った以外、そんなに大きな買い物はしてないつもりなんだが、結構ちょこちょこと買い物をしているんでいつの間にか結構な荷物になっていた。宅急便は明日の夕方取りに来る予定。なんだか始めて利用するので、ちょっと心配。ネットで頼むと安くなるので、ネットから頼んだので、いろいろ聞いたり出来ないのが不安なところ。まあ何でも始めて利用するというのはそんなもんだろう。一回うまく行くと次から安心して頼めるんだろうけど。


移動の用意

今日はまた寒くなった。しかも夜には雨まで降ってきた。こうなるとやはりアンティグアの寒さなんか比較にならないと思う。20度を切ったら寒いなんて、こちらでは今エアコンを20度に設定してるのに、それで十分暖かく感じる。
ここのところ大体帰りに成田空港まで行くときは姉が送ってくれる。たいてい誰か知り合いの人に頼んで車を出してもらい、それに乗っけて行ってもらえるんだが、今年は忙しくてだめらしい。まあそれはいいんだが、やはり今年も中古のコンピュータを買ったりしたので荷物が多い。制限ぎりぎりの2つの預ける荷物になりそうだ。しかも重さも20キロは超えないと思うが、かなりそれに近くなる。
そうなるとこの実家の構造は大変不便。なにせ斜面に建っているマンションなので、エレベータがない。この荷物を2つ持ってこの狭い階段を下りていくのは結構な労働だ。しかも、そこから駅までも坂道で結構大変。
そんな訳で、今回は荷物を宅急便で空港に送ることも考えている。もしくはタクシーとリムジンバスを乗り継ぐのも考えている。以前は荷物が少々多くても抱えて行ったが、最近さすがにそういうのが憂鬱に感じるようになった。
それで今日宅急便のを調べていたら、2日くらい前に送らなきゃならないらしい。そうなるとぎりぎり。一つだけQLライナーというのが前日可らしい。そうなると忙しいが明日には荷造りをしないといけない。とにかく移動の前は気が重い。

アタバル同窓会

アタバル同窓会当日。ここ2年ほど渋谷でやっていたのだが、今年はちょっと変えてみて大久保でインパクト・ラティーノというところでやってみた。なにせ初めてのところなので、本当は下見に行った方が良いのかも知れないが、そんな余裕はなかった。でもってぶっつけ本番。
夜7時開始なのでちょっと前の6時半に行くつもりだったんだが、その前に新大久保で友達にあって話しなどしていたら、6時半になってしまった。慌ててタクシーを拾い、会場に向かったんだが、地図を印刷して運転手さんに渡したのに、良くわからないという。どうやって行くんですかって聞かれたって、わからないからタクシーに乗ってるくらいで、全然検討がつかない。何とか近くまで行ったんだが、なんだか通りが真っ暗でわからない。仕方ないので降りて探したら、先に来てくれていた人がいて、やっと到着。
場所は地下で思ったより狭い。すぐに開始時間の7時となったが人数は10人ちょっとといった感じ。今回はあまり時間に余裕がなかったので、少ないだろうと思っていたが、それにしても予想以下。ところがその後続々と来てくれて、結局名簿に記入してくれた人だけで約50人。それ以外にちょっとだけ顔を出してくれた人なども併せれば全部で60人近くになったんじゃないだろうか。本当にうれしい驚き。
会場がこの人数だとちょっと狭い感じだったが、対応してくれた会場の人が椅子もどんどん出してくれてとても親切にしてくれて、実に良い感じの集まりが持てた。
レストランとかでなくこういう会場を借りてやるメリットは、基本的に立食になるので動きやすく、あっちこっちに行って話が出来ること。それでもこれだけ大勢の人が来ると、皆と話をするので忙しく、食べ物をつまむ余裕もない。あっという間に4時間がたってしまった。来てくれた人達も必ずしも皆顔見知りというわけではないんだが、グアテマラ好きという共通点で、いくつも話の輪が出来ていてそこにちょこちょこ混ざって話が出来てとっても楽しかった。
本当に皆さんありがとうございました。

タバコを買いに

昨日はさすがに夜遅かったので、今日は朝ゆっくり。グアテマラも今朝はまだ土曜日の夜なので、特に急いで連絡することもない。昨日は大勢の人に会えて実に楽しかった。でもこの同窓会が終わると、毎回そろそろ帰る支度を始めないといけない。今回も残すところあと4日間。そろそろ今まで下見をしておいた土産など買い込み荷物の量なども考えないといけない。本当にあっという間だった。
そんなんでバタバタしていたら、夜になってふとタバコがないことに気がついた。グアテマラを出てからちょうど20日間で1カートンを吸った計算になる。1日10本。吸える時にはスパスパ吸っていたのでそれを考えると1日10本以下だ。やっぱりだいぶ少なくなっている。特に最近は夜寒いので、外に出てタバコを吸う回数がさすがに減る。
グアテマラではタバコを売ってるのでタバコを切らすことなどない。日本に来るとどこで吸って良いかわからないし、ややこしいので吸わないことも多く、飛行機の機内のようにここではだめだと思うと、それほど吸いたくて苦しいということもない。昨日の同窓会の間も会場が禁煙だったんだが、特にタバコが吸いたくなったということもなかった。
それでも、手元にないとなると、ちょっと不安。それで上着を羽織って買いに出た。日本は自動販売機があるので、24時間問題なく実に便利。タバコに関しては今ニュースを見てもいろいろ大変らしいが、こんなに自動販売機が活躍してる国ってのも珍しいんじゃないだろうか。それだけ治安がまだ良いということだろう。でも値上がりしていた。ますますタバコを吸う人間には風当たりが強くなってきているわけか。




明日はアタバル同窓会

いよいよ明日はアタバル同窓会。ぜひ皆さんお時間のある方はいらして下さい。
念のためもう一度場所などの案内を書いておきます。
日時:11月17日 土曜日 19:00から23:00
場所:Impacto Latino ラテン文化センター(東中野駅、大久保駅、新大久保駅などが最寄り駅です。)
地図:http://www.impactolatino.jp/L9.htm
料金:大体1人1000?2000円程度、人数により変わります。
料金は会場代のみなので、食べ物はご自分で食べたいものを持ってきてください。飲み物は会場で売っているそうです。
場所が地下らしいのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、当日ちょっと早めに行って、貼る場所があれば案内の紙くらいは貼って置くようにしますので、よろしくお願いします。
アタバルの生徒さんは当然のことながら日本全国に散らばっていて、案内を出してもとってもじゃないけど来られない人も多い。どこか他の場所でもやりたいとも思うんだが、今のところなかなかその機会がもてない。
実際東京に来て出歩いたところも今回は秋葉原くらい。本当はいろいろな人に一人一人会いたいところだが、そんなことしてたら1月いたって足りないくらいだ。そんな訳で、こういった形で出来るだけ大勢の人に会いたいのでぜひお友達も誘っていらして下さい。
楽しみにしています。


公園

もう日本に来てから半月が過ぎた。これまた時間の過ぎるのが早い。もう残すところあと1週間。今週の土曜日はアタバル同窓会。これが終わるともう本当に帰る準備という感じだ。幸いアタバルでは新しい生徒さんも来てくれているようで、安心。というかなんだか毎年僕のいない時に結構新しい生徒さんが来る。いない方が良いんじゃないかって気もしなくはない。
日本も明日から寒くなるそうだが、グアテマラは既にだいぶ寒くなっているようだ。何回も書いているがもちろん日本の寒さと比べればなんてことはない。ただ、やはり日本の家は密封性が高いというのか隙間風などないので家の中にいればそんなに寒くない。それでもタバコはベランダに出て吸ってるので、夜はかなり寒い。
今日は家の周辺で買い物。久しぶりに子供の頃遊んだ公園の前を通った。機関車と消防車が置いてあるんだが、今もだいぶ整備されたが、やはり機関車も消防車も置いてある。機関車の方はかなりきれいにしてあるが、消防車は以前と同じもののようで、もう錆びてきていて、塗装もところどころはげてきていて時間の経過が感じられる。まあ30年くらいたってるわけで、古びてくるのも当然か。
グアテマラにいて母親とSkypeで話をしているときに、ボゥっという汽笛の音が良く聞こえてくるのだが、母親に聞くとこの機関車の汽笛を遊んでいる子供が鳴らしてるんだそうだ。そういえば子供の頃鳴らしたような記憶がある。結構離れている家まで聞こえるんだから、近くに住んでいる人は結構気になるんじゃないだろうか。今日も親子連れが何人か遊んでいた。
やっぱり日本の公園というと基本的に親子連れのもの。アンティグアの中央公園のように、普通の大人が散歩したり、ちょっとベンチに座って、話をしたりボーっとするとかいう事はしにくいように思おう。今日もちょっと公園で一服しようかと思ったが、浮浪者と間違えられるといけないと思い、外から眺めただけで通り過ぎた。


お土産

先週腕のできものを手術したんだが、今日その抜糸に行ってきた。まあ小さい傷なのでバンドエイドの一番大きなやつで覆ってあったんだが、一応これを毎日取り替えて、薬を塗らないといけない。手術自体は全く痛くなく、麻酔の注射がちょっと痛かった程度なんだが、このバンドエイドをはがすのはそれ以上に痛い。ただ、1週間もやっていると傷の周りの体毛がなくなってしまい、痛くなくなった。
その代り今度は痒い。バンドエイドの糊のせいと傷口が直ってきているせいとの両方だと思う。さすがに引っかくのは気がひけるので、ちょっとなぜたりして我慢しているが、今日は抜糸をしてもうバンドエイドは貼らなくて良くなったので、掻いちゃわないか心配。
まあ抜糸はあっけなく終わった。なにせ今まで大怪我をしたこともないし、大病をしたこともないので、お医者さんのする処置にちょっと興味があるんだが、横に寝かせられるので、よく見えない。腹筋を鍛える必要があるか。(腹筋が弱いので頭を上げて見てるとすぐ疲れちゃう。)
とにかくあっという間に終わり、その後お土産物を見に近くのいろいろなスーパーなどに行く。なんだか結構お土産を楽しみにしてるような人がいるので大変。たくさん買うのでそんな高いものを買えないし、嵩張ったり重かったりするものも却下。それでも女性用はやはり種類もたくさんあるし、それなりにいろいろ見つかるが、男性用は難しい。これはグアテマラのお土産でもそうだし、どこでも同じようなものだろう。どこの国でもプレゼントというのは女性が貰うことが多いってことなんじゃないかと思う。




似たような感じ

先日大井町に出来た大手の電気店に行って買ったマウスが1つ不良品だったので、交換に行った。処分品で500円とすごく安かったので、まあ換えてもらえなくても仕方ないかと思ったんだが、電話をしたところ、1週間以内だったら換えてくれるというので、混雑しそうな週末を避けて、今日行ってきた。
10時の開店時間を目指して行ったので人はほとんどいなくて店員さんも暇そう。一番最初に挨拶してきた人に事情を説明したところ、「それじゃ返金します。」と実に簡単にお金を返してくれた。チラッと見たらまだその処分品のかごにはたくさんマウスが入っていたので交換かと思っていたのが返金だったので、ちょっとビックリ。こちらとしてはぜひ欲しいという物でもなかったので、どちらでも良いし、対応が早いので、良い感じだった。
その後秋葉原に行って、ワイヤレスマウスを買った。こちらはさすがに500円というわけには行かないが、十分に安かった。家に帰って早速試してみる。ちゃんと動くし、全然問題ない。ただ、ワイヤレスマウスは始めて使うので、最初ちょっと戸惑った。それと電池の重さが少し気になる。でもトラックボールも付いているので結構面白い。いずれにしろ使い慣れてないので、これはアンティグアに帰ってからちょっと遊んでみるつもり。
しかし、秋葉原もずいぶんきれいになった。今もあちこちで工事をしている。都内のJRの駅付近というのはどこも再開発が進みきれいになって、ただやはりどこの駅周辺も似たような感じになっている気はする。こうなってくると昔のごちゃごちゃしたところをどこか残しておくと価値が出てくるんじゃないだろうか。

また墓参り

もう一つ墓参りに行ってきた。今度は都内にある母方のお墓。昨日雨だったので天気が心配だったが、幸いに今日はとても良い天気。昼前に家を出て、新橋で母親が食べたがっていた小川軒のオムライスを食べ、それから墓参りに行った。
ずいぶん久しぶりだったので墓の中で迷ってしまった。しかも工事をしているのでなんだか余計にわからない。ただ、その工事をしているおじさんに聞いたところ、親切にあちこち回って探してくれたので、無事行き着いて、墓参りも済ませられた。やはり母親位の年齢の人は墓参りとか行かないと気になるんだろう。とにかく良かった。
その後家にいったん帰り、一休みしてから、また出かけて中華料理を食べてきた。中華といってもなんだかずいぶんしゃれた店で、一つ一つの料理はホンのちょっと。どちらかというと和食っぽい感じの中華だ。基本的には一つの物を山盛りにして食べることが多いので、なんだかちょこちょこ食べてるとお腹が膨れた気がしない。それで全部で10品くらいのコースを食べた後で更に野菜を追加し、最後には肉も頼んで食べてしまった。最後の肉料理にはソースにつけて食べてくださいといって、蒸しパンがついてきた。多分全然腹いっぱいになりそうにないので、気を使って腹が膨れるようにパンをつけてくれたんじゃないかと思う。とにかくどれも変わった料理でとてもおいしい、ただ最初のうちに出てきた、フカヒレと、終わりの方で出てきたあわびが同じようなオイスターソースのたれがかかっていた。コース内で同じような味が繰り返すのはちょっと疑問。最後のデザートもドライフルーツをプーアル茶で煮たものと豆乳のプリンで、甘い物はあまり食べないんだが、感心して全部食べた。ドライフルーツはプーアル茶で煮るとフルーツから甘みが出て、砂糖を入れなくて良いんだそうだ。とにかくさっぱりしてて良かった。ただ、よく食べたので、帰ってきてから腹が膨れてきた。もう一品頼もうかと思ったがよしてよかった。

今年も酉の市

ここ数年毎年この時期に日本にいる。この時期は酉の市が開かれ、家のそばの神社でもやっているので、なんだか恒例で行くようなことになっている。個人的にはあまり信心深いほうではないので、お参りはついでにして、屋台を覗いて歩いたりするような感じ。
今日がその一の酉らしく行ってきた。ずっと前にペトラと一緒に日本に来たときにも酉の市がやっていて、一緒に行ったので、今朝連絡したときに、今日は酉の市に行くって言ったら、お参りをして熊手を買ってきてくれって言われた。
ペトラはカソリックなので酉の市とはあまり関係ないような気がするが、以前のことを思い出して懐かしがってるようだし、去年も酉の市で買った熊手をお土産にしたので、昼ごはんの後に出かけてみた。
去年は昼間通った時はそんなに人がいなくって、夜にお参りに来たらすごい人だったので、今日は速めに出てきたつもりだった。ところが、たぶん日曜日だったからだと思うが、昼過ぎなのにすごい人。神社の前に行くまでに屋台が並んだところを通っていくんだが、この通り自体が歩くの大変なくらい。神社の前までたどり着くと、外まで人が並んでる。やめて帰っちゃおうかと思ったが、一応買うって言っちゃったので、並ぶことにした。後ろに並んでるおじさんも奥さんらしき人に、「朝からくりゃ良かった。ちょっと甘く見てた。」と言っている。朝からやってるとは知らなかった。こういうのは夜に人が集まるんだと思ってたんで、昼からしかやらないのかと思ってた。
どうやってお参りするのか知らなかったが、隣の人などを窺いながら、それらしいことをして、目的の熊手を買い帰ってきた。ちょっと混んでたけど、せっかく日本にいるので、日本的なことをするのも悪くはないもんだ。

カラスがいない

今日はかなり寒い。朝から雨が降ってるっていうのもあるんだと思うが、まあなんだか雨がシトシト降ってるとやっぱりちょっと暗い感じがする。どうも外に出るのが億劫になるので、なんとなく狭い家で閉じこもってるってのが気がふさぐ原因なのかもしれない。
グアテマラに居るときに寒い寒いと書いていたが、やっぱり日本の寒さはもっと大変なんだと思う。ただ、家の中とか店などに入るとやたら暑くしているので、寒い感じがしないだけなのかもしれない。でもこれだけ締め切っている家の中で(グアテマラの家は密封性がかなり低い)これだけ寒いんだから、大変だ。
最初寒いからだと思っていたんだが、カラスがいない。以前は、というか去年だってカラスがベランダに来てカァカァ言っていた。ところが今年はベランダでは全然見かけない。辛うじてベランダに出てタバコを吸ってるときに向かいのビルの屋上などに泊まっているのを見る程度。これに最初に気づいたのはなんとグアテマラに居るペトラ。毎日Skypeで話をしているんだが、その時に去年などはカラスの声が、聞こえていたのに、今年は全然聞こえないと言われた。今年はこちらに来た時からいなかったので、僕はなんだかそういうもんだと思っていたが、鳥好きのペトラは敏感に気がついたようだ。
どうしたんだと聞かれて、「寒いからじゃない。」とか適当なことを言ってたんだが、母親に聞いてみたら、なんと東京都が石原知事の号令でカラス駆除をしたんだそうだ。一体どうやったんだか知らないが、これでわが実家の周辺でも駆除されちゃったということらしい。ちょっと驚いた。



アタバル同窓会

だいぶ遅くなってしまったが、何とか今年のアタバル同窓会の日時、場所が決まった。日本に帰る日がわりとぎりぎりまで決まらなかったのと、初めて利用する会場ということとでずいぶん案内が遅くなってしまった。もう少し早く知らせたかったんだけど。
昨日メールを出してお知らせをしたので、もう届いている人もいると思うが、何しろたくさん出したので返ってきたものも多いし、届かなかった人もかなりいると思う。今回は会場だけ借りて、食べ物や飲み物は各自で持ってきてもらうということにしたので、事前に出欠などを取る必要もないので、ぜひ少しでもお時間のある方はいらしてください。
日時:11月17日 土曜日 19:00から23:00
場所:Impacto Latino ラテン文化センター(東中野駅、大久保駅、新大久保駅などが最寄り駅です。)
地図:http://www.impactolatino.jp/L9.htm
料金:大体1人1000?2000円程度、人数により変わります。
もちろん遅れてきてもらっても大丈夫だし、早く帰ってもらっても大丈夫です。とにかくお時間のある方はぜひぜひいらしてください。
連絡を取れていない人もいるので知っている人に連絡をして一緒に来てもらえたらとても嬉しいです。
飲み物は会場でも売っているそうなので、そちらで買ってもらうことも出来ます。食べ物は自分の食べたいものを持ってきてください。たぶん近くでも売っていると思うので、そちらで買ってもらってもいいかもしれません。また、アタバルで勉強したことなくても興味がある方はいらしてください。
という感じでよろしくお願いします。


わからない

去年も書いたことだが、日本で暮らす上でかなり大きな障害になるのが、ゴミの捨て方。選別の仕方がわからない。いろいろ細かい規則があって、しかも住んでいる地域で違ったりするので、全くなんだかわからない。去年はついに自分でゴミを捨てることを諦め、ゴミを置いておいていちいち聞いたり捨ててもらったりしていた。
ところが今年驚いたのは、このゴミ捨てがずいぶん楽になったこと。大まかに燃えるゴミと燃えないものに分ければいいらしい。これは本当に助かる。おかげで自分用のゴミ袋とかを作る必要がなくなった。ゴミが出るからと買うのを躊躇したものも、今年は気にせず買える。正直言って人間的な生活って気がする。
ただ、それでも去年までの窮屈さがトラウマとなり、買い物するときに一瞬考えたり、捨てるときにゴミ箱に放り込んでからヒヤッとすることがある。こちらに住んでいる人は徐々に慣れていったのかもしれないが、良くあんな窮屈な状態で暮らしていたものだと感心する。
ゴミ捨てもそうだがなんだか最近の日本の暮らしは、ずいぶん特殊なものになっていると言うか、外からきたものにはわかりにくくなっていると思うことがある。もちろんもともとそうで、自分が浮世離れしちゃっただけなのかもしれない。例えばテレビを見ていても、スパモニとかやたら略語が出てきて何がなんだかちっともわからない。これに関しては母親も理解できてない模様。大勢の人を対象にしているテレビ番組などでのこのわかりにくさっていうのはどういうわけか。これをたいていの人は理解してるってことなんだろうか?


検査結果

先日病院に行って予約をした、手首というのか腕というのか微妙な位置にあったできものを手術して取ってもらった。手術というと大げさな感じがするが、ほんの20分程度で終わった。医者が「麻酔が一番痛いはず。」と言ったが、まさにその通りで、麻酔の注射、特に液を入れる時が一番痛かった。その後は麻酔が効いているので感じることすらない。血管何とかと言われた。なんだか血管と関係のあるできものだったようだ。
まあそれはともかく、それより心配だったのが感染症を調べるとか言ってやってもらった血液検査の結果。「ついでに他のものも検査しておきますか?」と聞かれたので、必要そうなものはすべてやってもらった。要するに今流行のメタボリック症候群だかの関連のものを調べてくれたらしい。
今日は最初その話が何もなかったので、手術をしているときに恐る恐る聞いてみた。そうしたら「全く問題なかったです。」とのこと。コレステロールも中性脂肪も肝臓、腎臓の関係のものもすべて基準値内なんだそうだ。ちょっと信じられなかったので、思わず「全く何にも問題ないんですか?」って聞いてしまった。「白血球の値だけがちょっと高かったけど、これは風邪ひいたりすると高いから、特に問題はないでしょう。」とのこと。別に風邪はひいてなかったが、それくらい他の値が正常だったということらしい。良かった。
家に帰り、母親に検査結果のコピーを見せて全部正常だと報告したら喜んでいた。その後姉と電話で話して、全く問題ないというと、「そんなはずはない。」と信じない。40才過ぎて僕位の体系だと問題がないなんてことはありえないって言う。「何か間違ってるんじゃないか。」と言うが、検査結果がそうなってるんだから仕方がない。まあ自分自身ちょっと驚いたのであまり言えないがそういう事だってあるってことなんだと思いたい。

墓参り

仙台に行った。父親の墓参りが目的で、これが日本滞在の間の1つのポイント。ここところ毎年行っているんだが、今までは1泊で行っていた所を、今年は日帰り。姉の休みの予定でそうなった。もちろん一人で母親を連れて行くこともありだったんだが、墓地の場所がわかりにくくて、やはりその辺りの地理に詳しい姉と一緒だと楽だ。
とにかく子供の頃は東北線でずいぶん時間がかかり、遠いところというイメージがあったが、いまや東北新幹線であっという間に着く。日帰りでも十分。朝8時過ぎに家を出て11時ごろにはもう仙台に到着していた。そこからまずはらこ飯というのを食べに行った。亘理という海辺の村の名物なんだそうだ。実際この亘理というところにはところどころに幟がたっていてはらこ飯を宣伝している。まあ言ってみれば海の親子丼という感じで、ご飯の上にイクラと鮭が乗っている。正直言うともうちょっとイクラの量が多いように想像していた。でも鮭はおいしいし。全体としてはおいしい食べ物であることは間違いない。入ったのは有名な店らしく、結構広いのに、どんどん人が入ってきて並ぶほどではないが常にほぼ満席状態。すごいもんだ。
お腹がいっぱいになったところで墓参りをして仙台駅に戻る。母親は歩くのが大変なので仙台に行くといつも行くズンダ茶寮ですんだプリンを食べて待っててもらい、姉と近くの市場に行った。いつもわかめなどを買う店で、わかめはじめさまざまな海草を買い、更にナメコと魚なども少し買い。駅に引き返し、ズンダシェイクを飲む。これは枝豆味のシェイクでとてもおいしい。ただ、気のせいか今日のはちょっと甘かったように思う。
それから東京に戻り、中華料理で変わったものを一通り食べて、夜9時ごろ家に帰る。腹いっぱい。




決選投票

11月4日はグアテマラの大統領選挙の決選投票。中道左派?で先の本選挙で1位だったのコロン候補と中道右派?で2位のペレス候補の2人で争われることになった。どうも日本に来る前の感じからしてペレス候補の方が勢いがあるし、宣伝もうまいような感じで、逆転するだろうと思っていた。
ただ、お互いに相手の誹謗中傷っぽい選挙運動ばかりをしていて、見ていて気分が悪い。ペトラもこんなのだったらどちらにも投票しないと言っていた。やはり一般の人にはちゃんと政策を訴えるより、相手方の悪口の方がわかり易いんだろうか。
投票日当日もそんな訳でかなり荒れるんじゃないかと心配する人が多かった。ただ、ペトラに聞いたところではアンティグアは実に静かだったそうだ。もしかしたらみんな荒れるのを心配したか、悪口合戦に嫌気が差してしらけちゃったのか。おかげで店の方も売り上げが低かったらしい。とんだとばっちりだ。
とにかく、結果の方は予想に反してコロン候補が勝ったようだ。第1報はペトラから聞いたんだが、日本の新聞にも小さく載っていた。まあグアテマラの扱いなんてこんなもんか。まあどちらが勝ってもあまり変わりはしないだろうという気もする。コロン候補はもう3回目だか4回目だかの挑戦で、前回は決選投票で負けている。これでまた負けたらもうずっとだめなんじゃないかとも言われていたんで、ホッとしてるんだろうな。



病院

昨日病院に行った。帰って早々病院って言うのも穏やかでないが、以前から手首のちょっと肩よりのところに出来物のようなこぶの様なものが出来ていてこれを前回も取ろうと思いグアテマラに戻るちょっと前に病院に行ったんだが、なんでも血液検査をしたりしなきゃならないので、時間的に無理ですといわれて、断念したものだ。
別に痛いわけでもなくなんでもないんだが、たまに引っかかるんでこの際取っておこうというもの。最初行った病院では血が結構でそうなのでここでは出来ないといわれ、別の病院を紹介された。家から近いから行ったのに、結構遠い病院を紹介され、がっくり。思い直して午後去年行って時間がないからだめといわれたところに行った。
先生が変わっていて、どうなるかと思ったら、ちゃんと去年のカルテを持ってて、話が早く、すぐに採血をしてもらい来週手術とトントン決まった。わりと空いてるし最初っからこちらにすればよかった。採血をして、ついでに他のものも調べるか聞かれたので、せっかくだから先生が必要と思うものは全部調べて置いてくださいと頼んでおいた。なんでも尿酸値とか中性脂肪とかを調べてくれるらしい。たのんだは良いけど、正直手術よりそっちの結果の方が心配だ。変な結果が出て、食べ物とか制限されたらどうしよう。今のうちに食べたいものを思い切って食べておくか。そうなると飛行機の機内食でまずいものを食べたのがちょっと恨めしい。あの分もうちょっとまともなもの食べておけばよかったとか思う。それにデザートについてた甘ったるいお菓子もちゃんと食べちゃったし、そのせいでへんてこな結果が出ないといいんだが。


中古パソコン

前にも少し書いた新しいコンピュータを手に入れる件だが、コメントなどでいろいろな方からアドバイスをいただき、迷っていたんだが、こちらに来る前、ネットで中古のノートパソコンを見ていたら、なかなか他に比べて安いもので、同じものが2台揃って出ているものがあったので、ホンジュラスのジュンさんに相談して、注文をしておいた。
ただ、すぐに送ってもらって、初期不良でもあって文句を言えなくなると困るので、今日届けてくれるように頼んでおいた。夕方になっても届かないので、どうしたのかと思っていたんだが、郵便受けを覗いたところ、届けたのに不在だったとのお知らせが入っていた。
出かけたといっても、その時は母親がいたし、全く誰もいない時間なんてなかったのに、不思議なことだ。とにかく書いてある電話番号にかけてみた。なんと朝のうち電話かけて誰も出なかったので不在ってことになったらしい。そういえば朝トイレに行ってる時に電話がかかってきた。母親もベランダに出てたので聞こえなかったらしい。それで切れちゃったんだが、多分そのことを言っているんだろう。
とにかくもう一度届けてくれるということで、夜にはちゃんと届いた。2台で代引き手数料込みで5万円弱。何とも中古パソコンは安いと思う。性能自体はグアテマラで自分用に使っている物と同じかそれ以上くらい。2003年発売の東芝Satelite。
夕飯の後、ジュンさんに連絡をして、初期不良がないか早速チェック。問題はなさそう。小さい傷はあるが目立つものがあるわけでもなく、画面も色むらがあるといったことが書いてあったが、僕にはわからない程度。まあ後はもって帰るのが一仕事。でも、これでやっと生徒さんにもあまりストレスを感じずにネットが使ってもらえるようになりそう。

到着

午後4時ごろ成田に到着。かなり雲が厚くて傘なんて持ってないので、ちょっと不安。まず外に出てタバコを吸い、成田エクスプレスで東京駅まで出て、乗り換え家に到着。幸い雨は降っていなかった。東京からはラッシュ時間かと思っていたがこれまた幸い混んでなかった。荷物もあるし座りはしなかったが、荷物を抱えて満員列車に乗るのだけはちょっと気が重かったので、ホッと一息。
実家に帰ったら、ちょうど夕飯の時間。今日は母親が奮発して近くのわりと有名なうなぎ屋から出前を取ってくれた。着いて靴を脱いでるときに届いたので、実に絶好のタイミング。さっぱりとして上品な味。スーパーで売ってる、うなぎのように脂っこくてギトギトしたのも好きだが、こういう上品なのも悪くない。
早速食べて、一休みしてATABALに連絡を入れる。ATABALも問題なくやっているようだ。ジェシカが珍しく夜遠吠えをしたとペトラが言っていた。そんなことしたことないのに、ちょっと不思議。11月1日のフィアンブレの用意も出来たそうだ。今年はこれが食べられないのがちょっと残念。
夜には月末なので、店員の給料日。店員と打ち合わせをして、振込みをすることにした。お手伝いさんのエテルの給料を忘れていたが、これも店員のヘルベルと兄弟なので彼の口座に振り込むということで解決。
時差ぼけといっても、なんだかよくわからないが、とりあえず夜になったら眠たくなる。ただ、こちらからだと3時間ひいて昼夜を逆転させることになるわけだが、グアテマラに居るときはいつも3時間足して逆転させていたので、つい混乱する。とはいえ特に問題なく日本での生活に入れた。

ロスアンゼルス空港

予定通り9時前にロスアンゼルス空港に到着。飛行機からは直接建物に入れず、階段を降りてバスに乗り、結構走る。でも着いたところはすぐ入国審査のところだったので、歩かないですんだ。それでも手続きを終えて、外に出たのは夜10時半。トムブラッドレー国際ターミナルに出てきたのでちょっとビックリ。
まだツーリストインフォメーションも開いてるし、ホテルに泊まろうかと思わなくもなかったが、出たところですぐに飲み水やジュースを買い、なんだかそれで満足してしまったので、やはり初志貫徹で空港に泊まることにする。
これまたいつも通り国際ターミナルの出発ロビーに上がると、なんと工事をしていて、そのせいかいすが撤去されている。これは困ったと思ったが、エレベータの前のいすが残されているので、そちらで過ごすことにした。一体来年にはどうなっていることやら。
しかし、寒い。去年寒くて震えたので、今日はこんなのいるかとちょっと疑問に思いながらもっともごっついジャンパーを持ってきたが、これが正解。フードも付いているんで暖かい。しかし、何でこんなに寒いんだろう。アンティグアだってこんなに寒くないように思うが。
おかげで結構眠れたので、合間に機内で全部食べずに残しておいた食物を食べ、退屈するほどのこともなく朝になる。7時になるのを待ってアメリカン航空に行き、チェックイン。これは完全に機械でやるので、人にやってもらうのは荷物のタグをつけるだけ。徹底している。それにしても職員が制服じゃない人もいるので、ついに制服もやめたのか!と感心していたら、どうやらハロウィンのためらしい。それにしては仮装というほど突飛ではなく、ハロウィンにかこつけて普通の服で着ちゃったって感じの人が多かった。
アメリカン航空はモニターも各席に付いてるしなかなか満足。感心したのは両側が3席ではなく、席の配置が2・5・2となっている。なんとなくホッとする。ただ、機内食は人間の食べ物と認識できる最低限をかなり引き下げないといけないと感じさせるものであった。といいつつ全部食べちゃったけど。
そんなこんなで無事日本に到着。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。