スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱり

レモングラスを貰った。早速裏庭に植えた。その前に試しに葉っぱを一本折って匂いをかいで見たんだが名前通りレモンのさわやかな匂いがする。植えて増やして料理に使うのが楽しみ。
この前瞬間停電を繰り返しているので電気製品が悪くならないか心配と書いた。そうしたらてきめんに僕の使っているコンピュータのモニターの調子が悪くなった。普通に使っているといきなり消える。一昨日くらいからなんだが、今日はかなり頻繁になった。今まではしばらくしてモニターのスイッチを押すとついたりしたんだが、今日は何回かやらないとつかないようになってしまった。
モニターがいかれたかと思って、また突然の出費と思いガックリして、いつもコンピュータの修理を頼んでるビクトル・ウーゴに電話した。それでいろいろ話をしていたら、一応電源がちゃんと入ってるか確認しろと言われた。モニターの裏はちゃんと差し込まれている。それで、念のためモニターの電源が差し込んであるUPSのコンセントの場所を変えてみた。それ以降夜まで1度消えたきり。
一度消えたと言うのがちょっと不安だが、今日の午前中のような事はなくなった。多分コンセントがいかれたんだろう。モニターじゃなくて良かった。これも多分瞬間停電の影響の可能性じゃないかと思える。
今日は1日良い天気だったが、昼間も昨日ほど熱くはならなかった。
日中の温度25度、湿度49%。夜17度、59%。
スポンサーサイト

家庭菜園

昨日直ったと書いたエスプレッソの機械だが、今日早速午前中引き取り試してみたら、ちゃんと電気はつくし、熱くなって来るんだが、コーヒーが落ちてこない。どうやら電源の問題は解決した物の、それ以外にも問題がある模様。
そんな訳でまた午後電話して、状況を説明し、更に修理してくれるか聞いてみた。見てみるから明日もってこいとの事で、また明日抱えていくことになった。小さい物だからいいが結構面倒。
しょうがないので、今日も水を飲んで過ごす。まあ元々水ばっかりだったので、コーヒーがないから特に目が覚めないとかそういうのもない。そもそもどちらかというと焙煎の濃いのを飲んでるわけで、そういうのはカフェインも少ないんだって聞いたことがある。
最近庭に少しずつ食用になる植物を植えているんだが、ニラは大分増えてきた。山芋は一時ほど元気良くないのがちょっと心配だが、芽は出ている。元々こちらでも栽培されている、バジル、ミント、タイムなどはさすがに元気。
こういう香草類は好きなので、生えてるだけでなんとなく嬉しい。今度はレモングラスも貰う予定。レモングラスはグアテマラでも結構売っているらしい。ただ、グアテマラ料理には使わないはずなので、一体誰が買うんだろう。薬用植物を売ってるところにあるようなので、煎じて飲んだりするのかもしれない。
今朝はものすごく寒かった。それでも天気が良かったので、日中はかなり暖かい。
日中の温度26度、湿度46%。夜18度、59%。

エスプレッソの機械

グアテマラというコーヒーの有名な産地に住んでいながら情けないことだが、今までコーヒーにはほとんど興味がなかった。そもそも食べ物にはいろいろ興味があるんだが、飲み物にはほとんど興味がなく、大抵の場合最も手軽な水を飲んでた。
ところが最近日本に毎年帰るようになって、土産を考えるようになると、織物だとかは、どうしても毎年同じ物を持って帰るわけにもいかない。その点グアテマラのコーヒーは日本でも有名だし、毎年持って帰っても喜んでもらえる。
ところが以前土産に買った、それなりに有名なアンティグアのコーヒー園の豆を、実家で試しに飲んでみたら、焙煎が濃すぎるんだと思うが、正直言って全然美味しくなかった。これでちょっと反省し、去年帰る3・4ヶ月前から一応あっちこっちのコーヒーを探してみた。それからコーヒーを毎日飲むようになった。とは言っても、やはり本格的にドリップで入れて飲むのが好きなわけではなく、エスプレッソ・マシンで濃く入れたものに、たくさん牛乳を入れて飲むのが好きだ。幸いエスプレッソ・マシンは以前生徒さんが買った家庭用のものをその人が出るときに安くで譲ってもらった。
ところが調子に乗って毎日使っていたら、昨日ついに壊れて、スイッチを入れても動かなくなった。多分コーヒーが出た後もしばらくつけておいたんで、熱くなり過ぎたんじゃないかと思う。そこで今朝早速電気製品の修理をやってる店に持って行った。そうしたら夕方には修理が出来たと電話があった。素早い。この前のメガネもそうだが、ここにはこういう修理をする人たちがたくさんいるので、非常に助かる。
1日天気は良かった。日中の温度25度、湿度35%。夜16度、60%。

瞬間停電

夕方から一瞬の停電が10回以上くりかえしている。今日の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけで、魚を揚げている時にも、いきなり暗くなるので、面食らう。一瞬で戻るのでまあ揚げる時に困りはしないが、こういうのが頻繁に繰り返されると電気製品が壊れたりするという話を聞くのでちょっと心配。そのせいかどうかはわからないが、台所の5つある蛍光灯の内2つがつかない。まあ手元の明かりはつくので、料理する時にそんなに不便ではないが。
インターネットの方は今日は日曜日なので更新作業もお休みなのか、切れずにちゃんとつながっている。というか、電話で抗議した時の話では、先週の内に作業が終わるはずなので、作業が終わって切れなくなったのかもしれない。そうであって欲しいもんだ。
日曜定食は7人。今日は少ないだろうと予想はしていたのだが、ちょっと寂しい。持ち帰りをしてくれた人が2人ほどいて、ペトラも食べたので、用意した分はそんなに余らなかったが、予想以上に少なかった。
日曜定食を食べに来た人と停電の話をしていたら、「水は相変わらず順調ですか?」と聞かれた。そういえば、前に市長が変わってから夜水が止まらなくなったと書いた。ところがあれを書いたすぐ後からまた止まるようになった。市長の変わったご祝儀?も一瞬だったわけだ。まあ今は乾季の後半に入ったところなので、こんな時に水を大盤振る舞いもしてられないんだろう。
今日も天気はちょっと曇り気味。風が強く、結構夜は寒い。
日中の温度24度、湿度44%。夜18度、57%。

システム更新?

先週の終わりくらいからなんだか毎日数時間ネットが通じなくなる。最初は何かこちらに問題があるのかと思ったが、どうもそうじゃないようだ。とにかく毎日ネットが通じなくなると律儀にプロバイダーに抗議の電話をすることにした。
そのプロバイダーの人が言うにはなんでもシステムを更新しているところなので毎日それぞれの場所ごとに一定時間通じなくなるんだとの事だった。しかし、そんなことならいつ通じなくなるか知らせてくれたりできないんだろうか?そうしてくれれば、こちらもネット授業に影響が出ないかはらはらする。そもそも事前にわかれば、もし授業ができなくても知らせることができる。やはり何回か抗議している間に、今週中にこのシステム変更は終わるんだという事も言われた。何が不安て、ネット授業の時間帯に通じなくなることが一番困る。幸い午前中や夜の時間だったので、ネット授業には影響が出なかった。
それにしても、ネットがつながらなくなると結構やることが制限される。せっかく書いたブログが更新出来なかったり、何か調べたりするのも最近はほとんどネットで調べるので、かなり不便だ。プロバイダーの人がいい加減なことを言ってなくて、今週中に更新作業が終わってくれるといいんだけど。
今日も朝の内は曇っててかなり涼しかった。市場に行くのにTシャツの上に1枚羽織っていったら、昼前くらいから日が出てきて、暑くなって脱いでしまった。ところがまた昼過ぎに帰る頃にはどんより曇ってるんだから、変な天気だ。
日中の温度24度、湿度47%。夜19度、64%。

直った

月曜日にいろいろ捜し歩いてメガネの修理を頼んだ。ツルのところが折れてしまったので、おじさんは新しいツルを手に入れて、交換すると言い、違う色で良ければその日の内、同じ色が良かったら、木曜日ということで同じ色の物を頼んできた。
まあグアテマラの人なので、昨日当てにしないままに、とりあえず店番のセルヒオにもしメガネを持ってきたら、50ケツアル払って受け取って置くように頼んで、その後忘れていた。
そうしたら昨日の午後2時に2階から降りてきたら、机の上にメガネが2つ置いてあった。1つは修理した僕のメガネ、もう1つはツルを取った分のメガネ。色の事は良くわからないが、修理したメガネはちゃんとなっていて、全く問題なさそう。かけてみてもしっかり締めてあるので、ちょっときついくらい。新しいメガネを買ったときもこういうことがあるので、これは使ってるうちに多少開いてくるだろうから大丈夫だろう。
金額は最初の話の通り50ケツアル。約7ドル弱なので、これで元通り使えるようになったんだったら安いと思う。ちゃんと約束通りの時間に家まで持ってきてくれて、とても良い感じだ。まあメガネが壊れることなんてそうしょっちゅうはないので、ひいきにするって事もないと思うが、こういう人がいてくれると助かる。
今日も朝の内曇りがちで霧雨が降ったりしている。しかもこういう天気なので温度も上がらない。
日中の温度21度、湿度60%。夜18度、66%。

変わるわけ

昨日グアテマラの道路が良くなって、その周辺の村が大いに発展してるということを書いたばかりだが、昨日ニュースを見ていたら、ちょうどそれに大いに関連することを言っていた。
1月14日からグアテマラは新しい政権になったんだが、その引継ぎを終えて、いろいろ調べていたら、事前にはわかっていなかった借金その他もろもろの問題が出てきた、というもの。特にこの中で道路を作っている通信運輸公共事業省に20億ケツアル(約2.5億ドル)とかいうかなり大きな金額の借金が出てきた模様。その多くは今までこのブログにも書いている、空港の拡大改装、道路事業への出費がその中のかなりの部分を占めている。
前の政権の話では借金が3億ケツアル程度程度というとだったようなので、えらい違いだ。今年の公共事業省の予算が30億ケツアル強らしいので、このままだと今までの事業の継続やメインテナンスに影響が出てくるという。
そりゃそうかもしれない。ただ、この国は都市部と地方の格差が激しく、地方は日本と違ってまだまだ全然貧しいので、ある程度のインフラの整っている日本の田舎にインフラが整備されるというのとはちょっと違うようにも思える。何もないに等しいようなところにこれだけのお金が(もちろんかなりどっか行っちゃってるのもあるんだろうけど)、投資されたというわけだから、その影響はよっぽど劇的なんだろう。田舎の様子が一変するのも納得が行く。ただ、この先これでやっていけるのかどうかちょっと心配。
今日は朝から曇ってて、小雨も降った。変な天気。日中の温度21度、湿度55%。夜18度、65%。


変わっていく田舎

舗装道路が当たり前となっている日本人にはなかなか理解しにくいことだが、道路が舗装されるという事はすごいことらしい。その工事が大変とかそういう問題ではない。その舗装された道路の周辺のいろいろな状況を変えてしまうような影響力があるものらしい。先日グアテマラシティーの北方のバハ・ベラパス県にあるラビナルという村に行ってきたキョウタさんの話。
このラビナルの周辺はどこも未舗装の道で、雨が降ったら通れなくなったりといって雨が降らないと埃だらけになるという感じであった。ところが最近グアテマラシティーから北上しラビナルに出る道が舗装され、あたりの様子が一変しているということだ。
とにかく道路が舗装されるとそのための工事のお金なども周辺に落ちるのか、流通が良くなり人や物が流れるようになるからなのか、理由は良くわからないが、一気に周辺の村が栄えだすようだ。とにかくこのあたりも僕の知っている10年位前のまだ多くの人が馬に乗って埃だらけになって通行していたような状態とは随分変わったようだ。無論まだ馬に乗ってる人もいるようだが、いまや自転車を飛び越えてバイクが普及しているようだ。
しかもラビナルまで行くとさすがに遠いが、この行く途中の村あたりは舗装されて交通機関が整備されるとグアテマラシティーへの通勤圏となる。こうなると最近ますます膨張しているグアテマラシティーの宅地開発がこちらにも進んでくることは時間の問題かもしれない。グアテマラがなんでだかわからないのに随分景気が良いのはこういう地方の変化に負うところがあるんじゃないかと思わされる話だった。
今日も良い天気。日中の温度26度、湿度44%。夜18度、60%。

残念

何でもこの前から随分書いているSpirit Airがロスアンゼルスーグアテマラ直行便を4月で運行停止するそうだ。なんともあっけない。
採算が取れなかったのか、またTACAなどの以前からある航空会社にいじめられたのかなんだかわからないが、これでまた各社安心して元の値段に戻すんだろう。Spirit Airにはがんばってもらいたかったのに、本当に残念。
これで心配なのが、もうひとつの格安航空会社のInterJetだ。これががんばってくれれば、今度はメキシコ経由で日本に行くという選択肢を真面目に考えるようになるだろう。
確かにメキシコ経由で帰るとなると、ある意味楽しい。メキシコには友達もいるし、スペイン語も通じるし、泊まるところや食べるものの選択肢も増える。ただ、JALも値上げという記事があったのでその具合ではどうなるかわからないけど。
何はともあれ、格安航空会社にはがんばってもらいたいものだ。ここのところ良く帰ってるといっても年1回の事なので、たいしたことないといえばそれまでだが、安いにこした事はない。日本からグアテマラに来る人で今のところSpirit Airを使って来た人はいないのでそういう意味では影響がないかもしれない。
今日は日中良い天気で温度が結構高くなった。ここのところ風が強くて、天気が良くても涼しかったんだが、今日はぴたっと止まった感じ。まあこの前風が強くて送電線の鉄塔が倒れて停電になったので、風が強いと不安になるから、良い事ではある。
日中の温度26度、湿度30%。夜18度、55%。

メガネの修理

今となっては皆にバカにされるんだが、僕はメガネをつけたまま洋服の脱ぎ着をする。ところが先日急いでセーターを着ようとしたら、メガネが引っかかり、ポキッという嫌な音がした。何事かと思ってみたらメガネのツルが折れている。ビックリ。15才くらいからなので今や25年以上メガネを使っている。ほとんど気をつけることもなく、時には落っことしたりメガネの上に座ったり、いろいろしたが壊れたことなんてなかった。
頭がでかいというのはそれなりに面倒なもんで、頭の小さいグアテマラ人を相手にしたこちらのメガネ屋では、なかなか僕に合うサイズのメガネがない。何せ日本でも「このサイズだとあまり選択肢はないですね。」と言われるくらいだ。更に、サイズが大きく度数が強いとレンズの端がものすごく分厚くなる。このため屈折率の高いレンズを使っている。そんな訳で、メガネはずっと日本で買ったものを使っている。
いろいろ人に相談するとなんとメガネを修理してくれるところがあるんだそうだ。それで早速メガネ屋に行ってみた。なんと今は修理はしていないということで、合鍵屋を紹介された。溶接してくれるらしい。ただ、折れたところは当然だがツルのかなり細くなったところ。これを溶接してもちょっと不安は残る。幸い市場の知り合いがメガネ修理のおじさんに連絡してくれ、相談したところ、やはり溶接は弱いので、ツルの部分だけ交換してくれるとの事。こちらの方が良さそう。値段も50ケツアル(7ドル弱)。同じ色の物がないので取り寄せで木曜日には交換してくれるらしい。何でも修理して使う国なのでこういう時には便利だ。
天気は良いのだがやはり温度は余り上がらない。日中の温度24度、湿度44%。夜19度、61%。

個性派の店

前から気になってる店がある。アタバルから公園に行く道の途中にあるので、ほぼ毎日その前を通るんだが、おおよそレストランか喫茶店といった飲食関係の店だろうという程度しかわからない。
場所は有名な喫茶店ドニャ・ルイサの隣。元々服だかアクセサリーだかを売ってたところだ。その店が潰れてその後にできた。とにかくそんな小さな場所じゃないのに真ん中に大きなテーブルが置いてあり、そこに椅子が6脚あるっきり。その後ろには細長い台があり、真ん中に壷が置いてある。端っこの方には2脚の椅子がある小さなテーブルが1つと結構大きなソファーが1つ。反対側の手前角にガスコンロ。更に奥の角に冷蔵庫が1つ。
少なく見積もっても4人がけのテーブルを6つは余裕でおけるスペースがあるのに、一体これはなんだろう?しかもここはかなり借り賃も高いはず。気になって仕方がなかったので、今日の昼ペトラと一緒に入ってみた。なんとププサ(トルティーヤを作るときに中に具を入れたエルサルバドルの料理。)屋だった。食べ物はチーズ入り、チチャロン入り、ミックスのププサの3つのみ。後は缶ビール、ジュースなど。おばちゃんが2人働いている。味は悪くないし、ププサも1個7ケツアル(1ドル弱)で結構大きいので、2つ食べたら結構腹いっぱい。悪くはないがこれでやってけるのか他人事ながら心配。それにしてもこの思い切ったスペースの無駄遣いと変わった店の設え、極限まで簡素化されたメニューには感心。
日曜定食はジャージャー麺で16人。
日中の温度24度、湿度38%。夜18度、56%。

七輪

七輪を作った。といっても自分で作ったわけではなくて、見本を借りてきてそれをうちで働いているダニエルに見せて、同じように作ってもらっただけだ。
前から七輪は良いという話は聞いていた。炭もあまり使わないし、扱いが簡単だというようなことだったと思う。ただ、そうはいっても日本から持ってくるという気にはなれなかった。何より嵩張るし、なんだかんだいってそれなりに重い。
ただ、先日トイレに入っていてふと思いついた。ペトラと僕はアタバルの2階に住んでいるんだが、この2階のトイレは結構小さいので、市販の洗面台を入れると窮屈なので、ダニエルがコンクリートでちょっとした皿のような物を作って洗面台代わりにしてある。これを見ていて、こんなのができるんだったら、七輪だってできるだろうと思った。
それで先日貸してもらった本物の七輪をダニエルに見せてこれと同じ物を作ってくれと言ってみた。材料は石膏とセメント。石膏はかなりの量を使ったが、安い(1ポンド20円くらい)ので、材料費は実に安く、乾かす時間も含め1週間くらいで一昨日完成した。
早速使ってみる。勝手がわからないのでここのところ毎朝、朝ごはんに買ってきた魚を焼いてみている。かなりきれいに焼ける。ただ、炭の扱いに慣れてないせいか火が良い具合になるまでにかなり時間がかかる。むしろ煮物とかには長持ちして良い感じ。
ペトラが牛のテールのエストファード(トマトベースの煮込み)を作ったときに、七輪でやってみたが良い感じでできた。こういう使い方だと確かに経済的かもしれない。
今日も良い天気。日中の温度26度、湿度41%。夜19度、60%。

ロサンゼルス経由

理由は今ひとつ良くわからないが、最近また日本からグアテマラに来るのにロスアンゼルス経由で来る人が増えてきた。以前は多かったというより、ほとんどロスアンゼルス経由だったんだが、その後アメリカン航空でダラス経由やマイアミ経由で来る人がでてきて、さらにデルタ航空がアトランタ経由でグアテマラに飛ばし、コンチネンタル航空もヒューストン経由をだし、ほとんどロスアンゼルス経由で来る人がいなくなった。
勝手な想像ではロスアンゼルスーグアテマラ間の航空運賃が高かったため、そういうことになっていたんだと思う。ところが、最近はこれまでに何回か書いたがこの区間にSpirits Airという安売り航空会社が参入し、それに対抗するためだと思うが、ユナイテッド航空なども料金を下げている。おかげでロスアンゼルス経由が安くなっているんじゃないかと思われる。
これと同じ事はメキシコにも言えて、やはり先日書いたInterJetが安売りをしているので、今まで以上に高かった、グアテマラーメキシコ間の航空券がTACAなどでも下がっている。メキシコー日本はJAL、アエロメヒコ航空などが直行便(といっても前者はバンクーバー、後者はティファナを経由する。)が出ているので、こちらが安くなったら日本ーメキシコーグアテマラというルートで来る人も出てくるだろう。グアテマラも空港を拡張し、こういった格安航空会社が参入してくれて、大手も値下げをすれば、今まで以上に日本から来易くなるといいんだけど。
今日も1日晴れ。日中の温度26度、湿度38%。夜20度、68%。

足りない

ずっと書きたいと思ってて延び延びになっていたんだが、去年書いたビール会社のインチキの件。まあ結果から行ってしまうと、結局6箱分自腹を切ったといって持ってきて、その後今年の初めにもう6箱持ってくるはずだったんだが、その前に担当の2人(注文をとるほうと配達をするほう)ともクビになってしまって、もらい損ねた。
まあこればかりは仕方がない。ただ、配達をする方の人はスーパーバイザーにとりなしてくれって言ってお願いに来ていたが、結局スーパーバイザーも何もその後来なくてとりなしようもなかったし、来たとしても今更嘘を言うのも嫌だったので、そういう意味ではちょうど良かった。
ここのところ夜になっても水が出る。今までは基本的夜10時を過ぎると水圧が弱まり、夜寝る頃には止まってしまうのが普通だった。以前聞いたところでは、段階的に水の元栓を締めていくんだそうだ。これは新しい市長になってサービスをしてるのかと思っていた。ただ、ペトラは新しい市長になって市役所も人員を刷新していて、きっとまだ元栓を締める役の人が決まってないだけだと言う。ただ、今年水が増えると決まったわけでもないので、こんなことしてて大丈夫か?とちょっと不安でもある。
昨日の停電ではないが電気も足りなくなるんだという噂もあり、これまたちょっと不安。これが本当だったら何とか対策を考えないといけないかもしれない。
今日は比較的良い天気。
日中の温度26度、湿度53%。夜18度、60%。

また停電

午前中の授業が始まりホット一息ついたところで、いきなり停電。先々週ブログに書いたように強風で送電線の鉄塔が倒れその修理のために停電をしていたが、もう先週の内にそんなのは終わったとニュースで言っていたので、安心していたところだった。
まあ時々ある2・3分の停電かと思っていたら全然回復しない。そのまま10時の休み時間に入り、10時半に休みが終わってもまだ回復しない。その間コンピュータはバックアップのバッテリーも使い果たしてしまった。
休み時間が終わり、市場に買い物に行ったのだがなんと市場の方には電気が来ている。先週あたりの停電では市場の方が消えていて、こちらは大丈夫だったのだが、今日はその反対。この前からの借りを返されたという感じだ。
いくらなんでも昼には復旧するだろうとたかをくくっていたのだが、12時に午前中の授業が終わってもまだだめ。このあたりからちょっと焦ってきた。何せ今日は午後2時半からネットの授業がある。このままだと授業ができないばかりか、そのことを生徒さんに知らせることすらできない。電気会社の説明ではアンティグアの東の一部の地区だけが停電しているらしい。昼ご飯を食べ終わり、2時になって午後の授業が始まってもまだだめ。2時半から授業をするイングリットも来たがどうしようもないので、いつ電気が来ても良いように待機してもらう。結局電気がついたのはあきらめてイングリットも帰した後の夕方5時半。今日は結局ネット授業はできなかった。電気が来て早速生徒さんたちにはお詫びの連絡を入れた。
今日は良い天気。日中の温度27度、湿度43%。夜18度、60%。

また就任式

昨日大統領の就任式と一緒に各市町村長の就任式も行われたって書いてしまったが、市町村長の就任式は今日だった。とんだ間違い。
そんなこと全然知らなかったので、今日の昼過ぎにアンティグアの中央公園を通ったら、人が多いし、公園の周りには屋台もたくさんでている。一体なんだろうと思って、そこら辺の人に一体何事かと聞いたら、市長の就任式との事だった。
それにしても屋台なんかお祭りのときくらいしかこんなに出ないので、「これはどうしたの?」と聞きなおした。返事は人によって微妙に違い、「新しい市長の就任を祝ってるんだ。」という人と、「前の市長が離任するのを祝ってるんだ。」という人がいる。確かに前の市長が離任して新しい市長が就任するわけで、どちらも同じ現象を言ってるんだろうけど、それに対する思いはビミョウに違うということだろう。
まあ前の市長さんはかなり評判が悪かったようで、今回の選挙にも出馬はしたものの、票はほとんど得られなかったらしい。それで、今日の式にも顔を出さないんじゃないかという噂さえあった。実際そんな事はないと思うが。ちゃんと働きゃいいのにってつい思ってしまう。
新しい市長さんはどんなことになるのかわからないが、そんな訳で今日は1日なんとなくお祭り気分のアンティグアであった。
1日晴れてはいたものの、スカッとした快晴とまでは行かなかった。
日中の温度24度、湿度54%。夜18度、60%。


今日から

昨日も書いたが今日は大統領就任式。なんだか夕方ごろにテレビでやっていたようだった。あまり興味がもてなかったので、チラッとしか見なかったが。
今朝はアタバルの近くの学校もいくつか始業式だったようで、子供が大勢通り、子供を送っていくお母さんなども多く、今までの静かな休み中の朝とは大分違い賑やかな朝になった。アタバルの先生たちの中でも子供が今日授業が始まる人が何人かいて、子供を学校に連れて行ってから出勤してきたようだ。なんとなくこれで普通の日常に戻ったような気になる。
グアテマラの学校では小学校の1年生から落第とかがあり、やり直している子供も少なくない。そのため親は宿題をチェックしたり、テストの前に苦手な科目を教えたり、結構大変。同じ今日から始めても大統領の方は落第とかないので当選してしまえば4年の任期は安泰。まあどちらもがんばってちゃんとやってもらいたいもんだ。
今朝アタバルの近くで小火があったらしい。火事にあってから敏感なペトラは早速情報を集めに外に出て行った。消防車がアンティグアだけでなくあちこちから飛んできたらしい。まあガソリンスタンドが近くにあるのでそのくらい当然か。何でもお店で人が住んでなかったらしく、ドアが開けられなくて困っていたらしい。幸い火が大きくならないうちに消し止めた模様。
今日も日向は暑いが家の中はヒンヤリしていた。
日中の温度24度、湿度45%。夜17度、60%。


節食

今日でベルシェ大統領も任期が終わり。明日は新しいコロン大統領の就任式。グアテマラでは地方の市長選挙も大統領選挙も国会議員選挙も皆一緒にやるので、明日は皆入れ替わるということだ。新しい大統領や新しい市長になって何が変わるのかわからないが、とにかく、不動産にかかる税金が上がるという噂があるらしく、早いところ今年の分を払っておけって言われている。あくまでも噂なので、眉唾な気がして先週ずっと忘れていたんだが、まあ明日にでも払っておこうと思う。まさか就任した当日から上げはしないだろう。今日の昼は招待してもらって近くのニフ・ニファというステーキ屋で昼ごはん。ここはサラダバーがあって取り放題なのが魅力。広い庭だったところに客席を作ってあるんだが、上は蔓状の植物が這わしてあり、屋根代わりになっている。この前来たときから比べると随分と生い茂って昼間でも暗いほど。この植物は家でも育てようとしたんだが、うまく行かなかった。何が悪かったんだろう。
金曜日に食べ過ぎだかなんだかで午後ずっと腹具合が悪くて苦しかったので、今日はあまり食べ過ぎないようにセーブして食べた。肉を少しにして、サラダを何回かお代わりしいろいろ食べた。以前だったら考えられないことだ。
夜は日曜定食でかき揚げとキノコご飯。15人来てくれた。最近にしてはちょっと少ないか。それで余ったかき揚げも2つだけ食べて、夜も節食。大根おろしだけ消化が良くなるかと思い多めに食べた。
晴れ時々曇り。日中の温度23度、湿度52%。夜19度、64%。


ドン・ミゲリート

アンティグアの中央公園のそばに、ロカという薬屋がある。薬屋はアンティグアにはたくさんあるが、この薬屋はその中でも最も有名なものだろう。
今日朝市場に行く途中、このファルマシア・ロカの前をペトラと通ったら、なんと閉まっている。いつも開いているので、変だと思っていたら、横の入り口のところにこの薬屋の今の主人が立っていた。ペトラが「どうしたの?」と聞くと、いきなり泣き出して、さっきお父さんが亡くなったと言う。
このお父さん、先代の主人はドン・ミゲリートとして知られる、アンティグアの有名人。以前は病気になると皆(特に医者に行くお金がないような人たちは)、まずこのドン・ミゲリートのところに相談に行って、薬をもらう人が多かったようだ。
ペトラも随分悲しんでいる。アンティグアの町やその近郊の人たちには、助けてもらった人も多いようで、以前もドン・ミゲリートが病気になったときには、薬を買いに来る客より、見舞いに来る客の方が多くて大変と奥さんがこぼしたほどらしい。
以前はアンティグアで最も品揃えが良く、信頼された薬屋だった。今では薬屋も競争相手が多くなったり、最近は他の新規の薬屋に押され気味で、以前のような勢いはないが、それでもお葬式は昔世話になった人が大勢来て相当盛大な物になるだろう。90歳前後で大往生といえると思うが、昔のアンティグアを象徴する人がなくなったという感じ。
今日も良い天気。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、65%。

入れ替わり

今日は朝からなんだか食べ過ぎで昼過ぎから調子が悪くなり、夕飯は食べないまま過ごしてしまった。腹も身の内というから気をつけないといけない。
とにかく無事今週のアタバルの授業も終わった。数人の生徒さんが今週で終わりになるということもあり、先生達はまたお得意のセビッチェを作って食べた。ありがたいことに、新しい生徒さんも数人到着する予定なので、入れ替わりという感じだ。
来週はグアテマラでも新しい大統領が就任し、学校の新学期も始まる。14日が就任式のようだが、いろいろもめていた、ベネズエラのチャベス大統領も来ることに決まったようで、また何事かやらかすんじゃないかとグアテマラの人たちは興味津々。
当然元宗主国である、スペインからも就任式には誰か来るわけで、喧嘩の続きをやるんじゃないかと言われている。とにかく話題の多い人で、しかもあっちこっちで物議をかもしているから、警備が大変そう。
グアテマラの各学校も来週から始まる。14日からといわれていたが、各学校が足並みを揃える事はないようで、14日から始まるところもあれば来週の途中からのところもあるようだ。とにかく去年の10月から休みだったわけで、長い休みもいよいよ終わり。
アタバルの先生たちも、まだ子供が学校に通っている人が大半なので、これから送り迎えやら、宿題の手伝いやらで忙しくなるはず。入り口の店は近所の学校の生徒さんたちでまたそれなりに賑わうだろう。
午後になって急に曇ってどんよりとした天気。日中の温度24度、湿度54%。夜19度、70%。

予備の空港

‘昨日のカリブな生活のブログを読んで、つくづく航空券の値段とは不思議なものだと思った。まず良くわからないのは、最近航空券が高くなってるのか、安くなっているのかというのが、なんとも良くわからない。
燃料費だ、サーチャージだと訳のわからないものが加算されるので、以前に比べると随分高くなっていると感じることもある。それに対して、このブログにあるInterjetやこの前日本に行く時に利用したSpirit Airのように、格安の航空会社ができてきて、訳のわからないタックスその他をかけられてもまだ安いこともある。この前の日本までの往復の料金は結局930ドルくらいだったので、今までと変わらないか、ちょっと安いくらいだ。
もちろんサービスを考えると格安の航空会社は食べ物も飲み物も出なかったりするので、それらを相対的に考えると高くなってるのかもしれないが、別に食べ物や飲み物が出なくて困ることもないので、そんなの有料にしてその分安くしてくれた方が、ありがたい。
まあ何はともあれ、選択肢が増えるのはありがたいことだ。グアテマラも空港を拡張し、今日の新聞には更にサンホセという、太平洋岸の港の近くにまた新しい国際空港ができたという記事まで載っている。何でもグアテマラシティーの空港に天候不順などで着陸できなかった時にこちらを使うんだそうだ。そのために400万ドル以上使ったっていうんだからなんだか無駄な気がしなくもない。
今日は良い天気で日中日向は暑かった。
日中の温度25度、湿度48%。夜19度、65%。

道路改修

グアテマラの道路も以前に比べると大分良くなってきているようだ。例えばティカル遺跡で有名なフローレスにグアテマラシティーからバスで行くには以前は12時間以上かかっていた。ところがこの道が整備され、現在では8時間くらいで行けるようだ。ただ、早くなったのは良いのだが、以前は節約している旅行者はグアテマラシティーを夕方5時、6時にでる夜行便で行っていたのだが、いまやこの夜行便で行くと朝日が出る前についてしまい、逆に困ると言う人もいるくらい。これは特に変化の激しい例だが、今でもグアテマラシティーから西部(ウエウエテナンゴの方)に走る主要道では、工事をしていて、工事の渋滞に巻き込まれると大変らしい。
とはいえ、不思議なのはグアテマラの国土を見るとどちらかと言うと南の端の方にあるグアテマラシティーから放射状に道路は整備されているんだが、これらを繋ぐ環状道路というのが全く重要視されていないような点だ。もちろんない訳ではなく、以前に比べたら多少ましになったという話も聞くんだが、バスの便が頻繁に出て行き来が盛んになるとか行った事はまだないようだ。
このため、グアテマラ国内をぐるっと1周という旅行は非常にやりにくい。国内各地に行こうとすると、どこかに行ってはグアテマラシティーに戻り、またそこから別のところに行くようなことになる。おかげでグアテマラシティーに近く滞在のしやすいアンティグアが、(それだけが理由ではないが)観光の基点となり、ありがたいことではある。
曇り気味の1日。日中の温度25度、湿度48%。夜18度、64%。

銀行比較

今までアンティグアでドルを現地通貨であるケツアルに両替するのに定番となっていた、バンコ・デル・ケツアルがバンコ・インドゥストゥリアルに買収されてしまい無くなってしまい案内をするのに不便な状況だった。当然、最近も「どこの銀行でドルを換えたらよいですか?」というのは良く聞かれる。いくつかの銀行でレートを見て決めればといったあいまいな返事しかしていなかったんだが、今日一念発起(というほど大げさなもんでもないが)して、買い物行くついでに4カジェ(アンティグアのメインの通り)沿いにある銀行を片っ端から覗いて、レートと混み具合を調べてみた。
西から行くとバンコ・デ・ロス・トラバハドーレス:込み具合、空いてる。1ドル=7.51。バンコ・レフォルマドール:ほとんど客はいない。7.53。バンコ・インドゥストゥリアル:混んでる。7.51。BAC:まあまあ。7.31(現金のレート)。バンコ・アグロメルカンティル:混んでる。7.57(と書いてあるが、入り口の警備員によると7.55)。バンゴ・クスカトランまあまあ、7.53。バンコ・ウノ:混んでる。7.56。
もちろんこれは今日の昼前に通った時のことで、BACのレート(これがどういうことなんだか良くわからないが)を除いては、そんなに変わらない。混み具合はこれは日により、時間により、全く変わるので、ごくごく参考程度。また以上は2つ書いてあるときは現金のレートを見たので、T/C(銀行によっては換えられるT/Cの券種が決まってる場合もあるし)だとまた変わる場合もある。たぶんレートを重視するならば、アグロメルカンティルとバンコ・ウノを見比べて決めて、急いでて混んでるところを避けるんだったら、レフォルマドールかトラバハドーレスということだろう。
今日は朝ものすごく寒く感じたが、昼前外に出て歩いたらものすごく暑かった。
日中26度、湿度45%。夜19度、65%。

移動祝日

生徒さんから今年のセマナ・サンタについて質問を受けた。もちろん一番肝心なのは「いつなんですか?」というもの。セマナ・サンタはアンティグア最大のお祭りだが、太陰暦で日にちが決まるらしく、毎年変わるんでややこしい。移動祝日というんだそうだ。
観光の町で観光関連の仕事についていると、このアンティグアで最も観光客の増える時期の移動は大きな関心事で、大抵新しいカレンダーをもらうと、真っ先にセマナ・サンタの日付を確かめる。
今年は3月16日から22日までの週。特に盛り上がる聖木曜日、聖金曜日がそれぞれ20日、21日だ。統計を取ったりしたわけではないんで、はっきりとはわからないが、4月になることが多い印象があるので、3月というとかなり早く感じる。セマナ・サンタの前40日間のクアレスマ(四旬節)というその前触れといった感じの期間がカーニバルの後の灰の水曜日から始まるんだが、この灰の水曜日が今年は2月6日になる模様。後1ヶ月ないわけだ。クリスマスが終わり、新年が始まったばかりと思っていたら、もう灰の水曜日という感じ。なんだか気ぜわしい。
セマナ・サンタが終わると、コルプスがそろそろ始まり、それの後はアンティグアの守護聖人サンティアゴの日、その後も独立記念日、死者の日、悪魔焚きの祭り、クリスマス、正月と、1年間それぞれの行事を区切りに生活している。
今日も比較的日中は暖かかった。
日中の温度24度、湿度45%。夜17度、66%。

すっきり

相変わらず断水と局部的な停電が続いているようだ。昨日シャワーを浴び損ねたので、今朝は浴びようと思っていたら、浴びる直前になりスーッと水圧がなくなり、水が止まってしまった。ガックリ。その埋め合わせのつもりか、夜日曜定食が終わり、先生の手配などを済ませて、ちょっと遅くなったので、今日もだめかと思って蛇口をひねると勢い良く水が出る。おかげで夜はちゃんとシャワーを浴びられ、すっきりした。
朝の内シャワーも浴びられないので、いつも昼ご飯を食べに昼ごろ出かけるのをちょっと早めて、11頃に出かけた。ここの所ロウソクが売れて、在庫が少なくなってるので市場に行って買い足そうと思い、市場まで足を伸ばした。ところがここでも結構売り切れている。いくつか回り、何とか手に入れたが、皆停電に備えて買ってるんだろう。
ついでに市場で食事をしたが、やはり昨日の土曜日は人がかなり少なかったとぼやいていた。市の日でなく普通の日のようだったという。やはり買い物をして受けた印象は間違ってなかったということだ。来週からは小、中、高校の授業が始まる。そうすると、制服やら、文具やら、教材やら皆かなりお金がかかるようになるんで、節約してるのかもしれない。
今日の日曜定食は揚げ魚の香味しょうゆかけ。25人分売れた。先週は少なかったので、ちょっと少なめにしておいたら、今週は多い。用意した材料が全てきれいになくなった。
いい天気で久しぶりに日中暖かくなった。
日中の温度25度、湿度44%。夜18度、66%。

一部停電

皆年末年始でお金を使ってしまったのか、大量に買い込んだものが余ってるのか、今日の市場は土曜日にしては人出が少ない。買い物をするほうとしては歩きやすく、楽で良いが、活気がある方が市場らしくはある。
ただ、この活気がいつもより少ないのは、必ずしも人が少ないからというばかりでなく、なんだか不思議な停電状況にも関係があるように思う。ここのところ毎日停電のことばかりで申し訳ないが、なんと言っても住んでいるものにとっては非常に重要でどうしても関心がそこに行ってしまう。
今日不思議だったのは、朝市場に行くまで、ATABALではついたり消えたりという不安定さはあったが、完全な停電にはならなかった。ただ、断水。これまた困る。ところが市場に行くと水は全体的に止まっているようだが、電気は来ている所とそうでないところがあるようだ。同じ市場の中なのに、例えばいつも行く鳥屋のマルベニは停電。ところが娘がやっている肉屋は電気がついている。一体どうなってるんだか。同じ肉屋でも市場の外にあり、いつも僕らが荷物を預けておくところは、電気が来てはいるんだが、非常に弱く、かろうじて電球がついている程度。テレビはちゃんと映らない。これは別に発電機とかではなく、普通の電気の話だ。
しかも断水もあって、今日はアンティグアのレストランはほとんど閉まっているらしい。ファーストフードのレストランまで閉まってるんだから、昼食を外で食べようとした人は大変だったようだ。
日中の温度22度、湿度47%。18度、65%。

計画停電

今日の朝は温度が14度。この前13度になっているからこの冬最低とは言わないが、かなり寒かった。しかも風も強い。アンティグアの周りの山は相変わらずてっぺん付近が白くなっている。日中になっても天気は良くてそれなりに日は照っているのに風が強いから温度が上がらない。先生たちも生徒さんも2階の日向のところに出て授業をしている人が多かった。風が強いのは相変わらずで、隣の家から屋根のトタンがはがれて飛んできた。幸い2階に誰もいなかったので、良かったが、結構危ない。新聞には一部だけじゃなくて屋根全体が飛んじゃった家もいくつかあるって書いてある。
計画停電があると新聞にも載っているが、これがいつ何時からやるのかがはっきりしない。どうやら地域分けして、違う時間帯にやるらしいんだが、アンティグアも公園から西側と東側の半分に分けてやることになって、西側は既に停電してたんだとか言う。ATABALは東側になるので、幸い今日も10分弱停電しただけだが、どうなるかわからない。
アンティグア周辺の村ではサン・アントニオ・アグアス・カリエンテスなどは昨日も半日停電で、今日も結構長く電気が来なかったと言っている。まあどうしても停電しなきゃならないのであればしょうがないけれど、いつやるのかは教えて欲しいもんだ。
停電に備えてるんだろうけど、ATABAL入り口の店ではロウソク、懐中電灯、乾電池が良く売れている。風が吹くと桶屋が儲かるというのに似て、グアテマラでは風が吹くとロウソク屋が儲かるんだ。
日中の温度20度、47%。夜16度、59%。

冠雪のような

午前中の休み時間また先生たちが騒いで、2階に上がって行った。この前の市場での花火屋の火事の時と同じシチュエーションなので、また何事かと思ったら、アンティグアの南に見えるボルカン・デ・アグア(アグア火山)のてっぺんが白くなっているとの事。ちょうど、休み時間の後市場に買い物に行ったので、行く途中眺めてみると、確かに白っぽくなっている。
白っぽくというのは、厳密に言うと富士山の冠雪のように白くはない。ごくごく細かいまだらに白くなっている感じ。雪が降ったわけではなく、頂上付近が凍っていると言うことらしい。やはりよっぽど昨晩は冷え込んだんだろう。正月そうそう冠雪した富士山を眺めたようなもんで、ちょっとめでたい気分。
昨日の停電は長かったが、今日のニュースで風で倒れた鉄塔が映っていた。それにしても1つだけでなくいくつもなぎ倒されていたんだが、結構やわなもんだ。「予算削って、やわな材料を使ってるんじゃないか。」という人もいたが、そんな気にさせるのがちょっと情けない。この送電ルートはグアテマラ全土の7割くらいをカバーするものらしく、今迂回させているが、そちらもやられたら大変なことになるんだそうだ。今日も風が強いのでかなり不安。至急修理をするようだが、この具合によっては今日から今週末まで毎日2・3時間停電する可能性があるらしい。困ったもんだ。
風は冷たいし、本当に寒い。
日中の温度20度、湿度40%。夜14度、51%。


餅食べ

2008年の最初の授業。幸い順調な始まり。ネットの授業も今日から開始。ただ、朝から曇っている上に風が強くて寒い。先生たちも生徒さんも寒い寒いと言っている。温度はそれでも21度くらいまでなったんだが、とにかく風が音が鳴るほどの勢いで吹いているので寒い。なんでも今日のニュースでやっていた天気予報では今週一杯は寒いんだそうだ。昨日は雨が降るし、天候は不順な1年の始まりだ。
午後4時から日本から買ってきた切り餅を焼いて、正月恒例のお餅パーティーをした。炭火で焼いたんで、今日のような寒いときには火の周りにいると暖かくて良い。それに炭で焼くと火力が強いのかあっという間に焼けてしまう。最初は皆がわっと来てちょうどよかったんだが、最後の方は「もう膨れてきたから早くとって。」と言うほど。
それが終わってちょうど皆が帰った頃。5時半を回った頃だったと思う。いきなり停電。しばらくすれば回復するかと思っていたら、全然だめ。夕飯もロウソクの明かりでとり、食べ終わった後も、全然回復の兆しがない。結局夜の8時くらいまで、3時間くらい停電した。随分長い停電。なんでも風が強くて、送電線が切れたとかいう事らしい。幸いネット授業は終わってからだったので助かった。これだけ長く停電すると水道のポンプも止まるらしく、断水までして踏んだり蹴ったり。電気が戻ってからシャワーを浴びたが、空気が混じってでてくるので非常に浴びにくく、体も適当に洗ってでてきてしまった。昨日までの店番も無事に終えたのでペトラと夕飯をどこか食べに行こうかといっていたんだがこの停電じゃ行かなくて良かった。
日中の温度21度、湿度42%。夜15度、51%。

新年

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
という訳で2008年が始まった。昨日から店番なので、今年も店番で年が明ける。夜中の12時には、今年の火事騒ぎで大分少なくなったとはいえ、爆竹はもうあちこちでやっていてクリスマスの時以上のように思う。やはりクリスマスの時は火事のすぐ後だったので、遠慮があったんだろうか。
アンティグアの中央公園では年越しコンサートやらがあり、時計台の方でもいろいろ催しがあったようで、夜の公園はすごい人出だったらしい。もちろん我々はいかれなかったが、テレビのニュースでやっていたらしい。
そんな訳で皆よっぽど夜遅くまでおきていたのか、今日は朝7時に店を開けても誰も人が来ない。まだクリスマスの時の方が朝ごはんの材料らしき物を買いに来る人がいたくらいだ。やっぱりグアテマラではクリスマスは家族で過ごすので、多少おとなしくて、外に遊びに行きやすい大晦日の方が飲んだり夜更かししたりする人が多いんだろう。
明日は新年のアタバル最初の授業。午後には餅つきをする。(ここ数年餅つき機が壊れて、日本で買ってきた切り餅になったので、餅つきとはいえなくなったが。)まああまりに正月らしくないので、これで多少は正月気分を味わってもらえるといいんだが。
天気は良かったんだが少し風があり暖かい1日。夕方に一瞬雨が降ってビックリ。皆明日から仕事だからか、夜はすごく静か。
日中の温度26度、湿度44%。夜20度、58%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。