スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



復活

ずっと以前このブログにもパベシというイタリア料理店がなくなちゃったと書いたと思う。そんなにしょっちゅう行ってた訳でもないが、たまにピザを食べに行っていた店だ。イタリア人のおじさんがやってて、「デリバリーのピザなんて、あんなのはピザじゃない。」と怒ってた。まあ確かにそういうだけあって、あそこのピザは結構好きだった。これがなくなったので、残念だった。
この前レビューで見つけた、新しいイタリア料理店の広告を思い出して、今日は昼そこを探しに行ってみた。そうしたらなんとパベシと同じところ。店構えも同じような感じだ。ただ名前はペスカドール・イタリアーノとなっている。海鮮料理専門店かと思って(だったらペトラと一緒なので入れない。)メニューを見たら、ピザ、パスタといった普通の料理。
中に入って、出てきたお兄さんに「パベシと関係あるの?」って聞いたら、単に名前を変えて再出店しただけで同じ店だとのこと。さっそくピザを注文しようと思ったら、「オーブンに火を入れたばかりなので、できるまで45分はかかる。」と言われてしまった。仕方なくパスタを注文。ちょっと値段は上がっていたがパスタの味は以前と同じような感じであった。(あんまりパスタは食べなかったので良く覚えてないけど。)今度は夜に行ってピザを食べようと思う。
日曜定食はかき揚とキノコご飯で15人来てくれた。久しぶりにちょっと賑やか。
日中曇り気味になったりもしたんだが、湿度も高くかなり暑かった。
日中の温度28度、湿度56%。夜21度、65%。
スポンサーサイト

鳴き声

テレビのアニマル・プラネットを見ていたら、ロバが出てきた。このロバがブヒブヒ鳴いているのを見ながらペトラと動物の鳴き声の話になった。動物の鳴き声に関しては日本語は便利で、とりあえずすべて鳴き声でまかなえる。もちろん吼える、キャンキャン言うとか考えたらバリエーションがないわけではないが、とにかくわかんない時は鳴くという動詞一つで何とかなる。
ところがスペイン語はちょっと大変。このロバの鳴き声はレブスナールという。身近な動物では、犬はラドラール、猫はマウヤール、牛はムヒール、馬はレインチャール。鳥は一般的にカンタールが使えるようだが、個別に見ると鶏はカカレアール、アヒルはグラスナール、鳩はアルヤールなどとなるらしい。最後の方は正直言って知らなかったので、白水社の和西辞典を見た。これには鳴き声としてまとめてあるので、興味のある方はこちらを参照してください。鹿の鳴き声なんてのもある(バラールでヤギや羊と同じ)。鹿の鳴き声なんて聞いたことない。
しかし、ペトラとテレビを見てて話してた時に、ペトラも度忘れして思い出せないのがあった。ライオンの鳴き声。これは載ってない。猫の仲間だからマウヤールじゃないのかと思ったらそうじゃないらしい。まあ犬の仲間の狼だってアウヤールと違う言い方をするんだからそういうもんなんだろう。しかし実にややこしい。
今日も湿度が高く市場を歩いてるとジトッとして暑い。
日中の温度26度、湿度56%。夜20度、65%。

魚屋の個性

今朝久しぶりに魚屋が来た。やっぱりセマナ・サンタが終わって売れなくなったんだろう。ただ、ATABALに売りに来る魚屋は今のところ3人いる。前にも書いた親父さんが亡くなって跡を継いだ息子と、トラックで来るおじさんと、もう一人帽子をかぶったおじさん。今日はこの帽子をかぶったおじさんが来た。このおじさん持ってるものは決して悪くないんだが、種類が少なく、値段も高め。それであまり買わないんだが、今日はたまたま貝を持ってたんで、やはりちょっと高かったが買ってしまった。
この前市場で買ったものは1リブラ8ケツアルだったと思うが、今日は1ダース17ケツアル。1リブラで9個から10個だったので、ずいぶん高いが、まあ1ダースだけなのでつい買ってしまった。
しかし、このおじさんは不思議に高い。今日も気持ち大きめのエビを持ってたんだが、他ではセマナ・サンタの時期でも1リブラ30?35ケツアルくらいだったのに、40ケツアルという。仕入先が違うのか、下手なのか、量が少ないのでその分高く売らないと商売にならないのか、理由は良くわからない。気弱そうで、他の2人に比べ買え買えと押し売りをすることはないんだが、値切ってもなかなか値段を下げない。まあ魚屋にもいろいろ個性があって、それを観察しながら交渉をするのもひとつの楽しみ。
今日は天気は良く温度もそれなりに上がった。ただ、温度以上に湿度が高く、ムワッとした感じ。
日中の温度26度、湿度54%。夜21度、70%。

カードがないと

メキシコからグアテマラまでInterJetが安いというのは前にも書いた。確かに今見てもバスで来るより、飛行機で飛んできたほうが安いようだ。こうなったらメキシコーグアテマラ間の町などに興味がない限り、24時間かけてバスで来るのはかなりつらいだろう。
ただ、このInterJetも基本的にインターネットでしか買えないのが困る。ネットでしか買えないということは、結局カードで支払いをするということになるので、カードを持っていない人には手が出ないことになる。
メキシコの会社らしいので、メキシコシティーにはオフィスがあり、そちらで買うことができるようだが、グアテマラの場合はオフィスなどないと思うので、どうしようもないと思う。もしかしたら空港に行ったら買えるかもという説も出たが、可能性としてはけして高くなさそう。
まあ幸いこういう競争が出てくると、もともとかなり高い料金を設定していたTACAなどの既存の会社も値下げしているので、カードのない人はこういうのを利用するのが次善の策か。
今日も天気が良く日中はかなり暑くなった。日も長くなったので、夕方でもまだ暖かい時間帯が長くなった。なんだか今年は天候が不順なせいか、普通だったら今はマンゴーの最盛期で安くなるはずなのに、今年はずいぶん高いような気がする。普段果物をあまり食べないがマンゴーはわりと好きで、期間が限られていることもあり、この時期1回は買ってきて食べるだが。
日中の温度28度、湿度51%。夜21度、62%。

レビュー

レビューという無料で配っている月刊の雑誌がある。これは僕が始めて来た頃にアンティグアで始まったものだと思う。まあ雑誌といっても記事はほとんどなく、ほぼ前面アンティグア内のいろいろな店の広告が載ってるだけなんだが、今ではアンティグアだけでなくグアテマラ各地、更にエルサルバドルやホンジュラスの物まで載っている。最初のペラペラのものから比べるとずいぶん立派になったもんだ。広告の掲載料も最近では小さいもので1ヶ月30ドル前後するようで、結構良い商売だと思う。
これが成功しているので、それ以降これを真似たものが次々できているが、今までのところいずれも続かず、長いものでも数年で消え去っている。最初にアンティグアでこういう商売をやろうとした人のアイデア勝ちという感じだろう。
英語の雑誌なので、基本的には外国人の観光客向けの広告が載っているんだが、レストランやら旅行会社など探したり、電話番号を調べるのにちょっと便利なので、時々見かけると貰ってくる。イベントの情報なども載っているので読んでる人も多いみたい。僕はごくたまに見て、ガレージセールの情報を探したり、新しいレストランとかをチェックしている程度。ただ、最近新しくてこういうのに載ってる店は高そうな感じがする。今日もこれを書くのにパラパラめくってたら、知らないイタリア料理店とインド料理店の広告が載っていた。
今日は良い天気で日中暑くなった。ここのところ温度変化が激しいので風邪をひいてる人が多い。日中の温度28度、湿度30%。夜21度、55%。


パンの値段

霧雨の降っていた昨日に比べ、今日は午前中曇りがちだったが、今日は少しましな感じだ。ただ温度はあまり上がらない。
最近グアテマラではパンの値段が問題になっている。世界的な穀物不足なのか、基本的にいろいろ食べ物の値段が上がっていっているんだが、パンは日常食なので、少しの値上がりが家計に影響が大きいのだろう。
グアテマラの主食は小麦粉で作ったトルティーヤとは言うものの、最も主要な食事である昼食はトルティーヤであることが多いが、朝食と夕食はパンというのがアンティグアあたりでは一般的なようだ。パン屋さんもこれにあわせ、朝6時と午後3時に焼きあがるように作っているところが多い。
このパンの値段を政府が値上がりしないように規制しているようだ。政府は小麦粉の値段はそれほど上がっていないというようなことを言っており、小麦粉の値上げを理由に不当に値上げするパン屋さんを摘発して罰金などを取るということらしい。最近ではこれに抗議してパン屋さんの団体がストをしたとかいうニュースを見かける。
昨日ペトラが市場でこちらでおやつや軽く夕食を済ませるときなどに食べる、ちょっと甘い、日本の甘食のようなパンを買ってきたんだが、これが通常の半分程度の大きさになっている。値段を規制されたので大きさで調整したということかもしれない。それにしても小さかった。
日中の温度23度、湿度49%。夜19度、58%。

祭りの後

また朝から曇っていて、なんでも小雨まで降っていたようだ。確かに朝11時ごろ市場に行く途中で、細かい霧雨のようなものが降ってきた。実際変な天気。それにこれだけ曇っていると寒い。生徒さんたちも寒くて風邪をひきそうと言っていた。先週の木曜日に似たような感じ。ところが午後からは晴れてきて多少温度も上がった。
今日はまだ小・中学校はほとんど休み。セマナ・サンタ期間中にグアテマラの各地からアンティグアに警察官が臨時に派遣されてきていたが、彼らも今日はそれぞれの勤務地に帰っていった模様。
毎年相当大勢(600人という話も聞いた)の警官が来るが彼らのほとんどはアタバルのすぐ近くのインソルという公立校に寝泊りする。おかげでセマナ・サンタの期間アタバル入り口の店は彼らのご用達。多分1日いくらと食費をもらってて、これを浮かそうということだと思うんだが、菓子パンやクッキーなどを買いに来る警官が多い。ペトラはクッキーしか食べてなかったら、いざという時に役に立たないかもしれないと言って、今年も一度彼らにパンとフリホーレスを差し入れていた。確かに、ちゃんと食べてがんばってもらいたいもんだ。
月曜日の今日は市場の日だが、今日はまだ開けてない店も多く、まだまだ静か。買い物に来ている人も少ない。大きなお祭りの後にちょっと力の抜けた感じ。
午後は一転して良い天気で、さすがに日も長くなっているのか、夕方5時過ぎまでとても明るかった。
日中の温度24度、湿度49%。夜19度、61%。

復活祭

今日の日曜定食は揚げ魚の香味しょうゆかけで、10人来てくれた。ここのところ少ないので10人来てもらえるとありがたい。用意した分もちょうど12人分程度だったので、ちょうど自分たちの食べる分が残った程度。
復活祭の今日は静かなものだ。こちらでは受難はとても熱心に再現するが、復活は実にあっさりしたもの。観光客もかなりの人たちはもう出て行っているはずだし、アンティグアの人たちも木曜日からずっと続く行事に疲れて今日はお休みといった感じ。
サン・ペドロ教会から復活を祝うプロセッシオンが出て、以前はタンバリンと鈴程度の実に簡素なものだったんだが、今年はトラックの荷台に載った移動ディスコががついて回っていてものすごく賑やか。気持ちついて歩いている人も多いように思った。このプロセッシオンはこれまでの物のように決まった服を切る必要もないし、重々しく(って、受難を再現するわけだから重々しくて当然だが)やるわけでもないので、有り難味が少ないのかもしれないが、年々人も増えているし賑やかになっているようには思う。
昼はサン・フェリペに食べにいったんだが、こちらもいつもの日曜日より人は少ない。やはりみんな明日から仕事が始まるので、今日は家でゆっくりという人が多いんだろう。小・中学校は火曜日からのところが多いらしい。
今日は暑い。天気も良いし、3月らしい天気というところか。夜になっても半袖でいられる。
日中の温度28度、湿度41%。夜21度、60%。

早すぎる

今日は聖土曜日。主だったお祭りは終わっているので、今日はマリア像を女性が担いだプロセッシオンが2つ出るのみ。ただ、この2つはそれなりに重要ではある。ただ、観光客はだいぶ出て行ったようで、どちらかというと地元の人が多い感じ。
この2つは昨日と同じ、サン・フェリペとエスクエラ・デ・クリストなので、基本的には昨日と同じような時間に出て、同じ経路をたどるはず。そのため大体同じような時間にアタバルの前を通るはず。ところがエスクエラ・デ・クリストはまあまあ予想通りの時間に通った。サン・フェリペは昨日アタバルの前を通ったのが午前1時過ぎだった。このため、今日も遅くなるのを覚悟して夕飯の後休んでたら、なんだかプロセッシオンの音楽やら、売り子の出す音などが聞こえてくる。なんと夜の8時半には通ってしまった。
一体どうなってるんだろう?昨日アタバルの前を1時過ぎに通ったということはサン・フェリペの教会に帰りついたのはおそらく午前4時頃になってるはず。あまりに遅すぎて大変だったので、経路をショートカットしたんだろうか?プログラムを見ても夜10時過ぎに通ることになっているので、何かあったんだろう。
今日は市場に買い物に行ったんだが、閉まってる店も多く、野菜などはほとんど新しいものはない。それでも必要なものはとりあえず揃い、空いてて歩きやすいので買い物も早く終わり、ちょっと早めに帰ってきた。
天気は良くかなり暑い。
日中の温度28度、湿度38%。夜19度、60%。

幸い良い天気

昨日も書いたように今日は店の勝負時。昨日が曇りで寒かったので、心配していたが、幸い朝起きて外を見ると良い天気。ホッとする。ただ風が強い。部屋の外の木の枝がこすれあう音が聞こえてくる。
朝食の後、用意をして外にじゅうたんを見にペトラと出た。日差しは強く暑いくらいだが、風が冷たい。道を行く人たちは肩を出して歩いている女性もいるが、セーターを着ている人もいる。日向と日陰の温度差が激しい。
人出はかなり多く。アタバルの前も人が大勢通っている。昨日の晩店を閉めるときにジェシカと散歩に出たらいつもこの時間には有名な花のじゅうたんを作り始めている4カジェ沿いの家の前がしんとしていたので、今年は作らないんだろうか?と思っていたら、やっぱりちゃんと作っていた。4カジェはメインの通りなので、このじゅうたんの始め、ホテル・アウロラ、老舗の菓子屋のドニャ・マリア・ゴルディーヨ、有名な喫茶店のドニャ・ルイサなどを含め多くの有名なじゅうたんが作られる。これを見ながら公園にまで行った。花のじゅうたんはオーソドックスだが、やはり他にもたくさんあるおがくずのものより、豪華な感じがする。ドニャ・ルイサは店の正面部分をダンボールで作ったものを立てて、さすがにパン屋だけあって、パンで作った飾りも置いてある。これを踏んづけちゃうなんてもったいないが、他にも人形などが置いてある物があり、もったいないのと同時に重いプロセッシオンを担いでいる人が足元をよく見えないままこれを踏んだら足を挫いたりしないかちょっと心配。
日中の温度26度、湿度38%。夜19度、61%。

寒い聖木曜日

昨日涼しくなったと書いたが、今日は朝から曇りで更に涼しい。っていうか肌寒いくらい。今日と明日が勝負時なのにちょっと悲しい。コカコーラも今日からクーラーボックス用に氷を配るといってたのに、寒いからかまったく来ない。まあ来てもらってもこれじゃしょうがないが。
昼前からペトラと町をブラブラしたがなんだか人も少ない気がする。もちろん普段よりはよっぽど多いし、海外からの観光客はウロウロしてるんだが、地元の人はなんだか雨が降ってもおかしくなさそうな雲行きを気にしてか、あまり出ていないように見えた。
まあそれでも今日はアタバルの前を通るプロセッシオンは1つで、しかも夜遅くに通るので、本当の勝負は明日だ。明日もこんなんじゃないと良いんだけど。
今晩アンティグアの人たちやアンティグアにセマナ・サンタを見に来ている人たちは、基本的に徹夜で町をウロウロするのが習慣。何しろ今晩はアンティグア中のプロセッシオンの通る道で、徹夜で花やおがくずのじゅうたんを作り、明日の朝6時にメルセー教会から出るプロセッシオンに備える。その前の朝3時にはメルセー教会からローマ兵が馬に乗って出て、キリストの処刑のお触れを町のあちこちに触れ歩く。僕も始めてセマナ・サンタを見たときには一応徹夜してウロウロしてみた。その時は普通に日中も暑かったのに、明け方は風が冷たく寒かった記憶がある。今日夜中見て歩く人は防寒具が必要だろう。変てこなセマナ・サンタだ。
日中の温度21度、湿度42%。夜18度、58%。

明日から4連休

なんだか良く前回の訂正をしているが、今回も昨日天気予報が外れたと書いたが、昨日の晩気持ち涼しくなって、今朝はここ最近と比べるとかなり涼しかった。更に日中こそいつも通りかなり暑かったが、3時過ぎてすっと温度が下がった。これはやっぱり寒波の影響だろうか?いつもセマナ・サンタの頃は暑くて夜も寝苦しかったりする日があるんだが、(といっても日本の熱帯夜と比べると笑われそうなもんだが)今年はちゃんと布団をかけて寝ている。何年前のことだか忘れてしまったが、あまり暑いのでゴザの代わりに、ペタテというこちらのやしの葉で編んだゴザのようなものを買ってきてシーツの上に敷いていたことがあるほど。夕方ちょっと曇ってる。昨日はずれだなんて馬鹿にしたのがいけなかったのか。明日、明後日は飲料水を売る勝負時なので、外れてくれたほうがありがたいんだが。
今日は聖水曜日で、今週の授業も今日までで、明日から4連休。日曜定食は予定通りやるので、こちらは4連休とは行かないが。今日は明日からの連続した行事の前で、ちょっと静かな日だ。行事も2つの小さいプロセッシオンとベラシオンが1つあるのみ。そのベラシオンも見に行った人が、何もなかったといっていたんだが、どうなってるのか。
銀行も今日の午前中のみの営業なので、市場に走っていってその帰りに寄ったんだがものすごい人で外にもずっと列ができている。みんな休みの前でありったけのお金を引き出すんだろう。辛抱強く並んでいる。
日中の温度28度、湿度47%。夜20度、64%。

天気予報外れる

昨日の天気予報は外れたのか今日も暑い。もちろんこちらにしてみればその方がありがたいので、このまま外れっぱなしの方が良い。今日先生たちと話をしたが、そのニュースを聞いた人も多かったようだが、こんな時期に寒波なんて、という意見がほとんど。
今日は聖火曜日で、サンフランシスコ教会でベラシオン。これはATABALのすぐそばにあるので毎年行っているんだが、今年はなんだかバタバタしていて行かずじまい。なんだか今年はセマナ・サンタの行事をほとんど見てない感じがする。まあこちらの人のように熱心に書く行事をもらさず回って歩くという感覚はないが、なんだかセマナ・サンタらしくないという気はする。
とはいえATABALの授業も今週は明日まで。明日は市場にも行かないといけないし、銀行も明日の午前中のみの営業なので、行って小銭を作っておかないといけないし、店の仕入れも明日がセマナ・サンタ前最後になるので、なかなか大変。先生たちは明日から4連休で大喜びだろう。
アンティグアも観光客でいっぱいだが、この辺の人たちはこの時期休みを利用して里帰りする人もある。それ以外の人たちは年間で最も暑い時期ということもあるのか、海辺に行く人が多いようだ。今勉強してる生徒さんが連休を利用して海に遊びに行きたいといっていたんだが、ホテルが取れなくて断念した模様。この期間グアテマラシティーから近い海岸などは本当に芋を洗うような人出だ。
日中の温度28度、湿度45%。夜20度、61%。

セマナ・サンタ始まる

いよいよセマナ・サンタが始まったんだが、まあ月曜日なので今日は静か。通常通り授業もあるし、市場にも行って買い物もした。市場は今週は月曜日、水曜日、土曜日が市になるらしく、今日は土曜日並みに混んでいた。市場の人たちの話では今週は今日が一番人が多いんだそうだ。いつも多い土曜日は逆に少ないらしい。野菜とかもあまり入荷しないので、今日か水曜日に買った方が良いと言われた。とはいえ、一昨日買ったばかりだし、今日買って1週間以上冷蔵庫に入れておくわけにも行かないので、それはちょっと無理な話だ。
それより今日は聖木曜日、聖金曜日に向けて、入り口の店の仕入れも最終段階。やはり飲料が主なものだが、かなり買い込んであっちこっちに積み上げてある。ただ、今日の昼のニュースでは寒冷前線が来るとかで、涼しいセマナ・サンタになる見通しだそうだ。こちらの天気予報が当たるかどうかわからないので、買うだけ買ったが、どうなることやら。それにしても今日の午前中から昼にかけてはものすごく暑かった。ただ、その割には夕方になってちょっと曇りがちになり、温度もすっと下がったのは、この寒波の影響か?
銀行も今週は水曜日の午前中までの営業らしく、昼過ぎの暑い盛りに行けば空いているかと思ったが、とんでもないことで、外まで並んでた。とはいえ、今日行っておかないといけないので列に並ぶ。やはり中央公園やその周りの店には人がたくさんいる。大型の観光バスもたくさん走っていて、相当たくさんの人が来ているんだとあらためて実感。
日中の温度29度、湿度45%。夜21度、64%。


枝の主日

今日は枝の主日。これで四旬節も終わり。明日からはいよいよセマナ・サンタが始まる。メルセー教会からプロセッシオンが出たんだが、先週に続きすごい人。先週のサン・バルトロのプロセッシオンは6千人以上の人が担いだらしいが、今日もそれくらいは行っているだろう。朝からアンティグアを回っていたようだが、アタバルの前を通ったのは夜の8時過ぎ。例年よりちょっと早い感じがする。おかげで、いつもより入り口の店は忙しかったような気がする。
逆に日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めで6人。かなりさびしい。まあこれだけ道が込み合ってたらなかなか来られないのかもしれない。青菜は保存のために早速茹でておいた。その他の野菜ももう使い道は決まってるので、何とかなるが。
昼にはメルセー教会に行った。もちろんプロセッシオンはもう出た後だったんだが、相変わらずすごい人だった。いろいろな屋台の食べ物やが教会前の広場にいっぱい出ている。そこで食べようかとも思ったが、なんだかせまっ苦しいのでやめた。枝の主日は毎年メルセー教会に来て、やしの葉っぱなどで作った花束?を買う。今年もメルセー教会前ではいっぱい売っていて、しばらく眺めてたんだが、結局買わなかった。
今日はかなり暑く、夜になってもまだ半袖でいる。セマナ・サンタになってやっと気候もそれらしくなってきた感じ。人が異常に多いので温度が上がってるんじゃないかと思ったりする。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、62%。

南米から中米へ

いつも通り土曜日なので市場に行って買出し。帰ってきたら、いない間に以前アタバルで勉強していた人が訪ねて来たといわれた。ちょうど留守にしていて申し訳なかったと思っていたら、しばらくしてまた訪ねてきてくれた。
何でもしばらくコロンビアにいたらしい。コロンビアの滞在を終えて、コスタリカまで飛ぼうとした時に黄熱病の予防接種をしていないという理由で、飛行機に乗せてもらえなかったという話をしていた。どうやら数年前からそういうことになっているらしいとのことだが、こちらに来る人はどちらかというと北から降りてくる人が多く、南から上がってくる人は少ない。そのためそういう話は今まで聞いたことがなかった。ただ、エクアドルからも中米に飛ぶことができなかった人もいるという話なので、南米から中米に行く場合には注意が必要かもしれない。航空券を買った旅行会社ではそういう注意は一切なかったという事なので、自分で確認する必要があるようだ。
チケットの日付は変えてもらえたそうで、予防注射を打ち、それが有効になる10日間まって、予定より遅れて、こちらに到着したとのこと。時間に余裕のない場合はそんなことしてられないから大変だろう。
今日は天気が良く暑い1日だった。市場もセマナ・サンタ前の土曜日で、更に15日の給料日ということもあるのか、すごい人出で歩くのも大変で大汗をかいた。それでも夕方になるとすっと涼しくなる。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、65%。

いよいよ

昨日のブログに雨は夕方にちょっとだけ降ったように書いたが、実は夜もずっと降っていたみたい。といってもザーザー降っていたわけではなく、霧雨のような感じだったので、ぜんぜん気がつかなかった。でも夜店を閉めるときにいつもどおりジェシカと散歩に出たら、道は濡れているし、なんとなく細かい雨が顔に当たる。アタバルのオフィスの横にはプラスチックの屋根があるので、雨が降ると音で気がつくんだが、昨日の晩はその音すらしないほどの細かい雨だった。この時期にはちょっと珍しい感じの長い雨。
今日は今週の最後の授業。来週はいよいよセマナ・サンタなので、授業は水曜日まで。3日間なんてあっという間に終わってしまう。銀行なども水曜日の午前中までのところが多いはずなので、セマナ・サンタの間のつり銭やら何やら、来週は最初からいろいろやることがありそうで、余計時間のたつのが早そうだ。
やはり毎年セマナ・サンタの時期は一つの区切りになるのか、そこまでアンティグアにいて勉強し、セマナ・サンタを見てから出て行く人もいるし、逆にその混む時期を避けて、終わってから来る人もいる。
とはいえ国内や中米内の観光客はセマナ・サンタの時期に大量に来て、それが終わるとみんな帰っていくので、セマナ・サンタが終わると町はずいぶん静かになる。
昨日の夜の雨が嘘のように、今日は朝から良い天気。やはり日中はかなり暑くなる。カテドラルから子供のプロセッシオンが出たので、午後見に行っていた人がいたが、暑かったのかわりとすぐに帰ってきた。
日中の温度26度、湿度44%。夜20度、64%。


やっと届いた

やっと冷蔵庫が届いた。ビール会社に頼んでおいたセマナ・サンタ用の小さな冷蔵庫。この前書いたようにもうとっくに持ってくるはずだったのが、やっと今日持ってきた。先週の日曜日のサン・バルトロのプロセッシオンには間に合わなかったが、セマナ・サンタ本番には何とか間に合った。
セマナ・サンタ本番にはアイスボックスに氷を入れても1日持たないので、心配していたんだが、なんと昨日は我々の頼んでいた蓋が上にある形の冷蔵庫はもう出払っちゃっててないと言われたので、諦めてコカコーラの貸してくれたアイスボックスで氷を詰めてやる方式の計画をしてたところだった。
ペトラは怒って、アタバルの向かいに別荘を持ってるビール会社のオーナー一族に泣きついてやると脅しの電話を入れていた。まあその結果かどうかはわからないが頼んでいた上に蓋のある形のものではなかったが、普通の前面にガラスの蓋のある冷蔵庫を持ってきてくれた。これだと忙しいときに勢い良くあけると、中のものが崩れて落っこちて来る可能性があるがないよりはずっとまし。今日の夕方は冷蔵庫の前方を心持持ち上げて、落っこちにくいようにして、更に、飲み物の大きさを測って、詰め方の工夫をした。何とかいけそう。
今日は日中は暑くなったんだが、その後曇ってきて、夕方6時前から小雨まで降り出した。夕飯を食べ終わった頃にはやんでいたが、やはりちょっと涼しくなった。
日中の温度27度、湿度45%。夜19度、68%。

朗報

今日はちょっとうれしいニュース。今年もグアテマラではサマータイムの実施はされないそうだ。これに関しては今年1月新しい政権が誕生してすぐに、エネルギー省の人が「今年はサマータイムを実施したい。」と言っているというニュースが流れた。ナンテコッタと思ったが、こればかりはどうしようもない。先日ネット授業用のコンピュータを1台増やした理由の中の比較的大きな部分を占めていたのが、このサマータイム対策だった。
何せ日本でもサマータイムを同じ期間してくれるんなら良いけど、グアテマラだけ1時間早くなっちゃったら、ネットでの授業時間が今まで通りというわけには行かなくなる。
これで今だったら何とか2台で回っているんだが、このサマータイムで生徒さんの授業時間を変更してもらった時に、できるだけ希望に添えるようにするためには、もう1台必要だと思った。まあ幸いそんなことしないで、生徒さんにも今まで通り授業を取ってもらえそうなので、一安心。
しかし、もうサマータイムなんて今後も一切やらないってことにしてくれないもんだろうか。日本でそんなことしたらコンピュータその他のシステムの変更に膨大なお金と労力がかかるそうで、そんなことはあり得ないって聞いた。グアテマラだって最近ではそれなりに進んできているので、将来的にはそんなことができなくなるってこともあるんじゃないかと期待している。
今日は天気も良く、かなり暑い。
日中の温度28度、湿度25%。夜20度、50%。

工場跡地

アンティグアは町中が世界遺産なので、いくら人口が増えても、新しい住宅をどんどん建てるというわけには行かない。そのため周辺のホコテナンゴ、サンタ・アナといった町にどんどん人が増えていくわけだ。前にも書いたがアンティグア市内はむしろ空洞化している。市内の土地の値段が非常に高くなっているので、貸したり売ったりして、周りの町に出て行く人が多い。アンティグア市内でもはや新しい家なんて、まず建てることはできない。
ところが、こんな小さい町でもまだ残っているところがあるもんで、アタバルの生徒さん達の中には近くに住んだ人も多いので馴染みの所だが、カンデラリアというアンティグアの北東角にある製糸工場跡がある。かなり大きな工場だったようで敷地も広く、去年か一昨年くらいから、整備をしていたので、スーパーができるとかホテルができるなどの噂があった。
これがどうやらコンドミニアムになるようだ。第1回目の分譲で21個が売りに出される模様。ただ、かなり凝ったウエブページなども作っているし、広告を見るとアメリカからのフリーダイヤルなんかも書いてある。外国人を含めたお金持ちの人向けの高級コンドミニアムになるんだろう。グアテマラ庶民には関係のないものになってしまう模様で、ちょっと残念な気がしなくもない。
今日も天気は良く暑い1日。
日中の温度27度、湿度30%。夜20度、55%。


プロセッシオンの影響

昨日の夕方生徒さんが到着したんだが、これが結構大変だった。何しろ空港からの送迎の車がアンティグアに入ってくるのが大変。これだけ人気のあるプロセッシオンだと、じゅうたんの数も増えるし、それを見に来る人でいっぱいになり、その前後の道はほとんど通れなくなる。アンティグア市もこんな時くらい車両の街中への乗り入れを制限すれば良いのに、そういうのはないらしく、街中には外から来た車が通れる道を求めてウロウロしている。
そんな訳で、昨日着いた生徒さんは幸い荷物も少なかったので、いったんATABALに来てもらった後、相談し歩いて宿泊先まで移動してもらった。昨日の様子だとどう考えても歩いたほうが早い。
これが本番のセマナ・サンタの木曜日、金曜日になるともう完全にアンティグア市内の道路はじゅうたんやら何やらで封鎖されていて、車で移動するのは至難の業。今年はセマナ・サンタに到着する予定の人はいないので、プロセッシオンの経路や時間を調べる必要はなさそうだ。
一夜明けて今日は通常通りの授業。アンティグア市内の小・中学校も来週は休みになるようだ。今週は休み前の試験があるところが多いらしい。
午後になってちょっと曇り気味になったが、基本的には良い天気で暑く感じたんだが、温度はそれほどでもない。
日中の温度26度、湿度41%。夜20度、62%。


人がいっぱい

サン・バルトロのプロセッシオンの日。ところが昨日までには絶対に持ってくるといっていた、ビール会社の小型冷蔵庫を結局持ってこなかった。今日も朝から電話したんだが、誰も出ない。このサン・バルトロのプロセッシオンは人気もすごく人出が多い上に、ATABALの前を昼過ぎに通るという絶好の条件なので、水やジュースの飲み物が飛ぶように売れる。こういう時にこそこの小型冷蔵庫が活躍するはずだったのに。
滑り止めで頼んでおいたコカコーラのアイスボックスも持って来ない。こうなってはどうしようもないので、奥から大きなたらいを探し出してきて、これに氷を入れてそこにジュース類を入れて冷やした。もちろん冷蔵庫はフル稼働しているがそれだけでは追いつかない。
予定では午後1時頃にATABAL前を通過することになっている。ただいつも多少遅れるので、早くて1時半、大体2時頃と予想していたら、なんと今日は予定通り来そうな様子なので、慌ててたらいに氷を放り込んだ。
先週までは人出が今一つでなんだかセマナ・サンタ気分が盛り上がらないなんていってたけど、今日はそれまで出渋っていた人たちが、みんな大挙して押し寄せたようなものすごい人出だった。
日曜定食は白身魚のフライ。14人来てくれた。
昨日の晩久しぶりに18度まで下がったので、心配していたが、天気が良く暑くなった。
日中の温度27度、湿度41%。夜20度、58%。

干し魚

やはりセマナ・サンタが近づくと魚が高くなるらしい。今日も市場に行って魚屋を覗いたんだが良く売れている。値段のほうはいつも買ってるから、それほど高くはされなかったが、今は高いんだといっていた。
特にこの時期良く売れるのが干し魚だ。いつでも売ってはいるんだが、この時期市場に行くとあちこちで大量に仕入れているようで、山積みにしてあるのが目立つ。今日もたくさん売っていて、結構おばちゃんたちが手にとって見ていた。
この干し魚、何の魚なんだかわからないがかなりでかい。それにものすごくしょっぱい。以前セマナ・サンタの時期に食べたことがあるが、塩抜きして食べたら、かすかすして味もなくなってあまりおいしかった記憶はない。
それでもこちらの人は四旬節の時期は肉を食べない(よっぽど敬虔なカソリックの人でもない限りそんなことはないと思うんだが)ということに一応なっているので、魚を食べることが増えるらしい。魚だったらいいというのも不思議な話だが。
とにかく風邪を引いて鼻が詰まってボーっとしているし、夜には生徒さんも到着するので、市場からも早めに引き上げて、明日の用意をさっさとして休憩。まあ熱はないんだが咳が出て鼻水が出るのでなんだか不快。
今日も良い天気で市場を歩いていたら汗は出るし、すごく暑く感じたんだが、温度はたいしたことがない。
日中の温度26度、湿度42%。夜17度、54%。夜もなんだか冷え込んでいる。


我々の記憶では

いよいよ第5金曜日。サン・バルトロでベラシオンがある日。今度の日曜日のサン・バルトロはセマナ・サンタ本番のプロセッシオンにも勝るくらいの大人気のプロセッシオン。日中も暑くなってきて、気分もやっと乗ってきそうな感じ。
午前中やはり希望する生徒さんたちはベラシオンを見に行った。それでも意外と早く帰ってきた。またお土産にチューロをもらった。今日は風邪を引いていて、咳がひどいので、ぺトラがコカコーラに生姜やら何やら入れて煮たものを作ってくれて、これを飲んでいたんで、ただでさえ口の中が甘くなっていたところに、チューロをついつい食べてしまったので、もう甘くて大変。
それにしても先週チューロの話を書いたコメントでディズニーランドのチューロが200円だとコメントをもらった。それって今はその値段で売ってるってことだろうか?我々の食べたのは確か3つくらい袋に入ってたと思う。でも値段はペトラにも確認したが少なくとも1000円から1500円したと言う。まあ15年以上前の話なので、一時のデフレの影響で値段が下がったのか。何しろペトラの記憶ではやっぱりその時食べた、フライドチキン(アーモンドの衣のついたもの一切れと、フライドポテト、サラダ付)が2200円したって言うんだから、当時のディズニーランドの中の店はものすごく高かったことじゃないかと思う。今日も天気は良く、日中すごく暑くなった。ベラシオンに歩いていった人たちは顔を真っ赤にして帰ってきた。
日中の温度28度、湿度46%。夜20度、61%。

ソース作り

アンティグアの市の日は月曜日、木曜日、土曜日。そのため、たいてい木曜日の市場を覗いてから日曜日の定食のメニューを決めることにしている。今週は白身魚のフライにした。それで今日の午後はソース作り。
グアテマラにはウスターソースとかとんかつソースの類がないので(韓国食材店などでは売ってるかもしれないが)、それらしきものを作ることにしている。といっても1から作るわけではなく、ウスターソースにちょっと近い?サルサ・イングレサというのをベースにしていろいろな香辛料や、野菜、果物などを入れて煮込んでソースを作る。
アタバルの先生たちにはこれが結構好評で、レシピを教えてくれって言われるんだが、そんな決まったレシピがあるわけではなく、今日はトマトが安いので、トマトをたくさん入れて作るとか、その時の野菜や果物の値段でレシピが変わってくるので、教えるのは難しい。作るのはそんなに難しくないんだが、ちょっとドロッとさせたいのでわりと長い時間煮込んで、水気(水そのものを入れることはないんだが)を飛ばすので、その間焦げ付かないように混ぜてるのが大変。
そんなわけで今日の午後はソース作りに当て、鍋にいっぱい作った。でも冷蔵庫に入れておけばかなり長持ちするので、自分で食べる分も見込んで作った。
今日も朝のうち曇りかけたように思ったんで、またかと思っていたら、ほんの1瞬のことで、ずっと良い天気。暑くなった。
日中の温度28度、湿度46%。夜20度、64%。


初稼動

この前書いた、ネット授業用の新しいコンピュータがやっと稼動を始めた。先日やっと調整が上手くいき、使えるようになったんだが、まだ実際の授業には使ってなかった。今日の午後ちょうど暇そうにしていたフェルナンド小を捕まえて、いろいろ試してみたところ、これなら行けるだろうということで、今日の授業に使ってみた。
とにかく新しいものは何があるかわからないので、もう一台のいつも使っているコンピュータも立ち上げておき、何かあったらすぐにそちらに変えられるようにしておいたが、幸いまったく問題なく授業ができた模様。ほっと一安心。
とりあえずこれでコンピュータ3台体制で行けそうだ。まあこれ以上増やすとなると今度は場所の問題が出てきそうなので、そう簡単にはいかないが、今のところ3台あるとちょっと余裕を持ってできるんじゃないかと思う。
朝のうち曇っていて、また寒くなるのかとちょっとがっかりしていたが、昼前くらいから晴れてきて、昼過ぎにはかなり暑くなった。もう3月になるので、もっと暑くなってもよさそうなものなのに、今年はなんだかすっきりしない。今までも、グアテマラは3月と4月が一番暑い月と書いているのに、今のところそんな感じがしない。寒がりの先生たちなんて、いまだに結構厚着している。
今日の午後はなんだかネット授業の資料作りをしていたので、あまり外に出たり、外を見る機会がなかったが、夕方暗くなるのが早かったので、午後もやはりちょっと曇り気味だったんだと思う。
日中の温度27度、湿度51%。夜20度、65%。


見間違い

ここのところ日中に温度がかなり上がるようになった。それでも朝のうちは結構涼しい。ただもう長袖のセーターなどを切る必要はほとんどない。今のところTシャツに夜と朝の寒いうちはベストを着ている。
先日ぺトラと出かけたとき、ぺトラも同じようなベストを着ていた。アンティグアの地図が欲しかったんだが、ちょうど公園で配っていたので、ぺトラに角で待つように言って地図をとりに寄り道した。その後ぺトラがいるはずの公園の角に行ったんだが人が多くてぺトラが見当たらない。キョロキョロ周りを見回したら、ベストを着た大きな女性が道の反対側を歩いているのが見えた。あんなところにいた、と思い、道を横切ってそちらへ行こうとしたところで、自分を呼ぶ声が聞こえ、振り向いたら真横にぺトラが立ってた。びっくりして追っかけようとしていた人を良く見たら、白人のおばさんだった。
ぺトラは僕がキョロキョロしているのを横でどうするか観察してたようだった。「いったいどこに行くつもりだったんだ?」と聞くんで、ベストを見ておばさんの後を追っかけようと思ったと言うと、ベストの色は違うし、私はあんな年寄りじゃないと怒ってる。そんなこと言っても、自分がどんな色の服着てるかさえうろ覚えなのに、そんな人の服の色なんてちゃんと覚えちゃいない。僕にとってはベストを着てたことを思い出しただけでも上出来だと思う。どうも当分ぺトラに文句を言われそうだ。
今日も良い天気。日中の温度28度、湿度50%。夜21度、68%。

やっと

ここのところコンピュータの話題が多いが、まあそれだけ気になっている部分なわけだ。ただ、これで今日以降はもうこの手の話題も書かなくてすみそうだ。今晩またビクトル・ウーゴが来て、とりあえずペンディングになっていたネット授業用のコンピュータをまた調整した。
やはり夜8時過ぎてから来て、最初てこずっていたので、こりゃまた今日も2時ごろまでやるのか、とちょっと暗い気持ちでいたら、突然今までどうにもならなかった騒音がぴたっとやんだ。
いったい何事か?と思ったら、彼も苦笑いしている。なんとWebカメラに小さなマイクがついていて、それがコンピュータのファンのそばにあったのでその音を拾っていた模様。実に単純なことだった。でもカメラにマイクがついてるなんて思いもしなかった。
こんな事言ったら、「ちゃんとマニュアルを読まないから。」というお叱りの声が聞こえてきそうだ。自慢じゃないがマニュアルなんてよっぽどのことがない限り読んだことがない。僕の周辺の人に聞いても、大体わかりそうなものでもちゃんとマニュアルを読んでから使う人と、ろくにわからないようなものでもとりあえずマニュアルを読まずに使おうとする人にはっきり分かれる。まあ性格が出るということなんだろう。
とにかくその他の問題も解決した模様で、ビクトル・ウーゴも10時には帰って行った。
今日は天気がよく日中すごく暑くなった。
日中の温度28度、湿度45%。夜20度、70%。

ぼやき

いよいよサンタ・アナのプロセッシオン。これが出てくるといよいよ本格的になった感じがする。ところが、今日は朝から曇り。そのせいでかなり涼しい。昼ごはんを食べに外に出たときも最初Tシャツだけじゃ涼しいような気がして、上に1枚羽織ってたくらい。
それでも昼ごはんを食べている間に日が照ってきて、温度も上がってきたので、その後はTシャツだけになった。それでも暑いというほどではない。おかげで午後4時過ぎという良い時間にプロセッシオンが通ったんだが、水はほとんど売れなかった。
なんだか毎年のことだが、こういう売り上げを伸ばすのを見込まれる時期に、商売をやってる人に「今年はどう?」と聞くと、たいてい不景気な返事がくる。これはみんな取らぬ狸の皮算用で、過度な期待をするから、今ひとつということになるのか、実際今ひとつなのか、わからないところがある。今年もそういう不景気な話が聞こえてくる。ただ、確かに今日のプロセッシオンについて歩いている人の数は例年に比べ少ないように見えた。
日曜定食は豚肉のしょうが焼き。18人来てくれた。ぽつぽつともう終わりかと思ったときに新しい人が入ってきてくれるという感じで、思った以上に来てくれた。ここのところ10人か12人程度のことが多かったので、用意した材料もそれほど多くはなく、用意した分がきれいに全部なくなって終わり。自分の分も売っちゃったので僕は食いはぐれたが、きれいになくなるのは気持ちが良い。
結局朝のうち曇り、昼から晴れという感じ。
日中の温度24度、湿度50%。夜19度、61%。


野菜はがんばっている

なんだかよくわからないがここのところずっとトマトが安い。1リブラ(ポンド)1ケツアル(15円弱)。まあこれだけ安いと助かる。石油の値上げに伴いグアテマラも諸物価が寝上がったといわれている。実際アタバルで使っているプラスチックの椅子を今日市場に行って聞いたところだいぶ高くなっている。「高いね。」と言ったら、「石油の値上がりのせいだよ。」と予想通りの答え。まあそりゃそうだろう。
ただ、肉類やパンなどは高くなったが、野菜の値段はそれほど上がってないように思う。もちろん、そのときの出来具合などで、上がったり下がったりするので、一概にああだこうだ言い難い部分はあるが、全体として明らかに値上がりしたという感じを受けるものはない。
もちろんそれはありがたいことである。パンなどはニュースでも便乗値上げが多いので、政府で取り締まる、と言っているくらい。そのせいか値段は同じでも大きさが思いっきり小さくなったように思う。
しかし、野菜を作ってる人たちはこれでやっていけるのか、ちょっと不思議ではある。輸送費その他は確実に上がっているはずなのに、大丈夫なんだろうか。苦しいのに値段を抑えてくれてるんだとしたら、ありがたい話だ。
今日は天気は良く暖かい1日。夜はちょっと寒くなったが、これくらいだと結構すごしやすい。
日中の温度26度、湿度40%。夜20度、62%。