スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



コーヒーと紅茶

グアテマラはコーヒーの産地として有名だ。でも紅茶も全く作っていないわけではないらしい。以前グアテマラの地図で言うとちょうど真ん中あたりに位置するコバンで、チリペコという紅茶を売っていた。聞いたところではそのあたりで作っている物らしい。
コーヒーも紅茶も熱帯、亜熱帯で取れるものらしいし、グアテマラでもあって不思議はないのだが、それ以外あまり聞かない。そもそもラテンアメリカでは気候的に適してるところは十分ありそうだがこれまた紅茶で有名とかいう話は聞かない。
コーヒーに誇りを持ってるから紅茶にはあまり見向きしないんだろうか。グアテマラの人が紅茶を飲むかというと、これは全く飲まないという訳ではないんだが、どちらかというとカモミール茶の方が一般的だろう。それ以外にもグアテマラ独自の物らしいペリコンという草のお茶やら、ハイビスカス茶などのさまざまな種類の茶の1つという程度で、コーヒーが嫌いだとか胃の具合が悪くてコーヒーをやめてる人などが代わりに飲む物と言った扱いのように思う。ちなみに紅茶はグアテマラではテ・リプトンまたはテ・ネグロと言われる。
実際ティーバックも売っているが、こちらでその代名詞になっているリプトンでも袋が小さくて葉っぱの量が少ないように思う。当然なんとなく薄くて美味しくないように思う。コーヒーだって一般の人が飲んでるコーヒーは決して美味しいわけではないんだが、もう少し良い紅茶を一般の人の手に入るようにしたら紅茶ファンも増えるんじゃないだろうか。今日はちょっと曇りがちで多少涼しい。日中の温度27度、湿度32%。夜22度、53%。
スポンサーサイト

ジトッとした1日

先日米の値上がりの話にコメントをもらった。やっぱり世界中で米の値段が上がってるらしい。今日市場でサトウ君に会った。挨拶した後の第一声が「米値上がりしましたね。」というもの。米はスーパーなどでは1ポンド単位で売っているが、僕は市場で25ポンド単位で買っているので、それが1ケツアルあがったのかと思ったら、なんと1ポンド単位で売っているものが1ケツアル上がったんだそうだ。何せ1ポンドで3ケツアルするかしないものなので、これは大きい。この調子だと500ケツアルや1000ケツアル札が必要な日が案外来るのかもしれないと思う。
ニンニクに関してもコメントをもらった。ガーリックピーラーというの実は以前日本に行ったときに買ったことがある。ところが最近ニンニクが大粒になったもんで、以前のようにちまちまと小さいのをたくさん剥かなくて良くなったので助かる。あれはやっぱり日本などで売っているような大粒のニンニクに適してるようで、小指大やそれ以下の物は結構難しかったりする。ただ、こちらの人に言わせると小粒のニンニクの方が味が良いんだそうだ。道理でいまだに市場では超小粒のニンニクを売っているわけだ。まあたくさん使うわけじゃないからそれで良いのかもしれない。
いつもいろいろコメントを頂きありがとうございます。
今日も天気が良い。日中は温度も湿度も高くじっとしてても汗が出る。夜になっても部屋の中に熱気と湿気が残っていてちょっと不快。
日中の温度29度、湿度52%。夜22度、54%。

レバニラ

今日の日曜定食はレバニラ炒めで20人。思ったよりたくさんの人が来てくれた。レバーの苦手な人は言ってもらえれば豚肉にすると書いておいたんだが、そんなにたくさんの人がレバー苦手ということはないだろうと思っていた。
ところが最初の6人くらいのうち5人までが豚肉をという注文だったんでちょっと焦った。これだったら豚肉と野菜の炒め物だ。この割合だったら全然予定が狂うと思っていたら、幸いその後豚肉を注文したのは1人だけだった。
レバーは鳥のレバーで今日の午前中に下味をつけたものにユカの粉をふって揚げておいた。この方が早くできるので良い。ただ、鳥のレバーを揚げるのは大変に危険。しょっちゅう大爆発を起こす。ネットでいろいろなレシピを見たときに、鍋の蓋でも持ってた方が良いってなことが書いてあったが本当だ。恐ろしいので長い箸を使って遠くから入れて、最後はジャーレンでサッと上げるようにした。お陰でやけどしないで済んだが、周りは油だらけ。
こちらのように下がコンクリだと、あと石鹸で洗って水を流してしまえばそれで良いが、日本の家庭だと大変だろうと思う。今日コーヒーを飲んでいて机に置き損なってこぼしたが、こういう時も日本の家のように下がじゅうたんだったり、畳だったりするとさぞかし大変だろうなと思う。
今日は天気は良かったが、昨日に続きちょっと涼しい。
日中の温度27度、湿度52%。夜21度、64%。

今日いつもの土曜日通りペトラと市場に買い物に行った。帰り際にペトラが「米は買ったか?」と聞いてきた。日曜定食にはこちらの米を圧力釜で炊いて出しているんだが、何でも市場に米などを卸に来ている人が店の人に米は今のうち多めに買っておけって言っていたんだそうだ。
値上がりがするのと、品不足になる可能性が高いんだそうだ。そういえばネットのニュースでインドや中国で米の輸出をしないようにするといったようなことが書いてあった。これまた世界中で米不足になるってことか。
グアテマラの主食はトルティーヤに代表されるとうもろこしなんだが、実は米も良く食べる。もちろん日本の米とは違う細長いやつだが、人参やらインゲンやらを刻んで入れて炊いた黄色い色をした米が副食物として大抵付いてくる。黄色い色はサフランライスのまねだと思うが、残念ながらサフランは入ってない。グアテマラの代表的な料理のペピヤンを始め、豚の臓物やら顔の肉やらを煮込んだレボルカードなどの汁の多い煮込み物はこういった米を入れて食べるのが普通。
とにかく先週米を25ポンドほど買ったばかりなので、今日は買わなかったが、少し買いだめしておいた方が良いだろうか。
今日も日中は良い天気で、市場を歩いているとかなり暑かった。それでも昨日までと比べると幾分まし。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、60%。

にんにく好き

アタバルは学校兼自宅なので、当然昼前には1階にある台所で昼の用意をする。最近は夕飯をあまり食べないようにしているので、夕方はたいしたことはしないんだが、昼はこちらのメインの料理なので、ペトラは張り切っていろんなものを作る。
これで時々生徒さんや先生達から、「お腹が減って来たところに、良い匂いがしてきてたまらない。」と言われる事がある。まあそんなこと言っても匂いが出ないように料理するわけには行かないんだからしょうがない。
今日は昼ごはんににんにくを使っていたので、にんにくを炒める良い匂いがしたらしい。そこでホームステイをしている生徒さんから、家でほとんどにんにくを使った料理が出ないが、こちらではにんにくはあまり使わないのか?と聞かれた。
確かにグアテマラの料理には余りにんにくを使ったものはないと思う。もちろん我が家のようににんにくが好きでいろいろな料理ににんにくを使っている所はあるだろう。もちろんにんにくが好きな人はグアテマラにもいるが、一般的にみると、にんにくは苦手という人の方が多いように思う。
グアテマラのにんにくはもともと小さいものが多い。小指大より小さいものが一般的だった。にんにく好きとしては、たくさん使うのに皮をむくのが非常に面倒だった。最近になって輸出用と思われる大粒のものが市場にも出回るようになり、にんにく好きには便利になった。
今日も良い天気で暑い。日中の温度30度、湿度40%。夜22度、60%。

ドル安

なんだかここの所ケツアルの対ドルの換金率がどんどん下がっている。一体1ドル=7.5ケツアルを切ったのはいつのことだろうかと思い、グアテマラ国立銀行のHPを見てみた。1999年に1月6.78ケツアルくらいから始まりどんどんケツアルが下がり、年末には7.6から7.7くらいにまでなっていて、その年の8月17日に初めて7.5を超えて以来のことだ。
それ以降ずっとそのまま安定していた訳で、この辺の国の中では異常なことなんじゃないだろうか。まあドルでもらってケツアルで払ってるこちらとしてはとんだ迷惑。
今日は朝から市場に行ってきた。魚屋を覗いてみたが、朝早めに行ったので、いつもよりたくさん持っていたが、特にこちらの欲しいようなものはなく何も買わなかった。最近は日曜定食を木曜日に市場で物を見て決めることにしているんだが、今週はこれといったものもなく、自分で育てていたニラがいっせいに大きくなっていたので、これを切ってレバニラ炒めにすることにし、市場ではいつも買う鳥屋さんでレバーだけ土曜日にとっておいてもらうように頼んでおいた。
レバニラはニラレバという人もいるようで、どっちが一般的なんだか良くわからないが、やっぱりメインになる方が先になってた方が良いように思うのでレバニラか。スペイン語でもカフェ・コン・レチェだとコーヒーが主体で牛乳が少しだが、レチェ・コン・カフェだと牛乳が主体でコーヒーが少しになるというイメージだし。ただし、レバーの苦手な人には言ってもらえばレバーを豚肉に変えることにしようと思っている。
今日も天気が良く暑い。日中の温度30度、湿度43%。夜22度、60%。

1000ケツアル紙幣

昨日こちらの国会で200ケツアル、500ケツアル、1000ケツアルの札のデザインが決まったと新聞に載っていた。ただ、デザインが決まったけど、それが実際に世の中に出回る日は決まってない模様。これからどこで印刷するかを決めて、それからということらしい。
それにしても1000ケツアル札なんて必要なんだろうかと思う。大体普通の店やらオフィスで働いている人の月給の半分以上になるわけで、一般の人が普通に一回の買い物で使う金額ではないだろう。日本でいえば10万円札以上の感覚になるんじゃないだろうか。ドルに換算すると130ドル強だが、ドルでさえ100ドル以上の札なんて普通に流通してないんだから、それ以上の紙幣をグアテマラで必要かとなるとものすごく疑問に感じる。
と思って別の新聞を見ると、200ケツアル札は大体2年後に一般に流通し、500ケツアルや1000ケツアルは市場の様子を見て流通を開始させるんだそうだ。まあそりゃそうだろう。今1000ケツアルが一般に流通されても、スーパーや市場など日常の品を売るような店は釣銭に困るだろう。市場では今でも100ケツアル札は嫌がられるというのに。いずれにしろ、そんな高額紙幣が必要にならないことが望ましいんじゃないかと思う。
それにしても何でそんないつ発行するんだか分からない札のデザインを今から決めるんだろうか。必要になってから決めたんじゃ遅いんだろうか?
今日は朝から一時的に曇ったりしたので、雨が降るかと思ったが、結局は降らず、全般的に天気は良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度52%。夜21度、61%。


魚介類の消費量

グアテマラの国旗は真ん中が白くて両側が水色になっている。まあこれは中米の国旗がわりとそういう風になってるんだが、何でも太平洋と大西洋に挟まれていることを象徴してるんだとか。
そんな海に囲まれたこの国では意外と魚介類が消費されない。今日イングリットと話をしていたんだが、彼女は先日テレビの番組でグアテマラ人1人当たりの魚介類の消費量は年間3ポンド(1.5キロ弱)となっていたと言う。
確かに、海沿いの地域の人は食べることもあるだろうが、内陸部に住んでいる人たちは多分1年中ほとんど魚を食べないで過ごす人も多いはずだ。アンティグアでも魚介類は嫌いと言う人は結構いる。エビは好きな人が多いが、肉類で最も高い牛肉ですら1ポンド2.6ドル程度なのに比べ、エビは小さいものでも3.3ドルはするし、大きなものでは倍以上するので高級食材だ。そのせいか、市場でも肉屋がたくさんあるのに比べ、魚屋は数えるほど。4・5種類の魚とエビが置いてあるだけというところがほとんどだ。
日本の消費量がどのくらいか分からないし、たぶん世界中でもかなりたくさん消費している部類に入るであろう日本と比べるから無理があるのだろうが、案外世界の中ではそれほどとんでもなく少ない数字ではないのかもしれない。
今日も天気が良くて暑くなった。湿度も高いので、日中はじっとしててもちょっと汗ばむ感じだ。
日中の温度29度、湿度50%。夜21度、66%。


雨季の前に

今年もマンゴの季節が終わる前に一つ食べた。マンゴは雨季に入ると虫が入るといわれ、その前に食べろといつも言われる。今年は特に天候不順でなんだか分かりにくい天気なので、早めに食べておいた。
今日も暑くて湿度が高い。ジトジトしている感じ。しかも昨日餃子を作り終えた後でシャワーを浴びようと思ったら水がもう出なくなっていて、シャワーを浴び損ねた。気のせいか余計に気持ちが悪い。ここの所なんだか夜水を止めるのが早くなっている気がする。そろそろ乾季の終わりで水が少なくなってきているんだろうか?そういう意味では早く雨が降って欲しい気もする。
この時期には生徒さんから「雨季になると毎日雨ですか?」という質問を良く受ける。どうやら日本の梅雨のような状態が半年続くと思っている人が多いらしい。でも決してそんなことはない。雨季でも雨が降る時期は毎日降るが、休みの時期があり、そうなると1週間以上降らないことも良くある。しかも降る時期でも朝から晩まで降っているということは台風シーズンの9月、10月にはどきどきあるが、通常の雨季の間は午後に夕立のように降るよう感じだ。こちらに住んでいる人などはむしろ雨季に入った方が緑も生き生きしてくるし、埃も少なくなるので良いと言う人もいる。実際グアテマラの人は傘を持っていない人が多い。雨が降ってもどこかで小1時間ほど雨宿りしていれば止んでしまうので、必要を感じないんだろう。
日中の温度28度、湿度54%。夜22度、72%。

関西方面のお知らせ

今日は関西方面の人へのお知らせ。
グアテマラに興味のある方はぜひ行ってみて下さい。

星野利枝 × 篠田ゆかり
グアテマラを楽しむ会
2008年4月26日(土)・27日(日)
時 間:11:00→17:00
◆星野利枝のウィピルコレクション
 展示販売、機織り実演 etc
◆篠田ゆかりのグアテマラ写真・旅絵日記展示 etc
◆民族衣装試着、機織り体験もできます。
◆場 所:兵庫県尼崎市東七松町1-1-7
     松浦アパート2F
     スペース 白(HAKU)…中井…
詳しくは
http://www4.ocn.ne.jp/~lunaxela/

日曜定食は餃子で23人。23人分しか作ってなかったので、売り切れ。先日作ったラー油もどきはちょっと舐めて辛くて食べられないという人と、そんなに辛くないですよという人とどちらもいた。辛味は特に好みの個人差が激しいようだ。
今日は午前中曇っていて、雨が降るかと思ったが、昼過ぎて晴れて、暑くなってきた。ところが、夕方晴れているのに雨が降って、ちょっとビックリ。でも、しばらく降ってすぐにやんだ。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、68%。


不買運動

携帯電話のプリペイドカードで最大手のクラロがカードを入れると額面の2倍になるというプロモーションをしていた。皆こういったプロモーションを待っているので、普段であれば朝に店に入れたカードが昼前にはなくなって、追加をしないといけなくなるんだが、昨日に限っては夕方になってもまだたくさん売れ残っている。
一体何事かと思って、聞いてみたら、何でも今不買運動をやっているんだそうだ。一体何に抗議してるのかと思ったら、携帯電話の通話料金に税金がかかり値上げすることになったため、それに抗議するものらしい。
何でも今までは電話してもつながらなければ料金が発生しなかったのに、これからはかけた時点で税金がかかるので料金が発生し、更に通話料も税金分を値上げするらしい。
今までたびたびこのブログにも書いたが、こちらではほとんどの人が有線の電話でなく携帯を使っていて、しかも皆2倍、3倍というプロモーションを利用して電話代を節約することに気を使っている(割にはプリペイドで期限もあるせいかかなりかけてはいるようだが)ようなので、かなり深刻なことなんだろう。
誰が言い出したものだか知らないが、何でも昨日は皆いっせいに携帯の電源をOFFにしようということになってるんだそうだ。そんな訳で全然カードが売れない訳だ。まあ夜清算した時には通常のプロモーションのない日程度の売り上げはあったが、皆いっせいに何かするというのが苦手そうなグアテマラの人達にしては良くがんばった方といえるんじゃないだろうか。
今日もいい天気で暑い。日中の温度28度、湿度30%。夜20度、67%。

唐辛子

ギネスブックの世界一辛い唐辛子が新しいものになったというニュースが出ていた。何でもインド原産でそれまで世界一といわれていたハバネロより辛いということらしい。
今度の日曜定食が餃子だというのは既に書いたが、今日はその餃子のためにラー油の代用品を作っていた。ラー油というのは中国のものだと思っていたが、こちらの中華食材店に行っても売ってない。もしかしたらラーメンのように日本の中華食材なんだろうか?
そのラー油の代用品にはグアテマラで一般的で比較的辛いので知られている、チレ・コバネロを使った。これは干しぶどうを一回り大きくしたような形をしていて、乾燥したものを売っている。これの丸ごと乾燥させて物を買ってきて使用した。
ところが油と混ぜたので、ちょっとなめた程度では辛味が油でコーティングされてしまうのか、辛く感じない。後からじわっと辛味が来る。試しにエテルやダニエルに味見させたら、この2人は普段から辛いものが好きなんだが、まったく辛くないと言う。色は真っ赤でいかにも辛そうなのに。
そうしたらダニエルが夕方自分の家から唐辛子を持ってきた。今まで自分が食べたものの中で最も辛いチリだそうだ。ただ、勝手に生えてきたもんなので名前は分からないという。切る時も手につかないように注意しないと痛くて大変だというので、こわごわ1個入れてみた。僕にはかなり辛い。今度はエテルは辛いと言い、ダニエルは"少し"辛くなったと言った。唐辛子は中南米原産でメキシコには200種類を超える唐辛子があるそうなので、また世界一を中南米産の唐辛子が取り戻す日もあるかもしれない。
天気が良くものすごく暑い1日。日中の温度31度、湿度48%。夜20度、60%。

子供好き

日本では少子化が問題になっているようだが、グアテマラではそういう問題はない。むしろ家族計画をするようにというテレビなどでキャンペーをしているほどだ。最近では都会ではさすがに教育費がかさむ等の理由から2・3人しか子供を作らない家庭も出てきているが、やはり一般にはたくさんの子供がいる方が良いと思っているみたい。
とにかく子供好きだ。自分のところにだってたくさん子供や赤ちゃんがいて、もうよその子なんて構ってられないんじゃないかと思うような人でも、赤ん坊など見るとキャーキャー言って抱っこして大喜びしている。本当に子供好きなんだと感心する。それとも他人の子となると別なのか。
生活費、教育費だって大変だと思うが、子供の多い家は上の方の子供が大きくなったら小さいこの面倒を見て、生活費などを助けるので、それはそれで何とか回っていくみたいだ。案外上手く出来ている。通常高校を卒業したら働き始めるので、大学も自分で稼ぎながら通うのが一般的。まあそのくらいじゃないとやっていけないと思うけど。
アタバルの先生たちを見ていても、子供が大きくなって、下の子が高校を出ると、少し余裕が出てくるようだ。とりあえず親としての義務を果たした訳で、気分的にも経済的にもずいぶん楽になるんだろう。
今日は天気が良く、久しぶりに日中すごく暑くなった。寒波もどっかに行ってしまったんだろうか。曇り空で寒いよりこの方がずっと良い。
日中の温度30度、湿度42%。夜22度、60%。

餃子包み

今週の日曜定食は餃子にする予定で、月曜日に餃子の皮を買ってきた。昨日餡を作って一晩寝かせておいたので、今日包んだ。200個弱出来たので、まあ十分な数だと思う。それでもなんだかんだと2時間近くかかった。出来たものは全て冷凍してしまったので、これで安心。
餃子はもう少し頻繁にやっても良いんだが、これだけの数の餃子を箱に入れて並べるだけの冷凍庫のスペースを確保するのが大変で、なかなか出来ない。今回も先々週くらいから冷凍庫に仕舞わなければならないようなものは買わないようにして、更に中身を少しずつ食べたりして整理して、やっと場所を空けた。古い冷蔵庫を新しい少し大きめのものに変えたいんだが、なかなか踏ん切りがつかない。
今週ずっとやっていた机周りの整理が大体終わり、やっとすっきりした。先日マンガをたくさんもらって本棚を整理して入れたと思ったら、また別のところからマンガや本をもらった。今度ばかりはちょっと整理しただけじゃ入りそうにないが、ありがたいことなので、何とか整理して収納しようと思う。明日はこれをやる予定。
今日生徒さんと話をしていたら、グアテマラのあっちこっちにある、変わった店の名前の話になった。パナハッチェルにはパナ・ロック・カフェというのがあり、その近くのサン・ペドロにはポヨ・サン・ペドロというのがあるらしい。もうお分かりと思うが前者はハード・ロック・カフェの後者はポヨ・カンペロのもじり。どこでもこういうのを考える人がいるもんだ。
今日は良い天気。日中の温度27度、湿度36%。夜20度、58%。



匂いの記憶

昨日なんだか目がちょっと痛かった。何事かと思っていたが、今日は直っている。どうやらコンピュータのモニターの位置を高くしたので、目が戸惑ったんじゃないかという感じだ。目の筋肉痛だと言われたが、実際そうかもしれない。
今日は自分の机の横の机の色塗りとこちらはガラスを敷かないので、ニスも塗った。やっぱり色粉を塗るだけだと長いこと使ってるとはげてくるし、水をこぼしたりすると染み込んでしまうので、跡が残る。
しかしニスはシンナーで薄めて使うので、この匂いでちょっと頭がボーっとする。しかも今日もなんだか曇り空っぽいので、なかなか乾かない。ただ、生徒さんの中にもこの匂いが好きだっていう人がいたし、今日いつも通り向かいのおばちゃんに頼んで散髪してもらったんだが、彼女もこの匂いが好きだって言っていた。
向かいのおばちゃんは小さい頃グアテマラシティーに遊びに行くときにいつもバスに乗るとガソリンの匂いがしたので、この匂いはその時の楽しい記憶に結びついてるから、好きなんだろうと言っていた。
アンティグアも今は外国の人が大勢いて、グアテマラシティーとはまた違ったおしゃれな店などが出来ているが、おばちゃんが子供の頃は(多分40年以上前の話だと思う。)そんな店がない、むしろちょっと鄙びた町だったんだろう。今のアンティグアの子供はグアテマラシティーに遊びに行くのがうれしいなんてあまり思わないんじゃないだろうか。
日中の温度26度、湿度45%。夜19度、55%。夜は冷える。

机のリニューアル

先日机を塗りなおした話を書いたが、土曜日厚手のガラスを買ってきて、今日これを机の上全面に敷いた。更にモニターがちょっと低くて、いつも気がつくと背を丸めて覗き込むようになっているので、台を作ってこれもかなり思い切って高くしてみた。今まで下のほうを見る癖が出来ていたので、最初戸惑ったが、しばらくはこれでやってみるつもり、台を作り、その下にいろいろ入れられるようになったので、机が広くなった感じ。最初それで結構満足してたんだが、しばらく見てたら、台の下の空いたスペースが気になったので、思い立ってそこにダンボールで引き出しを作って、入れてみた。
自分でその空いたスペースの大きさに合わせて作ったので、ぴったりと収まるし、今まで机の上でごちゃごちゃしていた物を、そこに入れられたので、かなり満足。朝市場に行ったついでに、この引き出しを作るための透明の荷造りテープの安いのを買ってきた。一つ3ケツアル(約0.4ドル)と非常に安いので、かなり薄くぺらぺらしてて、糊もあまり付が良くないが、思いっきり使えて良い。
しかしこんなことやってると時間があっという間にたつ。本当は机にしいたガラスの下に入れる、住所録を新しくして入れるつもりだったのだが、明日に延期。
夜ちょっと強めの地震があった。最初弱いのが来て、そのうちグラグラと来た。まあ物が落ちてくるほどではなかったので、震度3程度か。こちらのニュースで6.5とか言っていたが、何の単位なんだか良くわからないので、日本の震度やマグニチュードと比較するとどうなるんだか良くわからない。
今日も曇り勝ち。日中の温度25度、湿度51%。夜20度、61%。

久しぶり

今日も朝から曇り空。雨季に入る前にカルバリオにある屋台のおばちゃんのところへ昼ごはんを食べに行こうと思っていて、今日行くつもりだったんだが、昼まで様子を見たがすっきり晴れる様子がなかったので、断念。近くでサンドイッチを食べて昼ごはんにした。そうしたら帰り道小雨が降ってきた。本当に雨季になったかのよう。
カルバリオのおばちゃんの店は野外なので、天気が良いとちょっとピクニック気分で感じが良いんだが、雨が降ったら困る。このため雨季はちょっと行きにくいので、今のうちと思っていたんだが、誤算だった。
雨はすぐにやんだんだが、ずっと曇ったまま。そのせいか夜の日曜定食も最初人が少なかった。3人しかいなくて、これはだめかと思っていたら、しばらくして以前毎週来てくれていた韓国人のロメオ君が久しぶりに来て、友達夫婦を連れてきてくれたので、結局11人。麻婆豆腐だったんで、わりと早くできて、8時には出し終わった。
このロメオ君は今パリンという太平洋岸に近い村で働いているらしく、なかなかアンティグアにも来られないと言っていた。やはり4年前に勉強していた韓国の人が弟を連れてきてくれて、明日から授業を受けるということになった。お陰で先生たちも全員稼動。なんだか今週は以前から知り合いの韓国の人に助けられる巡り合わせのようだ。
夜に入っても星はほとんど見えないので、曇ってはいるようだが、雨は降ってこない。ただ昼間雨が降った割には湿度はあまり高くない。
日中の温度25度、湿度52%。夜21度、59%。


どんより

今朝起きて部屋から出ると、曇り空だった。どんよりとしてる。僕は気がつかなかったが、朝の内に少し雨もふったようだ。ところがこの雨で逆に暑さが増したというか、湿気が上がって来て、蒸し暑くなったような気がする。
市場で買い物をしていても汗が出てくる。ペトラは雨が降りそうだから市場に行くかどうかわからないという。市場の排水溝が心配なんだそうだ。去年の雨季に強い雨が降った時もそうだったんだが、そこら辺に捨ててあるごみが排水溝に詰まって、浸水する。
これが続くと、多少気をつけて掃除をしたりするんだが、乾季で雨が降らない間に、皆そんなこと忘れてしまっているだろうから、最初の雨が強く降ると大変だとペトラは言う。まあ確かにそうかもしれない。アタバルの雨樋も同じことで、雨季の最初の強い雨が降るとあふれ出すことが今まであった。乾季の間に溜まった落ち葉やら何やらが詰まって、水が溢れ出す。
今年は安心。今週ペトラがダニエルに言って、雨樋の掃除と点検をした。落ち葉などを取り除いておいて、ホースで水をじゃんじゃん流していた。入り口の店のところの樋に穴が開いていたようで、そこからちょっと漏れてきたが、これもダニエルが修繕した模様。
そんな事言っていたら、夕方からずっと雨。強い降りではなかったが、夜になっても降ったりやんだりでぐずぐずしている。なんだか鬱陶しい天気だ。この前書いたように本当に雨季が早く来るんだろうか。
日中の温度28度、湿度51%。夜20度、70%。

微妙な変更

グアテマラでは入国時に通常90日の滞在期間がもらえる。ただ、やはりスペイン語を勉強している人たちは90日以上滞在する人も多いので、そういう時はまずイミグレーションに行き、更に90日の滞在の延長手続きをする。更に滞在をする人はいったんメキシコやベリーズなどに出国し、もう一度入国し、また90日、更にイミグレーションで90日と、これを繰り返していけば、ずっといられるようになっている。
ただ、イミグレーションでの手続きは、時々微妙に変更がある。以前に比べるとそれなりに簡単になったし、手続きのやり方もはっきりして来たと思うんだが、今週やはり延長にいった人が、申請した日にもらえず、次の日にまた来るように言われた。
少なくとも去年くらいまでは申請してその日の午後には受け取りができた。ところがセマナ・サンタの前に行った人が、後日来るように言われた。その時はセマナ・サンタ直前だったのでそのせいかと思っていたんだが、今度もそうだったということは、システムが変わったということか。
ただ、不思議なのは最初3日後と言われて、「エーッ。」と言ったら、2日後になり、更に「もう少し早くならないの?」と聞いたら翌日になったんだそうだ。更に粘ったらしいがさすがに同日にはしてくれなかったらしい。なんだか市場で人参を値切ってるみたい。判子を押すだけなんだから同日にだって発行できるはずだけど。
今日も天気が良く暑い1日。
日中の温度29度、湿度49%。夜22度、68%。

整理整頓

久しぶりに机の上を片付けた。整理整頓が苦手なので、基本的に机の上は散らばってる。これはやはり人それぞれで、整頓されていないとだめな人と、なんとなく散らばってるほうが落ち着く人がいて、自分は後者だと勝手に決めてる。ただ、散らばっていてもそれはそれなりに、この塊の中には何があるという意識があるので、散らばっているからといって別の人が整理すると、何がどこにあるんだか分からなくなるので結構困る。
それでも年に1回か2回思い立って整理するんだが、今日はそれ以上に自分の仕事机を塗りなおすという目的があるので、そのために否が応でも片付けなければならない。
もともと仕事机は白く塗ってあるので、色が剥げたり、汚れが目立ってきている。これを黒っぽい色に塗りなおして、汚れなどを目立たなくしようと思う。ついでにコンピュータのモニターの位置を少し高くして、更に机の上全面にガラスを置いて、汚れなくしようという計画。
まあこの机も相当長いこと使っているのでそろそろ手を入れてあげないと可哀そう。そんな訳で、今日の午後、少しずつ片付け始めた。最後は塗り終わってから完全に新しい配置にするので今日中には終わらないが、いろいろいらない書類などを捨てたりしたので、だいぶすっきりした。
今日も午前中は良い天気でかなり暑い。昼から曇ってきたが、片付け物などしているとやっぱり汗をかくくらい暑い。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、65%。

冷や汗

今日はちょっと冷や汗をかく思いをした。昨日からなんだか隣のうちで工事を始めていてガンガンやっているんだが、こればかりは隣の家のことだからなんともできないと思って、気にしなかった。
ところが、今日ダニエルがこちらとの境の壁を工事するみたいで、いろいろ印の線を引いてあると言ってきた。こちらとの境の壁を崩して作り直すんじゃないか?と言う。そんなこと想像もしてなかったが、これは困る。なんといってもこの壁は隣の家の壁で、こちらは面倒だし、狭くなるので、柱だけは立てたが、壁は隣の壁を流用している。この壁がなくなったら隣の家と筒抜けになってしまう。
しかし、この壁の向こうの家側は隣の部屋になっているはずなので、筒抜けになったら授業している横で、隣のおばあちゃんが寝てたり、食事してたりするかもしれないわけだ。と思ったら、かなり焦った。こちらで壁を作ることはできるが、そんなすぐにできるもんじゃないし、合板でも買ってきて仮の壁を作ろうかとも思った。
でも冷静になってよく考えてみると、こちらとの仕切りの壁を崩す意味はないだろうと思う。どう考えたって、壁をいったん崩してもまた同じものを作り直さないといけないわけなので、そんな無駄はしないだろう。
まあとにかくそう考えて、しばらく様子を見ることにした。それにしても思いもかけないことが起こるもんだ。
今日も天気が良く暑い一日。日中の温度29度、湿度42%。夜21度、65%。

肥料

ペトラが花が好きで、アタバルの2階にはたくさん鉢植え花がある。小さな裏庭もあり、そこにも花が植えてあるんだが、こちらは日当たりが悪いのと、改修工事の時に礫を積んだり、その後出た廃材などを積んであったため、石などがゴロゴロしていて、あまり植物の栽培には向かないようだ。
その裏庭の土を改良し、鉢植えにもやるために、この前の土曜日に市場に行ったとき、帰りがけに肥料を買うつもりでいて、忘れて帰ってきた。市場からピックアップに荷物を積んで出発したときに思い出した。
そうしたら横にいたフェルナンド小が、これから洗濯場の公園を通るんだから、そこにたくさん停まっている馬車から馬糞を買ったらどうか?という。そっちの方がナチュラルだから良いと言う。それにしても一体どういう単位で売ってるんだろう?1個、2個か重さ単位か?これも小の言うにはオムツ単位なんだそうだ。オムツというのは馬車の馬の尻の下には馬糞をそこら辺に落として歩かないように、布が張ってあり、その布のこと。
半信半疑でいたら、今日午後小が来て、「やっぱり、オムツ単位だった。」と言う。馬車が横を通ったときに止めて聞いたんだそうだ。オムツいっぱい10ケツアル(約1.3ドル)だそうだ。値段が決まってるってことは買う人がいるってことか。これも小の情報だが、ホテルなど大きな庭のあるところが買っていくんだそうだ。
今日も午後曇り気味だが雨は降らず暑い1日。
日中の温度28度、湿度51%。夜22度、68%。

昼にいつも通りテレビをつけたら、いつも1時からやってる番組が12時に始まっていた。一体何事かと思ったが、このチャンネルはメキシコのチャンネルなので、多分メキシコが夏時間に入ったんだと思う。
幸いグアテマラは夏時間を採用しなかったので、今メキシコとグアテマラは1時間の時差ができたということだ。ただ、不思議なのは最近アメリカの番組でも30分早く始まるものがあるんだが、これは一体なんだろう?30分だけ早くなる夏時間というのは聞いた事がないので単に番組の編成が少し変わったということなのか。
まあグアテマラではテレビ局の主だったものが(なんだか宗教関係の局とか、ケーブル専門の局といったのはあるが)4局程度しかなくケーブルテレビの主なチャンネルは当然アメリカやメキシコのチャンネルなのでそういった国が夏時間になるとほとんどの番組の時間がずれてしまう訳だ。
4月なので夏時間になるのも当然なのかもしれないけど、ちょっと早い気がする。早いといえば、何でもグアテマラの気象庁にあたる所の人が今年は雨季に入るのが例年より早いと言ったんだそうだ。なんでも来週くらいから雨が降る可能性があるらしい。あまりあたらないので、これも怪しいもんだが。
そんな話をしていたら、いきなり今日の4時ごろに結構強い雨が降った。朝のうち天気が良くて暑くなったんだが、午後に入ってちょっと曇り気味だった。それにしても4月もまだ始まったばかりなのに、ずいぶん早い雨だ。
日中の温度29度、湿度49%。夜22度、70%。


白身魚のちり蒸し

今日の日曜定食は白身魚のちり蒸し。ちり蒸しっていうのはわりと聞きなれない言葉だが、ネットでレシピを見ていると結構載ってるので、これが一番適当かと思ってそう書いておいた。
このちり蒸しはちり鍋から来ているものだろう。良くわからないがこちらは勝手にそう思って作った。もともとは鍋物を出したいというのが原点にあるんだが、今のやり方では鍋物は出しにくい。なんといっても鍋物はぐつぐつ煮えている鍋から取るから良いんであって、こちらで一人一人どんぶりに取り分けて出してしまったら、なんだか訳の分からないものになってしまうだろう。
それで最初はホイルに包んで蒸してたんだが、なんとなくホイルだと味気ないので、グアテマラ料理のタマルに使う葉っぱを買ってきて、タマルのように包んでみた。この葉っぱは蒸すと独特の香りがするし、やはりこちらの方がなんとなく感じが良いように思うんだがどうだろうか。
まあメニューを知らないで来る人も多いので、だからという訳ではないと思うが、今日は18人来てくれた。以前このメニューを出していたときには、前日に全て包んでおいたんだが、残ると困るので、今日は材料だけ用意して、その場で包んだ。もちろん始める前に8つほど包んでおいたんだが、予想以上に人が来てくれたので、てんてこ舞い。でもこういうのは慌ててもうれしいもんだ。
今日も良い天気。日中の温度30度、湿度44%。夜22度、68%。


笑いの背景

先日生徒さんから「チャボ・デル・オチョ」や「チャプリン・コロラード」を見たら理解できるか?と聞かれた。その生徒さんは文法も終わっていて、しゃべれる人なんで、授業中の先生との話の中で、勧められたらしい。
確かに、これらの番組が分かるようになったらいろいろ楽しいだろう。番組の好き嫌いは個人の趣味の問題だが、この中に出てくるいろいろなフレーズは、日常の会話の中に良く出てくる。
ただ、この番組が理解できるかというと、これはスペイン語の能力以前にこの番組の持ってる背景その他を知らないと笑うことはできないだろう。これは日本のお笑い番組を考えてみると分かると思う。
僕は日本に滞在中、テレビは見るが、まずお笑い番組は見ない。別にそういうのが嫌いという訳ではなく、見ても何のことやら分からないからつまらない。これはグアテマラに20年近く住んでいるため、日本語が理解できなくなったという訳ではもちろんない。やはりその時の流行やら、それぞれのキャラクターの特徴やら、笑いの背景になることを把握してないとなかなか面白くないということだ。
このため最低1ヶ月は我慢して見るつもりがあるんだったら、見たら良いんじゃないかというようなあいまいな返事しかできなかった。見てあんなつまらないものを面白がってるんだとか、ラテンアメリカのお笑いのレベルは低いとかいきなり思われてもつまらないし。
今日も良い天気。日中の温度28度、湿度48%。夜21度、69%。


値上がり

またガスの値段が上がった。テレビのニュースで言っていたので、あらかじめ覚悟はしていたが、本当に高くなったと思う。車を持っていない僕には直接関係のないガソリンもかなり上がっていることを見ると、しょうがないのかもしれないけれど。小麦もまたあがったという噂がある。これも政府がどこの国だが知らないが、安い小麦を持ってきて、値段を抑えるといっているらしいが、そんなのどこにあるのか?とみんな言ってる。
もちろんこれは世界的な話でグアテマラに限ったことではないんだろうが、どうやら経済が成長しているらしい(といっても本当に成長してるのか?と思うことも多いが)グアテマラでは、それでも何とかなるのかもしれないが、そうでない国なんか一般の人はどうやってるのかと思ったりする。とにかく電気もあがったし、値上がりをしたものを書いたらキリがないほど。
今度の日曜定食は久しぶりにタマル風魚と野菜の蒸し物を作るつもり。タマル風といっても単にホイルで包む代わりに、バナナの葉っぱで包むというだけのこと。これにかけるためのポン酢を作った。ネットでレシピを見てその通り作ったんだが、分量通り作ったらかなり大量になった。まあ作り置きした方がおいしくなるという事らしいので、それはそれで良いんだがちょっとびっくり。僕の計算違いだろうか?
今日は天気は良かったんだが、ここのところに比べるとちょっと涼しく感じた。金曜日で何かと用事があったので、今日は外を歩かなかったからかもしれない。
日中の温度26度、湿度53%。夜20度、70%。

カイバ

カイバという野菜がある。ハイバと似てる音なので、一瞬カニかと思う。実際グアテマラの人でもあまり知らないらしく、カイバを食べたと言うと、カニを食べたのかと思ってる人も多い。グアテマラの伝統的な野菜じゃないんだろうか?
見た目はぜんぜん違うが、切ってみると肉が薄いことを別にすると種などはなんとなくニガウリに似てる。中国食材店で売っているニガウリがやはりカイバと書いてあったことがあるように思うので、同じ種類のものなのかもしれない。
でも苦くはない。肉が薄いので、それほど主張する味があるわけでもない。こちらの人は一般的にトマトなどと細かく切ってサラダにするようだ。
グアテマラ料理にチレ・レジェーノという、ピーマン(辛い唐辛子を使ったものもある)の肉詰めをメレンゲの衣をつけて揚げたものがあるが、僕はこのピーマンの代わりにこのカイバを使ったものが好きだ。もちろんピーマンでもおいしいのだが、こちらのピーマンはどうも肉が薄いので、どうしても肉の味に負けてしまうように思う。その点カイバはピーマンよりは多少肉厚なので、ちゃんと存在がわかるような気がする。
今日の昼はこのカイバの肉詰め。久しぶりに食べたので、思わず食べ過ぎてあと胃が重くて困った。
今日も日中は良い天気で、かなり暑くなった。それでも夕方からはすっと涼しくなり、夜は半袖ではちょっと寒い。
日中の温度28度、湿度44%。夜20度、55%。

病院談義

アタバルの先生たちと妊娠している人を囲んで、病院談義になった。先生たちでも意見が分かれる。というのはグアテマラでは国立病院は基本的にただ。もちろん薬を買ったりはしないといけないが、診察料は取られない。
このため始めて出産をする時に、国立病院が良いか私立の病院が良いかというのが話題の中心。何しろ私立の病院で出産をするとかなりのお金が取られる。アンティグアでは安いところでも普通の出産で12万円程度は必要らしく、これが帝王切開とかになると更に2・3万円は余計にかかるらしい。これは一般のグアテマラの人にとってはかなり大きな金額。ただ無料の国立病院だが、当然たくさん人は来るので、そんなに親切にはしてくれないらしい。例えば、出産する前に病院でシャワーなどを浴びたいと思っても、私立であれば看護士さんとかが介助してくれる様だが、国立は全部自分でやらないといけないんだそうだ。更に大勢いるのでたいてい並んで順番待ちだと言っていた。
まあそれはそれとして、万一の時の医療体制はとなると、これも評価が分かれる。国立病院は何かない限り実習生が対応するので、問題があるという意見と、何かあった時に私立の病院は必要な機材が全て揃っていない可能性があるので、国立が良いという意見とがある。難しいところだ。一生にそんな何度もあることではないので、お金の件はあまり気にしないとしても、判断の難しいところだ。
今日は日中ものすごく暑く感じたが、ちょっと曇り気味だったこともあり、昨日に比べ温度はやや低い。
日中の温度27度、湿度45%。夜21度、54%。

図書室

アタバルには本棚が2つに分けておいてある。一つは事務所内にあり、こちらはスペイン語関連と旅行関連の本が並べてある。もう一つは図書室でこちらにはマンガをはじめ普通の小説などの本が置いてある。
この図書室の本はもともとアンティグアにあったレストラン・禅のオーナーのユキさんが亡くなった後、そこにあった本を引き継いで少しずつ増やしていったもの。幸いいろいろな人から少しずつ本を寄付してもらったりして、いまやだいぶ充実した図書室になっている。旅行者が置いて行ってくれる物も多いので、基本的に小説などの活字中心の本が多い。マンガもあるが、これは一つの棚程度。やはりマンガはすぐに読み終わってしまうので、旅行に持っていくことはあまりないんだろう。
現在あるマンガもほぼ全てグアテマラシティーに在住の方からいただいたもの。本の数は少ないがやはり利用はマンガが一番多い。昨日もグアテマラシティー在住の方からダンボール4箱ものマンガ雑誌をもらった。いきなりこれだけのものは棚に収まらないので、ダニエルに手伝ってもらって、古い雑誌などを整理し、何とか全部収納した。しかしこれだけ並べてみると壮観。
禅にあった一つの小さな本棚を引き継いでから約15年。こうして皆さんのお陰で、小さな部屋だが壁が本で埋まるほどになったんだからちょっと感動。
今日も天気が良く暑い1日。
日中の温度ついに30度、湿度41%。夜21度、61%。

InterJetのオフィス

先日InterJetのオフィスがグアテマラにはないんじゃないかと書いたが、実はちゃんとあった。グアテマラシティーのミラフローレスというショッピングモールの中にカウンターがあるんだそうだ。実際買った人もいるらしいので、ここで買える事は確かなようだ。メキシコだけじゃなかったわけだ。
もうグアテマラーロス間の直行便がなくなってしまうSpiritAirはそういうのがなかったんで、最初買うときにちょっと不安があった。何か問題があっても問い合わせをしたりする場所がなく、メールでしかもアメリカの会社となると英語でやり取りする(スペイン語でも良いのかもしれないけど。)と思うと、気が重い。そういう点ネットだけというのは何かと不安。
ただ、話を聞いてみるとこのInterJetのカウンターもオフィスというほどのものではなく、カウンターに一人くらいいる程度のものらしい。昼休みとかはその人もどっか行っちゃったりしていないので、通りすがりに誰もいないことも結構あるんだという。まあそれでもないよりはまし。とにかく、がんばって続けて欲しいもんだ。
今日は暑かった。天気が良かった事もあるが、昼ごはんを食べてるときなんか、特に暑い気がした。食べながら汗をかいたのは久しぶり。昼ごはんはペトラが大量に白いインゲン豆と豚の背骨のところを煮たものを作ったので、かなりたくさん食べたので夕飯はほとんど何も食べなかった。夜になるとすっと涼しくなるので助かる。
日中の温度30度、湿度44%。夜21度、62%。