スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



本の市

今月の25日にアンティグアの守護聖人のお祭りは終わったが、市場の裏の移動遊園地と中央公園の青空本屋は、その前後数日続く。グアテマラは今ひとつ出版文化が盛んでないと思われ、本は物価から考えるとかなり高いし、本屋もそれ程品揃えがなく、グアテマラシティーでも、あまり大きな本屋というのはない。
当然アンティグアには日本の小規模の本屋より、更に品揃えの少ないような本屋しかないので、これだけ本がずらっと並んでいるのを見ると、ちょっと気分が高揚するような感じだ。
例年はアンティグア市役所の前の屋根のあるアーケードというのか、そこの部分で行われていたんだが、今年はそこから追い出され?て中央公園の中にテントをはって、そちらでやっている。多分この時期は雨季なので皆屋根の下を通るので、そこに本屋があるとちょっと通りにくいということなんじゃないかと思う。実際例年本を見る人が邪魔で通り難くはあった。それでも、土砂降りになったりすると、周りをビニールで覆っているとはいえ、本が濡れるんじゃないかと他人事ながら心配になる。
本が高いので毎年買ったりはしないが、それでもブラブラと本を眺めて歩くというのが好きなので、この時期のちょっとした楽しみではある。
今日も午前中は良い天気で、温度も上がり、ジトジトした感じ。昼過ぎには曇ってきて、午後には雨。
日中の温度28度、湿度54%。夜20度、72%。
スポンサーサイト

めまい

昨日太陽光線の威力がすごいと書いたが、これは2階で鉢植えで育てている野菜や花なども当然影響を受けていて、晴れの日が続くと、すぐに土が乾いて、ぐったりしている。こういうとき鉢植えは大変。乾燥が激しく1日に一回水をやる程度では追いつかない。朝に水をやっても昼にはもうぐったりしている。そういう意味では地面に蒔きたいのだが、裏庭は日当たりが今ひとつなので、やはり鉢植えになってしまう。まあ、プラスチックの椅子さえざらざらにしてしまうほど強い太陽なので、これもまたしょうがないのかなとは思う。
そこでちょっと面白かったのは、このぐったりした状態、こちらの人は、エスタ・デスマヤード(気を失っている)と表現する。確かに乾燥して、葉っぱから何から下を向いてぐったりしている様子は、めまいを起こして、気を失っているようで、良い表現だと思う。
今日も朝からすごく良い天気で、朝にペトラが水をまいていたんだが、昼頃には、植物が気を失ってぐったりしていた。それでも今日は午後2時ごろから雷が鳴り出し、3時前にものすごい勢いで雨が降った。それでもすぐにやみ、その後はまた4時前に土砂降り。これで午後の水やりは助かった。夜にはまた結構強く降った。
ただお陰で停電までして、ネット授業前だったので、焦った。これはすぐに回復し、授業を始めたら、また停電。これは少し長く、バックアップの電源も持たずにネット授業が一瞬と切れた。でも回復後また授業を再開し、何とか授業は終わらせることが出来た。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、71%。



太陽の力

本当に暑い1日。日本はもっと暑いらしい。これ以上だと思うと本当に同情してしまう。2階のベランダでは太陽が照り付けているので、そこに置いてあるプラスチック製の椅子やら机がどんどん劣化している。
これはちょっとビックリした。このプラスチックの椅子は他にも結構たくさん買って使っているんだが、他の屋根の下にあるものは全然問題ない。それなのに、太陽が照り付けているものは、表面のコーティングがぼろぼろになり、なんだかやすりでこすったような感じになっている。
さすがに見栄えが悪いので、まず机にペンキを塗ってみた。プラスチックのものにペンキを塗ったことがなかったので、どうなるかと思ったが、出来上がってみると結構良いので、今度は椅子も塗っている。
それにしても太陽光線の威力には感心した。これでは肌の弱い人があんまり日光浴なんかしたら良くないんじゃないかと思う。もちろん太陽光線ばかりじゃなくて、雨が降ったり温度の変化も激しいので、その影響もあるんだろう。
器用なダニエルは机にあいていた穴も修理して、その上にペンキを塗ったので、これまたきれいになり、一石二鳥。
昼間はとにかく暑かった。じっとしてても汗がじっとりしてくるよう。またニュースでは明日はちょっと涼しくなるようなことを言ったがこう当たらないと、これもどうなるんだか。
日中の温度29度、湿度48%。夜22度、63%。

ハンサムなレストラン

今日も朝から良い天気。本当にニュースの予報は可哀そうなくらい外れる。今はニュースでカニクラといっていたときよりずっと良い天気が続いている。
昼には前にも書いた、元「パベシ」、今は「ペスカドール・イタリアーノ」というレストランに行った。結構気に入っていたんだが、このレストランで働いていた人がオーナーと喧嘩してやめたというので、その後どうなってるか見に行った。作りも名前もはまったく同じだが、なんと働いている人は白人の男性。コックさんも白人の男性になっている。どうやらレストランごと売ってしまったようだ。昨日が初日と言っていた。
コックさんはイタリア人で、アテンドしているのはアメリカ人だそうだ。二人とも若くてハンサムだとペトラは大喜び。メニューはまったく変わっている。しかも値段が高くなった。大抵の品は50ケツアル以上。2人でピザ1つとサラダ1つとって分けて食べ、ジュースを飲んで、150ケツアル強。若くてハンサムな二人は愛想もいいし、料理もおいしかったが、ちょっと高いんじゃないかと思う。
今日の日曜定食は白身魚のちり蒸し。グアテマラの人にはタマル・デ・ペスカードと説明した。6時半に出し始めて7時近くまでお客さんが2人だけで、これはもうだめかと思って、ペトラと顔を見合わせていたら、その後ポツポツ来てくれて結局14人。グアテマラの人が結構来ていたようだ。グアテマラの人には淡白な味すぎてだめかと思っていたが、幸い誰もほとんど残さず食べていた。
日中の温度29度、湿度38%。夜22度、60%。


シバケ

ここの所いつも木曜日に次の日曜日の定食メニューを書くことにしているんだが、今週はなんだかバタバタしてしまって、忘れていた。木曜日は特に用事があったので、市場には行ったものの、本当に必要なものだけ買って、余所見もせずに帰ってきた。
そんな訳で、今週の日曜定食は魚のチリ蒸し。3ヶ月くらい前にもやっているので、もう食べた人もいるかもしれないが、グアテマラの人にはタマル・デ・ペスカード(魚のタマル)と説明している。
もともとのレシピはホイル蒸しなんだが、ホイルの代わりにタマルを包むバナナの葉っぱを使うというものだ。それで昨日はレモンを大量に絞って、これにつけて食べるポン酢を一生懸命作っていた訳。
これはわりと淡白な味のものなので、グアテマラの人には受けないと思っていたが、アメリカでしばらく働いて帰ってきたフランシスコが大好きで、今度いつタマルを作るのかって聞く。これはちょっと意外だった。
今日も市場でバナナの葉っぱや、これを縛るシバケというやっぱり植物の繊維で出来た紐を買ってきた。しかし、シバケというのはなんとも微妙な名前だと思う。多分スペイン語起源じゃなくて、グアテマラ土着の言葉なんだと思う。まあ縛るものがシバケっていうのは覚えやすくて良い。とにかくこれで明日は魚のタマル。
今日も1日良い天気。カニクラは終わったはずなのに、どういう事か。
日中の温度27度、湿度47%。夜21度、64%。

賑やかな休日

今日はアンティグアの守護聖人、サンティアゴの日で、アンティグアはお休み。ATABALも休講なので、少しのんびりする。午前中は各学校の行進が、やはりATABALの近くのガソリンスタンドの前から出ていたようで、学生がたくさんいて、しかも大騒ぎしている。
メールなどに返事などを書き、その後はポン酢作り。昨日買っておいた、レモンやらオレンジやらをガンガン絞った。思ったよりたくさん果汁が出て、買った分を全部使わなくても十分だった。かなり大量に作って、余ったら保存する予定。ポン酢はしばらく置いたほうが味が良いという人もいるし、3ヶ月近く前に作ったポン酢は先月くらいまでちびちび使っていたが、悪くはならなかったので、大丈夫だろう。
夕方からペトラとフェルナンド小と散歩に出た。公園にはたくさんの人が歩いてる。アンティグアは休日だが、グアテマラシティーやその他の(サンティアゴが守護聖人じゃない)町や村は、通常通り働いてるはずなので、これはほとんどアンティグアの人たちってことか。市場の裏にも移動遊園地やサーカスなどが来て、そちらにも大勢人が行っているはずなので、併せるとすごい人数になると思う。アンティグアにもこんなに人がたくさんいたのかと感心。その後は1周年記念のカブキに行って、夕飯を食べた。この前開店したと思っていたら、1年なんてあっというまだ。メニューも増え、お客さんも増えているようで、何よりだ。
今日は1日中天気も良く、散歩日和だった。
日中の温度28度、湿度29%。夜20度、63%。

石畳

アンティグアはもうご存知の通り町全体が世界遺産なので、昔のままの状態を保存するようにしている。もちろんそれはそれで素晴らしいのだが、道も当然昔のままなのでコンクリートなどで舗装されてはいない。では一体どうなっているかというと、石が敷いてある。大人のこぶし大より一回りか二回り大きいような石がそのまま埋め込んである。大きさや形を合わせてあるわけではないので、かなりのでこぼこがある。
パーティーなどで着飾った女性が踵の高い靴を履いて歩いているのを見たり、ジョギングをしている人を見ると大変だろうな思う。自転車やバイクだって、走っているうちに振動ですぐねじなどが緩んでくるんで、大変なんだそうだ。
ところが、こちらの人の中ではアスファルトの道の方が歩きにくいという人がいるんで驚いた。硬くってのっぺりしてるから歩きにくいんだそうだ。やっぱり小さい頃からゴロゴロした所で歩き慣れていると、そうじゃないような所を歩くと違和感を感るのかもしれない。
ただ僕もアスファルトの道は車が結構スピードを出して走るので、危なく感じる。そういう点ではアンティグアのゴロゴロ道では、人も大勢歩いているからかもしれないが、そんなにスピードを出して走る車は少ないので、安心して歩ける。
それにしても以前セマナ・サンタの後にこの石畳を整備するという噂があったんだが、今のところその気配もない。
今日も昼ごろから雨が降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度64%。夜19度、69%。

挨拶の仕方

グアテマラでも男同士の挨拶は握手。女性同士や異性間ではほっぺたを合わせてチュッとするのが挨拶。この挨拶は日本人には苦手な人が多い。やはりスキンシップの習慣の少ない日本人の特に男としては、女性にいきなり頬っぺたをくっつけるというのはなかなか慣れにくいものだ。
まあその点握手はかなり違和感が少ない。ただ、この握手、人によってかなり差がある。まず思いっきり力を入れて握る人がいる。痛いので、初めてやられると、ふざけてるのかと思う。どちらかというと、都会の人や若い人は力を入れるような気がする。
これと正反対なのは手を握らない人もいる。力を入れないんではない。要するに親指だけを離し、残りの4本の指はくっつけてほぼ伸ばしたままの、いってみれば空手チョップの形で手の平を合わせるだけの人がいる。これは田舎のおじさんなどに多い。こちらはつい習慣で握ってしまうが、一体握っていいものやら何やら未だに良くわからない。どちらかというと手に力を入れてまっすぐにしてる感じで、握った方はなんだか小さな木の板でも握ったような感じになる。それにしてもこういう習慣のおじさん同士の握手はどうなるんだろう?手の平を合わせるだけか?エスキモーの人たちは鼻をこすり合わせて挨拶をするというが、挨拶一つとってもいろいろあるもんだ。
今日も雨がちの天気。なんだか突然翻訳の仕事が入ってブログの更新が遅れてしまったが、仕事もやっと先が見えてきた。
日中の温度24度、湿度63%。夜20度、75%。


郵便番号

郵便番号というのは日本ではかなり便利でわりと大切というか、誰でも少なくとも自分の家の郵便番号は知っているというものだと思う。多分アメリカなどでも使うんだと思う。ところがグアテマラではそもそも郵便を利用するということがあまりないので、使ったことがない。というか、そんな物はないと思っていた。
グアテマラにいて郵便番号というものを意識するのは、インターネットで買い物をしたり、何か登録をしたりするときくらい。この時には大抵郵便番号を書く欄があり、場合によってはこれを空白のままにしておくと登録ができなかったりする。そもそも今までグアテマラでは郵便番号なるものがないと思い込んでいたので、今までそういう時には111とか適当な番号を入れていた。
これがなんとちゃんとグアテマラにも郵便番号が存在するらしい。ちなみにアンティグアの郵便番号は03001。確かにATABALに届いた郵便物にそういう番号が書いてあったような気がする。でもそんなのは何かの整理番号だと思って気も留めなかった。
多分最初の03がアンティグアのあるサカテペッケス県を表し、その県庁所在地であるアンティグアは1なんだと思う。20年近く住んでても知らないことは一杯ある。
今日は朝のうち良い天気だったが、昼から雨が降り始め、3時ごろにはものすごい勢いで降った。その後夕方には大体やんだんだが、また夜中になって少し降りだした。ニュースではカニクラがこれで終わりだと言っていた。
日中の温度24度、湿度65%。夜20度、75%。

有名人

昨日は午後はすごい雨だったが、午前中は良い天気だったのでマラソン日和だった。というのも毎年7月25日のアンティグアの守護聖人の日の前にハーフマラソンが行われる。このハーフマラソンアンティグアの石畳の道を走るので、かなり大変そうだが、老若男女たくさんの人が参加し、かなり盛況な行事だ。
このマラソンの名物の参加者にトノ・バジェーナという人がいる。決まってビリかそれに近い順位なんだが、毎年参加していて、いつも大歓声を浴びている。昨日も見てたら彼の後には、かなりの年齢の男性が付き添いの人らしい2人を連れているのみだった。といってもこのトノ・バジェーナももう50歳前後だろうと思われるが。
彼はアンティグアの道端の有名人の写真が飾ってあるペルソナッへというカフェ、バーにも写真がある。バジェーナというのは鯨という意味だが、太ってるからという話と、彼に「バスは?」と聞くと、「うん。満員だ。(バ・ジェーナ)」っていつも返事をするからだという話がある。トノはアントニオの略称。
昨日は夜中にもだいぶ降ったので、今日の天気が心配だったが、今朝はちょっと曇りがちだったが、その後天気が良くなり、夕方までずっと良い天気。
昨日の雨は西側の市場の方では、かなり水嵩があがった模様。アンティグアは平坦だが、気持ち東側が高くなっているようで、東側にあるアタバルの前はほとんど水がなかったが、西側では車が動けなくなっていたり、家によっては水が上がって来たらしい。
日中の温度28度、湿度54%。夜21度、70%。


洪水

今日は朝から曇り時々晴れ。昼に出かける時には、ちょっと日が差してきたんだが、それでも念のため傘を持って出た。まあ大抵傘を持ってるときには降らないもんで、結局帰ってくるまではむしろ晴れがちだった。
ところが夕方4時半頃に暗くなってものすごい勢いで雨が降ってきた。しかもこのくらい降ればすぐやむかと思ったが、なかなかやまない。1時間以上降っているので、心配になって外を見ると、また道が川になっている。
この勢いで降っていたら、誰も日曜定食を食べになんて来られないだろうと思っていた。幸いその後6時過ぎに小降りになったが、道は川になったまま。しかも雨もやまずに小降りで降り続いている。
実際6時半には3人くらいしかいなかった。いつもは「きっと今に雨がやんで、人が来る。」ってポジティブなことを言うペトラもさすがに今日は「今日はちょっと来られないか。」とか言っている。ところがジャージャー麺の麺を茹で始めたらポツポツ人が来てくれて、最終的には15人。先週より多い人が来てくれた。こんな雨の中これだけの人が来てくれたなんて、実に感動的だ。
しかし夜も雨は降り続き、11時を過ぎてまたかなり強い雨。買い物に来ている人の話では、市場のほうでは川になっている道の水位が50センチくらいまで上がっているという。それが本当だとちょっとした洪水だ。
日中の温度23度、湿度65%。夜20度、76%。

トッピングの準備

朝から曇りがちで、いつ降ってもおかしくないような天気だった。そのためペトラは市場には行かないというので、一人でさっさと買い物をして帰るつもりだった。でも市場についてみると皆雨が降る前に買い物を済ませようと考えたのか、かなり混んでいて、あっちこっちで人が詰まってて歩きにくい。
しばらくしたらやはり雨が降ってきた。まあ小降りだったので、気にせずそのまま買い物を続けたが、その後は明らかに人が減った。とにかくも必要なものを買って、昼ごはんを食べ、ピックアップトラックを頼んで、アタバルに戻った頃にはかなり降っていた。幸い助手席に乗っていたので、濡れずにすんだ。
その後は明日の用意。ジャージャー麺はそれ程面倒でもないが、中華粥のトッピングをいくつか用意しないとさびしい感じがするので、これが結構手間がかかる。ちょうどプランターに植え替えた三つ葉がかなりたくさん出来ていたので、これをダニエルに言って刈り取っておいてもらったので、それを刻んでこれもトッピングにする予定。
それ以外にはブロッコリのしょうゆ漬けと、魚屋を覗いたら、魚の卵を買え買えと言われて、また買ってしまったので、これも煮ておいて、乗っけて出そうと思う。後は生姜といつも通り葱の刻んだものがあるので、これくらいあればそんなに寂しくないだろう。
結局そのまま夜まで雨は降ったりやんだり。でも強く降ることもなく、それ程降った感じがしない。
日中の温度24度、湿度64%。夜20度、75%。

ロスアンゼルスのホテル

こんなこと書くのもいまさらって感じもするが、ロスアンゼルスに日本人宿がある。もともと日本人だって多そうな所だから、いくつかあるんだと思うが、昔から有名なのはチェットウッドホテルだとかダイマルホテルとかだが、今はあまり聞かないので、どうなってるんだか分からない。
そのチェットウッドホテルの管理人をやっていた人が今やはりリトルトーキョーのそばではまだ宿というのをやっている。僕もチェットウッドホテルには一度泊まったことがあり、良くしてもらったので、今度のホテルにも行ってみたいのだが、最近ロスアンゼルスには夜中につくことが多いので、リトルトーキョーまで行くのはなかなか難しい。1泊25ドルからと書いてある。ロスアンゼルスでは格安な料金だと思う。お富レストランという老舗の日本食レストランもやっているようなので、機会が出来れば行ってみたい。
昨日書き忘れたが、今週の日曜定食はジャージャー麺と中華粥。いろいろ考えたんだが、先週は魚だったし、久しぶりに麺も良いんじゃないかと思う。ただ、いよいよ味噌がこれでもうなくなってしまった。醤油もそろそろ心もとないし、本当はグアテマラシティーに買いに行かなければいけないんだが、近年アンティグア引きこもりなので、どうも行く気になれない。
今日も良い天気で夜まで雨が降らなかったんだが、夜中になってちょっと降ってきた。天気予報だとこれでカニクラも終わりということになるのか。
日中の温度26度、湿度46%。夜22度、60%。


本当に無期限なのか

グアテマラでは携帯電話はプリペイド式なので、利用しないでいても、維持するためにはある程度の金額が必要。まあ日本でも基本料金というのがあるので、似たようなものだが、なんとなく馬鹿らしいので、今まで携帯電話を持とうとは思わなかった。実際そんなに使わない人は、期限が切れないように次のカードを入れていくので、どんどんたまって、なんと1000ケツアル分くらいたまってるという話も聞いた。
ところがここ最近クラロという携帯電話の会社CMでプリペイドカードを長く引き伸ばしているものを見かけるようになった。携帯電話には興味がなかったので、今まで何回も見た割には、何のことかまったく気にしてなかったんだが、昨日何の気なしに見てみたら、なんと期限がなくなったというようなことを言っている。
さっそく入り口の店の店員のセルヒオに聞いてみた。本当に25ケツアル以上では期限がなくなったんだそうだ。これに対抗してなのか、もう1社ティーゴも5ケツアル以上を無期限にしたんだそうだ。これだったら1回入れてなくなるまで使うことが出来る。ただ、今日プリペイドを買った人が残高を確認しているのを聞いていたら、期限は10月とアナウンスがされていた。これはどういう事だろうか?まあ25ケツアル分だったら3ヶ月くらいあれば使い切ってしまいそうなものだが、それにしても宣伝と違うんじゃないだろうか。
今日も朝から良い天気で、1日中雨は降らなかった。こうなると日中もかなり暑くなる。でもニュースではこれこそがカニクラで、ただ、明日くらいには終わってしまうといっている。
日中の温度29度、湿度38%。夜22度、62%。

トラックボール

トラックボールのマウスを使ってみた。以前から少し興味は持っていた。コンピュータの仕事をしている人達のように、毎日コンピュータの前に朝から晩まで座ってるという程ではないんだが、それでも、しばらくコンピュータを使っていると肩が凝る。
モニターの高さを変えたり、椅子の高さを変えてみたり、いろいろして見てはいるんだが、ちょっとましになったと思っても、またしばらくすると肩が凝るようになる。そこでこのトラックボールだと、普通のマウスのように動かさなくても良いので、多少ましなんじゃないかと思って、ネットで値段などを調べていた。
そうしたらたまたま使っていない物があるというので、貸してもらった。こればかりはちょっと触ってみた程度じゃどんなもんだか分からないので、貸してもらってしばらく自由に使って見ることができるというのはありがたい。
といっても今の所もともと使ってたマウスと併用。カーソルを動かすのは、やはりなれたマウスに比べると、時間がかかるが、思ったほどいらいらはしない。ただ、このトラックボールのものは戻るボタンがついてないので、いちいちカーソルを戻るアイコンの所まで移動さないといけないというのと、最近使い始めたマウスジェスチャーが使えないというのがどうも不便。まあとにかくせっかくの機会なので、しばらく様子を見るつもり。
今日も良い天気。これだとカニクラといわれても、まあ納得がいく感じがする。今日は夜になっても良い天気で月が明るい。
日中の温度29度、湿度38%。夜20度、61%。

ドル以外の両替

「アンティグアでメキシコのペソとか日本の円は両替出来るか?」と聞かれた。多分銀行など正規の方法で両替することは出来ないと思う。以前は確かバンコ・デル・ケツアルで両替できた時があった。その時は銀行の人が宣伝で旅行会社など外国人の多そうな所を回って宣伝していたんだと思うが、アタバルにも来て、よろしくと言っていた。
僕の記憶なのでいい加減だがこれは以外に短い期間しかやっていなかったと思う。しかもその後、このバンコ・デル・ケツアルがバンコ・インドストゥリアルに吸収?されちゃったので、もはやこの銀行そのものがない。
この前も知り合いが「日本円を貰ったのだが、アンティグアではどこも換えてくれないので、お前換えてくれないか。」と言ってきて、少しだったら良いと思ったんだが3万円くらいあったので、ちょっと手持ちがないと断ったことがある。あれはあの後どうしたんだろう?グアテマラシティーでも換えるのは難しいと思うんだが。
今アンティグアではユーロでさえ、換えられるのかどうか分からない。旅行会社などでユーロ換えます見たいな張り紙がしてあるのを見たことがあるので、そういうところに持って行けば、レートはどうだか知らないが、換えられる可能性はある。
とにかくここはアメリカのお膝元だからか、ドルを持って来ないとどうしようもない。
今日は朝から久しぶりに良い天気。日中は暑く、これは今日は降らないかと思っていたら、やっぱり夕方に少し降った。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、68%。


お土産のコーヒー

この前コーヒーを飲むのをしばらくやめると書いて、実際1週間くらいやめていたんだが、なんとやめると決めたとたんにお土産などで2袋もコーヒーをもらった。今まであまりコーヒーをもらうことはなかったんだが、しばらくやめようと思った途端に2つももらうなんて、なんという巡り合わせか。
そんな訳でまあ1週間やめたこともあり、今日からちょっと飲むことにした。まあ毎日飲まなければいいだろう。なんだか意志の弱いことだと情けない気もしなくはないが、コーヒーをおいて香りが飛んじゃうのももったいないので、とりあえずそういう理屈をつけて納得することにした。
ただ、こちらのコーヒーはどちらかというとローストがきついようだ。まあコーヒー好きともいえない僕の感想など自分でもそれ程信用できないが、普通に買ってきたコーヒーは苦すぎるように思う。もちろんコーヒーだから苦いのは当然なんだが、それ以外の味ももう少しすると良いんじゃないかと思う。以前にもアンティグア近郊の有名なコーヒー園のコーヒー豆を買って日本にお土産にしたんだが、1つ自分でためしてみようと思い、開けたら真っ黒で、苦すぎて、がっかりしたことがある。
一般にお土産にするのに良いのは、空港の免税店の中で売っている、グアテマラ国立コーヒー協会(ANACAFE)の豆らしい。でも、アンティグアでは手に入らないのが残念。
今日は朝から小雨が降った。その後も降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度64%。夜19度、76%。

ブランドの力

以前メキシコはコカコーラの年間の一人当たりの消費量が世界最大だと聞いた事がある。確かめた訳じゃないが、周りを見ているとうなずけるものがある。グアテマラはメキシコほどとは思わないが、やはりかなりの消費量だと思う。何せコカコーラが好き。しかもペプシその他よりコカコーラが圧倒的な支持があるようだ。
そのせいかグアテマラのコカコーラの会社はちょっと威張ってる。レストランをやってる人もコカコーラがあまりに威張ってて、勝手なことばかりするんで、ペプシに変えたと言っていた。アタバル入り口の店ではそれほどのトラブルはないが、セマナ・サンタの時にアイスボックスを借りたものの、期間中毎日1袋持ってくるという約束だった氷を結局1度も持ってこなかったので、使えなかったと文句を言ったら、「じゃあ来年からは何も貸してやらない。」という返事だった。まあただで貸してやってるんだから文句を言うなということなんだろう。
以前コーラの飲み比べをしたら、ほとんど誰も当てられなかったという話しを書いたと思うが、それでもコカコーラのブランドへの信仰は強く、かなりの割合でコカコーラを指定して買っていくんだから、売る側が強気になるのも仕方ないのかもしれない。でもあれ以降アタバルの先生達は何かの行事の時に他のコーラを出しても以前ほど文句を言わなくなった。
今日の日曜定食は揚げ魚の香味ソースで11人。雨は夜中にちょっと降った程度。
日中の温度25度、湿度57%。夜21度、70%。

コラソン・デ・ヘスス

昨日からコラソン・デ・ヘススというお祭りなんだそうだ。イエス様の心臓という意味だが、カソリックのお祭りだってことは分かるが、それ以上のことは良く分からない。それになんだか良く分からないが市場でお祭りをやっている。今日も市場ではお祭りをやってる。毎年のことだが、ずっとコルプスのお祭りだと思ってた。ところが市場の人たちはコラソン・デ・ヘススだって言う。一体どう違うんだろう?とにかくお祭りが多すぎて何がなんだか分からないことが多い。人に聞いてもなんだかあやふやな答えしか帰ってこないことが多いので、結局何事か分からない。
まあ分からないことばっかりだが、昨日は市場の中に3つも会場を設けて、バンドが来て音楽をやっていた。今日は市場中に松葉が敷いてある。この松葉は踏むと良い香りがするからだと思うが、グアテマラでは家庭でもパーティーやクリスマスなどのお祭りの時には敷きつめる。出くわさなかったが、聖像を担いだ行列も出てるはず。土曜日で人出の多い時にあの狭い市場の中の通りを行列が通るのはいつも大変な騒ぎ。今日も朝から曇り空だったが、幸い夕方まで雨が降らず、お祭りも水をさされずにすんだというところか。
ただ、雨が多いせいで、野菜は結構値上がりしている。ニュースではどうやら台風はマイアミの方に抜けていったようだが、なかなか台風一過の晴天という風にはならない。アンティグアの人たちも一体これのどこがカニクラだって言っている。まあ今年の天気を見ると誰だってそう思うだろう。夜になって雨。
日中の温度25度、湿度55%。夜20度、76%。

新聞の対決

この前ニュースでヌエストロ・ディアリオというグアテマラの新聞社が、マネーロンダリングで問題になってるという話題が出てきている。
グアテマラの新聞は基本的にプレンサ・リブレが昔からあり、それ以外にはこのヌエストロ・ディアリオとエル・ペリオディコの3紙と言って良いだろう。やはりプレンサ・リブレが最もよく読まれているもので、ヌエストロ・ディアリオはどちらかというと柔らかめというか、毎日水着の女性の写真がいっぱい出てるようなタイプの新聞だ。エル・ペリオディコはまじめな新聞だが薄いしそれ程読者が多いようには思えない。
今の問題は、どうやらこの硬めのプレンサ・リブレが軟派のヌエストロ・ディアリオと対決している模様。先日は一時ヌエストロ・ディアリオのオフィスをプレンサ・リブレが占拠したとかいうニュースがあったが、どうやら今も独立を保っているらしい。ただ、気のせいかいつもよりちょっと薄いような気がする。騒ぎに忙しくて、記事も書いてられなかったのかもしれない。不思議なのはこれだけの話題なのに、テレビでも新聞(当事者だからか)でも、その後、関係のニュースが出てこない。報道を自主規制ってことか。
ただ、これとは別に以前からプレンサ・リブレはヌエストロ・ディアリオが記事を真似しているという内容の抗議をしていたという話もあり、これが原因で対立しているんだという話もあるようだ。
今日も朝から今ひとつの天気。夕方からしとしと雨で夜まで続いた。
日中の温度23度、湿度68%。夜20度、73%。

アレルギー

ここの所不漁続きで、ろくな魚がないが、今日は午前中魚屋から電話がかかってきた。といってもこちらの欲しいものというより、大き目のカマスが入ったからどうかということだった。カマスはそれ程欲しくなかったんだが、ガヨという魚があったので、これを買って、ついでにアジもちょっと大き目のものを買って、今度の日曜定食は揚げ魚の香味しょうゆかけをすることにした。
ただ今回は数が難しい。先週は30人以上の人が来て、ビックリしたが、その時に来たアメリカ人っぽいグループの人たちが「また来るね。」といって帰っていった。まあこういう社交辞令を真に受けることはないと思うが、ここの所ちょっと増えていることは間違いないし、その辺を考えると数の融通のきく料理の方が良い。
避妊手術をしてから(それと関係あるのかどうかは分からないが)ジェシカは、耳の中にアレルギーが出るようになった。今回もアレルギーが出てきたので、また獣医さんを呼んだ。夕方やっと獣医さんが来てくれたんだが、やっぱり獣医さんを見たとたんに逃げ出した。やっぱり隅っこで小さくなっておしっこを漏らしていた。本当に怖いらしい。獣医さんの話ではこればかりは完全に治らないらしい。大体2・3ヶ月に1度は注射をしないとだめだとのこと。
今日は朝から良い天気。昼もだいぶ温度が上がり、今日こそは雨が降らずに良い天気が続くかと思っていたら、3時前にはもう小雨が降り出した。
日中の温度26度、湿度49%。夜20度、72%。

ガソリン代の影響

昨日ブログにコメントをもらった。漁に出てもガソリン代が出ないというのはこちらの零細漁業者だけの話ではないみたいだ。日本でもやっぱりそうなんだっていうのには驚いた。でも日本の漁師さんは自分で取った魚の値段を自分で決められないっていうのは大変だろう。
こちらではさすがにそういうことはないと思うが、やっぱり魚の消費量がそんなに多くはないだろうし、そのせいか、一部の高級魚を除いては魚の値段も安いものなので、それでガソリン代を払って、儲けを出すのは大変かもしれない。
本当に昨今のガソリン代の上昇はすさまじい。この前やはりアンティグア在住の日本人の人と話をしていて、家族で日本に行こうとするとものすごいお金が必要だと言う話になった。去年僕が行った時はスピリッツ航空などを利用できたこともあり、1000ドルを切る値段で行けた。ところが今年は下手したら1500ドル位する可能性がある。上手いこと安いチケットを買えても1000ドルではすまないだろう。一人だったら200ドル前後の違いは、そうしょっちゅう行くわけではないので仕方ないかと思えなくもないが、これが家族3・4人となると、仕方ないじゃすまない金額になる。何とか安いルートがあると良いんだが。
台風が近づいているとニュースでは言っている。その割には大して降らないので、どこまで近づいてるんだか良く分からない。今日も午前中に少し降り、午後にも少し降った程度。夜も雨は降らず。
日中の温度23度、湿度68%。夜19度、73%。

不漁

ホンジュラスのオモアのジュンさんと話をしていて、やっぱり魚があんまりとれないんだという話になった。さすがにオモアは漁村なので、良くわかるんだろう。アンティグアは山の中なので、どうもピンと来ないが、魚屋のおばちゃんが今は風が吹いて、雨が降るから魚が取れないって言う。実際持ってくる魚の量も種類も少ない。ここの所覗いてもアジがある程度、良くわからないがアジだけはわりとある。
風が吹いても海の中を吹くわけじゃないし、雨が降ったって、海の中はどうせ水だらけなんだから、関係ないじゃないかと思うが、そういう訳にも行かないんだそうだ。風が吹くと海が荒れて漁に出られないし、雨が降ると水がにごって魚が取れないんだそうだ。
そんな訳でホンジュラスの漁師の人たちもこの時期はわざわざ船で出て行ってもペイするほど魚が取れないので、そもそも漁に行かないんだそうだ。確かにガソリンは高いし、働いて損するくらいだったら働きはしないだろう。まあこれはホンジュラスだけじゃなくてグアテマラだってそうなのかもしれない。
仕方がないので最近アジばっかり食べている。幸いアジは結構いろいろ料理方法があるんで助かる。ただ日本のアジのように脂がのってないのがちょっと物足りない。と言いつつ、今日も昨日買ってきたアジをつみれにして食べた。
やはり天気はすっきりしない。台風が近づいているというが、そのわりには雨は夕方にちょっと降っただけ。
日中の温度26度、湿度56%。夜20度、73%。


カニクラ?

3日くらい前から昨日までまたメールが届いていないようだった。昨日復活して、一応その間に来ていた分も届いていたようだが、ちょっと不安。もしこの間にこちらにメールして、こちらから返信の行っていない方がいたら、お手数ですがぜひもう一度ご連絡ください。ただ、こちらがメールの不具合に気がついて、連絡したところ、直ぐに対応してくれたので、助かった。
なんだかまた台風が近づいているとニュースで言っていたが、もうこの時期毎週のように台風が近づいているというニュースがあるような気がする。しかも、それで雨が降り続くかというと、それ程でもないので、なんだかもう心配する気にもなれなくなってきた。今年は特に多いのか、それとも雨季の初めにかなり降ったせいでこちらがそういうニュースに過敏になってるのか、どちらだか分からないが、もう心配疲れって感じ。
かと思えば、もうカニクラだという人もいて、訳が分からない。カニクラは雨季の合間の晴れが続く日のことを言うんだが、毎年カニクラはもうちょっと、それらしく良い天気が続くもんだ。
今日も今ひとつはっきりしない天気。本当にすっきりしない。その上なんだか肌寒い。温度も体感温度と温度計の指す温度がだいぶ違うことがある。これは湿度のせいなのかこのぐずついた天気のせいなのか。
やはり夕方から雨が降ったりやんだり。
日中の温度24度、湿度60%。夜20度、74%。

32人

今日の日曜定食はかき揚げとキノコご飯にしたんだが、このかき揚げにはクレソンを入れる。これは以前アンティグアにあったレストラン「禅」のかき揚げにクレソンが入っていて、結構おいしいと思ったので、そのまままねをしている。
ただ、クレソンは意外と難しい。というのは、以前朝のうちに葉をとっておいていたら、かなりたくさんの葉っぱが黄色くなってしまった。その時は使う際により分けながらやったので、大変面倒だった。それ以来反省して、クレソンの下ごしらえは、日曜の午後にやることにした。今日もそのやり方で、夕方からクレソンの掃除。結構面倒臭い。
でもその甲斐があって、今日はなんと32人。久しぶりに30人を超えた。今日も出だしは遅く、15人程度かと思っていたら、その後ポツポツ来てくれて、25人までいった。さすがにこれで終わりと思って、自分の分や明日にとっておく分を揚げて、火を止めて鍋を洗っていたら、なんと今7人来ているんだけど、どうしようか?と店番のセルヒオが言ってきた。まあ全てを出せば、何とかなりそうだったのでOKし、残りを全部出した。どうやらこのグループは最初に4人来たアメリカ人っぽい人たちが勧めてくれたらしい。彼らも気に入ってくれて、更に2人分出来ないかと聞かれたんだが、さすがにもう全部片付け終わっていたので、これは断ってしまった。
今日も午前中ははっきりとしない天気で、むしろ昼過ぎの方が晴れ間があった。それでも夕方から雨が降り、その後降ったりやんだり。
日中の温度25度、湿度66%。夜20度、76%。

サン・ファンのキノコ

明日の日曜定食はかき揚げとキノコご飯なんだが、このキノコはいつもワチピリンを使う。明日の分はこの前に買った分があるので心配ないのだが、いつもキノコを売ってるおばちゃんのところは一応覗くことにしてるので、今日も行ってみたんだが、お休みだった。他でも今日はワチピリンを見かけなかった。雨季で毎日のように雨が降ってるのに、珍しいことだ。
そんなこんなでキノコはあきらめていたんだが、野菜をいつもの店で買ってるときに、そこのおばさんの旦那さんが大きなキノコを持ってきた。サン・ファンというキノコ。サン・ファンはグアテマラシティー近郊の村の名前だと思うが、この辺でも取れるらしく、去年も見かけた。ただ、ワチピリンほどたくさん取れないのか、たまにしか見かけない。しかも時期も短いように思う。
このキノコはグアテマラのキノコの中でも大きなものの部類に入ると思う。特に今日のものは大きい。感心してみてたら、おばちゃんが「持っていけ。」と言って、くれた。今日はバタバタしていて料理する余裕はないので、保存方法を聞いたら、コップに少しだけ水を入れてそこにさしておけばかなりもうというので、ありがたくもらってきた。
つぶれないように袋に入れないで、手に持って歩いてたら、通りすがりの人たちに、「どこで買ったんだ?」とか「どうやって食べるんだ?」とか聞かれた。
今日は朝から曇り気味だったが、日中は小雨が降った程度で、午後にはちょっと晴れたりした。夕方から夜にかけてちょっと降った。
日中の温度26度、湿度64%。夜20度、77%。

1年の折り返し

今日やっと夏のボーナスを払った。ここの所夏のボーナスはパーティーをする代わりに、昼ごはんを皆で食べるような形にしているので、ある意味あっさりしてて良い。今日のご飯はペトラが作ったので、僕はノータッチでお金をお払う方に集中。とにかく払い終えたらホッとする。
野菜と鶏肉の中華チャプスイ風というのか、何しろグアテマラ中華風でおいしかった。ただ、最初作ってる所を見た時に、ものすごい量で、コリャ大量に残って、しばらくこれ食べないといけないかと思っていたら、珍しくブランカなどもお代わりをしていて、なんときれいになくなってしまった。まあせっかく作ったものだから全部食べてもらえるに越したことはない。
しかし、今日の新聞の1面に"このボーナスは借金の返済に当てられる。"という見出しが載っている。何でも70%近くの人たちがこのボーナスを借金の返済に使うという調査の結果があるらしい。ちなみに貯金すると言うのは20%に満たない。それでも正直いって20%もの人が貯金をするのか、という感じ。周りを見ていても貯金はせずに次々分割払いで物を買っている人がいるが、こういうのがこちらの人の典型なんだろう。それでやっていけるか不安にならない所がすごいと思う。
今日も曇ったり晴れたり。昼過ぎからかなり雨が降ってきたが、夜にはあまり降らなかった。
日中の温度26度、湿度60%。夜20度、77%。

短い週

昨日は停電で散々だったがその後1度5分程度の停電があったのみで、もう大丈夫そう。まあそう停電が続いたらたまったもんじゃないが、一先ず安心して良いようだ。
今日はもう木曜日。なんだか月曜日が休みになると感覚が狂う。まだ週の途中で休みになるとそれほどでもないが、週の最初が休みになると、なんだか1週間がやたらと短く感じる。先生達もそれは同じようで、今日来週の予定を書いてもらう紙を配っていると、「おお、もう木曜日か。」と驚いている。しかも明日は夏のボーナスのお祝いでお昼ご飯を出す予定なので、その買い物なんかもして、朝からその準備。いつも通り市場に行ったが、日曜日のメニューの下見と明日の昼ご飯の買い物で、大急ぎで買い物して、トゥクトゥクで帰ってきたんだが、それでも12時を過ぎていた。
魚は相変わらずない様で、いろいろ考えたが結局日曜日のメニューはかき揚げとキノコご飯にすることにした。キノコご飯はここの所雨が降ってまた出てきたワチピリンを使う。また最近キノコが出回ってきて、これが雨季の楽しみの一つだ。
明日の昼ごはんはペトラが作ると言っているので、こちらは材料だけ買って後は任せてしまったので、楽なものだ。
今日も天気は今ひとつ。朝から曇りがちで、ただ降りそうで、パラパラ降ったりはしているようだが、本格的には降ってこない。ただ曇っているので、昼間でもそんなに暑くはならず湿度は高い。
日中の温度24度、69%。夜20度、76%。

久しぶりの停電

ここの所ずっとネットの調子も良いし、停電も一瞬消えることはまああったが、長時間の停電はなく安心していた。まあ災いは安心してる時に限ってくるもんで、今日午後銀行に行き、一昨日の軍隊記念日、昨日の銀行員の日とずっと休みだったせいで、列を作ってるところに並んで、やっと窓口にたどり着いた時に、いきなり停電。その時はそんな長い時間停電するとは思わなかったが、急いでいたので、小銭だけ作って帰ってきた。
そうしたら幸い午後2時からのネットの授業はバックアップの電源もあり、終わりまで出来たようだが、3時からの授業はどうにもならない。いろいろ噂を聞いているとグアテマラ市も停電で、全国的なものらしい。
4時からの授業は何とかなるかと思ったが、復旧せず、これまただめ。いらいらして待っていたが、結局5時にも復旧せず、今日はほぼ全ての授業がつぶれてしまった。こればかりはいつなるか分からない上にいつ復旧するかも全然わからないので、どうしようもない。知らせることすら出来ないので生徒さんには迷惑をかけてしまった。先生達も帰るに帰れず、皆でお茶をして待ってるだけ。
結局5時20分くらいに復旧。もうちょっと早く復旧してくれれば最低5時の授業は出来たのにと思うが、これまたどうしようもない。散々な1日だった。
今日も朝のうちちょっと雲が多く、ちょっと肌寒いような、すっきりしない天気。午後から夜まで降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度69%。夜20度、76%。

カフェイン

ちょうど1年近く前からコーヒーを朝と昼1日2回飲んでいるんだが、これに入れる牛乳が合わないのか、なんだか腹具合がいつもあまり良くない。それにカフェインを取りすぎると良くないということも言われたので、今日ちょうどコーヒーがもうなくなりそうだったので、飲むのをやめてみた。
最初それほど影響はないと思った。ところがやっぱり頭の芯がボーっとしている。特に午後なんともボーっとした状態で、何をやってもあまり上手くいかない。午後は銀行に行って、今日支払いで受け取ったT/Cを入金したり、電話代その他を支払いに行くつもりだった。ちょうど出かけようとしたらキョウタさんが来て、今日は銀行員の日だから銀行は休みだと言う。「昨日は軍隊記念日で休みだから4連休なんてとんでもない。」とか話をしながら、せっせと銀行に行く支度をして一緒に出かけた。閉まっている銀行の前に来て、やっと気がついた。キョウタさんはさっきから休みだってずっと言ってるのに何で銀行行く支度をして一緒に出てきたのか不思議に思っていたようだ。
これはまずい。こんなになるんだったらしばらくコーヒー飲むのをやめようと思う。でも、世の中にはもっとコーヒーやカフェインの入った飲み物(お茶の方がカフェインが多いって聞いたことがあるし、)をガブガブ飲んでる人がいるだろうに、そういう人たちは大丈夫なんだろうか?
今日は午前中曇り気味でちょっと雨も降った。午後は一瞬晴れたが、また雨が降り、その後降ったりやんだり。夜にはかなり降った。
日中の温度27度、湿度66%。夜21度、73%。