スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



散髪

いつも散髪を向かいの家に住んでいたおばちゃんに頼んでいたんだが、この向かいのおばちゃんが、先月ちょっと遠い所に引っ越してしまったので、困っていた。この前髪を切ったのは、日本に行く前だからもう2月ほど前のことになる。だいぶ伸びてきて、ペトラにも、そろそろ散髪しろと言われていた所だった。
でももう何年も床屋なんか行ったことがなかったので、どこに行って良いか分からない。まあクリスマス前は混みそうなので、避けることにしても、日本人としては正月前には行って、さっぱりして新年を迎えるかという気分ではあった。
そこで今日の休み時間に先生達に聞いてみた。皆自分の子供を行かせている床屋があるだろうから、いろいろ知ってるだろう。案の定あっちに行けとかここに行けとか言っている。その中からブランカ情報で、アンティグア最安という床屋に行ってみる事にした。
結構混んでるという話だったんで、待たされる様だったらやめて帰ってくるつもりだったんだが、平日の午前中だからか、誰も客はいなかった。初めてなのでいろいろ説明することになったら面倒だと思っていたが、幸い「短くしてくれ。」と言っただけで、特に説明も要らず、若い兄ちゃんが手早く切ってくれる。値段も特に確かめもしないで切ってもらったんだが、聞いていた通り10ケツアル(約1.3ドル)。始めてきた外国人からもぼらないのは感心。カレンダーまでくれた。
今年最後の授業も無事に終わった。
日中の温度21度、湿度58%。夜18度、65%。
スポンサーサイト

不思議

昨日の続きだが、あの料理は非常にきれいに作ってあるし、スパゲッティの茹で加減はちゃんとしてるし、めちゃくちゃ料理をしているというわけではない。むしろかなり気を配って作っているんだと思う。オーナーのおじさんもペトラがポークチョップを食べているのを見て、これはおいしいんだってわざわざ立ち止まって言ってたくらいだから、自分で食べたことだってあるんだろう。
それなのにああいう味のない味になってしまうのが本当に不思議。塩コショウをもうちょっと効かせるか、ハイビスカスティーのハイビスカスを使って甘酸っぱいソースを作ってあったんだが、このソースももう一工夫して、更にもうちょっと多めにかけてくれれば、それで随分おいしく食べられるんじゃないかと思う。
まあアメリカ系航空会社で出てくるエコノミーの機内食って感じか。むしろ肉についていた付けあわせの野菜は酸味が効いていておいしかった。値段から考えても材料は決して悪いものを使ってるわけではないと思うので、実にもったいないと思う。
それともアメリカの人たちは味覚が我々より発達していて、ああいった料理から味を感じ取っているんだろうか。
今年最後の週が始まった。といっても今週も水曜日と木曜日が休みになるので、あっという間に終わってしまう。昨日まで調子が悪く使えなかったコンピュータがやっと直ったので一安心。
朝から曇りがちで昼過ぎに珍しく小雨が降った。日中の温度21度、湿度57%。夜18度、68%。

アメリカの味

日曜日の昼はペトラと散歩がてら外に出て食べることがほとんどなんだが、そんなに高級なレストランに行くこともないので、やっぱりだんだん行く所が決まってきて、ちょっとマンネリになる。
今日もいつもの通り昼に出かけたんだが、どこに行こうかということになり、いろいろ迷った挙句、3アベニーダの北に新しい喫茶店だかレストランだかが出来たのを思い出し、そこに行って見ることにした。
新しいといってもエピクレというもともとアンティグアにあるデリカテッセンのような店の2号店というか、そこが出したレストランという感じの店。カルメン教会跡の民芸品の市場の向かいにあり、間口はそれ程広くないんだが奥が深い。入り口のところでケーキなどを売っていて、奥にテーブルがある。新しいのでとってもきれいだし、明るくて雰囲気も良い。スパゲッティやらステーキなどあり、ちょっと凝った感じで値段もそこそこ高め。オーナーはアメリカ人でペトラが知り合いなので、出てきていろいろ宣伝してくれた。ペトラはポークチョップのフライで僕はスパゲッティを頼んだ。最初に出てきたごく小さいガスパチョがおいしく、期待を持たせる。ところがこのメインの料理がどちらも実にアメリカ的な味のない料理なのでガックリする。まあアメリカでそんなにいろいろ食べたことがないんで勘違いかもしれないが、宿泊したホテルのレストランなどで料理を頼むと大抵こういった味のない料理が出てくる。これは一体何なんだろう。アメリカの人たちはこれで味を感じているんだろうか?
日曜定食は揚げ魚の香味醤油で17人。先週と同じ人数。
日中の温度23度、湿度48%。夜18度、62%。

カレンダー

いつも通り市場に行ったんだが、思ったより人が少ない。やっぱり皆クリスマス前に買い物をたくさんして、終わってからはもうあまり買う気はないんだろう。市場の人たちも、木曜日みたいだって言っている。アンティグアの市は常設なので、毎日あるんだが、市の日と言われるのは月、木、土で、その他の日には閉まっている店も、市の日には開ける。ただ同じ市の日でもやはり土曜日が一番人が多い。
例年年末にはお得意さんにカレンダーやらザルなどを配るのが習慣。僕もいつも市の日には買い物に行くので、いろいろな店から毎年いろいろもらうんだが、先日も少し書いたように今年はどこもほとんど何もくれない。
まあそれ程切実に欲しいってわけでもないんだが、ペトラはやっぱり不景気だから、そういう出費を抑えているんだと言うし、これだけもらえないとちょっと心配になる。何しろカレンダーなど市場以外からの店からももらうので、例年だと使い切れないくらいもらうんだが、今年は2つもらったきりだ。これだと今年はカレンダーを買うようなことになるかもしれない。
ATABALの入り口の店では例年通りカレンダーを配った。24日と25日でほとんど配りきった。今はちょっと残ったのを知り合いに配るのにとってある程度。
今週の日曜定食は揚げ魚の香味醤油にした。バショウカジキを買ったので、これを揚げて揚げネギで香りをつけた醤油ベースのソースをかけて食べてもらう予定。今年最後の日曜定食だ。
日中の温度24度、湿度43%。夜18度、65%。

今日は授業

クリスマスのお休みが終わり、やっと今日から授業と思ったら、金曜日なので、もう今週も終わり。どうにも調子が狂う。未だに明日市場に買い物に行くっていう気になれない。こういうときはどうも何か忘れ物をしそうで、後になってあっと思って慌てるんじゃないかと不安になる。
それでも今日は何事もなく授業も終わり、いつも通り文法の補習もやって、何とか無事に1週間が終わった。昨日から調子が悪かったコンピュータもなんだかいじくっていたら、とりあえず何とかなった模様。また同じようなことにならないと良いんだが。
昨日はペトラの誕生日だったので、先生達と生徒さん達がお金を出し合って花を買ってプレゼントしてくれた。いつもだったらケーキなんだが、ペトラは食べ物に関してちょっと難しいので、花の方が喜ぶと思ったんだろう。実際、なかなか立派な花だったこともあり、ペトラも大喜びしていた。
ニュースを見るとクリスマス期間中にやはり花火でやけどをした子供が何人かいたようだ。怪我をする人が多かったロケット花火は禁止になったものの、爆竹や他の花火は普通に売っているので、そういうのでやけどをしたらしい。正直言って爆竹も禁止しても良いんじゃないかと思うんだが。子供も以前はこの時期の小遣いのほとんどをロケット花火に費やしていたはずだ。その分他の物を買うようになったら、これは悪いことではないように思う。爆竹だって、同じようなものだと思うんだが。
日中の温度26度、湿度39%。18度、64%。

クリスマスの人出

クリスマスなんだが、グアテマラではどちらかというとノチェ・ブエナといわれるクリスマスイブの方が盛り上がる傾向がある。というか24日の夜が大切って感じがある。そのため24日は遅くまで大人も子供も起きていて家族が集まり花火やなんかで騒いで、夜中の12時にタマルを食べてその後ちょっと喋ったりして徐々に終わりって感じになるのが普通。そのため、25日はむしろ静か。店は通常通り朝6時半に開けたんだが、今日はそんな時間に歩いている人はいない。朝10時を過ぎた頃からやっとチラホラ客が来るのが普通。
今日も一日休みなのでまあ家でのんびりする。ただ、またしても自分の使っているコンピュータの調子が悪い。起動にやたら時間がかかったり、途中で止まって起動できないことも多い。しかもやっと起動したと思ったら、動作が鈍くなり、止まってしまったりする。この前のハードディスクの問題の時に似ている。困ったもんだ。クリスマスがあけたら直してもらわないといけない。
夜は外に食べに出かけた。結構人出は多い。昨日の夕方に比べると物の数でもないが、それでも相当の人が公園や特に時計台の通りに出ている。店の方は3分の1程度が閉まってる感じ。思ったよりいろんな店が開いている。夕飯は久しぶりに長城という中華料理店で食べる。ここは僕が始めてきた21年前から店の構えから料理の構成までほぼ変化がない。目新しさはないが、良く分かっているという安心感はある。実際客はほとんどアンティグアの住人で、昔っから来ているという感じの人が多い。いろいろ工夫して変えていくというわけでなく、こういう商売の仕方もあるのかと思う。
日中の温度24度、湿度45%。夜17度、64%。

わりと静かなクリスマスイブ

いよいよクリスマスイブ。今日はATABALの授業はお休みで、朝はちょっとゆっくり。しかも例年だと今日の午後から店番なんだが、今年はヘルベルとフランシスコが店番をしてくれるので、更にゆったりとした気分。
昼前から市場に買い物に行った。大体必要なものはもう買ってあるので、それ程買い足す必要もないんだが、まあクリスマスの挨拶もかねて市場をペトラと2人でぐるっと回った。ついでに昼も市場で食べて、昼過ぎに帰ってきた。
今年は24日だというのに、なんだか爆竹の音がほとんど聞かれない。ここ数年シルバドールといわれるロケット花火が禁止になったので、これがだいぶ静かになった原因なんだと思うが、爆竹は禁止ではないので、まだ売っているはずなんだが。
クリスマス前くらいからいつも買い物をする店などからはカレンダーやら笊、たらいなどをもらうんだが、今年は少ない。しかももらっても例年以上に小さなものが多いような気がする。ペトラは一般の人も、あまり今年の年末は懐具合が寂しいので、爆竹もあまり買わないし、商売している人もやっぱり例年ほど売れてないから節約しているんだと言うんだが、本当だろうか。
夜中の12時にはさすがに皆一斉に爆竹を鳴らしたが、その前後はわりと静か。まああんまりバンバンやられるとうるさいし、ジェシカが怖がるので、これくらいで良いんだが、景気が悪いと言われるとちょっと気になる。今年も午前2時まで店を開けて営業。
日中の温度25度、湿度46%。夜16度、69%。


クリスマスの前に

明日はクリスマスイブ、明後日はクリスマスでどちらもATABALはお休みとなる。今日授業を終わって次の授業は金曜日。なんともあっけなく1週間が終わってしまう。まあこればかりは決まりなので仕方がない。
そんな訳で今日はもう来週の予定を書いてもらう紙を配る。昨日今週の授業が始まったばかりなのに調子が狂う。ただ入り口の店の方は明日も明後日も通常通り営業する。それでも例年は店員を休ませて自分で店番をするので、全然休めないんだが、今年は前働いていたヘルベルとフランシスコが仕事がなくて働きたがっているので、話をしてこの2日間店番をしてもらうことにした。これで今年のクリスマスはゆっくりと過ごせる。
休み時間に先生達とボーナスの使い道について話しをした。ほとんど使ってるのかと思ったら、それ程でもなかった。特に学校に通う子供のいる先生達は来年1月から始まる学校の入学金(グアテマラの学校は毎年入学金を払う。)やら制服代などに充てるようなので、そのために残しているらしい。まあちょっと安心。
授業が終わり先生達は皆それぞれフェリス・ナビダなどと挨拶をして帰って行く。これでいよいよ今年も終わりって感じがする。
今日は日中少し暖かい。もちろん日本に比べると天国のように暖かいと言えるんだろう。とはいえ、クリスマスはちょっと寒いくらいがそれらしい雰囲気になるのかもしれない。風邪などひかないように気をつけて、皆さん楽しいクリスマスをお過ごしください。
日中の温度24度、湿度45%。夜16度、64%。


タバコの規制

いつも日本に行った時にタバコが吸いにくいので非常に不便といったようなことを書くが、なんとこれもそろそろ終わりになりそう。というのはグアテマラでも吸いにくことになりそうな気配。アンチタバコ法というのがどうやら日本に行っている間に通った模様だ。これによると屋内の公共の場ではタバコを吸ってはいけないことになるらしい。日本から帰ってきてさっそくそういう情報は聞いていたんだが、ちゃんと正確なことを知りたかったので会計士に聞いていた。そうしたら先日1枚のコピーを持ってきてくれた。
11月24日に議会を通っているので、その2ヵ月後に施行となるらしい。そうなると今アタバルでは事務所でタバコを吸うようにしている訳だが、これは完全にだめになる。何でも最高で5000ドルの罰金ということなのですごい。
一応自分ではこの予行練習として日本から帰ってきてから、タバコを吸うのはプライベートな空間に行って吸うようにしている。日本で付いた習慣をなくさない内にこちらでも慣れるようにしようと思って始めた。
それは良いんだが、例えば外部から来た人が万一勝手に吸っても、罰金を取られるのは、吸った人でなく、その場所のオーナーということになるみたいで納得がいかない。それとも禁煙と書いてあれば良いのか?
レストラン、バーも含まれると書いてあるので、レストランはともかくバーなどは吸えないで嫌だという人もいるだろう。シガーバーとかいうのもアンティグアに最近出来ているんだがあれはどうなるんだろう?
昼間も曇っていて寒い1日。日中の温度21度、湿度60%。夜17度、65%。

余計な心配

今年も残り後10日ほど。もう今週はクリスマスだ。1週間なんて、月曜日が始まったらすぐに終わってしまうので、もう本当にあっという間。
昼はまたサン・フェリペまで行って、昼ごはんを食べた。今日はプラドではなく別のところに入ってみた。ピロヤーダという豆を肉などとマリネしたような料理を食べたんだが、おいしかった。
こういうところで食べていると、客として来ているのは皆グアテマラ人だ。家庭でこういう料理を食べているはずなのに、外食しても同じ様なものを食べるのかと、以前からちょっと不思議な気がしていた。
ただ、最近思うんだが、こういうもともと家庭料理で、以前はレストランではあまり食べなかったような料理が、どんどん外食してレストランで食べるものに変わっていくような気がしなくもない。周りを見てもグアテマラの若い人たちはあまり伝統的な料理をしないように思える。ロンガニサ、チョリソなどの腸詰を買ってきて焼くとか、伝統料理でも比較的簡単なカルド(出汁はコンソメだけど)くらいは作るだろう。またペピアンなどはさすがに代表的な料理なのでまだしも、こういったピロヤーダとか、豚の顔の部分や内臓を煮込んだレボルカードなど、ちょっと手の込んだ伝統料理は、都会の若い人たちはもうあまり作らないんじゃないかと余計な心配をしてしまった。
今日の日曜定食はホイコーロで17人。ここのところ多かったことを考えるとちょっと少ない気もする。
日中の温度25度、湿度44%。夜16度、61%。

すごい人出

昨日はパーティーの後、残った人と夜中の12時くらいまで話をしていた。話をしていたのが廊下だったので、最初は半袖だったのが、だんだん上に重ね着をして最後はそれでも寒さに震えた。
その寒さが朝まで抜けなかったという訳ではないんだが、今朝も随分寒かったので、市場に買い物に行く時に長袖を着たりして、厚着で行った。最初のうちはこれで良かったんだが、やっぱり昼になると暑い。しかも今日はものすごい人。人が多くて歩きにくいことこの上ない。
ただ、ペトラに言わせるとそれでも例年に比べると、皆財布の紐が固いんだそうだ。特に高いものはあまり売れず、皆少しでも倹約しようとしてるんじゃないかとの事。実際昨日ボーナスを払うために、手持ちのドルをケツアルに変えたんだが、レートはちょっと上がっていた。毎年この時期はアメリカからクリスマスを過ごすお金を家族に送金するのが多いらしく、ドルが下がるんだが、今年はそうならなかった。やはり巷の噂通りアメリカからの送金がかなり減っているんだろうか。まあドルを受け取る立場からするともう少しドルが強くなってくれると嬉しいんだが。
日中はなんだかんだ言ってかなり暑くなったが、やっぱり夜になると冷えてくる。24日は更に寒くなると言う予報もあるらしい。夜遅くまで店を開けておくつもりなので、防寒対策をしっかりしないといけない。
日中の温度26度、湿度41%。夜16度、64%。


年末のパーティー

今日はいよいよ年末のパーティーの日だ。この時にATABALの先生達にボーナスの支払いもすることにしている。先生達は楽しみにしているんだろうが、こちらはこれをちゃんと払うまで、なんとなく落ち着かない。
以前は食事を出さずに、夕食後集まっていたんだが、ここ2年くらい早めに始めた方が、先生達も早く帰れて良いかと思い、夕食を作って、6時くらいから始めるようにしている。今日の夕食は水曜日から煮込んでいたスープを使いハヤシライス。
トマトベースの味なので、グアテマラ料理とあまり変わらないと言われるんじゃないかというのがちょっと不安。また、何人かの生徒さんがステイ先にポサーダが来るので、パーティーに来れないという事で、たくさん作ったハヤシライスが余るんじゃないかとちょっと心配をしていた。
ハヤシライスは、結構好評だったようだ。皆お代わりをして食べていたし、少し持って帰りたいと言って最後に残ったものをこそげてた先生もいた。かなり手がかかっているので、そうやって食べてもらえたら非常に嬉しい。たくさん炊いたご飯もほぼなくなり、ちょうど良い具合だった。
プレゼント交換も非常に盛り上がり終わった。毎年皆の当たったプレゼントを見て回るんだが、今年は皆上手いこと当たって喜んでいたように感じた。最後にボーナスを渡して(って銀行振り込みだが)終わり。これが終わるとやっと年を越せるという感じで、ホッとする。
日中の温度25度、湿度43%。夜16度、66%。

パーティーの準備

明日は年末のパーティーなので、今日はその準備、今年はペトラが料理を作らないので、自分で何か作ることにした。何にするか考えたんだが、食べ物を給仕する時にその場で作っていくものだと、時間がかかるので、何かあらかじめ大量に作っておけるものがいいと思った。
カレーにしようかと思ったんだが、これは以前に作っているし、などといろいろ考えていたら、結局ハヤシライスにすることにした。まあカレーと同じ様なものだが、味が違うし、一応今回はレシピどおり長時間煮込んで作ることにした。ただいまガス代が下がってはいるものの、まだ高いので、煮込みには炭を使って、以前書いたダニエルが作った七輪を利用した。
日本のもののようにはいかないが、ちょっとの炭で結構長いこと持つのでまあこれだったら、ガスでやるより多少は安くつくんじゃないかと思う。何しろ初めて作る料理なので上手くいくかどうかは分からないが、良い匂いはしている。
今日は市場に行って日曜日の買い物もしてきた。それにしても今日はすごい人出だった。市場のおばちゃんたちに「すごい人だね。」というと、一応に「でもあんまり買ってかないんだよ。」と言う。まあ市場のおばちゃんたちが「今日は良く売れた。」なんて言ってる所を聞いたことないので、どこまで本当なんだか分からないが。それはともかく市場をウロウロして買い物をして日曜日のメニューはホイコーロにすることにした。
日中の温度25度、湿度43%。夜18度、62%。

修理屋

先日FMという電気器具の修理屋の場所が変わったと言う話を書いた。これが以前の場所に戻って修理屋を続けているんだとばかり思っていた。ところが実は修理屋をやめてしまったらしい。
何でも修理屋をやっていたところが火事になって、そこに置いてあった道具から何から皆燃えてしまったんだそうだ。修理をしていたおじさんは無事で電気器具の販売店の方に今でもいるらしいが、もう修理はやらないって言ったんだそうだ。
これはちょっと困った。グアテマラでは靴やら穴の空いた鍋やらいろんなものを修理してくれる人がいて、結構便利だ。もちろん電気製品だって修理する人は結構いるんだが、なかなかこの人は信頼できるという人が見つかりにくく、まずやってもらって、様子を見るという感じになる。靴や鍋だと見たらちゃんと修理してあるかどうかある程度は分かるが、電気製品などは使って見ないと分からないので、ちょっと時間がかかる。
FMのおじさんも気落ちして商売を続けるのが嫌になっちゃったのかもしれないが、何とか思い直してもう一度修理屋を再開しないものかと思う。
もうあと1週間でクリスマスイブ。なんだか慌しい気分になってきた。今週末にはパーティーをやってボーナスを払わないといけないだろう。アタバルの先生達も早くクリスマスの買い物をしたくってうずうずしているはずだ。これを書いている今も外ではポサーダ(ヨセフとマリアが生む場所を探してあっちこっちに行ったのを再現した行事)が通っている。
日中の温度25度、湿度41%。夜18度、60%。


銀行改装

今日いつも行く銀行に行ったら、外まで人が並んでいるのに、中がちょっと暗くて、何事かと思った。近くに行って中を見たら、クリスマスの飾りはちゃんと電気がついている。クリスマスの飾りのために暗くしているのかと思った。ところが良く見ると、行員さん達は皆マスクをしている。実に変な感じだ。
中に入って一体何事かと聞くと、なんと拡張工事中なんだそうだ。拡張を横にすることが出来なかったようで、奥に拡張することになり、奥の仕切りを壊してる所なんだそうだ。それで埃がすごいので、皆マスクをしてるんだそうだ。それにしてもなんだか行員が銀行強盗になったみたいに見える。
電気も一部が使えないみたいで、最初はシステムが今ダウンしてるからと言われて、他の用を済ませてからまた行った。その時は電話の回線を間違って切ってしまったみたいで、騒いでいた。
それでも何とか用事は済ませることが出来た。埃だらけでしかも工事の音がすごくて大変だが、拡張をしてくれるのはありがたい。以前はこの銀行もそんなに混まなかったんだが、今はしょっちゅう外まで人が並んでいて、急いでいる時にはなかなか用が足せずに困ることが多い。拡張して窓口を増やしてくれれば、この混雑も少しは緩和されて、使いやすくなるだろう。まあ今のご時世、銀行もガラガラだと、大丈夫かと不安になるので、ちょっと混んでるくらいで良いんだが。
日中の温度24度、湿度39%。夜19度、67%。

料金改定のお知らせ

ここのところケツアルとドルの換金率が多少変動している。今までよりややケツアルが安い感じになっているようだ。ガソリンの値段はグアテマラでも下がってきているとはいえ、その他の物価はやや上がっている感じがする。
そういった事情もあり、来年1月5日からの授業料を変更することにしました。出来るだけ少ない上げ幅に抑えているので、ご理解いただけると幸いです。
来年1月5日からの料金は以下の通りです。(月曜日から金曜日まで5日間の料金)
2時間コース 生徒1人対先生1人 US$ 41.00  生徒2人対先生1人 US$ 62.00
4時間コース 生徒1人対先生1人 US$ 70.00  生徒2人対先生1人 US$105.00
6時間コース 生徒1人対先生1人 US$105.00  生徒2人対先生1人 US$158.00

しかし、今日はもう15日、来週はもうクリスマスだ。なんだか勝手にクリスマスは再来週と思っていたので、そう指摘され慌てた。そうすると今週の金曜日にはクリスマスパーティーをして、冬のボーナスを払わないといけない。この前日本から帰ってきたばっかりだと思うんだが、あっという間に今年も終わろうとしている。
日本も11月に比べ更に寒さが厳しくなっているようだが、こちらも夜は実に冷える。以前のブログを見たんだが、12月の前半では今年が一番寒いようだ。2005年に書き始めてから年々この時期の夜の冷え込みがきつくなっているように見える。
日中の温度24度、湿度35%。夜17度、62%。


久しぶりに

随分久しぶりにサン・フェリペのプラドというレストランに昼ごはんを食べに行った。ここは以前ガイドや通訳をしている時、お昼ご飯がついてないお客さんなどを良く案内した所。典型的なグアテマラ料理のレストランなんだが、料理もそれなりにおいしく、以前はアンティグアの街中のレストランではあまり食べることが出来なかった(市場の食堂では一般的なメニューなんだが)レボルカード(豚の耳などの顔の各部位と臓物などを煮込んだもの)やパンサ・エン・ティラ(これも腸を煮たもの)などの料理が食べられるのが特長だった。大きな農場の一角をレストランにしてあるので、庭がきれいで、広々としていて、天気の良い日に昼ごはんを食べに行くにはお勧め。
久しぶりに行ったプラドは、以前はイベントの時かよっぽど混んだ時しか使わなかった、奥の席をきれいにしてそちらも使えるようになっていた。その奥には子供が遊べるようなブランコやら滑り台なども置いてある。全体的に広くなり更に明るくなった感じ。メニューはそれ程変わっていないが、流行の地鶏のスープが加わっていたので、それを頼んだ。ペトラの頼んだペピアンもそうだが、ここのが一番という程ではないが、ちゃんと作ってある感じがして、安心して食べられる。ただ値段はかなり上がっていた。2人で食べて20ドル以上。ペトラは気分が良く食べられらと喜んでいたので、まあ来た甲斐があったと思う。
夜の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけで27人来てくれた。最後の2人はスープがなくなってしまい、少し値引きして、メインとご飯だけにしてもらった。
日中の温度24度、湿度42%。夜18度、66%。

披露宴

明日の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけにすることにしたんだが、今日夜にATABALの先生のイングリットの弟さんが結婚式をしてその披露宴に呼ばれている。そのため、市場から帰ってきてあまりゆっくり明日の用意をしてられないので、昨日のうちできる用意はしておいた。そのため、今日はさっさと必要なことだけをして、2階に上がって、風呂に入り、着替えをした。
着替えたといっても、背広・ネクタイとかあまり好みでなく、火事で焼けてしまってから、もう新しく買うことをしていないので、こういう時でも、ジーパンにしゃつといった格好になる。こちらの結婚式は結構ジーパンで来る人もいるので、その点は大変に気が楽だ。
ただ、今日の会場は屋根こそあるものの野外だ。昨日の晩ものすごく寒くなったので、今日も相当暖かい格好をしていかないと、パーティを楽しむどころか凍えて耐えてないといけないことになる。このため日本から買ってきたズボン下を履き、上もたくさん着て万端の準備をして出かけた。
最初のうち昨日の晩ほど寒くないとか言っていたんだが、やはり夜8時を過ぎてくると、ぐんぐん冷えてくる。花嫁さんなんて肩が出る衣装なので、ちょっと気の毒。ただ、なかなか雰囲気のある場所で、飾りもきれいにしてあり、とっても感じの良いパーティーだったと思う。
日中の温度25度、湿度40%。夜16度、65%。

醤油

小学校の頃「油断」という小説が話題になった。ここのところ石油の油でなく醤油の油断の心配をしていた。今までずっと韓国の醤油を料理に使ってきたんだが、まあ日曜日定食などでそれなりの量を使うので、ずっと一番大きい15リットル入りの物を買っていた。ところが今年になってこれが売り切れになることが多い模様だ。
最近自分ではほとんどグアテマラシティーに行かないので、これは買いに行った人から聞いたんだが、これは困る。小さい2リットルだか1・8リットルだかの物はかなり割高だし、そんなのをたくさん買うのは面倒臭い。
日本に行く前に予備の物を開けてしまったので、そろそろ心配をしていたんだが、幸い今日グアテマラシティーに買い物に行ったキョウタさんが、わざわざ今醤油の大きいサイズがあると連絡をしてくれ、予備の分も含めて買ってきてもらうことが出来た。これでずっと心配していたものが片付き、当分安心していられる。本当に助かった。
それにしても大きなサイズの醤油は仕入れる数が少ないのか、韓国レストランなどが大量に買っていくからないのか、商売なんだからたくさん仕入れてくれれば良いのに。
それとは別に今週の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけにすることにした。シイラがたくさん手に入ったので、これを使うつもり。
今日は天気は良かったが、1日中とても寒い。日本の寒さを思い出してしまった。温度は日本ほどではないが防寒対策をしていないせいか、同じくらい寒く感じる。
日中の温度21度、湿度52%。夜15度、56%。

故障続き

先日のキーボードの故障に続いて、今朝は自分の使っているコンピュータも調子が悪くなった。立ち上がるまでにやたら時間がかかるし、立ち上がってもしょっちゅう止まってしまう。
これはかなり困る。代わりの効かないものもあるし、他のコンピュータで出来なくはないが、手元にいろいろないと不便だ。そこでまたしてもビクトル・ウーゴに修理を頼む。
いつもは夜にならないと来ないんだが、幸い今日は昼過ぎに来てくれた。最近一瞬の停電が多いんだが、これの影響があるのかもしれない。一応バックアップの電源はつけてあるんだが、日本にいる間にこのバックアップの電源も壊れているので、完全に安心は出来ない。しかもこの一瞬の停電の前後にはどうも電圧も不安定になったりするようなのでたちが悪い。
修理の方はそんなに時間もかからず終わり、ついでなので掃除もしてもらう。結構汚れていたようだ。どうしても入り口から近いので埃が多いようだ。壊れたキーボードも見てもらったが、原因は良く分からない。
なんだか機械が壊れる時には続けて壊れたりするもんだ。何とかこれで終わりになってくれると良いんだが。
昨日は結構暖かい1日だったんだが、今日は朝の冷え込みはあまりなかったものの、日中雲がわりと多く、温度が上がらない。夜はだいぶ冷える。
日中の温度23度、湿度49%。夜16度、湿度62%。

FM

午後にFMの場所を聞かれた。FMというのはラジオ局ではなく、アンティグアにある電気製品の修理屋の名前。結構器用にいろいろなものを直してくれるので、便利な店だ。これが以前は市場の前の通りを北に行ったところにあったんだが、その後繁盛してるんだか、その店はいろいろな部品を売る店となって、修理屋の方はもう少しセントロよりの所に移った。ちょうど市場に買い物に行った帰りに良く通る道なので、便利な場所になった。
ところが、そこにないという。始めはそんなことはないだろうと思った。去年か今年に移ったばかりだし、それなりに繁盛してるみたいだったから潰れるということもなさそうだし、きっと場所を勘違いしてるんだと思っていた。
ところが、その後たまたまそこを通ったんだが、本当になくなっている。というかその店が入っていた家がトタンで囲われている。ペトラに聞いたら、なんとその家は2ヶ月くらい前に火事になった所だと言う。
FMの修理部門は元に戻り、部品販売部門と一緒になったようだ。まあなくなったわけではないので、ちょっと安心。アンティグアの家は昔ながらのレンガや石の家や、最近のものでもブロックなどセメントで造った家なので、火事などあまりないのかと思っていたが、年に1・2回はこういう知っている所が火事になる。まあ他人の事言えた義理じゃないが、家の床や壁は燃えなくても、中には結構燃えやすいものがあるということだろう。
日中かなり暖かくなり、夜もそれ程冷え込まない。
日中の温度26度、湿度43%。夜20度、湿度68%。

キーボードの問題

先週から1台のコンピュータの調子が悪い。コンピュータを起動させ、パスワードを入れる画面になって、パスワードを入れようとするとシャットダウンしてしまう。もしくはパスワードを入れて立ち上がったと思ったらしばらくしてシャットダウンしてしまう。
一体どういう事か分からない。コンピュータの修理をいつも頼むビクトル・ウーゴに聞いてみた所、ウイルスじゃないかと言う。アンチウイルスは入れているものの、使い方もあるし、そんなものかと思っていた。
ビクトル・ウーゴが忙しかったので、先週はこちらに来られなかったんだが、幸いあるコンピュータをやりくりしてネットの授業も何とか問題なくやれた。それがやっと今日の夜ビクトル・ウーゴが来て問題のコンピュータを見てくれた。
これがなんとキーボードに問題があったようだ。見た目は何の問題もない。ただ、中で線が切れているんだかなにかで、どこかのキーが押しっぱなしと同様の状態とになっていたらしい。なんとも簡単なことでガックリ来た。まあコンピュータの問題というのは、この手の単純なことが多い。一応自分でも別のキーボードをつなげて見たんだが、元のキーボードをはずさなかったために、同じ状態になっていたようだ。良くまあこれだけいろいろと違った問題が起こるもんだといつも感心してしまう。
今日は日中いつもよりちょっと暖かい。昨日の晩寒かったのに。夜には寒くなったが、気のせいか多少暖かいように思う。
日中の温度26度、湿度43%。夜18度、64%。

野菜の香り

昨日の日曜定食で自家製のシソの葉を使ったんだが、気がついた人がいたかどうか。野菜が完全になくなってしまったので、自分では食べて確かめることが出来なかったんだが、ちょっと気になる。ただ、日曜日のは野菜全体の量に対してシソの量が少なかったので、普通でも気がつかないくらいだったかもしれない。
それ以外にもニラなど香りのする野菜を作っているんだが、どうやらこれらの野菜の香りが少ないらしい。自分で作って食べておいてらしいとはあいまいな感じがするが、とにかくそれらの野菜を食べない状態でいたので、これでも結構香りを感じている。
日本に帰ってそれらの野菜を食べたことは食べた。ただ、日本のものが我が家のものに比べ特に香りが強かったかと考えると、どうも良く分からない。ニラなどはやはりこちらのプランターで密生しているものに比べ、日本で売っているものはさすがに大きくて、シャキシャキしているのには感心した。ただ、香りがどうということになると、料理が違うので、はっきりは分からない。
ただ、土壌のミネラル分の違いなどで香りが違うと言われれば、これは確かにそういうことはありえると思う。それでも自家栽培を始める前はニラなんて、たまにグアテマラシティーに行って中国人の店で見つけて買ってきた時位しか食べられなかったものが、今では好きな時に切って食べられるし、自分ではほのかなニラの香りがしただけで結構嬉しいものだ。
日中の温度24度、湿度45%。夜17度、湿度68%。

久しぶりの日曜定食

朝から日曜定食の用意。久しぶりなので一体何人来てくれるのか不安。肉は切ってあるので、今日は野菜の千切り。キャベツとアセルガという葉物の野菜を切って、更に2階で取れたシソを混ぜた。このシソは日本に行く前にやっと育ってきていたんだが、帰ってきてみるともう花が咲いてしまっていていた。まあそんなにたくさんはなかったので、気がついた人がいたかどうかは分からないが。
夕方には今日は悪魔を燃やす日だったので、たくさんの人が集まった模様。ただ、いつもはアタバルの近くのコンセプシオンというガソリンスタンドが2軒ある広場でやるので危なくてしょうがないんだが、今年はその先のアンティグアからグアテマラシティーに行く出口の橋でやったらしい。これは安全という意味ではもちろん良い事だろうが、アンティグアからグアテマラシティー方面への出口を完全に塞いでしまったので、車はあちこちで立ち往生して大変だったみたい。
そのお陰かそれが終わったくらいの時間からどんどん人が来てくれて、日曜定食は結局25人分売った。予想以上の人数で嬉しかった。豚のしょうが焼きなので、作るのにはそんなに時間がかからないし、トントン作れってだせたので、まあこのメニューにしておいて良かったと思った。これだけ売れると用意していたものは全てなくなった。肉も自分の分を最後に作ったらきれいになくなったし、ご飯もスープもきれいになくなって実に気分が良い。
日中の温度24度、湿度45%。夜18度、63%。

効率が悪い

朝から市場に買い物に行った。これはいつものことなんだが、日本に行っている間になんだか感覚がずれているようだ。いつも市場の中の店でいくつかアタバルの入り口でやっている店のための仕入れもするんだが、この仕入れを書いたリストを忘れて来てしまった。まあ後で電話すれば良いんだが、なんとなく時差ぼけと同じで感覚が戻らない。
買い物の効率も悪いような気がする。
とにかく買い物をしてアタバルに戻り、明日の夕食の準備。まあ一番手順としてはややこしくない豚肉のしょうが焼きにしたので、これは特に問題なく準備が出来た。と思ったところで、気がついたんだが、米を買ってくるのを忘れた。
米はいつも市場で25ポンド入りのものを買うんだが、これを日本に行く前に全部使い切ってしまい、それをすっかり忘れていた。毎回買うわけではないので、ついついその店の前を通っても思い出せず、そのまま帰ってきてしまった。
その時になって市場まで戻る気にもなれず、仕方ないので近くの店に買いに行った。その店では米が2種類あり、一つはモリネロというメーカーのもので1ポンド6ケツアル(約0.8ドル)する。もう一つはメーカー書いてない袋に詰めてあるものだが、それでも5.5ケツアルする。ずいぶん高いのでビックリしたが仕方ないので5.5ケツアルのものを5ポンド買ってきた。ところがいつもの鍋に入れるとちょっと少ないような気がする。これは1ポンドないだろう。
日中の温度24度、46%。夜18度、65%。

タバコは隅で

日本から帰ってきたとき、空港からのアタバルまで送ってくれたレナタさんから、日本に行っている間に、我々(彼女もタバコを結構吸う。)タバコの吸う者には悪いニュースがあるんだって言われた。何ごとかと思ったら、グアテマラでもタバコを吸うのが制限されるらしく、公共の閉鎖された場所で、タバコを吸うことは禁止になったと言われた。
タバコの吸いにくい日本から帰ってきたら、こちらでも同じようになりつつあるのか、とちょっとガックリ来た。ただ、念のためいろいろな人に聞いてみたんだが、どうやらまだ具体的に法律が施行されたわけではないような感じだ。
実際レストランでは吸えなくなった筈なんだが、まだ灰皿を置いてあるところも結構あるし、吸っている人もいる。ただ、アタバルの先生達はもうその法律が決まったと言って、大喜びしている。
まあなんだか良く分からないが、それがもう施行されているにしろ、これからされるにしろ、日本でタバコを片隅で吸う習慣をつけられて帰ってきたので、それをそのまま維持してこれからはグアテマラでもタバコを片隅で吸うしかないようだ。
先週はお休みした日曜定食もいよいよ今週から再開。4週間休んで再開するとなると、今まで来てくれていた人も、また来てくれるかどうか分からないし、どれだけの人が来るかまったく予想がつかない。そんなことも考え、再開第1回目は豚肉のしょうが焼きにすることにした。
日中の温度24度、49%。夜19度、58%。

近所の土産物屋

なんだか今回は日本に行っている間に、いろいろと近所の様子が変わっているんで驚くが、これまたビックリしたのは近くのみやげ物屋が皆なくなっていた事。もともとATABALの隣の隣くらいに家族でやっている土産物屋があった。これは僕が気がつかなかっただけで、日本に行くだいぶ前になくなっていた様だ。
かなり以前から営業していて、客のいない時には、娘さんたちが織物をしたりして、ATABALの生徒さんでそこで織物を習った人も結構いるはずだ。だいぶ前にそこの娘さんが、メルセー教会のそばの高級食材を売っている店で働いていたので、ビックリしたことがあったが、その時はまだ店はあった。
それとやはりATABALから1ブロックほど離れた所にあった、イレーネさんがやっている土産物屋もなくなったらしい。これは本当に僕が日本に行っている間だったので、まったく知らなかった。このイレーネさんもそこに店を持つ前からATABAL生徒さんに織物を教えたりしていたので、近くに来てくれて便利だった。
ところが今日やはり織物を習いたいと相談されて、イレーネさんのところに行ったらどうかと薦めていたところだった。その時たまたま居合わせたアキコさんからもうなくなったと教えられた。危うくないものを紹介する所だった。それにしても日本に行く前にお土産を買って行ったばっかりなのに。これで織物を習いたい人はサン・アントニオ・アグアス・カリエンテスまで行くか、イレーネさんに行ってきてもらうかするしかないことになる。
日中の温度24度、48%。夜19度、66%。

お向かい

いつも髪の毛をお向かいのおばちゃんに切ってもらうんだが、日本に行っている間に、このお向かいのおばちゃんが引っ越してしまった。このお向かいの家はもともとアタバルの隣のブロックにある、カサ・ポペノのオーナーの持ち物なんだが、お向かいのおばちゃんのお母さんがずっとこのポペノ家で働いていて、お母さんの生存中はここに住んで良いということになっていたようだ。
ところが今から3年位前にこのお母さんが亡くなってしまったので、この度他所に引っ越したようだ。それにしても3年もそのままいたんだから、オーナーも太っ腹というか、ちょっと感心するが、まあどうやら家自体を売却してしまったようなので、もう引っ越さざるを得なかった模様。
まあそれは他人の家の事で、こちらには直接関係ないんだが、直接関係あるのは床屋の件。もう何年も向かいのおばちゃんを呼んできて切ってもらっていたので、床屋なんていったことがない。どこへ行くかという問題もあるが、今まで、おばちゃんに声をかけておけば、向こうが時間の空いた時にきて切ってくれる様になっていたので、床屋にわざわざ行って切ってもらうと思うと実に面倒臭い。混んでたりしたら出直したり、待ったりしないといけないと思うとげんなりする。向かいのおばちゃんはもうアンティグアにいないので電話かけて来てもらうわけにも行かないし困ったものだ。幸い日本に行く前に切って貰ったのでまだ必要はないが、何かいい方法はないもんか。
日中の温度24度、48%。夜18度、58%。

時差ぼけ

いつもなんだか僕が留守にしている時に生徒さんが来てくれるんだが、今回もいない間に3人くらい予約でない生徒さんが来てくれていた。それでいつもお前はいない方が良いんだって先生達にからかわれるんだが、何であれ生徒さんが来てくれるのはありがたいことだ。
それでも今日やはり新しい生徒さんが来てくれたので、ちょっと挽回した感じだ。日曜日にアンティグアに人が多いということを書いたが、日本人も増えているっていう事なんだろう。
日本から帰ってきて時差ぼけはたいしたことはない。昼間に眠たいことは眠たい。特に夕方に結構眠くなる。でも眠気以上に時差ボケしているのは、尾篭な話で申し訳ないがトイレの時間の方だ。これは日本に行った時もそう。しばらくグアテマラの朝の時間になるとトイレに行きたくなる。
今もそうで夕飯の後にトイレに行きたくなる。日本でも夕飯の後に行きたくなる。どちらでも夕飯が大体それ以前の生活の朝ごはんの時間と重なるからか。日本でも家で食べた時はまあ問題ないが、夕飯を外食した時など結構不便に思った。
グアテマラでも結構寒い。今日は日中でもTシャツの上に1枚羽織るくらいの気温。それでもちょっと外に出て歩いたりすると、暖かくなり、上に羽織っているものを脱ぎたくなるので、日本の寒さとは比べ物にならない。
日中の温度20度、湿度51%。夜18度、湿度56%。

シティーバンク

今日から通常の毎日に戻る。留守にしている間のものの整理はまだ後回しだが、とりあえず必要なことを片付けることにする。その用事で銀行に行った。途中バンコ・ウノだったところと、バンコ・クスカトランだったところが、それまでの看板を下ろし、横にCITIと書いてある。何か見たような看板だ。良く考えてみたらシティー・バンクのロゴっぽい。
何事かと思い、アタバルに戻って聞いてみたら、なんとこの2つの銀行がシティーバンクになってしまったんだと言う。
一体どういう事か?この2つの銀行がシティーバンクの傘下にあるような話は以前聞いたことがある。でもそのシティーバンクもニュースなどによると決して良い状態ではないようだ。それがこんな時に2つの銀行を買収した(のかどうかは知らないが)んだろうか?そんなことしてて大丈夫なのか?
これもアメリカの金融危機の影響なんだろうか。なんだか良く分からないが、たった3週間の間にそんなことになっているなんて驚いた。
まあ帰ってきて思うんだが、日本ではあちこちで景気が悪いという話を良く聞いた。いずれもなかなか具体的な話だった。これは当然金融危機の影響ってことだろう。ところがグアテマラではそんな話は聞かない。確かにアメリカに出稼ぎに行ってる人達が、仕事がなくなり、今年は送金がだいぶ減るだろうというような話はあった。でもだからといってお金に困ってる人がいるとか、今まで以上に倹約してるとかそういった感じはない。本当にどういう事なんだろう。