スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベランダ農園の現状

だんだん2階のベランダのプランターが増えてきて、すごいことになってきている。ダニエルもどこから持ってくるのかいつの間にかほうれん草やらビーツなどが生えている。まあ食べ物が増えるのは悪くないので、それぞれができるのが楽しみだ。
今はトマトを2種類作っている。一つはチェリーと呼ばれる、プチトマト。もう一つは普通のトマトだ。チェリーの方は大工道具を買いに行った時に、そこの店で売ってるのを見かけて思わず買った。これだったらちょっとつまんで食べたり、サラダにしたりちょっとあると便利そうだ。鳥に出たばかりの双葉をつままれて、だめかと思っていたが、幸い葉っぱを半分くらいちぎられていただけなので、その後無事に育っている。
このように葉っぱを食べられるものや、まいた種を土をほじくって食べられたりするので、この鳥たちはこのベランダ農園のなかなか手ごわい敵である。ダニエルもプランターに糸を張って鳥が近づかないようにしたり、いろいろ工夫している。ただ、鳥にも好き嫌いがあるのか全然見向きもしないものと、狙われるものとがあるようだ。ATABALの先生達が結構取って行くのは唐辛子。まあこれは辛すぎてあまり食べられないので、勝手に取って良いと言ってある。
今日は夕方から雨。結構降った上、夜遅くまで降っていた。ニュースでは3日間くらい雨が続くんだとか、もう雨季か。今年はなんだか雨が多い。ここ数日夜かなり暖かかく、Tシャツ一枚で寒くなかったんだが、今日は雨が降って涼しくなった。
日中の温度27度、湿度41%。夜21度、68%。
スポンサーサイト

インフルエンザ

豚インフルエンザがメキシコで流行っている。日本でも相当ニュースで広まっているようだ。これはグアテマラにとっては結構痛い事だと思う。今年はただでさえ不況の影響で旅行者が減っているようだ。先日知り合いのスペイン語の先生に会ったが、彼女の働いている学校は常時生徒が35人くらいいる結構大きな学校だ。ところが今は生徒が3人しかいないんだそうだ。
これが今度のインフルエンザ騒動で、更に今後の旅行者の数に影響があることは避けられないだろう。ただ、今の所幸いにグアテマラではインフルエンザの患者は出ていない。今日のニュースでも5人疑いのある患者がいるが、グアテマラで検査をした結果ではそのうち3人は陰性になっている模様。残りの2人はまだ結果が出ていないのと、陰性の患者も念のためアメリカ(だったと思う。)に試料を送って更に詳しい検査をしていると言うことだった。
観光が主な産業であるアンティグアにとっては、今年は外的な悪い要因が重なって、我慢の年となるんだと言う人もいる。日本人観光客ということでは円高、サーチャージが大幅に下がったといったことで、追い風もあるんだが、逆風が強いということか。7月にはサーチャージがなくなる方向であるらしく、これまでにこのインフルエンザ騒動も収束してくれていると良いんだが。
今日も雨は降らないものの、すっきりと晴れる訳でもなく中途半端な天気。
日中の温度27度、湿度52%。夜22度、63%。

皮がない

最近ハモの話ばっかり書いているが、今朝も市場の魚屋からハモがあるから来いと電話があった。2匹分持ってきてるらしい。そこで市場に行ったんだが、なんと1匹は皮が剥いである。
皮の剥いであるものはいらないと言ったんだが、向こうは困ったようにムスッとしている。まあ確かにこれを僕が買わなかったら他に買う人いないだろう。ただ、この前「こんな魚誰も食べないだろう。」と言ったら、「いやそんなことない結構皆食べる。」と言ったので(多分誰も食べないと言ったら足元を見て値切られると思ったんだろう。)、ちょっとからかってやろうと思って、「他の人に売れば良いじゃないか。」と言って様子を見てみた。そうしたらやっぱり「これが残っても誰も買わないから、私は損しちゃう。」と言ってふくれている。
そんなこんなで値引きしてもらって買ったものの、皮がないと骨切りをしたら、身がばらばらになっちゃうんじゃないだろうか。といって骨切りをしないわけにもいかないし、これは何か別の処理方法を考えないといけない。
帰って捌いていたら、幸いキョウタさんが来てくれて、皮のついてない身の半分を引き取ってくれた。お陰で約1キロ分くらい半身だけ残ったので、これを叩いてすり身にしてさつま揚げにでもしてみようと思う。
今日も天気は悪くないのだが、すっきりと良い天気というほどでもない。
日中の温度27度、湿度55%。夜21度、63%。

久しぶり

今日は昼前に停電。まあ明るいので、最初気がつかなかったくらいだが、結構長いこと停電していた。昼ご飯を食べに行った先でも、停電していたので、大まか2時間くらい停電していたのかもしれない。これだけ停電すると水も止まってしまうので困る。幸い午後には復旧した。
日曜定食はマーボー豆腐でなんと25人。久しぶりにたくさんの人が来てくれた。なんといっても地元のグアテマラの人が多かったのが目立つ。その中でよく来てくれる人が言っていたんだがやっぱりセマナ・サンタ前はセマナ・サンタに使うお金が馬鹿にならないので、そのために外食している余裕がなかったんだそうだ。まあ今やセマナ・サンタも終わり、一段落して、外食もする余裕が出来たって事か。
それにしても6時15分を過ぎても誰もいなかったので、今日は一体誰か来るんだろうかといつもは楽観的なペトラでさえ心配していたくらいなので、これだけの人が来てくれるとは驚いた。最後にはご飯がなくなってしまい、かわいそうに店員のセルヒオはご飯なしで食べてもらった。グアテマラの人だからそんなにこだわらないのかもしれないが、マーボー豆腐がご飯なしっていうのはちょっときついかもしれない。
天気は相変わらずすっきりしない。今日も朝から曇り時々晴れといった感じだ。なんとも変な天気。幸い雨は降らなかった。そのため温度は余り上がらず、日中でもそれ程暑くなく過ごしやすい。
日中の温度25度、湿度48%。夜21度、62%。


エルサルバドル国境

先日エルサルバドルに行ってきた人から、帰りに国境で「私の滞在期間は後何日残ってるの?」と聞いたところ、スタンプを押して、90日と書いてくれたという話を聞いた。これは一体どういう事か。何しろ、今はグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアではお互いに国境でスタンプを押さないことになってるはず。以前はグアテマラの滞在期間を延長するために、最も近いエルサルバドルに行くことが多かったのだが、今はそれが出来ず、コスタリカ、メキシコ、ベリーズなどに出ないといけないはず。しかも、スタンプを押してくれるように頼んだわけではなく、残りの滞在期間を聞いただけなのに。
確かに政権が変わってから1年たって、いろいろな手続きその他が変わっているようなので、この国境での手続きに何らかの変更があっても、あり得ないというほどのことはない。それでも、これが本当にその日から90日間有効なのかどうかはちょっと疑問が残る。ただ、どう確かめて良いのか良く分からない。誰かまたエルサルバドルに行って帰ってくる人があったら、国境で聞いてみてもらいたいものだ。
今日は朝から雨が降っていた。たいした降りではなく、8時か9時にはやんでしまったが、どんよりと曇っていて、またいつ振り出してもおかしくはない天気。いよいよ雨季に入ったんだろうか。昼頃にちょっと太陽も出てきたが、その後また曇り市場で買い物をしていても、今にも降ってきそうなので、とっとと買い物をして、早めに帰ってきた。ただ、その後はパラパラと一瞬雨が降ったくらい。
日中の温度25度、湿度53%。夜20度、64%。


学割

これまた何回も書いていることだが、国際学生証を使った航空券の割引に関してどうやらまた状況が変わっているようだ。以前は厳しくなって、こちらで作った学生証で乗ろうとした人が、搭乗手続きの時に、オリジナル(要するに日本の大学とかの)学生証を見せるように言われ、持っていない場合は通常の料金との差額を徴収されたりしていた。このため、以前のように、こちらでスペイン語学校などの証明書を使い、安い料金で南米への航空券を買うということは、実質できないようになっていた。
ところが去年、また学生証を作るので、アタバルの証明書を出してくれと頼まれた。状況を説明し、事前に良く旅行会社に確認するように言って、証明書を出したところ、ちゃんと買って、飛べたようだった。たまたまかと思い忘れていたんだが、先日また生徒さんから証明書を頼まれたので、作ったのだが、やはりちゃんと作って、買えたと言っていた。まあ空港で搭乗手続きをするときにどうなるのか確認は取れていないんだが、どうやらまた使えるようになった模様。なんだかころころ変わるので、良く分からない。
ただ、以前の例があるので、国際学生証を作って、学割料金の航空券を利用する時には十分気をつけたほうが良いだろう。
今日は午前中とっても良い天気だったんだが、昼過ぎに突然どんよりと曇り空になり、2時半頃にはパラパラ降り始め、結構強く降った。夕立のように一瞬のことかと思っていたが、結構降り続き夜まで降ったりやんだり。
日中の温度28度、湿度49%。夜20度、69%。

燃油サーチャージ

どうやら4月になって燃油サーチャージというのが大幅に値下げになったらしい。まあこちらの普段の生活にはあまり関係がなかったので、気がつかなかったが、先日1年ぶりくらいにこちらに来た人が、随分下がっていたと驚いていた。
何でも日本からグアテマラまで去年4万円くらいサーチャージを取られていたものが、今回は1万円以下になったそうだ。これはすごい差だ。ただ具体的にいつからなのかが良く分からない。先日こちらから日本に帰った人の旅費を聞くと特に安くなっているようではなかった。これはその後安くなったということなのか、買った日が関係しているのか、良く分からないが、とにかく安くなったというのはありがたいことだ。
円高であることだし、これで少しでもグアテマラに来てくれる人が増えてくれるともっとありがたいのだが。ニュースを見ているとこのままの調子で燃料費が下がってくれば、撤廃される可能性もあるんだとか。まあちょっと前までそんなもの存在しなかったわけだから、なくなるものならなくなって欲しい。日本国内の移動であれば、高くなったら、電車など別の交通機関を利用する手もあるが、太平洋を越える移動となると実質的に他の交通機関はないので切実な問題だ。
今週の日曜定食はマーボー豆腐に決めた。明日豆腐を持ってきてくれるように注文したんだが、忘れないでくれると良いんだが。
朝から良い天気で暑かったんだが、夕方4時頃から小一時間、小雨が降った。まだ雨が降るには早い気がする。
日中の温度29度、湿度48%。夜20度、60%。


駆け引き

ハモの話続きだが、実際ウナギもいるらしい。魚屋のおばちゃんたちは、これは海のアンギラで、川のアンギラというのはもっと細くて小さいんだと言う。その川のアンギラが怪しい。一応川のアンギラも持って来てくれとは言ってあるんだが、こんな大きいのがあるのに、何でわざわざ小さいものを買いたいんだと不思議そうな顔をする。
「このアンギラを地元の人は食べないだろう?」と言ったら、食べるんだと言い張る。これだけ骨があったら骨切りをしない限り食べることは難しいと思うんだが、食べないと言ったら足元を見て値切られると思ってるみたいだ。しかも見た目が蛇のように長く、市場で買ってるときにも他の人が見ていて、気味悪がっているくらい。僕が注文しない限り持って来ないところを見ても、他の人には売れないと思っているらしい。ただ、キョウタさんにはこそっと、「これはどうやって食べるんだ?」と聞いた模様。やっぱり食べないんだと思う。まあ日本だって、基本的には関西で食べるくらいで、その他の地方ではあまり食べない訳だから同じようなもんだと思う。
先日書いた、KeyHoleTVだが、その時にNHKはリストに入ってなくて見られないと書いた。ところがここの所チェックしたらちゃんとNHK総合というのが入っている。見ると他の局ほどスムーズではないものの、それなりに見られる。地方局も入ったり入ってなかったりするので、たまたまNHKも同じような理由で入ってなかっただけなんだろう。
今日は朝からまあまあ良い天気。
日中の温度26度、湿度41%。夜20度、58%。


骨切り用まな板

とにかくこのハモらしき魚の骨を何とかしないことにはこれだけ大量(といっても2匹分なんだが、何しろ大きいので1匹分で相当ある。)に買った魚を処理しきれないと思い、キョウタさんのアドバイスを元にたまたま貰った小さな木のまな板があったので、これにプラスチックの板を定規のように切ったものを2枚重ねて両端に貼りつけてみた。これの真ん中にハモを置き、包丁で細かく切る。要するに骨切りと言う奴だ。野菜くずで練習すると書いてあるが買ってからどうするかという、完全泥縄式なので、そんな悠長な事してられない。
何回かプラスチックの厚さ等を調整し試行錯誤する覚悟で作ったまな板だが、意外と上手くいき、ちゃんと皮だけ残して切れる。思いっきり切っても、プラスチックに包丁が当たるので、皮まで切れることはないので安心。骨を毛抜きで抜くよりずっと手間もかからないし、大成功。試しにフライにして食べてみたんだが、骨は全く気にならない。脂があまりないので、味は淡白な白身の魚という感じで、これだったら利用範囲は広いと思う。
というわけで日曜日に魚を野菜と蒸したものを出した時に使ったのがこのハモ。返されてきた皿をチェックしても、野菜を残した人はいたが、魚を残している人はいなかった。これだったら大丈夫だろう。なかなか手ごろで良い食材を見つけたと思う。
今日は朝から曇っていて、寒かった。昨日寒波が来るとニュースで言っていたが、そのせいだろうか。それでも昼過ぎからは晴れてきて、少し温度も上がった。
日中の温度26度、湿度43%。夜21度、58%。


アンギラ

以前から魚屋のおばちゃんにアンギラを持ってきてくれと頼んでいたんだが、なかなか持ってこなかった。それが先月の中旬過ぎに電話がかかってきて、「やっとアンギラが手に入ったから取りに来てくれ。」と連絡があった。
アンギラというのはスペイン語でウナギ。ウナギなんて蒲焼になったものしか食べたことがないから、捌き方も分からない。それでも興味があったので頼んでいたんだが、いよいよ持ってきたものを見ると、なんと頭が取ってある。胴体は確かにウナギのように長いがいかんせんものすごくでかい。太さも長さも自分の腕くらいある。
とにかく買って帰って、捌き方を見たんだが、その通り捌いてもでかすぎて焼きにくそうなので、とりあえず普通の魚と同じように三枚におろしてみた。身は白い。ただ骨が片身に2列くらいびっしりと入っている。これじゃ食べにくいだろうと毛抜きで取ろうとしたのだが、Y字型になった変わった骨で、抜いたら肉もたくさんついてきてしまい身がボロボロになる。試しにそのまま焼いてみたら、骨が多くって味わう以前の問題。
困って、キョウタさんに相談した。状況を説明したら、それはウナギじゃなくてハモじゃないかと言われた。ネットでハモを調べたら、確かにハモの特徴に一致する部分が多い。しかもハモはウナギ目でウナギの仲間のようだ。ハモなんて今までに1回食べたことがあるかどうかだ。
今日は曇り空。
日中の温度27度、湿度30%。夜20度、57%。

日本のテレビ

KeyHoleTVというものを教えてもらった。ホンジュラスのジュンさんが教えてくれたんだが、これはなかなか感心した。ソフトをコンピュータにインストールするだけで日本のテレビ番組をリアルタイムにPCで見られるというもの。
今日本に滞在中のジュンさんとSkypeで話をしながらインストールして見てみたんだが、全くリアルタイムで「今このCMが始まった。」と言ったら、確かに日本のテレビで同じようにそのCMが始まっている。Skypeを使いながら問題なく見られるのだから感心だ。
画面が小さいのでちょっと見にくいが、ウインドウの枠を広げればそこそこ大きくしてみることが出来る。さすがにあまり大きくしすぎると画像の粗が見えてかえって見難くなる。またNHKは見られないみたいだ。ネットで見てみると見られると書いている人もいるので、時々見られるのかもしれないが、今まで試したところではNHKがリストに入っていた事はない。これは受信料とかの関係だろうか?
ただ、アンティグアに住み始めたころは、ネットもまだ普及していなくて、日本のテレビ番組の情報から全く隔離された状態だったので(猿岩石というのが流行った頃、新手の漢方薬かと思っていたくらい。)、それに慣れてしまい、今は逆に日本のテレビを見てもピンと来ないことの方が多い。まあそれでも便利なものが出来たものだと感心。
今日の日曜定食は魚のちり蒸しで19人来てくれた。久しぶりに賑やかで嬉しかった。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度48%。夜20度、61%。


2人乗り禁止

市場で買い物をしていて、ペトラが「いよいよチョッキを売っているのを見た。」と言っていた。これは事情を知らない人には何のことか分からないと思うが、先日よりグアテマラではバイクの2人乗りが禁止となり、ヘルメットとチョッキの着用が義務付けられた。
今まではヘルメットもしないで乗っていたり、原付にお母さんが2・3人子供を乗せて走っていたりするのが当たり前だったので、かなり劇的な変化。ただ、まだ今月中は注意をされるだけで罰金その他は来月くらいかららしい。
ただ、これはヘルメットくらいはまあ当然という気がするが、チョッキは別にいらないんじゃないかと思わなくもない。それ以上に影響が大きいのが2人乗りの禁止だろう。ATABALで働いている大工のダニエルはアンティグアからちょっと離れた村に住んでいるんだが、毎晩夜間学校に通っている弟を自分のバイクに乗せて連れて帰る。というのも夜間学校が終わるのは村への終バスが終わった後の夜の10時。2人乗りが禁止になったら、弟は学校に通えなくなると言う。このダニエルの弟の通っている夜間学校は同じような境遇の人がたくさんいて、アンティグア市内であれば、歩いて通えなくはないがダニエルのように離れた村に住んでいる人達にはせっかく通っている学校に通えなくなる深刻な問題だ。
それに時々見かけるが外国人の旅行者がバイクに2人乗りして旅行していることがある。こんな人達はどうなっちゃうんだろう。例えばメキシコからグアテマラに入ったとたんに一人は降りてバスの旅となるのか?随分ややこしい法律を作ったもんだ。
今日も日中は湿度が高く暑い。
日中の温度29度、湿度49%。夜20度、60%。

コミーダ・オリエンタル

前から気になっている店がある。いつも土曜日に市場に行った帰りは軽トラックに荷物を載せて帰って来るんだが、この時に6カジェを通ってくる。この6カジェ沿いに"TAKO"と書いた店があり、コミーダ・オリエンタル(東洋の食べ物といった意味か)と書いてある。非常に小さな店なんだが、いつも通るのが午後2時前後の中途半端な時間なのに、結構人が入っている。それにコミーダ・オリエンタルといってもメニューらしきものが聞いたことのないものばっかりで、一体それがなんだか分からない。
と言っていたら、またそれを聞いた生徒さんが行ってきて教えてくれた。なんとオーナーがグアテマラ生まれのグアテマラ育ちらしいんだが、親がオランダとインドネシアの人なんだそうだ。そのため、インドネシア風の料理からケバブ(これはアラブ風?)の物まであるということらしい。要はオリエンタルでも東アジアではなく南から西アジアということみたいだ。ケバブなど(他にも料理があるんだが、これしか名前が覚えられない)が28ケツアル(約3.5ドル)。トルティーヤのお化けのようなものに、かなりたくさんの肉が挟んであり最後にそれに入れる野菜を選ぶらしい。かなりボリュームがある。更にヨーグルトベースっぽいものとカレー風のものと、唐辛子をすりつぶしたようなものすごい辛いものの3種類のソースがついてくる。味もかなりおいしいという評価だった。これはかなりお得な感じ。今度行ってみたいと思う。
今日も良い天気で暑くて湿度が高いが、やはり夕方からぐっと涼しくなる。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、65%。


大掃除

新しい冷蔵庫が入って、周りもきれいにしようと思ったのか、今日はペトラが指揮をして台所の徹底した大掃除をしていた。台所はやっぱり油がはねたり汚れやすいのだが、とにかく我が家の台所はやたらと物が多いので、そう簡単には掃除出来ない。
今日も市場に行き、今週の日曜日のメニューを決めてきた。魚のちり蒸し。魚を野菜と共にタマルを作る葉っぱに包み、蒸したもの。グアテマラの人には魚のタマルだといってある。こういうさっぱりしたものはグアテマラの人にはあんまり受けないかと思っていたが、エテルとか店員のフランシスコ、セルヒオなどは好きらしく、わざわざ買って家に持って帰ったりする。
これのために午後ポン酢を作りたかったのだが、台所を掃除のため使わしてくれない。まあ明日でも良いんだが、明日は金曜日だからちょっと気ぜわしい。仕方ないからエテルなどが帰った夜に市場で買ってきたライムやらオレンジを絞って作る。これを作っておけばちょっと安心。
今日は白人の女性が1人来週からの授業を申し込んでくれた。説明はペトラがしたんだが、最初に「この学校にはプールはないのか?」と聞かれたと言って、苦笑いしていた。まあプールがなくても申し込んでくれてよかった。
今日も暑く、湿度がかなり高い1日。市場で買い物をして帰ってきたらかなり汗をかいた。でも夜になると涼しくなるので助かる。
日中の温度30度、湿度48%。夜21度、63%。

アヒルの卵

昨日買ってきた冷蔵庫は12時間静かに置いておき、その後電源を入れ、2時間空のままつけておき、その後物を入れるようにという買った店の店員さんの指示に従い、やっと今日の午前中に使えるようになった。当然といえば当然だが、ちゃんと冷えていて安心。ATABALの先生達も、見てこれだったら良い買い物だと合格点をつけられた。
その後市場に行って、買い物をしてきた。何しろ今週は冷蔵庫が満員だったので、必要なもの以外、何も買えず、食材さえ、毎日買い足してるような状況だった。
その市場での買い物のついでにアヒルの卵を買ってきた。前から一度食べて見たいと思っていたもの。見た目は超大玉の鶏の卵といった感じ。ただ、結構高いのでいつも卵にそんなに払うことはないかと思って、つい二の足を踏んでしまう。今日買ったものはアヒルの卵にしては小ぶりな感じで、更に良く鶏の卵を買っているところで値引きしてもらったのだが、それでも1個4ケツアル(約0.5ドル)。普通の卵の倍以上する。
夕飯に目玉焼きにして食べた。割ってみた段階で黄身もちゃんと盛り上がっているし、新鮮でおいしそうだった。目玉焼きはそんなに特別な味がしたわけではないが、気のせいか濃厚な味がしたように思った。時々買う地鶏の卵もそうだが、黄身が本当にまっ黄色でなんだか栄養がありそうな気がする。
今日は天気が良く、暑い1日。市場から買い物をして歩いて帰ってきたら汗だくになった。湿度が高い感じ。
日中の温度30度、湿度48%。夜20度、62%。

冷蔵庫購入

結局チマルテナンゴまで行ってきた。ATABALの先生たちに、安い店は月賦で売って、お金が払えなくなったものを取り上げ、再び新品として売ってるものが多いので気をつけろと言われた。一瞬行くのをよそうかと思ったが、実際に見て納得した方が良いということで、非番の店員のセルヒオが軽トラックでチマルテナンゴまで連れて行ってくれた。
途中の道が良くなっていることにも驚いたが、チマルテナンゴの町自体もずいぶん発展している。何年も行っていないので、浦島太郎のようだ。確かに品揃えは多い。結局アンティグアで見たものと同じものはなかったので明確に比べることは出来ないが、アンティグアよりも安そうな感じではある。折角セルヒオの軽トラックで来てるし、その店で買うことに決め物色。アンティグアの店で傷物で安かったサムスンと同じ大きさの大宇の冷蔵庫(こちらは傷物ではない)が700ケツアル(90ドル弱)安く、消費電力もサムスンのものより少なかったので決定。当初考えていた予算よりだいぶ安く済んだ。
その間、一人のおばさんが店員と揉めていた。聞き耳を立てていたら、昨日まで2×1(1個買うともう1個がただでついてくるというサービス。)をやっていたらしく、今日もそれで売ってくれと言って揉めていた。ピザや洋服などは2×1を良くやっているが、冷蔵庫を1台買ったらもう1台おまけでついてくるなんて始めて聞いた。どいういう値段の設定になっているのか。今日は冷蔵庫を買ったらビールが48本かガスレンジが付いてくるらしい。ただし、月賦で買った人のみで一括払いだと何のおまけもない。これまた不思議。
今日も暑い一日。
日中の温度30度、湿度44%。夜21度、65%。

思案中

セマナ・サンタの盛りの木曜日の朝、冷蔵庫が壊れた。幸いもう1台冷蔵庫があるので、中身はそちらに移して、まあ何とかやっているんだが、そもそも30年近く使っているもので、扉がちゃんと閉まらなくなっているし、多少漏電の疑いもあるので、最早修理する気にもなれない。そこでセマナ・サンタが明けた今日はアンティグアの主な電気屋を回って冷蔵庫を見てきた。どこもほとんど値段は変わらない。置く場所の関係から、大きさが決まってしまうので、選択肢もほとんどない。アメリカのメーカーのステンレスのものか、韓国メーカーの白い物かといった程度。
チマルテナンゴには大きな電気屋があるので、そちらの方が安いと言われ、アンティグアで下見をしてきた結果を元に電話をして聞いてみたんだが、困ったのは冷蔵庫の大きさ。アメリカのメーカーのものはどこの電気屋でも置いてあり、値段は同じだしサイズもメジャーで測ったので、まったく同じもののはずなんだが、大きさが15フィート、12フィート、10フィートと電気屋によってまったく違うことを言う。一体何の大きさのことなのか。そもそも容積のことなのか、何かの長さなのか、これまた皆言うことがまちまちで、いろいろ聞いたんだが結局わからない。
チマルテナンゴに電話で値段を聞くと同じメーカーのステンレス製の冷蔵庫は10フィートと15フィートのものがあるという。10フィートのものであれば、200ドル近く安いのだが、15フィートのものだとするとアンティグアよりやや高い。結局どうも良く分からないので明日思い切って行ってみるかと思案中。
今日も良い天気。
日中の温度30度、湿度42%。夜20度、60%。

祭りが終わって

復活祭の今日だが、もう昨日までの連日の行事の疲れか、朝から静かな1日。まあこれは今年に限らず例年の事。それでも一応復活を祝うプロセッシオンが昼に出る。これは今までの受難の苦しみを分かち合うようなものとは違い、お祝いなので、ちょっと賑やか。花火や爆竹の音、教会の鐘も派手に鳴っている。
昼に良く行くサン・フェリペの村の教会前の露天の店で食べたが、教会前はまだいつも以上に露天の店がたくさん出ていて、お祭りの名残が見られる。まあこのサン・フェリペの教会から復活のプロセッシオンもでるからだろう。ただ、皆もう山場を完全に超えてしまったので、ちょっと放心したような、疲れたような、なんともいえない雰囲気だ。何はともあれ、これで明日からは通常の日常生活に戻るわけで、今日はゆっくりと休んでおこうということだろう。サン・フェリペの露天の店も、お昼ご飯を作らないで、買って済ませようという感じの主婦らしき人達は結構来ていたが、いつもより人は少ないように感じた。町で会う人達と話をしても、やっぱり皆、今年は例年ほどの人は集まらなかったと感じているようだ。
今日の日曜定食はレバニラ炒めで、10人。こちらもちょっと少ない。まあ今日は休みだと思っている人も多かったのかもしれない。やっぱりレバーより、豚肉を選ぶ人が多いんだが、レバー嫌いの人が多いんだろうか。
今日も天気は良い。
日中の温度30度、湿度42%。夜20度、62%。

今年のセマナ・サンタ

昨日というか既に今日の朝なんだが、サン・フェリペのプロセッシオンは午前6時に教会に帰り着いたんだそうだ。多分もう明るかったろう。担いでる人もついてるいている人も大変なことだ。
今日はその同じエスクエラ・デ・クリストとサン・フェリペのマリア像のプロセッシオン。これは担ぐのは女性だけ。男の人はその前を歩いて香を炊いたりする。これも夜中に通るかと思っていたら、なんと夜の9時半にはATABAL前を通った。あっけないほど早い。これだったら夜明け前には十分終わるだろう。
とにかく明日は復活の行列が一応あるが、これはそれ程人が集まるわけではないので、主な行事は全て終わったわけだ。明日の日曜日は皆疲れてぐったりと1日休んで過ごすことになるだろう。
ただ、今日のプロセッシオンも担ぐ人などはまあ例年通りに多かったが、ついて歩く観光客はちょっと少なかったように思う。やはり皆聖木曜日と聖金曜日に集中して、それ以外の日までは、例年のように出歩けなかったんじゃないかという感じがする。
今日も市場に買い物に行ったが、なにせ冷蔵庫が1台動かないので、1週間分の食材を買い込むわけには行かず、明日のレバニラ炒めの材料と2日分くらいの食材しか買わなかった。市場も休んでいる店が多く、人出はあまりなかった。
今日も雲は結構多かったが、太陽は出ていた。
日中の温度30度、湿度44%。夜21度、62%。

長い一日

聖金曜日の今日は言ってみればセマナ・サンタのハイライトの日。人気の町中の道を埋め尽くす絨毯はこの金曜日の朝のメルセー教会のプロセッシオンに向けて作られる。そのプロセッシオンは今年はいよいよ朝4時の出発。年々早くなってきているが、ついに午前4時とは。以前は午前3時に出発していたローマ兵が処刑を触れ歩く行事はついに真夜中の0時に出発になっている。これじゃうかうかしていたら、木曜日のプロセッシオンにローマ兵が出くわしてしまわないとも限らない。
更に午後に出発する棺に入ったキリスト像を担ぐエスクエラ・デ・クリストとサン・フェリーぺのプロセッシオンはそれぞれ、明日の午前1時半、4時に教会に帰りつく予定。まじめに見て歩くには実に長い一日となる。
そんなにまじめでない我が家は朝10時から近所の絨毯を見て歩いた。ところが、やはり今年の順路変更で調子が狂う。ちょっと見ただけですぐに中央公園でプロセッシオンに出くわしてしまった。例年は、ATABALの前を通った後、公園に行くはずなんだが。公園に先に行ってしまったようだ。
そのメルセー教会のプロセッシオンは結局昼の12時過ぎにATABAL前を通過。その後エスクエラ・デ・クリストは午後5時半。これは例年通り。サンフェリーぺは真夜中12時に中央公園に着く予定だったんだが、ATABALの前を通ったのが午前1時だった。これじゃ教会に帰り着いた頃には夜が明けているかもしれない。
ともあれ今年もセマナ・サンタの山場は終わった。
日中は暑かったが、夕方になって強く冷たい風が吹いてきて、涼しくなった。
日中の温度30度、湿度43%。夜19度、61%。

良く歩いた

いよいよ今日は聖木曜日。ATABALの授業もお休みなので、今日は午前10時頃から外に出かけた。まず公園に行ってみた。さすがに人がたくさん来ている。昼ごはんを食べるにはちょっと早いので、随分久しぶりにセニシエンタというケーキ屋さんに入り、お茶などを飲んだ。
その後、またぶらぶらしてスーパー・ボデコナに行く。今朝古い小さい方の冷蔵庫を開けたところ、ヒンヤリする代わりにムッと熱気を感じた。冷凍庫を見てみると、こちらは霜もまったく出来ていなくて、これまたムッと暖かい。いよいよこの冷蔵庫もだめになったみたい。修理は出来るかもしれないが、ドアはちゃんと閉まらないし、さすがにもう換え時だろう。まあいきなり冷蔵庫を買うってのも痛い出費だが仕方がない。冷凍庫の中のものなど悪くなってしまっているものをよって捨てたりして、もう一つの冷蔵庫に何とか全て収納した。もう木曜日で食材も少なくなってきている時だったのが幸い。まあそんなことで、スーパーで冷蔵庫の下見。
更にそこからぶらぶら歩いて、ATABALの元生徒さんが開いたピザ屋さんに行った。アンティグアの南西の角、石畳から舗装道路に変わる境目になるので、アタバルからは結構遠い。そこで昼ごはんにピザを食べた。中型サイズのピザを6等分して1つずつ売っているんだが、わざわざ1個焼いてくれて、おいしかったので、ペトラとエテルと僕で2枚食べた。薄くって端がパンのように膨らんでいる。シーフードやらハムやら、6種類くらいある。しかも1個5ケツアル(約0.6ドル)で、丸ごと1枚でもそれを6倍しただけの値段なので安い。なにせドミノピザなどは1個売りをしているが、これはたぶん材料とかが違うらしく、通常のピザを1枚丸ごと買うと1個売りのものを1枚分買うより高くなる。とにかくお腹いっぱい食べて満足した。
サンフランシスコ教会のプロセッシオンは夜11時半過ぎにATABAL前を通過。教会に帰り着いたのは12時くらいだろう。その後も人出は絶えない。12時半に店を閉めたんだが、その時間になるともう明日の朝のメルセー教会のプロセッシオンに向けてあちこちで絨毯を作り始めている。
今週の日曜定食はレバニラ炒めの予定。レバーが苦手な他人には豚肉に変更可。
今日は朝のうちちょっと曇りがちだったが、その後晴れてきて、暑くなった。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、64%。

順路の確認

どうもプロセッシオンの出発時間やら、順路やらが、結構変わっているみたいだ。大体例年より、少しずれるくらいかと、今までは高を括っていたんだが、この前の日曜日、メルセー教会のプロセッシオンがかなり早くに教会に帰り着いたという話を聞いたりして、ちょっと不安になってきたので、中央公園に作られた、セマナ・サンタ用の観光ブースに行って、プロセッシオンの順路地図を貰ってきた。
今アンティグアの中央公園には観光局がブースを作っていて、そこでセマナ・サンタのいろいろな案内をしている。ここで各プロセッシオンの順路を書いた地図をくれるんだが、例年割りと早くに出ているのに、今年はこんなぎりぎりまで出来ていなかった。それ以前にもあちこちで順路を書いたものなどを配っているんだが、順路も出発時間も微妙に違ったりするので、どれを信用してよいのやら良く分からない。ただ、いろいろ見ていると、この最後のものが一番妥当のような気がする。もしかしたら、順路やら出発時間が最後まではっきりしなかったので、混乱したり、地図が出来るのが遅くなったりしたんじゃないかという感じがする。
今日は今週最後の授業。今週はセマナ・サンタのお祭りのため3日間しか授業がないので、あっという間だ。先生達は4連休になるので嬉しそう。銀行も今日の午後から月曜日まで休みになるので、午前中の授業が終わった後、大急ぎで閉店前の銀行に駆け込み、この4日間分のつり銭を作ってきた。
今日も天気が良く暑い。寒波の影響は心配したほどではなさそう。
日中の温度30度、湿度38%。夜19度、59%。


世界遺産

昨日のニュースでまた寒波が近づいていると言っていた。とはいえ、昨日は日中は暑く、夜になっても半袖で十分なくらいの気候だったので、全然信じていなかった。ところが今日は朝のうち10時過ぎまでどんよりと曇っていて、しかも一時的に霧雨も降ったようだ。そんな訳で午前中はTシャツ一枚でいたものの、なんとなく肌寒い。暑くなってきたのを見て、セマナ・サンタ用に大量に飲み物を買い込んだのに、なんてことかと思った。とはいえ11時頃からは一転太陽が顔を出し、どんどん暑くなった。ちょっと安心。
もう明日一日授業があり、今週の授業はそれで終わり。3日間なので本当にあっという間。銀行などは明日も半日だけの営業なので、つり銭を作りに行って来た。また明日昼前に最後の両替に行ってこないといけない。でも何とか用意が出来てきた。
大使館からメールがありテレビ番組のお知らせ。NHK総合で「世界遺産への招待状」という新番組があり、その第3回目がティカル遺跡、キリグア遺跡、コパン遺跡及びアンティグアなんだそうだ。放送日時は4月13日、日本時間22時?22時43分とのことなので、ぜひ時間を作ってご覧になってください。グアテマラの世界遺産の中に1つだけホンジュラスのコパン遺跡が混ざっているのは、ホンジュラスには他に世界遺産がないってことか?と思い調べてみたら、もう1つあったリオ・プラタノ生物圏保護区が2007年削除となっている。3つあるグアテマラは恵まれているということだろう。
晴れたら暑くなり、午後も良い天気。
日中の温度26度、湿度35%。夜20度、53%。

アカイスシその後

赤いスシの正体がやっと判明。気になってたんで、スシ好きの生徒さんを以前から焚きつけていたんだが、今日小腹が空いたからちょっと行ってみると言って、握りずしを6つほど買ってきて食べていた。
食べる前に見せてもらったんだが、見た目はちゃんとしている。ガリもついているし、わさび(かなり大量についていた)も真ん丸くなって転がっている。ただスシは1つで15ケツアル(2ドル弱)と相当良い値段。まあ店の作りも、それなりに高級そうにしてあるらしい。握りはスズキ、マグロ?、サーモン、タコ、エビ、カニカマの6種類で、あとは巻き寿司だそうだ。グアテマラシティーのスシイットウという店で作り方を覚えたんだとか。そのせいか、醤油と醤油ベースの調味料みたいなものの2つがついている。多分醤油と酢などをあわせたものだと思う。
食べた後で感想を聞いたら、冷凍してある魚を解凍してあり、その仕方に問題があるようで、ほとんど味が抜けてて、どれを食べても似たような味ということだった。まあこの様子じゃ、ペトラが好きじゃないし、自分で行くことはないだろう。昼の3時前くらいだったのにグアテマラ人の客が2・3組入っていたそうだ。最大の疑問点であるアカイ・スシという名前については、店内が赤いからという返事だったそう。でも真っ赤というほどではなくて、ソファーが赤い程度らしい。箸袋も赤かった。ちゃんと意味分かってたんだ。
今日は日中天気が良く、非常に暑くなった。事務所に座ってても、気持ち汗ばむような感じ。
日中の温度31度、湿度26%。夜22度、55%。

枝の主日

今日は聖週間前の最後の日曜日で、枝の主日といわれる日。イエス・キリストがロバに乗りエルサレムに入場した日なんだそうで、そのイエス・キリストを群集がナツメヤシの枝を持って迎えた所から枝の主日と呼ばれるんだそうだ。
アンティグアではメルセー教会からプロセッシオンが出る日。メルセー教会の前ではこの枝を模した飾りが売られていて、皆買っている。ちなみにこのメルセー教会は聖金曜日にも同じルートでプロセッシオンを出す。
そんな訳で今日もものすごい人の数。道を歩くのも大変なくらい。昼ごはんを食べに出かけたところで、人ごみを避けていたらあっちこっちにウロウロしてかえって疲れてしまった。
アタバルの前をプロセッシオンが通るのは夜になってから。今日は7時頃に通った。例年よりちょっと早いような気がしなくもない。ペトラは毎年日付が変わってからメルセー教会に戻るので、あまり遅くならないように急いでいるんじゃないかと言っていた。ちょうど日曜定食で皆が食事をしている時間だったので、作っている僕は台所から眺めた程度だが、ちょうど食事に来ていた人達は窓から眺めていた。
日曜定食は魚の甘酢あんかけで16人。先週が少なかったので、今週もどうなることやらと思っていたが、幸い思ったよりもたくさんの人が来てくれた。
今日も天気は良く日中はかなり暑い。
日中の温度30度、湿度45%。夜20度、56%。


暑い土曜日

今日はセマナ・サンタ前の市場ということで、相当たくさんの人が買い物に来ていた。来週は市の日が月曜日、水曜日で、土曜日は通常の平日程度となる模様。アンティグアに住んでいる人たちも、セマナ・サンタに親戚が来たりすることが多いので、いろいろ買い込まないといけないんだろう。
今年はどうもセマナ・サンタの気分が例年ほど盛り上がらない感じがするんだが、本番間近になり、さすがにそれらしい感じがしてきた。ところが、先日書いたセマナ・サンタ用の仕入れでちょっとつまずいた。
コカコーラは火曜日から既に注文をしておいて、今日大量に持ってくることになっていた。ところが市場から帰ってもまだ商品が届いてないので、電話をしたところ、遅れているけど、後で行くという返事だった。ところが待てど暮らせど届けに来ない。明日の準備も終えたところで、もう一度電話したら、もう商品がなくなったので、今日は届けられないとの返事。そのために火曜日から頼んでいたのに、意味がなかった。
幸い明日のメルセー教会のプロセッシオンは夜になってから通るので、明日は何とかなるとして、この調子だとコカコーラに頼るのはかなり危険だ。無駄を覚悟でペプシコーラにも多めに注文を出すことにした。
今日は天気が良く、日中はかなり暑くなった。人が溢れている市場では更に暑い。じっとしていても汗が出るほど。
日中の温度30度、湿度46%。夜20度、56%。

バリスタ・カフェ

バンコ・デル・ケツアルのあとがバリスタ・カフェという喫茶店になったと書いた。興味があったので、日曜日に昼ごはんを食べに行ってみた。
すごい人出だったので、中央公園に面した絶好の立地でもあり、混んでいて座るところがないかと思ったが、辛うじて1つのテーブルが空いていた。
軽食はサンドイッチ類とサラダ、スープ。飲み物はコーヒー関連とジュース、チャイなどもある。値段は飲み物が大体25ケツアルくらいで、サンドイッチ類が30ケツアル前後。ちょっと高めだが、場所と作りを考えれば、仕方がないのかもしれない。
ペトラがトマトのスープとハムとチーズ、僕がセラーノのハムとチーズのサンドイッチ。パンは全粒粉と普通の白いパンが選べる。ものすごく塩辛かった。野菜も何も入ってないので、ハムの塩辛さが緩和されるものがない。のどを渇かせて飲み物を余計に注文させようということか。トマトスープも結構塩っ辛い。血圧の高い人はここでは食べない方が良いだろう。しかもサンドイッチをはさんで暖めるのでぺちゃんこになっている。わざわざ高価そうなそういう装置を使っているので、何かメリットがあるんだろうが、僕には理解が出来ない。付け合せはポテトチップ、バナナチップ、名前は忘れたがクスクスの粒のようなものを使ったアラブ風のサラダから選べる。飲み物はペトラが紅茶。僕は冷たいチャイを頼んだ。こちらは無難においしい。椅子は座りやすく快適。我々がいた間だけで2つ注文したものを忘れているのを目撃したので、サービスはまだ慣れていない感じ。
公園を眺めながらゆっくりコーヒーでも飲むような利用が無難だと思った。
今日は天気が良く暑い。
日中の温度28度、湿度47%。夜20度、65%。


セマナ・サンタの準備

Skypeを遅ればせながらアップデートしてみた。最初は自分のコンピュータだけしてみたんだが、この4.0になってちょっとビックリ。随分と変わっている。操作のやり方自体は慣れればいいのかもしれないが、電話に発信やらディレクトリやら余計なものがあり、画面が狭くなっている。しかもこれを隠す方法が分からない。履歴も表示する感じが変わってしまったので、今までのものに慣れていると、どうも直感的に把握しにくい。
Skypeでいろいろな事をやる人にはこちらの方が便利なのかもしれないが、基本的にチャットと音声・ビデオでの会話だけをする者にとっては余計なものが付き過ぎていて使いにくい感じがする。いらないものを非表示にするなどして使いやすいように出来れば良いんだが、ちょっといじってみた感じではやり方がわからなかった。何とかならないものか。このままだと旧バージョンに戻したくなる。
今日はセマナ・サンタ用に飲み水を買い込み、とりあえず準備が始まった感じだ。そもそももう来週のこと。まだ他にコーラやらジュース、お菓子、パンティーストッキングに至るまでいろいろなものを買い込まなくてはいけない。今週から来週の初めにかけては仕入れが大変。まあ年に1度のお祭りなのでアンティグアで商売をしている人は皆事前に知恵を絞って準備をしているんだろう。
今日は市場に行き、買い物をしてきた。今週は人数が読みにくいので、ちょっと迷ったが、日曜定食は魚の甘酢あんかけに決めた。
日中の温度29度、湿度44%。夜21度、63%。


赤いスシ

以前アタバルの生徒さんたちが、アタバルのそば、グアテマラシティーへの出口の方向に行った所に、新しくスシ屋さんができるという話を教えてくれた。グアテマラの人がやるらしく、一体どういう店なのかちょっと興味があった。
最初に聞いた話ではもう開店していて良いはずだ。そこで今日買い物に出た帰りにちょっと遠回りしてそちらの方に行ってみた。そうしたら確かにSushiと書いた看板が見える。入り口が開いているのでそちらの方に行ってみた。近くでよく見ると看板にはAkai sushiと書いてある。一体どういう意味か?日本語で考えると"赤いスシ"。スシが赤いんだろうか?
中は暗くってよく見えなかったが、カウンターのようなものが見えて、ちょっとした喫茶店のような作りだった。店自体はそんなに大きくなさそう。午前中だったので、開店前だと思われ、良く分からなかったが、多分もう営業はしているようだった。
どういうメニューを出しているのか、興味はあるんだが、外にメニューが出ていなかったので、まったく分からない。もともとスシが大好きというほどではない上、誰が作ってるんだか良くわからない店では、ますます食べる気がしない。誰か行ってくれて情報をくれるのを待つばかり。
今日は朝のうちすごく良い天気で、温度もどんどん上がった。昼過ぎにはいきなり曇りしかも風が強い。3時くらいになってまた晴れてきた。
日中の温度28度、湿度45%。夜21度、70%。

暑くなるらしい

昨日のニュースでこれからものすごく暑い日が続くんだといっていたとか。今まで寒かった上にこの時期になってもすっきりと暑くならなかったのが不思議なくらい。その分貯まっていた熱気がこれから一気に出てくるって感じ。
これまた何とかならないものか。寒いのもなんだが、暑いのも結構辛い。これまた今までの寒さとこれからの暑さをちょっと慣らして、どちらもそこそこになるようにならないものかと勝手なことを考える。それはともかく変な天気ではある。
入り口の店の商売のことを考えるとセマナ・サンタの期間中に暑くなってくれることはありがたいことである。これでビール会社と散々遣り合って借り受けた小さな冷蔵庫がより活用できるし、飲み水なども多めに注文をかけて、ちょっと値引き交渉なども出来るだろう。
寒いのが日本の寒さと比べて全然ましなのと同じで、暑さも日本の猛暑と比べれば、これまたかわいらしいものだ。何しろ熱帯夜というようなことにはならない。こうして暑さのお陰で水が売れるセマナ・サンタの期間中でも夜になると、暖かい飲み物はないのかと聞かれる。日中の暑さも日差しは強く肌がじりじりするが、日陰に入ると風はちょっと涼しいことが多い。日本の高原地帯で避暑をする感じだと思う。
今日は朝から実に良い天気で、予報通り実に暑い1日。ただ風が強いので、家の中にいるとそれ程でもない。
日中の温度28度、湿度44%。夜20度、65%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。