スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



換金率

最近グアテマラのケツアルがドルに対して結構下がっている。特に今週は毎日のように下がっている。今までドルとケツアルの換金率はかなり安定していたので、ほとんど気にすることもなかったんだが、今年に入り徐々に下がる傾向が出てきた。そもそも今まで1ドルが8ケツアルになったことは1度あったかどうか位だったんだが、いまや1ドルが8ケツアルを下回ることはなくなってしまった。
しかも今週は1ドルが8.18ケツアルくらいから始まって、今や8.22まで来ている。これはドルを持っている旅行者にとっては随分ありがたいことかもしれないが、グアテマラ人にとっては良い事なのかどうか。特に日本人は最近円もドルに対して随分強いし、かなり旅行しやすい環境じゃないかと思う。
先日クレジットカードでキャッシングをした人が、円でいくら引き落とされるかを見ていたら、どうも換金率は引き落とされるまで確定しないようだと言っていた。使った後最初に見た金額と最近再び見た金額が違っていたようだ。まあ今のところ使った時点で確定されるより、ちょっと先に延ばしてもらった方が得をしそうなので良いのだが。
今日も午前中はえらく天気が良くかなり暑くなった。昼過ぎから曇って、降りそうで降らない状態が続いたが、結局5時半くらいからかなりの勢いで降り始めた。
今日も市場で買い物をして日曜定食の用意をしてきた。今週の日曜定食は牛肉のオイスターソース炒め。
日中の温度28度、湿度48%。夜22度、70%。
スポンサーサイト

成人年齢

日本で成人年齢を引き下げるかどうかという議論がされているんだそうだ。20歳が成人というのを18歳に引き下げることを検討しているんだとか。何でも世界的には18歳が主流で、ヨーロッパなどではもともと21歳だったものを18歳に下げたらしい。
アメリカなどは州によって違うと書いてある。まあはっきりと誰もがこの年になったら成人するという規準があるわけではないので、そこら辺はこうでなければいけないということは言えないんだろう。
ちなみにグアテマラは18歳になった時点で、セドゥラという身分証が発行され、選挙で投票することも出来る。要するに18歳が成人年齢ということになっているわけだ。そうはいっても、皆が18歳になるまで喫煙や飲酒を待っているわけではなく、そういう意識もほとんどないように思う。成人かどうかというより、それぞれの家庭のしつけという部分が強いように思う。
日本でも高校生がお酒を飲んだりタバコを吸ったりしているから、同じようなものかもしれないが、主流が18歳だからってわざわざ下げなくても良い様に思うんだが。
今日は夕方から雨が強く降った。それまで気温も高く湿度は高いのでジトジトと暑く、ぐったりするような天気だったので、ちょっとこれで涼しくなってくれてホッとした。これで本当にカニクラは終わったんだろうか。今日の午前中の天気を見ているとなんだか良く分からないが、まあ夕立くらいだったら降って涼しくなってくれたほうがありがたい。
日中の温度30度、湿度44%。夜23度、68%。

お役所仕事

ここの所、なんだかお役所関係のすることが多くて、どうも気が重い。まあ日本でもそうなのかも知れないが、官僚的態度というのか、しかもこちらではその割りに個人の勝手な裁量で良し悪しが決まったりする場合があるので、受け付けてくれる人の気分を損ねないようにしないといけないし、どうも面倒だ。
今日もこの前から続いている、夜9時に店を閉める問題に関係して、ペトラが市役所に行ったが、「今日は担当者が来ない。」と言われて、何も出来ずあっという間に帰ってきた。その後会計士の所に行ったら、ペトラから電話がかかってきて、保健所の人が来ているから、戻って来いと言われた。何でも単なる雑貨屋でも保健所の許可が必要なんだそうだ。10年前に開店した時には薬屋はいるけど(まあこれは当然だと思う。)雑貨屋は保健所の許可はいらないって言われたんだが、その後変わったんだろうか?どうやらこれからその手続きもしないといけないらしい。
まあ最近なんだかお役所関係がいろいろ動いているらしい。不景気だから何とかして、少しでもお金を引き出そうとしているんじゃないかと勘ぐりたくなる。とはいえ、逆らうわけにも行かないので、言われたことをやって行くしかない。
今日も天気が良く、実に暑い1日。それにしてもカニクラが終わって、グアテマラに近づいているはずだった、熱帯低気圧ってのはどこへ行っちゃったのか。暑くって日中はぐったりとしてしまう。
日中の温度29度、湿度37%。夜23度、58%。

景気の悪い話

アタバルに予約されて、空港からの送迎を希望された方には、ロランドさんというもう二十数年の知り合いのやっている送迎のサービスを頼んで迎えにいってもらう。このロランドさんは僕が通訳やガイドをしている頃にも一緒に仕事をしたので、気心が知れている。しかも、とてもまじめな人なので安心だ。
このロランドさんが訊ねて来てくれて、久しぶりにゆっくり話をした。その時やはり話題になったのが、今年の観光客の減少のこと。いろいろな人から今はバケーションシーズンだからアメリカ人などはたくさん来ていると聞いていた。ロランドさんはあちこちの旅行会社とも仕事をしているので、一般的な感覚を持っているはず。
確かに夏休みの今はかなりアメリカ人やヨーロッパ人が来ているんだそうだ。ただ、やはり例年に比べるとだいぶ少ないと言っていた。今年も4月の中ごろまではかなり良かったが、その後どんっと落ち込んで、ちゃんと回復をしないままだとのことだった。特に5月、6月はかなりひどかったとぼやいていた。
まあどこも同じということか。市場の知り合いの店でも同じようなことを言っていたし、職種にかかわらず、今年は大体景気が良くないようだ。
ここ数日夕方に大雨が続いて、今度こそカニクラが終わったと思っていたんだが、今日はまた全然雨が降らなかった。一日中カンカンに良い天気で、日中はものすごく暑い。夜になっても気温はあまり下がらず。
日中の温度29度、湿度34%。夜22度、58%。

非効率

昨日市の決まりで、夜9時以降の営業ができなくなったという話を書いたが、今アンティグア市ではいろんなことをしているらしい。これも前に書いたことだが、アンティグアの人以外の車がアンティグア内で駐車する時にお金を取られるようになった。これはいちいち駐車している所を取るのが大変だったからだと思うが、アンティグアの入り口でお金を取っていた。
これはやはり駐車しないで通り抜けるだけでも取られるのはおかしいとか、文句が出たんだと思うんだが、今月くらいから入り口で徴収するのは諦めたらしい。で、どうしているかというと、町中を市の警察がウロウロして、それらしい車を見つけたら、お金を請求しているらしい。なんという非効率なことをしているのか。今日も昼に外に出たら、駐車している車に持ち主が帰って来て、エンジンをかけて出発したところへ、それを遠くで見つけたらしい市の警察の人が走ってきて、追いかけて行ってお金を取っていた。これじゃ市の警察も大変だ。
今日の日曜定食は揚げ魚の香味ソースで、23人来てくれた。というか、23人で途切れて、時間ももうそれなりだったので、店員や手伝ってくれたフランシスコなどに食べさせて、なくなった後で、まだあるかと来た人が2人いた。もうちょっと早く言ってくれれば良かったのに。
朝からちょっと曇り気味の天気。夕方には結構強い雨が降ったが、夜にはやんだ。
日中の温度27度、50%。夜22度、69%。


残念ながら

今日は実に悲しい日。アンティグアの隣の町のホコテナンゴにセルビ24という店を開けたのが、1999年の7月。それをアンティグアのアタバルの入り口に移してのがその1年後の2000年。その10年の間1日も閉めずに24時間営業をしてきた。ところが、先日書いた、市の警察から夜の9時に閉めろと言われた件で1週間市と掛け合ってきたんだが、結局埒が明かず、閉めて窓から売っているだけでも罰金の対象になるということだった。それでもこの1週間は窓から売ってみたんだが、やっぱり人が集まるので、そこを警察に見つかりでもしたら、どうしようもないということで、断腸の思いで夜の9時に店を完全に閉めてアテンドしないことにした。
幸い店員のセルヒオやヘルベルも心配していて、夜9時に閉め、次の日の朝6時から開けるという点に関してむしろ彼らから提案してきたくらいなので、問題なく移行した。彼らとしてもこの間の残業代が減るわけだから、影響の大きい問題だと思うんだが。
開いてると思ってきたお客さんに申し訳ないので、事情を書いた紙を外にはっておいたんだが、その紙をはっている間にも買いに来る人がいたので、困る。こちらとしては売りたくないわけじゃないんだが、どうしようもない。
まあいろいろ調べてみても、しばらくはこれが続くようなので、こちらとしてもそのつもりで対応するしかないようだ。
今日は夕方にかなり勢い良く雨が降ったが、わりとすぐにやんでしまった。
日中の温度29度、湿度43%。夜21度、68%。

新しい身分証

今年グアテマラの身分証のセドゥラが従来のものからカード型のものへと変更になるようだ。どうも良く分からないんだが、これの変更は各県ごとに行っているらしく、早いところではもう始まっている所もあるんだとか。
アンティグアの属するサカテペッケス県では、今は新しくセドゥラを取る人は、もうカード式のものになっているらしい。グアテマラの人は18歳になるとセドゥラを持つようになるので、今年18歳になる人は、皆最初から新しいカード型のものになるわけだ。あとは失くして再発行する人は、これも新しいのを発行することになる。
ただ、今までのものを持っている人は9月から切り替えだそうだ。従来のものを持っている人は発行手数料はいらない模様。新規の人、失くした人は、いくらか発行手数料がかかるんだとか。
アタバルの先生達は銀行に口座を作り、そこに給料を振り込むようにしているんだが、バレスカだけは口座を持っていない。持ってるセドゥラがボロボロで銀行で受け付けてもらえなかった。再発行をするように言ったら、もうすぐただで新しいセドゥラに換えられるから、それまで待ってくれと言われ、今まで経った。そのもうすぐがやっとやってくる。あのボロボロの身分証で随分長いことがんばったものだ。
今日も天気は良く、日中はかなり暑い。夜になっても部屋の中の温度がなかなか下がらなくて窓をあちこち開けて、風を通しやっと少し涼しくなった。
日中の温度29度、湿度39%。夜22度、71%。


カニクラは終わってないのか

今日は午前中からまた結構良い天気だった。昨日のニュースではついにカニクラも終わり、熱帯低気圧も近づいてきているということだったので、今日もきっと午後から雨が降るだろうと思っていた。その後ちょっと曇ったりしていたこともあり、日中の気温はそれ程上がらなかった。ただ、湿度が高いので、結構暑く感じたし、汗もかいた。
木曜日の市場に行って買い物をしていても、歩いているだけで汗が出る。とはいえいつも通り買い物をして、日曜定食の用意をする。今週の日曜定食は揚げ魚の香味ソースの予定。しばらくやってなかったメニューだが、久しぶりにやってみようと思っている。レシピは以前に作ったものがあるので、それを見ながら材料を確認した。
入り口でやっている店は相変わらず夜9時に閉めている。ペトラが月曜日、水曜日と市役所に掛け合いに行っているんだが、どうも最近厳しくなったみたいで、他にも同じような用事の人たちがたくさん来ていたらしい。それにしても遅くまで開いている店もあるようなんだがこれは一体何なんだろう。
店員も心配をしていて、閉めた後も窓から外を眺めたりしていて、人が来ても閉まってるのを見て帰ってしまうと言って悔しがっている。明日またペトラが市役所に行くので、何らかの返事をもらえると良いんだが。とにかく夜9時というのはちょっと早いんじゃないかと思う。
結局夜になっても雨は降らないまま。幸い気温は6時過ぎから少し下がり、暑くはない。
日中の温度26度、湿度54%。夜22度、65%。

山の中の道

アンティグアは周囲を丘に囲まれている。もちろんその先にはグアテマラ富士ともいわれるボルカン・デ・アグア(アグア火山)や、更に奥にはアカテナンゴ、ボルカン・デ・フエゴ(フエゴ火山)といった山がひかえている。
アタバルの2階のテラスに出ると、この周りの丘が良く見える。天気によりくっきりと生えている木の一本一本まで見えるほどの時もあるし、晴れていても全体がぼんやりしている時もある。これは空気中の埃に関係あるんだろうか。
そうだとすると、最近は空気もきれいなようだ。周りの丘の気が実にくっきりと見える。2階の食堂からは西側の丘が見えるんだが、ここには新しく出来たチマルテナンゴからアンティグアの横を通り、アロテナンゴ、更に太平洋岸のエスクイントラの町に抜けていく道路が通っている。
2階の食堂に座って、時々この道を通る車を眺めるのがなんとなく楽しい。そんなに交通量があるわけではなく、たまに車が通るくらいの道だし、車が通らないと道があることも分からないくらいなんだが、そこをたまに車が通ると、「ああ、あんな所にも人がいて車を運転してるんだな。」と思う。
冷蔵庫を買いにチマルテナンゴに行った時に、通ったんだが、新しいので舗装もきれいで快適な道だった。遠くから見て想像していた山の中のごろごろした道とは違った。
今日は朝から小雨が降ったりして、午後から夜にかけては結構雨が降った。いよいよカニクラも終わりか。
日中の温度26度、湿度52%。夜21度、70%。

祭りの期間

それにしても暑い日が続く。昨日も書いたようにこちらの気象台の話では、このカニクラは早くて今週の水曜日くらいまでで、更にそれが少し延びる可能性があるとのことだ。かなり長いカニクラなんじゃないかと思う。日中日向を歩くと汗だくになる。
アンティグアは今お祭りの期間中。日曜日はマラソン大会があったし、今も市場の裏の広場には移動遊園地が来ていて、遠くからでも観覧車が見える。今年はサーカスが来ていない様に思うんだがどうなっちゃったのか。毎年大体サーカスが来て、動物などを連れてやはり市場の裏の広場でテントを張るんだが。
中央公園では本の市が開かれている。グアテマラシティー等の本屋さんが出店を出して、公園の一角にテント張りの本の市が作られている。ここで売られているのは新しい本から中古の本まで様々。どうもグアテマラには日本のように充実した本屋(古本屋)というのがないので、本の好きな人にはこうして年に一度本屋が集まって、いろいろな本を出しているのを覗くのは楽しい。
それ以外にも先週はチェスの大会が開かれていたし、この期間はなんだかんだ催しがある。幸い今年はお祭り日和なので、その点はこのカニクラも幸いしている訳だ。
今日昼過ぎにちょっと曇って、しかも夕方にはちょっと雷すら鳴った。これは雨が降るかと思ったが、天気予報が当たり、結局雨は降らないまま。それでも夜になると少し温度が下がって助かった。
日中の温度30度、湿度39%。夜22度、60%。

ハチドリ

最近タバコをどこでも吸えるわけではないので、裏庭に出て吸っていた。まあここが一番誰の邪魔にもならないでゆっくりと吸える。プカプカと紫煙を吐いてそれが風に乗って流れていくのを眺めていたら、大きな蛾のようなものが飛んできた。
蛾にしてはちょっと大きいし、結構速く飛んでいるので、興味をもって良く見ると、なんとコリブリといわれるハチドリだった。ハミングバードともいうらしい。ハチドリはその名の通り蜂のように細かく羽を震わせて飛ぶ小さな鳥だ。実際蛾の大きなものとそれ程変わらないくらい小さい。鳥の中でも最も小さい種類に属するんだそうだ。
花の蜜を主食とするので、細かく羽ばたき、空中で静止(ヘリコプターと同じでホバリングというらしい。)をして、長いくちばしを花の中に突っ込み、蜜を吸う。今日は裏庭に咲いている雑草の白い花が目当てだったようだ。ひとしきりこの白い花の蜜を吸ってから裏の家の庭に飛んでいってしまった。
アンティグアでは結構このハチドリを見る。特に花のたくさん咲いている大きな庭には良く来るようで、花の多いホテルなどでは良く見かける。まあアンティグアの人は花が好きなので、ハチドリには良い環境かもしれない。
今日も天気は良く、日中は暑くなったが、夕方になって曇り、少し温度が下がった。お陰で夜は過ごしやすい。しかし、雨が降るかと期待したんだが、こちらは空振り。ニュースではカニクラは少なくとも水曜日までは続くというようなことを言っていた。
日中の温度29度、湿度34%。夜22度、57%。


マラソン

今日は朝起きて、ご飯を食べている時から、なんだか随分公園の方が騒がしかった。アンティグアの町は全体が世界遺産なので、高い建物がなく、2階にいると町中のいろいろな音が聞こえてくる。
なんだろうと考えていたら、今日はハーフマラソンの日だということを思い出した。今月25日がサンティアゴというアンティグアの守護聖人の日なので、そのお祭りの一環で、毎年アンティグアの周りを一周するハーフマラソンが行われる。
ご飯を食べた後、日曜定食の用意をしていたら、選手が走ってきて、隣近所の人が外に出て応援しているのが聞こえてきた。用意が終わり、昼ご飯を食べに外に出た時にもまだ走っている人が大勢いたので、今年も相当な人数の人が参加したらしい。グアテマラの人以外もかなり見かけた。
夜の日曜定食はチンジャオロース。タケノコがないので代わりにジャガイモを入れてみた。色合いが似てるかと思ったんだが、まあ悪くなかったみたい。それにしてもちゃんと野菜を油通ししてやったんだが、ちょっと時間がかかりすぎた。27人来てくれて、ちょっと予想より多くて、手間取ったこともあるんだが、最後の人を出したのが8時半を過ぎていた。ちょっと考えないといけない。ピーマンは大きなのをたくさん買ってしまい、相当余ってしまった。ピーマン炒めでも作るか。
今日も一日良い天気で、暑い一日だった。
日中の温度28度、湿度34%。夜23度、58%。

またしても

どうも良く分からないんだが、また入り口の店の夜の営業を止められてしまった。昨日の晩、いきなり市の警察が来て、今後夜9時以降開けてたら罰金をかけるとだけ言って、出て行ってしまった。質問もなにもできなかった。以前このために面倒な手続きをしたんだが、これがどうなるんだか分からない。
仕方ないので、今朝ペトラが市役所に聞きに言ったんだが、責任者が来てないので、どうしようもなかった。当然明日の日曜日は何も出来ないので、とりあえず今日と明日は9時で閉めるしかない。もちろん窓からアテンドをすることはするが、開けているのとはやはり違うだろう。
市の警察の人が前にやった手続きのことを知らないで言っている可能性が高いとは思うが、とにかく確認しないで罰金とかいうことになったら面倒だ。夜の営業とは関係ないが、最近モノ・ロコという喫茶店、バーのような所が、観光ビザの外国人を大量に働かせていたということで5万ケツアル(約6250ドル)の罰金を科されたという噂も聞いた。
夜9時以降に来たお客さんからは、他には開いてる店もあるとか言われたが、まあ何事も確認をしてからということで、今日は我慢。
いつも通り土曜日の市場で買い物をしてきた。チンジャオロースなので、ダニエルのお母さんにピーマンを大量に注文したら、随分大きなピーマンを仕入れてくれたので、これまたすごい量になってしまった。
今日も一日天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度32%。夜22度、57%。

皆既日食

22日に中国や日本の一部で皆既日食が見られるんだそうだ。ネットのニュースを見ていても毎日何らかの関連ニュースが載っているところを見ると、結構な話題なんだろうと思う。ただ、ウイキペディアなどで見ると、世界中を見ると皆既日食はそんなに珍しいというほどのものではないようだ。ただ、世界中を飛び回って追いかけるような天文ファンはともかく、自分の住んでいる近くで見られるというのは珍しいことなんだろう。
僕も20年以上前になるが、グアテマラで皆既日食を見た。この時も見ると目が潰れると言われ、グアテマラの人たちはその時間家の中にこもって、外に出ない人が多かったように記憶している。学校でも子供を外に出さないようにという注意をしていたので、ニュースでの映像を通してみた人が多かったんじゃないだろうか。確か我々は生徒さんたちとガラスに煤をつけて、それで使ってみた。今のニュースを見ているとこの方法は良くないらしいが、こちらでは専用のグラスが手に入るというわけでもなかったので、それを使いみんなで交代で見た。
幸いその日は天気も良かったので、良く見えたし、明るかったのが急に暗くなり、その後のダイヤモンドリングはさすがに神秘的な感じがして、印象に残っている。あまり天体の動きなどに普段関心はないんだが、それでも皆既日食は一見の価値があると思った。
今日も天気が良く、昼間はすごい暑さ。周りの山は昨日ほどはっきりとは見えないんだがペトラに言わせるとこれも暑さのせいらしい。
日中の温度30度、湿度33%。夜22度、63%。

カニクラで暑い

今日も天気が良く、日中はかなり暑くなった。本当にじっとしているだけでも暑いほどだ。日本も梅雨が開けて暑くなったようだが、こちらもいよいよカニクラということだろうか。カニクラは雨季の合間の中休みといったもので、晴れの日が続く時期をさす。
やっぱり皆カニクラだろうという。それにしても今年のカニクラは暑く感じる。本来暑い時期である3月、4月が今年は暑くなかったので、その分よけいに暑く感じるのかもしれない。
気候の違いが関係あるのかどうか分からないが、今年は一月程早く花粉症が始まったようだ。毎年8月くらいにくしゃみが止まらず、鼻が詰まって苦しい時期がある。今週の初めくらいからどうもくしゃみが出て、風邪をひいたのかと思っていた。まあ実際に風邪気味でもあったようで、ちょっと喉も痛かった。そこでビタミンCを取るようにして、ちょっと早めに寝るようにしていたら、風邪らしい症状はひどくなることもなく、収まってきた。ところがくしゃみだけは日によって、特に夜になると止まらなくなる事がある。こちらの花粉症は不思議に夜になるとひどくなる傾向がある。ただ、毎日ではないので、どうも良く分からないのだが、ペトラも目が痒いといっているので、多分これは花粉の影響じゃないかと思う。
今日も市場で買い物をして、日曜定食の材料を見てきた。いろいろ考えたんだが、チンジャオロースをやってみようと思っている。
日中の温度29度、湿度35%。夜22度、59%。

最高裁判所判事

最近朝ごはんを食べるときに、良くCNNのスペイン語のニュースを見てるんだが、ここの所ソニア・ソトマヨールの話題がほとんど。この人はプエルトリコ系のアメリカ人女性だが、今オバマ大統領から連邦最高裁判所判事に指名され、上院で承認されれば、初めてヒスパニック系の連邦最高裁判所判事が誕生ということで、注目をされているようだ。しかも、決して裕福な家に生まれたわけでもなく、実に一般的なヒスパニック系の家庭に育っているので、アメリカに住むヒスパニック系の人たちには共感できる問題なのかもしれない。
ただ、これはあくまでもCNNの話であって、グアテマラのローカルのニュース番組ではそれ程話題になっていない。グアテマラではほとんど知られていない感じすらする。正直言ってもうちょっと盛り上がっても良さそうなものだと思う。他の国は良く知らないが、やっぱりグアテマラの歴史上の人物を見ても、あまり努力して成功した人というのがとっさに出てこない。もうちょっと取り上げられても良いように思う。もちろん知らないだけなのかもしれないが。連邦最高裁判所判事を歴史上の人物と比べるのはちょっと無理があるかもしれないが、こうして努力をして成功をしている人の話しがもっと身近にある方が、皆努力してみようと思うようになるんじゃないかと思うんだが。
今日も天気は良く日中は暑くなった。雨がここの所降っていないので、湿度もかなり低くなっている。
日中の温度27度、湿度45%。夜22度、64%。


その後

今朝昨日茹でたザリガニをスパゲッティーにして食べた。にんにくを炒め、トマトとマッシュルームを入れて、ソースを作ったんだが、結構おいしかった。ただ、ザリガニが8匹しかないのに、スパゲッティーは一袋200グラムもあるので、ちょっとバランスが悪い。まあ全部茹でなきゃ良いようなもんだが、ちょっと残すということが出来ないので、そのまま作る。ザリガニを持ってきてくれたセルヒオに半分あげた。小さいものはさすがに肉も少なく、あまり食べた気がしないが、やはり一番大きいのは肉もある程度ありちゃんと味も感じられる。1ヶ月以上たらいの中で飼って、共食い以外はトルティーヤばっかりを食べさせていたせいかもしれないが、味は全然癖もなくさっぱりして良い味だった。
グアテマラは今ホンジュラスと商業取引を停止しているので、ホンジュラスに運ぶはずの荷物が国境で止められて困っているという話を書いた。ところが今日ジュンさんと話をしていたら、ガスを積んだ車はグアテマラのものがホンジュラス内を走っているんだそうだ。ガスは必需品だから、例外なんだろうか?
先日買った缶詰の豆腐を使って、味噌汁を作ってみた。缶詰の豆腐なんて初めてなんで、ちょっと開ける時にドキドキしたが、中はコチコチの小さな平べったい豆腐が入っていた。いつも買っている豆腐より数倍硬い。火を通して熱いときに食べてみたらプリンとしていたのはちょっと意外。豆腐が使っている水に塩が入っていたが、しょっぱくて味に大きな影響があるというほどではなかった。
今日は天気が良く暑い1日。
日中の温度29度、湿度33%。夜20度、59%。


ついに

自分で書いてるこのブログを読んでると5月27日のことのようなので、もう1ヵ月半以上になるわけだ。この間ずっとトルティーヤをやって飼っていたザリガニを今日料理してしまった。多分この期間のうちに、共食いをして半分近くに減ってしまった。毎日水を替えてトルティーヤをやっていたので、成長したのかどうかはどうも良く分からないが、タニエルたちに言わせると、随分大きくなったんだそうだ。
今日の昼過ぎいつものようにトルティーヤをやろうと思ったら、お昼に全部食べてしまったらしく、トルティーヤが残っていない。冷蔵庫にもないので、餌にするものがない。ここでまた餌をやらずに共食いをしてもどうかと思い、今日思い切ってお湯を沸かせて、その中に放り込んでしまった。エテルにやってくれって頼んだら、断られてしまった。
茹でて剥いてみたんだが思ったより肉がある。やっぱり成長していたんだろうか。全部で8匹。さすがにはさみの所は剥くといっても、そんなに大きくないので、労力に比較して取れる肉はつめの垢ほどもあるかどうか。諦めた。この剥いた肉をニンニクと唐辛子とトマトと炒め、茹でたスープを足して、ソースを作っておいた。これで明日の朝はザリガニのスパゲッティを食べる予定。ちょうど持ってきたセルヒオもいるはずなので、ちょっと分けて食べてもらうことが出来る。
今日はすっきりとはしないもののまあまあ良い天気。午後に一瞬雨が降った。ただ結構湿気があり暑い。
日中の温度26度、湿度52%。夜21度、67%。

またしても

以前アンティグアにインドネシアとかの料理を出す小さな店があり、結構評判が良いと書いた。ところがこの店は午後1時開店なので、前回やはり日曜日に行ったところまだ準備中で、すごすごと引き上げたということは書いたと思う。
ところが最近この店の前を通った時に12時開店と出ていて、実際12時前にもう開いているのを何度か見かけた。ペトラと多分お客さんからもっと早く開けてくれと言われて、時間を早めたんじゃないかと話をしていた。
そこで今日昼ご飯を食べに行ってみた。そうしたらなんと閉まってる。またしても看板が出ていて、1時開店と書いてある。なんということか、12時開店は平日だけで、日曜日は1時開店なのか。またしても空振り。
しかし、商売をする時には、なんにせよお客さんに分かりやすくしておくほうが良いんじゃないかと思うんだが。日曜日だけ開店時間をずらすんだったら、予めそういう表示を店の前に見やすく書いておいたほうが良いと思った。さすがにこう空振り続きだと、こちらも嫌になってくる。
今日の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけで、16人来てくれた。今まで白身魚の甘酢あんかけは、事前に甘酢あんを作っておいて、魚を揚げて、それにかけるだけにしていたんだが、今日はちょっと考えて、魚を軽く揚げておいて、出す時に、野菜と炒めて、甘酢あんに絡めるようにしてみた。お陰で材料はちょっと余ったが、調理前の材料なので、融通がきく。この方がやり方として良い様に思った。
朝から曇りがちでいつ降ってもおかしくない天気だったが、雨はちょっと降っただけ。
日中の温度24度、湿度49%。夜21度、64%。

豆腐の缶詰

アンティグアの町中にスーパーマーケットは大体2つある。アンティグアは世界遺産であるため、なかなか大規模スーパーが出来る土地が確保できないためか、2つある内の一つは全国チェーンだが、店はかなり小さい。もう一つの地元資本のボデゴナが店が広く、いろいろヘンテコなものがあったりするので、時間のあるときにブラブラ見て歩くには楽しい。
もともと市場でもスーパーでも、ブラブラして、いろいろな食材を見て歩くのは好きな方だが、今日は豆腐の缶詰を見つけた。これは始めてみた。一体中がどんな風になってるのか興味があったんだが、缶詰なので当然中は見えない。18.75ケツアル(約2.34ドル)と結構高かったので、一度棚に戻してその場を離れたんだが、良く考えたら、今週は週に1回来る豆腐屋さんが来てくれなかったので、豆腐がなくなっていることを思い出し、もう一度戻って買ってきた。開けてみるのがちょっと楽しみだ。
それにしてもこの前ラー油があったと書いたが、これもたしかこの豆腐と同じロランドというブランド名。原材料の表示が豆腐、水、塩となってるところがすごい。これじゃ何が入ってるんだか全く分からない。生産は台湾となっている。漢字で生豆腐と書いてあるのは、乾燥したりしてないってことなんだろうか?まあしょっぱくないと良いんだけど。
今日は当然市場でも買い物をしてきた。まあ天気が良かったので、暑くって汗だくになった。夜になって少し雨が降った。
日中の温度28度、湿度39%。夜22度、60%。

アタバルの授業では黒板を使う換わりに紙に先生がノートを作っていくようになっている。このため、そのために使う紙は必需品で、常に予備を含めて用意している。この紙ももともとはわら半紙を使っていた。まあこれが最も安価であり、手に入りやすいものだったからだが、去年くらいから白いコピー用紙を使うようになっていた。これはこのわら半紙が随分値上がりし、更に近くのコピー屋で、コピー用紙を安く売っていたので、値段が逆転していた。
ところが最近自宅でコピー屋をやっている店員のセルヒオが、自分が紙を買いに行く店ではこのわら半紙をすごく安く売っているという情報をくれた。場所を聞くとちょっと遠いので、その時にはまだ十分予備の紙があったこともあり、今度セルヒオが車で買いに行く時についでに買ってきてもらうようにした。
昨日そこに買い物に行くというので、500枚包みのものを6包みほど買ってきてもらった。ずいぶん安い。これだったら今までの半分以下の値段。それにしてもどうしてこう店で値段が違ってしまうんだろうか。まあこの紙に限ったことではなく時々こういうことがあるんで、なんとなく釈然としないものがあるが、安く手に入ったので、これだったら良いだろう。
今日は朝から天気が良く、日中はかなり気温も上がった。2階のテラスから見る周りの丘も今日はくっきりと見える。夜になってから断続的に強い雨が降った。
日中の温度27度、湿度45%。夜21度、70%。

グアテマラご飯

昨日グアテマラご飯と書いたら、それは何ですかという質問があった。まあそれはそうだろう。なかなか説明が難しいので、昨日もどう書こうかと少し考えて、とりあえずグアテマラご飯と書いておいたものだ。
グアテマラではご飯を結構食べる。もちろん日本の白米にあたるものはトルティーヤなので、おかずの一種のような扱いである。必ず毎食でてくるわけではないが、ペピアンとかイラーチャなどのグアテマラの代表的な料理は肉類を煮込んだ、シチュー風のものが多いので、それにご飯を入れて食べることが多い。ご飯にかけて食べるというより、別々に出て来て、おかずにご飯を足しながら食べていくことが多いように思う。
この時のご飯が、当然白いご飯ではなく、コンソメなどで味をつけ、基本的には黄色い色をしている。見た目にはパエジャの肉、魚介類なしといった感じのものだ。家庭により、多少変化はあるが、インゲン、ニンジン、ジャガイモ、ちょっと贅沢な時はオリーブの実やケーパー、季節によってはロロコ(蔓性の植物の花)などをいれることもある。これに使う米は白い普通のものでも良いが、事前に何らかの加工をしてある、ちょっと色と香りのついた物を使うことも多い。
今日は市場に行き、魚を買ってきた。シイラという白身の魚。今週の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけにする予定。
今日は午前中から曇っていていつ雨が降ってもおかしくない状態だったが、夜になって少し降った程度。
日中の温度24度、湿度63%。夜20度、71%。


お昼ご飯

それにしてもマイケル・ジャクソンのニュースはすごい。ホンジュラスのクーデターのニュース以上に流されているように思う。クーデターが起こったときはともかく、今はマイケル・ジャクソンのニュースの方がグアテマラの人の感心があるってことなんじゃないかと感じる。
今日は水曜日だが夏のボーナスの支払いとその昼食会をやった。大体いつも金曜日にしているんだが、やっぱり金曜日は何かとやることがあるので、バタバタする。そこで今年は水曜日にした。
ペトラがお手伝いさんと料理を作ってくれたので、非常に楽。鳥の煮たものと、グアテマラご飯とイチジクの甘く煮たもの。鳥の腿肉を使って、人数分より少し多めに作っておいたので、十分だったし、皆食べて何とかボーナスも支払い、無事終了。毎年のことだが、これが終わるとホッとする。食べ終わっても先生達はみんなで話をしていて、大騒ぎだった。
しかし、昼前に突然ものすごい勢いで雨が降り出して、ビックリした。午前中授業を持ってない先生達がこれでは来られないかと思ったが、幸い30分ほどで小降りになった。それでも、バイクで来た先生はちょっと濡れていた。
その後も雨は降ったりやんだり。昨日までの良い天気はとりあえず終わってしまったんだろうか。
日中の温度25度、湿度62%。夜20度、72%。

マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの追悼式が今日行われ、こちらでもテレビで放映された。スティービー・ワンダーまで出て来て歌ったのにはビックリした。さすがに一世を風靡したスターだけのことはあると思う。特に今40才台の我々の世代には、まさに同時代のスーパー・スターという感じである。
もともと天邪鬼なのか何かは分からないが、僕自身はそれ程熱心に見ていたわけではない。亡くなった時にはかなり驚いたが。ペトラなどは特に肌の色を変えてから、「大嫌い。」と言っていた。
アタバルのすぐそば、ガソリンスタンドの角を公園の方に曲がり、半ブロックも行かない所に、サンタ・チビータという良く分からない店がある。ギャラリーというわけでもなく、皿などを置いて売っている小さな店だ。いつ通っても客がいなくて、店員の女性が暇そうにしている。どうやって商売が成り立ってるのかと不思議に思う。
まあ他人の心配はともかく、ここで暇そうにしている女性の従業員の一人がちょうど晩年のマイケル・ジャクソンになんとなく似ている。まあ、ちょっと面影が似ているという程度なんだが、最近マイケル・ジャクソンが毎日話題になるに連れ、店の前を通るたびになんとなく気になる。ペトラは「そんな事言ったら、彼女がかわいそうだ。」と言って認めないんだが、ニヤニヤしてる所を見ると、少しは似てると思ってるんだろう。
今日は天気が良く暑かった。夜に一瞬雨が降ったんだが温度はあまり下がらない。
日中の温度29度、湿度54%。夜22度、70%。


ホンジュラスとの国境で

昨日もホンジュラスのことにちょっと触れて、まあグアテマラはとりあえず余り関係がないと書いたが、どうもそうでもないらしい。一般的な生活には確かに直接的な影響はない。ただ、経済活動には随分な影響が出ているんだそうだ。
これは店員のセルヒオに聞いた話。彼のお父さんは大型のトレーラーの運転手。コンテナの荷物を積んで、グアテマラ国内ばかりでなく、中米、メキシコ、遠くはアメリカまで行くらしい。これが今回の騒動で大変なことになってるんだそうだ。
6月28日の日曜日にクーデターが起き、その後国際的に非難され、周辺の国が経済交流を止めるという制裁を行った。この時グアテマラは最初わりと煮え切らない態度だったんだが、結局火曜日には経済交流を止めるということになったようだ。
そのためホンジュラスとの国境では、今トレーラーが列を作って停まっているんだそうだ。一般の人や旅行者は別に問題なく国境を越えられるらしい。ところが商売のための越境は認められないんだそうだ。
セルヒオのお父さんの会社ではみかんや桃などの果物を積んだトレーラーが止められて、トレーラーの中でもう腐り始めているとか。コンテナ一杯の果物がだめになったら結構な損害だろう。しかもその後仕事が減って、運転手が随分減らされたんだとか。あまりホンジュラスとの経済交流など我々には直接関係がないので知らなかったが、さすがに隣の国のことだけあり、これが長引いたら、いろいろな影響がでてくるのかもしれない。
今日は午後からちょっとだけ雨が降った。でも本当にちょっとだけ。
日中の温度28度、湿度56%。夜21度、69%。

ちょっと慌てた日曜定食

昨日カニクラの話を書いたら、今日も一日中良い天気。今日は昼ご飯にペトラがレボルカードを食べたいというので、サン・フェリペに行って来た。ちょうどサン・フェリペはコルプスのお祭りで、なかなか賑やか。この前コルプスの話を書いてから、毎週あちこちの教会でコルプスのお祭りをしている。
ホンジュラスは相変わらず大変そう。日本でもニュースで出ているので、知っているだろうが、まあこちらは隣の国で、セラヤ大統領も来ている訳ではないので、そういう意味では静かなもの。ホンジュラスも首都から離れているオモアなどでは静かなものだろうから、同じようなものか。
日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めをしたんだが、なんと30人の人が来てくれた。ここの所ずっと15人前後のことが続いていたので、今日もその程度の予定をしていたので、ちょっと慌てた。ただ、青菜に使った、ブレドをダニエルのお母さんに5束頼んでいたのを、なんと倍の10束持ってきてしまって、それをたまたま買っていた上、豚肉もあとで自分用にするために多めに買っていたので何とか足りた。用意した材料は、全てすっきりとなくなってしまった。今日のメニューが先週のさつま揚げとか下ごしらえの時間が必要なメニューだったら、全く足りなかったところだ。良かった。
夜になっても全く雨は降らず。満月に近いのか月がものすごく明るく、夜にテラスに出てると、照明が全く要らないほど。
日中の温度28度、湿度40%。夜21度、63%。

今年のカニクラは

今日はいつも通り市場に行ってきたんだが、さすがに第1土曜日の市場だっただけに人も多かった。今アンティグアはそこそこ観光客も来ているらしい。今日は天気が良く、買い物日和だった。
ここの所ずっと雨が多かったので、生徒さんからも、雨季の間はずっとこんな天気かと聞かれていた。まあ天気に関する質問はこちらの気象台の人たちだって間違えるわけだから、そんなに確実な返事が出来るわけではないが、例年のことを考えると、雨季の初めのほう、8月の後半くらいまでは、基本的には夕立のような雨が降る程度ということが多い。
その後の台風のシーズンになったら、その影響で朝から降ることも多いが、それまでは、雨季といってもそれ程鬱陶しくないのが普通だと思う。
しかも、毎年書いているがカニクラというものがある。雨季の間の休みの期間といったようなものだが、毎年、雨季の間、特に雨季の前半の頃に1週間程度天気が良く、全く雨が降らない時期があるものだ。
そういえば、今年はこのカニクラの話にならない。晴れの日がちょっと続くことはあったが、それ程長く続かないからだろうか。毎年ちょっと晴れの日が続くと、「カニクラに入ったんだ。」というような話題が出るもんなんだが。今年はそれだけ降ってる量が多いんだろうか。
今日は結局夜まで降らないまま。暑くなった。
日中の温度27度、湿度35%。夜21度、64%。

ゼロを二つ

昨日10分床屋がグアテマラでは10ケツアルで(現在1ドルが8ケツアル程度)、日本では1000円だと書いた。実際の物価の指数とか、換金率とかは別として、以前はお金を使う際の感覚はケツアル建ての料金に0を2つつけた感覚だと思っていた。ただ、最近グアテマラも物価が上がってきているので、必ずしもそうではなくなってきていると考えていた。
ただ、この床屋の値段を考えるとまだまだこの0を2つつける感覚は残っている部分(部分的かもしれないが)があるようにも思える。実際グアテマラの一般の人が100ケツアルを使うのは日本で1万円札を出すのと同じくらいの感覚があるように思える。
市場などで買い物をして100ケツアルを使うと、やはり1万円使ったくらいの感じがするんじゃないだろうか。最低賃金が月1600ケツアルくらいだと思ったが、まあこれは法的なもので、その範疇に入れてもらっていない、お手伝いさんなどは600ケツアルから1200ケツアルくらいだろう。そうするとアルバイトで月6万円とか12万円を稼ぐ感覚か。
こう考えると今でもこの0を2つつける感覚はとんでもなくずれてるとはいえないかもしれない。もちろん何でもそれで考えるのは無理で、例えばグアテマラの代表的ファーストフードであるポヨ・カンペロではセットメニューが40ケツアル位するが、これだと4千円となってしまって、ファーストフードなのにずいぶん高いことになってしまう。テナント代やらいろいろな要素が入ってきて、そうなっているのかもしれない。
今日は曇りがちでいつ降ってもおかしくないような天気だったが、結局降らないまま。
日中の温度23度、湿度56%。夜20度、70%。

床屋

最近暑い上に湿っぽく髪の毛が長いと鬱陶しい季節になってきた。まあもともと伸ばしたことがないので、髪の毛が長くなってくると気になるんだが、この季節は余計気になる。そこで先日床屋に行ってきた。前にも書いたが、今床屋は市場のそばの12ケツアル(約1.5ドル、もともと10ケツアルだったんだが、今年に入って値上がりした。)の所に行っているんだが、これが実にはやくて良い。
最近また別の10ケツアルの床屋があるというのは知っているんだが、まあ慣れているのと、平日の昼間に行くと必ず空いているので、ここに行くことにしている。大抵10分程度で切ってくれる。はやい時は10分かからないくらい。もちろん切るだけで、髭剃りやら洗髪やら、それ以外のことは一切やらない。
以前はそんなことなかったように思う。随分感心していたら、今日本でも10分1000円というのがかなりあると教えられた。そんなものかと思ったが、1000円と10ケツアルじゃ随分値段が違う。もちろん人件費、テナント代などを考えて、当然のことなんだと思うが、日本に帰る前には、こちらで散髪していく人が多いのはこれまた当然か。
今日はいつも通り朝から市場に行った。夜にずっと雨が降っていたようで、朝も少し降っていたが、その後やんだ。市場でいろいろ買い物をし、今週の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めに決めた。
午後にも結構雨が降り、夜までかなり降った。
日中の温度25度、69%。夜20度、70%。

開店

今日は元アタバルの生徒さんがアンティグアでピザ屋さんを開店する日。もう去年くらいからいろいろやってたんだが、いろいろ手続きその他で手間取って、結局今日開店の運びとなった。
場所は中央公園のカテドラルの前の4アベニーダを北に行ったところ。まあパッと見には中心から少し離れていて、しかもあまり人通りがないという感じだが、目の前にラ・サイエ(日本でいうラ・サール)というかなり大きな学校があり、そこの生徒さんはちょっと小遣いがある階層らしいので、一先ずはそこの生徒さんをターゲットにするような感じだろう。今日が開店となったのも、昨日まで学校が中休み(夏休み?)だったので、これが明けた時を狙ったものだと思う。今日から3日間が開店セールでいろいろサービスもあるらしい。
この間からチラシをアンティグア中にまいていたので、これがどの程度効果があるものかも結構興味がある。とにかくこれだけ準備したんだから、うまく行ってくれると良いなと思う。
アンティグアではぜひカテドラルの前を3ブロックほど北に行ったピザ屋さんに行ってみてください。
今日は午前中は結構良い天気。午後からやっぱり雨が降ったりやんだり。しかし、少し降ると涼しくなる。
日中の温度25度、湿度65%。夜20度、72%。