スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



サンフランシスコ教会

昨日里帰りをしたマリア像は、やはりグアテマラシティーのサンフランシスコ教会から来たものらしい。アンティグアは1773年に地震で壊れ、1776年にグアテマラシティーに遷都されるまで、グアテマラというか、当時は中米全体がスペインの植民地であったわけで、その首都であったわけだ。
当然それまでカソリックの教会のいろいろな宗派の本部がアンティグアにあったわけで、遷都に伴い、それらがグアテマラシティーに移った。地震の後、壊れずに残った聖像などもグアテマラシティーに移されたようで、このマリア像もその時にアンティグアのサンフランシスコ教会からグアテマラシティーのサンフランシスコ教会に移されたものなんだそうだ。それが200年以上たって、里帰りをしたということらしい。昨日はアンティグアのサンフランシスコ教会の遺跡になっている方のもともとその聖母像を安置してあった場所にも行ったらしい。そのせいか今日はアンティグアの町中にも人が大勢来ていて賑やかだった。
今日の日曜定食は餃子。今回の餃子の皮は結構大きめで、木曜日に買った分の皮は予定より少なかった。そこで昨日皮を買い足して、足りなかったらその場で作れるようにしておいた。結局20人前売って、それ以外に持ち帰りが5人分くらいでたので、少し作り足してすべてなくなった。
今日は一日中天気が良く、また雨が降らなかった。
日中の温度27度、湿度38%。夜22度、60%。

スポンサーサイト

里帰り

なんでも今日はマイケル・ジャクソンの誕生日なんだそうだ。もし生きていれば51歳になったんだとか。そのためだかなんだか、最初からニュースを見ていなかったんで、良く分からないが、メキシコで1万3千人以上の人がスリラーの踊りをやったんだとか。皆それなりにちゃんと振り付けを覚えてるんだからすごい。やっぱりあのビデオは結構インパクトがあったってことか。
こちらアンティグアではサンフランシスコ教会に以前あったマリア像が里帰りするというので、その行列があった。夕方にドンドコ行進の音がするので、また独立記念日の練習かと思いうんざりとしていたら、ペトラがマリア像の行列が通るから見に降りて来いと呼ばれた。
すぐに下に降りて行ったら結構大勢の人が歩いてきて、その後から輿に乗せられたマリア像が来た。プロセッシオンだが、セマナ・サンタの時のような重苦しい音楽ではなく、行進曲のような感じの音楽を後ろに付いて来る楽団が奏でている。里帰りのおめでたい行進だからだろう。アンティグアには今晩一泊して、明日町中を回り、またグアテマラに帰っていくらしい。
今日も市場で買い物をしたんだが、ここの所昼過ぎに雨が降るので、急いで買い物をした。やはり昼頃になると黒い雲が出てきたので、すぐに帰ってきたんだが、その割には3時過ぎまで降らなかった。その雨もわりとすぐやみ、その後はまた夜に降った。
日中の温度26度、湿度52%。夜21度、72%。


すれ違い

2週間ほど勉強してくださった生徒さんが今日最終日で授業が終わってすぐにシャトルバスが迎えに来るといって帰って行かれた。彼女は日本から荷物を送ってもらっていたようなんだが、結局こちらにいる間に着かないままだった。
ところが午後に郵便配達が来て、もって来た荷物がなんとその生徒さん宛。見事なすれ違いだ。万一と思い宿泊先に電話してみたんだが、もう出発した後。どうしようもない。
送ってきた荷物を見ると8月19日に送っている。日本の19日だとこちらの18日になるので、ちょうど10日間かかったことになる。こんなもんだろう。ただ、エクスプレスと書いてあるんだが、これは残念ながらこちらでは速達も何もあったもんじゃないので、どうしようもない。以前も誰かが問い合わせた際に、速達といっても日本国内のことなので1日早くなるかどうかだと言われたという話をしてくれた。確かに速達でない荷物でも、10日で着いているものもあったと思うので、意味はないんだろう。
荷物の送り方ついでに、以前にも書いたが、アタバル宛に荷物を送るときの注意。宛名をローマ字で目立つように書いて、ATABALとは書かないでおいてもらいたい。荷物はちょっと大きいと郵便局に止まって、取りに来いという通知がくるんだが、その際にATABALと書いてあると、ATABAL名義で通知が来てしまうので、誰の荷物だかわからないし、受け取りの際にATABALの生徒だとか何とかを証明する手紙が必要になってくる。
今日は良い天気で暑くなった。昼過ぎに一瞬雨が降り余計ジトジトしてきた。その後もちょっと降った程度。
日中の温度28度、56%。夜21度、70%。


町の話題

今日も朝から曇りがちでちょっと肌寒かった。先生達は皆セーターなど上着を着ている。結構大げさ。まあアンティグアは常春と言われるくらい、気温が温暖なので、ちょっと暑かったり、ちょっと寒かったりすると、皆大げさなくらい着込んだり、薄着をしたりするように思う。
ここの所毎日のように書いている旱魃の問題は、やっぱり深刻なようだ。最近ではさすがに、こちらの人と会って通常の挨拶の後、この話題が出ることが多くなってきた。当然インゲン豆とトウモロコシがとれないということは、これらの値段が上がる可能性が高いわけで、庶民の食卓に影響が大きい。
今日の木曜日の市場ではその話題と、今の市長の話題。何でも今度は市場に野菜などを卸に来る人(要するに生産者)達の売る時間を規制したんだそうだ。午前2時から午前8時まで。午前8時になったら売れ残っていても、卸の人たちは店仕舞いしないといけないので、仕方なく投売りしたりしているらしい。今の市長さんはなんともあちこちで妙なことをやって問題を起こしている。
今週の日曜定食は餃子にした。いつもはこの木曜日の市で買い物をして決めるんだが、餃子は皮を注文して、事前に包んでしまうので、早い時期に決めておく必要がある。今週も月曜日には皮を注文し、昨日餡を作り、今日皮を買って来て、午後には全部包んで冷凍してしまった。これで安心。
午後に日が差して、また今日も降らないかと思ったら、夕方から降り始めた。
日中の温度26度、湿度62%。夜21度、70%。

行進の練習

これまたこの時期になると毎年気になる独立記念日の行進の練習。今年も相変わらずやっている。まあ以前に比べると期間も短くなっているし、そこら辺を行進しながらやるわけではないので、随分とましになった。少なくとも、1階の事務所の辺りではああ今年もやってるんだなと余裕をもって受け入れられる程度である。
本当に以前はいくつもの学校がドンドコ太鼓を叩き笛を吹いて、アンティグアの道を練り歩いていたので、学校が近くにいくつもあるアタバルのような所では朝から晩まで繰り返しいろいろな学校の行進が通るので、この時期は苦痛だった。
これが近年は規制されて、今は学校の前か中でしかやらないようなので、だいぶましになった。それでも2階の部屋にいると、あちこちの音が聞こえてくるので、アタバルの裏にある学校の行進の練習の音が良く聞こえる。以前の状態を経験してなければ文句の一つも言いたくなるかもしれないが、それを知っている我々としては、まあこれくらいかわいいものだとやり過ごせる程度だ。
今日は朝から曇っていて今にも降りそうな天気。毎日旱魃のニュースを聞いていると、本当に雨が降って欲しいと思うんだが、それでも午前中は雨が降らないまま。今日もだめかと思ったが、夕方になってやっと雨が降った。シトシトと降っているので、続くかと思っていたら、夜にはやんでしまった。恵みの雨とまでは行かないようだ。とにかく、朝からずっと曇っていたので、その分気温は低い。
日中の温度24度、湿度58%。夜20度、71%。

土を変えないと

ここの所以前のように野菜がきれいに出来なくなってきた。やはりプランターで作っているので、同じところで何回も作っていると土が痩せてくるんだろうということだ。ニラも細いのがちょろちょろ出来るだけだ。元気なのは雑草だけだ。
春菊や小松菜も全然だめ。そこでダニエルと相談して、いったん全部刈って、土を出して肥料を混ぜ、もう一度植えなおすことにした。お陰で今2階のプランターの菜園はかなり寂しい感じがする。以前のようにレタスがあり大根もありというのに比べると、寒々としている。まあこれで土を変えたり肥料を入れれば、またちゃんといろいろなものが食べられるようになるんじゃないかと期待しているんだが。
それにしても大根のように以前はちゃんと出来ていたのに、今は葉っぱが出てきたと思ったら、すぐに茎がするすると伸びて、根が太くなる前に、花が咲いてしまうものもある。これも土のせいなのか?
まあ幸い大根は最近市場でも時々手に入るので、これを見かけると買ってくるようにしているので食べるのには困らない。それにしても市場でもワンタンのおばちゃんが中華材料を売っているし、大根や白菜も手に入るし、以前に比べると随分と便利になった。
今日も一日天気が良く、暑いし、雨が降らない。昨日の晩のニュースでもグアテマラ各地で旱魃が深刻になっているといって、トウモロコシやインゲン豆が枯れているところを映していたが、一体いつになったら雨が降るのか。
日中の温度28度、湿度40%。夜22度、58%。

今年の花粉症

今年の花粉症は随分長い。いつもは8月の1時期になるだけなんだが、今年は7月からくしゃみがでている。その分症状が軽くて、これですむならまあ悪くないかなと思っていたんだが、今日は結構鼻も詰まってボーっとしている。もうすぐ8月も終わりなので、最後にひどくなったという事か。
相変わらず何の花粉が問題なんだか良く分からない。ペトラも目が痒いといっているから、日本人だけの問題ではないんだと思う。まあ目が痒いだけだったらそれほど不自由はない。この頭がボーっとする状態だけ何とかしてもらいたい。
グアテマラの人は皆この状態を風邪だと思っているんじゃないかという気がする。まあくしゃみがでて、鼻が詰まれば、風邪だと思うのは仕方ないだろう。いずれにしろ日本での花粉症の状態より期間は短いし、症状もやや軽いので、他の人もそうなんだと推定すると、風邪薬などを飲んで、しのいでいるうちに直ってしまうので、そんなに騒がれないんだと思う。
生徒さんの中にも毎年それらしい症状が出ている人がいる。ただ、皆花粉症はこちらではないものだと思っているらしく、風邪をひいたとか、ちょっとした鼻炎だとか思っているみたい。アメリカでもヨーロッパでもあるし、紀元前のローマ帝国時代にそれらしい記述もあるというくらいなので、グアテマラに花粉症があっても当然なのかもしれない。
それにしても雨は降らない。午後は花粉症が随分ましだった。
日中の温度28度、湿度44%。夜23度、60%。

今日も晴れ

今日の日曜定食はかき揚げで、17人分売った。先週もその前もかなり寂しかったので、今日もその程度かと思っていたら、思ったより人が来てくれて、ちょっとビックリするやら嬉しいやら。
終わって大急ぎでシャワーを浴び、店を閉めた。やっぱり夜9時閉店というのはかなり忙しい。最近9時閉店が知られてきたのか、9時前になって大急ぎで買い物に来る人が結構いる。やっぱり皆夜9時にどこの店も閉まってしまったら、不便なんだろうと思う。夜間学校の人や夜遅くに仕事から帰る人など、結構不便をしていると思う。
一部の店が組んで弁護士を立て、訴訟を起こしたというのは書いたと思うが、これにウチの店も誘われていた。ちょっと迷ったが、まあやめておこうと思っていたら、やっぱり訴訟を取り上げられなかったらしい。今は何でも夜間に見張りを立てて、市の警察が来たら一斉に閉めるんだとか。噂なので真偽のほうは知らないが、そんなこと上手くいくんだろうかと思う。ただ、皆いろんなことを考えてるんだろうとは思う。
幸い先日仕入れた文房具はそこそこ売れているようだ。まあだからといって、これで良いというほどではないが、他にもこういう新しい商品を考えないといけない。ペトラが野菜やら鶏肉やらを売ろうと言うので、これも検討中。
今日は朝から結構良い天気。一時雲が出てきたが結局雨は降らず。勝手な話で、日曜定食の時はあまり降らないで貰いたいと思う。
日中の温度27度、湿度48%。夜22度、61%。

ミスマッチ

昨日ペトラが冗談っぽく「パリス・ヒルトンに会いに行こうか?」というので、何事かと思ったら、どうやらグアテマラに来ているらしい。何でも慈善事業のようなことをしに来たんだそうだ。テレビに出てキャーキャー言ってるだけかと思ったら、そんなこともしてたらしい。それにしても唐突な感じがする。最初は全くの冗談だと思った。ところが今朝新聞を見たらソロラという、アティトラン湖のそばの村に行っていると書いてあった。ペトラはアンティグアにも来るんだと言う。しかもチャリティーの食事会のようなものをやるんだとか。まあどこまで本当で、どこからが冗談だか分からないので、こちらも本気で聞いてはいられないが、ご苦労なことだ。
それにしてもグアテマラとパリス・ヒルトンというのはすごいミスマッチという感じがしなくもない。ずっと以前「僕はハワイに行ったことがある。」(実はトランジットで空港に数時間滞在しただけ。)と言ったら、すごいミスマッチと言われたが、これはそれ以上じゃないかと思う。
今日は市場でいつも通り買い物をしたんだが、朝から雨が降りそうな天気だったので、大急ぎで、必要なものを買って、昼過ぎには帰ってきた。そうして焦ったわりには雨は降らず、むしろ昼過ぎからちょっと太陽も出たりした。その割には暑い。市場も人は多いような気がしたんだが、行く店行く店で、今日は売れないと愚痴を聞かされた。まだ月末の給料日には遠いので、皆節約しているんだろう。
日中の温度27度、湿度45%。夜22度、61%。

メッシュのチョッキ

今日は実に良い天気になった。良いというのも考え物で、これだけ天気が良いと暑いし、ここ数日少し雨が降って一息ついた農作物も、この調子じゃまたぐったりしているだろうと思う。人間でさえちょっとぐったりする。
バイクに乗っている人はかわいそうなほど。最近はバイクのナンバーを入れた黒いチョッキを着るのが義務なので、このくそ暑い中皆律儀に着ている。以前エスクイントラという太平洋側の町に行った人から聞いた話では、あちらではチョッキがメッシュになっているものを売っているんだそうだ。あの辺は標高もほとんどなくアンティグアよりずっと暑いはずなので、あの陽気でチョッキを着るのは辛いだろう。
先日書いたように、アンティグアに外から乗り入れる車の駐車料金に関しては最早あいまいになってしまった。バイクなどの駐車する場所に関しても同様らしいが、まだ守っている人も多いようだ。まあちょっとのことで、罰金を取られても馬鹿らしいから守るんだろう。こちらはアンティグア市の条例なので、全国的なチョッキの着用とはまた別なんだろう。
しかし、こうも暑いと日本の夏のようだ。今までは暑いのが苦手な母親に、こちらに避暑に来ればどうかと薦めていたが、こう暑いと、ちょっと薦めにくい。まあ夜が熱帯夜にならないというのだけが救いだ。
それにしても本当に今日は全く雨が降るそぶりさえ見せず、夜まで暑い。
日中の温度28度、湿度36%。夜22度、61%。

雨の音

昨日は雨が降らなかったと書いたら、なんと夜中にかなり降ったらしい。こちらはぐっすり寝ていたので全然気がつかなかったが、生徒さんが昨日の夜中の雨はすごい音がしたと言っていた。まあ屋根がトタンだったりすると結構な音がするので、気がつくんだろう。アタバルもラミルスという波型のプラスチックのようなものを、半透明で、光が入ってくるので所々に使ってるんだが、雨が降るとこれはかなり音がする。
どうしてもこういうのを使わないと、なんとなく室内が暗くなってしまうので、明り取りの工夫は一応している。日本の人に珍しがられるのは、コンクリの天井にガラスのブロックをところどころ入れて、やはり明り取りにしているもの。確かにあまり日本では見かけないのかもしれない。1階の各部屋には8個ずつこの15センチ四方のガラスブロックを入れているんだが、晴れているときはこれで電気をつけなくても十分に明るい。問題はこのガラスブロックとセメントの間から水が漏ったりすることがある点。何回かダニエルが穿り返したりしてだいぶ良くなったが、今でも大雨が降ると、漏ってきたりするところがある。まあこちらの床はやはりコンクリで濡れてもほとんど問題がないので、もうほとんど諦めている。
今日はやはり午前中市場に行き、買い物をしてきた。今週の日曜定食はかき揚げにすることにしたので、基本的に今日買うものはなかったんだが、土曜日に探さなくて良いように注文だけしてきた。
今日は朝のうちは天気が良かったが、昼に一瞬かなり強く降った。その後は夕方ちょっと降った程度。
日中の温度25度、湿度65%。夜21度、70%。


先日買った平べったいアジは結構おいしかった。時期が良かったのか、魚がそういう魚だったのかわからないが、少し脂も乗っていた。こちらの魚はあまり脂がないので、いつもちょっと物足りない気がする。まあこのアジだって日本のものに比べると脂があるとはいえないが、こちらで買ったものとしては良いほうだと思う。ただ、昨日食べた時点ではちょっと硬かった。そこでショウガ醤油とネギを混ぜたものに漬けておいて、今朝食べたら、少しましだった。良く分からないのは2匹買ったんだが、1匹は身が真っ白で、もう1匹はまあ普通のアジのように赤みのかかった身だった。同じ魚で、大きさも同じくらいなのに、こんなに色が違うのには驚いた。味そのものは、白いのも赤いのもそれ程変わらないように思ったんだが、強いて言えば白いものの方がちょっと脂があったように思う。
以前買ったガヨという魚は、小さい時は身はやや赤みのかかった程度なんだが、成長するにつれ、どんどん赤くなり、大きいものになると身は真っ赤になる。これもちょっと不思議だった。でも、ブリのように名前が変わる魚もいるんだから、身の色が変わる物だってあるんだろう。
それにしても昨日も結構雨が降ったし、今朝も晴れてはいたものの、周りの山を見ていると雲がかかっていて、今日も降るのは間違いないと思われた。ところが夕方になってむしろ明るくなってきてそのまま夜まで降らなかった。本当に今年の天気は良く分からない。まあここ数日の雨で周りの山の木も少し元気になったような気がする。
日中の温度27度、湿度56%。夜22度、70%。

床屋に行ってさっぱり

髪の毛を切りに床屋に行ってきた。以前この床屋のことは書いたと思う。今は12ケツアル(1.5ドル)でアンティグア最安の地位は、別の床屋に譲った。今は市場の近くの民芸品の市場の横にある床屋が10ケツアルのままがんばっていて最安。もう1軒10ケツアルの所があるらしいが、こちらはかなりへたくそらしいので、客の入っているのを見たことがない。まあ1回行き始めてしまったので、今のところ12ケツアルの所に通っている。
とにかく早いので助かる。今までは髪を切ってもらうというと前後で小一時間は覚悟しないといけなかったが、今日は午前10時半の休みが終わった後、床屋に行き、買い物をして、更に銀行で用事をして帰ってきてもまだ昼前だった。これだとかなり楽。
今まではちょっと髪が長くなってきて、鬱陶しい感じがしてもしばらく我慢していたが、今はちょっと長くなって気になるようになったら、すぐに切りに行くようになった。とにかくまだちょっと暑いので、気ってすっきりした。
それにしても昨日はかなり雨が降った。夜から朝にかけては結局降らなかったみたいだが昼のニュースでもカリブ海に出来た熱帯低気圧の話をしていた。ただ、地図で見ているとグアテマラからは結構遠いように見えた。それでも、これから勢力が拡大して台風になると言っていたので、その影響があるのかもしれない。それでも午前中は曇りがちだったんだが、昼には太陽が出てきて、天気が良くなり、気温も上がり暑くなってきたが夕方にはまた雨。夜にはほとんど降らなかった。
日中の温度27度、63%。夜21度、73%。

黄色くて平たいアジ

昨日の晩から降り始めた雨は、夜中降り続いていたようだ。4時頃に一瞬目が覚めたときも、かなり強い雨の音がしていた。朝起きたときもまだ降っていて、小降りになったと思ったら、また結構な勢いで降ってきた。それでも8時前後にはほぼやんで、学校に来る先生や生徒さんには良い具合だったと思う。
昨日もテレビのニュースで熱帯低気圧の話をしていたが、グアテマラはまだ遠いと思っていたんだが、やはり関係があるんだろうか。それにしても、午前中は雲は比較的多かったものの晴れて太陽も出て来たので、市場に買い物に行ったんだが、温度はともかく湿度が高いみたいで、歩いているとかなり汗をかく。
市場ではアジのような魚を買ってきた。ゼイゴがついているのでアジの仲間だと思うんだが、いつも買っているものに比べるとちょっと平べったい。こちらのアジの仲間で最も一般的なのはキノアと呼ばれる魚だと思うんだが、これは尾の方が黄色くて、コラ・アマリーヨ(尾が黄色いと言う意味)と言っていた。今までも売っていたのかもしれないが、買ったのは初めてだと思う。
日本にいた時からアジとイワシが好きだったので、アジがあるのは嬉しい。イワシだっていそうなものなんだが、これはどの魚屋も持ってないのはなぜなんだろうか。それとも見逃しているだけなのか。
午後からはずっと雨が降り続くが夜になってやんだ。
日中の温度25度、61%。夜20度、72%。

ちょっと寂しい日曜日

今日の日曜定食はマーボー豆腐で8人。かなり寂しかった。まあここの所大体低空飛行が続いていたので、まあこんなものかもしれない。仕入れ自体を少なくしていたので、それ程問題はない。豆腐はさすがにかなり余ったが、まあこれは湯豆腐でもすれば結構すぐになくなるので、それ程問題はない。
先日書いた総督の宮殿の改修だが、今始まったものなのか、それとも前からやっていて最近道路に近い方をやっているから、気がついたのか?と聞かれた。確かに奥の方をやっていたのだったら気がつかないかもしれないから、実はもっと以前からやっていたのかもしれない。でも今は工事しているが中にも入れるようになっている。改修後はどうなるのか分からないが、以前は警察やらがあったので、用のない限り中には入れなかったし、今は見ておく機会かも知れない。
朝から晴れていたが、雲は結構あった。昼頃から曇ったり晴れたりという感じで、結構暑かった。定食を作っている時はさすがに火のそばにいるので、汗が出る。今日もこのまま雨は降らずに、一日が終わるかと思っていたら、夜10時ごろになって雨が降り出した。ちょうど店員のセルヒオが帰る時間。最近近くのガソリンスタンドで働き始めたフランシスコと一緒にバイクで帰ると言っていたが、この天気じゃ、彼らの住んでいるサン・アントニオ・アグアス・カリエンテスの村につく頃にはびしょ濡れだろう。でもこれで少しは涼しくなってくれると良いんだが。
日中の温度26度、湿度44%。夜22度、64%。

地鶏の卵

市場に行くといろいろなものを売っているので楽しいんだが、最近良く買っているのが、地鶏の卵。田舎の家に行くと大抵庭というか、もうそこら辺で鳥が放し飼いになっている。この鳥をガイーナというんだが、このガイーナがやはりブロイラーの鳥肉よりもずっとおいしいというのは、以前書いた。
これが鶏肉だけでなく、卵も地鶏のものを売っている。もちろん普通の鶏卵よりちょっと高いんだが、我が家ではそれ程卵をたくさん食べるわけではないので、最近たまに食べる時にはこの卵を買うことが多い。
こちらは鶏肉ほどはっきりと味の違いは分からない。ただ黄身がしっかりしていて、色も濃いことが多い。一般的に普通の卵より小ぶり。ただなんとなくおいしいような気がするという程度だ。
これと一緒にアヒルの卵も売っているので、これを買うこともある。こちらは鶏の卵より大ぶりで、明らかに黄身の色は濃い。ただ値段もかなりのもの(1個5ケツアル=約0.6ドル)なので、たまに買うだけだがちょっと贅沢した気分にはなる。これ以外にたまに七面鳥の卵も見るがこちらはまだ食べたことがない。
今日も朝から市場に行ったんだが、昼頃から曇りだし、雨が降ってきたので、大慌てで帰ってきた。でも帰ってくる頃には雨はやみ、その後また日も差してきた。2階のベランダに出たら虹も出ていた。
日中の温度26度、湿度62%。夜23度、65%。

混乱している

昨日書いた店の話は、その後いろいろ聞いて回った結果、どうやら市場の前の並木通りの商店が集まって、弁護士を立て、訴えを起こしたということらしい。そのため市場の前の通りの店は今のところこの条例の対象外になっているんだとか。
これもまた良く分からない所だ。やるんだったら皆一律にして欲しいと思うんだが、そうはならないものなのか。一部の人たちが良くって、他は悪いとなるとかなり不公平なことになるんじゃないかと思うんだが。
そもそも、そういうごたごたが起きないように、ちゃんと法的にも根拠のあるような条例を作るって事は出来ないものなんだろうか?今の市長のやってることは、道路工事の問題やら、駐車料金の徴収やら、この店を夜9時に閉めることやら、どれもやり始めてから問題が起こって、途中でどうなったんだか分からないような状態になって、皆混乱をしているだけのように見える。
ただでさえ不景気で、皆商売をいろいろ工夫しながらしのいでいこうとしている時に、更にややこしいことをしてどうなるのかと思う。景気を刺激するようなことは考えないんだろうか?
今日は昨日以上に良い天気で雨は降らなかった。しかも夕方になって涼しくなるかと思ったら夜も結構暑く、じっとしていても少し汗ばむくらいだ。ベランダの植物も乾燥してくるので、今は1日2?3回水をやっている。
日中の温度27度、湿度45%。夜23度、61%。

様子見

ここの所入り口でやっている店の関係のことを良く書いているが、これが未だにややこしい状態が続いている。なんといってもちゃんとした情報がないことが問題。いろんな噂が入ってくるがそれが正確なものなのかどうかが全然わからない。
何しろアンティグアに外から入って来た車が駐車料を取られるという点に関して、以前市の警察の人が車の後を走って追いかけて料金を徴収していると書いた。それに関してバイクも白い線がひいてある所しか駐車できなくなった。ところがこれがまた曖昧なことになっているらしい。
どうやらそれはひどいと言うことで、市に対して裁判が起こされたんだとか。それで結局今は料金を取れなくなり、その料金を徴収していた市の警察の人たちも整理されて、随分人が減らされちゃったんだとか。それに関連してバイクの駐車に関しても、取り締まる人が減っちゃったからなのか、うやむやになっちゃっただけなのか分からないが、もう守ってない人もかなりでてきている。
更に店を夜9時に閉めるという点に関しても、これまた裁判を起こすとか起こされたとかで、また開けている店も出てきていて、今日も何人かの人にもう夜9時に閉めなくても開けておけばいいじゃないかと言われた。しかし、これも何が本当なのか分からないので、今のところ様子見しかない。
今週の日曜定食はマーボー豆腐。今日は午前中は天気が良かったが、午後ちょっと曇って雨を期待させたが結局降らず。
日中の温度28度、湿度56%。夜22度、65%。

総督の宮殿

昨日雨が降らないと書いたら、夜遅くなっていきなり雨が降ってきた。ちょっとビックリ。もう寝る準備をしていたので、慌てて洗濯物などを取り込んだ。ところがあっという間にやんでしまい、なんだか肩透かしを食ったよう。今朝はまた結構良い天気。なんだか天気にもてあそばれているような感じ。洗濯物自体は昨日屋根の下に移しておいて、今朝には大体乾いていた。
最近公園を通ると総督の宮殿で工事をしているのが見える。どうやら以前から話題にはなっていたもののなかなか始まらなかった。改修工事が始まった模様だ。もともとこの建物には警察や観光局などが入っていて、一般の人は中にはいることが出来なかったんだが、改修してその後どうなるんだか。何か観光客が見て楽しいような施設にしてくれると、良いんだが。
それにしても改修の話が出て、警察などが出て行ってから随分かかったもんだ。もう1年以上経ってるんではないだろうか。まあ何でも時間がかかる国だが、それにしてものんびりとしたものだ。
結局今日も夕方から曇ってきて、今日も降るかと思ったが、結局そのあとまた太陽が出てきて、雨は降らないまま夜になった。ニュースでは台風の話もしているし、まあ昨日も同じような状況で夜雨が降ったので、なんとも言えないが、今日も少しくらいは降って欲しい所だ。
日中の温度26度、湿度48%。夜21度、65%。

旱魃

まあここの所毎日のように書いていることだが、雨が降らない。ニュースを見ていると日本でも冷夏で農作物への影響が心配されていると書いてあるが、こちらもそういう点では同じような状況で、深刻な問題。
今朝の新聞を見ていると、この旱魃でトウモロコシの収穫が40%減る心配があると載っている。これはグアテマラでは深刻な問題だろう。もうご存知だと思うが、グアテマラの主食はトウモロコシ。トルティーヤとして日本のご飯代わりに食べるだけでなく、チュチート、タマルを始として、その他トウモロコシを材料とした料理もたくさんあるし、良く食べられている。これが減ってしまって、値段も上がると、グアテマラの各家庭への影響は大きいだろう。
昨日もグアテマラシティーに行く時にタクシーの運転手と話をしていたら、彼は最近太平洋側のエスクイントラ(低地なので暑い。)に行ったが、アンティグアも同じくらい暑いので、あまり暑く感じなかったと言っていた。似たようなことを太平洋側の低地の村からアンティグアの市場に売りに来てるおばちゃん達も、言っていた。低地から高地のアンティグアに来ても、涼しいとか寒いとか、あまり違いを感じないんだそうだ。
なんともヘンテコなことになっているようだ。それにしても毎年のように異常気象といわれているが、こうなってくると何が正常で、どれが異常だか分からなくなってくる。
今日も結局雨が降らず一日中良い天気。
日中の温度26度、湿度47%。夜22度、60%。

久しぶりに

グアテマラシティーに行った。今年に入って初めてといって良いくらいだと思う。ペトラが頼まれていた、ビザの保証人の件でイミグレに行ったんだが、本当に久しぶりのことなので、なんだか珍しいものが多く、おのぼりさんの様な状態だった。
イミグレの保証人の件に関しては、結局上手くいかなかった。やはり前に書いたように2万5千ケツアル(3千ドル強)の収入が必要との事。しかし、ちょっと粘って聞いたところでは2万5千ケツアルの預金を持っていればそれでも行けそうなことを言っていた。これだったら行けるかもしれない。ただ、過去3ヶ月に渡ってこの金額の預金を持っていないといけないので、急にお金を振り込んで残高証明を取るだけではさすがにだめらしい。でも、毎月の収入を3千ドル申告する人を見つけるより、銀行に3千ドルの預金を持っている人を探す方がいくらか可能性があるように思う。
それにしてもグアテマラシティーへ入っていく道沿いには、大小のショッピングセンターが立ち並んでいる。ちょっとした流行のようだ。これが皆ちゃんと客が入っているのかは怪しいように思うが。昼前と昼ご飯を食べるのに、そのショッピングセンターの内の2つに立て続けに入ってみたが、それ程人がいるようには思えなかった。まあ月曜日の昼の12時前後だったので、もともと人の少ない時間だったのかもしれない。
それにしても今日は実に天気の良い日で、朝のうちこそ少し肌寒かったが、昼からはかなり暑い。
日中の温度28度、29%。夜22度、53%。


8月の休暇

昨日は夜にもかなり雨が降ってホッとしたが、今日はまた降りそうで降らない天気が続いている。これはどうしたことだか。まあ雨が降ると週末にアンティグアに遊びに来るお客さんたちも来にくくなるだろうから、そういう意味では良いんだが、さすがにこう続くと農作物のことやら何やら心配もある。
8月は一般的にエルサルバドルのお客さんでアンティグアは賑わう。何でもエルサルバドルは8月は休暇を取る時期なんだとか。グアテマラは8月に決まったわけでなく、1年働いたら15日分の休みがもらえるという仕組みなので、そういう決まった時に皆が休みを取るということはないんだが、エルサルバドルは違うらしい。もちろんアンティグアだけでなくグアテマラ全体にくるんだが、やはり代表的な観光地であるアンティグアにはたくさんのエルサルバドルの人が来るようだ。
いつもこの時期向かいのホテルパンチョイはエルサルバドルから来たバスが通りに駐車している。ところが今年はこれを見かけないので、ちょっと心配していた。エルサルバドルも結構不景気らしいし、その影響なんだろうか。町にもあまりエルサルバドルの人を見かけないという話も聞いた。
今日の日曜定食は魚の照り焼き。エスパーダという魚をはじめて使ったんだが、脂も乗ってておいしかった。ペトラ用にシイラも漬けておいたんだが、この料理にはシイラよりエスパーダのほうがおいしいと思った。12人分売れた。
結局夜まで雨は降らず。
日中の温度26度、湿度51%。夜21度、62%。

やっと雨

いつもの土曜日と同じで、今日も朝から市場に出かけた。買い物をしていて、かなり人出があったように思っていたんだが、店の人たちはあまり売れないとぼやいていた。人が多いわりには買い物をしないらしい。これも不況の影響で、みんなちょっとづつ節約をしているんだろうか。
魚屋を2軒回り明日の用意と自分用の食材を購入。魚屋にはいつもハモを頼んでいるんだが、最近は一向に持って来ない。ハモには時期があるんだろうか?それとも安いので、あまり熱心に探してくれないんだろうか。今日は久しぶりにヒラメを売っていた。以前は良く見かけたんだが、これも最近あまり見かけなかったものだ。買いたい気はあったんだが、今日は帰ってから明日の準備などやることがあるので、捌くのが忙しいような気がして見送った。ちょっと残念。
そうこうしている内に、なんだか雲行きが怪しくなってきたので、急いで買い物を終わらせ、荷物を集めて、アタバルに戻る。その段階で既にパラパラと降り始めていた。ここの所雨が降らず、家で農業もしているダニエルやらセルヒオやらは水遣りが大変だと言っていた。ところがすぐにやんで日が照ってきた。これはまただめかと思ったら、やっぱりその後しばらくしてすごい勢いで降ってきた。その後は断続的に強く降ったりやんだり、その後またシトシト降ったり。ただ、これで涼しくなると期待していたんだが、こちらは期待はずれで夜になってもなんだか暑い。
日中の温度27度、湿度48%。夜22度、73%。

アンティグアで商売

アンティグアには今アタバルの元生徒さんがやっているレストランが2軒ある。一つは「歌舞伎」という日本料理店で、中央公園から1ブロックの町の中心部にある。もう一つは「ピッツェリア・サンタ・ルシア」というピザ屋さんでこちらは公園から北に3ブロックほど行ったところ。
「歌舞伎」は今オーナーが自らキッチンに入って腕を振るっているので、ちゃんと日本人の作った日本食が食べられるし、「ピッツェリア・サンタ・ルシア」は一人で全て切り盛りしている。生地が厚めのアメリカ風のピザでなく、薄くて周りが膨らんでいる日本人好みのピザが食べられる。どちらも手ごろな値段に抑えているので行きやすいと思う。
まあ今年はニュースでもアンティグアは旅行者の数が減っていると言っていたくらいなので、どんな商売でも楽に儲けることは出来ないと思う。しかも、市からいろいろ規制されたりして、大変な状態ではあると思う。それでもこうして皆がんばって商売を続けているのを見ると、まあ自分ももうちょっとがんばらないといけないかと思わされる。
それにしても入り口の店を夜9時に閉めていると、他の店はまだ開いていると言われることが多い。噂では今は条例を守っていない店をチェックしていて、今月10日から一斉にそういった店に罰金をかけていくんだということだ。まあこちらはちゃんと守っているので、今後の推移を見守るしかない。
今日も午前中曇り午後少し晴れといった感じで雨は降らない。
日中の温度27度、湿度43%。夜22度、64%。


相変わらず雨が降らない

昨日の夜ニュースを見ていたら、台風が近づいているというようなことを言っていた。これでまた雨が降るかと思っていたら、今日もなんだか雨が降りそうで降らない。本当にどうなってるんだろうと思う。まあそう思ってるのは僕だけではないようで、最近知り合いに会って話をしていると、そんな話題になることも多い。
ニュースついでに、昨日書いたイミグレの局長の交代についてだが、やっぱり間違いではなかったようだ。やはり昨日寝る前に聞いたニュースで言っていた。なんだか他の省(どこだったかは忘れた。)からの横滑りだったようだ。とはいえ、これから何らかの変化があるのかどうかは分からないので、様子見であることには変わりない。
今日は午前中市場に行って買い物をしてきた。昨日過去の日曜定食の記録などを見て、マーボー豆腐でもしようかと思っていたんだが、そんなこと考えている時に豆腐屋さんが急に来て、今週は車の整備をするので、今日しか来られないと言って、2つだけ持ってきた。これじゃとってもじゃないけどマーボー豆腐を出すことは出来ない。
それで、今日市場をウロウロしながら考えた。結局魚の照り焼きをすることにした。魚はエスパーダというので嘴の尖ったカジキの仲間のような魚だと思う。身は真っ白。これを付け焼きにするつもり。帰ってきて処理をしたんだが、シイラなどより脂があるように思った。付け合せにイモサラダを作るつもり。
結局雨は降らないまま。夜になっても結構温度が高い。
日中の温度27度、湿度45%。夜22度、62%。

お役所

昨日こちらのビザの話を書いていたら、なんとペトラがラジオのニュースでイミグレの局長が替わったと言っていたと言う。それで今朝は新聞で確認したんだが、そういった記事は見つからなかった。まあイミグレの局長が替わったなんて、一般の人には基本的に関係ないし、興味もないだろうから、載ってないだけかもしれないが、周りに関係のある人が何人かいるので、こちらはちゃんと知りたい所だ。
グアテマラの場合日本と違って、公務員も別に終身雇用ではなく政権が替わると、特に役所の上層部の人たちはガラッと替わり、それに連れて、その下の人も替わったりする。そのためビザの審査の基準なども、これまたつられて変わることも多い。
とにかく前の政権の時は今より簡単に取れていたので、これも政権が変わることにより、イミグレの基準が変わってきたということなんだろう。こうなると政権は変わらなくともトップが替わったら何らかの影響がある可能性があると思うのは、ある意味自然な仮定だと思う。昨日書いた話では保証人の収入に2万5千ケツアルというのを設定し、徹底させようとしていたのは前の局長だったということなので、もしかしたらちょっとゆるくなるんじゃないかと期待もするが、まあまだなんとも言えない。いくらなんでも替わってすぐに影響が出るものか、しばらく時間がかかるものなのか、これも良く分からない。
なんと今日も雨が降らなかった。晴れ時々曇りという感じのすっきりしない天気なのも相変わらず。
日中の温度25度、湿度50%。夜20度、62%。

保証人

ここの所グアテマラの滞在ビザを申請している人がいる。観光ビザであれば入国時に問題なく90日の滞在期間が貰え、その後も90日延長することが出来る。ところがこちらに住んで、滞在ビザを取るとなると、保証人が必要になってくる。この保証人が今なかなか難しいようだ。
何しろ保証人になるためには毎月2万5千ケツアル(3千ドル以上)の収入を申告している人でないといけないという。会社を持っている人でも、会社の収入としてはこの位あるかも知れないが、個人の収入として、これだけを申告している人なんて、そうはいないだろう。今年から出入国管理局の局長が新しくなって、こうなったんだと言われた。
これは中米の人だと5千ケツアル。北米の人だと1万ケツアルと変わる。随分違うと思うが、多分保証人となった場合、その保証する外国人が経済的に問題があった時に、その面倒を見て、いざとなると本国への帰国費用などの面倒も見る必要があるというところから来ているらしい。
それにしても以前はそんな煩いことを言われなかったんだが、最近は厳しくなってきているのがこれだけを見ても分かる。とはいえ、その点を何とかすれば滞在ビザが取れてしまうんだから、他の国に比べるとまだまだ簡単と言えるのかもしれない。
今日も曇ったり晴れたりのどうもすっきりとしない天気だったんだが、結局雨は一瞬小雨が降った程度。
日中の温度25度、湿度50%。夜22度、63%。

アドバド

今日の午前中市場に行ってきた。市の日である月曜日に市場に行くのはいつものことで、土曜日に買い損ねたものやら、ちょっと足りなかったものなどを買ってくる。まあ今日は幸いそれ程買い物もなかったので、顔なじみの店などによって、立ち話したりして帰ってきた。
いつものワンタンの皮を売っているおばちゃんのところにも顔を出し、いろいろ商売の話などを聞いてきた。まあワンタンの皮を市場の中で持って歩いて売っていたのが、今はちゃんとそこそこの大きさの場所も確保して、ワンタンの皮ばかりでなく、中華の調味料やら、麺やら、いろいろなものを売るようになっただけあって、商売のこともいろいろ考えているようだ。こちらが今夜9時に店を閉めなければならなくなり、売上が落ちたと言うと、いろいろアドバイスをされ、励まされた。
先日ペトラがおばちゃんに食べ物をあげたので、その御礼にといってアドバドを貰った。アドバドというのは豚肉を様々な香辛料に漬け込んだもので、これを焼いて食べる。好きなグアテマラ料理の一つだ。当然家庭により香辛料の種類や配合が違うようで、おばちゃんのはニンニクの匂いがかなりする。ニンニク好きの僕にはとても良い匂いだ。
今日も曇りがちだったものの、結局雨は降らなかった。本当に雨季なのにどうなっちゃったのか。雨が降らないとやっぱり夜になってもヒンヤリするというほどにはならない。もうちょっと涼しい方が寝やすいんだが。
日中の温度27度、湿度49%。夜22度、62%。

訃報

今日は悲しいニュース。約12年前から10年前まで途中でちょっとした中断をはさんで2年間アタバルで勉強された小泉渓さんが2日亡くなられた。アタバルのホームページからリンクしている、渓さんのAntigua Reportの作者でもある。もともとカソリックの信者でいらしたので、こちらの教会の行事なども積極的に参加され、楽しいレポートを書いていらっしゃったので、お願いしてホームページに載せる許可をいただいたものだ。
旅行会社に長い間お勤めされた方だったので、外国の暮らしにも適応され、楽しんでいらっしゃった。しかも2年間もいらっしゃったので、その間アタバルで勉強された人たちの面倒も良く見て下さった。きっとお世話になった人も多いと思う。
我々もペトラと籍を入れた時には、立会人をしていただいた。更に、日本に帰られてからも僕が日本に帰った時に時々お目にかかり、いろいろ親身になって相談をいただいた。
葬儀は8月4日(火曜日)カトリツク逗子教会12時?13時との事。グアテマラにいては何もできないが、遠くからご冥福をお祈りするだけだ。渓さんと同時代にアタバルで勉強していた人たちにも連絡をしたいのだが、残念ながらもう10年も前のことなので、連絡先が分からない人の方が多い。そこでこのブログでお知らせを書くことにした。
今日は曇り勝ちの天気だったが、雨は降らなかった。日曜定食は牛肉のオイスターソース炒めで16人。
日中の温度26度、48%。夜22度、62%。

生活のリズム

最近入り口の店を朝6時から夜9時までの営業にしたために、店員が夜には家に帰るようになった。そのため朝6時に来た店員を店に入れるために毎日6時前に起床という羽目になってしまった。まあ今まで大体6時半に起きていたので、それ程早くなったわけではないんだが、ちょっと生活のリズムが狂う。6時に店員が来てしまうとこちらはすることがないので、朝ごはんの用意をするんだが、7時前には出来上がってしまう。ちょっと朝7時にご飯というのは、なんだか早い気もする。
ATABALの授業が始まるのは8時なので、朝ごはんを食べてからでも結構時間がある。これもなんとなく変な気分だ。この時間をあまり無駄にしないように、今日は日曜定食の用意をしてみたり、いろいろ工夫をしている。
当然夜は早く寝るようにしていて、夜中の0時前にはベッドに入ってる。今まで0時前にベッドに入るなんて、具合が悪い時かよっぽどくたびれた時くらいだったので、最初のうちはなんとなく変な気がして寝つきが悪かった。
まあ今までずっと続けてきた生活パターンを変えるわけだから、なかなかすぐには全てが上手くいくわけではないが、様子を見ながら、少しずつ微調整をしていくしかないだろうと思っている。
今日は市場で買い物。月の初めなのでものすごい人。朝から曇りがちで雨が降るかと思ったが、市場に行くときに小雨が降った程度。
日中の温度27度、湿度45%。夜22度、67%。