スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大晦日

いよいよ大晦日。日本は今頃もうお正月なんだろうが、こちらは15時間遅れなので、まだ大晦日。それにしてもここの所寒い日が続いていたので、今日も寒くて店番をするのは大変だと思っていたが、今日は天気が良く日中はかなり温度も上がって過ごしやすい。
市場に買い物に行ったが、24日ほどではないものの、かなりの人出。人のこと言えた義理ではないが皆まだ買い物をするのかと思う。店も確かに閉めているところもあるが、昨日とそれ程替わらないくらいたくさん出ている。「フェリス・アニョ(良いお年を)」などと言って、年末の挨拶をして回った。
とにかく今年はインフルエンザを契機にアタバルの方は生徒さんががくっと減ってしまったり、入り口の店のほうは市の決まりで24時間営業が出来なくなったり、とにかくいろいろなことのあった年だった。
まあそれでももう来年で5年目となるネット授業は生徒さんも少しずつ増え、こちらでの生徒さんの少ない分を少しくらいは補ってくれる程度になってきた。店のほうも24時間営業が出来ず、ビールも売れずで売上が落ちて困った挙句、チャーハンと焼きそばを売り出して2ヶ月とちょっと。宣伝はしていないが口コミでだいぶ売れるようになってきた。そんなこんなで、何とか今年も年越しを迎えることが出来た。
今年も1年間ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
日中の温度25度、湿度49%。夜19度、66%。
スポンサーサイト

今年最後の授業

今日は今年最後の授業。ついこの前今年が始まったばかりという感じがするのに早いものだ。それに今年は木曜日、金曜日が休みとなるので、余計に早く感じるように思う。本当に3日間の授業なんてあっという間に終わってしまう。
今日は午前中大急ぎで市場に買い物に行く。今週も市場は水曜日も市の日となるので、なかなかの人出。まあ先週に比べるとそれでもだいぶ人は少ないように思う。とにかく必要なものを買い、さっさと帰ってくる。
それにしても、本当に今年も例年に比べカレンダーやらザルやらほとんどもらうことがなかった。去年も不景気の影響か本当に少なくて、驚いたが、今年はそれに輪をかけて少ないように思う。やっぱり不景気の影響なのか、去年カレンダーなどを渡さないで節約してそれに味をしめたのか良く分からないが、どうもザル1つ、カレンダー2つ、コップ1つといった状態。
カレンダーは事務室内に大きなものかけるようにしているんだが、これもまた全然もらっていない。どっかで売っているんだろうか。日本だと年末やその前からあちこちでカレンダーを売っているのを見かけるが、こちらではほとんど見かけない。皆どうしているんだろうと思う。年明けにコピー屋さんからいつも大きなものをもらえるので、これに期待するしかないか。
今日は天気が良く、多少暖かい一日。
日中の温度24度、湿度57%。夜19度、65%。

ゴマ製品

グアテマラはゴマの産地でゴマを日本にも輸出しているという話を以前に書いた。今日そんな話をしていて、グアテマラ産のゴマペーストを売っているという話を聞いた。これはアラブ系の人がレタウレウというメキシコに近い方の太平洋岸の村で作っているらしい。あまりそういうイメージはなかったが、どうやらアラブの人たちは結構料理にゴマを使うらしい。
今までゴマペーストは中国の芝麻醤というのを買って使っていた。ところがやはり現地で作っているだけのことはありこのアラブのゴマペーストの方が割安らしい。タヒニというらしいが、今度からこれを買おうと思う。
それにしてもアラブの人たちはごま油は食べないんだろうか?ごま油が好きなんだが、かなり高い。それでどうしても、ちょっとケチったような使い方をしてしまう。それに基本的にアンティグアの店では売っていないというのも(小さいサイズのものは売っているんだが、これは更に割高になる。)これは中国や韓国の食材店で日本のカドヤのものを買っている。中国の食材店など他の中国のメーカーのものも売っているんだが、店の人は少し高いが品質はこれに限ると言ってカドヤのものを勧める。という訳でこのカドヤのものを買っているんだが、これが安くてアンティグアでも気軽に手に入るようになると実に便利なんだが。
今日も小雨が降ったりする寒い一日。
日中の温度21度、湿度62%。夜19度、69%。

マチスモ

先日の自分で店番をしていた時に妊娠検査薬を買いに来た若い女性の件だが、実はあの日の閉店間際にもう一度来た。どうやら妊娠をしているように祈ってくれと言っていたらしい。ただ結果の方は思ったように行かなかったようで、夜遅くに別のものを買いに来て、フェルナンド小に6年間ずっと子供が出来るように望んでいるのに、だめなんだと、ガックリした様子で言っていたんだそうだ。
どうもこちらでは子沢山の家庭が多く、出来ない方が良い状況のところで子供ができている人も多いので、どうも不妊の問題などあまりないように思いがちだが、やはりこういう問題はどこでもあるものだ。というか日本では不妊治療の看板を出しているお医者さんなどもあるようだが、こちらではそういうものにあまり注目されていないので、逆に大変なのかもしれないとも思う。
ペトラが言うにはその上マチスモ(男尊女卑的な考え)というものがあり、未だに子供が出来ないと女性のせいにされる例も多いんだそうだ。まあこのマチスモというのも未だに根強くあるらしい。それにしては頼りない男が多いように思うんだが、どういう事なんだか。頼りないからそういう物に頼らないといけないんだろうか。
今日は朝から小雨が降ったりして、また寒い一日。昼になっても太陽が顔を出さず、ずっと気温が上がらないまま。なんでも今週はずっとこんな天気で雨も降ることがあるらしい。乾季じゃないんだろうか?
日中の温度20度、湿度64%。夜18度、70%。

久しぶりに暖かい日曜日

日曜定食のアジフライは結局14人分売れた。本当は最後に2人できた人がいたんだが、その時には1人分しか残っていなかった。市場でアジを2匹おまけにもらったので、22人分作ってあったんだが、自分達で食べたり、持ち帰りがあったりで、14人分でなくなってしまった。本当はそれでも2人分とってあったんだが、遅くなって、こちらも腹が減ってきて、もう来ないだろうと思い、一つつまんだ直後だったのが痛い。まあそんなこと言ってもしょうがないが。
それにしてもスープからご飯からアジまできれいになくなったので実に気持ちが良い。やっぱり食べ物は残ると気になるし、どうしようもなくて捨てるのはもっと嫌だ。そういう意味ではたくさん売れるのも嬉しいが、こうしてきれいになくなるというのもそれと同じくらい嬉しい。
昼には久しぶりにカルバリオに行って、地鶏のスープを食べようと思った。ところが今日は店が出ていない。おばあちゃんがアメリカに行くって言っていたので、それで帰ってきていないのか、それともクリスマスだから休んでいるのか分からない。こちらの人は子供がアメリカに出稼ぎに行っているといった境遇の人がかなり多いので、クリスマスなどに向こうから帰ってくるばかりでなく、こちらから訪ねて行く人も結構多い。特に年をとっているともうアメリカで働くこともないということでビザがおりやすいのかも知れない。今日は天気が良く、暖かい。夜もあまり寒くならない。
日中の温度24度、湿度53%。夜18度、65%。

クリスマスの後

今日は土曜日なのでいつも通り市場に行った。さすがに人が少ない。通常の市でない日程度しかいない。スーパーにも行ったがこちらも人が少ない。まあ皆クリスマスでお祝いして疲れているんだろう。それにクリスマスの食べ物もまだ残っているのかもしれない。実際チャーハンや焼きそばもほとんど売れなかった。
まあその方がこちらも買い物がしやすい。スーパーなど普通土曜日だとレジが混んで並ぶのが嫌になるくらいなんだが、今日はさっさと買い物を済ますことが出来た。まあどこもクリスマス前に稼いでいるわけだろうから、今日はこんなもんだと思っているんだろう。自分自身も一昨日の昼過ぎから昨日一日一応店番をしていたので、ちょっとお疲れ。明日のアジフライの準備は大体出来ているんだが、パン粉だけがまだだ。そこで今回はコーンフレークのフライ粉を買って使おうと思っていたんだが、なんと売り切れ。何でももう作るのをやめちゃったんだとか。このコーンフレークの粉は結構きれいに揚がるので気に入っていたんだが、残念。やっぱりちゃんとパン粉を作れということかと思い直し、パンを買おうと思ったんだが、パン屋も閉まっているところもあり、開いていても残り物程度しか売ってなかったりもする。手抜きするなということかと思いながら、とりあえずパンを手に入れて、パン粉を作った。
今日は朝はかなり冷え込んだが、日中は晴れて暖かく、夜もここ数日のように寒くならなかった。
日中の温度24度、湿度55%。夜18度、67%。

今日も昨日に続いて店番。まあたまにはこれも楽しい。その上フェルナンド小が店番を手伝いに来てくれたので、非常に楽だった。日本でもそうなのか、ラテン系の人はやっぱり思っていることを腹のうちにためておけないのか、良く分からないが、結構いろんな人がいろんな事を言って買っていく。一人の若い女性が妊娠検査薬を買いに来て、お金を払い帰る時に、「私の幸運を祈っていてね。」と言われた。全く知らない人だし、妊娠していると良いのか悪いのか判断もつきかねる。これでは一体どう幸運を祈れば良いのか分からないので、考えていたら、調子良い小は「いつでも相談にのるよ。」などと言っている。
それにしても朝は7時に開けたんだが、やっぱりこの日のこの時間は全然誰も歩いていない。その後も午前中はお客さんはポツポツ。皆昨日夜更かしをして、遅くにご飯も食べているので、例年こんな調子だ。
その後はやはり消化剤とガス入りのミネラルウオーターが売れる。これも毎年のことだが、ミネラルウオーターはこちらで腹具合が悪い時に良く飲まれるもの。不景気といってもやはり皆この日だけはタマルやら、いろいろご馳走を作ってたくさん食べるんだろう。
午前中の客の少ない時間に今度の日曜定食のために、ソース作りをした。これは鍋に一杯作り、しばらく煮込むので、暇な時にかき混ぜながら作るのに適している。それに作り立てよりも、ちょっと置いた方が良いようなので今日作っておいても悪くないだろう。
今日も朝は12度とまたかなり寒かったが、天気が良かったので、昼はかなり暖かい。
日中の温度24度、湿度55%。夜17度、65%。


クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。店員が昼過ぎに帰ったので、その後店番に入る。去年は元店員のフランシスコやヘルベルが失業中だったので、クリスマスと正月に休みになる店員の替わりに働きに来てくれたので、店番をせずにすんだ。今年は2人とも働いているので、そういう訳にも行かない。それで2年ぶりに店番。とはいえ、今まで毎年やってきていることなので、そんなに問題もない。
今日は昼間では焼きそばやチャーハンも売れたが、僕が店番に入ってからはそれぞれ1つずつ売れただけ。やっぱりクリスマスは皆家でいろいろな食事を用意しているわけで、わざわざチャーハンや焼きそばを食べようという人はいないんだろう。今朝ダニエルが来て、どのくらい作るか相談した時に少なめにしておいて正解だった。その代わり良く売れるのが携帯電話のプリペイドカード。やっぱりクリスマスには皆家族やら恋人やらに電話しようと思うんだろう。
アンティグアの一般的なクリスマスイブの習慣としては、夜は食事をほとんどせずに、夜中を待って、皆でタマルを食べることになるんだが、我が家はそういうことにはならず、夜7時過ぎにはペトラが作った鳥の料理を食べた。これは先日ペトラが思いつきで作って、おいしかったので、これをクリスマスイブに食べようと話をしたもの。
今日も朝は寒かったが天気が良かったので昼はかなり暖かくなった。市場に買い物に行ったがものすごい人で歩くのも大変。聞いた話ではかなり遅くまでクリスマスの買い物をする人で賑わっていたらしい。
今週の日曜定食はアジフライ。
皆さんも楽しいクリスマスをお過ごしください。
日中の温度23度、湿度52%。夜16度、60%。

クリスマス前の買い物

今日の授業が今週最後の授業。なんだか水曜日に終わると本当に早い。先生達は4連休になるので大喜び。まあこちらは週の半分以上が休みになってしまうと商売上がったりなんだが、来年は25日が土曜日になるし、再来年は24,25日が土、日曜日となる。今年だけの辛抱というところ。
通常は木曜日が市場の日なんだが、これまた木曜日がクリスマスイブなので、今日が市場の日となる。まあ明日もそれなりに店は開いているはずだが、野菜などは今日のほうが多いようだ。それにしても市場はかなりの人出。皆クリスマス前の買い物をしているわけだが、トマトなどは相当値段が上がっている。クリスマスには皆タマルというトウモロコシの粉で作ったちまきのような物を食べるんだが、これにトマトがいるから(といってもグアテマラの料理はトマトを使うものがほとんどなんだが)ということだが、ごく小さいトマトでも1ポンド(約500グラム)で約0.3ドルと言われたのには驚いた。
スーパーにも寄ったんだが、やっぱりたくさんの人が買い物をしている。それにしてもまだ会社などは休みじゃない所も多いと思うんだが、買い物をしているのは主婦ばっかりなんだろうか?と思う。皆ボーナスをここでかなり使ってしまうんだろう。
今朝は14度。昨日よりは2度ほど上がっている。その上午前中は天気が良かったので、少し温度が上がってきたが、昼前には曇り始め、思ったほどは温度が上がらなかった。また雨が降らないと良いんだが。
日中の温度20度、湿度63%。夜16度、73%。

少し暖かくなった

昨日は実に一日中寒くて参ったが、今日も朝起きたときは猛烈に寒かった。温度計を見るとなんと12度。これは寒い。昨日のニュースでは今日は天気も良くなり暖かくなるということだったが、日が出たばっかりではまだ温まりようもないんだろう。
幸い天気予報は当たり、日中は天気が良く、温度も順調に上がってきた。10時ごろに外から入ってきた人は、「暑い暑い。」と言ってTシャツ一枚だ。ただ、風はまだ冷たく、家の中が暖かくなるまでは時間がかかるのか、こちらはまだ暖かいベストやジャンパーなどを着ている。
しかし、日本から帰ってきてあっという間にクリスマスが近づいてきてしまった。なんとも慌しい。一つの山であるボーナスの支払いだけは済ませたので、その点ではホッとするが、あとは私的な様々な雑用がある。
日本に行っている間にチャーハンと焼きそばの売上が伸びている。以前はチャーハンの方が良く売れていたんだが、僕が留守にしている間に逆転して、焼きそばの方が売れるようになっている。まあこれに関しては予想していた。もともとグアテマラの人たちは焼きそばの方がすきなんだと思う。ところが最初にソース焼きそばにしてしまったので、これに慣れてない人たちが戸惑って、一般的な味付けにしておいたチャーハンの方が売れていたんだと思う。これをとろみのつけた餡をかけた、焼きそばに変えて、それが浸透するのにこれだけの時間がかかったということだろう。
日中の温度24度、湿度49%。夜16度、66%。

寒い

昨日は昼から夜までずっと雨が降り続いたが、今日も朝起きたときにはまだ少し雨が降っていた。その後やんだが曇ったままで、ものすごく寒い。15度くらいだ。先生や生徒さんたちもかなりの重装備で授業をしている。
昼になっても雲がかかったままで、相変わらず寒い。今年一番の寒さではないだろうか。そもそもグアテマラで寒くなるのは12月、1月なんだが、この時期は乾季なので、大抵天気が良く、そのため、日中は日が照って暖かくなるのが普通。12月であっても昼はTシャツ一枚ということは珍しくない。ところが今日は昼前に市場に買い物に行ったんだが、その時でさえ一番暖かいベストを着ていたほど。
その後夕方になってやっと日が差してきて、むしろ昼より少し寒さが和らいだんじゃないかと思う。まあそれでも十分に寒かったが。町中を歩いている人たちも白人さん(彼らはよっぽど寒いのに慣れているのか、こんな時でも短パンを穿いてたりする。)以外はやはりかなり着膨れして歩いている。
それにしても温度を見ると18度,19度はあるわけだ。ちょっと前までいた日本では10度なんてざらだったのにここまで寒く感じなかったどころか、今年は去年より暖かく感じて随分楽だったように思う。日本でその日の最高気温が18度とかいうと、今日は暖かいと思ったもんだ。なんとも不思議な感じがする。
ニュースを見ていると明日は晴れて、気温も少し上がってくるらしい。
日中の温度19度、湿度57%。夜15度、69%。

久しぶりの日曜定食

今日は朝から曇っていて寒い一日だった。それにしても今年は雨季に雨があまり降らず、乾季になってこんな雨が降るなんて、実にヘンテコな天気だ。一体どうなっているんだろう。
1ヶ月ぶりの日曜定食は豚肉のしょうが焼き。昼ご飯を食べている時から雨が降ってきて、夕方になってやむどころかむしろ強くなったような感じ。久しぶりの上に、この天気では今日の夕飯は人がほとんど来ないんじゃないかと心配していたが幸い8人来てくれた。本当にこの雨の中を来てくれるなんてありがたいことだと思った。
久しぶりにやるとなんとなく細かい手順を忘れたりする。今日もいつもは一番にするテーブル拭きを忘れていて、6時ごろに思い出し慌てて拭いた。まあ料理の方は肉を焼いてタレをつけるだけという単純なものなので問題ない。
日曜定食に来てくれた人で少し前にアタバルで勉強してくれた人がいた、今日幸い一人生徒さんが申し込みに来てくれたんだが、その人と似ている。しかも似たような(といっても服なんてそんなに注意を払って見てないので多少色などは違ったかもしれない。)服を着ていたので、ずっと今日申し込みに来てくれた人だと思っていた。食事を終えて帰る時にさようならと言って、その言い方や物腰が違うのに気がつき、はっと思い出した。顔はなんとなく似ているという程度なんだが、タイミングとその服の感じでそう思い込んでしまった。せっかく久しぶりに来てくれたのに、勘違いしてしまい残念。
夜も雨が降り続き寒い。
日中の温度18度、湿度71%。夜16度、74%。

市場の賑わい

明日は日本から戻って最初の日曜定食。ずっとやっていてもしばらく休んで久しぶりの時には、どうなるんだろうと思う。なんと言っても一体何人くらい来てくれるのか見当もつかない。まあ普段だって予想なんてあってないようなもんで、大勢来るかと思っていたら少なかったり、少ないと思ってのんびりしていたら、大勢来てくれて慌てたりするので、別に予想できなくてもどうと言う訳ではないんだが。
それにしても今日の土曜日の市場はものすごい人だった。しかも今朝遅く出たので、遅れを取り戻そうと焦っていたこともあり余計ごった返していて歩きにくく感じた。お昼ご飯を食べにいつもの食堂に行ったがここも満員で、席が空くとすぐに次の客が入ってくる。皆ボーナスがもらってお金が出来て、クリスマスの買い物に来ているんだろう。今年は不景気で市場の人たちも愚痴っていたが、今日だけはそれも忘れられそうだ。ペトラは市場の裏の古着屋の並んでいる所に行ったが、ここもクリスマス用の服を買う人でごった返していたようだ。いつもより倍どころでなく高い値段で売っているのに大勢の人が買ってるといって驚いていた。
とにかく大急ぎで買い物を済ませ帰ってきたが、それでもいつもより1時間ほど遅くなった。その後明日の支度をして、シャワーを浴び、夕飯は近くのタマルを買いに行った。なんとタマル一つ10ケツアル(約1.25ドル)。通常は6ケツアルか7ケツアルのものなのに、クリスマスの前で値上がりしているらしい。更に張り紙がしてあって、クリスマスには通常のタマルが12ケツアルで、クリスマス用特別タマル(通常のものにオリーブの実やらケッパーなどを入れた豪華なものと黒い甘いものとがある。)は15ケツアルだそうだ。
今日も夜に雨が降った。
日中の温度22度、湿度56%。夜19度、68%。


クリスマスパーティー

夜に例年通りクリスマスパーティーをやった。これも例年通りこのパーティーの時に先生達にボーナスを払うんだが、これも何とか予定通り終えた。1年で最も出費の多い日なので、これが終わるととにかくホッとする。まあ何とか今年も払うことが出来て、肩の荷を降ろしたという感じ。ただ実際の支払いは銀行振り込みで、先生達にはお金を直接渡すわけでもなく、領収書を書いてもらうだけ。以前はお金を手渡ししていたので、小銭を揃えて一人一人のボーナスを袋に入れたりと面倒だった。今はクリック一つでパッとできてしまい便利だが、なんだか味気ないといえば味気ない気もする。日本の多くの会社で給料が銀行振り込みになり、給料袋を奥さんに渡さなくなってから、家庭内でお父さん達の権威が失墜し始めたというのがなんとなく分かる気がする。
まあそれはともかく、今年はパーティー用にヨシ君のやっているピザ屋さんでピザを頼んだ、6枚頼んだんだが2枚おまけにつけてくれたので、かなりの量があり、おつまみ程度以上に食べられたと思う。
その後これも慣例のプレゼント交換をしてパーティーは終わり。今年のプレゼントは皆それなりのものを選んできたみたいで、何これというような変わったものはなかった。お陰で先生達もそれなりに満足したみたいで良かった。
それにしてもパーティーが始まる前になって雨が降ってきてちょっとビックリ。もう完全な乾季なのに。
日中の温度24度、湿度52%%。夜20度、湿度65%。

足の怪我

今日は市場に行き買い物をしてきた。まあいつも通りのことなんだが、日本から帰ってきて久しぶりに再開する日曜定食の準備もしてきた。今週の日曜定食のメニューは豚肉のしょうが焼き。豚肉は薄切りにしてもらうので、余ると、自分用にとっておく。そのため、ちょっと多めに買ってきた。これを一人分ずつに分けて、保存しておくと、自分で使うときも楽で良い。
何でだか分からないんだが、今日の夕方ジェシカが下に降りてこないので、見に行ったら、右の後ろ足をつけないでピョンピョンしながら歩いている。何か棘のようなものでも刺さっているのかと思い見たが、特に何もなさそう。どっかで打ったのかと思うが、特に「キャンキャン」言ったりしたのも聞かなかったので、良く分からない。
ところが夜に店を閉めるときにはちゃんと降りてきて、外に出ようとする。どういうつもりなのか?それほどこの夜の散歩が好きなのか、それともこの散歩に行った後、いつも夕飯をやるので、これに行かないと夕飯をもらえないと思っているのか、良く分からない。しかし、跳ねるようにしながら散歩に行くのも大変そうだし、今日はちょっとだけにして引き返してきたんだが、どうもジェシカはもっと行きたそうなそぶりも見せる。まあそんなにたいした怪我ではないのかもしれない。
今日は天気が良く、日中気温はかなり高くなった。今年はグアテマラも暖冬なのか、夜でもTシャツにベストを羽織る程度でいられる。
日中の温度26度、湿度55%。夜21度、70%。

師走

なんだか慌しいんだが、今年のクリスマスパーティーは今週の金曜日にする予定。良く考えたら(良く考えなくたってそうなんだが)次の金曜日はもう25日でクリスマス。クリスマスパーティーで冬のボーナスを払うことにしているので、先生達も早くお金を手に入れて、クリスマスの買い物をしたいところだろう。
まあだからと言ってボーナスをクリスマス前に全部使っちゃったりしたら大変なんだが、グアテマラの人はしかねないので、ちょっと心配。宵越しの金を持たないというのは江戸っ子の粋だと聞いたことがあるが、この不景気の時にそんなことしていたらやっぱり困るんじゃないだろうか。
もちろん学校に通っている子供がいるような家庭はさすがにそんなことは出来ないだろう。グアテマラの学校は1月に学年が始まるので、入学金といったものもいくらかいるはずだし、文具やら何やら1月はいろいろ物入りなはずだ。
とはいえアンティグアの町はもうすっかりクリスマス気分で、飾りつけもされている。まあ日本もロスアンゼルスもどこも完全にクリスマスの飾りつけはされていたので、当然といえば当然か。ラジオもテレビも始終クリスマスの音楽をかけていて、なんだか慌しい気分にさせてくれる。子供の時にはあの音楽も年末の楽しい気分にさせてくれたものだが、大人になって、商売などしていると、なんだか師走の様々な準備を早くしろと言っている様に聞こえてくる。
今日も天気は良く結構暑い。
日中の温度24度、湿度52%。夜20度、65%。

散髪

日本に行く前髪の毛を切りに行きたかったんだが、バタバタして行き損ねた。そのまま日本に3週間いたので、結構髪が伸びてきている。しかも寒い日本から帰って来たせいか、毎日暑いので、髪が長いままだとどうも鬱陶しい。
そこで、早速今日いつも行く床屋に行って散髪をしてもらってきた。昨日行きたかったんだが、覗いた所混んでいて待たされそうだったので、今日出直してきた。今日も午前中は混んでいて、午後早くに行ったら空いていたので、やっと散髪することが出来た。やっぱり12月は皆床屋に行ってきれいにしてクリスマスを迎えようと思うんだろう。
床屋で散髪が終わり、支払いをしたら、プラスチックのコップをくれた。どうやらカレンダーの代わりらしい。去年はカレンダーをくれたんだが、今年はコップになった模様。まあそれでも何かくれるだけましか。どうやら去年から不況の影響か何もくれない店が増えている。まあ別に何もくれなくたって別のところに行くわけではないんだが、やはり不景気なのかとちょっと心配になる。
そう考えると、入り口でやっている店で、日本に行く前にカレンダーを注文しておいたので、今年も年末に配る予定にしているんだが、良かったと思う。やっぱり客としてはいつも通りにしておいてくれるほうが安心だろう。今年はいくつくらいカレンダーがもらえるか、景気を見る上でも興味がある。
まあ当然だがもう完全な乾季に入っていて、毎日天気が良い。それにしても今年の12月は暖かいように思う。
日中の温度26度、湿度54%。夜20度、64%。


いつも通りの生活に戻る

グアテマラに帰ってみるとなんとも暑い。日本も今年は暖冬だそうで、去年に比べると随分楽だったが、それでも寒いことは確かに寒い。しかも帰りのロスアンゼルスでは着いた時に天気が良く、この天気ではこれから昼になったら暑くなるだろうと思い、ホテルの部屋で着ていたコートなどを脱いでTシャツ一枚になり、(帰りは最上階の9階の部屋だったので)窓を開けたら、ものすごく寒くて、慌てて窓を閉め、服をまた着てしまった。それにしてもロスで晴れた日の昼間にこんなに寒いのは初めてだった。これにはちょっと驚いた。しかもロスからの便に乗る時には雨が降っていて、これまた寒かった。
そんな訳でグアテマラに帰って空港を出てみると朝7時頃であったのにむっとするように暑い。ペトラが言うにはロスアンゼルスのあたりでなんと雪が降ったらしい。道理で寒かった訳だ。
とにかくグアテマラに帰り金曜日で支払いをしたりしていたんだが、ロスからの機内で寝なかったせいかなんとも眠たい。今週の日曜は日曜定食をお休みにしているので、土曜日は市場に行き、行きつけの店に挨拶をして回ったが、それ以外はのんびりして、寝て過ごした。
これで月曜日からいつもの毎日に戻る。それにしても今年は日本に行くのが遅かったので、帰ってきてすぐに年末という感じで、ちょっと慌しい。月曜日の今日は銀行に行ったりボーナスの支払いの準備を始めないといけない。

帰着

グアテマラに着き、ちょっと心配していた税関を通った。コンピュータを2台持っているからなんだが、去年は2台一緒に箱に入れていたので、「本当は税金がかかるんだが、今回だけは見逃してやる。」と言われた。今年も2台持ってきているんだが、今回は1つは手荷物に入れ、1つは預ける荷物の方に入れ、分散させた。それでも2台持っていることに変わりはないので見つかったら面倒なことを言われるんじゃないかと心配していた。
今までグアテマラの空港では荷物を検査する方に行かされる人と、検査なしで外に出られる人と係官が振り分けるんだが、ここ数年毎回検査する方に回されていた。ところが今回は検査用のスキャナーが2台据え付けてあり、どうやら全員そこを通るようになったみたいだ。これじゃ仕方がないと諦めていたんだが、スキャナーを通し、開けられたのは、コンピュータが入ってないかばん。このかばんはお土産と食べ物と服位しか入ってないので、すぐに検査は終了。なんだか良く分からないが助かった。しかし、この開けられたかばんは出発前に市場で買った、熊のプーさんの柄のものなんだが、何か当たったのか真ん中付近に穴が開いている。引っ張って破れたというより、何か尖ったものが当たって穴が開いたという感じ。まあ25ケツアル(約3ドル)で買ったものなので仕方がないか。心配した取っ手の部分は無事なのがちょっと皮肉な感じ。
アタバルに帰り着いたら、ちょうど午前中の授業が始まった所。それ程お腹が減っていたわけではないが、久しぶりに卵とフリホーレスで朝ごはんを食べた。


アメリカの味

ロスからグアテマラの機内ではやはり食事が出ない。ピーナッツとプレッツェルのみ。ロスのスーパーで買ったモンスター・サンドイッチがあるので問題はない。これは税込み3.99ドルだが、名前の通りものすごく大きくて、ハムがこれでもかというほど入っている。機内でジュースが出たときに、これをかばんから取り出し食べた。実にまずい。ハムが大量に入っているんだが味がなく、塩辛いだけ。チーズとレタスが本当に申し訳程度に入っているが存在感ゼロ。パンでさえハムの塩気を緩和する程度の存在でしかない。実に味気ないものだが、これこそアメリカの味だと思う。他の国でもまずいものを食べたことはあるが、味が感じられないという事はない。ところがアメリカではこの食材の存在感がない(量的・物理的な存在感はものすごくあるが)という不思議な食べ物に時々遭遇する。そういえばアンティグアでもアメリカ人のやっている結構高いレストランで食べた料理がこの傾向のものだった。とにかくずっしりと重いくらいのサンドイッチだったので、半分食べるのがやっとだった。
ロスーグアテマラ間は一人一人のモニターがちゃんと付いている。太平洋線では付いてなかったのに。しかも好きな時に見られる。今まで個人用のモニターが付いていた便でも、映画などはチャンネルは選べても順番に流れているので見たい時に見ることが出来なかったので、ちゃんとしたオン・デマンドのサービスは初めてで、これは感激。ロスのホテルで寝たこともあり、機内ではあまり眠たくなかったので2本映画を見てしまった。


ロスにて

ロスではまた行きと同じアシエンダ・ホテルに泊まった。泊まったといっても、午前中にチェックインして、夜には出てしまうんだが。空港で身軽になったこともあり、わざわざホテルに行くまでもないかとも思ったんだが、成田を出る時に姉から「自分では感じなくても実は疲れてるんだから、ちゃんとロスではホテルを取って休め。」と言われていたこともあり、ホテルに入って休むことにした。
行きと同じでデルタ航空のターミナルのトラベラーズ・エイドは無人で、インターナショナルターミナルのものも無人。そこでまた第3ターミナルに行ったんだが、ここには2人おばさんがいる。1箇所に2人もいないで、分かれて配置すれば良いのにと思う。トラベラーズ・エイドから予約してもらうと一番安いレートになる。ホテルでは相変わらず皆スペイン語を話すので非常に楽。昼だけの利用で割引はないかと聞いたら、これ以上安くはできないと言われてしまった。まあそんなもんか。
せっかくなので、部屋ではコーヒーも沸かし、風呂にも入り、ベッドにもぐって2時間ほど寝た。食事はもう勝手が分かっている斜め前の中華と日本食に行き食べた。今までロスで何回か行った事のある1ドル中華は、コンボになっていて3つくらいのメニューを食べられるんだが、ここはそういうのがないし、1つが大量に出てくるので、1つのメニューしか食べられないのがちょっと不満。ついでに向かいのスーパーに行き、ロスーグアテマラ間の機内で食べるサンドイッチも買った。ホテルで夜の8時過ぎまでゆっくりして空港に向かう。

ロスに到着

成田からロスまでのフライトでは、自分の持つ機内での最長睡眠時間の記録を更新してしまった。自分でも信じられない。なんと出発した時点でウトウトしていたんだが、食事が出るまではと思いがんばって起きていたが、食事をして安心したらすぐに寝てしまった。その後目がさめて時計を見るともう到着まで3時間を切っていた。フライトは約9時間で、食事は大体飛び立って1時間後くらいに出る訳だから、5時間以上寝ていた計算になる。もちろん今までも合計で5時間くらい機内で寝ることはあったと思うが、一度も目が覚めずにまとめて5時間寝たのは初めて。というか今まで機内で2時間目がさめずに寝たら上出来だったので、しばらく時計が間違っているんだと思っていた。
ところがしばらくして到着前の食事が出てきて、もうそろそろ到着だという実感がわいてきた、実に良く寝たもんだ。今回はデルタ航空で買っているが、運行はノースウエスト航空になるが、この太平洋路線は個人モニターがついていない。グアテマラーロスの間はちゃんと一人一人にモニターが付いていたのに何てことだと思うが、まあこれだけ寝てしまったらそんなこと関係ない。
とにかく無事にロスに到着し、荷物も税関を通った後無事にスルーで預けることが出来て一安心。朝8時に到着し、グアテマラ行きは夜中の出発になるので、リュック一つで身軽になれたのはありがたい。

成田へ

ここの所日本から出るときは、いつも車で成田空港まで送ってもらえるので、非常に楽。日本に行く時は荷物はそんなに多くないので、電車でも問題ないが、どうしても帰りは荷物が多くなるので、抱えて電車に乗るのは大変。その点車で送ってもらえると楽で良い。ただ車で行くときの問題は、時間が一定でないこと。電車を使うとさすが日本という国は、見事に時間通りにつくので、計画が立てやすい。それでも、飛行機の出発が午後3時半なので(ロス行きの便はこの位の時間に出るのが多い。)早めに行って、空港のタイ料理屋で昼ご飯を食べることにしている。
ところが成田空港に行く途中車を止められて、シートベルトをしてないと言うことで、運転していた人に減点させてしまった。シートベルトは前の座席だけと思っていたので、後ろの座席に座っていた自分はしなくても良いんだと思っていた。知らないこととはいえ、申し訳ないことをしてしまった。しかし、窓も薄い色が入ったガラスなのに、良く見ているもんだ。日本はこういう点厳格で大変。
とにかく無事成田に到着し、いつも通りタイ料理を食べ、これまたいつも通り本屋で雑誌を買う。機内で読むためと、今回はロスでホテルに入って休憩するつもりなので、その時に読む雑誌を買う。いつも日本のおいしそうな料理の写真がたくさん載った雑誌を買うことにしている。こういうのは見ていて飽きないので良い。その後ゲートに行ったらちょうど搭乗を開始した所。良いタイミングだった。

明日出発

いよいよ明日はグアテマラに向けて出発。今日はガラス拭きやら、買い物やら、ドルへの両替やら最後の雑用を済ませた。ドルに関していうとやはり円高はすごいと思った。去年も結構円高だったんだが、同じような金額で去年以上にたくさん買えたような気がする。たぶん今年の方がもっと円が上がっているんだろう。
それにしてもお土産はもうだいぶ買ったので、あとはもう買うものはないと思う。いつもなんだか忘れたりするんだが、やりくりしたりして何とかなるので、忘れてもそう大きな問題ではない。
デルタ航空からはネットでチェックインをしろとメールが来てるんだが、不思議と出来ない。乗換えがあるからなのか、まあ理由は良くわからない。もう一つ不思議なのが、このデルタ航空のサイトで、自分の座席を事前に指定できるんだが、どうしてだか、帰りのロスーグアテマラ間だけは空いている席とかが表示されずに、指定できないままだった。これが今日はちゃんとできた。でも空いていると表示されている席はたった3席。どういうことなんだか。それでも何とか通路側の席が一つだけ残っていたので、これを指定出来てよかった。
とにかく去年のように風邪をひいたりせず、無事日本での滞在を終えた。とはいえ、やはり3週間などあっという間で、バタバタして過ごしてしまった。
これで日本時間の明日10日の朝から、金曜日の夜11時くらいまで移動中ということで、基本的に連絡が着かなくなります。それでも、いつものアタバル宛てのメールはチェック(返信は私がアタバルに戻ってからになると思います。)してもらえるようにお願いしているので、お急ぎの方はメールでご連絡をお願いいたします。

便利さと不便さ

ここ数年毎年日本に帰ってきているので、そうなるとやることもだんだん決まってくる。今日は今年の目標であるベランダの整理の最終段階である、植木鉢を捨てるのに加え、去年からやっている窓拭きをした。こちらは100円ショップで使い捨ての窓拭きシートを買ってきて、簡単に拭くだけなのですぐに終わる。
それと手持ちのお金を明日ドルに両替するつもりなので、これの下調べ。なんだか今円高でドルを買う人が多いせいか、どこでもドルは不足しているらしく、手に入るか心配。最近は郵便局でも売っているらしい。ただ、サインを何回もするのが面倒なので、出来れば500ドルのT/Cを買いたい。これが売っているのかどうかは電話して聞いてみないとわからない。
以前は1000ドルT/Cもあったので便利だったが、去年からなくなってしまった。どうやら最近はカード全盛で、T/Cはだんだん廃れてきているようだ。アメリカやヨーロッパなど先進国を旅行するんだったらカードで十分なのかもしれないが、グアテマラなどではまだまだT/Cは持って行く価値があるんじゃないかと思うんだが、海外に行く人の全体の数からすると少数派なので、そういう需要はあまり考慮されないのかもしれない。
ネットが発達し、大型店がたくさん出店し、便利になった分、地元の電気屋さんが廃れて、そういうところを利用しにくいお年寄りなどは実に不便なことになっているのとちょっと共通するところがあるように感じる。

お土産

今日遠近両用めがねが出来てきた。今までは近視用だけのものだったので、一体どう違うのかちょっと興味があった。でも、かけてみるとほとんど違和感はない。眼鏡屋の人がずいぶん気を使っているのか、いろいろ遣い方を説明してくれたからかもしれない。もしかするとこれで少し姿勢が良くなるんじゃないかと期待する。というのは遠近両用はレンズの下の方が近いところの細かい字を読むようになっているので、手元の本などを読むときは、今までのように覗き込んだらかえって見えない。逆にレンズの下のほうを使うようにちょっと頭を上げないといけないようになる。これで長年近視のため、手元の字を背を曲げて読んでいたのが、これから顔を上げて見るようになるかもしれない。
それはともかく、いよいよ今週の木曜日にはグアテマラに帰る。木曜日に日本を発ち、金曜日の朝にはグアテマラに到着。いつも通りの日常生活に戻るわけだ。今年は幸い去年のように寒くなかったので助かった。
そろそろお土産などを揃えないといけないんだが、やっぱり女性用のお土産はたくさんあるが、男性用は値段を気にしなければ、さすがに日本はいろいろなものがあるが、かなりたくさん買わないといけないので、値段も大きさも気にすると、かなり難しい。まあどこの国でも女性はいろいろ小物を使うので、お土産といってもいろいろな可能性が出てくるんだろう。それにしてもこういう時に100円ショップは実にありがたい。それにしても日本に帰るときは日本に持って帰るお土産で考え。グアテマラに帰るときはそちらに持って帰るお土産で悩む。面倒とも思うが、お土産は何らかの形で世話になった人などにあげる物な訳で、そういう人が何人もいるということはありがたいことだとも思う。

マンゴーラッシー

昨日グアテマラシティーと比べ、東京の主要道路の道幅が広いということを書いたが、もちろん仙台はもっと広々としている。しかも、自転車専用の車線があるところすらある。これはちょっとうらやましい。家の近くの商店街を歩いていて、何とも嫌なのが歩道を走ってくる自転車。
自分だって日本に住んでいる時には自転車に乗っていた訳だから、同じようなことをしていたんだろうと思うので、文句を言えた義理ではないが、何ともあの歩道を自転車が走ってくるのは、スピードを出して走っていると、何とも危ない感じがして怖いし、とろとろ走っていると非常に邪魔。
グアテマラでは自転車は車両に分類され、歩道を走ってはいけないと言われた。日本もそれで良いんではないだろうか。ただ、かなり年配の人も自転車で走っているので、そういう人にはちょっと車両を走れというのは酷かもしれないが。難しいものだと思う。
今日は夕飯の後、姉と一緒に外出し、近くのインド料理店でマンゴーラッシーを飲んだ。この店は毎年日本にいる時に1回は行っている。ただ、申し訳ないことに料理を頼んだことはなく、いつも飲み物のみ。しかも大抵閉店間際に行って、結構長居してしまう。それなのに、とっても親切にしてくれて、いつか料理を食べに来ようと思うんだが、なかなか果たせないままでいる。今日も何回も水を継ぎ足してくれ、しかも、タバコを吸っていたら、インドのビンロウジュの葉で包んだタバコを1包みプレゼントしてくれた。申し訳ないことだ。

町の景観

昨日仙台に行ったときもそうだが、母親がもう年なので、外出するときにはタクシーを良く使う。そうして街中を走ってみて思うのは、日本の街は緑が多いと思う。それに、グアテマラシティーなどと比べると、都心の主要な道路(そうでないところに入るとずいぶんちまちましているが)では道幅も広いしゆったりとしている。東京でもあちこちに公園などがあり、この時期だと紅葉が楽しめる。
特に神社仏閣や公園などに木がたくさん生えていて、町の景観に潤いを与えていると思う。そういう意味では、キリスト教の教会は少し物足りないように思う。アンティグアにある教会を見ると、中庭などはきれいなものがあるが、教会の前の広場などは木が数本ポツン、ポツンと生えているだけで、外から見た感じはどちらかというと無機質な感じがする。ただ、これはアンティグアに限ったことではなく、木が鬱蒼と茂っているキリスト教の教会というのは見たことがない。
まあアンティグアなどは町並みが保存されているので、その古い町並みの感じが無機質な感じをだいぶ緩和しているし、それほど単調な感じがしない。それに町が小さく、周りの山や丘が見えるので、それもずいぶん助けになっていると思う。ただ、グアテマラシティーくらいになってくると、やはり道幅が狭いという点もあるのか、単調な感じとともに、無機質な圧迫感があるように思える。
ロスアンゼルスはそれほどあちこちに行ったことがないので、何ともいえないが、何しろ道幅は恐ろしく広いし、全体的に平らな地形で、これまた恐ろしく広い感じがするので、単調さは感じるが、圧迫感は少ないどころか、あのとてつもなく広々とした感じは悪くないものだと思う。
ただ我が家の周りを見ると、昔の古い屋敷が壊されて、どんどんマンションに変わっている。そういう所もぜひ樹木を残す工夫をしてもらいたいものだと思う。


仙台

今日やっと仙台に父親の墓参りに行った。毎年行っているが今年はずいぶん遅くなってしまった。それにしても日帰りで十分行けるようになったのでありがたい。新幹線に乗るとあっという間に仙台に着いてしまう。
去年は仙台に行きすし屋などで普段あまり食べない生の魚をやたらと食べたせいか、帰ってきて具合が悪くなってしまったので、それを気遣ってか、今年は姉が天麩羅の有名な店に連れて行ってくれた。
ここは以前ペトラやフェルナンドを連れて来た時に、父親が連れて行ってくれた店だ。店は改装されていて、最初は違う店じゃないかと思ったが、中に入って、店のつくりなどを見ているうちに記憶がよみがえった。まず間違いなくこの店だ。天麩羅はさすがにおいしい。掘りごたつ式になっていて座りやすいのもありがたい。
その後、墓に行く前にこれまた父親と何回か行った仙台駄菓子の店に寄った。こちらは見せも以前のまま、戦後の建物だというが、木造のなかなか趣のある店だ。お土産をいくつか買った。
墓参りをすませ、仙台駅に戻る。ここではいつも通り駅前の市場に行き買い物をした。市場とかスーパーは見て歩くだけで楽しい。ここでもいつも通り同じ店でわかめなどを買う。今年はそれ以外にオジャコなども買い満足。
夕飯は東京に戻ってから中華料理を食べた。金曜日の夜ということもあったのか、ものすごく混んでいて店内は煩かったが、料理は有名なショウロンポウを始めおいしかったがたくさん頼みすぎて残してしまい、包んでもらって帰った。

問題なし

朝から雨が降っている。こういう時は病院に行くのにもってこいだ。どうも日本の病院はお年寄りの人がたくさん来るので、かなり混んでいる。ところが雨の日は外出しにくいらしく、空いているのでねらい目だ。
そんな訳で先週の水曜日に行った健康診断の結果を聞きに行ってきた。今日は午前10時を過ぎてから行ったので、ちょっと人がいたが4,5人待っただけで、まあたいしたことはなかった。やはり雨の日に来たのは正解。
健康診断の結果はすべて正常。先生も特に言うことがなさそうだった。去年と同じで、善玉コレステロールをもう少し増やせば理想的だと言われたが、これも強いて言えばという感じで、ほとんどがそのための油の説明に時間が費やされ、説明もすぐに終わってしまった。
今日の雨で今回やっているベランダの整理で出た埃がずいぶん流れてきれいになった。これでベランダの整理も後は出たゴミやら植木鉢を何とかすれば終わる。ただ日本でゴミを捨てるのは未だに苦手。今ではずいぶん簡単になったらしいが、以前はやたらと細かくて面倒臭く、一度注意されたので、トラウマになって、ゴミを捨てるのは苦手。グアテマラでは、分別など何もしないで捨てられてるので楽だ。それにしても植木鉢などはプラスチックのものや素焼きのものがあるんだが、皆どうしているんだか。廃品回収と拡声器で叫びながら回っている車があるが、ああいった人が持って行ってくれるんだろうか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。