スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



大型連休

日本は大型連休らしい。何でも休暇と組み合わせると11日休みが取れるんだとか。以前アタバルで勉強していた人が、この連休を利用して久しぶりに訪ねてきてくれた。毎回以前の生徒さんが戻ってきてくれると嬉しいことだと思う。
その彼が、こちらに来る飛行機の中であったと言う日本人の人と一緒に来たが、その人も11連休を取ったんだとか。日本も随分休みが取れるようになったものだ。グアテマラはこの期間休みは明日5月1日のメーデーのみ。アタバルは土曜日で授業がないので関係ない。そんな訳で、生徒さんたちと日本からのルートについての話になった。今まではアトランタやヒューストン経由が多かったんだが、デルタ航空がノースウエスト航空と一緒になってから、ロス経由が増えた。これで行くとこちらから日本まで行く際にロスでの乗換えが1時間少しという便があるらしい。今までロスでは十何時間という長時間の乗換えだったので、行程を10時間ほど短縮できる計算になる。ただ、これは乗り遅れる危険があり、先日乗り遅れた人が次の日の便にはなったものの、ロスでの滞在のホテル代すら出してもらえなかったと言う話を聞いた。航空会社も不況だからか随分と世知辛くなったものだ。
昨日の晩のニュースではユナイテッド航空とコンチネンタル航空が合併に向けて話し合いとか言っていたが、どちらもグアテマラには縁のある会社なので、合併したら何らかの影響があるかもしれない。
今日も午前中は天気が良かったが午後からずっと雨。夜になってやんだ。
日中の温度27度、湿度57%。夜22度、74%。
スポンサーサイト

即席カレー

最近カレーの簡単な作り方を考えた。カレーというとどうも大量に作るという先入観があり、少し作るというのが出来なかった。ペトラがあんまりカレーを食べないので(こちらでも売っているS&Bのゴールデンカレーを信仰していて、これで作ったものは食べるんだが。)普通にカレー粉で作ったカレーは、大抵自分一人で朝ごはんに食べるんだが、大量に作ると相当長い期間毎朝食べないといけないことになる。それであまりカレーを作らなかったんだが、先日昼ご飯にペトラが作った牛肉のカルド(肉と野菜を煮込んだスープで、ポトフのようなもの)が残ったのをみて思いついた。これの肉をとったものをミキサーにかけ、それにとり分けておいた肉を戻し入れて、暖めカレー粉で味付けして終わり。残り物なので、そんなに大量に出来ないし。元になるものは既に煮込んであるので、そんなに煮込む必要もなく、カルドに残っている野菜もろともミキサーにかけてあるので、ドロドロしていてとろみをつける必要もない。面倒なのは暖めている間焦げないように始終混ぜていないといけないという点くらいか。
これで作った量だったら、2、3回分程度。これくらいだと毎朝食べてもそれ程飽きないし、途中で火を通しておけば、1日おきくらいに食べても悪くなる心配もない。こうして作っておけば朝急いでいても、ご飯にカレーをかけてチンすれば食べられるというのは便利だ。
今日は朝から曇っていて午前中から雨が降り出した。そのまま夜まで降り続いた。
今週の日曜定食は魚の照り焼きの予定。
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、71%。


ついに雨

ついに今日雨が降った。といっても、ホンの一瞬だったが。午後電話代を支払いに行った時に、雷がなっていたようだ。銀行では2度ほど一瞬停電もした。そうしたら帰りにパラパラと降ってきた。傘を持っていなかったが、びしょ濡れになるほど強い降りではなかったので、そのまま雨宿りもせずに帰って来た。本当に久しぶりの雨。
今朝気温は23度だったんだが、湿度が70%もあって、なんだか日本の夏のような、湿気の多い感じであった。生徒さんも「なんだか日本の夏のような湿度ですね。」と言って、話をしていたところだった。
それでも、午前中は天気も良く、随分暑くて、今日も降りそうで降らないという、ここ数日のパターンになるんじゃないかと思っていたところだった。午前中は市場に買い物に行ったが、やっぱり暑くて、歩いていて汗だくになるような状態だった。
本当にここ数日夜も暑くて寝苦しい日が続いていたので、雨でも降って、少し涼しくなって欲しいものだと思っていたところだった。しかし、現地の人に言わせると、これくらいの雨だとかえって湿気が強くなり暑くなるだけだと言う。それはちょっとかなわない。しかし、先週雨が降るってニュースで言ったら、いきなり良い天気になって暑くなり、今週は更に熱くなるといったら雨が降り、なんだかこちらのニュースの天気予報は外れてばっかり。
その後夜になって雷も鳴り今度は本格的に降り出した。、
日中の温度28度、湿度63%。夜22度、75%。

アリゾナのニュース

今グアテマラではアリゾナのニュースが盛んに報じられている。なんでもアリゾナ州で不法移民の取締りのための新しい法律が成立したんだそうだ。これにより移民は外国人登録証を常時携帯することが義務付けられ警察官にも不法滞在が疑われる人物に職務質問することを義務付けているとのこと。
アリゾナ州はメキシコに隣接しているわけで、この法律の適用に際して、中南米からの移民が対象になることは間違いなく、中南米出身者が外見だけで職務質問の対象になるということらしい。
メキシコをはじめ中米の国は特にアメリカに出稼ぎに行っている人からの送金が、国の収入に対して大きな割合を占めているので、深刻になるのは当然だろう。グアテマラ一般でも、そうした出稼ぎの家族からの収入を当てにしている家庭も少なくない。アメリカも移民の人たちが安くて皆がやりたがらない職業をやってくれることに依存している部分もあるようだが、最近はメキシコ国境付近(の両側)での麻薬がらみの犯罪も相当深刻な状態になっているので、ほっておけない部分もあるんだろう。
今のところアリゾナ州の問題だが、これが他の州に広まったら中米に与える経済的な影響はかなり大きいだろうし、今かなりの話題になっているのは自然なものだろう。
今日も強烈に暑い。朝のうち周りの山は霧がかかっていたりしたんだが、湿度が高く、朝から暑い。日中はカンカン照りで更に暑い。
日中の温度31度、湿度49%。夜24度、68%。

火事続き

昨日の火事の続きだが、どうやら火元はニン・ポットの入り口にある本屋の2階の倉庫あたりだとのことで、最も被害が大きかったのはどうやらその本屋らしい。確かに本屋に火が付いたら皆燃えてしまうし、消防の水がかかったら本はいくら乾かしても売り物にはならないだろう。
その本屋から横にあるフリーダスに火が燃えて行ったらしく、次にはフリーダスの被害が大きかったようだ。更に昨日は夜にも消防車の音が聞こえていたが、これはフリーダスの焼け残ってくすぶっていた所から再び火が出て燃えてしまったらしい。このため、フリーダスもかなりの被害。
ニン・ポットはその本屋とフリーダスに近い入り口付近は被害にあったようだが、中のほうは全く問題ないようで、今日もそんなこと知らない観光客が入って来るので、営業をしているということだった。何よりも人的な被害がなかったということなので、まあ不幸中の幸いだ。
原因は漏電らしい。ATABALも火事の原因が漏電だったし、アンティグアは古い作りの家が多く、電気器具の増えた現代の状況にあわせるために、昔の配線に継ぎ足したりしているので、問題が起きやすいんじゃないかと思う。
今日もまあ暑い一日。何でも今週は先週以上に暑くなるとニュースで言っていたそうで、どうもげんなりする。
日中の温度30度、湿度48%。夜24度、68%。


火事

夜の日曜定食に備えて、午後2階で休んでいる時、電話がかかってきた。フェルナンド小からで、「今家にいるのか?」と聞く。なにを言いたいのか良く分からなかったが、良く聞いてみると、どうも最近日曜日に大抵昼を食べに行く、ヨシ君のピザ屋さんの近くで火事だと言う。そこで、我々もそこにいるんじゃないかと心配をして電話をしてきたらしい。そういえば、消防車の音が聞こえる。
その後、アナウンサー、記者志望の小は、火事の現場に行ったらしい。後から詳しく聞いたところ、どうやらニン・ポットというでかいウイピルなどを売っている店とその店の入り口の所にあるフリーダスというレストランが燃えた模様。被害の詳しい状況は分からないが、どちらもアンティグアでは有名な店なので、知っている人も多いと思う。
この火事の知らせを聞いた時に消防車の音があちこちでしていたので、ペトラは様子を見に外に出たらしい。そうしたら、ものすごい勢いで消防車が走ってきて、アタバルのすぐそばのガソリンスタンドの角の街灯にぶつかって、なぎ倒して行っちゃったんだそうだ。夜店を閉めるときにジェシカの散歩がてら、見に行ったら、なんとコンクリートの土台からきれいになくなっている。消防車は走り去ったくらいだから大丈夫だったんだろうが、いくら急いでいるからといってももう少し安全運転をした方が良いように思う。
今日の日曜定食は牛肉のオイスターソース炒めで19人来てくれた。
相変わらず天気が良く暑い一日。
日中の温度30度、湿度48%。夜23度、62%。

リモコン

テレビのリモコンを買い換えた。テレビはシャープのもので、市場の外で売っているものを買った。25ケツアル(約3ドル)。ずいぶん安い。安いという先入観があるせいかやたらチャチく見える。そこで、鳥屋のアカサキさんのところに持って行き、「これ大丈夫だろうか?」と相談してみた。
試すのが一番と言って、近くのシャープのテレビを持っている兄ちゃんに声をかけて試してもらった。ところが、うんともすんとも言わない。兄ちゃんは「これはインチキな品だから、こんなのいくら買ってもだめだ。」と言う。
なんてことだと思っていたら、そこら辺の人たちが鳥屋さんに集まり、相談して、近くで野菜を売っている女の子が「私について来い。」と言う。言われるままについて行ったら、買ったところで彼女が交渉し返金してもらった。どうやら僕一人では返金交渉に頼りないと思ったようだ。
その次は鳥屋さんで働いている女の子に連れられて別の店に行った。彼女は以前その店でリモコンを買い問題なく動作しているらしい。再びリモコンを買い鳥屋さんに戻り、また兄ちゃんに頼んで、試してもらったが、これもだめ。鳥屋さんの人たちは「また返金だ。」と言って張り切っている。しかし、こっちは暑い中何回も市場の外と中を往復して、疲れちゃったので、一度家のテレビで試してみると言って帰って来た。
なんと家のテレビではあっけなく動いた。大勢の人に親切にしてもらって頭が下がるが、あっちこっち歩き回って汗だくになった。
今日も天気が良くものすごく暑い。
日中の温度31度、湿度47%。夜24度、66%。


突然流血

午前の授業が終わり、一段落した所で、生徒さんがインターネットを使いたいと言った。そこでコンピュータを立ち上げて、パスワードを入れる間に、ちょっと話をしていたんだが、授業中にその生徒さんの先生が鼻血を出したんだそうだ。
今日も朝から天気が良く、非常に暑かった。午前中普通だったら金曜日は市場に行かないんだが、今日はどうしても買わないといけないものがあり、大急ぎで行ってきたが、なんとも暑くて、帰ってきたら汗だくだった。特に日向を歩いているとクラクラするほど日差しが強い。
そんな陽気なので、生徒さんも先生が暑さのあまりのぼせて鼻血が出たんだと思って、随分驚いたらしい。そこで慌てていたら、先生はいたって冷静に訳を説明してくれたんだそうだ。先生はホールペンをかじる癖があり(グアテマラの人は意外と爪を噛むとか、鉛筆をかじるとかいう癖が大人になっても抜けてない人が多い。)、その時も生徒さんが一生懸命練習問題をしている時にボールペンをかじっていたら、つるっと滑って、ボールペンの先が鼻の穴に入り、血が出たということ。とんだ事で大騒ぎになるところだったが、まあたいしたことなくて良かった。
これもここ数日の猛烈な暑さの副産物か。それにしても本当に毎日暑い。夜も暑くって、最近、人とあったときの挨拶も、「暑いですね。」というのが決まりのようになっている。雨はどこへ行っちゃったんだか。
日中の温度30度、湿度51%。夜22度、65%。

雨を呼ぶ

今日も実に暑い。それにしても最近鳥の鳴き声が良く聞こえるように思う。もともと、ペトラが鳥が好きで、毎朝餌をまいたりしているので、鳩をはじめいろんな鳥が食べに来る。このためにだんだん鳥が我が家の近くに集まっているのかと思っていたんだが、道を歩いていても鳥の鳴き声が以前以上に聞こえるので、そういう訳でもないらしい。鳥がこんなに鳴くのは雨を呼んでいるんだと言う。最近湿度が高い日が続き、雨が降りそうで降らないので、確かに雨が降って欲しい所だ。
それに、雨季に入る頃に大量発生する羽蟻のような虫も、最近ちょこちょこ出てくるようになった。夜になると出て来るんだが、まだ例年の最盛期ほどすごくはないが、毎晩ポツポツと頭の上の電球から落ちてくる。
まあこれらのことを考えると、そろそろ雨季になるってことなんだろう。先週はかなり降って、今週も雨と思っていたら、全然降らずに暑くって湿気の高い日が続いている。
今日もいつも通り市場に行き、いろいろ食材を見て回った。魚は相変わらず種類が少なく高い。一体どうなっているのか。野菜も相変わらず高いが、少しずつ落ち着いてきたような気もする。まあそんな感じでいろいろ見て考えたんだが、今週の日曜定食は久しぶりに牛肉のオイスターソース炒めにすることにした。日曜定食で牛肉を使うことは稀なので、珍しいですねと言われた。
夕方から少し雲が出たがやっぱり雨は降らず。
日中の温度30度、湿度50%。夜23度、68%。

一年の支払い

やっと税金など市に払うもの様々をまとめて今日済ませてきた。不動産の税金(固定資産税のようなもの)やなんという税金なのか分からないが、商売をするのに市に払う税金、更に墓の維持費などは年間払いにしてしまったので、これで今年は安心。毎年その年の春までにこれらのお金を払うようにしているので、なんとなくこれを払い終えるとホッとする。不動産のものや墓の維持費などは今までまず問題はないんだが、商売をするのに払う税金は毎年なんだかんだ問題があるので、気が重かった。
今年も何があるか分からないので、一番にこれを払いに行ったんだが、案の定去年あれだけ市からガタガタ言われて店の名前を変えたり登録のやり直しをしたのに、窓口で「薬屋でしょ?」と言われた。しかも住所も6番のはずの番地が6dになっている。これにペトラが「去年あれだけ通って登録し直したのはなんだったんだ?」と言って怒ったら、窓口の人が慌てて奥に入って行ってなにやら修正をしたようで、OKとなり、20分くらいで支払いを終えることが出来た。規模が小さいからなのか、アンティグア市役所はこの窓口の人で何とかなってしまうことが意外に多いので不思議だ。
まあ何はともあれ最低半日はかかると思っていた様々な支払い作業が1時間ほどで済んでしまったので、後はペトラとコーヒーを一杯飲んで帰って来た。ついでに水道代、電気代も払ったんだが、上記の諸費用1年分より1か月分の電気代の方が高いのでなんだかガックリ来た。
今日は晴れ時々曇りという感じで雨が降るかと思ったが、
日中の温度30度、湿度50%。夜23度、69%。

不揃いな野菜

日本のスーパーが規格外の曲がったりした野菜を売るというニュースを読んだ。それにしてもこんなことがニュースになるってのはすごいことだ。グアテマラでは野菜なんて曲がったりしてるのが当然で、野菜をまっすぐにして大きさを揃えて売ろうなんて考えたことすらなさそう。
確かに大きさが揃っていたり、真っ直ぐな野菜は使いやすいのは使いやすい。ニンジンなどを買うときには、なんとなく真っ直ぐで大きさが揃っているのを探して買っていることが多い。やはり冷蔵庫にだって入れやすいし、大きさを揃えて切る時に、便利なことは間違いない。
別にグアテマラでは真っ直ぐであるから高いとか、大きさが揃っているから高いとかいうことはない。料理の際に野菜の大きさを揃えるとかいったこだわりがないんじゃないかという気がする。
それにしても、今日は一日中天気が良く、しかも暑い。日中だけでなく夜に入ってもなんとなくぐったりするほど暑い。今週は雨が降るってニュースで聞いた時には「また雨か。」と思ったが、こう暑くなると少なくとも夕方から雨が降って、夜寝るときには涼しくなってくれないものかと思う。それにしても、雨が降らない割には雨季の初めに大量発生していつも夜になると頭の上の蛍光灯からポタポタ落ちてきて、イライラさせられる羽蟻のような虫も昨日から結構発生している。今日もこうして書いている頭の上に落ちてきてムッとした。
日中の温度30度、湿度39%。夜23度、湿度67%。

入り口の店で釣り銭が出来た時には札であれば10枚ずつまとめるようにしている。今日電話カードを買う日でちょっとまとまったお金がいるんだが、100ケツアル札がなかったので、仕方なく釣り銭用にまとめておいた札も動員して支払いすることにした。
そうしたらその中の1枚の20ケツアルを持ってきて、偽札だと言う。ちょっと信じられなかった。しかし、良く見ると透かしが入っていないし、偽札を見分けるためのペン(このペンでは普通の紙だと色がでるが、お札の紙にだと色がでないようになっている。)で書いたらちゃんと色がでる。
またしても偽札コレクションが増えてしまった。しかも不思議なことに最初100ケツアル、次に50ケツアルで、今度は20ケツアルと、ちゃんと重複することなしに、コレクションが増えていく。しかし増えて嬉しくないコレクションであるが。
しかも、50ケツアル、100ケツアルともに、偽札と言われれば、まあそうかと分かる程度の物であったが、今回の20ケツアルのものは透かしなど見ないと分からないくらい良く出来ている。2.5ドル程度の札を手間かけて作って割が合うんだろうか?
今日は日本の100円ショップで買ったキッチンタイマーの電池が切れたので市場で電池を買ったら10ケツアル(約1.25ドル)した。タイマーより電池の方が高い訳で、これまたなんとも釈然としないものだ。
今日は一日良い天気。昨日ニュースで今週は雨と言っていたような気がするが。
日中の温度30度、湿度50%。夜22度、67%。

コロッケ

日曜日の昼ご飯は大抵外に出て食べるんだが、今日はちょっと早めに出て、昼を食べる前に、サン・フェリペの村に行って来た。ペトラが久しぶりにサン・フェリペの教会に行きたがっていたのと、早すぎて、まだ昼の準備中だろうから、ご飯の前にちょっと寄り道。
サン・フェリペは相変わらず賑わっている。外国人の姿はいつもまず目にしないが、グアテマラシティーなどから来たような、グアテマラ人の観光客はいつもたくさんいる。
教会に行き前の屋台(といっても、ほとんど常設なので、厳密には屋台とはいえないような気もするが)で買い物をして、アンティグアに戻った。最近ペトラはヨシ君のやっているピザ屋のコロッケがお気に入りなので、日曜日の昼は大抵こちら。今日はペトラがいもコロッケで、僕はクリームコロッケ。なんとなく今日もコロッケ、明日もコロッケという歌があったと思い出す。
昨日のブログにコメントを書いていただいた。キャベツが高いのは日本も同じらしい。というか、1個400円とはすさまじい。グアテマラのは小さいのが1個4ケツアル(約0.5ドル)だ。これじゃ、キャベツの千切りも気軽には出来ない。
そういう訳で昨日も書いたように、今日の日曜定食は大根、タマネギ、フダンソウ、レタスの千切りにして、キャベツの千切りの代わり。白身魚のから揚げで21人分売れた。夕方から雨が降ってきて、人が来ないかと思っていたのに、こんなに大勢来てくれてとても嬉しい。ニュースでは明日からも雨の多い日が続くんだとか。
日中の温度26度、湿度57%。夜22度、70%。


市場で

今日の市場は大混雑。まあいつも15日、30日の給料日の後の市の日はこうだ。それにしても歩きにくくて大変だった。この前から懸案だった焼きそば、チャーハンの容器の下の部分だけをやっと手に入れた。いつも買っている店に頼んでおいたんだが、在庫がなくなってやっと新しく仕入れをしたようだ。
ところが、今度は下の部分だけをたくさん買ってしまったらしい。困ったもんだ。確かに、いつも買う時に「もう下の部分だけを仕入れたか?」って聞いていたので、何回も下の部分を頼んだことにはなる。とはいえ、ちゃんと下の部分だけが欲しい理由も説明してあるので、まさか下の部分だけを大量に仕入れるとは思わなかった。今度は蓋だけ買えばいいじゃないかというと、別々に買うと割高になるんだそうだ。まあ別にこちらとしては、仕入れた分全て買い取る義務があるわけではないので、知らん振りをしても良いんだが、ちょっと恨めしそうな顔をしていたし、可哀そうといえば可哀そう。
新しく蓋付きのものも仕入れてくれれば、その内少しずつ消費していくからと言っておいたが、いったいどうするんだか。
市場では相変わらずキャベツが高い。しかも、小さくてなんだかおいしくない。火を通してもなんだか硬くって、もさもさしている。明日は通常キャベツの千切りをつけあわせにするんだが、キャベツはやめていろいろな野菜の千切りを混ぜたものにする予定。
今日も午前中は晴れて暑かったが、夕方から降ったりやんだり。
日中の温度28度、湿度45%。夜21度、70%。

花のてんぷら

今日の昼ご飯にペトラがイソーテの花のてんぷらを作った。これが結構おいしかった。このイソーテは日本ではユッカとか青年の木、メキシコチモランなどと呼ばれているらしい。リュウゼツラン科の植物で、そういえば葉の形などはリュウゼツランに似ている。エルサルバドルの国花である。
それにしてもユッカというので、ユカ芋の地上部かと一瞬思った。しかし、このユカ芋は日本では一般的にキャッサバと呼ばれるようなので、関係ないようであった。ちなみにヤマ芋はヤム芋なので、こちらではヤメと呼ばれる。
このイソーテは普通は卵などと混ぜて焼いて食べるんだが、今日は他の食材もあって、いろいろやるのは面倒だということで、全ててんぷらにしてしまったようだ。それにしても確かにこれはおいしい。花ということでいえば、もう一つ良く食べる花である、ロロコ(これは日本名が分からない。)もてんぷらにするとおいしいと聞いたことがある。おそらくそうだろうと思う。これ以外にもかぼちゃの花やらウイスキール(隼人瓜)の花やら、こちらでは食用の花が結構あるので、これらはどれもてんぷらにしたらおいしそう。一度てんぷらの花尽くしというのも面白いかと思う。
グアテマラで雹が降って山が白くなったと思ったら、今度は東京でもこんな時期に雪が降ったとニュースで見た。こんなことでますます野菜が高くならないと良いんだが。
今日も昼から曇って午後は雨が降ったりやんだり。夜は結構冷える。
日中の温度28度、湿度56%。夜19度、66%。


どうなってるんだか

昨日アロテナンゴの山の頂上付近が白くなっていたと書いたが、今日の新聞にはその様子が写真出てていた。確かに白くなっている。こういうのは冠雪というんだろうか?雪ではなく、氷だというんだが、雪と氷だと降った後も違うものなんだろうか?なんだか良く分からない。
しかも、同じ新聞にチマルテナンゴ(アンティグアから車で30分ほど行った町。)ではやはり雹が降って積もっている様子が写真で出ていた。まあ当然一番すごいところを写しているんだろうが、かなり積もっている。雪かきをしているように見える。
確かに昨日の晩はちょっと涼しかった。久しぶりに掛け布団を一枚増やして寝た。本当に異常気象で、しかも中国でまた地震。かなり死者もでているようだ。更にアイスランドで火山が噴火して、航空機の運行に支障が出たんだとか。なんとも世界的にどうなっているんだという感じである。まあそう思ってみれば、乾季がちょっとくらい早く終わっても、暑いはずの時期に雹が降って山が白くなっても、そんなにたいしたことではない。
今日は市場に行っていつも通り買い物をしてきた。木曜日はいつも日曜定食のメニューを考えながら買い物をするんだが、最近は野菜は高いし、魚はほとんど種類がない。まあまだ以前に買って冷凍しておいたハモがあるので、今週の日曜定食は白身魚のから揚げにすることにした。ようはハモのから揚げ。ポン酢で食べるようにするつもり。
今日は午前中から良い天気だったが、昼過ぎから曇り始めて、夜には雨が降った。
日中の温度26度、湿度60%。夜21度、71%。


白い山

昨日の晩から降っていた雨が、今朝起きたときもまだ結構な勢いで降っていた。ずっと降るかと思っていたが、授業が始まる午前8時前になって辛うじてやんだ。先生達が来て喋っているのを聞いたら、なんと山が白くなっているという。
アンティグアの周りには富士山級の高い山が3つある。アグア、フエゴ、アカテナンゴの3つである。この内の最も標高の高いアカテナンゴの山が白い帽子をかぶった状態になっていたようだ。きっと昨日の晩から降っていた雨が、凍って白く見えたんだと思う。残念ながら、僕が見たときにはもう溶けていたようだ。
インターネットのニュースを見ていたら、日本では日照不足など最近の天候不順で野菜の値段がかなり高くなっているらしい。このブログでも最近何回か書いたと思うが、野菜の値段が上がっている。その上、このヘンな天気で、更に値段が上がるんじゃないかとちょっと心配。これは、世界的な問題なんだろうか。
朝雨がやんでからは天気が良くなり、昼ごろにはかなり暑くなった。しかも湿度が高いので、ぐったりするような暑さ。とはいえ、午後2時過ぎには曇ってきて、ゴロゴロ雷も鳴ってきた。これは雨が降るかと思っていたら、案の定3時半頃から降り始めた。
こうなってくると、もう雨季の天気という感じである。このままだと今年は3月、4月に本格的な暑さはほとんどなかったという感じ。この先どうなるんだか。
昼過ぎに降った雨がすぐにやみ、少し太陽も顔を出したが、また夕方から降り始め、夜9時近くまで降った。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、67%。

不可解な事が続く

最近不可解なことが連続する。昨日ヘルベルが店番をしている時に、金髪がかった髪の少し太ったグアテマラ人らしい女性が来て、「うちの庭で取れたもので、セニョールに渡してくれ。」と言って袋に入ったニラのようなものを置いていったんだそうだ。ちょうど他の客もいて忙しかったので、ヘルベルは名前も聞かなかったという。
袋に入ったものはニラのように見えるが、葉がかなり細く、ちょっと丸っこい感じもするので、ネギの小さいものと思えなくもない。臭いもネギっぽくもなく、かといってニラのようでもない。それにしても、誰に貰ったのか分からないし、聞くわけにも行かない。
いろいろ考えたが、どうも該当する人を思いつかない。というかちょっと金髪がかった(に染めた)髪の小太りの女性なんて、この辺にはいくらでもいそうで、考える糸口にすらならない。しかも、僕の名前を言わずに、「セニョール」と言ったことからして、そもそも良く知った人ではない可能性が高い。
良く知っている人でなければ、何で僕にネギもしくはニラを渡そうと思うのか、これが不思議だ。そもそも何であるかはっきりしないとちょっと使いにくいではないか。ヘルベルに「良く考えて見たことあるかどうか思い出してくれ。」と言ったところ、もしかしたら、チャーハンや焼きそばを買いに来たことがある人かもしれないと言い出した。そうなると、チャーハンにネギを使っているのを見て、ネギをプレゼントしてくれたという可能性もなくはない。そうだったら嬉しいのだが。
今日は朝から雨が降っておかしな天気。日中は天気が良くなり暑くなったが、夕方6時前にちょっと強い雨が降り、夜になっても小雨が降ったりやんだり。
日中の温度30度、湿度45%。夜22度、64%。


アディオス・スエグラ

昨日ペトラとパンを買いに行く途中、横を通った車の窓から中年のおじさんが乗り出して「アディオス・スエグラ。」と叫んで、手を振って投げキッスまでして行った。何事かと思い、周りを見回したが、他に近くを歩いている人もいなかったので、おそらくこれはペトラに向かって言ったものと思われる。でも、ペトラはあんな人全然知らないと言う。この「アディオス・スエグラ。」は、アディオスはさようなら、スエグラはお姑さんという意味で、普通かわいい娘と歩いているお母さんに向けて(当然間接的にその娘に向けているわけだが)発する言葉である。でもその時ペトラと一緒に歩いていたのは僕な訳で、ペトラは僕に「あのおっさんに気に入られたんだ。」と言って大喜びしている。
たとえそうだとしても(そうであるとは到底思えないが)、僕をペトラの子供だと思った訳で、なんともおかしな話だと思う。スエグロ(舅)であれば、ペトラを気に入って僕がペトラの父親だと思ったという線で多少は理解の余地がある。しかし、ペトラも僕もはっきりとスエグラと言っているのを聞いた。車は我々の後ろから走って来たので、百歩譲って僕の後姿を女と見間違えたとすると、僕を気に入ってペトラにスエグラと言った場合と、ペトラを気に入って僕にスエグラと言った場合が考えられる。それでも、あれだけ窓から乗り出して叫んでいたので、通り過ぎて前から見た時点で僕が男であるということは分かったはずだ。一体、どうすればこの状況を説明できるんだろうか。
今日は天気が良く暑い一日。
日中の気温30度、湿度38%。夜22度、56%。

春眠

春眠暁を覚えずというが、これはグアテマラでも関係あるんだろうか。なんだか今日は随分と眠たい1日だった。いつも通り午前中夜の日曜定食の用意をして、一段落した所で、2階に上がり、ペトラがジェシカを風呂に入れるのを手伝った。ジェシカは風呂嫌いなので、なんだか可哀そうなので、洗うのはペトラに任せ、最初に捕まえるのと、終わってから洗う台から降ろすのを手伝う。
その後ホッとしてテレビを見ていたら寝てしまった。ペトラに起こされて気がついたら、なんともう昼の時間。30分くらいだがぐっすり寝てしまったようだ。昼寝はするので、驚く事はないが、午前中に寝てしまったのは珍しい。なんだかその後もなんとなく眠たくて、日曜定食を作り始めて、やっと目が覚めた感じだ。
日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めで20人来てくれた。今日もかなりにぎやかで嬉しいことだ。持ち帰りをする人もいたので、自分達の分も作ったら、仕込んでおいた材料は全てなくなった。本当にこういう風にきれいになくなると気分が良い。先週大勢来ていたアメリカ人ぽい人たちは今日は来なくて、日本人が中心。
それにしても暑い一日だった。昨日に続き、朝から天気が良く、どんどん気温が上がり、ジェシカを風呂に入れるのには良い天気だが、昼を食べに外に出たら、ぐったりするくらい暑い。とはいえこの位がこの時期では普通と言えば普通の天気。日曜定食は炒め物なので強火で作っていると実に暑い。
日中の温度30度、湿度46%。夜22度、52%。


そば

いつもの土曜日通り朝から市場で買い物。今週の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めなんだが、この青菜今回も幸いブレドが手に入った。自分ではほうれん草よりこのブレドの方が好きなので嬉しい。
それにしても今日は不思議と市場が混んでいた。セマナ・サンタ明けでまだ月の中日でもなくきっと今日は空いているだろうと思っていただけに意外だった。どうなっているんだろう。忙しかったからか、豚肉を知り合いの鳥屋のマルベニで切ってもらうんだが、これが忙しい中切ってくれたので、ちょっと恐縮。いつも親切にしてもらえるので助かる。
ワンタンの皮を売っているおばちゃんがそばを売っていた。最近グアテマラシティーの韓国食材店からも仕入れてくるので、商品の数が増えて、いろいろ見ていても楽しい。今日は、そばを持っていた。なんと4ポンド入りのでっかいもの。しかも日本語で"ざるそば"と書いてある。("そば"でなく"ざるそば"というのがビミョウだが)よっぽど買おうかと迷ったが、75ケツアル(10ドル弱)とそれなりの値段だったのと、先日そばもどき(韓国語でしか書いてないので、なんだか全く分からないが、見た目は完全にそば)を買ったので、今日は見送った。それでも、麺類が好きなのと、東京生まれのせいかやはりうどんよりそばが好きなので、どうもあれは気になる。
今日は朝から実に良い天気で、市場で買い物をしていてもなんとも暑かった。午後になっても曇らず久しぶりに一日中晴れた。
日中の温度30度、湿度31%。夜22度、52%。

容器不足

先日入り口の店で売っている焼きそばやチャーハンの容器の蓋だけが余ってしまうという話を書いたが、これはどうやら容器の下の部分だけが買えそうなので問題は解決しそうだ。フリスビーにしたらどうかなどいろいろ助言を貰ったが、下だけを買えるんだったら、これが最も正攻法の解決法である。
ところが、今この容器そのものが手に入らない。ないわけではないんだがいつも買っているところは毎回買うという事で安くしてもらっているので、他だと結構値段が違ってしまう。蓋だけはたくさんあるんだが、これはどうしようもない。今は他の容器でしのいでいるんだが、こぼれやすかったり、さめやすかったり何かと問題があり、やはり今まで使っていた容器が一番。今度からもう少し買いだめをしておこうと思う。
昨日の雨はちょっと驚いたが、今日も昼頃少し暗くなってきたので、また雨が降るのかと思っていたら、その後また日が照ってきて暑くなった。夕方から雨が降るのは雨季の感じがするという人もいたが、まあいくらなんでも雨季に入るのは早すぎる。ただ、今年の天気がヘンなのはアンティグアだけではなく、チチカステナンゴのあるキチェ県では先日かなりたくさんの雹が降ったようで、地面が一面に白くなっている写真が新聞に出ていた。この乾季の暑い時期に雹とは実にヘン。農作物への影響もかなりあったのではないかと心配。
結局午後も曇ったり照ったりで雨は降らず。
日中の温度27度、43%。夜22度、60%。

突然の雨

今朝からものすごく良い天気で午前の授業が始まった頃からかなり暑くなった。ここ数日午前中は曇っていることが多かったので久しぶりに天気の良い一日になると思っていた。昼ごろにはかなり暑くなった。気温は思ったほど上がらないが、それでも特に午後の授業が始まる頃には湿度が高くなんだかじっとり来るような日本の夏に近い感じの暑さだった。外に出るのが億劫になったが、銀行に用事があったので、思い切って出かけたんだが、帰ってきてしばらくしてパラパラという音がしたと思ったら、いきなりものすごい勢いで雨が降ってきた。これだけ強く降ればあっという間にやむかと思っていたら、30分たってもまだ降っている。外の道を見るともう川のような状態。先生達も傘を持ってこなかったとか言っていたが、もうこうなると傘があってもどうしようもない。いつまで続くかと見ていたら、40分くらいたってやんだ。
今日市場に買い物に行ったんだが、今日はわりと人が少なかった。どうもアタバルの入り口の店もそうだが、セマナ・サンタで皆お金を使っちゃったのか、ここ数日は実に静かなものだ。あとは月の中日に給料が出るのを待っているんだろう。
野菜はセマナ・サンタが終わっても高いまま。日曜定食のメニューを考えながら買い物をしていたんだが、最近青菜類は結構出回っているように見える。そこで今週の日曜日は豚肉と青菜の五目炒めにすることにした。
日中の温度28度、湿度51%。夜22度、68%。

修正

最近はだんだん日が長くなってきて、朝6時前に起きると大抵もう明るくなっている。ところが、今日はなんだか薄暗い。外に出てみると地面が濡れていて、晩の内に雨が降ったのかと思っていたら、なんとその時もまだ小雨が降っていた。周りの丘にも霧が結構厚くかかっていて、なんとも鬱陶しい天気。いくらなんでもまだ4月の上旬で、雨季に入るには早いと思うんだが。そのせいだと思うが、やはり肌寒い。先日3月、4月がアンティグアでは最も暑い月だと書いたばっかりなのに、これじゃ自分でも嘘をついているような感じがする。それでも昼からは日が照ってきたので、ぐんと暑くなった。しかも湿度があるせいか、温度以上に暑く感じる。
以前のブログの内容に関してついでにフォローしておくと、"シネマックスがスペイン語字幕の上にスペイン語吹き替えで放送している。"と書いたが、なんとそのブログを書いた翌日か翌々日には元に戻って普通に英語(アメリカ映画の場合)の音声で、スペイン語字幕に戻った。あれは一体なんだったんだろう。試しにやってみたんだろうか?それとも何かの手違いだったのか?なんとも不思議だ。基本的には吹き替えの方が字幕を読まなくてすむので楽だし(とはいえ、つい字幕がでていると読んでしまうんだが)、夜ペトラが寝てたりするときは音を小さくして字幕を読むという風に両方使っていたので、個人的には両方あると便利だった。
夕方からまた雲が出ていたので、夜雨が降るかと思ったが、今のところ降っていないようだ。
日中の温度28度、湿度52%。夜22度、70%。

11歳

今年でジェシカも11歳になる。犬の年齢についてはいろんなことを聞くので、一体ジェシカが人間の年に換算するとどのくらいになるのか良く分からないが、もう若くないことは確かだろう。飼い主の贔屓目かもしれないが、見た目も普段の行動もそれ程年寄り臭くはないと思う。
とはいえ、今までは朝から晩まで完全に僕の後についてウロウロしていたんだが、最近は午後ペトラが2階にいる時には僕が1階の事務所にいても降りてこないことが良くある。特にここ数日暑いし、こんな時に下に降りたり上に上がったりするのは面倒になってきたのかもしれない。
ただ、食欲は相変わらず旺盛で、常に何か食べる機会を探している感じ。決まった食事の時間以外でも、我々が食べていると、何かおこぼれに預かれないかと、周りをうろうろしたり、鼻先で僕の足を突いてみたり、前足で押してみたりする。ジェシカの食事は専用の金属の皿があって、そこに盛って食べさせるんだが、それで足りなかったり、そういうおこぼれに預かれなかったりすると、自分の食事用の皿を探して、それを舐めたり、押したりして、皿をカタカタ鳴らすのが得意のアピール方法だ。言葉が喋れない分いろいろな表現方法を考えるので面白い。
昨日の晩から今朝にかけてちょっと肌寒かった。今日は午前中曇っていて結構涼しかったんだが、昼から日が差してきてえらく暑い。
日中の温度30度、湿度48%。夜23度、70%。


なぜ3月、4月が一番暑いのか

今日からまた通常通りの毎日に戻る。セマナ・サンタの間から既に午後に雨が降ってきて、ちょっとヘンな感じの天気だったが、今日も朝からちょっと曇り気味。昼過ぎには雨が降った。通常雨季は5月くらいからなので、4月に雨というのはちょっと早い気がする。
時々このブログにも書いているが、大体アンティグアで最も暑い時期は3月、4月である。それを読んだ人から、グアテマラだって北半球にあるんだから、最も暑いのはやはり7月、8月ではないのかと時々質問をされる。最もな質問だと思う。ただ、グアテマラは大体5月から10月まで雨季になる。また、アンティグアは高地にあり、日がカンカン照っている時は、1月でも結構気温は上昇するのに対し、曇ったり雨が降ったりして日が照らないと、8月でもヒンヤリとする。このため12月、1月の寒い時期が終わり、暑くなってきて雨季に入る前の3月、4月が最も日が照って暑く、その後5月くらいから雨季に入り曇ったり、雨が降ったりすると、それ程気温が上がらないようになる。もちろん雨季の間にカニクラといって、雨季の途中の雨が降らない期間がある。この期間はやっぱり暑くなることが多い。
同じグアテマラでも標高の低い北部のペテン地方や、太平洋岸の地方ではまた事情が違うんだと思う。住んだ事がないので、良く分からないが、これらの地方では亜熱帯の気候のようになるので、年中暑いというイメージがある。
夜になって雨は降らなかったが、全般的に温度が低い。
日中の温度27度、湿度51%。夜22度、62%。

祭りの後

昼にサン・ペドロ教会から復活のプロセシオンが出て、これでいよいよセマナ・サンタも終わり。なんだかんだ言ってあっという間に終わってしまった。ジュースも水もそこそこ売れたんだが、売れ残ってしまった。それでも、これは大目に買ってあるし、他の年と比べて、水がちょっと少なかった感じはあるが、まあまあ例年通りか。やっぱり元気の出る飲み物であるアドレナリナ、ラップトップなどというのが売れたのは、プロセシオンに夜通しついて歩いて疲れた人がたくさんいたんだろう。
町ももう大分静かになった。昨日からどんどん車がアンティグアの出口に向かって移動している。他所の町から来ているような人たちは、今日の復活のプロセシオンは見ずに、今日は家でのんびり疲れを取っているんだろう。
新聞には一面に海の様子の写真が出ている。本当に芋を洗うような状態。一目見た日本人が最盛期の湘南のようという。なんでも今年は大統領がグアテマラシティーから太平洋側のサン・ホセの海岸(だったと思う。)まで、無料のバスを運行する、とニュースで言っていたが、本当にそんなヘンテコなことをしたんだろうか?今の大統領もアンティグアの市長さんも、変わったことばっかり考え付くみたいで、大丈夫なのかと思う。
今日の日曜定食はかき揚げでなんと27人来てくれた。しかもおそらく半分以上は白人系の人たち。一体どこで知ったんだか。先週来てた人たちの口コミかも。しかし、セマナ・サンタも終わり人も少ないかと思ってたので、ちょっと驚いた。
日中の温度29度、湿度52%。夜22度、61%。

ライバル

昨日でセマナ・サンタの人出のピークは過ぎた。しかし、昨日のサン・フェリペのプロセシオンはアタバルの前を通ったのが午前3時。そんな時間まで起きて見るのはさすがに無理。なんとサン・フェリペの教会に帰ったのが、午前7時だそうだ。なんと夜が明けてから終わったわけだ。皆良くそんなについて歩いたもんだ。
それにしてもこの木曜日と金曜日は同じ時刻に2つのプロセシオンがアンティグアを回る。この2つのプロセシオンはやはりライバルとして比較される。たいていの場合一方が庶民派でもう一つが金持派という感じに分かれるようだ。
聖木曜日の場合サン・フランシスコは金持派、サン・クリストバルは庶民派。聖金曜日はエスクエラ・デ・クリストが金持派でサン・フェリペが庶民派ということになる。ここ数年の傾向としては金持派を庶民派が圧倒している傾向があったんだが、今年はちょっと様子が違ったらしい。特に木曜日はサン・フランシスコが担ぎ手を増やしたのに対し、サン・クリストバルは例年より減らしたらしい。不況の影響が金持ちより庶民に大きかったせいだと言うことになっているらしい。
朝から市場に行ってきたんだが、やっぱり店は閉まっているところが多いし、人も圧倒的に少ない。歩きやすくてすぐ買い物を済ませて早めにアタバルに戻った。ちょっと心配していた明日のかき揚げの材料は何とか最低限必要なものが手に入った。
今日も天気が良く暑い一日。ところがまた小雨が降った。それもエスクエラ・デ・クリストのプロセッシオンがちょうどアタバルの前を通っている時。
日中の温度30度、湿度45%。夜22度、65%。

聖金曜日のすごい人出

いよいよセマナ・サンタの最も盛り上がる聖金曜日になった。朝から出かけて見たんだが、アンティグアの入り口の方からどんどん人が入ってくる。グアテマラシティー方面から来た人たちは、アンティグア内に基本的に車が入れないので外に駐車して歩いて入って来るらしい。その後絨毯を見て回ったんだが、やはり4カジェのものはなかなかきれいだと思う。
中央公園は当然ものすごい人で、座るところはまず確保できない。誰もが地面に座ったり、折りたたみの椅子を持ってきて座ったりしている。ポヨカンペロなどでテイクアウトの食べ物を買って公園で食べている人もたくさんいる。喫茶店で休憩をしたいんだが、どこも満員で週末の渋谷駅周辺のようだ。それでもなんとか空いている店を見つけて一服した。とにかく歩くのも大変なほど。プロセッシオンの音楽とその前をお払いして歩く香の煙を目印に人が多そうな道を避けてやっとATABALに帰り着く。
このお払いする香を振り回して歩く人たちも、この香の煙、去年までは年々人数が増えて、プロセッシオンの前はものすごい煙で少し先も見えないほどだったが、今年は少ない。今までのように誰でも飛び入りで入れるというのを止めて、登録制にして、一回に香を振りまく人数を制限して、交代制になったらしい。ATABALの前はほとんどのプロセシオンが通るので、その度に屋内が煙だらけになるんだが、今年は普通に窓の所にいても我慢できる程度。
今日は夜11時半頃になって雨が降ってきた。プロセシオンはまだまだ終わらないんだが、雨の中大変だろう。
日中の温度30度、湿度41%。夜22度、54%。

商売の不思議

聖木曜日の今日は朝から良い天気。暑くなってくれることを期待する。とはいえ、今日はプロセシオンは夜10時ごろにサン・フランシスコ教会のものが通るだけで、そういう意味ではあまり期待できない。
昨日の午後突然警官がたくさん店に入ってきたので、何事かと思ってビックリしたが、単に買い物をしに入ってきただけだった。毎年のことだが、セマナ・サンタの警備のために、各地から警官が派遣されてきて、ATABALのすぐ近くの公立の学校に宿泊する。今年は200人くらい来ているらしい。
その人たちが試しにチャーハンを買っていったようで、気に入ってくれたのか、その後警官が続々来てチャーハンやら焼きそばを買って、あっという間になくなってしまった。そこで、今日はいつもと同じ程度しか作らないつもりだったのだが、予定を変更してかなり多めに作った。作っているときには警官が来て、もう出来たかと聞いていたんだが、出来てからはあまり来なくなって、結局そんなにたくさんは売れなかった。商売をしていると商品がない時はやたら注文されるのに、仕入れたらパタッと注文されなくなってしまうことが良くある。不思議なものだ。
午前中と夜にペトラと町中に出てみたが、かなり人が来ている。それでも例年に比べると少ないという声をあちこちで聞いた。夜公園に行った時にはちょうど、サン・クリストバルとサン・フランシスコのプロセッシオンが公園を通る所だった。夜のプロセッシオンは照明もされて、一段ときれい。
日中の温度30度、湿度37%。夜21度、62%。