スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



長雨の後

どうも日本でもかなり今回の火山の噴火と雨の被害のニュースは報道されたようで、心配して連絡してくれた人もいた。幸いアンティグアではこれといった被害もなく(周辺では随分被害が出ているようだが)、アタバルも昨日書いたように雨漏り以外これといった影響はなかった。
しかし、昨日の晩周りの丘が曇って見えないくらいだったので、また降るんじゃないかと心配していた。ところが今日も朝から曇ってはいたが、結局雨は降らないまま。日中は少し太陽も顔を出し、暑いくらいだった。
ただ、買い物に行った市場では、野菜がほとんど入荷せず、品薄な上にあるものもかなり高い。ネギなどは全く新しいものは入っていなくて、土曜日の残りを売っている状態。もう葉っぱなど痛みかけているのに、値段は土曜日と一緒。安くならないか聞いたら、他の人にはもっと高く売っているんだとの返事。どうしようもない。
それでも、昨日と今日で、洗濯物が乾いてくれたのは助かった。何しろ雨続きで、洗ったものを屋根の下に所狭しと並べてあったんだが、湿度が高いので、乾かない。いくらなんでもこれでは臭くなってしまうんじゃないかと心配していたが、昨日と今日で、何とか乾いてくれたようだ。
こちらはそんな呑気な事を言ってられるが、ニュースではあちこちでの被害が次々と報告されている。あちこちで救援活動やら、物資の差し入れやらをしている。しばらく降らないでくれると良いんだが。
日中の温度26度、湿度67%。夜22度、76%。
スポンサーサイト

消えた

昨日は雨であちこちかなりの被害が出たようだ。アンティグア周辺でも、あちこちで土砂崩れ、洪水が起こり、死者まで出たもよう。ローカルラジオのニュースでは、予定していた番組をやめて、被害の状況などを知らせる番組をやっていて、あちこちの住民からの電話でそれぞれの村の状況を知らせていた。土砂崩れで家が潰されたところもある。それ以外ではもうあちこちで家が浸水していて、これらの人たちはその村の公民館などに避難している。それ以外は停電、断水の報告が多い。アンティグアから出て(入って)行く道はどこも土砂崩れ、倒木などで不通になっている。
アンティグア市内でも場所により差があったようだが、アタバルは幸い断水もなく、瞬間停電は無数にあったが、最も長いものでも15分程度で、長時間の停電は一度もなかった。ただ、夕方からケーブルテレビは画像が止まってしまい、今日の昼までそのまま。それ以上に、雨漏りがひどかった。何しろもう1週間くらい雨がちの天気が続き、木曜日からほとんどやまずに降っているので、コンクリの天井だとだんだんしみてきて、あちこちから漏ってくる。
昨日のニュースでは今日は熱帯性低気圧がグアテマラに上陸し、もっと大変なことになるということだったが、今朝も弱い雨が降っていたが、6時ごろにはやんでしまった。その後も曇ってはいるが降ってこない。何でも低気圧は勢力が弱まりなくなってしまったんだとか。なんだか狐につままれたようだが、助かった。
夜になっても雨は降らないが、周りの丘は霧で曇っている。明日雨が降らないと良いんだが。
今日の日曜定食は鳥と野菜の豆鼓炒めで21人。昨日の雨もありほとんど誰も来ないんじゃないかと思っていた。少ししか用意してなかったので、かなり焦った。
日中の温度23度、湿度72%。夜20度、80%。


今度は洪水

今日も朝から雨。昨日パカヤ火山の噴火の話を書いたが、今度は雨がすごくて、それどころではなくなってきた。今アンティグアはグアテマラシティーに行く道も、エスクイントラに行く道も、チマルテナンゴに行く道も全て不通になっているそうで、孤立状態。あちこちで洪水、地すべりなどが起こっている模様。とにかく昨日から雨がやむことなく、土砂降りではないものの、結構強い雨がコンスタントに降っている。道は全て川のよう。
今日は雨の中市場に買い物に行ったが、びしょ濡れになった。もちろん合羽を着て傘も持って、靴は一番濡れなさそうなものを選んで行ったのだが、あまり意味を成さなかった。何しろ市場の中はドロドロ、外は洪水、屋根は一部を除き各店が勝手に覆っているだけなので、あちこちから滝のように水が落ちてきて結局下半身はずぶぬれ。こんな状態だとよっぽどガラガラかと思ったら、それ程でもなく、平日よりも少し混んでいる程度。ただ、外の店はかなり閉めているところがあった。
この雨は熱帯低気圧のアガタというのの影響らしく、これが今度は台風になるかもしれないと言う。しかも、明日の朝にはグアテマラに上陸するという。こう長く雨が続くとコンクリの屋根はだんだん水がしみてきて、ATABALでもあちこち雨漏りがしている。
入り口の店もこの状態では全然人が来ないかと思ったが、少し雨が弱くなると人が来て、携帯電話のプリペイドカードを買っていく。おそらく家族や知り合いなどにかけるんだろう。
日中の温度20度、82%。夜18度、85%。

噴火

今日グアテマラでは火山の噴火の話題で持ちきり。首都のグアテマラシティーからも近いパカヤ火山が噴火して、火山灰がグアテマラシティーにもかなり降りかかり、噴火の様子を撮影していたテレビ局の撮影隊にも岩などが飛んできて、リポーターが1人亡くなるという惨事になった。他にも近隣の住民で行方不明になっている人がいる模様。
グアテマラシティーの空港は現在閉鎖中。今日中の復旧は無理らしい。1998年にも同じようにパカヤ火山が噴火し、空港が閉鎖されたが、その時は復旧までに2日かかったと言っていた。
パカヤ火山から近い、グアテマラ、エスクイントラ、サカテペッケス3県の学校は休校。アンティグアはこのサカテペッケス県にあるので、今日は小学校から大学まで全て休みになるようだ。もちろんアタバルはそんなことに関係なく授業をしている。一体どういう影響があるのか、なぜ学校が休みにならないといけないのか分からない。近いといっても、アンティグアからパカヤ火山など見えもしないし、火山灰すら今のところ飛んできていない。そんなに大げさに騒がなくても良いんじゃないかと思うんだが。グアテマラの学校はすぐに休みになってしまう。まあ、休みになった生徒の方は大喜び。土、日を併せて3連休だ。
今日も朝から雨。台風になりそうという低気圧の影響らしい。ほとんどやむことなく夜まで降り続いた。
日中の温度22度、湿度79%。夜20度、80%。

不漁

どうも雨が降っていると、グアテマラの漁師は漁に出ないんだろうか?今日も市場に行き、日曜定食の材料を買い物してきたんだが、魚が手に入らなかった。先週が豚肉だったので、今週の日曜定食は魚にしたかった。ところが、月曜日の市の日も、今日木曜日も魚はほとんどなく、魚屋のおばちゃんも暇そうにしている。
確か去年も雨が降ったら漁に出ないと言って、魚がなくて困ったことがあった。今アンティグアでも結構雨が降っているが、首都のグアテマラシティーはそれより雨が多いようだし、太平洋岸はもっと降っているらしい。しかも、今朝のニュースではニカラグアの方から低気圧が来ていて、これが台風に変わる可能性もあるんだとか。これでは魚は手に入らない。
仕方がないので、2週続けて豚肉はちょっとまずいと思い、他の材料を物色する。あれこれ悩んだが、結局鳥の腿を買って、今週の日曜定食は鳥と野菜の豆鼓炒めにすることにした。
鳥の腿を買ったと書いたが、当然骨付きしかないので、骨をはずさないといけない。これが結構面倒だったんだが、気がついたらダニエルが全部はずしておいてくれた。最近焼きそば用に鳥の腿の骨外しを毎日のようにやっているので、えらく上手くなりあっという間にやってしまう。これは助かった。
今日は午前中から雨。1日中たまにやむ程度でずっと降っていた。
日中の温度23度、湿度73%。夜20度、80%。


ラー油

ラー油を作って売ることにした。前から時々チャーハンや焼きそばを買った人が、「チリ(唐辛子)ないのか?」と聞くことがあって、何で作らないのかと言われていた。ただ、ラー油的なものは、どちらかというと食べ物には保守的なグアテマラ人が、通常使うチリソースとは違うものにお金を出さないのではないかと思い、あまり乗り気ではなかった。それでも、たいした手間でもないし、すぐに悪くなるものでもないので、ちょっとやってみるかと思い直し、先週くらいからいろいろレシピを考えて、今日やっと作って見た。味も悪くないので、分量を量りコストを計算。
1オンス(30ml弱)入りの容器に入れて売るつもりなんだが、これがいくらくらいで売れるのか、ちょっと分からない。以前チニート・チャピンという、中華のデリバリーの店で働いていたフェルナンドに言わせると、チニート・チャピンではチャーハンや焼きそばを買った人には半オンスのラー油をただで付けているが、それを追加で買う場合は2.5ケツアル(約0.3ドル)なんだと言う。
こちらは焼きそばもチャーハンも安く売っているのでただで付けるわけには行かないが、欲しい人には別売りで買ってもらうということになる。いろいろ考えた末、とりあえず2ケツアルで売ってみることにした。まあどうなるか、しばらくは様子見。
今日は朝から曇っていて、雨も降ってきた。その後も曇り時々雨だったが、夜になってからは降っていない。
日中の温度25度、湿度68%。夜21度、75%。

ハエよけの続き

先日、ハエよけのために、暑い地方の食堂などでは水の入ったビニール袋を天井からいくつも吊るしてあると書いた。そうしたら、ホンジュラスのジュンさんから、ホンジュラスではむしろ安い食堂などではそういうものはなく、ちょっと高めのレストランなどで、吊るしてあるんだと教えてもらった。
安い食堂はハエが飛んでるのが普通で、そんなこといちいち気にしないんだそうだ。ちょっと高めの所になると、さすがに気にするようになり、そこで取る対策がこの天井から吊るす水の入ったビニール袋らしい。しかし、そんなもの吊ったりしたら、店の雰囲気が悪くなるんじゃないかというと、それなりに工夫してデザインぽくして吊ってあるんだという。
グアテマラでは安い大衆食堂的なところでこれが置いてあり、ホンジュラスではそういうところにはなく、逆にちょっと高めの所にあるというのは不思議なもんだ。ハエに対する感覚の違いか、店の雰囲気に対する考え方の違いか、同じような工夫をしても場所が変われば、反応が違うのが面白い。
昨日の予想通り、今日は朝から天気があまり良くない。午前中はほとんど曇っていて、少しだけ晴れているような感じ。午後になって、いきなり雨が降ってきた。たいした雨でもなくすぐにやんでしまったが、その後降ったりやんだり。その分湿度が高いので、気温はたいしたことがないのに随分暑く感じた。
日中の温度26度、湿度68%。夜22度、75%。

夜食か

今日は朝から曇り気味の天気。その分湿度が高いのかジトジトと暑い。市場に買い物に行っても、荷物を担いで歩いていると、汗が噴出してくる。特に今日はネギをいつもより100本買うのを150本買ったので、荷物が多い。
最近、入り口の店で売っているチャーハンと焼きそばが大分知られてきたのか、たくさん売れるようになって来た。それで今までは100本買っておけば、次の木曜日の市の日までもったんだが、先週辺りから足りなくなってきたので、ちょっと大目に買ってみた。
それにしてもこれだけのネギを刻んで冷蔵庫に入れようとするとちょっと大変。もうかなりいっぱいになっている。本当は冷蔵庫ももう少し大き目のものが欲しい所だが、そう簡単に買い換えられるものでもないし、大きくしたら電気代も心配。
それにしても、このチャーハンと焼きそば、最近はご飯時以外にも結構売れるので不思議だ。朝7時くらいとか、閉店間際の夜10時頃に結構買いに来る人がいる。まだ朝は、朝ごはん代わりというのもあるかもしれないが、夜遅くにチャーハンや焼きそばを食べる人がいるっていうのは、基本的の早寝早起きのグアテマラ人というイメージからはちょっと想定外だった。まあグアテマラでも生活の様式がだんだん変わってきているんだろう。
結局雨は夜に入って少し霧雨のようなものが降った程度のようだ。気がつかなかったが、地面が濡れている。ただ、夜はすごい雲で周りの丘がほとんど見えないほど。明日も天気はあまり良くなさそうだ。
日中の温度27度、湿度66%。夜22度、75%。

握手の強さ

グアテマラでは男同士で会った時、挨拶は握手をするのが普通なんだが、この握手の仕方にもいろいろある。田舎の方の人はなぜだか握手をしても手を握らない。単に手のひらを合わせるだけのことが結構ある。さすがに田舎の方でも若い人は手を握ることが多いが、それでも、ふんわりと軽く握る程度である。
それに対して、都会の人はギュッと握ることが多い。特に白人系の人に、力強く握り締める人が多いような気がする。日本人同士で握手をすることはあまりないので、はっきりしたことは分からないが、日本人はスキンシップの多い文化ではないのでおそらく軽く握る方に属すると思う。
それにしてもギュッと握る人は痛いくらい強く握ってくる人が時々いる。最初はその力の強さに親愛の情を込めてるのかと思っていたが、あまり何度もやられているうちに、ちょっと考えが変わってきた。この強く握る人は、初対面とかあまり親しくない時ほど強く握るような気がする。もしかしたら、「俺はこれだけ力があるんだぞ。」ということを暗に示しているんじゃないかと思うときがある。要するに挨拶の時に、相手に失礼にならずに、暗黙の内に機先を制するという意思がどっかにあるんじゃないかと思うんだがどうだろうか。
今日の日曜定食は豚肉のしょうが焼きで17人。途中雨が降ってきたが、すぐにやんでしまった。それ以外は朝から曇り時々晴れといった感じ。
日中の温度28度、湿度62%。夜23度、75%。


排水口

朝から市場で買い物。今日は15日でも月末でもないのに、なぜかとても混んでいた。最近毎日暑いので、靴はちょっとサンダルっぽい隙間の空いたものを履いているんだが、昨日の晩ずっと雨が降っていたので、市場に行く前に思い直して、普通の靴に履き替えた。これは当たりだった。
市場の屋内から外に出るところが一部やたら混んでいると思ったら、なんとそこの排水口が詰まっていて、池のようになっていた。その近くにいるワンタンのおばちゃんが言うには、昨日の雨でその排水口が溢れ、そのあたり一面泥だらけになっていたんだそうだ。店を出すのに、泥を捕ってソウジしなくてはならなかったそうだ。
まあこの市場もできてからもう相当たつようだが、いろいろな問題が出てきている。この排水の問題はここだけでなく、市場中どこも問題なく機能しているところのほうが少ないくらい。何しろ泥などがたまってきている上に、ゴミをポイポイ捨てるので、余計ひどくなる。今グアテマラ市がやっているテレビ広告に、「排水口はゴミ捨て場ではない。」ってな事を言っているのがあるが、これはグアテマラ全体に共通する問題なんだろう。
本当にサンダルのような靴を履いてこの泥と水がたまった市場を歩いていたら、足がドロドロになるところだった。本当に普通の靴に履き替えておいて正解だった。
今日も天気はあまり良くなく、午前中にも小雨が少し降ったりしていたようだ。それでも日中は暑い。湿度が高いので汗だく。
日中の温度29度、湿度58%。夜22度、73%。

高校の課程

グアテマラでは、高校は普通科というのはどちらかというとマイナーで、秘書科、会計科といった感じの、それぞれの職業にあわせた、専門課程的なコースが一般である。最近では各学校もいろいろ工夫をしているのか、秘書科でもバイリンガル秘書科であるとか、更に細かい特徴を出していたり、旅行業、ホテル科といった、新しいコースをどんどん作っているようだ。
何でもこれらのいろいろな課程が今や全国で500以上になってしまい、さすがにややこしくなったのか、来年からこれを300程度に減らすんだそうだ。まあ300でも十分に多くてややこしい気がする。
アンティグアにある学校でもいろいろ変わった課程があるようで、オドントロヒア(歯科)科というのがあるらしい。まあこれは歯科助手などを養成するという事で分からなくはないが、アエロモサ(スチュワーデス)科というのもあるんだそうだ。
グアテマラにはグアテマラシティーからティカル遺跡に行く基点となるフローレスに飛ぶ航空会社はあるが、それ以外にそもそも航空会社がない。こんな状況で客室乗務員の勉強をして何になるんだろう?そこで勉強したいという生徒がいるということは、まあ分からなくもないが、そうかといって、そこに学費を払って通わせる親がいるっていうのがちょっと不思議。
今日は午前中から曇りがちだったが、雨は夜になってから。その代わりかなり降っている。
日中の温度27度、湿度65%。夜22度、75%。

国営、民営

ここの所時々触れている電気代の値上げに関してだが、なんだか2,3ヶ月は値上げしないことになりそうなんだとか。ただ、あまりに話がころころ変わるので、これで安心していいものやら、まだまだ変わるのか良く分からない。
今でさえ電気料金は高いと思う。これ以上値上げされたら結構大変だ。当然そう思っているのは僕だけではなく、電気代値上げ反対のデモやら、電力会社を国営化しろというデモやらが組織されているらしい。
国営化すると良いんだか悪いんだか。郵便が数年前に国営から民営化されたが、確かに以前のように、途中でなくなってしまう郵便物は減った(なくなった訳ではないようだが)が、料金はかなり高くなった。国営の時は日本まで手紙を出しても1ケツアル(当時のレートで0.15ドル弱)とか2ケツアルだった。日本に帰って、日本の国内に手紙を出すより、グアテマラから出した方が安いので、一体どういう事になっているのかと思ったものだった。今は確かはがきでも8ケツアルくらいだ。要するに倍どころではなく4倍以上になった訳で、一体サービスを利用する人がいるんだろうかという感じで、郵便局も閑散としている。電気に関しても国営化すれば、料金はやたら高くなることはないかもしれないが、停電ばかりという恐れもあるので、一体どっちが良いものやら分からない。
今日も天気の良い一日で、湿度も高くやたら暑い。夜になって小雨が降った。
今週の日曜定食は豚肉のしょうが焼き。
日中の温度30度、湿度52%。夜23度、69%。

財布の紐

なんだかドルはケツアルに対して1ドルが8ケツアルに届くか届かないかといったところで止まってしまったみたいだ。去年の後半から今年の始めにかけてはどんどんケツアルが下がってきていたんだが、2月頃からケツアルがまた上がり始めて、その後8ケツアルをちょっと下回ったくらいでウロウロしている。
こればかりはどうしようもないが、ちょっと期待していただけに、なんだか肩透かしを食わされたようで、損をしたみたいな気になる。それにしても、決して町中を見ていると景気は良さそうには見えない。
セマナ・サンタの後に閉まった店も例年以上に多く見かけるように思う。セマナ・サンタはかき入れ時なので、この時までがんばって、これが終わった段階で見切りを付けた店が多いということなんだろう。
外国人の観光客に関しては、まあこの時期例年減るので、今年に限ったことではないが、今はやはり少ないらしい。一般の人の堅さは、入り口の店の携帯電話のプリペイドカードとリチャージの売上が一つの目安なんだが、これもやや落ちている。多くの人が節約をしているんだろう。
電気代の値上げも、一時据え置きになったというニュースが流れたが、今度はまた値上げするようになったと言っている。電力会社は値上げがだめだったら節電のため時間を決めて定期的に停電をすると言っていたので、どっちが良いんだか分からないが。
今日はずっと良い天気だったが、夕方から雨が降った。
日中の温度30度、湿度49%。夜23度、72%。

スーペル・アイレ

スーペル・ボンデルという商品がある。瞬間接着剤で日本でいうとアロン・アルファが有名だと思う。この瞬間接着剤、どれがオリジナルで、どれがそれをまねした商品なのかは分からないが、グアテマラではスーペル・ボンデルというのは、オリジナルとされていて、値段も高く(2ドル位する)、その分蓋等もしっかりしている。
このまねした?商品というのもあるんだが、こちらは値段は10分の1くらいだが、包装も簡易なもので、蓋などもシンプルな作り。ただ、接着剤の量も1回、2回使用する分程度しか入っていない。まあたくさん入っていても、そんなに頻繁に大量に使用するものでもないので、1回使って、しばらくほっておくと、次に使うときにはもうカチカチになっていて、使えない。入り口の店では一応オリジナルのものとそうでないものを置いてあるんだが、まあ値段の違いがあるからか、やっぱり安い方が売れる。
先日仕入れの伝票を見ていて、ヘンなものを見つけた。スーペル・アイレとある。スーペルはスーパー、アイレは空気という意味だ。何か新商品を買ったのかと思って、店員に「これは何?」と聞くと、なんとこのまねした方の接着剤だという。液がほとんど入ってなくて、空気ばっかりだから、こういう風に呼ばれるようになったんだとか。
今日も午前中から曇りだし、午後はずっとどんよりとして時々小雨が降るといった天気。その分気温は低いんだが、湿度が高く、なんとなく蒸し暑い。
日中の温度25度、湿度64%。夜21度、73%。


ハエよけ

最近暑い日が続いていることもあり、ハエが多い。こればかりは外から飛んでくるものなので、なんともしようがない。一時期ハエ取り紙を吊っていたことがあるが、これはどんどんくっついて、ブツブツしたものが苦手な自分にはどうも気持ち悪く、最近では吊っていない。
特に夜周りが暗くなると、光に集まるのかこれまた頭の上の蛍光灯に寄ってくる。しかも、風呂に入った後などは頭も濡れて光っているからか、やたらと頭の周りを飛び回るので、実にいらいらする。
この話をしていたら、グアテマラの特に暑い地方では食堂などの天井から水を入れた袋を吊るしてあるという話を聞いた。これがハエよけのためなんだそうだ。水を入れたペットボトルを置いておくと猫だか鳥だかが寄ってこなくなるというのは聞いた事があるが、ハエも寄ってこなくなるとは知らなかった。
しかし、暑い地方に行ったことはあるが、そんなものを見た覚えはない。最近全然地方に行かなくなったので、そういうのを使い出したのは、最近のことなのかもしれない。
しかし、これは何で効くんだろうか?光の反射とか、やはりそういう問題なんだろうか?どうもペットボトルも、実は効果がないということで、今では廃れたんじゃなかったか。
今日は朝のうち晴れていて暑くなった。昼前には曇ってきて、雨が少し降った。ところが、昼過ぎにはまた晴れて、今度は湿気を伴い暑くなり、また夕方に雨が降ってこれで少し涼しくなった。
日中の温度28度、湿度56%。夜22度、73%。

さつま揚げ

今日の日曜定食はさつま揚げ。これは結構手間がかかる。もちろん、食べてもらうために作っているんだが、同じくらい自分でも食べようという気があるので、確実に余るように多めに作る。ところが、魚のすり身というものを売っていないので、全て包丁でトントン叩かないといけない。更に、叩いた魚に野菜と調味料を入れて良く混ぜないといけない。実はすり身を作る以上にこの混ぜる作業が大変。何しろすり身は混ぜているとどんどん粘り気が出て重くなってくるので、大体30人前の量となると結構力が要る。この作業だけは一人では大変なので、入り口の店の店員とか、そこら辺の人を捕まえて手伝ってもらうことにしている。
今日はペトラに押さえてもらってかき混ぜた。かなり念入りにかき混ぜたので、大分力が要った。これがもっと粘性の高い魚だったらもっと大変だろう。まあその分プリプリしてより歯ざわりが良いのかもしれないが。
そんな訳でたくさん作ったさつま揚げで、今日は12人。最近にしてはちょっと少なめだが、練った魚はすべて揚げてしまった。後から取りに来るからと頼まれている分もあるし、残りは冷凍したりして、少しずつ食べる楽しみがある。今度はこれに、つみれなどを作って足して、大根と煮ておでん風にして食べるつもり。
今日も天気が良く暑い一日。夕方一瞬雨が降ったような感じだったが、ほとんど分からないくらい。
日中の温度28度、湿度57%。夜22度、68%。

卵黄タイプ

大分前のことだが、ネットのニュースでキューピーマヨネーズがアメリカのアマゾンのマヨネーズ部門の売上で1位になっているというニュースがあった。その時は、まあそんなもんかと思って読んでいたが、その中に、キューピーマヨネーズは卵黄だけを使ってあるのでコクがあり、欧米のマヨネーズは全卵を使っているので淡白な味なんだと書いてあった。
グアテマラのマヨネーズは更にコクがなくおいしくない(その分安いが)が、こちらで売っているヘルマンのマヨネーズなども、確かにまずくはないが、コクがないというか、ちょっと物足りないような感じである。
キューピーのものはペトラなども大好きなので、日本に帰った時にキューピーマヨネーズを結構たくさん買ってくるんだが、それも当然なくなるので、こちらで最近買っているのは、マコーミックのマヨネーズ。マコーミックは日本では香辛料などのメーカーというイメージで、マヨネーズは見たことない。グアテマラの一般的マヨネーズのほぼ倍の値段だが、これは結構おいしい。メキシコで作っているようだ。今日なんとなしに、その原材料を見ていたら、なんとジェマ・デ・ウエボと書いてある。ウエボは卵で、ジェマは卵黄。全卵を使ってあれば単にウエボだけのはずなので、これはキューピーのような卵黄タイプのようだ。だからなんとなくおいしく感じるのかもしれない。
今日は午前中は晴れていてかなり暑かったが、午後に曇り始め、夕方から夜にかけ時々雨。
日中の温度28度、湿度60%。夜22度、70%。

薬の飲ませ方

胃炎になったジェシカに獣医の先生の処方した薬をやっているんだが、これがなかなか大変。基本的には餌に混ぜて食べさせるんだが、混ぜ方が悪いとちゃんと出してしまう。一番確実なのは好物の塊の肉に押し込んで一緒に食べさせる方法。ただ、昨日は夜塊の肉がなくハムで代用したんだが、このハムがスライスしてあるものだったので、実に大変だった。
ハムを小さく切ったものに包んで与えるんだが、最初手元を見ているからか、すぐに飲み込まずに、ちゃんと薬だけ出してしまう。そこで、何回かダミーのハムを与え、その後で、ちゃんと薬を包んだものにしたんだが、これまた見破られた。普段はほとんど噛まずに飲み込んじゃう(食べ物を噛まずに飲み込むのは飼い主に似たんだといつもペトラに言われる。)んだが、その時だけは下を向いて、なにやらごそごそして、きっちり薬を吐き出してしまう。
噛まずに飲み込むようになるべく小さな塊にするんだが、それでもだめ。包み方を工夫したり、様々に工夫して何とか飲み込ませることに成功した。やはり肉の塊を使うのが一番簡単だ。
今日もやはり天気が良く朝から暑い一日になった。しかも湿度が高い。そう言っていたら午後3時前にパラパラと音がして、外を見たら雨が降っていた。天気雨。これはすぐにやんでしまったが、どうも湿度が上がったように思う。
日中の温度30度、湿度51%。夜23度、61%。

トマトの重さ

今日は昨日の雨の影響か朝起きた時にちょっとヒンヤリとした。昨日の晩は夕方に降った雨のせいで、少しは涼しくなるかと思ったら、案外温度が下がらずちょっとガックリしたが、やはり夜の内にだいぶ涼しくなったようだ。
木曜日の市場に午前中買い物に行ってきた。今日は人もそんなに多くなくすいすいと買い物が出来た。今週の日曜定食はさつま揚げにする予定。その材料を注文するんだが、分量を良く覚えていないものがあったので、後から連絡するようにした。
いつも買う鳥屋で買い物をしている時、家から電話があり、トマトがなくなったという。そこで、ちょうどその鳥屋の目の前で袋に入れたトマトを売っていたので、値段を聞いたら5ケツアル(0.7ドル弱)だという。ちょっと値切ったら4ポンドで5ケツアルだからこれ以上安くは出来ないという。4ポンドはなさそうに見えたので、そういうと、絶対にあると言い張る。まあ4ポンドなくても5ケツアルだったら悪い値段ではないと思ったので買い、別の買い物もあるので、そのトマトを鳥屋に預けた。そうして後ろを見たらその女の子がいなくなっている。僕がトマトを鳥屋に持っていったので、そこの計りで確認しようとしてるんだと思い逃げちゃったらしい。別にそんな気はなかったんだが、皆に言われて計ってみるとやはり3.5ポンドしかない。まあ3.5ポンドで5ケツアルだったらそんな高くないので良いのだが、鳥屋の人たちは今度見つけたら文句を言ってやると怒っている。「まあまあ穏便に。」となだめて帰って来た。
天気が良いので、涼しかったのは早朝の間だけ。暑い上に湿度が高い。
日中の温度30度、湿度49%。夜24度、61%。

あと29日

あと29日でサッカーのワールドカップが始まるらしい。グアテマラは今回も出場できなかったようなので、関係ないようなもんだが、結構盛り上がっている。グアテマラが出ないので、おそらくたいていの人はアルゼンチンかブラジルを応援するみたいだ。
メキシコやホンジュラスが出るんだからそっちを応援すれば良さそうなもんだが、近い国はやっぱり複雑な感情が湧くみたいで、応援する人は少なそう。
今朝のニュースではメキシコでワールドカップのメキシコの試合の日は仕事や学校を休むという人が多いようで、これに対する賛否の意見を紹介していた。まあ気持ちは分からなくはないが、そんなに重要なことか?という気もしないでもない。
今年は南アフリカでやるようなので、時差の関係でどうやら午前中に試合の中継があるらしい。過去数回は夜中とか早朝とかとんでもない時間だったので、見るのは大変だったが、仕事や学校には関係なかった。もちろん、夜寝ないで見て次の日職場や学校でうとうとしている人は多かったろう。
万一(何しろ今まで一度も出た事がないので)グアテマラが出場でもしたら、賛否どころか休む人が続出するだろう。まあそういう意味では弱くって良かったという感じ。
今日は午前中から曇りがちで今にも降るか降るかと思っていたが、午後4時前くらいから降り出した。しかも、かなりの勢いの大雨。ちょうど4時に授業が終わった先生達も帰るに帰れず、しばらく待っていた。土砂降りだった分、1時間もしないうちにやんだ。
日中の温度29度、湿度48%。夜23度、69%。

薬屋

グアテマラの人はちょっとした病気では医者に行かない。日本のように誰もが健康保険に入っているわけではないので、医療費がかなり高いというのがその理由だと思う。ではちょっと具合が悪いときにどうするかと言うと、一つは民間療法というのがある。例えば、下痢をした時に、ぺリコン(グアテマラ特有の草らしい。)とかマンサニージャ(カモミール)といったお茶を飲む。もう一つは薬屋に行き症状を話して相談する。これらでだめな時に医者に行くという選択肢が出てくるのが普通。
そこで、医者に相談できるというサービスをしている薬局もいくつかある。こういうのはちょっとした時に確かに便利なサービスだといえる。
ここ数日肩凝りがひどかった。もともと1日コンピュータの前に座っていることが多いので、肩凝りは当たり前といった状態。それでも、先週末くらいからひどく、特に今日は日中の暑さも重なって、肩凝りから来る偏頭痛の状態で実に重苦しい気分だった。さすがにひどいので、買い物に行ったついでに薬屋に寄って、相談してみた(医者がいなかったので、店員のおばさんに相談した。)。そこで塗り薬を勧められて買って来た。帰ってすぐに最も痛い左の肩に塗って、昼を食べ、1時間ほど休んだ所、肩凝りが軽くなり、頭が痛いのも大分ましになった。そこで両肩と首に塗って午後を過ごしたら、夕方には肩凝りが軽くなり、頭の痛いのは8割がた直った。夕飯の後横になったら熟睡してしまった。肩が軽くなり、良く眠れたように思う。これは結構あたりだった。
今日も天気が良く実に暑い。
日中の温度30度、湿度28%。夜23度、54%。


母の日

グアテマラで母の日は5月10日。今日は月曜日だが、母の日の買い物があるせいか市場もいつも以上に混んでいる。それに母の日というと日本ではカーネーションというイメージだが、こちらではバラの花が一般的らしく、あっちこっちでバラの花束を売っている。
アタバルの先生達はほとんどが母親なので、今日はなんとなくウキウキしたような雰囲気。終わった後もさっさと帰って行く。なんといっても中南米は母親が重きを成す(父親は無責任でいなくなっちゃったりするのであまり大切にされないような感じがする。)ので、この日は皆がお祝いをする。そのため、ケーキ屋、宅配ピザ屋などは今日は大忙しのはず。
商売をしている人も今日はそれで何とか売上を伸ばそうと思うのか、商品に贈り物用のリボンをつけたり、安売りをしたり、なんだかんだと工夫をしている。
アタバル入り口の店でも携帯電話用のプリペイドカードが良く売れている。これは母親が近くにいないような人が、母の日の電話をかけるためだろう。その割には携帯各社は2倍も3倍もやらないんだが、そんな今年なくても売れると思っているのか。
相変わらず天気は良く、実に暑い。湿度が低いのがわずかに救いだが、本当にぐったりとするくらい暑い。本当に先月雨がかなり降り、もう雨季になったと騒いでいたのが何だったのかと思うくらいだ。個人的には雨が降って寒いより天気が良くて暑い方が良いんだが、こう毎日夜まで暑いのは、アンティグアでは普通ではない。
日中の温度31度、湿度26%。夜22度、53%。


小さなカード

以前ティーゴという会社のプリペイドの10ケツアル(約1.25ドル)のテレフォンカードが、今までの一つのカードを4つに区切った小さなカードに変わってしまったと書いた。小さいので失くしやすそうで扱いにくく実に不便。ところが大分前から25ケツアルのものまでこの4枚区切りの小さなカードになってしまった。
まあ文句を言ってもどうなるものでもないので、しょうがないと思って諦めていたんだが、なんと今週からまた25ケツアルの分は元の大きさのものに戻った。一体どうしたのかと売りに来た人に聞いたら、やっぱりクレームがたくさんついたらしい。何でも、良く見ずに4枚つづりを1枚として売ってしまう人が結構いたんだそうだ。
25ケツアル貰って100ケツアル分のカードを渡していたら商売にならない。そういった訳で、またもとの通常の大きさに戻したらしい。
まあこちらとしては通常の大きさの方が扱いやすくてありがたいが、随分おっちょこちょいな人がいるもんだとおかしくもある。携帯の会社にすれば、3ドルもしないものに、コストをなるべくかけたくないんだろうというのは良く分かる。それで10ケツアルに関してはいくらクレームがついても元の大きさに戻す予定はないんだとか。まあそりゃそうだろう。
今日の日曜定食はチンジャオロースで15人。それにしても相変わらず天気が良く暑い一日。夜でもちょっと寝苦しいくらい暑い。
日中の温度31度、湿度28%。夜24度、50%。

貧乏性

先日キーボードのアダプターがキーボードと同じくらいの値段がすると書いたが、キーボードは実に安くなってきているので、そういうことが良く起こる。
毎年11月に日本に行って、これまた毎年キーボードカバーを買ってくる。もちろん、キーボードの種類にぴったりあったものはないので、どのキーボードにも使えるというマルチキーボード何とかというもの。これはシリコンかなんかで出来ている薄いシャワーキャップのようになっている。
最初お土産に貰って、これだったらキーボードの掃除もしなくて便利と思い、それから使うようになった。一度これの代わりにビニール袋を使ってみたんだが、これはすぐに穴が開いてしまう。これも1年以上使っていたらさすがにボロボロになった。その後、毎年日本で買っているんだが、良く考えてみたら、日本で2千数百円するキーボードカバーを毎年買うんだったら、日本円にして800円程度のキーボードを4ヶ月に一遍新しいものに買い換えても出費は変わらない。
なんだか馬鹿馬鹿しい話だが、このキーボードカバーは高級なキーボードを使っている人が利用するものなんだろう。もう今年は日本に行ってもキーボードカバーは買わないつもりなんだが、だからと言って4ヶ月に一遍キーボードを取り替えると言うのも、なんとなくもったいないようでやりかねる。
今日も朝から天気が良く実に暑い一日。雨は降りそうもない。
日中の温度31度、湿度27%。夜24度、56%。

胃炎

また獣医を呼んだ。ジェシカがちょっと食欲がなく、しかも、今朝朝ご飯を食べた後で、戻したらしい。どうやら腹具合も悪いようで、腹がゴロゴロなっている。最初はここ最近の暑さで、犬も夏バテになるのかといった程度に思っていたが、戻したということは、そうでもないようで、心配になった。
ちょうど獣医さんが来た時、ジェシカと2階にいたので、知らせを受けて、一緒に降りて行った。ジェシカは勢い良く降りていったんだが、獣医を見たとたんに腰を抜かしたようになり、またおしっこをしてしまった。
可哀そうだが、そこを捕まえて、診察をしてもらう。結果は胃炎。犬でも胃炎になるんだ。吐き気止めを注射してもらい、胃炎の薬を処方してくれた。その後雑談をしていたら、ちょっと太っていると言われた。そこで食べ物の話になり、犬にも野菜やご飯を食べさせた方が良いと言う。少なくとも肉だけでなく、ご飯も混ぜて増量した方が、便通も良くなり、健康に良いんだとか。
そこで早速今までの鳥の内臓と頭を煮たものに、米にジャガイモとニンジンを細かく刻んだもの入れて、ご飯を作り直した。ちょっとご飯の量が多くなり汁がなくなってしまった。それでも、その餌をやったら、ちゃんと全てきれいに食べた。
今日も暑い一日。天気が良く、今日は雨が降りそうな気配もない。このまま夜になって、寝る時間になってもかなり暑い。
日中の温度31度、湿度45%。夜23度、62%。

不良品

インターネットの授業用のコンピュータをノートパソコンに変えているんだが、このノートパソコン、マウスとキーボードもUSBで接続しないといけない。まあノートパソコンにマウスはともかく、キーボードを接続しようというのが変なのかもしれないが、日本で買ってきたものなので、日本語キーボードで、こちらの人には使いにくいのと、画面を少し離して見ることが出来るので、連続して授業をした時に疲れないようにというのがその理由。
ただ、今まで持っているキーボードはほとんどPS2の接続なので、キーボードを買わないといけない。昨日買いに行ったんだが、途中で気が変わって、PS2からUSBに変換するアダプターを買ってきた。ところがこのアダプター60ケツアル(約7.5ドル)する。キーボードの安いものが63ケツアルなので、ほとんど同じ値段。かなり迷ったが、使わないキーボードがたくさんあっても仕方ないと思ったのと、このアダプターはUSBの差込は1つだが、キーボードとマウスの両方がつなげるようになっているので、これを買うことにした。ところが、なんとキーボードの方が使えない。マウスの方に差して使うと使えるので、不良品じゃないかと思い、今日買ったところに持って行ったら、ちょっと調べて結構簡単に換えてくれた。これを試したところ、まあ何とか使えそう。
今日は天気が良くまた暑い一日になった。ただ、ここの所雨らしい雨が降っていないので湿度が低く、ちょっと楽。
今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
日中の温度29度、湿度34%。夜22度、60%。


消火器

まあいつも書いているが、本当に時間のたつのは早いものだ。先日消火器の取替えをしたんだが、これが記録によると一昨年換えたきりになっていたらしい。何でも消火器の液の使用期限は1年なんだそうで、これを最初に買った消火器を売っている兄ちゃんが、時々来て、強引に換えて行く。まあ強引と言っても、使用期限が1年と言われると、やはり換えないといけないのだから仕方ないんだが、今回のようにぴったりと1年たったら来るというわけではなく、思い出したときにくると言う感じなので、どうも、今換えなくても良いんじゃないかと思ってしまう。
先日だって、たまたまこちらが買い物に行った先のスーパーでばったりと会って、今から行くからと言われ、仕方なく交換した。どうもこちらの記憶ではついこの前換えたばかりという気がするが、もう2年近くになるようだ。
アタバルにあるものは大きめのものなので1個160ケツアル(約20ドル)する。2つあるので320ケツアルといきなりにしては大きな出費。それでも、180ケツアルと言うのを随分値切って160までにした。消火器の液を値切るというのもグアテマラならでは。
今日はちょっと雲は大目だが、一日中晴れといった天気。本当に暑い日が続く。昨日は夜申し訳程度に雨が降ったが、今日はそんな気配もない。ただ、暑い割には湿度がやはり高いので、やはりジトジトする。2階の部屋は日中は風が通って涼しいのだが、夜になると開けていると虫が出るので閉めてしまい暑くなる。もう少し網戸を大きくすれば良かった。
日中の温度29度、湿度51%。夜21度、60%。

雨季の初め

昨日は結局夜になっても雨が降らず、暑い夜だった。今日は朝から曇り時々晴れといった天気。雨が降ってくれて夜涼しくなることを期待する。
それにしても、この雨が降り始める時期はいわゆる季節の変わり目である。グアテマラでは四季は基本的になく、雨季と乾季だけなので、雨が降り始める時期と、降り終わる時期が季節の変わり目ということになる。
この降り始めの時期には以前にも書いたように羽蟻のような虫が大量発生する。これがなんとも煩わしい。それ以外に、腹の病気が増える時期でもある。一説によるとそれまで約半年続く乾季で水が少なくあまり流れなかった所へ、雨が降り水が増えて流れるようになったので、最初汚い水が出やすいんだという。この説が正しいかどうかは分からないが、実際腹を壊す人が多い。
今も知り合いが3,4人腹具合が悪いと言っている。まあ薬を飲めばすぐに直ってしまうので、そんなに深刻なものではないと思うんだが、こういう話を聞くと、ああもう雨季が始まるんだなと思う。
昨日の晩、寝ようとして横になりテレビのチャンネルを当てもなく変えていたら、日本の映画をやっていた「東京ソナタ」という映画らしい。ついつい最後まで見ていたら、今日は少し寝不足。ジトジトと暑く、曇って薄暗い天気もあり、どうもボーっとしていけない。夜になって少し雨が降った。
日中の温度28度、湿度44%。夜23度、68%。

出稼ぎ

昨日は久しぶりに天気が良く、一日暑かったが、それでも夜店を閉める時間には小雨が降っていた。これで今日はまた雨かと思ったが、また朝から良い天気で、日中はすごく暑くなった。しかも湿度が高いので、むっとする暑さ。
今日も市場に買い物に行ったが、魚がやっぱり全然少ないように思う。一体どうなっているんだか。セマナ・サンタ前は魚を食べる習慣があるので、毎年魚が高くなって手に入りにくくなるんだが、今年はそれが終わってもまだ手に入りにくい。しかも不漁の期間が随分長いんだが、本当にどうなっているのか?
魚屋のおばちゃんに「一体どうなってるの?」と聞いたら、「魚もアメリカに出稼ぎに行ってるんだ。」との返事。まあおばちゃんに言ってもしょうがないんだろう。「アリゾナみたいな法律を作って魚も送り返してもらわないとだめだ。」と冗談を言っていた。
まあそんなことで簡単に帰ってくるようなものだったら良いんだが、最近の天候不順などそういうものが影響しているんだったらちょっと深刻な気がする。
今日は特に午後本当に蒸し暑くて、ちょっとぐったりとするような感じだった。十字架の丘の方の空がかなり厚い雲で暗くなっているので、今日は雨が降ると先生達が言っている。本当にそうなってくれると助かる。アンティグアの人たちは(特にアタバルのある東よりの人たちのようだが)、この十字架の丘の方に雲が出てくると、雨が降ると言う。
ところが夜になっても雨は降らず、随分暑い。
日中の温度30度、湿度55%。夜24度、72%。

ガヨ・エン・チチャ

昼ご飯を外に食べに出て、今日は久しぶりでサン・フェリペに行った。個人的な見解だがサン・フェリペでは基本的に2箇所行く価値のある店があると思っている。一つはプラードという、教会に向かって右横にある店。サン・フェリペの中では最も高級な店であり、農場の一部を区切ってレストランにしているところで、庭があり、広々としていて気分が良い。料理もおいしい。
サン・フェリペの教会前の広場は教会の側と道路を隔てて、屋台や土産物屋が出ている側に分かれるんだが、もう一つの店はプラードを出て、その道を渡った所にある。そこは完全に庶民向けで、値段も大体40ケツアル(約5ドル)。こちらは店の雰囲気より、料理の値段、量、質のバランスで勝負しているといった店。店の名前は面に書いてないので、分からなかったが、中にコメドール・サン・フェリペと書いてあった。
今日はコメドール・サン・フェリペの方に行った。メニューもないので、何があるか聞いたところ、ガヨ・エン・チチャがあると言う。ガヨは雄鶏(と言っても若鶏ではなく、かなり大きくなったもので硬い。)のこと、チチャは果物を発酵させた酒。どうも酒が全く飲めないので、今まで機会があっても食べなかったんだが、まあ料理してあるから大丈夫かと思って頼んでみた。結構甘くトマトも入っているので、ちょっとケチャップ風の味。ガヨは良く煮てあるのか思ったほど硬くはないが、ちょっとパサパサしている。これだったら七面鳥の方がおいしいと思った。
今日は雨が降らず暑い一日。日曜定食は魚の照り焼きで20人。
日中の温度28度、湿度55%。夜22度、75%。