スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



抜け道

どうも良く分からないんだが、店が夜9時に閉めないといけないという条例は成立しているらしい。ただ、先日の新聞を読んでも、それがいつから施行されるかはまだ確定していないようだ。
これが良く分からない。条例が認められたら、直ぐにでも施行されるのが普通じゃないかと思うんだが、そんなことはないんだろうか?当然店をやっている身としてはいつから施行されるのかが知りたいわけだが、これはどうすれば分かるんだろうか?
先日カブキのカズ君にあったら、どうやらレストランでビールやワインも売れなくなるようだと言っている。これは酒の飲めない僕には全く関係ないが、レストランを経営している人には相当影響があるだろう。レストランの経営者の集まりでは抗議のために3日間くらい全てのレストランを閉めようという意見も出ているんだそうだ。そうなったらどうなるかちょっと興味があるところだ。ホテルに泊まってる人とかは困るだろう。
ただ、そうやって酔っ払って騒ぐ人が減るかというと、誰も減るだろうとは言わない。何しろ現在でも夜中にバーやディスコが閉店する前にチラシを配り、ドアを閉めたレストランなどの店内でアフター・パーティーといって、朝まで酒などを売って大騒ぎをしているところがいくつかあるようだ。この条例が施行されたらこういう商売が増えるだけだというのが大方の意見。
今日の市場はすごい人。人を掻き分け大急ぎで買い物をして早めに帰って来た。午前中は良い天気だったのに、帰ってきてすぐに降り始めた。良いタイミングだった。
日中の温度26度、湿度58%。夜22度、75%。

スポンサーサイト

バグ

ちょっと前から自分の使っているコンピュータがヘンだ。ヘンと言っても調子が悪いわけではない。ただ、ちょっと不便なのと、不思議な気がするだけだ。
今まで画面の右下にある時計の横にはたくさんのインジケータが出ていた。ウインドウズを立ち上げた時に自動的に立ち上がるソフトがいろいろあるということなんだと思う。このたくさんあったタスクトレイのインジケータが、先日突然4つくらいに減ってしまった。なんてことないじゃないかと思う人もいると思うが、ここに出てくるスカイプのアイコンで接続の具合を確認しているので、ちょっと不便だし、スケジューラのアイコンが今日の日付を出しておいてくれるので、これも便利で良く見る。どうやらここにアイコンが出てこなくても別にそのソフトは起動しているようなので、不便なのはそれだけなんだが、いつも何気なくチェックしているこの2つのアイコンがないと実に違和感を感じる。
自分でもいろいろ見てみたんだが、なんだか分からない。そこで昨日コンピュータの掃除に来てくれたビクトル・ウーゴに聞いてみた。彼もさすがにわからなかったみたいだが、いろいろいじっていて、どうやらウインドウズのアップデートでのバグだろうと言う。とにかく良く分からないが、立ち上げた後にもう一度ログオフをしてまたログオンをすればちゃんと全てのインジケータが出てくることが分かり。面倒だがこれからはこの手順を踏むことにした。
今日も天気の良い日だったが、夜になって結構雨が降った。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、69%。


知らないうちに年をとっていた

先日グアテマラシティーの知り合いに頼んだペトラの出生証明だが、予定では今週中に出るはずだった。ところが、知り合いが来て、どうやら延期になったと言う。そこでその申請を受け付けたという証明の紙を見せてもらったんだが、それを良く見てみると生年月日が記憶している年と違う年が記入してある。これはビックリした。月日は間違っていない。生まれた年だけが1年前の年になっている。
「これは間違ってるんじゃないか?」と聞くと、ちゃんとレナップのコンピュータで見て、それを打ち出したものだという。今まで1歳さば読んでいたのかと驚いてペトラに確認すると、ペトラも驚いている。「人生も約半分になって、突然1歳余計に年をとるのか。」と言って唖然としている。
本人も知らなかったというのはいくらなんでもおかしいと思い、更に良く見てみると、なんとペトラの名前も間違っている。ペトラは名前が3つあるんだが、この内の一つが欠けている。そもそもセドゥラ(今までの身分証明書)だって、生年月日はこちらが記憶している年になっている。これはどう見ても、レナップの人がいい加減に打ち込んで、間違えたんだとしか思えない。名前が違っていて、生年月日が1年違えば、出生証明なんて見つかるわけがない。なんとずさんな仕事をしていることか。
市場に買い物に行ったところ、ハモが手に入ったので、今週の日曜定食は白身魚のから揚げにすることにした。
今日は一日中良い天気。
日中の温度28度、湿度42%。夜22度、62%。

有名人

ケンさんが亡くなったんだそうだ。これも噂なんで、別に確認を取ったわけではないんだが、去年の12月のことだそうだ。以前メキシコにいたことがある人だったら知っている人も多いだろうと思う。メキシコのペンションアミーゴで超有名だった人だ。(まあケンさんというのは何人もいると思うが、こう書けば、知っている人は分かってくれるとおもう。)
まあ有名な人は大抵そんなもんだろうが、彼に対して決して良い感情を持っている人ばかりではないと思う。今から15年位?(もっと前かも)前にはこの辺の一人旅の日本人旅行者はたいていの人が知っているという人だったので、名前を聞いて懐かしく感じる人もいるかと思う。
アンティグアにも何回か来ている、アタバルでは別に勉強したわけではないが、2回くらい顔を出してくれた。年は良くわからないが、僕と同世代だったんじゃないかと思う。まあ親しくしたと言うほどでもないし、ここ数年は噂すら聞かないくらいだったので、正直言って忘れていたが、まあ一時代の有名人が亡くなったと聞いたので、なんというか、時の流れを感じて思わず書いてしまった。
今日は朝から良い天気。強烈なくらい日差しが強い。昨日ずっと雨で、いろんな人から「雨ばかりですね。」と言われ、「今週はずっとこんな天気らしい。」と言った途端にこの天気。
日中の温度29度、44%。夜21度、64%。

逃がした魚は大きい?

今朝、知人が亡くなったと連絡があった。僕はそう親しくしていたわけではないんだが、ご近所なので、ペトラは良く知っていて、随分と悲しんでいた。この人は前回のアンティグアの市長選にも出て、4位くらいだったらしい。もともと文化関係の仕事をしていて、アタバルから程近いコンセプシオンのお祭りを始めたりして、そこにいろんなグアテマラのタレントを呼んで来た人であるようだ。
昨日カブキのカズ君が来て、今の市長がレストランで酒を売れないような条例を出すという事で、それに反対する集まりに出てきたと言っていた。またしても今の市長さんが訳の分からない条例を出そうとしているらしい。一体どういう意味があるのか?週末のアンティグアには酔っ払って騒ぐ奴が多くて、顰蹙を買っているという。しかし、それをレストランで酒を売らないことで減らすことができるという発想が全く理解できない。
先日も書いたように、またアンティグア中の店を夜10時(9時と言う話もある)に閉店させるという決まりも復活しかけているらしい。ところがこれもまた、阻止する動きがあり、どうなるんだか分からないんだとか、以前と同じことの繰り返しだ。いつになったらはっきりするのか。
先日のサンティアゴの日に毎年出しているプロセシオンがなかったと言って怒っている住民がいるんだとか、これらの人を代表に今日亡くなった知人が市長になっていればこんなことなかったはずだと言っているんだとか。だったら選挙の時に彼に入れておけばよかったのに。
今日も降ったりやんだりちょっとだけ日が差すといった天気。夕方からはかなりの雨になり夜も降り続いている。
日中の温度24度、湿度67%。夜20度、75%。

思い込み

毎年この時期に花粉症になる。自分の記憶ではどうも8月の中旬という風に思っていた。ところが今まで書いたブログを見ていたら、去年も7月の内に花粉症になり、随分早いと書いている。一昨年は8月の中頃。ところが2007年は7月の初め、2006年は7月の終わりごろ、2005年はやはり7月の初めに花粉症のことを書いている。こう見てみると8月の中旬から花粉が飛び始めるというのは、勝手な思い込みで、7月のうちからなることのほうが多いようだ。
今アタバルで勉強している人が一人、やはり2週間くらい前に「こちらにも花粉症ってあるんですか?」と聞かれた。どうやらくしゃみが出るので、最初は風邪かと思っていたが、風邪の症状が出てこないので、花粉症を疑ったようだ。実際僕もそのくらいにはたまにくしゃみが出るようだった。
ところが昨日はかなりひどい。やはり夜になってからがひどく、店を閉めて寝る頃に、くしゃみが連発し、鼻水もでてきて大変だった。今日は幸い午前中くしゃみを2発した程度で落ち着いているが、今日は昼頃から雨が降っているので、どうなるものかと思っていたが、今日は夜になってもたいしたことはない。どうなっているんだか。ひどい時は午前中から鼻が詰まって息が出来なくなり、薬を飲まないといけないようになるので、その点ではくしゃみが出る程度だったら、全く軽症。
雨は夜まで降ったりやんだり。
日中の温度25度、湿度72%。夜20度、74%。


サンティアゴの日

今日はサンティアゴの日。サンティアゴというのはアンティグアの守護聖人で十字架の丘の上に銅像が建っている。本来だったら祝日になるところだが、今日は日曜日なので、関係ない。グアテマラでは祝日の振替というのはないので、明日も通常通り営業できる。
サンティアゴの日で、今日は朝からアンティグアの各学校が行進をした。出発はアタバルそばのガソリンスタンド。そこから公園を通り、アンティグア北西の外れにある、スタジアムまで鼓笛隊を伴って行進をした。今日は僕らは別に見に行かなかったが、直ぐ近くから出発するので、その音は良く聞こえた。ちょうど午前9時前くらいから始まった。
そのせいかどうか、昼ご飯を食べにいつも通りでかけたんだが、車も人もいつもの日曜日に比べると相当に多かった。まあこんなに車で混雑しているアンティグアも久しぶりと言う気がする。
最近お決まりの通り、お昼をヨシ君のやっているピザ屋で食べていたら、別のお客さんが入ってきて、なんとなく話をしていたら、お向かいの人だった。お向かいはお金持ちの別荘のようになっているので、番をしている人は良く知っているが、持ち主の家族は大勢いるし全部は知らなかった。ちょっとした偶然。
今日は朝から天気が良く、暑くなった。ただ、その割には雲が多く、いつ雨が降ってもおかしくない天気だったが降らないまま安心していたら、日曜定食を始めようかという時にものすごい勢いで降ってきた。これは今日は人が来ないと思っていたら、しばらくしてやんで、結局牛肉のオイスターソース炒めで11人。
日中の温度29度、湿度54%。夜22度、70%。

ヘンヒーブレ

今日も朝から良い天気。ただ湿度はやっぱり高い。朝から市場に行ったんだが、今日もかなりの混雑だった。相変わらず野菜は高い。一時下がってきていたキャベツの値段もまた上がってきている。ニンジンはビックリするくらい高いし、相変わらずニンニクは品薄のようだ。市場で誰と話をしても、皆ニンニクがないって言っている。
やはり雨季は雨が降ったらいけないので、基本的に早めに買い物を済ませ、早めに帰るようにしている。今日もさっさと買い物をして帰って来た。土曜日はいつも切花を買うんだが、今日はヘンヒーブレというのを買ってきた。赤い花弁で一つ一つは大きくないが、その花弁の塊がかなり大きな花である。ヘンヒーブレというとショウガという意味だが、ショウガの仲間なんだろうか?買った後に別の店でまた別の種類のヘンヒーブレも見た。こちらは緑色のもので、大きなマイクのような形をしている。ただ、これらの茎の切ったところの匂いを嗅いでも特にショウガの匂いはしない。基本的に暑い地方で出来るものらしい。これらヘンヒーブレは6本まとめて10ケツアル(約1.25ドル)。まあまあの値段か。野菜は高いが、花は幸いそれ程高くなっていなくて助かる。
まあこうして市場を歩いているとやっぱり汗だくになる。昼過ぎにはアタバルに戻り明日の日曜定食の準備。
夕方4時ごろ良い天気だったんだが、いきなり曇って雷ともにかなり強い雨が降ってきた。その後直ぐに一旦やんだが、また夜になって雨が降ったりやんだり。
日中の温度28度、湿度57%。夜21度、72%。

運動

今日は朝のうちからわりと晴れていたので、助かった。普通金曜日はあまり出かけないんだが、今週の日曜定食が牛肉のオイスターソース炒めで、この牛肉を昨日買って、凍らせて置いたので、それを今日スライスしてもらうために、市場まで行って来た。大急ぎで歩いていって帰ってきたので、汗だく。
スライスはやはり金曜日の人の少ない時に頼んだ方が、きれいにやってくれるし、頼みやすい。市場も大変空いている。買い物はほとんどないので、スライスをしてもらっている間に別の用事を済ませ、帰り道に銀行に寄って帰った。これでまた大汗をかく。
まあアンティグアの東の端に近いアタバルから、西の端に近い市場まで歩く訳だから結構良い運動になる。時々「運動しないんですか?」と聞かれることがあるが、普段からする運動はこの位だ。今日も元の生徒さんに会い、「運動した方が良いですよ。」と言われたので、以前ブロックをしょってジョギングしていたアメリカ人がジョギング中に亡くなった例と、やはり錘を持って走っていたアメリカ人が突然バーで倒れて亡くなった例を出して、そこそこ標高の高い(約1500m)アンティグアであまり運動しすぎるのも良くないんじゃないかと言ってみた。
昼からは曇りがちだが、やっぱり暑い。しかも湿気が高いので、背中にじっとりと汗をかくような感じで気分が悪い。そのまま夜まで雨が降らず、夜になってもなんとなく暑い。こうなると少し降ってくれたほうが良いと思うから勝手なもんだ。
日中の温度28度、55%。夜22度、66%。

ニンニク不足

朝のうちまた雨。昨日は一晩中雨が降っていたみたいだ。雨自体は割と早い時間にやんでしまったが、その後もずっと曇り空。気温が上がらずなんとなく肌寒い状態。ここ数日ずっとこういった天気。
市場に買い物に行ったが、どうも暗くて人は多いもののなんとなく沈んで見える。それにしてもビックリしたのはニンニクの値段。いつも買うところなので、安くしてくれたみたいだが、大きな粒のものはなんといつもの倍近い値段がする。品薄なんだそうだ。
ワンタンのおばちゃんと話をしていても、やっぱりニンニクがないという話になった。グアテマラシティーに住んでいるおばちゃんは、首都のターミナルの市場に行くようだが、いつも山のように積んであるニンニクが、ここの所全くないと言っていた。
やはりこの雨で、ニンニクの出来が悪いんだと思っていたが、そこの噂では、エルサルバドルとニカラグアの人がニンニクを買い占めて行ったということになっているらしい。まああくまでも噂の話なので、本当かどうかは怪しいもんだが、一体エルサルバドルとニカラグアでどうしてそんなにニンニクが必要になったのか、実に不思議だ。
今週の日曜定食は牛肉のオイスターソース炒め。魚はやっぱりあまりめぼしいものがなく、今週も良いものが手に入らなかった。野菜は相変わらず高いし、コンスタントに手に入るのは、牛、豚、鳥の肉類くらいだ。
夕方になって少し雨が降ったが、夜にはやんだ。
日中の温度27度、湿度59%。夜22度、75%。

サンタ・マリア・デ・ヘスス

昨日サンタ・マリア・デ・ヘススの近くにワイン農園ができたと書いた。そうしたら、どうやらサンタ・マリア・デ・ヘススの入り口に大きなホテルもできたようだという、これは未確認の情報を貰った。そもそもそんなところに大きなホテルをたてて、一体誰が泊まるんだろう?
同じように結構前からアグア火山にケーブルカーができると言う噂がある。これまたかなり真偽の方は怪しい。韓国の会社が作るんだと言われている。確かにアグア火山の上に登ればかなり見晴らしは良いだろう。実際今でも歩いて登る外国人旅行者は時々いるし、地元のグアテマラの人も結構登っているみたいだ。そういったことを考えると、こちらはまだ利用者がありそうだが、だからといってケーブルカーを作って元が取れるほどなのかというと、かなり心もとない気もする。
このサンタ・マリア・デ・ヘススの町はそもそも観光的にはこのアグア火山への登り口という程度のもので、そうでもなければ余り観光客の行く所ではない。実際に村の人は観光業よりも、農業やその産物をアンティグアの市場に売りに来ている人が多いように思う。僕が市場でいつもトマトやジャガイモを買うのも、この村のおばちゃんからだ。まあワイン農園が出来たりホテルが出来たりケーブルカーが出来たりして賑やかになれば悪いことではないだろう。
今日も午前中は小雨が降る鬱陶しい天気。昼から晴れてきてちょっと暑くなった。
日中の温度26度、湿度63%。夜22度、75%。


グアテマラワイン

グアテマラで一般的に飲まれる酒は、ビールとラム酒だろう。まあ自分では飲まないので、良く分からないが、ラム酒はかなり良い物があるらしい。良く日本に行く時にお土産に持っていくのが、サカパ・センテナリオという酒。空港の免税店で23ドルくらいで買えるが、結構おいしいと言われる。
ワインはグアテマラで作っていないと思っていた。料理用のワインなどはそれらしいものを売っているが、原料がブドウかどうか怪しいし、味だってどんなものだか分かったものではない。
ところが、今日シャトー・デファイ?(と読むんだと思う。)という所のパンフレットを貰った。ワインを造っているんだとか。場所はアンティグアから近いボルカン・デ・アグアの登り口のサンタ・マリア・デ・ヘススというところから4キロと書いてある。随分近い所にあったもんだ。なんでも見学も出来るんだそうで、平日はかなり高いらしいが、週末だったら35ケツアル(4ドル強)とお手頃の値段で見学して試飲も出来るんだとか。ちょっとシャトーというのは格好良過ぎる気もしないではないが、グアテマラにもいろいろなものが出来たもんだと感心してしまう。オーナーは名前からするとフランス人っぽい。アタバルのそばのラ・カセロラというレストランもここの関係の店のようで、そこではこのワインが買えるらしい。
今日も朝から曇りがちで小雨も時々降っている。その割には昼頃はちょっと日が照って暑かった。夜になってまた結構降った。
日中の温度26度、湿度60%。夜20度、77%。

アンティグアでも穴?

昨日の断水だが、どうやらアタバルから前の道(1アベニーダ)を北に行ったところの道路に穴が開いたらしい。道路に穴と言うとグアテマラシティーのものすごいでかい穴を思い浮かべるが、こちらのは今日の新聞にも載らなかったくらいで、たいした穴ではなかったようだが、今日工事をしているところを見た人の話では、直径2メートルくらいだったようだ。
この穴があいて、水道管が破裂した模様。そのためだと思うが、昨日の晩ジェシカと散歩に出てアタバルのあるブロックの角まで出たときには、そこまで水が流れてきていた。それにしても、たくさんてんぷらを揚げた後で風呂に入れないのは、ちょっと気持ちが悪かった。今朝には幸い水も出るようになっていたので、朝店を開けた後で大急ぎでシャワーを浴びた。
この穴はニュースにならなかったので、アンティグアの人も知らない人が多かったが、その話をしていたら、皆グアテマラシティーのようにならないかと心配をしていた。まあグアテマラシティーとは地形的にも条件が違うように思うので、そうはならないんじゃないかと思うが、今やグアテマラの人たちは穴が開いたと言うと、グアテマラシティーの穴を想像するのはいたし方がないところだろう。
今日は朝から雨。そんなに本格的な雨ではなかったし、すぐにやんで、その後降ったりやんだりという天気だったが、全くお日様が見えず、寒い一日。
日中の温度22度、湿度68%。夜20度、75%。

石畳でマラソン

今日はハーフマラソンの日。アンティグアの守護聖人の日が来週にあるので、この前に毎年行われる。マラソンとは縁がないので、そのコースは良く知らないが、アンティグア中を、その周辺の村までいったりして回るようだ。
アタバルの前も通過する。午前9時過ぎには先頭の人が通過して、昼頃までまだ後ろの方の人が歩いていたので、相当大勢の人が参加するらしい。参加費も75ケツアル(10ドル弱)のようなので、マラソン好きの人がそんなに多いとは驚く。
それにしても、アンティグアはしたが石畳とはいえ、大きな石をゴロゴロと埋め込んだだけの道なので、走るのも大変だろう。ちゃっかりした人は両脇の歩道を走っている。
たまにアタバルで勉強していた人たちが参加することがある。さすがに皆アタバルの前に来る頃はトップの人から相当遅れて走ってくるが、それでも完走すると次の日足を引きずってやってくる。21キロ走ると言うのは大変なことだと思う。昨日も早くから雨が降ったし、今日も雨が降るんじゃないかと思っていたが、幸い降らなかった。それでも曇っていたので、むしろ走るには良い陽気だったのかもしれない。
今日の日曜定食はかき揚げ。予想より大分多く、22人来てくれた。最後にちょっと油をケチったので、自分の分まで揚げるのにえらい時間がかかってしまった。それにしても昼ご飯を食べている時に一瞬雨が降りビックリしたが、すぐやんで、その後は夜にまた一瞬降った。
日中の温度22度、湿度65%。夜20度、75%。

雨で大混雑

今日の市場はものすごい人出だった。確かに15日のすぐ後で、給料やボーナスが入って、買い物に来ているんだろうとは思う。しかし、それにしても歩くのも大変なほどの人。しかも、誰もが挨拶代わりに今日はすごい人だと言う。
そんな中大急ぎで買い物をした。何しろ雨が降りそうな天気。市場に行く時はまだ太陽も出ていて、暑くなりそうな感じだったが、市場に行って、すぐに場外に野菜を買いに行ったら、すぐに外が真っ暗になってきた。これは降りそうと思い、少なくとも場外での買い物を早めに済ませようと大急ぎで買い物をしたが、まだ外にいるうちにパラパラと降り始めてしまった。
そうなると場内はいっそう混雑。本当に歩くのにも大変だし、人の多い店では買うのも相当待たされる。混む店は後回しにして、空いている店から買い物を済ませ、何とか早く終わらせるようにした。
正午には買い物も終わり、帰る体制になっていたんだが、ここでかなりの勢いで降り始めてしまった。とはいえ買い物も終わって雨宿りするばかりではしょうがないので、ピックアップを呼んで帰って来た。しかし、荷物をピックアップに積んでいるだけでかなり濡れた。
その後も降ったりやんだりだったが、夜に入ってはずっと降っている。これは夜中降るかもしれない。
日中の温度24度、湿度64%。夜20度、78%。

条例復活

以前に何回か書いた、アンティグア中の店が夜9時に閉店しないといけないという話だが、これはどうもその後うやむやになって、今やそんなことがあったことさえ忘れているような状態だった。
ところが、アンティグアの市の役人の人たちは忘れてなかったらしい。今日の夜ペトラがラジオのニュースを聞いていて、ついにこの夜閉店する時間が法制化されたということを言っていた。ただ、夜9時ではなく、10時まで営業して良いらしい。ということは、既に夜10時を目安に閉店しているこちらにはあまり関係がない。唯一、近くにある夜間学校が10時に終わり生徒さんが帰りがけに買って行く分が減る位か。これにしても15分くらい目こぼししてくれるんだったら、ほとんど問題がない。いずれにしろ、最初は様子見と言うことか。
それにしてもやってみたり、うやむやになったり、実にややこしいことだ。やるならやるで、最初からちゃんとできなかったもんだろうか。この間、まじめに守った方が損をして、無視したものが得をするという、なんとも不条理な事になっていたわけだが、こういうことがあるから、ますます、市や政府のやることを住民が尊重しなくなるんじゃないかという気がしなくもない。
今日は雲は結構多かったが、おおむね晴れて天気の良い一日。そのせいでに中はかなり暑くなった。
日中の温度28度、湿度45%。夜20度、73%。

エビ

今週の日曜定食はかき揚げにすることにした。今までかき揚げはエビを入れていたんだが、このエビは生のエビではなくて、塩茹でにしたエビを使っていた。これは市場でたくさん売っているし、小さいものを選んで、それを塩抜きして使っていたんだが、正直言ってちょっと物足りなかった。そこで、今日市場で見ていたら、チャカリンと言われる、小さいエビが比較的安く売っていたので、それを買って、今回は生のエビを使うことにした。もちろんそんなにたくさん入れたら20ケツアル(約2.5ドル)では売れないので、気持ち程度。運が悪いと当たらない場合もあるかもしれない。自分用に作ったものはやっぱり生のエビの方がおいしかったので、とりあえず今回はこれで行ってみる。
このエビはいつも魚を買うおばちゃんのところで買ったんだが、いつもは買ってから「殻剥いてくれ。」と頼んで、殻を剥いてもらうんだが、今日はおばちゃん一人で娘が来てなかったので、「やってられない。」と言われてしまった。娘はお腹が大きかったんだが、ちょうど赤ん坊が生まれたんだそうだ。まあそういう事情であれば仕方ないので、殻付きで買って来て自分で剥いた。これを良く洗って冷凍し使う予定。
今日は朝から晴れ時々曇りと言う感じの天気だったが、日中はかなり暑くなった。昼過ぎにはカンカン照りで、銀行に行った時には暑くて、クーラーの効いている銀行に入りホッとしたくらい。それでもまた夕方から曇ってきて、ちょっとの間小雨が降っていた。でも、そのお陰で涼しくなった。
日中の温度28度、湿度40%。夜21度、66%。

フェースブック

フェースブックというのにも一応登録してある。ミクシイも登録してあるんだが、なんとなくピンと来ない。ミクシイの方はまあ友達もそれなりに登録してあり、そういった人たちが書いた日記などを読んだりはしている。ただ、最近ミクシイで書かない人が多いのか、単に日記を書く人が減ったのか、あまり新しい日記がないようなので、以前のように毎日アクセスすることはない。
フェースブックにいたっては、なんだか良く分からないので、1月に一回アクセスするかどうかと言う状態。そんな状態なのでパスワードも暗記していなくて、いちいち見ないと開けないので、ますます億劫になる。グアテマラでもフェースブックを利用している人はかなり多いようで、フェルナンド小からは友達になるように言われ、承認してある。それにしても、これのどこがそんなに魅力的なのかはどうも良く分からない。小は何でも200人以上の友達が登録してあるらしいが、こうして友達を集めるのが楽しいんだろうか。まあ、これだけ人気のあるものが理解できないというのは時代に取り残されているのかもしれないが、分からないものはしょうがない。もしこれが面白いんだということがあれば教えていただきたいものだ。
太平洋側と大西洋側の両側に台風だか熱帯低気圧だかが来ていて、昨日までかなり雨が降ったが、これらがやっといなくなったんだろうか。今日は非常に天気の良い一日。日中もカンカン照りでかなり暑くなった。昼過ぎにいきなり雨が降って驚いたが、すぐにやんだ。
日中の温度28度、湿度44%。夜20度、68%。


チャオ・ミン

昨日の雨はかなりあちこちで洪水になったようだ。アンティグアの北東側では、一時道路が川になり通れなかったようだが、水が引いた後も丘から流れてきた土が積もって、ドロドロになっていたらしい。北西側ではカジェ・アンチャという、ホコテナンゴとアンティグアの間の道がやはり洪水になり、家に水が入ったところもあった模様。今朝も雨が少し降っていたが、これはすぐにやんだ。これで少し落ち着いてくれると良いんだが。
昨日はそんな雨の中チャーハンと焼きそばは結構売れた。皆雨なので、買い物に行くのが億劫で、出来合いの物を買ったのかもしれない。
この焼きそば、チャオ・ミンというんだが、これはもともと焼きそばを意味する中国語から来ているらしい。ただ、今グアテマラで一般にチャオ・ミンというと、このもともとの中国の焼きそばから完全に離れて、グアテマラ料理と化している。もちろん、中華料理店で出すチャオ・ミンは元の形をとどめているものも多い。だが、一般に家庭で作られるチャオ・ミンや市場の総菜屋で売られているチャオ・ミンは最早グアテマラ独自のものと言うべきだと思う。我々アジアの人間にとって、このチャオ・ミンは、焼きそばと思って食べると、かなり違和感があるが、そういう名前のグアテマラ料理だと思って食べれば、まあそれなりのものである。総菜屋で売られている形態を見ても、このチャオ・ミンは主菜として食べるものではなく、つけあわせとして扱われていることが伺われる。
今日も午後3時ごろから小雨が降り出し、また昨日のようになるかと心配したが、その後はたいしたことがなく、夜にはほとんど降らなかった。
日中の温度25度、湿度56%。夜20度、74%。


朝から雨。昨日の夕方からかなり雨が降り、土砂崩れなどの心配があったんだが、夜になってもやんだと思っていたらまた雨が降るという繰り返しで、そのまま朝まで来てしまったようだ。一時はかなり強く降ったりして、これでは市場に買い物に行くのも面倒だとちょっと心配していたんだが、10時くらいにはもうやんでいた。
市場はやはり下はニチャニチャ。ちゃんとした靴を履いていないと歩きにくい状態。本当に今年はこういう天気が続くので、長靴を買おうかとまじめに考えてしまう。こういう風に雨が降るとまたネギは小さいものしかない。仕方がないので、通常の2倍の量を買う。魚もかなり種類は少ない。
午前中がそんな状態だった割には昼からはカンカン照りの良い天気。降った雨が蒸気になって上がってくるような感じで、ムシムシと暑い。銀行に行こうかと思ったんだがこんなに暑いとちょっと躊躇してしてしまう。
とにかく今店は小銭で溢れている。特にあまり使わない5センタボ、10センタボの小銭がどうしても貯まってしまう。定期的に銀行に持って行って良く使う25センタボ、50センタボに換えるんだが、今はこれらの小銭も一杯ある。店を閉めて釣銭をまとめた箱を持つとずっしりと重いくらいだ。
夕方からまた雨。しかも昨日と同じでかなり強い降り。なかなかやまずにアタバルの前の道も川のよう。ここは普段まずそんな事にならないので、ここが川になっているということは他の道はもっとひどい状況になっているはず。一体どうなるかと思ったが、幸い6時過ぎには小降りになり、その後は降ったりやんだり。
日中の温度27度、湿度51%。夜21度、75%。

夕方から土砂降り

ここの所良い天気が続き雨があまり降らなかったので、油断していたが、今日は夕方からかなりの勢いで雨が降った。それでも最初はこの位降ってくれれば、すぐにやむとたかを括っていた。ところが6時になってもやまず、こんなに降っていてはとってもじゃないけど誰も夕飯を食べにこらえないのではないかと思っていた。
ところが、ペトラとそんな話をしていた矢先に、ドアが開いて、人の話し声が聞こえてきた。覗いてみたところ、どうも白人っぽい人たちが5人くらい入ってきた。見たことないような人なので、ちょっと驚いたが、どうやら食事に来てくれたらしい。どこで聞いてきたのか不思議だったが、こんな雨の中来てくれたなんてありがたい。それにしても食事は6時半からなので、ちょっと待ってもらうように言って、6時20分くらいから作り始めた。その後も、ちょこちょこと人が来てくれて、結局17人。7時半頃にはだいぶ小降りになっていたようだが、それでも雨の中これだけの人が来てくれるなんて嬉しいことだ。
それにしても相当強い雨が長い時間降っていたので、アンティグアの外れのペンサティーボ川は水量が増し、かなりの勢いで流れているらしい。また、先日のアガタでもやられた太平洋岸からアンティグアの方へ上がって来る道はまた土砂が崩れて通れなくなっている模様。
それでも、店を閉める頃には、雨はほとんどやんでいるので、ちょっと安心。あの勢いで降り続いたら、おちおち寝てられない人も多いだろう。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、75%。

市場でお祭り

今日は市場でお祭り。キリスト教の聖人の像を担いで市場の中を練り歩いている。そもそも土曜日で人がたくさん出ているその中を行列が歩いていくので大変だ。しかも、その通り道には松の葉っぱを敷いて、飾りつけなどするので、行列が通る前後は近くを通り抜けられない。そのため回り道をしないといけないので、ちょっと大変。
とはいえ今日は月末でもないのに賑やかな市場だった。おそらく、あちこちで既にボーナスが出ているので、買い物をするお金がある人が多いんだろう。ちょっと面倒だがなんにつけても賑やかなのは良いことだ。
とにかく、買い物を済ませ、今日も早めに帰って来た。やっぱり今の時期は雨が降ることがあるので、早めに帰ってくるに越した事はない。
早く帰ってきて、先日グアテマラシティーに行った時に買った極端に高いコーヒーを飲んでみた。とにかく豆を挽いたときから部屋中が良い匂い。さらにコーヒーを入れたら部屋の外までコーヒーのとても良い匂いが充満した。味の方はそもそも普段コーヒーを飲まないので、比較する対象がなく、なんとも言いがたいが、非常に飲みやすいコーヒーという感じがした。ただ、夕方近くなって飲みなれないコーヒーを飲んだせいか、いつもだったら夕飯の後眠たい時はテレビを見ながらウトウトするのに、今日はパッチリと目が冴えていた。夜目が冴えてしまわないと良いんだが。
心配したが今日は夜になって小雨が降った程度。
日中の温度28度、湿度40%。夜22度、68%。

大急ぎ

今日はボーナスを支払う日。しかし、今はネットで振り込めるので、かなり楽になった。とはいえ、今日は先生達と生徒さんとでお昼を食べたので、かなりバタバタしていた。今日のお昼ご飯は鳥の腿肉の焼いたものとマカロニサラダ。これはペトラが作ってくれた。更に、今週の日曜定食の準備で昨日買った豚肉をスライスしてもらいに市場まで行ったので、ますます午前中は慌しかった。
今日の市場は空いていて、豚肉はすぐに切ってもらえたんだが、こちらはとにかく急いでいたので、袋に入ったものを受け取りすぐにアタバルに引き返した。ところが、その後、肉を切ってもらった鳥屋から電話がかかってきて、なんと肉と一部間違えてハムを渡してしまったという。豚肉のスライスはハムのスライサーでやってもらう訳なので、間違えることは大いにありうる。ビックリして確認してみたら、確かに肉の一部にハムが入っている。
お陰で午後にまた市場に行かないといけなくなった。今日は文法講座もあり午後もいろいろ慌しいので、ダニエルに頼んで、バイクで市場まで往復してもらった。なんとも慌しい1日だったが、何とかボーナスを払い終えて、ホッと一安心。
今日も朝から良い天気で、市場に大急ぎで行って帰ってきたらやはり汗だくになる。それでも昼過ぎに市場にバイクで行った時くらいから、ポツポツと雨が降り始め、夕方から夜にかけては降ったりやんだり。
日中の温度27度、湿度59%。夜20度、75%。


大量の買い物

いつも通り朝から市場に買い物に行ったんだが、今日は明日のお昼ご飯を先生と生徒さんを呼んで皆で食べることにしているので、その買い物も兼ねているため、大量に買い込むことになった。
野菜は大分値段も落ち着いてきたが、ネギは今日はちゃんとあったものの、時々なくなるので、ついつい必要以上に買い込んでしまう。今日も大分迷ったが予定していた量より5割り増しほど買ってしまった。
他にも肉やら鳥やら買い込み、帰りはトゥクトゥクで帰るのでまあ良いんだが、市場の中のごちゃごちゃした所を大量の荷物を持って歩くのは、結構大変。あっちこっちぶつかるが、市場の中は結構品物を無防備に積み重ねてあるところがあるので、うっかりぶつかって、倒したりしたら大変。
まあ何とか無事に通り抜け、帰ってきたんだが、今週の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めにすることにしたので、買ってきた豚肉を凍らせて、明日スライスしてもらいに行かないといけない。今までは土曜日にやってもらっていたんだが、土曜日は市の日ですごく人が多いので、なかなかやってもらえないことがある。こちらも忙しいところを頼むのは気がひけるので、最近は金曜日に持って行くことにして入る。
今日も相変わらず天気が良く暑い一日。昨日は夜になり結構雨が勢い良く降ったが、今日は全く降らず。
日中の温度28度、湿度55%。夜20度、71%。

鳥の続き

昨日裏庭のベンジャミンの木を切っていたダニエルの周りに鳥が集まってヒッチコックの映画のようだったと書いたが、朝7時ごろには、アタバルの周りの家の屋根の上にずらっと鳩やらいろんな鳥が集まる。ただ、これは朝7時頃にペトラが鳥の餌をまくので、それを待っているだけなので、別に怖くはない。
自分の先入観が回りの景色に反映するということだろうか。当然鳥の表情に変化があるわけでもないので、こちらのやっている、もしくはやろうとしていることから、同じ鳥の集団を見ても違ったように受け取るわけだろう。
しかし、この朝餌を食べに来る鳥の数もだんだん増えてきているように思える。これは鳥の中で、あそこにこの時間に行けば食べられるという情報が広まってきているのか、他でなかなか餌が摂れなくなりこちらに移ってきているのか、興味のあるところである。
相変わらず小さな鳥はやはり貫禄負けするのか、大きな鳥が食べた後の残り物を探している。可哀そうだが、これは自然の順番なので、こちらがどうするわけにも行かない。
午後になってもたまにお腹をすかせた鳥が事務所の横の噴水の上の半透明の屋根の上をウロウロして、残っている餌をつつくので、雨の音と間違えることが多い。生徒さんも時々「雨が降ってきた。」と言って慌てて外を覗きに行く人がいる。
今日も朝から天気が良く、昨日のようんほとんど降らないかと思っていたら、夜になってかなりの勢いで降った。
日中の温度27度、湿度62%。夜21度、73%。

家の裏庭にベンジャミンの木が生えている。この木は僕がこちらに住んで以降に植えたものなので、そんなに古い木ではないんだが、ぐんぐん大きくなって、今や2階の屋根のずっと上のほうまで伸びている。アンティグアの公園を見ても小さく剪定しておけば、そんなに大きくならないようなんだが、最初にそんなに大きくなるとは思ってなかったので、失敗してしまった。
しかし、あまりに大きくなってしまい隣の家に葉がたくさん落ちて文句を言われるので、時々ダニエルが登って切っている。ところがこの木に結構鳥が巣を作っているので、思い切り切れなかった。
しかし、そんな事言っていると、木はドンドン大きくなり、その内切ることもままならなくなりそうだったので、今日は思い切っていつも以上に大規模に剪定することにした。ところが、昼頃これをやっていたら、案の定鳥が大騒ぎしていた。木に登って切っているダニエルの周りにたくさんの鳥が集まり今にも襲い掛かりそう。ちょっとヒッチコックの「鳥」のようだ。こんなにたくさんの鳥が巣を作っていたのか、それとも仲間が加勢に来たのかわからないが、ちょっと驚いた。鳥は可哀そうだが、こればかりはどうしようもない。それでも、これだけ切ると随分明るくなった。
今日も日中は天気が良く暑い。しかも湿度が高いので、ちょっと動くと汗だくになる。夜になっても降らなかったが、店を閉めたあとジェシカと外に出たときには実に細かい霧雨が降っていた。
日中の温度28度、湿度55%。夜22度、70%。

電池の向き

電池のプラスとマイナスを気にしないで入れることが出来る技術というのをマイクロソフトが開発したんだそうだ。マイクロソフトは名前の通りソフトの会社だと思っていたので、こんな技術を開発していたというのに驚いた。
それは良いんだが、正直言ってそんなに必要な技術なのかという気もする。ちょっと表示を確かめてから入れるだけのことじゃないだろうか。確かに暗がりで作業する場合などは便利かもしれない。まあ、入れ直せば良いじゃないかという気もするが。そもそも向きを入れ間違えたら、動かない以外に問題があるんだろうか?
という自分自身、ずっと以前、この電池の向きの問題で、動かない以外の問題を経験したことがある。まだ子供だったフェルナンドがウオークマンを欲しいというので、ソニーのウオークマンなどではなく、中国製の安いものを買った。ところが電池を入れても中のカセットはうんともすんとも動かない。取替えに行くのも面倒だったので、いろいろいじっていたら、なんと中の軸が反対向きに動いていることが判明。要するにカセットが聞き終わった状態になって動かなかったわけだ。更に驚いたことには、試しに電池の向きを反対にしたらちゃんと正常な向きに動く。これは一体どういう構造になっているものか?まあ電気に詳しくないのでさっぱり分からなかったが、実に不思議な機械であった。
今日は朝からずっと雨が降らず晴れ時々曇りといった天気だったんだが、夜10時くらいになって結構な勢いで降ってきた。
日中の温度27度、湿度62%。夜22度、75%。

盛り付けの途中で

今日の日曜定食は白身魚の甘酢あんかけ。結果から言うと12人来てくれたんだが、昼から雨はずっと降ったりやんだりだし、今日は誰も来ないんじゃないかと思っていた。実際6時半には3人だけ。しかも最初の分を作って、皿に盛っている途中でいきなり停電した。これは困る。真っ暗になって何も見えない。見えないまま盛り続けるわけに行かないし、中華鍋をまた火にかけるわけにも行かないし、中華鍋は底が丸いので、まだ中に半分くらい料理が入ったまま、良く見えない中でそこら辺に置くわけにも行かないので、そのまま固まってしまった。
ペトラがすぐにろうそくをたくさん出してきて(ペトラは暗いのが大嫌いなので、いつもろうそくとかは大量に持ってる。)、次々とつけてくれたので、やっと盛り終えて何とかなったが、しばらく停電していた。このままろうそくの明かりで料理をするのかと思ったが、幸い10分くらいで回復。その時点ではまだ3人だったので、助かった。
雨降っている上に停電でますますだめかと思ったが、そのあとパラパラと人が来てくれて、こんな状態で来てくれるのはありがたかった。ところがまた作っている途中で停電。これも5分程度だったので、それ程影響がなかったが、なんとも迷惑なものだ。
夜になっても雨は降ったりやんだり。しかも時々結構強く降る。ここの所実に良く雨が降る。これだけ降るとまた災害が心配だが、先日の災害で誰もがそれなりに備えをしているのか、あれ以来大きな被害は出ていないようだ。
日中の温度25度、湿度65%。夜20度、78%。

コリブリの子供

ハチドリをご存知だろうか?こちらではコリブリというんだが、名前の通り蜂のように羽を速く細かく振動させ飛び、花の蜜を吸う小さな鳥だ。アンティグアでも花の多いホテルや家庭の庭などでは見かける。
先週このコリブリの幼鳥を見た。いつも買う市場の中の肉屋でおじさんが「これを見ろ。」という。あまりに小さいので、最初なんだかわからなかった。その後、鳥だということは分かったが、動くおもちゃの鳥だと思った。しかし良く見ると生きている。しかもちゃんとコリブリの細くて長いくちばしもあり、飛ぼうとして羽ばたいている。
何でも道に落ちていたのを男の子が拾って持ってきたんだそうだ。どうやら巣から落ちたらしい。まだ飛べないので、飛べるようになって一人で飛んで行っちゃうまで飼ってるんだと言っていた。
今日市場に行って早速この肉屋を覗いてみたら、もうコリブリはいなかった。おじさんに「飛んで行っちゃったの?」と聞いたら、今週になって少し飛ぶようになったのだが、人の多い市場で、うっかり床に着地した所で踏まれたりしたらいけないと思い、花のたくさんある庭を探して、そこに放してきたという。どうやら無事に一人立ちしたようだ。食べ物は、砂糖水をストローでくちばしに持って行って飲ませていたんだが、何でも1週間で砂糖2ポンド(1キロ弱)食べちゃったんだそうだ。
今日も午前中は天気が良く暑くなったが、昼過ぎにはかなり強い雨が降った。夕方からは降っていない。
日中の温度26度、湿度60%。夜20度、76%。

労働者の権利

どうもはっきりとしない天気が続く。何でも日曜日にはまた台風だか低気圧だかが来るんだそうだ。今日も朝のうちこそ結構天気が良く、昼過ぎには晴れていたんだが、晴れているまま雨が降ってきた。それでも湿度は高いし、晴れているんで、かなりジトジトと暑い。結構不快な天気。
とにかくもう7月。一年も半分が終わってしまった。なんともあっけないというか、あっという間というか、毎度のことながら驚くばかりだ。来週には夏のボーナスを考えないといけない。グアテマラのボーナスは儲かったから出すというものではなく、法律で1ヶ月分と決められているので大変。今年はグアテマラ全体で不景気らしいので、困っている所も多いだろう。
以前テレビの討論番組で、企業の経営者側の人が、ボーナスその他を決めている法律を非難しているのを見た。こういう足かせが多いので、グアテマラは商売が発展しないんだという。アメリカに密入国をして働きに行く人が後をたたないのを見ても、一般の人が求めているのは、こういう労働者の権利を守る法律ではなく(当然アメリカの不法労働者は権利なんて一切ない。)、働き口なんだということだった。なるほどと思ってみていたが、法律があっても、なんだかんだと守ってない経営者も多いようなので、なければないで、無茶苦茶な条件を課すような経営者が続出しそうで、難しい所だとは思うが。
夕方と夜にはかなり強い雨も降った。
日中の温度29度、湿度66%。夜20度、72%。