スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



破産の後

メキシカーナ航空が破産したニュースは以前書いたが、未だにその路線を引き継ぐ所はでていないみたいだ。新聞にはTACA航空、COPA航空が興味を示していると書いてある。まあこちらとしては出来ればCOPA航空が引き継いでくれないかと思う。
何しろ今メキシカーナ航空がなくなってしまうとグアテマラ?メキシコ間はTACA航空のみになってしまう。新聞にはTACA航空が800ドルとか高い料金を取っていて、暴利だと怒っている人のコメントが載っていた。そこでネットのTACA航空のサイトで調べてみた所、確かに週末などは税金などなしでも900ドル台になっていたりして、ちょっと驚く。ただ、金曜日以外の平日は税込みでも400ドルくらいなので、今までと変わらない。
やっぱり競争があってくれたほうが利用者にとってはありがたいので、ここはCOPA航空にがんばってもらいたいものだ。それにしても、航空料金も決して安くないし、以前は1000ドルで日本まで往復できたものが、今は1300から1500ドルくらいになっていることを考えると結構高くなっている。それに、以前は11月くらいだと結構空いていることが多くて、真ん中の席を全て占領して横になれたことも良くあったのに、最近では混んでいて隣の席だって空いている事はめったにない。これでも、まだ航空会社は厳しいんだろうか?本当に経済の事は良く分からない。
今日も午前中は良い天気で気温も大分上がったんだが、昼から曇り始めて、夕方前には大雨。その後は降ったりやんだり。
日中の温度26度、湿度64%。夜22度、75%。
スポンサーサイト

密輸

先日グアテマラとメキシコの国境付近に旅行してきた人からの話。ここの国境線には川が流れていて、その川をゴムボートが盛んに行き来しているので有名。このゴムボート何をしているかというとメキシコからの密輸品を運んでいる。
密輸というとなんとなく後ろめたくて当然秘密という響きがあるが、現実には完全におおっぴらに行われていて、僕も以前テレビのニュースで見たことがある。実際行った人の話でもかなりおおらかなもので、彼は片道10ケツアル(約1.25ドル)払ってこのゴムボートに乗り、メキシコに行って朝食をとって帰ってきたんだそうだ。
この密輸は相当な規模で行われていて、今やアンティグアの市場にも関連の商品がたくさん並んでいる。以前書いたマコーミックのマヨネーズなどもこれらしいし、最近は小ぶりの卵をかなり安くでたくさん売っているが、これもメキシコからのものだという。
当然その付近の町もこの商売で潤っているようで、かなり賑やかで、町の規模も相当拡大しているらしい。グアテマラの経済にとって良いことなのか悪いことなのか。もちろん問題は多いと思うが、いろいろな商品が安くで手に入るのでこれで助かっている人もいるだろう。グアテマラから持って行くものはないのか?と聞いたら、一時は砂糖を運んでいたらしいが、メキシコの砂糖不足も解消されたのか、今は野菜くらいなんだそうだ。大丈夫なんだろうか?
今日も昼過ぎから雨で夜まで降ったりやんだり。寒い一日。
日中の温度21度、湿度73%。夜20度、75%。


犬への接し方

先日カリスマ・ドック・トレーナーのことを書いたが、今度は犬のことを書いた佐藤愛子さんの本を貰い、それを読んでいる。これはこのカリスマ番組とは飼い犬に対する姿勢が、正反対。全く放任主義、悪く言えばほっておくという伝統的な?日本の犬の飼い方である。もともと、自分では気分的にこちらに近いので、つい先程カリスマ・ドック・トレーナーの番組を見て感心したことなどコロッと忘れこちらに共感してしまう。
血統書付きの犬より雑種が好きであるとか、基本的に犬に対する感覚が似ているのかもしれない。とにかくそんな訳で面白くて、活字が大きいこともありすぐに読み終わってしまった。
当然我が身を振り返り、我が家の犬であるジェシカとの接し方を振り返ってみても、こちらの本に書いてあるものに近い。幸いジェシカは我が家に来る前、相当厳しくしつけられた(というより、かなりいじめられたのではないかと思われる。)らしく、こちらが全くしつけをしなくても、最低限の糞の始末などはわきまえていて、問題はない。若い頃には家の中で僕がどこにいても、後ろをついてきたが、最近は年をとったせいか、先を読んで、しばらくすれば戻ってくるだろうと思うときなどは、いちいちついてあるかないで、そこで寝そべって待っていることが多い。ほっておいたわりにはこちらの都合に良く合った犬になっている。
今日は昼から雨がかなり降ったが、夜になって降ったりやんだり。日曜定食はさつま揚げで、来た人は少なかったんだが、結構食べた後で持ち帰りを頼む人がいたので、結局14食売れた。
日中の温度23度、湿度71%。夜20度、78%。


無期限運行停止

ちょっと驚いたニュース。メキシカーナ航空が全便無期限運航停止というもの。最近になってメキシカーナ航空が破産したというのは聞いていたが、運航が停止になってしまったとはビックリ。しかも無期限とはすごい。要するに再開のめどは立ってないということか。それにしても、今までアメリカの航空会社が倒産したときには、すぐにどこか別の会社が買収だかしてそのまま普通に運行していたと思うんだが。
今回は一体何が違うんだろうか?ちょっと良く分からないが、メキシカーナ航空はグアテマラに乗り入れているし、何度か利用したこともある。グアテマラへの空路の選択肢が減るとはちょっと悲しい。まあ再建すると言っているそうなので、それに期待するしかないようだ。しかし、アエロメヒコが買ったりしないもんか。
それとは別にユナイテッド航空とコンチネンタル航空が合併するとか。それでまた世界最大の航空会社になるらしい。どうも良く分からないが、航空会社が少なくなって、競争も少なくなったりしないんだろうか。ここ数年どうも航空運賃が上がっているような気がするんだが。
今日は朝起きた時に雨が降っていて、これは雨の中買い物に行くのかと思っていたが、幸い買い物に行く時間にはやんでいた。ただ、市場の下はぬかるんでいて歩きにくい。急いで帰ってきて、雨が降るかと思っていたら、午後には日も照ってきて、いつもとは逆の天気。夜になっても雨が降らないまま。
日中の温度25度、湿度65%。夜21度、77%。


逆流性食道炎

一時期夜に胸焼けがして気分が悪いことが続いた。一体何事かと思って、いろいろネットで調べてみた。どうやら、症状から見ても、自分の生活習慣(食べ過ぎとか食事の後すぐ横になるのがいけないらしい。)を振り返って見ても、逆流性食道炎というのに似ているように思った。薬はなるべく飲みたくなかったので、ネットに書いてあるのを参考にし、生活習慣を少しだけ変えるようにしてみた。
数年前から夜ご飯は軽くするようにしていたが、最近は昼も思いっきり食べるのをできるだけやめるようにして(自分の大好物を、もう少し食べられそうなのにやめてしまうのは胸焼けよりも辛いので、本当に好きなものが出た時はこのことを忘れることにしている。)、腹8分目とは行かないが9.5分目くらいにするようにしている。
それと、こちらではやはりシエスタ(昼寝)の習慣があるので、昼ご飯を食べた後、すぐ横になり、しかも夜も今までは10時閉店だったので、9時半頃から店の閉める準備や計算などの仕事が始まるので、夕飯の後ちょっと横になって休む習慣があった。
ところが最近は店を9時に閉めないといけないので、夜の8時半頃から計算を始めないといけない。夕飯の後シャワーを浴びたりしていたらすぐに8時になってしまう。このため、ちょっとテレビを見る程度で、あまり横になって休む時間がない。それが功を奏したのか以前のように胸焼けで気分が悪いことがほぼなくなった。夜9時閉店の唯一の恩恵といったところか。
今日も午前中は良い天気で結構気温は上がったが午後からは雨。
日中の温度26度、湿度62%。夜21度、78%。


200チャンネル

先日こちらの電話局から電話がかかってきた。どうも最近不景気で、どこも売上を伸ばすのに一生懸命になっているせいか、最近いろいろなサービスの売り込みの電話が多い。「またか。」と思ったが、その時特に忙しくもなかったので、何か面白いサービスがあるかと思い、そのまま聞いていた。
こちらの電話局はケーブルテレビとADSLのインターネットのサービスもやっている。アタバルでは両方のサービスを利用しているんだが、電話回線が2つあり、別々の名義になっていて、ケーブルとネットは別々の回線に登録してある。電話のかかってきたのはケーブルの登録してある番号の方で、おそらく向うにはこちらが別回線でネットを利用していることを知らずにネットを売り込みたかったんだと思う。インターネットも申し込めば、パッケージを適用となり、非常に安くなるという。そこで電話局にはうまみがないだろうがどちらかの番号にサービスをまとめたらパッケージを適用してくれるという事で話がついた。
現在はケーブルは基本コースだが、これを上級コースにしても、6ヶ月のプロモーション期間中は今支払っているものより多少安くなる。プロモーション期間が終わると少し余分に払わないといけなくなるが、またケーブルを基本に戻せば、今より気持ちだけ安くなる。そこでこの6ヶ月間、この200チャンネルあるという上級コースを試してみることにした。リストを見るとペイ・パー・ビュウと書いてるものも多いので、実際にはどれだけチャンネルが増えるのかわからないが、ちょっと面白そうではある。来週には設置してくれるらしい。
今週の日曜定食はさつま揚げ。
今日は久しぶりに良い天気。日中は暑くなったが、夕方からは雨が降ったりやんだり。
日中の温度27度、湿度62%。夜22度、78%。

ボレト・デ・オルナト

ついにペトラの出生証明書が取れたので、今度はDPIの申請に行く準備を始めた。といっても、もうこれはたいしたことではなくて、今まで使っていたセドゥラのコピーと証明書のコピー、それにボレト・デ・オルナトといわれる、市民税のようなものを払うだけ。ただ、ペトラが申請する時に、僕の分も一緒に申請するようにしようと思っているので、僕もボレト・デ・オルナトがいる。
たしか、今年このボレト・デ・オルナトを僕の分は買ったはずだ。ところがいつもしまっておく所に見当たらない。何かに使うので、どっかに出してしまい忘れているのかもしれない。
そこで、今日ペトラのボレト・デ・オルナトを払ったついでに、僕の分は払ったはずなんだけど、失くしてしまったと言ってみたところ、なんと5ケツアルで再発行してくれた。ボレト・デ・オルナトは通常だったら10ケツアル(約1.25ドル)、今となっては遅れた罰金を含め20ケツアルなので、再発行に5ケツアルとはちょっと高いような気がしなくはないが、仕方がない。とにかくこれで申請用の書類は揃ったはずなので、来週にでもいよいよDPIの申請に行く予定。
今日は朝のうち結構良い天気だったが、昼前からいきなり曇ってきて、12時には雨が降ってきた。どうやら、また暴風雨だかが2つ近づいてきているらしい。なんだか今年は2つ一緒に来ることが多いみたいだ。
日中の温度24度、湿度72%。夜20度、77%。


1枚だけ

今週からいよいよ200ケツアル札が出回っているはずだ。幸いというか何か分からないが、今のところお目にかかったことはない。200ケツアル札を持って買い物に来る人がたくさん来たりしたらアタバル入り口でやっている店なんかは釣銭に困るような事態になりかねない。
今日銀行に行ったら、新しい200ケツアル札についてのパンフレットが置いてあった。新しいものなので、まだ一般に知られていず、適当な偽物を作って使おうとする奴があると行けないという事だろうか。まあ確かに今新しい200ケツアルと書いてある札をもって来られたら、判断に困るだろう。とりあえずパンフレットでも店に置いて店員に注意するように言っておいた方が良いかも。
それにしても、その銀行で窓口の人に「もう200ケツアル入ってきた?」と聞いたら、「1枚だけある。」という返事だった。銀行でたった1枚とはなんだろう?見本として回ってきたのか、それともたまたま彼の見たのが1枚だけだったのか、忙しそうだったので、それ以上詳しく聞けなかったが、とりあえず我々の手元に来るまでにはまだ少し間がありそうな返事だった。
今日は朝のうち久しぶりに良い天気で、日中は大分気温も上がった。ペトラもこれで洗濯物が乾くと言って喜んでいる。ところが昼からまた雲が出てきて、暗くなってしまった。遠くで雷が鳴っているようだが、小雨が一瞬降った程度だったが、夜になって結構降った。
日中の温度25度、湿度64%。夜21度、76%。

月の明かり

昨日の夜は寒かった。何といってもこの時期に夜20度を切るなんて初めてではないだろうか。もちろん天気予報の温度などは別だが、自分で温度計を設置して毎日チェックするようになってから、この時期にこんなに寒かったことは記憶にない。日本は猛暑で死んだ人も相当な人数いるというのに、同じ北半球でありながら何という違いか。
それで今日も午前中は曇っているのでやっぱり寒く、長袖のセーターを着ていた。市場に行っても皆寒い寒いと言うのが今日の挨拶の文句となっている。ただ、こちらはあっちこっち買い物をして歩き回っていたら暑くなってきて、途中からTシャツになった。
一日曇りがちであったが、幸い雨が小雨が時々降った程度。たいしたことはない。この曇りがちの天気が続いているわりには、ここ数日夜は明るい。どうやらここの所ほぼ満月の状態になっている。雲に覆われていても、それを突き抜けて照らしてくれるんだから、月の光とはずいぶん強いもんだと感心した。それにしても日本でこんなに月が明るいと思ったことないように思う。日本は夜でも周りが十分明るいから気がつかなかったのか、日本にいた頃は月なんて気にしてる余裕がなかったのか。特に夜家中の電気を消して2階に上がっていく時には月の明かりで非常に助かる。
今日は日中も寒かったので、夜はどれだけ寒くなるかと心配していたら、まあ昨日より気持ちだけ暖かい感じもする。気温は同じなので、昼の寒さから続いていて慣れてしまっただけかもしれない。
日中の温度21度、湿度70%。夜19度、72%。


ぐずついた天気

今日も朝からヘンな天気。どうやら昨日の晩ずっと雨が降っていたらしい。テラスが完全に濡れている。その上朝になっても曇っていてやっぱり寒い。まあニュースでは今週末はずっと雨と言っていたので、この状態も仕方がないのかもしれない。
今日は豚肉のしょうが焼きで簡単に用意が出来たので、午前中はちょっとゆっくり。昼ご飯をいつも通り食べに出たら、その時はかすかに日が差していたのに、昼を食べている間にどんどん曇ってきた。
その後は雨が降ったりやんだり。なんとも寒いので夜の日曜定食を作るときに最初ベストを着て作っていた。さすがに作っているうちに暑くなったが、こんなに着膨れして料理したのは久しぶり。
日曜定食は最近人の出足が遅い。今日も開始時間の6時半にはお客さんはゼロ。雨も降りそうだしどうなるかと思っていたら、結局は26人来てくれた。ありがたいことだ。どちらかというとここの所日本人以外の人が多いからかもしれない。今日も日本人は数えるほどで、あとほとんどはグアテマラ人か欧米人の旅行者。しかし、今日も2人ほど来たが、欧米人にはベジタリアンが多いのでややこしい。今日も豚肉の変わりに豆腐を揚げてしょうが焼きのタレで味をつけて出した。本当に最近は見かけない欧米人の旅行者が来るんだが、一体どこで聞いてくるんだろう。まあお陰で全て用意した材料はきれいになくなってしまった。
日中の温度22度、湿度70%。夜19度、80%。


200ケツアル札

これも以前から話だけは何度も聞いてきたことだ。ところが、これがもう何回か聞いて好い加減どうでも良くなった頃に、現実のものとなるというのがいつものパターン。いよいよ来週から200ケツアル札が登場するんだそうだ。
まだどれだけ流通するものやら全然予想もつかない。ただ、なぜ今200ケツアルが必要なのかというのも全く理解できない。一般的に札の額面が大きくなるというのは通貨の価値が下がり、買い物をするのに大きな札が必要になるからなんだと思っていた。
そういう意味では今グアテマラの一般的な生活で100ケツアル以上の額面の紙幣が必要だと思ったことはない。何しろ100ケツアル札でさえ、買い物をする時にはお釣りがなくて困ることが多いくらいだ。これが200ケツアルが一般に出回ってしまったら、更に買い物の際に面倒なことになりそう。当然売る方にしても、今まで以上に釣銭を用意する必要が出てきて、困るんではないかと思う。
最初は銀行間での決済とかそういったものに利用するために高額紙幣を発行するという説明も聞いた。まあそんな高額の取引には縁がないのでピンと来ないが、そうかもしれないとも思った。しかし、一般に流通するようなので、そういう訳でもないらしい。とにかく、我々庶民には面倒臭い事になりそう。
今日は朝から曇り勝ちで、時々小雨が降っていた。市場に行き買い物を急いで済ませ、帰る途中でかなり強い雨が降った。その後も降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度72%。夜20度、80%。


出生証明書

やっとペトラの新しい出生証明書が出来た。前から書いているように、今まで各市町村がやっていた出生証明などの管理が、身分証がセドゥラという紙のものからDPIというカードに変わり、レナップという組織ができて、コンピュータで一元管理することになり、その移行の手続きが終わったと言うことだ。
それでも先日書いたようにペトラの生まれた日を間違って書いてあったり、とにかくずさん。それでも、今回は生年月日も名前も間違いなくちゃんと出来ていた。これでグアテマラシティーでしなければいけない手続きは終わったので、一安心。
今度はDPIという新しい身分証をとる手続きをしなければいけないが、これはアンティグアで出来る。来週にでもするつもりだが、僕もこちらのセドゥラを持っているので、これをDPIに切り替えないといけないので、ついでだから一緒に手続きをするつもり。
しかし、このアンティグアのレナップではいつもすごい人数が外まで列を作っているので、ここに行くのは気が重い。まあそういう意味でも自分一人でポツンと並ぶよりペトラと行って一緒に並んでいる方が気が紛れるだろう。
それにしても今日も朝から小雨が降ったりしてどんよりとしている。その後も降ったりやんだりでたまに日が照ることもあった。とはいえ全体的には曇っているので、やはり肌寒い一日だ。台風だか熱帯低気圧だかが近づいているらしいが、今週末はまた雨なんだろうか?
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、78%。

相変わらず野菜が高い

今まで魚が手にはいらず、高いといって、日曜定食のメニューに困ると書いていた。ところが最近は野菜が高いので困る。今までちゃんと手に入る時には1週魚で次の週は肉というように交互にメニューを決めていたので、魚だったら2週間内に何とか次の分を入手できれば良いという事になる。
ところが野菜は毎週のことだ。しかも魚であれば、どうしても手に入らなければ、鳥にするとか別の方法もあるが、野菜なしで料理を作ることは出来ないのでこまる。とにかく今は野菜全般が高くなっている。
今日も午前中市場に買い物に行ってきた。朝から雨が降っていたが8時過ぎにはやんで日も照ってきたので、それなりの人で賑わっている。今週の日曜定食は豚肉なので、肉をとりあえず確保しておき、その後野菜の値段などを見ながらメニューを考える。チンジャオロースかしょうが焼きかと思ったが、まだまだピーマンがビックリするほど高いので、豚肉のしょうが焼きに決定。こちらは野菜の千切りを付けるんだが、キャベツの代わりにレタスやら大根やらでまかなう予定。
どうやら朝からの雨でまたあっちこっちの道路が崩れたりしている模様。例年だったら今くらいから台風シーズンが始まり、水害の心配を始めるんだが、今年はもう心配するのにも疲れちゃった感じ。ただ、これだけ長い期間続いているわりには災害は少ないように思う。夜になってまた結構雨が降った。
日中の温度25度、湿度60%。夜21度、75%。

お盆

今日本はそろそろお盆休みも終わった頃だろうか?。どうも日本にいるときからお盆に関係のない生活をしていたので、正確にいつがお盆なのかも知らないくらいなんだが、大体8月中頃がお盆休みと言う程度には認識している。日本の夏の最も暑い時期だ。それにしても、お盆というのはお墓参りに行く期間ではなかったか。そのため、地元を離れて働いている人などが帰省するというイメージがある。それ以外のお盆に関連するイメージといえば盆踊りくらいか。何しろ東京の生まれ育ちなので、そういう点でもあまり伝統行事とはつながりがない。
グアテマラではそういう期間はない。皆が一斉に墓参りに行くという点では11月1日の死者の日がある。ただ、これは休みといっても1日だけだし、特に踊ったりするわけではないので、日本のものほど大掛かりではない。確かに地方から首都などに働きに出ている人達は、その前後に休みを取って故郷の村に帰ったりすることもあるが、毎年帰省するような人はそれ程多くないんではないかと思う。
アンティグアでは8月というと逆に行事の少ない時期という気がする。7月はアンティグアの守護聖人の日があるし、9月は15日が独立記念日で各学校が鼓笛隊を出して行進する。雨の多い時期だし、あまり行事をするには適してないのかもしれない。
その暑い盛りの日本に比べ、こちらは今日も曇りがちで肌寒い天気。日中はTシャツ一枚でいるがそれではちょっと寒い気がするので、上着を手元から離せない。夕方から雨が降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度68%。夜20度、76%。


今度は23時になったらしい

今日の新聞を読んでいたら、なんとアンティグアのレストランの閉店時間が夜11時になったと書いてある。また変わった。本当にどうしてこうも一貫しないんだか不思議なくらいだ。良かれと思って決めたことだったら、そのまま続けてみればいいのに。
新聞によるとこのままだとアンティグアの町に経済的な影響が出るというので、それを考慮して、レストランは1時間遅くしたんだそうだ。これで、遅くにアンティグアについた人や、夜出かけるのが好きな外国人の人たちもレストランや喫茶店に入ってゆっくり食事などできるので、納得するだろうとのこと。ってことは、そういう影響が出るって事は最初は全く考えていなかったってことか。実に好い加減なものだと感心してしまう。それで、他の商売の閉店時間は変わらないんだとか。
アタバル入り口の店はもう夜9時に閉めて、その後は以前に書いたように、ノックしてもアテンドしないようにしているが、相変わらず開けている店は、夜遅くまでやっているんだそうだ。とにかくまだこんな状態では、取り締まりも全くやっていないようで、まじめに守っている方がおかしいのかもしれない。
今日も午前中はわりと良い天気であったが、昼過ぎに外に出たときには、既に曇ってきていて、傘を持っていった。結局小雨がパラパラ降ったくらいで傘を差すほどにはならなかったが、曇った分気温は下がった。その後夜までたまに小雨が降る程度。夜になってからは降っていない。
日中の温度24度、湿度66%。夜21度、73%。

また低気圧が近づいているらしい

なんだか野菜が値段が上がったまま高止まりしている。ネギは値段は安定してきているし、とりあえず手に入るようになったので、まだ良いが、値段は高いまま。キャベツは一時下がってきて安心したが、それもつかの間、また値段が上がってきて今やこぶし大より一回り大きい程度の小さなものでも2.5ケツアル(約0.3ドル)位する。ニンニクも手に入るようになったが、これまた高いまま。
ここの所あまり強い雨や、長い雨がなかったんだが、ニュースの夜とまた低気圧が近づいているようで、今日も昼から雷が鳴り、雨が降り始めた。こんな天候ではこの先まだ野菜が高くなるのではないかと心配になる。
まあ日本の猛暑のニュースを見るたびに、雨は降ってもまだすごし易いこちらの気候がありがたいと思う。そもそも暑いといっても30度を超えることはまずないのだから、暑い暑いと文句を言いながら、日本にいる人に比べれば、ずいぶん恵まれていると頭の一部では思っている。
まあこれだけ雨が多いせいか、花粉の方は例年に比べるとずいぶんとまし。何しろ夜と朝起きたくらいの時間にくしゃみが連発する程度。これくらいだったら、ほぼ日常生活に問題がない。ひどい時は日中も全く鼻から息が出来ない状態になるので、今年はこのまま終わってくれるとありがたい。
昼から降った雨は夕方にはやんだが、その後また夜になってかなり強い雨が降る。
日中の温度26度、湿度64%。夜21度、73%。

煎餅の追加報告

昨日ブログにボデゴナで煎餅を売っていると書いたら、早速、それを買って食べてみたという情報を貰った。本当は自分で買って食べてみれば良いんだが、間食を基本的にしないので、煎餅を食べる機会があまりない。しかも、ボデゴナで売っているものは海苔がついてたりするので、ペトラはそういうのはあまり食べない。
そこで、貰った情報だが、結構種類はあるし、一つの袋の中にもいろんな煎餅が入っているらしい。味はまあまあ問題がないレベル。ただ、問題は乾燥剤が入ってないからか、全体的に湿気ていたとのこと。
こちらでは完全にクッキーのバリエーションとしての扱いなので、棚も一緒だし、扱いも同じなんだろう。クッキーだって湿気るが、おそらく煎餅とクッキーの回転率ではクッキーの方が圧倒的に早いだろうから、煎餅が売り場の棚に置いている間、しかも、今は雨季で特に今年のような雨の多い年には湿気るなという方が無理だろう。という訳で、煎餅好きの方にはちょっと残念な結果になった。
今日の日曜定食は魚の照り焼きとポテトサラダ。ポテトサラダはいつもとちょっと手順を変えてやったんだが、自分としてはこちらの方が良かったと思っている。ここの所、人が少なく、今日も少ないかと思っていたら、意外に17食売れた。日本人もそこそこ来てくれたようだし、ダンスの先生達もかなり来てくれた。
朝から小雨が降っていたが、逆に午後になってやんでしまった。でも全体的に曇り勝ち。日中の温度23度、湿度69%。夜20度、75%。


煎餅

食べ物にほとんど好き嫌いはないが、子供の頃からクリーム系のものに目がないので、お菓子だけは洋菓子の方が和菓子より好きだ。アンコとか羊羹とかはぜひとも食べたいと思ったことはない。甘くないものでも煎餅もそれ程興味はない。もちろん手元にあれば齧るが、自分で買って来て食べようと思ったことはない。
という訳で、探していたわけではないんだが、ボデゴナ(アンティグアのスーパー)で
偶然煎餅を売っているのを見つけた。クッキーの棚の中にあった。あまりクッキーを食べる方ではないので、普段はクッキーの棚に近づくことなどまずないんだが、ペトラがクッキーを買おうとして物色しているのに付いて行って、その辺を見ているときに目に止まった。ロランドというごま油やら牡蠣油やら以前書いた缶詰の豆腐やら中国系の食材を売っているメーカーのものだ。この煎餅も中国製のようだ。値段は16ケツアル(約2ドル)弱で海苔の付いたようなものや丸いもの四角いものと結構種類がたくさんある。同じ棚にある他のクッキー類はこれより安いものがほとんどだ。見たこともなくてちょっと高めのものを買う人がいるのかちょっと心配。
それにしてもボデゴナは最近大根も売っていたし(しかも結構安かった。)、これは前からだが白菜も時々売っているし結構便利。
今日は朝のうちこそ晴れていたが、市場で買い物をしていて昼ごろにはもう雨が降り始めた。昨日降らなかった分が今日に回って来たよう。その後も曇り時々雨。やや肌寒い。
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、75%。


炭火焼

今日の昼ご飯はちょっと贅沢に肉を炭火で焼いた。やっぱり肉を普通にガスコンロを使ってフライパンで焼くのと、炭火で直に焼くのとはずいぶん違う。脂が炭に落ち、そこから上がってくる煙で燻されて、香りがつくからか、通常の焼肉以上においしく感じられる。当然そういう時にはちょっと脂身のついた肉が良い。
こちらで普通に手に入る肉はちょっと堅いんだが、それはまあ仕方がないとして、それでも噛むごとに肉汁が出てきて食べていて幸せ。こちらの人は唾液の量が少ないのか、汁気の多いものでないと食べられないので、必ずトマトベースのソースであるチリモルをかけて食べる。もちろんチリモルをかけて食べるとそれはそれでおいしいんだが、僕はまず肉の味を楽しむために、何もかけず食べて、次にチリモルをかけて食べることにしている。このチリモルも作り方はいろいろで、茹でて皮を剥いたトマトを潰してコリアンダー、タマネギなどのみじん切りと混ぜるのが簡単なやり方だと思うが、これもトマトを茹でる代わりに焼いて皮を剥くといっそうおいしくなる。どうしても茹でると水っぽくなるのを避けられないし、やはり焼いた時のちょっと香ばしい味がする方がおいしい。トマトを焼くなんてあまり日本ではお目にかかれない情景だが、さすがにトマトの本家だけあっていろいろな食べ方がある。問題はついつい食べ過ぎてしまうことだ。
今日は天気が良く、一日雨が降らなかった。そのせいで日中はかなり暑く、夜になってもまだ暖かい。
日中の温度29度、湿度56%。夜23度、70%。

新しい本

昨日郵便局から荷物が届いているという通知が来た。今や全てメールの時代で、手紙すらまず受け取ることがないのに、荷物とは一体何か?と思ったが、宛名も自分のものであったし、今日買い物のついでに、郵便局により、荷物を取ってきた。
中身は姉の書いた新しい本。「もぎりよ今夜も有難う」という題名。この前話をした時に、もう出版されたと言っていたので、結構早く着いたものだ。今までの本とは出版社が違い今回はキネマ旬報社から出ている。キネマ旬報に連載していたものなので当然か。装丁も今までの幾何学模様っぽいものから、カラフルな絵のものになっている。
まだ半分くらいしか読んでいないが、今回の内容は題名の通り姉が以前働いていた映画館での出来事が中心。本の題名もそうだが、それぞれの章も映画の題名をもじったタイトルがついている。仕事だとはいえ、良くこんなにいろんな映画の題名を知っているものだと感心する。それに、いつも姉の本を読むと、同じように育ったはずなのに、どうしてこんなにも趣味、物の見方の違う人間が出来てしまうのかと不思議に思う。
とにかく今回の本も読み易く、楽しい内容の本なので、ぜひ読んでみてください。
今日は市場に行き、日曜定食の材料の買い物。今週の日曜定食は魚の照り焼きとポテトサラダに決めた。魚は久しぶりにエスパーダが手に入ったので、これを使うことにする。照り焼きなどにはこの魚を使うのが好きだ。
今日は朝から天気が良く、久しぶりに雨が降らない一日だった。
日中の温度27度、湿度61%。夜22度、70%。

臆病者

月曜日から入り口の店を夜9時に閉めているんだが、他の店はどうなのかと気になって調べてみた。どうやら条例に従って、閉店時間を変更したという店はあまりないようだ。先日市の警官をやっている知人に会ったので、いろいろ聞いてみたんだが、まだ取り締まりは行っていない模様。
何しろこの取締りを市の警察がやるのか、国の警察がやるのかということすらまだ決まっていないんだそうだ。一体どういう事なんだか。なんだかすったもんだの挙句決まったものなのに、実にその後の体制が投げやりな感じがする。要するに法律があるからといって守ったら損をするということだ。
実際問題、店を9時に閉めているとお客さんから文句を言われることがある。その文句は概ね「意気地がない。」といったものだ。9時に閉めてその後ドアをノックした客に売らなかったときには、その客が臆病者だの同性愛者だのと外で叫んでいた。要するに、法律があるからって守ってるなんてだめで、その中でいかにすり抜けるかとか、隠れて何とかするとかそういった工夫を凝らせという事のようだ。お上の言いなりなんて情けない奴だと言いたいんだろう。
今日は午前中から小雨が降ったりやんだり、それにしては昼過ぎから突然日が照ってきて良い天気になったり、良く分からない。更にまた夜になって雨が降り、一時はかなり強く降った。
日中の温度25度、湿度67%。夜21度、75%。

米国で生まれても

ニュースを読んでいたら、米国で生まれた者は米市民という憲法修正14条について、見直しを求める声が一部議員から上がっているんだそうだ。「中国の富裕層の間では、子どもに米国籍を取得させ、米国の教育制度や社会福祉を享受させたいと願っているため、渡米して出産することがブームになっており、これを手助けする会社も雨後のたけのこのごとく増えている。」というニュースもあり、確かにこれではアメリカ政府も大変だろうとは思う。それでも、国籍の出生地主義というのをアメリカが否定してしまったら、現在までのアメリカという国の成り立ちはどういう事になってしまうんだ?と思うのだが、これに関してどう説明をつけるんだろうか?
最もこの問題は中国の富裕層の子供を問題にしているわけではなく、先日来ずっと(特に中南米では)騒ぎになっているアリゾナ州の新移民法と同じ流れの中にあるんだと思われる。どうもアメリカは経済的に困ってきて、今まで他の国から見てまぶしく見えていたその開放性を失ってきているんだということなんだろう。そうなってアメリカがどんな国になるのかというのもちょっと興味がある。もちろんアリゾナという州の問題と違い、憲法が簡単に変えられる問題かどうかというのは良く分からないし、一部の議員の話であって、大部分の人はそんなこと考えてないんじゃないかとも思える。
今日は昼過ぎから雨が降り、ちょうど用事で出かけていたので、びしょ濡れになった。更に夜になってまた雨。
日中の温度27度、湿度61%。夜22度、74%。


「時計」の作者

今日まで知らなかったが、ニュースを見ていたら、ロベルト・カントラルが今月7日に亡くなったと言っていた。心臓の発作だったようで、75歳。日本の方は大抵彼の名前を知らないと思うが、彼の作曲した「時計」という曲は知っている人も多いはずだ。
まあ日本では「時計」くらいしか知られていないが、ラテンアメリカでは「ラ・バルカ」など他にも知られた曲があり有名な作曲家である。メキシコの作詞作曲家協会のリーダーでもあったらしい。
特に興味のある作曲家と言うわけではないが、大分前にブログに「時計」の話題を書いたこともあり、なんとなく気になるニュースであった。日本でもコンサートをしたことがあるようだし、トリオ・ロス・パンチョスなどとともに、メキシコのボレロなどラテンアメリカの音楽が日本で人気になった世代の方は懐かしく思い出される方もいるだろう。
今日は午前中良い天気だったが、昼過ぎに少し雨が降り、夕方にも一瞬、更に夜にもまた一瞬雨が降った。そんな天気だと、湿度が高く、ジトジトして気分が悪い。天気予報では今週も雨が降るが、先週に比べるとずいぶん降水量は減るんだとか。まあそうなって欲しいものだ。
本当に今年の雨季は良く雨が降る。カニクラという雨季の休みの晴れの続く時期があるはずなんだが今年はそれもどうなってしまったことやら。これから台風のシーズンになるんだが、もう十分って感じである。
日中の温度26度、湿度67%。夜22度、73%。


明日から

いよいよ明日から店は夜9時閉店にしないといけなくなるらしい。まだ100%納得の行く情報はないのだが、一応最も理屈として納得できる情報から判断すると、明日になる。とにかく良く分からないが、そういうことであれば、夜9時に閉店するようにするつもり。今更ヘンな所で突っ張ってみても始まらないだろう。様子を見て、また別の情報があれば、また10時まで延長する可能性だってないわけではないが、今のところは9時で決まりだ。これを書いている今ちょうど10時の閉店前なんだが、店は人で一杯。この時間がかなり売れる時間帯なんだが、どれだけ影響するかで今後のことも考えないといけないだろう。
今日の日曜定食は餃子で8人。ちょっと少なかった。それでも、6時半に始め7時になるまで全く誰も来ないので、さすがに驚いた。今日は全く誰も来ないかと思った。幸い7時になってから少し人が来てくれたのでホッと一息。今回作ったラー油もどきは自分では相当辛くなったと思っている。実際いつも来ている人からも辛いと言われた。ところが、これがたった8人の人が食べただけで、相当減っているのでこれまた驚いた。皆良くこんな辛いものをガンガンかけて食べられるもんだ。作った本人は数滴たらしたのみ。しかも、これを持ち帰りたいという要望も2人からあり、この人があまり来ない時にわざわざ来てくれた御礼のつもりで、プレゼントさせてもらった。
午前中は結構晴れていたんだが、昼ご飯を食べに出て、帰って来た頃から曇り始めて、雨も降り出した。その後やんだが、また夜に少し降った。
日中の温度26度、湿度69%。夜22度、75%。

ロハ

ロハという炭酸飲料があるんだが、これは日本ではないんじゃないだろうか?ロハとは赤と言う意味だが、文字通り赤い色をしている。味はフルーツポンチ味という感じではないだろうか。どうもロハの味としかいえないんだが、ゲータレードのフルーツポンチ味が、これに近いものがあり、赤い色をしているので、人工的果物味の世界ではフルーツポンチ味というのがこれなんではないかと想像している。強いて言えばドクターペッパーのエグみをちょっと落としたような感じだ。
このロハという炭酸飲料を今まで飲むことが出来なかった。日本でもドクターペッパーを一度試して、全部飲むことが出来ず途中で放棄してしまったんだが、それに近いものがある。こんなにまずいものを一体誰が飲むのか?とずっと思っていた。
ところが、もう3・4ヶ月前のことだと思う。ものすごく暑い日に市場にペトラと買い物に行き、あっちこっちでかなり買い物をして汗だくになり、ペトラと待ち合わせのジュース屋に行った。ペトラはもう既に来ていて、そこでこのロハを飲んでいた。ゲッと思ったが、この時は汗もすごくかいていて、のどもカラカラだった。そこで勧められるままに、このロハを飲んだら、なんと実にすんなり飲めてしまった。これ以降今までのロハ嫌いがなくなり、もちろん大好きになった訳ではないが、普通にペトラが飲んでいたらちょっと貰って飲むようになった。この年になって苦手を克服するとは思わなかった。(別に克服してもたいした意味ないが。)
今日も市場で買い物。午後早めに帰ってきたら、案の定すぐに雨が降り出した。それでも夕方にはやんだ。湿度が高いので、気温はたいしたことなくてもすぐに汗が出てくる。
日中の温度26度、湿度69%。夜20度、75%。


やっぱり9時閉店か

先日から書いている、アンティグアのレストランでビールやワインすら売れなくなると言う話。今日カブキのカズ君が来て聞いてみたら、今までライセンスがなくてもビールやワインであれば売れたところを、今度からライセンスを持っているところだけ売れるようになるということだ。ただし、これから順次レストランにはライセンスを出していくということ。これまたどういう意味があるのか良く分からない措置だ。
カズ君が言うには最初はやっぱりレストランではアルコール類を一切売らない様にしたかったんだが、あまりに反対が多くて、結局ライセンスを出してお茶を濁したということなんじゃないかとのこと。これまたなんとも良く分からない措置だ。こんなにぶれてしまったら一体何の意味があるんだか分からない。
しかし、どうやら普通の店が夜9時、レストランなどが夜10時に閉店しないといけないという条例は一応今月の9日に施行されるという感じ。こうなるとアタバルの入り口の店も夜9時に閉めないといけないだろう。まあそう決まったんなら従うのはやぶさかではないが、どこの店もちゃんと閉めるように指導してもらいたいもんだ。以前のように閉めていたら、「他の店は開いている。」とお客さんから文句を言われるようではたまったもんではない。
今日も午前中は晴れ時々曇りといった天気だったが、昼から雨が降り始めた。2時過ぎにはかなり強い雨。夕方にはやんだが、また夜になってずっと雨。
日中の温度24度、湿度70%。夜20度、78%。

独立記念日の練習

いよいよ今年も始まった模様。この時期にこんなことを書くのは9月15日の独立記念日の行進の練習のことだ。毎年のことだが、これが結構うるさくて、なんといっても気になってしまう。特にアタバルのそばには3つほど学校があるので、なんとも大変だ。
もちろん以前に比べるとだいぶましにはなっている。何しろ以前はどこの学校も道に出て、大手を降って鼓笛隊がドンドコやりながら歩いていたわけで、この時期には授業もうるさくて、時々中断していたほどだ。ところがこれが今はさすがに公道でやると、近所迷惑と言うことで、学校の施設の中でやることになったようだ。これで以前のようなことはないんだが、2階に上がるとさすがに近所の学校でやっている音がダイレクトに聞こえてくる。それでもこれくらいだと十分我慢の限界内。それにあと1ヶ月強の辛抱だ。
いつも通り朝から市場に行き、買い物をしてきた。昨日書いたように、今週の日曜定食は餃子にする予定なので、注文しておいた餃子の皮を買って、更に餡の材料の肉や野菜を買った。それで今日の午後はこの野菜を刻み、餡作り。これを一晩寝かせて、明日包んで、冷凍させることになる。ところが、こういう時に限って、魚屋のおばちゃんがハモを持ってくるので、ちょっと困る。冷凍をしてとっておくんだが、餃子を冷凍するので、冷凍庫がそれだけで一杯になってしまう。冷凍庫の整理までしないといけない。
昨日の夕方まで降っていた雨は結局今朝まで降らないままだったようだ。今朝は結構良い天気で暑くなった。ところが夕方からまた結構な長雨。でも夜9時を過ぎてやんだ。
日中の温度26度、65%。夜21度、78%。

びしょ濡れ

今日は午後からすごい雨。やむかと思っていたら、雨足が強くなったり弱くなったりするだけで、ずっと降り続いている。こういう状況になるとさすがにまた周辺の村の災害が心配される。
どうやら台風だか、熱帯低気圧だかがまた太平洋と大西洋の両側に出来ているらしい。とはいえ、先日もそんなことをニュースで言っていたが、結局たいしたことがなかったので、今週もそんな程度じゃないかとたかを括っていた。ところが今日の様子を見ると、どうやらそうでもなかったらしい。
午後に授業がある先生と生徒さんはインターネットの授業の先生も含め皆びしょ濡れになってやってきた。大変だと思うが、来てくれないと困るので、こればかりは仕方がない。ネットの授業に関しては将来的には、少しずつ先生達が各自の家でやるようになると思っているので、こういうことをきっかけに、そちらの方に少し進んでいくのではないかと思っている。もう少しこちらのネットの料金、安定性などの状況が良くなってくれるのが、それに先立つ条件だろう。
今週の日曜定食はちょっと早いが餃子に決めた。餃子だけは、早めに決めておかないと、皮を注文したりしないといけないので、難しい。今日は皮も注文し、ニラも刈り取って、今日はキャベツを買ってきた。これで明日餡を作り、明後日から包み始める予定。
雨はずっと降り続くかと思ったが、夕方5時過ぎにはやんで一安心。
日中の温度24度、湿度63%。夜20度、76%。


ドル預金の利子

ドルの預金の利率がかなり下がっている。それに対してケツアルの預金の利率はそれ程下がっていないようだ。一体こういうのはどういう仕組みで利率が決まるのか?情けないことに全く分からない。これもまたどなたか説明できるものであれば教えていただきたいものだ。
なんと今日銀行で話をしていたら、この1年でドルの利率は3回下がったんだとか。それでも定期預金だと2パーセント以上なので、1パーセントにも満たない日本よりは良いということか。まあそれでがたがた言うほどの大金を預金しているわけではないんだが、改めて下がったと言われるとなんだか損をしたような気がするから不思議だ。
ただ、ケツアルの預金は相変わらず6パーセントくらい利子がつくらしいので、なかなかすごい。ケツアルは今のところずっと安定しているので、この時期にケツアルの定期預金をしておけばよっぽど儲かったと思うが、もしケツアルが暴落したりしたらと思うと、早々やる勇気はないんじゃないかと思う。
今日は朝から曇り時々雨で更にたまに晴れて日が照りだすというヘンな天気。午後散髪に行った時も、行く時から小雨が降っていたが、途中ちょっと晴れたかと思ったら、帰りにはまた小雨が降っていて、アタバルに帰り着いてしばらくしたらかなり強く降ってきた。今週はずっと雨らしいが、幸いに強い雨や長い時間降り続くということもないので、降水量は今のところたいしたことがなさそうだ。
日中の温度24度、湿度67%。夜21度、76%。

メモリ不足

全く忘れていたが、もう8月になっていた。昨日は気が付かなかったので、カレンダーが7月のままだった。昨日の晩今週の予定を確認する時にやっと気が付き、カレンダーをめくった。
先日書いた、コンピュータのタスクトレイのアイコンの不表示問題に関して、コメントをいただいた。なるほどと思うところがある。それにしても、とりあえず2ギガのメモリを積んでいるんだが、それでも足りないということか。たしかに、たまに「メモリ不足です。」という表示が出る。これを見ても、今までは何かの間違いかと思っていた。
気が付かないうちに8月になっているように、コンピュータの世界でも気が付かないうちに、時が流れ、状況が変わっているということなのかもしれない。ついこの前までギガ単位のメモリなんて、考えもしない状況だったのが、未だに身に染み付いているということかも知れない。
たまにメモリ不足の表示が出るのと、タスクトレイがちゃんと表示されるために、起動時に、ログオフ、ログオンの手間がかかるという以外に問題は起こっていないので、今すぐにメモリを増やすかどうかは考えてしまう。
今日も天気が良く、日中はかなり暑くなった。ところが、午後には晴れているのに時々雨が降るヘンな天気。ニュースによると今月来月はかなり雨が降るらしい。これから台風シーズンに入るということだろう。今年は今までかなり降っているので、これ以上あまり降らない方がありがたいんだが。
日中の温度27度、湿度48%。夜22度、65%。