スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



長雨の被害

ついにATABALでも今年の長雨の被害が出た。今日の昼ご飯の前に、ご飯が出てくるまでテレビでも見ていようと思い、スイッチを入れたが、テレビがつかない。これはきっとリモコンのせいだと思い、電池を変えてみたり、別のリモコンを使ってみたが、ウンともスンとも言わない。コンセントなども調べたが、特に外れているわけではないようだ。
諦めてそのままテレビを見なかったんだが、午後になって、ダニエルが、「テレビが濡れている。」と言って来た。そこで見に行ったら、ビショビショになっているわけではないが、確かに濡れている。一体こんな所になんで水がこぼれてきたのかと思い、周りを見回してみたら、ちょうどテレビの上の天井が濡れている。
ここ数日毎日結構長いこと雨が降っているし、特に昨日は朝からずっと降っていて、夕方から夜にかけてはかなりの勢いで降った。今日もまた午前中から曇っていて時々雨も降っている。そんな訳で、普段は雨が漏らないところでも、だんだん水が滲みこんで来てポタポタしずくが落ちてきたものと思われる。こればかりはもう今となってはいかんともしがたい。しばらく置いておいてテレビが復活してくれれば良いんだが、だめだったら修理をするか新しく買うか、いずれにしろ上には小さな屋根のようなものでもつけないことには安心できないだろう。
今日も市場に買い物に行ったが、相変わらず野菜は高く魚は種類が少ない。雨ばかりで漁に出られないんだとか。今週の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒め。
日中の温度23度、71%。夜20度、80%。
スポンサーサイト

ドル預金の利子

また今日も雨。今日は朝から降ったりやんだり。お陰でまた日中も寒い。とはいえ、上着を着てちょっと出歩いたらポカポカを通り越して、汗ばんできた。
今日は特に買い物もなかったので、銀行に行って用を足してきた。どうも最近ドルが上がってきている。今年の初めは1ドル=8.3ケツアルを越えていたので、それに比べるとまだまだだが、毎日少しずつドルが上がっている。日本円はドルに対して相変わらず高いようで、本当になんでこういうことになるのか、全然理解できない。
グアテマラでのドル預金の利子は下がっている。以前は1年定期とかであれば4%以上利子がもらえたのに、今は結構な大金を預金してもなかなか4%の利子はもらえないようだ。先月その預金の利子のことでわざわざ銀行から手紙が来たので、不思議に思っていたので、ついでだから銀行で聞いてきた。なんでも利子が下がったので、単にその知らせだったんだそうだ。あまり気にしてなかったので、一体何%下がったのか分からないが、そんなに大きく変わったんだろうか。突然こんな手紙を貰うと返って気になる。その他公共料金の支払いなどをして帰ってきた。電気代は不思議なことに下がっている。単価は別に下がっていないので使用量が減ったということだろうが、先月特に節電になるようなことはしてないと思うんだが。
午後になっても相変わらず雨が降っている。大して強い雨ではなかったんだが、夕方からかなり本格的な降りになってきて、そのまま夜まで降り続いている。
日中の温度21度、78%。夜19度、81%。

好きな季節

熱帯暴風雨というのもどうやら過ぎ去り、今日の午後にはちょっと太陽も照る時があった。とはいえ、曇り勝ちの天気で、なんとも肌寒い。ここの所いつものようにTシャツ一枚ではいられない陽気が続いている。
アンティグアで最も良い季節はいつかと聞かれることがあるが、これはなかなか難しい質問。観光ということを考えれば、当然セマナ・サンタのある時期が候補になるだろうが、住んでいての過ごし易さといったことを考えると、11月は候補の一つといえるだろう。何といっても雨季が終わって、乾季が始まった所で、まだ乾燥は激しくなく、木々も元気で、埃っぽくない。12月になると夜はかなり寒くなるが、11月はまだまし。当然日中は日が差すので暖かい。
とはいえ、どうも最近は11月も夜かなり冷え込むことがあるようだ。今年は今から結構冷えているので、このままでは11月もかなり冷えるかもしれない。今年はラ・ニーニャの年だと誰かが言っていたが、この影響もあるのかもしれない。エル・ニーニョは暑くなり、ラ・ニーニャは寒くなるんだとか。
とりあえず雨がやんで一息ついたが、まだまだ雨が降るということらしい。ただ、今年の9月は雨がひどくて大変なことになりそうといわれていたわりには、今のところ予想が良いほうに外れて、(被害が出ていることは出ているんだが)例年よりひどいということにはなっていないようだ。
日中の温度22度、湿度69%。夜20度、77%。

アルホナのお父さん

リカルド・アルホナというグアテマラ出身の歌手についてはもう何回か書いた。最近ではアメリカのアメリカン・アイドル・ラテン版などでグアテマラ人男性が優勝したり、それのメキシコ版のような番組でやはりグアテマラ人女性が優勝したりして、グアテマラ出身の有名芸能人のようなのが出てきそうな気配もあるが、それ以前はグアテマラ出身で唯一成功をした歌手がこのアルホナだった。
流行の先端を行くようなタイプの音楽ではないが、着実な人気があり、もう20年近く第一線で活躍している。これは他のメキシコ出身の歌手などと比べてもかなりがんばっている方に入ると思う。
テクパンで生まれたという話とアンティグアの隣町のホコテナンゴの生まれだという話があり、僕はどちらが正しいのか知らないが、グアテマラの誇りである。このリカルド・アルホナのお父さんが今日亡くなったとニュースで言っていた。お父さんは今はグアテマラシティーに住んでいるらしい。
今日も朝から雨がちの天気。熱帯暴風雨は熱帯低気圧になり、グアテマラに上陸した直後くらいに軌道を変えてメキシコの方にそれて行ったらしい。それでもまだ2つくらいの台風候補が中米の周辺にはあるんだとか。お陰で今日も市場にい買い物に行ったが、雨がちでなんとなく人も少ない。しかも朝から曇っているので寒い。夜になっても相変わらず雨が降ったりやんだり。
日中の温度21度、湿度76%。夜19度、78%。

今年の花粉症

もうこれまでに何回も書いてきたが、今年は本当に雨が多くヘンな天気。そのせいだか分からないが、今年はほとんど花粉症らしい症状は出ないまま8月が過ぎ、9月もそろそろ終わろうとしている。花がむずむずしてくしゃみを連発することは何回かあった。それでも、以前のように鼻が詰まって息も出来ないなどということは一度もなかった。それとも突然直ったりすることがあるんだろうか?
もちろん花粉症の症状など出ないに越した事はないんだが、どうも異常気象ということを考えると、「こんなことで大丈夫なのか。」という気がしなくもない。そもそも何の花粉だか分からないが、症状がほとんど出なかったということは、花もほとんど咲かなかったということだろうか。
雨が多いといってもこちらで花粉症の症状が出るときはむしろ雨が降った時の方がひどいくらいなんだが。代わりにペトラは結構くしゃみを連発していた。これも一種の花粉症の症状だと思うが、それでもペトラの場合は鼻が詰まって苦しいということは今まで一度もないので、これは例年通りなのかもしれない。
台風入ってしまったはずなのに、今日は昼から雨。降ったりやんだりとはいえ、夕方からはほとんどずっと降っている。しかも風もあり、ちょうど日曜定食の始まる時間になって横殴りの雨。日曜定食もこの調子では誰も来ないかと思っていたら、幸い7人来てくれた。今日のメニューは白身魚の甘酢あん。
日中の温度22度、湿度75%。夜19度、79%。

ドルは大変

アタバルの授業料はドル建てで表示してある。支払いはドルは当然受けるし、その場合はお釣りもドルで出すようにしている。もちろん現地通貨であるケツアルでの支払いも受ける。その場合はその日の銀行のレートでの換算となる。
当然ドルを持っている人はドル払いになる。幸い日本から来る人の持ってくるドルはまず新札できれいなものだ。ところがたまに結構使い込んだ札を貰うことがある。
なぜかグアテマラの銀行ではこの古びたドル紙幣が結構引っかかる。ちょっと切れていたり、こすれて印刷がかすんでいたりすると、受け取ってくれないことがある。これも銀行によって厳しいところと結構寛大な所があるので、基準が良く分からない。
僕がドルの現金を預ける銀行はかなり厳しい。今日も預金しようと行ったところ、20ドル札が1枚だめを出されて、仕方がないので、別の寛大な銀行にそれを持って行って、10ドル2枚に変えてもらい、またもとの銀行に預金しに行った。ところが今度は別の窓口の人だったので、その人は別の50ドル札がだめだと言う。さすがにまた先程の銀行にこの50ドルを変えてもらいに行くのも面倒だし、ちょっと気がひけるので、今日は預金を諦めて帰ってきてしまった。
昨日の夜から今朝までずっと雨が降っていた。また熱帯暴風雨というのがカリブ海側から来ているらしい。市場に買い物に行ったが雨のせいだと思うが人が少ない。さっさと買い物をして帰ってきた。午後からは雨がやんだ。どうやらグアテマラに上陸せずにそれたようだ。それでも朝から雨でその後も曇っていたので肌寒い。
日中の温度22度、湿度69%。夜20度、73%。


排水溝の心配

また台風が近づいてきているらしい。何でもニカラグアのカリブ海側に近づいているということだ。とはいえ今日もそれ程悪い天気ではない。午前中は結構日も差していたし、昼から一瞬曇って、小雨も降ったようだが、その後はまたやんでしまっている。
それにしても昨日書いた、監視カメラの工事だが、今日も大勢の人が前の道路で作業している。溝を掘り、今日はそこに埋め戻しようなのか、土のようなものも運んできて積んである。ペトラはこの状態で雨がたくさん降ったら、この積んである土がドンドン流れ出して、排水口が詰まってしまうんではないかと心配している。
グアテマラシティーなどでは先日の雨でアンティグアに来る途中の道路の排水溝が詰まったらしく、そこに水が貯まって大変だったらしい。確かに普段であればなんともない程度の雨でも排水溝が詰まっていたら問題がでるだろう。
何もこんな雨の多い時期にしなくても良いように思うんだが。とはいえ、今の市長さんがやることはどうも訳のわからないことばっかりだったんだが、この監視カメラに関してはちょっと見直していた。それだけに、何とかがんばってちゃんと動くようにしてもらいたいと思う。
ペトラの心配をよそに、今日は幸い午後になってもまた太陽が盛り返してきて、かなり良い天気の一日になった。ところが夜になって短時間であったが集中的に強い雨が降った。道路が一気に川のようなった。
日中の温度25度、62%。夜21度、75%。

監視カメラ

今朝からアタバルの前に大勢道路工事の作業員のような人が集まり、何か作業を始めた。何をするのかと思ってちらちら見ていたら、なんと道路の一部を掘り返して溝を作っている。どうやらこれらは最近町のあちこちの角で穴を掘って囲ってあるものに関係しているらしい。
この町の各角にある穴も一体何事かと思うのだが、あちこちで聞く話ではアンティグアの町の各角に安全のため監視カメラをつけるんだそうだ。これが本当だとすると良い話だと思う。アタバルのあるブロックも両角に穴が開けてある。これで1日中ちゃんと監視をしてくれるんだったらありがたい。
一体どれくらいお金がかかるんだろう。町中の道路に溝を掘ってケーブルを埋めていくようだが、これだけでもたいしたことだと思う。その後カメラをどこにつけるのか興味のあるところだ。これの維持管理だって結構大変なことなんじゃないかと思う。途中で使えなくなってしまったりしないと良いんだが。
泥棒の方もカメラに映ってると思うとやっぱり遠慮するもんだろうか。まあ少なくとも常習的に悪事を働いているような人たちはちゃんとチェックできるはずなので、やりにくくなることは確かだろう。警察がそれを使ってちゃんと取締りをしてくれるかどうかだ。
今日は午前中から雲行きが怪しく、昼には雨が降り始め、結構強く降った。その後降ったりやんだり。
今週の日曜定食は白身魚の甘酢あん。 
日中の温度22度、湿度69%。夜20度、76%。

ワニが逃げた

「ハリケーン「カール」による洪水で、メキシコの南東部ベラクルス州の自然保護区から、少なくともワニ280匹が逃げ出した。」というニュースをテレビでやっていた。これを見て、以前似たようなことがあったことを思い出した。グアテマラの太平洋岸の確かモンテリコの方でやはり洪水(だったと思う。)があり、そこで飼っていたワニがたくさん逃げ出した。
そのニュースが、日本でも報道されたらしく、日本の方から、「今度グアテマラに行くのですが、空港からアンティグアに行く間、危険はないでしょうか?」という問い合わせをいただいた。モンテリコはアンティグアからも空港のある首都からも直線距離にして90キロ近く離れているし、標高差も1500メートルあるので、ワニがそんな長距離の山道を登ってくるとは思えないが、空港の前の道路をワニがのそのそ歩いている様子を想像してちょっと楽しかった。
日本にいると中南米で起こったことは全て一緒くたに思えるらしい。グアテマラから南米の南端くらいだと日本からアメリカ西海岸くらいの距離があると思うんだが。まあこちらの人も中国で地震があったと聞くと、「お前の家族は大丈夫か。」と聞くんだから同じようなものだ。そう思えば、同じグアテマラ国内のことだし、90キロくらいの距離なんてあってないようなものだろう。
今日も午前中は天気が良かったが、午後3時ごろからいきなり曇って雨が降ってきた。
日中の温度28度、湿度54%。夜20度、70%。

格安航空会社

格安航空会社が羽田からマレーシアのクアラルンプールまで就航キャンペーンとはいえ片道5000円でチケットを販売するんだそうだ。まあもともといくらだったのかは良く分からないので、どれだけ安いんだかはっきりとは分からないが、安いことは間違いない。
最近この格安航空会社は流行なんだそうだが、これは良いことだと思う。ぜひ中米にもこういう格安航空会社が出来るか参入してもらいたいものだ。もちろん今はスピリッツ航空が入っているが、以前はグアテマラーロスアンゼルス間も飛んでたのに、今はグアテマラーマイアミ間のみとあまり勢いがない。まだまだ旅行する人が少ないからかとも思うが、アメリカと中米間であれば、出稼ぎに行っている人たちが使うので、それなりに混んでいる様に思うんだが。実際グアテマラーロスアンゼルス間で自分が乗ったときにガラガラだったということは一度もないと思う。
それに格安航空会社は普通ちょっと辺鄙な空港を使うというイメージがあったんだが、羽田だったら成田より都心に近いし便利な人が多いだろう。中米では無理だとしても、成田ーロスアンゼルス間で格安航空会社が飛ぶってことはないんだろうか?
今日は午前中はまだ天気が良かったが、昼前になってドンドン雲が出てきて、昼過ぎからは雨が降り出した。昼ご飯を食べながらニュースを見ていたら、天気予報でまた熱帯低気圧だかが近づいてきているといっていた。昼からは雨が降ったりやんだり、結構強く降る時もあった。
日中の温度24度、湿度64%。夜20度、76%。

いつの間にか

この前ケーブルテレビが200チャンネルに増えるかもしれないと書いた。ところが、これは名義の関係でいま頓挫している。このケーブルテレビを契約している電話番号の名義が20年以上前に亡くなっているペトラのおじさんの名義になっている。このためにいろいろな変更などは勝手に出来ない。変更するためには、既に亡くなっていることを証明する書類をもって行かないといけないんだが、これがまたレナップに行かないといけない。
そんなことをしているうちに今度はインターネットの速度が上がっていたようだ。これは全く知らなかったんだが、先日いつもコンピュータの修理をしてくれるビクトル・ウーゴが来て、話をしているうちに、「ネットが速くなっただろう。」と言う。今までは1メガだったものが2メガになっていると言う。全く気づいてなかったんだが、見てみるとどうやら速度が上がっている。どうも先週の金曜日くらいから変わったらしい。そう言われてから使っていると、確かに気持ち速くなったような気がする。ダウンロードなどすると速度が表示されるし、分かるのかもしれない。料金は今までと同じらしいので、それで、速くなってくれるんだったら助かる。それにしてもちょっと連絡くらいあっても良さそうなもんだ。
今日も午前中は比較的天気が良かったが、昼頃から曇ってきて、その後は曇り時々雨といった天気。温度はそれ程高くならずに過ごしやすい一日。夜になって雨はやみ、月の光が明るい。
日中の温度25度、湿度64%。夜20度、73%。

値切る

アンティグアは町全体が世界遺産になっている。まあこれは素晴らしいことなんだが、当然この町にすんでいると不便もある。何と言ってもこの町で新しく家を建てたりするのは至難の業だ。しかもかなりのお金がいる。建築許可を取るだけでも相当な出費が必要になる。アンティグア市内は町並み保存委員会のようなものがあり、そこの管轄になる。
これはアンティグアの町だけではなく、その周辺の村にも多少は関係するようだ。当然周辺の村は町並み保存委員会の管轄からはずれ、それぞれの町・村の役場の管轄になる。ところが、この町・村により、建築許可を取るのに要する金額が相当違うらしい。
聞いたところではホコテナンゴという隣町は、ホコテナンゴ市としてアンティグア市から独立しているので、比較的安いんだそうだ。ところがホコテナンゴより遠いのに、まだ村として独立できずにアンティグア市の管轄になっている村に住む人がその村のはずれで家を建てていたら、役人が来て許可を取らないと建築をしてはいけないと止められてしまった。そこで許可を取る手続きをしたら、なんとその許可料が約2000ドル(1年有効)。こちらにしてみるとかなりの高額だ。そこで手紙を書いて減額を頼んだ(要するに値切ったわけ)そうだ。そうしたらとりあえず半額の約1000ドルということになったらしい。まあ1000ドルでもずいぶん高いように思うが、最初に2000ドルと言われたことを思うとそれなりの金額に思えてくるから不思議だ。
今日の日曜定食はホイコーロで10人来てくれた。比較的天気は良いのに、午後から雨が時々降った。
日中の温度29度、湿度50%。夜22度、70%。


偽札売り

いつも通り朝から市場に買い物に行ったんだが、そこで妙なものを見た。おじさんが宝くじのようなものを持って大きな声でなにやら言いながら売り歩いている。これが何を売っているかというと、なんとグアテマラの紙幣の模造品だ。
良く見えなかったんだが、「200ケツアル札もある。」と言っていたし、「6枚つづり。」だとも言っていたので、おそらく5、10、20、50、100、200の紙幣を売っているもののようだ。値段は6枚つづりで1ドル程度だったと思う。
しかも、「カシ・イグアル」(ほとんど同じと言う意味。)と言って売っている。最初は驚いた。こんなもの売って良いんだろうか?日本では紙幣をコピーするのもいけないんだと聞いたことがある。近くを通ったときに、ちらっと見たところでは、本物の紙幣より一回り小さい気がするが、いったいこんなものを買う人がいるんだろうか?
まあ言ってみれば、子供のときにゲームなどに使った、おもちゃの紙幣のようなものか。それにしても、あれはゲームに使うから意味があったが、ゲームがなかったらあんなおもちゃの紙幣なんて、ほとんど意味を成さないだろう。子供が買い物ごっこなどをするとすると、ちょっと生々しすぎる。
実際僕が見ている間に買っている人はおろか、興味を持って呼び止めて見ている人すら1人もいなかった。あんまり良い商売ではなさそうだ。
今日も天気が良く暑かった。市場から帰るときに空を見たらちょっと雲が出てきていたので、後で降るかと思ったが結局夜に霧雨が降った程度。
日中の温度28度、湿度56%。夜22度、70%。

ハリケーンの季節

グアテマラに来週旅行に来るという方からハリケーンが近づいていないかと質問を受けた。この9月はハリケーンのシーズンなので、アメリカの南部から南米の北部の間にハリケーンや熱帯低気圧のようなものはある。今もベネズエラだかどこかからそれらしいものが北上しているというようなことはニュースでも言っている。
とはいえ、グアテマラは静かなもの。今日も天気雨のような感じで一瞬雨が降ったが、その時も含め天気は良く。日中は暑いくらいだ。カニクラだかなにかは良く分からないが、一時の雨のひどさが嘘のような気候だ。当然グアテマラに来るフライトは今は問題ないだろう。ただ、これが来週も続くかどうかというのは全く分からない。ニュースの天気予報だって結構はずすんだから、素人にはそれ以上のことは分からない。それでもさすがにフライトが遅れたりするのはともかく、キャンセルになったりするのはそんなに頻繁にある訳ではない。まあとりあえずグアテマラに来ることは出来るはずだ。
今日はホイコーロの肉を切ってもらいに、朝から市場に行ってきた。明日は良いキャベツが手に入ると良いんだが。何しろキャベツはここの所結構高いし、先日良く見ないで買ったらなんだか堅くって、あまりおいしくなかった。明日はちゃんと見て買うつもりだが、航空機の運行以上に野菜の値段、質には、今年の天候の影響が出ている。日本の暑さも1段落したようだし、こちらの雨もちょっと1段落というところか。
結局雨は夜まで降らず。
日中の温度27度、湿度60%。夜22度、70%。

噂では

大分前から何回か書いている、アンティグア内の店の閉店時間について、また新しい噂を聞いた。何でもアンティグア内の店が集まって、市と談判して、いくらかお金を払うことにより、好きな時間に閉めて良いというお墨付きを貰ったんだとか。本当だとしたらずいぶんな話だ。要は市のほうもお金が欲しかっただけということだ。
ただこの噂、別に真偽を調べるつもりはない。と言うのもいくら払うのかは知らないが、そんなものを払って1時間や2時間閉店時間を延ばしても仕方ないし、そんな市の役人にお金を払うなんて業腹だ。そもそもその店が金を払っているかどうかなんて、取締りをする人間はリストでも持って歩き回るってことなのか。それとも金を払ったというステッカーでもくれるのか。
この話をしたアンティグアの人たちは、大抵、今の市長は全く人気がないので、来年の選挙でまず再選される目がないため、今の内に少しでも多くのお金を集めて、ポケットに入れようとしているんだと言う。まああり得ない話ではない。そうだとするとこれも新しい市長になったらどうなるか分からないって事だろう。
今日は朝から買い物に行き、いつも通り日曜定食の買い物をしてきた。先週が魚料理だったので、今度は肉。今週の日曜定食はホイコーロにすることにした。キャベツが高いが、こればかりは仕方がない。
今日も午前中は良い天気で、午後は曇り時々雨。
日中の温度27度、湿度59%。夜21度、74%。

ニュースは間違い

昨日のニュースは間違いだったようだ。今朝パレードを見ていたら、ちゃんと例年通り今日は中学以上の人たちが行進していた。それにしても何でニュースであんなことを言ったのか。あれを言った人が日付を勘違いしていたか、前日の台本をそのまま流用したのか(前の人同じニュースを流している。)、それとも、一部の地域でそういうことがあるのか(この可能性は低いと思う。)。良く分からないが、迷惑な間違いであった。
今朝は8時前からドンドンが始まる。毎年のことだが、アタバルの近くのガソリンスタンドの角が出発地点で、各学校がそこに終結して、ドンドン始める。もともと2時間程度で終わるという風に思っていたが、なんと11時になっても終わらない。
何でも近年学校の数がずいぶんと増えているんだとかで、ドンドン長くなっているらしい。しかし、去年はこんなにかからなかったと思うんだが。しかも、やはりここ数年鼓笛隊でなく、大きなスピーカを備えて、CDかなんかで音楽を流し、生徒は踊るだけっていう学校が多くなってきた。これだったら対して練習なんてしなくて良いからお手軽なんだろう。そんなことまでして参加しなくても良いんじゃないかと思うが。
昼に町中に出たが、やはり町は賑わっている。昼過ぎになると特に行進が終わった学校がアンティグアの北西端にあるスタジアムの方からドンドン家族連れが流れてくる。それでも、朝のうち天気が良かったんだが、昼頃にいきなり曇って結構な勢いで雨が降った。それでも10分程度でやんでしまい、その後はどんよりとした天気。
日中の温度26度、60%。夜21度、70%。

驚くべきニュース

昨日書いたように、今年の独立記念日前に、松明を持って町から町へ走るのを禁止になっている。そのため、今日昼過ぎに町に出たが、そういう意味では静かなものだ。人出も例年に比べると圧倒的に少ない気がするが、それでも町中には、どう見てもアンティグアの人ではない人たちが結構集団でウロウロしている。それに、2組ほど松明を持って走っているグループにもあった。おそらくこれはアンティグア内か隣村くらいから走ってきているものだろう。
松明マラソンを毎年やっていて、あっちこっちの町や村に行って走ってくるのを楽しみにしている人も結構いるようだ。それで、マラソンはだめになったものの、代わりに家族や友達なんかとアンティグアに観光に来ている人が結構いるのではないかと思われる。
アンティグアは中央公園に自動車が入るのを規制しているようだ。今日も幼稚園の子供のパレードがあった。町中を歩いても、着飾ったり、いろいろな扮装をした小さい子供が親に手を引かれて歩いている。ところが、昼のニュースでは明日が小学生のパレードで、明後日は中学以上のパレードをすると言う。例年だと今日小学生で明日中学生以上が一斉にパレードして終わりになるはずだ。それに今日パレードをしていたのは小学生のように見えたが。本当だろうか?明日までと思って、ドンドコの音に耐えてきたのに、まだ明後日もあるのか。なんとも力の抜ける話だ。
今日も朝から天気が良く、日中はかなり暑くなった。夕方一瞬小雨が降ったがまあ行進日和といえるだろう。
日中の温度28度、湿度45%。夜23度、68%。

あと2日

いよいよ明後日独立記念日。何でもメキシコは今年が独立200年周年だそうで、もう既にテレビなどで特別番組をやっている。グアテマラの独立は1821年なので、メキシコの方が11年も早く独立していたって事だ。隣の国でメキシコの独立記念日が9月16日、グアテマラが9月15日で同じような日なので、漠然と同じ頃に独立したんだと思っていた。
それにしても今年は雨で幹線道路などに被害がでているので、毎年やっているあちこちの町での松明リレーのようなものが中止になった。それでも自分の町から出ない程度だったらやっても良いらしく、今日などはそれらしい笛の音(ピーピー笛を吹いて走る。)が聞こえてくる。それでも例年に比べるとずいぶん静か。
ところが、独立記念日のパレードの方は幹線道路が関係ないので中止にならなかったので、相変わらずアタバル裏の学校などではドンドコ鼓笛隊の練習の音がする。まあ仕方がないこととはいえ、毎日同じ音楽を(毎日違うのやったら練習にならないが)ドンドコ聞かされるのは結構辛い。しかも真裏にあるので、特に2階の部屋はもろに聞こえる。テレビ見てても何言ってるんだか全く聞こえないレベルだ。しかも、まだそんな訳で毎日ペトラと指折り数えて独立記念日が来るのを待っている。今日も「今日と明日がんばれば終わりだ。」と確認する。
昨日またちょっと雨が降ったので、また雨続きの日に戻るんじゃないかと思っていたが、幸い今日は一日良い天気。
日中の温度27度、湿度40%。夜22度、68%。

スパ

ここの所アンティグアの町中を歩いていて、どうもスパと書いてある店が多いように思う。ざっと思い巡らしてみただけで、6、7軒思いつく。この端から端まで歩いて15分程度の町に、これはずいぶんと多いんじゃないだろうか。アタバルのそばのガソリンスタンドの向かいのコーヒーを売っていた店も、なくなったと思ったら、その後がスパになっていたし、ドニャ・ルイサの前のヒスイ屋もなくなって最近スパが出来ていた。
そもそもスパとは何物か。最初スパというのは風呂屋の一種だと思っていた。ところが、最近出来たスパというのはどう見ても風呂なんか出来なさそうな、狭い敷地でやっているものもある。
先日そんな話をしていて、スパとは何かと聞いたら、マッサージ屋の一種だと言われた。まあ確かにマッサージ屋であれば、そんな広い敷地は要らないだろう。それにしても、こんなにたくさんあると言うのはマッサージの需要がアンティグアでそれだけあるということなんだろうか?もちろん、最近のことなので、これらのスパが続けて行けるのかどうかというのはまだ先になってみないと分からないが、上に書いた2軒の場所だってちょっと聞いたところでは賃貸料が1000ドルは軽く超えそうだ。一体どういう人が客になっているのか興味のあるところではある。
今日の日曜定食はメカジキと野菜の炒め物で7人。ちょっと寂しかった。
午前中から曇っていてちょっと小雨も降った。夕方からは時々雨。
日中の温度25度、湿度56%。夜22度、72%。

菓子屋の前

グアテマラでは土曜日はタマルを食べる習慣がある。先日書いたように、アタバルのそばに最近おいしいタマルを売りにくるので、ここの所毎週土曜日はタマルを食べている。このタマル売りの夫婦に話を聞いたところ、なんとシウダー・ビエッハという隣町から来ていると言う。
わざわざ隣町から売りに来るのもご苦労なことだと思うが、売る場所がグアテマラ伝統のお菓子屋さんの前。これはちょっと面白い。なぜだか良く分からないが、タマルを道端で売っている人は伝統菓子屋の前で売っていることが多い。やはりアタバルから近い有名な伝統菓子屋の前でも別のおばちゃんが土曜日にはタマルを売っている。
ペトラの言う所によると、こういう菓子を売る店には地元アンティグアまたはグアテマラシティーから来た人が立ち寄るので、タマルを売るには良いポイントなんだろうと言う。そう言われてみれば、なるほどそうかもしれない。こういう菓子はあまり外国人などが買いに来ることはなく、基本的に客はグアテマラ人だ。まあ彼らもいろいろ考えて場所を選んでいるってことだろう。それにしてもこのタマルはソースの味がしっかりしていて、しかもオリーブとケッパーも入っていて、5ケツアル(約1.6ドル)。豚肉入りだ。
今日も一日良い天気。夕方には回りの丘が霧で包まれていて、今日こそは雨が降るかと思ったが、幸い降らないままだ。天気予報では今度はベネズエラの方から前線がやってきているんだそうだ。
日中の温度28度、湿度57%。夜22度、70%。

グアテマラのニュース

今日も天気が良く日中は暑い。それでも夜になると肌寒くなる。昨日書いたようにここ3日ほどほとんど雨が降らず、カニクラと言う人がいるのも分かる気がする。それにしても、グアテマラの水害のニュースが日本でもニュースで報道され、それと同じ時期にサッカーで日本代表とグアテマラ代表の試合があったようで、今週は日本のニュースに珍しくグアテマラに関することがたくさんでたようだ。
まあ今回の水害のこともそうだが、日本のニュースにグアテマラと出ても、あまりろくなことがない。もちろんそれはグアテマラに限ったことではなく、アメリカやヨーロッパの国々、中国などのニュースでよく見かける国以外では、大抵何かニュースに出るのは悪いことがあったときくらいだ。まあニュースというものが、何かの事件を報道するものなので、仕方ないとは思う。
これでは日本でのグアテマラのイメージというのはあんまり良くなるチャンスはない。強いて言えば、織物であるとかコーヒーであるとか、そういった特別な興味を持った人が、自分で情報を集めれば、それなりにポジティブなイメージも持てるかも知れないが。
もちろん日本で「グアテマラに住んでます。」と言っても、「アフリカですか?(日本人は知らない国は大抵アフリカにあると思うらしい。)」と聞かれることが多いので、イメージもへったくれもないのかもしれないが、今回のサッカーのように暗くないニュースでグアテマラが出るとちょっと嬉しい。
夕方から雨が降りそうな感じもしたが、結局夜まで降らないまま。
日中の温度27度、湿度56%。夜22度、68%。

今頃カニクラか

昨日は夜わずかに雨が降った程度で、今日も朝から晴れている。ニュースではまだまだ台風やら熱帯低気圧などが来て、かなり大変なことになるようなことになっているんだが、今のところ突然のように良い天気。
こうなると、アンティグアの人たちはこれがカニクラか、そうでないのかという話題がしばしば会話の中に出てくることになる。カニクラというのは雨季の中休みのようなもので、雨季の途中で突然雨が降らなくなる時期の事をいう。
ただ、普通カニクラというと7月くらいのことだと思っていた。それが9月になってからカニクラかといわれても、なんだか今更という感じがする。それでも今年は本当に雨が多く、はっきりカニクラといえる時期がないままに9月になってしまったので、こんな話になるんだろう。
まあいずれにしろ、ずっと雨でたまっていた洗濯物などをどこの家でも一斉に洗って乾かしていることだろう。我が家でもあまりに洗濯物が乾かなかったので、靴下なども買い足したくらい。
朝から市場に買い物に行ったんだが、買い物も晴れてくると歩きやすいし、品物も順調に入ってくるので、助かる。今週の日曜定食のメニューはちょっと迷っていたんだが、メカジキが手に入ったので、魚と野菜の炒め物に決めた。
今日も夜まで雨が降らず良い天気。
日中の温度28度、湿度52%。夜22度、70%。

蛙大発生

今月15日の独立記念日に向けて、毎年松明をもってあちこちの町から自分の街まで走る習慣があるんだが、これが中止になったようだ。グアテマラの各地で道路も含めかなりの被害が出ているので、途中で災害にあう可能性もあるということらしい。町中でやるパレードの方は中止にならなかったようで、相変わらずアタバルそばの学校ではパレードの行進曲の練習をしている。
水害関係のニュースでちょっと面白かったのは、確かサンタ・ロサ県のどっかの村で、かなりの家が浸水したようだが、未だに水が引かず、そこに蛙が大発生しているらしい。それで夜などうるさくて眠れないというもの。まあこちらは被害がなくテレビで見ているだけなので面白いなんていってられるが、そこの村の人はとんだ災難だろう。
先日書いた黄色い花に関してコメントをいただいた。ありがたいことで、お陰でこの花の種類が分かった。ソリダスターというキク科のアスター属とソリダコ属を人為的にかけ合わせて作られた植物にも良く似ているが、元になるソリダコにも似ている。まあどちらだか分からないが、売っていたおばちゃんはソリダードと言っていたので、名前からするとソリダコにも似ているように思う。どこで見分けるのか。パッと見た感じで、野草ようなものかと思っていたが、結構人工的な花なのかもしれない。そうだとすると、意外と高かったのも当然かもしれない。それにしてもこれがたくさん集まると、とってもきれい。
今日は晴れて、一日中雨が降らなかった。
日中の温度28度、湿度62%。夜20度、71%。


ギリギリ

今日たまたま昼前に訪ねて来てくれた日本人の人と話をしていて、アメリカに入国する時のESTAが明日から有料になるという話を聞いた。これはちょっと焦った。何しろパスポートを更新したばかりで、ESTAを取り直さないといけなさそうだし、いずれにしても僕のはもう2年前くらいにやっているので、もう有効期限が切れそう。とりあえず今日やっておけば今年日本に行く分と来年日本に行く分は無料で出来るわけだ。本当に良いタイミングで教えてもらって助かった。再来年は今まで通り11月に日本に行くようだとこれはまた有料でESTAを取らないといけないことになるが、まあこれくらいは仕方ないだろう。それにしてもチラッと見たところでは問い合わせなども有料といったことが書いてあり、アメリカはやることがずいぶんがめついと思う。しかもクレジットカードでお金を払うようになるようで、クレジットカードを持ってない人はどうなるんだろう?
それで、慌てて、昼前にこのESTAの申請をやったんだが、ESTAの申請ページに全然アクセスできない。相当繰り返してやっとアクセスできても、その次のページに進めない。30分以上かけてやっと何とか番号を貰って、申請が出来た。同じ時間帯にやっていた人もなんと2時間以上かかっている人もいる。明日から有料なので駆け込み申請をしている人が多いのか、アクセスしにくくして諦めるように仕向けてるのかと疑ってしまうくらい。
これは大変だと思って他の日本人の知り合いにも電話してESTAを今日取るのを勧めた。ところが、夕方に来てやり始めたら、最初1回くらいアクセスできないという表示が出たものの、後は結構簡単にすいすい出来た。あの昼過ぎの状態の悪さはなんだったのか。
今日は午前中は晴れ時々曇りという感じ。その後昼からは曇り時々雨といったところか。日中の温度23度、湿度72%。夜21度、78%>

雨の被害

ついにグアテマラの雨による被害のニュースが日本でも報道されたようだ。ついにというのはもうここでも何回か書いているが、今年は実に雨が多く、これまでもあちこちで被害が出ている。今回はナウワラという村の近くで、土砂崩れが起こり、これを救出に行っているところにまた土砂崩れが起こって、2次災害が出て被害が広がったりしている。
心配してお見舞いのメールなどをいただいた。アンティグアは周辺はアロテナンゴ、シウダー・ビエッハ、ホコテナンゴのあたりで被害が出ているようだが、アンティグアそのものは今のところ全く被害はない。
アタバルでもずっと雨がちの日が続いているために、もう天井のコンクリートが滲みてきているようで、雨漏りは所々でしている。でも、コンピュータがあるところや、授業をしているところなど肝心な所でないので、特に困るようなことはない。
旅行者に特に被害があることもないと思うが、陸路で移動する場合には今は道路があちこちで寸断されていて、しかも、これからまた台風やら暴風雨やらがいくつも来るという予報なので、今後も道路事情はなかなか良くはならないだろう。なんでも政府がもうお金がないって言ってるんだそうで、被災者への援助やら災害後の復旧はどうなっちゃうのか。その割には大統領の奥さんが地方に行ってそこら辺の人たちに、いろんな物を配って歩いてたりするんで、そのニュースを見て怒ってる人がたくさんいる。
今日も午前中は天気が良かったが午後に入って雨が降り、その後
日中の温度27度、湿度57%。夜21度、75%。

黄色い花

いつも土曜日に市場に行って切花を買うことにしている。ペトラがいつも2階の食堂に花を飾るので、これを買うんだが、こちらは花も結構安くていろいろあるので、なるべく変わったものを買うことにして入る。いつもはペトラと一緒に買いに行くんだが、最近は雨が降ったり、降りそうになることが多いので、ペトラより先に市場に行って最初に花を買ってしまうことにしている。
先週は始めて見る花があったので、それを買った。黄色いごく小さな花がたくさんついたものだ。どう説明して良いかわからないが、ぺリコンの花を更に小さくしたようなもの。といってもこのぺリコンがグアテマラ特有のものらしいので、説明にならない。これを束になって売っているのを遠くから見たときに、とてもきれいだと思った。そこで値段を聞いたんだが、一束10ケツアル(約1.25ドル)と意外に安くない。そこで2束かって、一緒にパハロ(鳥という意味。)という鳥の顔のような形をした派手な色の熱帯っぽい花を一緒に買った。
この黄色い花、非常に持ちが良く、もう1週間になるというのに、買った時とほとんど変わりない。名前を聞いたものの、忘れてしまっていたんだが、昨日もう一回聞き直してきた。ソリダードという。「ソレダじゃないのか?」と聞いてもそうじゃないという。変わった名前だ。メキシコ産だそうだ。
今日の日曜定食はチンジャオロースで20食売れた。食べて更に持ち帰りの人もいたので、来てくれたのは17人くらいか。それにしても1番の食券が売れたのが7時15分を過ぎていた、それまで誰も来なくて、今日こそは0かと思っていたら、こんなに来てくれた。
今日もなんだかすっきりしない天気。午前中は日が差していたりしたんだが、夕方からまた雨が少し降った。
日中の温度24度、湿度69%。夜20度、73%。


外れてよかった

昨日は一日中雨が降っていた。しかも小雨ばかりでなく、結構な量が降ったと思う。夜もほとんど降っていたようだ。天気予報では今日も同じように雨が降り続くようなことだった。これでは市場で買い物をするのも楽じゃないと思っていたが、幸い、今朝になって雨はやんだ。
いつもより早めに市場に行ったが、やっぱり下は泥だらけ、しかも外の花売り場の所は池になっている。かわいそうにその池の中で立って売っているおばちゃんもいる。これでは大変だろう。
野菜も今日はあまり入ってこなかったという話をあちこちで聞いた。何よりも心配したのはピーマン。明日はチンジャオロースの予定なので、ピーマンがなかったら始まらない。ところが幸いなことにピーマンは結構売っている。値段は安くはないが、一時のようにビックリするほどの値段ではない。これはついている。
こんな調子じゃ人も少ないかと思ったが、買い物をする人はかなり多くて、歩くのも大変なくらい。それでも、さっさと買い物をして、雨が降らないうちに帰って来た。何とか必要なものはそれなりの値段で全て手に入った。
慌てて帰って来たわりに、結局午後になっても雨が降らず。それでも曇りがちで、たまに日が差す程度で、いつ降ってもおかしくない天気。それでも夜まで降らずに天気予報は完全に外れ。
日中の温度24度、湿度71%。夜20度、76%。

ずぶ濡れ

今日はとにかく朝からすごい雨。何でもまた熱帯暴風雨だかが近づいてきてるんだそうだ。多少降りが弱くなったりはするものの、ほとんどやまずに降っている。今週の日曜定食はチンジャオロースなので、昨日買っておいた豚肉を凍らせて、今日切ってもらわないといけない。そこで雨の中市場に行くしかないと思い、合羽を着て傘を差して出かけた。出かけた時がかなり雨の強い時だったので、合羽なんて全く意味を成さず、傘も頭が濡れないようにする程度の意味しかない。アタバルを出て、ガソリンスタンドのある角に行くまでに、下半身はびしょ濡れになってしまった。
靴もわりと新目の物を履いていたんだが、下から滲みてくるのではなく、上のほうから水が入ってくるので、あっという間に中までビショビショになった。まあ逆にこれだけ濡れてしまえばもう諦めがつくというもので、後はもう濡れるのを気にせず、川の様になっている道路もドンドン渡って用事を済ませてきた。家に帰ったら下着までずぶ濡れで全部着替えた。
それにしても、これの降りが明日も続くようだと、明日の市場の買い物は大変だろう。まあそれ以上にこれが続いたら各地でまた被害が出る可能性が高い。毎年9月は台風のシーズンだが、今年はこれまでかなり降っているのに、まだ降るようだ。まあ日本がひどく暑いのと同じで、どこも今年の夏は大変なことになっているようだ。
雨が時々弱くなるが、やむかと思ったら、いつの間にかまた結構強い降りに戻っている。夜になっても相変わらず同じような調子。
日中の温度20度、79%。夜19度、81%。

メキシカーナ航空続き

メキシカーナ航空の運行停止はやっぱりややこしいことになっているようだ。もちろんこれから買う人は特に関係ないが、こちらにもメキシカーナ航空を利用してきている人がいるので、その帰りの便が当然なくなっている。
代わりの航空会社に振り替えるといってもこの路線はTACA航空しか飛んでないので、なかなか難しいらしい。グアテマラからマイアミ経由でメキシコに行くようなことになったりする見たい。ずいぶん遠回りをすることになる。それでも行ければ良いということなんだろう。しかも、今の時期はやっぱり混んでいるらしく、それすら予定の日に飛ぶのは難しこともあるらしい。当然払い戻しはない模様。よっぽど日付がずれたりした場合、その先の接続便があったりする場合はどうなるんだろう?
どこの航空会社が危ないとか、一般の人はまず分からないので、事前に注意するというのは難しいだろう。先日メキシカーナ航空に掛け合いに空港に行った人は、同じような人が大勢来てるかと思ったら、ほとんどいなかったので、拍子抜けしたと言っていた。外国にいた場合、なかなかニュースを見たりする機会がなかったりもするので、知らない人も多いんじゃないかとのこと。知らないで空港に行った人がいたら、困るだろう。ちゃんとメールとかで知らせるようになってないんだろうか。
今週の日曜定食はチンジャオロース。
今日は朝から曇っていて一日中雨が降ったりやんだり。
日中の温度22度、湿度72%。夜19度、75%。

独身に戻る

いよいよ意を決してセドゥラの代わりになる新しい身分証のDPIの申請のためレナップに行ってきた。レナップはいつも外に行列ができているが、これは出生証明を貰うためのもので、これをもう持っている人や外国人は並ばずに中に入ってすぐに手続きに行ける。ただ、僕は外国人居住者の登録をコンピュータに入力して打ち出してもらわないといけないので、これにちょっと時間がかかった。それでも朝8時に家を出て全て終わってレナップをでたのが午前10時。思ったより早かった。ただ、DPIができるのはいつの事だかわらかない。
僕の誕生日も64年を74年と書かれていたし、確認はしっかりとしないといけない。サインはセドゥラと違うものでも良いと言うので、セドゥラの横文字のサインから漢字のサインに変えた。何といっても驚いたのは僕はペトラとちゃんと結婚していてセドゥラにはその旨記載されているんだが、それが市の台帳には記載されていなくて、ペトラも僕も独身になってしまった。文句を言ってみたんだが、既婚にするにはまた別の手続きが必要になるんだとか。手続きを聞いてみるとグアテマラシティーにまた行ったり、弁護士に話をしたりしてかなり面倒なことになりそう。ペトラはこのまま独身を貫くと言って怒っている。一体このまま独身でいたら何か問題があるのか?結構なお金を払って弁護士に頼んで結婚したのに、またこの年になって独身になってしまうとは思わなかった。
今日は天気が良く午後になってもそのまま良い天気。ところが夕方5時過ぎてから降り始め、夜まで降った。
日中の温度28度、湿度56%。夜22度、73%。