スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



3連休の中日

今日は3連休の中日。あまり町に出なかったので、どれだけの人が来ていたのか分からないが、アタバルのあるあたりは、わりと静かだった。明日は町の人は大抵お墓参りに行くし、観光客はスンパンゴやらサンティアゴといった凧揚げで有名な村に出かけるだろうから、墓地と町の正反対の側になるこちらはこれまた静かだろう。
凧揚げは日本では正月の物だが、こちらではこの11月1日の名物である。凧を上げることによって、空にあるあの世と交信をするんだと聞いた事がある。昨日の市場では凧をかなり売っていたし、今日ももう凧を持って歩いている子供連れを結構見た。アンティグアでは十字架の丘に行って上げるのが一般的らしい。凧揚げで有名な村のものは紙で作った大きなものだが、最近は普通に子供達が揚げるのは今やビニール製の昔日本でも流行ったゲイラカイトのようなものである。
連休の中日なので、今日は日曜定食もあまり人が来ないなんではないかという予想を立てていた。ところが、最初から結構人が来てくれて、結局13人分売れた。これは嬉しい予想外れ。今日はほとんどが日本の人のようだった。ここ数年は日本人とそれ以外の人が半々くらいなので、ちょっと珍しい。かき揚げなので、終わったら体中油でギトギトしている。風呂に入りたいが、もう水が余り出ないので、仕方ないから、貯めていた水で顔やら腕やらを洗う。
今日は天気が良かったが、風は結構冷たい。
日中の温度24度、湿度49%。夜20度、62%。

スポンサーサイト

3連休の始まり

今日の市場はすごい人出。今週の月曜日が死者の日で祝日。土曜日が休みの人は3連休になる。死者の日は墓参りに行く日ということになっているので、3連休になったらかなりの人が生まれ故郷に帰って、墓参りに行くだろう。そうなると、それを迎える家の人たちは、なんだかんだご馳走を作る。アンティグアではこの日はフィアンブレという料理を食べることになっている。
このフィアンブレはいろいろな野菜、肉、腸詰類をマリネしたようなものなので、多くの人がこの材料を買いに今日市場に来ているはず。ハムなどのメーカーは、必要な腸詰を詰め合わせにしたフィアンブレセットのようなものを売っている。野菜はさすがにそういうのはないようだが、ソラマメやらカリフラワー、トマトなどフィアンブレの材料は軒並み高くなっている。
ペトラはわりとフィアンブレを作るほうなんだが、今年はもともと野菜がかなり高くなっているところへ、今日は更に高くなるだろうということで、今年はもう作らないと言っている。そのため、今日は普通通り明日の日曜定食の材料を買ってきた。明日はかき揚げなので、まあそれ程フィアンブレの材料とかぶらずにまあまあ通常通りの値段で買えたので、助かった。
今日も朝からかなり良い天気。途中ちょっと曇ってきて、また降るかと思ったが、今日は全く降らないまま。
日中の温度25度、湿度48%。夜20度、61%。

嗅覚の働き

夜いつも通り店を閉めてジェシカとアタバルの前を往復して散歩をしていた時、なんとなく日本にいるような気分になった。ハッと気付いて周りを見回したが、特に日本的なものがあるわけではなく、いつもと同じ風景だ。もうすぐ日本に行くので、なんだか気持ちが日本に行っているのかというと、別にそういうわけでもない。
ところがしばらくして気が付いた。鳥を焼く匂いがしていた。しかもグアテマラ風のトマトやコリアンダーなどが混ざったような匂いでなく、こちらの人が大好きなフライドチキンの匂いでもない。わりと単純な鳥の脂がこげるような匂いだ。一体どこからこの匂いがくるのかわからなかったが、このあまりまじりっけのない鳥を焼く匂いが、日本の焼き鳥屋などから匂ってくる香りを連想させ、一瞬日本の夜の街を歩いているような気分になったんだ。
匂いというのは特に強いものでない限り、普段あまり意識の中に登場しない。しかし、実際には結構感じていて、その時の気分に影響をしているような気がする。アタバルの横はパン屋で薪で焼く窯があるんだが、これが風の向きなどにより、良く匂う時とほとんど分からない時がある。先日もなんか良い気分だとおもったら、このパンを焼く香ばしい匂いがまわりに立ち込めていた。香水や花の香りには反応をした記憶はないが、食べ物の香りにだけはつい反応してしまう。
今日はちょっと雲の多い一日。雨は一瞬降ったという人もいたが、ほとんど家の中にいたので気が付かなかった。
日中の温度25度、湿度51%。夜20度、68%。

海外で営業

昨日アタバルの元生徒さんから連絡があり、「海外で営業の仕事をしてみたい人がいないか?」ということだった。貿易アシスタント(こちらは女性らしい。)も募集しているらしい。彼は本当に世界中を飛び回って仕事をしているようだ。中南米に来ることもあるようだ。アタバルの元生徒さんとかでスペイン語を勉強した人だったら、それを生かす機会もあるんではないだろうか?興味のある人はとりあえず私に連絡をください。
こうしてスペイン語学校を20年以上も(ペトラはもう32年になる)やっていると、元生徒さんが世界中のあちこちで活躍している。当然中南米が多い。アンティグアに住んで仕事をしている日本人のほとんどはアタバルの元生徒さんである。時々スペイン語圏ではなく意外なところから消息を聞くこともある。とにかく元気でがんばっている話を聞くのはとても嬉しい。
市場で今週の日曜定食のメニューを考えながら買い物。結局今週はかき揚げに決めたんだが、来週の月曜日は11月1日で死者の日となり祝日。3連休のちょうど中日にどれだけ人が来てくれるものか良く分からない。とはいえ、かき揚げだったら、少なめに野菜を切っておいて、もしそれ以上来てくれたら、野菜を切るくらいは揚げながらでもできる。そういう意味でもちょうど良いだろう。
昨日は結構強い雨が降ったんだが、今朝はまた良い天気。結構暑くなった。それでも昼前から曇り始めて、昼過ぎから何回か風を伴った強い雨が短時間降った。
日中の温度26度、50%。夜20度、70%。


あっけない結末

今日やっとこちらの電話会社に行ってきた。電話会社といっても、ケーブルテレビやインターネットのサービスもやっていて、今日行ったのは先日書いた、パッケージにしてケーブルテレビで200チャンネルのサービスになって、更に値段が下がると言うもの。これをするためにペトラの亡くなったおじさん名義になっている電話回線の名義を変えて、更に2つの電話回線に分かれているサービスを統一するという手間が必要になる。
ついに必要書類が手に入ったので、今日ペトラと電話会社に手続きに出向いたわけだ。この電話会社も前にも書いたように、手続きをするのにちゃんと並ばないので、いつも誰かが割り込んで大変。ところが今日そこに居た警備員はなかなかちゃんとした人で、割り込む人を制止して、順番通り行かせている。これは素晴らしい。お陰で割り込まれることなくわりと早くカウンターに到着。そこで名義変更の手続きをし、サービスを統一しケーブルテレビのランクを上げる話をした。ところが、「アンティグアでは200チャンネルのサービスはない。」って言われてしまった。「こちらの会社から売り込みの電話がかかってきたので、このサービスをやることにしたんだ。」と食い下がってみたが、「ケーブルテレビの契約をしている客に適当にかけてるだけだ。」と実に簡単に返されてしまった。サービスがないものをこれ以上粘ってもどうしようもない。せっかくたくさんのチャンネルを楽しめるかと思っていたら、実にあっけない幕切れ。
今日は昼過ぎに結構強い雨が一瞬降り、夜にも一瞬ザーッと降った。後は良い天気。
日中の温度27度、湿度51%。夜21度、74%。

散髪

日本に行く日が決まってそれから毎年することは滞在する日から逆算して、床屋に行くこと。もうここ数日後頭部の髪の毛はちょっとすると手でつかめそうなほどに伸びているので、もう鬱陶しくて仕方なかった。髪の毛を伸ばしている人は本当に大変だと思ったほどだ。こんなに長くなったのは記憶にないくらい。何しろ先週、久しぶりに会った人から、「髪の毛爆発してますね。」と言われてしまった。
とはいえ、日本で髪の毛を切ると安くても1000円はするようだ。そう思うとなんとももったいない気がするので、ギリギリまで我慢をして、今日いくらなんでももう良いだろうと思い床屋に行ってきた。12ケツアル(約1.5ドル)。早いし、買い物のついでにやれるので、お金と時間の節約になる。
特に今日は「出来るだけ短くしてくれ。」と言ってみた。まあいつも短くしているので、特別に今日のが短くなったというわけではない。それでも、切った髪の量を見ると、これで12ケツアルだったら安いというちょっとケチ臭い満足感がある。切った後しばらくは帽子を脱いだ時のような感じがしていた。とにかくすっきりした。横になっても頭の下に余計なものがないので快適。頭を洗うのもすぐに済むし、きれいに洗えるような気がする。何はともあれすっきりした。
今日は相変わらず曇りがちの1日。昨日のように雷がなることはなかったが、雨は降りそうで降らない。
日中の温度26度、湿度58%。夜20度、69%。

日本行きの予定

ここ数年毎年11月に日本に行くことにしているんだが、今年も11月10日にグアテマラを出て、12月7日に戻る予定で日本行きを決めた。もう少し早く行きたかったんだが、家族の都合などとあわせたら、この日程になった。
今回はグアテマラ-ロスアンゼルス間がデルタ航空で、ロスアンゼルスからは全日空でなんと羽田に着く。料金は成田着のものに比べ、少し高かったが、実家からの近さなどを考慮すると羽田の方が圧倒的に便利なので、少しの差だったら羽田にしようと思い、そちらに決めた。全部で1500ドルをちょっと超えるくらい。今まで買ったグアテマラ-日本間の航空券の中で最も高いが、最近の円高のせいで、円に直すと12万円台になる。そう思えば今までとほとんど同じくらいだ。
羽田は初めて海外に出たときに中華航空で羽田から出たがそれ以来。何でも最近国際ターミナルがオープンしたとかで、ニュースに良く出てくる。どんなもんだかちょっと面白そう。ただ、羽田発着はビジネス客を狙っているとかで到着が早朝5時で出発が深夜0時なので、ビジネス客ではないものとしてはちょっと気になる。
ロスでの乗り継ぎは行きは午前11時から夜中までとかなり開いてしまうが、帰りは夕方について夜の11時頃に出るので、それ程忙しくもなく、まあ良い感じだ。行きはしょうがないから空港そばのホテルにでも泊まって、ちょっとゆっくりするつもり。
今日も雲は多いが雨は降らなかった。
日中の温度26度、55%。夜21度、70%。


今年も開催

もう既にグアテマラ一周の自転車レースが始まっているようだ。今年はこのブログでもずっと書いていたが、本当に雨が多く、あちこちの道路が崩れたりしているので、一時はこのグアテマラ一周自転車レースも危ないから開催しない方が良いのではないかという議論もされていた。
まあ自転車レースにはあまり興味がないので、そんなに気にしてニュースを見ていた訳ではないが、確かにこれだけ道路が崩れたりしていたら、レースどころではないだろうと思っていた。
幸い10月になってからほとんど雨が降っていないので、やっぱり大丈夫ということになったんだろうか。そういう意味でも開催されるってことはめでたいことだと思う。もう何年続いているのか知らないが、僕がグアテマラに来てガイドの仕事を始めた時に、いろいろ教えてくれた観光バスの運転手が、もともと自転車レースの選手で、若い頃にこのレースに出たいと思って練習をしていたという話をしていてくらいなので、相当昔から行われているものだろう。とにかく今年も開催できて良かったと思う。それにこれだけ道路の問題で騒いだ後で無事にレースをやってくれれば、少しは復旧の実感が持てて良いかもしれない。
今日の日曜定食は牛肉のオイスターソース炒めで13人来てくれた。
天気は曇り時々晴れといった感じで、ちょっと涼しい。
日中の温度24度、湿度52%。夜20度、66%。


200ケツアル札

ついに200ケツアル札が手に入った。まあ欲しかったわけではないんだが、たまたま店で使った人がいて、それがそのまま残ってしまった。もう200ケツアル札を発行するようになってからずいぶんなるのに全然こちらには回って来なかったので、本当に出回っているのか?と思っていたところだった。恐らくそれ程大量には出回っていないんじゃないだろうか。
やはり見慣れないので、なんとなく偽物っぽく見える。それに、やっぱり見慣れた100ケツアル札の方が、長年最高額面の紙幣として拝んできたせいか、有り難味があるように思ってしまう。
取っておけと言われたが、別にこれから珍しくもなくなるはずだし、200ケツアル(約25ドル)を使わないで置いておくなんて、馬鹿らしいと思う。今度何かの仕入れの時にでも使ってしまうつもりだ。
いつも通り日曜定食の仕入れを今日してきたが、幸いブロッコリーは値段が下がったまま。これは助かった。それ以外の、明日使う野菜である、ニンジン、タマネギも一時に比べればましな値段だ。しかし、それ以外の野菜は相変わらず高い。
今日も天気が一日良い。リカルドというのがカリブ海側に来ている熱帯低気圧だかの名前らしい。その割には夕方から夜なっても雲はほとんどなく、月がやたら明るい。台風になってやっと名前が付くのかと思っていたら、ならなくても名前をつけるらしい。
日中の温度26度、湿度48%。夜20度、66%。

今日の新聞の一面にEEGSA(首都圏の電力会社)をコロンビアのグループが買収したと書いてあった。これはちょっと驚いた。確か、今まではスペインの会社が持っていたんだと思う。新聞にはスペインとポルトガルの3つの会社が80%超を持っていて、残りがグアテマラの国のものだったと書いてある。1998年の民営化流行の時にこれだけを売ってしまったわけだ。今度のコロンビアの会社というのは民間ではなくて、コロンビアのメデジン市の電気公社らしい。
まあ何か変化があるんだろうか?実際問題誰がオーナーとなっても、我々一般の生活にはあまり関係がない。とはいえ、大分前に今年は雨が多くて、ダムに順調に水が貯まったので、9月だか、10月だかに電気料金が下がるとニュースで電力会社の人が言っていたような気がするんだが、今のところ下がったようは見えない。これはオーナーが変わってもちゃんと下げてくれるんだろうか。これも相当前の話だが、グアテマラの電気料金は中米(中南米だったかもしれない)の中でも最も高い部類に入るんだという記事を読んだことがある。とにかくこれを何とかしてもらいたいんだが、オーナーが変わったといっても、やる方も儲けるためにやってるわけで、これが変わることはないんだろう。
今日も一日雨が降らず結構暑い一日だった。ニュースでまたカリブ海側に熱帯低気圧が来ているとか言ってたんだが、どうなっているのか。またしばらく雨が降らないので土埃が増えてきた。
日中の温度25度、湿度50%。夜19度、63%。


大統領訪日

今日は市場に行って買い物をしてきた。今週の日曜定食はかなり迷っていたんだが、あちこち見た結果。ブロッコリーが安くなっていたし、ニンジンの値段も少し落ち着いてきたようなので、牛肉を買い、牛肉のオイスターソース炒めにすることにした。先週は魚だったし、久々に牛肉も良いだろう。ただ、ブロッコリーが先週も木曜日安かったのに、土曜日はまた高くなっていたので、今週もそうならないかがちょっと心配。
昨日のブログにコメントをいただいたが、日本でもそんなに白菜が高くなっているとは知らなかった。たしかに白菜の重要度が韓国と日本では違うので、それによってニュースの価値が違ってくるんだろう。グアテマラでフリホーレス(インゲン豆)かトウモロコシが高くなるようなものか。
今日はグアテマラのコロン大統領が日本に向けて出発したんだとか。日本ではほとんどニュースになっていないんだろう。皆「どうせ援助を頼みに行ったのさ。」と言う。今回は大統領の奥さんは行かなかったと聞いた。次の大統領選に奥さんが出るという噂なので、こちらの人は選挙運動(いくらなんでもまだやっちゃいけないはず。)で忙しいんだろうという冷めた反応。
今日も天気は相変わらず良い。特に午前中は秋晴れというのか、快晴。昼から多少雲が出たが、ここ数日ほどには曇らなかった。そのせいか夜には満月に近い月が出ていて、非常に明るい。
日中の温度25度、湿度50%。夜20度、66%。

革命記念日

今日は革命記念日で休日。アタバルはお休みなので、すこしゆっくりした。グアテマラでは記念の式典くらいやるのかもしれないが、アンティグアでは特に何もなく静かなもの。午前中散歩がてら買い物に行って市場のそばでお昼を食べて帰ってきた。市場も今日は休んでいる店も多く、買い物客もほとんどいなくてこれまた実に静かなものだ。町中も休日だが週末ほど車も多くないように思ったし、人出もそれ程ではないようだ。とにかく今日はずいぶん静かな休日という感じがした。
最近毎日のようにインターネットのニュースでは韓国で白菜の価格が暴騰し、キムチが食べられなくなりそうだと言うニュースを見かける。どこの国も今年は異常気象で野菜が高くなっているようだ。グアテマラでも白菜はあるんだが、一般的な野菜ではないので、もともと高め。そのせいか今年も値段はそれ程変わらない。
最近も雨が降らなくなり、天気は安定してきたように思うんだが、野菜の値段は乱高下という感じ。トマトなども下がったと思って安心していたら、次の週にはまた高くなっていたりする。まあキャベツやタマネギ、ニンニクのように高くなってそのままというものもあるので、一時的にでも下がるだけ良いのかもしれない。
天気はここの所午前中良い天気で、夕方から曇って少し雨というパターンだが、今日は雨は降らなかったがやはり夕方から曇って気温が下がった。散歩に出たときには結構日差しが強く暑かったが、吹いてくる風は冷たい。
日中の温度26度、湿度61%。夜20度、65%。

クリスマスの飾り

もう10月も半ばを過ぎたが、まだ年末までは間があると思う。ところが、先週くらいからスーパーに行くと、売り場の一角を整理していて、もうクリスマスの飾りつけなどを売り始めている。ちょっと早いんじゃないだろうか。
その前の大きな行事として11月1日の死者の日がある。何回も書いているが、この日は墓参りなどをする、日本のお盆に似た日だ。この日にはアンティグアなどではフィアンブレといういろいろな種類の肉やら腸詰やら野菜をマリネしたような料理を食べるので、これの材料も結構飾ってある。ただ、小さな店では両方にさくほどの場所がないからか、クリスマスの飾りが優先しているようだ。
昔母親がクリスマスの音楽などをラジオやテレビで流し始めると、なんだか慌しい気分になるから嫌だと言っていたが、子供の頃は別に年末だから特別にすることがある訳でもないので、「何でそんなことを言うんだろう?」と思っていた。だが、こうして商売をしたりしていると、やはり年末にはボーナスの支払いやら、クリスマスのパーティーやら雑用が増えるので、やっぱり落ち着かないような気分になる。まあ今年は不景気なようだし、スーパーとしても、例年以上にクリスマスの売上に期待するところはあるのかもしれない。今日は天気が良く、また日中はかなり暑くなった。ところが、昼から銀行などに行って用事を足していたら、いきなり曇ってきて、大急ぎで帰ってきた。そうしたら案の定夕方4時前から雨。とはいえすぐにやんでしまった。
日中の温度27度、湿度61%。夜21度、68%。

忘れ物

市場に買い物に行ったんだが、豚肉を買ってそのまま店に預けておいて、帰りに拾ってくるのを忘れてしまった。豚肉は明日使うものではないので、まあ良いんだが、豚肉屋は月、木、土の市の日しか開いていないので困る。
気が付いたのが夕方だったので、慌てて電話して、近くの知り合いの店に預けておいてくれるように頼んだ。買い物を早く終わらせるために、物によっては注文してお金を払って、後で取りに行くようにすることが結構ある。その方が先客がすむのを待っていなくて良いし、肉を切ったり、包んだりして用意をしている時間も待っていなくてすむ。これの問題は今日のように忘れてしまうことだ。
しかも夕方また大急ぎで取りに行こうかと思ったら今度は雨が降ってきた。ずっと雨が降って欲しいと思っていたんだが、こんな時に降るとはちょっとタイミングが悪い。まあ雨が降っていたって行けば良いんだが、やっぱりちょっと億劫になり、明日取りに行くことにしてしまった。
それにしても今日は朝のうちから曇っていて、いつ降ってもおかしくないような天気だった。朝買い物をしている時にも、ほんの少しだけ霧雨ともいえないくらいのものが降った。昨日のニュースでは今週は雨が降ると言っていたようなので、予報通りだ。やっぱりまだ雨季は終わっていなかったわけだ。これで少しは前の通りの埃も流れてくれると良いんだが。
日中の温度24でお、湿度62%。夜20度、71%。

溺れる者は藁をも掴む

左のわき腹がちょっと痛い。別に腹痛ではない。昨日市場に買い物に行ったが、さすがに15日の給料日後だけあって、結構な人出で混んでいた。それでも普通に買い物をしていたんだ。肉屋の並びから外に出るところで道の両脇でものを売っていて、いつも混雑をするところがある。そこを歩いていたら、向かい側から歩いてきた妙齢の女性が、何かにつまずいたのか、誰かに押されたのか分からないが、いきなりよろめいた。それであっと思ったとたんに左のわき腹が痛んだ。なんとその女性はよろめいて倒れそうになったので、支えるためにそこら辺にあるものを何かつかもうとしたんだろう。そこでつかんだのが、僕のわき腹の余った肉だったというわけだ。正確にいうとぐっとはつかめず滑ってしまったんだが、痛いものは痛い。それ以上にビックリした。幸い女性は倒れずにすんだ。まあ、メタボだ何だと悪者にされている腹回りのたるみがこんなことで役に立って何より。後でペトラにその話をしたら、「スリじゃないか。」と疑っていた。状況からして違うとは思うが、スリだとするとずいぶん間抜けだ。
今日の日曜定食はアジフライで17人来てくれた。ここ数週間5人程度だったので、今日用意していたのは18人分。ギリギリだった。いずれにしろ用意したものは全て揚げるつもりで、最初からガンガン揚げていたので、早く終わり、待たせることもそれ程なかったと思う。
今日は曇り勝ちの天気で、雨が降るかと思ったが、降らなかった。
日中の温度24度、湿度56%。夜20度、66%。

フライドチキン激戦区

市場の前の並木道、カルサダ・サンタ・ルシアを歩いていたら、以前このブログにも書いたポヨ・ピヌリートというフライドチキン屋の真横にポヨ・ランディアという同じような店がオープンしていた。
このポヨ・ピヌリート結構流行っているようで、昼のご飯時分に行くと、何人か並んでいて、それを目当てにトルティーヤを売るおばちゃんも来ている。それに目をつけたのか、どうもこれをまねした店がいくつか出来ている。南側にはポヨ・チャピンシートとかいうのが出来ているし、市場の前の並びにはパン屋が店先にショーケースを作ってフライドチキンを売っている。たしかに、フライドチキンはグアテマラ人は大好きだし、作るのも鳥肉に味のついた衣をつけて油で揚げるだけなので簡単で、誰にでもできるんだろう。それしても今度は真横だからずいぶん露骨だ。このポヨ・ランディアというのは以前からあったチェーンで、フライドチキン以外にもローストチキンがあったと記憶している。ただ、以前はアンティグア内にも2つくらいあったが、あまり売れずになくなってしまったはずだ。それでもポヨ・ピヌリートの繁盛を見て巻き返そうと思ったんだろう。
これで同じ通りにパッと見ただけで4軒はフライドチキン屋が並んでいることになるのでこのカルサダ・サンタ・ルシアはフライドチキン激戦区と言えるだろう。どうなるか見ものだ。
今日も一日良い天気。
日中の温度26度、湿度44%。夜20度、65%。

解決

何でも書いてみるもんだと思った。昨日書いたSkypeの新しいバージョンのコンタクトリストをコンパクトにする方法、コメントで教えてもらえた。コンタクトのIDの間が今までより広めにあいてしまうが、それでも写真などは消えて、全然見やすくなった。助かりました。有難うございます。やり方を知りたい人は昨日のコメントの所を読んでみてください。
今日で10月もちょうど半分だが、11月1日はグアテマラのお盆のような、墓参りをする日に当たる。そこで墓のペンキを塗りなおしたりするんだが、今日その塗り直しをやってくれる人が営業に来た。去年もやってもらった人なので、頼んだんだが、なんと墓が今年の長雨の影響で、湿気て一部剥げてきたりしているという。特にペンキなどは例年以上にはげたりしているようだ。ちょっと驚いたが、湿気の影響は人が住んでいる家だけではなく、墓にだってあるのはむしろ当然だろう。毎日見るものではないので、考えてもいなかったが、とんだところにも影響が出ていたようだ。
午後にはアジフライのソース作り。いろんな材料をミキサーで砕いて、後は煮込むだけなので、簡単ではあるが、時間はかかる。お手伝いさんに時々混ぜてくれるように頼み、時々見に行って完成。
今日は天気も良く結構日も良く照ったので、日中の気温は多少上がった。それでも夜になるとちょっと肌寒い。
日中の温度26度、湿度48%。夜20度、55%。

アジを買う

Skypeがバージョンアップしてついに5になったが、またちょっと見た目が変わっちゃったので困る。慣れれば良いんだろうが、コンタクト一つ一つがなんだか写真や絵が付いてでかくなったのでスクロールしないとオンラインしている人すら全て見られないのは実に面倒。よっぽど大きなモニターを持ってる人を想定して作ってるんだろうか?しばらくいじってみたんだが、小さくする方法は見つからなかった。もしこのコンタクトの表示を小さくする方法が分かったらぜひ教えてください。まあ先生達のをバージョンアップするのはしばらくやめておこうと思う。僕以上に保守的だから、また見た目が変わると使い難くなったという合唱をしばらく聞く羽目になりそうだ。
市場に買い物に行ったんだが、相変わらず野菜は高い。ただ最近ネギは手に入るようになってきた。今日は魚屋で手頃な大きさのアジが手に入ったので、今週の日曜定食はアジフライにすることにした。最近人が少ないので、アジも少なめに買った。それで捌くのもいつもよりは早く終わった。アジフライは血合いの所の骨も一応取ったりするので、どうしても捌くのに時間がかかる。アジがなかったら白身魚のフライにでもしようかと思っていたところだったので、ちょうど良い。
今日も一日天気が良かった。ただ、カンカン照りというほどではなくちょっと雲が多かったように思う。先日ニュースで言っていた熱帯低気圧だかはメキシコの方に行ってしまって、グアテマラは関係なかったみたい。
日中の温度26度、湿度48%。夜20度、56%。

マヤ語

グアテマラではスペイン語の他に、原住民の人たちはマヤ系の言語を話す。マヤ系の言語と一口に言っても、それぞれの地域でいろいろな言語がある。アンティグアの周辺はカクチケル語というのを話す。
例えばアンティグアのそばのサン・アントニオ・アグアス・カリエンテス村ではカクチケル語を話す。ところが、ここの村から来ている店員のヘルベルなどは、もう普段はスペイン語で生活しているようで、カクチケル語は辛うじて喋っていることが理解できる程度で自分では話せないんだそうだ。おそらく町に近い村では、若者はどこも同じような状況になっているんじゃないかと思う。
グアテマラの政府は学校で2ヶ国語教育ということで、先住民の村の学校ではスペイン語ばかりでなく、マヤ系の言語も使うようになっているらしい。しかし、先日話を聞いていたら更にこのカクチケル語でも村によって多少違っていたりするらしく、このカクチケル語の標準語というのが、当然今までなかった訳で、これはこれでなかなか難しい問題なんだとか。こういうのを聞くと、マヤ系の言語を残すのはかなり難しそうに思える。それはもちろん大切なことだと思うが、その言葉を使う直接の利益がないというのでは、使う人が減っていくのはどうしようもないんじゃないかと思う。
今日は雨こそ降らなかったが、朝からすっきりとしない天気。そのせいで日中も暑くならず、夜もちょっと肌寒い。
日中の温度25度、湿度52%。夜19度、65%。


曖昧な日

今日はアメリカで言うコロンブス・デー。グアテマラではディア・デ・イスパニダという。どうもディア・デ・ラ・ラサと覚えていたんだが、最近呼び方が変わったのかもしれない。イスパニダというのはどう訳すのかちょっと意味をつかみにくいが、「スペイン化の日」とでも言うんだろうか?これだと、あまり良い名前ではないような気がするんだが。ディア・デ・ラ・ラサだと「民族の日」となるようだ。そもそもスペインによる侵略と殺戮、略奪が始まった日というイメージがあるので、それに配慮した名前にするのが一般的な流れかと思っていたんだが、僕が知らないだけで、イスパニダにはなにかそういう意味があるのかもしれない。ともあれ、ニュースを見ていてちょっと違和感があった。
中南米の国々でも祝日としている国がかなりあるらしいが、グアテマラでは祝日ではないはず。と思うんだが、今日用事で銀行に行ったらいくつかの銀行は閉まっていた。どういう事だろうか。銀行でもらったカレンダーを見ても10月12日は赤くなっていない。開いている銀行もあったが、これは休みの日も開ける銀行があるので、これだけでは判断できない。まあ中南米の国々にとっては、先に書いたように諸手を上げて祝えるという日でもないので、こういう曖昧なことになっているんだろうか。
今日も一日良い天気。ニュースではまた熱帯低気圧だかがこちらに向かっているということだが、そんな気配は微塵も感じられない。明け方はちょっと冷え込んだが、日中はかなり暑い。ほんの少しだが、夕方に雨が降った。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、65%。


円高

なんだか相変わらず円高らしい。1ドルが81円台になったとか。15年ぶりと書いてある。正直言ってもっと昔のことだと思っていた。バブル景気の絶頂期の頃だと勘違いしていたが、そうではなかったようだ。バブル景気の崩壊が始まったのが1990年頃かららしいので、史上最高の円高があった1995年はもう経済的には底に近かった時期のようだ。
ということは経済が悪いときに円高になるのか?まあ円高だから悪くなるのか、これまた全然分からないが、とにかく今はすごいことになっている。いつまで続くものやら。
それとは別にケツアルは相変わらずだ。一時ブログにも書いたように大分ドルが上がって来ていたんだが、また最近下がってきている。結局1ドル=8ケツアル前後をウロウロしていることになり、安定しているわけだ。まあグアテマラの経済のことを考えたら安定しているのは悪くないことなのかもしれない。
今日も雨は降らず相変わらず外からの土埃に悩まされいる。雨が降り過ぎて高くなっていた野菜の値段がこれで少し下がるかと期待していたんだが、逆に今日はむしろ高くなっていた。どういう事か。今まで降りすぎたのが今影響が出ているということか。
とにかくインゲン豆とトウモロコシはともかくとして、それ以外の基本食材であるトマト、タマネギ、ジャガイモは揃って高くなっている。家計を切り詰めるといってもこれでは大変だろう。
最近朝晩の寒さは少しましになった。今日は天気が良いので日中は暑い。
日中の温度27度、湿度49%。夜20度、65%。

エンチラーダで祝う

今日は日曜定食をお休みにしたので、ちょっとのんびり。お昼は僕の誕生日の祝いということで、ペトラが一番の好物であるエンチラーダを作ってくれた。エンチラーダは揚げたトルティーヤの上に肉やら野菜やらゆで卵を乗せて食べるものだが、最近はこれが特に気に入っている。このパリパリしたトルティーヤが齧ると当然割れてしまうので、上に乗せたものがぽろぽろ落ちてかなり食べにくいものなんだが、それでもこの揚げたトルティーヤの香ばしさと肉や卵の混じった味に、タマネギの輪切りを味が加わるのがなんともおいしい。屋台などでも良く売っているが、これは酢漬けのビーツとキャベツが大半で、ほとんどその味しかしないので、一般的に売っているエンチラーダとペトラの作るものはずいぶん違う。
そんな訳で昼に腹いっぱい食べたので、夜はほとんど食べる気がしなくて、外にちょっと出かけたが、小さいサンドイッチを一つ食べた程度。それにしても日曜の夜なんて一体何年ぶりに外に出たかという感じだったので、人や車が多いのに驚いた。それでもレストランなどを見てもどこもあまり人が入っていない。一体どうなっているのか。
夜はかなり寒いかと思ったが、それ程でもなく、食べている時は暑いくらいだった。ここ数日冷え込みは大分やわらいだと思う。その割に日中はそれ程暑くならないので、本当に雨季が明けたころのの天気に良く似ているように思う。
今日も一日良い天気。また来週から日曜定食は開始します。
日中の温度25度、湿度37%。夜19度、56%。


トゥクトゥクのデモ

先週くらいからトゥクトゥクの運転手達が良くデモをやっている。なんだか良く分からないが、どうやらまた市がいろいろな規制をしていて、その反対のためのものらしい。今日市場からの帰りに乗ったトゥクトゥクの運転手と話をしていたら、何でも細々とした決まりをたくさん作って、ことあるごとに500ケツアル(約62.5ドル)とか1000ケツアルとかの罰金を取るらしい。しかも問題はトゥクトゥクのオーナーはこの罰金に知らん顔で運転手が全部負担することになるんだそうだ。
更に、先週位から市場の前での規制が厳しくなったようで、なんと3台までしか停めてはいけないようになったんだとか。しかも市場の入り口の所以外で停めるのも禁止になったそうで、このため、入り口のところで3台以上のトゥクトゥクが停まっている場合、市場までの客を乗せてきたトゥクトゥクも停めらることが出来ないので、市場を通り越した所まで行って停めないといけないんだそうだ。
まあ市場の前の通りの混乱を避けるためというので、規制をする理由も分からなくはないが、反対するトゥクトゥクの運転手の気持ちもまた良く分かる。このトゥクトゥクの問題はオーナーが罰金に対して知らん顔をするという点にもある。まあこの問題も運転手が勝手なことをして、その罰金を払わされたんではたまらないというオーナーの気持ちも分かるし、オーナーは毎日のトゥクトゥクの使用料だけを取って罰金などの支払いになると知らん顔をするという運転手側の不満も理解できる。
今日も一日良い天気。
日中の温度25度、湿度42%。夜20度、56%。

埃掃除

先日から何回か土埃がすごいという愚痴を書いた。当然土埃に悩まされているのは家だけではなかったようだ。今日の午前中外で何かやっている音がするので、窓から覗いてみたら、市の人が大勢来てスコップとほうきをもって、道の土を集めている。ペトラときっとこれは誰かが市に苦情を出したんで、それで今日急に掃除をすることになったんだと話をしていた。
とにかく大型車が通ったりすると土埃がもうもうと上がるくらいだったので、これはまあ当然という気もする。ただ、何しろ道が石ころを埋め込んだだけのものなので、その間に入ってしまった土は簡単には取れないだろう。やっぱり一回ザーッと雨が降って洗い流してくれるのが一番だ。
そう思っていると全然雨が降らず、なんだか雨季が終わってしまったかのような天気が続いている。いくらなんでも10月の始めに乾季に入るのは早すぎる気がするし、天気予報などではまだ降るようなことを行っていたと思うんだが、どうなってしまったのか。本当に今年はそういう点でずいぶん例年と違った気候だ。
それに寒いので困る。今週の初めから風邪を引いてしまって今もなんだか鼻がグズグズしているんだが、周りにも風邪を引いている人がずいぶん多い。やっぱり気候の変化が激しかったせいか。
今日も一日中天気は良いが、風は冷たい。
日中の温度26度、湿度40%。夜20度、56%。

今週の日曜定食はお休みです

ノーベル文学賞はバルガス・リョサというペルーの作家が受賞したようだ。バルガス・リョサというと、僕がスペイン語を勉強始めた頃にはもう既に有名な作家だったので、もうとっくにノーベル賞を取っていると思っていた。ニュースを見るともう74歳だそうだ。「ノーベル賞のアカデミーから忘れられていると思っていた。」というコメントも、これだけ有名な人で今まで貰ってなかったんだから、そんな風に思っても当然か。
今日はいつもの木曜日通り市場に買い物に行ったんだが、今週の日曜定食はお休みにさせてもらったので、買い物は少なめ。それにしても市場はかなり大勢の人が買い物に来ていた。
月曜日にネギが手に入らずに、今週はネギ不足で店で売っているチャーハンもネギがなくて代わりにニラなどを入れていた。今日はどうなるか心配だったが、幸い立派なネギがあったので、多めに買い込んできた。
今日も天気が良く、アタバル前の道路に残っている土埃が相変わらずすごい。店員やペトラが1日に何回も水を撒いているが、今は雨が降らなくなり、乾燥しているので、すぐに乾いてしまう。そのせいでこうやってコンピュータのキーボードを叩いていても、なんだか手の先に埃がつく。
天気が良い割にはというか、良いからなのか、今朝はすごく冷え込んだ。朝6時前の気温は15度。これは寒い。
日中の温度25度、湿度38%。夜18度、58%。

グーグルマップで遊ぶ

例年11月には日本に行くのだが、その時毎回ロスアンゼルス経由になる。まあ最短距離だと思われるのと、やはり他のアメリカの都市は全く分からないので、やっぱりロスアンゼルスが便利に思える。
今年はロスアンゼルスから羽田に全日空が便を出しているので、これを検討している。何しろ実家が羽田から近いので、羽田に着くと実に便利。多少高くても成田からの移動にかかる費用を考えると、それ程違わないようになるんではないかと思う。
それはともかく、ロスアンゼルスでは大抵乗り換えに半日以上待たされる。以前は空港でがんばって待っていたんだが、最近は空港近くのホテルを取って休むようにしている。何しろ空港のレストランは高いばかりでおいしくないくて嫌になる。その点さすがに町に出ると、中華などそれなりの値段でまあ納得できるものが食べられる。
そういう意味でも空港近くのホテルも知らないところに行くと、近くに中華などのレストランがあるか不安になるんだが、この不安を解消する方法を教えてもらった。
グーグルマップはあまり使ったことがなかったんだが、これでやると目的地付近のレストランや商業施設などを検索できるし、そこまでの交通手段、時間なども全て分かる。本当に便利になったものだ。
今日も一日雨が降らず天気は良い。それにしても風は冷たいし、朝晩は結構冷える。雨は降らないんだろうか。
日中の温度24度、湿度41%。夜19度、58%。

ここ数日雨が降らない。本当に今年の雨季は早いうちから相当雨が降って、各地で被害が出ているので、まあ雨が降らないことは本当は良い事なんだと思う。ところが、先日書いた監視カメラのケーブルを埋める工事をしているので、今アタバルの前は掘り返したところにやっと先週パイプなどを入れて埋め直しを始めた。ところが余った土がその辺に山積みになっているので、日曜日ペトラが市長の電話番号を手に入れてきて、いきなり電話してあの土を何とかしてくれって頼んでいた。
その山積みになっていた土を取り除く作業がやっと今日終わり、きれいになった。とはいえ、ゴロゴロの石畳の所なので、そんなにきれいには取れない。石の間に入った土はこの天気でカラカラに乾き、粉になって飛んでくる。アタバルは入り口で店をやっているのでドアを開けっ放しにしている。このため店の中は当然、入り口近くの事務所内もどうも埃っぽい。事務所にはコンピュータなどもあるので、ちょっと心配。ペトラがホースを出して道を掃除していたが、その程度では焼け石に水。
こうなるとまた勝手なもので、ザーッと一雨来てこの土を洗い流してくれないものかと思う。特に今日は湿度も低く、一日良い天気だったのでドンドン土が乾いて困ったものだ。どうでも良い時には嫌になるほど雨が降ったのに、こんなにぜひ降って欲しい時にはカラッと良い天気になるもんだ。
天気が良く日中は暖かかったが、夜はまた冷える。
日中の温度25度、湿度30%。夜20度、60%。

寒い

どうも最近は雨のほうはちょっと落ち着いてきているようだ。といってもアンティグアの話で、他の地方では今も結構被害が出ているらしい。とにかく、ここ3日ほど雨らしい雨は降っていない。ところが、今度は寒波が来ているのか、今朝起きたときは、暖かい寝床から出るのがためらわれるほど寒かった。
そこで朝からニュースをつけて見てたところ、今週は寒くなるとのこと。実際今朝の寒さでグアテマラシティーなどの路上生活者で亡くなった人もあるんだとか。寒いと言っても我が家の温度計では18度程度だが、ニュースではグアテマラシティーでは12度くらいまで下がっているという。まあそれにしても12度だ。10度を下回るわけでもないのに、寒さで亡くなる人がいるんだから、やっぱり寒さの感覚が日本と違うことが分かっていただけるだろうか。
まあとにかく寒いのはかなわない。僕も一昨日くらいから風邪気味だが、この陽気で風邪をひいている人も多い。雨で濡れた後に寒くなったような状態で、仕方ないだろう。
とはいえ天気が良いので、今日の日中はかなり暑くなった。とはいえ夜になったらまた寒くなるんだろう。市場に買い物に行っても、「今日は寒いね。」というのが今日の挨拶。どうも今年の11月、12月は寒くなるというペトラの予想は当たりそうな勢いである。寒いのは苦手なので、当たらないで欲しいのだが。
夜になって本当に寒くなってきた。
日中の温度25度、湿度34%。夜18度、58%。

訂正

一昨日(10月1日)に書いたものに間違いがあったので、訂正。『12月15日から19日の間、東京銀座のニコンサロンというところで「とうもろこしの人間たち」GUATEMALA1981?2008羽幹昌弘写真展が開催される。』と書いたが、期間が12月15日から29日までの間違い。すみませんでした。元の文章も訂正しておきました。クリスマスに皆で誘い合わせて写真展というのも良いのではないだろうか。
昨日洗濯物を干す場所の上に屋根をつけた。半透明の波板を使って、作ったんだが、最初はちょっと迷った。今年の雨季はかなり雨が降ったが、それでもあと1ヶ月ほどで終わりになる。そういう意味ではちょっと今更という気もしていた。もっと早くにつけたかったんだが、以前いろいろこういった作業をしていた人と連絡がつけられずに、遅くなってしまった。何しろ携帯電話しかないのに、こちらの人たちは、どういう理由なんだか良く分からないが、結構携帯電話を売り買いする人が結構いる。このため、コロコロ電話番号が変わり連絡がつけられなくなることがある。しかし、やっと連絡がつき、昨日完成。昨日の晩は小雨が降ったが、それくらいで出来たら雨が降らない。まあそんなもんかもしれない。
今日の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めで6人分売れた。少ないが、ここ数週間こんなものなので、こちらもそのつもりで用意している。天気は雨こそ降らなかったものの、午前中が曇り時々晴れ、午後はずっと曇り。雨は降らなかったようだ。
日中の温度22度、湿度56%。夜19度、67%。

またグアテマラのニュースが

グアテマラという名前が日本のニュースに出ることはほとんどないんだが、ここ最近ニュースがポツポツと続き、今年は結構グアテマラの露出の多い年という感じだ。もうニュースを見てご存知の方も多いと思うが、アメリカがペニシリンの実験のために、1946年から1948年にかけてグアテマラの売春婦、知的障害者、軍人など約1500人にに梅毒、淋病などを意図的に感染させていたという。これが最近明らかになったらしく、オバマ大統領がグアテマラのコロン大統領に電話して謝ったんだそうだ。
何でグアテマラでそんなことしないといけなかったのか良く分からないが、ずいぶんひどい話だと思う。昨日からグアテマラのニュースはこの話で持ち切り。国会議員の中では賠償を請求するといっている人もいる。確かに、電話かけて謝ってすむという問題でもないように思うが、当時感染させられた人たちはもう亡くなっている人も多いだろうし、お金を貰ってどうするんだか。公衆衛生だか何かの組織に使うといっていたようだが、途中で議員やら役人やらが持って行っちゃうんじゃないかという心配がある。
市場で買い物をしたが、今日はさすがに月初めだけあり、すごい人。今週の日曜定食の豚肉と青菜の五目炒め用に、ブレドが手に入って嬉しかった。やっぱりほうれん草より、ブレドの方が香りが良くておいしいように思う。
天気は相変わらず曇りがちで、どんよりしている。その割には今日は雨がほとんど降らなかった。小雨が何回か降った程度。
日中の温度24度、湿度63%。夜20度、72%。