スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結構高い

今日もいつもの木曜日の日課通り、市場に行って買い物をしながら日曜定食のメニューを考える。今週は魚にしたかったのだが、相変わらず手ごろな魚が手に入らない。まあ毎年のことだが、セマナ・サンタの前の四旬節は魚が手に入りにくくなる。よっぽど熱心なカソリック教徒はこの時期肉を食べないらしい。
まあ実際にはそんな人を自分の周りで見たことはないが。肉はいけないけど魚は良いらしく(この辺の理屈が日本人にはわかりにくいが)、この時期に魚を食べる人は増えるらしい。特に多いのが塩を思いっきり振りかけて乾燥させた干し魚がこの時期の伝統的な食べ物らしい。
今日も市場で買い物をしていたら、この干し魚を買っている人がいた。なんと魚2匹で10ドル弱支払っている。まあそこそこ大きい魚なので4,5人の家族だったら、十分一食になるくらいの量だとおもうが、肉を買うよりは高くつくのは間違いない。
とにかく手ごろな魚がないので、今日は魚というよりも小さいエビを買って、今週の日曜定食は掻き揚げにすることにした。メニューを決めたので、それにあわせて土曜日に仕入れておいてもらう野菜なども頼んできた。
それにしても今日も暑い。特に1階は風があまり通らないので、余計暑く感じる。この点、2階は風があって少し涼しい。特に最近午前中は風がなくて結構暑いんだが、午後から風が出てくることが多い。夕方日が落ちかけたところに、風が吹くとかなり涼しい。
日中の温度30度、湿度33%。夜20度、56%。
スポンサーサイト

ハエじゃない

今日のお昼ご飯はカルネ・フリンヒーダ。要するにミートローフのようなものだと思ってもらえばいいだろう。ひき肉の中にゆで卵などをつめたものだ。ゆで卵だけでなく、サヤインゲンやらオリーブの身やらケッパーやらが入っていておいしかった。
ひき肉で肉状のものを作るので、カルネ・フィンヒーダだと思っていた。フィンヒールとはスペイン語で振りをする、似せるといった意味がある。フリンヒーダの方は意味がわからない。何か語源があるのか、知っている人がいたら教えて欲しいものだ。
この料理にナツメグがいるというので、昨日買って来た。こちらではあまりナツメグを料理に使うのを見たことがないが、市場でちゃんと売っている。ただ粉になったものはスーパーでも売っている。沢山使うものではないので、いつも豆?のまま買ってこれを削って使っている。
ナツメグのスペイン語名はヌエス・モスカダ。ヌエスはナッツという意味。いつもお手伝いさんが作ってくれる買い物リストにはノ・エス・モスカダと書いてある。始めてのときは更に、ノ・エス・モスカと書いてあったので、なぞなぞかと思った。ノ・エスとは「?ではない。」という意味で、モスカとは「ハエ」のことだ。「ハエじゃない。」ってことは何を買えばよいのか。
昨日は夜もそれほど寒くならなかった。まあ例年の暑くてほとんど何も上にかけないで寝るほどではなかったが、セマナ・サンタらしくなってきた。
日中の温度30度、湿度35%。夜20度、55%。

DPI

やっとDPIを取りに行った。DPIは身分証で今まであったセドゥラに変わるものだ。しかし、この移行にやたら問題が多いようだ。もう2年位前からいろいろやっているが、まだ持っていない人もかなり多いように思う。
これは多分選挙のときに、死んでいるはずの人が投票していたり、同じ人が何回も投票していたりという不正が多く、これを防ぐために始めたものだと思う。電子化して指紋などを取ってともともとの考えは良いと思うが、おそらくそれを実施する組織がいい加減だから、うまくいかないようだ。
それに、これの申請が結構面倒くさい。かなり並んでいてずいぶん待たされる上に、入力に間違いがあったり、申請してからできるまで時間がかかったり、とにかくやろうという気にならない。
これを思い切って、去年申請し、暮れ頃にはできたというのを確認していた。それですぐ取りに行けばよかったんだが、日本に行ったりしていたのでえらく遅くなってしまった。帰ってきてからも今週こそは行こうと思いながら、いざとなると用事があったり忘れてしまったりして、なかなか取りに行けなかった。これを昨日の午後話しをしていて思い出し、今日は朝から行くと決めて、ついに取りに行った。
時間がかかるかと思っていたが、受け取りは実に簡単。受付の書類を見せて指紋を取るだけ。あっけないくらいだった。
今日も朝は寒かったが、天気がよく日中は暑かった。
日中の温度30度、湿度31%。夜21度、56%。

麦茶に砂糖

今朝もえらく寒かった。いつもTシャツにベストを着るだけなんだが、今日はセーターにしようかとちょっと迷ったくらい。セーターにしないのはやっぱり朝ごはんを作るときに袖が邪魔になるから。袖のある服を着て水を使ったりするのはやっぱり面倒くさい。
ところがやっぱり天気がすきっと良いので、日中はかなり暑くなった。30度に迫る勢い。これでこそセマナ・サンタの気分が出てくる。それにしても日本人の旅行者はあまり多くないらしい。生徒さんたちと話をしていても、あまり日本人はいないように言っていた。もちろん増えてきてはいるようだが、例年に比べるとやや少ない感じがする。
今年はセマナ・サンタが遅いので、学生さんなどが春休みを利用してセマナ・サンタを見ようということにはならないようだ。さすがに4月の終わりに近いと春休みも終わっているんだろう。こればかりはこちらの都合に合わせて決めるわけにはいかないので、仕方がない。
昼ごはんにフレスコ(ジュースといったような意味。)を飲むんだが、今日のは大麦と米、とうもろこし、小麦などを炒ったものを煮たもの。グアテマラの伝統的な飲み物なんだとか。初めて飲んだが結構おいしい。麦が入っているせいか、子供のころ友達の家で麦茶に砂糖を入れたものを飲んだことを思い出した。
日中は暑かったのに、夜になってちょっと冷える。
日中の温度29度、湿度16%。夜19度、55%。

プラタノ

今日は久しぶりに昼ごはんを街中の普通のレストランで食べた。以前カブキのカズ君から教えてもらった店。10種類くらいあるメインの肉料理と、やはり同じくらい種類のあるサラダと、米、パスタ、フリホーレスのいずれかを選んで、トルティーヤと飲み物が付いて27ケツアル(約3.5ドル)。悪くない値段だと思う。結構量もあった。店はきれいだし、サービスも悪くない。手軽にグアテマラ料理を食べるんだったら結構お勧めだと思う。店の名前は確か、ドニャ・マルタとかいったと思う。5カジェ沿いの6と7アベニーダの中間くらいにある。
ぺトラも結構納得して食べていたんだが、デザートにプラタノ(料理用の大きなバナナ)のモーレを頼んだのがまずかった。デザートでこの量かと思うくらい、大量に盛ってくれたんだが、このプラタノが熟する前のもので、かなり硬い。ぺトラはいつも「最近はちゃんと熟したプラタノを売ってない。」といつもこぼしているので、これはちょっと食べられなかったようだ。
それにしても、確かに最近プラタノを食べると硬いことが多いように思う。熟してなくても、置いておけば熟れてくるんじゃないかと思うんだが、なかなか芯まで柔らかくはならないらしい。
今日の日曜定食は豚肉のしょうが焼きで15人来てくれた。
今日は天気が良く。午前中ジェシカを風呂に入れた。日中はかなり暑くなった。
日中の温度28度、湿度33%。夜20度、61%。

万歩計

日本で万歩計を買ってきた。まあ正直言って自主的に買ったというより、姉から「買え。」と言われて買ったようなところがある。それでも最初勧められた2000円以上するものはよして、980円のシンプルなものを買った。それでもメーカーだってシチズンものだし、機能がいろいろついてなくて、単純に歩数を表示するだけのもので悪くないと思っている。万歩計というからには1日1万歩歩くのが目標ということなんだろう。8000歩が最低限のラインだと言われた。
日本から帰ってきてこちらでこれをつけて歩いていて、最初のうちは「1万歩なんて歩くんだろうか?」とちょっと不安だった。何しろ、基本的に午前中に一回外に出る程度で、あまり外出しないほうなので、まあ最低限の8000歩くらいいけば御の字だと思っていた。ところが、朝つけて夜になったら、たいてい1万歩は超えている。今日のように市場に行ってあちこち買い物をするのに歩き回ったら、軽く1万5千歩を超える。
ところがこれを誰も信じてくれない。「トゥクトゥクに乗るから、それで一気に増えるんでしょ。」とか「安いの買うからちゃんと計れてないんだ。」とか言われる。確かにトゥクトゥクには乗るがそれで一気に増える訳ではないことは確認済み。市場からアタバルまで乗っても500歩増えるかどうかだ。安いから正確でないという方は、これを疑いだしたらそもそも万歩計をつけて歩く意味がないので、どうしようもない。ただ、タバコを2階の自室でしか吸えなくなり、事務室のある1階と2階を行ったり来たりするのでそれだけで結構歩数が稼げることは間違いないと思う。
今日も午前中曇っていたが、午後は良い天気。
日中の温度27度、湿度44%。夜20度、63%。

違和感

人間子供のころから見慣れたものが違う姿をしていると、どうも違和感を感じるらしい。普段の服装がTシャツとジーパンなので、通常アイロンとは縁がない。むしろ、アイロンがけをしてある服など着ると、なんとなく堅苦しい感じがして、なんとも落ち着かない。どこかに折り目正しいものに対する逃避の気持ちがあるんじゃないかと、自分では思っている。
ところが、どうしてもアイロンをかけてないと違和感を感じるものがある。それがハンカチ。最近ハンカチを持たない人も多いようだし、実際、ちょっと手が濡れたくらいだったら、そこらへんのふきんで拭いたり、ひどいときはパッパッと払って、ズボンで拭いててしまったりする。それでも、ハンカチはないとなんとなく落ち着かないし、このハンカチがアイロンをかけてないとなんとなく気持ちが悪い。
実際自分でも不思議なことだと思う。ハンカチを持ってなくて落ち着かないのは、今まで何回か、ハンカチがなくて困った経験があるからだと思うが。アイロンをかけてなくて困ったりした覚えはない。なんとなく見慣れた姿と違うという違和感に、しわが寄ったり、ずれていたりする外見が、どうもきれいでないようなイメージを作り出すんではないかと思われる。
今日はホコテナンゴのベラシオン。それ以外にもカテドラルなどで行事があるらしい。
朝の冷え込みはたいしたことがなかったが、午前中は曇りがちで日中の気温はやや低い。日中の温度25度、湿度53%。夜20度、68%。

お願い

今日はちょっとお知らせとお願い。特に、アタバルに始めて連絡をいただく方、また申し込みをされる方へ。
どうも時々こちらからのメールが迷惑メールに入ってしまうことがあるようです。アタバルへのお問い合わせ、申し込みなどには、メールを受け取って、遅くとも(グアテマラで)その日の内に返信を出すようにしています。こちらに連絡をされたのに、万一返信がないと言う場合は、まず迷惑メールを確認してみてください。どうしてもメールしか連絡先がわからなかった場合など、いくら送っても迷惑メールに入ってしまって、こちらではどうしようもない場合があります。そういった場合のため、他の連絡手段も書いて置いていただけると助かります。またメールで返信がないむねご連絡いただけると助かります。来たメールへの返信などは迷惑メールに入らない場合があるように思います。
以前書いた地震の後の迷惑メールの減少は、もう普通に戻ってしまった。少なかったのは、1週間くらいのことだったようだ。サーバーの問題だったのか、迷惑メールとは別の通常の広告のメールなどはいまだに少ないように思うが。上記のようなことがあるので、毎日数回迷惑メールはチェックしている。何しろ沢山来るので、溜まってしまうと、それを一つ一つチェックしていくのが大変になるので、そうなる前に確認して消してしまうようにしている。
今朝も寒かったが、天気が良く、日中は暑くなった。
今週の日曜定食は豚肉のしょうが焼き。
日中の温度28度、湿度39%。夜20度、62%。

単語帳

日本にあって、グアテマラにないもの。これはいくつもあるんだが、スペイン語の勉強関連でよく聞かれるものが、単語帳。あの短冊形に切った、画用紙のような紙を金属のリングでとめてあるものだ。
今日も聞かれたんだが、今までも時々生徒さんに「単語帳を買いたいんですが、どこで売ってますか?」と聞かれる。僕はそういうものを作って勉強したことがなかったので、探したことがなく、最初は「文法具屋で売ってるんじゃないの。」と言って、町中の大きそうな文法具屋を紹介していた。ところがこれがないらしい。
ある時、どうしても単語帳が欲しいとこだわった生徒さんがいて、町中の文法具屋を捜し歩いたと言っていた。その結果は、「単語帳というものはこちらの人が使わないので、存在しない。」と言うもの。あれは日本人だけが使う道具なのかもしれない。
その人はついに探すのはあきらめて、紙を切って自作することにしたと言っていた。まあ確かにグアテマラの人が単語帳を使うことはあまりないかもしれないし、そういったものを使って勉強している様子を見たことはない。「英語を勉強するときには使わないんですか?」と聞かれるが、こちらの学生などに聞いたところ、そういうものは使わないと言うことだった。国が違えば勉強の仕方も違うわけだ。
今日も朝は結構冷えた。昨日の晩星が非常に沢山綺麗に見えていて、今日は天気が良いだろうと思った通り、よく晴れた一日。日中は暑かった。
日中の温度27度、湿度41%。夜19度、62%。

辛ラーメン

地震でインスタントラーメンとかがやたら売れている東京などで、「辛ラーメンだけが売れ残っている。」というニュースを見た。これは辛ラーメンが売れ残っているのか、単に在庫がたくさんあったのか、良くわからない。もし売れ残っているんだとしたら、やっぱり辛いからだろう。
この辛ラーメンはこちらでも売っているが、僕はやはり辛くて食べられない。それに、こちらのラーメンに比べると高い(1ドル以上する。)。同じ韓国系のラーメンのオトギラーメン(メキシコで作っていると聞いた。)はアンティグアのスーパーにも大量に入っていて、こちらはかなり安い(先日安売りをしていて約0.5ドルだった。)。しかも、これは鳥味だけは辛くないので、主にこれだけを食べる。ただ、麺がモチモチしていておいしいので、これ以外の辛いものは麺だけ利用して、粉末スープは漬物の辛味付けなどにチビチビ利用している。
このニュースで辛ラーメンを使ったレシピが出ていた。これはなかなか面白い。ちゃんと粉末も一緒に利用するレシピなのがすごい。僕は熱くて辛いスープ状のものがだめなので、辛くても熱くなかったり、スープ状でなければ、結構大丈夫。これで見たレシピをその内試してみようと思う。
昨日の晩からかなり寒かったが、今朝の冷え込みはかなりのもの、朝8時前に16度とはこの時期としてはちょっと珍しい。それでも天気が良いので、昼は暖かくなった。
日中の温度26度、湿度26%。夜19度、54%。

マンゴーの季節

グアテマラは今マンゴーの季節。いつもセマナ・サンタのころはマンゴーを食べることにしている。なんと言ってもマンゴーの季節は短い。なくなる訳ではないんだが、雨が降ると虫が入ると言って、こちらの人はあまり食べなくなる。
マンゴーにも何種類かあって、ぺトラは皮が付いたままグジュグジュにつぶして、一部に穴を開けてチューチュー吸うのがお気に入り。僕はもっとも小ぶりなもので、マンゴー・デ・ミコという物が好きだ。これは小ぶりで食べるところは少ないが、味が一番良いように思う。
それ以外にもトミーといって、大きくて、甘いものもあり、これも結構好きだ。ただ、これを一個剥いてしまうとちょっと一人では食べるには多いので、小さいものをちょっと食べたほうが良い様に思う。
グアテマラの果物は当たり外れが多いんだが、マンゴーはあまり外れはない。もちろんまだ熟れないうちに食べてしまうと硬くて甘くないが、これだって、置いておいて熟させて食べれば十分に甘い。
果物をあまり食べない僕でも、このマンゴーだけは、日本人の季節の物好きということも手伝って、この時期に数回は食べることにしている。今年は雨季が早く来ると皆が言うので、これもあと何回食べられることやら。

日中の温度24度、湿度40%。夜19度、55%。

第2日曜日

今日は四旬節の2回目の日曜日で、サンタ・イネスからプロセッシオンが出た。サンタ・イネスはアンティグアからグアテマラシティー方面に出たところの村で、グアテマラシティー方面の出口に近いところにあるアタバルの前はたくさんの人が通った。
トゥクトゥクも今日の昼は皆サンタ・イネス方面に人を乗せて走っていく。先週はまだアタバルそばではじゅうたんを作っているようなところはなかったが、今日は隣のブロックでも作っているし、その先、グアテマラシティー方面から入ってくる道のところでも2つ、3つ作っているようだった。こうして、週毎にじゅうたんも増えて行き、それにつれてお祭りの気分も盛り上がってくる。
今日の日曜定食はアジフライ。先週少なかったし、そんなにくるとは思わなかったので、あまりたくさん買わなかった。得てしてそういう時ほど人が来るもので、今日は14人。想定外。最後に2人来てくれたんだが、もうアジもなかったし、ご飯などももうなかったので、大変申し訳ないことだが断ってしまった。来てくれた人を断ったのは久しぶり。今度からもう少し余裕を持って作るようにしようと思う。
朝から曇っていて、なんだか肌寒い一日。昨日の夜月を見たときにかなり雲が多くて、なかなか見えなかったが、それがそのまま今日も続いていたようだ。午後になり少し明るくなったようだが、午前中は風も強く、かなりスースーした。それでも雨が降らなかったからよかった。
日中の温度24度、湿度37%。夜20度、55%。

大きな月

今週は満月に近づいているようで、本当に月が明るく、しかもなんだかやたら大きいような気がして、気になっていた。セマナ・サンタは月の動きで決まる。セマナ・サンタが終わったすぐの日曜日である復活祭が、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているので、それに先立つ今頃が満月であるのは当然といえば当然。ただ、本当に大きな月なので不思議だった。
そうしたら、昨日テレビのチャンネルをあっちにやったりこっちに回したりしていたところ、たまたまグアテマラのニュースでなんだか今回の満月は何年に1回かの大きな月だというようなことを言っていた。途中から見たので、なんだか良くわからなかったが、気になったので、ネットで調べてみた。そうしたら日本の20日未明は19年ぶりに月と地球の距離が最も接近し明るく大きく見えるんだそうだ。(記事はこちら)
残念ながら20日未明は日本ではもう終わってしまったので、ちょっと遅かったが、それでもまだ今日でもかなり大きな月は見られるはず。まだ月を見ている余裕なんてないかもしれないけど、見ていない方は一度今晩空を仰いで見るとちょっと驚くような大きな月が見られると思う。一瞬でも現実を忘れるような気する。特に出始めの月が大きいように感じた。
今日は天気が良く、日中はかなり暑くなった。夜になって風があり涼しくなった。その分雲も出てきたようだ。
日中の温度28度、湿度28%。夜20度、55%

アジの種類

今週の日曜定食はアジフライにしたんだが、このアジ、今回のものはいつも使うものよりちょっと平べったい。魚の種類が良くわからないんだが、ゼイゴもあるしアジの種類であることは間違いないと思うんだが、いつもとはちょっと違うので、面白い。
ネットの魚の図鑑を見てみると、ミナミギンガメアジというのに似ている。食べ方には刺身、フライ、塩焼きと出ているので、アジフライにするのには悪くないだろう。まあいつも使っているアジだって、日本で普通に見るアジとは少し違うような気がするので、どちらが良いかはわからない。
久しぶりにとんかつソースも作る。いつも大量に作るんだが、今回は日曜定食に足りる分くらいで余りいっぱい作らなかった。今トマトが安いのでトマトケチャップの代わりに生のトマトを入れて作った。まあどちらが良いかはわからないが、なんとなく生のトマトだと贅沢な感じがする。
アジはもうさばいて冷凍してある。ただ、平べったいので、普通のアジよりちょっとやりにくかった。身は通常よりもかなり白っぽい色合い。同じアジの仲間でもずいぶんと違うものだ。
今日は風の強い一日。あちこちで屋根のとたんがバタバタなっている。昨日の晩かなり肌寒かったし、今日も朝はちょっと曇りがちだったので、どうなるかと思ったが、その後天気が良くなり、日中はずいぶんと暑くなった。
日中の温度27度、湿度28%。夜20度、59%。

300人

今朝は起きたときから曇りがちで、午前中は小雨も降っているくらい。そのため、結構肌寒い。相変わらず変な天気だ。まあ今日は特に四旬節の催し物もないので、良いようなものだが。
最近テレビやネットのニュースは比較的見ていたものの、新聞はあまり読んでいなかったんだが、この日本の地震の関連のニュースで、日本に住んでいるグアテマラ人は300人超と出ていたんだそうだ。在日本のグアテマラ大使館がこの日本在住者の無事を確認したということらしい。
それにしても、そんなに日本にグアテマラ人が住んでいるとは知らなかった。まあよく考えてみると300人というのが多いのか少ないのかは良くわからないが、もっと少ないものと思っていた。グアテマラに住んでいる日本人は200人ぐらいらしい。日本の大きさに比べるとグアテマラは3分の1くらいで、人口は9分の1くらいとかなり小さいので、まあそれにしては多いということかとも思うし、留学生やら研修で行っている人も含まれた数字だと思われるので、そんなものかと思う数字でもある。日系社会のあるメキシコやペルーなどは相当な人数になるんだろう。
今日も日本の知り合いから無事である旨の知らせをもらった。気にはなっているものの、あんまりメールを送ったらいけないかと思って、躊躇していただけに、こうして知らせてくれるとうれしい。
今週の日曜定食はアジフライ。
日中の温度23度、湿度46%。夜19度、61%。

ちょっと良い日

今日はちょっと良い日。地震で気にしていた元生徒さんなどの知り合いからの連絡がかなりあった。被災地周辺の人はやっと電気が通じるようになったりして、連絡の手段が回復したようだ。安否はわかっていたものの、それ以外にも東京周辺の人とも連絡がついたり、ブログがアップされていたりと近況がわかった。やっぱり直接連絡がつくと安心なものだ。
こちらは四旬節が始まったというのに、ちょっと人が少ない。まあこれはアタバルだけのことではないようだ。レストランをやっている人も、ちょっと人が少ないようなことを行っていた。やっぱり今年は四旬節、セマナ・サンタが遅めだったので、その影響があるんだろうか?
それにしても、今日も曇り勝ちの天気で、昨日の晩もちょっと肌寒かった。例年だとこの時期は熱帯夜までは行かないものの、ちょっと暑くて寝苦しい日もあったりするんだが、今年は毎日結構布団をかぶって寝ている。こうなるとセマナ・サンタの聖金曜日の朝に町中に作られるおが屑や花のじゅうたんを見るために、木曜日の夜から寝ずに歩き回る人たちは寒くて大変だろう。例年であっても明け方には結構寒かったりするのに、今年はこの寒さじゃ結構な装備をして出て行かないと、震えるんじゃないかと思う。まあ僕は始めてセマナ・サンタを見物したときに1度やってもう納得したので、その後は、普通に寝ているので、関係ないが。
日中の温度23度、湿度48%。夜20度、61%。

スキミング

どうも昨日書いた迷惑メールはサーバーが動いていないからだってことらしい。ちょっと喜んでいたのもぬか喜びか。ということは着くべきメールが着いていないってこともあるかもしれないので、むしろこれは困った事態と言うべきかも知れない。
困ったことと言えば、アンティグアでカードのスキミングの被害が結構あるらしい。しかも、僕も良く使っている公園のカテドラルの向かいにある、バックという銀行のキャッシュマシーンは気をつけた方が良いという話を良く聞く。幸い僕は今まで使って問題があったことはない。もちろん気をつけているし、よっぽど急いでいるとか必要がない限り、機械を使わずに、銀行の中に入ってお金を出すようにしている。しかもそこで使うのはクレジットカードではなく、必要なときに必要なお金だけを振り込んで使うデビットカードだけだ。
とはいえ、旅行者はそんなことはできないので、引き落としには銀行のカードやクレジットカードを使うことになる訳で、十分気をつけてもらいたいと思う。とにかく、ネットなどで頻繁にチェックをしておく必要があるだろう。そういう意味ではトラベラーズ・チェックの方が安心だと思うんだが、このトラベラーズ・チェックが前に書いたように、だんだんマイナーな存在になってきているようなので、困ったものだ。
今日は天気の良い一日で、日中はカンカン照りで、気温もかなり上がったようだ。それでも、夜はちょっとヒンヤリする。
日中の温度28度、湿度31%。夜20度、59%。

自粛?

月曜日でいつも通り市場に買い物に行く。市場を歩いていると何人か知り合いに会うので、また地震の事を聞かれる。もうあまりにいろんな人から聞かれるので、オウムのように同じことを繰り返している。
日本は計画停電で混乱しているらしい。あると言ったりないと言ったり、どうも情報が混乱しているようだ。とにかくこんな混乱した様子を聞くことはないので、相当大変そうだと言うことがわかる。
スーパーなどの店からもものがドンドンなくなっていくようだ。しかし、あの物に溢れた日本の店舗から物がなくなる様子などはこちらにいると想像がつかない。よっぽど買い占めている人がいるんだろうか?
今日も日本にこれから帰る人と話をしたが、日本に行く便は結構空席があるんだとか。まあそれはそうだろう。それにこんなに食料やガソリン、電気などがないところに、更に人が増えても困るだろうから、用事がない人が行かないほうが良いという気もする。
ちょっと不思議なのは迷惑メールがずいぶん減ったこと。これは今回のことと関係があるのかないのかわからないが、いつもだと朝起きてメールチェックすると迷惑メールのフォルダにかなりの数入っていたのだが、最近は1通か2通だけだ。送れないのか、自粛しているんだろうか?
今日は良い天気。
日中の温度26度、湿度48%。夜19度、60%。

第1日曜日

今日は四旬節最初の日曜日。サンタ・カタリーナ・ボバディーヤという村からプロセシオンが出る。まだこのプロセシオンは規模の小さいもので、人も少ない。それでも今日はアンティグアの町に多くの人が来ていた。なんだかんだと言ってやはりこの時期にアンティグアを訪れる人はかなりの人数になる。特にグアテマラシティーから入ってくる道は、たくさんの車で渋滞しているような状況。昼ごはんを食べて、トゥクトゥクで、アタバルに戻ろうとしたが、道が一部混んでてずいぶん時間がかかってしまった。
午前中、久しぶりにすっきりと晴れた、良い天気だったので、やっとジェシカを風呂に入れることができた。ここのところ風呂に入れようと思っているときに限って、曇って寒かったので、しばらく見送っていたものだ。まあ風呂嫌いのジェシカには幸いだったかもしれないが。
夜はいつも通り日曜定食。今日のメニューはチンジャオロースだった。8人来てくれた。日本から帰ってきてずっと10人は超えていたので、ちょっと少なかった。
それにしても、夕方4時ごろ一瞬だが雨が降ったので、ちょっと驚いた。午前中はあんなに天気が良かったのに。しかも、その時間はプロセシオンが出ている時間だったので、雨が降ったら担いでいる人とかは大変だろう、と思っていたが、幸いあっという間にやんでしまった。それにしてもこの時期に肌寒かったりするし、雨が降ったりして、どうも変な天気が続く。
日中の温度26度、湿度47%。夜20度、63%。

地震の続き

日本はまだ余震が続いているようだ。まあグアテマラでも1976年の大地震の際にはかなり長いこと余震が続いたので、そういうものなのかもしれない。この大地震を体験しているぺトラは、そういうものだと言っている。
その後も、メールとこのブログのコメントなどでいろいろな方からいろんな情報をいただいた。ありがとうございます。ニコニコ動画やユーストリームで日本のテレビのライブ映像が見られるということも教えてもらった。アカウントがなくても見ることができるらしい。昨日キーホールTVで見てはいたものの、かなり映像が荒く、音も良く聞こえなかったりしたんだが、ユーストリームで見たところ十分見られた。
土曜日なのでいつも通り市場に買い物に行ったら、これまたいろいろな人に話しかけられて、お見舞いを言われたり、僕の家族の状況などを聞かれた。やはりグアテマラの人たちは地震には非常に敏感である。知り合いと話をしていたら、知らない人たちまで加わってきて、話し込んだりすることまであった。魚屋やバナナ屋のおばちゃんたちは海に近いところに住んでいるせいか、地震以上に津波の映像に衝撃を受けたようで、そのことをあれやこれや聞いてくる。それ以外ではやっぱり原子力発電所のことを良く聞かれた。
知っている範囲で返事をしていたが、僕も別にニュースで見た以上のことを知っているわけではないので、ちゃんとした答えだったかはちょっと不安。
今日は曇りがちで涼しい一日。木曜日に書き忘れたが、明日の日曜定食はチンジャオロース。
日中の温度22度、湿度46%。夜19度、60%。

地震

日本の地震は本当に驚いた。昨日の晩寝ようかと思っていた時間に、姉から連絡が入った。何でも、「立っているのが大変なほどの地震で、しかも長いこと続いている。」と言うことだった。その時は驚いたが、とにかく同時に姉が無事であることを確認できたのでありがたかった。
そこですぐにネットでニュースを確認し、その後CNNをつけて様子を見たところ、やっぱりニュースをやっている。聞いて想像していたよりよっぽど大変なようだ。
昨日の番はコンピュータを消さずにつけっぱなしにしていたので、その後朝までに数人から、いろいろな地震の連絡をもらった。皆さん被災者の側なわけで、ただでさえ大変だろうに、こちらのことまで考えて知らせてくれることに頭が下がった。それにしても、そうして連絡が取れていても、こちらは、こんな遠くにいては何もすることができない。これはなんとも歯がゆいものだ。
今日になって生徒さんたちが来たがさすがに皆地震のことは既に知っていた。皆来るとすぐにネットで家族や友人に連絡をしたようだ。
今日のニュースはどこのチャンネルも日本の地震のことばかり。グアテマラの人たちからも大勢からお見舞いを言われた。こちらも地震国で、1976年の大地震を経験している人も多いので、地震のニュースには本当に身につまされるようだ。
余震も続いていて不安なことだと思う。今は早く余震が収まることと、被害にあった方の救出が進むことを祈るのみだ。
日中の温度23度、36%。夜18度、56%。

空振り

昨日セマナ・サンタのオタクの話を書いたが、今日四旬節のプログラムを観光局に行ってもらってきた。不思議なことに先日行ってもらって来た人から、もうセマナ・サンタのプログラムまで全部もらえると聞いて出かけていったのに、今日はセマナ・サンタの分はまだできてなくて、四旬節の分しかないと言われた。
この前はあったのに、今日はまだできていないというのはどういうことなんだろう。なくなってしまったと言うことか。まあグアテマラでは良くあることだが、応対した人によって違うのかもしれない。なんだか良くわからないが、まあとりあえず四旬節の分だけもらってきた。
ところが、このプログラムを見て、今日サンタ・イネスという隣の村に行事を見に行った人が、何にもなかったと言って帰ってきた。サンタ・イネスの教会に行っても、誰もいなくて、どうなってるのか聞くことすらできなかったと言う。
まあこのプログラムも結構いい加減なものなのかもしれない。大きな行事はさすがに間違ってないと思うが、まだ四旬節の始まりの小さな行事などは完全に把握していないんだろう。とはいえそれを見ていった人はとんだ無駄足だが。
今日は午前中雨が降りそうで、ジェシカを風呂に入れるのを見送ったほどなんだが、結局一日中雨は降らないままだった。一時的に晴れて太陽も出たが、曇っている時間のほうが多く、ちょっと涼しい一日。
日中の温度25度、湿度36%。夜20度、55%。

セマナ・サンタ・オタク

今日は灰の水曜日。道を歩くとおでこに灰で十字を書いた人がたくさん歩いている。これは灰の水曜日のミサに行った帰りの人たちだ。アタバルの前の通りをいろんな学校の生徒が列を作って歩いていく。これは学校で灰の水曜日のミサに参加しに行くところなんだろう。これが四旬節の始まり。
もう今日からベラシオンがあるらしい。とにかくこれからアンティグアは毎日のようにいろいろな行事があり、4月17日からのセマナ・サンタに向けて徐々に盛り上がっていくわけだ。
アンティグアにはこのセマナ・サンタ好きの人がたくさんいて、毎年のこの行事を楽しみにしている。亡くなった向かいのおじさんもそうで、年がら年中このセマナ・サンタの行列のときの音楽(イエス様が十字架をしょったりして苦しんでいる様子を再現しているので、葬送行進曲のような重苦しい音楽。)を聞いていた。本人は好きだから良いようなものの、その重苦しい音楽を年中聞かされる家族は結構文句を言っていた。セマナ・サンタ・オタクという感じだ。
アタバルに毎日来ているフェルナンド小もちょっとこのセマナ・サンタ・オタクが入っていて、以前携帯電話の着信のメロディーをこのセマナ・サンタの音楽にしていて、ぺトラが「それは止した方が良い。」と意見して変えさせたことがある。彼も今日は夕方遅くなって顔を出した。やっぱりセマナ・サンタが始まり、忙しくなったんだとか。
今日も天気の良い一日。
日中の温度28度、湿度36%。夜21度、65%。

いろんな日

今日はカーニバル。グアテマラではマサテナンゴのものが有名で、ブラジルのリオのような訳には行かないが、着飾った町の人たちが行進している様子をローカルニュースで放映していた。
アンティグアはそういったものはない。その代わり卵の殻に紙を小さく切ったものを詰めたものをぶつけあって遊ぶのが一般的。街中ではこの小さく切った色とりどりの紙を服や頭につけて歩いている人がたくさんいた。市場などではこの紙を詰めた卵が大量に売っている。うっかり今日市場に行くと、これをぶつけられたりするので、今日はスーパーで買い物。
今日はカーニバルだけかと思っていたら、テレビでは盛んに国際女性の日と言っている。こんな日は始めて聞いた。いったい何をする日なんだかわからない。こちらは3月8日に固定されたものらしいので、カーニバルとは関係なさそうだ。
更にセイバの木の日だという話も聞いた。これもまた始めて聞いた。セイバは大変大きな木で綿みたいな種ができる。グアテマラの国の木。ってことはグアテマラだけの日なんだろうか?
まあなんだか良くわからないが、カーニバルのためだか、近くの学校が夕方からドンドンと大音量でディスコをやっている。「そんなことしてないで勉強すりゃ良いのに。」と悪態をついていたら、「そりゃあんたが年取ったからそう思うんだ。」とたしなめられた。今日は雨が降らず良い天気。
日中の温度27度、48%。夜20度、62%。

チェックしている

昨日のアメリカ人らしきグループの人は一体どこに食べにいったんだろう?これはちょっと不思議に思う。なんていったって、グアテマラでまったくコンソメやら小麦の入っていない調味料を使った料理を探すのは至難の業じゃないだろうか?「ステーキだったら大丈夫だろうか。それとサラダだったらいけるだろうか。」などと日曜定食が終わった後、いろいろ考えてしまった。
ともあれ、日曜日が終わり、今日は新しい週が開始。朝市場に行ってきたが、行く途中ジャカランダの花もかなり散っているのを見た。このままでは今年は花があまりないセマナ・サンタになるかもしれない。
しかも、今日も夕方天気雨が降った。朝から良い天気で、夕方に雨が降った時も、太陽はちゃんと出ていて、明るかった。今日も先週の後半から続いた天気と同じような感じだと思ったんだが、意外に強い雨が10分くらい降った。本当に変な気候だ。
先日書いたドルの両替の話の続きだが、やはりドルは1つの銀行では1週間に200ドルしか換えられないらしい。別の日に換金したら、そんなのいちいち覚えていないだろうと思っていたんだが、なんだか記録が残っているらしく、「だめだから別の銀行に行ってくれ。」といわれたと、今アタバルで勉強している生徒さんが言っていた。まあ別の銀行に行けばまた少なくとも200ドルまでは換えられるようなので、こちらで普通に生活する分には、それだけあれば十分だが。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、65%。

小麦アレルギー

今日の日曜定食に昨日書いたアメリカ人らしき団体さんが来た。確かに、15人以上はいたようだ。いきなりいっぱいになった。ただ、昨日話をしたときに「小麦粉は使ってないか?」と聞かれた。突然だったので、とっさに考えて、今日のメニューは魚の照り焼きとポテトサラダだったので、小麦粉は使っていないと答えてしまった。ところがその後気になって考えていたら、知人で小麦粉のアレルギーの話を聞いたことを思い出した。何でも、醤油だとか、普通に考えて入ってないようなものにも小麦が使われていると言っていたと思う。
それで、今朝起きて使う材料、特に調味料系のものを見てみた、醤油は韓国のものなので、何が書いてあるんだかわからなかったが、ネットで調べたら、やっぱりたいていの醤油には小麦粉が入っていると書いてある。それ以外でもコンソメにははっきりと原材料に小麦が書いてある。これはだめだ。マヨネーズはもともと入っていた袋から出して、別の容器に移し変えてしまってあるのでわからないが、これだけ引っかかれば、もうどうしようもない。
そこで団体さんが入ってきたときに、理由を話して謝った。幸い理解してくれたが、団体行動なので、皆出て行ってしまった。それにしても、後からでも思い出して食べる前に説明できたのでよかった。勉強になった。それでも結局今日の日曜定食は13人。
今日は午前中ちょっと曇ったりしたが、雨は降らず。
日中の温度26度、湿度47%。夜20度、54%。


明日の定食

昨日指を切ってしまって、その後ちゃんと薬も塗って、絆創膏も貼っておいたので、今日は、あたったら痛いものの、その他は障害がなさそうだった。ただ、昨日結構派手に血が出たのをぺトラもお手伝いさんも見ていたため、料理をさせてくれない。朝から明日の用意のためにニンジンをむいたりしようとしていたら、「やめとけ。」と言われて、お手伝いさんがやってくれた。まあありがたいことではあるが、そんな大げさにしなくてもいいのにという気もする。
大体明日の定食の用意はできたが、夕方にアメリカ人のような人が来て、「明日15人くらいで食事に来ても大丈夫か?」と聞かれた。まあ今のうちに言ってくれれば大丈夫だと思い。「大丈夫。」と言ったものの、よく考えたら、米がそんなに買ってない。本当に来るかどうかわからないところはあるが、まあ明日ちょっと買い足したほうがよいかもしれない。しかし、いったいどこで知ったんだろう?日曜定食はこのブログに書く以外、特に宣伝もしていないので、いつも不思議に思う。
市場は月の最初の土曜日にしてはたいした人出ではなかった。野菜は相変わらず高い。トマトはかなり大きいものが1ポンド、1ケツアルでかなり安く。たまねぎも相変わらず安い。グアテマラ人にとっては主要な食材が安いので、助かることだろう。
それにしても、今日も朝のうちは結構ヒンヤリしていたが、日中は暑くなる。日本から帰ってきてしばらく毎日雨が降っていたが、これも最近は降っていない。
日中の温度27度、湿度39%。夜18度、65%。

切り傷

どうも今朝はぼっとしていたらしい。いつも朝ごはんだけは自分で自分の好きなものを作るんだが、今日は特にこれが食べたいという希望もなかったので、何を食べようか迷っていたということもある。いつもだったら朝起きて、まず入り口の扉を開けたり、コンピュータを立ち上げたりしてから、朝食を作り始めるんだが、今日はなんとなしに、台所に行って作り始めてしまった。
冷麺にしようかチャーハンにしようかなどと考えながら、とりあえずねぎなど切ろうと、切り始めたとたんに、ザッと指を切ってしまった。先日研いだばかりの包丁で、思いっきり切ってしまっただけに、結構大きく切ったようだ。血がどんどん出てくる。
仕方ないので、ぺトラに頼んでたまねぎの薄皮で止血。これはいつものことながら本当に良く効く。こんなに出ていたら大丈夫かと思ったが、こんこんと湧くように出ていた血が、あっという間に血が止まった。
その後、ぺトラにオキシフルで消毒してもらい、軟膏を塗って絆創膏を貼ってもらった。しばらくして、もう大丈夫かと思い、続きをはじめたら、気がついたらねぎがへんな色をしている。また血が出てねぎについてしまったようだ。仕方ないので刻むのは断念。面倒なことだ。朝ごはんはすでに刻んだねぎだけを使い、ジャコチャーハンにして食べた。
今朝も起きたときはかなり肌寒かった。ところがやはり日中は良い天気で、かなり暑くなった。雨は降らない。
日中の温度28度、湿度39%。夜18度、48%。

魚の照り焼き

先日書いた市場の前の通りのピンクの花。昨日は結局市場のほうに行かなかったので、確認できなかったが、今日市場に行ったところ、やっぱりかなり散っていた。一本の木などもうほとんど花がない。やっぱりこれも風で散ってしまうようだ。
そうは言っても、いよいよ四旬節が近づいてきている。ブラジルなどではそろそろカーニバルの用意も追い込みにかかっているころだろう。今週末からカーニバルのいろいろな行事が始まり、来週の火曜日には終わってしまうわけだ。今年は3月9日の灰の水曜日から四旬節が始まる。
今日は市場に行き、いつも通り日曜日のメニューを考えながら買い物。メカジキが手に入ったので、今週の日曜定食はこれを照り焼きにすることにした。脂がありやわらかい魚なので、こちらで手に入る魚で一番照り焼きにむいていると思う。これも以前はあまり見たことがなかったんだが、最近時々手に入るので助かる。山の中の町であるアンティグアでも少しずつ手に入る魚の種類が増えているということなんだろうか。まあ日本人にはありがたいことである。
付け合せはいつも通りポテトサラダを作るつもりだが、ジャガイモが結構高かったので、市場の中を歩き回り、そこそこの値段で、大きくて良さそうなジャガイモを探す。ニンジンも高い。野菜で安いのはトマトとたまねぎくらいか。
朝起きたときには寒くて、ちょっとびっくりしたが、一日雨が降らず良い天気で、日中はかなり暑くなった。
日中の温度26度、湿度44%。夜19度、52%。

ドル預金

ずいぶん前にドルのトラベラーズチェックがなくなりつつあるということを書いた。実際ヨーロッパなどでは、今や唯一残っているアメックスのトラベラーズチェックすらあまり使えないんだそうだ。
確かに最近はトラベラーズチェックを持ってくる人は少なくなっている。というわけでドル現金で支払いを受けることが多いんだが、これも最近ドル現金を銀行に預金するのが月2000ドルまでとか3000ドルまでとか、銀行により制限ができているようで、なんとも面倒。ちょっと留守にしている間にたまったドル現金を預金しようとしたら、その銀行は週500ドルまでということで、全部受け取ってもらえなかった。これから毎週500ドルずつ預金していくしかないようだ。これに関してはトラベラーズチェックはそんな制限がないらしい。
旅行者は預金することなどないから関係ないが、両替も今まで1日500ドルまでできていた銀行も、200ドルまでになったりしているらしい。まあまだグアテマラでは200ドル換えられればそこそこ暮らせるので、良いようなものの、何かと不便なことには違いない。マネーロンダリング対策なのか、理由は良くわからないが、何とかならないものだろうか。
今日は朝のうちこそ天気が良くなりそうな感じで、暑くなるかと思ったが、風もあり、結局なんだか肌寒い一日だった。雨は降らなかったので、乾燥はしているが、夜になって更にちょっと冷える。
日中の温度24度、湿度42%。夜18度、55%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。