スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2年婚

メキシコで2年婚というのを市議が提案しているというニュースがあった。離婚する人が多く、その手続きが大変なので、2年と期間を切って結婚して上手く行ったら延長するってことらしい。これではなんだか仕事の契約みたいじゃないだろうか?どうやら2年以内に離婚する人が多いからということらしいが、なんともいえない感じがする。
というので、よっぽど離婚率が高いのかと思って、リンクしてある世界の離婚率というページを見たところ、メキシコの離婚率はかなり低い。日本のほうがよっぽど高い。更にグアテマラも一番下に載っている。
ただ、これはちょっと統計の問題があるように思える。グアテマラは離婚率は高くないが、結婚しない人が相当多いという問題があると思う。何しろ未婚の母は、自分の周りを見ると、日本と比べ物にならないほど多い。要するに先に子供を作ってしまい、結婚にすら至らず分かれてしまう人が多いということだ。更に地方の人はずっと結婚生活を送っていても、手続きとして結婚していない人が相当多いように思う。別に結婚制度に反対するとかそういう思想的な問題ではなく、手続きとして結婚をする意味が理解されていないのと、人によっては経済的な理由で、わざわざ出費をしたくないというようなことがあるんだろう。離婚がどうのより、こちらの方が問題がありそうな気がしないでもないが。
今日は日中天気が良く、かなり暑くなった。夕方から雨が降るかと思ったが、そのまま降らず、夜9時を過ぎてからシトシトと長い雨。
日中の温度29度、湿度50%。夜21度、71%
スポンサーサイト

一喜一憂

最近アエロメヒコ航空を使って到着する人が出てきた。以前、アエロメヒコ航空は日本からメキシコのティファナ経由でメキシコシティーへの便を出していて、メキシコからグアテマラまでの便も出したので、アエロメヒコ航空だけを利用して日本からグアテマラまで飛んでくることができる。しかも、メキシコーグアテマラ間は1日2便出しているようなので、乗り換え時間が2時間程度と、ちょっとヒヤヒヤ物だが、無理をすればその日の内にグアテマラまで飛んでくることができるわけだ。
随分と便利になったものだ。ロスアンゼルスまでの便も、メキシコ乗換えになるが、アエロメヒコを利用して行くことも出来る。直行のほうが楽に決まっているが、それでも選択肢が一つ増えたというのはありがたいことだ。
今航空券を探しているんだが、やっぱり直行便よりどっかを経由して行った方が安いようだ。ただ、マイレージを貯めようと決心した(毎年のようにそう決心してはついつい目先の安いチケットを買ってしまって挫折するんだが)ので、マイレージを持っているデルタ航空で飛びたい。グアテマラでは日本のように格安航空券を旅行代理店が売るということがないので、航空券はネットで探すことになるんだが、チケットの売れ行きで値段を変えるのか、日によって高くなったり安くなったりする。このため航空券を買うのは株の売買(したことないが)をするような感じ、毎日ネットで見て高くなったとか安くなったとか一喜一憂。
今週の日曜定食は魚の甘酢あんかけ。
日中の温度28度、湿度55%。夜21度、71%。

昨日いただいたコメント

昨日書いた、たくさん買うほど高くなるのは、ラテンアメリカでは結構普通にあるようだ。いただいたコメントを見ても、恐らく気がついてないだけで、他にもそういうものがかなりあるだろうと思われる。それだけに、買い物をする時にちゃんと計算をして買った方が良い。
最近は携帯電話を持ってるので、これに計算機がついているので助かる。日本はメートル法で大体統一されているので良いが、こちらは重さだけでもポンドを使ったり、グラムを使ったりややこしい。
昨日の砂糖で言うと、安い方は2500グラムだが、大きいのに高いのは25ポンドだ。幸い、25ポンドと書いて括弧してグラム表示もあったから良いが、そうじゃなかったら大変面倒。それでも、中途半端なグラム数なので、暗算なんてとても無理。
コメントにあった航空券に関しては、グアテマラから日本まで通しで(グアテマラからだと普通アメリカのどこかで乗換えとなる。)買ったほうが安いこともあるが、別々に買ったほうが安いこともあるのでややこしい。グアテマラに関しては日本のような格安航空券というのがないせいか、グアテマラの旅行会社で買うより、航空会社のホームページで買ったほうが通常安くつく。これじゃ旅行会社も大変だろう。
今日も朝から曇り勝ちの天気。いつ雨が降ってもおかしくない天気だった。結局午前中は降らず、午後になってから時々雨が降った。
日中の温度27度、湿度61%。夜20度、73%。


まとめ買いは良くない?

今日はスーパーに買い物に行った。砂糖を買ったんだが、こちらの人は結構砂糖を使うし、アタバルのコーヒーにも砂糖がいる。いつも2500g入りの袋を買うんだが、面倒なので25ポンド入りの大きな袋を買おうかと思った。ところが計算してみると、2500gの方が安くつく。当然大きな単位で買ったらそちらの方が安くなるものかと思っていたらそんなことない。こちらではこういうことが時々あるので、気をつけないといけない。
以前も洗剤を買うときに、大きな袋の方が安いかと思ったら、良く見ると小さい袋の方が安かったことがある。まあこれくらいはともかくとして、最近どうも不思議に思うのはジュース。モモやらリンゴの紙パック入りのネクターを売っているんだが、これを1個買うと1.95ケツアル(20円弱)。ところが、これを6個まとめたパックを買うと13.45ケツアルだ。これは一体どういうことなのか?
この6個まとめたパックを買う人はどういう人なんだろう?ばら売りの物を6個取れば良いだけのことなのに、わずかな差ではあるが、6個まとめただけで、わざわざ高いものを買う人なんているんだろうか?この差額は6個の紙パックをまとめるためのプラスチック代だろうか?ずいぶん前に気がついて、いつもスーパーに行くたびに、チェックしているんだが、相変わらず同じ値段で売っている。
今日も午前中からすっきりしない天気。午後からは曇り時々雨といった天気。そのせいかちょっと肌寒い。
日中の温度25度、湿度54%。夜20度、77%。

インド料理

4カジェの有名なパン屋兼喫茶店のドニャルイサの隣に、インド料理店があった。良く覚えていないが、1年か2年前に出来たように思う。それが最近閉まっていて、ここの所前を通るとドアが開いているんだが、中はがらんどう。どうやら閉店したらしい。
よく前を通るところなんだが、確かに人が入っているようなところはほとんど見たことがない。一時期アンティグアにはインド料理店がこの店を含め数軒出来ていた。なんだかインド料理のブームでもあるのかと思ったくらいだ。
ところがだいぶ前に一軒4アベニーダの北の端にあった店が閉まって、今度はここ。他の店は良く知らないのだが、大丈夫なんだろうか?やっぱりグアテマラの人たちは食べ物に関して結構保守的なところがあるので、なかなか新しい料理が浸透するのは大変なんだと思う。
一度どこの店でも良かったんだが、どんなものなのか食べに行ってみたかったんだが、ペトラが辛いものがだめで、インド料理は辛いというイメージがあるので、行く機会がないままになってしまった。辛くないものもあるんだと説得を試みていたんだが。
そこまで書いて思い出したが、確か3年位前のセマナ・サンタの時に6アベニーダにも、インド料理と書いた店があって、入ったことがあるが、その時はチャイを飲んだだけだった。その時はまだあまりチャイを見たことはなかったように思うが、最近は結構あちこちで見る。飲み物の方が入りやすいのかもしれない。
今日は日中は雲が多いが晴れ間もあり暑くなったが、昼過ぎから雨が時々降って涼しくなった。
日中の温度26度、湿度58%。夜20度、75%。

捨て子

先日外出した際に目の前にハチドリの生まれたばかりの赤ん坊が落ちてきた。ところが、今日は朝起きて、ジェシカと散歩に出ようとして、入り口のドアを開けようとした時に、何か柔らかいものを踏みかけてびっくりして足を引っ込めた。電気をつけてなかったので暗くて見えなかったが、最初は何か布巾のような布を踏んだんだと思った。足元を見ると、小さいものが動いている。ネズミを踏んだんだと思った。ところが暗さに目が慣れて来て良く見ると、ネズミではなさそう。電気をつけてみたら、なんとネコの赤ん坊。
幸い軽く踏みかけて足を引っ込めたので、生きている。それにしても、まだ目も開いていない。生まれたばかりのようだ。一体どこから来たのか?家の外ならともかく、ドアの内側で、周りはどこも閉まっていてネコだって入ってこられないはず。昨日の晩、ドアを閉めたときには何もなかった。まあそれはともかく、何とかしないといけない。とりあえず、ネコをポケットに入れてジェシカと散歩に出た。隣のパン屋で聞いたところ、昨日もネコの赤ん坊が近くの路上に捨ててあったんだそうだ。どうやら親ネコが捨てているらしいとのこと。困ったもんだ。
ペトラが粉ミルクをといて注射器で少しずつ飲ませた。5ccくらい飲んだ。これで一安心。しかし、ネコを飼うのはちょっと困る。幸いお手伝いさんのフリアの旦那さんが来て、もらってくれると言う。助かった。
今日の日曜定食はホイコーロで14人来てくれた。
今日は曇り時々雨といった天気。
日中の温度23度、湿度65%。夜20度、75%。

到着

先日取りに行ったアメリカのビザだが、これは当日にもらえることはわかったんだが、その時はパスポートを預けて、後日宅急便で送ってもらうことになっている。到着は月曜日のはずだったんだが、昨日たまたま外出しているときにこれが届いた。
月曜日と言われていたので、受け取りのための紙を置いてこなかったため、受け取れなかった。問い合わせてみたが、こちらでは再配達などという気の利いたサービスをしてくれないようなので、今日市場に行く前に、その宅急便の事務所まで取りに行った。無事受け取ることが出来た。なんと10年間有効のビザが出ている。5年かと思っていたが、これで当分面倒なビザの手続きはしなくて良くなるので助かる。
パスポートは5年間しか有効でないんだが、新しいパスポートになっても古いビザの付いているパスポートを一緒に持っていけば大丈夫なんだろうか?それとも移し変えたりする必要があるのか?ちょっとわからない。
このビザの面接、個室でやるのかと思っていたが、窓口があってそこでやるらしい。だから他の人の面接の様子は周りの人に筒抜け。シカゴに行くと言った人が、なぜ?と聞かれ、「近くに親戚がいる。」と言って見せた書類に書いてある親戚の住所はニュージャージーだったようだ。それで不合格。アメリカは広いから同じ国の中でも近いとは限らない。行く前に地図を見ておけばよかったのに。
今日は天気が良く暑くなった。
日中の温度25度、湿度50%。夜20度、70%。

厳しい

昨日のアメリカビザの続きだが、やっぱり大勢の人がビザを申請に来ているのには改めて感心した。最近はアメリカも不景気で、随分出稼ぎに行く人も減っているのかと思っていた。ところが、20年近く前に行った時より、システムが変わっていることもあるが、圧倒的に時間がかかるんだから、むしろ人は増えているのかもしれない。
こちらは外で待っていた訳だが、ベンチはいっぱいで座れないし、植え込みの縁に座っていたら、警備員に注意されるし、3時間近く立ちっぱなし。暑かったこともあってぐったり疲れた。しかし、フェルナンド小に言わせると、地方の人達はアメリカのビザを取りに行くのは、それなりのイベントだから、家族みんなが着飾って一緒について来るんだそうだ。まあその後、グアテマラシティーを見学したりして帰るんだろう。
とはいえ、面接を受けるだけで相当なお金を使い(150ドル以上は使うことになる。)朝早くから並んで3時間とか待ってビザを拒否されてしまったら相当なショックだろう。実際あれだけいた人の中でペトラまで20組とちょっとしかビザが出てないんだと係官が言っていたという。高齢者であれば、まさかアメリカに働きに行くということはないだろうから大丈夫かと言うと、そうでもないらしい。ペトラより前に4人ほど結構年の人が並んでいたようだが、そのうち2人は拒否されたという。厳しいものだ。
今週の日曜定食はホイコーロ。
今日は大体良い天気で暑くなった。それでも夕方から涼しい風が吹いてきて、雷もなり、夕方から夜にかけ雨が降った。
日中の温度27度、湿度58%。夜21度、72%。

アメリカのビザ

今日はペトラのアメリカビザの面接の日。朝7時前にアタバルを出発し、グアテマラシティーへ。面接の時間は10時だが、1時間前くらいについておけと言われているし、朝のその時間は最近ものすごく渋滞すると言われているので、7時前でもギリギリという感じ。
実際大使館に着いたのは9時15分前。まあ予定通り。中には申請者だけしか入れないと言うので、フェルナンド小と一緒に近くの喫茶店に行った。入り口のところにいた申請の手伝いをする業者の人たちが、「今日は人が少ないから、1時間半くらい出てくる。」と言っていた。これで少ないのかと思うほど人がいたが、喫茶店で45分くらいいて戻った。ところがぜんぜん出てこない。ベンチは一杯なので、近くの植え込みに腰掛けていたら警備員に注意されるし、ずっと立ちっぱなしで待ち続けた。結局出てきたのは12時半ごろ。暑いし待ちくたびれたし、なんと言っても腹ペコだ。とはいえ、無事ビザは取れたので、お祝いに近くの中華料理店に行きたくさん注文して食べた。
中に入ってから3時間以上いたわけだが、ペトラの話では面接は5分かからないくらいだったらしい。いろいろ用意していった書類も、見せようとしたら、「ああ、いい。」と言われたそうだ。約100ケツアル(約1000円)の電話代を払い取った予約も結局早い者勝ちで、列に並んだ順みたいで、全く意味がわからない。とはいえビザが取れたので良かったが、えらくくたびれた。
幸い今日は天気が良かった。それでも夕方から夜にかけて少し降った。
日中の温度27度、湿度58%。夜22度、72%。

明日面接

いよいよ明日はペトラのアメリカビザの面接。グアテマラシティーに行かないといけない。いろんな人に聞かれるが、グアテマラ人は日本に行くときにはビザは要らない。基本的にビザはお互いに同じ条件になるんだそうで、日本人がグアテマラに入るときはビザが必要でないから、グアテマラ人が日本に入るときも不要と言うことだ。
もちろんこれはあくまでも建前であって、アメリカ人はグアテマラに入るときにビザはいらないが、その反対の場合は必要だし、日本に入るのに、コロンビア人はビザが必要なんだと聞いた。日本人がコロンビアに行くときはビザは要らない。在コロンビア日本大使館のホームページを見ると2004年の2月からと書いてある。
何でそういうことになるのか良くわからないが、20年位前に始めてペトラと一緒に日本に行ったときのことを思い出した。日本に入国の時、ちゃんとグアテマラのパスポートを出しているにもかかわらず、係員の人が「コロンビア人ですか?」と聞いた。当然ペトラは「グアテマラ人。」と答えて問題なく入国したんだが、その頃からコロンビア人をチェックしていたんだろう。理由は良くわからないが、ペトラは怒っていた。
今晩は必要書類の確認。これまた以前アメリカのビザを取りに行った時、グアテマラシティーに行く途中でペトラがパスポート忘れたといって、そこから引き返してきたことがあったが、今度は日時を決められているので、そういうわけには行かない。
日本は台風が来ているようだが、こちらは午前中すごく良い天気。夕方からちょっと曇って涼しくなった。
日中の温度27度、湿度56%。夜20度、72%。

びっくり

ニュースを見ていたら、グアテマラシティーの中央墓地の壁が崩れたと言っていた。なんでも突然崩れたような感じだった。それにしても、この壁はもうかなり大きなもので、その下ではよく屋台などが出ていたし、人通りもあるところなので、今のところ人的被害はないとのことで良かった。実際相当歴史を感じさせる壁だったので、古いものだと思う。近くにいた人はびっくりしたことだろう。
びっくりしたといえば、夕方に電話が鳴って、返事をしたところ、かすれたようなヘンな声で、どうも機械で音声を変えているような感じに聞こえた。その声で何かごそごそしゃべっている。何を言っているのか良くわからない。一瞬これが噂に聞く脅迫電話かと思った。
切ってしまおうかと思ったが、良く聞いたら生徒さんの名前を言っている。これは何事かと思って良く聞き直したら、なんとアタバルの先生のカルロタだった。のどが炎症を起こして、声が出なくなったので明日の授業が出来ないと連絡をするために電話してきていたんだった。そんなんだったら自分でかけなくても家族にかけてもらえば良いのに。びっくりした。
今日は朝から曇っていて寒い一日。いつ雨が降ってもおかしくない天気。買い物に出たが、雨が降る前にと思ってさっさと帰ってきた。ところが昼になっても雨が降らず、そのまま夜になった。結局一瞬小雨が降ったように思うが、ほとんど雨が降らないまま。
日中の温度21度、湿度73%。夜19度、78%。

20ドル

先日銀行にドルの小切手用の口座を開こうとして行ってきた。前も書いたように、最近ドル、特にドル現金の扱いがいろいろ制約されていて、面倒なことが増えたので、小切手で動かせるようにしようと思った。
ところが、断られてしまった。銀行によりいろいろな制約があるそうなんだが、先日行った銀行では、ケツアルの口座を6ヶ月以上維持していないとドルの口座が開けられないようになったらしい。先月聞きに行ったときはそんなこと言ってなかったのに。そう言うと今月から決まりが変わったんだとか。
やっぱり麻薬資金の洗浄を取り締まるために、そういう規制ができたんだそうだ。しかも、6ヶ月間、単に口座を開けてるだけではだめらしい。ちゃんとそれなりに動かしてないと認められないといわれた。これは面倒だ。
更に今日銀行に勤めている知り合いに会ったので、その話しをしていたら、特に20ドル紙幣が良くないんだと言う。そういう人達は相当な金額を動かすはずなのに、それが20ドル紙幣なのか?と驚いたが、彼が言うにはアメリカで一般的な麻薬の流通単価が20ドルなんだとか。だから、そういう人達は20ドル紙幣をたくさん持ってるんだそうだ。先日もどこだかの空港でテレビのケーブルに見せかけて、芯に20ドル紙幣が巻き込んであるものが摘発されたんだとか。今のところ20ドルを銀行で受け付けないとかいったことはないようだが、思わぬところでいろいろな影響が出るもんだ。
今日は午前中から曇りがちで、昼から曇りでたまに雨。。
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、73%。


思い出話

今のお手伝いさんの力持ちのフリアはアタバルで働いてそろそろ2年になる。お手伝いさんは比較的入れ代わりが激しく、大体2,3年でやめて行く。特にここの所若い女の子が多かったので、結婚したり、妊娠したりしてやめていく。
そんな彼女たちも子供が出来てしばらくして落ち着くとアタバルに訪ねて来てくれる。今日はちょうど9年前にアタバルが火事になった時に働いていたヨハンナが来てくれた。サン・アントニオ・アグアス・カリエンテスの人で、彼女も結婚してやめたんだが、もう子供もだいぶ大きくなって、ちょうどアンティグアに出てきたので、寄ったとのこと。
結婚して旦那さんとベリーズとの国境の村にサン・アントニオの民芸品を売りに行っていたはずだが、あまり商売が上手く行かなくなって、2年前に帰ってきたんだとか。子供が出来てだいぶ貫禄がついたが、話をしてるうちに、9年前の面影がだんだん思い出してきた。
まあこうして昔働いていた人たちが、久しぶりに訪ねてくれるのはうれしいもの。ペトラも昔の思い出を話したりして楽しそう。ヨハンナの場合、ちょうど火事になって焼け跡で、キャンプのような生活をしていた時だったので、余計思い出が多いんだろう。しかしもうあれから9年たったとは、ちょっと呆然とする。
今日の日曜定食は掻き揚げで14人来てくれた。
朝から曇り勝ちの天気で、午後から降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度65%。夜20度、74%。

飛行機の座席

朝から雨が降っている。たいした降りではないが、今日は市場に買い物に行くので、雨が降る中、市場を歩くのはちょっと憂鬱。と思っていたら、9時前ころには晴れてきて、ほっとした。
結局市場で買い物をしている間も降らず、むしろ天気が良くて暑くなってきた。しかも、雨でいつも早く買い物に来る人が晴れるのを待っていたんじゃないかと思うほど、人がいっぱい。まあ15日の給料日の後という事もあるのかもしれない。とにかく目的のものを買って、雨が降らないうちにさっさと帰ってきた。
ネットのニュースを見ていたら、ちょっと面白いサイトが紹介してあった。飛行機の良い席を見つけるのに役に立つサイトだという。各航空会社の各フライトの席が出てきて、ここはトイレに近いとか、人通りが多いとか、ちょっと広いとか、荷物を置くスペースが小さいとか書いてある。これを見て席を選ぶときの参考にすると良いらしい。
まあグアテマラから日本まではどうしても15時間以上飛行機に乗ることになるので、少しでも快適な席だとずいぶん苦痛が減る。以前は仕切りの前の広い席を一生懸命とっていたんだが、最近は航空会社も世知辛くなって、そういう席は別料金を取ったりする。ちょっと見ると良さそうな席は、非常に少ないので、上手くそこの席を取れるかは疑問だが、今度飛行機に乗るときはこれを参考にしてようと思う。
朝降ってからずっと雨はやんでいたが、夜になってまた降り出した。
日中の温度26度、湿度56%。夜21度、82%。

メキシコの独立記念日

昨日いただいたコメントにもある通り今日はメキシコの独立記念日。グアテマラとは1日違い。ただ、独立したのはメキシコの方が11年早いんだそうだ。それで今年グアテマラは独立190年となった訳だが、確か去年メキシコは200年を祝っていた。ちなみにグアテマラだけでなく、中米のホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカは中米連邦で一緒に独立したので、昨日はこれらの国も同じように祝っていたはず。
何しろ国の大きさもずいぶん違うし、メキシコの独立記念日のお祝いは派手。なんと言っても、メキシコのテレビ番組は中南米のテレビの番組のかなりの部分を占めているだけあって、有名な俳優やら歌手やらはメキシコ人が多く、そうでなくてもメキシコなどに住んでいることが多い。それだけに、メキシコの独立記念日のお祝いなどは有名な歌手やらタレントが出て、まあそれだけ豪華な感じがする。
こちらはもう静かなもの。週の終わりで、というか学生やその親たちは昨日行進をして、恐らくずぶ濡れになったりしているので、今日は疲れて休んでいるんだろう。僕はそんなこと関係ないので、今日はいよいよ来週に迫ったペトラのアメリカビザの面接のための必要書類を集めに出かけた。銀行の3ヶ月の取引記録などを持っていったほうが良いといわれたので、それをもらってきたんだが、最近は銀行が発行してくれるというより、こちらがネットで取引記録を出して印刷し、それを持って行ったら承認の判子を押してくれるだけ。ずいぶん銀行は手を抜いてる感じ。
今日は曇り勝ちの天気だったが雨は降らなかった。
日中の温度26度、湿度48%。夜22度、68%。

独立記念日

独立記念日の今日はお休みなんだが、いつも通りに朝早く起きた。最近はジェシカの散歩を朝にしているんだが、今日は朝からアタバルの傍のガソリンスタンドのある角から鼓笛隊の行進が出るので、その前に散歩をしておきたかった。
幸いまだ5,6人それらしい人が集まり始めたところで、無事散歩を終えた。その後午前8時位から行進が始まる。もう太鼓の音やら何やらでものすごい。しかも、アタバルの前は出番を待つ学校が集まっていて、大騒ぎ。
これも10時までには全ての学校が出発し、静かになった。その後、木曜日なので市場に買い物に行ったが、やはり今日は多くの店が閉まっていた。それ程買い物があったわけではないので、簡単に買い物をして、お昼を食べに行く。これが幸いした。
お昼を食べに行く途中ですでにパラパラと雨が降り始め、しばらくするとものすごい土砂降り。風もあって入り口に近いところではしぶきが吹き込んでくる。奥に避難。そのまま30分ほど激しく降った。道は川のようになっている。これでは行進している人たちはずぶ濡れだろう。かわいそうに。
午後はまた各学校のマーチングバンドが出て大騒ぎ。中央公園などでやって、終わった後はそのままドンドンやりながら各学校に帰っていくんだが、夜8時ごろにアタバルの前をそのうちの一つが通った。ものすごい音で、テレビの音を倍にしても聞こえない。エミリオ・エステファンのインタビューを見ていたんだが、なんだか全然わからなかった。
夕方から夜にかけても雨が降ったりやんだり。
今週の日曜定食は掻き揚げ。
日中の温度23度、湿度65%。夜20度、81%。

独立記念日前日

明日は独立記念日だが、その前の今日はあちこちの町から別の町に出かけて行って、そこでたいまつをつけて自分の町に持って帰る。アンティグアからもいろんなグループがあっちこっちに行っている筈だが、アンティグアに来る人たちも多い。そんな人達で、今日はアンティグアの町もいっぱい。学校も休みになるので、子供が多い。コバンの方から来ている人達もいる。
町の中は人が多いばかりでなく、それぞれピッピッと笛などを吹いて走っているので、相当うるさい。しかも今日は鼓笛隊が行進をしている。これは明日の練習なのか、今日が本番のところがあるのか良くわからないが、これまた相当うるさい。いずれにしろ明日もまたドンドコやることは間違いない。まあ独立のお祝いなので仕方ないだろう。
それにしても夜になってもずっと騒いでいる。たいまつを持って走るくらいなので、夜の方が見栄えがするのかもしれない。それにしても今日はたいまつを持って走るのには良い天気になった。昨日までの雨が降っていたのが嘘のように今日はまだ一回も降っていない。日中は天気が良すぎて暑かったので、大変だったろうが、雨が降るより良いだろう。夕方ごろには少し雲が出て、更にゴロゴロと雷が鳴り始めたので、これはザーっと一雨来ると思ったが、ぜんぜん外れて、降らないまま。
夜になっても雨が降らず、ただその割には涼しくなってきた。夜中走って村に帰る人たちもいるらしいので、このまま降らない方が助かるだろう。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、71%。

準備

いよいよ来週はペトラのアメリカビザの面接なので、今週はそれに備えて、いろいろ書類を集めないといけない。まあ何を聞かれるかわからないので、必要かどうかはわからないが、アメリカで働く必要がないと言えるような材料を示さないといけないらしい。確かに、グアテマラからは相当の人数の人が働きに行っていて、その大半は不法労働なので、疑いの目で見られるのは仕方ないかもしれないが、本当に面倒臭い。
それと平行して日本までのチケットの料金も調べているんだが、結構高い。円高なのでドル表示のものを円に換算すれば、それほど高くはないんだが、基本的にドルで考えているので、ドルのまま見るとつい数年前まで日本まで往復1000ドルと思っていたのが嘘のようだ。燃料費が相当高い。チケットの値段を見て、安いと思っていると、大抵燃料費が入っていない料金。燃料費を入れると、すぐに倍近くになってしまう。
今度はエルサルバドルの方に暴風雨が来ているらしい。まだ今年はグアテマラに直撃して大きな被害が出たというニュースは聞いていないが、まだまだ台風シーズンはこれから、安心は出来ない。
そのエルサルバドルの暴風雨の影響か、今日は朝から曇っている。いつ雨が降ってもおかしくない感じ。実際市場とスーパーで買い物をしていた朝の11時ごろから雨が降り始めた。その後やんだが、また昼過ぎにかなり降った。そのせいで日中もかなり肌寒い。夜にも少し雨が降った。
日中の温度23度、76%。夜20度、77%。

選挙の後

昨日の選挙の結果が出たようだ。大統領選挙は結局1位の候補も40%に達しない程度だったので、12月に2位の候補と決選投票になる。また選挙運動かという感じ。一回で終わって欲しかった。
昨日テレビの解説を見ていたら、解説の人が「結局選挙のキャンペーンにお金をかけた候補が勝つんだ。」と言っていた。影響されやすいってことだろう。まあ実際1位、2位の候補は最もテレビCMなどを流していた2人で、それの影響で1位と2位になったんだったらかなり悲しい結果だ。ただ、大統領選の結果は事前のアンケートの結果とほぼ一致していたということで、それほど大きな不正はなかったんだろうとのこと。
アンティグアの市長は現職の市長が再選。ただ、不正があったとかで2人ほど逮捕されたらしい。これもまたお金で決まるってことか。グアテマラ市の市長に関しては事前のアンケート調査があったが、アンティグアのは見たことがなかったので、どうなっているんだかわからない。こちらの方は決選投票の制度はないので、これで決まり。あと4年間は今の市長のままということだ。
テレビのニュースを見ていたら昨日はグアテマラ市などあちこちで大騒ぎをしていたらしい。勝った党の本部ではコンサートをしたりして、すごい人だったようだ。
昨日は天気が良くて、選挙日和という感じだったが、今日は一転朝から曇りがちの寒い天気。午前中から雨が降った。その後も降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度72%。夜20度、77%。


選挙

今日は選挙の日。僕は当然投票はできないが、ペトラが投票に行くので、それについて行った。ラサールという学校がペトラに当たった投票所。いつも日曜日に昼ごはんを食べるピザ屋さんの向かいなのでちょうど良い。
昼前に行ったがものすごい人。ものすごい長蛇の列ができている。前の方に並んでいた知り合いの人に聞いたら、もう40分も並んでいるとのこと。それを聞いて、ペトラは「もうやめよう。」と言うが、せっかく来たのに投票しないで帰るのもなんだと思って、投票するように言って列に並んだ。
ペトラと交代でちょっとそこら辺をウロウロしてみたりして時間を潰し、なんと投票箱までたどり着き、投票をしたが、1時間半近くかかった。身分証を変更して(まだ変更してない人も相当いるようだが)初めての選挙と言うこともあるのか、今回の選挙は運営が全く出来ていない様だ。今までは長くても30分くらいしか待ったことがないと、ペトラは怒っている。
終わってお昼を食べに行ったが、もうお腹がペコペコだった。グアテマラシティーではもっとすごい人だったと言うし、アンティグアでも他の場所では2時間かかったといっている人もいた。
日曜定食は豚肉のしょうが焼きで7人来てくれた。
日中は晴れたり曇ったり、夕方から少し雨が降ったりした。
日中の温度27度、湿度47%。夜20度、72%。

力持ち

フリアは力持ち。フリアは今アタバルで働いているお手伝いさん。たくさん買い物をして帰ってきて、重くてフーフー言って帰ってくると、その袋をひょいと受け取って奥に運んでくれる。洗濯して濡れた重い布団を運ぶのもお手の物。
先日はドアの修理に使うため、結構太い針金をペンチで苦労しながら切っていたら、見かねたのか、「ちょっと貸してみろ。」と言って、ペンチと針金を取り上げて、パチパチと僕よりよほど早く切っていた。
今日市場で買い物をして帰ってきたら、このフリアが苦笑いをしながら来て、「台所の蛇口が壊れている。」と言う。何事かと見に行ったら、確かにポタポタと水がたれている。どうもグアテマラの普通の蛇口はあまり質が良くないので、すぐ中のパッキンなどが緩んで水が漏れるようになる。そのため、これはアンティグアのいくつかの大工道具屋を回ってアメリカ製という、ちょっと良いのを買ってきてつけたもの。ちゃんと閉めてないのかと思って、レバーを持って確かめようとしてびっくり。この金属製のレバーが折れている。「これ折れてる。」と言うと、恥ずかしそうに、どうも水が漏るので、きつく閉めようとしたら、折れちゃったんだと言う。一体どんな力で閉めようとしたのか。
ペトラは怒って、「こんなんじゃ旦那がかわいそうだ。」とわけのわからないことを言う。良く聞くと喧嘩しても勝てないだろうといことらしい。
今日は午前中から曇りがちだが日中は暑かった。午後になって雨が降ったが、夜には晴れた。
日中の温度28度、湿度50%。夜20度、70%。


ガスのポイント

午前中市場に行って、肉を切ってもらってきた。豚肉のしょうが焼き用。これを午後に一人分ずつ量って分けで用意する。市場でいつも土曜日に昼ごはんを食べる食堂の前を通ったら、呼び止められた。「先週の土曜日、タオルを置いていっただろう。」と言う。確かにペトラがタオルをなくして騒いでいた。ちゃんと取っておいてくれたようだ。
ペトラは汗かきなので、最近のように暑いと市場を歩いているだけで汗だくになる。それでタオルは必需品。ちょっと濡らしてあるので、暑いときにそれを首筋や頭に当てるだけで、随分と涼しくなる。とにかくちゃんと取っておいてくれて良かった。
ガスは少し値段が下がったようだ。しかも今日セタ・ガスというガスの販売会社の人が来て、パンフレットを配って行った。何でも、今代理店がたくさんあるが、そちらが勝手に2ケツアル(約20円)くらい上乗せして売っているんだそうだ。そこで、直接セタ・ガスにかけてくれれば、安く買える上に、1ポンド(ガスはポンド売り)につき1ポイントくれて、それを貯めたら、ポイントにより商品を貰えるんだという。もらったパンフレットにはいろいろな商品とそのポイントが書いてある。このポイントは特にカードとかあるわけでもないようなんだが、どうやって管理するのか?
午前中天気が良く、今日もものすごく暑くなったんだが、昼からまた曇って、少し雨が降った。昨日のニュースではメキシコの南部チアパスの方に、暴風雨が来ているんだとか。日中の温度29度、49%。夜21度、72%。

市場で

今日も実に暑い一日。日本の残暑も厳しいんだろうが、このちょっと季節はずれな感じのする暑さもこたえる。
今日は市場に行きいつも通り買い物。結構人が多い気がした。ここのところアンティグアは観光客が例年より少ないというような話を聞く。そのせいかちょっと不景気な感じがしていたんだが、これだけ市場に人が買い物に来ているのを見るとそうでもないのかもしれない。
今日も選挙運動の人たちが市場の中を回っていた。アンティグアの市長候補だが、確かに市場はかなり古くなってきていて、下水が詰まったり、雨漏りがしたり、いろいろ問題があるようで、アンティグア市の行政の争点の一つであるらしい。ただ、買い物に来ている人はともかく、売っている側の人はアンティグア市以外から来ている人の方がかなり多いはずで、売っている人に愛想を振りまいても票にはならないだろう。
郵便局は相変わらずだめ。ペトラが怒って「この荷物が来たら日本に行くことになっているのに、なかなか来ないんでものすごく困ってる。」と大嘘を着いた。そうしたら、あっちこっち電話をして「月曜日には必ず来る。」と言う。ということは、そうじゃなかったらもっとかかってるってことか。彼らに言わせると、税関が止めているということだが、いずれにしろひどいもんだ。
今週の日曜定食は豚肉のしょうが焼き。夜になってかなり雨が降っている。
日中の温度30度、湿度59%。夜22度、湿度72%。

大掛かり

今日午前中中央公園を通ったんだが、遠くからでも見えるほどどでかい舞台を作って、それを天幕で覆っている。一体何事かと思っていたら、ペトラが「きっと誰かが嘘をしゃべりに来るんだ。」と言う。良く考えれば、そういうことだ、もう残り1週間を切った選挙のキャンペーンで誰か来るんだろう。
中央公園は四方の道路を封鎖して、車が入れないようにしている。それにしても随分と大掛かりな装置だ。そこで、その準備をしている人に、「誰が来るの?」と聞いたら、今大統領選のアンケート調査で第1位になっている候補者が来るとのこと。
今のアンティグアの市長は4年前の選挙の時は現大統領の政党から出ていたんだが、今回はこの最有力の候補の政党に乗り換えている。なかなかすばしっこい。そこで、これだけの大掛かりなことをするんだろう。
公園を通って近くの大きな薬局の前を通ったら、そこの親父さんが(ペトラの知り合いなんだが)、手を振って呼んで「見ろ、この金のかけよう。どっから出た金を使ってるかわかったもんじゃない。」と苦々しそうに言う。確かに、こんなことをあっちこっちでやって、更にテレビも広告もバンバン流しているので、相当のお金を使っているだろう。
今日は朝のうち曇り勝ちの天気だったが、そのうち天気が良くなり、日中はカンカン照り。外を歩いているとジリジリするくらいの天気だ。結局そのまま夜まで雨は降らず、結構暑い。
日中の温度29度、湿度52%。夜22度、72%。

郵便物

もう1月以上前に日本から荷物を送ってもらった。ところが、まだ届かない。まず最初の問題は宛名を間違えたこと。グアテマラでは500ドル以下の内容物の荷物を1年(この1年が通常のカレンダーの1年なのか、4月から始まる年度なのかというのはわからないと郵便局の人が言っていた。)に1人1個税金などの問題なしに受け取れることになっているらしい。ところが、先日自分が日本にいたときに1個荷物を送っている。これを自分宛に送ったものだと思い込んでいて、今回はペトラ宛にしてもらった。それが間違いで、前回もペトラ宛に送っていた。このため、税関で止まってしまい、時間がかかっている。
それでもやっとこの前税金の額が決まって、郵便局で支払ってきた。ところが、それから3日程度で着くということだったのに、もう1週間たっても来ない。そこで今日郵便局に行ってきたんだが、まだ着いていないということ。
郵便局には「今日来た郵便物は、今日中に配達しよう!」という、郵便局員向けのスローガンを書いた紙が貼ってある。まあまだ荷物はアンティグアの郵便局に届いていないんだが、グアテマラ市の中央郵便局ではこういう紙は貼ってないんだろうか。
昨日の夜相当長くなりそうな雨の感じで、心配したが、幸い朝にはやんでいた。それでも雲の多い、寒い天気。昼からは結構雨が降り、気温は全然上がらない。夕方には結構強く降った。そのまま夜になってもかなり降っている。これだけ降ると涼しくて寝るには良いが、また道路などが崩れないかちょっと心配。
日中の温度23度、湿度70%。夜20度、77%。

あと1週間

あと1週間で選挙。もう選挙運動も追い込みで昨日も相当あっちこっちで騒いでいた。アタバルの前も選挙のキャンペーンの行列が通ったが、車を連ねてクラクションをプープーならしている。アンティグアではクラクションを鳴らすのは禁止だったんじゃなかったか?選挙運動となると別なのか?
それを決めた今の市長さんのキャンペーンも土曜日市場の前の通りで派手にやっていたが、それだってクラクションこそ鳴らしてたかわからないが、相当にうるさかった。クラクションを鳴らさなければうるさくても良いのか?
まあなんだかわからないことが多いが、これもあと1週間。その後は大統領選は決選投票になればもう一度あるが、市長選は決選投票がないので、これで終わり。来週の今頃はもう次の市長さんが誰になるかわかっているはず。大統領選はグアテマラ全国が対象なので、アンティグアに集中するようなことはないので、そんなにうるさくはならないだろう。今日は朝起きたときに、また霧が周りの丘を覆っていたが、雨は降っていなかった。ところがその後から雨が降り出し、これは一日雨かと思っていたらすぐにやんで昼頃は結構暑くなった。
ところが午後になってまた結構な雨。降ったりやんだりだったが、かなり強い雨も降った。おかげで夕方にはもうだいぶ涼しくなった。昨日までの暑さを思うと、これくらいのほうがずっとすごしやすい。夜になってずっと雨が降っている。
日中の温度26度、湿度63%。夜20度、77%。

ロビンソン・クルーソー

ケーブルテレビの78チャンネルはチリの放送局のものなんだが、昨日からチリの島に行った飛行機が落ちたニュースをずっとやっている。何でも去年のチリの大地震の時に津波でかなり被害があった島らしい。この島の復興をチリのテレビ局が援助していたようだが、この一環のテレビのクルーが乗った飛行機が海に墜落したようだ。
飛行機の乗組員を含め21人が乗った小さな飛行機だったようだが、これに乗っていたのが、ビニャ・デル・マールというチリで行われるラテンアメリカでは有名な音楽祭の司会をしていた人。チリでは相当の有名人だったらしい。
この墜落したのがファン・フェルナンデス諸島の島。チリの島というとイースター島が有名だが、チリは海岸線の長い国で、それ以外にもいろんな島がある。このファン・フェルナンデス諸島もあまりなじみのない島だが、ロビンソン・クルーソーのモデルとなったと言われるアレキサンダー・セルカークがいた島がある。
今日は午前中天気が良く、暑くなった。昼過ぎにはアンティグアの周りの丘が霧で包まれてきたので、これは雨が降るだろうと言っていたら、なんとそのままぜんぜん降らすに、夜まで暑かった。
ペトラは洗濯物が全部乾いたと喜んでいたが、夜の日曜定食は作っていると暑くて汗だくになった。メニューは魚と野菜の豆鼓炒めで結局12人来てくれた。ちょうど用意していた魚も野菜もなくなった。
日中の温度29度、湿度48%。夜22度、68%。

選挙運動

朝からいつも通り市場に買い物に行ったんだが、市場の前の通りは選挙運動の人で一杯。しかも、ほとんどがPPという今回大統領選で最も有力といわれている人の政党。このPPはアンティグアの市長選でも有力といわれているようだ。
何しろ選挙運動に関しても圧倒的な物量。他の政党のもあるにはあったが、間に隠れて、探さないとわからない程度。お金で決まるってことか。すごい大勢でやっているので歩きにくい。
市場の中では、今度は別の政党の人たちが集団で歩きながら市場の人たちと話をしている。ただでさえ月初めで市場は混んでいるのに、そこに大勢で来て立ち止まったりして話をするので、邪魔でしょうがない。運の悪いことに僕の歩く道順と彼らの道順が重なっているのか、3回も遭遇してしまった。その度に迂回したり、話が終わるのをじっと待ったりして迷惑この上ない。
まあ選挙運動だから仕方ないんだろうが、こんなことやって得票があがるんだろうか?ちょっと不思議な感じがする。
それにしても、今日は朝起きたときは厚い雲がかかっていて、今日こそ雨が降ると思った。今まで降ってほしいときに降らないで、市場に買い物というときに降るなんてなんてことかと思ったが、その後晴れてきて、買い物をしていても暑くてしょうがない。やっぱり雨の方が良かったかと虫の良いことを考える。結局夕方5時ごろから雨が降り涼しくなった。その後降ったりやんだり。
日中の温度26度、湿度57%。夜22度、70%。

看板

先日アタバルの看板を付け替えた。今までのものがもう日光と雨とで字が非常に薄くなっていて、ほとんど見えないと先生たちから言われていた。その後、一度「アタバルを探したんだが、良くわからずに何度か前を通り過ぎた。」というお客さんもいて、やっぱり新しくした方が良いと思った。その看板は以前ジュンさんが作ってくれたものだが、今はジュンさんはホンジュラスなので、どこで頼むか考えていた。そうしたら、ペトラがフェルナンド小のおじいさんが趣味でそういうのを良くやっていると言うので、聞いてみた。
できるというので、お願いした。1週間ほどして小が持ってきてくれた。白をベースにして、きれいに出来ている。あまり新しく見えないようにしたという事だったが、これだったらわりと目立つし良いだろう。看板の色や大きさも世界遺産であるアンティグアでは制限があるので、これだったら大丈夫そう。
あんなに言っていたのに、看板を新しくして、何か言うかと思っていったら、誰も何にも言わない。やっと昨日先生たちが3人アタバルを出たところで立ち話をしていて、気づいたらしく、「看板新しくなってる。」などと言っている。あんなに言ってたんだから、もっと早くに気づけば良いのに。
今日は日中猛烈に暑い。何しろ天気が良くてカンカン照り。昨日は雨が結局降らないままだったので、今日はちょっと降って涼しくなってもらいたいものだ。夕方には風が強く、ちょっと雲も出てきたので期待したが、結局降らないまま。
日中の温度31度、湿度45%。夜23度、64%。

ペピアンの色

今日のお昼はペピアン。豚の背骨の部分が入っている。肉は少ないが、骨の近くの肉はおいしい。それに骨の中の髄がまたおいしい。ただ、食べるのは大変。骨の間の肉をほじりだして、さらに髄も吸い出さないといけない。このため、お行儀良くフォークとナイフなどで食べることは不可能。手と箸かナイフを使って食べないととてもじゃないが食べられない。
このペピアン、今日は比較的茶色。普段のはもっと黒いんだが、ペトラに言わせるとソースを作るのに使うチリ(唐辛子、といっても辛くないもの)の具合で決まるらしい。このチリを焼いて、少し焦がしてからミキサーにかけるので、この焦がし具合で決まるのかと思っていたが、同じようにしても、色が違うんだという。
ただ、一般にレストランなどでペピアンを食べると、この手の茶色いものが普通。あまり黒っぽいものはない。まあ色は別としておいしければ茶色でも黒っぽくてもどちらでも良い。
今日は市場で買い物。幸い魚が手に入ったので、これで今週の日曜定食は魚と野菜の豆鼓炒め。相変わらずピーマンは高いが、先週のチンジャオロースほどたくさんいらないので、良いだろう。
朝のうち結構天気が良くて市場を歩いていても相当汗をかいた。昼には雲が出てきたので早くから降ると思ったが持ち直し夜まで降らないまま。
日中の温度28度、湿度53%。夜23度、69%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。