スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も1年ありがとうございました。

今日で今年も最後。まあ先週のクリスマスイブも土曜日で、同じような感じ。今日も昼前に市場に行ったが、ペトラは人が多くてもう入るのが嫌だというので、ペトラを外のレストランで待たしておいて、僕だけ必要なものを買いに市場に入った。
まあ大して買い物をすることもないので、すぐ買い物をして、市場の顔見知り店に、挨拶だけして、さっさと出てきた。確かに人出は多かったが、24日ほどではない。24日は僕も入る気になれなかった。
ここでまたカレンダーをもらったので、これでカレンダーは大体必要な分が揃った。あと1つ大きめのがほしいが、これは一応あてがあるので、何とかなりそう。本当にどっかで売ってれば、こんな工面をしなくて済むのにと思う。
その後夜はペトラが鳥の丸焼きを作ったので、これを食べた。しかし、最近夜は軽く済ませる習慣がついているので、そんなにたくさん食べた訳ではなくても、なんとなく腹が重い。まあ今日は夜中まで起きていることになるので、良いけど。
明日も日曜定食はお休みにさせてもらっているので、今日はゆっくり。次の日曜日(8日)からまた再開。
とにかく大晦日。今年も一年ありがとうございました。
来る来ると言って、全然来ないままの寒波。今日もむしろ暖かい一日だった。このまま暖かくなってくれると良いんだが。
日中の温度24度、湿度56%。夜18度、66%。
スポンサーサイト

円高

今日は今年最後の授業。今年はちゃんと金曜日で終わるので、きりが良い。今年は雨季にかなり人が少なくて大変だったが、乾季になって戻ってきてくれた。理由は良くわからない。実際に乾季、雨季を来る人が選んでいると言うわけではないと思う。「円高の影響だ。」という人もいる。
確かに今大変な円高で、海外に旅行に行く人はずいぶん得した感じがすると思う。何しろ円とケツアルの換算も今までは1ケツアルが13円とかあまり計算し易くはなかったんだが、今は大体1ケツアル=10円になっている。これは随分計算し易い。そのため、今まではわざわざ換算しなかったものをつい日本円に換算して考えるときがある。
便利じゃないかと思うが、こうするとなんとなく貨幣価値に狂いが生じる。例えば外食をして2人で200ケツアルというと、そこそこ使った感じがするが、円にすると2000円である。日本で2人で外食して2000円というのはむしろ安いくらいだ。
要するに今まではグアテマラではグアテマラの貨幣価値感覚で暮らしていて、日本では日本の感覚と使い分けていられたのが、こう手軽に換算できるようになってしまうと、その使い分けが出来なくなる。実際日本ではペトラが何でも高いと嘆いていた。でも、こればかりはこういうものだから仕方がないし、日本に行ったらある程度日本の感覚に慣れたほうが良いと思うんだが、これも簡単に換算できる弊害だと思う。
今日も寒さはそれほど厳しくない。やっぱり寒波は来なかったんだろうか。
日中の温度26度、湿度41%。夜19度、56%。

新しい店

以前4カジェにあったインド料理店が閉まったと書いたが、実は閉まったわけではなくて、移転しただけだった。その移転先はアタバルから1ブロック北のところ。以前は普通の家でアタバルの生徒さんもホームステイ先として受け入れたりしていたところだ。家主はアメリカ人のおばさんでグアテマラの人と結婚してもうずっとこちらに住んでいるようだった。
かなり大きな家だったので、それを今貸して自分は別のところに移って生活しているらしい。最初はギャラリー兼レストランのような店だったんだが、うまく行かなかったのか、今は全部がそうなのかわからないが、インド料理屋になっている。
このインド料理店の後は、しばらくは空き家だったが、最近新しい店が出来た。改装している時から、どんな店が出来るのか興味があったが、チョコ・ムセオ(チョコレート博物館)と書いてあるので、恐らくチョコレートを売る店だと思う。
しかし、大き目の2部屋を使っていて、場所は4カジェで中興公園から1ブロック半、ドニャ・ルイサという有名な喫茶店の横という良い立地なので、結構借り賃だって高いんじゃないかと思う。まだ入っていないが、博物館というだけあって、ただの店というより、チョコレートやカカオに関する展示をしてあるようだ。確かにそういうのを見学に以前インド料理店だったころより人が入っている。でも、あれだけの場所を借りて、チョコレートを売って商売が成り立つのかちょっと不思議だ。
日中の温度26度、湿度53%。夜19度、63%。

嘘をついて良い日

今日はディア・デ・ロス・イノセンテスなんだそうだ。これは日本で言うとエイプリル・フール見ないな日らしい。とはいえ、そんなに嘘をついて歩く人はいないらしく、別にだまされたりはしなかった。
まあエイプリル・フールだって起源が良くわかってはいないようだが、こちらもなんでこんな時期にそんな日を設けているのかは良くわからない。何でもディア・デ・ロス・サントス・イノセンテスと言って、聖書を期限とするものらしいので、恐らくスペインから来ているんだろう。
まあ幸いグアテマラの人はそれほどこの日に関して熱心ではないので、あまりだまされたような記憶はない。やっぱり、クリスマスと正月という2つの大きな行事の間で、それほど関心が向けられないんだろう。
昨日のニュースでは大晦日の夜はアンティグアの時計台の道を通行止めにして、いろいろと催し物をやると言っていた。24日の夜は家で家族と過ごした人も、31日は友達などと外で過ごす人も多いようなので、きっと大晦日の時計台は人でいっぱいになるだろう。
今日は結構日中暖かかった。クリスマスも寒波が来ると言いながら、それほど寒くなかったのだが、昨日の話しではこの寒波が遅れてこれから来るっていうことになっているらしい。そうすると、大晦日、正月は結構寒いということになるのか。まああんまり寒くないほうがありがたいが。
日中の温度24度、湿度42%。夜19度、59%。

マコトに

日本にいた時、家電の量販店などにちょくちょく行った。ペトラが退屈するかと思ったが、結構人がいっぱいいて、そういうのを見てるだけで結構面白かったらしい。しかも、店内でちょっとしたイベントのようなことをやっていて、その呼び込みの声やら、店内の呼び出しを聞いていても、活気があって面白いと言っていた。
ところが、この店内で、時々ペトラが「お前のことを呼んでる。」と言う。こちらは店内放送なんか興味ないので、全く聞き流していたので、ちょっとびっくりする。しかし、そもそもこんなところで僕の名前を知ってるわけはないし、呼び出されるような覚えはない。日本語がわからないので、なんかの聞き間違えかと思っていた。
ところが、何回か言われるうち、そうでないことに気がついた。店内放送で良く言う。「マコトにすみません。」のマコトが僕の名前だと思っているんだ。まあ確かに僕の名前はマコトなので、間違っているわけではない。ペトラだって、まさか僕の名前が他のことに使われているとは思わないんだろう。
確かに、マコトに~というフレーズは店内放送などで良く使われるのでややこしい。これを教えてからは面白がって良くまねをしていた。
今朝はかなり冷えた。いつもだったらTシャツの上に1枚羽織っただけで何とかなるんだが、今日はそれでもちょっと寒いくらい。先生達は日本の真冬並みの防寒体制で授業をしていた。
日中の温度23度、湿度50%。夜19度、62%。

クリスマスが終わって

クリスマスが終わって、いつも通りの月曜日。とはいえ、今朝6時ごろにジェシカと散歩に出たときには、やはりいつもほど人通りはなかった。特に4カジェはこの時間だと、どこへ行くのか知らないが、結構な人数のおじさんたちがアンティグアの外に向かって歩いて行くんだが、今日はそれらしい人をほとんど見かけなかった。休みなんだろうか?
また今週末は大晦日と正月でお祭り騒ぎなので、どうもこの週は何所もちょっと浮き足立っているような気がしなくもない。まあアンティグアではセマナ・サンタとこの時期が最もお祭りっぽい時期である。
午前中に市場に行ったときは、これまたお祭り疲れか、月曜日にしては随分人が少なかった。売っているおばちゃんたちも、「今日はだめだ。」見たいな事を言っている。そう言われると、ちょっと買ってあげたい気もするが、今週末は料理をしないので、そんなに買うわけにはいかない。
クリスマス・イブ、クリスマスと休んでいたレストランなども今日からは開店しているはず。今週末は休むところはそれほど多くないだろう。やっぱり正月はクリスマスより重要度はないというか、クリスマスは家族と家で過ごし、正月はどっかに出かけたりすることが多いので、商売としても正月の方が良いのかもしれない。
それにしてももっと寒くなるかと思ったが、今日もそんなに寒くない。寒波はどうなったのか?と思っていたら夜は結構寒い。
日中の温度22度、湿度48%。夜18度、62%。

レボルカード

昨日は遅くに夕飯を食べ、その後も夜中まで起きていたので、今朝はゆっくり起きて、朝ご飯もクリスマスのパウンドケーキ一欠けだけ。今日はペトラの誕生日なので、昼から出かけてサン・フェリペのレストランで昼食。昨日は昼を外で食べたらとんでもないものを食べさせられたので、今日はちゃんと信用できるところで食べた。
ペトラはペピアン、僕はレボルカードという豚のモツ煮のようなものを食べた。ここのレボルカードは以前からちょくちょく食べているが、変わらずおいしい。特に今日は朝ごはんをほとんど食べてないので、空腹だったこともあり、特においしいような気がした。
メインを食べる前にワカモル(アボガドを潰して、たまねぎなどを混ぜたもの。)を頼んだが、こちらのはちゃんと作ってあってほっとする。昨日の店でもこれを食べたんだが、本当にアボガドを潰しただけで何も入っていないようなもので驚いた。トルティーヤも店で焼いているのでおいしい。ペピアンもちょっと肉が硬かったが、まあ標準的な味で、ペトラもまあ納得していた。サン・フェリペでは、味だけ考えると教会の向かいの外で肉を焼いている店だと思うが、雰囲気を含めるとこの店「エル・プラード」か。(レボルカードはこちらの方がおいしいかもしれない。)まあ今日は誕生日のお祝いということもあって、エル・プラードにした。
クリスマスに寒波が来ると言っていたが、どうも変な天気。朝起きたときはそれ程寒く感じず、「なんだ。」と思っていたが、その後天気が良くないせいかむしろ寒くなったように感じた。
日中の温度22度、湿度56%。夜19度、64%。

ひどい店

クリスマス・イブの今日は土曜日なので授業はなく、今週は日曜定食を休みにしているので、その支度もない。そんな訳で、朝はゆっくり。とはいえいつも通り市場に買い物に出かけたんだが、市場はものすごい人、中に入るのを断念して、場外でちょっと買い物をして、市場から退散してしまった。用事があるならともかく、絶対今日買わないといけないものがないので、この人出の中に突っ込んでいく気にはなれない。
その後昼ごはんを近くで食べようとしたんだが、良く行くビネルというレストランは休み。今までクリスマスや正月に、何度か来た覚えがあるんだが、今年はどうしたんだか。ポヨ・カンペロはやはり混んでいる、そこで随分行ってなかったが、以前行って、安くておいしかった、ホットドック屋に行ってみた。以前は小さい店だったんだが、拡張して、今はホットドックだけでなく、ローストチキンなども売っている。
以前は混んでる店だったんだが、なぜかがらすき。まあローストチキンを頼んで、座ったんだが、机も埃だらけ。なんだか嫌な予感がしたが、出てきた料理を一口食べてビックリ、ローストチキンは冷たいし、それにかかっているトマトソースも冷たい。しかも鳥は茹でてからローストしたような感じで、全く肉汁はないし味もない。トマトソースも水っぽい。しかも店員も頼んでも「ちょっと待て。」といって、ほって置かれる。以前はオーナーが店にいて指示を出していたが、今はまかせっきり。全てにまったくやる気が感じられない店になってしまっていた。
日中の温度22度、湿度58%。夜19度、63%。

クリスマス気分

クリスマス前の最後の授業の日。この年末年始は12月24日、25日、31日、1月1日と休みの日が全て土、日曜日になるので、アタバルの授業には影響がない。通常の年だったら4連休が2週続いて、先生たちにはうれしい季節なんだろうが、今年はそういうことはない。
我々も特に休みが増える訳ではないんだが、今週の日曜日は25日でクリスマス、次の日曜日は1月1日で元旦ということで、日曜定食は休みにさせてもらった。そういう点ではいつもの週末と違い、やはり相当ゆったりとした週末になる。ちなみに次の日曜定食は1月8日となる。
今日は通常通り文法講座も行い、いつもの金曜日ということで、仕事が終わり、いつもだったら明日の買い物(日曜定食の仕入れ)などをチェックするんだが、そういうこともなく、のんびりテレビなど見ながら過ごした。明日は市場には行くが、クリスマスの食べ物などを買ってくるだけの予定。
夜になってテレビを見ていても、映画はクリスマス関連のものが圧倒的に多い。ラジオを聴いていても、流れてくるのはクリスマスソングがほとんど。外からは爆竹の音などが聞こえ、やっぱりクリスマスの雰囲気。禁止になっているはずのロケット花火の音がするのはどういう訳か。
町中クリスマス気分だが、気温だけはちょっとクリスマスっぽくなく、この時期にしては暖かかった。ところが、今日はちょっと寒くなった。やっぱり寒波が来るんだろうか?
日中の温度24度、湿度45%。夜19度、63%。

カレンダー

毎年年末はカレンダー集めをする。不思議なことに、グアテマラでは外国人の観光客向けのお土産用を除いて、カレンダーを売っていない。一般の人はどうするかというと、カレンダーはこの時期にもらうものという事になっているようだ。
アタバルの入り口で店をやっている時には、お客さん用に、この時期必ずカレンダーを100部ほど注文して、配っていた。実際お客さんもこの時期になるとカレンダーをもらえることを期待して、「いつ配るんだ?」などと聞かれることも多かった。
以前はこの時期にはカレンダーを沢山もらって、毎年余って、絵柄などで選んで、使わないものは捨てるほどだった。ところがここ2,3年カレンダーをもらえなくなった。
なんと言ってもカレンダーの代わりにプラスチック製のざるやらたらいなどを配るところも増えている。どうしてもカレンダーだと50部とか100部と言う単位で注文しないといけないので、1個当たりの値段は高くとも、たらいなどにして、本当にお得意さんといえる人だけに配ったほうが安く付くということなんじゃないかと思う。
そのたらいなども、今年は少ない。逆にくれるところはなかなか思い切って大きなものをくれるところもあるんだが、今のところカレンダー3部にプラスチック製品3つをもらっただけ。例年銀行は大きな見易いカレンダーをくれて良いんだが、今年はどこの銀行も作ってないと言われた。不景気で節約しているんだろうか?
今日も結構暖かい一日。
日中の温度26度、湿度52%。夜19度、62%。

ポサーダ

いよいよクリスマスも近づいてきた。キリスト教国であるグアテマラではやっぱりクリスマスは大切なお祭り。ここ数日は毎日ポサーダの音が聞こえる。ポサーダとは宿屋という意味もあるが、この時期のポサーダはイエスキリストが生まれる時にマリアとヨセフが生むところを探してあちこち歩いたというのにちなんだ行列。マリア像を担いで毎日あちこちの家を回る。その時に亀の甲羅で作った木魚のようなものをポンポン叩いてついていくのが、グアテマラでの習慣。
このポンポンいう亀の甲羅の音がするとクリスマスだなあと思う。それだけですんでくれると良いんだが、なぜだかそこについて歩いて爆竹をバンバン鳴らすのが玉に瑕だ。日本では花火とかは夏の風物詩だが、こちらではこの時期のもの。ここ数年ロケット花火が禁止になって少し静かになった。
ジェシカは以前はそれほどでもなかったのに、年を取ってこの爆竹の音を恐がるようになった。昨日もバンバン外で音がして、驚いて震えていた。可哀そうだがこればかりは「うちの前でやるな。」と言うわけにも行かないので、どうしようもない。できれば爆竹も禁止にしてくれると良いんだが。線香花火くらいが可愛らしくて良いんじゃないだろうか。ニュースではクリスマスには寒波が来て寒くなると言っていたが、今はむしろ暖かい。今日も日中に日向を歩いていると半袖でも汗が出るほど。夜もそれほど冷え込まない。寒くて震えるのも嫌だが、クリスマスは少し寒い方がらしいような気がする。
日中の温度25度、湿度58%。夜20度、63%。

明け方

そろそろ冬至だと思うが、最近は朝5時半だとまだ暗く、6時くらいにちょうど空が白み始める。大体そのくらいの時間にジェシカと朝の散歩に行くんだが、そうすると、アタバルの南側、特に1アベニーダを隔てて反対側のブロックの方からものすごくたくさんの鳥の声が聞こえる。
一体どんな鳥なんだか全くわからないが、最初は何事かと思うくらい沢山の鳥が鳴いているように聞こえる。これはちょっと気分が良いものだ。最近アンティグアも車が増え、排ガスがひどいと言われることがある。確かに、車が排ガス規制など関係なく走っているので、特にバスなどは真っ黒な煙を吐いて走ってたりする。
まあ排ガスと鳥の存在はどれだけ関係するのか知らないが、これだけの沢山の鳥がまだアンティグアに住んでるんだと思うと、ちょっとホッとする。もちろんアンティグアの周りの丘はまだ緑が沢山あるし、アンティグア内だってまだまだ大きなお屋敷で沢山の木が生えているところもある。ここでこれだけの鳥が住んでいるんだったら、きっと他のところにも相当の数の鳥が住んでいるんだと思うとちょっとうれしいものだ。
東京でも寺社の森など結構町中に木が生えているように思うんだが、これだけの大量の鳥の鳴き声を聞いたことはない。日本に住んでいるときにはあまり朝早く起きなかったからだろうか?
今朝はものすごく寒かったが、日中はかなり暖かい。ニュースではクリスマスは寒くなるとのこと。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、68%。

撮影現場

午前中市場に行く途中、中央公園から時計台に行く道が封鎖されていた。人が結構集まっているので、何か事故でもあったのかと思って、見てみたら、バスが止まっていて、道路の修理をしているような感じだった。大きなカメラを持っている人もいて、単なる道路の修理ではなかったようだが、その時は、単に随分大げさな修理の仕方をするもんだと思っていた。
午後にちょうどその近くの銀行に用事があったので行ったところ、なんとその朝見た場所がものすごい人で溢れかえっている。こちらは単なる道路工事かと思っていたので、気にせず銀行に入ったが、やっぱりおかしい。しかもキャーキャー言ったり、口笛を吹き鳴らしたりと随分にぎやか。銀行で話しをしていても聞こえないほど。銀行の行員も手がすくと外に飛んで行って見学している。いくらなんでも道路工事ではないと思って、「一体これは何を騒いでいるの?」と聞いたら、なんとリカルド・アルホーナが撮影をしていると言う。
リカルド・アルホーナはグアテマラ出身のラテンアメリカの大スター。騒ぐわけだ。用事が終わって銀行の外に出たら、ちょうど見物の人達がキャーキャー言い始めた。そこで後ろから覗いてみたら、確かにアルホーナらしい人が、バスから降りてきたところだった。プロモーションビデオでも撮っているんだろうか。
今日は寒い一日。
日中の温度22度、湿度53%。夜16度、65%。

今年最後の日曜定食

昨日書いたように、今日は今年最後の日曜定食。魚の照り焼きで23人来てくれた。お持ち帰りの分もあり、夜の8時前には用意した分は全て売り切れ、終わりになった。魚の照り焼きは4人分を一気に焼けるので、早くできる。遅く来た人でも待たせなくて住むので、これはこのメニューの利点だ。
付け合せのポテトサラダは余ったが、これは元々そのつもりでたくさん作ったので、問題ない。少し余ったご飯と一緒に、明日の朝ごはんなどに食べるつもり。
それにしても、今日は日本人だけで23人。随分日本人が多いようだ。円高の影響だろうか?我々にとってはありがたいことだ。とにかく最後の日曜定食で、用意した分がきれいになくなるのは助かる。
今日の昼は先週行って気に入った、リンコン・ティピコというレストランに行った。ペトラはペピアンを食べたが、これはちょっと変わったペピアンだった、やたらとゴマやらかぼちゃの種やらの味が強く、一瞬汁気の多いゴマ和えを食べているような気分になる。ちょっと不思議な感じ。僕は先週と同じ豚肉を香辛料に漬けて焼いたものを食べたんだが、先週は何もかかってなかったのに、今回はチリモル(トマトソース)がかかっている。チリモルは好きなんだが、かけるとその味に圧倒されて、肉の味があまり感じられなくなるので、別々にしてあるほうが好きだ。でも肉は硬くないし十分の量があって(ペピアンもいっぱい盛ってある。)悪くない。
日中の温度22度、湿度45%。夜18度、55%。

混雑

今日もいつも通り市場に行ったんだがすごい人だ。もう来週の土曜日はクリスマスイブ。今週は皆クリスマスの用意をするんだろう。また冬のボーナスも出ているところも多いので、買い物をするお金も十分というところなんだろう。
いつもだったら朝の9時過ぎには買い物に出るんだが、今日は8時半頃に知り合いのおばさんが来たので、出かけたのは10時過ぎ。随分遅くなって焦った。そんな時にこれだけ人が多いと歩きにくい。ペトラは後ろから来た荷物を積んだ手押し車にぶつかられたといって、横腹が痛いという。
しかも野菜類は何でも高い。やはりクリスマス用に買い物をする人が多いので、高くなっているんだろう。ここのところ唯一安かったジャガイモも、ちょっと上がっている。今週の日曜定食は魚の照り焼きで、ポテトサラダを付けることにしてるんだが、ジャガイモを木曜日に買っておいたので良かった。
これだけ人が多いのに、知り合いのおばちゃんたちは来ていない人も結構いた。今日は商売の絶好のチャンスだろうに。来てないのは皆サンタ・マリア・デ・ヘススの人たちだったので、そちらで何かイベントでもあったのかもしれない。
それにしても今週の日曜定食が今年最後。あっという間の一年だった。年をとるほど1年がたつのが早くなるように思う。
今日は夜温度以上に寒く感じる。風が結構あるからだろうか。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、60%。

コンビビオ

今日はアタバルのクリスマスパーティー。スペイン語でいうとコンビビオと言う。毎年この日にはボーナスを払うんだが、今年はもうボーナス払ってあるので、その点気が楽。こういうのも良いかも知れないと思った。
昼ごはんにペトラが鳥のオレンジ煮とマカロニのサラダを作ってくれたので、これを皆で食べた。今生徒さんは多いので、アタバルの廊下に机を並べたんだが、いっぱいになった。これくらいだとありがたい。
お昼を食べて、腹が膨れたところで、机を片付けて、プレゼント交換。これは例年の恒例の行事。先生たちも楽しみにしている。今年は先生達は皆満足するプレゼントに当たったようで、大喜びしていた。僕は生徒さんから溶かして飲むチョコレートの素をもらった。今の時期らしい贈り物だと思う。
クリスマスの飲み物というと、暖かいフルーツポンチのような、ポンチェが代表的だが、一般の家庭ではホットチョコレートを飲むことも多い。夜など寒いので、暖まる意味があるんだろう。
まあココアのようなものだが、日本にいた時、休憩などで喫茶店に入ると、ペトラは日本のコーヒーは濃すぎると言って、ココアを頼む。そんな訳であっちこっちで結構ココアを飲んだんだが、日本で一番おいしかったのは、有楽町のペニンシュラホテルの向かいの喫茶店のホットチョコレートだそうだ。
日中の温度24度、湿度49%。夜19度、61%。

例年通りに行かないこと

今年は年末年始が休みなし。毎年12月24日、25日、30日、1月1日は休みになるんだが、今年はいずれも土日になるので、休みはないまま。先生たちは悔しがっているが、カレンダーがそうなってるんだから仕方がない。
今年のアタバルのクリスマスパーティーは、今週の金曜日にすることにした。いつもだったら、クリスマスパーティーの日に冬のボーナスを払うんだが、今年はスキミング問題などがあり、それはやめた。他の銀行などにいろいろ問い合わせて、比較しているんだが、結局どこの銀行も横並びのような感じで、帯に短し襷に長しと言うところ。結局今まで通りでも良いんじゃないかと思われる。
一つ良さそうな銀行があってそこに乗り換えようと行ったんだが、口座を開く段階になって、結局別の制限がいろいろあることを言われて断念した。若い新人の行員に当たったりすると、そういう細かいが肝心なことを言ってくれないので困る。
まあともかく、ボーナスは今日払ってしまい、先生たちに一斉に引き出しに行くように言った。実際には先生たち全員が行ったわけではないようだが、ここまですれば、後は個人の責任。
今週の日曜定食は魚の照り焼き。メカジキが手に入った。しかし、考えてみるとこの後の日曜日は25日、その後はもう来年の正月になるので今週の日曜日が今年最後の日曜定食。早いものだ。
日中の温度24度、湿度49%。夜18度、65%。


アレルギー

一昨日の午後くしゃみの発作に襲われた。ちょうど花粉症のひどいときのような状態。くしゃみと鼻水で大変だった。午前中はなんともなかったのに。ペトラには風邪の始まりだと言われて、夕方になってちょっと肌寒くなったところで、セーターを着させられた。確かに風邪をひくことはあるが、まずのどが痛くなったりするところから始まるのが普通で、こんなくしゃみばっかりと言うことはない。
ところが、これが僕だけではなくて、午後勉強している生徒さんもずっとくしゃみをしている。これはどうやら風邪ではなさそうだと思っていたら、授業が終わった後、そのくしゃみをしていた生徒さんが来て、「これのせいです。」と言って、彼のセーターとかばんを見せられた。
何のことだかわからなかったが、彼の話によるとそのセーターを着て、かばんを持って日曜日の午後パカヤ火山に登ったんだそうだ。そこですごい埃でそれがかばんやセーターにくっついてきたそうだ。このかばんとセーターを持って来て、授業を受けてたらくしゃみが止まらなくなって窓を開けたんだそうだ。その窓を開けて風が吹き込んできて、その埃がこっちに飛んできたのかもしれない。
でもその時は半信半疑で聞いていた。それまでパカヤ火山に行った人は大勢いるが、そんなになったことはない。ところが授業が終わって、その生徒さんが帰ったらぴったりと直った。昨日も一日なんともなかった。火山灰アレルギーということなのか。
日中の温度23度、湿度49%。夜19度、60%。

総督の宮殿

最近のアンティグアのニュースでは「総督の宮殿が売られた。」というのが面白い。実際は売られたわけではなく、貸与されたらしいんだが、それに反対する集会が先日中央公園であった。
この総督の宮殿は、中央公園に面していて、もともとツーリストインフォメーションやら警察が入っていた。ところが、だいぶ老朽化していたので、1,2年前から改修していた。噂ではこの改修の費用が国にも市にもなくて、アナカフェという、国立コーヒー協会が(ぜんぶかどうかわからないが、相当の金を)出したんだそうだ。そこで改修が終わったところで、このアナカフェが、コーヒーの売り場を作り、更に他の商売も誘致するということになったんだとか。
一体何年間の貸与の契約になってるのか良くわからないが、アナカフェも随分お金を持っているもんだ。さすがにグアテマラの主要産業だけのことはある。フェルナンド小がこのニュースを持って来て、憤慨しているので、「そんな事言ったって、実際に出来てみれば、皆きれいだとか言って利用するんだろう。」と言ったら、苦笑いしてきっとそうなるって言っていた。
ただ、警察は中央公園のところでなくても良いから、もう少し便利なところにあってほしい。今はアンティグアの外のパノラマという住宅地の中にある。何かあってそんなところまで行くのは、車でもないと結構不便。
日中の温度21度、湿度49%。夜18度、56%。

費用対効果の高い店

昼に外出し、中央公園に行った。先週から露天が立っていて、そこで売っているジャムを買おうとペトラが言うので、まずそれを買った。その後、お昼をどこで食べようかという話になり、先日教えてもらった店に行ってみることにした。
中央公園から近く、3アベニーダの5カジェと6カジェの間、もうほとんど6カジェに近いところにある。名前は確認しなかったが、リンコン・ティピコというらしい。家の入り口のところで、肉やらトルティーヤやらを焼いているので、遠くからでも時々煙が出てくるので、すぐわかる。
ペトラは鳥の煮込み、僕はアドバードという豚肉を香辛料に漬けて焼いたものを頼んだ。何しろこれらの昼ごはんは15ケツアル。日本円にすると150円で肉もものすごく多いというわけではもちろんないが、十分な量があり、更にサラダとご飯を同じ皿に盛ってあり、飲み物とトルティーヤが付いてくる。しかもこのトルティーヤが厚くって大きくて、全部食べると十分にお腹が膨れる。味もグアテマラの伝統料理にはうるさいペトラがおいしいと言って食べていたくらいで、ちゃんとしている。早めに行ったので着いたときは、まだ結構空いている席があったが、帰るころには一杯だった。実に費用対効果が高くお勧めの食堂だ。
自宅の一部を開放してやっているようなので、賃貸料はないんだろうが、2,3人雇っているようだし、これでちゃんとやって行けるのかちょっと心配。どう見ても現地の人相手の商売に見えるんだが、意外と外国人が多く、あっちこっちから英語が聞こえてきた。
今日の日曜定食はホイコーロで22人来てくれた。作り終わって自分が食べ始めたときに4人来てくれたんだが、もうご飯が4人分なく諦めた。せっかく来てくれたのに申し訳ない。
日中の温度23度、湿度42%。夜19度、56%。

マリファナ売り?

日本から帰ってきてそろそろ一ヶ月になるので、もう完全に通常の生活に戻っている。今回は日本に着いたときに時差ぼけがひどくて、ちょっと大変だったが、こちらに帰ってきた時には、ほとんど時差ぼけがない。これは助かる。
そういうわけで今日はいつも通り市場で買い物。明日のホイコーロの材料などを買ったんだが、ほとんど買い物も終わり、市場の中を歩いていたら、大きな声でマリファナ、マリファナと連呼するのが聞こえた。結構近くで聞こえるのだが、土曜日の市の日で人が多いので、一体誰が叫んでいるのかわからない。しかし、どう考えても、物売りの声だ。
こんなおおっぴらにマリファナを売ってるのか?と驚いた。人ごみが一段落して、やっと売っている人が見えたが、どうも普通のおばちゃんで、お盆にたくさんプラスチックの容器を乗っけている。
良く聞いてみると、どうやらマリファナの成分を入れた塗り薬らしい。リュウマチなどに聞くと言っている。まあ、この塗り薬からマリファナの成分を抽出するような物好きはいないのかもしれないが、それだったら、法に触れないんだろうか?かなり疑問。
しかし、これだけ大声でおおっぴらに売られると、怪しい感じがしないからすごい。果たして買う人がいるのか興味があったが、あんまりジロジロ見てたり、ついて行ったりしてマリファナに興味があるように思われたら嫌だからやめてしまった。
今日も曇りがちで寒い。
日中の温度20度、湿度58%。夜17度、60%。

日本は暑かった

今年は日本に行ったのが、例年より1ヶ月くらい早かったせいか、結構暑かった。行く前のグアテマラの方が雨季の終わりで連日雨が降っていたせいもあり、寒いくらいだった。ペトラは日本は寒いというイメージがあったのか、暖かい服を持っていったので、暑くてかなわないと言って、半袖の服を買いたいといって探していた。
ところが、これがなかなかない。まあ10月の後半だったので、そんなの当たり前なのかもしれないが、四季のないグアテマラでは1年中同じ服を売っているわけだから、ちょっと不便な感じがした。そう考えてみると日本で服を売ったりする商売は大変だろう。秋冬、春夏で商品を入れ替えないといけないとなると、単純に考えると、グアテマラなど四季のないところでやるのの倍の商品がいるって勘定になる。
しかも、入れ替わりの激しいお国柄からして、売れ残ったものを次の年に売ると、もう古い感じがしてきそうだ。何しろ情報量が多いだけに、皆が流行などをすぐ認識してしまうだけに、遅れてしまったりすると困りそうだ。そういう意味でもグアテマラは誰もが同じ情報を認識している訳ではないし、認識の仕方も人によって全然違うようなので、ちょっと流行が過ぎたりしても、気にしない人は大勢いそうだ。
昨日書き忘れたが、今週の日曜定食はホイコーロの予定。
今日も寒い一日。本当にTシャツ一枚でいられるのは日中のわずかな時間だけだ。また寒波が来ているらしい。
日中の温度23度、湿度58%。夜18度、60%。

リサイクル

悪魔は赤いらしい。確かにマンガなどで見る西洋風の悪魔は赤い色をしているような記憶がある。まあ日本だって赤鬼ってのが居るから赤くてもそんなに違和感はない。まあ赤鬼以外にも、青鬼とかいるらしいが。それに対して、昨日グアテマラ各地で燃やした悪魔は、大抵赤いはず。青悪魔とかはいないらしい。
ピニャータというのは、グアテマラで子供の誕生日を祝うのに欠かせないもの。要するに、針金で作った枠に、紙を張った張りぼての人形なんだが、この張りぼての人形にキャンディーや時にはお金を入れて、西瓜割りのようなことをして、飛び出したお菓子ややお金を見ている人達が争って拾う。このピニャータが昨日は割るんじゃなくて燃やされる。
いつもはアニメなどの子供に人気のある形をしているんだが、昨日は赤い悪魔で、燃やすので中にはお菓子などは入れないようだ。もともとは家のごみなどを外で燃やしていたらしいが、空気を汚染するとかいう人がいるらしく、その伝統は下火になりつつあり、最近はこの赤悪魔ピニャータを買って来て燃やすようになってきているらしい。
ピニャータ屋は大喜びだろう。ニュースを見ていたら大量に作って売っている。しかも、これが余ったら、サンタクロースに作り変えて売るんで無駄がないんだそうだ。どちらも赤いからちょっと手を入れればいいんだろう。たくましい商売だ。しかし、そんなことニュースでばらしてしまって良いんだろうか。
今日も午前中曇りがちで寒かった。午後になって少し日がさした。
日中の温度21度、湿度59%。夜18度、63%。

悪魔を燃やす日

今日12月7日は悪魔を燃やす日。アンティグアの近くだとシウダー・ビエハのものが有名だが、アンティグアでもアタバルのそばのコンセプシオンというグアテマラシティー方面への出口近くの広場でやるものが有名。
このお祭りがあるといよいよ師走という感じになる。なんとなく慌しい気分になる。商売をやっている人は、そろそろ年末に配るカレンダーを作ったり、従業員がいたら冬のボーナスを用意しないといけない。
今年は入り口の店をやめたので、カレンダーを配るのはもうしなくて良い。たったそれだけのことだが、なんとなく余裕があるような気がする。ボーナスばかりはアタバルの先生たちがいるので、これはやめる訳にはいかない。
朝起きて、ジェシカと散歩に出たときに、アタバルの前に大きなプラスチックで出来た駐車禁止の置物が並べてあった。置いてあるのはアタバルの前1ブロックだけ。良く見ると2アベニーダにも、その反対側のアベニーダにも置いてある。一体何事かと思ったが、どうやら、今日のお祭りのためにこの辺を駐車規制しているんだという。アタバルの近くのコンセプシオン広場でこれをやるようになったのは10年位前からのように思うが、毎年人が増えてきて、こんな駐車規制をするほどまでになったとはすごいことだ。
今朝起きたときはそれほど寒くないように思ったが、日中曇りがちだったので、ずっと気温が上がらないまま。寒波が来るようだ。
日中の温度21度、湿度52%。夜17度、62%。

日本までのルート

今回日本に行ったときの荷物は預けたものが2つと手荷物が2つ。ペトラと2人なのでこれで問題はない。問題は帰りだと思っていた。いつも帰りは2つ預ける荷物を持ってくる。幸い今までは2つ預けても料金を取られたことはない。ただ、デルタ航空のページを見るとロスアンゼルスー日本間は1人で2つの荷物を預けられることになっているが、グアテマラーロスアンゼルス間は1人1個となっている。これがタカ航空だと2つ無料で預けられるようだ。今はデルタ航空でマイレージを貯めているので、デルタ航空で行くしかしょうがない。
乗り換えの時間はデルタ航空で羽田までだとロスアンゼルスでの待ち時間は行きも帰りも5時間程度。急いでいる人には良いだろうが、立て続けに飛行機に乗るのはちょっとつらい。行きはちょっと急いでいたので、5時間で乗り換えたが、帰りはロスアンゼルスで1泊して次の日に乗ることにした。
行きはやっぱり結構つらかった。本当にずっと飛行機に乗っているような感じだった。帰りはホテルでゆっくりとしたので、やっぱり随分楽だった。時間があったらやっぱりゆっくりするほうが良い。行きは羽田で帰りは成田からというのが理想か。
今日はかなり寒い。ニュースを見ていると、どうやらまた寒波が来ているらしい。もう完全に乾季なので、日中は天気が良く暖かいんだが、先生たちはずっと座っているせいか、それでも結構暖かそうな服を着込んでいる。

進歩

ここ数年毎年1回日本に行って、大抵中古のコンピュータを買ってきている。日本は中古のコンピュータの市場があって、安く良いコンピュータが手に入るので、本当に良いと思っていた。
ところが、今年は新品のコンピュータを買って来た。何しろ新品のコンピュータでも値段がドンドン下がってきていて、いまや中古のコンピュータを買う意味がなくなってしまった感じ。1万円も差がなくて、新品でメモリなども多いので、これではなかなか中古を買う人はいないだろう。
中古のコンピュータを売る商売も大変だろう。中古だけでなく、こう値段が下がってきたら、コンピュータを作って売る会社は大変だろう。本当に始めてコンピュータを買ったときのことを思うと、一体なんだったんだろう?と思うくらい、安くなってしまった。
ペトラが一緒だったので、2台買って来たので、これでネット授業の方も、新品のウインドウズ7の機械で授業が出来るようになった。週末に入れ替えたんだが、何でも新しいことをすると、いろいろ不備があったりするもので、今日は朝のうちネットにつながらなかったり、その後キーボードの使い方で問題が出たり、ちょっとバタバタして、あわただしい一日だった。
でも、今日一日かかって何とか落ち着いたようだ。今日は明け方かなり冷え込んだ。天気が良いので、日中は暑かったが、夜はまた冷える。

26人

日本から戻ってから2回目の日曜定食。先週が豚肉のしょうが焼きだったので、今週は魚にしたかった。ただ、魚が手頃なものが手に入らなかったので、エビを買って、今日は掻き揚げ。
どうも魚はあまり獲れていないらしい。いつも通りいくつかの魚を頼んでいるんだが、魚屋のおばちゃんはいつ行っても、首を振るばかり。今週が魚だったので、来週は肉にするが、後2週間以内に、魚が手に入ると良いんだが。
先週かなり人数が多かったので、今日はいつもより早めに揚げ始めた。しかし、そうすると誰も来ない。と思っていたら、気がつくとドンドン人が来初めて、結局26人分売れた。ご飯は多めに炊いたものの、ギリギリ。掻き揚げも、最後はクレソンがほとんどなくなり、たまねぎとにんじんが主の掻き揚げになってしまった。まあそれはそれで悪くないと思う。
結局用意した食材は全てきれいさっぱりなくなった。これだけきれいになくなると、実にさばさばして気分が良い。結局断った人もいなかったし、すべてがちょうど良かった訳で、ずっとやっていても、なかなかこういうことはない。ただ、自分が食べる分のご飯はほとんど残っていなかった。
聞いたところでは、今は観光客が少ないんだそうだが、日本人はかなり多いように見える。円高のせいだろうか?



サンサイ

ロスのアシエンダ・ホテルの向かいにサンサイという、日本食?レストランがある。同じ場所に中華レストランもあるし、ハワイアンバーベキューもとんかつ、チキンカツなどあり、どちらかというとアジア系。どこも10ドルあれば、腹一杯になるのでいつもこの一角で食事を調達する。ホテルだって特に高い訳でもないようだが、アメリカのホテルの食事のまずさにはこりごりなので、ホテルで食べようとは思わない。
特に、このサンサイはオーナーはアジア系のようだが、働いている人は皆ラテン系。完全にスペイン語圏。やっぱり言葉がちゃんと通じると、細かい事を聞いたり、頼んだり出来るので、他の店以上にここを利用することが多い。
食事時は結構人が待っているので、あまり話したことがなかったんだが、帰りに寄ったときにはお客さんが少なかったので、ペトラと一緒にちょっと話をしてみた。レジで注文を取っている女の子はホンジュラスのテグシガルパの子。その奥で料理をしているのはグアテマラのキチェ出身のお兄さんだ。道理でグアテマラから来たと言ったら、こっちの方を見てニコニコしていた訳だ。ペトラもグアテマラの人に会って喜んでいる。
基本的に天ぷらと照り焼きと巻き寿司が中心なので、もう少しメニューの幅を広げてもらいたいんだが、まあこればかりは、店員さんが決めることではなさそうで、仕方がない。ここで定食を頼むと2種類のサラダを山盛りくれるので、結構満足。
ニュースでは今週末は少し寒さも緩むといっていたように思うんだが、夜は結構冷える。

ロスのホテル

とりあえず、日本に行った時にブログを全然更新できなかったので、その間のことをポツポツ書いてみようと思う。
なんと言ってもびっくりしたのは、ロスの空港で国際ターミナルでいつもだったら、トラベラーズエイドがあり、そこでホテルを頼むと電話をしてくれて、特別料金で取ってくれるのに、このトラベラーズエイドがなくなっていた。このため今回もここ数年泊まっているアシエンダ・ホテルに泊まったんだが、前回は60ドルかからないくらいだったのに、今回は約90ドル。随分高くなったものだ。ただ、行きは乗換えの時間が5時間くらいしかなかったので、ホテルにいたのは2時間程度。その分料金は50ドルですんだ。こういう料金体系は以前はなかった。しかし、驚いたのは全室でタバコが吸えなくなっていたこと。どうやら、経営者が変わったかなんかしたらしい。中庭で吸って良いと言われたんだが、行きは結構中庭から遠い部屋で、ただでさえ時間がないのに、そんなわざわざ吸いに行く時間もあまりなかった。帰りは別のホテルにしようかと思ったが、探しても部屋でタバコを吸えるホテルが見つからなかったので、諦めて、同じところに泊まった。空港からのフリーシャトルサービスがあり、近くでそれなりの物をそれなりの値段で食べられるところがあり、スーパーもあり、目の前からバスに乗ればすぐにショッピングモールにいけるという便利さは、捨てがたい。もし、タバコが吸えて、このような便利な立地のホテルを他に知っていたら、ぜひ教えてもらいたい。

再開、報告

随分長いことブログを更新していなかった。要するに日本に滞在していたんだが、今年は特に日本についてすぐにいろいろな用事があって、更新しないままずるずると来てしまった。結局先月19日に帰ってきたんだが、更新しない癖がつくとどうしようもないもので、そのまま、更にずるずる来てしまった。
というわけで、今日からまた更新をする決心をして書き始めることにした。またよろしくお願いします。
それにしても、日本から帰ってきて、しばらくはそれ程でもなかったんだが、ここ1週間ほどものすごく寒い。とはいえ、日中はいつも通り半袖でいられるんだが、夜になると冷え込み、朝起きる頃は更に寒い。今年は日本に行ったのが例年より早かったので、日本では暑くて、ペトラも持っていった服より薄いのを探して買ったくらいだった。

来年1月2日から授業料を変更することにしました。新しい料金(1週間分)は以下の通りです。
(1対1)2時間コース43ドル。4時間コース75ドル、6時間コース112ドル。
(1対2)2時間コース65ドル。4時間コース113ドル、6時間コース168ドル。

今週の日曜定食は掻き揚げの予定です。

またよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。