スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムエタイ

アンティグア・ムエタイ・センターというのができた。キックボクシングとムエタイは同じものだかわからないが、これをやるジムだ。アタバルの元生徒さんが開いた。今日このジムのオーナーが訪ねてきてくれて話をした。
今年から始めたようだが、もう何人か生徒さん?がいるらしい。グアテマラでも結構人気があるものなんだと感心した。話を聞いていたら、大体1時間半くらいやって、相当汗をかいて疲れるものなんだそうだ。
そこで、ジムの中で焼肉とジュースを売ってはどうかと言ってみた。それだけ汗をかいたら、恐らく終わったころには相当のどが渇いてお腹がすいているだろう。そこに、スポーツ飲料などを売ったら、ちょっと儲かるんじゃないかと思った。それに、炭で肉を焼いて売ったら、結構買う人はいるんじゃないだろうか。
でも、ジュースはともかくとして、焼肉の匂いがしたりしたら、ジムのイメージが低下するからだめだと却下されてしまった。生活臭がしないほうが、高級感があって良いということらしい。まあ確かにそういうものかもしれない。タイのイメージとして、そういうごっちゃな感じの方が、らしいかと思ったんだが。そうでもないらしい。
日本は今相当寒くなっているらしい。逆にこちらはそろそろ少しずつ暖かくなっている。ただ、ここ数日日中雲が多いので、今ひとつ気温が上がらない。夜になってかなり寒くなった。
日中の温度23度、湿度47%。夜17度、60%。
http://www.facebook.com/antiguamuaythaicenter?sk=photos
スポンサーサイト

トイレの本棚

以前日本で訪れた家でトイレを借りたとき、そのトイレの中に本棚があったのを見て、うらやましかった。トイレの中に本棚があるのは始めてみた。もちろん、元々本棚として作られたものかどうかは知らないが、見たところ、ちゃんとした本棚のように見えた。
先日書いた液体石鹸の容器を壁に固定するものをアタバルのトイレにつけてもらった。なかなか良い感じ。これを作る前に、大工道具屋に行って、なんと言うものかわからないが、棚などをつけるために、三角形になった金具を買っていた。最初はこれで棚を作って、それに液体石鹸の容器を乗っけようと思った。ただ、これだと滑ったりして落っこちる可能性があると思い、考えていたところに、鉄工屋の兄ちゃんが来た。
そこでこの三角形の金具が余ってしまったので、以前見たトイレの本棚を作ろうと思いつき、今日フリアの旦那さんが来た時に頼んだら、小ぶりの棚を付けてくれた。ここに本を並べたらなんとも良い感じ。
今日の日曜定食はチンジャオロース。ここのところずっと16,7人だったので、その程度のつもりでいたら、6時半に始めたときにいきなり10人くらい来てくれた。慌てて肉などを用意しだした。その後もパラパラと人が来てくれて、結局25人。用意した分は全てなくなった。更に3人来てくれたようだが、もうご飯もないし、肉もないので、せっかく来てくれたのに申し訳ないが断ってしまった。
今日は曇りがちでちょっと肌寒い一日。
日中の温度23度、湿度52%。夜18度、65%。

有名人

チェロという知り合いがいる。軽度の知的障害があるんだが、気の良い人で、何かお祭りというと大抵顔を出して、別に仕事というわけではなくても手伝っている。これが町のお祭りだけでなく、個人の冠婚葬祭なども見つけると入っていって手伝ってくるらしい。
以前、ペトラと話をしていて、「今日は寝不足だ。」と言っている。お通夜に行って、夜中、来た人にお茶や軽食を配ったり、皿を洗ったりして、翌日棺を担いだりして埋葬の手伝いをして、帰るところだったんだそうだ。
「一体誰の葬式だったの?」とペトラが聞いたら、「そんなの知らない。」と言っていた。まあそこに入っていって、違和感なく手伝って帰ってくるんだから、すごいと思うが、ある意味有名人なので、もうアンティグアの人たちは大抵彼はそういう人だと言うことがわかってるのかもしれない。
そんな有名人がアンティグアには何人かいる。小さな町なので、ちょっと目立つ人だったら、町中の人が大抵知っていると言うことになるんだろう。
今日は市場に行って買い物をしてきた。明日はチンジャオロースなので、ピーマンがたくさんいる。このピーマン、先日までかなり高かったんだが、今週になって随分手頃な値段になってきた。そういうこともあって、今週のメニューを決めたんだが、手頃な値段でちょっと小ぶりだが良さそうなのが手に入ったので、良かった。
今日は天気の良い一日だが、結構冷たい風が吹いている。
日中の温度24度、湿度40%。夜20度、57%。

サムゲタン

サムゲタンという料理をご存知だろうか?まあ最近結構有名なものらしいので、知っている人も多いと思う。ただ、僕は食べたことがないし、まあわざわざレシピを探して、作って食べようとも思わない。
市場でワンタンの皮を売っていたおばちゃんが、その後、いろいろな中国、韓国の食材をグアテマラシティーで買って来て、売っていると言う話は以前も書いたと思う。僕は新しいお店の情報を聞いたら、おばちゃんに教えるようにしている。そうしたら、おばちゃんが行ってまたいろいろ買って来てくれるので、自分で行かなくてもすむ。
最近はむしろおばちゃんから、韓国、中国の店の情報を聞いたりもする。何でも1軒オーナーが亡くなり、閉めるんだそうだ。その店はあまり知らない店だったので、「そんなところで何を買ってたの?。」と聞いたら、なんとサムゲタンのセットを売っていて、それを買ってたんだそうだ。結構高いものらしい。そんなものを買う人がいるのかと聞いたら、お医者さんでわざわざそれを注文して買う人がいるんだそうだ。1回で結構まとめて買うので、それだけでも結構な金額になるんだと言う。意外なところに意外な商売が成り立つもんだと感心した。
昨日書き忘れたが、今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
今日は朝起きたときはかなり暖かいと思ったんだが、日が出てからは曇り勝ち。そのおかげで結構寒い。小雨も一瞬降った。
日中の温度22度、湿度55%。夜20度、59%。

良いタイミング

アタバルのトイレには液体の石鹸が置いてある。以前は固形石鹸を置いてあったんだがこれは置き場に水が溜まってドロドロになったりするし、落っこちたりして無駄が多い。それに、やっぱり他人の使った固形石鹸をまた使うって言うのは決して気分の良いもんではないと思う。
だから、だいぶ前に液体の石鹸に変えたんだが、これを入れるものは、丸っこい容器に液体石鹸を入れ、壁に固定して下からその口を押し上げると、石鹸がたれてくるもの。この容器結構高かった。最初に買ったときは20ケツアル(3ドル弱)程度だったように思うんだが、その後一度壊れて買ったときは確か50ケツアルくらいになっていた。まあ同じものではなかったが、倍以上というのはなんだか妙に高く感じた。
この容器がまた壊れた。パッキンか何かがだめになったんだと思うが、どうかすると石鹸が勝手に流れ出してしまう。そこで買い換えることにしたんだが、スーパーに行ったら、普通に台の上においてつかうポンプ式のものに液体石鹸が入って^、更に詰め替え用の袋までついて、9ケツアル程度で売っている。それで思わずそれを買ってしまったんだが、果たして生徒さん用のトイレの洗面台には置く場所がない。どうしたもんかと思っていたら、実に良いタイミングで、いつも頼んでいる鉄工屋のホセが何か用事はないかと言って来た。それで壁にこれを固定するものを頼んだら、昨日の晩には持ってきてくれた。これで問題は解決。
今日も天気は良く日中はかなり暖かい。
日中の温度27度、湿度46%。夜21度、68%。

時期外れ?

それにしてももうアンティグアのコンパニア・デ・ヘススの前のハカランダの花が咲いている。ハカランダは紫の花が咲く。セマナ・サンタの前のプロセッシオンを担ぐ人たちの服も紫で、ちょうど紫の花が咲いている下を紫の服を着た人が大勢歩いていくようになる。それだけにハカランダというとセマナ・サンタのときに咲くイメージがあるんだが、確か去年もこのくらいの時期に咲いていたような記憶がある。気候が変なのか、ハカランダの方が間違ってるのか、大体そういうものなのか、どうも良くわからない。中央公園のハカランダはまだ咲いてないようだったので、場所によって違うのか?といったってそんなに離れている訳ではないんだが。
今日は天気が良く、かなり日中暑くなった。まだ夜から明け方にかけては結構寒いが、いくらなんでもだんだん暖かくなってきたと思う。これから2月になって更に暖かくなり、3月、4月はかなり暑くなるはず。幸いなことにニュースなどで来る来ると言っていた寒波はたいしたことがないうちに寒い季節は終わりそう。やはりあまり寒くないほうがありがたい。と思っていたら、今度は夕方雷がなった。これは一雨くるんじゃないかと思っていたら、そういうことはなかった。
それにしてもこの時期に雷とはちょっと驚いた。まあ雨が降ったらまた寒くなるので、降らない方がありがたい。とはいえ、それ以外は多少雲が多いものの、そんなに悪い天気の一日ではなかった。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、67%。


1アベニーダ南

アンティグアは南北に走っている道がアベニーダ、東西に走っている道がカジェと呼ばれ、碁盤目状になっている。このアベニーダは東から、カジェは北から1,2,3と番号がついている。アタバルは1アベニーダにあるんだが、この1アベニーダは5カジェを境に北と南に分かれている。
1アベニーダに住んでいながら、北は割りと通るのだが、南はほとんど行くことがない。今日たまたま、南の方に歩いていく機会があった。久しぶりに歩くと結構変わっている。この南側の突き当たりにあるサン・フランシスコ教会があるんだが、この手前にバンコ・アステカと看板が出ている。こんなはずれたところに銀行か?と思ったが、よく見るとマイクロファイナンスと書いてある。どうやら普通の銀行というわけではないようだ。マイクロファイナンスは今の流行か。
もう一つこれも聞いてはいたんだが、アタバルから1ブロックほど南にあった。ノキアテというスシレストランがなくなった。ただ、他のレストランになっているので、見た目にはあまり変わりはない。聞いた話では7つくらいの異なった店?が入って、ショッピングモールにあるフードコートのようなものになっているらしい。その中にはスシを売る店もあるらしい。外に張ってあるメニューを見たところ、1品60ケツアルから80ケツアルくらいの感じで、結構良い値段を取っている。
今日もやや曇りがちだった。
日中の温度24度、湿度58%。夜19度、69%。

今年のセマナ・サンタ

年が明けたと思ったら、もう20日を過ぎて、1月も終わりに近づいている。なんと言ってもあっという間。毎年この時期に良く質問されることなので、今年もこちらに書いておくことにする。
今年の四旬節とセマナ・サンタの日程。今年は灰の水曜日が2月22日。ここから四旬節が始まる。この四旬節の期間中、アンティグアは毎週末、その週ごとに違った教会で、金曜日にはベラシオンで、教会の中に、聖書の一場面をモチーフにしたジオラマなような飾りをして、大勢の人達がそれを見に訪れる。教会の前にはその客を目当てにした露店が並ぶ。そうして、日曜日はその教会からプロセシオンが出る。プロセシオンはキリスト像を飾った山車を大勢の男性が担ぐもの。マリア像は女性が担ぐ。
そして、本番というか最後の盛り上がりがセマナ・サンタ。これは4月1日から7日までの週。最も盛り上がる、木曜日と金曜日はそれぞれ4月5日、6日となり、祝日でもある。8日の日曜日は復活祭。いわゆるイースター。これでこの間のお祭りが終わりになる。なんと言ってもアンティグアが最もにぎわうお祭りだ。
セマナ・サンタの期間は、ホテルなどはかなり予約しにくいので、事前に(それでも料金は高くなるところが多いし、1泊だけとかだと受け付けてくれなかったりする。)もし、この時期にくることを考えているんであれば、いきなり予約なしで来ると困るかもしれない。
日中の温度25度、湿度52%。夜19度、69%。

今日も人が多い

昨日はアグア火山の人の鎖とか、マリンバ、ロックなどのコンサートと様々な行事があって、アンティグアには相当の人が来ていたようだが、今日もかなり車が多く、やはり大勢の人が来ていたようだ。
今日はそんなに催し物もなかったはずなんだが、一体どうなっているのか。何しろ昼にサン・フェリペというとなりの村にお昼を食べに行って、トゥクトゥクで帰ってきたら、アンティグアに入ってから歩いたほうが早いんじゃないかというほど、車で道が混んでいて、ノロノロ走った。しかも、トゥクトゥクの運転手の人は進まないのでいらいらするのか、結構荒い運転で、急ブレーキをかけたりするので、途中で降りたいくらいだった。
確かにアンティグアに入ってくる道は結構混む事があるが、アタバルの前の1アベニーダまで車がいっぱい。不思議なようだった。
夜は日曜定食で掻き揚げ。どうも掻き揚げは時間がかかる。6時半に食事を出し始めたときにはパラパラ人が来てくれたんだが、その後10人を越えたぐらいで、ちょっと止まったので、今日はこんなもんかと思った。ところが、しばらくしてまたパラパラきてくれて、結局19人。全部出して、自分たちの分も作ったら、結局2時間かかってしまった。待たせた方もいるはずで申し訳ないことだ。
今日は昼ごろからちょっと曇り勝ち。僕は気がつかなかったが、黒い雲が通って、そこだけ一瞬雨が降ったんだそうだ。
日中の温度24度、湿度54%。夜19度、65%。


朝からすごい人出

昨日書いた、ふもとから火山の頂上まで人の鎖でつなぐというイベントが今日あったらしい。実際朝早くにジェシカと散歩に出たら、大勢の人が同じTシャツを着て、火山の方に歩いていく。おそらく皆この催しに参加するために来ている人たちなんだろう。
市場で買い物ををしていたときも、朝からサンタ・マリア・デ・ヘススという麓の町まで、アンティグアからただのバスが出ているという話も聞いた。何でも第1弾で頂上に行く1500人は早朝かなり早くに、アンティグアを出たということだった。その後、1500人ずつ何組かに分けて登って、頂上からサンタ・マリア・デ・ヘススの村までつなぐんだそうだ。ご苦労なことだ。
まあ今日は天気が良いので、こういう催しにはもってこいだろう。それにしても市場はかなり人が多かった。その割には店の人たちは、あまり売れないとぼやいていたが、ちょっと歩くのが大変なくらい混んでいた。
こちらは予定通り、クレソンを買って、明日の掻き揚げの買い物は終了。ごぼうもささがきにしてみた。今まではごぼうが入っているのが良くわかるように、ちょっと大きめに切っていたんだが、ペトラが硬いというので、今回は変えることにした。
それにしても買い物をしても暑くて汗が出てくるくらい。昨日の晩はそれ程寒くなくて、布団から足を出して寝ていたら、蚊に刺されて、かゆくて夜中に目が覚めた。20度くらいだったら、蚊は刺さないんじゃなかったのか。
日中の温度27度、湿度43%。夜19度、64%。

家庭内暴力

明日の土曜日にサンタ・マリアという麓の町からアグア火山の頂上まで人が手をつないでつながるんだそうだ。なんだかどういう関係があるのか良くわからないが、家庭内暴力をやめようというキャンペーンの一環だそうだ。
まあ家庭内暴力はグアテマラで相当問題になっているらしい。マッチョというと筋肉がムキムキの人を想像するかもしれないが、ラテンアメリカでは未だに根強い男尊女卑の考えを強く持った人を指す場合がある。マチスモというと男尊女卑の考えのこと。
テレビの番組でもこういう男尊女卑の問題を扱ったものも良く見る。まあ今の時代ここまで極端なことを良くこういう場に出て来て言うなと感心するくらい、典型的なマチスモの意見を堂々と主張する人が多いのには驚く。
まあそれ以外でも、親が子供を虐待するということも、これは他の国と同じようにある。基本的には子供好きの人達なんだが。
このキャンペーンは参加者からお金を取って、それで家庭内暴力の被害者への経済的な支援もするらしい。それ以外にもマリンバのコンサートやらベリーダンスやらの催しがあるらしい。ちょっととりとめがないような気もしないではないが、なんだかんだといろいろ行事があってにぎやかなことだろう。
今日は日中天気が良くかなり暑くなった。ニュースではまた明日から寒くなるようなことを言っているらしい。
日中の温度27度、湿度37%。夜20度、62%。

エビ

今週の日曜定食を考えながら、市場で買い物。先週が肉系だったので、今週は魚系にしようと思い、魚屋に行った。品物は少ない。ただ、今日は品物ばかりでなく、客もいなくて、魚屋のおばちゃんたちはえらく暇そう。
僕の顔を見たとたんに、エビを買えっと言う。値段を聞いたら、結構安い。しかも「殻をむいてやる。」とまで言う。えらくサービスが良い。どうやら客がいなくって売れてないらしい。剥いてもらえると助かるんだが、土曜日だったらむいてもらうくらいの時間はあるんだが、木曜日の今日はそんなに時間がない。
ペトラもエビを食べたがっていたので、日曜定食と家の分を合わせ5ポンド(約2.5kg)買った。ところが、おばちゃんはエビの入った袋を全部まとめて量って、7ポンドあるんだが、これを全部買えと言う。いわゆるチャカリンという小さいエビだが、それでも今日の分はそんなに小さくなくて良さそう。かなり迷ったが、これだけ買ったら、今日の午後はエビの殻剥きで終わってしまう。
それで申し訳ないが、当初の予定通り5ポンドだけにしてもらう。おばちゃんたちは、剥いてから家まで持って行ってやるとまで言ってくれたんだが、彼女たちの帰る方向とアタバルの方向はほぼ反対になるので、さすがに諦めたようだ。
というわけでエビを買って、今週の日曜定食は掻き揚げにすることにした。
今日も天気が良く日中は暑かった。
日中の温度25度、湿度30%。夜20度、53%。

電子レンジ

今日電子レンジを買った。だいぶ前に持っているものは壊れてしまって、一つ借りてそれを使っていたんだが、そろそろ返さないといけないので、買わないといけないと思っていた。去年のうちに買いたかったんだが、年末に電気屋に行ったらものすごく混んでいる。やっぱり冬のボーナスが出て、これで電気製品を買おうという人が多いらしい。商売する方も、そういう客を目当てにいろいろセールをやっているし、電気製品が売れる時期らしい。
とはいえ、最初に入ったアンティグアでは大きな電気屋で恐らくあまり人が多いので、臨時に雇った店員が出て来て、電子レンジを買いたいというのに、トースターを見せられた。トースターと電子レンジは見た目は似てるので、違いを知らなかったらしい。
これで嫌になってしまい、この時期に買うのはやめて、今になってしまった。ただ、あっちこっち見たが、値段はやっぱりクリスマス前のほうが安いものがあったようだ。そうは言っても仕方がないので、あっちこっち見て、値切るだけ値切って、一つ買ってきた。
いろいろ見た中でトースターのような見た目の電子レンジがあった。かなり安い中国製のものだが、普通の電子レンジのようにボタンがついているわけではなく、2つの丸いレバーがついているだけのシンプルなもの。それぞれ、時間と火力?を調節するらしい。要するにトースターと同じ見た目。これを見てたら、先の何にも知らない店員も馬鹿には出来ないと思った。
日中の温度25度、湿度37%。夜18度、62%。

デリシオサ

もうだいぶ前のことになるが、デリシオサという店がなくなってしまった。ここはアンティグアでちょっとしゃれた食材を売るはしりの店だった。あまり買うことはなかったが、普通のスーパーなどでは見かけないような輸入食材やらがあって、ちょっと見てみるのは楽しい店だった。ところが、去年日本から帰ってきた後に、前を通ったら閉まっていた。その時は定休日なのかというくらいに思っていたが、その後前を通ったら看板もはずしてあるのに気がついた。
確かに最近は同じような店がいくつも出来てきて、あまり人も入っていなかった。以前は中でお茶も飲めるようになっていたんだが、去年一度行ったときには椅子と机は置いてあったが、ほとんど何もなくて、出て来てしまったこともある。そんな程度なので、閉店して困るということはないんだが、まあずっとあった店がなくなるのはちょっとさびしい。そこの店の前を今日通ったら、相変わらず閉まっているんだが、中から工事の音が聞こえてきた。恐らくその場所を新しい人が借りて、何か店を始めるために改装しているんだろう。どんな店が出来るかちょっと楽しみ。また何か変わった店が出来ると良いんだが。ここの所、店の入れ代わりがあるようだが、ちょっと興味のある店というのはなかなか出来ない。
今日は朝起きたときはそこそこ寒かったが、天気が良く、日中は暑くなった。夜外に出ると空いっぱいに星がたくさん見える。明日は天気が良くて暑くなりそう。
日中の温度26度、湿度34%。夜19度、61%。

料理人を料理

アジを時々買う、日曜定食にアジフライをするからなんだが、このときに使うアジはキノアというアジ。なんとなく日本のアジに似てるような気がするのと、このアジは体の断面が一番丸っこいので、さばき易いので、他のアジより使いやすい。
でも必ずしもアジの種類はキノアだけではなく、他のものもある。良くわからないが基本的にゼイゴがあるとアジだということにしている。他に良く見るものは尻尾のほうが黄色いコラ・アマリーヤというのがあって、これは味は別に悪くないんだが、平べったい魚なので、おろすと結構身が薄くなってしまってどうも歩留まりが悪いような気がする。まあおろす技術の問題かもしれないが。
大体この2種類があるんだが、今日はこれ以外に、形はコラ・アマリーヤに似ているんだが、黄色くないものがあった。でもちゃんとゼイゴがついているので、「これは何。」と聞いたら、コシネラっていう魚だと言う。コシネラとは料理をする女性の意味。
コシネラをコシナール(料理するという動詞)するってのは、なんか妙な感じ。一体どこからこんな名前をつけたんだか。試しに1ポンド買ってみたが、やっぱり平べったいので、おろしにくい。身はキノアほど色が濃くなくて、やはりコラ・アマリーヤに似て白っぽい。それにしても、いろんな種類の魚があるもんだ。
今日はやはり曇りがちで朝起きたときは結構冷えた。午前中も寒かったが、昼頃から太陽が照ってきて、すごしやすくなった。
日中の温度24度、湿度48%。夜20度、64%。

市長の就任式

昨日は大統領の就任式があったが、今日は市長の就任式。そのためかなんとなく朝から道を行く人が多い。午前9時だか10時だかには、式が行われたようだ。ただ、アンティグアは前職の市長が再選したので、代わり映えはない。その分なんとなく盛り上がらないような感じ。
それでも、昼前には市庁舎の方から花火を打ち上げる音が聞こえてきた。おそらく式の終わりに打ち上げたものだろう。その後昼を食べに公園の方に行ったんだが、やっぱりいつもの日曜日より大勢の人が、公園の方から歩いてくる。おそらく式を見物に行って戻ってきた人たちだろう。この市長は、周辺の村ではそれなりに人気があるようだが、アンティグア内ではあまり人気がないんだと聞いた。歩いてくる人たちも、そういう周辺の村から来た人のような感じだった。
公園では市庁舎から運び出したいすやらジュースの箱やらをトラックに載せて片付けているところだった。まあ無事に終わってなにより。アンティグア内の照明の充実と防犯カメラの設置だけでもちゃんとやってくれると良いんだが。
夜は日曜定食でイモコロッケを作った。フリアが手伝ってくれて、57個作ったので、これはどう考えても余るだろうと思った。結局18人来てくれて、お持ち帰りもあり、自分らの食べる分も含め、結局全部揚げてしまった。
今日は午前中曇りがちで、一瞬霧雨も降った。その後晴れたが、ちょっと気温は低い。
日中の温度22度、湿度51%。夜18度、61%。

政権交代

今日は政権交代の日。朝からグアテマラのチャンネルはずっとその様子を流している。市場に行って、お昼を食べに行っても、どこの食堂でもテレビのチャンネルをこの式の様子に合わせている。
今までこんなに誰もが興味を持っていたという記憶がないんだが、僕が気がつかなかっただけだろうか?ただ、今回はすでに前大統領の(元?)奥さんの家族から逮捕者が出ているし、当の奥さんも先日グアテマラから出国できないように、裁判所が手続きを取ったといったようなニュースが出ていた。
この政権だけのことではないのかもしれないが、グアテマラの一般のイメージとして、相当着服したんじゃないかという思いがあるんじゃないかと思う。そこで、この政権とは(少なくともニュースなどで見ている感じでは、)中の悪そうな今回の新しい大統領が就任したことで、相当とっちめてくれるんではないかという、ちょっと意地悪な期待があるようにも思える。
明日は各市長の交代の日。アンティグアでも何らかの式があるらしい。こちらは前職がそのまま(といっても所属している政党は前の大統領の党から今回はちゃんと今度当選した大統領の党に鞍替えしているので、すばしっこい。)再選したのであまり盛り上がらないかもしれない。
今日は朝のうち曇りがちで少し寒い。
日中の温度23度、湿度48%。夜19度、62%。

トルティーヤの要領

今日はコロッケを作って冷凍した。形を作る作業はどうも苦手で、これまたフリアに頼んで手伝ってもらった。彼女は何しろ子供のころからトルティーヤを作っているので、平べったくて丸いものを作るのはお手の物。僕はそれにパン粉をつける作業だけすればよい。結局55個くらい出来た。作ってパン粉をつけるのに、1時間で出来てしまった。やっぱり早い。自分ひとりでやっていたらゆうにこの2倍の時間はかかっただろう。ただ、やっぱりトルティーヤの癖が出るのか、だんだんコロッケが薄く、平べったくなってくるので、その度に、もう少し厚くするように言わないといけない。まあこればかりは習慣だから、なかなか治らないようだ。
そもそもグアテマラのトルティーヤは手作りなので、板の間に挟んで作るメキシコのトルティーヤのような薄いものはない。しかも、ピシトンといって、更に厚手のトルティーヤもあって、どちらかというと、トルティーヤは薄いものより厚手のものの方が良いという意識がグアテマラにはある。
あまり厚くしてしまっても、火が通りにくくなるかと思い、やや薄めにはしている。とはいえ、厚いピシトンといっても、平べったいコロッケのよりは薄い。そのため、最初に作ったものを、見本として置いてあるんだが、どうしてもリズムに乗ってくると頭より手の感覚が優先して薄くなるらしい。
今日も天気は良い一日。でも結構涼しい。
日中の温度25度、湿度47%。夜19度、62%。

圧力鍋

朝から市場に買い物に行き、日曜定食の仕入れ。先週は魚だったので、今回は肉ということで、あっちこっち見て回った。結局今週の日曜定食はイモコロッケにすることにした。ジャガイモは今結構安い。
このジャガイモのゆで方は今回ちょっと変えて、教えてもらった圧力鍋を使う方法をやってみる。茹でるんじゃなくて圧力鍋の中に蒸し器のざるを入れて蒸すようにする。こうすると水っぽくならないんだそうだ。
その上、圧力鍋なので火にかける時間が少なくなるので、ガスの節約にもなりそう。何しろ、カタカタと言い出してから2分かけて後は自然に圧が抜けるまで待つだけ。圧力鍋に蒸しざるを入れるので、ジャガイモは1回では全部入らない。そこでちょっと面倒だが2回に分けてやることにした。ただ、グリーンピースも一緒に入れられるのでそう思うと同じくらいの手間かもしれない。
しかし、量が多いので、混ぜるのは力仕事。最初は一人で汗をかいてやっていたが、疲れてしまって、力持ちのフリアに手伝ってもらった。何しろ5ガロン入りの水を軽々と2階まで持って上がってくるくらいで、グアテマラ人の町中のヘナヘナした男よりよっぽど力がある。
北海道は今気温がマイナス17度とからしい。17度で震えて大変な厚着をしているこちらからすると信じられない温度だ。今日も天気は良い。
日中の温度26度、湿度53%。夜20度、63%。

最初の12日

だんだん暖かくなってきた。ニュースではまた今週末に寒波が来るといっているようだが、どんなもんだか。基本的に1月は正月を過ぎてだんだん暖かくなるというイメージがあるんだが。
1月の最初の12日間を1年のそれぞれの月に見立てるという慣習がグアテマラにはある。今日は11日なので今年の11月にあたるわけだ。今日は比較的暖かく良い陽気なので、今年の11月もこんな感じだというわけだ。
これがあたるのかどうかは確認したことがないので、良くわからないが、2日に雨が降ったので、今年は2月が乾季なのに雨が降ったりする変な天気になると言う人が結構いる。まあ大体こちらでは2月は不安定な天候の月ということになっているので、雨が降ってもそんなに不思議ではないかもしれない。
そういう意味では3日、4日がかなり寒かったので、今年の3月、4月はあまり暑くならないんだろうか。アンティグアでは基本的に3月、4月が最も暑い時期なんだが。逆に7月、8月は雨が降るので、天気の良い時は暑いが、曇ったり雨が降ったりするとむしろ3月、4月より涼しいことになる。
今週の土曜日は新しい大統領の就任式。日曜日は各市長が就任式を行うらしい。このため特にグアテマラシティーでは交通規制があったりして、混雑する恐れがあるんだとか。特に就任式の行われる第13地区と高級ホテルなどのある第9,10地区はこの時期用がなければあまり通らない方が良いらしい。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、62%。

行列続く

昨日書いたこちらの公立中、高校の入学申し込みの行列だが、恐らく結構目立った出来事なんだろう。今朝新聞を読んでいたら、写真入でこの行列が出ていた。今までも多かったのかもしれないが、これほど目立ったことはないと思う。
アタバルの先生たちも、朝通ってくるときに見たのか、休み時間はその話題が出ていた。ここの高校は教員養成科しかないそうで、アタバルの先生の中にもここを出ている人が結構いる。自分たちのときはこんなに並ぶなんてことはなかったと、みんな口を揃えて言っていた。
グアテマラでは教員の養成は高校の段階でやる。というか、高校は普通科もあるが、一般的には会計科とか、それぞれの専門に分かれていて、それを勉強する。別に専門の課程であっても、例えば、教員養成科だったら、大学に進んだ場合教育学の専門に進むのが普通で、そこら辺は日本とシステムが違う。
ここの中学は普通科だが、高校の教員養成科だって、別に他にも学校はあるはずなんだが、一体どうしてここにだけこんなに集まるのか不思議だ。確かに、アンティグアの学校はある種ステータスがあるらしい。何しろ、グアテマラ各地から来てアンティグアの一般家庭に下宿して高校に通っている人も相当いる。実際こちらでホームステイしていて、そういう地方から来て下宿している高校生などと一緒になるということも、結構あるようだ。今日も天気が良く、日中はかなり暖かい。そろそろ暖かくなってくれるんだろうか。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、69%。

先週の月曜日の朝、ジェシカの散歩に出かけたら、いつも通る道が人でいっぱいで、通れなかった。朝の6時にこんなに人が集まっているなんて何事かと思った。その人が集まっている場所はアタバルの横の国立の女子の中、高校だ。まあ何かのイベントかという程度に思っていた。ところが、昨日昼ごはんを食べに出かけたときに、やはり同じところに相当人が集まっていた。
「この人達は何をやってるんだ?」とペトラに聞いたところ、学校の申し込みに来ている人たちだと言う。グアテマラの学校は1月から年度が始まるんだが、今年はそろそろ来週から授業が始まる。その申し込みらしい。しかも、この学校は公立の学校の中では評判の良い学校らしく、そのために、自分の娘をここに通わせようとする親が、並んでいるんだとか。
それにしても、日曜日に受付をやっている訳ではない。なんと月曜日の受付のために、日曜日の午前中から並んでいるらしい。見たところ、アンティグアの周辺の村から来ている人が多いようだった。今朝やはり6時前にジェシカの散歩に出たら、更に人が増えていて、その学校の前だけでは収容しきれず、そのブロックをぐるりと回っているようだった。幸い昨日の晩はここ数日ではまだ寒さがましだったが、毛布はもちろんいろいろなものに包まって道に並んでいる。ここにコーヒーを売りに来ている人がいるのは、グアテマラらしい風景だと思った。
今日も天気が良く暖かい一日。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、67%。

塩気

昼ご飯はトレ・フラテリに食べに行った。アメリカ発のイタリア料理のチェーン店だと思う。パスタなどの種類が多いし、そこそこおいしいので、たまに食べに行く。ただ、去年2回くらい行ったときは、いずれもかなりしょっぱかった。基本的な味付けは悪くないし、パスタの茹で加減も良かった。ただ、最初はそれ程感じないんだが、半分ほど食べた位からかなり塩気が気になる程度にしょっぱかった。
最初はたまたまかと思ったんだが、2回目も同じようだったし、ペトラの頼んだものもしょっぱかったので、おそらく料理をしている人の嗜好だろう。多分少量味見をしたときには、ちょっと塩気があるくらいの方がインパクトがあって、良いと思うのかもしれない。
そこで、今日はちょっと気が進まなかった。ペトラはラザーニャを頼んで「塩を少なめにしてくれ。」と注文していた。僕はエビと貝のスパゲッティー。今日はむしろ薄味でおいしかった。もしかしたら、作る人が変わったのかもしれない。ペトラは大抵ラザーニャを頼むんだが、今日はクリームが多めな感じで、今までとは違う感じだった。ただ、これだったら今日の方が好み。スパゲッティーは薄かったが、置いてある粉チーズ(このチーズがおいしい。)をかけて食べたら、ちょうど良いし。ソースがワインベースなので、残ったソースにこのチーズをたくさん入れて、パンで食べたら、ゆるいチーズフォンデューのような感じになって満足。
日曜定食は揚げ魚の香味醤油。最初誰も来なくてどうなるかと思ったが、結局17人。
今日も天気が良く、日中は暖かい。そろそろ寒さも和らいできた感じか。
日中の温度25度、湿度45%。夜19度、湿度63%。

サタデー・ナイト・フィーバー

明日は今年初めの日曜定食。2週間休ませてもらったので、今日市場に買い物に行くのもなんだか久しぶりという感じがする。クリスマスと正月が済んでから、市場はどうも通常より人が少なくなったように思う。今日も土曜日の割には空いていて、歩きやすかった。それにしては野菜など結構高いように思う。明日は揚げ魚の香味醤油なんだが、これは野菜の千切りを添えることにしている。ニンジンもキャベツも結構高い。トマトだけはクリスマス前後の値段に比べると落ち着いてきているようだ。
いつも土曜日は市場の食堂で早めの昼を食べて帰ってくることにしている。今日はスクランブルエッグとフリホーレス。基本的には朝食のメニューのようだが、昼でもこれを頼むと出してくれる。時々なんとなく食べたくなって、これを頼む。やはりこれがもっともグアテマラらしい食事という気がする。普段辛いものはあまり食べないんだが、この時ばかりはおいてあるチリをちょっと入れて食べる。フリホーレスはちょっと辛いほうがおいしい。
夜テレビで、サタデー・ナイト・フィーバーを見た。有名な映画だが、始めてみた。1977年の映画だから僕が中学の時に流行った訳だ。ケーブルテレビは古い映画ばかりを専門に流すチャンネルがあるから、こういう映画も見られる。単にダンスだけの映画なのかと思っていたが、それ程ではなく意外に面白かった。
朝起きたときも寒さはだいぶまし。天気が良く日中はかなり暑くなった。
日中の温度26度、湿度48%。夜17度、57%。

発情期

もうだいぶ前から、2匹の猫がウロウロしている。別に飼っている訳ではないので、向こうが気が向いたら来るだけなんだが、奥の洗濯機の置いてあるところで寝たりするらしく、知らずに近づくと飛び出してきて、驚くことがある。
先日の晩フェルナンド小と2階から下りようとしたところ、先に下りていたジェシカがものすごい勢いで走って上がってきた。しかもその前を猫が走っている。真っ暗だったので、そんなことがわかったのは、後の話で、その時は2つの塊が暗がりから飛び出してきたように見えて、恐がりの小はびっくりして飛び上がっていた。
その猫が最近発情期に入った模様。夜になるとヘンテコな声を出して鳴きながら、あっちこっち走って歩くので手に負えない。突然屋根の上に飛び降りたりするんで、恐がりの小でなくてもビックリする。
しかも、ジェシカがそれに怒って飛び出していくんで大変。最初はまあ良い運動になるかという程度に思っていたが、毎日となると、もう好い加減にしてくれないかと思う。もう4日くらい続いている。一体猫の発情期っていうのはどのくらい続くもんなんだろうか?
ジェシカは飛び出していっても猫のように屋根に上れるわけではないので、下からむなしくワンワン言うだけなので、ちょっとかわいそう。
今朝も起きた時には11度でかなり寒かった。それでも雲がほとんどないくらいの良い天気なので、日中はちょっと暑いくらい。
日中の温度25度、湿度39%。夜17度、62%。

南極越冬隊

ここ2週間ちょうどクリスマスと正月だったので日曜定食をお休みさせてもらった。今度の日曜日はそういう意味では久しぶりの日曜定食。メニューを考えたんだが、幸い魚が手に入ったので、今週の日曜定食は揚げ魚の香味醤油にすることにした。
市場は木曜日にしては人が少ない。やっぱりクリスマスと正月で皆お金を使ってしまって、更にこれから子供がいる家庭は学校の入学金やら、教科書、文具などを買わないといけないので、いろいろ物入りな時期なんだと思う。
しかも、野菜は相変わらず高い。今年はこの時期かなり寒いので、その影響があるのかもしれない。今朝は起きたときに温度計を見たらなんと11度。まあ日本にいる方が見たら、何だと思われるかもしれないが、こちらで15度を切ると相当寒いということになる。
先生達は厚着で着膨れしている。「南極越冬隊みたいな格好ですね。」という人もいる。そもそも寒いのは12月、1月くらいで、後は基本的にTシャツ一枚でいられるようなところなので、寒さに弱いんだと思う。それに、こちらの家の作りが日本の家屋のように、密閉性がないので、家の中にいても、外にいるのと変わりはない。
午前中の授業は2階のテラスに出て、日光浴をしながら授業をしている人もいる。それでも日中は20度を越えるから暖かい。市場で買い物をするときに、長袖を着て行ったら、帰りには暑くなって脱いでしまった。
また夜になってかなり冷える。
日中の温度22度、湿度43%。夜17度、52%。

市立診療所

ここのところちょっと腹具合が悪かったので、買い物に出かけたついでに薬屋に行くことにした。ただ、薬屋も最近は沢山あるので、どこに行こうかと思って考えていたら、以前市場の中の市立診療所を教えてもらったことを思い出した。ここだと診察はただ。しかもそこで薬も安く売っていると言う。
ちょうど市場の近くにいたので行ってみた。市場は閑散として店もかなり閉まっている。そこを通り抜けて、市立診療所に行った。入り口は薬屋になっていて、おばさんが2人いる。そこで事情を話したところ、今一人診察中なので、その後入れと言う。2,3分待ったんだが、その間一人また診察に来た人がいたが、もうすぐ昼の12時になるので、僕が最後の客だといって断っていた。ちょっと申し訳ないような気がしたがしかたない。診察は午前8時から12時までらしい。午後は薬屋だけ営業するようだ。
ただなので、見習いみたいなお医者さんかと思ったら、中年の女医さんで、絵を描いたりして、なかなか良く説明してくれる。説明も結構納得が行くものだったので、感じが良かった。
薬は3つ処方されて、そのうち2つは入り口の薬屋にあるもの。この薬はジェネリック医薬品なので、普通の薬屋で通常の薬を買うよりはかなり安い。もっと混んでるのかと思ったが、知られていないんだろうか?これだったらかなり良い感じだと思う。
昨日からものすごく寒かった。天気が良く日中は暖かかったが、夜はまた寒い。
日中の温度22度、湿度39%。夜16度、58%。

日焼け

ウン・ポコ・デ・トドという本屋があった。少しずつ何でもといったような名前。スペイン語の本ばかりでなく英語の本も置いたアンティグアでは古い部類に入る本屋だ。これが、去年の後半なくなり、その後は喫茶店になった。
この喫茶店は中央公園に面していてなかなか立地が良い。しかも、一度公園を歩きながら上を見たら、そこでお茶を飲んでいる人が見えた。僕が始めてグアテマラに来たとき、ここの場所は当然まだ本屋だったんだが、その2階はチボリという現在は4カジェを中央公園から半ブロックほど東に行ったところに現在はある旅行会社が入っていた。
今でこそ、旅行会社なんてアンティグアに数え切れないほどあるが、この当時はここともう一つある位だったので、僕も利用したことがある。確かにその時にも2階から上に上がる階段があったことを覚えている。
ここに上がったら中央公園が上から見られて、結構眺めが良さそう。ということで一回行こうと思っていたんだが、問題はこのテラスに屋根がないことだ。当然雨が降ったら、お茶をするどころではないし、天気の良い時はペトラが日焼けに敏感なのでまずい。なにしろ、日本から帰ってくるときにロスアンゼルスで1日時間があったので、ホテル近くのショッピングモールに行ったりしてウロウロしていたら、なんと日焼けして、しかも目の周りが真っ赤になって大変だった。確かにロスはだだ広くて日陰がないので、どこに行っても太陽が当たるような感じだったが、こんなにひどくなるとは思わなかった。一緒に歩いていた僕はなんともなかったんだが。
今日も曇っていて寒い。特に夜は寒い。
日中の温度19度、湿度56%、夜15度、58%。

初めの授業

今年初めの授業。幸い問題なく始まった。もちろん初めの授業だからって特別のことはないし、いつも通りの月曜日なので、何かあるわけではないんだが、なんとなく年の初めに問題なく始まるとホッとする。
午後は例年通り餅を焼いて食べた。4時からの休み時間に焼くように、4時20分前くらいにフリアに頼んで、炭を熾してもらった。やっぱり炭に火をつけるのは、こちらの人に頼むに限る。本当にうまい。最初に焼き始めたら、焦げるばっかりで膨らまない。これは餅の質が悪いのかと思ったほど。
ところが、みんながほぼ食べ終わったころに、火がちょうど良い具合になってきて、きれいに焼けるようになった。まあこれは毎年反省するんだが、火を熾す時間がいつもうまく行かない。よっぽど早くからやっておけば良いんだろうが、つい無駄にしてしまうんじゃないかという気がして、なかなか思い切って早く火をつけるということが出来ない。今度は45分前くらいからつけるようにしたほうがいいだろう。
例年通り納豆とケーキを差し入れしていただいたので、皆これも大喜びだった。グアテマラの人達は餅はだめ。こういう食感の食べ物がないからだろうか。まあいやいや食べてのどに詰まらせたりしたら困るので、こちらも最近は勧めない事にしている。ニュースを見ていてもこの時期はしょっちゅう餅をのどに詰まらせてなくなった人の記事が出ている。今日は一日中小雨が降ったりやんだりで寒い。
日中の温度21度、湿度56%。夜17度、69%。


今年もよろしくお願いいたします。

新しい年の始まり。とはいえ、日曜日で夜の定食もお休みにさせてもらったので、のんびりとしたもの。朝7時に起きて、ペトラと一緒にタマルで朝食。タマルはこういう休みの日の食べ物だ。長く保存するんだったら凍らせておけるし、その後暖めるのは、電子レンジでチンすれば良い。電子レンジがなくても、元々蒸し煮のような感じで作るので、鍋に水を少し張って、やっぱり蒸し煮にすれば、簡単に暖められる。ペトラは甘い黒タマルで、僕は甘いのが苦手なので、普通のタマル。
昼は外に出かけて、またサン・フェリペで昼ごはん。先週はペトラの誕生日でもあったので、エル・プラードに行ったが、今日はそういうわけではないので、コメドール・サンフェリペ。ペトラはペピアン、僕はレボルカードを食べたので、先週と同じものを場所を変えてまた食べたことになる。三・フェリーぺにはたくさんレストランがあるが、この2つのレストランがサン・フェリーぺで行く価値のあるレストランだと思っている。
飲み物などを含めた料金が以上なので、まともに比較することは出来ないが、味はペピアンはコメドール・サンフェリペ、レボルカードはエル・プラード、トルティーヤはコメドール・サンフェリペの方がおいしい。ただ誤差の範囲で個人の好みでいずれも反対になってもおかしくない程度。雰囲気は当然エル・プラードの方が良い。田舎の食堂っていう感じが好きな人は反対かもしれないが。トイレに行くんだったらコメドール・サンフェリペは勧められない。
とにかく1年が始まった。
今年もよろしくお願いいたします。
日中の温度25度、湿度54%。夜19度、62%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。