スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うるう年

今年はうるう年。なんだか2月が29日までってのも変な感じだ。月給を払って商売をしているときは、1日でも長い方がありがたかったが、スペイン語学校は支払いも週単位なので、あまり関係ない。
というか、本来?だったら、去年から1日ずれるだけなので、クリスマスイブの24日と大晦日の31日の祝日が日曜日と重なるはずだったのに、このおかげで今年の祝日は去年から2日ずつずれて月曜日になってしまう。それで、年末年始は3日しか働けない週が2回続いてしまう。
更に昨日のニュースでは12月21日をマヤの何とか(びっくりして詳しいことは忘れてしまった。)の日ということで祝日にするとかいうことを言っていた。こうなると12月は祝日ばかりで商売をする方は大変。しかも、冬のボーナスも払わないといけないんだから、大変な月になる。
先生達は4連休が2週間続くので大喜びだろう。まあ、それまでにがんばって働いてお金を貯めておけって事だろう。
それにしても今日は暑い。昨日の晩はまた結構寒くて、最後の寒波はなかなか終わらないと思っていたが、今日は朝から比較的天気が良く、昼頃からはカンカン照り。公園のジャカランダの木も花が満開になってきているし、これからいよいよセマナ・サンタに近づいている感じがしてきた。
日中の温度26度、湿度29%。夜20度、52%。
スポンサーサイト

100円ショップ

目からうろこが落ちるっていうのとは、ちょっと違うが、なんともちょっとしたことで、ガラッと状況が変わることがある。日曜定食のときご飯を炊くのに圧力鍋を使っているんだが、これで炊き具合を管理するのに、キッチンタイマーを使っている。このキッチンタイマー、日本で100円ショップで買ったもの。濡れた手で触ったり、落っことしたりするせいか、たまに壊れる。そこで大体日本に行ったときに買って来て、ストックしてあるんだが、先日使っていたのが調子悪くなったので、新しいものを出してきた。
時間表示の画面が大きくて、なかなか良いと思って買ったもの。ところが、これを使おうとしたら、時間表示が00.00となったままで、動かない。持って来る途中かばんにぎゅうぎゅうに詰めてきたので、その時に画面が押されて壊れたのかと思った。やっぱり100円じゃ簡単に壊れてもしょうがないと諦めてまた別のものを出して使っていた。
それを今日人に見せて、「やっぱり100円のものはだめだ。」と言っていたら、さっと画面に張ってあったシールをはがして見せられた。なんと画面の上に00.00というシールが張ってあった。だからいくら時間を設定するボタンを押しても、00.00から変わらなかったわけだ。100円ショップを恨んで申し訳ないことをした。
今日も朝から曇っている。何でもこの冬最後の寒波だそうだ。まあこれで終わってくれれば良いのだが。午前中は一瞬霧雨が降ったりもしたが、午後からは結構日がさしてきて、天気も回復してきた。
日中の温度23度、湿度48%。夜20度、61%。

肌寒い日

昨日の晩かなり寒かった。日曜定食の頃はそれほどでもなかった。まあこちらは台所で火を使って料理をしていたので、余計そう感じなかったのかもしれない。でも、終わってシャワーを浴びた後くらいから、ぐっと冷えてきた。それで今朝も結構寒かった。先生たちもまた2週間ほど前に戻ったように厚着で授業をしている。
その後天気は良かったので、だんだん温度は上がってきたんだが、その割にはなんとなくヒンヤリとしている。風が冷たい。もう昨日最初のプロセシオンが出たというのに、こんな気候というのはちょっと変な気がする。
とはいえまだ最初のプロセシオンなので、お祭りとしての盛り上がりはまだまだ。この次の日曜日のサンタ・イネス(アンティグアからグアテマラシティー方面に出たところの村)のプロセシオンもサンタ・イネスの人たちはそれなりに盛り上がるんだろうが、アンティグアのセマナ・サンタとしてはまだまだ人が少ない。その次のホコテナンゴあたりからやっとそれらしくなって来て、第4日曜日のサンタ・アナはこれはもうかなりのものになる。そこからはもう大きなプロセシオンが続き、アンティグアの町の人たちも、セマナ・サンタ気分に乗っていく。更に第5日曜日のサンバルトロは最も大きなプロセシオンの一つで、見物に来る人もものすごい。セマナ・サンタの間のプロセシオンも大小さまざまだが、その中でもラ・メルセー教会(枝の日曜日と聖金曜日の2回出るがいずれも)のもの、サン・フェリーぺのもの、エスクエラ・デ・クリスト教会のものは誰もが楽しみにしている大きなプロセシオンだ。
日中の温度25度、湿度38%。夜20度、59%。

セビッチェ・メヒカーノ

セビッチェというと、ペルーあたりが発祥の料理である。ただ、今ではグアテマラでもかなり人気のある食べ物だ。先日アタバルの先生からアンティグアの外れの保健所の前の広場でセビッチェ・メヒカーノ(メキシコ風セビッチェ)を売っていて、なかなかおいしいと聞いたので、今日早速行ってみた。
まあいわゆる広場の屋台だ。道路にむけて結構大きな看板が出ている。サン・フェリーぺという隣村に行く道なのでしょっちゅう通っていたんだが、今まで気がつかなかった。このセビッチェ・メヒカーノ、グアテマラのものとちょっと違う。グアテマラのものはトマトを細かく刻んだものがたくさん入っていて、その中にエビなどの魚介類が混ざっているんだが、こちらは魚介類が中心で、野菜はごく細かく刻んだたまねぎとコリアンダーが入っているだけ。エビとミックス(エビ、貝、魚が入っていると言っていた。)の2種類で、大きさも大(60ケツアル、8ドル弱)、小(35ケツアル、約4.5ドル)の2種類。初めてでどんなものかわからなかったので、エビの小を頼んだ。小はまじめに小さい。ちょっと驚いた。でも、エビは普通のセビッチェ屋ではチャカリンと言われるごく小さいものを使うんだが、それよりもやや大ぶりのものが10匹入っている。しかもちゃんと全部背綿を取ってあるし、おそらく重曹でしめてあるんだと思うが、歯ごたえがあっておいしい。結構手が込んだ感じ。トマトは入っていないが、ソースにトマトが入っているのか赤い色をしている。おいしい。ただ、この量ではかえって空き腹を刺激しただけで、この後サン・フェリーぺに行って、肉の焼いたのを食べてしまった。大を頼めばよかった。トマトなどの増量するものが入ってないので、これは仕方ないのかもしれない。量を考えれば割高な気がするが、ちょっと奮発しておいしいセビッチェを食べたいと思ったら、アンティグアではここがお勧め。
日曜定食は餃子で20人。
今日も天気が良く暖かい一日。
日中の温度26度、湿度33%。夜20度、52%。

丸いトマト

トマトはグアテマラでは最も大切な食材の一つだと思う。大抵の料理にはトマトを使う。おそらくトマト全く食べない日はないんじゃないかと思う。トマトは比較的値段の上下の激しい野菜でもある。何しろ需要が多いので、その分供給する側も大量でないといけない。だからたくさん作って、だぶついたら半端でなく値段が下がり、逆に少ない時はそれでも皆が欲しがるので値段が上がるんだろう。
今はまあ平均的な値段で落ち着いている。ただ、このトマトには丸いものと細長いものがあるんだが、この2つでも値段が違う。通常は丸いものの方が高いんだが、先週までこのトマトの丸いものが細長いものより随分安かったんだが、今日はもう同じ値段になっていた。普通丸いものはサラダ用で、細長いものは調理用となっているようで、トマトを調理して食べることが多いこちらでは、細長いものの方が好まれるようだ。とにかく明日は餃子なので、こちらはもう包んで冷凍してあるので、今日の買い物は楽。家のものだけを買って来た。
ここのところ乾燥しているせいか、静電気で驚くことが結構ある。今日は特にひどくて、あっちこっち触ったらピチピチ言う。アタバルのドアは火事のあと全て金属のドアにしたので、ドアを開けるのにちょっとためらう。服のせいだというが、今日シャワーを浴びた後裸のままドアを触った時さえピチッと来て驚いた。
今日は天気は良かったんだがちょっと気温は低い。
日中の温度25度、湿度35%。夜20度、54%。

最初の行事

今日はカテドラルのベラシオン。ベラシオンは教会に聖書の一場面の飾りを作り、床にはおが屑で色彩豊かなじゅうたんを作る。この飾りを見に町の人たちは教会を訪れる。これが今年の四旬節の最初の行事といえる。
普通金曜日はその2日後の日曜日にプロセシオンの出る教会でベラシオンが行われるので、今日も最初のプロセシオンの出るサンタ・カタリーナの教会でベラシオンがあるのかと思ったが、これは明日。この第1週目だけは別なんだそうだ。長いこと四旬節を見ているが、この第1週目はまだほとんど盛り上がらないので、あまり気にしていなくて、そんなことすら知らなかった。今日改めて質問されて、先生たちに念のため聞いてから返事して良かった。
これから毎週金曜日はベラシオンで、日曜日はプロセシオン。その間にも子供のプロセシオンやらその他様々な行事がその間にもちょくちょくある。まあこのベラシオンは教会の前の広場などに屋台が出て、日本の神社のお祭りにちょっと似た感じ。日中は人はポツポツとしか来ないが、夜になると大勢の人が集まり、中に入るのも大変なことが多い。やっぱり夜店というくらいで、夜になるとより魅力的に感じるもんなんだろう。
今日も天気は良く暑い一日。気温はここ数日それ程変わっていないが、なんとなく今日は暑く感じる。温度計が1度単位の表示なのだが、気のせいか28度でもやや29度に近い28度のように見えた。
日中の温度28度、湿度39%。夜21度、58%。

バイリンガル教育

アタバルの先生たちは、当然のことだが、子持ちの人がほとんど。その先生たちと話しをしていたら、最近は学校でスペイン語の他に、マヤ系の原住民の言葉を教えるんだという。グアテマラの原住民の言葉は30近くあり、それぞれの地域で、その言葉を教えるらしいんだが、アンティグアはカクチケル語の圏内にあるのでカクチケル語を教えるんだという。バイリンガル教育ということらしい。
ところがこれが結構難しいんだとか、何しろ、蟻一つでも、赤い蟻とか黒い蟻とかそれぞれに固有名詞があるんだという。だから覚えるのが大変だという。グアテマラには意外と教育ママが多いのか、結構子供の宿題などを親が見ることが多い。何しろ、今週は子供の宿題が多いから、午後授業を休ませてくれって言う人がいたりするくらいだ。先日も市場に行ったら、お店で商売そっちのけで、なんだか工作をしている人がいたので、「一体何をしてるんだ?」と聞くと、子供の宿題の工作をやってるんだと言う。ところがその当人である子供は、そこら辺で近所の子と遊んでいるんだから、どうも本末転倒のような気がしなくもない。
ところが、今の親の世代の人たちはまだこのバイリンガル教育というものがなかったので、こればかりは見てあげることが出来ないから子供も大変だろう。
市場に行き、餃子の皮を買ってきた。今週の日曜定食は餃子の予定。
朝から天気が良く、日中は暑くなった。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、63%。

四旬節が始まる

昨日はカーニバルだったが、今日は灰の水曜日。四旬節の始まりだ。今日は各教会で、ミサがあり、そのミサに行った人は額に灰で十字架のマークをつけてもらう。始めはミサが終わると、一斉になんだか額が黒くなった人が歩いてくるので、ギョッとしたものだ。
まあ今ではさすがに慣れてそんなことはない。ただ、もうそんな季節になったんだなあと思う。何しろ、年が明けて、最初の目立った行事がこれで、ここから毎週いろいろな行事が続いて行く。早速今週の金曜日はサンタ・カタリナのベラシオンで、日曜日はここからプロセシオンが出る。以前入り口で雑貨屋をやっていた時には、ここからが一年の稼ぎ時なので、仕入れを計算して、ジュースなどを冷やす冷蔵庫を貸してもらう交渉などを始めている時分だ。
当然アンティグアで商売をしている人は、かき入れ時を前にして、いろいろ工夫をしたり、仕入れをしたりと準備に余念がないことだと思う。普段は商売などしていない家も、この時期だけ家の戸を開いて、焼肉やらサンドイッチなどを売ったりするところも多い。そんな意味でなんとなく町全体がちょっと高揚した感じがする。
今日は朝早いうちはちょっと曇りがちで、なんとなく肌寒かったが、その後天気が良くなり、日中はずっと良い天気。暑くなって来た。まあこうでないと四旬節という感じがしない。これからどんどん暑くなっていくはず。まだまだ例年の同じ時期に比べると気温が低いような気がする。
日中の温度28度、湿度39%。夜21度、59%。

カーニバル・誕生日

今年は今日がカーニバル。学校でもカーニバルでいろいろやっているところが多いらしく、道を歩いていると、学校帰りの子供たちは皆頭に紙切れをいっぱいくっつけている。これからはなんだかんだと行事が多い時期となる。
今日はロベルト・ゴメス・ボラーニョスの83歳の誕生日なんだそうだ。ロベルト・ゴメス・ボラーニョスは、今までにも何回か書いた「チャボ」などの作者兼主演者。スペイン語圏ではものすごく有名な人だ。
何しろこの「チャボ」を初めとするシリーズの「チェスピリート」は1970年代から1990年代まで続いたもので、今でも繰り返し繰り返しいろいろなチャンネルで流れている。ケーブルテレビでこの「チェスピリート」は毎日必ずどこかのチャンネルでやっている。大抵複数のチャンネルでやっているぐらいだから、子供のころにこの番組を見なかった中南米の人はまずいないんじゃないかというくらいの物だ。
もうこのシリーズに出てきた俳優さんたちの何人かは亡くなっているし、既に引退した人もいる。ロベルト・ゴメス・ボラーニョスも、このシリーズの後他の番組で見ることはまずなかった。ところが最近インタビューなどをチョコチョコ見かけるようになったので、どうしたのかと思っていたら、今日が83歳の誕生日だった。メキシコでは既にこれを祝う催しがいくつもあったらしい。
今日は天気が良く暑い一日。
日中の温度27度、湿度33%。夜21度、52%。

カーニバルの準備

今朝はなんだか早く起きた。やっぱり月曜日は1週間の始まりという気がして、ちょっと早めに起きる。今週は明日火曜日がカーニバル。アタバルでは先週の火曜日に、バレンタインデーの時に、卵の殻に細かく切った紙を詰めたものを他人の頭で割って、お祝い?をしたが、これは本来明日のカーニバルの時にやるもの。
明日はカーニバルだが、グアテマラではそれほど大きなお祭りはない。一番有名なのはマサテナンゴのカーニバルだろうが、以前行った人の話では、それ程大したことはないということだった。
アンティグアでは各小学校、中学校などで催しをするようだ。やっぱり仮装したりするらしく、市場の古着屋で、仮装の衣装を貸しているところがあるんだが、そこは今日は大忙しだった。
アタバルの先生たちも小、中学生の子供のいる先生は、明日の準備をしている。新聞紙で仮装の型を作るとかいって、取ってある古い日本の新聞を持っていった人もいる。こういう時、大きな日本の新聞は役に立つ。
市場では他にはこの卵の殻に小さく切った紙を詰めたものを売る人たちが、今日は稼ぎ時とばかりに張り切っている。
今日は朝のうちちょっと雲が多いかと思ったが、その後晴れてきて、日中はかなり暑くなった。
日中の温度26度、湿度51%。夜21度、62%。

さつま揚げ

日曜定食はさつま揚げ。先日買ったフードプロセッサーを早速活用して、朝からゴトゴトと魚をする。ただ、初めてなので、ちょっと勝手がわからない。最初は詰め込みすぎて、後から半分出さないとちゃんと混ざらなくなった。
しかし、野菜も一緒にすれるので、早くて良い。ただ、野菜が細かくなりすぎないようにするのが難しい。最後の頃になるとだいぶタイミングがわかってきて、きれいに出来るようになってきた。
ただ、野菜も簡単に出来るので、どうやらいつもより野菜を多く入れすぎたようだ。魚が予定より少ない量で、いつも使っている入れ物がいっぱいになってしまった。これはちょっと誤算。
実際夜になってあげてみたんだが、滑らかで味は悪くはないと思ったが、噛んだときに弾力がなく、ちょっと柔らか過ぎた。これは野菜が多すぎたせいだと反省。レシピを直しておかないといけない。
それ程使う場面は多くないとは思うが、フードプロセッサーはやっぱりあると便利。最初は、包丁2つを使ってトントン叩いていて、その後ミンサーを買ってきて、それを使ってやったが、いずれも結構時間がかかる。これだったら、野菜もあわせて、全部で1時間かからないで用意が出来てしまう。
今日は午前中曇りがちでちょっと肌寒かった。午後から結構天気が良くなった。
日中の温度24度、湿度52%。夜20度、60%。

訂正2つ

昨日鳥の頭に関して、グアテマラでは食べないと書いたら、早速メールで、ネバフやサントスで食べたというご指摘をいただいた。やっぱりカルドのようなものに入れて食べるようだ。
この鳥の頭、鳥の臓物と一緒に鳥屋で売っている。以前犬のブリーダーをしている人から、鳥の頭を煮て犬に食べさせると毛のつやが良くなるので、品評会などに出す犬に良く食べさせると教えてもらって、一時ジェシカの食事に良くいれていた。最近は年をとってきたので、骨があるので、やめたが、ジェシカはこの鳥の頭を好きで良く食べていた。そんなことから勝手に犬用に売っているんだと思い込んでいた。そういう訳ではなかったようだ。確かにグアテマラでは牛の脳みそも豚の脳みそも食べる。白子と似た味がしておいしいものだ。鳥の脳みそもおいしいんだろう。
訂正ついでにもう一つ。マンサーナ・ロサのところで、その香りがイチゴのようなリンゴのようなと書いたとペトラに言ったら、笑われた。バラの香りなんだそうだ。だからロサ(バラ)って言うらしい。確かにそうだ。どこかで出会った香りだと思っていたが、そう言われれば、日本で買ったバラの香りのするキャンディーの香りに似ている。ちなみにこのキャンディー食べていると体からバラの香りがしてくるんだそうだ。
今日は午前中はまあ良い天気で結構暖かくなったが、午後から暗くなり、夕方にはちょっと雨も降った。
日中の温度25度、湿度51%。夜21度、67%。

豚足

あっという間に金曜日になり、今週の授業もこれで終わり。もう来週は火曜日がカーニバルで、水曜日は灰の水曜日。いよいよ四旬節が始まる。本当に年が明けたと思ったら、すぐに四旬節が始まるので、毎年のことだがなんだか慌しい。
今日の昼ごはんはパティータ・ア・ラ・ビナグレッタ。言って見れば豚足のマリネか。ペトラの得意の料理の一つで僕の好物(いっぱいあるが)でもある。しかし、豚は肉もおいしいし、足はこういった料理になり、頭と臓物はレボルカードと言われるグアテマラ風モツ煮込みのような料理にされて、本当に捨てるところがない。グアテマラ人の最も好きな肉は鳥ではないかと思われるが、この鳥でさえ、頭はまず食べないので、豚肉のほうが活用されているんではないだろうか。そうなると鳥の足は食べるのかということになるが、これがちゃんと食べる。もちろん中国料理などでは当然だが、グアテマラでもこの鳥の足、結構カルドと言われる、ポトフのような料理に入れて食べる。このカルドはその肉の種類によりいろいろバリエーションがあるんだが、最も一般的なところでは牛肉、鶏肉、魚介。変わったところでは牛の足、鳥の足などがある。こちらは不思議と豚肉も豚足も使われない。以前なぜ鳥と牛のコンソメは売っているのに、どこに行っても豚のコンソメはないと言われ、なるほどと思ったことがあるが、それに似たものがあるのか。豚骨スープなどを除いてはどこの国でも豚でスープのだしをとるということはないんだろうか。
今日は曇りがちだが湿度が高く、ムシムシしている。
日中の温度25度、湿度58%。夜20度、70%。

さつま揚げ

午前中いつも通り市場に買い物に行く。まあ人出が特に少ないようには見えなかったんだが、市場のおばちゃんたちは、少ないとぼやいていた。こちらは単に自分の周りを見回しているだけだが、彼女たちは売り上げという数字で見ているんだろうから、そちらの方が正しいんだろう。
今週の日曜定食はさつま揚げにした。ずっとやりたいと思ってたんだが、昨日買ったフードプロセッサーを買ったらやろうと思って、先延ばしにしていたものだ。これで随分手間が省けるだろう。その分手順が変わるので、ちょっと良く手順を考えて用意しないといけない。
牛蒡もいただいたものがあるので、今回は牛蒡入りのさつま揚げが作れる。どうもあの牛蒡の香りがすると特においしいような気になる。この牛蒡はどうがんばっても市場で手に入らない野菜の一つ。
それにしても今日は暑い。昨日もだいぶ暑くなったが、今日は一段と暑く感じる。市場で買い物をしていても、汗をかく。まあいよいよ暑い季節が始まったということなんだと思う。中央公園のハカランダの花も咲き始めた。ちょっと早いような気がする。四旬節のときにハカランダの紫の花が咲いている下を、紫の衣装(四旬節のときはプロセシオンを担ぐ人たちが紫の服を着る。)を着た人たちが歩いているというのが、なんとなくアンティグアの風物のように思っている。
日中の温度28度、湿度49%。夜20度、72%。

中途半端な器具

午前中ペトラと買い物に行ったときに、ついでに前から買いたかった、フードプロセッサーを買ってきた。まあ大きい割りに思ったより安かったので、この際に思い切って買ってしまった。
フードプロセッサーはどうも中途半端な器具だと思う。これがないとどうしようもないと言うものではない。でも、あるとちょっと便利。特に日曜定食のときなどに、たくさんの量のみじん切りをしたりするのに、これは便利。今までも2台ほど買ったことがある。動いている間は便利なので結構ガンガン使うんだが、壊れるとあまり一般的なものでないせいか換えの部品がなく、そのままになってしまう。
以前市場の知り合いの店でこれと似たものを見て、そんなに高くなかったので、買おうと思っていた。ところが、迷っているうちに売切れてしまって、その後全然入ってこなかった。
それで今日時間がちょっとあったので、町中の電気屋で聞いてみたら、市場で売っているのと同じくらいの値段だった。それで思い切って買ってしまった。今までのはなんだかでっかいものだったが、今回のものは、ちょっとミキサーに似た感じですっきりしていて、ペトラが気に入ったようだ。聞いてみたところやはり部品は売っていないと言う。仕方ないだろう。
今日は暑い。しかも湿度が高いので、なんだかムシムシした感じだった。しかも昼過ぎにはちょっと雨が降った。
日中の温度27度、湿度51%。夜21度、68%。

バレンタインデー

バレンタインデーの今日は、日本ではチョコレートが売れているところだろう。グアテマラではそういう習慣はないので、どこの商売も今日は商売のチャンス。朝6時にジェシカと散歩していたら、もうドミノピザは店を開けて店員さんたちが出たり入ったり準備をしていた。ドミノピザはかき入れ時だから早くから準備をしないと間に合わないんだろう。何しろ以前この日に電話したら「今日は30分では持って行けません。」と言われ、断念した。その後午前10時過ぎに通ったときには、もうかなり人が入って注文をしていた。
アタバルの先生達は昨日からなにやら計画をしていて、午前中の休みに、ポップコーンやらスイカやらトスターダなどを持ってきて、皆で食べることにしたようだ。そこへ、アタバルとしてチーズケーキを買って来て提供したので、なんとも不思議な取り合わせになった。各自が出来るものを持ち寄ったと言うことなんだろう。
ひとしきり食べた後は卵の殻に紙切れを詰めたものを出してきて、これを人の頭で割って大騒ぎ。これはカスカロンと言ってカーニバルの時にする遊びなんだが、今年のカーニバルはちょうど来週の火曜日、ついでにカーニバルもやってしまおうと言うことらしい。
まあ皆でキャーキャー言って大騒ぎ。かなり沢山かけられた。特にベロニカは頭で殻を割るんでなくて、頭の上で殻を自分の手で粉々にしてぶっ掛けるんで、こんなにたくさん入ってるのかと思うほどの量が降って来る。これは服の中に入って結構後までチクチクするので大変。
今日は雲も結構あったがまあ良い天気。日中は暑くなった。
日中の温度26度、湿度55%。夜20度、71%。

壁の塗り替え

アタバルの正面の壁を塗った。まあ自分で塗った訳ではない。土曜日、日曜日にフリアの旦那さんに頼んで塗ってもらった。何しろもう随分壁を塗ってなかったので、かなり色が剥げ落ちて、情けないことになっていた。これは前に塗ったときに粉のペンキ?を使ったからだとペトラは言う。まあそうなのかもしれない。確かに粉の染料に糊やら砂糖やらを入れて作った塗料を使った。
アタバルの壁は真っ直ぐではなく、下のほうがかなり膨らんだ形をしている。その下の膨らんだところの角辺りが、ちょうど人の手のあたるくらいの高さで、ここが完全にハゲハゲになって汚い感じになっていた。
色やら塗料の種類は、やはり世界遺産の町なので決まっていて、その中から選ばざるを得ない。そこで色は前と同じで、レンガ色、塗料は今回は出来合いのもの。油性のものだといけないらしいので、それはお店で教えてもらい、問題のないものを買う。
これで2日間かけて塗って貰ったんだが、出来てみれば、きれいになって実に気持ちが良い。家の中にいると見えないものなのでついついほってあったが、思い立ってやって良かった。
昨日は曇っていて、なんだか肌寒い一日だったが、一転して今日は結構良い天気でなんだか暑い。気温はたいしたことがないんだが、湿度が高いせいか昼過ぎに銀行に行ってちょっと歩いただけで結構汗をかいた。
日中の温度24度、湿度54%。夜20度、70%。

エーゲ海の真珠

ペネロペというと、ペネロペ・クルスを思い浮かべる人が普通だと思うが、実は日本でもかなり有名な曲の題名もペネロペという。まあ今はもうそれ程流行らないのかもしれないが、これはスペイン(カタルーニャ)のアウグスト・アルゲロ作曲、フアン・マヌエル・セラー作詞で歌ったのもフアン・マヌエル・セラーの大変有名な曲。
日本では歌詞はほとんど知られていない。しかも、題名がなぜか「エーゲ海の真珠」という。まあ僕の世代から上の方はおそらくポールモーリアオーケストラの演奏を聞いたことがあるだろう。ポールモーリアオーケストラはこれ以外にも「恋はみずいろ」などが有名。小学校か中学校だったかの校内放送で給食のときなどに良く流れていた曲だ。
今日日曜定食が終わって、シャワーを浴び、ほっとしたところで、テレビを付けたら、ちょうどこの曲が流れていた。ディエゴ・トーレスというアルゼンチンの歌手のライブだった。最近おそらくこのペネロペは、中南米ではディエゴ・トーレスの持ち歌として有名だと思う。この人は、自分で作詞作曲もして、それはそれで有名な曲もいくつかある。なんだか食事を作り終わり、給食のときに良く聞いた曲を聴いたので、ずいぶん懐かしいかった。
日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めで16人。今日はなんだか曇りがちで、天気は良くない。寒波がちょっと遅れてきたのかもしれない。しかも夕方には一瞬細かい雨がパラッと降った。
日中の温度22度、湿度54%。夜20度、62%。

マンサーナ・ロサ

今日いつも通り市場で買い物。日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めにする予定だったので、木曜日に注文をしておいた。幸い予定通りブレドが手に入った。ブレドは今の時期ちょっと少ないので、手に入ってよかった。一度いくら探しても手に入らないことがあって、ほうれん草で代用して、それはそれで悪くないんだが、個人的にはこのブレドの匂いが好きだ。その他の材料はいつも手に入るものなので、心配ない。
買い物を終わったところで、ペトラが、今日は珍しいものを見つけたと言う。マンサーナ・ロサという果物。マンサーナはリンゴで、ロサはバラとかバラ色という意味だ。だが、見たところはリンゴではない。相当小ぶりなザクロのような形をしている。
味は、ちょっとリンゴに似て、控えめな甘さがありおいしい。ただ、味で食べるというよりも、そのほのかなイチゴのようなリンゴのような香りを楽しむ物のような気がする。大きな種があるので食べるところはそれ程ない。
ペトラはこれが大好きだと言う。売ってるおばちゃんはエスキプーラスから持ってきたものだという。そちらの方にも以前は良く行ったものだが、見たことがなかった。いろいろな珍しい食べ物は見たら買って結構食べていると思ったが、まだまだ知らないものがあるもんだ。
今日は比較的天気が良い一日。ただ、夜になってスッと寒くなった。今週末は寒波が来るとニュースで行っていたが、もっと寒くなるんだろうか?
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、58%。

ネコを見ない

良く、生徒さんなどから、「グアテマラでは犬はよく見かけるけど、猫はあまり見ない。」と言われる。ずっと以前猫を沢山飼ってたことがあるので、自分ではそんなことを感じたことがなかったので、最初はピンと来なかった。そもそも、僕の知っている範囲では犬と同じように猫を買っている人は沢山いる。むしろ、猫はねずみよけになるので、好きでなくても飼っている人がいるくらいだ。
でも言われてみると、普通に町を歩いているとそうなのかもしれない。特にアンティグアのように塀が高く家の中が見えないと余計そういう感じがするんだと思う。何しろ猫は道を歩かない。大抵各家の屋根や塀を伝って歩いていくので、道を歩いていると、よっぽど塀の上とか上方を見て歩いている人でないと、猫は目に触れないだろう。それに対して犬は屋根や塀の上を歩くことが出来ず、道を歩くしかないので、歩いていて目に付くというだけのことだと思う。
実際アタバルに良く夜寝に来る猫がいる。ジェシカが良くその音を聞いて怒ってるんだが、何しろ相手は屋根の上や塀の上にいるので、どうにも出来なくて、下で歯軋りしているだけだ。この猫ちゃんとジェシカが寝たころを見計らって寝床にしている裏の物置にもぐりこむ模様。今日2階でタバコを吸いながら周りの家の屋根を見ていたら、この猫がアタバルから3,4軒先の家の屋根を悠々と歩いていた。実に広々とした屋根で周りには何もなく、実にのんびりとしているように見えた。まあこれは猫の特権だろう。
今日もやや曇りがちだが雨は降らず。
日中の温度24度、湿度47%。夜19度、59%。

今日は午前中は結構良い天気。市場に買い物に行ったんだが、まだそんなに暑くならないし、買い物日和という感じだった。昼頃になるとちょっと曇ってきたが、午後2時に午後の授業が始まった頃には、また日が照ってきて、良い感じだった。ところが、その後3時過ぎになって突然パラパラ音がしだした。何事かと思ったら雨。しかも結構強く降っている、この前の天気雨と違い、この時は空模様もどんよりとしている。
昨日の晩11時を過ぎたころに雨がやっぱり降った。これは気をつけてないと気がつかない程度の、小雨だったが、しばらく降っていた。なんだか今年は雨が多いようだ。2月になったのに、なかなかすっきりと暑くならない。ニュースの予報では、どうやら今週末にまた寒波が来るんだとか。とはいえ、正月の前後のように震え上がるような寒さにはならないようだが、まだまだこんな天気が続くのかもしれない。まあ気温の面から見るとちょうど20度から25度くらいなので過ごしやすいんだが。
いつも通り市場では日曜定食の内容を考えながら買い物をする。今週は豚肉と青菜の五目炒めにすることにした。青菜はいつも通りブレドを注文して来た。これが手に入ると一番良いのだが。その他の材料はそれほど手に入れるのが難しいものではないのだが、ついでに頼んでおいた。豚肉はスライスして小分けにする。後は野菜類を切りそろえるだけ。炒め物なので、用意は比較的簡単。
夜まで結構雨が降った。
日中の温度25度、湿度45%。夜19度、72%。

ラテン的

以前アタバルで実習をした男の子に会った。こちらの高校は実地研修みたいな感じで、最終学年に一定の期間実習に出る。10年近く前の話なので今は良いお兄さんだ。
随分久しぶりだったのでペトラが「結婚したって聞いたけど、もう子供が出来たの?」と聞いたら、結婚もして、もう離婚もしたんだそうだ。なんとめまぐるしい。
後でペトラが、アタバルで実習していたときの思い出を話してくれた。僕はそんなこと全然知らなかった。その時好きな女の子がいて、付き合いたいと思って、まず彼女の両親に許可をもらいにいったんだそうだ。それで両親の方はまあ娘の気持ち次第といった事だったらしいんだが、肝心の女の子に見事に振られてしまったらしい。
ペトラが驚いて、「まず彼女の気持ちを確かめてから親に聞かなかったのか?」と聞くと、「両親が大切だから、まず両親に聞くのが正しい道だ。」って答えたんだそうだ。まあその前は修道士になろうかといっていたくらいだから、まじめな人なんだろう。
おかしな話だが、これは実にラテン的な一面だと思う。ラテン的というとルーズ、好い加減という感じだが、その裏にはこういう一面があるんだと思う。言って見れば10レベルの(社会通念としての)規律があって、その下に8とか6といった適当なレベルの規律が存在しないんだろう。だから10の規律から外れてしまうといきなり0もしくはそれに近くなってしまうんだと思われる。
今日は曇りがちでちょっと肌寒い。なかなかカッと暑くならない。
日中の温度22度、湿度53%。夜19度、59%。

技術の進化

いつもコンピュータの修理やメインテナンスを頼むビクトル・ウーゴと話をした。彼はアンティグアに来ると、こちらは特に用事がなくても、何かないかと寄ってくれる。彼と知り合ったのは2台目のコンピュータを買ったときだから、もう15年以上の付き合いになると思う。
この2台目のコンピュータはデスクトップのいわゆるクローンというもので、デルとか東芝といったブランドがついたものではなくて、彼が部品を調達して組み立てたものだった。その頃は彼もクローンのコンピュータの販売とその後のメインテナンスなどで食べていたようだ。
ところが、先日話をしたときには、もうコンピュータでは食べて行けないと言っていた。そもそも、クローンのコンピュータはブランド物に比べ同じような性能でも安いというのが売りだった。ところが、最近はコンピュータの値段が下がってきて、もうクローンのコンピュータを買う人などいなくなったんだそうだ。しかも、大抵の人はノートパソコンを買うので、メインテナンスもほとんどいらなくなってしまったと言う。
更に、最近はパソコンからアイフォンなど携帯デバイスに移ってきたので、ますます仕事がないんだそうだ。まあ幸い他の仕事に重心を移してきていたので、何とかなっているそうだが、かなりコンピュータ関係の知識と経験があるのに、もったいない話だと思った。技術の進歩が著しすぎて、その関係の仕事をしている人は本当に大変そうだ。
今日は天気が良く暖かい一日。
日中の温度24度、湿度45%。夜19度、58%。

空気入れ

バランスボールを使ってるんだが、これが最近やたら空気が抜けるようになって来た。ただ、すぐに抜けてしまわないところを見るとどこかにごくごく小さな穴が空いているだけなんじゃないかと思う。ただ、どこから空気が漏れているのかは見ても全然わからない。以前は3ヶ月か4ヶ月に1回くらい空気を入れればよかったのが、今は週1度入れないと、低くなってかえって姿勢が悪くなる。
ただ、このバランスボール、グアテマラシティーに行けば売っているらしい。先日書いたムエタイのジムでは3,4個買って置いてあると言っていた。値段を聞いたが、2000円程度らしく、日本で買うのと大して変わらない。これだったらわざわざ日本に帰ったときに買わなくても良いだろう。大体月曜日に空気を入れることにしているんだが、今日も空気を入れた。やっぱりこのくらいのほうが、座りやすいように思う。
今日も午前中市場に行った。いつもよりちょっと人が少ないように思う。ただ、野菜などは結構高い。土曜日に丸いトマト(グアテマラのトマトはラグビーボール型をしている。)の小さいのが1ポンド1.25ケツアル(約0.16ドル)で売っていたので、10ポンドくらい買いだめをして置いてよかった。市場でいつも買い物をしている店のおばちゃんに教えたら、さっそく買いに行ったと言っていた。こちらではトマトは料理の必需品で相当使うので、少しでも安いとかなり節約になるんだろう。
今日は天気が良く日中はやや暑くなった。
日中の温度24度、湿度44%。夜19度、54%。

山羊と羊

お手伝いさんのフリアは日曜日は休み。その代わり、旦那さんが来る。旦那さんは大工なので日曜日に木を切ったり、電気関係を直したりしてもらう。それと、日曜日にペトラと出かけたときに、留守番の役割もある。
ところが、今日は腹具合が悪いとかでお休み。そのため、日曜日はいつも昼ごはんを食べに出かけるんだが、今日は近くで済ませた。アタバルのすぐ傍のガソリンスタンドの目の前にあるカフェ・カカオという新しくできた店に行ってみた。
出来てまだ3週間だそうだ。その前はステーキハウスと看板が出ていたが、行く機会がないまま閉店してしまった。この並びにはいくつかレストラン、喫茶店があるが、ドミノピザ以外はあまり人が入っているようには見えない。
この店はコバン出身の人がやっているのかもしれない。カカオの飲料はコバンで良く飲むし、メニューの一つにペリブエイとかいう動物の肉を使った料理があった。ペリブエイというのは羊と山羊を掛け合わせたもので、コバンでは知られたものらしい。かなり興味があったんだが、ペトラが昼の定食を頼み、これが2人分だったので、そんなには食べられない。頼んだものは豚肉と鶏肉の焼いたもので、ちょっと作り置きという感じがしたが、味付けはそんなに悪くない。2人で飲み物も付いて80ケツアル(10ドル強)。
今日の日曜定食はアジフライで23人来てくれた。今日は30人分用意したんだが、持ち帰りもあり、ちょうどなくなった。ありがたいことだ。
日中の温度24度、湿度45%。夜19度、58%。

物が溜まる

今日は天気が良くて、日中結構暖かくなったんだが、なんと午後には天気雨が降った。しかも、強くはないが、結構パラパラと良く降った。なんとも変な天気。天気が良いので、洗濯物があるんじゃないかと一瞬焦ったが、幸い全部取り込んであった。
そのせいという訳ではないんだが、寝室の壁が湿っていて、そこに置いてあったスペイン語の文法書にカビが生えていた。困ったもんだ。結構良い本なので、2冊買って、1冊は自分で保存してあったものなんだが、これじゃ逆効果。寝室は2階にあって、ひさしが出ていないので、雨が降ったらブロックの壁にもろに当たってしまう。このためどうしても湿ってしまうようだ。それにしても今は乾季なので安心していたが、雨季にたまった湿気が未だにあるってことなのか?
慌てて本など湿気に弱いものはとりあえずどけたが、何しろ物がいっぱいなので、これまた置くところに困る。ペトラと二人で整理したんだが、いらないとわかっているものでも、捨てるに捨てられないものがあるものだ。そんなことだから物が溜まってしまうんだろう。
今週の日曜定食はアジフライ。ただ、ペトラがアジを食べないので、ペトラ用にシイラを探していたんだが、全然手に入らない。ここのところシイラはどこの魚屋でも見かけないように思う。一体どこに行っちゃったのか?
天気雨は午後だけで、夜は雨は降らないが、ちょっと肌寒くなった。
日中の温度24度、湿度45%。夜19度、65%。

オートバイの行進

明日グアテマラシティーからエスキプーラスという、ホンジュラス、エルサルバドルとの国境に近い町までオートバイに乗って4万人くらいの人が行くんだそうだ。これは毎年やっている行事らしい。もう50年くらい続いているということだったと思うが、年々参加者が増えているようだ。
しかし、4万人もの人がオートバイで走って行くとはなかなかすごい。道路も相当混雑するだろう。ニュースではこれで道路が混むので、その時間は用事のない人はそちらの道を通らないでくれといったようなことをニュースで言っていた。
エスキプーラスは黒いキリスト像があって、カソリックの信者にとっては重要な巡礼地である。ただ、数年前知り合いの息子がこのエスキプーラス行きのキャラバンに参加して、途中事故にあい亡くなった。大勢の人がオートバイで走るので、事故が起こって不思議ではない。今年はそんなことがないと良いんだが。
今日も曇りがちで肌寒かった。しかも午前中は霧雨がしばらく降った。どうも変な天候が続く。ただ、午後になってしばらくの間日が射してきて少し暖かくなった。先日変な天気でハカランダの花も4カジェのところで咲いていると書いたが、他でも結構咲いているところがあるらしい。あっちでも、こっちでも咲いていると言われた。こうなってくるとハカランダはセマナ・サンタのころに咲くと思っていたのは僕の勘違いだったのかとも思えてくる。
日中の温度24度、湿度56%。夜19度、64%。

フェイスブック

やっとフェイスブックのアタバルのページを作った。どうもフェイスブックは理解できないので、あまり作る気はなかったんだが、いろんな人から作ったほうが良いと言われて、やっと今頃になって作ってみた。
最初作ろうと思って、すでに作ってる人にどうやるのか聞いてみたんだが、「友達に頼んで作ってもらったからわからない。」という返事。これはだめだ。もう一人アンティグアで作っている人も同じようなものだという。
幸いジュンさんが手伝ってくれたので、何とかページは出来た。ただ、それをどうするのかまだ良くわからない。アタバルの同窓会のお知らせなどこれで知らせるように出来ると良いんだが。とにかく、せっかく作って、写真なども少しずつアップしていく予定なので、興味のある方は一度ご覧になってみてください。http://www.facebook.com/atabalspanishschool
今週の日曜定食を考えながら、市場で買い物。キノアだけではなく、先日書いた、コシネラなども混ざったが、何とかアジ種類で数をそろえることが出来たので、今週の日曜定食はアジフライにすることにした。そこで、今日の午後はアジを捌くのと、ソースを作りをした。これで大体用意はできた。
今日も曇っていて肌寒い一日。順調に暖かくなってきたと思ったのに、1月後半からちょっと足踏みをしている感じ。
日中の温度22度、湿度53%。夜19度、65%。

あなたの住んでいる通り

エクトル・ガイタンというグアテマラでは有名なジャーナリスト・アナウンサーが亡くなった。僕はこの人のラジオの番組は直接聴いたことがないんだが、その番組をまとめたラ・カジェ・ドンデ・トゥ・ビベス(あなたの住んでいる通りといった意味。)という本を一部(長いシリーズなので、何冊もある。)読んだことがある。グアテマラの有名なお化けの話やら、不思議な伝説のようなものをまとめたものだ。
これにはジョローナとかソンブレロンとか、グアテマラの人だったら誰でも知っているような話が、比較的平易な文章で書いてあるので、親しみ易い。古いグアテマラのちょっと鄙びた雰囲気が漂ってくるような作品が多い。
つい最近、病気が重い言うようなニュースを見たところだった。残念な人が亡くなったと思う。
ここ数年日本のニュースを見ていると、僕でも知っている有名人がどんどん亡くなっている。芸能人など子供のころから見たりして知っている人はもうかなり少なくなってしまったのではないか。時々「この人はまだあなたが日本にいたころから活躍しているんだから知ってるでしょ。」と言われるが、よっぽどインパクトがあるか何回も見るくらい有名な人であるかでないと、たとえ見ていたとしても、覚えてはいない。だから日本に行ってテレビを見ても、もう知らない人ばかりだ。
今日も曇りがちでちょっと肌寒い一日。
日中の温度23度、湿度48%。夜18度、60%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。