スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝日

もう4月も終わり。あっという間だ。明日はメーデーでお休み。なんだか週が始まってすぐにお休みとはちょっとヘンな感じ。とはいえ先生達は大喜び。グアテマラの祝日は全部で12日程度。程度と言うのは12日以外に、先生の日だとか、秘書の日だとか、訳のわからない職業別の祝日があったりして、休みになる。
調べてみると日本の祝日は15日なんだそうだ。意外と多くない。特に今ゴールデンウィークとかいって、間に数日有休を取ると1週間とか10日連続して休みになるとかいう事らしいが、そういうのはこちらではない。それに、ゴールデンウィークというのは和製英語らしく、当然それをスペイン語に訳してセマナ・デ・オロと言ったって通じない。
何しろ1月は1日こそ休みだが、その後はセマナ・サンタ(年によって3月になったり4月になったりする。)まで休みはなし。しかしセマナ・サンタ以降は大体1月に1回という感じで休みがある。わりと分散している感じだ。
そんなことでネットを見ていたら、日本は先進国で最も祝日が多いんだそうだ。祝日以外はなかなか休めないから多くしてるんだとか。そういうものか。他の国を見てみるとアメリカが10日程度(週によって違うらしい。)、メキシコが9日。そうするとグアテマラは結構祝日の多い国ということになるみたいだ。
今日も暑い一日。それでも、午後はわりと曇りがちで雨が降るんじゃないかと思われた。でも結局降らないまま。
日中の温度29度、湿度48%。夜22度、64%。
スポンサーサイト

犬の日

今日は昼ご飯をサン・フェリペに食べに行ったんだが、その間も車がすごく多かった。気のせいか歩いている人の数も、いつもより多いように見えた。その時一緒にいたフェルナンド小が、「今日は犬の日だから、人が多いんだ。」と言う。犬の日なんて聞いたことがないと思ったら、なんと2年前から始まった、国際的な動物の日なんだそうだ。ドッグフードの会社が提唱して始まったとか言うので、宣伝臭い。
でも、それで、今日は犬を連れてレストランに入っても良いということになっているという。実際、サン・フェリペの食堂には犬を連れて人が来ていた。まあ偶然かもしれないが。しかし、そこのサン・フェリペの食堂は広くて、席の間隔も結構あるし、わりと開放的な作りなので、あまり気にならないが、犬を連れて入ってこられたら困るレストランだってあると思うんだが一方的にそんな日を決められて良い迷惑じゃないだろうか。
さらに、プロセシオンも今日は2つあるんだと言う。サン・フランシスコ教会から聖僧ペドロのプロセシオンも出て、更にサン・バルトロの村の教会からも、これは何でなんだか良くわからないが、プロセシオンが出るんだとか。そんなことで人が多いらしい。まあ賑やかなのはいい事だ。
夜の日曜定食は掻き揚げで26人来てくれた。何でだか良くわからないが掻き揚げは結構時間がかかる。それでちょっと早めに始めたので良かった。
今日も晴れで暑い一日。
日中の温度29度、湿度42%。夜23度、62%。

タルネッテ

今日もいつもの土曜日通り、市場に行って買い物。明日の掻き揚げの材料などを買っていたら、最近良くハチミツを買うおじさんに会った。市場の中をハチミツを担いで流して歩きながら売っているおじさんだ。最初に会った時に、買ってくれって言われて、まだあるからいいと断ったんだが、その後、外で野菜を買っているときにまた会った。
「今日はまだ全然売れてないから助けると思って買ってくれ。」と言われた。まあ今日はまだ全然売れてないってのは、売る人の常套句なので、流して聞いていたんだが、目の前で商品を広げ始めた。その中に黒いハチミツがあった。「これは何?」と聞いたら、土の中に巣を作る蜂の蜜なんだそうだ。こういう黒いハチミツは以前お土産にもらったことがある。酸味があって、ちょっと黒酢を甘くしたような味がする。同じように酸味のあるものでも、普通のハチミツをちょっと白っぽくしたようなものもある。これは何が違うのかと聞くと、こちらの白っぽいものは、木の幹に巣を作る蜂のもので、蜂の種類が違うんだと言う。おじさんはこの黒いのはタルネッテって言うんだと言って、つづりを書いてくれた。帰ってきてネットで見ると、針のない蜂で、こういう針のない蜂が数百種類いるんだそうだ。ちょっと勉強になった。それでお礼にこの黒いハチミツを買った。タルネッテと言ったらペトラも聞いたことがあると言っていた。薬用として良く知られたものなんだそうだ。
今日も暑い一日。一日中天気が良い。
日中の温度29度、湿度46%。夜23度、62%。

たらい回し

日本では大企業というとなんとなく信頼があるような感じがするだろう。グアテマラで大きな会社となると、つい僕は構えてしまう。何しろ、何かを買ったり、サービスを受けたりして、何か問題があった場合、大きな会社が相手だと、まず諦めという感じになることが多い。
何しろ、大きいと人もたくさんいるので、ちゃんと責任を持って相手を出来る人にまず行きつかない。大抵何かあって電話をしたり、出向いたりして応対に出てくるのは、何かを判断することなど全くできない立場の人たちで、マニュアル外のことになるとわからないとか、上司に判断を仰ぐしかない。というか、わからないって言ってくれたり、上司に聞いてくれれば上等で、ひどい人になると勝手なことを言って、後で間違ってても、知らぬ存ぜぬで済まされてしまう事が多いので、大変困る。
その点、小さな組織や個人でやっているところなどは、すぐに責任のある人にたどり着けるので、何とかなる場合が多い。今日もちょっと銀行に文句を言いに行って、結局は本部に電話しろと言われ、電話するといろんな部署をたらいまわしにされ、そのうち電話が切れちゃうという、いつものパターン。これを打ち破る方法はないもんだろうか?
今日も天気は良く、暑い一日だった。連日日中暑い日が続いているのに、相変わらず夜はちょっと気温が下がる。やっぱり天気予報が当たっていたようで、まだ雨季ではないようだ。
日中の温度28度、湿度41%。夜22度、68%。

良くわからない

今週の日曜定食は掻き揚げにすることにした。なんだか掻き揚げは結構時間がかかるんだが、この点をちょっと考えてやるつもり。そこで今日は天つゆ作り。天つゆはちょっと置いた方がなじんで良いみたいだ。ポン酢でもそうだが、わりとこういうソース系のものはそういうものが多いような気がする。
ここのところ、花粉症らしき症状の人が何人かいる。まずペトラがくしゃみはそれ程ではないが、目がよく涙目になっている。ジェシカもやたらとくしゃみをするんだが、犬も花粉症になるんだろうか?ペトラが涙目になるのとジェシカがくしゃみを連発するのがわりと一致しているので、花粉症に思われる。他にも2、3人くしゃみやら鼻水やらで、「こっちでも花粉症があるのか?」と聞かれる。まあ症状的には花粉症っぽいが、幸いなことに日本ほどひどくないし、日によってなったりならなかったりする。ちなみに、僕はなんともない。いつも花粉症になるのは8月の後半なんだが、この時期に花粉症というのは初めてだ。
僕も確か5,6年前はひどくて薬を飲んだりしていたんだが、ここ数年はほとんど軽い症状で過ぎてしまう。これは一体何の影響なんだろう?体質が変わったのか、花粉が以前ほどなくなったのか?どちらにしても、薬を飲んだりしなくなって良くなったのはありがたいことだ。
今日も一日中天気は良い。
日中の温度28度、湿度45%。夜21度、58%。

サッカーで

今日の午後銀行に行ったら、客は誰もいなかった。窓口の行員も暇そうにしている。しかも、ちょこちょこ奥に引っ込むので、なんだろうなと思っていたら、話しかけられた。今は暇だと言う。確かにこの状態だったら暇だろう。
なんでも、ちょうどその時サッカーの大切?な試合があるから、皆それを見てるんだそうだ。だから客も少ないんだとか。そんなもんか。まあサッカーにはあまり興味がないので、全然知らなかったが、そうだとすると、良い時間に来たわけだ。
ただ、これで試合が終わると、それまでテレビを見て来なかった人たちがいっせいに来るので、ちょっと混むんだそうだ。ってことは、この真昼間にサッカーの試合を見てる人がそれだけ大勢いるってことか。結構暇なもんだと感心。
それが、なんとグアテマラの試合ではなくて、ヨーロッパのスペインとドイツの試合なんだそうだ。「全然関係ないじゃないか。」と思うのは僕だけか。なんでも昨日も同じような試合があって、やっぱり暇だったんだとか。
用事が終わって外に出ると、あっちこっちから拍手やら歓声が聞こえる。どうやら、喫茶店やらレストランで観戦している人が騒いでいるらしい。テレビのある店の前はやっぱり人だかりがしている。まあこちらはお陰でさっさと用事が済んでありがたい。
今日も天気は良く、暑い。でも、ここ数日天気は良く日中は暑いんだが、夜になって涼しくなり、明け方は結構肌寒い。まあ夜涼しいのはありがたいが。
日中の温度28度、湿度34%。夜22度、45%。

情報ありがとうございました。

先日書いたオリーブオイルだが、やっぱり調理に使うにはエクストラ・バージンでないほうが良いんだというコメントをいただいた。エクストラ・バージンは癖があるので、それが好きだったら、それを生かすように使ったほうが良いだろう。今日もスーパーでチェックしたんだが、やっと1リットルのものはエクストラ・バージンでないものを見つけた。ただ、その割にはなんだか高かった。大きなサイズのものは相変わらず入荷していないようだ。
昨日書いた空港での両替に関しては、空港が改装してから両替率がものすごく悪くなったという情報をいただいた。しかも、空港ではどこの両替所でも同じようなものなんだそうだ。それにしてもこれはあまりにひどいんじゃないだろうか。空港ではどうしても必要だったら、最小限だけ換えるようにして、残りは市内に出てから換えるようにした方が良いだろう。昨日も書いたように、週末でもグアテマラシティーやアンティグア(他の町は知らない。)であれば少なくとも午前中は銀行が開いている。
今日もカンカン照りの良い天気。やっぱり湿度がかなり低い。これだけ低いと気のせいかちょっとしゃべっているとのどがカラカラに渇いてくる。やっぱり、まだ雨季ではなかったと言うことか。これだけ乾燥していると、埃がすごいはずだが、こちらは入り口にの柵に透明な板を張ったので、埃が入ってくるのが、だいぶましになったように思う。
夜になって少し肌寒い。
日中の温度28度、湿度18%。夜21度、29%。

空港の両替所には注意

昨日到着された生徒さんから、今ケツアルとドルのレートはどうなってるかと聞かれた。このブログの横に出ているので、わかると思うが、現在1ドル=7.70ケツアル。もう何回かいらっしゃっている方なので、何で今更そんなことを聞くのかと思った。
こちらに到着した時に、日曜日だったので、市内の銀行が開いてないといけないと思い、空港にあった両替所で換金をしたんだそうだ。そうしたら、なんだかずいぶんドルが安かったので、不思議に思ったんだそうだ。
それで、両替したときのレシートを見たんだが、なんとそのレートは1ドル=6.60ケツアル。以前こちらの両替の計算の仕方が変わっていて、なんだか複雑な書き方がしてあるので、そのせいかと思い、受け取り額を換金したドルの額で割ってみたんだが、やっぱり6.60ケツアルになる。
これはあまりにひどい。週末だからこんなことになったのか、この両替所はいつもこんなレートなのか良くわからないが、これからグアテマラに来て空港で両替するときには予めレートを確認してから変えたほうが良いと思う。土曜日でも日曜日でも午前中くらいは開いている銀行があるので、あまりに低いレートだったら変えないほうが良いだろう。
レシートにはグローバル・エクスチェンジと社名が書いてある、空港には他にも銀行が入っていたように思うので、他をあたってみるのも良いだろう。100ドル換えたら110ケツアル違ってくると、こちらでの生活ではかなり大きな差になる。
今日は天気が良く暑い。しかも湿度がやたら低い。
日中の温度29度、湿度18%。夜22度、36%。

メキシコ料理

昼ごはんを食べに出て、トゥクトゥクを拾おうとしたんだが、全然来ない。たいてい用のないときはいっぱい通って、乗りたいと思うと来ないもんだ。それで公園まで歩いて行き、ペトラにどうしようかって言ったら、最近出来た「セボイーネス」に行くかと言う。この店はメキシコ料理のチェーン店。グアテマラシティーでは行ったことがあるが、取り立ててどうってことのない店だった記憶がある。まあアンティグアの店は新しいし行って見るかということになった。
まあメキシコ料理だから仕方ないと思うんだが、メニューを持って店員が来て説明してくれるんだが、大抵の料理が辛いという。辛いものが全く苦手なペトラは、これも辛いあれも辛いと言われて嫌になってしまったようで、他に辛くない物だってあるといってももう出ようと言う。まあ店員もそんなに辛いのを強調しなくても良いと思うんだが、「これは辛くないのか?」と聞いたので、辛いものを食べたがってるんだと勘違いしてたのかもしれない。そんな訳で、店員に謝って出てきてしまった。
メキシコ料理は初めから辛い味がつけてある物が多いので、辛いのが苦手だとどうしようもない。その点、グアテマラ料理はもともと辛くはなく、後から唐辛子ソースなどをかける事が多いので、苦手だったらかけなければ良い。ただ、近年グアテマラでも辛いもの、最初から辛くしてあるものが増えているような気がする。メキシコ料理の影響なんじゃないかと思ったりするんだが、どうなんだろうか。
今日の日曜定食は餃子で20人。夕方雨が降り始め、どうなるかと思ったが、すぐやんだ。日中の温度30度、湿度47%。夜22度、湿度55%。

流れ作業

今週の日曜定食は餃子に決めたんだが、いつもこの餃子を包むのは結構時間がかかる。でも最近フリアが手伝ってくれるので、だいぶ短い時間ですむようになった。といっても、やはり包むのは難しいらしい。何度か教えるんだが、やっぱりだめだといつも諦めている。そんなに難しいとは思わないんだが、ああいった作業をやりつけない人には結構敷居が高いものなんだろう。
そこで、最近は彼女に餡を皮に載せる作業を任せ、僕がそれを包んで行くのに集中するようにした。こういう流れ作業をする時に、アタバルの図書館にある細長い机が役に立つ。ベルトコンベアはないので、手作業だが、ドンドン餡を乗せた皮を自分の手元に引っ張ってきて、それを片端から包んで行く。当然包むより餡を乗せるほうが簡単なので、こっちは大変だが、かなり効率が良い。おかげで、今回は200個超を包むのに、2時間でできた。これは今までの最短記録といえる。
今日は天気が良く、市場で買い物をしていると汗だくになる。やっぱり天気予報で言っていた。雨季はまだというのは当たっているんだろうか。とはいえ、少しだが、毎日のように雨は降っている。今日も早朝はかなり雲が多かったし、午後一瞬降った。時間は本当に短かったんだが、かなり強く、ペトラは雹もも混じっていたと言っていた。でもその後はまた良い天気。これだけ短いと涼しくもならない。夜は少し涼しくなってくれると良いのだが。
日中の温度28度、湿度55%。夜23度、68%。

雨季か?

一昨日は一日雨が降らず、昨日も雨は夜に少し降った程度。ずっと夜になるとかなりの勢いで雨が降っていたので、完全に雨季になったと思っていたが、ちょっとここのところ雲行きが変わったみたいだ。
実際先週当たりから、こちらの気象庁にあたるインシブメが、「まだ雨季ではない。」と盛んにニュースで言っていた。一体そんなに雨季かどうかが重要なのかと思っていたが、昨日だかのニュースで、また雨季じゃないと言う話の後で、「だからまだ種をまくな。」と言っていた。今種をまいても、その後で乾燥する時期が続くので枯れてしまうということのようだ。盛んに言ってたのは農業をしている人に向けて言っていたようだ。まだまだ灌漑の設備などがなかったり、不十分だったりして、雨に頼っているところが多いということだろう。
何でも、今の雨は雨季の雨ではなくて、ラ・ニーニャの影響で雨が降っているに過ぎないんだそうだ。だからこのラ・ニーニャの影響がなくなったら、また降らなくなって、雨季が始まるのは5月になってからだとのこと。
だったら、このまままた乾季の気候に戻るのかと思っていたら、今日は朝のうちちょっと曇り気味、その後晴れて暑くなったが、また夕方から曇ってきて、ゴロゴロ雷もなってきた。とはいえ、結局雨は降らないまま。やっぱり予報が当たっていて、まだ雨季ではないんだろうか。
日中の温度29度、湿度53%。夜23度、68%。

新しい入り口

今日はものすごく暑い。もしかしたら入り口のところを改装したからかもしれない。今までは入り口で商売をしていたので、入ったところに柵を作ってあった。だが、もう入り口のところの商売はやめたので、今は何にもない。
そこでだいぶ前からこの柵をとって入り口の扉の前に柵を作りたいと思っていた。これの注文を出したのが、セマナ・サンタの前。セマナ・サンタの期間中は働かないので、それが終わって、先週の土曜日につける予定だった。ところが、ペンキが乾かないとかで、だめになった。だが、平日は授業があるので、入り口のところでトンカンやるわけには行かない。それで今週の土曜日のつもりでいたんだが、鉄工屋が火曜日に工具と柵の半完成品を持ってきて、明日の夜につけるという。
まあそう言ってる時に、だめとか言うと、今度はいつになるかわからないので、了解したら、本当に昨日の夕方に来た。それから工事をはじめ、結局夜の11時半くらいまでかかって、細部を除き完成。他の細かい部分は翌朝8時に授業が始まる前までに仕上げるという。半信半疑だったが、今朝本当に7時前に来て、少なくとも騒音の出る部分だけは8時前に終わらせ、後は静かに最後の仕上げをして帰っていった。
そんな訳で入り口はドアの前に柵がついたんだが、埃がすごいので、この柵の裏側にプラスチックの板を張った。この板は薄いんだが、結構強いし、音も心なしか遮断する。ただ、これで風通しが悪くなったので、室内(特に事務所付近)の温度は以前より上がるかもしれない。
朝から天気は良かったが、夜に小雨が少し降った。
今週の日曜定食は餃子。
日中の温度29度、湿度52%。夜22度、70%。

オリーブオイル

毎年日本に帰ったときに区のやっている、健康診断を受けるんだが、今のところ問題があったことはない。ただ、いつも善玉コレステロールがやや少なめと言われる。といったって、問題のない数値だ。それで、お医者さんはいつも「オリーブオイルなどが良いです。」と言う。
そうは言ってもオリーブオイルは結構高い。オリーブは好きなので、買ってはいるんだが、何でもかんでも料理に使うというにはちょっと考えてしまう。しかもエクストラ・バージンとなると、独特の香りがかなりするので、何の料理でもと言うわけには行かない。
ところが、数年前からアンティグアのスーパーのボデゴナでエクストラ・バージンでないオリーブオイルも売るようになった。しかも3ガロンだかとかなり大きなもので売っている。これだって安くはないが、エクストラ・バージンと比べるとだいぶ手頃。
そこでこれを買って使っていたんだが、最近また店頭から消えてしまった。別のメーカーの2リットル入りのものは最近まであって、最後にはこれも買ったんだが、それすらなくなって、今はエクストラ・バージンのものしかなくなってしまった。店の人に聞いても「来週入る。」と言うだけで、一向に入らない。もう買い置き分もなくなってしまった。もう一つのスーパーは規模が小さいので、そんなものは置いてない。こういう時にもう少し選択肢が多いと良いのにと思う。
今日は午前中から比較的良い天気。雨は降らず。
日中の温度27度、湿度68%。夜21度、65%。

唐辛子の粉

日曜定食にはネギなどと一緒に、唐辛子の粉を置いておいて、好きにかけてもらうようにしてあるんだが、この唐辛子の粉はこちらのチレ・コバンと言われる、唐辛子を使っている。唐辛子はいくつも種類があって、かなり辛いものから、そうでないものまである。
ただ、大抵のものは生のものを売っている。こちらの人は唐辛子を乾燥させて食べるより、生のものを酢漬けのようにして食べることが多い。このため乾燥させて売っている唐辛子はほとんどなく、一般的に手に入るものはこのチレ・コバンくらいじゃないだろうか。自分ではあまり唐辛子を食べないので、どうしても生のものは悪くなるので、乾燥したものの方がありがたい。それでこのチレ・コバンを使っているんだが、これも粉で売っているものではなく、市場で丸まま売っているものを買ってきて、少し煎ってから、ミキサーで粉砕して粉にしている。
ところがこの煎る作業のときに結構むせる。最近もう作り置きしておいたものが少なくなってきたので、そろそろやらないといけないなと思っていたんだが、先日書いたようにセマナ・サンタでドミノピザがアタバルの入り口のところで売って、余ったチレ・コバンの粉を大量に置いていってくれた。これはちょうど良いと思って、瓶に詰め始めたんだが、何しろ機内食の胡椒のようにごく少量を子袋に詰めてあるので、一個一個袋を開けていかないといけないので大変。小瓶を9割がた埋めるのに一体何個の袋を開けたことか。恐らく200個では聞かないだろう。
今日は午前中曇っていて肌寒かったのが、午後になって晴れて気温も上がってきた。それでも夕方から夜にかけて多少雨が降った。
日中の温度27度、湿度59%。夜21度、75%。

今朝の話題

当然という感じだが、今朝のアタバルの先生たちの話題は昨日のヘリコプターの墜落。ニュースでは鳥がモーターに入ったとか言っているが、あの辺は鳥が集まる大きな木があって、毎朝本当にたくさんの鳥が鳴いているところで、ずいぶん低いところを飛んでいた訳だから、そうであっても不思議はない。
何でもビデオの撮影中だったんだそうだ。今日はいくつかの道が封鎖されている。特に工事をしているわけでもないのに、何で通行止めなんだと聞くと、やっぱり撮影をしているんだという。何の撮影だかわからないし、昨日のヘリコプターのものと同じ撮影なのかもわからないが、これまたアタバルの前の道に白人の観光客がやたら大勢いる。昨日のヘリコプターにもアメリカ人が乗っていたらしいから何か関係があるのかもしれない。
やはり昨日のニュースではヘリコプターに乗っていた人にインタビューをしていて、その人が「グアテマラの国のための撮影だ。」というようなことを言っていた。観光のプロモーションビデオかなんかだろうか?まあだからといって他人の家の上に落っこちて良い訳ではない。
昨日の夕方に突き刺さっていたヘリコプターをでっかいクレーン車が来て、抜いていた。昨日の晩は遅くなってかなり雨が降ったので、屋根が抜けた家は大変だったろう。少なくとも人が住める状態ではない様に思う。気の毒なことだ。
今日も曇りがちで日中もあまり暑くはならなかった。夜はまた雨。
日中の温度26度、湿度59%。夜21度、78%。

ヘリコプター

朝僕は1階で日曜定食の準備をしていた。ペトラは2階のテラスを掃除していた。ところが外がなんだかずいぶんと騒がしい。しかも、ピーピーと救急車や消防車の音もひっきりなしにする。最初はマラソンか何かをやってるんだと思っていたが、それにしては猛スピードで走っていくのでおかしいなと思った。
ペトラが一体何が起こったんだというので、「マラソンにしてはおかしいね。」というような会話をしていた。全然騒ぎが収まらないので、ペトラが窓から顔を出して近所の人に聞いたところ、なんとアタバルから1ブロックちょっとの民家にヘリコプターが落っこちたという。
それ以前ペトラが掃除をしているときに、確かにヘリコプターが低空を飛んで、4回くらいフラフラしながら、アタバルの上空を回ったという。それでペトラはちょっと不安になって掃除をやめて部屋の中に引っ込んだんだそうだ。それにしても、そんなもんが落っこちてくるとは思わなかった。幸い低空を飛んでいたのと、落ちたのが木造の民家のトタン屋根だったので、クッションになったんだと思う。音も大してしなかったし、乗っていた人(3人)も、怪我ですんだらしい。民家の人もその時は留守にしていたらしく、死傷者は出ていない模様。
とはいえ外出先から帰ってきたら、家の屋根にヘリコプターがめり込んでいたら相当驚いたろう。
今日の日曜定食はアジフライで23人。思ったよりたくさん来てくた。曇りがちだが、日中は雨が降らず、夜遅くなって軽く降り始めた。
日中の温度26度、湿度56%。夜22度、72%。

市場の値段

先週は日曜定食をお休みにしたが、今週はちゃんとやるので、今日は朝から市場で買い物。アジフライの予定だが、アジはもう捌いてあるので、今日はそれ以外のものを買う。久しぶりに午前中かなり良い天気で、暑くなった。
魚屋にも寄ったが、やっぱり魚は余り種類がなくさびしい状態だった。先に買って置いてよかった。買い物をしているて、アタバルの先生に会った。トマトが高いとこぼしていたが、僕は1ポンド1.5ケツアル(150円程度)で買っているので、そんなに高いとは思わなかった。彼女はアンティグアから車で30分ほどのチマルテナンゴ(チマルテナンゴ県の中心)というところにも、そちらの方が安いと聞いて、買い物に行ったことがあるという。僕も以前買いに行ったことがあるが、顔見知りの店もないので、あまりおまけもしてもらえず、かえって高く感じたので、それ以来行ったことはない。まあ彼女も同じようなことを行っていた。やっぱり市場は値札がついているわけではないので、値段はどうしても交渉やその時の気分で決まる部分がある。そう思うとやっぱり顔見知りのところで買った方が安いように思われる。
今日は天気が良く、午後になってもかなり暑かった。それでもやっぱり夕方から雲が出てきて、いつ降ってもおかしくない状態。一瞬パラパラ来たものの、ほんの一瞬で、このまま行くかと思っていたら、夜の9時ごろからやっぱり降り始めた。そのまま結構長いこと降っている。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、73%。

ちょっと寒い

昨日書き忘れていたが、今週の日曜定食はアジフライ。先週お休みさせていただいたので、2週間ぶりの日曜定食となる。セマナ・サンタも終わったし、一体どのくらいの人が残っているのかちょっと読めない。アジはかなり用意してあるし、その場で衣をつけて揚げていくので、これだったら少し少なくても予想以上に人が来てくれても対応できると思う。この時期魚が手に入りにくいので、アジが手に入ったのはついている。
昨日の雨はわりと今朝方まで降っていたようだ。朝起きてジェシカと散歩に出たときにはまだ道路が濡れていた。それでも朝のうちは結構日がさしていたんだが、昼前からは曇り始める。
天気予報では今年の雨季は台風が十数個来ると言っていた。そんなこともうわかるんだろうか?まあ早めに雨季になったので、今年は良く降るかもしれない。とはいえ、雨季の方が埃は少ないし、雨で道路が洗われてきれいなので、良いこともある。それに雨季だと言ったって、別に一日中降ることはそんなに多くないので、特に急いでいるわけでもなければ、ちょっと雨宿りをすれば、そんなに濡れることはない。気温もこのくらいだと暑くもなく、寒くもないので、比較的すごしやすいと思う。
結局午後から雨が降り始めた。そのせいで気温も上がらずなんだか肌寒い。しかもシトシト降っているので長引くかと思ったら、それ程でもなく1時間ほどでやんだ。その後夜にもまた少し降り、そのせいかかなり寒い。
日中の温度23度、湿度65%。夜19度、72%。

東京は桜が見ごろらしい。まあそういう時期なんだなあと思う。もう桜が咲いているところなんて20年以上見ていないので、不思議な気分。日本にいるときにわざわざ花見なんてしなかったが、見られないとなるとちょっと見たい気もする。
こちらではこの時期ピンクの花が咲く木があるので、それを見て桜の代わりと思っているが、やっぱりこちらの花はちょっと風が吹いたくらいでは散らないし、花も桜のように小ぶりではない。そういう意味ではなんとなく可憐さが感じられないし、やっぱり明日は風が吹いたり雨が降ったりして散ってしまうかもしれないという、切迫感がないので、なんとなくありがたみにかけるような気がしなくもない。
それでも遠くから見て公園の木が桜色に染まっていると、やっぱり良いものだなと思う。ところが、最近花をクシュクシュ言わせている人が多い。「風邪?」と聞くと、そうでもないと言う。これは花粉症かもしれない。こちらの人は花粉症という意識がないので、あまりそういう話題にならないが、以前薬屋をやっているときに、来るお客さんで話を聞いていると恐らく花粉症だと思われる人が数人いた。
僕も花粉症にはなるんだが、この時期にはならない。もう少し遅くて8月くらいだ。実際今はそれらしい症状は出ていない。今年はもう雨季に入ったようで、ニュースでも台風の話が出ている。そういう意味ではちょっと花粉が早く飛んでもおかしくはないかもしれない。
今日も午前中は天気が良かったんだが、午後から曇ってきて、夕方には少し降った。その後夜にまた雨。
日中の温度25度、湿度59%。夜21度、70%。

飼い犬に似る

ジェシカと散歩に出ると、ジェシカはあっちこっち匂いを嗅いだりしてウロウロしながら歩くんだが、たまに道端に生えている草を熱心に食べることがある。腹具合が悪いときに犬はそういう草を食べるんだそうだ。
道端の草だったら何でも良いのかというとそういう訳でもないらしく、どちらかと言うと細長い葉っぱの草を好んで食べるように見える。
先日お手伝いさんのフリアに頼んで、ニラを切って、洗っておいてもらったものを、そのまま茹でて食べたら、なんだか硬い葉が混ざっている。最初はずいぶん固いニラだと思って食べていたが、ざらざらしているので、これはおかしいと思い、良く見ると、この道端の草に似たものが混ざっているようだ。それで自分が栽培しているニラのプランターを見たところ、どこから種が飛んでくるのかわからないが、この草がニラに混じって生えている。どうやらニラと似たような同じ長細い葉なので、区別がつかず一緒に刈り取ってそのまま混ざっていたらしい。
ところが、その時ちょっと腹具合が良くなかったのが、その後治ってしまった。まあニラだってお腹には良いというので、別にこの草を食べたからということではないと思うんだが、犬に効くものは人間にも効くのかもしれない。犬は飼い主に似ると言うが、人も飼い犬に似るのか。
今日は朝から曇りがちで気温も今ひとつ上がらない。夜はかなり降った。
日中の温度26度、湿度55%。夜21度、72%。

13歳

ジェシカも今年で13歳。中型犬としても小型に近い方じゃないかと思うが、それでもかなりの年になるみたいだ。以前は一日中僕の後をついて来ていたが、最近は午後はペトラが2階にいることもあり、あまり降りてこなくなった。年のせいだろうと思われる。
先日ジェシカの顔をつくづくと見ていてびっくりした。なんと頭の左側の耳の付け根のところがへっこんでいる。一体どこかでぶつけたのかと思い、そっと触ってみたが、痛そうなそぶりはおろか気にしている風もない。そう思ってみてみると左側の頬骨も妙に出っ張っている。いくらなんでも骨が陥没したり出っ張ったりするほどの傷を受けたら、知らん顔をしているはずはない。そう思ってその後も注意をして見ていたんだが、平気で顔を掻いたりしているし、全く不自然な様子はない。
結論としては今までこうなっていたのに気がつかなかったということだろう。ちょっと情けない。ただ、今までは顔全体に張りがあって、あまり目立たなかったのが、やはり年を取ってきて、骨格がわかるようにしぼんできたんではないかと思われる。
これだけの陥没があるということは、恐らく生まれる前もしくはまだ子供で骨が柔らかいときになったんではないかと想像されるんだが、良くこれだけの怪我をして生き延びたものだと思う。ジェシカが極端な恐がりである原因はもしかしたらこれにあるのかとペトラと話しをしている。
今日は朝から曇り気味で日中も気温は今ひとつ上がらない。雨は降らなかったが夜は少し寒い。
日中の温度26度、湿度37%。夜21度、53%。

もう通常

お祭りも終わり、今日から通常通りの生活に戻る。先生たちも休みが終わってさっぱりした感じ。休み時間にはセマナ・サンタの話題で盛り上がる。やっぱり金曜日の雨の話が一番の話の種。
とにかく雨がこれだけ降ったのは珍しいので、対応も慣れておらず、大変だったようだ。何しろ雨が降ると担いでいる山車が濡れて、相当重くなるんだとか。しかも担ぐ人も雨で帰ってしまったりするので、やはり最後まで回るのは無理だったようだ。何しろ町のほうも雨の用意ができていなくて、排水溝が詰まって半洪水の状態になったところがいつくもあったんだとか。ひどい所では担いでる人がすねまで水に浸かってしまったところもあったらしい。これでは昔の川越しのようだ。
先生たちもプロセシオンを見に行っていて、ずぶ濡れになった人もいた。元々傘を持って歩くことがあまりないグアテマラの人がこの時期に傘を持って出ることはまずないだろう。実際僕が見た範囲で傘を差していたグアテマラ人は一人もいなかった。
以前日本から先生たちのお土産に折りたたみの傘を買って来たんだが、これもあまり使う人はいない。
今日は朝のうちは結構良い天気だったが、昼前にはかなり雲が出てきた。それでも、午後に2,3回雨がパラパラと降った程度。まあ降ったといっても1分と降ってはいなかったように思う。その後は風が強く夜は涼しくなった。
日中の温度27度、湿度32%。夜21度、50%。

今年のセマナ・サンタも終わり

昨日書いた聖金曜日のプロセシオンだが、ラジオのニュースでサン・フェリペは順路の40%程度しか回らなかったと言っていた。まああれだけ降ったらどうしようもないだろう。これだけ雨の影響を受けたのは1962年以来なんだそうだ。その年はやはり聖金曜日にかなり雨が降って、プロセシオンが出られなかったということだ。それに比べれば今年は多少ましってことか。天気だけはどうしようもないものだ。普通乾季の時期だから問題がないはずなんだが、今年のように早く雨が降り出す場合もある。
セマナ・サンタ自体も移動祝日なので、もっと遅い時期になる場合もある。そうなると雨が降る可能性は高くなるだろうし、今年はそういう意味ではそれ程遅い時期ではないのにこういうことになるんだから皮肉な感じ。
昨日はサン・フェリペも夜9時ごろにはアタバルの前を通った。例年に比べかなり早い感じ。もしかしたら雨の影響で人が少なかったんじゃないかと思われる。ドミノ・ピザも売りに来ていたが、早々に引き上げてしまった。担ぐ人は事前に順番を買っているのでともかくとして、見物の人は間違いなく少なかった。
例年はピザのただ券をくれるだけなんだが、今年はそれ相当の現金をくれて、更にケチャップなどの余ったものを置いていってくれた。相当の量。
復活の日の今日は簡単なプロセシオンがあるだけ。今日も風は強いが、良い天気。
今日の日曜定食はお休みにさせていただいた。来週からまた通常通りにやりますので、よろしくお願いします。
日中の温度28度、20%。夜22度、42%。

昨日の雨

昨日は夜10時ごろから降り始めた雨が、そのまま降り続き、しかも結構強かった。昨日の晩はサン・フェリペとエスクエラ・デ・クリストという2つの大きなプロセシオンが出ていた。エスクエラのものは夕方の雨が上がった直後にアタバルの前を通った。ところがあれだけの土砂降りだったのに、担ぐ人やその前をいろいろな飾りを持って歩いている人たちが濡れてなかったこと。彼らは当然雨の中を来たはずなのに、見物の人は雨宿りも出来るだろうが、彼らはそんなこと出来ないはず。不思議だ。
夜は全然やまないので、一体プロセシオンはどうしてるのかと思ってテレビのニュースをチェックしていたんだが、昨日はグアテマラシティーのものばかり映して、アンティグアのことは何にも言わない。
ただ、11時半を過ぎた頃に入り口で売っていたドミノピザの人たちが、もう帰るというので、これはきっともうだめだと判断したんだと思った。案の定昨日の晩はサン・フェリペのプロセシオンはアタバルの前を通らなかった。今日聞いた噂ではかろうじて公園まで来てそのまま教会に帰ったらしい。エスクエラはマリア像はメルセー教会に避難して、昨日の晩はそちら泊まり、今朝早くに教会に戻ったらしい。キリスト像の方だけ、全行程を回らずにさっさと教会に戻ったということ。
今日は同じサン・フェリペとエスクエラのマリア像のプロセシオン。昨日から一転して快晴で良かった。でも昨日の雨で帰っちゃった人も多いように思う。今日のは心なしか人が少ないように見えた。
日中の温度29度、湿度24%。夜21度、51%。

聖金曜日の今日は朝から人が大勢歩いている。いつもより少し遅く、朝ジェシカと散歩に出ようと思ったが、人がたくさんいすぎて、諦めた。これでは怖がりのジェシカをつれて歩けない。
その後、ペトラと出かけて、いつも通り4カジェのじゅうたんを見たり、公園のものすごい人出を見たりして、昼ごはんを食べて帰ってきた。まあすごい人だ。どこのレストランもいっぱい。
ところが、今日は朝から曇り勝ち。気温はそれなりに上がっているんだが、雲で直射日光が来ないので、そんなに暑い感じはしない。まあ外を歩いている分にはこのくらいの方が良いが、雨が降るんじゃないかと思っていた。
案の定夕方4時ごろから降り始めた。しかも一時的に土砂降り。外を見ると大抵の人はそれぞれの家の軒先で雨をよけているが、風もあるのでそれでもかなり濡れただろう。かわいそうなのは道を歩いて物を売ったりしている人。商品があるので軒先に入れずビショビショになっている。ポップコーン売りのおばちゃんが子供と一緒にずぶ濡れになりながら、ポップコーンの機械を引っ張って歩いている。
雨は1時間弱でやんだが、ちょうどその頃エスクエラ・デ・クリストのプロセシオンがアタバルの前に来た。隣の家はじゅうたんを作っていたが、雨で流されて、それを拾って大慌てで作り直している。プロセシオンはキリスト像にビニールのカバーがかけたれていた。この雨でかなり気温も下がった。夜10時ごろにまた雷雨。大変だ。
今週の日曜定食はお休みです。また来週4月15日から通常通りやりますので、またよろしくお願いします。
日中の温度28度、湿度56%。夜20度、74%。

雨は降らず

今日はセマナ・サンタの聖木曜日でスペイン語の授業はお休み。朝からゆっくりした。フリアは昨日の片付けだけしに来てくれたので、それが終わって、さっさと帰って行った。こちらもその後ペトラと外出。公園まで出たが、思ったほど人はいない。今日はサン・フランシスコ教会とサン・クリストバルの村の2つのプロセシオンが主な行事となるんだが、これらもアンティグアの町中を回るのは午後なので、まだ人もゆっくりしてるんだろう。それでも公園ではベンチはもういっぱいで座れないので、幸い空いていた、市役所前のベンチに座り、公園を眺めていた。いろんな人がいろんな表情で通り過ぎて行くので、興味深い。
その後、カブキにお昼を食べにいったんだが、ちょっと早くてまだ開いていなかった。向かいで臨時のセビッチェ屋が出来ていたので、そこで1つ買い、まだ閉まってるカブキを無理やりあけて、中で食べさせてもらう。このセビッチェは結構おいしかった。ただ、前に書いたセビッチェ・メヒカーナを食べに行きたいので、ここで食べてしまったら、行きにくくなるなと心配。
今日は夜中アンティグアの街のあちこちでおが屑や花でじゅうたんを作るようになる。午前中はかなり晴れて暑かったが、それでもちょっと雲というか、周りの丘がかすんで見えた。雨が降るかと思ったが、幸い今まで降らないまま。このまま降らないでいてくれると良いのだが。
日中の温度28度、湿度50%。夜21度、63%。

停電、断水

今週最後の授業。木曜日、金曜日はお休みとなる。なんだかんだと言ってもうセマナ・サンタももう半ばとなり、あと少しで終わりとなる。これで今年前半の主な行事が終わりとなる。
今日はエスクエラ・デ・クリストでのベラシオン。エスクエラ・デ・クリストの教会もアンティグアの南側にあり、アタバルの前を通って行く人も、南に向かって歩いていく人が多いように思われる。とにかくこれでベラシオンは全て終わり。明日からはプロセシオンが中心となる。午前中はやはり天気が良く、かなり暑い。昼から曇ってきたが、それでも湿度があり、じっと座っているだけで汗がジトッと噴いてくるような感じ。
そんな中、今日は午後停電。幸いアタバルの当たりは数分程度で戻ったが、その後も何回か瞬間停電があった。これは本当にわずらわしい。ところが、同じアンティグアでも他の地区ではずっと停電しているところもあるらしい。
そのせいだと思うが、水もごく弱い水圧しかない。時間がたつと更に水圧が下がって、最後は止まってしまった。水のポンプが電動なので、こちらにも影響が出る。こちらは夕食の時間まで断水していた。
夕方遅くになってパラパラ雨が降った。ちょうどアタバルの前をメルセー教会の子供のプロセシオンが通ったところで、ちょっとかわいそう。ちょうど最も小さい子供のグループが担いでいたようで、周りの大人が手伝っていた。
日中の温度28度、湿度50%。夜22度、65%。

今週の営業日

昨日銀行に行ったところ、すごく混んでいた。月初めなので給料などを引き出しに来る人が多いんだろう。ただ、今週は木曜日、金曜日がセマナ・サンタの祝日となるので、銀行も水曜日の午前中だけの営業と言うところが多いらしい。木曜日から休みで次の営業は来週の月曜日。こうなると混んでるとか言ってられないので、今日銀行に行ってきた。でも、今日はほとんど人がいなくて拍子抜け。ただ、他の銀行は外まで並んでいるところもあったので、何所も空いているという訳ではない。
アタバルも今週は水曜日まで授業で後はお休み。グアテマラの祝日は1月1日からその後ずっとなく、このセマナ・サンタがその後最初の休みとなる。心なしか先生達もうれしそう。この期間はあっちこっちの教会を回る人も多い。
アタバルの入り口のところにセマナ・サンタの行事の日程を貼って、各プロセシオンの順路を書いた冊子を置いてあるんだが、もちろん生徒さん達も見ているが、先生達のほうが熱心に見ていたりする。
日本人でもこのセマナ・サンタが好きでそれに合わせて来る人もいるんだが、そうでない人も結構いるようだ。ホテルから通っている人に聞いたら、今週になって出て行った人も多いんだそうだ。
今日も一日良い天気で暑くなった。ただ、昨日ほど暑くないような気がする。今日は近くのサンフランシスコ教会でベラシオンがあるので、アタバルの前も人通りが多い。
日中の温度27度、湿度53%。夜23度、65%。

ピザの一切れ売り

いよいよセマナ・サンタが始まったが、何しろ昨日はすごい人だった。アタバルの傍にはドミノ・ピザがあって、毎年アタバルの入り口で一切れずつのピザを売るんだが、今年も売りたいと昨日言って来た。今年はもう店もないし、だめだって言って一度断ったんだが、その後でまた来て、ペトラを説得して、売ることになってしまった。
昨日の晩6時から9時まで売っていたんだが、なかなか売れるようだ。何枚持ってきたのか知らないが、9時には完売していた。しかし、ドミノ・ピザの正規の店はすぐ目の前なのに、こんな近くで売るなんてと思うが、人がいっぱいで、それだけ近くても、わざわざ店に行かずに、こちらで買おうという人が多いんだろう。1枚10ケツアル(約100円)で売っているので、それなりの売り上げがあったはず。
こちらには別にお金をくれるわけではない。ピザ1枚のただ券をくれるだけ。まあ1枚買ったら100ケツアル近くするので、これで良いということなんだろう。去年もこれで3枚くらい券をもらったが、期限が書いてあって、そんなにしょっちゅうピザを食べる気にもならず、1枚だけ使って、後は期限が切れてしまった。
僕はドミノよりポヨ・カンペロのやっているテレピザのほうが好きだ。でもドミノの方が商売熱心なんだろう。
今日も暑い。天気が良く、カンカン照り。ただ、午後2階の部屋はかなり風が通り、この風は結構涼しくて気持ちが良い。それでも夕方にはちょっと雨が降った。
日中の温度27度、湿度50%。夜22度、67%。

枝の主日にすごい人出

枝の主日の今日は例年だったらメルセー教会に行き、その名の通り、枝で作った飾りを買う。この枝、なんとなく酉の市の団扇に似てるような気がする。そのためついついこの日は、こちらの酉の市のような気分になる。
ところが、今日暑い中、メルセー教会に行こうとして歩いていたら、中央公園から時計台に行く道で、すごい人ごみ。良く見ると道の真ん中で、何かやっている模様。近くに寄れなかったので、良くわからなかったが、なんだかイエス・キリストの何らかの物語を実演しているようだった。
時計台の道は歩行者天国になっているんだが、何しろものすごい数の人が歩いている上に、道の真ん中を完全に占領しているので、ここを通ることが出来ない。無理やり脇の歩道を通ろうとしたが、人が多すぎて後ろから押されたり、横に押されたり、おしくらまんじゅう状態で、動くことが出来ない。ついに諦めて、カブキに行って昼ごはんを食べた。それでも大汗をかいた。
その後カブキで昼ごはんを食べていると、なんとパラパラ雨が降ってきた。幸いすぐやんだが、これでは中途半端で涼しくもならない。
夜は日曜定食で魚の照り焼きとポテトサラダ。先週14人だったし、今日はちょうど食事を出す時間になって、プロセシオンが近づいてきたようで、アタバルの前は人でいっぱい。これでは人は来ないだろうと思っていたら、なんと24人来て、更にまだ人がいる。申し訳ないが、こんなに来てもらえるとは予想してなかったので、スープもご飯ももうなくて断ってしまった。
日中の温度27度、湿度56%。夜22度、62%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。