スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


麻痺

昨日獣医さんに来てもらった。以前ジェシカの頭の左側が陥没していると書いたが、それと目が曇ってきているのと、更に左目に目やにがやたら出るようになったので、診てもらうことにした。
そうしたらなんとジェシカの顔の左側に麻痺があると言われた。麻痺して筋肉が動かなくなったので、陥没してきたんだそうだ。そんな深刻なこととは知らなかった。何しろジェシカは普通に元気にしているし、食欲も問題ない。
ひどくなると舌が垂れたり、口がゆがんだりするというので、そこまでひどい麻痺ではないらしい。結局麻痺を緩和する注射をうってもらい、目薬を2つ出してくれた。目やにも、麻痺しているので、目の動きが関係して、これだけ出るんだということだった。目が曇ってきたのは、これは年のせいで、13歳ともなれば、仕方ないようだ。
とにかく、相談して良かった。これから2週間毎に、注射をうちに来てくれるという。今回も、先生を見たとたんに、2階に隠れて、そちらまで行って、診察してもらったら、恐がっておしっこを漏らしてしまった。ちょっと可哀そうだが、ほっておく訳にも行かないので、仕方がない。今日から教えられた通り、1日2回目薬をさしている。元には戻らなくても、ひどくならなければ良いんだが。
今日もものすごく暑い一日。日中はバランスボールに座ってると、接している部分が汗をかく。昼過ぎに銀行に行ったら、いきなり曇って雷がなり始めた。これは雨かと思ったが、降らないまま。昨日は夜中に一瞬雨が降ったが、今日は降らないまま。
日中の温度30度、湿度46%。夜23度、62%。
スポンサーサイト

基準が分からない

今日はぐったりするくらい暑い。昨日フリアの旦那さんが来て、フリアが風邪をひいて熱を出しているというので、今日はてっきり来ないと思い、朝早く起きて、さっさとあるもので朝ごはんを済ませた。月曜日なので、昨日の日曜定食の後の掃除をして、コーヒーなどを沸かし、生徒さんを迎える準備をしないといけないと思っていた。
そうしたら、いつも通り朝7時前にフリアが来た。声はちょっと変だが、もう大丈夫だという。なんだか肩透かしを食らったような気がするが、どう考えても、来てくれると助かる。
午後銀行に行って、ドルの現金を入金しようとしたら、また20ドル札が3枚ほどはねられてしまった。一体どういうことなんだろう?今年に入ってから、ドル札のちょっとくたびれたものでも、問題なく受けてくれていたのに。仕方なく、別の銀行に持って行き、別の紙幣と変えてもらった。受付の女の子の問題なのか、銀行の方針なのかわからないが、もう少し、わかり易くしてもらいたい。とにかく、別の銀行で問題なく変えてもらえたので良いが、60ドル無駄になったら馬鹿らしい。今までだめだったのは20ドル紙幣1枚だけ。半分に切れていて、それをテープで止めてあった。でも、実に上手くとめてあるので、銀行でいわれるまで気がつかなかった。これは仕方ないので、今度アメリカに行ったときに使うことにしてとってある。
今日は天気が良く、ものすごく暑い。風が比較的あるので、それが救い。
日中の温度30度、湿度37%。夜23度、53%。

メンチカツ

朝起きた時からなんだか曇り気味で、少し寒い。ジェシカと散歩に出た時にはまだ暗くて街灯がついていた。日曜日の朝早くはさすがに人が少なく、散歩をしていても気持ちが良い。そこで今日は思い切って、中央公園まで行ってみた。ジェシカは初めての中央公園。中央公園ではさすがにジョギング中に柔軟体操のようなことをしているような人が、数人いた。ジェシカも始めてのところで、キョロキョロしていたが、ここまで行けるとちょっと良い気分。
昼はまたドイツ人の店で昼ごはん。ペトラが結構気に入っている。でも、もう大抵めぼしいものは食べてしまったので、新鮮さがない。でも、小を入れて3人で160ケツアル(1600円くらい)で、腹いっぱいになるので、悪くない。ただ、やっぱり塩気は強い。いつもここで食べた日は後でのどが渇く。
夜は日曜定食。メンチカツで19人分売れた。もっと少ないかと思っていたが、幸い天気も昼からかなり良い天気になり、全く雨は降らなかった。メンチカツの新しいやり方は上手く行ったと思う。なにより凍らせてないので、中が生だったりする心配が少ないのが助かる。
今週作ってもらった、板と足も上手く行った。ただ、足は餃子用にも使うことを考えると、ちょっと高かったので、1センチほど頼んで切ってもらうことにした。メンチカツだと、横にして使うので、全く問題がないが、餃子はそういうわけには行かないし、今の大きさだと冷凍庫に全て入らない。
日中の温度26度、湿度48%。夜23度、58%。

ベルドラーガ

木曜日に市場でベルドラーガという野菜を買った。名前は以前から聞いたことがあったが、実際に手に取ったのは初めて。ちょっと食用らしからぬ見た目をしている。実際アメリカでは雑草として扱われているらしい。これを買ってきて、今朝調理をしようとしていたら、お手伝いさんのフリアが「それを食べるのか?」と聞く。彼女たちは食べられるのは知っているが、まず食べないと言う。「よっぽどまずいものなのか。」と聞くと、特に苦い訳でもまずいわけでもないという。市場で売っているおばちゃんはイワシテという、日本で言う胡麻和えに似た食べ方をするというので、とりあえず茹でて胡麻和えにしてみた。ものすごくおいしいくもなくまずくもない。ちょっとぬめりがあると聞いたんだが、茹でる時間が短かったためか、特にぬめりは感じない。むしろぬめりがあったら、特徴が出てそれなりの食べ方が出来そうに思う。
ネットは便利なもので、探してみたら、ちゃんとあった。日本ではスベリヒユというんだそうだ。日本でも食べるところがあるらしい。ω-3脂肪酸の含有量が高い健康に良い食品なんだそうだ。調べてみたらいろんな食べ方がある。トルコ、ギリシャでは良く食べられるものらしい。生でも食べられるんだそうだ。フリアの話ではそこら辺に生えているらしい。フリアに頼んで取ってきてもらって、今度ネットで見た料理法で食べてみよう。
今日は天気が良く、雨が降る様子もなかった。ただ、午後風は強く、その風がわりと涼しい風だったので、夜少し過ごしやすい。
日中の温度28度、湿度42%。夜22度、53%。


保守的

やっと、アタバルの先生達の中で、数人がネットで銀行の口座を見るようになった。以前から、無理やり申し込みをさせて、ネットで残高を確認するようにと言っていたんだが、唯一イングリットだけがそれをやっていた。先日また夏のボーナスの際に2人の先生がスキミングの被害にあい、やっと今3,4人の先生がネットで残高を確認するのを始めたようだ。
オンライン授業のため、アタバルにはコンピュータが数台あり、先生たちが使えるようにしてある。手元にコンピュータがあって、いつでも使えるのに、何でこれを利用しないのか不思議で仕方なかった。
まあ基本的にグアテマラの人たちは新しいことに対して反応が遅い。保守的なんだろう。食事だってそう。先日書いたように、外食でレストランなどに行っても、家でいつも食べているような、ペピアンであるとかカルド(肉と野菜のスープ)、カルネ・アサーダ(焼肉)を食べる。中華料理が好きだという人と話をしていると、実はチャオミン(焼きソバ)しか知らなかったりする。もちろん焼きソバはおいしいが、中華料理は他にもすばらしい料理がいっぱいあるのに、もったいないことだと思う。
結局夜まで雨が降らず、暑い。午後文法講座をやっていても窓を閉めていると暑くて、汗が出てくる。窓を開けたら風は結構涼しかった。それでも夜はまだ暑く、少し雨が降って涼しくなって欲しいと思う。
日中の温度29度、湿度39%。夜24度、60%。

メンチカツ

今週の日曜定食はメンチカツにすることにした。今日はその材料の買出し。今までは事前に作って凍らせていたが、これだと時間がかかるし、万一中まで火が通っていなかったらいけないので、いろいろ考えて、直前に作ることにした。
とはいえ、一個一個形を作りながら揚げるのは大変なので、肉だけは形を作っておき、直前に衣をつけて揚げる形にするつもり。これだったら、時間も短縮できるし、火も通りやすいだろう。
これを冷蔵庫に入れておくための台を用意した。今までは入り口でやっていた店から出る、ダンボールを利用していたんだが、今は店がないので、これが手に入らなくなってしまった。スーパーにもらいにいくことも考えたが、いろいろ考えて、この際材木屋に行って、こちらの注文通りの寸法に切ってもらい、それにやはり材木屋で切ってもらった端切れで、足を付けてそれを重ねていくことにした。最初足は固定しようかと思ったが、試しに固定せずに置くだけにしてみる。ぶつかったりしたら倒れてしまうが、足を都合の良いところにおけるし、餃子などの時は高さを変えたりもできるので、固定しないで行けるんだったら、その方が便利。
昨日の晩星がたくさん見えた。これは良い天気になると思っていたら、実際今朝から天気が良く暑い。日中はものすごく暑かった。夕方雷がゴロゴロ言い出し、一瞬雨が降り、このまま雨になるかと思ったが、すぐにやんでしまった。
日中の温度29度、湿度40%。夜23度、62%。

サンティアゴの日

アンティグアの守護聖人はサンティアゴ。今日はそのサンティアゴの日なので、アンティグアは祝日。当然アタバルも休み。朝から少しゆっくりした。日曜日のように夜に食事を作る必要もないので、午前中はネット授業用のコンピュータの掃除をした。
その後、昼ごはんをこの前行ってペトラが気に入った、ドイツ人の店に小も連れて行った。まあそんなにいろいろなメニューがあるわけではないので、この前と同じようにハンバーガー、ピザを頼み、更にドイツソーセージに白いの(この前のは赤いもの)があるというので、それも頼み、更にエビのガーリック焼きとセビッチェを頼んだ。これだけ頼むと小さなテーブルがいっぱい。
ハンバーガーは先日ほどしょっぱくなく良かったし、ソーセージも白い方が脂っ気を感じられておいしかった。ピザはクリスピーを通り越して、センベイかと思うくらい硬かったが、エビは良い感じで、これもおいしかった。ただ、唐辛子を入れるかと聞かれて「なし。」と答えたはずなのに、ちょっと辛かった。ドイツのオジさんはちょっと頑固そうなので、全く入れないという事は受け入れられなかったのかもしれない。2度目は値引きするということだったが、これだけ頼んで200ケツアル(2000円くらい)なので、結構安いと思う。
アンティグアのお祭りで朝から行進があったりしたが、天気が良く、行進日和だった。ただ、暑くて、夜になってもまだ結構暑い。
日中の温度28度、湿度35%。夜23度、55%。

アタバルの裏庭にベンジャミンの木がある。これがどんどん大きくなって、大変だと言う話を以前書いたが、今は毎週日曜日に来るフリアの旦那さんが、少しずつ切りそろえて、だいぶ良い大きさになってきた。それでもちょっとすると、すぐ伸びてくるので、結構大変。葉っぱもたくさんついて、これがしょっちゅう落ちてくるので、掃除も大変だ。
今日の午後フリアが裏庭を掃除していたんだが、ヘンな顔をして、僕のところに来た。「ちょっと来い。」と言うので、何事かと思ったが、裏庭に行くと、でっかい芋虫がクネクネしている。大きさは朝散歩に行ったときにジェシカがするウンコくらいある。ベンジャミンの葉っぱを掃除していたら、木から落っこちてきたんだそうだ。まあ田舎の人なので、普通の虫くらいでは驚かないが、でっかいのでさすがにビックリしたらしい。
見たときにはまだ地面でクネクネしていて、気持ち悪かったので、フリアに任せて、僕は事務所に戻ってしまった。しかしあんなにでっかい虫は一体何の幼虫なんだろうか?こちらにはやたらでっかい蛾がいるが、それと比べてもまだ大きいように思える。木の下で掃除してたのがペトラでなくて本当に良かった。大変な騒ぎになって、踏んづけろとか言われてたかも知れない。
今日も日中は天気が良く、かなり暑くなった。また昼から用事を足しに出たら、午後3時を過ぎた頃から曇り始めたが、今日は全く降らない。それでもそのせいか少し気温が下がって過ごしやすくなった。
日中の温度29度、湿度40%。夜21度、71%。

ドイツとハンバーガー

昨日食べに行ったドイツ人の店のハンバーガーだが、先生達に25ケツアルと言ったら、高いと言われた。肉の厚さが2センチ以上あると言っても、ハンバーガーはハンバーガーなんだそうだ。そんなもんか。
更にハンバーガーのハンバーグはもともとドイツのものだと言ったら、また笑われた。ハンブルグのものだからハンバーグって言うのかと思ってたが、そうじゃないんだろうか?じゃなかったら、ミンチを固めたもの(まあどこにでもありそうな料理だが)をなぜハンバーグと言うのか。
どうもドイツと言うと、ジャガイモと言うイメージがあるんだが、その思い込みにたがわず、付け合せのジャガイモはおいしかった。ジャガイモを焼いたものに、タイムなどの葉っぱをふりかけてあるだけの、なんてことはない料理だが、これはさすがにドイツ人と思われた。思い込みが間違ってないこともあるんだ。
午後市場の裏の材木屋に買い物に行った。その時からもう既に曇っていたんだが、注文をしたら、雷までなり始めた。切ってもらっていたら雨が降りそうだったので、待たずに明日来ると言って大急ぎで帰ってきた。そうしたら公園あたりから雨が降り始めた。小雨だったのでほとんど濡れずに帰ってきたが、帰り着いたら雨はやんで少し太陽まで出てきた。その後、また降るかと思っていたが、結局夜まで雨は降らなかった。あの雨はなんだったんだ。
日中の温度28度、湿度44%。夜20度、75%。

ドイツ人の店

昼ごはんを食べに出たんだが、天気が良いので、以前から気になっていた店に行ってみようということになり、アタバルからはちょっと遠いが、市場の前の並木通りにある、小さな店に行って見た。
テーブルが2つと、カウンターと言うのか壁にくっついた小さな台が1つあるきりの、ごく小さな店。場所はペンション田代へ入って行く道の入り口のところに当たる。店名は良くわからない。もらったチラシにはグルメ・エクスプレスと書いてあるが、これが店名なのかは分からない。
ドイツ人のおじさんがグアテマラ人の奥さんらしき人と2人でやっている。メニューはハンバーガー、サンドイッチ、ドイツソーセージ、ピザ、セビッチェ、エビの料理など。ちょっと取りとめがないような気もするが、値段はエビ以外は25ケツアルから35ケツアル(250円から350円程度)程度。ハンバーガー、ピザ2切れ、ソーセージ、ハムのサンドイッチを頼んだ。どれもややしょっぱめだが、かなりいける。ハンバーガーは中の肉が相当大きくて、これにジャガイモの焼いたの(これがおいしかった。)と飲み物が付いて35ケツアルなので結構安いと思う。ピザはトマトソースが多いせいか真っ赤で、チーズが乗ってないように見えるが、これもいける。2回目からは割引もしてくれると言っていた(いくら割引してくれるのかは聞き忘れた)し、かなりお勧め。これで、少し塩を控えめにしてくれたら、もっとお勧めなんだが。
夕方4時ごろからものすごい雨。一旦やんだが、その後もかなり降っている。日曜定食はエビマヨで19人。雨の中を来てくれてありがたいことだ。
日中の温度27度、湿度57%。夜21度、70%。


雨のせいか

今朝起きた時は雨が降っていた。ジェシカと散歩に出られないかと思っていたが、霧雨以下というところだったので、いつも通り散歩に行った。その後もやや強くなったり、やんだりしていた。これだったら市場に行くのは大変だと思っていたら、8時を過ぎてやんでしまった。その上日も差してきた。
おかげで問題なく市場で買い物。ただ、朝の雨のせいか、土曜日なのに閉まっている店がいくつかあった。この時期に休むなんて不思議だ。いつも野菜を買うおばちゃんの店も閉まっていた。まあ野菜は他でも売っているので、必要なものは買えたが、あっちこっち見て歩いたので、ちょっと時間を取られた。一番の目的は明日の日曜定食に使う、ブロッコリ。ちょっと高かったが、まとめて買って少しまけてもらった。
来週の水曜日はアンティグアの守護聖人のサンティアゴの日で、お休みなんだが、もうそろそろ市場の裏にも移動遊園地が来たりしている。ただ、こちらも雨が降ったせいか閑散としていて、観覧車も止まったまま。まあ雨が降ると市場の裏などは下がぬかるみになるので、あまり人は行かないだろう。ここのところ暑かったので、風通しの良い靴を履いてたんだが、今日はぬかるみを歩くことも考え、靴はしっかりしたものにした。まあ正解だった。その靴も帰ってきてみると結構泥が付いている。
その後、夕方からまた曇ってきて、涼しくなったが、結局夜になっても雨は降らないまま。
日中の温度26度、湿度54%。夜20度、62%。

事務所の蚊

今日は午前中かなり涼しい。天気が悪いわけではない。昨日の晩はかなり曇ってきて、星が全く見えなかった。これは雨が降るかと思っていたが、朝起きて外に出ても、別に降った様子はない。それで朝早いうちは確かに曇りがちの天気だった。それに昨日の晩から風が冷たい感じがした。
昼頃になり、何しろ天気が良いので、やっと暑くなってきた。なんだか肌寒いのもいま一つな感じがするが、暑くなると、今度は蚊が出てくる。特に、アタバルの事務所でコンピュータに向かっていると、腕にポツポツ蚊が当たるのがわかる。最近はサンダル履きをやめて、靴を履いているので、足などは刺されるところがないから良いが、上はTシャツで腕が出ているので、この辺が狙い易いんだろう。
まあ日中だったら痒くなったらちょっと掻けば良いので、あまり気にしないが、夜はもうベープマットのグアテマラ版は必需品。最近のように夜でも20度を超える場合は、どうしても足を出して寝る癖があるので、足が痒くなると、気になって眠れない。
今週の日曜定食のエビマヨだが、いつもはソースなど金曜日くらいから作って置いたりするんだが、マヨネーズはビミョウそうなので、当日に作ることにした。エビだけは既に殻を剥いて下処理をして冷凍してある。初めてのメニューだが、それ程手のかかるものではないので、早くできると思う。
今日も午後からずっと良い天気で、夜も雨は降らない。
日中の温度27度、湿度44%。夜23度、56%。

エビと牛肉

今日も暑い一日。カニクラだろうか?その割には夕方になると雷がなったりして、雨が降りそうになる。ただ降りそうになるだけで、降らなかったり、ちょっと降るだけだったりする。
今日はいつも通り市場で買い物。今週の日曜定食はエビのマヨネーズソースをやってみることにした。これも初めてのメニュー。自分用に作ってみて、ペトラも喜んで食べていたし、まあ良いかと思う。そもそも、最近牛肉が値上がりしていて、今やエビも牛肉も同じような値段になってしまった。それだったら、固くて日本の牛肉のようには行かないものを使うより、エビを使った方が良いように思う。
エビも養殖物とそうでないものがあり、養殖物の方が高い。まあ養殖のものは形も揃ってるし、見た目はきれい。僕は別に養殖でない方が良いように思うので、大小いろいろだが、「なるべく大きいのをくれ。」と言って、買うようにしている。いつも買う店なので、多少は意識して大きいのを入れてくれるようだ。
値上がりのせいもあるんだと思うが、牛肉を売っている店は大変そうだ。気のせいか以前より閑散としているように思える。何しろ豚肉も鶏肉もそれ程値上がりはしていないのに、牛肉だけここの所立て続けに値上がりして、他の肉と比べても、ずいぶん高い感じがする。まあこうなると牛肉を避けて、他の肉を買う人が増えるんじゃないかと思う。
今日も雨は降らない。でも夜になってちょっと涼しくなった。
日中の温度27度、湿度38%。夜22度、56%。

家庭料理

こちらに住んでる日本の人と話しをしていて、日本は家庭料理とレストランの料理が違うと言われた。その点、グアテマラではレストランでも家庭でも同じようなものが同じような感じで出てくる。確かにそうだ。アメリカなどでも似たようなものらしい。
そう言われると確かにそうだ。もちろんアンティグア当たりではイタリア料理とか、中華料理とかがあり、家庭で作らないものも食べることが出来るが、例えば市場の食堂などはもちろん、有名なグアテマラ料理の店などに行っても、出てくるものは普通の家庭で食べるものと変わらない。
この前の日曜日に行ったサン・フェリペの食堂だって、たいていの料理は家でも食べるものだ。だから基本的に僕はそういうところに行くと地鶏を頼む。ペトラが地鶏は硬いというので、家ではまず食べない。それ以外の料理は別に家で良く食べるもので、ヘタすると家で食べるよりおいしくなかったりするので、わざわざ外に行って金を払って食べる気がしない。それなのに不思議なのは、当のグアテマラ人はこういうグアテマラ料理のレストランが好きらしいということだ。いつも行くサン・フェリペの食堂などは大きな店なのに、たいていグアテマラの人でいっぱいだ。料金だって、別に他のレストランに比べすごく安いというわけではない。料理の種類だって世界各国のいろんなものを食べる日本人に比べるとグアテマラ料理はかなり限られている。同じようなものをしょっちゅう食べているわけだが、それ嫌にならないのはどういうわけだろうか?
夕方一瞬雨らしきものが降ったように思うが、天気の良い一日。
日中の温度29度、湿度40%。夜23度、60%。

くしゃみ

どうもここの所またくしゃみが出る。風邪ではない。鼻がクシャクシャするところを見ると花粉症らしい。ペトラも花粉症で、こちらは目に来るらしく、涙目っぽい感じになり、かゆいと言っている。
ただ、どうも花粉の種類が違うのか、なるときが別々だ。先日までペトラがかゆいかゆいと言っていたんだが、ここ数日僕がくしゃみをしている時は、ケロッとしている。ただ、ここ数年体質が変わったのか、花粉の量が減ったのかわからないが、以前のようにひどくはならない。
以前は鼻が詰まって、薬を飲まないと、ボーッとする上に、鼻水がひっきりなしに出て、大変だったんだが、ここ数年薬を飲まずに済んでいる。去年も少しくしゃみが出ただけで終わった。まあくしゃみくらいだったら大したことはない。今年もそうだと良いのだが。それにしても今日は暑い。昼からちょっと出かけただけで、汗だくになる。銀行でもかなりきつく冷房をかけていた。昨日の雨と風で少し涼しくなるかと思っていたんだが、全く反対。
昨日の風で、アタバルの噴水の上にある半透明の屋根がバタバタ言っていると書いたが、今朝見たら、端っこの方が折れていた。触ってみると、もうだいぶ古くなっているので、ペニャペニャになっている.これはそろそろ取り替えないとだめみたいだ。
夜になっても雨が降らず、かなり暑い。
日中の温度30度、湿度34%。夜23度、58%。

散歩コース

最近ジェシカの散歩コースを少し変えている。同じところばかり歩いていると、犬だって興味がなくなるかと思う。今までは、アタバルのあるブロックと向かいのブロックを8の字に回っていたが、最近は南側に伸ばしてみたり、西側に行ってみたりしている。土曜日、日曜日は洗濯場のある公園に行って、少し、のんびりして、ジェシカをそこら辺で勝手に歩かせてみたりするようにした。
感想を言うわけではないので、それが良いのか悪いのかわからないが、あっちこっち匂いをかいで忙しい。基本的には運動というより、外に出て、ちょっと変わった環境において、好奇心を持ってくれると良いと思っているので、悪くないと思っている。いずれは中央公園にまで行って見ようと思っている。
土曜日の市場はボーナスと給料日が重なって、かなりの人出だったが、もう今日はそんなことはない。いつも通り魚屋やら豚肉屋を覗いてめぼしいものを少し買う。カブを買いたかったんだが、今日は見つからなかった。
昨日も雨が降らず、今日も午前中からかなり良い天気で、暑い。それでも、午後から雲が出て来た。そうしたら夜になってものすごい風。あっちこっちの屋根のトタンがバタバタ言っている。その内雷が鳴り雨が降ってきた。これはなかなかすごい。アタバルの半透明の屋根の部分も飛びそうなので、雨の中慌ててバタバタいっている部分にブロックを置きに行った。その後風は止まったが、雨は降り続いている。
日中の温度28度、湿度44%。夜21度、63%。

久しぶり

今日の昼ご飯は久しぶりに、サン・フェリペのコメドール・サンフェリーぺに食べに行った。やはり雨季は食べている間に曇ってきて雨が降ったりすると嫌なので、どうもサン・フェリペには行きにくい。ペトラが今日は久しぶりに行こうというので、お昼から出かけた。
食べるものはもう決まっている。ペトラはペピアン。僕は地鶏のスープ。この地鶏は腿の部分で、スープから出して、炭で焼いて、ソースは別と注文する。地鶏は肉がおいしいので、トマトソースをかけるより、シンプルに塩で食べた方がおいしい。ソースをかけないほうが炭で焼いた香ばしさもより感じられる。まあ良く行くからか、最近はこの腿の部分にちょっと卵などの臓物がついている。これもまたおいしい。
夜は日曜定食で、餃子。餃子は既に包んであるので、もう焼くだけ。冷凍してあるので、多少時間がかかるが、今は先に焼いておくことはしないで、焼き立てを出すようにしている。持ち帰りも含めて、24人分売れた。それでも、6時半から出して、8時にはほぼ終わっていたので、まあまあだろう。幸い6時半に一気に人が来た訳ではなくて、ポツポツ来てくれたので、誰もそれ程待たすことはなかったと思う。値上げしてからグアテマラ人のお客さんが減っていたが、今日は逆に日本人の方が少ないようだった。分からないものだ。今日は天気が良く。暑い一日。雨は降る気配もなかった。そのせいか夜になっても結構暑い。
日中の温度28度、湿度35%。夜23度、58%。

餃子の用意

今週の日曜定食は餃子なので、餃子を包む作業が大変。まあ自分用も含めて多めに作るって言うのがあるんだが、200個を超える餃子を包むのは時間がかかる。餃子を包むのだけは子供の頃から手伝うことになっていたので、慣れた作業で問題はない。でもいくら沢山食べる家庭であったとはいえ、100個前後。数が違う。
それでも、未だに少しずつ早くなっているのか、今回はほぼ2時間で終わった。今までのことを考えても、だいぶ早いような気がする。皮も薄くやりやすかったせいもあるのかもしれない。
ただ、これを冷凍するので、その場所の確保がこれまた大変。他の食材も凍らせてあるので、これらを整理して場所を作らないといけない。もう少し大きな冷凍庫が欲しいと、こういう時は思う。まあ大きなものを買ったら買ったで、気が大きくなって、いろいろ冷凍してしまい、訳がわらかなくなってしまうような気もするが。
ただ、これをしてしまうと、餃子はあとは簡単。何しろ焼くだけだ。冷凍してしまうので、多少焼く時間が長くなるがこれは仕方がない。これもネットで調べて、焼き方を工夫して、だいぶ早くなった。本当にネットは便利だとこういう時に思う。
今日は市場もかなり混んでいた。いつも買う店のおじさんの話ではそろそろ夏のボーナスが出ているので、皆お金を持っているんだということだった。
朝から良い天気で、市場で買い物をしていても暑い。午後ほんの少しだけ雨。
日中の温度28度、湿度40%。夜22度、52%。


6番街

グアテマラシティーの第1地区の6番街は、ずっと以前は最も賑やかな、いわゆる銀座通りといった位置付けの所だった。ところが、その後、治安の問題やら、車が普及して、駐車場の問題などがあったこともあり、ずいぶん寂れて、更に治安が悪くなるという、感じだった。
なにしろ、セクスティアール(セクスタは6番のことで、6番街をブラブラ歩くことをさした。)という動詞まであったくらいだ。このセクスティアールという動詞も、一時死語になりかけるほど、誰も行かないような場所になっていた。
昔はペトラとグアテマラにはバスで行っていて、第1地区の6番街の近くにバスが着くので、たいてい6番街周辺をウロウロしたものだ。そのころあった店も、今はかなりなくなっていると聞いた。
ところが、これが最近はグアテマラ市の努力で、かなりきれいになり、警察官も配置されていて、安全になっているらしい。グアテマラシティーの中国食材店で、買い物が終わり、昼ごはんには少し早いという中途半端な時間だったので、6番街に行ってみたかったんだが、ペトラが嫌だというので断念した。まだペトラは少し前までの危なくて寂れたイメージが残っているらしい。残念。
今日は午前中から天気が良く、暑い一日だった。また夕方から曇り始めた上、雷もピカピカしていたが、雨は結局降らなかった。
日中の温度28度、37%。夜22度、72%。


輸入品

グアテマラシティーに久しぶりに行くと、だいぶ変わっている。何しろ最近は年に数えるほどしか行かないので、毎回変わりように驚く。ただ、ペトラが言っていたが、空いているテナントが結構目立った。その割には目抜き通りの一つであるレフォルマ通りの脇などで、それまであった土地を更地にして、新しい建物を建てようとしているようで、景気が良いんだか悪いんだかわからない。
何しろ今回は醤油を手に入れたかったので、行く前にいろいろ聞いたところ、今年から新しい政権になり、輸入品の通関手続きが厳しくなり、韓国、中国の食材店が品薄になっていると言われた。
思ったほどではなかったが、どちらも今までと比べると多少物が少ないような気がした。結局ほしいものは全て手に入ったので、良かった。でも、一部のものはかなり値上がりしている。オイスターソースなどは、本当は瓶に入ったものの方が使い易いので良かったんだが、缶詰の方が安かったので、仕方なくそちらを買った。それでも前買ったときに比べて5割増し以上だった。
今週の日曜定食は餃子にすることにした。いつも皮を頼んでいるワンタンのおばちゃんがお姑さんが病気だとかで、今週は来てなくて、娘が代わりに来ている。頼んであったのを忘れてないか心配だったが、ちゃんと持ってきてくれていた。しかも、注文どおりきれいな薄い皮を作ってくれた。ありがたい。
今日は午前中晴れて日中はかなり暑い。夕方からちょっと曇っているが雨は降らない。
日中の温度29度、湿度51%。夜22度、60%。

シティーの中華

昨日グアテマラシティーに行って、お昼はチャイナ・クインで食べた。まあペトラがここが好きなので、最近グアテマラシティーで中華料理を食べるというと、ここに行くんだが、大体何を頼んでも、普通においしいくてあまりはずれがない。ただ、1品の量がありすぎて、いろいろな種類を食べられないのがちょっと悲しい。
僕は以前から気になっていたナスに魚のすり身をはさんでフリッターにしたものを食べたんだが、これはまずくはないが、これだけ食べるには単調な味で飽きが来る。つまみみたいなものか。小は麻婆豆腐を頼んだ。小は不思議と豆腐が好きなようだ。これがまた山盛り。ものすごい量でたまげる。しかし、かなり変わった麻婆豆腐。肉は挽肉ではなくて、挽肉より大きめに刻んだ肉。豆腐は結構大きめで揚げてある。全く辛くなくて、どちらかというと豆腐のオイスターソース煮のような味がする。これはかなり驚いた。中国でもこういう麻婆豆腐があるんだろうか?味は決して悪くないが、面白いものだった。
それ以外はエビフライと酢豚。エビフライはパン粉をつけてあるわけでなく、唐揚げに近いもの。マヨネーズが付いてくる。良い値段なので、単なるマヨネーズではなくて、ソースにもう少し工夫をすれば、もっと良いような気がする。でも、エビは結構大きいし、上手く揚げてあっておいしい。酢豚も山盛り。それなのに野菜が申し訳程度。ソースがさっぱりしていておいしい。個人的にはもう少し野菜が入っていても良いように思った。あと焼きソバを頼んだんだが、これはパサパサ系。味は悪くないが、グアテマラ人はどちらかというと汁気が多いのを好む傾向があると思うんだが、なんで餡かけっぽくしないんだろうか?
今日は朝から良い天気。夕方から少し曇りだした。夜には雨。
日中の温度29度、湿度55%。夜22度、70%。

久しぶり

今日は本当に久しぶりにグアテマラシティーに買い物に出た。まあ一番の理由は醤油が心細くなってきたということだが、何しろもう長いことグアテマラシティーには出ていないので、たまには気晴らしもかねて、買い物にいくのは悪くない。
朝8時半に出て、まず韓国食材店を回る。何でも、今度の政権になり通関が厳しくなって、韓国食材店もろくに物がないという話だった。確かにいつも行く店に行ってみたら、品は少ない。でもとりあえず必要な醤油の大型のものは確保した。でも今後いつまた来られるかわからないので、2つくらいは買いだめして置きたいのだが、その店ではもうこれ以上は持ってないという。そこで、先日教えてもらった別の韓国食材店に行った。こちらは規模は少し小さいが、まあ大体同じようなものがある。値段は高いものも安いものもあり、平均すれば何所もそんなには変わらない感じ。こちらでも、醤油を手に入れて、一安心。これだけ買いだめすれば、半年行かなくても全く問題はないだろう。
その後、中国食材店に行く。ここで驚いたのはキューピーマヨネーズがあったこと。値段はうろ覚えだが、確か350円位するので、かなり高い気がするが、ペトラが大喜びして買っていた。僕は春菊があったので、これが買えて満足。豆苗もあったが、これはこの前食べたし、ワンタンのおばちゃんも良く売っているので、今日は見送り。それ以外にもなんだかんだ、やっぱり韓国、中国の店に行くとお金を使ってしまう。
幸い買い物をしている間は天気が良かった。昼過ぎから曇り初め、帰り道に雨が降り出して、そのまま夜まで雨。
日中の温度26度、湿度55%。夜21度、72%。

薬屋

今はアンティグアの薬屋もほとんど配達をするようになった。ずいぶん変わったものだと思う。10数年前に薬屋を始めたときは、まだ24時間営業の店すらアンティグアではほとんどなかった。ましてや配達なんて、全くしていなかった。このため、夜に具合が悪くなって薬が必要になったときは近くの薬屋にまず行って、入り口に貼りだしている紙を見て、その日の当番の薬屋を確認し、そこに買いに行かないといけなかった。
今はさすがに24時間配達はしてくれないが、24時間営業の店は沢山あるので、そこに行けば手に入るし、夕方6時、7時だったらまだ配達もしてくれる。まあそれだけ薬屋も増えて、競争が激しくなったということだろう。
値引きもかなりあって、今は35%引きというところまで出てきた。これでは営業していくのは大変だろう。実際アンティグアにいくつも支店を持っている薬屋はどうも値引きのやり方がいろいろあるらしく、ちょっとした駆け引きをすると値段が変わる事がわかった。安い薬だとたいした差は出ないが、高いものだと言い値で買ってしまうと、結構な差が出る。でもその位しないと、値引きした上に、ただで配達までしていては儲からないんじゃないかと、他人事ながら、同情してしまう。
今日は午前中はまあ良い天気だったんだが、昼前からもうかなり曇り始めた。午後も曇り空で、いつ降ってもおかしくないような天気。その割には降らないで夜まで来た。そのせいか、気温は結構高い。
日中の温度27度、湿度39%。夜22度、59%。

カフェで食事

今日は昼前から雨が降り出した。昼ごはんを食べに出ようと思っていたのに、これは困る。どこか近くで済ませようと言って、外に出たら、まあたいした降りではなかったので、結局公園を通り越して、以前からちょっと気になっていたカフェに入った。
小さいところだが、きれいにしているし、外から見えるメニューにはラザーニャもあるのでペトラもこれだったら食べられるだろう。
小さいところなので、結構いっぱい。2階があるというので、かなり急な階段を上がり、2階に行く。それで注文しようとしたら、なんとラザーニャは売り切れだという。更にもう一つペトラが頼んだスープもないと言う。出ようかと思ったが、階段が急なので、かなり億劫。仕方なく僕はサンドイッチ、ペトラはラビオリを頼んだ。
2階はキッチンの斜め上なので暑い。ただ、作業している様子が良く見えて面白い。キッチンと言っても、オーブンと電子レンジとミキサーとコーヒーを入れる機械があるだけ。ラビオリは冷凍のチンとするだけ。機内食を食べてるみたいだった。サンドイッチは豚の腿のローストしたものが入ったものだったが、別に肉の味がするわけでもなく、まずくはないが、おいしくもない。2人で800円くらい。
まあカフェで食事をしようというのが間違いだった。アンティグアの商売の一等地と言える場所で、少しまともなものを食べようと思ったら、こんな値段ではだめなのかもしれない。その後、公園で露天で売っているペピアンを買って帰って食べた。150円だったが、こちらはちょっと薄めだがおいしかった。こちらの方がよっぽどまとも。
その後も雨は降ったりやんだり。日曜定食はアジフライでポツポツとしか人が来なかったので、こりゃだめかと思ったら、終わってみれば13人。雨の中ありがとうございました。日中の温度24度、湿度60%。夜20度、70%。

粉挽きの続き

今日は市場で買い物。魚は相変わらず少ない。幸い今週の日曜定食の分は既に手に入れて、処理してあるので、安心。やはりこのくらい余裕を持って揃えないと、必要な分が手に入れられなくなっている。魚はどこに行ってしまったんだろう?
昨日書いた粉挽き屋の話だが、ペトラは今でもあるはずだと言う。今でもおばさんが昼ごろに頭の上にとうもろこしの入ったたらいを乗せて歩いて行くのを見たことがあるという。それに、知り合いでアトルやらチュチートやらタコスを売っている人は、大量に必要なので、粉挽きの機材を買ったんだという。こだわりのある人は、粉になって売っているものを買うより、昔ながらのやり方を続けているんだろう。そうなると、毎日大量に持って行って挽いてもらうんだったら買った方が良いという気になるのは十分理解できる。
アトルはとうもろこしで作った重湯のようなものだし、チュチートはとうもろこしの粉にトマトソースと小片の肉を包んで茹でたものだ。これらは食事としても食べられるが、食間のおやつのような感じで食べられることが多いもので、こちらの人は大抵午前10時くらいと午後4時くらいにおやつを食べるので、消費量も相当なものだと思われる。実際アンティグアのあちこちで、おばちゃんたちがこれらのおやつを売っている。
朝からちょっと雲の多い天気だったが、幸い市場で買い物をしている間は全く降らなかった。帰ってきてしばらくしたらザーッと降ってきた。ところがその後すぐやんで、今度は日が照りだした。変な天気だ。夜になって雨は降らない。
日中の温度26度、湿度44%。夜22度、61%。

粉挽き

先日こちらに住んでいる人から、最近粉挽きをする商売を見かけなくなったという話をされた。グアテマラではパンも良く食べるが、やはり伝統的なトルティーヤが日本の米の代わりのように食べられる。このトルティーヤはとうもろこしの粉をせんべいの様にした物だ。このため、とうもろこしの粒を持っていって、それを挽いて粉にする商売が町にいくつかあった。
まだ僕が住み始めた頃はアンティグアでもいくつか見かけた。昼前になると近所のおばさんたちが粒のままのとうもろこしを持って集まってきたものだ。動力はモーターなので、その時間には近くではブーンというモーターを回す音が聞こえた。そう言われて考えてみると、確かに今はもうアタバルの傍にあった店もなくなってしまったし、他でも見かけなくなった。今やトルティーヤは昼前になるとおばさんが籠にたくさんつめて売りに来るのを買ったり、近所のトルティーヤを売っている店で買うものになったようだ。たとえ、家で作っていても、もうスーパーなどで粉になって、そのまま水と混ぜるだけで使えるものを売っているので、それを買って作るんだろう。
先日フリアの娘の15歳のお祝いに招待された話を書いたが、そちらの村ではまだ粉挽き屋を見かけた。まだまだ農村では需要のある商売なんだろう。
今日も朝から天気は良い。風がやや涼しい感じはするが、日中はカンカン照りで、外に出るとかなり暑かった。
日中の温度29度、湿度32%。夜23度、59%。

アジフライ

今週の日曜定食はアジフライに決めた。魚が手に入らないので、前回苦労したのに懲りて、魚屋のおばちゃんの電話番号と仕入れの時間を聞いておいて、ちょうど仕入れているときを見計らって電話をして、何があるか確認して、必要な量を買っておいてもらった。これで何とか、今回の分は確保できた。いつものように魚の大きさが均一ではないが、とにかく、そうでもしないと、魚の確保が難しくなっている。
このアジを一つ一つさばくのが最も時間のかかる作業。30個さばくのに4時間以上かかった。これが出来たら、後は簡単なんだが。その間ソースも作った。やっぱり作りたてより、ちょっと置いた方が、味がなじんで良いように思う。こちらはミキサーでガーッと混ぜて、煮込むだけなので、時間はかかるが手間はたいしたことはない。パン粉はお手伝いさんのフリアに頼んで作っておいてもらう。これもミキサーを使ってやるので、ミキサーは台所の必需品だ。日本ではミキサーなんてあまり料理に使うことはないように思うが、作る量が違うし、ある材料も違うので、使う道具も違ってくるんだろう。とにかくこれで、今週の日曜定食の食材を確保できたので、一安心。
今日は朝から良い天気。確か以前聞いたニュースでは7月の始めころにカニクラという、雨季の間に晴れ間の続く時期があると言っていた。そろそろカニクラに入ったんだろうか?今日は市場で結構人が少ない感じがしたんだが、それでも天気が良くて歩いていると汗が出てくる。結局雨は降らないまま。
日中の温度29度、湿度36%。夜22度、55%。


文房具

日本ではずいぶん文房具も進化しているようだ。先日ネットのニュースを見ていたら、なんと1000円もするようなボールペンがあって、それが結構売れているということでびっくりした。
そんなに使い易いんだろうか?一度日本に行ったときにでも買って試してみるかとも思うが、ボールペンに1000円というのはちょっと勇気がいる。なにしろ、ちょっと貸してくれとか言われて、結構なくなる事も多いので、今使っているのは1本10円程度のごく安いもの。それでもそれ程書きにくさを感じたことはないし、特に不満はない。何しろこれだったらなくなっても、それ程気にせずにすむ。
日曜定食などで作ったソースの類を冷蔵庫に保存してある。ちょっと何かを作るときに、既にソースや下味を調合してあるとすごく楽なので、いつも多めに作って冷蔵庫に入れている。ところが、いくつかあるとややこしくなってなんだかわからなくなったりするので、今日整理して、全部に名前を書こうとしたんだが、サインペンが見当たらない。
そこで、サインペンを買いに行った。こちらでサクラのマイネームが売っているて、やっぱり書きやすいし、これが気に入っている。ところが、黒いのが売ってない。3軒回ったが、なぜか黒だけ売ってない。売り切れただけだろうか?
今日も朝から良い天気。昨日は夜になって雨が降った。今日も同じような感じだ。ただそのまま夜になっても雨は降らない。
日中の温度27度、湿度40%。夜22度、60%。

豆苗

豆苗というと、日本で売っているのは、カイワレ大根のような、発芽した芽だと思っていた。先日市場のワンタンを売っているおばちゃんのところで、見たことのない野菜があった。小さな楕円形の葉っぱが袋に詰めてある。
「これは何?」と聞いたら、えんどう豆のつるの先っぽの部分だという。その時はピンと来なかったが、帰ってから良く考えて、オヤと思い、ネットで調べてみたら、豆苗だった。中国ではもともと、元々は大きく成長したえんどう豆の若い葉と茎を摘んだもの何だそうだ。
ただ、成長したものの若い葉と茎だと、摘むのも大変だし、時期も限られるので、高級食材だったものが、発芽した芽を使うようになり、一般に普及したんだという。日本に住んでいた頃は、あまり見かけなかったし、その後、日本に帰ったときに買って食べてみたことはある。だが、見た目が違うので、気がつかなかったんだ。
中国でもともと高級食材されていた状態で売っているだけに、結構高い。一袋に相当の量が入っているものの、値段は30ケツアル(約300円)。グアテマラで買う葉物野菜としては破格の値段だ。興味があったので買ってみて、冷凍してあった厚揚げと一緒に煮てみた。確かにちょっと豆の香りがして、これがなかなかおいしい。まあいろんな食材が手に入るのはありがたいことだ。
今日は午前中はまあ良い天気。午後から曇ってきたが、夜になっても小雨が降ったかどうかという程度。
日中の温度27度、湿度43%。夜22度、62%。


フシオン

昨日の昼ごはんをフシオンというレストランに食べに行った。4カジェのドニャ・ルイサの向かいにある。別にそこに行くつもりで出たわけじゃないんだが、歩いていて、ちょっと入ってみるかということになった。
メインの料理の値段は50ケツアルから80ケツアルくらいで、やや高めの設定。ペトラがマヒマヒ(シイラ)をアーモンドをつけてソテーしたもの、一緒に行った小が牛肉を3種類(黒、白、赤だと思う。)の胡椒を付けて焼き、クリーム系のソースをかけたもの、僕はエビのクリームソースのフェトゥチーニを頼んだ。
小の肉は胡椒が効きすぎていて、僕には辛かったが、ペトラの魚はペスト風のソースがかかっていて悪くない。フェトゥチーニは自家製でビーツが入ってるとかで、赤っぽいのがなんだか落ち着かないが、別にビーツの味がするわけではなく、色だけのことらしい。結構おいしかったが、結構切り方は大雑把。特に生地の端らしき部分は妙にゴッツイのがあったりして、そこの部分はちょっと不思議な食感。でも全体の茹で加減は悪くないし、エビも火を通しすぎてなくて良い。ただ、値段の割りにやや量が少ないという気がした。見た目でこれは少ないと思ったので、ガーリックトーストを頼んだんだが、ペトラは小食なので満足していたが、小と僕はなんだか物足りないまま。
今日は朝から良い天気。昨日は午後ずっと雨でなんだか寒かったせいか、今日も天気が良い割には暑くない。
日中の温度25度、湿度40%。夜18度、72%。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。