スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10月31日

ハロウィンは元々グアテマラの行事ではない。アメリカの影響か、子供がお菓子をもらいに回ってきたりするが、やっぱりグアテマラでは明日の墓参りやら凧揚げやフィアンブレ(これは地方によって違って、首都のグアテマラシティーやアンティグアではフィアンブレだが、他の地方ではカルドと呼ばれるスープを作るところも多いようだ。)の方が重要で、ハロウィンはやっぱり二の次なんだと思う。
実際今日は午前中こそ良い天気だったが、午後から曇って真っ暗になり、夕方からは雨が降り始め、しかも一時土砂降りという感じで強く降った。その影響か全然子供たちが回ってくる気配はない。
明日木曜日が祝日なので、市場での買い物は今日。やはり相当の人出。明日墓を飾るための花束や花輪を買っている人が多い。もちろん明日墓地の入り口周辺でもたくさん売っているんだが、値段が違うんだろう。
我々も以前は事前に買い込んで墓地まで運んだものだが、結構大変なので、今は当日に入り口で買うことにしている。
雨は夜にはやんだが、それにしても良く降った。もう雨季が終わったかと思ったら、そうでもないらしい。アメリカはハリケーンで大変らしいが、そちらが一段落したらこちらが雨。明日も少なくとも午前中は大丈夫だと思う。今まで11月1日の墓参りの時に雨が降った記憶はない。
日中の温度26度、湿度55%。夜20度、73%。
スポンサーサイト

フィアンブレ

今朝スーパーに買い物に行ったら、すごい人出だった。特にハムなどの腸詰売り場周辺がものすごい。買う人ばかりでなく、恐らくメーカーから派遣された手伝いやら宣伝要員もいるんだと思うが、売る側の人も多い。
見てると次々にハムやらソーセージの切れ端をトレイに乗せた人が寄って来て、試食をしろと勧めてくる。考えてみたら、これらは11月1日の死者の日のフィアンブレと言う料理のためのものだ。
この死者の日は日本のお盆のようなもので、墓参りをする習慣がある。その時に、このフィアンブレという、各種の腸詰類と肉、魚などが入ったサラダと言うかマリネのようなものを食べる。
新聞を見ていても、フィアンブレの文字が良く目に付く。数多くの材料がいる、結構手間もお金もかかる料理なので、最近作る人が減っているのかと思ったが、これだけ材料を買いに来ている人がいるところを見ると、まだまだ作る家庭がたくさんあるんだろう。
ペトラも以前は張り切って作っていたが、今は僕と二人きりだし、大量に出来てしまうので、もう作るのはよしたと言っている。あっちこっちで「フィアンブレ売ります。」という張り紙も見るが、かなり高いものだし、その割にはよそのものはあまりおいしくないので、最近は買うこともない。まあ1日はどこかにペトラと食事にでも行くつもり。
今日も天気は良く、昼過ぎに小雨がパラパラと来たが、ほんの一瞬。その後夜7時前から結構降った。
日中の温度26度、湿度55%。夜20度、70%。

バス通りの工事

昨日バスがアタバルの前の1アベニーダを通っていると書いたが、これはしらばく続くらしい。今朝は5時に目が覚めた。グアテマラシティー行きのバスは4時ごろから走っているんだが5時から通常の頻度になるようで、ガンガン通りだす。
寝室は道路からだいぶ中に入ったところにあるんだが、2階にあるので、音が直接聞こえてくるようだ。当然その後は夜までどんどんバスが来る。最初のうちは、これではかなわないと思っていたが、午後になると慣れてきたのか、全然気にならなくなってしまった。人間の慣れというのは恐ろしいものだ。
たまたま、本来のバス通りに住んでいる人と話をしていて、うるさいと言ったら、「こっちはずっとこれで、今は逆に静かで良い。」と言われてしまった。確かにそうだろう。バスだってどこか通らないといけないので、ここをとおらなかったら別の道を通って、そこに住む人が騒音を感じる訳だ。
聞いたところでは、その本来のバス通りは道を掘り返しているらしい。水道管の工事かその横に川が流れているので、その河川敷を作るような工事か何からしい。川も掘っているんだとか。それが人力で、バケツリレーで土を運んでいると言う。どれだけやるのか知らないが、これでは1日では終わらないだろう。
今日も天気は良い。アメリカの東海岸にはハリケーンが来て大変らしいが、こちらは夜も月がほぼ満月に近い状態でやたら明るい。
日中の温度25度、湿度35%。夜20度、66%。

疎い

今朝起きてジェシカの散歩に出ようとしていたら、ガーっという車の音がして、市の交通警察が2台来た。何事かと思っていたら、アタバルの前の1アベニーダにどんどん大きな赤いプラスチック製の仕切りのようなものを置いている。その後ろから2台バスがやってきた。普通バスはアタバルの前を通らない。どこかの村から来た遠足かと思っていたが、その後もグアテマラシティー行きのバスなども通っている。
昼になってもどんどんバスが通っているので、いろんな人に聞いたら、どうやらグアテマラシティーに行く道を修理していて通れなくなっていたのが、今日再開したようだ。確かにグアテマラシティーに行くのは今回り道をしていると言うようなことを聞いたような気がするが、最近グアテマラシティーに行かず全然関係ないので、ころっと忘れていた。
何でもチマルテナンゴの方に出て、そこからグアテマラシティーに行っていたらしい。そういえば、昨日市場でグアテマラシティーから来ているワンタンのおばちゃんから、明日はグアテマラシティー行きの道が開通するお祝いがあるといった様なことを言われたんだが、何しろ道を修理していることすら知らなかったので、何言ってるんだか全然分かってなかった。だからってアタバルの前をバスが通る必要はないはずだが、これは一体なんでなんだろう?
日曜定食はホイコーロで26人来てくれた。
今日は一日良い天気。
日中の温度25度、湿度36%。夜21度、66%。

シシカバブ

夕飯にまたトコ・バルという店のシシカバブのようなものを頼んだ。先日はまさにシシカバブを頼んだんだが、シシカバブと言うと串に刺したものを想像していたが、来たものを見ると、ピタパンに生野菜とひき肉がはさんであるもの。
想像していたものと随分違ったが、生野菜が結構入っているので、好みの味。なんだか肉と生野菜を一緒に食べるとおいしいと思う。今日頼んだものはティカ・バルとか言うもので、ひき肉ではなく、豚肉のひき肉より大き目の塊とジャガイモがやっぱり生野菜の入ったピタパンにはさんである。どちらも31ケツアル(約310円)なのでわりとお得感がある。実際はほとんどが野菜で、肉の量はかなり少ない。でも、生野菜は中の方にあり、見える表面部分は肉で覆われているので、見た目にインパクトがある。
でも、今日のものより、シシカバブの方がおいしかった。豚肉は脂身のないところらしく、パサパサしていて硬い。まあ仕方ないとは思うが。それにひき肉の方が生野菜と混じりやすく味が均等になるように思う。
でも、いつも付いてくるヨーグルトとマヨネーズを混ぜてニンニクを入れたようなソースがなかなか行ける。他には辛いソース(食べないので味は分からない。)とちょっとカレー風のソース(こちらはいまひとつぼけた味。)。でも1個食べると、僕の夜ご飯としてはかなり量が多い。
今日は朝から小雨たまに降るような天気。幸い市場で買い物をする分には問題ない。
日中の温度25度、湿度55%。夜20度、71%。

リモコン

昨日書き忘れたが、今週の日曜定食はホイコーロ。今日は豚肉を薄切りにしてもらい、それを量って、人数分に分けた。豚肉を薄切りにしてもらえるようになってから、ずいぶん日曜定食もやり易くなった。
市場に行ったついでに、テレビのリモコンを買ってきた。2階のテレビのリモコンは、だいぶ前から、音量を上げるのがなかなか難しくなっていたんだが、いよいよ、音量を下げる方も大変になってきて、チャンネルも番号を押して変えるのは出来るんだが、一つずつチャンネルを上げて行ったり下げて行ったりするのが、なかなか出来なくなってきた。なかなかと言うのは、しばらく押し続けたり、何回かやっていると、出来たりするんだが、すぐにはできないことがほとんどで、いらいらする。
市場では安い模造品のリモコンを売っているので、それを買った。見た目は本物とほとんど変わらない。ただ、何が違うんだかわからないが、手に取って見るとすごく軽い。約150円。以前も別のテレビのものを買ったことがあるんだが、すぐに壊れてしまった。
まあ150円くらいのものだったら、とりあえず買ってみても悪くない。シャープとかソニーとかちゃんとメーカーのロゴも入っている。帰ってきて試してみたら、とりあえず問題なく動く。後はしばらく持ってくれると言うことがないんだが。
昨日のヘンテコな雨が降りそうで大して降らない天気から一転して、今日は朝から天気が良い。
日中の温度26度、湿度58%。夜21度、68%。

パソコンの音

このごろ事務所のデスクトップ・パソコンがうるさくなってきた。以前から時々ファンの音がすることがあったんだが、今はしょっちゅう音がするようになって来た。今は軽く引っかくような音がずっとしている。それが気になって、ちょっと揺らしたりすると、今度はゴーッというようなちょっと強めの音がする。
まあ段々慣れては来たが、気になることは気になる。今まで使ってきたデスクトップ・パソコンは大抵何年か使っているとこうなってきた。別にそれで、壊れたりしたことはないので、その点に関しては良いんだが、やっぱり音は気になる。
まあ今のコンピュータももう相当使っているものなので、もうそろそろ換えても良いかとは思っている。性能的には特に問題を感じているわけではないんだが、何しろ、バックアップの電源ももう完全に寿命が来ていて、瞬間停電でも切れてしまう。
こういったことを考えたら、今度はノート・パソコンを買おうと思う。ノート・パソコンも以前からは考えられないほど安くなっている。買う側にはありがたいことだが、パソコンのメーカーはこれでは確かに大変だろう。
今日も午前中から怪しげな雲行き。雨季が終わったかと思ったが、やっぱりまだ早かったようだ。昼から銀行に行こうとしたら、小雨が降っていた。傘を持って出たんだが、銀行に付くころにはもう晴れている。ここ数日こういう安定しない天気の日が多い。その後も小雨が降ったと思ったらやむのの繰り返し。
日中の温度25度、湿度58%。夜20度、72%。

招待状

午後呼び鈴が鳴り、見ると、知らないグアテマラ人の若者。何の用か聞いてみたら、招待状を持ってきたと言う。時々外国人向けの店などが開店した時に、開店祝いの招待状を持ってくることがある。今回もその類だと思い、受け取って、ドアを閉めた後、良く見たら、宛名がアタバルではなく、僕とペトラの名前になっている。
中を見ると、やはり開店祝いとかでなく、卒業式の招待状だった。もしかしたら知っている人だったのかもしれない。こちらは、頭から関係ないと思い込んでいたので、全く気がつかなかった。封筒には宛名だけで、差出人の名前は書いてない。
招待状には卒業生の名前が書いてあったので、ペトラに見せて、一つ一つ名前を確認し、誰が送ったか考えた。どうやら知り合いの息子さんのようだ。道理で持ってきた若者は親しげにニコニコしていた。お母さんはペトラがわりと親しくしているので、時々見かけて知っているが、息子さんの方は小さな頃見た記憶がある程度。もう高校を卒業する訳だから、ちょっと見てわからないのは仕方ないと思う。
グアテマラでは学校は1月に始まり10月に終わるので、今は卒業シーズン。今日もサン・フランシスコ教会の前を通ったら、正装した人がいっぱいいたので、なんだろうと思っていたら、どうやら卒業式だったようだ。
今日も一日良い天気。その割には気温はそれ程上がらなかった。まあ過ごしやすい一日。夜涼しいのは助かる。
日中の温度26度、湿度48%。夜21度、63%。

スーパーで

午前中スーパーに買い物に行った。市場の前の並木通りに面したスーパーに行ったところ、なんと、この中央にある木を刈っている。剪定といった感じのものもあるが、そんな生易しいものではなく思いっきり真ん中の方から切っている木もある。手入れをしているんだか、木を切り倒して植え替えるんだかわからない。
この辺は春になるとピンクの花が咲いて、ちょっと桜並木みたいな(花が桜のように小さくないので、ちょっと風情に欠けるが)感じになる。でもこれだけ思い切りきってしまったら、来年の春にはどうなることか。
スーパーで買い物をして、殺虫剤を買おうとしたら、物はあるんだが、プラスチックのベルトのようなもので留めてあって取れないようになっている。一体どういうことだろう。店員を呼び止めて聞いたところ、盗難が多いので、留めたんだそうだ。買いたい時には、店員に言って持ってきてもらうことになったらしい。
先日、もう一つのスーパーでも殺虫剤が見つからないので、どこにあるか聞いたところ、レジ近くのケースの中にあると言われた。やはり盗難対策らしい。一体なんで殺虫剤がそんなに盗まれるんだろう?そこそこの値段(日本のスプレーの殺虫剤とそれ程変わらない大きさだと思うが、値段は300円前後する。)の割りに、隠し易い大きさということなんだろうか?でも他にももっと必需品で隠し易いものなんてありそうに思うが。
今日は一日言い天気で暑い。
日中の温度28度、湿度36%。夜20度、60%。

乱れた天気

今朝もかなり曇った朝だった。今朝メキシコのニュースを見ていたら、ちょうど天気予報をやっていた。メキシコでちょうど北側の冷たい空気の流れと南側の暖かい空気の流れが交錯していて、その更に南側のメキシコ南部やら中米はかなり天気が乱れているというようなことを言っていた。
その影響だろうか?またこのブログで雨季は終わりか?って書いたら、次の日くらいから雨が降り出した。前々から僕が雨の話を書くと晴れて、しばらく天気が続くと書くと雨が降り始めると言われているんだが、今回も逆予報のようになってしまった。
天気が乱れているのかどうか良くわからないが、今日もヘンテコな天気。朝のうち市場で買い物をしていたんだが、やっぱりパラパラと降ってきた。慌てて買い物をして、帰ろうとするとやんでいる。
午後用事で出かけようとすると、小雨が降っている。これはと思い傘を取りに戻って、また出かけたら、公園まで行かないうちに雨がやんで日がさしてきた。本当にからかわれているような天気だ。天気予報の乱れていると言うのはこういうことを指しているんだろうか?
その後夜になっても、たまにパラパラッと来て、雨だと思ったら、すぐにやんでしまうというのが何回かあった。まあ変な天気だ。日中から気温が上がらなかったが、夜になってちょっと寒い。
日中の温度23度、湿度65%。夜20度、72%。


始めて見る小ささ

昼ごはんをまたエピクレに食べに行った。アタバルから結構近いし、ペトラが最近気に入っている。そこでペトラはローストチキン、僕は魚介のスパゲッティを食べた。後から小も来て、フィッシュ・アンド・チップスを頼んでいた。
ローストチキンはリンゴとシードルのソースが付いてきて、結構おいしい。ペトラは喜んでいた。ただ、僕はローストチキンはいろいろかけたりしないでそのままが一番好きだ。フィッシュ・アンド・チップスと言うのは始めて食べた。卵のタルタルソース風のものとケチャップが付いてきて、これも行ける。
面白かったのは僕のスパゲッティで、トマトソースがちょっと酸味がきついのと、スパゲティがかなり細いのとは、まあ好みの問題かもしれないが、魚介とあるので、何が入ってるのかと思って見たが、最初魚の切り身しか見えなかった。かき混ぜて良く見たら、下のほうに剥き身の貝もあった。また、細いのでスパゲッティが短く切れたものかと思っていたのが、タコかイカの足だった。更によく見るとエビが入っている。なぜこんなに探さないとエビが見つからなかったかというと、始めて見るレベルの小ささ。火を通し丸まったものは大きいもので7~8ミリ。干しエビ並みの小ささ。良く見るとこれが8個くらい入っている。おそらく缶詰か冷凍のシーフードミックスみたいなものだと思う。結構良い値段(約700円)するのに、これはあまりに手抜きで、けち臭いんじゃないだろうか。
今日は午前中から曇りがちで、昼過ぎに少し降った。その後やんで晴れかけたんだが、夕方から降ったりやんだり。
日曜定食は掻き揚げで17人来てくれた。
日中の温度25度、湿度60%。夜20度、73%。

野菜不足

明日の日曜定食はかき揚げなんだが、いつもかき揚げは、クレソンを入れる。それで木曜日からいつも買うおばちゃんにクレソンを頼んでおいたんだが、今日行って見たら、手に入らなかったと言う。ちょっと焦った。何しろおばちゃんは朝ものすごく早く来ているので、おばちゃんに手に入らないものを9時過ぎに行って手に入れるのはかなり難しい。
慌てて、周りの店を回ってクレソンを探したんだが、幸いすぐに見つかった。ただ、いつもの倍くらいの値段。おばちゃんは手に入らなかったと言うより、余り高かったので、買ったは良いが、後で僕に「そんな高い値段だったらいらない。」と言われたら困ると思ってやめたんじゃないかと思う。
まあ値切りに値切って買ったので、さすがにいつもの倍よりは安くなったが、高いことには変わりない。とはいえ、野菜は倍といっても、元の値段が安いので、仕方がないかという感じ。
他のたまねぎやらニンジンは問題ないが、ここのところカブの漬物をいつも出しているんだが、このカブも結局手に入らなかった。先週からずっと探していたんだが。そこで、今回は大根とニンジンの葉っぱのおひたしのようなものを作って、これをご飯に付けることにした。まあ菜っ葉ご飯のようになるので、悪くないと思う。
今日は一転曇り勝ちの天気。朝のうちはちょっと肌寒いほどだった。昼は天気が良くなり、暖かくなったが、夕方少し雨が降った。
日中の温度24度、湿度60%。夜22度、68%。

入金遅れ

いつも通り金曜日に先生たちの支払いを済ませた。大体午前の授業が終わったところで、皆引き出しに行くので、昼の12時前に払い込まれるように設定している。ところが、昼ごはんを食べていたら電話がかかってきて、お金が振り込まれていないと言う。またしてもスキミングかということで焦っているみたいだ。
おかしいと思って、ネットで口座を確認したが、ちゃんと設定した分が引き落とされている。ただ、良く見ると、振込みは許可されているが、振込み済みにはなっていない。なんだか良くわからないが、これは銀行に行って見ないとどうしようもない。とはいえ、とりあえずスキミングではなさそう。
銀行に行ったが、そこから中央のシステム管理部門のようなところにかけているようだが、全然返事がない。1時間以上待ったが、どうにもならない。これは何らかの問題があって、電話に答えてるどころじゃないんだろう。
結局、後から連絡をくれると言うことで、帰ってきたが、戻って数分後には、振込み完了のメールが来た。大体こちらの想像は当たっていたように思う。何らかの問題があって、あっちこっちからクレームが来て、対応してたんだと思う。
とはいえ、なんとか振込みが出来たようなので一安心。何しろ明日は祝日で銀行が休みなので、今日中に解決してくれなかったら、来週ってことになりかねない。
今日も天気が良く暑い一日。夕方にはまた少し霧が出た。
日中の温度28度、湿度55%。夜22度、66%。

短気

朝市場で買い物。市場で買い物をするのは売り手のおばちゃんなどと値段を交渉したり、駆け引きをするんだが、これがまあ面白い。というか、これが面白いと思えないと、市場での買い物は苦痛だろう。
ラディッシュを買った。今日は大き目のものが欲しくていろいろ見てまわったが、大きめできれいなものを持っているのは1箇所だけ。中年のおばちゃんで、初めて買うところ。値段を聞いたところ6つ一束で2.5ケツアル(約25円)と結構高い。値切ったところ2ケツアルになった。それ以上聞くと、「もう私は帰るところだから、いらないんだったらもう荷物をしまう。」と取りつく島もない。他になかったので仕方なくそれで買うことにしたが、「その代わり、選ばせて貰う。」と断って選び始めた。
おばちゃんは上に乗ってるのを取らせようとするんだが、その下にきれいなのがあったので、のけてそれを取ろうとしたら、ウーともフーともグーとも聞こえるような唸り声を出した。もう一つその下から取ろうとしたら、また唸る。ごちゃごちゃ選ばずに上から取れと怒ってるらしい。本当は悪態をつきたいんだろうが、我慢して、それがこの唸り声になって出てるらしい。5束買ったんだが、下の方がきれいだったので、結局全部下の方から取った。おばちゃんはその度に唸っていた。選び終わって、お金を払ったら「ありがとう。」と言っていたが、目をシバシバさせていた。我慢しすぎて血圧が上がったんじゃないと良いんだが。
今週の日曜定食はかき揚げ。今日も雨はまったく降らず良い天気。暑い。ところが夜になって、すごい霧。周りの丘は全く見えない。1ブロック先ですらぼんやりするほど。
日中の温度29度、湿度50%。夜23度、72%。

カフェ・ブティック

午前中ペトラと出かけて、公園のところに新しく出来た。エル・ソル・カフェ・ブティックという店に入ってみた。要は喫茶店。ビールも飲めるみたいだ。もともと、カフェ・ハルディンという、僕が始めてきたころからやっていた、喫茶店があったところ。まあ以前のものと比べると、ずいぶんきれいに、おしゃれになったと言う感じ。
そこでペトラはホット・チョコレートと僕はカプチーノを頼んだ。小さな店なので、1階は2つ小さなテーブルが置いてあるだけ。そこに子連れのヒッピー風の白人夫婦がいて、アクセサリーを売っている。それで、もういっぱい。そこで2階の席に上がった。小さいところなのに、その1階の席を使わせているのは、不思議な感じ。
アンティグアの最近できたこういう小さい喫茶店は2階というか中2階というようなところを作って席を広げているんだが、何所も場所節約のために階段がものすごく急。働いてる人は大変だと思う。それと、1階の熱気が上がってくるので、かなり熱い。
飲み物は、特に可もなく不可もなく。食べ物は基本的にない。アイスクリームとクッキー、シナモンロールだけ。なかなか大変そうな商売だと思うが、ビールが売れれば行けるのかも知れない。
結局今日も一日かなり良い天気。本当に雨季が終わったんじゃないかとちょっと心配になる。何しろ天気が良いので、日中はかなり暑く、そのまま夜になってもかなり暖かい。もう少し涼しくなると良いのだが。
日中の温度28度、湿度54%。夜22度、70%。

良い天気

昨日はずっと天気が良かったんだが、日中晴れている空の様子がもう乾季のものだのペトラが言っていた。確かにすっきりとして雲も少ない空で、雨が降りそうな気配は全くなかった。夜になって、雲は少し増えたが、それでも、星がたくさん見えて、これは翌日も良い天気になるだろうと思われた。
今朝は予想通り良い天気。ただ、天気が良いのに、すごく寒い。温度計を見ると15度になっている。アンティグアで15度というとかなり寒い感じがする。いつもは朝ごはんの後は大抵Tシャツで十分なんだが、今日は寒くて、しばらくしてセーターを着てしまった。
それでも天気が良いので、日中はかなり暑くなった。確かに乾季の天気という感じがする。だいぶ前にテレビのニュースでこちらの気象台の人が、今年は10月中に雨季が終わると言うようなことを言っていたが、もう終わるんだろうか?いくらなんでもまだだいぶ早いような気がする。
雨が降らないのは、町に住んでいると便利で良いが、それでも農作物のことや、水の問題が気になる。そうでなくても今年はなんだか断水が多いのに、これで乾季の後半に水不足にでもなったら、また断水ということになるのか。
先日アタバルの南側の角で水の大噴出があったと書いたが、こちらは幸い収まり、今は完全にふさがれている。それよりも気になるのは、それ以前から、反対の北側の角から常に水が少し溢れ出しているんだが、これは何時までほって置くんだろうか?
夜まで良い天気。
日中の温度28度、湿度51%。夜22度、66%。

地震

今朝市場で買い物をしていた時に、軽い地震があった。マルベニの鳥屋で買い物をしている時だったんだが、最初店の人が、「地震だ。」と言っていたが、その時は気がつかなかった。それでも、その直後ドンドンという軽く突き上げるような振動を感じた。
それで終わったかと思っていたら、しばらくして、またドンドンという、その前より少し強い突き上げを感じた。この2回目の方が、はっきりと感じられた。まあこの市場の中で騒いでも仕方ないので、ペトラと一緒にじっとしていて、それでもその後は、特に揺れなかったので、まあ大丈夫かと思っていたが、店の人が、結構キャーキャー言うので、そちらの方が気になった。
その後は皆もうその話題で持ちきり。ろうそくを売っている店の、ろうそくがいくつか落ちたと言っていた。まあろうそくは狭いところにいっぱい並べてあるので、落ちやすいんだと思う。
アタバルに戻ったら、ちょうど授業が終わったところで、先生たちが地震の話しをしていた。こちらの人は、地震が起きると、なぜだかわからないが、外に飛び出す人が多い。それで先生達はビックリして、外に出ようかと思ったらしいが、生徒さんたちが皆知らん顔をして座っているので、我慢してじっとしていたと言っていた。まあ日本人だったら、これくらいだったら、それ程驚かないだろう。
今日は一日良い天気。
日中の温度26度、湿度51%。夜20度、60%。

60才

また、昼ご飯をドイツ人の店に食べに行ったんだが、今日は結構人が入っていた。でも、話しをしていたら、12月に閉めると言う。なんでも、エスクイントラという太平洋岸に近いところに大きな土地を借りて、レストラン、ホテルのようなことをやるんだそうだ。
今の極小の商売からずいぶん飛躍するものだ。場所はまあまあだし、ここのところ人も入っているように見えたんだが。
もう53歳だから、60歳になって、人にある程度任せて、自分は自由に旅をしたり、のんびりするようにしたいんだそうだ。そのためには、このままではだめだと言うことだ。自分で全てをやっているので、どうしても規模に限りが出てしまうと言うことだ。
まあそれはそうだろう。でも人を使うのはそれはそれで大変なんじゃないかと言うと、「それはそうだが仕方がない。」と言う。なかなか難しいものだ。
確かに自分で商売をしていると定年と言うものがないので、良くも悪くも難しいところがある。どこで線を引くのか、それともずっとやって行くのか、適当に休みながらやって行ければ良いのだろうが、それはなかなか難しいことのように思う。
今日の日曜定食は餃子で24人来てくれた。餃子はやっぱり時間がかかる。結局全て出し終えたのは8時前。お湯を沸かしておいて、早くできるようにしてるんだが、それでも、ちゃんと火が通ってないと困るので、早める訳にもいかない。それでも、以前に比べるとだいぶ手際が良くなったと思う。
今日は一日天気が良い。
日中の温度26度、湿度49%。夜20度、65%。

オイルサーディン

朝ごはんにオイルサーディンを食べた。オイルサーディンと書いたが、実はいわしのトマト煮。所謂オイルサーディンというのをアンティグアでは見たことがない。グアテマラシティーの大きなスーパーとか行けば売ってるのかもしれないが、こちらのスーパーや市場で売っているのは全てトマト味。辛いものと辛くないものがある。
これは不思議だ。確かに、グアテマラの人はトマトを良く食べる。だけどオイルサーディンくらいあっても良さそうなものだ。何しろいわしがない(あるんだという人もいるが、売っているのを見たことがない。)ので、それが直接見えるような食べ物より、トマトソースで見た目が見慣れた感じになっていないと、食べないんだろうか?
そのまま食べるのであれば、まあトマト味が付いてると良いのかもしれないが、それを使って何か調理しようとすると、トマト味が付いていると、かなり利用法が限られるように思う。それでもいわし好きなので、時々買っていろいろ食べる方法を考える。
今日は市場で買い物をしてきたが、かなり暑い。昨日の晩はかなり雨が降ったので、今朝も降っているんじゃないかと心配していたが、起きた時にはもうやんでいた。それでも市場の外の売り場は下がぬかるんでいて歩きにくい。排水と外の売り場の整備は必要だと思う。
市場から帰ってきて、最後に少し残った餃子を包み終える。これで明日の用意は大体できた。夜になっても雨は降らない。でも結構寒い。
日中の温度27度、湿度35%。夜20度、67%。

ピニャータ

ここ2ヶ月ほど10歳の男の子(もちろんお母さんも一緒)が勉強していたんだが、来週アンティグアを出るため、今日が最後の授業。先生たちが昨日から騒ぐので、昨日市場でピニャータを買って来て、午前中の休み時間にピニャータをやった。
ちょっとだけのつもりで、小さいピニャータと飴を一袋買ったんだが、先生たちが別に大量のお菓子を持ってきていたので、入りきらない。慌ててカルロタが自分の家にピニャータを取りに行って、結局2つやることになった。
ピニャータは紙で出来た張りぼての人形に飴などを入れて、西瓜割りのように目隠しをした人が棒を持って、叩く、人形が割れてお菓子が飛び散ったら、それをみんなが大騒ぎして拾うという、中南米の子供の誕生日には欠かせない行事。
毎回のことだが、先生達は子供の頃から修練を積んでいるので、飛び散ったお菓子を拾うのが得意。いろいろ技があるらしい。生徒さんの方は遠慮もあるのか、大抵先生たちが拾ったのを貰うことになる。
ともかく男の子も袋いっぱいお菓子を拾って、喜んでいたようで良かった。今日はディア・デ・ラサ、コロンブスがアメリカに到着した日だ。公的な祝日にはなっていないようだが、銀行は休みのところと半日しか働かないところがある。そこで朝大急ぎで銀行に行った。明日は通常通りだと言っていた。
今日は比較的天気の良い1日で日中は結構暑い。ずっと降らないかと思っていたら、夜になって結構降った。
日中の温度26度、湿度50%。夜21度、77%。

午後は雨

今日は朝から市場に行く。相変わらず魚は種類がない。今週の日曜定食は餃子にすることにしたので、まあ良いが、今年は本当に魚の種類が少なくて困る。基本的に魚と肉を交互にすることにしているので、綱渡りのような時もある。
朝起きたときに、まだ雨が降っていた。どうやら昨日の晩はずっと降っていたようだ。まあお陰で、昨日の水道の噴出で出た泥はだいぶきれいになった。アタバルの前は噴出していたところより、心持高い位置にあるので、大部分の水は反対側に流れたため、泥もそれ程なく、今朝までの雨で、ほとんど洗い流されていた。まあその分南側の低い方はまだまだ泥がある。
それでも、今日も昼から結構降っている。朝降っていた雨は、授業が始まる前には完全にやんで、市場で買い物をしていた頃は、少し日がさして、暑いくらいだった。ところが昼過ぎから、また結構降っている。これくらい降れば、埃も立たないだろう。こういう点は雨季の良いところ。これが乾季だったら、結構埃がすごかったろう。
日曜定食の餃子を包み始めた。前に作った板を利用するようにしたんだが、これがなかなか具合が良い。この板はコロッケ、メンチカツなどで利用したので、冷蔵庫の空間を有効活用するのに大活躍。
昼から降った雨は、そう強くは降らないまま、夜になっても降ったりやんだり。そのため気温はかなり低い。
日中の温度24度、湿度69%。夜19度、77%。

イエローストーン

今朝、カルロタがアタバルに来て、「そこの角から水が吹きで出すごいことになってるから見てみろ。」と言う。外に出てみたら、なんと道路の真ん中から水が噴出している。それも、単にあふれ出ているというより、間欠泉のように吹き上げている。
それもずっと吹き上げていると言うわけではなく、しばらく収まったかに見えて、ちょこちょこあふれ出るだけの時があるかと思うと、突然道路の両脇までしぶきが飛ぶほど、ものすごい勢いで、噴出すときがある。イエローストーンのようだ。(行ったことないけど。)その水が泥だらけで、まっ茶色なのがちょっと悲しい。
トゥクトゥクが横の道をちょうど通ったときに、大噴出を起こして、ドアのないトゥクトゥクは中まで泥水が入って来て、大変だった。お客さんがいなかったのは幸い。
それを見て、慌てて、あっちこっちに水を貯めた。この様子では今日一日断水するかもしれない。案の定、しばらくして水が止まった。そのまま昼過ぎまで断水。まあ思ったより早く水が出て良かった。
夕方になってアタバルの前の道を見たら、ほとんど乾いていたが、水が通った後が茶色くなっている。あれだけ泥水を吐き出したので、しばらく土埃が多くなりそう。入り口のドアに透明のプラスチックをつけておいて良かった。
午前中は比較的天気が良い。外が間欠泉の影響で、水浸しなので、湿度が高いのか、気温以上に暑く感じた。午前中と昼過ぎにちょっと外に出たときには一瞬パラパラ雨が降りかけたんだが、どちらも本当に一瞬。地面が濡れることもなかった。その後、夜になって強くはないがシトシト降っている。
日中の温度24度、湿度59%。夜19度、76%。

万引き

今朝スーパーで買い物をしていた時に、レジの外で、ちょっと揉め事があったようだった。僕はレジに並んでいたので、なんだか良くわからなかったが、先に外に出ていたペトラがちょっと興奮気味に事情を話してくれた。
なんでも、おばさんが携帯電話を一台万引きしたんだそうだ。それがバックの中を見せろとか見せないとかで揉めているところへ、おばさんの父親っぽいおじいさんが出て来て、ガードマンと更に揉めたということだった。
どうやらそのおばさんは万引きの常習犯で、店の人は前にも野菜と鶏肉を万引きしたと言っていたようだ。しかも万引きした携帯は最も安いもので、日本円にして1000円程度のものらしい。
おじいさんがガードマンの服を引っ張って、それに怒ったガードマンが「年寄りだから押しのけた勢いで倒れて、怪我でもしたらこっちが訴えられる。」とぼやいていていたそうだ。それで結局そのまま押し切って、逃げるように出て行ったそうだ。これを見ていた周りの人の反応は、「おじいさんをダシに使ってるんだ。」というもの。そうだとすると、いろいろ考えるもんだ。そんなこと考える暇があったら、働くことを考えろとペトラは怒っていた。
今日は午前中雲は多いが、ここ数日では日が差していたほう。それでも夕方からまた雨が降った。その後夜までチョコチョコ降った。
日中の温度25度、湿度64%。夜19度、76%。

2度払い

先日電話代を2度払いしてしまった。ネットで払っているんだが、その時たまたま、支払いのところをクリックしても、一向に画面に変化がないので、つい焦れて、もう1回クリックしてしまったのがまずかった。2度クリックしたことになったようで、なんと同じ電話代を2度払ってしまった。それにしても、同じ請求のものを2度払えるようになっているのは問題じゃないのか?と思わなくもないが、いまさらそんな事言ってもどうしようもない。
夜だったので、どうしようもなく、翌日銀行に行って、事情を説明し、何とかしてくれるように頼んだ。これは初めてのケースなので、どうなるかわからないと言われたが、また翌日行ったところ、返金する事ができるという。金曜日には入金されているはずだという事だった。
ところが、今日確認してみたら、まだお金が戻ってきていない。仕方がないので、もう一度銀行に行く。店長はまだ入金されてないのか?と驚いていたが、とにかく、返金する事は決まったので、心配するなという。再度連絡を取ってくれて、今日か明日には入金されるはずだから、もう少し待ってくれと言っていた。まあこちらのミスでもあるので、あまり強い事は言えないが、大してサービスが良い訳ではない電話会社に余計に払うなんて面白い事ではない。
今日は午前中から曇り勝ち、それでもなかなか雨は降らなかったが、夕方から断続的に雨。
日中の温度24度、湿度69%。夜19度、78%。

学園祭

アンティグアの郊外に、グラビレアという、職業訓練校のようなものがある。先日小のお母さんのリスが、その学校がアンティグアのカプチーナスという修道院跡で、学園祭のようなものをやると言って、案内を見せてくれた。
そこで作ったいろいろなものを売るんだそうだ。料理やパン作り、菓子作りのコースもあるので、そこで食事もできるという。面白そうだったので、今日の昼、ペトラとフリアも連れて行ってきた。
修道院跡の中庭の周りに、いろいろな店が出ている。ほとんどが食べ物関係だった。生徒の家族が中心のようだが、結構人が来ていて、賑わっている。台を置いていろいろな食べ物を売ってるので、面白かった。早速ペトラとフリアはペピアンを買い、僕はピロヤーダとパンを2種類買って、中庭に置いてある机といすの空きを見つけて、食べようとしたら、なんと雨が降ってきた。中庭には屋根がないので、たまらない。慌てて、皆料理を持って、屋根のある回廊部分に避難している。おかげで随分窮屈な感じで食事。ペピアンはまあ普通。ピロヤーダも酸味が少し不足しているように思ったが、結構行ける。その後も、あっちこっち行って、いろんなものをつまんでみて楽しかった。
ペトラは知り合いがいっぱいいて、あっちこっちで挨拶したり、立ち話したりで、結構楽しんでいたようだ。
今日の日曜定食は魚と野菜の豆鼓炒めで19人来てくれた。昼の後も強い雨ではないものの、しょっちゅうパラパラきていたので、その中来てくれるのはありがたいことだ。
日中の温度22度、湿度73%。夜20度、78%。

ひらがな変換

コンピュータを使っていて、突然キーボードの反応がおかしくなり、驚いた。日本語を打とうとすると、ローマ字変換をしているはずなのに、"a"のキーを押したら"ち"が出てくる。最初は一体何事かと思って、キーボードの接続などを調べてしまった。
今まで、こんなことになったことがない。そのうち、よく見てみると、どうも日本語のキーボードの変換になっていることに気づいた。ところが、それを元に戻すのに、四苦八苦した。
何しろひらがな変換なんてしたことがないので、打てない。そうなると、どうやって戻すのかネットで検索することもできない。まあ他のコンピュータを開けば良いんだが、面倒臭いので、いろいろそれらしいところを見て、適当にいじっていたら、かなキーというのが変わっているらしいことに気がつき。今度はいろいろそれらしいところを押してみているうちに、なんとか元に戻った。
思わぬところで時間がとられたが、幸いなんとか使えるようになって、ほっとした。まあコンピュータが使えないと、何しろ不便。
今日はそこそこ天気は良いのだが、気温はあまり上がっていないようだ。市場で買い物をしていても、汗は出ないくらい。これくらいだと買い物をしやすい。明日必要なものを買って、早昼を食べて帰ってきた。
その後夜になって少し雨が降り、気温が少し下がった。
日中の温度25度、湿度65%。夜21度、77%。

また下がった

新聞を読んでいたら、またガスの値段が下がった模様。今度は25ポンドで59ケツアル(約590円)と書いてある。ずいぶんと安くなったものだ。この前まで140ケツアルくらいしていたことを思うと半分以下。
一体ガスの値段はどうやって決まってるんだろうか?電気代は値上がりすると言う噂がある。ここまで下がると、シャワーの給湯器をガスにしておいて良かったと思う。給湯器をつけるときに、ガスにするか電気にするかで迷ったんだが、結局その時に来ていた給湯器の修理屋のおじさんの奨めと、値段などから結局ガスにしてしまった。
その時のガスの値段が大体40ケツアルくらいだったと思う。その後、どんどん値上がりして、電気にしておけば良かったと思っていたんだが、ガスが下がってきて、電気代が値上げしたら、やっぱりガスでよかったと思う。
ただ、ガスはシリンダーにガスがなくなるとお湯が出なくなってしまうのが困る。電気だったら停電しない限り、シャワー浴びている途中でお湯が出なくなるなんてことはない。夜など、シャワーを浴びている最中にガスがなくなり、裸のままシリンダーを変えに行くのはかなりむなしい。
今日は午前中からやや曇りがちではあったが、まあ良い天気だった。午後にも曇ってかなり暗くなったりしたが、結局雨は降らない。と思っていたら夜10時頃になってパラパラと雨が降り始めた。
日中の温度24度、湿度65%。夜22度、70%。

ビートルズ

以前ベサメ・ムーチョという曲に関して、ここで書いたことがある。その曲を作ったコンスエロ・ベラスケスの息子(息子と言ってももう相当な年だが)がテレビに出ていた。朝ごはんを食べながら、なんとなく見ていたら、突然英語とスペイン語交じりの怪しいベサメ・ムーチョが流れた。何だと思って見ていたらビートルズがベサメ・ムーチョを歌ったんだそうだ。
まあビートルズファンというわけではないので、知らなかったのは驚かないが、ビートルズとベサメ・ムーチョとはあまりあわないような印象がある。ポール・マッカートニーが歌ってるようだ。本当かと思い、ネットで調べたら、ちゃんとユーチューブでも出ていた。なんだか映画化何かで歌った曲らしく、正規のアルバムには入っていない曲らしい。
そこで、息子さんはビートルズのイエスタデーという曲は、ベサメ・ムーチョからインスピレーションを得ているという様なことを言っていた。曲の冒頭の"ベサメ~"というところと、"イエスタデー~"ってところが似てるんだそうだ。そんな似てはいないように思えるが。
今週の日曜定食は魚の豆鼓炒めの予定。
今日は午前中雲が多く、市場で買い物をしている時に真っ暗になってきた。これはまた昼から雨かと思ったが、太陽が出て、良い天気になってきた。そのまま夜まで雨が降らないまま。
日中の温度26度、湿度49%。夜20度、68%。

新しい薬

ここの所2週間に一度、獣医さんがジェシカの往診に来てくれている。なんと言ってももうジェシカも年なので、先に書いたように、顔が麻痺して、左側の耳の付け根が窪んでしまったり、やはり左側の目が白っぽくなってきたりしている。
昨日も往診の日だったので、いつも通り来て注射してくれたんだが、その時に、最近毎週風呂に入れているのに、なぜかノミが見られるようになったと相談してみた。何しろ以前はほとんどノミなど見なかった。とはいえ、そう沢山いるわけではないので、痒がって大変ということはないんだが、毎週風呂に入れるたびに、専用の櫛で漉き取るんだが、結構捕まる。
そうしたら、今日助手の人が薬を持ってきてくれた。チューブに入った薬で、これを背中に塗るだけで、1月半は大丈夫だと言う。なんでも便利なものが出来たものだ。これで2週間に1度くらい風呂に入れれば良いという。風呂嫌いで、毎回風呂に入れるたびに震えているジェシカにはありがたい薬だ。
昨日は午後ずっと雨で、夜もかなり寒かった。今日の朝は曇り勝ちとはいえ、一応太陽が見えるような天気だったんだが、それでも、結構涼しい。僕はTシャツだったが、先生達は寒いと言って、セーターなどを着ていた。
今日も昼前から雲が更に多くなり、一瞬パラパラしかけた。昼過ぎからは更に雲が増えて結構暗い。夕方には結構降った。
日中の温度25度、湿度60%。夜20度、75%。

午後は雨

今日の午後は久しぶりに良く雨が降った感じがする。降水量としてはたいした事ないのかもしれないが、なんと言っても、シトシトと結構長い時間降っていたので、そう感じるんだろう。
やっぱりこの時期には、たまにはこういう日がないとらしくない。銀行に行こうと思っていたら、雨で行き損ねたので、不便と言えば不便だが、やっぱり、あまり雨が少ないとちょっと不安になってくる。とはいえ、一日降ったりすれば、鬱陶しいと思うので勝手なもんだが。日本の梅雨のときは一日雨なんてことはそれ程珍しくないが、アンティグアでは一日雨が降っているなんて、よっぽど珍しい。それだけに、傘を持ってない人が多くて、今日もお手伝いさんのフリアは、傘を持たずに来ていた。一昨日くらいから風邪を引いていて、時々ヘンな声でしゃべっているのに、濡れたら余計悪くなりそう。傘を貸すと言っても、「大して降ってない。」と言って、面倒臭がる。熱出して休まれたら、こちらが大変なんだが。
雨が降っているせいか、午後はかなり気温が低い。僕は外出せずに、事務所にいるので、それ程寒く感じないが、昼過ぎでも外を歩いている人たちは、ほとんどがセーターを着ている。こういうことはアンティグアでは珍しい。
夕方になってほとんど雨がやんだが、気温は下がっているまま。夜になってまた少し降った。
日中の温度22度、湿度72%。夜19度、75%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。