スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



今年一年ありがとうございました。

今日は昨日から一転して、天気の良い一日。そのわりには風が冷たく、日中もそれほど温度が上がらなかった。今日も休みなので、昼はサン・フェリペに食べに行った。さすがに今日は空いている。店の人によると、明日は相当人が来るはずだとの事。そういう意味では良い時に行ったようだ。いつも通り、地鶏のスープを食べた。今日は働いている人も少なかったが、いつもサービスしてくれる女の子はいて、今日も黙ってても地鶏の腿の部分をくれて、しかも臓物も付けてくれた。この臓物、大きなものがあったので、なんだろうと思って半分に切ってみたら、卵だった。殻ができる前のようだが、ちゃんと白身も黄身もある。こんなのを食べたのは初めて。いつもサービスが良いので、今日はお年玉代わりに、ちょっとチップを置いてきた。

今年も一年ありがとうございました。
お蔭様で、アタバルの先生たちも揃って、今年も無事一年を過ごせました。
来年もまた同じメンバーでやっていくつもりです。
来年はアタバルは35年目、オンライン授業も7年目となります。
本当に皆様のおかげでここまで続けてこられました。ありがとうございます。
また来年もよろしくお願いいたします。
日中の温度24度、湿度34%。夜18度、52%。
スポンサーサイト

どんより

朝起きたときは、まだ外が明るくなってすぐだったので、気がつかなかったが、朝ごはんを食べている時に、ペトラが、「今日はかなり曇ってるので寒くなるだろう。」と言うのを聞いて、外を見て、ちょっと驚いた。
何しろ西側の空が真っ黒。逆に東側は結構明るい。ちょっと不思議な光景だった。それで、ベランダに出てみたら、ごくたまに、顔に水のしぶきのようなものがかかる。どうやらごく細かい雨が、少しだけ降っているようだ。本当に少しだけなので、下が濡れるほどですらない。
まあそのせいか日中はペトラの予測通り、本当にどんよりと曇っていて、昼ごはんを食べに出たときも、傘を持っていこうかと真剣に考えるほどだった。幸い本格的な雨は降らなかったが、昼ごはんを食べたのが、庭に面したところだったので、ちょっと寒かった。幸い出るときに、長袖を着ていたので、良かった。
この時期にしてはへんな天気だ。それでも雨が降らないままだったのはやっぱり乾季だからか。
夜になってアタバルの前の道はかなり車が渋滞している。相当の量の車がアンティグアに来ているようだ。やっぱり、年末から正月は出かける人が多いようだ。アンティグアの入り口のところで工事をしていて、かなり車の流れが悪くなっていると聞いたが、そのせいもあるのかもしれない。
日中の温度20度、湿度60%。夜18度、66%。

カレンダー

今日もかなり暖かい。午前中市場に行ったせいか、気温以上に暖かく感じた。先週ほどではないが市場はかなり人が多い。まあ賑やかなのは良いことだ。
今年も、何とか必要な分のカレンダーが揃ってきた。後は大きいのをもう一つもらえると良いんだが。毎年書くが、とにかく売ってないので困る。グアテマラではカレンダーは買うものではなくてもらうものということらしい。あげる方は100枚とかまとめて買うわけで、一般の人向けに小売をしていない。
そのわりにはだんだん、カレンダー以外のものをくれるところが多くなっているように思う。代表的なのはプラスチックの盥やら笊。カレンダーはまとめ買いしないといけないので、それだけの数の常連客がついている店でないと注文できないんだろう。このため、それ以外にも、カレンダー代わりといってちょっとおまけをしてくれるところもあるし、いろいろな工夫をしているようだ。
しかも、ここ数年なんだかカレンダーのできるのが遅くなってきているように思う。年明けにくれるところもちらほらある。去年も銀行などは、年明けにくれた。銀行なんて一番にくれそうなものだが、そうでもないらしい。
たとえきれいなカレンダーを作っても、グアテマラでは売れないかもしれない。そもそも他でただでもらえるものをわざわざ普通のグアテマラ人が買わない可能性は高い。それで毎年、この時期はカレンダーをもらって歩くことになる。
日中の温度25度、湿度40%。夜20度、53%。

今年最後の授業

今日は今年最後の授業。なんだかあっという間だ。特に今週は水曜日に始まり3日間だけの授業だったので、始まったと思ったら終わってしまった。ともあれ、今年も無事1年の授業を終えることができたので、ホッとしている。また来年正月の2日から授業が再開。今週も4連休。先生たちは大喜びだろう。
生徒さんに年末年始は何か町でイベントがあるのか?と聞かれた。例年通り中央公園から時計台までの通りで年越しのカウントダウンのようなものはあるらしい。ただ、市庁舎はかなりさびしい。何しろ市長さんはじめ、市のお偉いさんたちがかなり逮捕されてしまって、今は裁判中らしく、まだ拘留されている。年明けにもさらに追加で逮捕される人が出ると噂されている。そんなこんなでとってもじゃないがお祝いをするような状態にないんだろう。
クリスマスの飾りも例年は多少あるんだが、今年はかなり地味。しかも毎年市庁舎の上に今年の年号と来年の年号が用意してあり、新年になる時に、古い年号の明かりが消え、当たらし年号の明かりがつくようになっているんだが、これも今年はまだ用意されていない。まあ今ないんだから、今年はやらないんだろう。
とはいえ、一般の人はそんなこと関係ないから、普通にそれぞれの家庭、友達などとお祝いをするはず。
今日はなんだか結構暖かい一日。
日中の温度26度、湿度53%。夜19度、55%。

クリスマスと正月

今日も少し暖かい。午前中市場に行ったが、先週の木曜日と比べると全然歩いている人の数が違う。売り手の数もかなり違うように思った。何しろ外の露天の売り場の方に行ったら、かなり閑散としていて、市の日を間違えたかと思うほど。
何しろ、今週は月曜日、火曜日が休みで、水曜日から授業が始まったので、調子が狂う。どうしても、今日は火曜日と言う気になってしまう。ところが、木曜日で明日はもう今週最後の授業だ。
それはともかくとして、やっぱりクリスマスと正月の祝い方の違いが市場の買い物客の数にも出ているわけだろう。クリスマスは基本的に家族と過ごすので、家でいろいろなご馳走を作る人が多い。ところが、正月はどちらかと言うと出かける人がかなりいるので、家では料理をしない人も結構いるはず。
それにしても、今朝メキシコのテレビの番組を見ていたら、30数パーセントの人が、もう冬のボーナスを使ってしまったというようなことを言っていた。使い先も言っていた。確か、借金の返済やら家賃、クリスマスのお祝いなどが上位に来ていたように思う。
メキシコだってグアテマラだって似たようなもののはずなので、恐らくこちらの人たちも、もうボーナスなんて残ってない人が多いんだろう。ただ、メキシコは9月が学校の1年の始まりだが、こちらは1月が始まり。ここで、かなり文法具、教科書その他の出費が嵩むはずで、その分くらい残しておいてくれると良いんだが。
日中の温度25度、湿度44%。夜19度、57%。

とんだ迷惑

今日はちょっと暖かい。朝からそれ程きつく冷え込んでいる感じはしない。日中は外に行くとちょっと暑いくらいだ。気温の問題だか、休みの間は人がいないので、寒かったのか、ちょっとわからないが、事務所にいてもそれ程寒いとは思わなかった。
今月21日にバクトゥンというマヤ暦の新しい世紀に入ったわけだが、別に人類が滅亡したりはしなかった。そもそもそんな説がどこから出たのか不思議なほどだが、ニュースを読んでいると、中国やらヨーロッパでマヤ人にいっぱい食わされたとか、マヤ人の予言なんてあてにならないとか、訳のわからないことを言っている人がいるらしいので、これにはビックリ。
勝手に地球が真っ暗になるとか言ってロウソク買い込んだからって、それをマヤ人のせいにされたんじゃ良い迷惑だろう。そもそも、滅びるとか真っ暗になるなんてマヤの人が言ったわけじゃないと思うんだが。勝手な解釈をしておいて、それが間違ってたからってマヤの暦が好い加減とか言うのは、かなりな言いがかりではないだろうか。
グアテマラでは外国からの観光客はあまり来なかったという話を聞いた。テレビを見ているとメキシコでは相当な人が来たんだとか。グアテマラの宣伝が遅い上に、上手くなかったということなんじゃないだろうか。もう少し早くからいろいろやって置けば良かったのに。マヤの長期暦は394年だそうだから、次のチャンスが回ってくるまでには、それだけ待たないといけないってことになる。
日中の温度26度、湿度50%。夜19度、59%。

25日は静か

昨日の晩は12時までがんばって起きていたので、今朝はちょっと遅く起きた。いつもだったらまだ暗いうちにジェシカの散歩に出るんだが、今朝はもう完全に明るい。それでも、人通りはほとんどなく静かなもの。昨日の晩何所も遅くまでクリスマスイブでお祝いをしていたから、今朝早くに外に出る人なんていないんだろう。
それにしてもいつもは朝早くてもそれなりに車が通る4カジェさえ、バイクが1台通っただけで、全く深閑としている。お店なども休みのところが多いので、働きに出る人もあまりいないんだろう。まあ、その方がジェシカの散歩はしやすい。普通の火曜日だったら、散歩を諦める時間なんだが。
とにかく昨日に比べ、今日は静か。みんな疲れて、明日からの仕事に備え休んでいるんだろう。昼ごはんをカブキに食べに行った。レストランも閉まっているところが多い。食事をしながら外を見ていたら、向かいのフローズンヨーグルト屋に結構買いに来ている人が多い。ペトラは二日酔いでああいったものを食べたくなる人が多いんだと言っていた。確かに、以前薬屋をしていた時に、この日は消化剤などが良く売れたのを思い出した。食べ過ぎ、飲み過ぎが多いのは間違いない。そういう自分も昨日は夜遅くに肉を食べたので、だいぶセーブして量を少しにしたんだが、ちょっともたれた感じがしなくはない。
今日は朝からちょっと暖かいような気がする。それでも、1階の日に当たらないところにいるとかなり冷える。
日中の温度23度、湿度48%。夜18度、63%。


クリスマスイブ

寒いクリスマスイブ。まあ寒いのが当然なんだが、今年は今までそれほど寒い感じがしなかったので、ちょっと今日の寒さはきついように感じる。とにかくすごい人出。午前中にちょっと買い物に出たが、市場にはもう土曜日のすごい人出で懲りているので、中には入らないつもりだった。ところが、外で手に入らないものがあったので、仕方なく空いてそうなところを見計らって中で必要なものだけ買って、早々に出てきた。
その後昼ごはんを食べようということになったんだが、市場の周りはすごい人だし、ウイーンに行こうとしたら、閉まっていたので、困ってしまった。ここ数年、この時期に混んでいるところを避けてレストランに入って、毎回とんでもないものが出て来て、失敗している。今年もこれで嫌な予感がしたので、トゥクトゥクに乗って町の中心の方に出て、無難なところで食事。知り合いにあって、結構賑やかなことになった。
まあこの時期多くの人が買い物に出て、帰りにご飯を食べて帰ろうということになるのかもしれない。
今年は日本から帰ってきたのが1週間ほど前なので、クリスマスの飾りつけもしていないし、今日も特別なことはしないで、静かなクリスマスイブ。まあこういうのも悪くないと思う。
例年より少し爆竹や花火の音がやや少ないように感じる。周りの子供が大きくなって、爆竹と言うわけでもなくなったのか、不景気なのか。ジェシカは年を取って爆竹の音を恐がるようになったので、こちらとしてはその方がありがたい。
日中の温度23度、湿度43%。夜17度、50%。


電話機

今回日本で電話機を買ってきた。電話機は日本で買うことにしている。グアテマラでは子機のついた電話機は見たことがない。日本より広い家が多いのに、不思議なことだ。もちろんグアテマラシティーとかの大きな家電量販店に行けばあるのかもしれないが、そもそもアンティグア辺りでは、携帯電話を売る店はそこここにあるが、家庭用の普通の電話機なんて、一体どこで売っているのかと言うくらい見かけない品物になってしまった。今回はドアホンと同じメーカーのものを買って来たので、接続できるはずだ。
この4連休を利用して、買ってきた電話機をきちっと使えるようにしようと予定している。そこで、取扱説明書をちゃんと読むことにした。幸いそんなに分厚くなく、とりあえず読もうかと言う気になる。しかし、読んで見ると実に高機能。電話機ってこんなにいろいろなことが出来るのかと感心してしまった。ナンバーディスプレイとかはNTTと契約してくれと書いてあるので、使えないんだろうが、それ以外にもいろいろ便利になっているものだ。
今回は変圧器を使うことにした。先日日本から買ってきたといって、電話機を見せたら、ちゃんと変圧器をかませたほうが長持ちするとアドバイスをされた。今まではそんなこと全く気にせず使っていたが、電話機なんて半永久的に使えるものかと思っていたら、段々不具合が出て来た。といってももう6,7年使っているので、電圧のせいかどうかはわからないが。
今日も天気は良いが風は冷たい。
日中の温度24度、湿度41%。夜16度、51%。

大勢の人

今日から4連休。まあずいぶん長い感じがする。ちょうどクリスマスイブと、クリスマスがつながったので、しょうがない。町はもう完全にクリスマス気分で、アタバルの前でも車も多いし、人通りも多い。
しかし、午前中市場に行ったんだが、こちらはものすごい。なんと言っても歩くのも大変なほどだ。特に、市場の中に入っていくところなど、人が集中しやすいところは、ゲンナリするほど大変。人も多い上に、儲け時だから、ここぞと仕入れも増やしたんだろう、溢れた品物も通路にはみ出している。
知り合いに会うと、「今日は大変な人出で、歩くのが大変ですね。」と言うのが、挨拶代わりのような状態。結構寒いんだが、それでもこの人ごみを歩いていると、暑くなってくる。
とにかく、日曜定食は今年いっぱいお休みにさせていただいているので、その点ではこの4日間に必要なものだけ買えば良いので気楽だ。さっさと買い物を済まして、ペトラと合流して、帰って来た。
夜になってかなり寒い。日本の寒さに慣れていたのが、時差ぼけが抜け出すとともに、そちらも忘れて、グアテマラの寒さが堪えるようになったかのようだ。ただ、天気予報でも今週末からかなり寒くなると言っていた。日中も日向こそ暖かいが、風は冷たく、室内でじっとしていると寒い。
日中の温度22度、湿度35%。夜18度、53%。

新しい1日

皆13バクトゥンと騒いでいるが、一体その13バクトゥンが今日始まるのか、今日が12バクトゥンの終わりなのかがどうも良くわかってなかった。でも昨日からグアテマラのテレビはこの13バクトゥンの話題ばかりなので、それを見ていてやっとわかった。今日が新しいバクトゥンの始まりらしい。
ってことは、結局何にもなかったって事だ。世界が終わるとか訳のわからないことを言ってた人は、こうなってなんと言い訳するのか。まあそんな言い訳聞きたくもないが。
昨日の朝起きて、ジェシカと散歩に出たときに、結構ぼろいピックアップトラックが停めてあった。その時は、別に気にせず通ったんだが、先生たちが来て、みんな口々に、あのトラックはどうしたんだと言う。何でも、窓ガラスが完全に割られているらしい。
昼前には警察も来て、アタバルにもこの車はどうしたんだと聞きに来た。まあ聞かれても知らないものはどうしようもない。先生たちは盗まれた車じゃないかというんだが、あんなぼろい車を盗む人がいるもんかどうか?グアテマラも以前ほどぼろい車は多くなくなってきたので、せっかく盗むんだったらもっとまともな車は、いくらでもあるだろう。
そうしたら、午後の授業が始まる時に、また来た先生たちが、持ち主が現れたと騒いでいる。どうやら、故障してそこにほって行ったらしい。じゃあ窓ガラスが割れて飛び散っていたのは何なのか?まあ酔っ払って、動かないから頭にきっちゃったのかもしれない。
今日は天気は悪くないが少し寒い。
日中の温度24度、湿度38%。夜18度、49%。

13バクトゥン

やっとボーナスも払いホッと一息。とにかくこれが終わるといよいよクリスマスという気分になる。ところが今年はもう一つクリスマス前にイベントがあるようだ。これが13バクトゥンというもの。
バクトゥンとはマヤ暦の一つのサイクルらしいが、これが明日で新しいサイクルに入るらしい。要するに今までは12バクトゥンだったものが、これからは13バクトゥンになるんだそうだ。
それだけかと思うんだが、世界的に結構騒ぎになっているんだとか。中国(何でマヤと全く関係のなさそうな中国なのかわからないが)でも、世界が終わるとか言って、騒いだとかで100人拘束したとか、セルビアでは滅亡から逃れられる山があるとかで、そこのホテルが賑わっているとか。理解に苦しむ。
グアテマラでは一般の人は特に騒いでいない。まあ騒いだからってどうするっていうんだという感じか。むしろ観光客を集めるのに、もっとイベントを考えれば良いのにと思っていたが、最近になって観光協会からイベントのお知らせのメールが来たりしている。ちょっと遅いんじゃないだろうか。普通旅行に行く人はもっと先から計画を立てているはずだと思う。
だいぶ前に、グアテマラで最も有名な高級ラム酒のサカパ・センテナリオというのがあるんだが、これが13バクトゥンバージョンを出したという広告を新聞で見た。話題としては良いかと思い、日本に行くときに免税店で聞いてみたんだが、まだこちらには入っていないという返事。これも遅いんじゃないかと呆れてしまった。
日中の温度26度、湿度53%。夜19度、65%。

クリスマスパーティー

今日の昼にクリスマスパーティーをやった。食事はペトラが鶏の煮込みを作った。昨日から用意していたので、柔らかくなっていておいしかった。それにしても、先生と生徒さんに我々を合わせると30人くらいになるので大変な量。12時に午前の授業が終わり、机を並べ始めたんだが、全員座れるものかどうか心配していたんだが、幸いちょっと窮屈だが、なんとかなった。
皆でお昼を食べて、その後クリスマスは恒例のプレゼント交換。みんなが座ってるところで、紙を配り、名前を書いてもらって、それを籠に入れて、また引いて貰ったんだが、なんだか数が合わない。1個足りなくて、配っている僕の分がない。まあ僕がプレゼントをもらえないんだったら、それでも良いが、引いた紙に書いてある人に渡すようになっているので、僕がもらえないんではなく、誰か僕からもらえない人が出てしまうことになる。どうしようもないので、やり直し。また書いてもらい配りなおした。幸い2度目は上手く行き。無事にプレゼント交換も終了。先生達はなんだかんだ言って、結構これを楽しみにしているらしい。当たり外れがあるが、今年は皆良い物が当たったと喜んでいる。
その後、ボーナスの支払い。といっても、もう銀行振り込みなので、金額を伝え、領収書にサインしてもらうだけ。払う側の手間は減ったし、払う側貰う側両方の安全を考えてもこの方が良いと思うが、以前のように現金を渡すことはないので、ちょっとありがたみに欠ける。
日中の温度24度、湿度52%。夜18度、59%。

来年の料金

今日はお知らせ。グアテマラも諸物価がジリジリと値上がりをしていることもあり、来年1月2日から、アタバルの料金を次のように変更させていただくことにしました。
ご理解をいただけると幸いです。
料金は全て1週間(月曜日から金曜日の5日間)分です。
1日2時間コース 先生1人生徒1人  46ドル、 先生1人生徒2人  69ドル(2人分)
1日4時間コース 先生1人生徒1人  78ドル、 先生1人生徒2人 117ドル(2人分)
1日6時間コース 先生1人生徒1人 117ドル、 先生1人生徒2人 176ドル(2人分)
なお、ホームステイ、送迎の料金は現在のところ変更はありません。
学校を始めた頃は先生たちの支払いを増やしても、その分ドルが上がったので、それで値上げをしなくともすんだんだが、ここ数年ケツアルとドルの換金率はほぼ同じ水準を維持しているので、どうしようもない。物価はやはり上がっているので、ドル換算での物価もそのまま上がっているわけだ。
まあグアテマラの国としてみれば、それは悪くないことなのかもしれないが、我々のような立場であると、ちょっと考えてしまう。幸い円高なので、日本円に換算してみると、そうでもないのかもしれないが、それだっていつまで続くことやら。
明日クリスマスパーティーなので、その食事作りで、ペトラは今日から用意を始めている。何しろ30人分を超すので大変だ。


留守中に

月曜日の今日は実質的に日本から帰ってきて、本格的に仕事に戻る感じがする。もちろん木曜日から戻っているんだが、とにかく、留守にしている間にいらしてくれた方たちの顔と名前を一致させ、どの先生と勉強しているかなど、状況を把握しないと、どうにもならない。時差ぼけでボーッとしている頭で、それをやるのが一苦労。以前はそれ程時差ぼけなんて気にならなかったんだが。
とにかく、無事一週間が始まった。留守の間も、先生たちとお手伝いさんのフリアで留守番をしていてくれたので、特に問題なかったようだ。やはり毎年日本に行くようにして、徐々に手順を踏んできているので、先生達も慣れてきてくれたようだ。
それにインターネットはこういう時に実に便利。連絡を取ることも簡単に出来るようになったし、こういう時は、本当に技術の進歩に感謝する気持ちになる。インターネットが使えなかったら、毎年行くのは相当な負担になっていると思う。
そういう意味で一番心配だったのはジェシカ。去年はものすごく悲しそうな声で毎日啼いていたというので、今年もそうかと思い、いろいろ心配していたが、幸いフリアになついているので、今年は全くそういうことがなかったようだ。ただ、フリアの後をついて歩いて、フリアが買い物に行ったときに、啼いていたらしい。これは本当に助かった。ペトラは出発前に「犬だって話しかければわかるもんだ。」と言って、すぐに帰ってくるし、フリアがいるから大丈夫だと言い聞かせていたが、それが良かったのかもしれない。


クリスマス気分

昨日も書いたが、日本で寒い中我慢していたせいか、こちらに帰ってきて、12月だというのに、そんなに寒さを感じない。毎年この時期は朝起きた時にはズボン下をはいたり(昼ごろには大抵暑くなって脱ぐが)していたんだが、今年はそんな気にならない。
それでもこちらはもうクリスマス気分全開。あちこちにクリスマスの飾り付けがあって、スーパーに行っても、クリスマスプレゼントの売り出しで躍起。まあ日本だって、あっちこっちでクリスマス一色だったので、キリスト教国のグアテマラでは当然のことだろう。こちらはクリスマスとなると、なんだか気がせいてくる。何しろクリスマス前にボーナスを払わないといけない。まあ後でも良いようなもんだが、先生達はクリスマスの買い物をするのに、ボーナスをあてにしているわけだから、早く欲しいだろう。
試しに、時間がないから、半分払って、残りの半分は後にすると言ってみたら、皆すごい嫌そうな顔をした。でも、その方が「お金が溜まって良いんじゃないの?」と言うと、そういう問題ではないんだと言う。宵越しのお金は持たない人たちだ。
とにかく、例年金曜日にパーティーをして、ボーナスを払うんだが、今年はそんなことしていたら、21日で直前になってしまう。そこで、ペトラと相談して、今度の水曜日にパーティーをすることにした。これだったら、先生達も少しゆとりを持って?買い物が出来るだろう。ここ数年は昼ごはんのときにやることにしているんだが、今、生徒さんもかなり多いので、料理の量は相当必要だろう。

時差ぼけ

グアテマラに戻ったが、日本でものすごく寒かったので、実に暖かく感じる。先生たちはボコボコに着膨れしているが、こちらはTシャツの上に、ベストを羽織ったくらいで、それもすぐに暑くなって脱いでしまった。
グアテマラに戻って、すぐに学校の支払いその他の引継ぎをしてもらったんだが、やっぱり頭がボーっとしていて、なんだか良くわからない。それでも、昼寝はいつも通りにしておいたので、夜はすぐ眠れた。
時差ぼけで、夜眠れないということは幸いなかったが、昼間も眠たいのは、やっぱり時差ぼけだろう。眠れない時差ぼけよりは、眠たい時差ぼけのほうが良いかもしれない。とはいえ、眠たくて何か言われてもすっと頭には入ってこずに、すぐ忘れてしまう。まあ集中力ゼロという感じか。
それでも、早いところ時差ぼけを直したいと思い、持って帰ってきた荷物の整理などして夜までがまんした。買ってきた本を少し読んでるだけでも、ウトウトして来る。こういう時には、日本のように寒いほうが眠気が来にくいかもしれない。
何とかがんばって、夜11時ごろになってから寝た。
そのおかげか、わりと時差ぼけをしているときは、朝早く目が覚めるんだが、この日はあさ、目覚ましがなるまで寝ていた。これで昼に眠たいのが直ってくれれば、時差ぼけも終わりだ。

グアテマラに戻る

グアテマラまでの便は、夜中の12時過ぎに出る。ホテルから出発は7時50分。空港に行く前に夕飯を食べようかと思っていたが、昼にチャイナタウンでいっぱい食べて、その後はホテルでゆっくりしたので、ぜんぜん腹が減らない。そこで、ブラブラとホテルの周りを歩いていたら、ちょっと変わった喫茶店を見つけたので、そちらに入ってみた。
良くわからないが、スターバックスなんか目じゃないという感じのことが入り口のところに書いてあるようだ。ペトラはいつも通りチョコラーテ、僕は試しにコーヒーを頼んだんだが、コーヒーはドリップで入れている。カップが変わった形で、慣れないとちょっと飲みにくい。
でも変わっていたのはチョコラーテ。ココアとは違いまともにチョコレートを溶かしているようだ。ただ、ちょっとアニスのような香りがついていて癖がある。濃くて、この癖がなければ、もっと気に入るだろうと思った。
その後、ホテルに戻り、シャトルで空港へ。シャトルの中では持っている中華料理の匂いがすごいので、袋の口を固く絞って持っていたので、手がくたびれた。さらに、手荷物検査のところで、「これは何だ?」と聞かれ、一個一個スキャンされたが、「機内で食べる食事だ。」と言ったところ、問題なく通過。
飛行機が飛び立って、水平飛行に移ったころを見計らって、持ってきたものを食べた。腹がくちくなると眠くなり、ほとんど到着まで寝た。

ロサンゼルスのチャイナタウン

ロサンゼルスでは、またリトル東京に泊まったんだが、行きに3泊しているので、今回は勝手がわかって便利。ペトラは、チャイナタウンに行きたいようなので、朝ゆっくりしてから出かけた。天気予報では今日はロサンゼルスは朝から雨ということだったが、雲は多いものの幸い雨は降っていない。
もうチャイナタウンも行く場所が決まっているので、初っ端からサイゴンプラザに向かう。ゆっくりして10時を回ってから出てきたんだが、まだ店は全部開いていない。どうやら昼ごろに開く店が多いらしい。
それでも、あっちこっち見て、ちょこちょこ買い物をしていた。その後、そこを出て少しうろうろして、ブロードウエイ沿いの店を何軒か見て歩いた。サイゴンプラザ以外にも似たようないくつもの小さい店が入ったところが数箇所ある。どこも店はアジア系の人がほとんどだが、買い物をしているのはラテン系の人が多い。やっぱり安いからこういうところに買いにくるんだろう。
昼ごはんは、やはり前回食べたラッキー・デリという店に入る。入り口のところにすべて1ドルと書いてある。まあ税金がかかるから、1ドルちょっとということか。とにかく安い。コンボにするとどうしてもご飯物か麺類で埋められてしまうので、並んでいる料理から選んで、すべて小で頼んだ。最初は4品で6ドル。でも、これで小か?という位入れてくれるので、高い感じはしない。4品を2人で食べても結構腹いっぱい。その後、グアテマラまでの機内で食べるように、2品追加で頼んだら、こちらは2.5ドル。どういう計算になっているのか不思議。

再会

羽田からロサンゼルスへの飛行機はかなり空いていた。来る時に満員だったのと対照的。取っておいた席に座っていたら、来る時と同じ乗務員の人が乗っている。少しスペイン語が話せる人で、ペトラが飲み物だかをスペイン語で注文したら、スペイン語で答えてくれて、それをきっかけに、グアテマラの話などをしていた。
その人を見てペトラが喜んで、手を振ったら、気がついてくれて、「もうグアテマラに帰るの?」とちゃんと覚えていてくれた。それだけでもペトラは喜んでいたんだが、その後来て、空いてるからこっちに来なさいと言われ、分けが分からないままついて行ったら、なんと真ん中の4席のところに一人で座っていた人を、どういうことにしたのか、別の席に移して、我々にそこに座れと言う。ビックリしたが、確かに広い方がありがたいので、お礼を言って、そちらに移った。おかげで2人で4席を利用できて、帰りはロサンゼルスまでかなり寝ることが出来、あっという間に着いてしまった。帰りは飛行時間が短いこともあるが、眠ったら、実に短く感じる。本当にありがたかった。降りる時にお礼を言いたかったんだが、見かけなかったのが残念。
ロスの空港からはまたスーパーシャトルに乗り、リトル東京のホテルへ行く。ペトラが気に入ったので、空港近くのホテルではなく、こちらに予約してあった。これも実にスムーズに行ったので、予想していたのより1時間くらい早く着いた。おかげで夕飯も7時過ぎには食べられてちょうど良い感じだった。

羽田へ

朝から布団干しと最後の洗濯。布団カバーやら今朝まで着ていた寝巻きなど、昨日も洗濯したんだが、結構な量がある。問題は布団を干したら、相当場所をとるので、それ以外の服などを干す場所が少ししかない。仕方なく、時間差で2回に分けて洗濯するようにした。幸い天気が良いので、乾きが早く、時間差洗濯はうまく行き、さっさと乾いたものを取り込んですぐ次のものを干したので、全て夕方までには乾いてしまった。大気が乾燥していたのも良かったんだろう。
これだけで、ほぼ一日かかってしまった。もちろんずっとそればかりをしていた訳ではないので、荷物の最終的な重さを量ったり、やっぱり出発前にはやることがたくさんある。夜にはタクシーで空港に行くつもりだが、このタクシーでちょっと心配なのが、呼んで来たは良いが、預け荷物用の大きなスーツケース2つと手荷物用の2つが入らなかったら困る。呼んできたのを帰ってもらうわけにもいかないだろう。
そこでネットで見ていたら、電話で呼べばタクシーを配車してくれるようなので、そこに電話して、大きめの車を頼むことにした。時間になり電話して見たところ、近くの車をとにかく手配するようで、車の大きさはそれ程選べないようだ。それにしてもあっという間に来て、出口まで荷物を運んでいる時にはもうタクシーが来ていた。早いものだ。
おかげで羽田空港には早めに着いて、いつものタバコが吸える居酒屋風の店に入って、軽い食事とコーヒーを頼みゆっくり出来た。

片付け

昨日同窓会も終わり、これで日本にいる間にやりたかったことは全部終わった感じ。残すところは今日と明日。まあ明日は夜に出発だが、なんだかんだやることがあるので、今日は家の掃除やら洗濯やらを朝からした。
台所も掃除をしたので、もう料理はしないことにして、昼から外食。滞在中ちょこちょこペトラが掃除などをしてくれていたんだが、やっぱり最後にやりだすと、あれもこれもと思って、どんどんやることが出てくる。
天気予報を見たら、幸い明日も一日晴れるようなので、一安心。来ていたコートを洗濯屋に持って行ったんだが、1週間かかると言われ断念。日本だと早いのかと思っていたが、そうでもないようだ。まあ自分のところで洗濯をするわけではなく、工場に集めてやるみたいなので、混んでいると時間がかかるらしい。
後は冷蔵庫の中身を整理。これも残していってもいけないので、もう1週間前くらいから、徐々に確認しながら残らないようにしていたんだが、どうしても、半端が出てしまう。これをがんばって食べた。ところが、どうしてもカブの漬物だけは食べきれない。テーブルに出して、朝から横を通るたびに一切れずつつまんでいたんだが、そんなんではどうにもならない。しかも、漬物だけ食べるので、ちょっとしょっぱい。幸い今年の健康診断でも血圧を含め、何も問題がないと言われたので良いが、のどが渇いて、コーヒーなどを飲んで更に腹が膨れてしまう。

同窓会

今日はアタバル同窓会の日。以前のように一斉にメールが送れなくなったので、今回も連絡はこのブログのみ。どれだけ集まるかわからないが、基本的に小規模と言うことで、市ヶ谷の喫茶店ルノアールでやることにした。以前そこの近くのルーテル会館の部屋を借りて、同窓会をやったときに、空いててゆったりしているので、いいなと思っていたところだ。
夕方4時からということにしておいたが、早めに行ったので、一番最初に着いた。思ったより、人が入っていて、ちょっとビックリした。入り口前に座り、待っていたところ、最初8人くらい来てくれた。それでも、隣の席の人が気を利かせて場所を変わってくれたので、問題なし。これ以上増えたらどうしようと思ったが、そのままあまり人が来なくて、ずっと話をした後に、半分くらいの人が帰って、このままかと思ったところで、また数人来てくれた。その後も、思ったより来てくれて、人数を数えなかったが、恐らく20人近くの人が来てくれた。上手く入れ替わりになり、結局最初にいた場所で十分だった。
それにしても、このブログだけで、こんなに人が来てくれるなんてありがたいことだ。ペトラも、元の生徒さんに会えて、スペイン語で話が出来てとても喜んでいた。
結局予定の時間を少しオーバーして、お開きになった。喫茶店の人も、長いこと場所をとったのに、嫌な顔せずに、助かった。また来年もこんな感じでやりたいと思っているので、よろしくお願いいたします。

また地震

昨日地震があった。ちょうど家の近くの喫茶店でコーヒーを飲んでいたところだったんだが、ペトラが「地震だ。」と言ったときには、僕は気が付かず。「違うんじゃない。」などと言っていたんだが、その後強くなり、さすがに僕でもわかった。
どうやら東北の方では結構強く揺れたらしい。東京でも震度4位だとのこと。先日グアテマラで地震があったときには、日本でニュースになり、心配してメールをいただいたが、今度はグアテマラでニュースになったらしく、グアテマラの人たちから心配して連絡があった。
どちらも地震の多い国なので、そういうニュースには敏感なんだろう。まあどちらにいても心配していただけるのはありがたいことだ。
ペトラはビックリしていたが、今回2度目の地震なので、前のときよりだいぶ落ち着いていた。周りの人を見る余裕があったみたいで、後ろのおじいさんは片足出して、いつでも逃げられるようにしていたとか、横の女性二人組みはお互い手を握って怖がっていたとか言っていた。まあ人のことを見てられるくらだったら良かった。
日本では地震のときに慌てて外に出ない方が良いというのも理解してきたようだ。アンティグアのように高い建物がないところとは違う。グアテマラの人は地震というとすぐに外に飛び出そうとするが、日本でそんなことしたら何が落ちてくるかわかった紋じゃない。地震のときの対応も違うもんだ。

フィッシングスケール

フィッシングスケールというのを買った。魚を釣ったときにその重量を測るものらしい。ただ、僕は魚釣りはしないので、これは、スーツケースの重量を測るためのもの。なにしろ、今回グアテマラから出発するときに空港で3ポンドオーバーしていると言われ、超過料金を取られそうになり、慌てて空港で荷物をあけて入れ直したりすることになって、懲りた。
大体手で持って、これくらいだったら大丈夫だろうと、勘でやっていたんだが、以前は1キロ、2キロの超過は目をつぶってくれたものだが、今はどんどん世知辛くなってきていて、2人で荷物は1個なのに、3ポンドの超過も見逃してくれない。
グアテマラでは荷物が1個なので、ちょっと取り出して、それを別の袋に入れ、荷物を2個にするだけだったので、たいしたことはなかったが、こちらから戻るときは、いろいろ買い込んだ荷物があり、預ける荷物も2つあるので、重量が超過したら、もっと面倒くさいことになる。
そこで、アマゾンで探してみたところこのデジタルフィッシングスケールというのが500円でお釣りが来るような値段で売っていたので、注文した。このスケールを持つところが紐なので、持つのが結構大変という点と、荷物をフックに引っ掛けて計るようになっていて、このフックが小さくて、荷物の取っ手にうまく引っ掛からないという点がちょっと不満だが、値段を考えれば全く文句は言えない。十分に便利なものだ。

携帯電話

日本でも携帯電話を使っている。やっぱり携帯電話はあると便利。しかし、これは以前親が使っていたものを、そのまま引き継いでいるもの。このため、契約していたサービスが終了となり、今年帰ってみたら、新しい携帯電話機に変わっていた。
以前のものはカメラも何も付いていない、実にシンプルなものだったんだが、今回は表と裏(どっちが表で、どっちが裏かわからないが)にカメラが付いていて、スライドさせると、文字盤が出てくるような、新しいタイプのもの。
それは良いんだが、使い方がわからない。いろいろいじってみて、とりあえず電話のかけ方、電話帳の出し方などは、一応わかった。ところが、まあこれだけ出来れば、用は足せるので、それ以上は進まない。
先日せっかくカメラが付いているんだから使おうと思い、撮ろうとしたんだが、どうもボケボケで、全くピントが合わないで諦めてしまった。こんなピンボケのカメラを何でつけているのか不思議だったんだが、今日この問題が解決した。カメラのレンズのところに傷防止のためらしいテープが貼ってあった。これをとれば良いんじゃないの?と言われ、とってくれたところ、実に鮮明な映像が映ることがわかった。なんと簡単なことか。
それで、今度はこのとった写真をどうやって、PCに移すのかがわからない。ちょっといじってみたんだが、また誰かに聞くしかないと思って、とりあえず諦めた。使えるようになったら、もうグアテマラに帰って、また来年は使い方を忘れてたりするんだから、宝の持ち腐れって気もする。

ぬくもり

いつも秋から冬になる時期に日本に帰ってくるので、毎回思うんだが、日本は確かに寒いが、乗り物や店の中が暑い。このため、外を歩くときはごつい上着を着ているんだが、そのまま、屋内にはいると、暑くて汗が出てくる。昨日もペトラは結構厚手のセーターを着て出たので、暑い店の中にいるときは汗をかいていた。この状態で外に出たら、風邪をひくんじゃないかと心配になる。
今日は昼ごはんを食べた店はそれほど暑くなかった。これでもう少し涼しければと思うくらいだったが、たまたま、暖房の温度設定が見えたが23度になっていた。まあ23度だったら悪くないように思うが、料理をするところは、その熱もあるので、余計暑くなるのかもしれない。
ここ2,3日夕飯を外で食べたり、昼をいっぱい食べて、夜は家にいてもごく軽く済ませてしまう事が続いた。今日は昼は出かけたが、夕方に帰ってきて、魚の干物などを焼いて食べた。
そのせいか、今日は夜、家の中が暖かい。やっぱり火を使って、その暖気が残るんだろう。人の暮らしていない家は寒いと聞いたが、それも、別に気分的な理由だけでなく、こういうところから来ているのかもしれないと思った。やっぱり、家にいると電気器具などからも、少しだが熱が出る。特に日本の家は密閉度が高いので、それでもかなり違うようになるんだろう。

12月9日に

今週の日曜日12月9日に午後4時から午後7時まで私は市ヶ谷の喫茶室ルノアール市ヶ谷外堀通り店(http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.22&flow=st)にいることにしました。
住所  東京都新宿区市谷田町1-3 片倉ビル2階
電話番号 03-5225-7665
アクセス JR総武線市ヶ谷駅から市ヶ谷橋を渡り市谷見附交差点を右に曲がりすぐ左手2階
お時間のある方はぜひいらしてください市ヶ谷にはルノアールが2つあるようなので間違えないようにお願いします。駅前店ではなく、外堀通り店の方です。7時までにいらっしゃった方で、お時間がある方は、その後夕飯でも食べて帰るという感じでいます。
今年も、一斉にメールを出すことが出来ないので、連絡がつかない方も大勢いらっしゃいます。もし、私の知っている方とお知り合いであれば、お誘いあわせていらっしゃっていただければ幸いです。
この場所は以前同窓会の会場を借りていた市ヶ谷のルーテル会館のそばですので、近くを通った方もいらっしゃると思います。以前行ったときに広くて空いているので良いなと思っていたところです。
直前になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。


そろそろ

そろそろ日本での滞在も残り1週間ほどになってきたので、なんだか慌しい。同窓会は今年も場所を借り切ってやることは諦め、また都心の喫茶店に僕とペトラが夕方からいるので、そちらに来てもらうようになると思う。場所を今見ているところ。今度の日曜日(9日)の予定。明日か明後日には場所を決めてこちらに書くので、もしお時間のある方はいらしてください。
今日は大田市場に行ってみた。まあ行ったときは昼だったので、もう大抵の店は閉まっていて、市場自体は閑散としていたが、それでも雰囲気として市場らしいものがあって、ちょっと面白かった。ペトラもそういうところが好きなので、喜んでいた。
実際の目当ては昼ごはん。市場ではおいしいものが普通より安く食べられるということだ。いくつも店がある。こちらは昼でもちゃんと営業しているようだ。ただ、やっぱりかき入れ時は過ぎているのか、そんなに込んでいない。
そのうちの1軒に入って、昼ごはんを食べた。僕が海鮮丼(名前はなんか別だったように思う)、ペトラはエビフライ。海鮮丼はいろんな種類の魚介類が山のように乗っていてものすごい迫力。食べてみると、ご飯の上にトロのたたいたようなものが満遍なく敷いてあるようで、これがそれぞれの具の味をまとめていて、とってもおいしい。ペトラのエビフライもなかなか迫力のあるのが2本乗っているので、ペトラは感激していた。市場が神田にあった頃からやっている老舗なんだそうだ。

もう1回

先週の日曜日、世田谷公園のフリーマーケットに行き、ペトラはすごく楽しかったようだ。またフリーマーケットに行きたいというので、今日は教えてもらったサイトで調べて、品川駅のそばでやっているのを見つけたので、そこに行った。ここは室内でもやっているので、屋外より寒くなさそう。
着いてみるとビルの中で1階と2階に分かれて、たくさん店が出ている。しかも、屋外にもあるので、結構な店の数だと思われる。ただ、先日の世田谷公園のものが地べたにマットを引いて、その上に物を広げたりしてるだけのところが多かったのに対し、こちらはちゃんと店のように服などはハンガーにかけて、それを隙間なく並べてある。どう見ても、素人が家にある不用品を売っているのとは違うようだ。
どうやら駅前の空いた場所で週替わりで店を出すような業者の人たちが多いように見えた。何しろ、一人の人の持っている量が、半端じゃない。まあペトラはそんなことあまり気にしていないので片っ端から見ていたが、やっぱり世田谷公園のような掘り出し物がないとかで、ほとんど買い物はしなかった。同じフリーマーケットでも随分違うもんだ。
買い物をした後、腹が減ったので、ペトラが去年行って気に入って、今年も1度は食べに行きたいといっていた千鳥町のとんかつ屋さんに行った。お店の人も覚えていてくれて、ペトラは大喜び。やっぱりここのとんかつは本当においしい。量も多いので、今回は僕は小さいものにしたんだが、それでもペトラの分をもらって食べたので、腹いっぱい。