スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最終日

今日は暑い。日中の温度はついに30度を超えた。まあ日本の夏に比べれば、何てことないといわれてしまえば、それまでだが、アンティグアでは30度を超えることはそう多くはない。ちょっとぐったりするほど。ジェシカでさえ、昼ごはんを少し残した。暑さで食欲がわかないんだろう。
とにかく、今日は4連休の最後の日だが、イベントとしては、復活のプロセシオンが辛うじてある程度で、気分的にはもう終わっている。このため、各地から来ていた観光客も、昨日の夜から今朝にかけて帰ってしまった人も多い。何しろ、グアテマラシティーなどは各地に帰省していた人たちが戻ってくるため、混雑するはずで、アンティグアからだったら、今日の午前中くらいに帰ってしまった方が間違いないはず。しかも、アンティグアの町の人たちも、昨日までの疲れを今日休んで取って、明日からの通常の生活に備える。
そんな訳で街中はかなり静か。朝ジェシカと散歩に行ったときなど、本当に静かだった。日中は中心には出なかったが、やっぱりいつもの日曜と比べると人は少ない。トゥクトゥクも心なしか少ないように思う。
今日は日曜定食を休みにさせてもらったので我々はのんびり。あまりに暑いので、ペトラの短パンを借りて履いている。ジェシカも暑くてバテているみたいなので、頭を濡らしてやると、ベッドの上で伸びて寝ている。
夜になって少し涼しくなり助かった。
日中の温度31度、湿度31%。夜22度、48%。
スポンサーサイト

峠を越えた

いよいよ今日で、セマナ・サンタも実質的に終わり。まあ最も賑わうのは昨日だが、今日もマリア像がエスクエラ・デ・クリストとサン・フェリペから出て、担ぐのは女性だけだが、男性も周りを歩いたり、前をお香をたきながら歩いたりして、かなりの人が集まる。昨日はものすごい人が来ていたが、昨日のサン・フェリペのプロセシオンが教会に戻ったのはなんと今朝6時を過ぎていたんだとか。以前はそんなことなかったが、だんだん戻る時間が遅くなってきて、最近はさすがにこれ以上遅くならないようにしようとしている風だ。何しろ、このサン・フェリペのプロセシオンがアタバルの前を通ったのが、そもそも、午前3時くらいだったようだ。さすがに音で目が覚めたんだが、時計を見るまもなくまた寝てしまった。ペトラも目を覚ましたようで、時計を見たら3時だったと言っていた。
今日は女性だけなので、さすがにそんなことしていられないんだろう。エスクエラ・デ・クリストも、サン・フェリペも早く通って行った。エスクエラ・デ・クリストが夕方5時ごろ。サン・フェリペは夜9時にアタバルの前を通過。サン・フェリペの方はここまで早いとは思ってなかったので、下に見に行くまもなく、2階から見た。この調子だと夜12時ごろには教会に戻れるんじゃないだろうか。これくらいの方が良いだろう。
明日は復活のお祝いだが、こちらは全くたいしたことがないので、実質お疲れ休みと言う感じ。何しろ朝早くから夜遅くまでいろいろやっているので、追いかけている人は疲れるだろう。僕は明日の日曜定食をお休みにさせてもらったおかげで、ゆっくり。
今日も天気が良く暑いが、湿度がかなり低い。
日中の温度30度、湿度16%。夜22度、44%。

聖金曜日の街中

今日はいよいよ、セマナ・サンタでも最も賑やかな、聖金曜日。朝起きたときから、道にはかなり人が歩いている。そんな訳で、ジェシカの散歩は今日はお預け。これだけ人がいて、もう絨毯を作っていたりするので、何があるかわからない。
午前中ゆっくりして、昼前から絨毯見学にペトラと出かけた。と言っても、そう熱心に見て歩いたわけじゃないが、幸い、アタバルの近くのガソリンスタンドの角から中央公園までの4カジェのところが、毎年きれいな絨毯を作るので、有名なところが集まっている。
今日も相当たくさんの人がいて、賑わっていた。脚立を持ってきて、高いところから写真をとっている人もいる。なにしろ、昨日丘から帰ってくるとき、下の道を見たら、グアテマラシティー方面から来る車の列がものすごかった。見渡す限り列が続いている。この様子では一体何時間かかれば、アンティグアの入り口にたどり着けるんだろうと思ったほど。まあこんな時に、アンティグアに車で来ようというほうが間違ってるように思う。
おそらく今日もそれに輪をかけてすごかったんだと思う。今年はあんまり熱心にプロセシオンを見ていないが、夕方にアタバルの前を通るエスクエラ・デ・クリストのものは、ちゃんと窓から見た。その後のサン・フェリペのものは、年々通る時間が遅くなり、今年は予定時間で午前2時過ぎにアタバルの前を通過だそうだ。そんな時間までさすがに起きてられない。
今日も朝から天気が良く暑い。でも夕方から涼しくなるので助かる。
日中の温度29度、湿度21%。夜21度、42%。

休み

今日は聖木曜日で休みの第1日目。そういうことで、朝起きて、天気が良かったので、サント・ドミンゴの丘のレストランに朝食を食べに行くことにした。ここは丘の上で、アンティグアが見下ろせるところで、大変気分が良い。先日ここに連れて行ってもらったときに、日曜日や祝日は、朝食のビュッフェがあると聞いていたので、こちらに行って、朝昼兼用の食事をすることにした。
アタバルから程近いサント・ドミンゴのホテルからシャトルバスが出ているんだが、今日はもうその前の道で絨毯を作っているので、通行止め。シャトルバスはアンティグアの入り口近くの、ホテルの駐車場からと教えてもらってそちらから乗った。
まあ見晴らしは良いし、気分は良い。朝食は卵料理を、注文して好きなように作ってもらうようになっていて、それ以外は、フリホーレスやらハッシュブランやらソーセージなど、まあ普通。別に特別なものではないので、破綻もない。とにかく、場所の良さが売りということだろう。
そんな訳で着いた時には、「30分から40分待ちです。」と言われた。呼び出しの機械を渡されて、好きなところでブラブラしていて良い様になっている。店を覘いたりアンティグアを見下ろしたりしているうちに、あっという間に呼び出された。なんだかんだ言って、帰ってきたのが、ちょうど昼くらい。休日の過ごし方としては悪くない。
今日は朝から天気が良く、丘の上はさすがに風が涼しくかったが、昼からはかなり暑い。日中の温度29度、湿度26%。夜21度、49%。

長寿

このお祭りの期間の最中、お隣のおばあさんが亡くなった。103歳だったんだそうだ。もうずっと見かけなかったので、どうしているのかとは思っていたが、100歳越えとはすごいことだ。ところが、案外グアテマラでは100歳を超えている人の話を聞く。だいぶ前に、この隣のおばあさんと同じ名前の人で100歳を超えているという話をしていたら、途中から話が合わなくなって、おかしいなと思い、良く聞いてみたら、同名の別の人の話だったことがある。同じアンティグアに、同じ名前で100歳を超えている人がいるなんて、ちょっと驚いた。
とはいえ、今日授業が終わり、夕方の文法口座も終わり、これで後は月曜日まで4連休。先生たちは大喜び。僕も、今週は日曜定食をお休みにさせてもらうので、4連休。まあ特に予定があるわけではないが、ペトラとのんびりする予定。
昨日の午後グアテマラで地震があり、それが日本でもニュースになったらしい。「大丈夫ですか?」とのメッセージをいただいた。でも、僕は気がつかなかった。ちょうど事務所で、バランスボールに座っていたので、もともとフラフラしているから、揺れてもわからなかったんだと思う。その後、2階に上がったら、ペトラが地震があったと言っていた。
今日も午前中は風が強く、曇り空で、ちょっと肌寒い感じだった。なんだかどんよりとしている。2階で勉強している人など、結構厚着をしていた。それでも昼からはまた日が差してきて、少し暑くなった。夜になって結構寒い。
日中の温度27度、湿度39%。夜20度、58%。


賑やか

今日はもうアンティグア中かなりの人出。午後大急ぎで買い物をしてきたんだが、急いで歩こうとすると、イライラする位、のんびりと歩いている人が多い。まあ皆観光できているんだから、そうセカセカ歩く人はいないだろう。
警官もそこここに立っている。昨日も書いたが、グアテマラの地方から、警官を集めてきているらしい。毎年のことだ。たいていアタバルのそばの、公立の学校などに泊まるみたいだ。まあ、観光気分でなく、ちゃんと警備してくれるといいんだが。ただ、日曜日など他所から人がたくさん車で来て、あちこちの道に、おがくずなどで作ってるじゅうたんのため、通行止めになっているのにまごつき、ウロウロして面倒。しかもそういう人たちが、やっぱり地方から来ている警官に道を聞いているので、全く埒が明かない。少なくとも、この期間中くらい、アンティグアの中心に車を入れないようにすれば良いのに。
それにしても、天気はいまひとつへんてこな具合だ。今日も朝のうちは曇っていて、なんだか気温もそれほど上がらず、昼過ぎに昨日と同じように、晴れてきて、どんどん気温が上がってきた。ところが、程なく、また暗くなり、風が少し涼しくなった。いつ雨が降ってもおかしくないような雲行き。湿度はそれほど高くないが、やっぱりジトジトする。
もう火曜日なので、今日はカルバリオからプロセシオンが出て、サンフランシスコ教会ではベラシオンがある。
夜は少し涼しい。
日中の温度29度、湿度38%。夜22度、49%。


稼ぎ時

いよいよセマナ・サンタの月曜日。公園のハカランダもだいぶ散ってしまったが、まだかろうじて残っている。もう一般の学校は休みだし、会社なども休みのところがあるので、日中アンティグアをブラブラ歩いている人の数や、車の数が相当増えている。
何しろ銀行も今週は水曜日半日で、後は来週の月曜日まで休みだそうだ。もう完全に休み気分。今週末は月末で給料日と重なるので、今週はかなり銀行も混むかと思われる。
昨日から、一般の家庭の玄関を開けて、食べ物、飲み物を売っている店も、相当見かける。この人出に当て込んで、一儲けしようという事だろう。大体が、家の前に炭火を出して、肉やロンガニサ(ソーセージ)を焼いている。この匂いで引きつけようという、うなぎ屋商法だ。
まあこの時期、お祭りを見るだけでなく、アンティグアに住んでいる人は、なんだかんだお金を儲けることを考えたりするようだ。自分の家で商売する以外にも、公園などで、ブースがあり、セマナ・サンタのプログラムや地図を配っている人たちは、この期間のアルバイトで3000ケツアル(約3万円)もらえるらしい。こちらではなかなか割りの良いバイトだと思う。
先日はセマナ・サンタ期間中地方からアンティグアに警備に派遣されてくる警官に朝食を出すという話もあった。とんでもないと金額も聞かずに断ったが、150食だそうだ。
今日は午前中曇っていて、気温はちょっと低めだったんだが、昼過ぎからドンドン気温が上がった。しかも湿度が高く、ジトジトしている。
日中の温度29度、湿度54%。夜22度、59%。


いよいよセマナ・サンタ

今日は枝の主日。これで、セマナ・サンタが始まる。メルセー教会からプロセシオンが出るんだが、これも、すごい人が集まる。なにしろ、先週も朝起きたときから、もうかなりたくさんの人がもう集まっていたが、今日はもっと多いように思った。
昼にご飯を食べに出かけたときには、当然のことだが、更に人が増えていて、ほとんどの人が、枝の束を持って歩いている。言ってみれば、酉の市の箒を持って歩いているようなものだ。日本でもこの箒を飾っておくが、こちらでも同じように、この枝の束を飾っておく。
この枝の束は今日はメルセー教会の前の広場で、たくさん売っている。これもまた、酉の市のように見えなくもない。いろんな人がこの束を買いに来るわけだ。毎年、この枝の主日には、なんとなく酉の市を思い出す。
とにかく、アンティグア中人だらけ。目抜き通りは歩くのも大変なくらい。テレビで見ていたら、午前11時くらいにプロセシオンはメルセー教会を出た模様。これでは、アタバルの前を通るのは夜になってからだろう。
今日の日曜定食はアジフライで、ちょうど始める時間の6時半ごろにもうかなり前の道は人が通っていた。そのせいか、6時半に最初に出した頃には1人だけ。どうなるかと思ったが、その後ポツポツ来てくれて、結局15人。メルセー教会のプロセシオンは7時10分くらいに前を通った。予定時間通り。
それにしても今日は一日ものすごく暑かった。湿度が高かったので、余計暑く感じたのかもしれない。
日中の温度30度、湿度50%。夜23度、65%。

休み

昨日は結局雨が降らないままだった。それでも夕方から曇っていつ降ってもおかしくないような天気だった。雨が降らなかったものの、その分夜少し涼しくなり、過ごしやすい。何しろ昼間はジッとしてても汗が出てくるくらいだ。
明日は枝の主日ということで、メルセー教会からプロセシオンが出て、メルセー教会の前の広場にはこの枝を集めたものを売る店が並ぶ。もうこれでセマナ・サンタに入ったような気分になる。
今日も市場はすごい人出だった。やっぱり、この時期は人が多い。でも街中の店の人と話をしていたら、今はセマナ・サンタの休みの日に当たる、木曜日、金曜日、土曜日辺りは、さすがに売り上げが上がるが、それ以外の日は、案外たいしたことがないと言う。
アタバルはカレンダー通り、来週木曜日からしか休まないが、一般の学校やら、市役所などの機関はもう今週の金曜日から休みになっている。おそらくアンティグアだけでなく、グアテマラシティーとかでもそうなっているはずなので、もうアンティグアに泊りがけで来ている国内の観光客も多いはず。それでも、以前ほどお金を使わなくなったんだろうか。街中を歩いているだけでも、白人のグループやら現地の人のグループを良く見かけるんだが。
今日は夜になってだいぶ雲が出てきたようだが、それほど涼しくならないまま夜になった。もう少し涼しくなってくれると良いんだが。
日中の温度29度、湿度46%。夜22度、65%。

工事中

今アンティグアの市長はさまざまな汚職の疑惑があり、逮捕されたまま。そのうちの一つが、先の任期の際に、タンケ・ラ・ウニオンというアタバルからも程近い洗濯場のある公園を整備するといって、工事を始め、終わったものの、素人目に見てもひどい出来で、公示前より、荒れた感じになったもの。
何しろ、多少穴などはあいていたものの、まあそれなりの歩く道が付いていたのを、はがして、単なるコンクリートの流しっぱなしみたいな通路にしてしまったのはひどいと思った。
これにはさすがにまずいと思ったのか、逮捕される少し前から、また公園を囲って、やり直し始めた。逮捕されて、工事は止まるのかと思ったが、その後、しばらくはやっていたようだ。ところが、これが終わらず、いまだに囲ったまま。最近はあんまり作業しているのを見かけない。
セマナ・サンタのときは、ここはたいていプロセシオンが通り、屋台なども並び、賑わう場所の一つなんだが、これが囲ったままで風情がないことおびただしい。まあ、変な人を市長に選んでしまったツケが回ってきたと言うことか。
今日も午前中は天気が良く、かなり暑くなった。なにしろ、日差しが強いので、外を歩くとジリジリ感じるほど。ここ2日ほど、夕立が来ているので、今日は午後どうなるかと思ったが、
日中の温度29度、湿度45%。夜21度、68%。

海産物の需要

新聞を読んでいたら、干し魚の消費が増えているという記事があった。記事を読んでみると、決して干し魚の消費だけが増えているわけではなくて、干したもの、新鮮なもの、缶詰その他、海産物の消費全体が増えているようだ。
グアテマラでは一人当たりの魚の消費量は年間2,5キロと、基本的に魚の消費は他の国に比べ少ないらしい。ところが、年間の消費量の30%がセマナ・サンタの期間に消費されるんだそうだ。このため、海産物の値段も今どんどん上がっていて、ここのところ15%の上昇と言うことだ。
年間2,5キロとはかなり少ないんじゃないだろうか。日本人からすると信じられないくらいの数字だ。とはいえ、この消費が今の期間に集中しているので、今魚がなかなか手に入らなくなっているわけだ。
実際今日、日曜定食の魚を手に入れようと思って、魚屋に行ったが、かなりさびしい品揃え。幸い頼んでおいて、アジを手に入れたので、今週の日曜定食はアジフライにすることにした。まあ逆にセマナ・サンタが終わったら、少し手に入れやすくなるんだろう。
今日も午前中はとっても良い天気で暑くなった。午後になっても暑かったんだが、銀行に行っている間に、一転にわかに掻き曇りという感じで暗くなり。3時過ぎには雨が降り始めた。昨日も夕立が降ったが、連日このような天気。まあ昨日も今日もおかげで夜だいぶ涼しくなった。
日中の温度29度、湿度49%。夜21度、64%。

スリに注意

セマナ・サンタはかなりの人出が予想される。何しろアンティグアで最大のお祭りだ。ところが、この時期に来るのは観光客ばかりでないのが困る。この人ごみを狙って、スリなども来るようだ。何しろ、たいてい観光客はそこそこお金を持っている。その上、ものすごい人ごみで、他人とくっついた状態にあっても不思議はない。しかも、プロセシオンのときなどは山車の上の飾り付けを見るので、皆上を向いているので、ポケットやかばんから注意がそれやすい。といった、スリには好都合な状況が揃っているんだろう。
実際、今年ももうすでにスリにあったと言う話を聞いた。幸い被害は大きくなかったようだが、人によっては、カメラなど高価なものを持っていることも多いので、気をつけてもらいたと思う。
僕もこちらに住んでから3回くらいスリなどの被害にあった。最初はグアテマラシティーのバスの中で財布をすられて、アンティグアに戻る金がなくなり、友達の家に行って、バス代を貸してもらって帰ってきた。もう1回は尻ポケットに入れていたティッシュを財布と間違えて持って行かれたもの。日本の路上で配ってるもので、確かに大きさなどは財布に近い。こちらには、ああいった形状のティッシュはないので、財布だと思ったんだろう。最後はスリではなく、レストランで食事をしていたら、「お金を落としましたよ。」と言われて、余所見をしたところ、横においていたかばんを持っていかれた。
今日もものすごく暑い。ところが夕立が降った。結構強かったんでビックリ。
日中の温度30度、湿度45%。夜21度、66%。

浮き沈み

今日はものすごく暑い。昼過ぎにちょっとした買い物に出ただけで、汗だくになった。何しろこれだけ暑いと、なんだかぐったりする。ここのところ、やっとセマナ・サンタらしい気候になってきた。
外を歩いていると、エルサルバドルのナンバーの車もちょこちょこ見かける。セマナ・サンタを見にエルサルバドルからも観光客が来ているんだろう。今はラテンアメリカ全体にやや景気が良いんだと言う。ブラジルの景気が良いのは良くニュースなどでも出ている。それにしても、ブラジルやらアルゼンチンはついこの前まで、経済的に大変な状況で、特にアルゼンチンからは、その時期にグアテマラまで移住してきた人も何人もいるほどだが、なんとも浮き沈みの激しいことだと感心する。
ブラジルの人は言葉が違うせいか、知らないが、アンティグアに住んでいるアルゼンチンの人で、僕の知っている範囲では、ほとんどの人が、この時期に何らかの事情があり、アンティグアに来ているはず。
その分ブラジルなどは、恐ろしく物価が高いと聞いた。旅行者はこういう話題に敏感だが、僕がこちらに住んでから今まで、通貨のレートも関係あるんだろうが、ブラジル、アルゼンチンは、物価が高いと聞いたり、安いと聞いたり、浮き沈みが激しい。その点、グアテマラはあまり変化がないのはなぜなんだろうか。
夜もあまり寒くならない。
日中の温度30度、湿度44%。夜22度、60%。


知らない

昨日はとにかくすごい人出だったが、今日は皆お疲れなのか、市場はわりと閑散としていた。土曜日との落差が激しい。それにしても、いよいよ暑くなってきた。昨日はアタバルの生徒さんもあちこちでプロセシオンを見ていたらしく、なんとなく日焼けしている人が多い。確かに、昨日のように日差しが強い中をプロセシオンを見ていたら日焼けするだろう。
アンティグアでは今週くらいになって西洋人の観光客がすごく増えているという話も聞いた。やっぱり、キリスト教の国の人たちは、こういう催しが好きなんだろう。その点、日本人は案外セマナ・サンタを知らない人が多い。アンティグアにこの時期に来ているのに、セマナ・サンタを知らないで、たまたまこの時期に来たと言う人の方が多いくらいだ。
どうやら地球の歩き方などでもセマナ・サンタの扱いは小さいんだそうだ。やっぱり、日本はキリスト教国でないから、セマナ・サンタなんてあまり興味を持つ人はいないのかもしれない。
とはいえ、やっぱりせっかくこの時期にいるので、見に行ってはいるみたい。当然先生達はもっと熱心に見に行っているんだが、あまり日に焼けた感じがしないのは、やっぱり慣れているのか、それとも帽子をかぶったりして防護していたのか?
今日も天気が良い。何しろ今日は朝から暑い。30度になるかと思って、温度計を見ていたが、今日も30度に近い29度といったところ。まあ、外は30度を越えているだろう
日中の温度29度、湿度42%。夜21度、54%。

大混雑

今日はサン・バルトロのプロセシオン。朝6時半にジェシカと散歩に出たときから、もうかなりの人が歩いている。後から聞いたがその頃にプロセシオンがサン・バルトロの教会を出発したらしい。
昼を食べに出て、帰ってきたら、ちょうど1アベニーダをプロセシオンが通っているところだった。最初4カジェを歩いていたんだが、とてもじゃないが、1アベニーダまで行き着けそうにないので、あきらめ、5カジェに回った。こちらは1アベニーダまで近づくことはできたが、ちょうどその時、プロセシオンが通るところだったので、アタバルまで帰り着くことはあきらめ、通り過ぎるまで待っていた。何しろゆっくり進むので、最初キリスト像が通り、その後マリア像が通り、楽隊も通って、その後ろから来ている、掃除のトラックなどが通り終わるまで、相当時間がかかる。しかも、今日の昼過ぎはものすごく暑い。座るところもなく、ペトラはアタバルに帰り着いてからぐったりしていた。
プロセシオンは最初予定時刻より1時間以上遅れていたのが、そのうち40分程度の遅れになったから、結構急いでいたみたいだと聞いた。急いでいてこれとは。
今日の日曜定食はチンジャオロースで23人来てくれた。最初10人行かないところでちょっと止まってしまったので、こんなものかと思っていたら、その後パラパラ来てくれた。ちょうど用意した分がなくなった。
今日は朝から天気が良く暑い一日。これでこそセマナ・サンタという感じだ。
日中の温度30度、湿度38%。夜21度、62%。

賑わい

いよいよ明日はサン・バルトロのプロセシオン。もうここまで来ると、完全にセマナ・サンタ気分になってくる。僕は昨日のベラシオンには行かなかったが、行った人に聞くと、とにかくものすごい人で、教会までたどり着くのも大変なほどだったらしい。毎年のこととはいえ、すごいことだ。
昨日ペトラが言っていた様に、今日の市場はすごい人出。15日の給料日の後で、サン・バルトロのプロセシオンに親戚などが来る人が、その買い物に来ているんだろう。市場の店の人たちも、今日は人が多いと口々に言う。
アタバルの前は子供のプロセシオンが通った。これからあと2週間、行事が多くなる期間になる。何しろアンティグアで一番大きなお祭りだから、町の人もお祭りの興奮がそろそろ高まってくる。
特に商売をしている人は今が稼ぎ時。それこそ、いろいろな工夫をして、いかにこの時期に稼ぐかを考えているはず。まあそのせいか、ホテルなどは通常の料金より高くしたり、1泊では受け入れず、何連泊かしないといけないなど、面倒なことを言うところもかなりあるようだ。レストランなどもセマナ・サンタ用のメニューがあるところもあると聞く。幸い市場での食材の値段はは普段と特に変わらなかった。
今日は午前中から天気が良く、日中はかなり暑かった。特に午後、気温は29度だったが、かなり30度に近い感じだった。
日中の温度29度、湿度35%。夜21度、57%。


液体石鹸

今週の日曜定食はチンジャオロースの予定なので、今日は市場まで肉を切ってもらいに行ってきた。昨日肉を買ったので、凍らせておいて、今日切ってもらう。その肉を切ってもらっている間に、スーパーに行って、液体の皿洗い用の洗剤を買ってきた。
今まで、皿洗い用の洗剤は固形のものを使っている。基本的にグアテマラでは皿洗いには、固形のものを使う。ずっと以前は液体のものなど普通に売っていなかった。その後、液体ものものは見るようになったが、結構値段が高く、いろいろ種類があって安売りしている、固形のものとは比べ物にならなかった。
ところが、先日スーパーで見ていたら、なんと1ガロン入りが30ケツアル(350円ほど)で売っている。これだったら、固形のものより安いのではないかと思ってみていた。
以前アタバルのトイレの石鹸を固形のものから液体に変えたときも、液体石鹸が出回ってきて、値段が下がったときに、変えて、やっぱりかなり節約になった。固形のものは水に浸けっぱなしにしたりして、無駄が多いように思う。
今日はサン・バルトロのベラシオン。昼に行った人の話では、もう昼からかなり人がたくさん来ていたらしい。この様子だと夜には、さらに多くの人でごった返すことだろう。スリなどが出そうだ。この前の日曜日も、プロセシオンを見学していた生徒さんが一人やられている。見学に行くときは、気をつけていかないといけない。
今日も午前中はかなり肌寒かったが、日中良い天気で、昼からかなり暑くなった。
日中の温度27度、湿度35%。夜20度、50%。

交換

昨日買ったエコ・フィルトロ、最初からちょっと変だった。とにかく買ってすぐ使うのではなくて、どうしても最初素焼きの粉などが入ってしまうので、2日ほど水を通してから使うようにと書いてある。そこで、前にプレゼントしてもらったものも、フリアが最初に軽く水をかけて埃などを流してから、水を貯めて、2日間流したりしながら、置いておき、その後に使った。
ところが、今回はフリアが水をかけたときから、なんとなく流れが悪いと言っていた。それで、水をフィルターの上にいっぱいに貯めて、一晩置いてみたんだが、朝見てみると、ろ過された水は、そこに少ししか貯まっていない。これでは、2,3人が水を飲んだら、すぐになくなってしまう。
それで、買った店に電話して、フィルターを交換してもらうことにした。案外簡単に交換に応じてくれたので良かった。フィルターが詰まっていたみたいだ。店の人は、こんなクレームは、我々で2回目と言っていた。
それでまた、今日は最初から設置しなおし。しかし、先にちゃんとしたものを持っていたから、おかしいとわかったが、これが一つ目のものだったら、こんなもんだと思っていたかもしれない。
市場で買い物をしたが、やっぱり魚はあまり種類もなく、値段も高い。今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。
今日も雲が多く、ちょっと肌寒い。時々強い風が吹いている。
日中の温度26度、湿度35%。夜19度、52%。

エコ・フィルトロ

去年誕生日にエコ・フィルトロというのをもらった。エコ・フィルトロとは水のフィルターが付いた給水装置。アンティグア郊外に工場がありそこで作っている。普通の給水装置のようなものの中に、素焼きのレンガのようなもので作ったフィルターが付いている。以前から聞いたことがあったが、その時に見たものは、プラスチックのバケツのようなものだったので、なんとなく、こんなんで大丈夫なのかと思い、買おうとは思わなかった。
ところが、先日プレゼントしてもらったものは、全体が素焼き粘土のような感じでできている。
それから、2階の自分たちの部屋において使っているんだが、なかなか良い感じだ。それで、今度はアタバルの学校用に、同じものを買ってきた。見てみるとプラスチックのバケツのようなものもあり、そちらの方が安いのだが、見た目が安っぽいのと、日光が当たるところにおくので、やっぱりプラスチックより、素焼きのもののほうが良いように思い、そちらを買った。
これで、今まで週に2,3本買っていた、5ガロン入りの飲料水を買わなくてすむようになるはず。2日間ほど水を入れて置いておかないといけないし、下の台も作ってもらうので、日曜日に設置となる予定。
今日も午前中はちょっと曇ってあまり暑くならなかった。午後からは比較的良い天気。夜は少し涼しい。
日中の温度24度、湿度38%。夜21度、52%。

根競べ

今、バチカンではコン・クラベをやっているようだ。続けてコンクラベと書くと、"根競べ"と変換してしまう。まあ、今、バチカンでは根競べをしているというのも、ちゃんと意味が成り立つし、ちょっと納得できるような響きがある。80歳未満の枢機卿が参加し、3分の2超の得票で決まるまで何度でも投票を繰り返すらしいから、大変だろう。
やはり、グアテマラでは興味を引く話題らしく、昼間はテレビでも特別番組が組まれていた。四旬節なので、やはり普段以上に教会の話題が多い時期だ。
この四旬節の時期、市場の人と話しをしていると、土曜日はかなり人が多く賑わうが、逆に平日は人が少なかったりするようだ。アンティグアでは金曜日のベラシオンや、日曜日のプロセシオンを見に、首都のグアテマラシティーやら他の地方から人が大勢来る。当然親戚などが遊びに来る人も多く。週末にはいろいろ物入りになるんだろう。そういうことで、平日は逆にお金を使わずにいるんじゃないかと思う。今日も、スーパーに行ったら、ガラガラだった。
主婦でもあるアタバルの先生達も親戚などが遊びに来るので、四旬節の期間中の週末や、セマナ・サンタは休みではなくて、かえって忙しいとぼやいている人もいる。
今日はちょっと曇り勝ちの天気で、日中も今ひとつ暑くならなかった。ニュースではメキシコに寒波が来ていると言っている。今週はすごく暑くなるはずだったのに、長期予報ははずれだろうか。
日中の温度26度、湿度37%。夜21度、61%。

改装

昨日波板を変えたが、先生たちは気づかない人も多い。まあ、あんまり上の方を見ないんだろう。でも、日中は波板の色で、日光の色が変わるので、ちょっと感じが変わる。なんだか夕方のような色合い。今は新しいから、これが1年くらいたって、古くなってきたらどうなるか見ものだ。
それと、今日外出したところ、ミッチョスがまた開いていた。どうやら改装していただけらしい。しかし、四旬節の儲かるときに、閉めて改装しなくても良いようなもんだが。まあ、最も盛り上がるこれからの時期に合わせて開けたのかもしれない。と言っても、そんなに大きく変わった風ではない。カウンターが入り口から奥に真っ直ぐ伸びていたのが、奥の角に丸くなった程度しか、外から見た分にはわからない。これくらいだと、席が増えてもテーブル1つくらいじゃないだろうか。それでも、時々行っていた店なので、なくならないで良かった。
アタバルの向かいの家は壁を塗っている。2階建てのかなり高い家なので、大きな足場を組んで、かなり大掛かりだ。また白く塗っているんだが、折角なので他の色にしてもらいたかった。午後になると、この壁に反射する光で、結構まぶしい。ちょうど、僕の座っている事務室の正面で、コンピュータ越しに、反射光が入ってくる。まあ、人の家の壁の色に注文をつけるわけには行かないが。
今日は天気が良く、日中はかなり暑い。夜になってもさほど寒くない。
日中の温度29度、湿度43%。夜21度、62%。

張替え

今日念願のアタバルの中庭?の屋根を張り替えた。ここは光が入るように、半透明の波板をつけているんだが、これがもう古くなり、もうボロボロになっていた。日差しが強いので、この影響が大きいように思う。それで、最初は新しい波板の上に、この古くなったものをかぶせようと思ったんだが、ペトラがこれほど汚くなったのをのせるのはだめだと言って、却下されてしまった。
それでいろいろ探していたんだが、別の材質のものがあって、その方が長く持つと教えてもらったので、先日建材を売っている店に行って、聞いてみた。そうしたらポリカーボネートのものを勧められた。今まで使っていたものより、少し高いが長持ちすると言う。帰って来て、インターネットで調べたが、確かにポリカーボネートのものは良いらしい。
それで、先週から交換する準備をしていた。ここは屋根がなくなると困るので、鉄でできた屋根の構造物が少し錆びているので、先週の日曜日に、紙やすりをかけて、色を塗り直してもらった。これで今日は一気に古い波板をはがして、新しいのに張り替えた。
ネットでは表と裏があると書いてある。日本のものだけかと思ったが、良く見るとちゃんとシールが貼ってあったので、ネットで調べておいて良かった。
今日も天気が良く暑い一日。いよいよサンタ・アナのプロセシオンで、人もたくさん来ている。
夜の日曜定食はメンチカツで24人来てくれた。
日中の温度28度、湿度38%。夜20度、60%。

詐欺まがい

今日、市場で買い物をして帰ってきて、フリアが帰る前に、市場に行っている間に、水などを買ったお金を清算した。予想外の出費があり、その前に、頼んで買ってもらった分も含め、76ケツアル返さないといけなかった。
それで、市場のつり銭を集めて、細かい分の26ケツアルを渡し、残り50ケツアルは、別に持っていたお金から出そうと思い、財布を出したところで、フリアが帰る前に聞いておく用事を思い出し、その話題になった。その話を終えて、フリアは帰って行った。
そうしてしばらくしたら電話があり、出てみるとフリアからだった。「50ケツアルもらってなかった。」と言う。そんなことあるかと思い、考えてみたが、確かに50ケツアルを渡した記憶がない。途中で、こちらが気になっていた話題になったので、そっちに気をとられて、お金のことは完全に忘れてしまったようだ。それにしてもフリアもフリア、50ケツアル受け取らないで帰っちゃったわけだ。どうやらそのお金で買い物をしようとして、足りないのに気がついたらしく、「今どこにいるの?」と聞いたら、市場にいると言う。さすがに、もう一度市場まで行く気になれないので、申し訳ないが、明日返すことにした。それにしても、ちょっとした詐欺師のような手口。まあ詐欺師だったら良いが、ペトラに話したら、忘れっぽくなってるんじゃないかと心配された。
今日も天気が良く暑い一日。市場は人出も多く、人いきれもあり、暑かった。夜になってちょっと涼しくなった。
日中の温度28度、湿度34%。夜21度、49%。

サンタ・アナのベラシオン

今日はサンタ・アナのベラシオンの日。もうサンタ・アナともなれば、この辺の人たちは完全にセマナ・サンタ・モード。ただ、天気だけが、セマナ・サンタらしくなかったんだが、今朝は結構肌寒かったが、天気が良く、昼ごろにはどんどん気温が上がり、こちらもセマナ・サンタ・モードになって来た。天気予報では、来週はこれまでの分を取り返すぐらい暑くなるんだそうだ。
セマナ・サンタを前にして、アンティグアでもいろいろ動きがある。先日書いたミッチョスという喫茶店が閉店して、閉まっているが中で何かやっているようだ。新しい店もセマナ・サンタ前にあけようと必死なんじゃないかと思う。今日町を歩いていたら、もう一つ同じ4カジェにある、喫茶店が閉まっていた。ただ、同じ4カジェでも、公園をはさんで反対側になる。閉店したのかと思ったら、ドアのところに張り紙があり、向かいに移ったと書いてある。ビックリしてみたら、確かに同じ名前の店が向かいのホテルの入り口にできていた。かなり小さくなったところを見ると、借り賃の負担が大きかったんじゃないかと思われる。この店のある辺りはアンティグアでも最も人通りの多いところの一つなので、大変なんだろう。ここの店のあとは、また新しい店が入るんだろうか?やはり新しい店はセマナ・サンタまでに開けると、相当の数の人が通るので、認知度がまったく変わってくると思う。
夜になって少し涼しい。
日中の温度29度、湿度32%。夜20度、44%。

はっきりしない天気

昨日は夜も少し雨が降るヘンな天気だった。本当にこの時期にこんなに降るなんて、珍しい。夜は少し涼しかったので、今朝はかなり冷え込むかと覚悟していたが、それほどではなかった。今朝のうちも、やはり雲が多い感じで、暗かったので、気温が上がらず、これはまた薄ら寒い一日になるかと思っていたら、午後になってとても良い天気になって、非常に明るい。なんだか夕方なのに、真昼のような感じで、調子が狂うほどだ。
午前中市場に行き、日曜定食のことを考えながら買い物をした。やっぱり魚はなかなか手に入らないようだ。特にエビは、高いと言って、大きさに関係なくまったくない。たまにはエビの料理もしたいものだが、こちらもセマナ・サンタ明けまでは無理そうだ。幸い先週は手に入った魚で、さつま揚げを作ったので、今週は肉にする予定。
肉はいつでも手に入るので、その点は安心だ。いろいろ考えたが、今週の日曜定食はメンチカツにすることにした。野菜も入れて作る予定。パン粉作りをフリアに依頼した。まあ自分でやっても良いんだが、こういう単純作業はちょっと嫌になる。
それで、午後はソース作り。とんかつソースもどきを作るんだが、これは出来立てより、ちょっと置いた方が味が落ち着いて良い様に思う。ただ、煮込んでいると、だんだんドロドロになってきて、はねるので恐ろしい。今日は良く考えずに白い服を着ているので、及び腰で混ぜる。
夜は少し寒い。
日中の温度24度、湿度44%。夜20度、52%。

最近のニュース

ベネズエラのチャベス大統領が亡くなった。やっぱり、こちらでは大きなニュース。新聞の一面に大きく出ていた。先生達も朝熱心に新聞を読んで話をしていた。まあかなりこの辺りでは目立つ人だったので、関心も高いんだろう。実はアメリカに暗殺されたんだとか言う人もあるようだが、ずいぶん前から癌で、キューバで治療したりしていたんだが、さすが強気の人も、病気には勝てなかったようだ。ベネズエラでは、また大統領選をするらしい。
もう一つのニュースは、アメリカのフロリダで寝ている間に、寝室の下に穴があいて落っこちてしまい、そのまま消息不明になっている人の話。2月28日のことらしいが、もう、生存をあきらめて、捜索が打ち切られたということで、大変痛ましい。
しかし、この突然穴があくというのは、3年ほど前にグアテマラシティーでも、もっと大きな穴が突然できたことがある。この時は、家どころでなく、ビルが完全に飲み込まれるほど大きなもの。この時も、人が亡くなっている。
こんなことが起こるのはグアテマラだけかと思ったら、そんなことはなかったわけだ。それにしても、突然足元の大地がなくなるなんて、恐ろしいことがあるものだ。
今朝起きたときは結構暖かく、寒波は本当に来るのかと思ったんだが、午前中も晴れてこないまま、雨が降り出した。それほど長くは降っていなかったが、午後にも一瞬雨が降った。そのせいで、日中の気温は上がらな意思、夜も結構肌寒い。
日中の温度24度、湿度34%。夜19度、52%。

今日は暖かい

今朝は昨日の朝ほど寒くはなく、今度の挨拶は「今日は少し寒さがましだ。」というもの。皆、この3月の寒さに驚いているようだ。それはそうだろう。3月が寒いなんておかしい。ここのところ当たっている天気予報では、明日からまた寒波が来るらしいので、どうなるか見ものだ。
その後は、またグッと暑くなるらしい。四旬節とセマナ・サンタが暑くなるのを期待して、水やらジュースやらを買い込んだ店は、この天気で心配していることだろう。今日は湿度が少しあるので、静電気のバリバリはなくなり、これはありがたい。
昨日のニュースでは、またグアテマラの銀行でスキミングの被害が出ているらしい。今度は以前のものとは別の銀行。ニュースではどうやら内部に問題があるということだが、これも以前の別の銀行と同じ感じだ。
以前は良く利用している銀行だったので、先生たちからも、別の銀行に変えたらどうかと言われ、この銀行に変えようかと考えたりしていた。結局変えなくて好かったということだ。とにかく、似たような手口があっちこっちで起こるのは、ちゃんと捜査してないんじゃないかという気がする。まあ、今回は旅行者よりも、現地の人がやられている感じだ。とはいえ、気をつけるに越したことはないだろう。
今日も昼からは、相当暑くなった。ジッとしていても、汗が出てくるくらいだ。夜になっても寒くない。
日中の温度28度、湿度40%。夜22度、49%。

寒くて乾燥

今朝もものすごく寒かった。ニュースではグアテマラシティー8度、ケツアルテナンゴ2度と言っていた。アンティグアもグアテマラシティーと大して変わらなかったんじゃないかと思う。何しろ、朝8時に来る生徒さんや先生との挨拶は、皆、「今日は寒いですね。」というもの。今日はベストじゃ寒くて、セーターを着ていたら、セーターを着てると言って驚かれた。ニュースでは今週中は寒くて、来週は一転して暑くなるということだった。しかも、かなり暑くなるという。
それに対して、日中はかなり暑くなった。ジッとしていても、ジリジリする様な感じの暑さ。それはともかく、ここ数日湿度が低い。しかも、寒くてセーターなどを着ているので、静電気がものすごい。
こういう時、アタバルは扉や手すりなどで、金属が多いので、恐ろしい。何かをするたびに、ビチッと静電気が走る。布団を整えていたら、動かす度に、ビリビリ言っている。何でもビリビリ来るので、ペトラは嫌がって、「ドア開けてくれ。」とか言う。こういう時に、ドアを金属にしたのはちょっと失敗。
電気といえば、生徒さん用のトイレの電球が、しょっちゅう切れる。他はそうでもないのに、ここはどういうことか。確かに、生徒さんと先生が使うので、点けたり消したりが激しいのはわかる。何とか良い方法はないものか。
夜はまた寒いが、昨日に比べればだいぶまし。
日中の温度27度、湿度20%。夜19度、46%。

丘の上

今日の昼は一度行ってみたかった、テネドール・デル・セロという所に行ってきた。ここはアンティグアにあるホテル・サント・ドミンゴという、修道院跡を改装した、高級ホテルがやってる、別館というかレストラン。アンティグアからグアテマラシティー方面に出たところにある丘の上にある。
ここへは、このホテル・サント・ドミンゴから送迎の車が出ている、15分に1回くらい出ていると聞いたが、今日のように日曜日の昼の人が多いときには、1つの車が休みなく行ったりきたりしているみたいだ。
聞いていたが、さすがに丘の上で広々として、実に眺めが良い。ちょうどアンティグアの周りの3つの火山がきれいに見える。しかも、今日はフエゴ火山が噴火しているので、煙が出ているのが良く見える。
食事はものすごくおいしいというわけでもないが、悪くはない。値段はよっぽど高いのかと思っていたら、そうでもない。ペトラの食べたハンバーガーは50ケツアル(600円程度)。かなり広いところだが、大勢の人が来ていて、席はほぼ埋まっている。グアテマラシティーなどから車で来ている人が多いようだ。日曜の朝はビュッフェがあるらしい。
今日の日曜定食はさつま揚げで27人。これだけ来てくれると、全てきれいになくなった。終わった後、2階からフエゴ火山を見たら、昼間は煙しか見えなかったが、夜はきれいにマグマを噴いているのが見える。ペトラと二人でしばらく見とれていた。
今日は朝のうちかなり寒かったが、天気が良かったので、日中はそこそこ暖かい。でもまた夜寒くなってきた。かなり乾燥している。
日中の温度24度、湿度15%。夜17度、35%。

寒い

確か先週くらいにも書いたが、良く利用していたデグスタ・エクスプレスという、いろんなレストランから料理を運んできてくれるサービスが、どうやら今月で終わりらしい。ところが、終わる前に、もう2つのレストランがこのサービスから抜けてしまったようだ。
しかも、この2つのレストランは僕が気に入っていた、中近東系の料理を出す2店。
野菜も結構たくさん入っているし、ソースもおいしく、値段が手ごろなのに、量もそれなりにある。これだったら、配達代を払ってもってきてもらっても、十分に満足できると思っていたんだが、非常に残念。
しかし、今日はこの抜けてしまったレストランの料理を食べるつもりだったので、これがなくなったと言われて、いったん切って考えてからまた注文した。ペトラの好きなサラダを出すレストランはまだ残っている。
今日は午前中はまあまあだったんだが、午後になって結構雨が降った。最初霧雨のような感じだったんだが、その後霧雨を通り越して、通常の雨という感じになった。それでも、わりとすぐにやんだが、ちょうどその雨が降っているときに、サンタ・アナから出た、子供のプロセッシオンが通った。かわいそうに見ている人もかついている子供も濡れている。やんだ後は風が強く、結構寒い。明日の日曜定食の用意をしていたら、寒くなって慌てて上着を着た。
夜になって風がかなり強く、一段と寒い。
日中の温度23度、湿度37%。夜14度、58%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。