スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またクレープ

今日はなんと朝から雨。しかも微妙な降り方で長引きそうな感じ。これは憂鬱。それでも、夜の日曜定食の準備をし、昼ごろにはやんでいた。ただ、暗くて、いつまた降ってきてもおかしくない。
そこで、昼ごはんはまた、アタバル近くのクレープ屋に行った。この前、隣のおばさんが食べていた、卵入りのお食事クレープがおいしそうだったので、今回は卵入りに挑戦するつもりだったが、目を付けていたものを、ジュンさんとペトラに先に注文されてしまったので、僕は鳥とマッシュルームのクリームクレープを頼んだ。
しかし、これらはどれも、見た目以上に腹にたまる。ペトラのはスーパーコンプレートというのだったので、特に大きく、ペトラが半分食べて残したのを、ジュンさんと2人で食べるのがちょっときついほど。今日のスープはニンジンと生姜のクリームスープ。生姜の味が普通のニンジンのクリームスープと違う感じを出していて、面白くておいしかった。食後にジュンさんがカラメル入りのコーヒーを飲んだ。メニューにフランス伝統の飲み方と書いてある。先週出てきた、自家製カラメルが入ってる。コーヒーの味はそれほどしなくなるが、まあ甘くておいしい。今日も我々が食べている間、他の客は一人だけ。ちょっと心配していたが、なんと昨日の晩は満員で、最後は入ってくる人を断ったんだそうだ。それでスープがちょっとしかないと言っていた。それは良かった。
今日の日曜定食はアジフライで18人来てくれた。幸い夕方には日が差してきて、むしろ良い天気。
日中の温度23度、湿度69%。夜20度、70%。
スポンサーサイト

配膳台

日曜定食の配膳台を作ってもらった。今までは、事務室にある机と授業用の机を2つ運んできてあわせて使っていたんだが、これは結構面倒臭い。しかも、事務室にある机はもうかなり虫が食っていて、ボロボロになっている。いつも運ぶときに、虫が食った粉が落ちるほど。
前から折りたたみのできる台がほしいと思っていたのだが、ちょうど、先日棚を作った板が余っていたので、今日本からの帰りで、来ていたジュンさんが、設計して1日で作ってくれた。
色は後日塗ることにしたが、さすがに新品できれいなでき。足が折りたためるようになっていて、これでいちいち机を運ぶ手間がなくなる。日曜定食の机も一つ小さいものが増えるし、良い感じだ。
ついでに事務室のボロボロ机をお蔵入りにして、以前のように、そこに箱を置いて、ソファーにする予定。火事になる以前に戻るということになる。ちょっといらないものを置いたりするのに、このボロボロ机も便利だったんだが、ない方が整理して良いんだとか。まあそうかもしれない。
今日は市場でアジの足りない分を買ってきた。余りなくて、結局前から目をつけていた、新しい魚屋にも寄って、両方で何とか十分な量を揃えた。
今日は天気が良く、夜まで降らないまま。
日中の温度27度、湿度62%。夜20度、74%。

コカコーラと生姜

今週の日曜定食はアジフライにすることにしたので、今日はそのパン粉作りと、ソース作り。パン粉はパンを買ってきて、それをミキサーで粉にするだけ。やっぱり乾燥したものを粉にするより、新しいパンを粉にした方がおいしいように思う。
ソースはいつもの通り、パパイアやら果物と野菜をベースとなるこちらの、サルサ・イングレサという、ウスターソースの変形のようなソースと煮込む。これで、濃くなって、とろみも増すし、まあ悪くないと思う。
今日は午後の文法講座だったんだが、咳が出て困る。ちょっと長く喋っていると、喉がカサカサしてきて、咳が出る。ペトラが、コカコーラに生姜を入れて煮たものを作ってくれて、これが咳止め。もともとコカコーラは咳止めシロップだったと聞いたことがあるし、聞くように思う。
それで文法講座の間中、申し訳ないが飴をなめながら、ちょっと喉がカサカサしてきたら、このコカコーラを飲むという方法で、とりあえず問題なく終わった。ただ、飴をなめながら、コカコーラを飲むなんてものすごい砂糖の量。咳は止まっても、糖尿病になりそうだ。
今日は午前中は曇りがちでも、何とか雨が降らないままだったが、昼から降り始めた。夕方にはそこそこ強い雨が、かなり長いこと降っていた。夜になって、雨はやんだようだ。明日も午前中くらいは降らないでもらいたいものだ。
日中の温度26度、湿度68%。夜20度、72%。

アジフライ

今日は午前中市場で買い物。何とかアジが手に入ったので、今週の日曜定食はアジフライにする予定。ずっとアジを探していたんだが、なかなか手に入らなかったので、ちょっと焦った。ただ、今日の分でもちょっと心もとないので、土曜日にまた持ってきてくれるように、魚屋のおばちゃんに頼んできた。まあアジだったら他でも手に入るところを見つけたので、何とかなるだろう。
今週の日曜日は軍隊記念日で祝日。でも、日曜日で授業には影響がない。ただ、銀行などは、今週の金曜日と来週の月曜日が半日になるところもあるようだ。どうやら銀行員の日も、この辺りにあるらしい。明日はもしかしたら銀行が全く休みかと思っていたので、今日の午後念のため行ってきた。土曜日は休みになるはず。
今週の火曜日が先生の日で休みだったので、なんだか調子が狂う。なんだか朝から今日は金曜日のような気がして、夕方金曜日の4時からの授業がある先生に、間違えて、早く授業やるようにとせかせてしまった。その先生も先生で、「おお、そうだ。」とか言って、慌てて、授業をやりにいったんだから始末が悪い。しばらくして、今日は木曜日だって言いに来た。
今日は昼から雨。午前中市場で買い物をしているときから、ちょっと怪しげな雲行きだった。ただ、それほど強くは降らず、しかもわりとすぐにあがった。それでも、その後また何回か降った。そのせいか、夜は少し肌寒い。
日中の温度26度、湿度56%。夜21度、69%。

金星

だいぶ前から夕飯の際に、ちょうど2階の食堂の裏側のドアから、正面の丘の上に見える、大きな星のような光について、一体なんだろうとペトラと話をしていた。ちょうど、西北西くらいの位置になる。丘のちょっと上くらいにかなり大きな光が見える。
最初は丘の上に何かあるのかと思う程度で気にしていなかった。でも、ペトラはちょうどそれが見える側に座っているので、気になるらしく、「今日もある。」と言って、気にしていた。
2人とも星のこととかは疎いので、なんだか良くわからなかった。あまりに大きいので僕は星じゃないと思っていた。ヘリコプターや飛行機の光くらいに強く大きく見える。そう思って見ていても動かないので、一体なんだろうと不思議に思っていたところ。
これを金星だと教えてもらった。宵の明星とか明けの明星とか言うが、それだけ明るくて大きいんだそうだ。本当に他の星に比べて格段に大きい。しかし、日本でも子供の頃、あれが金星だと教えてもらったような記憶があるが、こんなに大きかったような記憶はない。日本とグアテマラでは見え方が違うんだろうか?
とにかく、なんかの構造物の光と言うより、星だと思うと、ちょっと風情があるような気になって良い。
今日も午前中から雲が多く、午後になって更に多くなったように思う。でも結局雨が降らないまま。
日中の温度26度、湿度46%。夜22度、66%。

先生の日

6月25日は先生の日で、学校関係だけ祝日。当然、アタバルも休みだったので、朝からゆっくりし、ちょうど、天気も良かったので、また、サント・ドミンゴの丘に出かけた。ただ、ちょっと肌寒かったので、丘の上はきっと寒いだろうと思い、長袖を着て行った。
シャトルバスで上に着いた時に、どうも見たような姿形が見えると思い、良く見てみると、なんとアタバルの先生たち。彼女たちは彼女たちで先生の日を祝って、丘の上に朝食を食べに来ていたようだ。まあ、先生たちも自分たちは休みだが、旦那さんは別に先生でないので休みにならないので、集まりやすいんだろう。我々が上がってきたシャトルに乗って帰って行った。
まあ、先生たちも、だいぶ子供の手が離れた人も増えてきて、余裕が出てきているんだろう。それに、幸いなことに、それなりにコンスタントに仕事をしているので、休みにこういうところに来ることができるんだと思う。まあ良い先生の日のお祝いになっただろう。こちらも昼ごはんを食べて帰ってきたが、帰る頃には雲は増えているものの、その合間からかなり日光も差してきて、結構暑くなった。雨が降るのを心配していたが、幸いだった。上でのんびりして帰ってきて、ちょうど3時前。
昼に結構いろいろ食べて、腹がいっぱいになったので、夜は軽く済ませた。こういうパターンが一番良いように思う。
結局夜まで雨は降らない。
日中の温度27度、湿度44%。夜22度、64%。

パン屋

サン・アントニオというアンティグアでは有名なパン屋がある。サン・アントニオという名前より、クチクチというあだ名の方が有名。このクチクチ、墓地に行く道にあるのが本店なんだが、近年いくつか支店を出している。アタバルのそばにも2軒ある。
ここのパンは通常のパンより2,3割高いが、大きく重い。以前ここでも書いたが、パン粉を作るのはここのパンを使っている。高いがその分たくさんできるので、結局はこちらの方が良いように思う。
今日の夕飯にずいぶん久しぶりにこのパンを食べた。味はともかくとして、2つ食べただけで、夜ちょっと腹がもたれた。まあ10年も前だったら、このパンの方が、普通のものより断然良かったと思うが、今となっては夜に食べるにはちょっと重い感じがする。やっぱり夕飯は軽くすくますのがあっているようだ。
もう一つ支店をいくつか持っているパン屋にレポステリアというのがあるが、こちらは値段は安めだが、パンはスカスカで、パン粉にすると、ビックリするほど少なくなる。以前は、見向きもしなかったが、今は夜ご飯には、むしろこのくらいでちょうど良いと思うんだから、変わる物だ。
今日は午前中から天気が良い。それでも、昼からまた曇り始めて、夕方になって、また少し雨が降った。ここのところ雨は降っても、それほど強くなく、長くも続かない。今日の雨も同じよう。夜までに2,3回降ったように思う。
日中の温度26度、湿度43%。夜20度、68%。

お食事クレープ

今日は昼前からちょっと曇り始めたので、アタバルのそばのクレープ屋に行って昼ごはん。昼ごはんがクレープというのもどんなものかと思ったが、日本で肉やハムなどと一緒に食べるパンケーキを食べたことがあるので、まあなんとなく行けるんじゃないかと思って入ってみた。
入り口のところに今日のスープはミネストローネと書いてあるので、まずそれを頼む。大と小があるそうで、大だと量が多くて、クレープが食べられなくなると言うので、小を頼んだ。それで出てきたのは、小ぶりのコーヒーカップのようなものに入ったもの。ちょっと驚いた。大と小の大きさが極端に違うんだろうか?ミネストローネ自体はおいしい。アンティグアでもあちこちでミネストローネを出すが、ここの物は、ベーコンの燻製の味が利いていて、僕のイメージするミネストローネに最も近い。ペトラと2人ではあまりに物足りなかったので、大を頼んだ。こちらは確かにそれなりの量だ。ちょっと不思議。
お食事クレープはペトラがハモン・セラーノとエメンタルチーズとサラダ。僕はハムとチーズ。なんだかグルテンフリーの特殊な粉を使っているとのことで、変わった色。量は食事にはちょっと少ないが、まあ悪くない。味も僕のものはちょっと焦げているところがあり、そこは苦かったが、なかなかおいしい。でも、隣のアメリカ人っぽいおばさんが頼んだ、卵とハムと野菜などが入ってるものは、なかなかボリュームがあり、おいしそうだった。
ペトラはデザートにバナナのクレープを頼んだ。こちらは自家製というキャラメルソースがついてきたが、これがなかなかいける。バターの匂いもしてあまり甘くなくバナナはポテトチップスのように薄切りにしてある。おいしかった。
料金はお食事クレープが大体25ケツアルから65ケツアル(大体300円から800円)と決して安くはないが、フランス人らしき(フランス語を喋っていた)お兄さんと奥さんらしきグアテマラ人が2人でやっている。4カジェのアタバルのそばのガソリンスタンドの斜め前にある。ル・プティッなんとか(フランス語なんでわからない。)という店。
ただ、食事をしている間、おばさんと我々だけしかいなかった。がんばって欲しい。
今日の日曜定食は餃子で17人。午前中天気が良く、昼前から曇り、夕方にはちょっと降ったが、日曜定食のときはやんでいた。
日中の温度26度、湿度54%。夜21度、71%

視界良好

明日の日曜定食は餃子の予定。餃子はすでに昨日包んで凍らせてあるので、今日はかなり楽。午前中市場に行ったが、買い物はそれほどすることもない。家で食べるものをいくつか買って帰ってきた。
今日は久しぶりにすっきりとした良い天気で、暑い。こうして雨が降った翌朝、散歩していてアンティグアの南に見えるアグア火山を見ると、実にくっきりときれいに見える。木の1本1本が見えるような気がするほど。やっぱり雨で空中のごみが少ないんじゃないかと思われる。こういうのが雨季の良いところ。そもそも埃が少ない。こうしてくっきり見える山を見ながら散歩をするのは気分が良い。
市場の裏側からもアグア火山が良く見える。この市場の裏からアグア火山を見るのは、なかなか良い眺め。アタバルの裏の2アベニーダなどからも良く見えるんだが、やっぱり道の両側に家があり、視界が遮られる。それに比べると市場の裏は建物(露天の店などはあるが、小さいのであまり邪魔にならない。)がなく、広く見えるので、広々とした感じになる。その目の前のところで、人がゴチャゴチャ動き回っているのが、対照的な感じになる。
昨日は夏至だったらしい。まあ結構曇りがちだったので、あまり良くわからなかったが、今日は天気が良いので、午後6時を過ぎても、まだ夕方と言う感じがする。
夜になって少し雨が降った。
日中の温度27度、湿度44%。夜22度、64%。

金曜日

昨日取り付けた給湯器を試してみた。やっぱり小さいので、ちょっと温いのと水量が今までのものより少ないのは仕方ないだろう。まあ最高の温度にしなくてもとりあえず浴びられるくらい。心配していたほどではない。これでここ数週間使っていた電気の温水器にスイッチをつけて、使い分けられるようにするのと、別の口から出るようにするかちょっと考えているところ。
今日は金曜日で夕方の文法講座もやり、無事にアタバルの1週間が終わる。来週は火曜日が25日で先生の日となり、お休み。全国的な休日ではないが、学校など先生のいるところは休み。そういう決まりなので仕方がない。
それにしても、来週で6月も終わり。もう今年も半年が過ぎてしまうわけだ。本当に早い。7月の始めには夏のボーナスも払わないといけない。ついこの間冬のボーナスを払ったばかりのような気がする。
夜は最近金曜日良く見ているテレビの番組のダイナモを見る。手品の番組だが、以前にやっていたクリス・エンジェルはあんまり面白いと思わず、ほとんど見なかったが、こちらの方が、純粋に手品(奇術?)の楽しさがあるように思う。
今日も朝からちょっと雲が多い。午前中は外出しなかったが、午後公園の方に行った時には、細かい霧のような雨がわずかに降っていた。その後、やんだようだが、しばらくしてまたちょっと降り、夜までに3,4回パラパラッと軽く降ったようだ。
日中の温度26度、湿度57%。夜21度、68%。


噴水

朝もう授業が始まってから、ペトラが呼ぶので2階に見に行くと、ペトラのトイレから、水が噴出している。我々のトイレにはこちらでビデと言っているが、要するに日本のウオッシュレットに代わるものをつけてある。これの栓が壊れて、水が止まらなくなったようだ。これは大変。止める方法がない。
仕方がないので、トイレの蓋をして、水が飛び散らないようにして、フリアの旦那さんを呼んだ。それで、市場に買い物に行ったときに、代わりの栓を買ってきた。ちょっとした騒動だった。こんなの初めて。
フリアの旦那さんが来てくれて、栓を取り替えて一段落だが、せっかくなので、昨日買ってきた給湯器も取り付けてもらった。しかし、マニュアルを見たら、使用上の注意などは書いてあるが、取り付け方やら使い方のための図が一つもない。ずいぶんいい加減なマニュアル。幸いネットで図が見つかったので、まあ問題なく取り付けたれた。まあなんだかんだと言っていろいろややこしい一日だった。
午後に銀行に行ったときに、少し雨が降り始めた。大急ぎで帰ってきたが、パラパラ降っただけでやんでしまった。その後は、たまにパラパラ雨が降ったが、やっぱりすぐにやむ。夜になって少し長めに降ったが、やっぱりしばらくしたらやんだ。
今週の日曜定食は餃子にする予定。餃子の皮を頼んでおいたのだが、ちゃんと薄く作ってくれたので、ありがたい。
日中の温度27度、湿度53%。夜20度、69%。


中国製とブラジル製

ついに給湯器を買ってしまった。迷ったが、一番安い小さいものにしてみた。知り合いの工具店のオーナーが自分も使っていて問題ないというので、まあそれに賭けてみることにした。
当然自分のところで売ろうとしているわけだから、悪いようには言わないだろうと思うが、使っていると言うのは嘘ではなさそう。それに、他のところでもだいぶ高いけど、小さいものはあった。でも、そこでは許可を受けた業者が取り付けをしないと保証が効かないといわれた。しかも、その許可を受けた業者と言うのはアンティグアで1つだけなんだそうだ。
そうなると、かなり面倒臭い。取り付けなんて、お湯の出口、水の入口、出口、ガスの取り付けをするだけで、そんなに複雑なことはないと思うんだが。一体なんでそれに専門の業者がいるのかわからない。そちらはブラジル製。今日買ったものは中国製。
中国製の方は、そんな面倒なことは言わないし、領収書があれば1年間保証するといってくれた。それで、日曜日にフリアの旦那さんが来たときに頼んで取り付けてもらうつもり。それで十分だと思うんだが。
午前中から雲が多かったが、午後から雨が降り出した。ちょっとやんだりしたが、それほど強くない雨が結構降っている。夜になっても強くなったり少し弱くなったりしながらずっと降っている。朝まで降りそう。
日中の温度27度、湿度62%。夜21度、74%。

水がない

朝から断水。朝ごはんを食べたころから、もう水は出ているものの、チョロチョロと相当水圧が低かった。これが昼前になったらもう全然でない。まあ断水しても、大体1時間程度で復旧することが多いので、まあ貯水タンクの水があるし、何とかなるだろうと思い、最初はタカをくくっていた。
ところが、午後になっても一向に水が戻ってくる気配がない。何とかタンクの水でしのいでいたんだが、夕方、フリアが帰るころになって、生徒さん用のトイレの1つが詰まり気味だから、使わないように張り紙をしてくれと言ってきた。
詰まりを取る薬品はあるが、かなり強い薬なので、これを使ったら、その後、十分に水を流さないといけない。ただでさえ、朝から使っているので、タンクの水が、もう持たないかもしれない。そこで、別のトイレを使ってもらうように書いた紙を貼った。
結局夕方の5時ごろになって、やっとチョロチョロ水が出だした。まだ十分とはいえないが、ないよりはましだ。それにしても今日の断水は長かった。あまり長いので、問い合わせたところ、水道管の破裂ということだったが、何時もはもっと早く直るのに、どうしたんだろう。
昨日の夜、熱帯低気圧が近づいてきているというニュースがあった。グアテマラ北部では、もう雨が降っているといっていた。その影響か、今日は朝から雲が多い。夕方になって水道の復旧より早く降ってきた。
日中の温度27度、湿度53%。夜21度、70%。

今昔

昨日マルテディーノという、昔からあるレストランに行った。だいぶ寂れていると書いたが、我々が昼ごはんを食べている間、入ってきたのは2組だけ。奥の方がどうなっているのかわからないが、パッと見ただけで、20テーブルくらいある店なので、かなり寂しい。どうやら、入ってくるのは、アンティグアの人で、おじいさんが生きている頃からの客のようだ。ペトラは顔を見て知っているような人ばかりと言っていた。
この店には幸いなことに、アンティグアの人はかなり保守的なので、新しい店に見向きもせず、こういう昔からある店に来る人がいるんで、この店も持っているんだろう。何しろ20年以上前はイタリア料理店は3軒程度だった。今は一体いくつあるんだろう。
最近増えているのは、先日書いた中近東料理とインド料理。以前は全くなかったが、今はいくつか見る。インド料理屋は行ってないのでわからないが、中近東料理の、今売っている料理は、とっぴな事はなく、こちらの人にも親しみやすいものだ。野菜も多く、ベジタリアンでもいけるようなものも多いので、健康志向の人にも向いているんだろう。
今日は午前中はまあ良い天気。暑くなったが、やっぱり午後からは雲がかなり出てきて、今にも降りだしそう。ところが、ここで降らないのがここ数日の傾向だ。でも、今日のニュースでは、また熱帯低気圧が近づいてきているんだそうだ。この天気が良くて、暑い日も、後しばらくかもしれない。ともあれ、今日は夜になっても結局雨は降らない。曇っているが星も少し見える。
日中の温度28度、湿度44%。夜22度、70%。

昔の名前で

昼ごはんを食べに出たんだが、もうここといって行くところが思いつかない。ペトラが食べて、これはちょっと面白いと言うところを探すのは至難の業。公園の方まで歩いていき、更にフラフラとそこら辺を歩き回った。最後はペトラがもう疲れちゃったと言うので、6アベニーダの4と3カジェの間にある、マルテディーノという、イタリア料理店に入った。この店は以前4カジェの公園から半ブロック場所で、今は寂れた服屋になっているところに、大きな店を構えていた。その頃はマルテディーノという、イタリア人のおじいさんがいて、かなり繁盛している店だった。何しろ、相当大きな店が良く満員になっていたくらいだ。我々もちょこちょこ行っていた。手頃な料金でそこそこの質の料理が満足いくくらいの量で出てくるという店だった。
このおじいさん、最後の方は、もう年だから引退すると言って、店の権利の買い手を探していた。僕も何度か買わないかと言われたくらい。結局売れて、引退したんだが、買った人は、上手く運営できなかったようで、わりとすぐに違う店になった。
おじいさんの方は1年くらい散歩などしているのを見かけたが、その内、今とは別のところに店を作った。店に行って話をしたら、やっぱり退屈でだめだと言う。その後、おじいさんが亡くなって、若い(おじいさんから比べればの話だが)奥さんが継いだ。その後、今の場所に移っている。でも、ちょっと寂れて昔の面影がだいぶ薄れている。
僕は昔はなかった今日の定食で、ステーキとサラダとスープ。ペトラは鳥の腿を焼いたものに、ブラウンソースをかけたもの。この鳥は昔から良く食べたが、名前が変わって、味もだいぶ変わったように思う。55ケツアル(約650円)。ちょっとさびしい。
今日の日曜定食はさつま揚げで12人来てくれた。午前中は割りと良い天気で暑かったが、夕方から雨が強くなったり弱くなったりやんだり。
日中の温度30度、湿度35%。夜22度、59%。

中近東料理

午前中はかなり天気が良かったんだが、午後からちょっと曇ってきた。そろそろ雨が降るかと期待していたんだが、降りそうで降らない。その分かなり暑い。午前中に市場で買い物をしていても、汗だくになるほど。
夕飯に以前から気になっていた、中近東料理の店に行って、持ち帰りで買ってきた。1月くらい前に見つけて、それからずっと行ってみたかったんだが、ペトラがどうも中近東料理というと良い顔をしないので、機会を窺っていた。
結局雨が降りそうで降らないので、これは良い機会だと思い、ペトラには、カブキでチキンカツを注文し、それを取りに行く時に、この中近東料理屋によって自分用の食べ物を注文した。
店は中央公園から5カジェを半ブロックほど西に行ったところ。コミーダ・デル・メディオ・オリエンテ(中近東の食べ物)という実にそのままの名前。
基本的なメニューはサラダとサンドイッチ。何だと思うが、これがアラブ風のサラダとサンドイッチ。大体値段が小が20ケツアル台。大40ケツアル台。小はピタパン半分で大はピタパン1個という設定のようだ。鳥のサンドイッチを頼んだ。ピタパンに、ショーケースの中にあるざっと15種類くらいの野菜を次々に入れて、その上に鳥とジャガイモなどを鉄板で炒めた物を乗せて、ソースをかけて出来上がり。小を頼んだが野菜がたくさんなので丸まるとしていて小にしては食べ応えがある(ボロボロこぼれてくるし、ピタパンは薄いので破れてくるし実に食べにくいが)。フムスというガルバンソのディップも入れてもらったので28ケツアル(約350円)。野菜がいっぱいで、お勧め。メニューの種類をもう少し増やして、大と小の中間のサイズ料金があるともっと良いのに。
結局夜になっても雨が降らない。
日中の温度28度、湿度44%。夜22度、57%。

サッカー選手

何でも今、アルゼンチンのサッカーの代表チームがグアテマラに来ているらしい。どうやら、今週末にグアテマラの代表と試合をするみたいだ。アルゼンチンの代表チームというと、相当有名な選手がいるらしい。まあ僕でもメッシ選手はニュースなどで見て名前を知っているほどだ。
このメッシ選手を含め、有名な選手達が、今日アンティグアに遊びに来たんだそうだ。試合は、グアテマラシティーでやるらしく、当然泊まってるのもグアテマラシティーのようだが、今日はおそらく試合前の休みかなんかだったんだろう。
どこに行ったのか詳しくは知らないが、どうやら十字架の丘に登ったらしい。十字架の丘のふもとに住んでいる先生が、その様子を見てたんだそうだ。何しろすごい人だったと言う。見に行こうにも、おそらく近寄っても人垣ができていて、何も見えなかっただろうとのこと。やっぱり、ものすごい人気だ。
当然アンティグアの街中も回ったんだろう。僕はそんなこと全く知らなかったので、気がつかなかったが、いつもより、車もたくさん来て、結構アンティグア内は混んでたらしい。やっぱりすごい人気だ。
今日も朝から良い天気。本当に今週はずっと良い天気だった。そのため、今日はかなり湿度も低い。これだけ降らなかったら乾燥もするだろう。天気予報は結構当たっていた感じだ。
日中の温度30度、湿度25%。夜23度、54%。

朝から良い天気。午前中市場に買い物に行ったんだが、いつものように、ワンタンのおばちゃんの店に寄った。特に買うものはなかったんだが、いつもお願いしているオクラやゴーヤなどを持ってきてくれる時があるので、とりあえず顔を出すようにしている。
今日は特に何もなかったんだが、ちょっと話をしていたら、下の方からなにやら塊を出してきた。良く見ると、植物の苗のようだ。オクラの苗だと言う。僕がオクラが好きで、いつも頼むんだが、おばちゃんはそれを見て、彼女の故郷のフティアパではオクラはそこら辺に生えていて誰も食べる人はいないので、大きくなって種がはじけて、またそこから生えてくるようなものだと言っていた。それで、フティアパに行くことがあったら、種を持ってきてくれと頼んでおいた。
月曜日、おばちゃんは休みで、代わりに娘が来ていたんだが、どうやらフティアパに行っていたらしい。それで種を探してくれたらしいんだが、ちょうど種が取れるのがなかったので、代わりに苗を持ってきてくれようだ。
帰ってきて、早速裏庭に植えてみた。フティアパはかなり暑いところなので、アンティグアとは気候は違う、上手く育ってくれるといいんだが。雑草みたいなものだと言うので、生命力は強いんじゃないかと期待。
今週の日曜定食はさつま揚げの予定。
今日は一日天気が良く暑い。雨が降らないと夜も暑い。
日中の温度30度、湿度36%。夜23度、52%。

パスタ

やっと墓の年間使用料を払ってきた。1月から払おう払おうといっていたんだが、なぜかこれは墓地まで行かないと払えないので、ついつい伸ばし伸ばしになって6月になってしまった。墓地は市の管轄のはずなので、市役所とかでも払えるようにしてくれると便利なんだが。まあ、こちらの方は、いつまで支払いと言う期限がないようだ。延滞料を取られるかと思ったが、特にそんなことはなく、年間100ケツアル(約1200円)。日本の墓地がどうなっているのか知らないが、安いんじゃないかと思う。ペトラは何年かまとめて払ったらどうかと言うが、それこそ、忘れてしまいそう。
昼ごはんはイタリアンソーセージのスパゲッティー。ソーセージと焼いたピーマンが入っていて、おいしかった。スパゲッティーが好きなんだが、不思議なことに、スパゲッティー以外のパスタは別に好きではない。マカロニとか形が違うだけで、中身は同じじゃないかと思うんだが、食べるときの意欲がまったく違う。マカロニだって別に嫌いって言うわけではないが、食べたときの満足感は大いに違う。
ところが、ペトラは逆で、細長い麺はほとんど食べない。短いパスタは大好きと言うわけではないようだが、食べなくはない。このため、今日のようにスパゲッティーの時は、ペトラは別のパスタを茹でて食べている。もったいないと言うか、面倒と言うか、困ったものだが、感覚の問題なので変えようがない。
朝から良い天気。昼からちょっと曇ったが、一瞬小雨が降った程度。
日中の温度30度、湿度40%。夜23度、59%。

判子が古い

今日と明日は雨があまり降らないんだそうだ。確かに今日は朝から良い天気で、ここ数日のように昼を過ぎても、暗くなってくることはなく、そのまま晴天が続いている。それは良いんだが、暑い。
昨日、先日書いたグアテマラの出入国ビザができたという電話を、手続き代行業者からもらったので、この暑い中、出かけて取りに行って来た。約2週間かかったわけだ。もう少し早いかと思ったが、代理でやってもらって、自分で行かないでできるんだから、十分だと言える。
持って帰って、ビザを読んでみたら、2018年の6月4日までとなっている。代行業者に頼んだのが、その前の週で、恐らくグアテマラシティーの出入国管理局に持って行って、手続きをしたのが4日くらいなんだろう。これを見ると、大体手続きをした日から5年となると言うことのようだ。
ビザに空欄がいくつかあるので良く見ると、セドゥラの番号などを書く欄が空いている。大丈夫かと一瞬心配になったが、下の欄外に、DPIと書いてあって、DPIの番号が書いてある。今年から身分証がセドゥラからDPIに変わったんだが、まだ、判子を新しくしてなくて、セドゥラのときのままのを使ってるわけだ。判子ぐらいすぐできるんだから新しくすれば良さそうなものだが。
夜になっても雨が降る気配はない。このため、ちょっと暑い。
日中の温度29度、湿度36%。夜23度、64%。

駐車禁止

今朝はまた良い天気。ジェシカと散歩に出たら、アタバルの前の1アベニーダの道の東側だけに駐車禁止と書いたものが、サンフランシスコ教会からアタバルの前のブロックまでずっと置いてある。やっと米州機構の総会が終わり、通行止めやらややこしい規制が終わったと思ったのに、今度はなんだろう?
しかも道の片側だけって言うのはどういうことなんだろうと思う。しかも、この駐車禁止の表示が、わりと飛び飛びに置いてあるので、その間に車が止めてあったりする。要するに、置いてあるところだけ駐車したらいけないのか、そちら側全部が駐車禁止なのかわからないような状態。普通に考えたら、こうして等間隔においてあるんだから、そちら側全部が駐車禁止だと認識するものだと思う。とにかく、一体何の意味があるんだか、実に不思議だ。
しかもアタバルのある側は駐車禁止になっていないので、駐車する車は大抵こちら側に停めてしまうのでなんだか良くわからない。一体どういう意図でやってるんだろう。夕方6時ごろには撤去に来ていた。
昼からまた、曇り初めて、昨日と同じような天気。昼過ぎに銀行に用事に行ったときには、結構雲が厚くなり、帰りには小雨が降り始めた。大急ぎで帰ってきたが、その後ちょっと小雨が降り続いたものの、すぐやんでしまった。なんだか肩透かし。
まあ最近は夜涼しく、過ごしやすい。
日中の温度27度、湿度56%。夜21度、70%。

4倍

昨日の晩かなり雨が降ったようだ。朝起きたとき、地面がやんだすぐ後のように濡れていた。こちらはぐっすり寝ていたので、全然気がつかなかった。それでも午前中はかなり良い天気。昨日の天気予報では雨だったんだが、これだったら、降らないんじゃないかと思うほど。
ところが、今日は久しぶりにエピクレに昼を食べにいったんだが、食べている時に、ちょっと暗くなってきた。西側の空は、その時はまだ全然雲も出ていなくて快晴だったんだが、北東側が曇ってきたみたいだ。
エピクレでは前から気になっていたアイスクリームを買って帰った。いろんな味のがあって、容器にエピクレと書いてあるところを見ると、どうやら自家製らしい。しかし、またお金を払う段になって驚いた。容量が書いてないのでわからないが、おそらく半リットルなさそう。それで、45ケツアル(約540円)。グアテマラで最も標準的なアイスクリームと思うサリータのアイスクリームだったら、1リットルで22ケツアル。ビックリするほどの違いじゃないだろうか。
帰って食べてみたが、確かにおいしい。4倍の値段の差があると思うと、それだけの味の差があるのか、という疑問はあるが、おいしいと思った。ただ、買ったのがイチジク味だったので、イチジクはちょっと甘くて、普通のバニラにすれば良かったと後悔した。
結局昼過ぎから雨が降り出し、結構降った。幸い日曜定食の時間にはやんでくれた。
日曜定食はチンジャオロースで13人来てくれた。
日中の温度29度、湿度56%。夜22度、72%。

いつもと反対

朝市場で買い物をして明日の日曜定食の仕入れをしてきた。チンジャオロースなので、材料は比較的簡単に手に入る。案外ピーマンが高くてこれはちょっと誤算。先週まで安かったように思うんだが。市場は暑くて買い物をしていると汗をかく。
帰ってきて、買ってきたものを整理したり、用意をしたりしていたら、ゴロゴロと雷がなり、雨が結構な勢いで降ってきた。雷が尋常の鳴り方ではない。窓はもちろん、棚までブルブル震えるほどの鳴り方。ちょっとすごい。2階に上がってみたら、風もすごい。さっきまで風なんて吹いてなかったのに。買い物を終わって家に帰ってからのことで本当に良かった。
雷と風はしばらく続いたが、まあ治まったものの、その後も雨は降っている。少し弱くなったようだ。その後、夕方6時ぐらいになってやんだ。結構長いこと降っていたことになる。
朝から水道の水圧が低かった。どうもここ数日、水圧が低いことが多い。ちょうど米州機構の総会の期間中にも、水圧が低いことが多かったので、水を客のいる方に回しちゃったんじゃないかと勘ぐったりしたが、期間が終わってからも水圧が低いことが多いことをみると、そうでもなかったようだ。それにしても、一体なんだろう。今日は市場で買い物をして汗をかいたので、ぜひシャワーを浴びたいところだが、こんな水圧で大丈夫かと、心配していた。そうしたらなんと夜になって水圧が通常の状態に戻った。いつもは夜になると水圧が下がるんだが、反対だ。夜遅くなってまた雨。
日中の温度28度、湿度55%。夜20度、73%。

元通り

米州機構の総会も、昨日で終わったようで、今朝は静かなもの。通行止めの柵も取り除かれていて、朝のジェシカとの散歩もスムーズに行った。誰もが不便に思っていたらしく、朝の挨拶は、やっと終わったねというのが多い。
まあ急いでいる時に、あんな面倒なものはない。何しろ毎日微妙に場所が変わっていたりするので、予測がつかない。ニュースではアンティグアに大変な経済効果があると言うことだが、まあホテル、レストラン、タクシー(公園のタクシー乗り場には、通常の倍くらいのタクシーが止まっていた。)とか関連する業種には、当然影響があったんだろうが、一般の人は全然関係ないので、何言ってるんだという反応が多い。
しかし、総会に来た人たちはついていたと思う。先週あれだけ雨が降り、今週も天気予報では結構降るようなことを言っていたのに、実際はそんな行動に支障が出るほどは降らなかった。昨日書いたように、天気予報では今日も全面的に雨マークがついていたんだが、結局日中は降りそうで降らないまま。それでも、一時の暑さはだいぶ和らいで、夜になると涼しいんだから、結構過ごしやすかったんではないかと思う。少し降った雨で埃も収まっているし、良い時に滞在したと言えると思う。
結局夜になっても雨は降らず。一体どうなっているんだろうか?世界的に見ても、日本は雨が少なく、ヨーロッパなどでは洪水が起こっている。まあそれに比べれば、こちらは平常に近いのかもしれない。
日中の温度27度、湿度58%。夜22度、72%。

ガスコンロの大掃除

今日はガスコンロの大掃除。これは自分でやるのは大変なので、専門の業者に頼んだ。業者と言っても、いつもいろんな修理をしてくれるおじさん。まあ、見ていたら、針金をコンロの穴に突っ込んで、通りを良くするのが作業の中心のようだ。これだったら、2,3ヶ月に1回、毎週日曜日にいろんなメンテナンスの作業をしてくれるフリアの旦那さんに頼んでやってもらえるなと思いながら見ていた。
中華コンロと、家用の4ツ口のコンロと両方やってもらったので、どちらもきれいに炎が出るようになったように思う。これで、料理がチャッチャとできるようになると良いんだが。
作業をしている間、いろいろ疑問に思ってることを聞いてみた。今ガス代がまた値上がりして、25ポンドで120ケツアル(1500円弱)なんだが、これでも、乾燥機や給湯器は電気のものより、ガスの方が安く上がるんだそうだ。これは、先日給湯器を売っている店に行って聞いた時も、同じ事を言っていたので、まあそうなんだろう。
今朝はかなり雲が多く、今にも雨が降りそうだったが、結局降らないまま。市場で買い物だったので、降らないで助かった。今週の日曜定食はチンジャオロースにすることにした。しかも、午後になってむしろ良い天気。その分暑くなった。
夜になってもなかなか雨が降らない。このままかと思っていたら、やっと10時ごろになって、少しだけ降った。でも明日は雨だと言う予報。
日中の温度27度、湿度57%。夜22度、73%。

遠回り

今日も米州機構の会議が続いているようだ。今朝ジェシカと散歩して、アンティグアの中心の通りの、4カジェの方からアタバルに戻ろうとしたら、道の端から端まで柵がしてある。近づいていったところ、「どこに行くんだ?」という、結構えらそうな感じで警官に聞かれた。「僕の家は次の角を曲がったところにあって、家に帰るところだ。」と言うと、家はこの通りの中にあるのかと言う。だから、次の角を曲がったところだって言ってるじゃないかというと。「だったら、反対側から行けるんじゃないか。」と言う。
それは行けない訳はない。遠回りだと言って粘ろうかと一瞬思ったが、まあこちらは散歩なんで、遠回りも何もないと思い、黙って踵を返して戻ってきた。でも、もうちょっと言い方がありそうなものなのに。昨日、通行止めに怒って悪態をつかれている所を見て、ちょっと同情していたので、黙って帰ってきたが、この様子を見ると、どっちもどっちだと思った。
昼のニュースではあと48時間雨が降ると言っていた。ところが、昼からは結構良い天気。だいぶ暑い。天気予報は当てにならないって、生徒さんと話をしていたら、ゴロゴロ言い出した。グアテマラ全体にかなり雨が降っているらしい。ただ、ここ数年に比べ、それほど大きな被害のニュースを聞かないのは幸い。
夕方から雷がゴロゴロ鳴っていたわりにはなかなか雨は降らなかった。結局6時ごろから降り始めたが、それほど降らなかった。
日中の温度26度、湿度58%。夜21度、72%。

総会

米州機構の総会が今週アンティグアで開かれている。このため、南北アメリカの要人が、今アンティグアに来ているらしい。そんな訳で、今アンティグアは町のあちこちに警官が立っている。何しろ2000人くらいの警官が各地から集められたと言う。
今日はあちこちで通行止め。先生の中には徒歩なのに通してもらえず、遠回りをして来たと言う人もいた。アタバルの前のブロックも通行止め。バイクもだめらしい。柵で囲って通れないようになっていた。ところが、それでも進入してくる車が多い。何とか言い訳して通るつもりのようだ。いつもの週末以上に車が多く、通行止めに諦めたのか、路上駐車も多い。他所から来て迷ってウロウロしている車も多く、そうして無駄なところに突っ込んでくる車もあり、狭いところでターンしたりするので、大混乱。一方通行はあってないようなもの。ちゃんと地図を作って通知しておけば良いのにと思う。小さい町だし、そんなに難しくないだろう。
この通行止めをしている警官はとんだ災難。何とか通してもらおうといろいろな言い訳してくる車に対処し、ちょっと目を離すと、柵をどけたり、歩道に乗り上げて柵をすり抜けて行く車がある。出勤、通学で急いでる人たちが、通行止めに怒って、悪態をついている。地方から派遣されてきた彼らは、迂回路を聞かれても要領を得ず(恐らく適当な指示を出す警官も多いんだろう。別の通行止めのところでこちらに回るように言われたと怒っている人が多い。)、更に怒られている。
今日は午前中はまあまあの天気だったが、昼から時々雨。
日中の温度26度、湿度60%。夜21度、77%。

オルチャータ・メヒカーナ

昨日のラ・ドニャという店。食べ物もまあおいしかったが、どうも酒のつまみっぽい感じに使われているように見受けられる。普通気がつかないが、裏庭があって、そこで酒を飲ませて儲けてるんじゃないかと思われる。
酒を飲まない我々にしてみると、ここで面白かったのはオルチャータ・メヒカーナ。オルチャータは米の粉で作った飲み物で、ちゃんと作ってあるものは、それなりにおいしいが、僕にとってはそれなりという範囲を出ない飲み物。ちゃんとしてないものにいたっては、米のとぎ汁という人も多いくらい、あんまりおいしいものではない。
ところが、ここのオルチャータ・メヒカーナは、どうやら牛乳を入れているようで、更に、メロンの切れ端が入っている。ちょっとメロンの香りがして、牛乳のクリーミーな感じがして、おいしい。
値段は25ケツアル(約300円)で、僕の食べたタコスと大して違わない。ちょっと考えてしまうような値段だが、オルチャータを飲んで、「これはまずい。」と思っている人は一度飲んでみる価値があると思う。まあミルクセーキと変わらないと言われると、そうかもしれないとは思うけど。メキシコでオルチャータを飲んだ記憶がないが、皆こういう風に作ってあるんだろうか?
今日は午前中から雲が多く、いつ降ってもおかしくない天気。天気予報でも今週は雨という。午前中は降らなかったが、昼から雨。夜にも結構降った。
日中の温度24度、湿度72%。夜20度、77%。

ウイトラコチェ

ウイトラコチェという食べ物がある。メキシコで食べる物だが、とうもろこし黒穂病菌 に感染したとうもろこしの穂だそうだ。要は菌類なので、キノコの一種らしい。栄養があるものらしいが、なぜだかグアテマラでは食べない。これを今日の昼食べた。
昼ごはんを食べに出たところ、ちょうど小雨が降ってきたので、これはもう近くで済ませようと言うことになり、どこにしようか考えていたが、すぐ近くのガソリンスタンドの横に、ラ・ドニャというメキシコ料理の店があり、カルニータという、豚肉を油で煮たようなものがあり、おいしいと聞いたことがあるので、そこに行ってみた。
ペトラは鳥のスープとフラウタというこのカルニータ(中身は選べる)をトルティーヤで巻いて揚げたものに、レタスとチーズとアボガドのソースがかかったもの、僕はタコスを食べた。タコスは3枚で、カルニータとピビルという豚肉を香辛料でつけて焼いたものと、このウイトラコチェを頼んだ。今回はちゃんとソースと一緒にコリアンダーとたまねぎの刻んだものも持ってきてくれるので、自分で好きなように味付けして食べられる。ウイトラコチェは特に味のあるものではなかった。全体的に味が薄いので、塩をかけて食べると良いと思う。タコス3つで足りるかと思ったが、結構中身がたくさん乗ってくるので、トルティーヤの追加を頼んで、たまねぎやコリアンダーをいっぱいかけて食べたら、結構おなかも膨れた。これでタコスは400円弱なので、まあまあ良い値段。
ここで食べているときに、雨がやんで日が差してきたんだが、その後また雨。結構降っている。日曜定食のときも雨が続いている。6時半になっても誰もいない。これはもう誰もこないかと思っていたら、7時前になってやっと一人。その後7時半ごろにまた一人という感じ。でも結局8人来てくれた。雨の中本当にありがたいことだと思う。
日中の温度25度、湿度64%。夜22度、72%。

高原の町

今日はちょっと雲が出ているものの、天気は比較的良い。市場に買い物に行ったが、今日はそれほど買うものはないので、わりと早く終わった。明日の日曜定食は魚の照り焼きの予定だが、魚は買ってあるし、付け合せのポテトサラダのジャガイモも、買ってある。
帰ってきて、魚の照り焼きのたれを作り、魚をつけた。メカジキは柔らかくて、脂も比較的あるので、照り焼きには向いていると思う。ただ、最近これがなかなか手に入りにくくなって困る。本当に以前に比べると、魚の種類が減っているように思うんだが、一体なぜなんだろうか?乱獲と言ったって、グアテマラの人はそれほど魚を食べないので、そんなに取ってないんじゃないかと思うんだが。
実際昔、ホームステイをしているときに、魚料理は1度食べたかどうかと言う程度。まあ他の家も大体同じようなものだと思う。やっぱり、アンティグアは山の中の高原野町なので、魚を食べる習慣がないんだろう。
実際魚屋で見ていても、魚を名前で指定して買う人はまずいない。スープ用とかフライ用とか、用途を指定して、おばちゃんが、その時もっている魚の中から、適当なものを選んで、それだったらこの魚などと言って、売買するのが普通のようだ。
昼間は結構暑くなったが、夕方からまた少し雨が降った。夜になってもたまに降ったりしているようだ。おかげで少し涼しくなったが、このくらいが雨季らしい天気。今日はもう6月だ。
日中の温度27度、湿度58%。夜22度、68%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。