スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


切干ラディッシュとたわし

市場で買ってきたラディッシュを切干大根にした。今は乾期で野菜を干すにはもってこいの天気だ。切干大根は良く作るんだが、以前は笊に入れて干していた。これでもちゃんと乾くんだが、以前鳥につままれて、つままれるだけだったら良いんだが、飛び立つ時に、この笊をひっくり返されたことがある。
その後、日本の100円ショップで買ってきた、物干しネットが活躍している。100円で買えるし、重くなく、たいしてかさ張らないので、持ってくるにも便利。2つ持っていたんだが、去年買い足してきたので、十分ある。
これだけあれば、この時期にはかなり早く乾くだろう。やっぱりネットで囲まれているので、誇りも少ないような感じがするし、この方が安心。これはなかなか便利な道具だと思う。ラディッシュの色も、切って干してしまえば、気にならないので、皮も向かずに、たわしで洗うだけで、切ることにしている。
便利な道具ついでに言えば、この亀の子たわしも便利。これは最初ペトラが日本で使って、気に入って買ってきたんだが、確かに便利なので、最近は毎年買ってきている。野菜をごしごし洗ったり、笊などを洗うのに便利なんだが、こちらにはこういうものは売っていない。
ニュースでは、相変らずまた寒くなると言っている。それでも、今日も日中も気温以上に暑く感じた。夜もそれほど気温は下がらない。
日中の温度26度、湿度45%。夜21度、55%。
スポンサーサイト

何とかならないものか

先日市からの通知が来た。まあ何かのお知らせは良く来るんだが、今回はちゃんとアタバル宛になっていたので、ちょっと変だと思い、全部読んでみた。グアテマラでは市への税金のようなものとして、ボレト・デ・オルナトというのを毎年初めに買うことになっているんだが、これを、アタバルで働いている人の分まで買って、後で給料から引けというようなことが書いてある。
意味が分からない。なぜ、そんな事をこちらでやらないといけないんだろうか?先生たちは、きっと今年は払う人が少ないから、市役所の方では焦っていて、何とか払わせようとしているんだと言う。しかし、このボレト・デ・オルナトかなりいい加減なもので、市に関係する何かの手続きをするときには必要になるが、そういうことがなければ、別に払わなくても、請求されたりしないし、特に問題はない。しかも、一応収入によって払う額が違うんだが、自己申告制なので、大抵の人は一番安いものを買う。
もう少しちゃんとやる方法がありそうなもんだが、そうもいかないんだろうか?実に不思議。
今日は市場で買い物をした。豚肉は頼んでおいたので、必要な部分がちゃんと手に入る。これは肉の良いところ。これで今週の日曜定食は豚肉のしょうが焼きにする予定。
昨日のニュースではまた寒波が来るということだったが、日中は温度以上に暑く感じる。夜になっても、それほど寒くはない。
日中の温度26度、湿度39%。夜20度、55%。


100ドル紙幣

トラベラーズチェックがなくなるという話を書いたが、今度は新しい100ドル札が出た。そういえば、ネットのニュースでちょっと見たような記憶があった。でも、そうすぐには出くわさないだろうと思って、あまり気にしていなかった。ところが、今週2人の生徒さんがこの新札で支払いをされたので、驚いた。
何しろ色が、かなり変わっている。青緑のような色になっているので、最初出されたときは、トラベラーズチェックかと思った。少なくとも現在のところでは、100ドル札だけのようで、他の額面の紙幣は、新しい札にはなっていないようだ。
ドル紙幣はちょこちょこ変更される。しかし、今までより、今回の変更は激しいように思う。しかも、紙幣の真ん中から少しずれたところに、偽札防止用の帯が入っている。これは、グアテマラの方が先に導入していたもの。それでも、偽札はなくなっていないようなので、どれだけ効果がある物か疑問だ。
それにしても、日本でドルを買うと、必ず新札なのはすごいと思う。日本の銀行は受け取ったドル紙幣をまた使ったりしないんだろうか?それとも他に使い道があるのか?結構不思議。今回も、新しいのが出たというニュースを見たのはそれほど前じゃないように思うんだが、もうそれを持ってきている人がいるというのは、すごいと思う。
今日も日中は天気が良く、かなり暑くなった。もうそろそろ、暑くなるころなのかもしれないが、それでも朝はちょっと冷える。
日中の温度26度、湿度30%。夜20度、55%。

トラベラーズチェック

旅行に興味のある人はもうこの記事を読んでいられるかもしれない。確かに、技術の進歩に伴い、旅行に関する環境が変わってきた。便利になったのは当然だが、その分、昔からの旅行者には情緒がなくなったと思えるのも、わからなくはない。
この中で、9のファーストクラスは全く縁がないので、どうでも良いように思うが、先日こちらに来た人から聞いた件にはちょっと驚いた。7のトラベラーズチェックだ。トラベラーズチェックは、ずっと以前は海外に旅行する人の必需品で、アメリカンエキスプレス以外にも、トーマスクックやらビザ、シティーコープなど、数種類の物が日本でも売られていた。
これが、数年前(と言ってももうだいぶ前になるが)からアメリカンエキスプレスのもののみとなり、これすら今年の4月からついに日本では売られなくなるんだそうだ。
アタバルで生徒さんからの支払いにトラベラーズチェックを利用されることは、一時ほとんどなくなっていた。そのころには、確かにトラベラーズチェックはいずれなくなるだろうと思っていた。ところが、少し前にカードのスキミングが問題となった影響だと思うが、トラベラーズチェックで払う人がまた少し増えてきているように感じている。
まあ、そういう旅行者はごく少数派に属するんだろう。でも、確実に需要があるように思うんだが。ちょっと残念な話題だ。
今日も日中は暑かったが、朝は寒かったし、夜も結構冷える。
日中の温度27度、湿度51%。夜19度、57%。

ミラーフィルム

何しろ年に1回か2回しかグアテマラシティーには出ないので、この時にまとめて買い物などをしてくる。今回は窓に貼るガラスフィルムを買ってきた。黒っぽいもので、基本的に外からは鏡のようになって、中が見えず、中からは外が見えるというもの。
何しろ、事務室はドアから正面になるので、外から丸見え。まあある程度見えるのは良いんだが、物売りなどが来て、買うものがないので無視したいときでも、居るのがまるわかりになる。ただ、最大の理由は向かいの家の壁。ちょうどコンピュータのモニターの上にあたるところが、真っ白な壁で、午後になって、太陽がそこに当たるようになると、かなり反射して、まぶしい。呼び鈴が鳴って外を見た時に、うっかりこれを見てしまうとクラクラする。
そこで、このフィルムを買おうと思ったんだが、いろいろ聞いてもアンティグアでは売ってないと言われる。皆グアテマラシティーで買えと言うので、ついでに探してきた。ポラリサードと言って、車の窓にこれを貼る商売がたくさんある。ところが、そういう店で聞いても、貼るのはやるけど、フィルムを小売りはしないと言われる。いろいろ探して、レフォルマドールの塔すぐ近くで、やっと1軒小売りをしている店を見つけた。
車用とオフィス用があった。同じものかと思っていたら違うようだ。当然オフィス用を買って来て、昨日フリアの旦那さんに貼ってもらった。当然事務室はちょっと暗くなったが、良い感じだ。
今日は天気が良く、日中かなり暑い。
日中の温度28度、湿度49%。夜20度、53%。

酒好きの人へ

アンティグアからグアテマラシティーに行くとき、グアテマラシティーにはいる手前のところに、リコレーラ・ナシオナルという、ロン・サカパなどを作っている会社の流通センターのようなものがある。この、ロン・サカパはグアテマラを代表するラム酒。
ここで、小売もしていて、かなり安いということを教えてもらったので、グアテマラシティーに行く途中にちょっと寄ってみた。卸売りをするところなので、本当に小売してくれるのか、ちょっと不安だったが、入り口で警備員の人に聞いたところ、中に入れと言う。中に入って受付で聞くと、9時から売ると言う。その時、8時50分を過ぎたくらいだったので、ちょっと待つことにした。
そうしたら、すぐに女性が来て、シャッターを開けてくれた。そうしたら、先に待ってたおじさんがいたらしく、早速いろいろ注文している。僕は知らなかったが、注文が一段落したところで、ペトラが挨拶すると、向こうもビックリして挨拶していた。アンティグアの人で、バーをやっているという。アルコールは全く飲めないので、値段が安いんだか高いんだか僕にはわからなかったが、アンティグアのバーの人がわざわざ買いに来るくらいだから安いんだろう。ラム酒以外にもいろいろ売っているみたいだった。お酒の好きな人は1度行ってみると良いかもしれない。
今日の日曜定食は揚げ魚の豆鼓炒めで、13人来てくれた。
今日は天気が良く、だいぶ暖かい。
日中の温度27度、湿度49%。夜20度、56%。

マーボー豆腐

グアテマラシティーに行ったとき、ずいぶん久しぶりにライライという中華料理屋で昼ごはんを食べた。グアテマラシティーで働いていた頃は、仕事場から近かったので、たまに行っていたが、もう最近はほとんど行かなくなってしまった。
本店に行ったんだが、以前あった大きな支店はどうもなくなったようだ。その代わり、ショッピングモールのフードコートにエクスプレスなどという、安売りの店を出しているらしい。
相変わらず混んでいた。しかも、ディム・スンと書いてあって、飲茶メニューもある。僕はここから、鳥の足や牛の腸、シュウマイなどを食べた。おいしかった。ペトラはマーボー豆腐の"小"をを辛くしないでと頼んだ。小と頼んだんだが、相当大きい。まあこれにも驚いたが、何より驚いたのが、このマーボー豆腐。肉はゴロゴロしてるし、エビも入っている。更にピーマン、玉ねぎ、セロリなどもゴロゴロしている。しかもかなりの量。
間違ったのかと思って、マーボー豆腐の小を頼んだんだといったが、これがそうだと言う。最近グアテマラのいろいろな中華料理店で、マーボー豆腐を出すようになったが、味は結構いろいろで、???となることがあるが、こんな変わったのは初めて。マーボー豆腐というより、豆鼓風味の八宝菜のよう。これはこれでマーボー豆腐と思わず食べれば、おいしかった。
今日は曇り気味で、ちょっと涼しい。
日中の温度23度、湿度49%。夜20度、55%。

しょうゆの使い方

昨日冬瓜を買った話を書いたが。グアテマラシティーでは韓国食材店に行き、しょうゆも買った。しょうゆは結構大きなものを買うようにしているんだが、1升くらいの大きさの物も頼まれて買った。頼まれたときに、最近ちょっと塩気の少ない醤油も売っていると言われたので、聞いてみた。3種類くらい売っていたので、このどれが塩気が少ないものなのか聞いたんだが、最初に勧められたものを買おうとして、良く見ると英語で何らかの抽出液が入っていると書いてある。
良く聞いたら、昆布の抽出液だそうだ。化学調味料みたいなものだろうか?面白そうなので、これはこれで買うとして、別の物をと言ったんだが、残りの2つ、違いは何かと聞くと、一つはレストランで良く使うものだという。で、もう一つは教会で良く使うものなんだそうだ。韓国では教会でしょうゆを使うんだろうか?聞きたかったんだが、宗教関係のことには、あまり立ち入らないようにしているので、やめておいた。
後で考えると、もしかして聞き違いだったんじゃないかとも思えるが、確か、その時、「教会?」って思わず言ったら、「うん。」と言ったような気がする。実に不思議だ。誰か教会で何にしょうゆを使うか知っていたら教えてください。当然、レストランで使うというしょうゆを買った。
朝のうちそれほど寒くなかったんだが、ちょっと雲の多い天気で、日中はあまり暑くならない。夜になってもそれほど冷えない。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、60%。

冬瓜

昨日グアテマラシティーの中華食材店で冬瓜を買った。冬瓜を買うのは久しぶり。以前はやはり、グアテマラシティーの市場で売っていたので、たまに買って食べていた。とても好きな食材なんだが、なくて困るというほどのものではないので、ここ数年そういった市場に行くことがなかったので、ご無沙汰していた。
夏の食べ物だという気がするので、今の寒い時期に食べるのはどうかと思ったが、なぜか、今回グアテマラシティーに行くことを決めてから、冬瓜を食べたいと思い立ち、思った通り売っていたので、小ぶりのものを選んで買ってきた。さっそく、厚揚げと同じ店で買った、干しシイタケとで、スープを作った。これを冷やして食べるのが好み。
レシートを見ると、冬瓜のところはトングアと書いてある。これで、市場でワンタンを売っているおばちゃんに頼んで、買ってきてもらうことができる。今までは、名前がわからないので頼みにくかったが、これで大丈夫。3月、4月の暑い時期にこれを食べるのは美味しいだろう。重さで値段が決まるらしく、1ポンド当たり7ケツアル(約85円)のようだ。僕の買ったものは1.25ポンド(600g弱)。かなり小ぶり。これくらいであれば、おばちゃんに頼んでも、それ程持ってくるのは大変じゃないと思う。
もう一つの好物である、オクラも買いたかったんだが、これは売っていなかった。時期じゃないんだそうだ。やっぱり夏の食べ物だから、暑い時期じゃないとダメなんだろうか?今週の日曜定食は揚げ魚の豆鼓炒め。
今日は夜も少し暖かい。
日中の温度26度、湿度41%。夜19度、57%。

久しぶりに

グアテマラシティーに買い物に行った。以前は良く行っていたものだが、最近はもう年に1回か2回だけしか行かなくなった。これはアンティグアで結構いろいろなものが手に入るようになったせいもある。また、面倒臭いので、どうも出不精になっているというのもある。
しかし、これだけたまにしかグアテマラシティーに出ないとなると、久しぶりに行ったときに、町や行くまでの道がものすごく様変わりしているのに、毎回驚く。それだけ、発展しているということだと思う。
特にグアテマラシティーに行く途中の町、サン・ルーカスは、ここ数年どんどん変わっている。グアテマラシティーから30キロほどなので、通勤圏ということもあるんだろうが、周辺には新しいコンドミニアムのような物や、住宅が次々できていて、道沿いの町中には、新しいショッピングモールやスーパー、その他の商売がガンガン建設されている。人口が増えている国というのは、こういう勢いがあるもんなんだとつくづく思う。
グアテマラシティーは、トランスメトロという市がやっているバスが、あっちこっちに伸びてきていて、便利になっているようだ。でも、それを利用することで車が減っているかというと、それ以上に車が増えているので、どれだけ効果があるんだかわからない感じ。僕がグアテマラシティーで働いていた二十数年前には渋滞なんて、通勤時間ですらほとんどなかったが、今は通勤時間など関係なくても、結構ノロノロ走っている。
今朝はちょっと暖かく、日中も天気が良く暑い。
日中の温度25度、湿度48%。夜18度、53%。

まだおかしい

朝、先生たちが来たとき、水を貯めているかと聞かれた。昨日のニュースで今日は一日断水と言っていたらしい。フリアもそのニュースを聞いたと言っていた。そこで、朝から大きめのプラスチックの樽状の物を出してきて、生徒さん用のトイレの前において、水を貯めておいた。
先日書いた水道管の問題がまだ続いているらしい。実際朝から水はチョロチョロとしか出ない。貯水タンクはあるが、一日続いたら、生徒さん用のトイレはとてもじゃないが持たない。
しかし、こうして水を貯めたら、断水しないものだ。チョロチョロと水圧はないものの、ずっと水が出ている。まあせっかく貯めた水は、まったく無駄ではなく、このチョロチョロだとなかなか水が貯まらないので、休み時間など生徒さんや先生たちが連続してトイレを使った時には、この水を使ってくれたようだ。
結局今日は完全に断水することはなかったが、ずっと水圧の低い状態が続いている。アンティグアでも市場寄りの方は、より問題があるらしく、たいてい、こちらがチョロチョロの時は、そちら側は出ないことが多いようだ。マクドナルドでは車が来て給水していたという。
今日は朝、やはりかなり冷え込んだ。起きた時には12度位だった。それでも天気が良く、日中はかなり暑い。
日中の温度24度、湿度55%。夜18度、53%。

ポヨ・グランヘロ

土曜日に、前から気になっていたポヨ・グランヘロに行った。ポヨ・グランヘロは、今ちょっと流行っている、フライドチキンの持ち帰り専門店。これの流行の元はピヌリートという店だが、こちらはだいぶ以前に行ってこちらにも書いた。
このポヨ・グランヘロも、少し前からあったんだが、場所が変わって市場の向かいの3カジェと4カジェの間にできた。こちらにできた時から、一度行ってみようと思っていた。このポヨ・グランヘロは、ポヨ・カンペロがやっている店だという噂。
実際行ってみると、配色やデザインがポヨ・カンペロっぽい。鳥の感じもポヨ・カンペロそっくり。最近ポヨ・カンペロにはずいぶん行ってないが、値段は半分以下だと思う。2ピースとフライドポテト、コールスローを付けて22ケツアル。
味もポヨ・カンペロそっくり。ケチャップもカンペロの物だった。ポヨ・カンペロがやっているというのは本当っぽい。違うのは鳥の切り方。2ピースなので、上もも肉と下もも肉を頼んだんだが、上もも肉が変な形をしている。下もも肉を関節のちょっと上の部分で切っている。その分上もも肉は腰の部分をまたいで両足の分になっている。ポヨ・カンペロより一回り小さい鳥を使っているため、こういう工夫になっていると思われる。
これだと、上もも肉はほとんど骨なので、下もも肉を頼んだ方が得。
しかし、ポヨ・カンペロもこんなことやって本業に影響が出ないんだろうか?まあピヌリートにかなりとられているという噂だし、それだったら、これで対抗するということなんだろうか?
今朝は15度で結構寒かったが、日中は結構暑い。
日中の温度26度、湿度40%。夜18度、57%。

寒暑い

昨日はちょっと暖かく、ホッとしたが、今日も朝はそれほど冷え込まなかった。今日はまた暖かくなると思っていたら、天気は良く、日差しは強いんだが、風があり、これが結構冷たい。午前中、夜の日曜定食の支度をしていたが、台所の裏のドアを開けたままにしていたので、風がヒューヒュー入ってきて、途中で寒くてたまらなくなった。
一休みして2階に上がったが、こちらも裏から風が吹いてくる。ついにたまらなくなって、上着を着てしまった。それでも、テラスに出て日に当たるとポカポカする。難しい天気だ。昼ごはんを食べに出るのに、着て行く服に迷う。Tシャツ1枚だと寒いように思うし、ちょっと厚着すると暑い。こういう時は、脱ぎ着しやすい格好で行くのが一番。
昼ごはんはエピクレに食べに行った。久しぶりにここのハンバーガーを食べようと思う。ここのハンバーガーは結構良い値段がするが(800円弱)かなり良くできてると思う。それに、ここのピクルスが酸味と甘みの具合が僕好み。ただ、今日はベーコンが焦げていて、残念だった。
夜の日曜定食はジャガイモのコロッケで22人来てくれた。久しぶりに20人を超えたので、ちょっと焦ったが、ジャガイモのコロッケは、中身が火が通っているので、早くできる。ドンドン揚げて、結構早く終わった。フリアに形を作ってもらってあるので、かなり楽だし、すぐにできる。
夜にはちょっと寒くなった。
日中の温度24度、湿度44%。夜18度、60%。

市場の食堂

今朝はちょっと暖かい。16度くらいある。普段だったら16度でも震えてるのかもしれないが、昨日まで12度とかだったので、これでも暖かく感じる。まあ日本にいる人から見ると、何言ってるんだという感じだろう。
今日は市場に行き明日の日曜定食のものなどを買う。それにしても、今日は久しぶりに、人が多くて、ごった返していた。歩くのも大変なほどだった。まあこれくらいの方が活気があって良いともいえる。
市場で昼ごはんを食べたんだが、そこでペトラと食堂の人が話をしていて、市場の食堂で絶対に欠かすことができないのが、チリ(唐辛子)、鳥のフライ、カルド(野菜と肉を煮込んだスープ)何だそうだ。確かに、市場の食堂で、これらがないところはないんじゃないかと思う。
日本のように多彩な食べ物がないからかもしれないが、どこの食堂も、基本的に同じようなものを出す。その中でも、鳥のフライとカルドは最も欠かせないものなんだろう。まあ市場の人だけでなく、グアテマラ人の誰もが好む料理だと思う。(唐辛子は好き嫌いがあるが。)
今日は朝寒くなかったわりには、昼はそれほど暑くならなかった。どういうことか。夜になっても、ちょっと寒い程度。風がないせいかもしれない。まあこのくらいの方がすごしやすいが、ちょっと肩透かしを食った気分。
日中の温度24度、湿度40%。夜18度、55%。

玄孫

アタバルのお手伝いさんのフリアは31歳だそうだ。でも、一昨日お祖母さんになった。孫が生まれたわけだ。31歳でおばあさんとは、日本の常識からすると驚くかもしれないが、こちらでは比較的あることだ。
彼女は15歳で長女を生んだそうだ。その長女が、今回16歳で子供を生んだので、31歳にして、孫のいる身となったわけだ。なにしろ、女性は15歳で、一種の大人になる儀式として、お祝いをする。今、アンティグアやグアテマラシティーなどの、ちょっと都会的なところでは、さすがに20歳を過ぎても結婚しない人が増えてきているが、田舎の方では、まだまだ15歳で子供を生んでも驚いたりはしない。
それにしても、フリアのおじいさんはまだ存命だが、やしゃ孫(玄孫って書くらしい。初めて知った。)ができたわけだ。生まれた子供から見ると、フリアのお祖父さんは、高祖父(こうそふ)と言うらしい。これまた始めて知った。
僕の祖父も94歳と長生きしたが、残念ながら孫達がなかなか子供を作らなかったので、ひ孫の顔さえ見られなかった。幸せと言うのか、子供も孫もひ孫も皆子沢山なので、そこまでわかってるのか、良くわからないが、ちょっとすごいと思う。
今朝もかなり冷え込んだ。6時に起きたときには、12度をやや下回っている感じだった。それでも、今日は日中結構気温が上がり、ちょっと暑いくらいになった。それでも、夜はちょっと気温が下がっている。
日中の温度25度、湿度39%。夜18度、51%。

寒い

今朝は寒かった。昨日の晩から風が強く、かなり寒かったんだが、今朝起きた時は、布団から出たとたんに寒いと思うほど、はっきりと寒かった。下に降りて、温度計を見たら、なんと12度。これは寒いはずだ。これくらい低い気温をこの温度計で見るのは年に数回あるかどうか。
天気は良かったんだが、朝のうちはやっぱり寒い。何しろ10時になってもやっと20度あるかどうか。先生たちも、寒がっている。10時半に休みが終わり、市場に行ったんだが、いつもだったら、上着を脱いでいくんだが、今日はちょっと迷ったが、着たまま出かけた。市場の中を歩いていたら、暑くなって、途中で脱いでしまった。
今週の日曜定食はいろいろ考えていたが、ジャガイモのコロッケに決めた。魚はかなり魚屋の品ぞろえに左右されるが、肉はある程度こちらの思い通りになるので、その分迷うところがある。
今は、ジャガイモと玉ねぎが高いのがちょっと考え物だが、昨日ソースを作ったこともあり、これで行くことにした。
日中は思ったより気温が上がった。まあ、朝寒かったので、気温が上がるまでに時間がかかったのかもしれない。その分、午後はまあ暖かい。24度くらいは理想的な気温ではないかと思う。それでも、やっぱり夜になるとかなり気温が下がってきた。しかも、また風がある。
日中の温度24度、湿度29%。夜16度、45%。

コヨーテが鳴く夜

どうも最近風邪が流行っているようだ。先生の中にもぐずぐずやっている人がいるし、市場などで、いつもいる店の人がいないので、どうしたのか聞くと、風邪で休んでいるという。
先日も書いたが、ここの所、日中の温度と、夜、明け方の温度がかなり違うので、風邪をひきやすいのかもしれない。幸い僕は常にアタバルにいるので、ちょっと寒くなったら、手元にセーターなどがあるので、調節がしやすいが、家の外で働いている人など、ちょっと暑いと思って、上着を持たずに出たら、帰りが遅くなって、寒くて震えたということはありがち。
アタバルの先生たちには、個人のロッカーがあるんだが、誰のロッカーも本でいっぱいになっていて、セーターとか入れる隙間がない。もうちょっと整理して、セーターとか傘とか入れるようにしたら良いのに、って言うんだが、それ程必要性を感じてないみたいだ。まあ、皆女性なので、着てる服に合わないとか、そういう問題があるのかもしれない。
今日も日中はそこそこ暑い。夜は寒くなるとペトラは言っている。月が満月に近づいているんだそうだ。それと気温の関係は、僕にはよくわからないが、確かに、最近夜かなり明るい。こういう晩は田舎ではコヨーテが鳴くんだそうだ。コヨーテなんて見たことないが。今でも田舎の方にはいるらしい。結構風があるせいか、実際夜になって、かなり気温が下がってきた。
日中の温度25度、湿度38%。夜16度、46%。

文房具

火曜日はスーパーに買い物に行くことが多い。スーパーと市場は買うものが違う。アンティグアには、スーパーと呼べるようなものが2軒だけなんだが、今日はどちらもガラガラ。来週くらいからグアテマラの小、中、高校が始まり、親は決められた文房具を買うのに相当のお金が必要になる。
グアテマラでは年の初めに、必要な文房具のリストが渡され、それを揃えることになる。リストには本当にこんなにいるんだろうかと思うような物もある。一体、あのリストはだれが作ってるんだろうか。ともあれ、これが結構大変。逆に文房具屋は今はかき入れ時。市場でも普段文房具を売っている店でないのに、今の時期だけ、文房具を仕入れて売っているところが結構ある。
私立の学校は入学金も必要になる。そんなわけで、先週書いた、公立の学校に入学するために、前の晩から寝泊まりして行列ができるんだろう。親も、年末にもらった冬のボーナスを、クリスマスに全部使わないようにしていれば、良いんだが、そうじゃなかったら、今の時期は大変だろう。
そんなわけで、今はこちらの人は、スーパーで買い物している余裕はあまりないのかもしれない。まあ空いていると買いやすくて良いんだが。
今日は朝起きた時、結構寒かった。とはいえ、日中はかなり暑い。ちょっと歩いただけで、汗が出てくる。また、夜にはちょっと冷えてきた。
日中の温度25度、湿度40%。夜19度、54%。

気温の変化

アンティグアの市場は毎日店を開けているが、月曜日、木曜日、土曜日が市の日で、他の曜日と比べ、外の常設でない店も開けて、かなり賑わう。ただ、この市の日でもやっぱり月曜日は多少静か。売っているものも、土曜日の残り物だったりする。
特にこの時期、クリスマス、正月と、商売をして、その疲れが残っているのか、十分儲けたから、気が抜けているのか、月曜日はかなり寂しい品ぞろえだったりする。今日は、まだ閉めている店もちらほらあり、手に入らないものがいくつかあった。
昨日の日曜定食は魚だったので、今度は肉の予定。肉は手に入れやすいので、気が楽だ。何にしようか漠然と考えながら、ちょこちょこ買い物をする。今日値段や品を見て、考えて、ちゃんと決めるのは木曜日。
それにしても、今日は日中かなり暑い。それでも、朝起きた時は、結構寒かったので、かなりの温度差がある。夕方から急に寒くなり、夜になるとだいぶ冷えてくるので、昼に暑いからと言って、薄着で上に着るものを持たずに出たりすると、夜になって震えることになる。
先日のニュースでは、まだこれから寒波が来て、今年は暖かくなるのが、例年より遅くなるというだったが、こう暑くなってくると、もう3月に向けて気温がどんどん上がってくるんじゃないかという気がしてくる。まあ、そちらの方が例年通りなんだが。夜もあまり寒くなかったんだが、9時を回った頃から、急に温度が下がった気がする。
日中の温度26度、湿度50%。夜20度、60%。

今日の昼ご飯は、またテキサス・バーベキューを食べに行った。それにしても、なんだかマンネリ気味。日曜日の昼を外食するのは、まあ気晴らしを兼ねて、楽しいんだが、なんだか最近3,4か所の同じところばかりで、ちょっと飽きてきた。
アンティグアには、町の規模からいって、かなり密度が高くレストラン、カフェテリア、食堂がある。新しい店も次々できている。ところが、その中で、ここに行こうと思う店は本当に限られてしまう。新しく作るんだったら、もっと工夫をすれば良さそうなものだが、同じような店ができているように思えてならない。
それに、大抵の店は、値段を考えて、おいしいとか量があるとか、何らかのメリットがあって、また行こうと思うような魅力がない。もちろん、アンティグアはかなり店の借り賃が高いので、大変なのはわかる。でも、もう少し工夫したら、流行るんじゃないかと思う。だから、ちょっと安くて味もまあまあで量がそれなりにある、先週云ったリンコン・ティピコのような店がごった返すほど混むんだろう。
そもそも、高い値段を払っても、まずい店が多い。これは、基本的に外国の旅行者を相手にしていて、1回来て終わりで、リピーターになったりすることを、当てにしてないからじゃないかと思う。だから、見た目が良ければ、ちょっと入って見る人が多いんだろう。これからグアテマラが豊かになって、商売が現地の人を対象にするようになれば、少しは変わるんだろうか。
今日も天気が良く日中はかなり暑い。
日曜定食は白身魚の甘酢あんで、15人てくれた。
日中の温度26度、湿度44%。夜19度、58%。

今年のセマナ・サンタ

今日も天気が良い。昨日も日中はかなり暑かったんだが、夜になってやっぱりちょっと寒くなった。ニュースでもまだいくつか寒波が来るようなことを言っていたし、まだ暑くなるのは先なんだろう。
今年はセマナ・サンタが4月の第3週。セマナ・サンタは移動祝日だが、それにしても4月の第3週とはちょっと遅い。早いときは3月の第3週くらいなので、1ヵ月ほど違うことになる。
ということは、カーニバルは3月4日、灰の水曜日が3月5日ということになる。残念ながら、日本ではリオのカーニバルは有名だが、アンティグアのセマナ・サンタは全く知られていないらしい。その時期にグアテマラに来る人でも、知らないでたまたま来ただけっていう人が多いくらいだ。
まあ確かに、リオのカーニバルのようににぎやかで楽しいお祭りではなく、セマナ・サンタはイエス・キリストの苦しみを再現するというところがあるので、ちょっと重い感じがするのかもしれない。とはいえ、各教会の前には屋台が出たりして、皆それなりに、楽しんではいるんだけど。
明日の日曜定食は白身魚の甘酢あんなので、今日はその材料を市場に行って買ってきた。クリスマス・正月も終わって、もう通常通り。トマトなどもちょっと高かったが、クリスマス前の時期のレベルに戻った。ただ、玉ねぎだけは妙に高い。
日中の温度25度、湿度38%。夜20度、58%。

慣れてくれば

以前書いたシャワーブリーズという商品。最近やっと使い方に慣れてきて、感じが良くなってきた。ただ、シャワーに付けないで、普通の蛇口に付けているので、服を着たまま使うので、着ている服はかなりしぶきで濡れる。
本当は夜に使いたいんだが、夜は水が冷たくて、歯に沁みて痛くてたまらないので、日中にやることにしている。一種の爪楊枝替わりで、水圧があるときにちゃんとやると、短時間でかなりすっきりする。
最初、間違えて喉に水を直接当ててしまったりしてゲボゲボしていたが、最近は手馴れてきて、そういうことはほとんどなくなった。これから暑くなって来れば、夜にでも使えるかもしれない。歯を磨いた後に、うがいする代わりに、これを使えば、かなりすっきりすると思うんだが。
最初のうちは、口の中に気持ち血が混じったような味が広がることがあった。かなりの水圧でやるので、血が出ていたのかもしれない。僕の場合、親知らずはすべて抜いたと思っていたんだが、なんと、左側の下の親知らずだけ残っていて、これがちょっと曲がって生えているので、そこに食べ物が詰まって、圧迫して腫れることが良くあった。これが、最近はないので、それだけでも快適だ。
今日は日中かなり暑い。と言っても、温度を見ると26度なんで、たいしたことはないんだが、ここの所25度以下の日が続いていたので、ずいぶん暑く感じる。
日中の温度26度、湿度35%。夜19度、49%。

水道管

魚がやっぱり手に入らないので焦っていた。そこで、魚屋のおばちゃんにずっとお願いし続けて、やっと今日ハモが手に入ったので、今週の日曜定食は白身魚の甘酢あんにすることにした。まあ何とか今週は魚にすることができてほっと一息.
ここの所、断水が断続的に続いている。今週はろくすっぽ水が出ない。水が出ても、かなり弱くて、チョロチョロとしか出ないことが多い。なんでも、先日グアテマラシティー方面へ出たところの、サンタ・イネスというところで、水道管が破裂して、これが結構問題になっているらしく、この修復に時間がかかっているということだ。
単に破裂しただけではなくて、周りがかなり掘れてきてしまって、このままほっておくとさらに問題が起きそうなんだということだ。まあ良くここまでほっておいたということなんだろう。
今日は今週になって初めてという感じで、一時期水圧のある水が出た。夕方、太鼓を叩きながら中世風の格好をした人たちが、水道のことを叫びながら歩いて行ったので、やっと修復が終わったというお触れかと思ったら、なんと正反対で、まだ続くので我慢してくれというお触れだった。残念。
まあ全く出ないことが続くわけではないので、トイレや洗い物は、まあ何とかなるが、やっぱり不便だ。特に2階でシャワーを浴びるのが大変。
天気は良く、日中はそれなりに暑い。
日中の温度25度、湿度42%。夜19度、56%。

トルティーヤ

トルティーヤの作り方を質問された。トルティーヤは粉を作って、グアテマラの場合、それを手でせんべい型にして、焼くだけなので、正確にはトルティーヤの粉の作り方ということになる。
お手伝いさんのフリアはお母さんがトルティーヤを売っていて、それを手伝っていたくらいなので、良く知ってるだろうと思って、聞いてみた。トウモロコシの粒を石灰の入った水に入れて、いきなり煮るんだそうだ。それを粉挽きの店に持って行って、粉にするということだ。
石灰の入った水にしばらく浸けておくのかと思ったが、そんな事しなくて良いということだった。トルティーヤは普段食べるものだが、家では作らず、できたものを買ってくるので、そんなこと知らなかった。できたてのトルティーヤは美味しいんだが、たくさん食べるわけではないので、ちょっとだけ作るのは割に合わない。
トルティーヤはできたてか、冷たくなったものを温めなおして、せんべいのようにバリバリになったものがおいしい。温めなおすのも、焼いて温める場合と、油で揚げる場合がある。これはどちらもそれなりにおいしい。ただ、揚げるのは、やっぱり油を取りすぎるという気もするので、焼いて温めなおしたほうが良いように思う。
今日は結構寒い。朝起きた時から、ちょっと寒かったが、日中も天気は良いので、日向は暑いが、風が結構あって冷たい。
日中の温度23度、湿度44%。夜18度、58%。


考え物

今年もまたアタバルのすぐ近くの公立の女学校に入学するために、人々が列を作っている。単に列を作っているだけじゃなく、なんと今週手続きをするために、土曜日の夜から、待っている。良くアイフォンやらの新発売の日に、列を作ってる人たちがニュースになるが、それの比じゃないくらいだ。
この寒い中夜は路上で寝て、せっかくの休みの日曜日も、一日路上で暮らすわけだ。ニュースでは私立の学校の費用を出せないので、何とか子供には公立の学校で勉強してもらいたいというようなことを言っていた。しかも、これが数人という規模ではなく、道が両側一杯になるくらいいるんだから、教育熱心な親が大勢いるもんだと感心する。
それは見上げたものだと思うが、困るのはこの人たちのトイレ。今朝ジェシカと散歩に出たら、彼らが寝ている道の角で、2人のおじさんが立小便をしていた。どうやら、その角をトイレ代わりに使っているらしく、その角はもう色も変わって、すごい匂いがする。
これは感心ばかりもしていられないと思う。大変なのはわかるが、ちょっとひどいんじゃないだろうか。まあ並ばせている方も、トイレぐらい使わせてあげるとか、市が移動トイレを設置するとか、考えてもらいたいものだ。
今日は日中は天気が良く、それなりに暖かかったが、夜になってかなり寒くなった。しかも結構風が強い。寒いときに、風が強いと、隙間の多いグアテマラの家屋はかなり寒くなる。
日中の温度25度、湿度28%。夜18度、42%。

商売の種

今日は東方の三博士がイエスの誕生時にやってきてこれを拝んだというのを祝う。レイエス・マゴスの日。まあメキシコはかなり盛大に祝うようだが、グアテマラではちょっとしたプロセシオンが出たりする程度で、各家庭などでは特に何もしない。
ただ、これもいつまでそうなっているかはわからない。テレビなどでは、レイエス・マゴスの祝い方、みたいなことを言っているし、新聞を見ても、この日に、特別なパンというかケーキを作るようだが、グアテマラのパン屋が、それを売ろうとして、かなり大きな広告を出している。
基本的に、こういうのは商売の種になるわけだろうから、関連がありそうな商売の人たちは、当然これを何とかものにしたいと思っているはず。一般の人たちに余裕が出てきたら、こういう宣伝に押されて、メキシコのまねをして祝いだすんじゃないかと思う。まあ日本のバレンタインデーとかクリスマスだって、別に日本の伝統やらとは何の関係もないわけだから、同じようなものだろう。クリスマス、正月と1週間おきに、大きなイベントがあるわけだから、更にもう一つ加えなくったって十分じゃないかと思うんだが。
ここのところ、水があまり出ない。夜になると断水することが多いし、それだけなら驚かないが、なんと日中もかなり水圧が低いことが多い。
今朝はかなり寒かった。天気が良い割には日中もそれほど暑くならない。いよいよ寒波が来たんだろうか?
日中の温度24度、湿度29%。夜19度、42%。


手順が悪い

今日は今年最初の、しかも休み明けの日曜定食。何人来てくれるか全く予想がつかなかったが、幸い17人来てくれた。2回も無駄足させてしまったりしたのに、良くこれだけ来てくれたと感謝。
メニューはホイコーロで、1時間以内に17人分出すことができた。久しぶりにやると、何か忘れそうな気がするんだが、特に問題はなかったはず。ただ、準備の時に手順がどうも悪い。せっかく、2階まで一つのものを取りに行ったのに、もう一つ必要なものを取ってくるのに気がつかず、また取りに行ったりといった、無駄が出る。
昼ごはんは久しぶりに、リンコン・ティピコに食べに行った。場所を広げて、かなり席数が増えている。それでも、満員で大混雑。なんだかいまいち手順が良くないので、結構なカオス状態。
最初坐れそうもないので、別のところに行こうかと思ったが、ペトラの知り合いが一人で食べていたので、そこに相席させてもらった。僕は地鶏のペピアンでペトラはチョリソを頼んだ。まあ20ケツアル(250円弱)で、全体の量も肉の量も結構あるし、味も普通でまずくはないので、流行るのはわかる。自宅でやっているようなので、場所代はないはずだが、それでも、これだけ人を使って良く儲かるものだと思う。ただ、周りがこれだけ混乱していると、なんだか食べていても落ち着かない。
今日は天気が良く、日中は暑くなった。
日中の温度27度、湿度44%。夜20度、55%。


今年最初の週末

2回、日曜定食を休みにさせてもらったので、明日はまた久しぶりの日曜定食。しかも今年初めの日曜定食。体調は大体回復したので、問題ないが、やっぱり、久しぶりなので、なにかを忘れているんじゃないかという、不安がある。
これは日本に行っていて、1ヶ月休んだ後も同じだった。ということは、やっと生活のリズムが戻ってきたところで、また振り出しに戻った感じ。まあ、今回は蚊に刺された結果なので、こればかりは仕方がない。
今日は材料を仕入れてきて、下ごしらえをした。木曜日は市場に行ったものの、かなり店が閉まっていて、開いている店も、品物が少なかったりで、ちゃんと買い物ができなかったので、その分、今日買うことになった。
今日はさすがにほとんどの店が開いていた。それでも、まだいくつか閉まっている店がある。まあクリスマスに向けては、かなり働いたんだろうから、今休んでいるんだろう。
明日のメニューはホイコーロなので、まあそれほど下ごしらえは大変ではない。材料も揃いやすいし、こういう時には都合が良い。
日中は天気も良く、結構暑くなった。なんと言っても市場で歩いていると、やっぱり人ごみもあり、気温以上に暑く感じる。ニュースで年明けはかなり寒くなると言っていたが、これは外れたようだ。それでも、今日の新聞にはまだ後7回くらい寒波が来ると書いてあった。これはあたるんだろうか。
日中の温度25度、湿度48%。夜19度、56%。

普段通り

今日はコピー屋に行って、カレンダーをもらってきた。アタバルのすぐ近くで、毎週のようにコピーを取りに行っているので、ここはいつもカレンダーをくれる。しかも、ここのは大きなもので、カレンダーの数字も大きいので見やすくて良い。いつも事務室にかけるようにしている。
最近この暮れにカレンダーをくれるところが減っているように思う。以前はどこでも、常連の客にはくれたものだが、100枚くらいまとめて作らないといけないので、小さな店では、それほど常連の客はいないんだろう。こういうところは笊とかちょっとした贈り物で済ませるところも多い。
後、この大き目のカレンダーが一つと、普通のサイズのカレンダーが1,2あれば、例年通りという感じだ。以前は銀行も配っていたみたいだが、今は一部の銀行しかくれなくなっているようだ。景気が悪いんだという人もいるが、世の中を見ていると、そんなこともなさそうだが。
日本では正月3日はまだお祝い気分だが、グアテマラでは、もうすでに日常の生活に戻った感じがする。メキシコでは6日のディア・デ・レイエス・マゴスという幼子イエスへの東方の三博士の訪問の日がかなり盛大に祝われるようだが、グアテマラではそれほどではない。
ニュースでは年明けは寒いということだったように思うが、それほど寒くはない。
日中の温度24度、湿度48%。夜19度、56%。

もち

今年最初の授業の日。毎年この日は午後の休み時間にもちを焼いて食べることにしている。今日も日本で買ってきたもちを焼いた。炭で焼いて食べるんだが、さすがに最近は慣れてきて、炭の火を起こすのを1時間前からやっておいた。火をつけるのはフリアに頼む。
最初のうち、炭で料理する感覚がつかめないので、直前に火をつけて、焦げるばかりで上手く焼けないことが多かったが、今日は十分前から火をつけておいて、炭が十分白くなって火が出ないようにしておいたので、最初から結構上手く焼けた。
更に最初のうち、団扇代わりのもので扇いでいたんだが、カルロタに言われて、バランスボールの空気入れを使ったら、実に楽に空気を送ることができた。これは実に便利。最近、こちらのレストランでは、空気を送るのにドライヤーを使っているところもあるが、手動の空気入れで十分だと思った。
納豆と餡子ときんぴらごぼうに大根を差し入れでいただいたので、皆大喜びで食べていた。納豆は日本人しか食べないが、日本人には大人気。きんぴらごぼうは日本人にも先生たちにも人気。先生たちはほとんどもちは食べないが、ケーキも差し入れでいただいたので、こちらを喜んで食べていた。こうしてアンティグアに在住の方々がいろいろ差し入れてくださるおかげで、正月らしくなった。とにかく、これで、今年も無事始まった。
デング熱で2週間日曜定食を休んでしまったが、今週はやる予定。メニューはもう一度ホイコーロにする予定。2週間休むとどうなるか良くわからないが、こればかりは仕方がない。
日中の温度24度、50%。夜19度、66%。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。