スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
2015年同窓会無事終了。参加いただいた皆さんありがとうございました。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート


  US$1.00当りの換算レートです。
  "Compra" の数値をご参照下さい。



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



鉄砲玉

ここの所、ケーブルテレビの映りが悪い。特に大きい番号は砂嵐が出て、見にくい。しかも、一昨日くらいから、時々まったく映らなくなる。昨日も昼ごはんの後、まったく映らなくなり、ケーブル会社にペトラが電話していた。
しばらくして、会社の人が来たんだが、状況を確認して、配線を確かめていた。2階のテレビも、1階の物もどちらもダメだとわかると、これは外の問題だと言って、外に出ていった。大抵、終わってから、映り具合を見に来るので、待っていたんだが、結局そのまま帰ってこなかった。夜になって、一応見ることは出来るようになったが、あまりきれいに映らないのは変わらない。
今日もまた、切れたり映ったり。またペトラが電話をしていた。今日は昼前に、昨日と同じ人が来た。もう一人同僚を連れてきている。やっぱり外の問題だと言うことで、出たり入ったりしていたが、昼になってからは、戻ってこなくなった。テレビは相変わらず、映ったり切れたりしている。
まあもともと、すべてのチャンネルがきれいに映るわけではないので、いったいどこまでが、通常の状態で、どの辺から文句を言えるのかわからないのが難しい。こんなもんだと思って、諦めていたら、実はどっかに問題があってそうなっているということがある。
今日は天気が良く、日中は相当暑い。29度と言うとぐったりするほど暑い。もう2月も今日で終わり。そういう季節になってきたということだろう。
日中の温度29度、湿度48%。夜22度、60%。
スポンサーサイト

唐辛子

市場に行って、材料を買い、今週の日曜定食は餃子に決めた。今日から包み始めないといけない。何しろ量が多いのでこれは時間がかかる。それと、今日の午後、ラー油を作った。いつも、辛くないと言われるので、市場で、辛いと言う唐辛子を3種類買ってきて、それを入れてみた。以前はハバネロがあって、それで作った時は、皆辛い辛いと言っていた。ところが、ハバネロはあの時だけ、あっちこっちで売っていたが、その後、さっぱり見かけなくなった。一体どうなっているのか。辛すぎてあまり売れなかったんだろうか?
ディエンテ・デ・ペロという、犬の歯という名前の小さくて細長い唐辛子は大抵の人は辛いと言う。辛いのが好きなお手伝いさんのフリアも、これはそのままでは食べられないと言う。
それらに加えて、チレ・チョコラーテという、乾燥したものも使ったんだが、これをゴマと一緒に炒っていたら、ほんの少ししか入れてないのに、やっぱりクシャミが出た。ちょっとだから大丈夫かと思ったら、そうでもないらしい。先生たちにも文句を言われてしまった。
しかし、これで作ったものは、先生たちの中でも辛いのが好きな、リスやイングリットもフリアも、一発で辛いと言った。これで大丈夫だろう。
今日も暑い一日。天気が良かったんだが、確か、昨日のニュースの天気予報では雨が降るかもしれないと言っていた。今日の話ではなかったんだろうか?
日中の温度28度、湿度52%。夜22度、62%。

対称的なニュース

ローリングストーンズが日本で公演をしているそうだ。なんと4人のメンバーの66歳が最年少で、他の3人は70歳を超えているんだとか。この年になっても、まだコンサートをやるなんてすごいことだと思う。
それに対して、あまり大きく扱われていないようだが、パコ・デ・ルシアが今日亡くなったようだ。こちらも66歳。亡くなるにはちょっと若いように思う。パコ・デ・ルシアは日本ではストーンズほど有名ではないと思うが、フラメンコギターの巨匠だ。観光フラメンコのイメージしかなかった世界に、それ以外のフラメンコがあることを知るきっかけを作った人じゃないかと思う。スペインのチャンネルでは繰り返しパコ・デ・ルシアのニュースを流している。最近はメキシコのカンクンに住んでいたらしい。
どちらも同世代になると思うんだが、なんか対称的なニュースだ。どちらも、僕がレコードとかを自分で買うようになった頃には既に超有名な人たちだった。ということは、相当長い期間、第一線で活躍しているというわけだ。
ここ数年、僕が日本にいた頃に有名だったような人たちが、次々に亡くなっている。なにしろ20年以上日本のテレビなんて、まともに見たことないので、日本にいた頃にテレビに出てた人でも、ちょっと有名だったくらいでは、まず覚えていない。こうなると、日本でテレビを見ても、もうほぼ全て知らない人ということになってしまった。
今日も暑い一日。ただ、まだ夜と明け方は結構冷える。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、64%。

おでん


[続きを読む]

暑くなる

ニュースを見ていたら、今週から暑くなるようなことを言っていた。2月も終わりになるのに、なんだか寒い気がしていたんだが、いよいよ暑くなるようだ。また来週はカーニバル、灰の水曜日だ。ここからいよいよ四旬節が始まる。この最後がセマナ・サンタ(聖週間)で、その後復活祭があり、一連のお祭りが終わる。
やはりこの時期は暑くないと感じは出ない。これらの行事は移動祝日で、復活祭は春分の日の後の最初の満月の次の日曜日で、灰の水曜日はそれから46日前ということになっている。そのため、毎年日にちが変わるんだが、今年はかなり遅い。それもあるのか、もうセマナ・サンタの花というイメージがある、ジャカランダがあちこちで咲いて、既に散っているところもある。まあここの所毎年同じようなことを思っているので、ここ数年はそういうことになっているんだろう。
とはいえ、今日も曇っていて、すっきり暑いということにはならなかった。午後の授業が始まった頃は暑いと思っていたんだが、その後、用事をしに外出したときには、ちょっと曇っていて、風は冷たかった。
まあ、天気予報はちょっとずれることはあるが、大体の傾向はあっているはずだと思うので、これから、暑くなるんだろう。復活祭が終わると、そろそろ雨季が始まるので、これからの時期が、アンティグアでは1年で最も暑い日が続くはずだ。
夜になって、やっぱり気温が下がり、ちょっと肌寒い。
日中の温度28度、湿度53%。夜20度、58%。

韓国料理

ミソというレストランがある。最近できた店だ。以前から話を聞いていたんだが、今日始めて行った。韓国の人がやっている。韓国、日本料理店と書いてあった。ミソとは不思議な名前だと思ったが、韓国だけではないのでこういう名前にしたみたいだ。
ただ、日本料理といっても、巻きスシがあるくらい。3人で行って、ビビンバとかビビンメン?(という名前だったと思う。)、ブルコギご飯、韓国風味噌汁と鳥のから揚げとイモコロッケというのを食べた。大体1品50ケツアル(約600円)位する。ペトラは鳥のから揚げとイモコロッケを食べたんだが、鳥はから揚げした上に甘酢あんを絡めてあり、ペトラの好きそうな味だ。イモコロッケは日本のものと違い、肉が入っていない。ブルコギご飯は名前の割りに肉があまり見えず、野菜がかなり目立つ。ビビンバはが、きれいに盛り付けてある。ナントカメンは極細。僕はもう少し太いのが良いんだが、ペトラは細いのが好きなので喜んでいた。基本的に全てコチジャンのような味がするので、甘い料理があまり好きでない僕は、ちょっと飽きる。特にブルコギご飯は僕にとってはかなり甘い。
店はきれいにしてあり、韓国人のお兄さんもグアテマラ人の店員も感じが良く、辛くないものも多いので、ペトラは気に入っていた。行く前に、あまり良くない話を聞いていたせいか、それほど悪くは思わなかった。
今日は曇っているわりには暑かった。日曜定食はさつま揚げで15人。
日中の温度26度、湿度48%。夜21度、59%。

コンサート

今日も夕方、ペトラとポヨ・グランヘロを買いに行った。不思議と今日は並んでいなかった。それでも揚げているところだったので、ちょっと待って、向かい側でタマルを買い、トゥクトゥクに乗って帰ってきたんだが、途中で車が列を成していて全く動けなくなってしまった。トゥクトゥクの運転手は痺れを切らして、これじゃ全く進めないから、お金は要らないから、良かったらここで降りて歩いてくれと言う。まあアタバルから2ブロック半くらいのところだったので、一応お金を払ってそこで降りた。
大体、週末は混むんだが、今日は異常。何事かと思ったら、その並んでいる車に向かって叫んで言う人たちがいる。良く聞いてみると「ガビー・モレノのコンサートのチケットを買わないか。」と叫んでいるようだ。今晩アンティグアのはずれの教会跡で、ガビー・モレノという、グアテマラの女性歌手のコンサートがあるらしい。
やはりグアテマラ出身で、今はメキシコで活躍し、ラテンアメリカ中でかなり人気のあるリカルド・アルホナという歌手とデュエットをして有名になった人だ。それにしても、以前はグアテマラでは、外国の歌手はありがたがるが、地元の歌手はあまり見向きもされなかったものだ。最近は、グアテマラのテレビ局も地元の歌手の特集を組んだりしているので、風向きが変わってきたんだろうか。グアテマラでダフ屋なんて始めてみた。
今日はやっぱり暑い一日。朝もちょっと肌寒いといった程度だし、夜もそれほど寒くはならない。
日中の温度28度、湿度44%。夜20度、61%。


サイレンの音

夕飯を食べていたときに、サイレンの音が聞こえてきて、どうも、家の近くで止まったような感じだった。その後、しばらくしてまたサイレンの音が聞こえてきた。更に、公園の方でもサイレンがなっているのが聞こえる。
最初は何かのお祭りか何かかと思ったが、どうもしばらく時間を置いて、断続的にあっちこっちでサイレンが鳴っている。これは何らかの事故か火事だとしか思えない。救急車の音と、消防車の音は違うんだが、どうもどちらもなっているように思う。
一体何事かと思っていたんだが、しばらくして静かになった。どこかアンティグアの外で事故があり、全部そちらに行ってしまったのか、事故が一段落したのか。
夜のローカルニュースを見ていたら、なんと中央公園の近くにある、サットというグアテマラの税務署のようなところで、仕事が終わった後、消毒をしていたんだそうだ。これが煙のようなものがモクモク出してやっていたので、周りの人がビックリして通報したらしい。それで、消防車やら救急車が飛んできたということだった。ずいぶん人騒がせな消毒もあったもんだ。そんな大規模な消毒をするんだったら、周りの人に断っておけば良さそうなものだが。
今日も日中はかなり暑くなった。天気が良く、じっとしていても暑いほどだ。夜になっても、それほど気温が下がらないように思う。そろそろ2月も終わりに近づき、暑くなってきても良い頃だ。
日中の温度28度、湿度44%。夜21度、54%。

シラントロ

グアテマラではシラントロとかクラントロと言うんだが、日本ではコリアンダーか香菜と言うんだろう。このシラントロ、日本では嫌いな人も多いようだ。カメムシの匂いがすると言う。僕は日本にいた時から、このシラントロが好き。と言っても、その頃は種を粉にしたものはともかく、この葉っぱをスーパーで、普通に売っていることはなかったと思う。たまに中華料理屋などで出てくると、なんとおいしいものかと思って食べていた記憶がある。
これがグアテマラでは豊富にある。グアテマラの料理でも良く使うんだが、意外とそのまま食べることはそれほど多くなく、香辛料的な扱いをすることが多いように思う。市場では必ず売っている物なんだが、これが割と若い小さいものと、かなり育ったものがあり、好き嫌いが分かれるようだ。ペトラは若いものが好きだが、市場で良くシラントロを買うところのおばちゃんなどは、若いものより、大きなものの方が、香りが強くておいしいんだと言う。
確かに、若い方は、料理の飾りなどにして、そのまま食べるには柔らかいし、向いているように思う。ただ、調理して料理の中に入れる場合は、確かに大きくなったものの方が、主張が強く、香りが良くする。
今週の日曜定食はさつま揚げの予定。
今日も朝は寒かったが、日中はかなり暑くなった。
日中の温度27度、湿度49%。夜22度、62%。

スペインの他国への司法介入見直し

これは、ちょっと前のニュースだが、日本でもかなり報道されているようだったので、ご覧になっている人も多いと思う。これで本当に法が変わってしまったら、開いた口が塞がらない。
別に中国のチベットにおける行為がどうなのかは、僕にはわからない。でも、スペインは今迄、グアテマラのリオス・モント元大統領やら、チリのピノチェト元大統領やらにも、同じようなことをやって来ている
経済のことはよくわからない僕でも、中国は巨大な市場で、今や国内総生産も世界で2番目で、大変な影響力があるのはわかる。ましてや、経済的に結構大変そうなスペインが、中国と上手く付き合えなかったら、ますますまずいことになりそうなのもわかる。中国をグアテマラと比べたら象と蟻くらいの差があるのかもしれない。そうは言っても、、今になってスゴスゴと手を引こうとするんだったら、今まで、グアテマラやチリに対していろいろやっていたのは何だったんだという気がする。
まあ、他所の国の出来事に首を突っ込むのは、お節介も過ぎるんじゃないか思うが、ここまで来たからには、スペインには武士は食わねど高楊枝ということで、お節介ぶりを貫いてもらいたいものだ。
今日も午前中はちょっと寒い。日中も曇りがちでそれほど気温は上がらなかった。夜になって、やっぱり寒くなってきた。こんなに続くとはちょっとヘンだ。
日中の温度25度、湿度42%。夜20度、56%。

ププサとドブラーダ

今日の昼ご飯はチチャロンが入ったププサ。チチャロンは豚の皮とその近辺の部分を、その脂でカリカリになるまで揚げたもの。ププサはエルサルバドルの代表的な料理で、簡単に言ってしまうと、このチチャロンやらチーズやらを中に入れて作ったトルティーヤのこと。
ププサはエルサルバドルが有名だが、グアテマラでも、ププサは食べる。それに、これに似たものにドブラーダというものがある。これは作ったトルティーヤを半分に折ってその中にチチャロンなどの具を入れたもの。形は違うが、同じようなものだ。まあププサの方が通常大きくて厚いので、食べでがあるのが普通。
これに、日曜定食で残った、キャベツのコールスローと一緒に食べる。これらの食べ物は通常キャベツを酢などで煮たようなものを食べるので、同じようなことだ。
ププサもドブラーダも、町中で良く売っているおやつなので、買って食べることが多いが、僕はトマトソースとキャベツを大量に乗せて食べたかったので、今日は大変良い機会だった。さらに、アボガドもあったのでこれも乗せて食べて大変おいしかった。やっぱり家で食べると、こうして自分の嗜好に合わせられるので良い。
昨日も朝起きた時には寒かったが、今日も朝かなり寒い。しかも、10時の休み時間になってもまだ結構寒く、先生たちは寒い寒いと言っている。しかも、霧雨よりさらに細かいような雨が、たまにパラパラ降っている。昼頃になり暖かくなりだした。
日中の温度26度、湿度36%。夜20度、55%。

チューリップ

土曜日にチューリップの切り花を買った。チューリップは鉢植えなどの物は日本でも見たことがあるが、切り花はあまり見たことがないような気がする。日本では鉢植えで、外に置いてあることが多かったように思うので、チューリップは夜閉じて、昼になると開くなんて知らなかった。切り花でもちゃんと夜になると、徐々に閉まってきて、朝明るくなってくると、開いてくるのは面白い。
グアテマラではチューリップはあまり見かけない。おそらく最近になって栽培されるようになったんだと思う。原産地はトルコだそうだ。これがヨーロッパに伝わったときにあやまってチュルバン(ターバン)と伝わったために現在のチューリップと言う名が生まれたとウイキペディアには書いてある。スペイン語ではトゥリパンと言う。チューリップ以上に元の名前に近いように思う。
赤いチューリップなんだが、他の色はなかった。今日も市場の帰り他の店で売っているのを見たが、やっぱり赤だった。赤い色が人気があるということだろう。最近色々な花を売っている。
朝のうち市場に行ったが、今日はかなり人が少なかった。その分品物もなんだか少ない。魚屋も品ぞろえが極端に少なく、いくつかの選択肢を挙げて注文しておいた。
今日はかなり暑い一日。それでも、朝起きた時は結構寒く、午前中も日差しは結構強かったんだが、風が冷たかった。夜も結構寒い。
日中の温度25度、湿度44%。夜20度、56%。

から揚げの型

今日の日曜定食は鳥のから揚げで、21人来てくれた。今日は大体想定していた範囲だったので、それほど焦らずにできた。先日グアテマラシティーに行ったときに、鳥のから揚げを一切れずつ置くため、小さなカップケーキの型のようなものを買って来た。揚げたものを置くのではなく、揚げる前の肉を置くもの。
大体、鳥のから揚げは衣をつけて、そのまま油に入れるのではなくて、丸めて入れるようにしている。この方が、表面積が少ないので、鳥の味が残るような気がする。今までは、一個一個スプーンですくって入れていたんだが、これでは全部入れるまでかなり時間がかかってしまう。それで、事前に分けておく良い方法はないものかと思っていた。
ちょうどグアテマラシティーに行ったときに、ちょうど良いものを見つけたので買って来た。これで少しは早くできるようになった。初めて使うので、どうなるかと思ったが、想像した通り、ちゃんとできて良かった。最初鳥の卵が入っているプラスチックの容器を使おうかと思っていたんだが、油に当たったら溶けると注意されて、それはそうだと思って、この金属の型を買ったんだが、良かった。油に入らなくても、しばらく持っていたら、そこそこ熱くなる。2人前ずつ作っていくので、ちょうど2人分の型を買ったんだが、もう少し多めに買っておけば、もっと時間を有効に使えたと思って、ちょっと後悔。
今日も天気が良く暑い一日。夜、日曜定食が終わって、片付けていたときに、ブオンと結構大きな音がした。フエゴ火山がまた噴火したらしい。
日中の温度28度、湿度41%。夜21度、55%。

トスターダ

大体土曜日は市場で昼ごはんを食べて帰って来るんだが、最近食べるには食べるけれど、軽く、アトル屋ですませる事が多い。アトルも飲むんだが、他にもトスターダという揚げたトルティーヤにアボガドをペーストにしたものをのせて、トマトソース、粉チーズ、キャベツを千切りにして酢を入れて煮た様なものをのせてくれる。これが、おいしい。そもそも、トルティーヤを揚げたものをトスターダと言うんだが、これが好きで、更においしいアボガドのペーストをのせてもらえば言うことはない。
ただ、以外にこれらの材料の組み合わせがビミョウで、これがおいしいところと、そうでないところがある。面白いのはそれぞれの材料がおいしくても、一緒に食べ時にものすごくおいしいとは限らないことだ。一つの味が勝って、他の味を消してしまったりして、今一つだったりする。
特にチーズはしょっぱい事があるので、チーズが好きだからと言って、いっぱいかけてもらうと、とんでもないことになる。後はトマトソースの具合と、キャベツの酸味の具合が結構大切なような気がする。まあペトラのように、キャベツいらないという人もいるので作る方は大変だろう。
明日は鳥のから揚げで、今日はその準備。今日の午後に2人前ずつに分けて、下味に漬け込んでおいた。
今日も天気が良く暑い。夜になって風は出てきたが、雨は降っていない。
日中の温度28度、湿度28%。夜21度、41%。

バレンタインのケーキ

今日はバレンタインデー。日本では女性が男性にチョコレートを贈る日だが、こちらではそういうのはなくて、女性も男性も家族に何らかの贈り物をする。ディア・デ・カリーニョというので、家族でなくても、職場などでは贈り物を交換することがある。
そういう訳で、今朝は授業が始まってすぐに、ケーキを買いに行った。ピザというのもあり、アタバルのすぐそばにはドミノ・ピザもある。ところが、今日はなんと朝6時には店を開けだして、もうオーブンを温める匂いがしている。宅配用のバイクも、いつもの倍くらい置いてある。
ずいぶん前に、何かの記念日にドミノ・ピザを頼もうと思ったら、数時間かかると言われて、諦めたことがあるが、この様子では、今日もそれに匹敵する状況が予想される。それにこんな状態では、下手したらだいぶ前に作ったピザを持ってこないとも限らない。これで、ピザという選択肢はないので、やっぱりケーキが一番良さそうだ。
ケーキ屋も相当混んでいるかと思ったが、幸い朝早く行ったせいか、それ程混んでいない。今日は割引券もあったので、アンフォラと言う、アンティグア内ではちょっと高めのケーキ屋に行った。割引券を使って、他のケーキ屋と同じくらいの値段。
10時の休み時間にみんなで食べたが、甘さ控えめで、結構おいしかった。まあこれだったらケーキも悪くない。
今日もかなり暑い一日。夜になってまた少し雨が降った。
日中の温度28度、湿度44%。夜22度、60%。

問題が多い

昨日またイウシを払いに行って、まだ駄目だと言われた。まだシステムが復旧していないらしい。ずいぶん長いと思うが、何しろいろいろ数年来の問題が出ているという噂があり、簡単には復旧しないような感じだ。担当の人は、それでも払いたければ、払うことができるというんだが、ここで払って、システムが復旧したときに、記録が残ってなくて、もめたりするのは嫌だと思ったので、やめておくと言って帰ってきた。
ペトラはこれで支払いが遅くなって、延滞料が取られたらどうするんだと言うが、確認したところでは、遅くとも4月中に支払えば、延滞料は取られないということなので、まだ余裕はある。
大体、4月までシステムを何とかできずに、延滞料を取ったら、アンティグアの人たちは当然黙っちゃいないだろうと思う。逆に1月中に払った人は、システムがその後におかしくなって、ちゃんと記録が残っているか、気になるところじゃないだろうか。払いに行く前に問題が起こってくれて良かったと思う。いろいろな噂からすると、システムがダウンしたというより、1月中に払った人が2重払いさせられたり、余計に払わされたり、問題が続出して、これではだめだということで、止めてしまったんだろうと思われる。
今週の日曜定食は鳥のから揚げの予定。
今日もわりと暑い一日。昨日の晩は結構寒いような気がしたんだが、今朝起きた時には、それほど寒くなかった。
日中の温度26度、湿度41%。夜20度、55%。


移転したレストラン

今朝サンフランシスコ教会の方に歩いて行ったら、見たことのあるおじさんを見かけた。一瞬誰だかわからなかったんだが、ペトラがトコ・バルというレストランのオランダ人だというので、やっと思い出した。
トコ・バルはずいぶん以前に書いたことがあるが、地中海、アラブ風の料理を出す店だ。僕は割と好きなんだが、ペトラがあまり好きでないので、主に、持ち帰りで買って食べることにしている。
一番最初は今テキサス・バーベキューがあるあたりに小さな店を開いたんだが、結構流行っていて、その後、その斜め向かい位に移った。以前はごく小さいながら、開けっ広げな感じで、中までよく見えたんだが、移ったところは間口が小さく、どうも目立たない。これで人が入っているんだろうかと思っていたんだが、これが今度はサンフランシスコ教会とアタバルの中間くらいのところに移ったわけだ。
まだ店は開いていない。木曜日くらいだと言っていた。しかし、レストランをやるには、以前の場所の方が良いような気がする。恐らく2番目の場所で上手く行かなかったんだと思う。商売は難しいものだ。でも、値段も割と手頃で、こういう、他にはあまりない料理を出してくれるので、僕としては頑張ってもらいたいと思う。
今日は日中は天気が良くかなり暑かった。そのわりには、夜になって一瞬雨が降り、その後、ちょっと気温が下がった。
日中の温度29度、湿度44%。夜20度、65%。

涎掛け

以前書いたロスアンゼルスで買ってきた、歯を洗う器具。これは最近慣れてきて、かなり気に入っている。なんだかこれを使うとすっきりする。歯を磨いた時に、こういう感じですっきりすることはない。
ただ、これは日本では使えないだろうと思う。何しろものすごく水が飛び散る。シャワーに取り付けるようになっているので、風呂の中でやれば、飛び散っても気にせずすむと思うが、シャワーを浴びるときにしか使えないのは痛い。
着ている服もびしょ濡れになるので、今までは洗う前の服に着替えたりして、やっていた。これはこれで面倒臭い。それで、市場でキャンバスのような布を買って、これで涎かけのようなものを作ってもらった。
これだったら、やる前にこれを被るだけで良い。飛び散るのは基本的に水なので、別にそう汚れるわけではないし、さっさと水をはらい落とすだけで十分。特に維持に気を使うこともない。
おかげで、気楽に歯を洗えるようになった。歯に良いかどうか、効果はすぐにはわからない。今までだって、そう真面目に歯を磨いていたわけではないが、特に歯に問題はなかった。歯の悪い人が使わないと効果のほどはわからないかもしれない。
今日も天気が良く、暑い。昨日も昼間は暑かったんだが、今朝起きた時は、ちょっと肌寒かった。ニュースではまた寒波が来るようなことを言っている。
日中の温度28度、湿度42%。夜21度、54%。

注意してください

最近、アンティグアの旅行会社でティカル遺跡などに行くツアーを申し込んで、トラブルになった話を良く聞く。大体こういうツアーは、宿泊先までシャトルが迎えに来てくれて、空港かバスターミナルまで行き、そこから飛行機もしくはバスでフローレスまで行き。現地に着いたら、またシャトルで遺跡まで行くようになっている。
このシャトルバスが迎えに来ないというのが、トラブルの大半。最初でつまずいてしまうので、結局お金を払ったものの、家で待ちぼうけで、終わってしまうということになる。悪質なのは返金を渋るところがあることだ。シャトルバスが手違いで迎えに来ないということは、今までもたまにあったが、ちょっと最近目立つように思う。
聞いてみると、大体机を一つ置いて商売している小さい旅行会社で頼んでいる人が多い。特に目抜き通りの4カジェのマクドナルドの周辺にいくつかそういう店があるが、こういうところは避けるのが無難。中でもオンビサという店はここ以外にも3,4軒アンティグア内にあるようで、ネットでもかなり評判が悪いところのようなので、こういうところはたとえ安くても避けてもらいたい。これ以外にも1つ、2つ悪評のある店があるらしい。
旅行会社を選ぶときは、値段だけで選ばずに、いくつか見て、応対がしっかりしているかとか、緊急の連絡先がちゃんとあるか確認し、領収書などの書類をきちんと渡されなかったり、そこら辺の紙に手書きで書いてあるようなところは、例え、申込みの途中で相手が気を悪くしても、やめたほうが良いと思う。
今日は天気が良く暑い一日。
日中の温度27度、湿度32%。夜20度、48%。

米の炊き方

日曜定食は魚の照り焼きで26人来てくれた。いったん20人で止まって、自分たちの分を作り、そろそろ片づけを始めようかと思っていたところで来てくれた。こんなに大勢来るとは予想していなかったが、照り焼きは、一度で4人分くらいできるので、大勢来てくれても、対応はそれほど大変ではない。漬けておいた魚は、自分たちで食べる分を作ったら、ほとんど余らなかった。
付け合せのポテトサラダも、ちょうど自分の朝食分くらいが残った程度。良い具合だ。ポテトサラダは好きな食べ物なんだが、自分の分だけを作るのはどうも面倒くさい。今日のジャガイモは丸っこいものが手に入ったので、気のせいか長いジャガイモで作ったものよりおいしいように思った。
残念なのはご飯がなくなったこと。いつものやり方では結構焦げるのと、僕の好みより柔らかく炊けるので、少しやり方を変えてみた。焦げ方は自分としては許容範囲。柔らかさを食べてみて確認したかった。ある程度柔らかいのはこちらの米を少しでもモチモチさせるために仕方ないような気もするが、もう少し改善したいと思っている。ペトラに少しだけ残しておいてくれるよう言っておけば良かったんだが、突然人が増えたので、そちらに気が行ってしまって、忘れていた。
今日も朝から今一つの天気で、風が冷たい。夜はかなり寒いかと思ったが、まあ僕は料理をしていたので、それほど感じなかった。
日中の温度23度、湿度48%。夜19度、62%。

土曜の夕飯

最近土曜日の夕飯はポヨ・グランヘロと決まっている。配達はしてくれないので、ペトラと散歩代わりに買いに行くんだが、これが良い感じだ。今日も夕方に買いに行ったんだが、ちょうど作り置きの物がなくなって、10分ほど待ってくれと言われた。市場の前の通りなので、いろいろな店がたくさんあり、時間を潰すには事欠かない。
向かい側のポルタル・デ・メルカードに行って、以前教えてもらった、タマルとパチェが飛ぶように売れるというおばさんを探した。タマルやパチェは土曜日の夜の食べ物なので、土曜日の夕方だけ売りに来るらしい。最初わからなかったが、しばらくウロウロしていたら、巨大なプラスチックの桶?を運び込み始めた。もう既に周りにはたくさんの人が集まっている。これは間違いないと思い、我々もその人の中に混じって待った。巨大な桶を4つ設置して準備完了のようだ。しかし、列を作るわけでもないので(人通りが多いし、他の店の前なので、列を作ったら邪魔だろう。)、相当押しが強くないと買えない。僕は撤退し、ペトラに任せた。本当は中の肉が豚か鳥か聞きたかったんだが。
ペトラが奮闘し5つ買って、その後グランヘロでフライドチキンを買い帰ってきた。僕はパチェを食べたが、かなりおいしい。タマルもアンティグアで一番とは言えないが、十分おいしい。場所が良いし、これだと飛ぶように売れるわけだ。
グランヘロの方もすごく混んでいて、隣の店は境目に「ここでも商売をしているので、待っている間もそれを尊重しろ。」といった張り紙をしていた。よっぽど人が集まるときがあるんだろう。
今日はまあまあ良い天気。
日中の温度25度、湿度54%。夜20度、62%。


イウシ

イウシというのは、土地に対する地方税で、日本でいう固定資産税のようなものか。先日書いたように、市から払えと通達が来たものの一つ。大体3か月に1回払うようになっている。まあ、日本の固定資産税のように高くはないので、面倒臭いから、毎年いろいろな支払いが一段落して混まなくなった2月の初め位にまとめて1年分払うことにしている。
これを今日支払いに行ったんだが、やり方が変わっていて、それぞれに振り当てられた番号をもらって来いと言われた。これは窓口ではできずに、事務所の方に行かないといけないらしい。仕方がないので、事務所の方に行ったところ、今システムが落ちてしまって、できないと言われた。
まあ、なんとも気が抜ける。払え払えと言うんだったら、ちゃんと払えるようにしておいてもらいたい。一体いつになったらシステムが戻るのかと言うと、一応今日からということになっているけど、念のため来週になってから来てくれという。
最近水の支払いを始め、なんでも番号を割り当てて、それで管理をしようとしているみたいだ。適当な金額を払わせて、窓口の人がピンハネしていたとか、払ったのに記録されていなかったとか、良くない噂を聞く。これでコンピュータで管理して、きちんとできるんだったら、悪いことではないと思う。頑張ってもらいたいもんだ。
今日は昨日よりは少し天気が良く、日中はちょっと暖かくなった。それでも、夕方から暗くなり、風もあり、夜はちょっと寒い。
日中の温度24度、湿度52%。夜18度、63%。

フィルター

直火式のエスプレッソを入れる器具を使い、コーヒーを入れているんだが、最近教えてもらって、これにフィルターを入れるようにした。フィルターは、ドリップコーヒーを入れる紙フィルターを買ってきて、丸く切って、コーヒー豆の上の部分に置くだけ。
置くと言っても、置いてふたを閉めるのは難しいので、これも教えてもらった通り、上の漉し網の部分を少し濡らせて貼り付けてから閉める。紙のコーヒーフィルターは100枚で120円程度で、アンティグアのスーパーでも売っている。1枚のフィルターから7つ丸いフィルターが取れるので、実に安いものだ。確かに、切る手間はあるが、時間のある時にまとめて切っておけば、大したことはない。これで入れると、今までカップの底に溜まっていた、コーヒーのかすが出なくなる。やる前は、それだけかと思っていたんだが、気のせいか味も随分違う。
フィルターを使わないものよりすっきりした感じで、よりコーヒーらしい味がするように思う。できたコーヒーをカップに移す時も、澄んだ感じがするのが良い。やる前に想像していたよりも、ずっと効果があった。
ずっと頼んでいて、手に入らなかった、メカジキがやっと手に入った。これで、今週の日曜定食は魚の照り焼きにすることにした。付け合わせはポテトサラダなんだが、これも、最近丸っこいジャガイモがまた出回り始めたので、これを買ってきた。やっぱりこちらの方がおいしいように思う。
今日は曇りがちの天気で、昼過ぎに少し雨が降った。
日中の温度22度、湿度61%。夜18度、62%。

断水のお知らせ

昨日の晩アンティグアローカルテレビ局のニュースで、今日は断水すると言っていた。そこで朝から水を貯めていたら、先生たちが来て、今日の夕方の5時からだと言っていたという。まあとにかく断水するようなので、貯水タンクはもちろん、あっちこっちに水を貯めておいた。
実際午前中は問題なく水が出ていた。それでも夕方4時頃には、かなり水圧が落ちてきて、5時頃には断水。相変わらずアンティグアの水道設備には問題があるようだ。ただ、先日も僕は知らなかったが、先生たちは断水の情報を知っていたし、今回も、ちゃんと時間までわかっていた。これは画期的なことだと思う。
もちろん、今でも突発的にどこかで水道管が破裂して、予告なしで断水することはあるが、こうしてわかっている場合だけでも事前に知らせてくれるのはありがたい。まあ今回もニュースだけでなく、触れ歩いていたという噂もあるし、実は以前も知らせていたという噂はあるが、今回触れ歩いていたのを聞いたという人は知らないし、以前は誰も知らなかったので、それが今回これだけ知れているというのは、ずいぶんな進歩だと思う。ただ,
5時からとは言っていたが、何時までという情報はなかったので、まだまだ頑張って、もう少し進歩してもらいたいものだと思う。
結局水は6時過ぎにはもう出始めた。かなり空気が混じり、その後も、完全に水圧は戻っていないが、とにかく出ている。
今日も暑い一日で、夜何とかシャワーが浴びることができて良かった。
日中の温度28度、湿度45%。夜21度、61%


38年前

1976年の今日、グアテマラで大きな地震があり、アンティグアも含め、多数の被害が出た。それ以来グアテマラではこれだけの規模の地震は起こっていない。今日はニュースでもその話題が多かった。その時は、4日に33秒続く地震があり、その後、6日にも強い余震があったそうだ。
ペトラなどはその時に家が壊されているので、地震をすごく怖がる。ただ、もう38年前のことなので、今は大人でも地震を経験していない人が増えてきている。
そういう人たちでも、地震を怖がる人は多い。まあ小規模の地震はいくつもあったし、その間にもメキシコやらエルサルバドル、コスタリカなど近隣の国で、結構大きな地震があったので、そのニュースは十分に見ているんだろう。それに、親を初め、周囲の人が地震を怖がるので、それに影響を受けていることも十分に考えられると思う。
アタバルでも、ずっと以前、かなり年配の男の先生が、ちょっとした地震で驚き、外に走って出て行ったので、その反応を見たこっちが驚いたことがある。今はさすがに外に走っていく人はいないが、こちらでは地震があると、外に出るというのが常識のようだ。アンティグアでは高い建物がないので、あまり物が落ちてくる心配はしないでよいからかもしれない。
今日は日中かなり暑い。やっぱり28度となると、アンティグアではぐったりするような気温。寒波はどこへ行ってしまったのか?
日中の温度28度、湿度38%。夜21度、55%。

タルタルソース

タルタルソースというのは、どこの国で作られたものだろうか?ウキペディアによると、タルタルステーキというのは、タルタル人(モンゴル帝国の遊牧民)から伝わったものだということらしいが、ソースは違うみたいだ。ちなみに、ハンバーグは、タルタルステーキを焼いて食べ易くしたものが起源だそうだ。タルタルソースは、フランスでタルタルステーキの付け合わせとして作られたという説があるとも書いてある。
それはともかく、このタルタルソースだが、グアテマラのタルタルソースにはゆで卵が入っていない。最初食べた時に、ゆで卵が入っていないので、なんてケチなことするんだと、かなり憤慨した。大体タルタルソースなんていうのは、一般の食堂ではまず出てこない。こちらではちょっとお高めのところで出てくるものだ。それなのに、ゆで卵をケチるなんて、あまりに阿漕じゃないかと思っていた。しかし、その後、どこで食べてもタルタルソースなるものに、ゆで卵が入っていたことがない。テレビの料理番組でも入れていなかった。ということは、ゆで卵を入れるのは、日本でだけのことなんだろうか?
昨日ペトラが食べたエビフライにもタルタルソースがついていたが、やっぱりゆで卵なしの物だった。しかも、グアテマラのおいしくないマヨネーズを使っていると思われ、僕にはかなり残念なものだった。例えおいしくないマヨネーズでも、ゆで卵を入れたら、結構おいしくなるのにと、ついつい思った。
今日も天気は良いが日中の気温はそれほど高くならない。夜は少し暖かい。
日中の温度25度、湿度48%。夜21度、58%。

火事の後

久しぶりに、エスタンシアに昼ごはんを食べに行った。ずっと前に、行った事があるんだが、なんだか今一つだったので、その後、あまり行くことはなかった。ただ、その後、配達してもらって、何回か注文をしたことがある。配達で頼んだものはまあまあだったので、注文するものを考えれば、それほど悪くないと思っていた。
このエスタンシアは3年位前に火事を出して、その後、1年くらいかけて立て直していた。新しくなってからは始めて。どれだけ変えたのか、興味もあった。中に入ってみると、相当思い切って改装してある。以前の面影は完全になくなっている。以前は元々あった建物を利用しているからだと思うが、ちょっと複雑な作りで、ちょっと落ち着かない感じだった。今回は完全にレストランとしての作りで、悪くない。ただ、全体に屋根をつけているので、ちょっと薄暗い感じがするのが難点。
大きな店なんだが、それにしても、働いている人が多すぎるんじゃないかと思う。キッチンも見えるようになっているからかもしれないが、満員になっても、客2人に対して1人くらいの人が働いているように感じる。週末だから人を増やしているのかもしれない。
ペトラはエビフライ、僕は牛のカツレツにトマトソースとハム・チーズが乗っているものを頼んだ。まあ無難なものを頼んだせいか、どちらも結構おいしい。
日曜定食は豚肉のしょうが焼きで24人来てくれた。予想はこれよりかなり少なめだったので、ちょっと慌てた。それでも用意した材料は、きれいになくなった。
相変わらず寒波は来ないようで、暖かい。
日中の温度26度、湿度45%。夜21度、56%。


競争

ここのところ、ペトラがポヨ・グランヘロを気に入っているので、土曜日の夜は、このフライドチキンを買って来て食べることが多い。しかし、いつも感心するんだが、良く人が並んでいる。特に、今日は夜の6時過ぎに行ったせいか、かなりの人が並んでいた。
まあ、全て持ち帰りだし、挙げたのを注文にあわせて詰めていくだけなので、それでも、そんなに待たされるわけではない。しかし、ポヨ・グランヘロがこんなに混んでいたら、きっと先行のポヨ・ピヌリートは、かなり人を取られているんじゃないかと思った。前にも書いたように、ポヨ・グランヘロはもはやグアテマラ人のソウル・フードと言えるポヨ・カンペロがやってる安売り用の店で、ポヨ・カンペロと同じような味だ。日本人はポヨ・ピヌリートが良いとか言う人もいるが、小さい頃からこのポヨ・カンペロの味に慣れ親しんでいるグアテマラ人は、まずこちらの味を好むんじゃないかと思う。
そこで、ペトラに並ぶのを頼んで、走って1ブロック先のピヌリートを見に行った。残念ながら人がいない。これはやっぱりと思ったが、帰りにトゥクトゥクで前を通ったときには結構人が並んでいたので一安心。
ピヌリートが成功しなかったら、グランへロもなかったんじゃないかと思う。もう人生の約半分グアテマラにいることになった僕は、ついついカンペロの味に引き寄せられてしまうが、競争を維持するためにもピヌリートにがんばってもらいたい気持ちがある。
寒波はどうなったんだかわからないが、今日は日中暑く、朝も晩もそれほど冷えない。
日中の温度26度、湿度33%。夜度、%。