スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



プロポリススプレー

昨日の晩は相当雨が降ったようだ。今朝起きたときにもまだ降っていた。珍しいなと思っていたら、わりとすぐにやんだ。それでも、午前中はそれでもまあそれなりに良い天気。ちょっと暑くなってきた。ところが、また午後になって雨。しかも、4時前になって相当な勢いの雷雨。今年は雨が少ないと書いたら、土砂降りになる。
こんな変な天気のせいか、今アタバルでは咳をしている人が多い。僕も一昨日位から喉が痛くなって、咳が出る。今週は明日がメーデーで休みなので、授業は今日まで。そうなると、今日は文法講座で結構喋らないといけない。喉が痛い上に咳が出るので、これは結構大変。そこで、去年日本に行ったときに姉にもらったプロポリススプレーを思い出して、昨日の晩喉にシュッっと吹き付けておいた。お蔭で、今日はのどの痛みはなくなった。それでも、咳は出る。こちらはペトラが作ってくれたコカコーラにショウガなどを入れて煮たものを飲んで、のどを潤す。
僕よりもひどいのが、リスと言う先生。今日は朝来た時に、声がほとんど出ない状態。それで、口を開けるように言ってプロポリススプレーを吹きかけておいた。そうしたら、しばらくして、声が出るようになり、なんと今日一日これで乗り切った。のどの炎症にはかなり効果がある。まあ、咳はかなりひどくて苦しそうではあったが。
今週の日曜定食は豚肉と青菜の五目炒めの予定。
午後かなり雨が降り、夜は止んでいるが、ちょっと寒いくらい。
日中の温度27度、湿度54%。夜20度、69%。
スポンサーサイト

自治区

ネットでニュースを読んでいたら、こんな記事を見つけた。まあ、一体何を考えて、町を運営しようと言うのか、ちょっと理解しがたい気がするが、確かに、自治体の運営がひどいところでは、まだこういう企業にやってもらった方がましだと思うのもわからないではない。
しかし、例えば、アンティグアの町をグーグルが運営するようになったら、町の外見はともかくとして、やっぱりなんとなく雰囲気は変わるんじゃないだろうか。そもそも、アメリカ人が我が物顔でアンティグアの町を運営したりしたら、ちょっとグアテマラの人は複雑な気持ちがするんじゃないかと思うんだが。
幸か不幸かこの記事によると、ホンジュラスが自治区を認める法律を成立させ、エルサルバドル、コスタリカが検討中と言うことで、グアテマラは出てこない。まあ、ホンジュラスで様子を見て、それからでも良いかもしれない。それに企業の側にはどういうメリットがあるんだか良くわからない。
それにしても、今日もやたらと暑い。気温は大したことがないが、これ以上に暑く感じる。しかし、ニュースでは明日の木曜日は暑いと言うところもあれば、メキシコから寒波が近づいていると言うのもある。ただ、昨日も書いたように、今年は雨季に雨が少ないのではないかと言うのは、あちこちで言われているようだ。
夕方から雷がすごく、夜になってやっと雨が降った。お蔭でだいぶ涼しくなった。
日中の温度30度、湿度54%。夜21度、66%。

更に水撒き

今日もまた暑い。なんと昼前11時半ころには、温度計がほぼ32度。先生たちは暑い暑いと言っている。昨日やった屋根に水を撒くのが一番手っ取り早いと思い、フリアに言ってホースを持ってきて、屋根全体に水を撒いてもらった。
そうしているうちに気温は32度まで行ったんだが、水を撒いてしばらくしたら、やっぱり温度が下がり始め、なんと30度まで下がった。もちろんこれは廊下部分で計測しているので、それ以外のところでは、下がるわけではないと思う。それに、30度だって暑いのに変わりはないが、32度から下がると、やっぱり多少涼しく感じる。このドゥラリータの屋根に水を撒くのはなかなか有効な方法だと思う。
それで、午後の授業の前にも、屋根に水を撒いておいた。そのせいか午後は30度で、それを超えることはなかった。まあ、午後に関しては、ちょっと雲が出てきて、日差しが弱まったようにも思う。
ニュースでは、今年は雨が少なくなると言う予想だと言っていた。と言うことは、暑い日が多い可能性がある。5月に入ったらそろそろ雨季が始まって、雨が降ったり、曇ったりすると、気温が下がる。まああくまでも予想なので、当たるかどうかわかったものではないが、こればかりはちょっと外れてもらいたいものだ。そもそも雨が降らないと、干ばつになる可能性がある。
夜一瞬パラパラと雨が降る音がした。でも本当に一瞬のことだった。それでも、少し涼しくなった。
日中の温度32度、湿度49%。夜23度、67%。

水撒き

今日もまたものすごく暑い一日。昼過ぎ2時に温度計を見たときにはやっぱり31度。連日の30度超えはきつい。事務室も暑いんだが、廊下部分は天井がドゥラリータという、なんと言うのか瓦のような、粘土のようなセメントのような物でできた波板だ。
このため、この屋根材が熱くなって、廊下に立っていると、頭の上にムッとする熱い空気を感じる。そこで、午後2時に授業が始まった時に、ホースでそのドゥラリータの上に水を撒いてみた。気のせいかもしれないが、熱い空気の塊はなくなったように思う。2時半になって気温を見てみたら、30度。おそらく効果があったものと思われる。1度だけだし、1時間もしたら乾いてしまっていたが、水を撒くだけなので、これは悪くない方法だと思った。
事務室の方は天井が鉄筋コンクリートなので、あまりそういう効果は期待できなさそう。それよりも、裏のドアを開けて、風を通すのが一番。幸い今日は結構風があるので、風が通ってくれるとホッとする。
昼過ぎに銀行などに用事で出かけたんだが、銀行はガラガラ。やっぱりこの一番暑い時間帯にはあまり人は来ないものと思われる。銀行内はクーラーが効いているので涼しい。銀行の人も僕が汗をかいてるのを見て、外は暑いだろうと同情してくれる。
まあ今日も夜もまた暑い。外は涼しいんだが、風がないので、かなり外と家の中の気温が違うように思う。
日中の温度31度、湿度41%。夜23度、64%。

想像

今日もものすごく暑い一日。午前11時ごろにはすでに30度をやや超えていた。これはまた32度になるかと思っていたが、そこまでは行かなかったようだ。それにしても、昼ご飯を食べに出たんだが、ものすごく暑い。
そこで、もう近くで済ませようと言うことで、近くのステーキ屋に行ったんだが、食事をしていたら、隣に座った若いカップルが、メニューを見ては、いろいろウエイターに質問をし、女性の方はなんだか顔をしかめて、いろいろまた言っている。
若いのにいろいろ注文が多い人だと思って、会話を聞いてみたら、どうもお金が足りないらしい。男性の方が予算がいくらくらいだと言うようなことを言っている。デートなのか夫婦なのかわからないが、それでレストランに入ったら、思ったより高くて持ち金が足りなかったんだろうか。でも、それだったら「ごめん。」と言って出てしまえば良さそうなものだ。サラダバーを見に行ったり、焼く前の肉をわざわざ見せてもらったりするのは何なんだろうか?
総合して考えると、男性の方がよっぽど倹約家で、金はあるんだが予定以上のお金を出すのを嫌がっているようにも見える。まあ余計なお世話だが、ペトラといろいろ想像して、ちょっと楽しませてもらった。
今日の日曜定食は鶏肉のネギソースで、29人来てくれた。初めてのメニューで予想をだいぶ上回る人数だったので、ちょっと焦った。しかも、最初は少なくて、火を止めたりしていたので、後手に回ってしまった。
日中の温度31度、湿度45%。夜23度、67%。

今度は苺

今日は暑い。昼過ぎの気温がついに32度。この温度計を貰ってから、ずっと見ているわけだが、もしかしたら、最高かもしれない。少なくとも、今年の最高気温。ここ連日暑い日が続いているが、ちょっと嫌になるくらいだ。
市場で買い物をしていても、暑いねと言うのがあいさつ代わり。ペトラも、今日は暑いからさっさと買い物をして、昼には戻ろうと言う。確かに、昼過ぎるとさらに暑くなるので、良い考えだ。
この時期なのに、市場の人たちに聞くと、今年はマンゴが不作なんだそうだ。まあ、売ってはいるが、僕の好きなピコ・デ・ロロ小ぶりな物は、もうほとんど手に入らない。今日は代りにイチゴを買った。良くわからないが、今結構出回っているし、安いので、季節なんじゃないかと思う。
グアテマラの人は食事の時に何らかの飲み物を飲む。特に甘いジュース類を飲むんだが、これが手抜きの所は、粉ジュースになる。僕は基本的に食事の時にジュースを飲まない。特に粉ジュースはおいしくないので、手を出さない。そのため、昼ご飯の時は果物やら麦茶、ハイビスカス茶、タマリンドなどを使い、ジュースを作ってくれる。先週もイチゴを買って、昼ご飯の時に、これをミキサーにかけてジュースを作ってくれたんだが、これがなかなかおいしかった。そこでまだ買って、冷蔵庫に入れて来週のジュースの元にしてもらうことにした。
それにしても夜もまだ暑い。
日中の温度32度、湿度44%。夜24度、66%。

キャベツ

キャベツなんて、春キャベツくらいしか知らなかった。それも、春にできるからそういうだけで、種類が違うなんて思いもしなかった。グアテマラのキャベツは生で食べると日本の物より固いと言うのは、以前から知っていたが、去年の暮れくらいから、火を通してもなんだか固くて、もさもさするのに結構出会った。
それでよく考えてみると、日本のキャベツは平べったいものが多いように思うが、こちらでは、基本的にまん丸い球体。しかも、日本のはわりとスカスカしているのに、こちらのは大体ぎっしり、みっちり詰まっている。
ところが、先日日本の物のように平べったくて、スカスカしたのを見つけた。良く買い物をする店だったので、平べったくてスカスカしているって褒めたつもりだったんだが、おばちゃんは文句言ってるんだと思ったらしく、種が違うんだからしょうがないだろうと怒っていた。確かにグアテマラの人は、普通みっしりと詰まったキャベツを選ぶ。キャベツは1個いくらと言う値付けなので、当然詰まっている方が得と言うことだろう。
おばちゃんの言葉で、なるほど種類が違うのかと思い、ネットで調べてみたら、グアテマラのはどうやらホワイト・キャベツと言う物じゃないかと思われる。やっぱり日本のキャベツとはちょっと違った種類らしい。
今日は昼前にすでに31度になっていた。これは、昼過ぎには間違いなく32,3度になって今年一番と思っていたら、なぜだか午後には30度に下がっていた。でも、暑い一日。
日中の温度31度、湿度48%。夜23度、62%。

なんだか

先日書いた、税関での汚職の問題、かなり今騒いでいる。まあ大抵、一時大騒ぎして、大した結果が出ないうちに、飽きちゃうのか、なんだか良くわからなくなって、どんどん扱いが小さくなり、そのうち忘れちゃうようなことが多いんだが、今回もそうなんだろうか。まあ、派手に始まったので、どうなるか見もの。
市場の日で、買い物に行き、裏の古着屋に行って話をしていたら、やっぱり、新しい商品が入らなくなっていると言っていた。まあ、新しいものを出している人もいたが、これはこの問題が起こる前に入っていたものかもしれないし、これが続くと、大変になるだろう。靴を売っているおばちゃんは、いつも買っているところに、今週荷物が入るはずだったのが、これでいつ入るか全然わからなくなったと言ってぼやいていた。別のおばちゃんは、これで、仕入れが高くなるだろうと、心配している。
まあ、これで古着が高くなる可能性は確かにあるだろう。まあ、誰もが口々に、今回の汚職の役人の人たちを、とんでもない奴だと言って怒っているが、意外なところで恩恵を受けていた可能性はかなり高いように思う。何しろ数百から千の単位の企業が、この脱税ルートを利用していたと言う話だ。
今週の日曜定食は鶏肉のネギソースの予定。これは初めてのメニュー。いわゆる油淋鶏と言う物。魚がないので、少し鶏肉のメニューも増やさないと。
今日も日中は天気が良く暑かったが、夕方から曇ってきたがどうも雨が降った様子はない。
日中の温度30度、湿度52%。夜22度、68%。

80周年

去年、秋篠宮両殿下がグアテマラにいらしたんだが、正直言って何でなのか良くわからなかった。なんだか80周年と言っていたように思ったんだが、日本とグアテマラの国交はもっと以前からあったように思っていた。
不思議に思っていたんだが、アンティグア在住の明子さんに教えていただいた。「日本・グアテマラ外交関係は、1935年(昭和10年)2月20日、在メキシコ日本国公使のグアテマラ兼任公使任命をもって始まり、同年グアテマラ側は在中華民国大使を日本兼任公使に任命した。」と言うことだった。
なるほど、外交関係が始まったのは高々80年前と言うことなんだ。僕がこちらに住み始めたときに、日本人会で、確か明治のころにサーカス団で来たという高齢の女性がいらしていた。それ以外にもメキシコのチアパスに移民して、グアテマラに移ってきたと言う人もいたと聞いたことがあるし、アンティグアの市場で鳥屋さんをしているアカサキさんのおじいさんもいた訳なので、結構日本の人が100年以上前からグアテマラに居住していたと思っていたのだが、その頃には日本大使館などはなかったわけだ。何か手続きなどあったら、メキシコに行かなくてはいけなかったんだろうか。そんな事しなかったんだろうか。大変だったんだろう。
今日は少し雲があり、日中も気温は30度にならなかった。夜になっても、風があり、少し涼しい。、
日中の温度29度、湿度52%。夜23度、67%。

筋肉痛

朝から暑かった。暑い時でも午前中はまだましなんだが、今日は午前中から事務室で座ってるだけで汗が出るほど。昼からはさらに暑い。ついに31度。今年最高。しかも湿度も高い。
ここのところ、どうも下腹部を中心に腹痛がする。じっとしていると、何ともないんだが、立ち上がったり、動いているときに痛みが走る。ガスが溜まっているのかとか思い、トイレにこもってみたりいろいろやったんだが、治らない。1月ほど前には、右ひざの半月板を損傷した。特に転んだとか捻ったとかいうことはないんだが。やっぱり50歳になると、いろいろな不具合が出てくるものだと思っていた。
膝は、階段を上り下りする時や座っていて立ち上がる時などに右膝が引っ掛かってやや痛いような感じになって。いろいろやっても治らないので、医者に行ったら半月板が損傷していて膝に水が溜まっていると言われた。それで注射を打ってもらい。具合が良くなってきたんだが、それまで、右膝をかばって歩いていたせいか、右の足がやや細くなっていると言われ、横になって足を上げる運動をするように言われた。
それで毎日それをやっているんだが、昨日の晩運動をしていて、ふと気が付いた。ずっと横になって足を上げる運動をしているため、腹筋が筋肉痛になっていたようだ。それで、じっとしている時には何ともないのに、動き出すと腹痛がするわけだ。
夜になっても、それ程涼しくならない。シャワーを浴びたら、汗が止まらない。風があるのが救い。
日中の温度31度、湿度50%。夜23度、65%。

冷たいだけじゃ

なんだかペトラが風邪気味。本人に言わせると、先日シャワーを浴びている時に、途中で水になって、冷えたせいだと言う。確かに、給湯器がどうもうまくいかない。修理をして、熱くなるようになったんだが、過熱防止のためのセンサーが働くのか、途中で消えてしまう。
これは以前ドイツ製の結構高い給湯器を買った時も同じ状態になったことを思い出した。結局その時来た修理のオジサンが、これは取った方が良いんだと言って、過熱防止のセンサーを外してしまった。大丈夫なのか不安だったが、それ以来問題なく使っていて、今度のことがあるまで忘れていた。
新しい中国製の給湯器は、最初本当に暑くする方法がわからなくて、かなりぬるい温度で浴びていたので、そういう問題が起こらなかったんじゃないかと思う。それが、修理をして、ちゃんと熱いお湯を出す方法がわかって、それで今度はセンサーの問題が出てきたようだ。まあなかなか上手く行かないものだ。
そこで、給湯器の修理をしてくれたオジサンに先週電話したんだが、行くと言って、全然来ない。これはだめだと思い、今度は冷蔵庫の修理を頼む、フリオ・トタルのオジサンに頼んだ。フリオ・トタルとは、オジサンの商売の名称だが、「完全に冷たい」と言うことなので、熱くする給湯器を頼んでいいものか、ちょっと迷ったんだが、そんな細かい事を気にしないフリアが進めるので、頼んでみた。
今日は天気が良く暑い。30度を超えるかけたが、31度まではいかなかった。
日中の温度30度、湿度48%。夜24度、64%。

チンチビル

昨日から公園の南側で、なんだかテントがあって、いろんな物を売っていた。今日の昼ご飯を食べた帰りに、寄ってみた。アクセサリーやら民芸品が多かったが、マカダミアのオイルやら、はちみつなども売っていた。
そこで、チンチビルと言う飲み物をプラスチックのボトルに入れて売っているのがあったので、買ってみた。チンチビルと言うのは、昔からあるのジュースの一種。以前から看板などは見たことがあるんだが、発酵させてあるかもしれないと言うので、飲んだことはなかった。
チンチビルとは要するにレモネードにいろんなスパイスを混ぜたもの。飲んでみたら、それなりにおいしいものだった。まあ基本がレモネードなので、そんなに突飛な味ではない。少なくとも、これは特に発酵はさせてないようだ。特に今日の昼は暑かったので、冷やしてあって、なかなか行ける。
今晩の日曜定食はマーボー豆腐。久しぶりだ。基本的な作り方は、普段から作るので、大体頭に入ってるんだが、もし人がまとまってきたりすると、焦って忘れてはいけないので、事前にレシピを読み直す。
6時半にはまだ人が少なく、これは豆腐が余ってしまうと思って使い道を考えていたら、その後、来てくれて、結局22人。ありがたいことだ。ただ、暑くて汗だくになった。
日中は天気が良く、夕方から曇ってきたんだが、結局雨は降らない。
日中の温度30度、湿度50%。夜23度、68%。

助かった

明日のマーボー豆腐のために、市場でワンタンを売ってるおばちゃんに、豆腐を頼んでおいた。数が多いので、プラスチックの箱を2つ渡しておいたんだが、何しろこの豆腐をこれだけ買うのは初めてのことなので、入りきる物かどうかちょっと不安。
それを市場で受け取って、壊さないように持って帰ってくるのも、どうしようかと思案していた。そうしたら、今朝朝ご飯を作っている時に、電話がかかってきた。誰かと思ったら、ワンタンのおばちゃん。市場に行く前に寄って豆腐を置いて行ってくれると言う。まあ、グアテマラシティーから来るので、こちらに寄ってもらっても、それ程遠回りにはならない。これは非常に助かった。何しろ今は暑いので、買った豆腐を、買い物が終わるまで置いておくより、すぐに冷蔵庫に入れられるのもありがたい。お蔭で、今日は楽に買い物ができた。
それにしても市場は15日の給料日後と言うこともあるのか、すごい人出。昨日の晩、遅くなってから雨が降り始め。ちょっと降ってやんだと思っていたんだが、また明け方にも降ったのか、朝起きたときは、地面が相当濡れていた。しかも、またいつ降ってもおかしくないようなどんよりとした天気。
お蔭で、市場での買い物の間は涼しくて良かった。帰ってきた頃には、天気が良くなってきて、それからどんどん気温が上がり、しかも湿度が高いので、じっとしていても汗が出てくる。今日は雨は降らず。
日中の温度28度、湿度50%。夜22度、67%。

なんだか

どうも昨日から、サットの前・現ディレクターやらが、大規模な汚職・横領をしていて、逮捕されたと言うニュースで、テレビのローカルニュースはそのことばかり。サットというのは、グアテマラの税金の徴収をする省庁。要は、輸入などをしている企業から、袖の下を取り、税金をまけるんだかただにするんだかわからないがして、手続きも手心を加えるようなことをしていたってことなんじゃないかと思う。
しかし、例えば日本から送ってもらった荷物などを受け取る際の税金の徴収などはいい加減なことはみんな知っているはずだ。と言うか、国の機関と言うだけで適当で生ぬるい雰囲気があると言うのは、共通認識だろう。通訳していた時分に、国や地方の職員と働く機会が多かったんだが、彼らの中には履歴書の職歴に公務員とあると、一般企業への転職の際に不利だと言って心配していた人もいたくらい。今回のことは、誰もが、そんな事をしていたのかと言う驚きではなく、そんな事で逮捕される事態になったと言うことに驚いてるんじゃないかと思う。
とはいえ、これで何かが変わると言う期待は、やっぱりちょっと持ちにくい。むしろ、混乱して輸入品が品薄になったりするんじゃないかと言う心配があるくらい。
それにしても、今日はものすごく暑い。何しろ昼前には既に気温が30度になっていた。これは昼過ぎに何度になるか、ちょっと怖いもの見たさのような興味があったんだが、結局30度を超えることはなかった。夜になって少し涼しくなった。
日中の温度30度、湿度50%。夜22度、66%。

久しぶりに

今日は風がそれほどなく暑い。午前中11時ごろに少し雨が降ったと言う人がいたが、その時間市場にいたんだが、気が付かなかった。今日は買い物が少ない。今週の日曜定食はマーボー豆腐にする予定なので、豆腐は土曜日に買うように注文をした。ただ、土曜日って言うのはちょっと心配。ひき肉も土曜日に買う予定。こちらはいくらでもあるので、心配ない。
マーボー豆腐はしばらくやっていなかったメニュー。以前は豆腐をまとめ買いして、安くしてもらっていたんだが、これが、だんだん値上がりして、ちょっとできなくなった。今度は別の豆腐なんだが、まあちょっとコストは上がるが、前の豆腐よりおいしいし。まあたまには良いだろう。
豆腐はいつもは袋に入っているんだが、今回は大量に買うので、袋に入れるのは難しそう。それだけ買うと、つぶれてもいけないので、今日は入れ物を持って行って渡してきた。これに入れてもらうのが良いだろう。
久しぶりにやるので、ちょっとやり方を復習したりして、ちょっと緊張。まあ、普段でも作る物なので、それ程気にはならないが、もし予想以上に始める時から人が来たりすると、焦って間違えてもいけない。
それにしても、午後は暑い。昼よりもどんどん気温が上がっている。今日も雨が降って涼しくなってくれないかと思うんだが今のところ降っていないようだ。
日中の温度30度、湿度52%。夜22度、68%。

フダン草

グアテマラで一般的で、日本ではあまり見ない野菜の一つがフダン草がある。グアテマラでアセルガといい、市場に行けば、間違いなく売っている。不断草と書くらしく、いつでも取れるので、そういう名前がついたと言う。英名はチャード。
ビーツを葉野菜として改良したものだとウイキペディアには書いてあった。やはり、ウキペディアによると沖縄では食べられるらしいし、他の地方でもいろいろ名前が変わって、存在はするらしい。
最初に日本名を教えてもらった時には、普段から食べると良いから普段草と言うんだと聞いた。ちょっと字が違うが、栄養が非常に豊富なものらしいので、それはそれで、理屈に合っている字かもしれない。
味はちょっと苦味が強かったりするが、まあ、ほうれん草、小松菜などに似た感じか。ほうれん草はこちらにあるが、小松菜はないので、小松菜の代用として使う事が多い。生でも食べられる。まあちょっと便利な野菜だ。
今日は午前中雲が多い感じはあったが、まあまあ日も照っていたので、昼過ぎはやっぱりムッとするような暑さだった。今日も30度くらいになるかと思っていたが、昼過ぎから雲がさらに多くなり、気温は今一つ。2時過ぎにはゴロゴロ雷もなっていた。昨日も降りそうで降らなかったので、今日はどうなるかと思っていたが、夜7時半ごろから少し降り始めた。その後少し強くなったが、あっという間にやんでしまった。
日中の温度28度、湿度52%。夜21度、66%。

結構降った

昨日は夜の10時を過ぎたころから雨が降りだした。小雨でそのうち止むだろうと思っていたら、どんどん降り続き、むしろ雨脚が強くなってきた。そのうち寝てしまったが、どうやらかなり降り続いたようだ。
そのせいで、今朝は曇り気味。寒くもないが気温もそれほど上がらず、まあ過ごしやすい感じだった。昼からはやっぱり暑くなってきたが、湿度が高いせいか、ムシムシして、気温以上に暑く感じる。
いくらなんでもまだ雨季に入るには早いと思う。こちらの気象庁もまだ雨季に入ったとは言っていないんだが、ここ数日の天気はちょっと雨季っぽい。まあ、日中暑くても、夜、ちょっと肌寒いくらいで寝やすくて良い。ただ、一時期良く見た雨季の初めに出てくる羽虫は、最近あまり見かけなくなった。なんだか虫も変な天気に翻弄されている感じがしなくもない。
それにしても、午後の事務室は温室のようだ。外にいる方が涼しいんだから、困ったものだ。幸い風があるので、裏の戸を開けっ放しにして、事務室の後ろのドアにつけた風を入れる窓をあければ、多少風が通る。
今日も夕方から雨が降るんじゃないかと期待していたんだが、曇っては来たし、周りの丘は霧で見えないほどだったんだが、結局夜になってもものの、なかなか降る気配はない。でも、気温はかなり下がった。
日中の温度27度、湿度55%。夜21度、67%。

使えない

今日もものすごく暑い一日。なんだかうだるような感じだ。午後など事務室にいると、それだけで汗がダラダラ出てくる。この暑い中、昼過ぎに銀行に行った。最初、出かけるかどうかちょっと迷ったんだが、思い切って出てみたら、外の方が風があって涼しい。事務室は風が通らないから余計暑いみたいだ。
先日、どっかでつり銭にもらった20ケツアル札。良く見たら、途中切れていて、そこに1ケツアル札の切れ端で繋いである。こんなの初めて見た。これを銀行に持って行って換えてくれって頼んだら、札の番号が1部切れているので、換えられないと断られてしまった。どうやら紙幣は、この番号が大切らしい。
今まで偽札はいくつかつかまされて、20ケツアル、50ケツアル、100ケツアル札をコレクションとして、机に貼ってあるんだが、偽札じゃなくて、使えない札を受け取ったのは初めて。これはさすがにコレクションと言う物でもないように思う。
間違えて使っても行けないので、細かく切って捨ててしまったんだが、紙幣って言うのは意外に切りにくいものだ。さすがに普通の紙ではないらしい。厚紙と言う訳でもないし。何か特殊な紙なんだろう。
昨日は夕方から雨が降ったので、今日もそうならないか期待していた。昨日は雨の影響かちょうど日曜定食を作ってる時に停電して、ロウソクを出して来たり大騒ぎだったが、今日はかなり遅くなってから小雨が降っている。
日中の温度30度、湿度48%。夜21度、67%。

2度目

ずいぶん久しぶりに、ミソと言う韓国料理店に行った。ここは、出来てわりとすぐの頃行ったんだが、若い韓国人の男性がやっていて、お母さんが作った料理を持ってきて、「ここで暖めなおして売っている。」と言っていた。確かに、そんな感じの料理だった。メニューの種類もちょっと少なくて、その後なかなか行く気にならなかった。、
ところが、先日生徒さんが行ったらしく、なかなかおいしかったと言って、写真など見せてくれた。どうやらメニューも変わったみたいだった。それで、ずいぶん久しぶりに行ってみた。
以前からのメニューもあるが、韓国風の焼肉やらサムギョプサルと言う豚肉の焼き肉やら、新しいものも増えている。ペトラはイモのコロッケと揚げた鳥の甘酢あん。僕はビビン・メン?を頼んだ。なんだか以前も同じようなものを食べた気がする。どうやら今は注文を受けて作っているらしく、なかなか出てこない。その分、韓国風のお通しと言うのかキムチやらズッキーニやほうれん草のナムルと卵焼きが出てきた。ちょっとづつなので、すぐ食べ終わってしまったが、そうしたらキムチを追加でくれた。このキムチはものすごく酸っぱい。
鳥は揚げ過ぎで、かなり固かったが、味は悪くなかった。麺も以前よりおいしいような気がした。値段は焼き肉などを除けば、大体30~70ケツアル(約450~1000円)と言うところで、わりと安め。ただ、それだけで1食となるとちょっと少ないので、2品頼むと結構良い値段になる。
今日は日中はかなり天気が良く、暑くなった。夕方からいきなり曇ってきて、雨が降った。しかし、長くは降らず、助かった。
日曜定食はメンチカツで24人来てくれた。
日中の温度30度、湿度42%。夜22度、67%。

残念

午前中市場に行った。ワンタンのおばちゃんには、中国食材店に行ったら、オクラやら、好物の野菜があるので、買ってきてもらうように頼んである。今日はゴーヤとオクラを買ってきてくれていた。
ところが、ゴーヤはきれいだったんだが、オクラはなんだか傷んでいるように見える。おばちゃんも気が付いたらしく、しげしげと見ている。折角買ってきてくれたので、使えるところだけ使うから買うと言ったんだが、こんなものは売れないと、黒い袋に包んで、下に放り投げてしまった。
もったいないし、頼んだものをせっかく買ってきてくれたのに、損をさせてしまって、申し訳ない。何とかしたかったんだが、持ち主にに売れないと言われては、どうして良いかわからない。恐らく、中国食材店では冷蔵庫に入っていたのが、市場では冷蔵庫などないので、店の棚に置いてある。この暑さで、傷んじゃったんだろう。
オクラは大好物で、ここしばらく、オクラが手に入らずに食べてなかったので、本当に残念。やっぱり種を探して、撒いた方が良いかもしれない。おばちゃんの実家は暑いところなので、あっちこっちに生えていて、雑草扱いだと言っていたので、種を頼んだんだが、忘れているらしい。もう一度頼んで見ようと思う。
今日は天気が良く、かなり暑い。市場で買い物をして帰ってきたら、ぐったりとするほど。でも夜は少し涼しくなるのでありがたい。
日中の温度29度、湿度32%。夜22度、56%。

ハッピー・チキンズという農場?から卵を買った。いわゆる地鶏の卵。どこの人だか忘れたが、確かヨーロッパの人っぽいのがオーナー。地鶏の卵は市場でも売っているんだが、こちらは、ストレスなく育てているんだか何だかで、幸せな鳥から生まれた卵って言うことらしい。
以前教えてもらったんだが、地鶏の卵を市場で買っていたので、頼んだことがなかった。ところが、今週、市場で卵を買おうとしたら、良く買う店が皆売り切れやら、セマナ・サンタで卵を拾わなかったのか、良くわからないが、持っていなかった。
それで、こちらを思い出し、頼んだんだが、水曜日、木曜日、金曜日しか配達をしないと言う。仕方ないので、水曜日に1ダース持ってきてもらった。1ダースで18ケツアル(約270円)。市場と同じ値段。大きさはさまざま。市場で売っているのも、大きさはまちまちで、大きい時と小さい時があるが、平均するとそれよりちょっと大き目かもしれない。まあ、ちゃんと持ってきてくれるのは便利。
昨日の晩、ゆで卵にして食べてみた。まあ目を見張るほど特別においしいと言うこともなかったが、普通においしい。自家製のマヨネーズも売っているらしいので、今度買ってみようかと思っている。
今日は午前中は天気が良く暑くなったが、今度は午後からちょっと雲が出てきた。それでも暑い。夜になってやっと少し涼しくなった。
日中の温度28度、湿度49%。夜21度、67%。
[続きを読む]

そろそろか

ここ数日の天気から一転し、今日は朝から天気が良い。やはりそうなると日中は暑くなるもので、まだ午前中市場で買い物をしているうちは良かったが、昼過ぎからはげんなりするほど暑い。温度計を見るとやっぱり30度になっている。ただ、今年は温度計が30度になっているのを見るのは、久しぶり。例年に比べると、ずいぶん少ないような気がする。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。先週お休みにさせてもらったのと、セマナ・サンタが終わった時期なので、どうも何人来てくれるのか予想は難しい。まあ、そうはいってもいつもだって、予想して当たらないことが多いくらいなので、別に予想する必要もないようなもんだ。
市場でマンゴを買う。前にも書いたように、今はマンゴの時期。グアテマラで手に入る果物の中では、最も好きなものの一つだ。僕はピコ・デ・ロロと言う、名前の通りオオムのくちばしのような形をしたものの、小型の物が好みなんだが、これがほとんど売っていない。聞いたところ、もう収穫が終わりつつあるんだそうだ。ちょっと早い。今年は雨が早く降るんじゃないかと言う話を書いたが、これを見ても、やはり早く降りそうな感じがする。ペトラが好きな吸うマンゴやトミーと言う大きなものは結構たくさんある。何が違うのか良くわからない。
夜になって少し涼しくなった。電灯にパロミーヤと言う雨季の初めに出てくる羽虫が集まっていた。やっぱりそろそろか。。
日中の温度30度、湿度31%。夜21度、57%。

変な天気

今日も午前中は曇っていて、なんだか肌寒かった。どうも変な天気が続いている。しかも、休み時間の後で、スーパーに買い物に出ようと外に出たら、なんだか細かい水滴が当たるような気がした。どうも霧雨が降っているようだ。それも、スーパーに行く頃には止んでいて、帰ってきたら、また霧雨。
ここの所、朝から鳥がたくさん鳴いている。なんだか山の中みたいで良い感じなんだが、ペトラはやっぱり雨を呼んでいるんだと言う。やっぱり霧雨が降っているし、鳥は天気を良く知っていると言うことだろう。
それでも、また昼過ぎから天気が良くなり、午後の方が暑くなった。どうも調子が狂う。最近風邪をひいたり、体調を崩している人が多いようだが、この変な天気も関係しているのかもしれない。もう一つは、セマナ・サンタ疲れか。日本人は全く興味ないかと思っていたが、やっぱりその場にいれば、それはそれで、興味が出るらしく、結構遅くまで出歩いていた人が多いようだ。疲れたところに、セマナ・サンタの期間は暑かったのに、その後急に肌寒くなったので、具合が悪くなったんだろう。しかも、屋台などで食べることも多く、お腹を壊している人も多いみたいだ。
結局夕方からまた気温が少し下がってきた。夜は外にいるとちょっと寒いだろう。さっきまでかなり暑かったのに、この気温の差を知らずに、上着など持たずに夜出歩くと、風邪をひくかもしれない。
日中の温度24度、湿度55%。夜21度、56%。

溶けた

ロウソクは、グアテマラではカンデラとベラドーラに分かれる。カンデラがいわゆる日本でも一般的な棒状のロウソク。ベラドーラはコップに入ったり、少なくともコップで型を取ったような形をしている短くて太いもの。
ジェシカの墓はアタバルの裏庭にある。そこに、このベラドーラを置いてあったんだが、そのベラドーラがなんだか変な形をしているのに気が付いた。グニャッとなってて、お墓の石によりかかるような形になっている。何だろうと思って、触ってみたら、石にくっついている。どうやらセマナ・サンタのころの暑さで、溶けたらしい。下の方には、ロウが流れたような跡も付いていた。
今年は例年ほどの暑さにはならなかったと思っていたが、それでも、何日か暑い日があった。裏庭は小さく、周りが壁に囲まれているので、直射日光が当たっても、ごく限られた時間だと思う。このため、直射日光に当たってと言うより、周りの大気の暑さで、溶けたものだと思う。
なんだかんだ言って、やはり相当の暑さだったんだろう。カンデラだったら細長いからまだしも、ずんぐりとしたベラドーラがこうなっているのを見ると、どれだけ暑かったかが実感できる。
それに引き換え、今日は雲が多く、ちょっと肌寒い。ほんの2,3日前、ベラドーラを溶かすような暑さだったのが、信じられないほどだ。午後は晴れてきて暑くなった。
日中の温度27度、湿度30%。夜21度、50%。

満月の後

今日から通常の毎日に戻る。なんだか4日も休みになると、働く方が変な感じになる。それにしても、セマナ・サンタもあっという間に終わった。雨が降ったりして、ちょっとどうなるかと思ったが、肝心の木曜日、金曜日、土曜日はまあ良い天気だったので、良かったんじゃないだろうか。
日本では皆既月食でネットのニュースで良く見たが、こちらはどうだったのか良くわからない。ニュースでは何にも言っていなかった。そもそも、復活祭と言うのが、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日と言うことになるので、セマナ・サンタの期間は月が明るいのは当たり前。今年は4日の土曜日だったようだ。この休みの間、夜も出歩いていたので、きれいに真ん丸な月を良く見た。
ヨーロッパなどでは、復活祭に色を塗った卵を飾ったりするようだが、グアテマラではそういうのはない。グアテマラで卵に色を塗るのは四旬節が始まる直前のカーニバルの時。同じように卵に色を塗るのに、ずいぶんな違いだと思う。
今日は、またしても、雲が出てきて、今一つすっきりとしない天気。そのせいで、日中の気温も今一つ。朝や夕方に鳥が良く鳴いているんだが、これはペトラに言わせると、雨を呼んでいるんだと言う。カナブンも出てきているし、羽蟻のような木を食べる虫も盛んに動き出している。今年は本当に早く雨が降りだすのかもしれない。
夜はまたかなり涼しい。
日中の温度25度、湿度42%。夜20度、52%。

最終日

4連休も今日が最後。今日は日曜定食もお休みにさせていただいているので、ゆっくり。もうアンティグアも静かなものだ。本当に祭りの後と言う感じ。この休みは良くできていると思う。4連休の最初の木、金曜日が盛り上がって、熱心な人は夜もろくに寝ないで、お祭りが続くが、土曜日にはある程度静かになり。日曜日はほぼ何もないので、ゆっくり休み。明日から仕事。
あれだけ大勢の人が来ていたアンティグアも、今日はもう人も少ない。閉めている店もある。あれだけの客を迎えた店の方も、疲れていることだろう。今年はちょっと人出が少なかったと言う話も、あちこちの店で聞いた。まあ、わりと似たような話は毎年聞くので、実際にどうなっているのかは良くわからない。
それにしても、今日も暑い。セマナ・サンタの間は人が多すぎて行くのをやめていた、コメドール・サン・フェリペで昼ご飯を食べた。こちらは、結構売れたんだと思う。店の人も疲れているのか、頼んだものを忘れたり、いつもは黒いトルティーヤなのに、今日は黄色いものだった。いつもの黒いトウモロコシが足りなかったんじゃないかと思われる。
まあ、とにかく、明日から通常の毎日が戻ってくる。小、中学校も明日はまだ休むようだが、火曜日から再開。
それにしても、今日もものすごく暑い。コメドールで食事をしていたら、トタン屋根なのと、薪で煮炊きをしているのでものすごく暑かった。今日も風が強く、夜は涼しい。
日中の温度29度、湿度25%。夜21度、53%。

行く物、来る物

セマナ・サンタでは人もたくさん集まるので、当然いろいろな物を売りに来る人たちもたくさん集まってくる。この中で、今年目立ったのはミャーミャーと猫の鳴き声のような音がする笛を聞かなかった。そもそも猫の鳴き声とセマナ・サンタにいかなるつながりがあるのか、わからないが、今まで、セマナ・サンタとなるとこの猫の声の笛が売られて、あちこちでミャーミャーと、わりと耳障りなものだった。
これと同じような時期に、セマナ・サンタに登場し、こちらは今年も売っていたのが、針金の先に着いた、スポンジ?で作ったイグアナ。これまた、針金の先についているので、それをユラユラさせて、歩かす真似をするくらいの機能しかなく、やはりセマナ・サンタと何の関係があるのかわからない。最も、これらははっきり覚えているわけではないが、最初はセマナ・サンタ以外の時も売っていたように思う。おそらく飽きられて、セマナ・サンタの時くらいしか売られてなくなったものだろう。
もう一つ。売っている人はいなかったが、持っている人がいて、おそらく初お目見えなのが自撮り棒。まあ、今までだって持っている人はいたかもしれないが、やっぱりセマナ・サンタの時は数が違うので、目立つ。とはいえ、まだまだそう多くないので、特に問題を感じなかったが、ついにアンティグアにも登場したかと、ちょっと感慨深かった。
今日も良い天気、ただ、風がある。夜になっても、風が強く、外を歩いているとちょっと冷たい。
日中の温度29度、湿度29%。夜21度、58%。

今日は暑い

昨日は変な天気で、実際にほんのわずかだが雨が降ったくらいだが、今日は一転して良い天気。暑い。午前中ペトラとメルセー教会のプロセシオンに向けて作った、絨毯を見て歩いた。他のプロセシオンの時にも絨毯はたくさん作られるが、やはり夜通し作ってるところも多く、このメルセー教会のプロセシオンへの絨毯が最も数も多く、見ごたえもあると言われている。
朝ご飯を食べないで、出かけて、主だったところを見ながら公園に行ったんだが、まあすごい人。公園のそばで朝ごはんを食べ、その後メルセー教会まで歩いて行ったんだが、そのころには暑くて、ぐったりしてきた。そこで、教会の中に入って、座ってしばらく休んだ。教会は天井も高く、中はかなり涼しい。こういう時に休憩するのに、これほど向いたところはないだろう。
実際もうプロセシオンも出た後で、ちょっとした飾りくらいしかなかったんだが、教会の中もかなりの人がいた。まあアンティグア中、どこへ行ってもすごい人だ。それでも、物売りの人や、店の人と話をしていると、去年より人が少ないと言う人が多い。昼前にアタバルに戻り、メルセー教会のプロセシオンが通るのを見た。ここ数年は本当に道がぎっしり人で埋まって動けないくらいなんだが、今回は何とか歩いている人もいたので、確かにちょっと少ないかもしれないと思った。
夜は少し涼しくなった。満月で明るい。
日中の温度30度、湿度45%。夜23度、63%。

競争がいっぱい

今日から日曜日まで4連休。日曜定食もお休みにさせていただくので、こちらも本当の4連休になる。アンティグアの街中はすごい人出。昼ご飯を食べに出かけたんだが、これまた歩くのも大変なくらい。
カブキで昼ご飯を食べたが、時間が早かったこともあって、満員まではいかないが、そこそこ入っていた。店の人と話をしたら、この前の日曜日も、その前の第5日曜日のサン・バルトロのプロセシオンの時も、去年ほど入らなかったと言っていた。
すごい人だったのに、そんなもんなのかもしれない。パッと見には年々アンティグア内に住んでいる人たちが、自宅の玄関やガレージを開いて、即席の商売をやっているのが増えているような気がする。そういう商売は、大抵飲み物か食べ物を売っている。まあ最も手軽にできて、最も需要が見込めるので、当然だろう。
これではレストランなどもなかなか大変だろう。カブキから帰りレストランを覗きながら歩いてきたが、混んでいるところは、チェーンのピザやハンバーガー店などくらいで、レストランは結構ガラガラのところが多かった。
それにしても、天気が悪い。午前中から雲が多くて、昼ご飯を食べに出るころには、雨が降るんじゃないかと心配したくらい。幸い途中で晴れてきたが、夕方近くなってまた更に暗くなってきた。この前の日曜日にかなり雨が降ったので、今日もそうなるかと思っていたが、夜ほんのわずか降った程度。
日中の温度24度、湿度54%。夜23度、68%。

出国チケット

今日で今週のアタバルの授業は終わり。今週は3日間なんであっという間だ。ここの所、なんだかすっきりしない天気が続いていたが、今日は久しぶりにすっきり良い天気。
最近よく聞かれる質問だある。グアテマラ入国時にグアテマラを出国するチケットが必要かどうかと言うことだ。
一応グアテマラでは入国の際に、出国チケットを持っている必要があるらしい。ただ、実際問題として、グアテマラに入国する際に、出国チケットの提示を求められることは、まずない。出国チケットを持っていなくて問題になるのは、アメリカなどでグアテマラに行く便に搭乗手続きをする時だ。どうやら、万一出国チケットを持たずにグアテマラについて、問題になった場合、その乗客を乗せてきた航空会社の責任になるらしく、グアテマラに行く便に搭乗する人が出国チケットを持っていない場合は、その場で、出国チケットを買わないと搭乗させてもらえないと言うことになる。
このチケットは変更したり、使わずに払い戻したりも、大抵可能なようだが、手続きは面倒だったりする。そう言う面倒をなくすためには、帰路の日時変更可能な往復チケットを買うか(その場合は90日以内に帰りの日にちを入れておくのが良いらしい。)、安い往復チケットで帰りを捨てるかするのが普通。ただし、グアテマラに陸路で入国する場合は、そう言う問題はない。また、確認したわけではないだ、スピリット航空と言う格安航空会社は、搭乗の際にそう言う確認をしないという噂もある。
日中の温度28度、湿度48%。夜21度、62%。