スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



雑誌

もう3月も今日で終わり。4月になると、雨が降り始めると言う天気予報だ。まあ、そうなると涼しくなってくれるので、過ごしやすくなるだろう。ただ、変な天気が続くのも、何だか気分の良いものではない。
レビューという雑誌がある。雑誌と言っても記事は申し訳程度で、基本的に広告ばっかりのもの。もともとアンティグアで初めたんだが、今はグアテマラ全土に、ホンジュラスなども少し入っている。
これは昔からある雑誌で、アンティグアで何か店を探したりするときに、ちょっと重宝するので、時々おいてある店からとってくる。その後、いくつも似たような雑誌が出たものだが、やっぱり先行しているレビューにはかなわないのか、あっという間に消えてなくなったものだ。
ところが、数年前からケ・パサという雑誌が出て、今はレビュー以上に見かけるようになってきた。このケ・パサは今のところアンティグアのみを扱っているようだ。それに、レビューが英語だけなのに対して、こちらは英語とスペイン語で書いてある。こういうのを利用する人が、以前は欧米人がほとんどだったのが、今は現地の人も利用するようになってきたからかもしれない。
今週の日曜定食は鳥のから揚げの予定。
今日は朝のうちかなり曇った感じだったが、その後晴れてきて、やっぱり暑くなった。
日中の温度30度、湿度43%。夜24度、64%。
スポンサーサイト

天気予報では

昨日の晩の天気予報では、今週はこれから今以上に暑くなると言っていた。それを聞いてこれはこれはと思っていたんだが、今朝のニュースでは、今度は寒波が来るようなことを言っている。一体これはどういうことなのか。あまりに変な天気が続いているので、天気予報も、いろいろ解釈があると言うことなのか。それとも、一晩のうちに違う状況になってしまったのか。
4月の上旬には雨が降り始めるとも言っていた。しかも、今年はカニクラという、雨季の間の雨が降らず乾燥する時期が、かなり長くきついんだと言う。カニクラが長くなると、暑くなるだろう。やっぱりグアテマラも7,8月は暑くなってもおかしくないんだが、雨季で天気が良くないので、結局雨季になる直前の3月4月が暑くなるようになっている。これが雨季に降らない時期が長く続くと暑くなるだろう。
とはいえ、今日も暑い。カンカン照りとまでは行かないような気がするんだが、それでも日中は30度を超えるんだから、じっとしていても汗が出てくる。しかも、夜も結構暑い。外は涼しかったりするんだが、家の中は日中の暑気がこもっているのか、暑くって、寝る時に布団をかけずに寝たりすると、明け方にちょっと寒くなってきて目が覚めたりする。まあ、今の時期としては、これくらいの天気が普通なんだが、やっぱり天気予報では、ここのところの異常な天気は、気候変動の影響だと言う。
夜になっても暑い。
日中の温度31度、湿度45%。夜23度、65%。

セミが

昨日新聞を読んでいたら、グアテマラでセミが減っているという記事があった。グアテマラにもセミがいる。まあ虫のことは詳しくないので、何ゼミとかはわからないが、そう言えば、ここ数年あまりセミが鳴く声を聴いたことがないような気がする。
もともと、セミはアンティグアより、海岸地方などの暑いところに多い物らしい。ところが、この海岸の方のセミが良くいるところでも、減っているということだ。以前は幼虫がぞろぞろいたりしたらしいが、今はあまり見かけないと書いてある。気候の変化によるものだそうだ。
特に今年は先日も書いたように、マンゴが不作らしい。市場でもあまりないし、それでも、この時期なので、探して買ったりするんだが、あまりおいしいのには当たらない。しかも、例年より高くて、値引きしようとすると、今年は不作だからと言われる。
毎年変な天気だと書いているような気がするので、こちらの思い過ごしかと思ったりもするんだが、なんだかんだとビミョウに気候は変化しているようだ。
更に、今朝ニュースを見ていたら、4月の上旬から雨が降り始めると言っていた。これはまた早い。そもそも、4月なんてもうすぐだ。例年だと5月くらいから雨と言う感じなのでが、1月ぐらい早まることになる。雨が降り始めると、マンゴに虫が入りやすくなるというので、マンゴの季節は雨が降り始めると終わりとなる。(なくなると言う訳ではないが。)今年はマンゴには恵まれない年になりそう。
今日も日中はかなり暑い。
日中の温度30度、湿度41%。夜23度、58%。

お疲れ

セマナ・サンタが終わり、通常の毎日に戻る。いつも通り、午前中市場に買い物に行ったんだが、やっぱり空いている。店も閉まっているところがある。何よりも驚いたのは、豚肉がない。豚肉屋は開いているんだが、肉がほとんどない。新たな仕入れをしていないようで、セマナ・サンタの残り物を売っているようだ。
行く道でも、レストランなどが閉まっている。これは昨日から閉まっているところがある。まあ明けてもあんまり商売にはならないんだろう。それよりも、セマナ・サンタで休みなく働いたりしているので、代わりに休んだ方が得ということだろう。まあ、それはそうかもしれない。
買いに来る方も、セマナ・サンタでお金を使ってしまう人が多いので、あまり余裕がないんだろう。確かに、こんな時に新たな仕入れをしてもしょうがないのかもしれない。ただ、いくら余裕がなくても、毎日の食事はしないといけないわけで、一体どうなっているのかと思う。セマナ・サンタのごちそうの残りなどを食べているんだろうか?
それでも、まあとりあえず必要なものは買って帰ってきた。野菜も決して多くはない。どう見ても売れ残りっぽい物を売っているところも結構ある。今週の木曜日くらいから少しずつ、通常に戻って行くんだろう。
今日もぐったりするほど暑い。朝のうちは、まだそれほどでもないんだが、天気が良く、昼からちょっと出かけたら汗だく。
日中の温度30度、湿度47%。夜22度、65%。

サン・ルーカスの市場

イースターだが、一応復活のプロセシオンがあるんだが、それ程人が集まるわけではないし、みんなお疲れで、明日からの仕事に備えて、今日は休みと言う雰囲気だと思う。まあ、そういう意味では、もう基本的にセマナ・サンタは終わった感じ。
今日はまたサン・ルーカスに遊びに行ってきた。こちらは結構人がいる。市場で昼ご飯を食べたんだが、普段はわりとがらんとしているんだが、今日はかなり人でいっぱい。面白いのはいつもガラガラの店が混んでいて、いつも行く、わりと混んでるはずの店が、今日はわりと空いている。どういうことなんだか。
いつも行く店はアブエリータ(おばあさん)1と言うんだが、隣にアブエリータ2と言うのがある。店の作りも似てるんで、つい間違えて最初そちらに入ってしまった。その後、1の方の、前回アテンドしてくれた店員さんに声をかけられて気が付いた。
なんで同じような名前で同じようなつくりの店があるのか聞いたら、兄弟でやっていたんだと言う。でも、全然違う店だと言う。なんだかあまり兄弟仲は良くなさそう。普段は1ばっかり人が入っているんだから、隣でやっる2の方は、あんまり気分は良くないかもしれない。
今日も日中は相当暑い。市場ではいつも通り地鶏のスープを食べたんだが、汗だくになった。今日は日曜定食をお休みさせてもらったので、夜もちょっと出かけたが、夜も寒くない。
日中の温度31度、湿度43%。夜22度、57%。

ムース

今朝はもう静かなものだ。まあ今日の行事は基本的に夕方からで、大勢の人は今朝の早朝まで続いた昨日のプロセシオンを見ていたりするので、朝のうちは休んでいるんだろう。しかし、昨日町中を歩いていたら、薬屋が宣伝のチラシと薬のサンプルを配っていた。この薬をもらって見たら、なんと下痢止め。ウロウロしていろんなものを買い食いしたりして、腹を下したら、これを飲めってことか。
確かに、こういうお祭りの時は、下痢止めと消化剤が良く売れる。腹を壊さないまでも、食い過ぎたりして、苦しくなる人が多いんだろう。
昼ご飯を食べに出たら、今日はやっぱりまだ閑散としている。レストランでも僕らだけのような状況。帰りにガナシュと言う店で、コーヒーを飲んで、ムースを食べた。僕はムースは結構好き。マンゴのムースはあまり甘くなくておいしかった。ただ僕はムースはもうちょっとクリームっぽいものが好みではある。
ここの店はわりと最近できて、新しい店の中ではかなり人が入っている方だ。まあ店の作りが良いんだと思う。外からも良く見えて開放的な感じがして、更にまあちょっとしゃれた感じになっているからだろう。ただ、今日はこちらから注文をしに行くまでメニューも持ってこないし、なんだか非常に効率が悪い感じ。満員と言うわけではなかったし、店員はかなりいるんだが、オーナーらしき人も店長っぽい人も見かけないので、そう言うのが影響してるんじゃないかと思う。
今日も暑い。
日中の温度30度、湿度45%。夜21度、67%。

なかなか

セマナ・サンタでも一番賑やかになる金曜日。朝から外は人の声やも物売りの音が響いていた。幸い天気も良く、日中はかなりの暑さ。昼前にちょっと出かけたんだが、公園に着いた頃には、あまりに暑くって、ちょっとお茶でも飲んで休もうと言うことになった。
ただ、公園の周りはどの店も人がいっぱい。公園から4カジェをちょっと行ったところに、前からちょっと気になっているホットドック屋がある。ただ、ホットドックだけを食べることはあまりないので、入ったことがなかったんだが、今日は席も空いていたし、飲み物くらいのつもりだったので、ここに入った。ナッチョとホットドックとスムージーを頼んだ。まあ、それ程外すような物じゃないし、十分においしい。スムージーはヨーグルト入りで頼んだんだが、イチゴとブラックベリーでおいしい。ペトラはスイカとメロン。これに持ち帰り用のセブンアップを買って、80ケツアル(約1200円)。まあ場所が良いことを思うとそこそこ妥当な値段かもしれない。
帰ってきたら、ちょうどアタバルの前をプロセシオンが通りかかっていた。いつもの年だったら、こうなると近づくこともできないんだが、今日は人をかき分けながら、それほど問題なくアタバルに戻れた。ちょっと人が少ないのかもしれない。
それにしても、今日はすごく暑い。ついに32度。人いきれもこの気温の上昇に影響しているんだろうか?それでも夜にまたちょっと外出した時には、ちょっとヒンヤリした。これで少しは寝やすいだろう。
日中の温度32度、湿度44%。夜22度、53%。

儲け時

今日は聖木曜日。今週の日曜定食はお休みさせていただくので、市場に買い物に行くこともなく、今日はゆっくり。街中はすごい人なので、市場もかなり混んでいると思う。ただ、基本的に今週の市場は月曜日と水曜日と土曜日と言うことになると思う。昨日は午前中はそれほど人がいなかったみたいだが、午後はかなりの人がいたらしい。
今日は町中を歩くのも結構大変なくらいの人なので、そこここの店でも、かなり人が入っている。アタバルのすぐそばの角にあるすし屋は、普段ほとんど人が入っていないんだが、さすがに今日の昼通ったら、結構人が入っていた。メキシコ発のミスタースシとかいう店なんだが、メキシコから来た知り合いの人が、お勧めできないというようなことを言っていたので、入ったことはない。まあここが入ってるんだから、どこの店もきっと混んでいることだと思う。今日と明日はアンティグアの商売をしている人にとっては、稼ぎ時だろう。
ただ、日中はすごく暑くて、外を歩いていると汗がどんどん出てくる。ところが、夜になって周りの丘は霧で隠れてしまった。気温も下がってきているようだ。イースターは春分の日の後の、最初の満月の直後の日曜日と言うことになっているので、昨日が満月だったわけだ。そのため、昨日までは夜もかなり明るく月の光が照っていたんだが、今日はこの霧のため月が見えないと思っていたら、なんだか8時を過ぎて丘の上に顔を出した。ただ、かなり気温が下がっているので夜じゅう歩いておがくずや花で作る絨毯を見て歩く人がたくさんいるんだが、外にいたらかなり寒いと思う。
日中の温度30度、湿度48%。夜22度、54%。

マンゴの種類

マンゴに関して書いた時に、マンゴの種類を聞かれたんだが、残念ながら果物にはあまり詳しくないので良くわからない。ただ、一般的にアンティグアの市場で売っている物は、最も大きなトミー、オオムのくちばしのような形をしたピコ・デ・ロロ(そのままオオムのくちばしと言う名前)、平べったくて、筋が多く、果肉を食べると言うより潰して吸うタイプのパシテ(たわしと言ったような意味)、最も小さいミコ(サルと言う意味)の4つくらいではないかと思う。
僕はこの中ではピコ・デ・ロロかミコが好きだ。トミーは大きくて食べ出があって良いのだが、ちょっと持て余す。トミーはマンゴとマメイという果物(これは日本にはないみたい。)とを掛け合わせたものだと聞いたことがある。このマメイはちょっと黒砂糖のような、干し柿のような味がして、甘すぎて僕はあまり好まない。
これより小さいミコの方が好み。もしくは、ピコ・デ・ロロの方が、甘みと酸味のバランスが良いように思う。
今日は日中天気が良く、ものすごく暑くなった。ついに30度を超えた。昼過ぎに出かけたら、町中はもうかなりの人出。子供のプロセシオンがあるようで、紫の衣装を着た子供がたくさん歩いている。今週は学校もお休みになるようだ。まあ、日本で言うと春休みのような物か。
夜もそれほど寒くない。
日中の温度31度、湿度39%。夜22度、53%。

不作

今週の授業は3日間。聖木曜日と聖金曜日は休日となる。まあ3日間なんてあっという間だが、仕方がない。少なくとも1月、2月は休日がなく、これが今年最初の休日。
今朝もちょっと寒かった。昨日の晩は結構冷え込んだので、やっぱり寒波が来ている物と思われる。それにしても、セマナ・サンタに寒波なんて、何だか信じられない。それでも、天気は良いので、日中はかなり暑くなった。昼過ぎに出かけて帰って来たら、汗をかなりかいた。
そんな天気なので、昨日の新聞にはアボガドが不作と書いてあった。アンティグアの人はあだ名としてパンサ・ベルデと言う。緑のお腹と言う意味だが、これはアボガドをたくさん食べるからだと言う。野菜をたくさん食べるからだ言う人もいたが、日本人から見ると、それ程たくさん野菜を食べているようには見えない。
もちろんアンティグアでもアボガドは採れるが、別にアンティグアの特産品と言う訳ではない。ただ、アボガドが好きなことは間違いないようで、ワカモルであるとか、スープに入れるとか、様々な食べ方がある。
確かに最近ちょっとアボガドは高い。安い時は1個1ケツアル(約15円)するかしないかだったりするんだが、今は倍くらいで安定している。まあなくて困る物ではないが、ないとちょっと寂しい感じがする。
夜はまたちょっと肌寒い。
日中の温度28度、湿度47%。夜21度、50%。

町も市場も

いよいよ寒波が来たのか、今朝はどんより曇っていて、風もあり、なんだか肌寒い。まあ、ここ数日似たような天気なんだが、今日は昼前になってもまだ曇っていて、暑くならない。昼過ぎてから、やっと日が出てきて、暑くなってきた。
今週の日曜定食はお休みにさせていただくんだが、今日は家のものを買いに市場に行ってきた。まあ、ものすごい人。中を歩くのは本当にイライラする。普段市場に来ない人が買い物に来ているのか、なんだか変なところで立ち止まって不必要に混雑を作りだしているし、珍しいのかあっちこっち覗きながらゆっくり歩いていたりして全然進まない。
必要な買い物をやっと済ませたのが、市場の外の売り場。普段だったら、また市場の中を通って、表の道に出てトゥクトゥクを拾うんだが、今日の状況で荷物を持って、市場の中に入って行くのはとってもじゃないけど面倒臭そうだったので、そのまま裏の道に出てトゥクトゥクを拾った。
裏の道はトゥクトゥクがあまり通らないのかと思っていたが、思ったよりたくさん来ていて、すぐに捕まえられた。ただ、今日はいつもは10ケツアル(約150円)のところが15ケツアル(約225円)だと言う。帰りの道も混んでいて、かなり時間がかかった。トゥクトゥクの運転手に言わせると、この時期はアンティグア以外からの車が多く、道に迷っているのか、ノロノロ走って、変なところで止まったり、一方通行を逆に入って行ったり、大変運転しにくいんだそうだ。町中も市場の中も同じようなものらしい。
夜は結構寒い。
日中の温度24度、湿度44%。夜20度、48%。

外はすごい人だが

今日はいよいよ枝の主日。これで遂にセマナ・サンタになる。街中はすごい人出、昼ご飯を食べに出たが、確かに歩くのも大変なくらい。先週の日曜日に街を歩いていたら、人が多くて歩きにくいんで嫌になったという人がいたが、その気持ちがわかるようだ。
ただ、今日は朝のうち曇り勝ち。晴れてきてはいたんだが、それでも時々暗くなってきて、なんだか変な天気。しかも、結構風もある。やっぱり寒波が来ているのかもしれないと思わせる天気。
ただ、町中は道にこそ人は多いが、レストランや喫茶店など店の中は空いているところが多い。公園などはベンチや芝生に座って持ってきた食事を広げて食べている人がそこここにいる。何しろ1週間続くお祭りなので、外食ばっかりしていたら、結構な出費になってしまうんだろう。
知り合いの中国人の人は、セマナ・サンタに店を開けたら、飲み物だけ注文して座って、自分らが持ってきた食べ物を食べる人も結構いたりして、そう言うのの対応につかれてしまうらしい。しかも、店員には休日手当を出さないといけないし、忙しいばっかりで、馬鹿らしいので、聖金曜日などは閉めてしまった方が良いという。確かに、人がたくさん来るとそういういこともあるんだろう。何の商売をやっても大変なものだ。
枝の主日のラ・メルセー教会のプロセシオンは夜8時頃に通った。
日曜定食は魚の照り焼きで11人。
日中の温度28度、湿度52%。夜23度、57%。

カプレセ

ドニャルイサの向かいに、新しい店ができた。レストランのようにも見えるし、喫茶店のようにも見える。良く見てみると、ジュース、スムージー、サンドイッチと書いてあるところを見ると、まあ喫茶店のような物だろう。
ここで夕飯にサンドイッチを食べた。サンドイッチと言っても、ピタパンに挟んであるんじゃなく、ピタパンで豆をつぶしたものを揚げた、ファラフェルと言うのと、いろいろな野菜を撒いてある物だ。ファラフェルはアラブ料理のようだが、結構最近はやっているようで、時々見かける。ベジタリアンの人などが喜ぶのかもしれない。
このサンドイッチ、ピタパンの間を空けて詰めてあるわけでないので、実に食べにくい。ヨーグルトベースと思われるソースがかかっているんだが、これがあんまり味がしない。塩をかけて食べてしまった。まあ野菜が一杯なので、悪くはないが、これが35ケツアル(500円強)とはちょっと高いように思う。
ペトラはサラダのカプレセを頼んだ。こちらは700円弱。カプレセと言うとトマトとモッツアレラチーズとバジルと思っていたら、ほとんどサニーレタスやらルッコラで緑色をしていたので、ちょっと驚いた。トマトはチェリートマトが申し訳に入っている。モッツアレラチーズはちゃんと白いもので、良かった。ただ、やっぱりこれをカプレセと言われるとなんだか不思議な気がする。
今日も暑い一日。夕方から霧が出てきて涼しくなるかと思ったが、そうでもない。
日中の温度30度、湿度43%。夜22度、64%。

チューロ

昨日の晩カテドラルのベラシオンに出かけた。今週の日曜日のプロセシオンはラ・メルセー教会からで、今日が削のベラシオンなんだが、昨日のは今日カテドラルから出る子供のプロセシオンのためのベラシオン。
まあ主となる物ではないので、小規模の物で、人出もそれほどではない。その分、大勢ガヤガヤしている物よりも、こちらの方が行きやすい。それに、ベラシオンに行ったと言っても、教会の中に入って飾りつけを見たわけではないので、正確に言えば、ベラシオンでやっている夜店に行ったと言うべきか。
ここでチューロを買って食べた。チューロは言ってみれば、ドーナツが丸くなくて、細長くなったようなものだ。基本的に甘いものはあまり好まないんだが、チューロはまあたまに食べたくなる。とは言っても、四旬節、セマナ・サンタの時期には1度チューロを食べる程度だ。
このチューロだが、昔は生地を揚げたものに砂糖を振りかけただけの物だったが、近年チョコレートをかけるようになってきた。まあプラスチックのボトルに入った液状のチョコレートが簡単に手に入るようになったからだと思う。昨日も、チョコレートかけるかと聞かれて、断った。
今朝はずいぶんどんよりとした天気で、なんだか肌寒かった。また寒波が来るということらしいが、幸い昼前から天気が良くなって暑くなった。ところがまた夜になってちょっとヒンヤリする。やっぱり寒波が来てるのかもしれない。
日中の温度30度、湿度44%。夜21度、68%。

猫のトイレ

猫がいるんだが、この猫がアタバルのテラスの植木鉢で用を足すようになって、困っていた。ペトラが好きなので、2階のテラスにはいろいろな鉢植えがあって、良いんだが、ここで時々プーンと猫の糞の匂いがする。折角の良い雰囲気が台無しなので、フリアと相談して、裏庭に土を入れた猫用のトイレを作った。
この土には今まで用を足した植木鉢から土を取ってきて入れた。朝起きて、2階の部屋のドアを開けると、猫が待ちきれなかったように飛び出して行って、植木鉢にしゃがんでしまうので、今は朝起きたら、最初にエサを入れた容器を裏庭に出して、そちらに猫をおびき寄せて、あとは入ってこられないように、扉を閉めてしまうことにした。
このお蔭で、最近はやっと作ったトイレで用を足すようになった。それでも、うっかりしていると、また植木鉢の方に走って行ってしまうといけないので、朝起きてボーっとしてはいられない。
まあ裏庭であれば、少なくとも生徒さんとかには影響がないし、糞も庭に埋めてしまえば、肥料代わりになるかもしれないので、良い方法だと思っている。
今日は市場で買い物をして、幸いメカジキが手に入ったので、今週の日曜定食は魚の照り焼きの予定。いつも通りポテトサラダをつけるので、ジャガイモも買って来た。メカジキはやはりこの時期なので、いつもより少し高かったが、幸いジャガイモは一時高かったものの、今はいつも通りの値段に落ち着いている。
今日も天気が良く暑い。
日中の温度30度、湿度45%。夜23度、67%。

今年もマンゴ

今日今年になって初めてマンゴを買った。本来であれば、この時期はマンゴの季節で、良く買うんだが、今年は、ずっと忘れていて、今日市場を歩いていて、マンゴを目にして、そう言えば今年はまだマンゴを食べてないと思った。
マンゴは1年中あると言えばあるんだが、どうもこのセマナ・サンタの時期が旬らしい。ところが、今年はセマナ・サンタは早いし、四旬節になってからもなんだか寒い日が続いていたので、どうもそういう気分にならなかった。
ただ、今日だってたまたま目にしたものの、例年のこの時期に比べて、マンゴは少ないように思う。今までは、この時期市場のどこでも嫌と言うほどマンゴを売っている物だが、今年はむしろ他の果物の方が目立つくらい。
気のせいなのか、やっぱり2月寒かったというのが、影響しているのか。今日も買ったが、中くらいの物で、やっと4つで5ケツアル(約75円)と言った感じで、まだちょっと高いように思う。
果物をそんなに食べないんだが、マンゴはやっぱり季節の物と言う感じがするので、この時期には良く食べる。これから安くなってくれると良いんだが。
なんだかやっぱり朝方はちょっと冷える気がする。日中は30度となり、もう例年通りと言う気温なんだが、まだ夜から朝にかけてずいぶん気温が下がるのが不思議。もちろん、その方が寝やすくて良いのは間違いない。
日中の温度30度、湿度45%。夜23度、70%。

便利にはなったが

日本でもそうなってきているんだろうが、グアテマラでは固定電話は少なく、ほとんどが携帯電話。もともと、固定電話はかなり設置に費用がかかったり、手続きに時間がかかったりしたので、普及していなかったところに、携帯電話が入ってきたので、あっという間に携帯電話が普及した。
お蔭で便利になった。先生たちも家に電話を持っていない人がいたので、急に生徒さんが来たりしたときは、呼びに行ったり、近くの電話を持っている家にかけて、取次を頼んだりしないといけなかった。
これが、今はだれもが携帯電話を持っている。ところが、この携帯電話、持って歩くので、なくす人が多い。今日はお手伝いさんのフリアが昨日の帰り道に携帯を落としたと言っていて、午後には旦那さんも今朝仕事から帰る時に携帯を失くしたと言っていた。
こういうことが多いので、携帯電話の番号は、ちょっと古いともう変わってしまっていることが良くあるので、あまり信用ならない。
しかも、変わっていなくても、どっかに置いていて、いくらかけても出ない人もいるので、急いでいる時など、イライラする。このため、基本的に固定電話の番号がある場合は、そちらを先にかけることにしている。
今日も暑い。朝起きたときは、ちょっと肌寒かったが、曇っていなかったので、アグア火山がきれいに見えた。
日中の温度30度、湿度44%。夜23度、67%。

バスの乗り入れ

昨日はすごい人出だったようだ。僕は昨日は外出しなかったので、プロセシオンが前を通った時だけ見ていたんだが、これはもちろんすごい人。それでも町中ですごかったようだ。歩くのが嫌になったという人もいた。
お手伝いさんのフリアの旦那さんは市場で働いているんだが、ここもものすごい人で、ごみがすごいと言う。アンティグアの町中もあれだけ人が来たら相当ごみが出ているはずだ。人が来たら町が潤う訳だが、当然町としては出費も増えることになる。
だから、先日書いたように駐車料金を捕ろうという発想もあるんだろう。それと関係してのことだと言うことだが、サン・フェリペの町へのこの時期のバスの乗り入れを禁止しようとして、問題になったようだ。サン・フェリペはアンティグアの隣町だが、有名な教会があり、特に国内の観光客が多いので有名。セマナ・サンタで出すプロセシオンは最も大きいものの一つ。この時期に例年国内の各地からバスを借り切って観光に来る人がいるんだが、これを町に入れないようにしようとしたので、(アンティグアの入り口の駐車場に止めてバスで行けってことか?)騒ぎになったようだ。まあ長年の慣習だけに、変えるのは難しそうだ。
今日もなんだか曇り勝ちの天気。午後になって晴れてきたが、今一つすっきりしない。それでも気温は高い。その上、なんだかジトジトした感じで、歩いていると汗だくになる。夜になっても結構気温が高い。
日中の温度28度、湿度52%。夜23度、65%。

すごい人出の時に

今日はサン・バルトロのプロセシオンの日。ところが、朝起きたらなんだかすごい霧と言うか、雲がかかっていて、何だか薄暗い。雨が降ってるんじゃないかと思ったほどだ。昨日までものすごく良い天気で、これはいよいよセマナ・サンタらしくなってきたと思っていたのに、一転変な具合だ。
それでも朝から町中は騒々しい。普段の日曜日はアタバルの前を通る人は、そんなに多いわけではないんだが、今朝はガヤガヤ話をしながら通って行く人の気配が相当する。サン・バルトロのプロセシオンは担ぐ人も大勢集まるので、回って行く距離も長く、時間も長い。このため朝7時前には出発するようだ。アンティグアに入って、南側の7カジェをほぼまっすぐアタバルの方に来るので、皆そちらに向かって歩いていく。
2階に上がると町中の音が聞こえるので、プロセシオンの音楽ももう聞こえている。それでもアタバルの前を通ったのは3時前。予定より1時間近く遅れている。まあ、このくらい遅れるのはいつものことだ。
日中はさすがにかなり暑くなったが、相変わらず何だか薄暗い天気なので、気温も昨日ほどではない。雨が降らないのが幸いと言う感じか。プロセシオンを担いだり、ついて歩く人には、日差しがない分楽だろう。しかし、そう言う人を当てにして商売をしている人には、ちょっと当て外れと言う感じだ。
今日の日曜定食はメンチカツで13人。
日中の温度28度、湿度50%。夜22度、66%。

特別料金

午前中市場に行き、いつもは帰りはピックアップトラックで帰ってくるんだが、今日は買い物が少なかったので、トゥクトゥクで帰ってきた。ところが、降りていつも通り10ケツアル(約150円)払おうとしたら、今日と明日は20ケツアルだと言う。
これにはかなり驚いた。15ケツアルは時々荷物が多いとか何とか言って取られることはある。それに、明日は四旬節で最も人が集まるプロセシオンなので道が混んで、この時期に高くなるのは、毎年のこと。
ただ、15ケツアルはあっても20ケツアルはちょっとひどいんじゃないかと思う。普段の倍だ。まあ荷物の上げ下ろしもちゃんとやってくれたし、まあそれ以外は悪くなかったんだが、何とも後味が悪い。
この時期、アンティグアでは儲けに入る時期なので、ホテルなども普段の倍くらいにするのは良くある。しかも、セマナ・サンタの週など1泊じゃ受け付けてくれずに、週全部かハイライトの水曜日、木曜日、金曜日、土曜日位をセットにするのが多いようだ。
ここで儲けないといつ儲けるんだと言うことなのかもしれないが、ちょっとあさましいような気もしなくはない。
今日もかなり暑い。朝のうちからもうヒンヤリと言う感じはほとんどなかった。しかも天気が良く、日中はじっとしていても汗が出てくる。そのまま夜になってもなんだか暑い。まあこの時期らしい天気になってきたわけだ。
日中の温度30度、湿度45%。夜23度、65%。

近所

アタバルのすぐ北側の角を曲がると4カジェに出る。この4カジェは市場からグアテマラシティー方面への出口をつなぐ道で、アンティグアでも最も交通量の多い道の一つになるだろう。
この4カジェのアタバルのすぐそばの角を曲がったところに2つ新しい店が開いた。ちょうど今日はサン・バルトロのベラシオンで、日曜日はそこからプロセシオンが出る。このプロセシオンは四旬節の期間中でも最も大きなもので、人も大勢集まる。
まあどの商売であっても、この時期の前に開けておきたいところだろう。もちろん、他の町から来る人や外国からの観光客も多いんだが、新しい商売は、やっぱりこの時期に開けておくと、認知される度合いが違ってくる。
1つはホテル。アタバルの裏からはすぐなんだが、ずいぶん以前から建築をしていて、これがやっと出来上がったようだ。外から見るとなかなかきれいだが、聞いた話では1泊150ドルと、相当良い値段だ。まあこの時期だからかもしれないが。
もう一つは角のところにあるスシ屋の一部を改装していたんだが、ここがバーのような感じになっている。メキシコのスシチェーンらしいが、全然人が入っていないので、閉店するんじゃないかと思っていた。まあまだ半分くらいスシ屋なんだがどうなる物やら。
今日は朝起きたときこそ、ちょっと肌寒かったが、天気が良く、日中は相当暑い。でも、これが普通だ。
日中の温度30度、湿度45%。夜22度、58%。

クレジットカード

先生たちからやいやい言われたので、銀行に行ってきた。先日の新聞で、クレジットカードで借金をして、これの取り立てが上手く行っていないので、どこの銀行も発行しているクレジットカードで、今まで会費をとらなかったものも、これからは、会費を取るように変えたという記事があった。
先生たちには給料を銀行に払い込んでいるんだが、これを引き出すのにビザが付いているカードを使っている。これにも会費が取られるんじゃないかと心配しているわけだ。ビザが付いていても、デビットカードだから問題ないはずだと言ったんだが、心配しているようなので、銀行に行ったついでに聞いてきた。
やっぱりデビットカードでは取られないという。ただ、クレジットカードは今まで年会費無料と言っていたものでも、来月から毎月15ケツアル(約225円)の会費を払わなくてはならないようになったという。
まあ簡単に借金して返さずに逃げ回る人が多いようで、取り損ねたり、取るのに結構な費用がかかって、銀行も大変なんだろう。そう言う人のおかげで、とんだ迷惑だ。一応カードを持っているんだが、ほとんど使うこともないし、やめてしまおうかと考慮中。
今日もなんだかどんよりとしたような、すっきりしない天気。日中はそれなりに暑くなったが、午後は今にも降りだしそうな空模様だ。
今週の日曜定食はメンチカツの予定。
日中の温度26度、湿度52%。夜20度、68%。

酸味

先日貰って来た酢の種菌を取った後の酢を使ってみた。そのまま舐めると、そこそこ酸っぱい感じがしたんだが、料理に使ってみると、全然酸っぱくない。やはり自家製なので、酢の濃度が低いんだろうか。
ただ、美味しくないわけじゃない。中華風のサラダを作って、それに使ったんだが、酸味は、ごくほんのりとした感じだったが、ちょっとした甘味が付いて、うま味があるのか、おいしくなったような気がする。
まあ、砂糖から作ったものなので、糖分が残っているのかもしれないし、甘味が付くのはある程度予想していた。それに発酵食品なので、何らかのうま味成分があるのかもしれない。
酢の物などを作るとすると、相当な量を入れないといけなくなりそうで、食べ物でなく飲み物になってしまいそうだ。こういう場合は普通の酢と合わせて使うと良いように思った。おばちゃんは相当熟成させてあるようなことを言っていたから、もしかすると、その間にむしろ酸味が飛んでしまったか丸くなってしまったのかもしれない。
まあ、これはこれで使い方があるように思うし、今自分で作っているのが、どうなるかもちょっと興味がある。
今日は午前中からなんとなく曇り勝ちの天気。雨が降るかと思ったが、幸い降ってはいないようだ。あまり日が照ってない分日中の気温は低い。
日中の温度25度、湿度54%。夜20度、69%。

女性の日

今日は国際女性の日?なんだそうだ。そんなこと全く知らなかった。日本では何にもニュースになっていないように見える。でも、グアテマラではニュースでもやっていて、一般でも知っている人がいるので、ちょっと驚く。
まあ、ラテンアメリカは未だにマチスモという、男尊女卑的な感覚が残っているので、こういう日を作って、啓蒙する必要があるのかもしれない。とはいえ、マチスモに甘やかされて、ダメな男が多いので、母親が中心になって動いている家庭が多い。そういう意味では、女性の日は受け入れやすい部分もあるんだろう。ただ、男性の日って言うのもあるらしい。これは11月だと聞いた。特に母の日はかなり盛大にお祝いがあるが、父の日はそれに比べてちょっとしょぼい感じがするのも、同じ理由だと思う。
しかも、女性の日はもう20年くらい続いている(と言うのも驚きだが)らしいが、男性の日って言いうのは、ほんの2年くらい前に作られたんだと言う。
朝早いうちは、今日もちょっとヒンヤリしていたが、すぐに暑くなった。天気が良いし、日中はかなり暑くなった。ところが、夕方4時前からまだ明るいのに、いきなり雨。本当に変な天気だ。そのお蔭で少し涼しくなり、夕方からは過ごしやすい。
ただ、午前中からなんだか水圧が低くて、午後になっても同じような感じが続いている。一体どうなっているのか。幸い夜9時を過ぎたころにはまあまあ水圧があり、シャワーが浴びられた。また火山が噴火する音が時々聞こえ、少し灰が降っているようだ。
日中の温度28度、湿度50%。夜20度、70%。

酢作り

酢の話を先日書いたが、市場のワンタンのおばちゃんが自家製の酢を作っているそうで、土曜日に分けてくれた。別に作る気はなかったんだが、おばちゃんは親切に、種菌まで入れたものをくれた。
こうなっては作るしかない。おばちゃんに詳しく作り方を教えてもらって、そのままやってみた。インスタントコーヒーの瓶を熱湯消毒して、砂糖を入れた水を入れて、そこに種菌を入れるだけ。
ただ、人によって作り方は多少違うみたいで、ワンタンのおばちゃんは普通の砂糖が良いと言うが、別の人は黒砂糖の方が良いという。どっちが良いのかわからないが、なんだか黒砂糖の方がおいしそうな感じはする。
それで、種菌を2つに分けて、黒砂糖の物と普通の砂糖の物を作ってみた。黒砂糖はもう水が真っ黒。これはかなり衝撃的な感じだ。黒砂糖は別に溶かさないで塊のまま入れれば良いというので、塊のまま入れたんだが、お湯に入れたので溶けてしまったように思う。思うというのは水が真っ黒で見えないからだ。
土曜日に作って、今のところプクプク沸いてくる様子もない。蓋を開けておくとハエが入ると言うので、軽く閉めてあるんだが、本当は空気が入った方が良いらしい。まあどうなるか様子を見ながら楽しみにしている。
今朝起きたとはかなり寒い感じがした。でも天気が良いので日中はかなり暑い。
日中の温度27度、湿度49%。夜21度、63%。

近くの店

今日はサンタ・アナのプロセシオン。サンタ・アナはアンティグアの南側の町で、そこから北上してきて、すぐにアタバルの前を通るので、昼過ぎになると、アタバルの前は大変な人通りになる。
それで今日は昼ご飯を近くのコシーナに食べに行った。ここは昼ご飯が30ケツアル(約450円)と比較的手軽な値段で、おいしいので便利。僕の好みのメニューはローストチキンとレボルカードなんだが、この前行ったときから、カルド・デ・ガイーナと言う僕の好きな地鶏のスープがあるので、ちょっと気になっていた。
それで、今日はそれを注文。値段が高いのかと思ったが、他と変わらないみたいだ。ただ、出てきたものを見たら、やっぱり地鶏はちょっと小さめ。腿のところと頼んだんだが、胸肉だった。そのせいか、パサパサしていて、地鶏のおいしさがあまり感じられない。
良かったのは、玉ねぎとコリアンデーのみじん切りが付いてきたこと。これは入れるとおいしい。
全体的に味は今一つだった。これだったらやはり定番のローストチキンやレボルカードの方が、安定して美味しいと思う。
昼を食べて外に出たら、なんだか曇っている。これはまた午後雨になるのかと思っていたが、幸いその後また晴れてきて、結局夜まで降らなかった。
日曜定食はチンジャオロースで27人。こんなにたくさん来てくれるとは思わなかったので、ちょっと慌てた。
日中の温度27度、湿度52%。夜21度、67%。

初マンゴー

朝のうちいつも通り市場に行って、買い物をしてきた。今週の日曜定食はチンジャオロースの予定。ピーマンも一時ほど高くなくて助かった。今年初めてマンゴーを買った。マンゴーは、今の時期が一年中手に入らないわけではないが、やはり今の時期の果物だと思う。市場でもたくさん売っているし、雨期に入ってしまうと、虫が入りやすいと言う。
毎年今の時期は、市場に行くとマンゴーを買うんだが、今年は天気が変で、なんだか寒いので、どうもマンゴーと言う気分にならなかった。市場でも例年のこの時期に比べると、マンゴーがあまり出回っていないような気がする。
今日はたまたま歩いていて、マンゴーいらないかと言われたので、そういえば今年はまだ食べてないと思いだした。まあ大きめの物だったが、3つで10ケツアル(約150円)とちょっと高いように思う。
やっぱり天気が変なので、例年のように収穫されていないのかもしれない。しかも、今日は朝起きたときに雨。わりとすぐ止んだが、今度は夕方からもまた降り始めた。これが、降ったりやんだりで、時々かなり強い雨が降る。
今年の初めのニュースでは雨期に入るのが遅くなるようなことだったと思うんだが、この時期に雨はずいぶん早い。本当に一体どうなっているのか、気温だけでなく変な天気が続いている。そのまま夜になっても断続的に降ったりやんだりを繰り返している。ただ、その割には寒くはない。
日中の温度26度、湿度53%。夜20度、69%。

久しぶりに雨

また寒波が来ると言うんだが、今朝はそんなに寒くなかったが、天気は良くない。昨日の晩は小雨がちょっと降っていたし、今朝もどんよりした天気で、ごく短い時間の小雨が何回か降った。まあ変な天気だ。
そのまま午後も曇り気味の天気。まあ雨が降っていないだけ良いだろう。とはいえ、またここ数日、フエゴ火山がゴロゴロ言っている。今日も午前中ゴーンゴーンと言う音がずいぶんしていた。
まあ、フエゴ火山が噴火しても、アンティグアには必ずしも影響がないんだが、風向きによっては、火山灰が飛んでくる。気が付かないうちに、テラスなどが真っ黒になっていることもたまにあるので、洗濯物を干していたりすると大変。白い服など真っ黒になってしまうだろう。
そういう意味では雨が降ってくれた方がありがたい。今日のようなチョロチョロしたのだとほとんど関係ないが、ザーッと降ったら、この火山灰が流れてくれる。植物だって、乾期の終わりの今は火山灰だけでなく、埃もだいぶかぶっていて、何だかくすんでいるのが、雨が降ると元気が良くなるだけでなく、灰やほこりが流されて、生き生きしてきれいになるので、見ている方も気分が良い。
寒波が来る寒波が来ると言っているが、まあ天気が悪くなったくらいで、数日前ほどの寒さにはならない。
日中の温度25度、湿度52%。夜20度、60%。

毎年この時期になると気になるのが、ハカランダの花。日本ではジャカランダと言うんだろうか?この花は、やはりアンティグアに住んでいる物にとっては、四旬節、セマナ・サンタと切り離せない感じがする。
四旬節、セマナ・サンタにはプロセシオンと言う行列が出るんだが、これの山車を担ぐ男性達が、紫の衣装を身に着ける。これとこのハカランダの紫の花が一対のような感じになって、この季節の風物と言う感じがする。
ところが、このハカランダ、ここ数年ちょうどセマナ・サンタの時に満開にならないことが多いように思う。今年は寒い上にセマナ・サンタが早いので、セマナ・サンタが終わってから咲くんじゃないかと思っていたら、逆に今かなり満開になっている木が多い。
これはここ数年でも更に早いんじゃないかと思う。気温に反応して咲くのかと思っていたら、そうでもないんだろうか。一体何を基準に咲いているのか不思議だ。まあ桜のようにすぐに散らないので、このままセマナ・サンタまで強風が吹かなければ持つのかもしれない。
それにしても、今日は午前中まあまあ良い天気で、昼頃は結構暑かったんだが、昼過ぎになって曇ってきた。その後、3時過ぎに一瞬小雨が降った。ところがこの雨が降っている時に晴れてきて、その後は、むしろ良い天気。変な具合だ。ニュースではまた明け方に雨が降るようなことを言っている。
日中の温度25度、湿度50%。夜21度、61%。

夜中に

ずっとうちにいる猫がのお腹が大きくなっていて、また妊娠しているようだと話をしていた。特にここ数日非常に大きくて歩くのも大変そうなので、これは下手したら5,6匹生まれるんじゃないかと思っていた。
これが昨日の晩、ついに本当に苦しそうになって、いよいよと言う感じだった。タオルを持ってきて、それを敷いてしばらく見ていたんだが、なかなか生まれそうにないので、寝てしまった。
そうしたら夜中にペトラが呼ぶ声がする。いよいよ生まれてきたらしいが、なかなか出てこなくて、ペトラが手伝ってるらしい。朝起きたら、2匹灰色のと1匹黒いのが生まれていた。
ペトラはまだお腹が大きいように見えるので、残ってるんじゃないかと心配しているが、親猫はさすがにすっきりしたのか、ちょっと落ち着いた顔をしている。まあ恐らく3匹だけだったんだと思う。
以前猫を飼っていた時には僕もお産を手伝ったことがあるが、今回はペトラがやってくれた。とにかく無事に生まれて何より。朝タオルごと箱に入れて、下の部屋に移動させた。今日も朝起きたときは少し肌寒かったが、まあまあ天気も良く、日中はそこそこ暑くなった。もう少し暑くなるかと思ったが、まあこれくらいだとありがたい。夜もそんなに寒くはない。
日中の温度26度、湿度38%。夜20度、44%。