スペイン語学校のコーヒータイム
中米グアテマラの古都アンティグアにあるスペイン語学校「アタバル」に集まる人々の様子を紹介します。
現在「アタバルSkypeオンライン授業」好評開講中です!! 受講に関する質問も受け付けています。
グアテマラの平日08:00~12:30、14:00~19:00はSkype ID『atabal』でオンラインしています。また日本からは050-5532-7441でも問い合わせできます。
おすすめ
グアテマラの弟 グアテマラの弟
片桐 はいり (2007/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
わたしのマトカ わたしのマトカ
片桐 はいり (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る
おすすめ
もぎりよ今夜も有難う もぎりよ今夜も有難う
片桐 はいり (2010/08)
キネマ旬報社
この商品の詳細を見る
プロフィール

MAKOTO

  • Author:MAKOTO
  • スペイン語学校アタバルの
     コーヒーサロンへようこそ!



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



グアテマラシティの天気


El Tiempo Guatemala Aeropuertola Aurora



両替レート

売り US$1.00=Q.
買い US$1.00=Q.



最近の記事



リンク



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


200ケツアル札

これも以前から話だけは何度も聞いてきたことだ。ところが、これがもう何回か聞いて好い加減どうでも良くなった頃に、現実のものとなるというのがいつものパターン。いよいよ来週から200ケツアル札が登場するんだそうだ。
まだどれだけ流通するものやら全然予想もつかない。ただ、なぜ今200ケツアルが必要なのかというのも全く理解できない。一般的に札の額面が大きくなるというのは通貨の価値が下がり、買い物をするのに大きな札が必要になるからなんだと思っていた。
そういう意味では今グアテマラの一般的な生活で100ケツアル以上の額面の紙幣が必要だと思ったことはない。何しろ100ケツアル札でさえ、買い物をする時にはお釣りがなくて困ることが多いくらいだ。これが200ケツアルが一般に出回ってしまったら、更に買い物の際に面倒なことになりそう。当然売る方にしても、今まで以上に釣銭を用意する必要が出てきて、困るんではないかと思う。
最初は銀行間での決済とかそういったものに利用するために高額紙幣を発行するという説明も聞いた。まあそんな高額の取引には縁がないのでピンと来ないが、そうかもしれないとも思った。しかし、一般に流通するようなので、そういう訳でもないらしい。とにかく、我々庶民には面倒臭い事になりそう。
今日は朝から曇り勝ちで、時々小雨が降っていた。市場に行き買い物を急いで済ませ、帰る途中でかなり強い雨が降った。その後も降ったりやんだり。
日中の温度23度、湿度72%。夜20度、80%。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://atabal.blog.fc2.com/tb.php/1960-e9371865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。